淀川長治とグロリア・スワンソン


 
2010年8月2日 (月曜日)
 
 
淀川長治とグロリア・スワンソン
 
 
日本の天国と地獄
 
 

件名:小百合さん、おはよう!

昨日3時に町子さんが

やって来ましたよ!

きゃはははは。。。

Date: 31/07/2010 2:50:04 PM
Pacific Daylight Saving Time
日本時間:8月1日(日曜日)午前6時50分
From: denman@coolmail.jp
To: sayuri@hotmail.com
CC: barclay1720@aol.com

仕事のことは20分ぐらいで、いつものように茶飲み話に花が咲きましたよう。

僕は最近、『淀川長治、黒澤明を語る』を読んだばかり。
面白いから一晩で読みきりました。
読み終わったら朝の6時で、お日様が照っていましたよう。
きゃははははは。。。

町子さんも淀川さんのファンだってぇ、
淀川さんとグロリア・スワンソンのエピソードを話したら、

そうよね。。。
人との付き合いは、結局、心と心の付き合いなのよね。
言葉と言葉の付き合いではないのよね。。。

そのような事を言ってましたよう。

それから日本のニュースを2つばかり話してくれました。
僕は、もう20年以上テレビを持ったことがないけれど、町子さんは日本語放送の日本の番組を毎日見ている。
だから、日本の事になると、僕よりも相当詳しい。

一つは、若い母親が二人の子供を殺してしまったというニュース。
もう2年ぐらい前かな?
苫小牧で同じような事件が起きた。
次男は餓死して死んでしまった。
二人とも死んでいるだろうと思って、鍵のかかった部屋を開けたらば、長男は生きていた。
マヨネーズだとかを舐めて生きていたらしい。
死んでいるだろうと思っていたので、母親も驚いたというような、全く常識では考えられないような事を言ったのですよう。
動物以下の行為ですよね。

でも、今回の母親のケースでは幼い子供二人とも死んでしまった。
町子さんも話をしながら涙を浮かべていましたよう。

もう一つのニュースは110歳で生きていると思われていた人が
20年間も白骨死体でいたというような、これも常識では考えられない話。
市役所の人が100歳のお祝いだとかをあげた時に確かめるべきだったのよう。
。。。と町子さんは、なぜか、市役所の職員の怠慢を責めていましたよう。

全く、異常なニュースが日本には多すぎるよね。
どう考えても、異常なニュースが多すぎるのですよう。
やっぱり、政治と教育の問題でしょうね。
僕は、そう思いますよう。

日本は経済大国にはなったけれど、現在は、自殺大国になってしまっている。
これは、日本の政治と教育の貧困の結果ですよう!

政治家が“おバカタレント化”してしまっていますよう。

誰かさんのように四国巡礼をしてみたりね。
きゃははははは。。。

もう、日本の神様たちにお祈りをささげる以外にないよね。

行田の大長寺の大仏様。。。
高崎の観音様。。。
軽井沢の不動様。。。
栃木のお稲荷様。。。
仙台の八幡様。。。
伊豆の海の神様。。。
谷川岳の山の神様。。。

もうこれ以上悲惨なニュースが日本でありませんように。。。
若い母親が、せめて、ワンちゃんやニャンニャンを見習って、自分を犠牲にしてでも子供の命を救う気持ちがもてますように。。。
そして、これまで勤勉だと言われていた日本人が、お金欲しさのために人の命を粗末にしないように。。。

さらに小百合さんが軽井沢タリアセン夫人になりきって、ルンルン気分で今日、一日を無事で楽しく愉快に過ごせますように。。。
そして、この夏休みには、バンクーバータリアセン夫人になって、北京ダックとブイヤベースを僕と一緒に食べることができますように。。。
日本の神様、よろしくお願いいたします。
きゃはははは。。。

デンマンさん。。。町子さんは淀川長治さんのファンだったのですか?

そうだと言いましたよう。

知りませんでしたわ。

淀川さんの話を聞いて、若い頃は旦那の道重さんと、よく映画を見に行ったらしいですよう。

そうだったのですか?。。。町子さんとは映画の話をほとんどしませんでしたわ。

それはそうだよね。せっかくバンクーバーにやってきたのだから、日本の映画の話よりもカナディアンロッキーの話をした方が面白いし、有意義ですよう。


淀川さんとグロリア・スワンソンのエピソードって、どのようなお話ですか?

あれっ。。。小百合さんは僕のメールを読まなかったのですか?

淀川さんとグロリア・スワンソンのエピソードを私が受け取ったメールの中で書いたのですか?

そうですよう。せっかく書いたのだから読んでみてくださいよう。

件名:小百合さん、おはよう!

伊豆はよいよい、

栃木はこわい。。。

きゃはははは。。。

Date: 27/07/2010 11:22:49 AM
Pacific Daylight Saving Time
日本時間:7月28日(水曜日)午前3時22分
From: denman@coolmail.jp
To: sayuri@hotmail.com
CC: barclay1720@aol.com

伊豆で楽しんで、蒸し暑い栃木に帰るのはいやだろうね。
介護もあるしね。
でも、人間万事塞翁が馬!

苦の中に楽あり

楽の中に苦あり

昔の人は実にうまいことを言ったものです。

だから、介護で忙しくっても、時には伊豆に出かけて命の洗濯してね。

バンクーバーは今日も素晴らしい天気ですよう。
こんなに良い天気が続いていいのかなァ~?
そう思ってしまうほど、素晴らしい天気が続いてますよう。

夕べは『淀川長治、黒澤明を語る』を一気に読んでしまいました。
253ページの本だけれど、面白いので6時間で読みきりました。
僕は黒澤監督の映画はほとんど見ているので
引き込まれるように読みました。
もう、夜が明けてましたよう。きゃははははは。。。

『羅生門』も『七人の侍』もいいけれど、
僕は『生きる』が一番好きですね。
確か中学生の時に初めて観たのだけれど、感動しましたね。
海外に出てみよう!と思ったのも『生きる』を見たのが強い影響をしてましたよう。
海外のことなど一言も出てこなかったけれど、
人生は長いようで短く、一度だけしか生きられないと、しみじみと思ってね。
生きているうちに世界を見てみようと思いましたね。
それで、現在、素晴らしい天気が続いているバンクーバーに居るのです。
きゃはははは。。。

1960年に「ララミー牧場」でテレビ初登場!と著者紹介に書いてあるたけれど、
そうだよね。懐かしいね。
僕が小学生の頃でしたよう。
にんぎ にんぎおじさんで、面白いしゃべり方で人気が出たんだよね。

1998年に亡くなっているんだね。
1909年生まれだから89才だよ。
長生きしたねぇ~。
小百合さんは淀川さんを覚えている?

話は変わるけれど、『影武者』の撮影現場をNHKが密着取材して、全撮影行程を記録した番組を僕は帰省しているときに「NHKスペシャル」の再放送で見たよ。
1時間半の番組だったけれど、あれを見たら、ほとんどの人が黒澤監督の人扱いのすごさに嫌気がさすと思うんだよね。
あの番組を見て、僕は、この人とは友達にはなれない!と思いましたね。
ビデオにとられている姿は、「いやな人」という印象を与えるんだよ。

そしたら、淀川さんの対談の中で

「怒ってるところばかり撮られてるから参ったよ(笑)」と書いてあるんだよね。

そうだよね。あの番組を見たら、黒澤監督もそう言うだろうと僕は納得したものですよう。

でも、撮影している人にとっては、黒澤監督が激怒しているところが常人にはない迫力だったのだろうね。
僕も、NHKスペシャルを見ながらムカついたけれど、あのすごい怒り方には、人間としての“迫力”を感じましたよう。

しかし、淀川さんの本を読んだら、あの激怒のシーンは、ほんの一面だということが分かりました。
ジョンフォード監督との親交を読むと、黒澤さんが結構、繊細で、いろいろと人の心を気遣っているのだということが分かります。

そうだよね、人間をあれだけ深く掘り下げて映画を作れる人が「激怒の人」だと言う番組を作られたら、参ってしまうだろうね。
黒澤さんと淀川さんは本当に仲の良い友達だったようだ。
本を読んで感じるのは、黒澤さんと淀川さんの“心の繊細さ”がお互いに惹きつけ合ったのだと僕は思うね。

淀川さんが、次のようなエピソードを書いていた。
淀川さんはグロリア・スワンソンの熱烈なファンだったらしい。
人に好かれるタイプの人だから、スワンソンさんにも好かれたようで、ハリウッドの彼女の家に招かれて遊びに行ったという。

もう、楽しくて楽しくて、「こんなに優しいのか」と思うぐらいに優しかったらしい。
「ニューヨークに行くから来てください」と、電話番号を教えられたのだけれど、淀川さんは躊躇したという。
なぜ?
淀川さんは怖かったと書いている。
あんな立派な人だから「あんなこと言われたけれど、本当に行ってもいいものか?」
結局、淀川さんは行かなかった。
そしたら、3日後にスワンソンさんから電話がかかってきた。

「何で来ないんですか!?」って言うから「怖い」って言ったの。
「何が怖いんですか!」って怒ったの、で、行ったら大歓迎だったけどね。(169ページ)

淀川さんの怖いという気持ち分かるよね。
「怖い」と言える所が、また淀川さんらしいのだよね。

平均的な日本人ならば、「どうしても避けられない用事があったので。。。」とか、なんとか、取って付けたような言い訳をするんですよう。
淀川さんにも、黒澤さんにも、奥に秘めた素直な気遣いがあるんだよね。
本を読んで、黒澤さんの表面には見えない、意外な“繊細さ”を見たように思いました。

僕も、小百合さんに軽井沢に招かれた楽しい思い出がいっぱいありますよ。
ありがとう!
じゃあね。

グロリア・スワンソン

Gloria Swanson

1899年3月27日 – 1983年4月4日

アメリカ合衆国の女優。
サイレント時代に活躍。
学校を終えた後はデパートで販売員として働くようになる。
特にショービジネスに興味はなかったが、1914年からエキストラとして映画に出演するようになる。

1916年にロサンゼルスに移り、マック・セネット(Mack Sennett)のコメディなどに出演。
1919年にパラマウント映画と契約。
セシル・B・デミルに見いだされる。
身長約150センチと小柄ながら、豪華なセット、衣装を用いたゴージャスな作品で、人気を博す。

週に100万ドル稼ぎ、100万ドル使うスターと呼ばれた。
1916年に俳優のウォーレス・ビアリーと結婚するが3年後に離婚。
2度目の夫、実業家ソンボーン(Herbert K. Somborn)との間に娘グロリア(Gloria)を出産。
出産後もスターとしての人気は衰えず、初めての子持ちのスターでもあった。

3度目の夫は、『在りし日のナポレオン』撮影中、フランスで通訳を務めたド・ラ・ファレーズ侯爵(Marquis de la Falaise)。
貴族と結婚した初めてのハリウッド女優だった。
貴族と結婚したポーラ・ネグリと張り合ったと言われる。

この結婚と同時期に、ケネディ大統領の父親であるジョセフ・P・ケネディと不倫の関係にあったことを、50年後に出版した自伝で初めて明かした。
関係は3年続き、カトリックであるため離婚のできない彼のため、身を引いたという。

4度目にはマイケル・ファーマーという男性と結婚し、2人目の娘ミシェル(Michele)をもうけるが3年で離婚。
5番目の夫とは45日間しか共に生活しなかったという。
最後の夫となったウィリアム・ダフティは作家・脚本家で、彼女の死まで共に暮らした。

1950年のビリー・ワイルダー監督作品『サンセット大通り』において、サイレント時代に活躍し忘れ去られた女優という、彼女自身を投影した役でカムバックした。
この作品でゴールデングローブ賞 主演女優賞 (ドラマ部門)を受賞、
アカデミー主演女優賞にもノミネートされた。

出典:
フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

うん。。。いいお話ですわね。

ところで、日本の若い母親は、どこか狂ってしまったの?

ほんの一部の人ですわ。

でもねぇ、前にもちょうど同じような事件があったのですよう。僕は次のように書いたのですよう。

Subj:軽井沢で元気ですか?

心配事も悩み事も、ひと時忘れて、

のんびりと森林浴しながら癒されてねぇ~

ヽ(´ー`)ノ キャハハハ。。。

Date: 20/07/2009 10:42:29 PM
Pacific Daylight Saving Time
(日本時間:7月21日 火曜日 午後2時42分)
From: denman@coolmail.jp
To: sayuri@hotmail.com
CC: barclay1720@aol.com

小百合さんが、子供の事で心配したり悩んでいるのがよく分かりますよう。
こんな事って初めてだね?
そうです。。。そうです。。。パソコンに向かってネットをやるどころの気分じゃないよね。
分かります。。。、分かりますよう。。。
小百合さんが子供を気遣うやさしい母心を持っているのが良く分かりますよう。

『卑弥子さんと古代ハス』

 (2009年7月22日)

7月22日の小百合物語で『卑弥子さんと古代ハス』という記事を書きました。
その中でダ・ヴィンチさんの記事を紹介したのですよう。
ちょっと読んでみてね。


2006年12月のNEWSの記憶

去年の暮れに報道された恐ろしい愛情の無い事件です。
先日漸く判決が出ました。
懲役15年

北海道苫小牧の何処かで、
3歳の男児長男&1歳の男児三男の兄弟が鍵の掛かったアパートに閉じ込められ放置され、長男は生米や冷蔵庫のマヨネーズやケチャップで飢えを食い凌いだが、三男は飢餓と低体温症で死亡した痛ましいNEWSです。
昼間に自動的に入る暖房で、餓死した弟が無残に腐食する横で、お兄ちゃんは必死で飢えを凌ぎ生き抜いて、若くて綺麗なホステス嬢のママの帰りを待ち続けた。

でも、ママは特定の交際相手の部屋に住み着いて1ヶ月以上幼子の養育一切を拒み、彼氏と成った男の前で低堕落に過ごす。
渋々そんな中帰宅して幼子放置したアパートに戻った時。
「何で生きてるの?」
と長男を見て驚いた。

三男は既に死亡して腐敗し、其のアパートの一室は異臭で充満していた中、長男はママの帰宅が嬉しくて「ママ、遅いよ」と泣きながら飛びついてきたと冒頭陳述で述べられたと言う。
NEWSでは実際此処から先の情報は途絶えましたけど……。

長男は児童保護施設。
三男は死体遺棄。
謎の次男は2004年突然死(恐らく母親の育児放棄による死亡?)

新たな情報がNEWSで報道されました。
この若いママ逮捕されてから、獄中で実は四男も出産していたそうです。

本来、この少子化の御時世四人も男児を産み育てれば勲章モノです。
育児養育だって様々な福祉でもサービスでも取れるし、母子家庭なら養育施設のサービスだって無料でもやってくれる行政や自治体だって利用すれば慎ましくも幸せな家庭だった筈。

 (中略)

女性として、母親として子を産んだにもかかわらず、子育てを放棄し子供に愛情を顧みない身勝手で自己満足で無情の最悪なお手本とも言えるこの事件。

腐敗して変わり果てる弟の姿を見ながら、育児を放棄され捨てられ餓死する様に狡猾に仕組まれた密室殺人の生贄として「死」を望まれていた事を疑わないでママを寒いアパートの一室で待ち続けた長男。
NEWSでしか知らない他人事でも、自分の周囲でこんな悲痛で酷い事が起きていないとは限らない日本だったりします。

(中略)

こんないい加減なママが子供を殺さない様にする対策って何が有るのか考えてみませんか?

赤ちゃんPOST
児童福祉、児童保護等諸々の施設や相談窓口だってございます。
低堕落なお馬鹿達への生活保護や働かないNEETなんかの支援より、早急に充実して欲しいモノです。

年金問題だのなんだので騒ぐ師走の日本。
「偽」の連中に注ぐ福祉や支援より、どうして「命」に関わる本当の危機に税金が使われないのか考えると、納税者として悔しさばかりが募りますね。
それに堕胎や生命を軽視する様な恋愛何か自慢する馬鹿は子供なんか産んで欲しくは無いし、生殖機能を摘出でもして自堕落に遊べば良い。
危険思想かも知れないけど、記憶の片隅に残るNEWSの最新情報を観て心底そう思いました。

私の意見は極端に偏っているかもしれないけれど、こんな酷い事が無い世界に憧れます。
平成と言う時代にありながら、人間に絶望した事件と私の記憶に残る痛ましい「命」と「死」のお話です。

2007-12-18 09:02


【デンマン注】
「ダ・ヴィンチ」さんは、現在「魔女」というハンドル名を使っています。 
一部編集して、画像を加えました。あしからず。

『2006年12月のNEWSの記憶』より

『卑弥子さんと古代ハス』に掲載
(2009年7月22日)

こういう悲惨な事件があったのですよう。
小百合さんは覚えてる?

同じ母親として小百合さんも何か感じる事があるでしょうね?
でも、上の非情な母親と比べるまでも無く、小百合さんは子供のために心を痛めているのですよう。

デンマンにメールを書いているどころではない。
第一、小百合さんにはネットをする気にもなれない。
それほど子供の事で心を痛めている。
それが母親ですよね。
それが母心と言うものです。

でも、たまには、ひと時でも心配事や悩み事から開放されて、のんびりと森林浴しながら癒されてねぇ~。。。

ヽ(´ー`)ノ キャハハハ。。。

小百合さんのための時間を持つ事も大切ですよう。

『続・ウィルスアタック』

 (2009年7月18日)

ところで、7月18日の小百合物語には『続・ウィルスアタック』を書きました。
その中で僕と小百合さんの英文のメールを使いました。

子供の事で頭がいっぱいで、ネットをやるどころではない小百合さんが、ふとデンマンの事を思い出して軽井沢駅のキオスクから送信したメールでした。

軽井沢駅のキオスク

まだ、小百合さんにはゆっくりとネットでメールを読む気持ちの余裕はないかもしれないけれど、そのうち時間ができれば、まとめて読むでしょう。
そのとき、英文で手紙を書いた事を懐かしく思い出せるように
日本語の訳をつけて、ここに書き出しておきます。
小百合さんが懐かしみながら読む事を期待しながら。。。


『母親心 (2009年7月24日)』より

思い出しましたわ。。。悲惨な事件でした。

これ以上悲惨な事件は無いと思うほど悲惨な事件でした。若い母親たちは上の悲惨な事件を見たり聞いたりして、同じ過ちを繰り返さないだろうと僕は思ったものですよう。。。でも、やっぱり、日本の教育がすさんでしまったのか?。。。成人教育がおろそかになっているのか?。。。常識では考えられないようなことがまた起こった。

一度あることは2度ある。。。2度あることは3度あると昔の人は言いましたわ。

あのねぇ、確かに、僕も聞いたことがありますよう。でもねぇ、ワンちゃんや、ニャンニャンだって、わが子は殺さない。自分の身を犠牲にしてでも、わが子を守るものですよう。。。それなのに。。。ああ、それなのに、それなのに。。。幼い子供を母親が殺してしまうという。。。

幼いわが子を殺した若い母親は動物以下だとデンマンさんはおっしゃるのですか?

確かに、そうなのだけれど、その若い母親だけを責められない。

どうしてですか?

だってねぇ、日本全体が少しおかしくなっているのですよう。

どのように。。。?

あのねぇ、日本は経済大国になったのですよう。。。だから、次は幸せ大国になってもよいのですよう。。。でもねぇ、ダメな政治家が日本をダメにしてしまったから、自殺大国になってしまっているのですよう。1年に3万人以上の人が自殺する。交通事故で亡くなる人の4倍から5倍だということを僕はネットのページで読んだことがある。

デンマンさんは、すべてを政治家の責任にしてしまうのですか?

あのねぇ、ダメな政治家も、1年に何千万円という給料を国民が納めた税金からもらっているのですよう。。。自殺者が1年に3万人以上出るようになってから10年以上経つのですよう。本当に国民のための政治をやっているのならば、自殺者の数が減少してもいいはずなのに減少していない。

つまり、ダメな政治家が1年に何千万円の給料をもらいながら、実は、国民のために、国民のための政治をやっていないとデンマンさんはおっしゃるのですか?

その通りですよう。だから自殺者は減らないし、自分の子供まで殺す若い母親だ出てくるのですよう。教育の貧困。。。つまりは、政治の貧困です。。。無血の平成維新がぜひとも必要ですよう。

つまり、ダメな政治家を一掃するのですか?

そうですよう。

でも、それは過激すぎるのではありませんか?

ダメな政治家を一掃しない限り、自殺者は減らないし、自分の子供を殺してしまう若い母親も増えるのですよう。。。この記事を読んでいる中学生や高校生に、将来、本当の政治家になって、今、国会で税金泥棒をしているダメな政治家を追い出して、本当に日本国民のための政治をやって欲しいと僕は心から希望しているのですよう。

【卑弥子の独り言】

ですってぇ~。。。
映画の楽しいお話から、悲惨な日本の現実に直面することになりましたわ。

もし、あなたが、小学生か、中学生か、あるいは高校生ならば、
是非、将来、日本国民のために政治をする政治家になってくださいましね。

そして、現在、税金泥棒しているダメな政治家を追い出して、本当に日本国民のための幸せ大国を立ち上げるために頑張ってくださいね。

ええっ。。。あたくしは何をするのかってぇ。。。?

もちろん、源氏物語を研究して、素晴らしい日本の文化遺産を次の世代に手渡すのでござ~♪~ますわ。
つまり、文化面から日本国民のためになればと思いつつ、日夜研究に励んでおりますの。
おほほほほほ。。。

とにかく、あさっては、もっと興味深い話題が続きますわ。
だから、あなたも明後日、読みに戻ってきてくださいましねぇ。
では。。。

メチャ面白い、

ためになる関連記事


■ 『きれいになったと感じさせる

下着・ランジェリーを見つけませんか?』

■ 『ちょっと変わった 新しい古代日本史』

■ 『面白くて楽しいレンゲ物語』

■ 『カナダのバーナビーと軽井沢に別荘を持つことを

夢見る小百合さんの物語』

■ 『今すぐに役立つホットな情報』

■ 『 ○ 笑う者には福が来る ○ 』

『小泉純一郎君は漢字馬鹿か?』
 (2009年4月18日)

『小泉純一郎と名乗る漢字馬鹿』
 (2009年4月20日)

『ある愚か者の自滅の道 (2009年4月24日)』

『2ちゃんねると自滅の世界 (2009年4月28日)』

『自滅の道へ走る愚か者 (2009年5月2日)』

 『あなたもワクワクする新世代のブログ』

『また、オマエか! (2009年7月3日)』

『成りすまし馬鹿 (2009年7月5日)』

『スカンクと宮本武蔵 (2009年7月6日)』

『絶望的な愚か者 (2009年7月7日)』

『プッタネスカ(2009年10月18日)』

『国敗れて山河あり(2009年10月22日)』

『鰻重と阿波踊り(2009年10月26日)』

『人のための医療(2009年10月30日)』

『病める日本(2009年11月5日)』

『住めば都(2009年11月15日)』

『猫ちゃんの出迎え(2009年11月17日)』

『名物先生(2009年11月19日)』

『ぶんぶく茶釜(2009年11月21日)』

こんにちは。ジューンです。

最近、我が子を殺してしまった母親が

カナダにも居ます。

でも、精神鑑別の結果

精神に異常をきたしているということで

無罪になりました。

無罪とはいえ、精神科の医院に送られて

保護観察処分ということでした。

母親が普通の精神状態で

幼い我が子を殺すという事件を

わたしはカナダでは知りません。

動物でも、母親はわが身を犠牲にして

幼い我が子を助けるものです。

だから、幼い子熊を連れた母熊には

絶対に近寄ってはいけない、

と小学生の頃よく言われたものです。

子熊を守るために人間に襲いかかるからです。

いやな事件を聞いた“口直し”に

ぜひ面白いサイトで笑ってください。

次のリンクをクリックすると

気持ちが晴れるはずです。

『笑ってルンルン気分になれるサイト』

では、今日も一日楽しく愉快に

ネットサーフィンしましょう。

じゃあね。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。