漱石のラブレターを読みたい


 

2015年9月8日 (火曜日)

 

漱石のラブレターを読みたい

 


(valent1.gif)


(lovelet5.gif)


(merange12.jpg)

デンマンさん。。。、どないなわけで あんさんは夏目漱石のラブレターを読みたいん?


(kato3.gif)

いや。。。 わては夏目漱石のラブレターを読みたいわけではあらへん。

そやけど、タイトルに そう書いてあるやん。

あのなァ~、夏目漱石のラブレターを読みたいのは わてではあらへん。

それやったら、いったい誰が夏目漱石のラブレターを読みたいん?

ちょっと次のリストを見て欲しいねん。


(liv50904b.png)

『拡大する』

これはライブドアの わての『徒然ブログ』の9月1日から4日までの「リンク元URL」のリストやねん。。。 赤枠で囲んである 29番に注目して欲しい。

あらっ。。。 GOOGLEで検索して あんさんの投稿した『漱石のラブレター』を読みはったのやねぇ~。。。

そういうことやがなァ~。。。

つまり、その人が「漱石のラブレターを読みたい」と入れてGOOGLEで検索しやはったん?

そういうことやがなァ~。。。 次のようにして検索しやはってん。。。


(gog50907a.png)

『現時点での検索結果』

上の結果の中から赤枠で囲んである『徒然ブログ』の記事を読みはったのやァ~。。。


(natsume.jpg)

1901(明治34)年2月20日

国を出てから半年ばかりになる。
少々嫌気(いやけ)になって帰りたくなった。
お前の手紙は二本きたばかりだ。

 (中略)

お前でも子供でも死んだら電報ぐらいは来るだろうと思っている。
それだから便りのないのは、さほど心配にはならない。
しかし、はなはだ淋しい。

 (中略)

だんだん日がたつと国の事をいろいろ思う。
俺のような不人情なものでも、しきりにお前が恋しい。
これだけは奇特といって褒(ほ)めてもらわねばならぬ。

ロンドンにて 

漱石


【デンマン注:】 読み易いように句読点を加え現代かな遣いに直して引用しました。
漢字も分り易いように、かなや略字体に変えました。あしからず。

241-242ページ 『漱石の孫』
著者: 夏目房之介
2003年4月22日 初版第一刷発行
発行所: 株式会社 実業之日本社

夏目漱石のラブレターなんてぇ、ちょっと意外やろう?。。。なんだか、聖徳太子のラブレターと言うような意外性があるやんかぁ。

確かに、そうやねぇ~。。。

この上のラブレターは漱石の妻である鏡子夫人に書いたものやがなぁ~。

そやから、どうやと言うねん?

わてはとっても意外に思ったのやぁ。

どないなわけで。。。?

どうしてってぇ、漱石の鏡子夫人は悪妻で有名やがなぁ~。。。これまでに鏡子夫人のことを褒めている文章を読んだ事なんて、わては一度もあらへんでぇ~。。。ソクラテスの妻も悪妻と言うレッテルを貼られているけれど、日本では鏡子夫人が、まさに「ソクラテスの妻」と言われるほどに悪妻で有名やった人やでぇ~。。。その人に漱石がラブレターを書いていたなんて、わてにはメチャ意外に感じられたのやがなぁ~。。。

そう言われてみれば、確かに、そうですわぁ~。

そやろう?。。。だから、わては漱石のラブレターを取り上げる気になったのやがなぁ。

ただ、それだけの理由でぇ~?

ちゃうがなぁ。。。漱石のラブレターだけやったら、わてはこうして取り上げなかったかもしれん。

それなのに、どうして取り上げる気になったん?

あのなぁ~。その漱石のラブレターに鏡子夫人もラブレターで返信を書いているのやがなぁ~。

マジで。。。?

こういう所で冗談を言っても、あまり面白くないんやでぇ~。。。うししししし。。。

でも、あんさんは面白そうに笑っていますやんかぁ~。。。

あのなぁ~、鏡子夫人は悪妻には似合わないような見事なラブレターを書いているねん。

ホンマにィ~。。。?

そうなのやぁ!。。。とにかく、ここに書き出すから、まず、めれちゃんも読んでみィ~なぁ。


(girl122.jpg)

あなたの帰りたくなったの、淋しいの、女房の恋しいなぞとは、今までにない珍しいことと驚いております。
しかし、私もあなたのことを恋しいと思い続けていることは負けないつもりです。
お別れした初めのうちは、夜も眼が覚めると寝られぬくらい考え出して困りました。

けれども、これも日が立てば自然と薄くなるだろうと思っていましたところ、なかなか日がたっても忘れるどころか、余計に思い出します。
これもきっと一人思いで、つまらないと思って、何も言わずにいましたが、あなたも思い出してくだされば、こんな嬉しいことはございません。
私の心が通したのですよ。

しかし、またお帰りになって、ご一緒に居たら、喧嘩をすることだろうと思います。

 (中略)

私はお留守中、いくら大病にかかっても、決して死にませんよ。
どんな事があっても、あなたにお目にかからないうちは死なないことと決めていますから、ご安心遊ばせ。

鏡子

1901(明治34)年4月13日消印

著者あと書き:

このあとに、女を買ったりしないとの漱石の手紙に答え、「あなたのことだから安心している、もしあってもなんとも思わない、しかし、私のことをお忘れになってはいやですよ」、とあるという。


【デンマン注:】 読み易いように句読点を加え現代かな遣いに直して引用しました。
漢字も分り易いように、かなや略字体に変えました。あしからず。
イラストはデンマンが貼り付けました。

249ページ 『漱石の孫』
著者: 夏目房之介
2003年4月22日 初版第一刷発行
発行所: 株式会社 実業之日本社

どうや、めれちゃん。。。愛情のこもった、ええラブレターやろう?

そうやねぇ~。。。、漱石のラブレターよりも愛情が感じられますやん。

めれちゃんも、そう思うかぁ~?。。。わても、鏡子夫人を改めて見直したのやがなぁ~。

マジで。。。?

もちろんやぁ。。。わては大真面目やでぇ~。

どうしてそれ程、見直す気持ちになりはったん?

“悪妻”というイメージから程遠いラブレターやがなぁ~。。。もし、鏡子夫人に小説を書かせれば、漱石よりも面白い小説が書けるのではないか?!。。。わては、そんな風に思ったほどなんやでぇ~。

あんさんは、それ程感動しやはったん?

そうなのやぁ~。。。この上のラブレターを書いたとき、鏡子夫人はいったい何才やったと思う?

30代の半ばですやろう?

めれちゃんも、そう思うのやろなぁ~。。。確かに、手紙の書き方から熟女を思い浮かべてしまう。。。でも、驚くなかれ、このときの鏡子夫人は23才やったのやぁ~。。。

ホンマにぃ~。。。それで漱石は。。。?

このとき漱石は34才やった。

マジで。。。?

『漱石の孫』に、そう書いてあった。。。悪妻と言うレッテルを貼られた鏡子夫人が、実は、愛情豊かな素晴らしい手紙を書く女性やったのやがなぁ~。。。

あんさんは、そのことに感動しやはったのォ~?

いや。。。そればかりやあらへん。

他に何がありますのォ~?

漱石の孫の房之介さんが次のように書いていたのやぁ~。。。

祖母(鏡子夫人)は、ときどきとんちんかんなことをいっては子供たちに笑われたらしい。
そんなとき、彼女はこういったというのだ。
「お前たちは、そうしてばかにするけれど、お父さま(漱石)はばかにしなかったよ。ちゃんと、やさしく教えてくださったよ」

その話を聞いたとき、漱石と夫人のあいだには、外からなかなかうかがい知れない情愛が、きちんと通っていたのだなと思った。
悪妻だとか、逆に漱石がひどい父親だというイメージだけでみてしまうと、そういう部分をみのがす。
でも、夫婦のように長年一緒にいる人間というのは、まさにそういうものではないかと思う。

しょっちゅうケンカしているから、あるいは関係が冷え切っているようにみえるから、そこになにもないかといえば、必ずしもそうではない。
本人たちですら気づかないものがある場合だってある。
人と人のあいだには越えがたい溝もあるかわりに、意外なほどの深い行き交いもあったりするのだ。

 (中略)

漱石が、夫婦などの日常は一見変化のないようにみえて、じつはそうではない。
力が拮抗して動かない相撲取りのように、じつは必死で手をつくしているのだとか、水鳥のように水面は優雅にみえても下ではさかんに足を動かしているようなものだというのは、そうした機微をいいあてている。

 (中略)

もしも漱石が、ただ病的で暴力的なだけの夫だったら、いくら明治の妻でも、覚悟して一緒にいやしないだろうと思う。
そもそも6人も子どもがいる(生まれたのは7人)のだ。
不仲とはいいがたい。

ただ、どう考えても漱石は、妻とのコミュニケーションにおいて不器用だったろう。
だいたいが自意識が先にたって自縄自縛におちいってしまうタイプの人間は、すべからく言動が不器用になる。

祖母も、そこはわかっていたのではないか。
祖母には、まるで菩薩のようなふところの深い愛情があったのかもしれない。
少なくとも子どもたちは「あの母だから漱石のような夫でも家が持ったのだ」と語り、終生彼女の母性を尊敬していたように思う。


246-248ページ 『漱石の孫』
著者: 夏目房之介
2003年4月22日 初版第一刷発行
発行所: 株式会社 実業之日本社

上の引用の中の菩薩のようなふところの深い愛情を読んでから、さらに鏡子婦人のラブレターを読むと、確かに、わてもふところの深い愛情を感じるのやがなぁ~。。。

たとえば、どういう所に。。。?

女を買ったりしないとの

漱石の手紙に答え、

あなたのことだから安心している、

もしあってもなんとも思わない、

しかし、私のことを

お忘れになってはいやですよ

鏡子夫人のこのような書き方の中に、わてはふところの深い愛情を感じるのやがな。23才の女が書いたものとは、わては、とても思えないのやぁ~。

そうですやろか?

あのなぁ~、鏡子夫人と比較するわけではないんやけど、同じ年頃の時に、レンゲさんは妻子ある男と恋に落ちてしまったのやがなぁ。

わたしも、その事なら聞いていますねん。

さよかぁ~。そんなら、ここにレンゲさんの不倫の手記があるさかいに、書き出すわ。めれちゃんもじっくりと読んでみィ~なぁ。

不倫の果てに…


(kiss003.gif)

不倫と呼ばれる恋愛について、どんなイメージを抱かれますか?
わたしは女性として、相手の男性にパートナーがいるのに、自分が彼の一番になれないのに、
それに甘んじている女性の事を
“プライドはないの?”
“先(結婚という意味ではありません)がないのにばかげてる”
などと、どちらかというと軽い軽蔑感を持っていました。
でもわたしの身にも、それは訪れてしまったのです。

ある既婚男性のことを、
どうしようもなく好きになってしまったのです。
初めは手の届かない相手だと、
片思いを続けていたのですが、
どうしても我慢できずに、
彼にモーションをかけはじめてしまったのです。
そして、長い時間を経て彼と肉体関係を持ちました。


(sadgirl32.gif)

そこから、彼はわたしのことを「彼女」だと呼ぶようになりました。
わたしは、一度の関係で終わろうと思っていました。
してはならないことをしてしまった、という思いと、
これで完結した、という気持ちがあったからです。

でも、長い間モーションをかけ続けておいて、
セックスして、
「はいさよなら」なんて図々しい考えですよね。
結局わたしたちは、不倫関係に陥ってしまったのです。
そして次第にわたしは苦悩に苛まれはじめました。

彼とは、毎日のように会っていました。
いつしか彼と会えない日は心に穴があいたように感じるようになりました。
これは、どんな恋愛でもあることだと思いますが・・・

でも、わたしの頭には、
“彼がわたしと会わない=奥さんといっしょにいる”
という図式ができあがってしまい、
嫉妬に苦しむようになったのです。

そのうち、彼から
「子供が大きくなったら(わたしと)いっしょになりたい」
と言われました。


(valent1.gif)

その時点ではその言葉は、彼の本音だったと今でも思います。
言葉だけでなく、彼の行動がそれを裏打ちしていたからです。
でも、
“大きくなったらっていつ?”
“奥さんはどうするの?”
そんな疑問で頭がいっぱいでした。
そして、それと同時に彼の奥さんに対する嫉妬は、
ますますふくらんでいきました。
現在だけでなく、彼らの過去の歴史、
これからの生活などにも嫉妬の目が向くようになりました。

つまりわたしは、妄想に苦しめられていたのです。
そんなわたしは彼に対して、
自分の妄想をぶつけはじめたのです。
不倫であれ、どんな関係であれ、
相手から勝手な妄想をぶつけられたら、
何を言えばいいのか、どうすればいいのか
わからなくなる事でしょう。
その頃の自分の愚かさに、今でも情けなくなります。

わたしはいつも、恋愛を通して自分も相手も
成長していけたら・・・と考えてきました。
そして、何かを得ようとも思っていました。
(念のため、モノではないです)

でも、彼との長い不倫生活の果てに、
得られたものは、負の遺産ばかりでした。

世間のすべての不倫カップルがそうだとは
限らないとは思いますが、わたしたちの場合は、
おたがいを傷つけあって(傷の質は違いますが)
後々笑顔で思い出せるようなものではありませんでした。

おそらく今、会ったとしても、お互い自分の残した
嫌なものを見ているような気持ちしか、
生まれてこないでしょう。


(breakup0.gif)

最初の頃のときめき。
彼のやさしさ。
いきいきとしたわたし。
何もかも、なくしてしまってからの別れ。

本当は、彼と和解したいと考えている自分がいます。
よりを戻すのではなく、ただ、醜い別れを修正したい。
・・・そんな甘い話は、ありませんよね。

by レンゲ

2004-07-21 10:11:08


『不倫の悦びと苦悩』より
(2004年7月21日)

『広い愛と狭い愛 (2009年3月31日)』に掲載

レンゲさんの不倫の手記を持ち出してきて、あんさんはわたしを苦しめはるのォ~?

ちゃうがなぁ~、わては鏡子夫人のふところの深い愛情について、めれちゃんに考えて欲しいのやがなぁ~。

そのふところの深い愛情がどうやと、あんさんは言わはるのォ~?

レンゲさんは純粋に相手の男を愛していたのかも知れへん。

わたしも、そうだと思いますねん。

でもなぁ~、相手の男の妻は、ふところの深い愛情で夫を見守っていたのかも知れへん。

(たとえ、他の女とかかわりを持ったとしても)

あなたのことだから安心している、

もしあってもなんとも思わない、

しかし、私のことを

お忘れになってはいやですよ

それで、レンゲさんの相手は、結局は、ふところの深い愛情を持った妻の元へ戻って行ったと。。。?

そうや。。。

つまり、あんさんは、わたしの不倫の経験を思い出させて同じことをわたしに言わはるのねぇ~?

いや。。。わては、あのォ~。。。、別に、めれちゃんの不倫の経験を思い出させるために、こうしてレンゲさんの手記を持ち出したのではないねん。

でも、あんさんは無意識のうちに、そうしてはるねん。。。。わたしは、また傷ついていますやん。。。んも~~。。。わたしの昔のことは蒸し返さないで欲しいねん。。。それよりも、あんさんこそ、小百合さんと旦那さんのことを考えた方がよろしおますでぇ~。。。

。。。ん? 小百合さんと旦那さんのこと。。。?

そうですやん。。。小百合さんもふところの深い愛情で旦那さんのことを思っていますやん。

そうや。。。その通りやでぇ~。。。

そやったら、いづれ、あんさんもレンゲさんのように小百合さんに捨てられて悲しい思いをしますねん。

わてが。。。?

そうやぁ!。。。小百合さんと旦那さんは、あんさんなどには分らない夫婦の絆で、しっかりと結ばれているねん。

めれちゃんにも、やっと夫婦の絆が分ってきたのんか?

わたしの事は、どうでもいいねん。。。あんさん自身のことを考えたらどうやのォ~?

。。。ん? わて自身のことォ~?

そうですう。。。なんでぇ、あんさんは小百合さんにちょっかいを出すのォ~?

ちょっかいではあらへん!小百合さんは次のように言うてるねん。

今、一番居なくなって

困る人


(sayuri55.gif)

前略

まだ1月、寒さが続きますね。
入院などしないように。

今、一番デンマンさんが居なくなると困ります。
その次が私の髪の毛をストレートにしてくれるパーマ屋の人。
その次が長~い付き合いの歯医者さん。

私の事を良く知って頼っていた人が急に居なくなると困ります。
父のように、もう会えないのは困ったです。
乱筆ですいません。

早々

小百合より

2008年1月7日


『武蔵と卑弥子さん』より
(2009年6月20日)

つまり、あんさんが小百合さんにとって大切な人だということを自慢したいん?

わては何も世界のネット市民の皆様を前にして自慢しようとしているのではないねん。

。。。で、上のような手紙を持ち出してきて、あんさんは一体何をしようとしやはるのォ~?

小百合さんは、さらに次のように書いていたんやでぇ~。

[793]RE:夢とロマンの女神、万歳!
Name: さゆり
Date: 2008/12/10 15:46
Pacific Standard Time
(バンクーバー時間:
2008年12月9日 午後10時46分)


(sayuri2.gif)

小さい頃 小学生時代は
ケンカは負けが多く くやしかった。
菊ちゃんなんて 大人になっても
くやしい事 多かったかも。
高校生 になると ガがつよくなり
ケンカをして 負けても
くやしい などと 顔にも 出さない。
冷たい冷淡な子 に成ろう と思っていた。 

そんな 高校時代を経て 
今 大人。 子供や大切な人に
愛情をそそげる自分になった。


『杜の都と女の学園 (2009年3月18日)』より

この上のメールがどうやと、あんさんは言わはるのォ~?

つまり、小百合さんは冷淡な女子高生だったのやがなぁ。でも、それではいけないと思って、愛情豊かな女になろうと努力した。要するに、鏡子夫人のように、ふところの深い愛情に目覚めたのやがなぁ!

それで、現在、大切な人であるあんさんにも、旦那さんとは別の愛情を小百合さんは注げるようになったと、あんさんは勝手なことを言わはるのォ~?

勝手なことではあらへんでぇ~。。。小百合さんは鏡子夫人のようなふところの深い愛情を持つ女になろうと高校を卒業した頃から自分を変えようと努力したのやないかいなぁ~。。。!

つまり、大切な人になったら、不倫をしても良いと、あんさんは言わはるのねぇ?

ちゃうがなア!。。。めれちゃんは何を言うてるねん?。。。大切な人に寄せる愛と言うのは、動物同士が求め合うような本能的なセックスではないのやでぇ~。。。

。。。で、どういうセックスなのォ~?

だから、セックスではないと言うてるやんかァ~。。。

そんなこと信じられへん!


(bearhug05.jpg)

あのなぁ~、こうしてHよりも感じるハグをして小百合さんとわては信頼感を深めるのやでぇ~

そんな話、中学生でも信じへんでぇ~。。。

さよかぁ~。

さよかぁ~で済ませんで欲しいわア!。。。わたしは子供騙しの御伽噺をしているのとちゃいますのやでぇ~。。。いい加減にしいやあああぁ~。

分っているがなぁ~。わては、めれちゃんの次の詩を読んださかいにぃ、めれちゃんが考えている肉体のコミュニケーションについてしっかりと理解しているでぇ~。

他の誰かを抱くのなら…

 


(lonely15.jpg)

 

他の誰かを抱くのなら

わたしには触れないでください

 

その手から伝わる余韻が

この肌を心を

荒れさせてしまうから

 

何も言わずにいたとしても

恋する心は敏感なのです

どうかわたしを傷つけないで

 


(lotus1.gif)

 

by めれんげ

2010.02.12 Friday 10:53


『即興の詩 他の誰かを抱くのなら』より

あんさんがこの詩を読みはったのなら、わたしの思いが分りましたやろう?

もちろん、わてにも分っているがなぁ~。。。「まさぢ」さんも、次のような的確なコメントを書いていたからなぁ~。


(question.gif)

嫉妬とはまた少し違う表現ですね。

肉体と精神が同化してる女性ならではの感情。

勉強になります。

 

by まさぢ

2010/02/12 9:44 PM


『即興の詩 他の誰かを抱くのなら』のコメント欄より

この上のコメントに対して、めれちゃんは次のように言うていた。


(merange42.jpg)

まさぢさん☆

そーなんですよ。

嫉妬とは別の感情なんです・・・

女ってやっかいですねw

 

by めれんげ

2010/02/13 12:20 PM


『即興の詩 他の誰かを抱くのなら』のコメント欄より

それで、あんさんは何が言いたいねん?

あのなぁ~、めれちゃんが鏡子夫人のふところの深い愛情が理解できるようになれば、次のように言うのやぁ。

たとえ、他の女と関わりを持ったとしても

あんさんのことだから安心していますねん。

もし、関わりを持ったとしても

わたしは何とも思いませんがなぁ。

あんさんとわたしの心の絆は

誰も断ち切れへんからぁ~。

でも、わたしのことを

忘れたらあきまへんでぇ~。

【レンゲの独り言】


(manila07.gif)

ですってぇ~。。。
あなたは白けました?
うふふふふふ。。。

これってぇ、男の身勝手な言い草ですよね?
めれんげさんも、きっと半分呆れていると思いますわ。

でも、鏡子夫人が23才で上のラブレターを書いたとすれば、確かにデンマンさんが感動するのもうなずけますわ。
明治の女は、マジでふところの深い愛情を持っていたのでしょうか?
それとも、鏡子夫人だけが特別だったのでしょうか?

とにかく、まだ興味深い話題が続きます。
あなたも、またあさって読みに戻ってきてくださいね。
では、また。。。


(byebye.gif)

メチャ面白い、

ためになる関連記事


(ebay5.jpg)

『市長選挙とおばさんパンツ』

『夢みるわたし』

『あげまん女』

『日本で一番長い五月』

『5月だよ!全員集合!』

『また、スパイ?』

『わたしと詩』

『かわゆいベビードールワンピ』

『ああ、さびしい』

『恋する女でありたい』

『生きてることが気持ち悪い』

『焼き滅ぼさむ』


(vanc700.jpg)

『一人で飲みに行く女』

『あなたをさがして』

『早く気づいてほしい』

『気づいたのね』

『あなたに逢いたい』

『やらしい検索』

『わたしを見つけて』

『小笠原玲子』

『ふたりだけの場所』

『命のともし火』

『ふたりの思い出』

『愛は終わることなく』

『冠詞の悲劇再び』

『焼き滅ぼさむ再び』


(june24b.jpg)

こんにちはジューンです。

卑弥子さんが面白いお話を集めて

楽しいサイトを作りました。

次のリンクをクリックして

ぜひ覗いてみてくださいね。

■ 『あなたのための笑って幸せになれるサイト』

とにかく、今日も一日楽しく愉快に

ネットサーフィンしましょう。

じゃあね。バーィ


(beach02.jpg)


(byebye.gif)


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。