「キネマの美女」by文藝春秋


 
2010年9月14日 (火曜日)
 
 
「キネマの美女」by文藝春秋
 
 
キネマの美女
 
 

Subj:小百合さん、おはよう!

食欲の秋だね!

ゼリーフライ食べましたか?

きゃはははは。。。

Date: 08/09/2010 11:57:32 AM
Pacific Daylight Saving Time
日本時間:9月9日(木)午前3時57分
From: denman@coolmail.jp
To: sayuri@hotmail.com
CC: barclay1720@aol.com

小百合さんの大好きな食欲の秋だね。
軽井沢タリアセン夫人と呼ばれようが、
バンクーバータリアセン夫人と呼ばれようが、
はたまた、日本のエマニエル夫人と呼ぶ人が居ようが、
小百合さんは「食欲の秋」に目覚めて
思い出を食べるために、
元気に車に乗って出かけるのですよう。

まず、行田の大長寺の白いテーブルに座って 1日の食べ歩きの計画を練るのですよう。
そのあとで、最初に「馬車道」へ行きます。
そこで美味いパスタを食べて
それから水城公園へ行くのですよう。

のんびりと遊歩道を歩いて適度な運動をしてから
駒形屋で一枚60円のゼリーフライを食べます。
でも、あそこのゼリーフライはイマイチなので
小百合さんは車を飛ばして「かどや」に行きます。

ゼリーフライを3枚食べてから焼きそばも注文します。

きゃははははは。。。

まだ時間があるので久下橋までドライブします。

きれいな富士山を眺めてから
マンガ喫茶・インターネット喫茶「ミルミル」へ立ち寄ります。
そこでまず、挽きたてのコーヒーを3杯飲んで
ちょっとばかりマンガ本をパラパラめくってから
牡蠣フライカレーを食べます。
帰りに「古代ハス公園」に行くのです。

懐かしいなア~~
小百合さんも思わず1年前に訪れた事を思い出して
涙が出るほど懐かしくなります。
公園の中をそぞろ歩いてから直売店へ行って、そこでまたゼリーフライを3枚食べます。

うしししし。。。

そう言う訳で盛りだくさんの一日になりました。
軽井沢タリアセン夫人もこれで満足です。
じゃあ、栃木の田舎に帰りましょうね。

きゃははははは。。。
小百合さんと思い出の食べ歩きでした。
 
時間があったら次の記事でも読んで気分転換してね。

『あら、見たのね』

(2010年9月8日)

タグ: あら、見たのね, おそめ, 秋日和, 秋日和秘話, 秋日和裏話, 原節子, 夜の蝶, 小津安二郎, 昭和30年代, 東京物語秘話

カテゴリー: コミュニケーション・人間関係論, デンマンさんが登場, 人生論・人生哲学, 卑弥子さんが登場, 小百合さんが登場, 小百合さんのメール, 小百合物語, 愛の形と色・異性のタイプ, 文学論・芸術論, 日本人・日本文化・生活様式, 日本映画, 読書

映画『秋日和』の裏話です。結構、面白いよ。  
じゃあ、またねぇ。

デンマンさん。。。『キネマの美女』ってぇ、今日は映画の中の美女のお話ですか?

きれいな女優さんはたくさん居るから、映画に登場する美女の話をしたら、今日一日では終わりませんよう。

。。。と言うことはデンマンさんのお気に入りの女優さんのお話ですか?

実は、『キネマの美女』というタイトルの本があるのですよう。

そう言えば、その本の中から原節子さんの事で引用してましたよね?

よく覚えていますね?

まだ、1週間経ってませんわ。

せっかくだから、その部分をまた書き出しますよう。

本当は気さくな女だった原節子

池部良(俳優): 僕が昭和16年に東宝に入ったとき、砧(きぬた)の撮影所に俳優館があって、演技課ってとこへ行ったんです。だるまストーブがあって、そいつにぺったんこにくっついた大きな、若い女優さんがいる。 どこかで見たような綺麗な人だと思ったら、これが原節子さん。首を前に出して手招きするの。「僕ですか」って言ったら、「あなた」って…。「は?」 「まあ、ほんとだ。島津(保次郎)先生が言ってるように、デコちゃんが言ってるのと同じね」って。 そのまま間抜けな顔をしていたら、「まるでモヤシみたいね」なんて。 「これからモヤシさんて呼ぶわね」。それが原さんと会った最初。 だから原さんは、聖女であるとか、雲の上の人みたいに皆さん考えるけど、僕には「こんちきしょう」みたいな感じ(笑)。本当はざっくばらんというか、気さくな方でね。

中野翠(コラムニスト): 私がもの心ついたとき見たのは『ノンちゃん雲にのる』の原節子だから。鰐淵晴子のお母さん役だったから…。長い間ずっと、なぜそんなに騒がれるのか分からなかった。 大人になって小津監督の『東京物語』や木下監督の『お嬢さん乾杯!』などを見て、やっと分かった。

池部: 後ろから見たら、大きなお尻じゃない?「原さん、すごいですね」って言ったら、「見たのね?」なんて(笑)。

中野: やっぱり他の女優さんに比べて、断然体格がいいというか、大きかったですか。

池部: とにかく立派な体してたなあ。

中野: 骨格がしっかりしてるという感じ。 ドイツの女の人みたいですよね。


204ページ 『キネマの女』 編者: 文藝春秋
発行所: 株式会社 文藝春秋
1999年5月30日 第1刷発行

『あら、見たのね(2010年9月8日)』に掲載

原節子さんというと、和服が似合うタイプの静かで控え目な女性というイメージがあるのですけれど、意外な一面もあるのですわね?

池部良さんが言うように、素顔の原さんは気さくで陽気な人なのかもしれませんよう。

。。。で、上の箇所が『キネマの美女』の中でデンマンさんにとって最も印象が強かったのですか?

うん。。。確かに、原さんの意外な一面を見たという意味で印象が強かったのだけれど、実は面白いエピソードに出くわしたのですよう。

原さんのエピソードですか?

いや。。。高橋とよさんという名脇役のエピソードです。 小津安二郎監督の『東京物語』にも登場した人ですよう。

。。。で、どのようなエピソードなのですか?

脚本家の石堂淑朗さんが書いているのですよう。ここに引用するから読んでみてください。

友人鬼居る

カチンコを初めて叩いたのが有馬稲子さんのクローズアップで、その有馬さんとまったく馬が合わなかった岡田茉莉子さん、あるいは山田五十鈴さん、淡路千景さん、岸恵子さんといった大スターの花の容貌に酔いながらそこそこに働いた。

しかし映画がこういった看板女優さんだけで出来るわけもない。脇役あっての主役である。文学座の高橋とよさんは小津さんに可愛がられた名脇役の一人で、不朽の名作「東京物語」のプロローグとエピローグで味のある演技を披露している。他の作品では料亭の女将に扮して小津独特のジョークの漣(さざなみ)を楽しげに浴びてもいる。

 (中略)

そんな時、撮影の合間、セットの片隅で相手は確か同期の助監督だったと思うが、新劇絡みの話で議論していたことがある。何かあればすぐに議論する年頃であった。
そこへ高橋とよさんが割り込んできた。
大した役ではなかったので、退屈していたらしい。小津組ほどの緊張感もなかったし、もともと文学座だから新劇話は専門である。
ユージンオニールを巡ってあれこれと話が咲いた後、突然貧乏が話題になった。

と高橋さんがにやにや笑い出して、
わたしたちの周りにも貧乏人だらけ、友人鬼居る、なーんてね

勿論ユージンオニールに引っ掛けてのことだが、余りにも冴えない言い換えだから、私たちは答えようがなくて顔を見合わせた。

たったそれだけのことだが、今も不思議に記憶に残っている。覚える気もないのに何時までも残る言葉もプルースト言うところの無意識的記憶に違いない。


石堂淑朗
昭和7年、広島県生まれ。東京大学卒。
昭和30年松竹大船撮影所演出部に入り、渋谷実監督に師事。
昭和35年独立プロを結成。
フリーのシナリオライター、小説家として活躍


高橋とよ (高橋豊子)
1903(明治36)年、東京に生まれる。
演劇活動の傍ら「理想郷の禿頭」(古海卓二監督1935年作品)でデビューするも、本格出演は昭和21年松竹と契約以降。
押し出しのよさで母親役&オバサン役に重宝がられた。
1981(昭和56)年没。
夫は俳優・伊達信。
代表作: 「お早よう」(小津安二郎監督1959年作品)
オススメ作: 「見上げてごらん夜の星を」(番匠義彰監督1963年作品)


84ページ 『キネマの女』 編者: 文藝春秋
発行所: 株式会社 文藝春秋
1999年5月30日 第1刷発行

こういう話なのですよう。。。どうですか?。。。面白いでしょう?

それほど面白くありませんわ。。。だってぇ、私はユージンオニールって知りませんもの。

あのねぇ~、別にユージンオニールを知らなくても、たとえば「東京物語」に出た高橋さんの脇役振りを見ると、次の言葉がいかにも名脇役の高橋とよさんらば言いそうなジョークなのですよう。うへへへへへ。。。

「わたしたちの周りにも貧乏人だらけ、

友人鬼居る、なーんてね」

つまり、『キネマの美女』を読んで名脇役の高橋とよさんのエピソードが最も印象に残ったのですか?

いや。。。高橋さんのエピソードも面白かったけれど、最も印象に残ったのは、やっぱりキネマの美女ですよう。

要するに原節子さんですか?

あのねぇ、『キネマの美女』の中で全身水着で登場するのは3名ほどしか居ないのですよう。 その中でも111ページで全身の水着姿を披露しているのは原さんだけなのですよう。

どのような水着なのですか?

おそらく、原さんが18歳か19歳の頃だと思うのですよう。 身長が160センチあったというから、当時の女性としたら長身だったのでしょうね。 プロポーションも巣晴らしのですよう。

ビキニですか?

いや。。。おそらく戦後まもなく撮ったのかもしれません。 もしかすると戦前かもしれません。 原さんの生まれが1920(大正9)年だから、19歳としても 1939年。。。戦前ですよう。 だから、ビキニではないのですよう。

。。。で、どんな感じなのですか?

実に清楚な感じで。。。ビーチボールを小脇に抱えて磯の岩場に立って健康そうな笑顔を振りまいているのですよう。。。何と言うか。。。清らかな妖精のような印象を受けましたよう。

デンマンさんがいろいろ説明するよりも、その写真をここに貼り出した方が分かり易いですわ。

あのねぇ~、それも面白いけれど、僕の描いている原節子さんの熟女のイメージで水着姿をコラージュしたのですよう。

あらっ。。。デンマンさんが原節子さんにヤ~らしくビキニを着せてコラージュしたのですわねぇ。

あれっ。。。小百合さんにも分かりますか?

デンマンさんが考えていることぐらい分かりますわよう。

でもねぇ、決してヤ~らしくありません。

デンマンさん。。。御託(ごたく)を並べるのは、もう結構ですから、さっそくそのコラージュした写真を見せてくださいな。

分かりました。。。小百合さんがそれほどまでに見たいのならば、ここに貼り出します。。。どうぞ、じっくりと眺めてください。

あらっ。。。素敵ですわ。

うししししし。。。そうでしょう?。。。軽井沢タリアセン夫人をイメージしたのですよう。

あらっ。。。デンマンさんはお口がお上手ですわねぇ。。。

【卑弥子の独り言】

ですってぇ~。。。
マジでデンマンさんは、小百合さんを持ち上げているのでござ~♪~ますわ。
いけすかない!
卑弥子さんをイメージしたと、どうして言ってくださらないのかしら。。。?
ムカつくわア~~。

とにかく、次回は、もっと面白いお話が続きますわ。
だから、あなたもどうか、また明後日、読みに戻ってきてくださいましねぇ。
では、またぁ~。。。

 
メチャ面白い、

ためになる関連記事


■ 『きれいになったと感じさせる

下着・ランジェリーを見つけませんか?』

■ 『ちょっと変わった 新しい古代日本史』

■ 『面白くて楽しいレンゲ物語』

■ 『カナダのバーナビーと軽井沢に別荘を持つことを

夢見る小百合さんの物語』

■ 『今すぐに役立つホットな情報』

■ 『 ○ 笑う者には福が来る ○ 』

 『あなたもワクワクする新世代のブログ』

■ 『バンクーバーの寒中水泳』

『お受験と教育ママ(2009年9月8日)』

『四季桜(2009年9月14日)』

『熊校の思い出(2009年9月16日)』

『「田舎教師」と行田(2009年9月18日)』

『小百合さんの存在感(2009年9月20日)』

『大阪の歴史馬鹿(2009年9月22日)』
 
『「蒲団」と「田舎教師」(2009年9月24日)』

『卑弥子さんの存在感(2009年9月26日)』

『ロマンとデジャヴ(2009年9月28日)』

『夫婦風呂(2009年9月30日)』

『露悪趣味(2009年10月2日)』

『カプリ島と香水(2009年10月10日)』

『小百合さんの香水(2009年10月14日)』

こんにちは。ジューンです。

バンクーバーから車で1時間半ほど

北に走ると

冬季オリンピックでジャンプや

大回転競技が行われた

ウィスラー・ブラックコーム・スキー場

に行き着きます。

ちょうどその中間に

ブリタニアビーチという景色の良い所があります。

その近くで撮ったのが上の写真です。

でも、実はデンマンさんがコラージュして

でっち上げたのですわ。

ビキニ姿のわたしは18歳の頃の写真です。

まだ、どことなく少女のような面影が

残っているでしょう? うふふふふふ。。。

ところで、英語の面白いお話をまとめました。

興味があったら、

次のリンクをクリックして

読んでくださいね。

■ 『あなたのための 楽しい英語』

■ 『心にジ~ンとくる動物感動物語』

とにかく、今日も一日楽しく愉快に

ネットサーフィンしましょう。

じゃあね。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。