性の俗説


 
2008年3月4日 火曜日
 
  
性の俗説
 
 



Subj: Bravenet Form Processor
Date: 03/03/2008 3:00:54 AM Pacific Standard Time
 (日本時間: 3月3日午後8時)
From: servicemail@bravenet.com
To: barclay1720@aol.com

MESSAGE SENT THROUGH YOUR WEBSITE
This form was submitted: Mar 03 2008 / 03:00:39

userid = barclay1720
FreeCity = renge20080302-neutral
Your_Name = 通りすがり
Your_Email_Address = walk-by@hotmail.com

Comments :

リンク元に表示されているトップのリンクをクリックして
Yahoo!の検索ページに行くと
3位に『下つきだねって言われて』のページが
表示されています。

でも、7番目のリンク元(Google.co.jp)のリンクをクリックして
Googleのページに飛んでも
『下つきだねって言われて』のページが見当たりません。

これはなぜでしょうか?
気になったので書きました。
忙しかったら無視して結構です。

Thank you for using Bravenet Email Form Processing!
Check the Bravenet site regularly for new and improved web services.
http://www.bravenet.com/

デンマンさん。。。おとといの記事にコメントが付いたのですか?珍しい事が続くものですわね?

そうなんですよ。でもね、今回のコメントはマジですよう。こういうコメントが、せめて1週間に1回ぐらい付いてくれると楽しくなるのですけれどねぇ~。。。

けれどォ、デンマンさんがそれ程うれしくなるようなコメントではありしませんわ。

いや、いや。。。この程度のコメントでも僕には、ありがたいですよ。こうして記事が書けますからね。

つまり、ネタ切れですか?

決してネタが切れているわけではないのですよゥ。

でも、最近、デンマンさんは、あたしと洋ちゃんの愛情問題などすっかり忘れてしまっているようですよね?

別に忘れている訳ではないのですよ。物事には順序というものがあるでしょう?せっかくコメントが付いたのですよ。僕が上のコメントを無視したら、ますますコメントが付かなくなりますからね。。。

つまり、あたしと洋ちゃんの問題よりも上のような、どうでも良いコメントの方が重要なのですか?

やだなあああぁ~。。。そこまで言わなくてもいいでしょう?せっかくコメントを書いてくれた人が居るのだから、レンゲさんからも、せめて感謝の言葉のひとつか2つぐらい言ってくださいよう。そうすれば、もっとたくさんの人がコメントを書いてくれるかもしれませんからね。。。うしししし。。。。

要するにデンマンさんは、あたしに世界のネット市民の皆様に媚(こび)を売れとおっしゃるのですか?

いや、いや。。。そのように大げさに考えなくてもいいでしょう。。。愛嬌(あいきょう)ですよ。。。ちょっと愛嬌を振りまいてくれればいいのですよ。。。うへへへへ。。。

あたしは八方美人ではありませんから。。。ただ、エヘラえへらして愛嬌を振りまくなんて、よう、できしませんわぁ~。。。デンマンさん。。。記事が長くなるだけですから本題に入ってくださいな。

うん、うん、うん。。。分かりましたよ。せかせなくても順序良く話を進めてゆきますよう。。。

リンク元 (referer)

Yahoo! JAPAN 下つき
Yahoo! JAPAN 下つき
Yahoo! JAPAN 下つき
Yahoo! JAPAN 下 上 つき 見分け
Yahoo! JAPAN 下つきの女
Yahoo! JAPAN 上つき下つき
Google.co.jp セックスの俗説
Yahoo! JAPAN 性器 下つき
Yahoo! JAPAN 上つき下つき
Yahoo! JAPAN 下つき上つき


2008年2月27日午前11時現在

『下つきだねって言われて。。。(2006年3月18日)』より

あのねぇ、コメントに書いてある7番目のリンクをクリックして僕もGOOGLEのページに飛びましたよ。

それで、どうだったのですか?『下つきだねって言われて。。。』のページはコメントで指摘されたように無かったのですか?

僕も探してみたのだけれど、確かに無かったのですよ。念のために、その時写したページの画像をここに貼り付けます。

■ Google.co.jp セックスの俗説

この上のリンクをクリックすると“セックスの俗説”を入れてGOOGLEで検索した結果の5ページに飛ぶように書かれているのですよ。

つまり、41番目から50番目までの10件を表示するように書かれているのですね?

そうです。。。そうですよ。。。検索結果の件数に関係なく、常に41番目から50番目までの10件だけを表示するようなリンクなのですよ。

。。。という事は、検索した日時によって表示される内容は変わる、と言う事ですか?

その通りですよ。実は僕が3月2日に記事を書いた時に上のリンクをクリックして飛んで行った時には、関連ページが表示されていたのですよ。

『下つきだねって言われて。。。』と言うページではなかったのですか?

違うのですよ。すぐ上のページを含んだ「愛と性の美学」と言うカテゴリーのページが表示されていたのですよ。次のリンクがそのページなのですよ。

■ http://barclay.wablog.com/category/lovesex

このリンクをクリックすると「愛と性の美学」と言うカテゴリーの最初の10件が第1ページとして表示されるのですよ。現在、このカテゴリーには約360件の記事があるのです。最も最近の記事が第1ページに表示されます。

『下つきだねって言われて。。。』の記事が表示されるのは、かなり後の方のページですか?

そうですよ。この記事は2006年3月18日に書かれましたからね、2年前ですよ。探してみたら、37ページ中の第36ページに載っていましたよ。次のリンクをクリックすると、そのページに飛ぶ事ができます。

■ http://barclay.wablog.com/category/lovesex?p=36

「愛と性の美学」のカテゴリーの中では最も古い記事の部類に属するのですよ。

それにしてもGOOGLEで検索して『宇宙の摂理ブログ』にやって来た人は、ずいぶんとこまめに探したのですわね?

おそらく最後のページから探したのでしょう。。。最初のページから探したら僕は6回クリックして違うページを覗かねばならなかったのですよ。最後のページから探せば2度目にクリックした時に見つける事ができますからね。

「愛と性の美学」と言うカテゴリーのページは、現在でもGOOGLEの検索結果に表れるのですか?

表示されるのですよ。でもねぇ、「リンク元」に記録された人が検索した時には5ページだったのですが、現在では次のように6ページ目に表示されますよ。

つまり、検索結果の中で表示される順位が下がってしまったのですね?

そうですよ。5ページ目から6ページ目に表示されるようになったので「通りすがり」さんがクリックした時には5ページ目に表示されなかったのですよ。それで、不思議に思ってコメントに書いたと言う訳なのですよ。

それにしても、デンマンさんは良く分かりましたね?

僕は3月2日の記事『ええっ?下つきが…』を書く時に「リンク元」に載ったGOOGLEのリンクをクリックして「愛と性の美学」と言うカテゴリーのページを見ていたのですよ。

なるほど。。。

ところで、面白い事が分かりましたよ。

どのような。。。?

ついでだからと思ってねぇ、「セックスの俗説」で検索してトップに掲載された記事はどんなモノだろうか?。。。そう思って第1ページを見てみましたよ。

デンマンさんが3月2日に書いた記事がトップだったのですか?

そうなんですよ。驚きましたよ。なぜならねぇ、僕は「セックスの俗説」と言う語句を記事の中に書いた覚えが無いのですよ。

でも、上の検索結果に出ていますわよ。

そうなんですよ。よく見たら「リンク元」をコピーして貼り付けたので、その中に書いてあったのですよ。僕が書いたわけじゃない。コピーしただけ。。。しかも、僕の記事の中には、わずかに一度だけしか表れないのですよ。それなのに2日前に書いたばかりで、3310件中のトップに表示されているのですよ。

でも、記事の中に書かれている事は確かですよね。

うん、うん、うん。。。確かにその通りですよ。。。そうだとするならば、「下つき」は記事の中にたくさん表れているから、「下つき」で検索したら3月2日に書いた記事がトップになっているかな?。。。そう思って検索してみましたよ。

トップではなかったけれど、712、000件のうちで9位に躍り出た訳だから、2日前に書いた記事としてはかなりの躍進ですよね。

デンマンさんはトップを狙ったのですか?

もちろん、トップに掲載された方が記事が目に付きやすいから、その方がいいのだけれど、僕はSEO対策(サーチエンジン最適化対策)にこだわっていませんよ。

どうしてですか?

GOOGLE検索エンジンもYAHOO!検索エンジンも不完全ですよ。ちょっと考えてみてくださいよ。 GOOGLEで「セックスの俗説」を入れて検索すると、3月2日に書いた僕の記事『ええっ?下つきが…』がトップに掲載されてしまうのですよ。

トップになるにはふさわしくない記事だとデンマンさんは考えているのですか?

そうですよ。第一、「セックスの俗説」と言う語句はたったの1度しか表れないのですよ。しかも、僕は「セックスの俗説」について書いているわけじゃない。内容を吟味してランク付けするならば、2006年3月18日に書いた記事『下つきだねって言われて。。。』の方がよっぼど「セックスの俗説」にふさわしい記事ですよ。

そうでしょうか?

そうですよ。ジュンコさんが次のように、正に「セックスの俗説」について述べているのですからね。


女性の大切なものが上についているか下についているか?
そのことは昔から男性にとっては楽しい話題だったようです。

でも、実際には女性の大切なものと言っても、外陰部のことではなく膣の開口部の位置を問題にしています。
開口部が肛門から遠い場合を「上つき」、肛門に近い場合を「下つき」と呼ぶようです。

上つきは名器、下つきは淫乱などという俗説があります。

そういうわけで、女性がこの事を耳にすると、自分のものが上つきなのか下つきなのか、気になる人も居ると思います。
でも、これは医学的にはまったく根拠のないことだそうです。

ちなみに肛門から膣までの距離は、4cm程度であるのが一般的とされています。これが5cmだったり3cmだったりしても、ほんの微妙な差です。極端な違いはありません。

つまり、10cm離れているとか、1cmしか離れていないというようなことはないはずです。
だから、それほど気にすることではないと思います。

上つき、下つきが問題になるとすれば、セックスする時の体位やペ○スの挿入角度を工夫することで問題が解決するはずです。
膣の位置だけで快感が左右されるわけではありませんよね。
体の構造よりも、もっとも感じやすい体位をボーイフレンドと工夫することが大切だと思いますよ。


『下つきだねって言われて。。。(2006年3月18日)』より
http://barclay.wablog.com/544.html

【デンマン注:】

WABLOG.COM の僕のブログはアカウントは削除されてないのですが、どの記事も表示されません。

このオリジナルの記事はSO-NETの「デンマンのブログ」で読む事ができます。

http://denman.blog.so-net.ne.jp/2006-03-18-1

更新版は次のリンクをクリックして読んでください。

『下つきだねって言われて…』

(2010年3月8日更新)

だから、この記事の方が僕が3月2日に書いた記事『ええっ?下つきが…』よりも、当然上位に掲載されるべきなんですよ。でも、そうなってない。つまり、検索エンジンは内容を吟味して順位をつけているわけではないのですよ。

いづれ内容を吟味してランク付けするような検索エンジンが現れるとデンマンさんは思いますか?

必ず現れると僕は思いますね。現在、世界的にはGOOGLEが検索エンジン業界ではトップだけれど、いづれ内容を吟味してランク付けするような検索エンジンが出てくれば、トップの座を譲る事になりますよ。

いつ頃。。。?

10年以内には出て来るでしょうね。早ければ5年以内に。。。ところで、ちょっと不思議に思ったのは「下つき」検索件数が 712、000件ですよ。

3月1日に調べた時には、次に示すように 736,000件もあったのですよ。

更新していない古い記事がGOOGLEのデータベースから消えてゆくのですかね?僕にも良くこの理由が分からないのですよ。でもねぇ、全体として「下つき」の件数は少なくなっているのに『宇宙の摂理ブログ』では「下つき」は検索キーワードとして依然、人気があるのですよ。

ついに3位から2位に上昇したのですよ。

どうしてですか?

最近、僕が「下つき」の記事を書くので、記事の中で引用した「リンク元」のリンクをクリックする人が増えたのですよ。

ところで、デンマンさん。。。

何ですか?

あさってから、話題を変えませんか?

「下つき」は、もうレンゲさんは飽き飽きしたのですか?

充分に語りつくしたような気がしますわ。

僕だって、「下つき」にこだわっている訳じゃないのですよ。“通りすがり”さんがコメントを書いてくれたので順序として今日の記事に取り上げただけですよ。

【レンゲの独り言】

あなただって、ちょっとくどいと思うでしょう?
たまには、もっとロマンチックな話題を取り上げて欲しいと思いますわ。

あさっては、シモい話題ではなく、もっと高尚な話題を選んで欲しいものです。
では、格調高い話題を期待しながら、あなたもまた、あさって読みに戻ってきてくださいね。
じゃあねぇ。。。

メチャ面白い、

ためになる関連記事


■ 『きれいになったと感じさせる

下着・ランジェリーを見つけませんか?』

■ 『ちょっと変わった 新しい古代日本史』

■ 『面白くて楽しいレンゲ物語』

■ 『カナダのバーナビーと軽井沢に

別荘を持つことを夢見る小百合さんの物語』

■ 『今すぐに役立つホットな情報』

■ 『 ○ 笑う者には福が来る ○ 』

『ゴダイヴァ夫人のチョコ』

■ 『漢字馬鹿の再来 (2009年2月13日)』

■ 『漢字馬鹿の悦楽 (2009年2月15日)』

■ 『漢字馬鹿の自己矛盾 (2009年2月17日)』

■ 『あなた、おかえり (2009年2月19日)』

■ 『脳内漢字馬鹿 (2009年2月21日)』

■ 『他人の不幸は蜜の味 (2009年2月23日)』

■ 『漢字馬鹿の恋 (2009年2月25日)』

■ 『馬鹿のモデル (2009年2月27日)』

■ 『漢字馬鹿さん元気?(2009年3月25日)』
 

『漢字馬鹿さん元気? (2009年3月25日)』

『小泉純一郎君は漢字馬鹿か?』
 (2009年4月18日)

『小泉純一郎と名乗る漢字馬鹿』
 (2009年4月20日)

『未熟な判断と稚拙な批判 (2009年4月22日)』

『ある愚か者の自滅の道 (2009年4月24日)』

『2ちゃんねると自滅の世界 (2009年4月28日)』

『自滅の道へ走る愚か者 (2009年5月2日)』

『デンマン批判 (2009年5月8日)』

『好ましい批判 (2009年5月12日)』

『欺瞞の罠 (2009年5月16日)』

『馬鹿の一つ覚え (2009年5月22日)』

『立派な反面教師 (2009年5月29日)』

『社会的自我の欠如 (2009年5月30日)』

『原人ブームと漢字馬鹿 (2009年6月5日)』

『また、オマエか! (2009年7月3日)』

『成りすまし馬鹿 (2009年7月5日)』

『スカンクと宮本武蔵 (2009年7月6日)』

『絶望的な愚か者 (2009年7月7日)』

『弘中先生と熊谷(2009年9月6日)』

『お受験と教育ママ(2009年9月8日)』

『熊校の先生(2009年9月10日)』

『「田舎教師」再訪(2009年9月12日)』

『四季桜(2009年9月14日)』

『熊校の思い出(2009年9月16日)』

『「田舎教師」と行田(2009年9月18日)』

『小百合さんの存在感(2009年9月20日)』

『大阪の歴史馬鹿(2009年9月22日)』

『「蒲団」と「田舎教師」(2009年9月24日)』

『卑弥子さんの存在感(2009年9月26日)』

『ロマンとデジャヴ(2009年9月28日)』

『夫婦風呂(2009年9月30日)』

『露悪趣味(2009年10月2日)』

『カプリ島と香水(2009年10月10日)』

『小百合さんの香水10月14日)』

『プッタネスカ(2009年10月18日)』

『国敗れて山河あり(2009年10月22日)』

『鰻重と阿波踊り(2009年10月26日)』

『人のための医療(2009年10月30日)』

『病める日本(2009年11月5日)』

『住めば都(2009年11月15日)』

『猫ちゃんの出迎え(2009年11月17日)』

『名物先生(2009年11月19日)』

『ぶんぶく茶釜(2009年11月21日)』

こんにちは。ジューンです。

「小町針」を英語では

dress pin と言います。

では、「下つき」は英語で。。。?

おととい、このように書きましたが、

考えてみましたか?

そのものズバリの言い方って

無いようですわ。

最もそれらしい言い方は

downcast pussy でしょうか?

downcast と言うのは

「下向きの」とか「うなだれた」と言う意味です。

pussy というのは「子猫ちゃん」と言う意味です。

この単語が俗語では女性のアソコを指します。

うふふふふ。。。

ところで、これまで書いたレンゲさんの記事を集めて

デンマンさんが一つにまとめました。

もし、レンゲさんの記事をまとめて読みたいならば、

次のリンクをクリックしてくださいね。

■ 『最近のレンゲ物語 特集』

とにかく、今日も一日楽しく愉快に

ネットサーフィンしてくださいね。

じゃあね。

コメント / トラックバック3件 to “性の俗説”

  1. 行田の黒い霧と工藤市長 « Denman Blog Says:

    […] ■ 『性の俗説 (2008年3月4日)』 […]

  2. 愛と良識と批判 « Denman Blog Says:

    […] ■ 『性の俗説 (2008年3月4日)』 […]

  3. 肥後ずいきと龍之介 | Denman Blog Says:

    […] ■ 『性の俗説 (2008年3月4日)』 […]

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。