柳の下にいつもドジョウはいない


 
2010年7月13日 (火曜日)
 
 
柳の下にいつもドジョウはいない
 
 
民主党大敗!
 
 

件名:小百合さん、おはよう!

梅雨にもめげず、

梅雨のような

日本の政治にもめげず、

張り切ってね。

きゃはははは。。。

Date: 11/07/2010 10:47:22 AM
Pacific Daylight Saving Time
日本時間:7月12日(月曜日)午前2日47分
From: denman@coolmail.jp
To: sayuri@hotmail.com
CC: barclay1720@aol.com

栃木の田舎は今日(7月12日)も雨のようだね。
午前3時から午後6時まで傘のマークですよう。
雲の様子を見ると、梅雨雲が日本をすっぽり包んでいるように見えます。
これで気温が高いのだから、ムシムシして、ムカつくよね。
お日様が顔を出すのは7月17日だって。

ネットで参議院選挙のニュースを見たら
「民主大敗 菅首相選挙総括」
というタイトルが踊っていたよう!
そうなる事は分かっていたよう。
民主党政権に国民ががっかりした証拠なのですよう!

自民党の谷垣さんが喜んでいるけれど、ぬか喜びですよう。
民主党にガッカリした票が
たまたま自民党に回っただけです!

とにかく、自民党と民主党がお互いにつぶし合いを演じて、日本の政治は一体どうなるんだよう!
馬鹿な事をやってるよう!
まさに、日本上空に梅雨の雲がどんよりと覆っているような状況ですよう。
ムシムシして、ムカつくよね。

心ある平成の若者たちが
「日本平成維新党」を立ち上げるのを僕は心から期待したいと思います。
そのためにも、日本の政治が良くなるように、僕は、たまには、ブログで Grassroots Net Politics を展開してゆきたいと思うのですよう。
きゃははははは。。。

では、どこか狂っている日本の政治にもめげずに、小百合さんは軽井沢タリアセン夫人として、
そして、バンクーバータリアセン夫人として元気にたくましく生き抜いてね。

では、いつものように日本の神様にお祈りをささげます。

行田の大長寺の大仏様。。。
高崎の観音様。。。
軽井沢の不動様。。。
栃木のお稲荷様。。。
仙台の八幡様。。。
伊豆の海の神様。。。
山梨の山の神様。。。

小百合さんが軽井沢タリアセン夫人になりきって、ルンルン気分で今日、一日を無事で楽しく愉快に過ごせますように。。。
そして、この夏休みには、バンクーバータリアセン夫人になって、ブイヤベースを僕と一緒に食べることができますように。。。

さらに、民主党政権に、がっかりした国民の声が届いて
駄目な日本の政治家が少しは国民の声を真面目に聞こうとする態度ができますように。。。

きゃはははは。。。

今日も雨が降るようだったら、次の記事を読んで憂さを晴らしてね。

『ん?アンドラ?』

(2010年7月11日)

じゃあねぇ~♪~!

デンマンさん。。。どうして民主党が大敗すると分かったのですか?

あのねぇ~、7月6日、僕は小百合さんからメールが来ているかと思ってメールボックスをチェックしたのですよう。

私は民主党の事などメールに書きませんでしたけれど。。。

いや。。。小百合さんのメールを読んで民主党が大敗すると分かったわけではないのですよう。

余計な事は言わなくても結構ですから、細木数子さんのようにズバリ!とおっしゃってくださいな。

何だか、卑弥子さんのような口調になってきましたねぇ。。。そのうち、“ござ~♪~ます”と言い始めるのではないですか?うししししし。。。

デンマンさん!。。。私は専業主婦ですけれど、暇そうに見えても、これで、やる事がいっぱいあって忙しいのですわ。デンマンさんの無駄話に付き合っている暇はないのです。

分かりました。。。じゃあねぇ、僕のメールボックスをここに貼りだしますから見てください。

あらっ。。。デンマンさんのメールボックスに民主党の宣伝が表示されたのですか?

そうなのですよう。。。僕は一瞬、唖然としましたよう。

つまり、この宣伝を見て、デンマンさんは民主党が大敗すると分かったのですか?

そうですよう。

でも。。。民主党が大敗するようなスローガンには見えませんわ。。。と言うよりも、日本の元気を復活させるようなマジで素晴らしいスローガンだと私には思えますわ。

あのねぇ~。。。スローガンに問題があるわけではないのですよう。

どこに問題があるのですか?

僕は常々、菅さんには政治的なビジョンが無いと思っていたのだけれど、この上の宣伝ポスターを見て、菅さんには国民に党をアピールする戦略的な能力も、美術的なセンスも無いと、しみじみと思いましたよう。

上の宣伝ポスターは、それほど悪い出来なのですか?

あのねぇ~、小百合さんは次のような諺があるのを知っているでしょう?

“柳の下にいつもどじょうはいない”

ええ、聞いたことがありますわ。

柳の下に、たまたまどじょうが居たからって、いつも柳の下にどじょうが居るわけではないのですよう。

でも、そのコトワザと上のポスターが、いったいどのような関係にあるのですか?

あのねぇ~、次のポスターを見てください。

あらっ。。。また、デンマンさんがコラージュして、でっち上げたのですか?

うししししし。。。そうなのですよう。

でも、何のために漫画的な上のポスターを持ち出してきたのですか?

あのねぇ~、かつて小泉純ちゃんが郵政選挙を戦った時に、自分の顔写真をポスターに入れて自民党をアピールしていたのを僕は覚えているのですよう。メディアの利用の仕方を知っている小泉純ちゃんのキャンペーンは見事に当たって、郵政選挙は自民党の大勝利だった。

つまり、菅さんは元小泉首相のやり方をそのまま上のポスターで真似をしたとデンマンさんはおっしゃるのですか?

真似はしなかったかもしれないけれど、日本国民の目には、まったく新鮮味のないポスターですよう。少なくとも、僕の目には、極めてダサいポスターです。第一、菅さんの表情が国民受けするような表情になってない。表情をこわばらせて、にらめつけているような…本人は真面目で、やる気のある政治家に写っていると思っているかもしれないけれど、僕には不機嫌な菅さんの顔に見えるのですよう。見る僕までがムカついてくるような表情ですよう。

でも、菅さんのファンの人にはアピールすると思いますわ。

確かに、菅さんのファンにはウケルかもしれない。。。でもねぇ~、菅さんの不機嫌な表情をポスターに載せたばっかりに、菅さんに対して悪い印象を持っている人は、菅さん個人とは別の存在である民主党までが悪い印象で受け取られてしまう。つまり、票に結びつかない。

でも、菅さんに対して悪い印象を持っているってぇ。。。いったい、どういう悪い印象ですか?

あのねぇ、僕の記事に菅さんの事でコメントを書いてくれた人がいたのですよう。ちょっと読んでみてください。

1) 無題

鳩山、小沢氏のドタバタ辞任から絵に描いたような菅氏への引継ぎでした。
愚痴を零したくなってしまい
わたしもアップしてみましたが、
どこまで民意を裏切り続けるのでしょう。
菅氏にも期待度0ですね。

by kanbe49

2010-06-05 07:47:33

注意: 画像はデンマンが勝手に貼り付けました。あしからず。


『無血の平成維新』のコメント欄より
(2010年6月5日)

『日本はガンにかかってる!』に掲載
(2010年6月7日)

 

2 ■コメントありがとう!

>kanbe49さん

僕の記事にはコメントがつかないので、コメント通知をもらった時には、また、スパムコメントかと思ってしまいました。

\(*^_^*)/ キャハハハ。。。

でも、マジなコメントなのでうれしくなりました。
愚痴ばかり言っていても仕方がないのですが、どうしても愚痴が出てきてしまうと言う現在の政治のお粗末さ!

久々にコメントに基づいて記事が書けそうです。
予定を変更して5月7日には、kanbe49さんのコメントに触発されて、また無血の平成維新の記事が書けそうです。

お互いに、日本を少しでも良くするために言論の自由を武器にがんばりましょう。

本当に日本が今よりも良くなって欲しいと思いますね。これほど駄目な政治家がそろったのも日本の歴史を眺めても珍しいですよう。

\(^Д^)/ ギャハハハハ。。。。

とにかく、マジなコメントありがとうございました。
また、気が向いたら書いてください。
では。。。

by barclay (デンマン)

2010-06-05 13:45:41


『無血の平成維新』のコメント欄より
(2010年6月5日)

『日本はガンにかかってる!』に掲載
(2010年6月7日)

どうですか、小百合さん。。。。?

どこまで民意を裏切り続けるのでしょう。

菅氏にも期待度0ですね。

kanbe49さんは、このように書いてますわね。

そうですよう。菅さんには期待できません、と言っているのですよう。

つまり、kanbe49さんが上のポスターを見れば、デンマンさんのようにうんざりすると言う事ですか?

うんざりしないまでも、菅さんの睨(にら)むような、不機嫌な顔写真を見れば絶対にルンルン気分にはなりませんよう。

。。。で、デンマンさんが民主党の選挙対策委員長だとしたら、どのようなポスターをでっち上げるのですか?

次のようなポスターで選挙に臨(のぞ)んだでしょうね。

【卑弥子の独り言】

ですってぇ~。。。
久下橋から見た富士山が写っているのでござ~♪~ますわ。
デンマンさんの御実家から自転車で30分ほどのところにあるのですわ。

デンマンさんが次のような記事を書いていました。

『久下橋からの富士山』

(2009年10月29日)

興味のある方は、ぜひ読んでくださいまし。
   
とにかく、あさっても興味深い話題が続きます。
あなたもどうか、明後日、読みに戻ってきてくださいましね。
じゃあねぇ。。。

メチャ面白い、

ためになる関連記事


■ 『きれいになったと感じさせる

下着・ランジェリーを見つけませんか?』

■ 『ちょっと変わった 新しい古代日本史』

■ 『面白くて楽しいレンゲ物語』

■ 『カナダのバーナビーと軽井沢に別荘を持つことを

夢見る小百合さんの物語』

■ 『今すぐに役立つホットな情報』

■ 『 ○ 笑う者には福が来る ○ 』

『小泉純一郎君は漢字馬鹿か?』
 (2009年4月18日)

『小泉純一郎と名乗る漢字馬鹿』
 (2009年4月20日)

『ある愚か者の自滅の道 (2009年4月24日)』

『2ちゃんねると自滅の世界 (2009年4月28日)』

『自滅の道へ走る愚か者 (2009年5月2日)』

 『あなたもワクワクする新世代のブログ』

『また、オマエか! (2009年7月3日)』

『成りすまし馬鹿 (2009年7月5日)』

『スカンクと宮本武蔵 (2009年7月6日)』

『絶望的な愚か者 (2009年7月7日)』

『プッタネスカ(2009年10月18日)』

『国敗れて山河あり(2009年10月22日)』

『鰻重と阿波踊り(2009年10月26日)』

『人のための医療(2009年10月30日)』

『病める日本(2009年11月5日)』

『住めば都(2009年11月15日)』

『猫ちゃんの出迎え(2009年11月17日)』

『名物先生(2009年11月19日)』

『ぶんぶく茶釜(2009年11月21日)』

こんにちは。ジューンです。

“柳の下にいつもどじょうはいない”

あなたも聞いたことがあるでしょう?

近くの川へドジョウを取りに行ったら

柳の木の下でドジョウを見つけたというのです。

それ以来、いつも柳の下へ行って

ドジョウを取ろうとしたのですよね。

もちろん、いつもドジョウが居るとは

限りません。

居ないことの方が多いものです。

元々柳とドジョウは何の関係もないのですから。

さて、英語ではどのように言うのでしょうか?

考えてみたことがありますか?

いろいろと言い方があります。

思いついただけでも

次のような言い方がありますよ。

A fox is not taken twice in the same snare.

狐は同じ罠(わな)には二度とかからない

同じ柳の下にドジョウは居ない、と言う事です。

There are no birds in last year’s nest.

去年の巣を探しても鳥は居ない。

去年、鳥の巣の中に雛鳥を見つけたからって、

今年も同じように雛鳥が居るとは

限らないと言う事です。

では、ずっと分かり易い言い方をお見せします。

Good luck does not always repeat itself.

Fortune does not knock twice.

その通りですよね。

幸運は何度もあるものではないということです。

つまり、同じ柳の下に、

ドジョウは居ないことの方が多いものです。

ところで、面白い英語の記事を集めました。

お暇だったらぜひ次のリンクをクリックして

覗いてみてくださいね。

『楽しみながら学べる英語のサイト』

では、今日も一日楽しく愉快に

ネットサーフィンしましょうね。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。