下衆のかんぐり


 

2015年8月6日 (木曜日)

 

下衆のかんぐり

 


(gesu02.jpg)


(question.gif)


(himiko22b.gif)

デンマンさん。。。 どういうわけで急に“下衆(げす)のかんぐり”を持ち出してきたのでござ~♪~ますかァ~?


(kato3.gif)

実は、夕べバンクーバー市立図書館で借りた本を読んでいたら次の箇所にぶつかったのですよ。。。

STAP細胞事件


(netsuzo2.jpg)

 (略) 週刊誌等の理解しがたいゴシップネタですから、私自身は無視していても、いろいろな意味で私自身の研究展開にマイナスに働くこともあるでしょう。
正直、この津波のようなドリフト状態を生み出すエネルギーが、いつまでどのように続くのか私には見当もつきませんが、今は、調査に協力し、またできる範囲で通常の自分の研究を、ラボメンバーを励ましながら胸を張って進めるしか、私のできることはありません。 (略)

(デンマン注: 後に自殺した笹井芳樹氏から著者の須田桃子さんへのメール)

疑義発覚後の目まぐるしい展開と連日の関連取材で、疲労がたまっていたせいもあるかもしれない。
私はメールを読みながら、涙があふれてくるのを抑えられなかった。
無性に悲しくなったのだ。

論文には深刻な過誤があり、STAP研究の信頼性はもはや崩れている。
この状況で、なおかつ「研究者人生への挽回できないかもしれない打撃」を認識していながら、なぜ笹井氏は、STAP細胞への「確信」をこうまで主張し続けるのだろうか……。
私には、笹井氏が出口のない密室に自らを閉じ込めてしまったように思えてならなかった。

 (中略)

笹井氏は、小保方氏の「研究者としての資質」についてはこう語った。

豊かな発想力があり、これはと思ったときの集中力は非常に高い。
それは採用時の全員が一致するところで、私は今もそう思っている。
同時にとレーニングが足りなかったところ、科学者として非常に早いうちに身につけていなかった部分が多々あることが、論文発表後に明らかになった。
例えばデータ管理で、結果的に取り違えをするようなある種のずさんさがあったと思う。
両極端が一人の中にある。
私が一番、アドバイザーとして、あるいはシニアの研究者として自戒というか後悔しているのは、私や理研の研究者仲間が一生懸命、彼女の強いところを伸ばしたと思うが、弱い部分を慮って、そこを強化してあげる、若い研究者はそういうところがあるということを認識した上で、背伸びさせるだけではなく、足元をきちっと固めてあげることができなかったことは、自分の足りなかったところでは、と非常に辛く思っている。

一部で報道された小保方氏との「不適切な関係」は否定した。

 (中略)

思えば私のSTAP取材は、1月の記者会見に「『絶対に』来るべきです」という笹井氏からの誘いのメールで始まった。
それ以後に受け取ったメールは約40通。

最後の1通の日付は7月14日だった。
査読資料に関する質問への回答で、「論文を撤回してしまったあとは、何を言ってももはや仕方ないと思います」と結ばれていた。

(注: 赤字はデンマンが強調。
読み易くするために改行を加えています。
写真はデンマン・ライブラリーより)


135-136ページ、191ページ、341ページ
『捏造の科学者』
著者: 須田桃子
2014年12月30日 第1刷発行
発行所: 株式会社 文藝春秋

あらっ。。。 あの小保方晴子さんのことですわねぇ~。。。 笹井正樹氏は2014年8月5日の朝に先端医療センター内で首をつっているのが見つかったそうですけれど、本当に惜しい人を日本はなくしてしまったものですわ。 それはそうと、小保方さんは一時、“時の人”として騒がれましたけれど、最近はどうなさっているのでござ~ましょうか?

僕も、そのことが気になっていたのでネットで調べてみたのですよ。。。 そしたら次のサイトに出くわしたのです。。。 興味のある所だけ抜き出したので卑弥子さんもじっくりと読んでみてください。

STAP細胞論文問題で

大きく注目された理化学研究所の

小保方晴子さんの最新情報です。


(netsuzo3.jpg)

◆小保方氏、STAP論文掲載費60万円を返還
STAP(スタップ)細胞の論文不正問題で、理化学研究所は7日、4件の不正があったと認定した小保方晴子・元研究員から、論文掲載費約60万円の返還を受けたと発表した。

理研によると、返還されたのは昨年(2014年)1月に英科学誌ネイチャーに掲載され、その後、撤回されたSTAP細胞論文2本の掲載料。
今月初めに弁護士から返還すると連絡があり、6日付で理研の口座に入金が確認された。

小保方氏からは連絡はないという。
理研は3月、研究不正防止の規定に基づき、英科学誌ネイチャーに論文2本を掲載する手続きでかかった費用の返還を小保方氏に求めた。
論文は昨年1月に掲載されたが、不正判明で約半年後に撤回された。

理研は小保方氏に約2年間で約4600万円の研究費を支給。
さらに、不正調査などに約8360万円をかけたが、小保方氏の研究全体が不正だったわけではないなどとして、返還請求の対象は論文掲載費だけにとどめた。

小保方氏の代理人をつとめる三木秀夫弁護士は「理研の調査結果に納得はしていませんが、係争にかかる負担の大きさを考えて、これ以上の係争を避ける判断をいたしました」というコメントを発表した。

さらに、返還がこのタイミングになった理由について、三木弁護士は次のように説明し、理研への不満を明らかにした。
「そもそも今回は組織として論文の投稿が決めたわけなのに、理研は一番若い研究者に全責任を押し付けて支払いを求めていました。そのような請求に応じることで、『今後の前例をつくるようなことは避けるべき』との意見も多く寄せられていたこともあり、対応に慎重になっていました」

60万円はあくまでもネイチャー誌関連の費用にすぎず、疑惑発覚後もSTAP細胞関連では膨大な費用がかかっている。
報道によると、STAP細胞が存在するかどうかの再実験関連でも法律家への相談費2820万円、検証実験費1560万円などを含め、不正の調査や実験にかけた金額は計8360万円に上る。

「彼女を迎え入れた際、壁をムーミンの図柄にするなど部屋の模様替えに1000万円もかけるなど、一研究員に対する処遇とは思えない。
彼女から返還されたカネも理研に戻るだけで、税金で好き放題してきた理研の責任は問われない。
理研は関連費用全額を国庫に戻すべきだ」(神戸市の医療関係者)など組織の体質を巡る批判はいまだに根強い。

一連の問題で理研は「STAP細胞由来とされた細胞や組織は既存の万能細胞・ES細胞(胚性幹細胞)からできていた」と結論づけ、既に退職していた小保方氏は懲戒解雇相当、と判断された。
理研は刑事告訴も検討したが、「ES細胞を故意に混入させたことを証明できない」として見送っている。

◆理研の元研究者が提出した告発状を兵庫県警が受理

STAP(スタップ)細胞論文を発表した理化学研究所元研究員、小保方(おぼかた)晴子氏(31)が所属していた研究室から、何者かが胚性幹細胞(ES細胞)を盗んだとする告発状を兵庫県警が受理したことが15日、捜査関係者への取材で分かった。

理研の元研究員の男性が窃盗罪で告発し、14日付で受理された。
県警は関係者から事情を聴き経緯を調べる。

元研究者によると、告発状では、小保方氏がSTAP論文共著者の若山照彦氏=現・山梨大教授=の理研研究室に在籍していた2011年4月以降、何者かが研究室からES細胞を盗んだ、としている。
理研の調査委員会は昨年、STAP細胞はES細胞が混入したものだと「ほぼ断定できる」との見解を示している。
県警によると、理研側から被害届は出ておらず、関係者に事情を聴くなどして慎重に調べる。

告発状によると、昨年4月、STAP細胞の論文不正に関する理研の調査が行われた際、小保方氏が使用していた冷蔵庫から、小保方氏がかつて所属していた研究室の研究員が作ったES細胞が見つかった。
何者かが、このES細胞を盗んだ疑いがあるとしている。

理研の調査委員会は昨年(2014年)12月、STAP細胞はES細胞が混入したものとほぼ断定。
小保方氏側は、故意や過失による混入を否定している。

小保方氏の代理人を務める三木秀夫弁護士は「小保方氏に関しては疑義を受けるような点はない」とコメントした。

◆小保方晴子氏の現状を知人が証言 気力なく引きこもり状態?

表舞台から姿を消した小保方晴子氏。
理化学研究所時代と変わらず今も神戸市内のマンションに住んでいるようだ。

体調も精神状態も優れず、部屋に引きこもっている。
千葉県の実家に移る気力もないようです。
親御さんが時折様子を見に来ているようですが……」(小保方氏の知人)

こう聞くと悲劇のヒロインだが、客観的に見て彼女への処分は甘々だ。


(netsuzo6.jpg)
(出典: writerzlab.com)

STAP細胞研究のため支給された研究費は4600万円、不正が指摘されてからの調査・検証費用は8360万円に上る。
にもかかわらず、理研が小保方氏に返還請求したのは論文投稿費のわずか60万円だ。
血税を浪費しておきながら、説明責任すら果たさない幕引きである。

(注: 赤字はデンマンが強調。
読み易くするために改行を加えています。
写真はデンマン・ライブラリーより)


『NAVER まとめ』より

なるほどォ~。。。 マスコミがずいぶん騒ぎましたけれど、現在は体調も精神状態も優れず、部屋に引きこもっているのでござ~ますわねぇ~。。。

あれだけ大きな問題になったのだから、相当 精神的に落ち込んだのでしょうね。

。。。で、“下衆のかんぐり”というのは、どういうことでござ~ますか?

ちょっと次のやり取りを読んでみてください。

NEWS まとめもりー


(netsuzo4.jpg)

『拡大する』

7: キチンシンク(家)@\(^o^)/ 2014/08/12(火) 22:00:43.62 ID:oEx+wvIF0.net

小保方と楽しい出張を55回もできたんだから本望だろ


22: スパイダージャーマン(東日本)@\(^o^)/ 2014/08/12(火) 22:12:33.42 ID:1fwlTm/C0.net

>>7
ほんこれ。
5回ぐらい俺にも分けて欲しい。


71: アイアンクロー(大阪府)@\(^o^)/ 2014/08/12(火) 23:58:28.39 ID:PzIENwHg0.net

>>22
逆に考えるのだ。
よくもまあ55回も。
君を含めて常人は相手があれなら5回で十分飽きるよ。
惜しまれる人は違うなと感心した。

税金使ったことが後ろめたかったんだろうな。
予算を獲得するのがうまい人は、税金をうまく使う天才なのだな。
策士策にオボ(小保)れるなり。


8: 毒霧(WiMAX)@\(^o^)/ 2014/08/12(火) 22:01:56.38 ID:TobRj+eG0.net

生きていれば今後明らかになる不名誉な事実、死ぬ事で有耶無耶になり、オボちゃんも守った。

仮にオボちゃんであれば、捏造の真相究明は止まらなかった。

自殺が最高最速最良の問題解決手段になった事を恥じるべきだは。


195. 名無しさん@NEWSまとめもりー2014年08月16日 00:44

※31
>不当と表現しているのは以下の2点でしょ。
>精神的に崩壊してもなんら不思議じゃないと思うな。

 〇小保方さんとは男女の関係ではないのに、あたかも男女の関係があったものと
  意図的にミスリードを誘うような報道がされていたこと

事実ではないと否定すればいいだけ、一度もそうしたことはしていない。

デンマン注: 上の本の中に書いてあるように笹井氏は記者会見で否定している。

 〇STAP細胞は存在するのに、的外れな議論ばかりで存在しないものと扱われていること

存在する根拠を出しなさい。
世界中の科学者が科学的に疑義を申し立てているのは無視かよ

最近はマスゴミのせいにして問題の本質を逸らして悪いことした人を擁護する俺かっこいいっていうジンケン屋が流行なのか?


201. 名無しさん@NEWSまとめもりー2014年08月16日 01:24

>>195
同感です。小保方のSTAP細胞の捏造について、異議があるのならさっさと証拠なり、しっかりと説明責任を果たせば良かった。
笹井さんも不倫も、公費流用も、全くの事実無根なら、さっさと名誉毀損で訴えたり、証拠をあげるなり、反論して堂々としてれば良かった。
やましいところがあったから小保方も笹井さんも説明責任と証拠提出責任をちゃんと果たせなかった。

実験に失敗したら小保方が真っ先に処分や責任追求を受けるのは当然だろう。
そして、笹井さんの研究者としての人生も非常に厳しいものになるのは明らか。

おまけに処分を連帯して受けるとともに、不適切な関係がまたクローズアップして家族は大打撃を受ける。

笹井さんにとっては、小保方の捏造だとわかっていたから、実験は失敗に終わると確信して、
それによる自分自身の最悪な結末も確信してたから、
実験結果も見ずに自ら命を断ったのだろう。

擁護派は、日本中、世界中の科学者の意見やSTAP細胞についての批判に全く反論や意見なんか言ってませんから。
最初から科学に関わろうとしないで、信じるか信じないの宗教レベルに過ぎません。

小保方は200回以上成功したにも関わらず今まで、客観的なまともな証拠やサンプルらしいもの出したでしょうか?笑。
それにも関わらず、小保方の言うことを信じるのは、非科学的、宗教レベルか工作員レベルに決まってますよね!
国民の大半は皆さん同じ意見なんで大丈夫だと思います。
まともな意見共感しましたよ!


(netsuzo5.png)


「NEWS まとめもりー」より

この“STAP細胞事件”の全貌をよく知らない人は、マスコミが興味本位に取り上げた“同伴出張”を“不倫旅行”と考えているのですよ。。。 つまり、“下衆のかんぐり”です。

記者会見で笹井氏が男女関係を否定したことを、マスコミは報道しなかったのかもしれませんわァ。。。

僕は日本のテレビも新聞も見てないので、実際にはどうだったのか知らないけれど、上のやり取りを見ていると、そうとしか考えられない。。。もう一度次の箇所を読んでみてください。


(furin007.jpg)

195. 名無しさん@NEWSまとめもりー2014年08月16日 00:44

※31
>不当と表現しているのは以下の2点でしょ。
>精神的に崩壊してもなんら不思議じゃないと思うな。

 〇小保方さんとは男女の関係ではないのに、あたかも男女の関係があったものと
  意図的にミスリードを誘うような報道がされていたこと

事実ではないと否定すればいいだけ、一度もそうしたことはしていない。

デンマン注: 上の本の中に書いてあるように笹井氏は記者会見で否定している。

 〇STAP細胞は存在するのに、的外れな議論ばかりで存在しないものと扱われていること

存在する根拠を出しなさい。
世界中の科学者が科学的に疑義を申し立てているのは無視かよ

最近はマスゴミのせいにして問題の本質を逸らして悪いことした人を擁護する俺かっこいいっていうジンケン屋が流行なのか?

デンマンさんは、二人の間に マジで男女関係はなかったと信じているのでござ~ますか?

あのねぇ~、僕は、須田さんの本を読むまでは“STAP細胞事件”について 詳しい事は何も知らなかったわけですよ。。。 だから、先入観がなかった。。。 著者の須田さんと笹井芳樹氏とのメールのやり取りを読む限り、笹井氏と小保方さんの間に男女関係があったなどとは考えられない。。。 だから、上の“下衆のかんぐり”を読んだ時には、日本人が低俗化したのではないか!?。。。と思ったほどですよ。

でも。。。、でも。。。、そういう事だって考えられるではござ~ませんかァ?

あれっ。。。 卑弥子さんは、二人が出張という名目で不倫旅行していたと言うのですかァ~?

だから。。。、そういう可能性だってあると思うのでござ~ますわァ。

でもねぇ~、記者会見では、笹井氏がきっぱりと否定しているのですよ!。。。

どうして、その事実をマスコミは報道しなかったのでござ~ますか?

だから、マスコミは二人の間に不倫関係があると匂わせておいた方が新聞の購読者数が上昇するし、テレビの視聴率も上がると思って わざと報道を控えたのですよう!

そうでしょうか?

あのねぇ~、もしもですよ。。。 二人の間に男女関係があったら、日本のことだから、笹井さんは一人で自殺しないで小保方さんと心中するのですよ。

そうでしょうか?

やだなあああァ~。。。 日本には心中という伝統があるじゃありませんかァ! 京都の女子大学で腐女子に「日本文化と源氏物語」を教えている橘卑弥子・准教授とも思えないような発言ですよ!


(amishim3.jpg)

つまり。。。、つまり。。。、二人の間に男女関係があったなら、二人は心中していたとデンマンさんは考えるのでござ~ますか?

だってぇ、そうでしょう!? 55回も不倫旅行をしていたとしたら、小保方さんは笹井さんの後を追ってあの世へ逝くのですよ!。。。 それが日本の伝統じゃありませんかア!

デンマンさん!。。。 そういう事を言うと小保方さんにプレッシャーをかけることになりますわア!

卑弥子さんが二人の間に男女の関係があると言うから、僕は日本の伝統を持ち出してきたまでですよ!

でも、小保方さんに自殺を促すようなことを言ってはいけませんわ。

だから、小保方さんが生きているという事は二人の間に男女関係がなかった証拠なのですよ!

でも。。。、でも。。。、それはデンマンさんの単なる推測だと思いますわ。

つまり、何が何でも、卑弥子さんは低俗化した日本人の見本のように、二人の間に男女の関係があったという“下衆のかんぐり”を支持するのですか?

いいえ。。。 そう言う訳ではござ~ませんわァ~。。。 ただ、人間は弱いものですから、そういう関係になっても仕方がないと。。。

だから、そういうことを“下衆のかんぐり”と言うのですよ! んもおおおァ~。。。


(laugh16.gif)


(himiko22.gif)

ですってぇ~。。。
あたくしは、別に、二人の間に男女の関係があった言おうとしているのではないのでござ~ますわ。
ただ、ひょっとして。。。?
そう思っただけでござ~ます。

ところで、“2ちゃんねる”でしばしば見られる可笑しなアスキー文字漫画について
知らない人のために一言、余計な事を申し上げますわァ。


(netsuzo5.png)

上のマンガの中の“解雇はいやんバカンティ♪”と言う所に作者のユーモアが込められているのですわァ。
うふふふふふ。。。

普通なら、“解雇はいやんバカン♪”で終わるところでござ~ますけれど、
なぜ“ティ”が書き加えられているのだろうか?

“STAP細胞事件”に詳しくない方は そう思った方がいるかもしれません。
あなたは、どうですか?

この「バカンティ」というのは、小保方晴子さんが世界的に有名な科学誌「ネイチャー」に提出した論文の共著者の一人のハーバード大学教授のチャールズ・バカンティ氏のことなのでござ~ますわァ。

そもそもSTAP研究の源流は、バカンティ氏と弟のマーティン・バカンティ医師らが2001年に発表した1本の論文にさかのぼるのでござ~ます。
このチャールズ・バカンティ教授の研究室に小保方晴子さんは留学したのです。
その関係で、バカンティ教授が論文の共著者の一人として名前が載っているわけなのですわ。

上のマンガは とてもきれいな おヌードとは言えません。
「お口直し」に、あたくしの“お尻のえくぼ”をお目にかけますわねぇ~。
うふふふふふふ。。。

ええっ。。。? あたくしに“お尻のえくぼ”があるのかってぇ~。。。?

それが、あるのですわよう。。。
あなたにも お見せしますわねぇ~。


(buttdimp5.jpg)

どうでござ~ますかァ?

ええっ。。。 あたくしのお尻だとは思えないのでござ~ますかァ~?

どうしてよう? あたなは、あたくしの言葉が信じられないのでござ~ますか?

ええっ。。。 「信じたいけれど、スタイルが良すぎる」と、おっしゃるのござ~ますかァ~?

あのねぇ~、あたくしが十二単を一枚、一枚脱いでゆくと、
最後には上のようなおヌードになるのですわよう。

信じてくださいましなァ~。。。

この“お尻のえくぼ”のためではないと思うのですけれど、
最近 あたくしは 人気が出てきているようなのですわァ~。。。

あなたは、信じられないでしょう?!

じゃあ、次の検索結果を見てくださいましなァ~。。。


(gog50104a.png)

『現時点での検索結果』

あたくしの熱烈なファンが上のようにして検索したのですう。
ご覧のようにトップに、あたくしの「卑弥子さんの下着姿」が出てくるのですわよう。
うふふふふふ。。。


(himiko32.jpg)

この写真いかがでしょうか?
けっこうイケテルと思いませんかァ~♪~?

「卑弥子のえっち」を入れて検索した人も、
もしかしたら上の写真をご覧になっていたのかもしれませんわァ。
うふふふふふふ。。。

ところで、これまでのお話に、白けてしまった人もいると思いますわァ。
だから、その人たちのために、少しは真面目な記事ををここに紹介しますわねぇ~。。。

たまには、歴史のお話でも読んでくださいなァ。

平安史、古代史のお話を紹介しますわ。

これならば、あなたが白けることもないと思いますう。
ぜひ、読んでくださいまし。。。

天武天皇と天智天皇は

同腹の兄弟ではなかった。 

天智天皇は暗殺された 

定慧出生の秘密 

藤原鎌足と長男・定慧 

渡来人とアイヌ人の連合王国

なぜ、蝦夷という名前なの?

平和を愛したアイヌ人

藤原鎌足と六韜

古事記より古い書物が

どうして残っていないの?

今、日本に住んでいる人は

日本人でないの?

マキアベリもビックリ、

藤原氏のバイブルとは?

とにかく、次回も興味深い記事が続きますわ。
だから、あなたも、また読みに戻ってきてくださいね。
じゃあ、またねぇ~。。。


(hand.gif)

ジューンさんの熟女下着 June Adams 下着美人
(30june.jpg)


(surfing9.gif)


(sayuri5.gif)

ところで、卑弥子さんは見かけによらず、京都の女子大学で腐女子に「日本文化と源氏物語」を講義している橘卑弥子・准教授という肩書きを持っています。
卑弥子さんの面白い話をもっと読みたい人は
下のリンクをクリックして読んでみてくださいね。


『外人に乗っ取られた日本?』

『失われたバレンタイン』

『軽井沢夫人@日本王国』

『都知事になれなかった男』

『落選男の正体?』

『カナダはカエデの国なの?』

『海外飛躍遺伝子』

『ふるさとは遠きにありて…』

『芭蕉と遊女の出会い』

『芭蕉と遊女が…あれぇ~!』


(miya08.jpg)

『宮沢りえと3723人の観客』

『血のつながり』

『チョー有名な三角関係』

『日本の真ん中』

『デンマンの死@玉淀』

『血の絆』

『イジメられたら?』

『アタマにくる一言をかわすには』

『顔文字がダメなら?』

『日本の一番長い日』


(annasalleh.jpg)

『オルフェと聖徳太子』

『寅さんの本棚』

『平成の紫式部』

『心にしみるウンチ』

『念願のトップページへ』

『愛とロマンの昔話』

『愛とロマンのアクセス解析』

『兄妹の恋のつづき』

『源氏物語エロいの?』

『酒が行って着物目変境』

『日本は外人に乗っ取られたの?』

『ん?ヒトラーはベジタリアン?』

『ふるさとの選挙と黒い霧』


(hama10.jpg)

『ハマグリにハマる』

『ハマグリの誘惑』

『ハマグリの足跡を追って』

『芭蕉と遊女』

『光源氏もビックリ』

『エロエロ源氏物語』

『悲痛の紫式部』

『卑弥子のえっち』

『白妙の和歌を探して』

『キーワード診断』

『紅のボート難民』

『ん?ネトウヨ』

軽井沢タリアセン夫人の小百合さんが扮するゴディバ夫人 Sayuri
(godiva05.jpg)


(byebye.gif)

コメント / トラックバック85件 to “下衆のかんぐり”

  1. 桓武天皇のママがネットで | Denman Blog Says:

    […] ■『下衆のかんぐり』 […]

  2. ともみさんの素顔 | Denman Blog Says:

    […] (■『下衆のかんぐり』より) […]

  3. ござが天皇とGOOGLE | Denman Blog Says:

    […] ■『下衆のかんぐり』 […]

  4. エロ 建礼門院 | Denman Blog Says:

    […] ■『下衆のかんぐり』 […]

  5. 一敗が三人に! | Denman Blog Says:

    […] ■『下衆のかんぐり』 […]

  6. 行田の黒い霧をはらう | Denman Blog Says:

    […] ■『下衆のかんぐり』 […]

  7. ペルシャ人が飛鳥に | Denman Blog Says:

    […] ■『下衆のかんぐり』 […]

  8. 小柴垣草子 | Denman Blog Says:

    […] ■『下衆のかんぐり』 […]

  9. 後白河上皇ダントツ | Denman Blog Says:

    […] ■『下衆のかんぐり』 […]

  10. ブスと美人 | Denman Blog Says:

    […] ■『下衆のかんぐり』 […]

  11. エロい話が好き? | Denman Blog Says:

    […] ■『下衆のかんぐり』 […]

  12. 死んでも生きてる | Denman Blog Says:

    […] ■『下衆のかんぐり』 […]

  13. 失意の太田将宏 | Denman Blog Says:

    […] ■『下衆のかんぐり』 […]

  14. 源氏物語とおばさんパンツ | Denman Blog Says:

    […] ■『下衆のかんぐり』 […]

  15. 霊仙はなぜ毒殺されたの? | Denman Blog Says:

    […] ■『下衆のかんぐり』 […]

  16. 紫式部が地獄へ | Denman Blog Says:

    […] ■『下衆のかんぐり』 […]

  17. 破戒僧円載 | Denman Blog Says:

    […] ■『下衆のかんぐり』 […]

  18. アショーカ王の愛と苦悩 | Denman Blog Says:

    […] ■『下衆のかんぐり』 […]

  19. どら平太の世界 | Denman Blog Says:

    […] ■『下衆のかんぐり』 […]

  20. 三四郎とデンマンさん | Denman Blog Says:

    […] ■『下衆のかんぐり』 […]

  21. ヒトラーの姪 | Denman Blog Says:

    […] ■『下衆のかんぐり』 […]

  22. ゴヤと三島由紀夫 | Denman Blog Says:

    […] ■『下衆のかんぐり』 […]

  23. 仏陀とキリストと娼婦 | Denman Blog Says:

    […] ■『下衆のかんぐり』 […]

  24. ズロースと戦争 | Denman Blog Says:

    […] ■『下衆のかんぐり』 […]

  25. 伊藤若冲ブーム? | Denman Blog Says:

    […] ■『下衆のかんぐり』 […]

  26. 行田市長@夢の対談 | Denman Blog Says:

    […] ■『下衆のかんぐり』 […]

  27. ブッダと物理学 | Denman Blog Says:

    […] ■『下衆のかんぐり』 […]

  28. 加藤清正ブーム? | Denman Blog Says:

    […] ■『下衆のかんぐり』 […]

  29. 愛憎と三輪山 | Denman Blog Says:

    […] ■『下衆のかんぐり』 […]

  30. 松原智恵子 お尻ペンペン | Denman Blog Says:

    […] ■『下衆のかんぐり』 […]

  31. 『自分の壁』の嘘 | Denman Blog Says:

    […] ■『下衆のかんぐり』 […]

  32. 坂本龍馬は流れ者か? | Denman Blog Says:

    […] ■『下衆のかんぐり』 […]

  33. 野ざらし | Denman Blog Says:

    […] ■『下衆のかんぐり』 […]

  34. 紫式部堕獄説 | Denman Blog Says:

    […] ■『下衆のかんぐり』 […]

  35. 日本最古のポルノ? | Denman Blog Says:

    […] ■『下衆のかんぐり』 […]

  36. 三好栄子なの? | Denman Blog Says:

    […] ■『下衆のかんぐり』 […]

  37. 源氏物語の性描写 | Denman Blog Says:

    […] ■『下衆のかんぐり』 […]

  38. ヒトラーは草食系? | Denman Blog Says:

    […] ■『下衆のかんぐり』 […]

  39. ブッダとキリストと娼婦 | Denman Blog Says:

    […] ■『下衆のかんぐり』 […]

  40. 顔文字とオナラ | Denman Blog Says:

    […] ■『下衆のかんぐり』 […]

  41. 宝暦の恨みを明治維新で | Denman Blog Says:

    […] ■『下衆のかんぐり』 […]

  42. デウキと紅葉@行田 | Denman Blog Says:

    […] ■『下衆のかんぐり』 […]

  43. 薄い陰毛と紅のボートピープル | Denman Blog Says:

    […] ■『下衆のかんぐり』 […]

  44. 江戸の閨房術 | Denman Blog Says:

    […] ■『下衆のかんぐり』 […]

  45. ずるがしこい現代人 | Denman Blog Says:

    […] ■『下衆のかんぐり』 […]

  46. 春画@源氏物語 | Denman Blog Says:

    […] ■『下衆のかんぐり』 […]

  47. 千早振る | Denman Blog Says:

    […] ■『下衆のかんぐり』 […]

  48. あれっ、松本清張 | Denman Blog Says:

    […] ■『下衆のかんぐり』 […]

  49. キスと源信 | Denman Blog Says:

    […] ■『下衆のかんぐり』 […]

  50. 伎楽は呉から | Denman Blog Says:

    […] ■『下衆のかんぐり』 […]

  51. 布袋さんに惹かれて | Denman Blog Says:

    […] ■『下衆のかんぐり』 […]

  52. 悪女 レオタード | Denman Blog Says:

    […] ■『下衆のかんぐり』 […]

  53. 弘中先生と坊っちゃん | Denman Blog Says:

    […] ■『下衆のかんぐり』 […]

  54. 夕顔 床上手 | Denman Blog Says:

    […] ■『下衆のかんぐり』 […]

  55. 紺瑠璃杯に魅せられて | Denman Blog Says:

    […] ■『下衆のかんぐり』 […]

  56. 神聖娼婦 マリア | Denman Blog Says:

    […] ■『下衆のかんぐり』 […]

  57. 安徳帝は生きていた | Denman Blog Says:

    […] ■『下衆のかんぐり』 […]

  58. 白石川の桜 | Denman Blog Says:

    […] ■『下衆のかんぐり』 […]

  59. ブログ村のマリア様 | Denman Blog Says:

    […] ■『下衆のかんぐり』 […]

  60. 萌える済子女王 | Denman Blog Says:

    […] ■『下衆のかんぐり』 […]

  61. ピンクと桃色@徒然 | Denman Blog Says:

    […] ■『下衆のかんぐり』 […]

  62. 富沢金山の桜 | Denman Blog Says:

    […] ■『下衆のかんぐり』 […]

  63. ピンク桃色村 | Denman Blog Says:

    […] ■『下衆のかんぐり』 […]

  64. 紫式部@徒然 | Denman Blog Says:

    […] ■『下衆のかんぐり』 […]

  65. 絵里香@ペルー | Denman Blog Says:

    […] ■『下衆のかんぐり』 […]

  66. ペルシャ人の楊貴妃 | Denman Blog Says:

    […] ■『下衆のかんぐり』 […]

  67. ん?佐伯今毛人 | Denman Blog Says:

    […] ■『下衆のかんぐり』 […]

  68. 文学と歴史とウソ | Denman Blog Says:

    […] ■『下衆のかんぐり』 […]

  69. 百人一首ミステリー | Denman Blog Says:

    […] ■『下衆のかんぐり』 […]

  70. 芭蕉と遊女再び | Denman Blog Says:

    […] ■『下衆のかんぐり』 […]

  71. 映画とロマン@仙台 | Denman Blog Says:

    […] ■『下衆のかんぐり』 […]

  72. 源氏物语中的性描写 | Denman Blog Says:

    […] ■『下衆のかんぐり』 […]

  73. 忘れられた歴史ロマン | Denman Blog Says:

    […] ■『下衆のかんぐり』 […]

  74. おばさんパンツ@サンホセ | Denman Blog Says:

    […] ■『下衆のかんぐり』 […]

  75. 聖徳太子のチューター | Denman Blog Says:

    […] ■『下衆のかんぐり』 […]

  76. オナラの曲芸 | Denman Blog Says:

    […] ■『下衆のかんぐり』 […]

  77. 死海 | Denman Blog Says:

    […] ■『下衆のかんぐり』 […]

  78. 漱石とオナラ | Denman Blog Says:

    […] ■『下衆のかんぐり』 […]

  79. 絵里香さん | Denman Blog Says:

    […] ■『下衆のかんぐり』 […]

  80. 美女とオナラ | Denman Blog Says:

    […] ■『下衆のかんぐり』 […]

  81. アンバパーリー | Denman Blog Says:

    […] ■『下衆のかんぐり』 […]

  82. ゆっくりと愛し合う | Denman Blog Says:

    […] ■『下衆のかんぐり』 […]

  83. 見ちゃだめ! | Denman Blog Says:

    […] ■『下衆のかんぐり』 […]

  84. 二重マチ付きズロース | Denman Blog Says:

    […] ■『下衆のかんぐり』 […]

  85. 麻生元総理 | Denman Blog Says:

    […] ■『下衆のかんぐり』 […]

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。