クラシックが急に流行?


 
2007年10月5日 (金曜日)
 
  
クラシックが急に流行?
  
 

“クラシックの好きな奴なんて、

いねぇ~んだよォ~ んもお~

くだらねぇ質問なんか

するんじゃあねぇ~よォ~!”

うへへへへ。。。
あなただって、そう思うでしょう?

1年ほど前にクラシックについて僕は記事を書いたのですが、最も読まれなかった。
でも、藤守美愛(フジモリミア)さんがコメントを書いてくれたのですよ。
その美愛さんが1年ぶりで次の記事にコメントを書いてくれたのですよ。

■ 『ネット利用者の3つのタイプ PART 2』

これは僕がREALOGに投稿した記事です。
美愛さんのコメントを基にして書いたのが次の記事です。

■ 『クラシック好き?』

僕はわざとタイトルの中に“クラシック”を入れたのですよ。
もちろん、反応を確かめるつもりでした。

では、そのアクセス数をお目にかけます。

なんとアクセスが 3,141 ですよ。

かなり読まれた次の記事よりも多いのですよ。

■ 『ネットの恋人・心の恋人 (2007年9月22日)』

■ 『ネット利用者の3つのタイプ (2007年9月21日)』

■ 『心の友・心の恋人 (2007年9月20日)』

クラシックは人気がないはずなのに、

これは一体どうした事だろうか?

僕はさっそく『宇宙の摂理ブログ』でIPアドレスを調べてみました。
次の表を見てください。

見てすぐに分かることはChina UNICOM からのアクセスが異常に多い事です。
これは中国のプロバイダーですよ。
調べたら北京にあります。
まだ詳しく調べていませんが、検索エンジンを運用しているサイトかもしれません。
25日と26日にアクセスが多いのですよ。

ここからのアクセスが多かったので、グンとアクセスが上昇したようです。
しかし、なぜ?

先日紹介しましたが、中国のネット利用者は1億4千万人です。
アメリカについで2番目に多いのですよ。
日本よりも多いのです。
だから、中国の検索エンジンに上の記事が載ると、たくさんのアクセスがあることは間違いありません。
しかし、僕の記事は中国語で書いてあるわけではありません。
確かに、中国でも、韓国と同様、日本語熱がすごいですよね。
でも、いくらすごいと言っても、“クラシック”のタイトルに惹かれて読みに来る人が、これだけ多いとも考えられません。

検索ワードランキングを調べてみました。

これは今日(2007年9月27日)午前6時半に調べたものですが、
いつものように“境界性人格障害”を検索してやって来る人が最も多いのですよ。
“クラシック”はベスト10に入っていないのです。

。。。という事は検索エンジンで“クラシック”を調べて読みに来た訳ではないのですよね。
では、一体どのようにして。。。?

おそらく日本語学校の生徒が僕の記事を取り上げて紹介したのでは。。。?

これまで調べた限りでは、これ以上のことは何も言えません。

。。。んで、他のサイトではどうなのか?
さっそく、REALOGの『デンマンのブログ』でアクセスログを調べてみました。

これを見ると、やっぱりクラシックは人気がないのが分かります。
アクセス数が半分に落ち込んでいますよね。

やはり、WABLOGのアクセスが異常だったのだと思います。
要するにChina UNICOMのアクセス分だけ多くなっているのだと思います。

なぜ異常に多くなったのか?

WABLOGでもREALOGでも、全く同じ内容の記事が掲載されています。
ただし、REALOGは携帯用なので長い記事が書けず、
一つの記事を3ページから4ページに分けて載せています。
違いと言えばそれぐらいです。

もちろん、僕の気づかない他の違いもあるのでしょう。
だから、検索キーワードランキングは2つのサイトで大きく違っています。

上の“検索キーワードTOP10”で見るように、WABLOGでは上位に入っていた “境界性人格障害” も “人格障害” もTOP10に入っていません。
WABLOG と REALOG のキーワードランキングを見ると、これほど違ってしまうのか!?と、全く驚くばかりです。

僕は他のブログにも同じ記事を掲載していますが、
一つの記事が読まれる人気度はサイトによってまちまちです。
予想以上に違うものです。

なぜ異常に多くなったのか?

この China UNICOM って一体なに?
 
そう言う訳で調べてみましたよ。

IP アドレスから次のような事が分かります。

inetnum: 220.192.0.0 – 220.207.255.255

netname: UNICOM

China United Telecommunications Corporation
No.133,Taiyun Building,Xidan North Street
Xicheng District, Beijing, China

phone: +86-10-66505588
fax-no: +86-10-66504252
e-mail: ip_address@cnuninet.com

住所は中国の北京になっています。

“China United Telecommunications Corporation”を入れてGOOGLEで調べると、
次の記事が引っかかりました。

チャイナ・ユニコム

チャイナ・ユニコム(中国聯通)は中国の通信事業者。
1994年中国政府によって設立された。
香港証券取引所とニューヨーク証券取引所に上場している。

2002年からCDMAの携帯電話サービスを開始した。
チャイナ・モバイル、ボーダフォンにつぐ世界3位の携帯電話キャリアになった。

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

もともと英文のウィキペディア(Wikipedia)の詳しい記事が見つかったのですが、
日本語があると分かったので上の記事に飛んだのです。
詳しい事は英文の下の記事を読むと分かります。

Started as a wireless paging and GSM mobile operator,
it currently provides a wide range of services including
nationwide GSM and CDMA mobile networks, long-distance,
local calling, data communication, Internet services
and IP telephony in mainland China, and operates
a CDMA network in Macau.

As of the end of May 2007, the company had 111 million
GSM subscribers and 39 million CDMA subscribers.

From “English Wikipedia”

とにかく世界第3位の携帯電話サービス会社ですからね、大きな通信事業者です。
英文を読むとインターネットプロバイダーとしてのサービスも行っています。

http://www.chinaunicom.com.hk/

上のURLがChina UNICOM のホームページです。
インターネットサービスは香港を拠点としてやっているようです。

“チャイナ ユニコム の インターネットサービス (英文)”

このページを見てちょっと驚いたのはオンラインゲームを提供しているのですよ。
おそらく、チャイナ・ユニコムは中国では最も大きなインターネットプロバイダーだと思うのですよ。
1番ではなくても3本の指には入るぐらいの大きなプロバイダーだと思います。
そこが、オンラインゲーム・サービスを行っている。

なぜ中国でオンラインゲームがブームになっているのかが納得できましたよ。

次のような記事を先日紹介しました。
覚えていますか?

ところで最近、

中国でぶっ続けで丸3日間

ネットカフェでゲームをして

死んでしまった人が居ますよね。

Man Dead After Online Gaming Binge

BEIJING (AP)
2007-09-17 10:15 EDT

A man in southern China appears to have died of exhaustion after a three-day Internet gaming binge, state media said Monday.

The 30-year-old man fainted at a cybercafe in the city of Guangzhou on Saturday afternoon after he ha been playing games online for three days, the Beijing News reported.

Paramedics tried to revive him but failed and he was declared dead at the cafe, it said. The paper said that he may have died from exhaustion brought on by too many hours on the Internet.

The report did not say what the man, whose name was not given, was playing.

China has 140 million Internet users, second only to the United States. It is one of the world’s biggest markets for online games, with tens of millions of players, many of whom hunker down for hours in front of PCs in public Internet cafes.

僕はアメリカオンラインのニュースでこの記事を初めて読んだとき、
タイトルにBINGEと書いてあったので
ネットでオンラインゲームをやりながら“食べすぎ”で死んだのかと思ってしまったのですよ。

binge には「大食いする」とか「大酒を飲む」と言う意味があります。

Mary binges on snacks.

メアリーはスナックを大食いする。

binge eating 過食症

binge eating disorder ムチャ食い障害

でもねぇ、いくらなんでも、ネットをやりながら“食べすぎ”で死ぬ事はないだろうと思って読んでゆくと、ネットのやり過ぎなんですよね。

online gaming binge

つまり、これはオンラインゲームをやりながら食べ過ぎるのではなく、
オンラインゲームのやり過ぎなのですよ。

そう言えば次のような使い方を見たことがありますよ。

buying binge 購買熱

shopping binge 買い物狂い

spending binge 浪費

外見だけでは分からない。
本の表紙を見ただけでは中身は分からないと言うことでしょうか?

You cannot judge a book by its cover.

それにしても中国には1億4千万人のネット利用者が居るのですよ。
アメリカについで2番目です。
日本がアメリカについで2番目だと思っていましたが、そうではないのですよね。

考えてみたら中国には13億人が居るのですからね。
でも、全人口に対する利用者の割合では日本の方が多いでしょうね。

とにかく、あなたもネットのやり過ぎには気をつけてくださいね。
もちろん、僕もネットをやりすぎて死ぬ事だけは避けたいと思いますよ。
うしししし。。。

『ネット利用者の3つのタイプ (2007年9月21日)』より

この亡くなった人がやっていたオンラインゲームをチャイナ・ユニコムが提供していたのか?
これを調べたら面白い事が分かりそうですよね。

とにかく、中国のオンラインゲームのブームは思ったよりもすさまじいらしいですよ。

2004年には、ロールプレーイングゲーム(RPG)を36時間ぶっ続けでプレーして24階マンションから飛び降りて自殺してしまった少年が居ました。
卑弥子さんがこの13才の少年について書いていました。
興味があったら次のリンクをクリックして読んでみてください。

■ 『ゲームに熱中して自殺した少年 (2006年7月2日)』

。。。で、どうしてWABLOGのクラシックの記事が急に読まれたのか?

これまで、いろいろと調べたのですよ。
しかし、IPアドレスは記録されているのですが、
アクセス元のページまでは記録されていません。
だから、どのページを読んでから、僕のクラシックの記事を読みにやってきたのか?が分からないのです。

でもね、チャイナ・ユニコムと言うのは日本なら、さしずめYAHOO JAPANのようなものですよね。
だから、誰かがブログやホムペで僕の記事を紹介したとしたら、かなり読まれることは確かです。
検索エンジンに載ればもちろん読まれますよね。

ちなみに、“クラシック好き?” と入れてGOOGLE.com(国際版)で検索してみました。
次のように 12,000件のうちトップに掲載されているのですよ。

でもね、この記事はWABLOGのブログに載っている記事ではないのです。
僕の音楽掲示板に書いた記事なのですよ。
もちろん、内容は全く同じですが。。。

■ 『クラシック好き? (2007年9月25日)』

GOOGLEが検索エンジン業界では世界一のシェアを誇っています。
だから、GOOGLEの検索結果のトップに表示されると世界のネットの皆さんの目にとまるのですよ。

しかし、オンラインゲーム好きの中国人が僕が書いたクラシックの記事に関心を示すとは思えない。
いくら日本語熱がすごいからって、日本語が読める人はそれほど多くはないはずです。

僕は、改めて上のリンクをクリックしてページを読んでみました。
どの掲示板にも、どのブログにも全く同じ内容の記事が載っています。

一体このページの中の何が中国人の注目を引くのか?

僕はじっくりと読み返して見ました。

言葉が分からなくても理解できるものはないか?

もちろん画像ですよね。

しかし、とりわけ興味を引く画像があるわけではないが。。。
と思いながら見て行くと。。。
ベティーさんがお尻を突き出してオナラをする様子が描いてあるのですよ。

そうなんですよ。
リンクをたどってゆくとベティ-さんのオナラを聞くことができるのですよ。

これですよね!!

やっと分かりましたよ。
これならば、日本語が分からなくても楽しめますよ。
あなたのためにそのページのリンクを貼り付けますので、
クリックして聞いてみてください。

■ 『ベティーさんの楽しい音響を聞くことができますよ』

これこそ、確かに“クラシック”に違いありません。
どの音楽よりも“古典”ですよ。

うへへへへ。。。

とにかく、ここまで読んでくれてありがとうございました。
ついでだから、他の記事も読んでくださいね。

では。。。

ィ~ハァ~♪~!

メチャ面白い、

ためになる関連記事


■ 『きれいになったと感じさせる

下着・ランジェリーを見つけませんか?』

■ 『ちょっと変わった 新しい古代日本史』

■ 『面白くて楽しいレンゲ物語』

■ 『カナダのバーナビーと軽井沢に別荘を持つことを

夢見る小百合さんの物語』

■ 『今すぐに役立つホットな情報』

■ 『 ○ 笑う者には福が来る ○ 』

『デンマン批判 (2009年5月8日)』

『好ましい批判 (2009年5月12日)』

『立派な反面教師 (2009年5月29日)』

『社会的自我の欠如 (2009年5月30日)』

『原人ブームと漢字馬鹿 (2009年6月5日)』

『また、オマエか! (2009年7月3日)』

『成りすまし馬鹿 (2009年7月5日)』

『バンクーバーの寒中水泳』

『大阪の歴史馬鹿(2009年9月22日)』
 
『「蒲団」と「田舎教師」(2009年9月24日)』

『卑弥子さんの存在感(2009年9月26日)』

『ロマンとデジャヴ(2009年9月28日)』

『夫婦風呂(2009年9月30日)』

『露悪趣味(2009年10月2日)』

『カプリ島と香水(2009年10月10日)』

『小百合さんの香水10月14日)』

『プッタネスカ(2009年10月18日)』

『国敗れて山河あり(2009年10月22日)』

『鰻重と阿波踊り(2009年10月26日)』

『人のための医療(2009年10月30日)』

『病める日本(2009年11月5日)』

『住めば都(2009年11月15日)』

『猫ちゃんの出迎え(2009年11月17日)』

『名物先生(2009年11月19日)』

『ぶんぶく茶釜(2009年11月21日)』

『ゴダイヴァ夫人のチョコ』

おほほほほ。。。。

また現れて、くどいようで

ござ~♪~ますけれど。。。

ネットにも愚かな人がたくさん居ますわよね。

パンツにコカイン君は、相変わらず

下らないコメントを書いていますわ。

えっけん君と太田将宏老人は

ムカついたままコメントを書いてしまいます。

みっともないコメントになるだけです。

ええっ?そんなことより、

もっと面白い話がないのかって。。。?

デンマンさんが書いた上のお話だけでは

物足りないのでござ~♪~ますかぁ

だったらね、メチャ面白いお話を

あなたにおせ~♪~てあげますわよ。

ちょっとこれ見てよ。

どう?この写真を見て何か言いたいことない?

ちょっと見るとかっこいいように見えるけれど、

なんとなく萌え萌えではないような。。。

あなたは、どう思いますか?

では、面白いお話を。。。

ネットで咲いた恋の花!

その恋の花が現実世界で咲くとどうなるのか?

そうゆうお話をしますわよ。

次のリンクをクリックして読んでみて頂戴ね。

『ネットの恋人・心の恋人』

(2007年9月22日)

ネットでお互いの結婚の愚痴を

こぼし合っていた“ネットの恋人”が、

いざ会って見ると、

相手はその不幸な結婚の伴侶だった。

あなたもきっと苦笑してしまいますわよ。

これだったら、絶対に読みたくなるでしょう?

読んでね?

ダメよ!生返事してこの場を誤魔化そうとしちゃああ、

絶対に読んでねぇ~~?

お願い。頼むわよねぇ~。

うふふふふ。。。

くどいようだけれど、上のリンクをクリックして読んでね。

とにかく、今日も一日楽しく愉快に

ネットサーフィンしましょうね。

じゃあね。

ああああ~~~

初恋の人と会いたいわああああ~~!

コメント / トラックバック2件 to “クラシックが急に流行?”

  1. 不倫スパム « Denman Blog Says:

    […] (『クラシックが急に流行?(2007年10月5日)』より) […]

  2. 中国からの怪電話 « Denman Blog Says:

    […] (■『クラシックが急に流行?』より) […]

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。