宮本武蔵と絶望的な馬鹿


 
2009年7月8日 水曜日
 
  
宮本武蔵と絶望的な馬鹿
 
 

Subj:FC2 のソーシャルネットワーク

【軽井沢タリアセン夫人】 に

誰でも書ける掲示板を

設置しました。

\(^_-)ノ きゃはははは。。。

Date: 22/06/2009 12:10:54 AM
Pacific Daylight Saving Time
(日本時間:6月22日 月曜日 午後4時10分)
From: denman@coolmail.jp
To: sayuri@hotmail.com
CC: barclay1720@aol.com

http://barclay.sns.fc2.com/

上のURL をブラウザの小窓に入れてクリックしてみてね。

誰でも書けて読めるスレッドを掲示板に作りました。
小百合さん、何か書いてみてね。

♪┌(・。・)┘♪ キャハハハ。。。

じゃあねぇ~。

(\__/)
(+’.’+)
(“)_(“)

 

日付: Tue, 30 Jun 2009 10:12:42 +0900 (JST)
差出人: “sayuri@hotmail.com”
宛先: “denman@coolmail.jp”

件名:子供の事でいろいろと

ごたごたがあって

睡眠不足です。

はい デンマンさん
間があきました。
パソコンを開く気になりませんでしたよ。

子供の事でいろいろとごたごたがあって、
とてもデンマンさんにメールをする気分ではありませんでした。

でも、何とか収まって、私も一応平常心に戻りました。
夕べもいろいろ考え事をして
なかなか寝付かれませんでした。

起きても寝た気がしないのです。
こうして書いていても
妙に眠気がしてくるのです。

書き始めたばかりですが、
また眠くなりました。
少し寝ます。

さゆりより

 

Subj:小百合さんもまた犬を飼ったら?

\(^_-)ノ きゃはははは。。。

Date: 30/06/2009 12:45:49 AM
Pacific Daylight Saving Time
(日本時間:6月30日 火曜日 午後4時45分)
From: denman@coolmail.jp
To: sayuri@hotmail.com
CC: barclay1720@aol.com

 

はい デンマンさん
間があきました。
パソコンを開く気になりませんでしたよ。

うん、うん、うん。。。
小百合さんからメールがないから、何を気にしているのかなア~???
ちょっと考えさせられましたよう!

\(*^_^*)/ キャハハハ。。。

めれんげさんの記事を読んで、小百合さんが気を利かせて、メールを書くのを控えたのかな?
“あの人と仲睦まじくしているのを見てデンマンさんと別れます”とめれんげさんは書いていたからね。

でも、全く違う事で小百合さんは頭を痛めていたんだよね。

子供の事でいろいろとごたごたがありまして、
とてもデンマンさんにメールをする気分ではありませんでした。

でも、何とか収まって、私も一応平常心に戻りました。
夕べもいろいろ考え事をして
なかなか寝付かれませんでした。

起きても寝た気がしないのです。
こうして書いていても
妙に眠気がしてくるのです。

うん、うん、うん。。。
親とすれば一番頭を痛めることだよね。
分かります。分かります。。。

でも、精神病院へ子供を入院させるよりも、ずっとましですよう。
僕の親父は、うちの次男坊を強制収容所へ入所させてしまったからね。
厄介払いしたのですよう。
まずいやり方でした!

“人間万事塞翁が馬!”

悪いことばかりは続かない!
必ず明日がやって来るように、良い事がめぐってくるものですよう。
夜だけは続くないからね。
夜が明ければ朝になる。

書き始めたばかりですが、
また眠くなりました。
少し寝ます

虫の知らせとでも言うのでしょうか!?
小百合さんが落ち込んでいるのではないか?
そう思って、“愛犬プリンス”のことを書きましたよう。
小百合さんの気持ちも、少しは楽しくなるでしょう。
面白い記事になりました。
小百合さんも楽しく、うれしくなるような記事ですよう。

7月4日の記事です。
題して『小百合さんとワーグナー』
小百合さんが起きたら読めるように『小百合物語』のサイトにアップロードしておくから次のリンクをクリックして読んでみてね。

『小百合さんとワーグナー』

(2009年7月4日)

元気出して、
ルンルン気分になってね。

♪┌(・。・)┘♪ キャハハハ。。。

じゃあねぇ~。

(\__/)
(+’.’+)
(“)_(“)

 

日付: Wed, 1 Jul 2009 10:22:57 +0900 (JST)
(バンクーバー時間:6月30日 火曜日 午後6時22分)
差出人: “sayuri@hotmail.com”
宛先: “denman@coolmail.jp”

件名:ペットもいいけれど、

今は、子供のことで手一杯ですよう。

ペットね。。。?
ペットもいいけれど、
今は、子供のことで手一杯ですよう。

夕べも、子供の事でいろいろと考えることがあって、
よく眠れませんでした。

書き始めたけれど、
また眠くなりました。
まだ眠りが足りないようです。
そういうわけで、一眠りします。
またね。。。

さゆりより

 

Subj:プリンス。。。う~♪~ん、

軽井沢プリンスホテルスキー場を

思い出すね。

プリンスにしたらどう?

\(^_-)ノ きゃはははは。。

Date: 30/06/2009 7:14:59 PM
Pacific Daylight Saving Time
(日本時間:7月1日 水曜日 午前11時14分)
From: denman@coolmail.jp
To: sayuri@hotmail.com
CC: barclay1720@aol.com

 

ペットね。。。?
ペットもいいけれど、
今は、子供のことで手一杯ですよう。

夕べも、子供の事でいろいろと考えることがあって、
よく眠れませんでした。

う~♪~ん。。。
小百合さんは子供の事で考えすぎているのだよう。
だから、気分転換にも、
気を紛(まぎ)らわせるためにも、またワンちゃんを飼ったらどう?

小百合さんのために名前を考えているのだけれど。。。

権チャン、。。。ちょっとダサいかな?
ゴルゴ13、。。。小百合さんのイメージに合わないよね。
権太夫、。。。イマイチダヨネ。
権太、。。。小百合さんの子供たちの名前に似て、駄目だよね。
コント55号。。。これも小百合さんのイメージに合わない。
キングコング。。。、ちょっとダサいよね。
コング。。。もうすこしね。。。
キング。。。これもイマイチ
プリンス。。。う~♪~ん、軽井沢プリンスホテルスキー場を思い出すね。

やっぱり、プリンスがいいね!

\(*^_^*)/ キャハハハ。。


 
書き始めたけれど、
また眠くなりました。
まだ眠りが足りないようです。
そういうわけで、一眠りします。
またね。。。

やっぱり、眠いの?
じゃあ、グッスリ眠ってね。
おやすみ。

バンクーバーは、今日、すばらしい天気になりました。
快晴で雲ひとつ無く、ルンルン気分ですよう。

♪┌(・。・)┘♪ キャハハハ。。。

ヴィエンナコーヒーを入れて、べーグルを食べながらこれを書いてます。

バンクーバーアートギャラリーの裏の青空カフェね。
いつか、あのカフェテラスで、小百合さんとコーヒーを飲みながら、のんびりと語り合いたいですよう。
軽井沢タリアセン夫人の事でも。。。

FC2 の SNS で軽井沢タリアセン夫人を書こうと思ったけれど、あそこのエディターでは、僕のブログのように、いろいろと細工をほどこした記事はうまく表示されないのですよう。
他を探さないと駄目です。

小百合さんは“軽井沢タリアセン夫人”を期待していないようだけれど、僕はハマッていますよう!
ライフワークのつもりで書いています。

\(^_-)ノ きゃはははは。。。

ヤらしいことも格調高くしましたからね。。。

小百合さんもワクワク、ドキドキ、ウキウキ。。。、めちゃうれしくなって読めるような大河小説になりました。
現代版源氏物語ですう。。。
万歳!

じゃあねぇ~。

(\__/)
(+’.’+)
(“)_(“)

 

日付: Wed, 1 Jul 2009 13:23:03 +0900 (JST)
(バンクーバー時間:6月30日 火曜日 午後9時23分)
差出人: “sayuri@hotmail.com”
宛先: “denman@coolmail.jp”

件名:デンマンさんとメールの交換が

できるって幸せですね。

\(^_-)ノ

はい こうやって メールで元気だよ
って 送れるのは 幸せですね。
主人は先週から 旅行なので
私が子供を見張ってるしかないし
一泊でさえ山小屋にも 行けなかった。

何を食べたの?ベーグルね
しばらく 食べてないなー
今日も なんだか 眠い
では また…

さゆりより

 

Subj:やっぱり、ペットの名前は

プリンスがいいよね!?

\(^_-)ノ きゃはははは。。。

Date: 30/06/2009 10:24:52 PM
Pacific Daylight Saving Time
(日本時間:7月1日 水曜日 午後2時24分)
From: denman@coolmail.jp
To: sayuri@hotmail.com
CC: barclay1720@aol.com

 

はい こうやって メールで元気だよ
って 送れるのは 幸せですね。

そうですよう。そうですよう。
生きている証拠ですからね。
便利になったものですよう。
20年前には考えられなかったことでしょうね。

こうして小百合さんと、メールの交換ができると言うことは本当に幸せなことです。
これほど長くメールの交換ができるとは考えてもみませんでした。
人と人との出会いと言うのは本当に不思議で、奥の深いものだと思います。
これも、やっぱり、“軽井沢タリアセン夫人”と言う夢とロマンがあったおかげですよう。

もちろん、小百合さんの言葉では“軽井沢タリアセン夫人”ではなく、“聖地・軽井沢”のようなものなんだろうけれど。。。

\(*^_^*)/ キャハハハ。。

でも、僕には、やはり、“軽井沢タリアセン夫人”というイメージで小百合さんは僕の夢とロマンに格調高く登場するのですよう。
そのイメージを現代版・源氏物語として書いているのです。

\(^_-)ノ うしししし。。。

主人は先週から 旅行なので 私が子供を見張ってるしかないし
一泊でさえ山小屋にも 行けなかった。

旦那はよく出かけますねぇ~。

何を食べたの?ベーグルね
しばらく 食べてないなー

ハム、トマト、それにポテトチップを入れて、べーグルサンドイッチにして食べましたよう。
オニオン & サワークリームのポテトチップを入れるのが“旨み”の秘訣ですよう!

♪┌(・。・)┘♪ ぎゃハハハハ。。。

ちょっと思いつかないでしょう???

今日も なんだか 眠い
では また…

はい、はい、はい。。。眠る子はよく育つと言いますからね。。。

\(^_-)ノ ばんざ~♪~い。。。

どうなっているかと思って FC2 の SNS を覗いてみたら 23時間前に “さゆちゃん”が友達登録していました。
小百合さんがやって来てくれたんだね。
ありがとう。

でも、残念ながら、あの SNS は使い物になりません。
僕の記事は、あの SNS の日記では、きれいに表示されないのですよう。
5時間ぐらい費やして作り上げたのだけれど、無駄になりました。

LycosUK のサーバは不安定で、最近、うまく書けないのですよう。
そのうち、無料のプロバイダーを探し当てます。
小百合さんとプライベートで情報交換ができるところでないと駄目だから、なかなか見つかりません。
でも、こまめに探せば、そのうち見つかるでしょう。

それまで、じっくりと“軽井沢タリアセン夫人”を書き続けます。
小百合さんも楽しみにしていてね。

じゃあねぇ~。

(\__/)
(+’.’+)
(“)_(“)

デンマンさん。。。、どうして、メールをこれほど長く引用したのでござ~♪~ますか?

小百合さんは子供の事で頭を痛めて、しばらくメールを書いてなかったのですよう。

それで。。。、メールが出せるのは幸せだと、しみじみと語っているのでござ~♪~ますか?

そうなのですよう。

ちょっと大げさではありませんか?

卑弥子さんは子供を持ったことが無いから分からないのですよ。

まだ未婚の母になっていませんから、確かに子供を持っておりませんわ。しかし、子供として母を見てきましたわ。あたくしは、それ程母親を悩ませなかったと思うのでござ~♪~ますわ。

だから、卑弥子さんは子供の頃、おとなしくて従順な良い子だったのですよう。

それでは、今のあたくしは、口うるさくて反抗的でイヤな女なのでござ~♪~ますか?

違いますよう。。。ちがいますよう。。。やだなあああァ~。。。卑弥子さんは、すぐに被害妄想に落ち込んで自分の事だと思い込んでしまうのだから、も~~。

では。。。いったい。。。どなたの事を考えていたのでござ~♪~ますか?

漢字馬鹿のことですよう。。。漢字馬鹿の母親は我が子を置いて家出してしまったのですよう。

マジで。。。?

僕は大真面目ですよう。。。だから、漢字馬鹿はひねくれた性格なのですよう。しかも、悪意に満ちた人間になってしまったのですよう。

『宮本武蔵と絶望的な馬鹿』というタイトルの“絶望的な馬鹿”というのは漢字馬鹿さんのことなのでござ~♪~ますか?

卑弥子さんは、自分のことだと思ったのですか?

デンマンさん!。。。そのような破廉恥な事を言わないでくださいなァ!

あのねぇ~。。。漢字馬鹿のように、宮本武蔵も不幸な少年時代を過ごしたのですよう。

どのような。。。?

ちょっと読んでみてください。

武蔵の母という人は、播州領の佐用郡平福村の別所家から嫁いで来て、後に離別になって田住政久(たずみまさひさ)という者へ再婚した率子(よしこ)というのがそれであるという説と。また、今、大野村に墓のある於政(おまさ)というのがそうだという説とがある。

なお、於政は後家であって、武蔵はそのために、幼少から播州と作州の実家との両方に往き来していたのだというような記述もあるが、穿(うが)ちすぎていると思う。
また異説には、彼は、播磨のほうから嫁いで来た婦人の連れ子であって、無二斎の眼をしのんでは、実父のほうへ逃げ帰っていたので、自分でも、播州の産と晩年まで思っていたのであろうと憶測を下している書もある。

どっちみち、家庭に恵まれない冷たいものが、彼の幼時をつつんでいることは見逃しがたい。

後年の彼の流浪性は、そこに宿命していると思う。晩年、岩殿山(いわとのやま)霊巌洞(れいがんどう)に枯骨(ここつ)を運んで、座禅しながら死を待つあの寥々(りょうりょう)とした終焉の身辺も、この家庭から生んだものと僕は思う。

直木三十五が最も憎む所の、武蔵が敵に対しての残忍なほどの冷厳さと、老後にも時々錐(きり)のように現れた野性とは、彼の血液のうちにあったものには相違ないが、後天的にも、この家庭の冷たいものがかなり育ててはいないだろうか。
両親に薄縁であるばかりでなく、彼には、青春がない、真実の女性がない、熊本に死所を得る時代までは、よい友を持たなかった。

彼が老後に自分のなぐさみに持った画筆のように、墨で一抹刷(いちまつは)いたような東洋的虚無観が、六十年の生涯を渺(びょう)として貫いているすがたなども、僕には、彼の少年時代の家庭が最も重視されるのである。
直木は彼の後年の実証を挙げて彼の敵に対しての徹底、残忍、冷厳、野生ぶりを憎悪して数えたが、僕は反対に、そこへ武蔵への同情と興味を持つ。
また、人間的完成への彼の努力をよけいに買う。

そういう家庭に育まれたせいと見るほかにないのは、もう一つ、武蔵のあれほどな遺文中にも、父母のことについては、一字も誌(しる)したものがない点である。
十九句から成っている彼の座右の銘「独行道(どつこうどう)」は、つぶさに見ると、まったく孤(こ)そのものである。孤の寂寥(せきりょう)をいかに楽しむか、哲学するか、道徳するか、芸術するか、ほとんど命がけでかかっている孤行独歩の生活の鞭(むち)だと僕は見るのである。
そのうちの一章

どの道にも別を悲しまず

などは、いかに彼がそれへの纏綿(てんめん)な愚痴を抱いている煩悩人(ぼんのうじん)であるかがわかるではないか。


141-143ページ 『随筆・宮本武蔵』
著者・吉川英治
発行所・株式会社講談社
2002年3月25日 第1刷発行

これを読むと、武蔵の不幸な生い立ちが良く分かるのですよう。

そうでしょうか?

だってぇ、武蔵が書き残したものに、父母のことが一字も書いてないという!これは、ある意味で異常ですよう。僕の記事を読んでください。決して多くはないけれど、父親と母親のことが書いてありますよう。

デンマンさんは意識して書いたのでござ~♪~ますか?

いや。。。書きたくて書いたのではないのですよう。僕は大学生になるまで父母と一緒に生活したから、子供の頃のこと、青年になるまでの事はどうしたって父母のことが書きたくなくても出てくるものですよう。

つまり、武蔵は父母の事を書きたくても書けなかった。。。デンマンさんは、そうおっしゃるのでござ~♪~ますか?

たぶん、母親とは一緒に過ごした記憶がほとんどないのでしょう。

お父様とは。。。?

思い出したくない記憶だから、書きたくなかったのでしょうね。

なぜ。。。?

吉川英治は次のように書いていますよう。

丹治峯均(たんじほうきん)筆記にはまた、こんな話ものせている。
武蔵、幼年から父の兵法を見て、いつも口さかしく誹謗する、無二斎はわが子ながら気にくわないでいる所、当時、楊枝(ようじ)を削っている室に武蔵もいた。
その小刀を手裏剣(しゅりけん)にして、ふいに投げ打つと、武蔵が面をかわしたので、小刀はうしろの柱に立った。
無二斎が怒って、今度はほんとの小刀を打ったがまたかわして外へ逃げ出した。
そこで、彼は家に帰らず、播州の母方の僧を頼って郷里を捨ててしまったという。

これなどは、どう考えても、受けとり難い。よほど無二斎という人物が、子に対して特異な性情の人でない限りは考えられない話だ。
諸書を照合してみても、武蔵が何処で父に死別したかは明確を得ないのであるが、どっちにしても、彼が十歳未満に没していることはほぼ見当がつく。
するとまだ乳くさいほんとの子どもの時だ。
しかも彼には姉があったらしいが、後名(こうめい)をつぐ大事な一粒だねでもある。

しかし、こんな史実的に価値のない話でも、こういう村の口碑が彼の死後百年ちかい後の記述にも筆にされる理由には、何か、内容とは別な暗示を持っていると僕は思う。
そういう点でこの話は価値がある、それは何かというと、武蔵の幼少時の家庭の空気が、決して少年の肌を温かに養っているものではなかったということである。
そうした家庭的欠陥は、彼のそばに母がなかったらしい所からでも実証される。


140-141ページ 『随筆・宮本武蔵』
著者・吉川英治
発行所・株式会社講談社
2002年3月25日 第1刷発行

つまり、父親は居たかも知れないけれど、実父ではなかった。しかも、その父親には、かなり厳しく育てられたことが考えられるのですよう。武蔵には思い出したくない存在だったに違いない。

それで、武蔵はお父さんの事について一字も書かなかったのでござ~♪~ますか?

そうですよう。それ以外に考えられないでしょう?。。。卑弥子さんには他に理由が考えられますか?

そうですわねぇ~。。。お父さんの事を思い出すと、イヤになる事ばかりだからお父さんの事を思い出そうとしなかったのでしょうね。。。そう言えば、小百合さんがデンマンさんとめれんげさんの事について書いていましたわ。

なんて。。。?

小百合さんは次のように書いていましたわ。。。

日付: Mon, 18 May 2009 10:31:41 +0900 (JST)
(バンクーバー時間: 5月17日 午後6時31分)
差出人: “sayuri@hotmail.com”
宛先: “denman@coolmail.jp”

件名:ブログにばかり熱くならないで

休んでください。

はい おはようございます
せっかくの連休 ブログにばかり 熱くならないで休んでください。
あっという間に休みが終ってしまいますよ。

一週間 実家に泊って 片付けしていたら
白アリがものすごく 柱から出てきて
業者を頼んで見積もり、 駆除してもらって
またまた 忙しい  

あまりメールや写真を載せて 人の反感かっても
利口なやり方ではナイ、
怒るという事は 気にしてもらっている内
私は冷たいから 次の日から 見ないしメールも平気でしない。
絶交なんてメールも 絶縁状も送らない。
メレンゲさんは まだ優しい方ですよ。
ほんとの私は 冷たく 誰でも泣かします。

はい これから 実家を換気に行ってきますね。
薬でくさい

あさってから 長期お休みもらって、 軽井沢に出かけます。
GWは留守番 でしたので、メール送れたら 送りますよ。

ほら、メールやブログに縛られないで、映画に行くとか プールに行くとか
電車に乗るとか、いままで食べた事ない物 食べるとか、 
ブログにばかり 熱くならないで休んでくださいね。

さゆりより


『梅雨になる前に…(2009年5月31日)』より

めれんげさんがデンマンさんにムカついて短歌を書いたり、詩を書いたりしていることは、“まだ優しい方ですよ”と小百合さんは言っているのですわ。

うん、うん、うん。。。そう書いてますねぇ~。

確かに考えてみれば、そうかもしれませんわねぇ~。武蔵はお父さんの事も、お母さんの事も一字も書いてない。お父さんは思い出すだけでもイヤな思い出ばかりだから書かなかったとしても、お母さんは思い出したくても思い出がなかったのでござ~♪~ますわ。

そうですよう。。。そうですよう。。。めれんげさんがムカついて僕の事を書いているということは、確かに、武蔵のことを考えれば、僕は無視されていない。めれんげさんには、やっぱり、僕と忘れがたい思い出がある。。。確かに、めれんげさんは、まだ優しい方なのですよう。。。うししししし。。。

デンマンさん!。。。鼻の下を伸ばしている場合ではありませんわア。。。宮本武蔵にぶった切られた愚か者をデンマンさんはマジで紹介してくれるはずだったでしょう。

そうでした。忘れていましたよう。。。あのねぇ、武蔵の父親は上の説明にもあるように、かなり厳しい人だったことが分かるのですよう。

実父ではなかったのでしょうか?

たぶん、血はつながってなかったのでしょう。小刀を投げたり、手裏剣を投げたり、父親のすることではないですよう。。。でもねぇ、そのような厳しい父親を持ったために、武蔵は子供の頃から人間を見極める目ができていたような気がしますよう。

。。。んで、宮本武蔵が13歳で剣客と戦って勝ったというお話は本当でござ~♪~ますか?

武蔵自身が『五輪書(ごりんのしょ)』の序文に次のように書いているのですよう。

われ若年のむかしより

兵法の道に心をかけ、

十三にして初めて勝負をなす、

その相手新当流の有馬喜兵衛

この事について吉川英治は次のように書いています。

十三歳で有馬喜兵衛を殪(たお)したという話も、武芸小伝によると、喜兵衛は、当時の剣道の大家松本備前守の刀系をひいている有馬豊前守の一族の者で、その豊前守は徳川家康の命で紀州家へ移ったという人物である、そういう一族の者で、しかも天真正伝(てんしんしょうでん)の神道流をうけていたという有馬喜兵衛が、いくら何でも、子どもと喧嘩はすまい。

武蔵の生まれた郷里、作州吉野郡讃甘(さぬも)村という村に、有馬喜兵衛なるものが矢来を組み、金箔(きんぱく)の高札(こうさつ)を立てて試合の者を求めたというのである。
武蔵、幼名は弁之助といい、寺子屋がよいの帰途、その高札へ墨を塗ったので喜兵衛が怒った、武蔵の知る辺(べ)の僧侶が聞いて駆けつけ、彼に代わって詫びたが喜兵衛は聞かない、そこで刀をとってかかると、却って十三歳の弁之助に打ち殺されたということになっている。

 (中略)

有馬喜兵衛ともある士が、小児の悪戯(いたずら)ぐらいに赫怒(かくど)して、これとムキになって闘ったとなると、こいつは兵法家として成っていない男だ。
また、あんな山間の地に、金箔の高札や矢来を組んで、悠々と、試合に来る者を迎えて勝負するというのもおかしい。
そういう晴れがましい風習は当時の兵法者にあったとしても、都会でのことであろう。
有馬の一族という素姓があれば、土地の竹山城でも相当な礼儀で迎えるであろうから、野天試合で呼び声をかけるには及ばない沙汰である。


139-140ページ 『随筆・宮本武蔵』
著者・吉川英治
発行所・株式会社講談社
2002年3月25日 第1刷発行

でも、13歳といえば中学1年生でござ~♪~ますわ。いくらなんでも、中学1年生が大人を殺すことができるでしょうか?

あのねぇ~、武蔵は大男だったらしい。とにかく6尺あったということだから、身長は180センチですよう。だから、13歳の時にも、かなり大きかったはずです。

でも、中学生ですわ。相手は兵法者ですわ。つまり、プロの殺し屋のような者でしょう?

確かに、そうですよう。でもねぇ、ここで考えなければならないことが2つあります。

一つは。。。?

まずねぇ、武蔵はそこらで遊んでいるミーハーの中学生ではなかったということですよう。

どう言う事でござ~♪~ますか?

厳しい父親に育てられた。小刀を投げられたり、手裏剣を投げられたりした。もちろん、それが事実だったと、僕は思わないけれど、そういう伝説があったということは、武蔵が父親に厳しく鍛(きた)えられたと言う事が十分に分かりますよう。

そのように厳しく教育されているうちに、武蔵は相手の強さを見抜くことができるようになったのでござ~♪~ますか?

そうですよう。とにかく、手裏剣の使い手である父親の手裏剣をかわすことができるほどだったから、武蔵は幼いうちから、身の動きがすばやかったのですよう。また、父親に“スキ”を見せなかった。。。、リスのように身動きが素早く、サルのように狡猾(こうかつ)だったのですよう。そうでもなかったら、大怪我をしているか、生きてはいなかったでしょう。

それで、二つ目とは。。。?

吉川英治は次のように書いていた。

有馬喜兵衛ともある士が、

小児の悪戯(いたずら)ぐらいに

赫怒(かくど)して、

これとムキになって闘ったとなると、

こいつは兵法家として

成っていない男だ。

つまり、武蔵の眼から見ても、これはたいした人物ではないと見極められていたのでござ~♪~ますか?

そうですよう。いい年をした大人でも漢字馬鹿のような駄目な男が居ますからね。。。うしししし。。。漢字馬鹿は人を見極めることができない。成りすましてもすぐに見破られてしまう。有馬喜兵衛も、兵法者としては失格ですよう。おそらく偽者(にせもの)だったのでしょう。

でも、中学生に大人が殺せるでしょうか?

あのねぇ、吉川英治が本の最後の方で、その模様を次のように書いています。

その夜、有馬喜兵衛の使いが、僧庵を訪れて試合応諾(おうだく)を伝えたので、初めて事の次第を知った庵主は胆を消し、
「小倅(こせがれ)の悪戯ゆえ、なにとぞ深くお咎(とが)めなく容赦(ようしゃ)されたい」 
と百万陳謝した。
が、喜兵衛にしても、高札を塗りつぶされたからには、武芸者としての面目上、黙って引き下がるわけには行かない。
折衝の末、庵主が矢来の前へ弁之助(武蔵)を伴い、衆人の前に無礼を詫びることになった。

明くれば、弁之助挑戦の趣(おもむき)を伝え聞いて、矢来のまわりには盛んな群集であった。
「さっ、早くお侘びするのじゃ」
庵主が命じる。
頑童(がんどう)はしばし黙然としていたが、突如、持ち来たった棒を揮(ふる)って、喜兵衛に襲いかかったのである。
火のような怒りを発した喜兵衛は、太刀を抜き放ってこれに応じる。
と、矢庭に、弁之助は棒を捨てて喜兵衛に組み付き、岩石落(がんせきおと)しに大地に叩きつけた。
起き上がらんともがくところを、ふたたび棒を拾って、滅多撲(めったなぐ)りになぐりつけた。
喜兵衛は、もちろん、血反吐(ちへど)をはいて、絶息してしまった。


270ページ 『随筆・宮本武蔵』
著者・吉川英治
発行所・株式会社講談社
2002年3月25日 第1刷発行

これを読むと、喜兵衛に“スキ”があったことがすぐに分かる。子どもだと思って侮(あなど)った。そのスキを狙って、武蔵は棒で撲りつけた。

つまり、有馬喜兵衛は漢字馬鹿さんのように成りすまし者だったのでござ~♪~ますか?

僕も、そう思いますよう。武芸者に成りすまして、まず子供の武蔵を相手に試合を見せて宣伝して、あわよくば仕官の誘いを期待したのでしょう。あるいは近隣のヤクザから用心棒の誘いがあることを期待したのかもしれません。いずれにしても、賢(かしこ)い武蔵から人物を見抜かれていたことが分かる。

相手に勝てそうにないと思ったら武蔵は謝ったでござ~♪~ましょうか?

僕ならば、そうしますよう。有馬喜兵衛がたいした人物ではなさそうだと思ったから、武蔵はかかっていったのですよう。負けそうだと思ったら、闘いませんよう。父親に小刀を投げつけられて逃げ出したように、その時、武蔵は逃げ出していたはずですよう。

漢字馬鹿さんも、言ってみれば、武蔵に殺された有馬喜兵衛のように愚かな成りすまし者だとデンマンさんは見ているのでござ~♪~ますか?

もちろんですよう。真剣勝負であったら、漢字馬鹿は有馬喜兵衛のように命を落としていたでしょう。

デンマンさんは、かなりの自信がありますねぇ~。。。

漢字馬鹿をじっくりと観察すると人間として“スキ”だらけですよう。

たとえば。。。?

成りすますのが下手糞(へたくそ)ですよう。すぐにバレるような“成りすまし”をやる。次の文章など、まともに見えるけれど、僕が書いたコメントと比較すると底が浅いことがすぐに感じ取れる。。。だから、めれんげさんも“胡散臭い女”だと思って相手にしなかった。返信を書いていませんよう。

めれんげさん、はじめまして。
気になることがあって、コメントいたします。

2月12日の記事(裏切りはやさしく)で、
(心の恋人)と名乗っておられる方のコメントに、
差別用語が含まれていることに、気づいていますか?
それは、障害を持つ方を、意味する言葉です。

インターネットを利用して、差別用語を書くことは、
テレビなどで、差別的発言をすることと同様です。
あのようなコメントを、放置しておくべきではないと思います。

発言された方は、ご年配の方なのでしょうか。
相当、古い感覚を、お持ちなのでしょうか。
現代的感覚と、知識を持っている人間ならば、
公共の場、不特定多数の相手の面前で、
あのような言葉を吐くことなど、ありえません。

言葉狩りをするつもりはありませんが、
他人(めれんげさん)のブログに、コメントするのであれば、最低限のマナーと常識を持つのが当然だと考えます。

めれんげさんは、当該の発言者を野放しにせず、
アクセスを制限すべきではないでしょうか。

長文失礼いたしました。

なつみ

2009/04/14 3:56 PM


『即興の詩 青空』のコメント欄より

『デンマン批判 (2009年5月8日)』に掲載。

しかも、翌日まで待って成りすませばよいものを、待ちきれずに、今度は「アザイゲ」に成りすまして、次のような破廉恥なコメントを書く。

頭は固いがチ○コは柔い粘着自演ジジイなんか相手にするなよ。

言いたい事があるなら

レンゲのフォーラムに来るんだYO!!

って言われんぞ。

アザイゲ

2009/04/14 4:15 PM


『即興の詩 青空』のコメント欄より

『未熟な判断と稚拙な批判』に掲載
(2009年4月22日)

漢字馬鹿は「なつみ」に成りすまして次のような偽善者のコメントを書いている。

他人(めれんげさん)のブログに、

コメントするのであれば、

最低限のマナーと常識を

持つのが当然だと考えます。

それから19分後に、漢字馬鹿は、今度は「アザイゲ」に成りすまして破廉恥なコメントを書いた。すぐに同一人物が書いたものだとバレてしまう。

頭は固いがチ○コは柔い

粘着自演ジジイ

これも漢字馬鹿さんが書いたのでござ~♪~ますか?

そうなのですよう。最低限のマナーと常識を持つのが当然だと考えます、と書いておきながら破廉恥なコメントを書いている。こうなると、恥の上塗り、馬鹿の上乗せ!

【卑弥子の独り言】

ですってぇ~。。。
とにかく、成りすましながら落書きを書くのが漢字馬鹿さんの趣味です。
以前は、2ちゃんねるで遊んでいたのですけれど、
最近、2ちゃんねるでは成りすますことができなくなってしまいました。
それで、漢字馬鹿さんは2ちゃんねるから外に出てきたのでござ~♪~ます。
うふふふふ。。。

とにかく、面白い話題が続きますう。
あなたも、また明後日、読みに戻って来てくださいましね。
じゃあ、またねぇ。。。

ィ~ハァ~♪~!

メチャ面白い、

ためになる関連記事


■ 『きれいになったと感じさせる

下着・ランジェリーを見つけませんか?』

■ 『ちょっと変わった 新しい古代日本史』

■ 『面白くて楽しいレンゲ物語』

■ 『カナダのバーナビーと軽井沢に別荘を持つことを

夢見る小百合さんの物語』

■ 『今すぐに役立つホットな情報』

■ 『 ○ 笑う者には福が来る ○ 』

■ 『漢字馬鹿の再来 (2009年2月13日)』

■ 『漢字馬鹿の悦楽 (2009年2月15日)』

■ 『漢字馬鹿の自己矛盾 (2009年2月17日)』

■ 『あなた、おかえり (2009年2月19日)』

■ 『脳内漢字馬鹿 (2009年2月21日)』

■ 『他人の不幸は蜜の味 (2009年2月23日)』

■ 『漢字馬鹿の恋 (2009年2月25日)』

■ 『馬鹿のモデル (2009年2月27日)』

こんにちは。ジューンです。

漢字馬鹿さんは、懲りもせず

相変わらず成りすましています。

でも、すぐにバレてしまうのです。

どことなく、抜けているのが

なんともかわゆいですよね。

かわゆいと言うよりも

オツムのネジが何本か抜けている

と言った方が良いかもしれませんわ。

うふふふふ。。。

漢字馬鹿さんの事は

上のリンクをクリックしても読めますが、

デンマンさんが、さらに面白い記事を書いています。

時間があったら読んでみてくださいね。

『漢字馬鹿さん元気? (2009年3月25日)』

『小泉純一郎君は漢字馬鹿か?』
 (2009年4月18日)

『小泉純一郎と名乗る漢字馬鹿』
 (2009年4月20日)

『未熟な判断と稚拙な批判 (2009年4月22日)』

『ある愚か者の自滅の道 (2009年4月24日)』

『2ちゃんねると自滅の世界 (2009年4月28日)』

『自滅の道へ走る愚か者 (2009年5月2日)』

『デンマン批判 (2009年5月8日)』

『好ましい批判 (2009年5月12日)』

『欺瞞の罠 (2009年5月16日)』

『馬鹿の一つ覚え (2009年5月22日)』

『立派な反面教師 (2009年5月29日)』

『社会的自我の欠如 (2009年5月30日)』

『原人ブームと漢字馬鹿 (2009年6月5日)』

『また、オマエか! (2009年7月3日)』

『成りすまし馬鹿 (2009年7月5日)』

『スカンクと宮本武蔵 (2009年7月6日)』

『絶望的な愚か者 (2009年7月7日)』

それにしても、呆れるほどに

デンマンさんは書きましたわ。(爆笑)

ところで、小百合さんが面白い記事をまとめて

小百合物語を作りました。

もし、小百合さんの記事をまとめて読みたいならば、

次のリンクをクリックしてくださいね。

■ 『最近の小百合物語 特集』

とにかく、今日も一日楽しく愉快に

ネットサーフィンしましょうね。

じゃあね。

コメント / トラックバック1件 to “宮本武蔵と絶望的な馬鹿”

  1. 武蔵と出会い馬鹿 « Denman Blog Says:

    […] ■『宮本武蔵と絶望的な馬鹿』 […]

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。