いい出会いの連鎖


 

2015年12月10日 (木曜日)

 

いい出会いの連鎖

 


(baker112b.jpg)


(baker111b.jpg)


(vcc02.jpg)


(mayumi72.jpg)


(utsunomiya10.jpg)


デンマンさん。。。 今日はどういうわけで“いい出会いの連鎖”というタイトルにしたのですか?

あのねぇ~、実は夕べ、バンクーバー市立図書館で本を借りて読んでいたら次の箇所に出くわしたのですよ。

「いい縁」を結ぶ


(utsunomiya3.jpg)

私たちは、誰もが汚れのない美しい、磨き抜かれた鏡のような心を持って生まれてきます。

(略) 仏教でいう「一切衆生(いっさいしゅじょう)、悉(ことごと)く仏性有り」、この世のあらゆるものには仏性がある、という意味のこの言葉はそのことをいっています。
実際、生まれたばかりの赤ちゃんには我欲もなければ、執着心も、妄想もありません。

しかし、さまざまな環境に身を置き、いろいろな人とかかわりを持ち、多くの経験をしていく中で、心にも曇りが生じていくわけです。
人とのかかわり方は心に大きな影響を与えています。

人と人とは縁によって結ばれます。
いったんよい縁を結ぶと、それが次のよい縁につながり、さらによい縁を呼び込んでいきます。

たとえば、ある人とよい縁が結ばれると、その人の紹介で素晴らしい人との出会いがあり、そこからまたさらに新たなよい縁をいただくことになります。

まさしく「良縁の連鎖」が起こるわけですが、自分にとって有益な、あるいは、自分を高めてくれるような「いい人脈」は、そのようにしてつくられていく、といっていいでしょう。

一方、最初に悪い縁を結んでしまうと、まったく逆のことが起こります。
悪縁がどんどん連なっていく。
まさしく「悪縁の連鎖」で、気がついたら、とんでもない人生を歩むことになっていたりする。
いわゆる、絵に描いたような転落の人生です。

(注: 赤字はデンマンが強調。
読み易くするために改行を加えています。
写真はデンマン・ライブラリーより)


154-155ページ 『心配事の9割は起こらない』
著者: 枡野俊明
2013年10月10日 第7刷発行
発行所: 株式会社三笠書房

上の文章を読んで“いい出会いの連鎖”というタイトルをつけたのですか?

そうですよ。。。 真由美ちゃんがバンクーバーにやって来て、現在、Vancouver Community College に通いながらパン職人・ベーグル職人になる道を歩んでいる。。。 そして、ゆくゆくはカナダで働きたいと思っている。。。 上の本を読んでいたら、真由美ちゃんのこれまでの歩みがオツムに浮かんできて、つくづく“いい出会いの連鎖”があって、今の真由美ちゃんが居るんだなと思えてきたわけですよ。

たとえば、どんな出会いですか?

次のような出会いですよ。

差出人:真由美

件名:今日はいつもより

涼しかったですよ~☆

デンマンさん、こんにちはv(^-^)v

I just finished work.

It’s cool and comfortable.

今日も仕事が終わり、帰宅してパソコンの前にいます。
今日はデンマンさんに少し嬉しいお知らせがあります。

今日会社に行き、店長に話があるとの事でした。
その内容はほんの少しですが。。。時給を上げさせて頂きました。
との報告でした。

とても嬉しかったです。
店長は本当に少しですが、と言われましたが私は金額よりも
その気持ちと少しでも頑張りを認めてもらえた事がとても嬉しかったです。

そして、時給を聞いた時に思った以上に上げてくれた事にとても感謝しました。

デンマンさんの記事
やっぱり、血のつながりでしょうねぇ。

やっぱり、真由美ちゃんがカナダに住んでいる僕に

関心を持ったということは、

“血のつながり”と共に“生き方”を同じくする者という

共感もあるのでしょうね。

それで、僕も 真由美ちゃんに対して

“身内の話”もしたくなるのですよ。

デンマンさんからのお話を母に少ししました。
母もデンマンさんのお母様が随分昔に、随分な苦労をされた方だ、というのは知っていたようです。

詳しい内容までは母も知らなかったようで、デンマンさんからの話を伝えました。
母も驚いていました。

不思議な血の繋がり。。。
素敵ですね。

私が今回カナダに行きたいという願いは、実は昔まだ私が小学生の頃に
親戚の かよちゃんがとても優しくて、良くしてもらった記憶が強く残っていました。

小学生といっても低学年で、一度ほど?くらいしか会ったことしかないので、
顔も声も全く覚えていないのに、かよちゃんは優しい!!という私の中で記憶として残っていました。

私が かよちゃんの話をすれば母から、かよちゃんはカナダに行っての話や、英語がペラペラという話しをよく聞いていました。
そんなことからわたしもいつしか英語を話してみたい!!という気持ちが
ずっとありました。

しかし、決してわたしの学生時代はまじめなものではありませんでした。
勉強も好きではなく、遊びに夢中になってしまった時期もありました。

父にも母にも沢山沢山、迷惑かけました。
(これはあまり血のつながりはなかったのかな。。。笑)

それでもずっと気持ちの中に、変わらない「夢」として、
ありました。

デンマンさんの存在を知った時には、やっぱり、何かあるんだ!!なんて勝手に
自分の中で、血のつながりを感じていました。

そして、私の夢を、、、長年の夢を一歩一歩かたちに繋いでくれている事に、
デンマンさん、感謝しています。

私がカナダに行く事は昔からの夢だという事は小さいころから知っていますので、
頑張って欲しいという気持ちで応援してくれています。

そしたらたまの休みにはカナダに旅行にいけるかしら。。?
なんて冗談交じりに言っている母を見ていると
やっぱり夢、絶対叶えたいなって、強く思います。

母親は 昔の苦労話や、悲しかった事などは

おくびにも出しませんでした。

初めから、お互いに元気であることを喜び、

声が聞けたことに感謝して、笑い転げながら話しましたよ。

そんな人ほど、本当に強い人間なんだな。。って私は思います。

そんな女性でありたいです。。

真由美ちゃんも、僕のお袋と話せば、

面白い楽しい人だということが すぐに解りますよ。

でも、内面には、ずいぶんと苦労して

耐え抜いてきた悲しみを持っている人です。

お袋が 真由美ちゃんのお母さんに優しい気持ちになれるのも、

いろいろと苦労した過去があればこそです。

いつかいつかそんなお話もデンマンさんに直接、話を聞けたらな p(^-^)q っと思っています。

もっといろんな事が、不思議に繋がる気がして。。

そう。。かよちゃんにも会いたいですね。

向こうで、、

デンマンさんとかよちゃんと3人で会えたらそれも何だか素敵ですね!

デンマンさんも素敵な一日をお過ごしください!!

Have a nice day!!

真由美より

2014年06月04日 17:55


『真由美ちゃんの命の力』より
(2014年8月18日)

あのねぇ~、真由美ちゃんはお金が欲しいから一生懸命働いたわけじゃない。。。 もともと陰日向(かげひなた)なく、勤勉に自分の勤(つと)めを果たすという 徳目のひとつを無意識的に実行しているに過ぎない。。。 その誠実で勤勉な姿を見て店長が給料を上げてくれたのですよ。。。 つまり、この店長との出会いは素晴らしい出会いだと思いますよ。

そうでしょうか?

あのねぇ~、僕には、そういう経験がないのですよ。。。 給料に不満があったら、僕は次の仕事を探しましたからね。。。 真由美ちゃんの場合には、その人の勤勉さを評価するような良い店長に巡り合ったということですよ。。。 

確かに、そう言われてみると良い出会いだったかも。。。 お給料を上げてもらったので、カナダ移住を前にして、少しは貯金をする余裕も出てきましたわ。

。。。でしょう?! そればかりではありませんよ。。。 真由美ちゃんの勤勉さが更に良縁の連鎖を生んだのですよ。

どういうことですか?

あのねぇ~、僕は真由美ちゃんと血がつながっているからといって、真由美ちゃんの性格を美化しているわけじゃない。。。 冷静に見ても、真由美ちゃんの“誠実で勤勉な姿”がカナダ人の女性の心を打ったのですよ。。。 次のように。。。

私は別に、妙な事に関心があるのではないのですわァ。。。 うふふふふふふ。。。 たまたま聖書の話から気になって調べてみただけのことです。。。 でも、デンマンさんこそ、どう言う訳で“乙女老い易く学成り難し”というように変えてしまったのですか?

真由美ちゃんがバンクーバー・コミュニティ・カレッジ(Vancouver Community College)で本格的にパン職人・お菓子職人の勉強をするために入学したと聞いたからですよ。。。 


(vcc002.jpg)


(baker112b.jpg)


(baker113b.jpg)


(baker111b.jpg)

つまり、真由美ちゃんのための餞(はなむけ)の言葉のつもりです。 うししししし。。。

そうだったのですかァ~。。。

それにしても、どう言う訳で、真由美ちゃんは入学を決心したのですか?

デンマンさんも ご存知のように、わたしはカナダ移住を決心して仕事を探したのですけれど、就労ビザを持ってないと、なかなか雇ってもらえなかったのですわ。。。 それで、仕方なくボランティアでカーネギー・センターのキッチンで仕事をするようになったのです。。。


(carnegie01.jpg)


(carnegie02.jpg)


(carnegie06.jpg)

うん、うん、うん。。。 それは聞いていました。

私は、ほぼ毎日のように仕事に励んでいたのですけれど、ある日、女性マネージャーが私をオフィスに招いて意外な話をしてくれたのです。

その意外な話とは。。。?

私が就労ヴィザを取得してバンクーバーでパン職人・お菓子職人として働けるように、まずバンクーバー・コミュニティ・カレッジで職人になる勉強をしてみたらどうかと言ってくれたのです。

ほおォ~。。。 それはいい話ではありませんかァ!

でも、「私には経済的な余裕がありません」と言ったら、奨学金がもらえるように推薦してあげるから、私さえその気ならば手続きを始めるけれど、どうですか?。。。 と言うのでした。

ほおォ~。。。 それはラッキーな話だねぇ~。。。 それで、現在 奨学金をもらいながら、バンクーバー・コミュニティ・カレッジ(Vancouver Community College)で本格的にパン職人・お菓子職人の勉強をしているわけなんだァ~。。。

そうです。。。


『乙女老い易く学成り難し』より
(2015年9月16日)

真由美ちゃんが報酬も期待しないでボランティアで一生懸命に働いている姿が女性マネージャーの心を打ったのですよ。

でも、それは たまたま良い人に巡り合ったということではありませんか?

いや。。。 良縁の連鎖というのは、それだけじゃないのですよ。

他にも私が良い人に巡り合った、とデンマンさんは言うのですか?

そうですよ! Vinitoですよ。

今日は、5時にリンゴを食べながら休憩するために、(バンクーバー市立図書館の atrium に)下に降りて行ったら、
Vinito に会いました。


(vinito02.jpg)


(oppen02.jpg)

明日、真由美ちゃんと一緒に Oppenheimer Park に行って 日本人の女性に会いに行くのだと言ってました。
彼女は話し好きだから、20分ぐらい話込みましたよ。
いつまででも、話し続けるようなので、“トイレに行くので、これで失礼”と言って、また図書館に戻りました。

Union Gospel Mission で ボランティアとして働けるようになれば、
カナダで働いた経験になるし また あらたな可能性が広がると思います。

とにかく、気持ちが滅入りそうになったら、一つでも、2つでも、Yukon や NorthWest Territories や 北のリゾート地の求人募集に応募して、インタビューにこぎつけるように頑張ってみてください。

毎日、http://vancouver.craigslist.ca を見ていれば、そのうち、良い求人募集が出てくるかも。。。

じゃあ、今夜は、嫌な事も忘れ、心配事も、オツムからはずして、
ぐっすり眠って、明日の朝は すっきりと目覚めてね。
じゃあ、おやすみ。。。


(denman01.gif)

Monday, March 23, 2015 10:26PM


『カーネギーホールじゃないよ』より
(2015年4月2日)

このメールなら よく覚えていますわ。

真由美ちゃんは次のように書いていたじゃありませんか。


(mayumi40.png)

デンマンさんの文章を送信させて頂きました。
ありがとうございます。

わたしも、やはり一度日本に帰り
出直してくるべきだと自分自身 考えています。

デンマンさんにも今回たくさん迷惑をかけ、
何もできないわたしのサポートにかなりお疲れになってしまったのではないのでしょうか。

いろいろとありがとうございます。


(lineup2.jpg)

今日は午前中は天気がとてもよく、
ダウンタウンに向かう為バスを待っていて、
隣に優しそうな叔父さんが穏やかに新聞を読んでいたので
天気がいいですね^_^と声をかけたら、 
“No English!” という返事が返ってきました。

なんだか、叔父さんは申し訳なさそうでした。
その後 叔父さんはバックの中からキャラメルを私にくれたのです。


(smilerol.gif)

なんだか嬉しくなりました^_^
叔父さんも嬉しそうでした!

そんな穏やかな日でした。
でも、夕方から雨になり、帰りは随分と降っていました。

デンマンさんも冷えないように
風邪に またかからないように
ゆっくりおやすみください。


(yen0201.gif)

真由美より

Mon, Mar 23, 2015 at 11:41 PM


『カーネギーホールじゃないよ』より
(2015年4月2日)

この英語の全く話せないオジサンは東洋人だったのォ~?

いいえ。。。 白人でしたわ。

ほおォ~。。。 白人で英語が全くしゃべれないというのは珍しいよねぇ~。。。 それに、その後でバックの中からキャラメルを出して真由美ちゃんにあげるというのも珍しいですよ。。。と言うかァ、なんとなく微笑(ほほえ)ましいじゃありませんかァ。

どこから来た人なのでしょうか?

たぶん東ヨーロッパから来たんじゃないかなァ~。。。 東欧から移住してきた若い夫婦が お父さんを呼び寄せたのかもしれませんよ。 特に東洋人でバンクーバーに住んでいる人の中には、英語ができない人がたくさんいますよ。 真由美ちゃんは、優しそうな叔父さんに“天気がいいですね”と英語で声をかけるだけの心の余裕があったのだから。。。 まだまだ、英語がしゃべれる方ですよ。

そうでしょか? でも、英会話では失敗ばかりですわ。

“失敗は成功の元!”と言うじゃありませんか! あのねぇ~、英語圏以外の国からやって来た移住者は、皆 失敗しながら英語を習得してきたのですよ。 僕も例外ではありません。。。 

。。。で、キャラメルをくれたおじさんとの出会いが良縁の連鎖とデンマンさんは言うのですか?

もちろん、その事も悪い出会いじゃないけれど、カーネギーセンターで ボランティアで働けるようになったのは、Vinito の出会いがあったからでしょう?

そうです。。。 デンマンさんのメールに書いてあるように 翌日、3月24日に Vinito と一緒にOppenheimer Park に行ったのですわ。


(vinito02.jpg)


(oppen02.jpg)


(mayumi40.png)

公園の中にある集会所で女性グループの談話会に出席したのですけれど、残念ながら予定が変更になったらしくて 日系カナダ人の女性のオーガナイザーに会うことができなかったのです。 それで、時間があったので、近くのUnion Gospel Missionへ食事をしに行ったのです。


(kato3.gif)

無料の食事を試しに食べに行ったわけぇ~。。。?

そうです。。。 ところが ちょうど昼食と夕食の間の時間帯だったので、閉まっていて、それでVinito が「じゃあ、この近くに安くて旨いカフェテリアがあるので、そこへ行こうよ」ということになったのです。 それがカーネギー・センターだったのです。


(carnegie01.jpg)


(carnegie02.jpg)

このカーネギー・センターのカフェテリアで軽い食事をしたのです。 確かに、Vinitoが言ったように 安くておいしかったですわァ。


(carnegie04.jpg)


(carnegie03.jpg)

このカレーのパスタが 1ドル25セントです。 日本円で約100円ですわァ。

それはメチャ安いねぇ~。。。 普通の食堂で食べたら、少なくとも3ドル50セントから4ドルはするよねぇ~。。。

そうですわ。。。 それで、食べながら、周りを見回したら カフェテリアの壁に「ボランティア募集」の貼紙がしてあったのです。

それで担当者に話をしたわけぇ~。。。?

いえ。。。 その日は電話番号をメモしただけでしたけれど、翌日電話したら、3月29日の日曜日に担当者のおばさんと会うことができて、私の下手な英語でしたけれど、これまでの事情を説明したら何とかボランティアで働くことができるようになったのです。

それはラッキーだったねぇ~。。。 と言うか、これまでの真由美ちゃんの努力が実ったのですよう。。。 あのねぇ~、真由美ちゃんは、努力して英会話の勉強もしているけれど、性格的にと言うか。。。 真由美ちゃんの表情には、人の心を穏やかにして、惹きつけるものがあるのですよ。 だから、英語のしゃべれないオジサンも、真由美ちゃんが“今日は いい天気ですね”と声をかけたら、うきうきしてきて、わざわざバッグからキャラメルを出して真由美ちゃんにあげたのですよ。

そうでしょうか?

そうですよ。。。 だからカーネギー・センターの担当者のオバサンも、真由美ちゃんのこれまでの話を聞いて、同情したというか? 真由美ちゃんの人柄(ひとがら)の良さを感じ取って、ボランティアで働けるように取り計(はか)らってくれたのですよ。

そうでしょうか?

そうです。。。 それが良縁の連鎖ということですよ。


(laugh16.gif)

【卑弥子の独り言】


(himiko22.gif)

ですってぇ~。。。
あなたは、どう思いますか?

ところで、真由美ちゃんは小さい頃からの夢が叶ってぇバンクーバーにやって来たのでござ~♪~ます!


(inflight2.jpg)


(airport1b.jpg)

現在、Vancouver Community College で、パン職人、ベーグル職人を目指して勉強しています。
いづれはカナダに移住するつもりでござ~ます。

ところで、あなたはバンクーバーに行ったことがありますか?

とっても素敵な街ですよ。


(stanley50.jpg)


(seawall3.jpg)


(seawall2.jpg)

世界で最も住みやすい街バンクーバー


(wetsuit.jpg)


(wetsuit3.jpg)


(gastown20.jpg)


(canplace22.jpg)

ビデオを見ても、なんだかワクワクしてくるでしょう?

あたくしが バンクーバーにやって来たのは 2008年の元旦の2週間ほど前でした。

クリスマスをバンクバーで過ごして、それから元旦の“Polar Bear Swim (寒中水泳)”に参加したのです。


(polar10.jpg)

上のビデオを見ると、まるで真夏のようでしょう?

ところが気温は確か2度ぐらいでした。 

水の中の方が暖かかったのですわァ。

とにかく、バンクーバーには面白い人たちがたくさん居ますゥ。

あなたも、お暇と お金の余裕があったらぜひ出かけてみてください。

デンマンさんが、また興味深い、面白い記事を書くと思います。

だから、どうか、あなたも またやって来てくださいねぇ~~。

じゃあね。


(hand.gif)

If you’ve got some time,

Please read one of the following artciles:



(biker302.jpg)

“ついに会えました”

“お天道様が見てます”

『真由美ちゃんのカナダ移住』

『真由美ちゃんのカナダ就活』

『ロマンと夢が広がる』

『カナダ就活と英語』

『カナダへの履歴書』

『真由美ちゃんの夢とベーグル』

『真由美ちゃんの命の力』

『迷い、決断、そして行動』

『夢と希望の光』


(juneswim.jpg)

『下着女装に負けない真由美ちゃん』

『真由美ちゃんの就活面接』

『真由美ちゃんのリクエスト』

『真由美ちゃん@とんでん』

『バンクーバーで面接』

『海外で面接』

『真由美ちゃん、読まれてるよ』

『真由美ちゃん@面接英会話』

『真由美ちゃん@教会』

『真由美ちゃん@バンクーバー渡航』

『真由美ちゃん@バンクーバー』

『心温まるスープ』

『大切な第一印象』


(santa85b.jpg)

『サンタ マユミちゃん』

『お汁粉@海外』

『お汁粉@カナダ』

『支払いでトラブル』

『風邪で甘えてる場合じゃねぇ~!』

『バレンタインのお菓子』

『結婚、仕事、人生』

『命の力だね』

『英語と真由美ちゃん』

『海外に目を向ける』

『カーネギーホールじゃないよ』

『やる気があれば道は開ける』

『ニャンニャンと人生』

『ピラミス@美術館』

『夢のバンクーバー』

『バンクーバーの屋上で』

『オランダ移住』

『カナダ移住の夢』

『ディープコーヴ』

『浴衣のバンクーバー』

『黒豚テリマヨ』

『イタリアのベーグルとサルサ』

『花火大会』

『乙女老い易く学成り難し』

『真由美ちゃん@英語』

『真由美ちゃんダントツ』

『日本よい国天国だ!』

『やっぱりどこか狂ってる』

『日本で再会』

『乙女力@宇都宮』


(surfin2.gif)


(dogs17.gif)


(girlxx.gif)


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。