小野小町の話


 
2008年2月29日 金曜日
 
  
小野小町の話
 
 
小野小町のシモい噂
 
  

小野小町(おののこまち)

大同4年(809年)頃生まれる。
延喜元年(901年)頃に亡くなる。

平安前期9世紀頃の女流歌人。六歌仙・三十六歌仙の1人。
出羽郡司小野良真の娘と言われる。
仁明天皇の更衣だったらしい。
また文徳天皇の頃も仕えていたらしい。
「町」の字は後宮に仕えた女性に用いられる。

彼女は絶世の美女として七小町など数々の逸話があり、能や浄瑠璃などの題材としても使われる。
小野小町に材をとる作品を総称して「小町物」と言う。

生まれには多数の説があるが現在の秋田県湯沢市小野(旧雄勝郡雄勝町小野)という説が主流となっている。
しかし、秋田県湯沢市小野が小野小町の生誕地であるかどうかの確証はない。

出身地はこの他にも福島県小野町とする説、茨城県新治郡新治村大字小野とする地元の言い伝えなど、生誕伝説のある地域は全国に点在している。
東北地方に伝わるものはおそらく『古今和歌集』の歌人目録中の「出羽郡司娘」という記述によると思われる。
それも小野小町の神秘性を高めるために当時の日本の最果ての地の生まれという設定にしたと考えられている。

京都市山科区小野は小野氏の栄えた土地とされ、小町は晩年この地で過ごしたとの説もある。
ここにある随心院には、卒塔婆小町像や文塚など史跡が残っている。

花の色は移りにけりないたづらに

我が身世にふるながめせし間に

有名なこの歌は、花が色あせていくのと同じく自分も年老いていく姿を嘆き歌ったものとされる。

小町物

能の「小町物」には「草紙洗小町」「通小町」「鸚鵡小町」「関寺小町」「卒都婆小町」などがある。
これらは以下の3つに大別される。

1) 和歌の名手として小野小町を讃えるもの、

2) 深草少将の百夜通いをモチーフにするもの、

3) 年老いて乞食となった小野小町に題材をとるもの。

「年老いた乞食の小町」は能作者らによって徐々に形作られていった「衰老落魄説話」として中世社会に幅広く流布した。

小野小町九相図

鎌倉時代に描かれた、野晒しにされた美女の死体が動物に食い荒らされ、蛆虫がわき、腐敗して風化する様を描いた九相詩絵巻は別名を「小野小町九相図」と呼ばれる。
モデルとしては他に檀林皇后も知られる。
両人とも次の歌の作者と言われている。

我死なば焼くな埋むな野に捨てて

痩せたる(飢ゑたる)犬の

腹を肥やせ(よ)

小町針

裁縫に使う「待ち針」の語源は小野小町にちなむという俗説もある。
言い寄ってくる多くの男に小野小町がなびくことがなかったため、穴(膣)のない女と噂されたという伝説に基づき、穴のない針のことを「小町針」と呼んだことから来ていると言う。


出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

デンマンさん。。。今日は六歌仙のうちの紅一点、小野小町からお話を始めるのですか?

実は、小野小町から話を始めるには訳があるのですよ。

どのような訳ですか?

おととい、「下つき」の話をしましたよね。

ええ、そうでしたわ。その「下つき」がどうだとおっしゃるのですか?

おとといの記事の中に次のリンクを貼ったのですよ。

■ 『下つきだねって言われて。。。(2006年3月18日)』

この記事はWABLOGの『宇宙の摂理ブログ』に掲載されているのですよ。

それがどうしたのですか?

このリンクをクリックして「下つき」の記事を上のブログへ読みに行った人が多かったのですよ。最近の『レンゲ物語』は歴史の話題が多くなったので、めっきり読む人が少なくなったと思っていたら、おとといと昨日は、いつもの2倍以上の人が上の記事を読んだのですよ。やはり、シモい話題と言うのは読む人の関心を惹くのですよね。

そうでしょうか?

ちゃんと統計に表れるものなんですよ。ちなみに、興味をそそったと言う一昨日書いたその部分をここに書き出しますよ。

実は、レンゲさんのエロい話があまりないので、読む人が少なくなったのですよ。うへへへへ。。。

デンマンさんは。。。、デンマンさんは、やっぱり、あたしがエロい女だと思っているのですわね?

違いますよう。レンゲさんはエロい女ではありませんよ。僕はエロい話題が少なくなったので、最近、この『レンゲ物語』を読む人が少なくなったと言っているだけですよ。

でも、エロい話題は読まれているのですか?

そうですよ。僕はびっくりしているのですよ。

何をびっくりしているのですか?

ちょっと次の「リンク元キーワード」のリストを見てくださいよ。

分かるでしょう?“下つき”が3位なんですよ。つまり、“下つき”と言うキーワードを検索エンジンに入れて検索した結果、表示されたページの中からリンクをクリックして『宇宙の摂理ブログ』にやって来た人が過去30日に77人居ると言う事なんですよ。

どの記事を読みに来るのですか?

次のレンゲさんの記事ですよ。

■ 『下つきだねって言われて。。。(2006年3月18日)』

なんと、2年ほど前に書いた記事ですよ。レンゲさんも覚えているでしょう?

ええ。。。よ~く覚えていますわ。

どうしてこの記事が読まれるのですか?

だから、エロいからですよ。エロいと言う言葉が適切でないのならば“シモい”話題だからですよ。この30日の間に急に読みに来る人が増えたのですよ。


『愛と陰謀 (2008年2月27日)』より

この部分を読むとね、例えば、エロい話題が嫌いな人でも、“それ程急に読まれるようになった記事というのは、一体どのようなものなんだろう?”。。。このように、興味を惹かれるものなんですよ。

そうでしょうか?

だから、僕だって上の部分を読めば『宇宙の摂理ブログ』に掲載されている記事を読みに行きたくなりますよう。

デンマンさんはエロい話題が好きだからですわぁ。

やだなあああぁ~。。。こういう時に、日ごろの憂さを晴らさないでくださいよう。僕に調子を合わせてくださいよう。。。も~~。。。やりにくいなあああぁ~

分かりましたわ。デンマンさんのおっしゃる事が正しいとして、それがどうだとおっしゃるのですか?

だから、僕は上の小町の説明を『ウィキペディア(Wikipedia)』から抜き書きしたのですよ。

なぜ。。。?

なぜって。。。ここまで説明してくれば、なぜだかレンゲさんにも分かるでしょう?

分かりませんわ。

やだなあああぁ~。。。とぼけないでくださいよう。

とぼけていませんわア。あたしは本当にデンマンさんの“ねらい”が分かりませんわ。

小町針ですよう。。。小町針。。。

小町針がどうだとおっしゃるのですか?

ちょっと読んでみてくださいよ。

小町針

裁縫に使う「待ち針」の語源は小野小町にちなむという俗説もある。

言い寄ってくる多くの男に小野小町がなびくことがなかったため、

穴(膣)のない女と噂されたという伝説に基づき、

穴のない針のことを「小町針」と呼んだことから来ているという。

説明の最後に急にシモい話になっているのですよ。

だから。。。?

僕は小野小町があの世で迷惑していると思うのですよ。

このようなシモいうわさが広まってしまった事をですか?

そうですよ。うへへへへ。。。僕が小野小町ならば、絶対に頭に来てしまいますよ。レンゲさんだって、このようなうわさが広まれば頭にくるでしょう?

デンマンさんは。。。。デンマンさんは、一体何が言いたいのですか?

だから、僕は言いたいのですよ。紀貫之は「小町針」の説明のために六歌仙の一人に小野小町を選んだわけじゃないのですよ。

つまり、興味本位のうわさやシモネタが小野小町の伝説として現在に伝わっているとデンマンさんはおっしゃりたいのですか?

そうですよう。「小町針」のエピソードが最も端的な例ですよ。紀貫之が聞いたら、あの世で吹き出して笑い転げてしまいますよう。うしししし。。。

デンマンさん。。。そうやって、一人で喜ばないでくださいな。。。で、紀貫之さんは何のために小野小町を六歌仙の一人として選んだのですか?

紅一点ですよう。六歌仙のうちのただ一人の女性ですよ。

だから。。。?

つまり、扇の要のようなものですよ。どうしても小野小町に注目が集まるのですよ。それで、歴史に関心の無い人は興味本位にシモい方向に話が向かってしまう。それで「小町針」のような逸話ができてしまったのですよ。

歴史に興味のある人は小町針という発想にはならないのですか?

なりません。次の2点をのぞいて、あとは伝説だと言っていいでしょう。

1) 「町」の字は後宮に仕えた女性に用いられる。

2) 京都市山科区小野は

   小野氏の栄えた土地とされ、

   小町は晩年この地で過ごしたとの説もある。

紀貫之が強調したかったのはこの2点ですよ。だから「小野小町」でなければならないのですよ。

つまり、紀氏との関係を強調した訳ですか?

そうですよ。後宮に使えた女性だったと言うことで紀氏との関係も見えてくる。小野小町は仁明(にんみょう)天皇の更衣だったらしい、と書いてある。また文徳天皇の頃も仕えていたらしい、と書いてあるのですよ。この文徳天皇の更衣に紀静子が居るのですよ。

惟喬(これたか)親王と斎宮・恬子(やすいこ)内親王を産んだ女性ですね?

そうですよ。この紀静子の別名は小野宮なのですよ。

ちょっと偶然にしては、できすぎていますわね。。。

実は、「小野小町」として誰でも知っているこの女性の実名は分かっていないのですよ。

「小町」は実名ではないのですか?

違うのですよ。天皇の妻は、皇后・中宮・妃・女御・更衣という順に位があった事をレンゲさんも知っているでしょう?

ええ。。。一応「日本史」で勉強しましたわ。

女御までは殿舎が与えられたのですよ。でも、後宮の中で一番身分の低い更衣は、常寧殿(じょうねいでん)という建物の中を屏風や几帳などで簡単に仕切って、その区画を与えられていたのです。長方形に仕切られたこの部屋のことを町(まち)と言っていたのです。

それが、小町と呼ばれるようになったゆえんですか?

そうですよ。 続日本後記には、平安前期の承和9年(842年)、仁明(にんみょう)天皇の後宮で、正六位上に任じられた小野吉子(きちこ)という女性が記録されているのです。小野吉子は、更衣の位であったことから、彼女こそが小野小町だったと考える説もあります。また、彼女には姉がいたらしいのですよ。それで、妹だと言う意味で小町と呼ばれたとも考えられているのですよ。だから、小野小町は、この吉子本人である可能性が強いのですよ。

デンマンさんも、そう思っているのですか?

僕は、紀静子が小野宮と呼ばれていたので、この人もその可能性があると思っているのですよ。しかも、文徳天皇の更衣でした。この当時で90歳近くまで小野小町は生きたと言うことになっていますからね、一人だけではないと思うのですよ。

つまり、「小野小町」というのは紀氏と小野氏にゆかりのある女のコラージュだとおっしゃるのですか?

僕は、そう思っているのですよ。とにかく、紀氏と小野氏に密接な関係があったことは充分に分かるのですよ。紀貫之が小野子町を六歌仙に選んだ裏にはこのような背景があるのですよ。

伏線になっているのですわね?

そうですよ。

それで、惟喬(これたか)親王には、どのような不幸があったのですか?

この惟喬親王は母親が藤原氏の女でなかったので文徳天皇の第一皇子であったにもかかわらず天皇になれなかったのですよ。時の権力者・藤原良房の娘・明子が産んだ第四皇子の惟仁(これひと)親王が清和天皇として即位する事になるのです。

それで惟喬(これたか)親王は、どうしたのですか?

結局、要職にはつけなかったのですよ。そう言う訳で、みきりをつけて出家して近江国滋賀郡小野に隠棲するのです。つまり、小野氏ゆかりの里ですよ。その地で在原業平や紀有常らと交流したのですよ。

ここでも六歌仙の一人である在原業平が出てくるのですね。

そうですよ。ところで、六歌仙の1人に喜撰(きせん)法師という隠遁者が居ますが、この人は実は紀名虎の子であると伝えられているのですよ。

。。。と言う事は、喜撰法師は紀氏の一員で惟喬親王の叔父ということになりまわね?

その通りですよ。また、六歌仙の1人である僧正遍照(そうじょうへんじょう)は、もともとは惟喬親王の幼少時に傍に仕えていた側近だったのですよ。この人は桓武天皇の孫です。俗名は良岑宗貞(よしみねのむねさだ)と言うのですよ。

どうして、お坊さんになってしまったのですか?

文徳天皇の皇太子を誰にするかと言う時に、惟喬親王の側近の良岑宗貞(後の僧正遍照)は当然のことですが、第一皇子の惟喬親王を皇太子にすべきだと主張したのですよ。時の権力者の藤原良房は孫の第四皇子・惟仁親王を皇太子にしたかった。

つまり、藤原良房と対抗する事になって、良岑宗貞は身の危険を感じたのですか?

その通りですよ。藤原良房の息子には藤原基経(もとつね)と言う権謀術策に長(た)けた男が居ますからね。この基経が「応天門の変」の裏で暗躍していたのが史書を読めばすぐに感じられますよ。

応天門の変

応天門の変(おうてんもんのへん)は、平安時代前期の貞観8年(866年)に起こった政治事件である。

大納言・伴善男(とものよしお)は左大臣・源信(みなもとのまこと)と不仲であった。
源信を失脚させて空席になった左大臣に右大臣の藤原良相がなり、自らは右大臣になることを望んでいたともされる。

応天門が放火され、大納言・伴善男は左大臣源信の犯行であると告発したが、太政大臣・藤原良房の進言で無罪となった。
その後、密告があり伴善男父子に嫌疑がかけられ、有罪となり流刑に処された。
これにより、古代からの名族伴氏(大伴氏)は没落した。
藤原氏による他氏排斥事件のひとつとされている。

藤原良相は源信の逮捕を命じて兵を出し、邸を包囲する。放火の罪を着せられた左大臣・源信家の人々は絶望して大いに嘆き悲しんだ。

参議・藤原基経(もとつね)がこれを父の太政大臣・藤原良房に告げると、驚いた良房は清和天皇に奏上して源信を弁護した。
源信は無実となり、邸を包囲していた兵は引き上げた。

朝廷は伴善男らを応天門の放火の犯人であると断罪して死罪、罪一等を許されて流罪と決した。
伴善男は伊豆国、伴中庸は隠岐国、紀豊城は安房国、伴秋実は壱岐国、伴清縄は佐渡国に流され、連座した紀夏井らが処分された。
また、この処分から程無く源信・藤原良相の左右両大臣が急死したために藤原良房が朝廷の全権を把握する事になった。

この事件の処理に当たった藤原良房は、伴氏・紀氏の有力官人を排斥し、事件後には清和天皇の摂政となり藤原氏の勢力を拡大することに成功した。


出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

それで、良岑宗貞は暗殺されるかもしれないと思って出家したのですか?

暗殺されるような可能性がなかったとしても、藤原氏との政争に敗れて宮廷を去ったと見ていいでしょうね。

残りの六歌仙はどうなのですか?

六歌仙の一人の文屋康秀(ふんやのやすひで)も、実は同じ時期に理由不明の左遷を受けているのですよ。

やはり、僧正遍照がかかわった政争に関係していたのですか?

左遷されていると言う事は惟喬親王派であった可能性が高いと言えますよ。この文屋康秀と親しかったと言われるのが絶世の美女と言われた小野小町ですよ。

その証拠でもあるのですか?

朝廷に仕える人物としては始終低い官位にとどまっていたのだけれど、この人が政争に敗れて三河掾(じょう)[国司の第3等官]となり、三河国に赴任する際に小野小町を誘ったと言われているのですよ。次の歌はその時、小野小町が答えて詠んだ歌だと言われています。

わびぬれば 身を浮く草の 根を絶えて

さそう水あれば いなむとぞ思う

根無し草のように、フワフワと目的もなく

生き甲斐のない日々を過ごしております。

お誘い下さればともに行きたい心境です。

小野小町はこのように答えています。
これを言葉通りにとって、二人して三河へ行ったと考えるのは、あまりにも早合点です。
妻でもない才色兼備の小野小町に対して政争に敗れて地方へ下って行く位の低い一地方役人が、真剣に小町を誘ったとしたら失礼と言うべきでしょう。
このやりとりは、気心の知れた二人の戯れの応答だったと思います。

ただ、それだけなのですか?

あのねぇ、小野小町はレンゲさんのようにすぐにエッチしないのですよう。だから、「小町針」のような伝説が作られてしまうのですよ。

そう言いつつ、あたしがエロい女だとデンマンさんは強調したいのですわね?

やだなあああぁ~。。。そのような。。。そのような。。。僕を睨(にら)んで殺してしまうような目つきで見つめないでくださいよう。僕は、ただ、小野小町が極めて身持ちの固い女性だったと言いたかったまでですよゥ。

分かりましたわ。惟喬(これたか)親王が出家して住んだ土地は、確か小野でしたよね?

そうです。今でも、小野篁(たかむら)神社というものがありますよ。この篁(たかむら)は、小町の祖父だと言われている人です。

。。。と言う事は惟喬親王と小野氏は縁があるようですよね。もしかして、小野小町は惟喬親王とも何らかの関係があったのではないでしょうか?

おそらく惟喬親王は小野小町とも出会っているでしょうね。でも、文献にはそのような出会いは出てこないのですよ。

それで、あと六歌仙の残りの1人は大伴黒主(おおとものくろぬし)ですよね。。。この人はどうなのですか?

この人は史書にはほとんど記載が無いのですよ。生没年不詳です。『ウィキペディア』には次のように出ていますよ。

本来は大友黒主の表記が正しい。
出自に関して、『本朝皇胤紹運録』に「大友皇子─与多王(大友賜姓)─都堵牟麿─黒主」と系図を掲げるが、皇裔とするのは誤りである。
そのことは、『古今和歌集目録』に「大伴黒主村主」、また『天台座主記』第一巻安慧和尚譜に「(滋賀郡)大領従八位上大友村主黒主」とあることから明らかである。
大友村主氏は諸蕃(渡来人の子孫)で、『続日本後紀』承和四年十二月条に「後漢献帝苗裔也」とある。

鴨長明『無名抄』に没後近江国志賀郡に祭られたとの記事がある。


出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

デンマンさんは、この記載を信じるのですか?

僕は大伴黒主と大友黒主は別人だと思っているのですよ。渡来人の子孫が大友黒主で、大伴氏の子孫が大伴黒主だと考えているのですよ。

つまり、大伴黒主は応天門の変で没落した大伴氏の一員だと考えているのですか?

そうですよ。そうでない限り紀貫之が六歌仙の一員として選んだ意味が無いからですよ。応天門の変で没落した大伴氏の一員だからこそ六歌仙の一人としての資格がある。紀貫之も、そう考えていたと思いますよ。大体、大友氏なのに大伴氏と書いていたなんて考えられない事ですよ。事実、上の説明にも『古今和歌集目録』に「大伴黒主村主」と書いてあるのですよ。この人物こそ、紀貫之が選んだ大伴黒主ですよ。大友黒主は別人ですよ。

つまり、六歌仙というのは惟喬親王に近い関係にある者だと、デンマンさんは見なしているのですね?

そうですよ。『伊勢物語』の編者である紀貫之にとって、惟喬親王と在原業平に関係の無い人は選ばないのですよ。

政争で没落した一族の一員でなければならないと言うことなのですね?

そうですよ。紀貫之自身も紀氏一族で、紀名虎の弟の曾孫にあたるのですよ。

でも、この「六歌仙」と言う名前は紀貫之がつけた名前ではないのでしょう?

違います。紀貫之が命名したのではないのですよ。後世、人がそう呼ぶようになったのですよ。

人気があったのでしょうか?

人気と言うより同情でしょうね。おそらく、858年の清和天皇即位後の朝廷内の反藤原氏感情が惟喬親王に近い「六歌仙」に同情をもたらしたのですよ。

どのような人たちが。。。?

だから、藤原氏への反発心の強かった下級貴族たちですよ。あるいは、女御や更衣たちの周りの同じように下級貴族出身の女官たちですよ。

その人たちが上の6人に同情して「六歌仙」と呼ぶようになったのですか?

初見を探したのだけれど、ネットでは見つけることができませんでした。おそらく平安時代の後期には「六歌仙」と呼ばれるようになったのかもしれません。

「六歌仙」たちが政争に敗れて恨みを残して死んでいったので、紀貫之がその人たちの魂を鎮(しず)めるために『古今和歌集』の序文に書いたと言う訳ですか?

僕は、そう見ているのですよ。それで名誉挽回のためにも『伊勢物語』では、没落したとは言え紀氏の優美な生き様を描いているのですよ。つまり、藤原氏との政争に敗れた事を強調しながらも、紀氏は美しく清く生きたと言う事を『伊勢物語』の中で紀貫之は描こうとしているのですよ。

【レンゲの独り言】

う~~ん。。。なるほどねぇ~。。。
いつものように、デンマンさんの長たらしい説明になりましたけれど、
言われてみれば、そのようにも受け取れます。

あなたは、どう思いますか?
反論があったらぜひコメントに書いてくださいね。
デンマンさんが必ず返信を書くと思いますから。。。

では、また、あさって読みに戻ってきてくださいね。
じゃあね。。。

メチャ面白い、

ためになる関連記事


■ 『きれいになったと感じさせる

下着・ランジェリーを見つけませんか?』

■ 『ちょっと変わった 新しい古代日本史』

■ 『面白くて楽しいレンゲ物語』

■ 『カナダのバーナビーと軽井沢に

別荘を持つことを夢見る小百合さんの物語』

■ 『今すぐに役立つホットな情報』

■ 『 ○ 笑う者には福が来る ○ 』

■ 『漢字馬鹿の再来 (2009年2月13日)』

■ 『漢字馬鹿の悦楽 (2009年2月15日)』

■ 『漢字馬鹿の自己矛盾 (2009年2月17日)』

■ 『あなた、おかえり (2009年2月19日)』

■ 『脳内漢字馬鹿 (2009年2月21日)』

■ 『他人の不幸は蜜の味 (2009年2月23日)』

■ 『漢字馬鹿の恋 (2009年2月25日)』

■ 『馬鹿のモデル (2009年2月27日)』

■ 『漢字馬鹿さん元気?(2009年3月25日)』
 

『漢字馬鹿さん元気? (2009年3月25日)』

『小泉純一郎君は漢字馬鹿か?』
 (2009年4月18日)

『小泉純一郎と名乗る漢字馬鹿』
 (2009年4月20日)

『未熟な判断と稚拙な批判 (2009年4月22日)』

『ある愚か者の自滅の道 (2009年4月24日)』

『2ちゃんねると自滅の世界 (2009年4月28日)』

『自滅の道へ走る愚か者 (2009年5月2日)』

『デンマン批判 (2009年5月8日)』

『好ましい批判 (2009年5月12日)』

『欺瞞の罠 (2009年5月16日)』

『馬鹿の一つ覚え (2009年5月22日)』

『立派な反面教師 (2009年5月29日)』

『社会的自我の欠如 (2009年5月30日)』

『原人ブームと漢字馬鹿 (2009年6月5日)』

『また、オマエか! (2009年7月3日)』

『成りすまし馬鹿 (2009年7月5日)』

『スカンクと宮本武蔵 (2009年7月6日)』

『絶望的な愚か者 (2009年7月7日)』

『弘中先生と熊谷(2009年9月6日)』

『お受験と教育ママ(2009年9月8日)』

『熊校の先生(2009年9月10日)』

『「田舎教師」再訪(2009年9月12日)』

『四季桜(2009年9月14日)』

『熊校の思い出(2009年9月16日)』

『「田舎教師」と行田(2009年9月18日)』

『小百合さんの存在感(2009年9月20日)』

『大阪の歴史馬鹿(2009年9月22日)』

『「蒲団」と「田舎教師」(2009年9月24日)』

『卑弥子さんの存在感(2009年9月26日)』

『ロマンとデジャヴ(2009年9月28日)』

『夫婦風呂(2009年9月30日)』

『露悪趣味(2009年10月2日)』

『カプリ島と香水(2009年10月10日)』

『小百合さんの香水10月14日)』

『プッタネスカ(2009年10月18日)』

『国敗れて山河あり(2009年10月22日)』

『鰻重と阿波踊り(2009年10月26日)』

『人のための医療(2009年10月30日)』

『病める日本(2009年11月5日)』

『住めば都(2009年11月15日)』

『猫ちゃんの出迎え(2009年11月17日)』

『名物先生(2009年11月19日)』

『ぶんぶく茶釜(2009年11月21日)』

こんにちは。ジューンです。

小野小町は、わたしも知っています。

あなただって、もちろん知っているでしょう?

ところで世界の三大美人を知っていますか?

楊貴妃、クレオパトラと小野小町ですって。。。

でもね、欧米で“小野小町”と言っても

理解してもらえませんわ。

Beauty is in the eyes of the beholder.

“美人って見る人によって違うのよ。”

どの国にも、このような言い方がありますよね。

ところで、ネットを見ていたら次のようなサイトがありました。

Top Ten Most Beautiful Women

In The World

1. Catherine Zeta Jones

2. Alessandra Ambrosio

3. Adriana Lima

4. Josie Maran

5. Zhang Ziyi

6. Eva Green

7. Scarlett Johansson

8. Natalie Portman

9. Jennifer Connelly

10. Aishwarya Rai

http://hubpages.com/request/975/best

あなたは、どう思いますか?

ところで、これまで書いたレンゲさんの記事を集めて

デンマンさんが一つにまとめました。

もし、レンゲさんの記事をまとめて読みたいならば、

次のリンクをクリックしてくださいね。

■ 『最近のレンゲ物語 特集』

とにかく、今日も一日楽しく愉快に

ネットサーフィンしてくださいね。

じゃあね。

コメント / トラックバック1件 to “小野小町の話”

  1. 雨の夜 « Denman Blog Says:

    […] 『小野小町の話 (2008年2月29日)』より […]

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。