ウィーンのコーヒー


 
2007年12月4日 (火曜日)
 
 
ウィーンのコーヒー
 
 
軽井沢と小百合さん
 
 

RE: 小百合さんに質問がありますよ。
    時間のあるときに答えてくれるとうれしいですよ。ヽ(´ー`)ノ
Subj: わたしからの回答です。
Date: 02/12/2007 10:54:56 PM Pacific Standard Time
From: fuji@adagio.ocn.ne.jp
To: barclay1720@aol.com

1) 「花山」って何?

群馬県館林市にある県立つつじが岡公園のことです。
つつじの観光名所で、地元では花山といいます。
「城沼」の南岸に約1万株のツツジが植えられており、総面積は約5ヘクタールです。
樹齢800年以上と推定されるツツジの巨樹群を見ることができますよ。
上毛かるたでは「は:花山公園つヽじの名所」と謳(うた)われています。

2) 写真のシューマイはリッチモンドの飲茶(やむちゃ)で食べたエビのシューマイです。
  これが今まで食べたシュウマイのうちでは一番透き通っていましたよ。
  結構うまいものですよ。
  小百合さんの不思議なシュウマイはどこで売ってますか?

佐野や太田あたりのスーパーで売っています。
太田の食品工場が作ってますよ。

3) バンクーバーのチャイナタウンで飲茶(やむちゃ)を食べましたか?

はい。

4) 飲茶の中では何が好きですか?

やはり、えび餃子。

5) 小百合さんにぜひ飲茶の安くて旨いところを紹介したいですよ。
   いつか一緒に食べましょうね。
   バンクーバーのどこかで飲茶を食べましたか?

次の2つの店で食べました:
○ チャイナタウンの2Fの大きい店
○ kingsway のメトロタウンのほうで小さい店

Burnaby Metrotown Center

6) 小百合さんは自分のことを
  “飾らない、気取らない、閉じこもらない、引きこもらない、怖気づかない。。。”
  。。。と思っていますか?

今は健康だから そう思ってます。

7) 自分のことを開放的で、もともと明るい性格だと思っていますか?

開放的です 社交的は半分半分 明るいですよ。

8) 小百合さんの性格の中で一番好きな性格は。。。?

・・・

9) 小百合さんの性格の中で一番嫌いな性格は。。。?

んー。

10) 食べ物の中では何が好き?

たくさんありますが 食べ物とこだわらないと、1番がコーヒー、お酒
食べ物? 焼き鳥(軽井沢)  飲茶(香港ガーデン、東京の麻布)
シナモンロール(お台場) Vancouverのモールに売ってるベトベトに甘い

お台場のシナモンロール

11) 食べ物の中では何が嫌い?

豚足 ホヤ貝 ミル貝 鳥の足の煮た(飲茶にある) なまこ きみわるい系

鳥の足の煮たの

12) スポーツは何かやりますか?

スキー  スノボー

13) 中学のときのクラブは。。。?

バスケ

14) 高校のときのクラブは。。。?

しかたなく1年間だけ生物部

15) ヨガはやりますか?

したことがないです。

16) 今まで行った温泉の中でどこが一番気に入りましたか?

近くに無いのでいかないけど、いく時は中軽井沢の千が滝温泉

19) 長野に家を持つ夢はいつ頃実現する予定ですか?

長野市でなくて軽井沢町にです。
この冬決めて、来夏スタートしたいです。

20) 軽井沢でもなく、横浜でもなく、どうして長野ですか? 

東京も横浜も好きでよくいきますが、スキーもできてVancouverのように
涼しい軽井沢がいいです。 佐野はあつい~。夏は昼間出かけられません。
労働意欲もなくなります。

by 小百合

おほほほほ。。。。

卑弥子でござ~♪~ますわよ。

あなたにお会いしたくて

また出てきてしまったのですわよ。

ええっ?

どうして小百合さんの記事に

顔を出すのかって。。。?

だって、デンマンさんが

ますます小百合さんとの愛の距離を

ちじめているのでござ~♪~ますわよ。

あたくし、傍らで見ていて

気がきではないのでござ~♪~ますわぁ~。

んもお~~

小百合さんは確かに

素敵な女性かもしれませんわ。

あたくしもお会いすれば

きっと仲の良いお友達になれると思いますわ。

でも、デンマンさんは、あたくしという女が

そばに居るのに小百合さんのことばっかりを

取り上げているのですわよ。

デンマンさんは絶対にあたくしを

差別していますわア~。

あたくしは4年以上もデンマンさんのブログと

ホムペのお手伝いをしてきたのですわよ。

それなのに、あたくしの事は一言も書いてないのですわよ。

んもお~~

なぜ小百合さんのことばっかりなの。。。?

そう言う訳で、今日はデンマンさんから

納得の行く説明を聞かない限り、

今後デンマンさんのお手伝いを

やっていられないのでござ~♪~ますわよ。

あなただって、あたくしの気持ちが

ご想像できますでしょう?

あたくしは、もうこのような気持ちなので

ござ~♪~ますわよ。んもお~~

やだなあああぁ~、卑弥子さん。。。、あなたは、また、顔を出すのですかあああぁ~~

やっぱり。。。やっぱり。。。あたくしが出てくると、デンマンさんはご迷惑するのですわねぇ?

いつでも。。。、いつでも。。。そうやって、卑弥子さんは同じ事を言って出てくるからですよ。これでは、毎日読みに来る人だってうんざりしてしまいますよゥ。

それも、あたくしの責任にしてしまうのでござ~♪~ますかア?デンマンさんが、小百合さんのことを何度も何度も取り上げるから、うんざりする人も出て来るのではござ~♪~ませんかぁ~?

そんなことはありませんよゥ。うもお~~。。。僕だって、読む人がなるべく退屈しないようにと、写真をたくさん貼り付けて記事を面白く興味深くしているのですよ。うんざりする人は居ないと思いますよゥ。それよりも、卑弥子さんがいつも、いつでも同じ十二単を着て、同じような。。。うす。。。あのォ~。。。うす笑いを浮かべて。。。

うす馬鹿笑いとおっしゃりたいのですわね?

ち。。。ち。。。ちがいますよゥ。。。やだなあああぁ~。。。僕の心をあまり読み過ぎないようにしてくださいよゥ。

それで。。。それで。。。上の質問と答えは一体なんでござ~♪~ますかア?

なんですかってぇ~。。。卑弥子さんが言ったとおりですよ。僕の質問に対して小百合さんが答えてくれたのですよ。

でも、急に質問と答えですわぁ~。。。全く突然で、一体何のことだか全く分かりませんわあああぁ~

そんなことはないはずですよ。卑弥子さんは、これまでの小百合さんの記事に毎回顔を出しているのですよゥ。話の筋をつかんでいるでしょう?

あたくしは分かっているつもりですわア。でも、初めてお読みになる方だっていらっしゃいますわ。

そのような人のために卑弥子さんは代弁しているのですかぁ~?

そうですわ。デンマンさんが何の説明もなしに小百合さんの回答を書き出したので、あたくしは。。。あたくしは。。。心配になって出てきたのでござ~♪~ますわ。

そうですか。。。そういうことだったら、上の質問の元になる記事のリンクをここに貼り付けますよ。

■ 『いきいきのびのび小百合さん (2007年11月30日)』

この記事を書いてから読み直したら、いくつか分からない点が出てきたので、小百合さんにメールを送ったのですよ。でも、その事だけではつまらないので、思いついた質問も一緒に書き送ったのですよ。それに対して小百合さんが答えてくれたのですよ。

。。。んで、今日はどのようなお話をするつもりなのですか?

僕は上の小百合さんの回答を読んで、小百合さんがコーヒーをメチャ好きな事を知らされたのですよ。実は、以前にも小百合さんはコーヒーの事を書いていたのですよ。ちょっと読んでみてくださいよ。

明日も腹をすかせて

やって来てくださいね。

行田のデンマンです。

From: barclay1720@aol.com
To: fuji@adagio.ocn.ne.jp
Date:Fri, 2 Nov 2007 6:55 pm

 

昨日 はやくに電話してすいません。
イモフライの話は 10月父がまだ生きていたころ打って、
こんな食べ物の話なんてと思い下書きにためておいた、ものでした。(10月12日)
この前の行田のフライの写真付のサイトを見て、
急に送ってみました。

うん、うん、うん。。。そうでしたか。。。
10月12日と件名に出ていたので、どういう事か?と初めて見た時には不思議でした。
これで納得できましたよ。
\(~o~)/

今日も忙しく、朝は食べないでスタートするので
昼 移動してるとお昼が2時ごろになります。
2時ごろはちょうどおいしく感じる時間です。
今日も2時ごろでした。
イタリアンレストランも2時ごろでした。
それで空腹感があって おいしい時間なのです。

うん、うん、うん・・・
なるほど。。。

朝 コーヒーを 3,4杯のみます。

僕も、今、お気に入りのウィンナーコーヒー(Vienna Coffee)を飲みながらこのメールを書いていますよ。
\(⌒∀⌒)ノキャハハハ。。。

夜中 誰か わからない人が 電話をくれました。
しかも英語でした。
わたし すごくねむくて ききとれないほど早かった。
ゆうべは酔っ払って寝てました。

小百合さんが酒好きだとはちょっと。。。
でも、酒好きだと言われれば納得もできますよ。
僕は酒はまったく飲めません。
一滴でも駄目です。(ちょっとオーバー)

僕が海外へ出て行ったのも酒が飲めない体質だったからです。
アルコールを分解する酵素が僕にはないのですよ。
だから、アルコールは僕には“毒”です。
料理に入っているアルコールぐらいならば大丈夫ですが、
“奈良漬”を3切れ食べたら頭がズキズキします。
もし僕に酒が飲めたら、小百合さんの相手をして一晩中でも話し相手になれるでしょうね。
♪┌(・。・)┘♪

by デンマン

『パスタをきれいに食べきった小百合さん (2007年11月22日)』より

僕は酒が飲めないから結構コーヒーを飲むのですよ。

小百合さんはお酒もイケるタチなのにコーヒーもかなり飲むのでござ~♪~ますわね?

つまり、甘党でもあるし、辛党でもあるのでしょうね。お酒も飲むし、甘い、お台場のシナモンロールも好物なのですよ。
 
それで、デンマンさんはコーヒーには、かなりうるさいのでござ~♪~ますか? ウィンナーコーヒー(Vienna Coffee)がお気に入りだと書いてありますわ。

うん、うん、うん。。。一応、ウィンナコーヒーが好きなんですよ。

一応って。。。また、どう言う訳で。。。?

ネットカフェの「ミルミル」では、3時間パックか6時間パックでネットを使うと飲み物は飲み放題なんですよ。だから僕は他の店で飲むと結構高いウィンナコーヒーを注文するのですよ。

つまり、高いので、何杯も飲めば元が取れると思って。。。そのような浅ましい考えでウィンナコーヒーを何杯も飲むのでござ~♪~ますか?

やだなあああぁ~。。。それでは、僕がケチ臭い男に聞こえてしまうじゃないですかあああぁ~

。。。んで、他に、一体どのような理由でウィンナコーヒーを飲むのでござ~♪~ますか?

もちろん、ウィーンを偲(しの)びながら飲むのですよ。

えっ。。。? 。。。偲びながらってぇ。。。なんだかデンマンさんがウィーンで素晴しい女性と恋に落ちたような。。。なんだか思わせぶりな言い方でござ~♪~ますわねぇ。。。

分かりますか。。。? うへへへへ。。。

まさかぁ。。。まさかぁ。。。デンマンさんがウィーンであたくしの知らない素晴しい女性と恋に落ちたわけではござ~♪~ませんよね?

それが。。。ボカぁ~落ちてしまったのですよゥ。うしししし。。。

あれれぇ~。。。もしかして。。。これはジューンさんではござ~♪~ませんか?

そうですよ。。。分かりますかぁ~?

つまり。。つまり。。。まさかぁ~。。。デンマンさんがジューンさんとウィーンで恋に落ちたと言う訳ではござ~♪~ませんよね?

そのような事が起こっても不思議ではないでしょう?

いいえ。。。絶対にいけませんわア。

どうしてですか?

もう、そのお話はいいですわア。あたくし、ジューンさんに直接お聞きしますわ。どうせ、デンマンさんの妄想だったと言うに決まっているのですから。。。

もし、本当だったら。。。?

もう、そのお話はお止めくださいなぁ。あたくしはお聞きしたくござ~♪~ませんわ。ウィンナー・コーヒーの事だけをお話しください。

分かりました。卑弥子さんが拒否反応を起こすようですから。。。とにかくね、僕はジューンさんとウィーンの青空喫茶でウィンナー・コーヒーを一緒に仲良く飲んだのですよ。

ウィンナー・コーヒー(Wiener Kaffee)

これは本場のFranziskaner

ウィンナー・コーヒーは、オーストリア発祥のコーヒーの飲み方のひとつ。
「ウィンナー(ヴィーナー)」とは「ウィーン風の」という意味で、
よく誤解されるようなウィンナーソーセージが付いてくるコーヒーのことではない。

日本では濃く入れたコーヒーに、ホイップクリームを浮かべたもの、
またはカップに入れたホイップクリームに熱いコーヒーを注いだものをこう呼ぶ。

ウィーンの人々が日常的に多く飲んでいるのは、
エスプレッソと温かいミルクを加えた上にミルクの泡を載せた
「メランジェ」(Melange、フランス語で「混ぜる」の意。カプチーノとほぼ同じもの)
であり、ウィンナー・コーヒーという名称のコーヒーは存在しない。

ただし、メランジェのミルクの泡の代わりにホイップクリームを載せた
「フランツィスカーナー」(Franziskaner) と呼ばれるものがそれに近い。

この他、似たものに「アインシュペナー」(Einspänner、一頭だての馬車の意)
や「カフェー・ミット・シュラークオーバース」(Kaffee mit Schlagobers)などがある。

アインシュペナーはコーヒーにほぼ同量の生クリームが乗っていて、
カップではなくグラスに注がれている。
カフェー・ミット・シュラークオーバースは、コーヒーカップとは別の器に
砂糖をかけたホイップクリーム(シュラークオーバース)が添えられている。

オーストリアは地方によってもコーヒーの呼び名が違い、
また、コーヒーや入れるミルクの状態などによっても名前が変化する。
たとえば「フェアレンゲルター」(Verlängerter、「薄めたもの」の意)
と呼ばれるミルク入りのコーヒーがある。

さらに温かいミルクを若干多めに入れた「ミルヒカフェー」(Milchkaffee) がある。


出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

僕がウィーンで飲んだウィンナー・コーヒーはフランツィスカーナー(Franziskaner)と呼ばれるものでした。ウィンナー・コーヒーと言う名前はオーストリアの首都ウィーンから名付けたもので、日本独特の呼び方ですよ。だから、Wiener Kaffeeは和製ドイツ語。 Vienna Coffee や Viennese Coffee は和製英語です。だから、オーストリアで「ウインナー・コーヒー」と言っても通じません。

それで、何と言ったら通じるのでござ~♪~ますか?

だから、フランツィスカーナーとかアインシュペナーと言わなければならないのですよ。でもねぇ、コーヒーショップ以外のところでフランツィスカーナーと言うと、たいていビールが出されるのですよ。だから、初めてウィーンのレストランでコーヒーを注文する時にはコーヒーのフランツィスカーナーである事を念を押した方がいいですよ。そうでないとビールが出てくる可能性があります。コーヒーショップでなら、まず間違いないと思いますが。。。

ところで、上の写真を見るとコーヒー以外に何か飲み物がついていますけれど、これって、いったい何でござ~♪~ますの?

うん、うん、うん。。。いいところに気づきましたねぇ。日本でなら、ウィンナコーヒーを注文すれば、普通、コーヒーだけが出てきますよ。でもねぇ、ウィーンでコーヒーを注文すれば、間違いなく上のように銀のお盆の上にコーヒーと液体の入ったグラスと角砂糖が入ったコップが付いてくるのですよ。それに面白い事には、たいていスプーンが上の写真のようにグラスの上に乗って出て来るのですよ。

その液体って、もしかして焼酎か何かでござ~♪~ますか?

まさかぁ~。。。焼酎は出てきませんよ。水ですよ。

なぜ水なのですか?

日本でもお冷(ひや)がカレーについて出てくるでしょう?つまり、いつから始まったのか、ウィーンではコーヒーにお冷(ひや)のコップが付いて出てくるのですよ。

ところで、アインシュペンナー(Einspaenner)も、日本のウインナーコーヒーに近いのでござ~♪~ますでしょう?

そうですよ。中には、この方が本当のウィンナコーヒーだと言う人も居るくらいです。

どうして、その意味が「一頭立ての馬車」なのですか?

それはねぇ、昔、国立オペラ座近くの馬車だまりに待っていた御者の間で、このコーヒーが人気を呼んだのですよ。それで「一頭立ての馬車」と言う名前が付いたそうですよ。

。。。んで、地元のウィーンの人たちは、どのようなコーヒーを好んでお飲みになるのでござ~♪~ますか?

メランジェ(Melange)ですね。僕の知る限り、これが良く飲まれていますよ。コーヒーに泡立てたミルクを加えたものです。日本で言うカプチーノのようなものですよ。

デンマンさんは何でも良くご存知なんでござ~♪~ますわねぇ~?

ほら。。。ほら。。。ほらァ~。。。また、このぐらいの事で、星の王子様を見つめるような、潤んだまなざしで僕を見つめないでくださいよゥ。

ちょっと、おだてただけですわァ~。んもお~

日本のウィンナコーヒーを注文すれば、たいてい上のようなものが出てきますよね。卑弥子さんはウィンナコーヒーを飲んだことがありますか?

もちろんですわよ。あたくしだってウィンナコーヒーぐらい飲んだ事がござ~♪~ますわよゥ。

ほおォ~~。。。卑弥子さんも飲んだことがあるのですか?どこで。。。?

だから、あたくしのふるさとの京都でござ~♪~ますわ。

そうですか。。。だったら尋ねますがぁ、ホイップクリームの上に何か振りかかっていますよね。それって一体なんだと思いますか?

つまり、デンマンさんはあたくしがウィンナコーヒーをいただいた事を信用していないのでござ~♪~ますわね?

やだなあああぁ~。。。信用していますよゥ。。。だから尋ねているのですよ。

でも。。。でも。。。あたくしがいただいた時には、ホイップクリームの上に何もふりかかっていませんでしたわ。フリカケがないと本物のウィンナコーヒーとは言わないのでござ~♪~ますか?

何も振りかけてないウィンナコーヒーの方が良く見かけますよ。でも、カプチーノのようにシナモンシュガーをふりかけるところもあります。上の写真のウィンナコーヒーにはシナモンシュガーが振りかけてあるのですよ。

デンマンさんってぇ。。。なんでも良くご存知なんですのねぇ~?

ほら。。。ほら。。。ほらァ~。。。また、このぐらいの事で、星の王子様を見つめるような、潤んだまなざしで僕を見つめないでくださいよゥ。

少~し、また、おだてただけですわァ~。。。それで、今日はウィンナコーヒーのお話だけで終わるのでござ~♪~ますか?

違いますよ。タイトルに書いてあるでしょう?軽井沢の話がメインなんですよ。

つまり、ウィンナコーヒーは前置きですか?

そうですよ。ウィンナコーヒーがオーストリアの首都ウィーンにちなんで名づけられたように軽井沢という土地も、もともと外国人が避暑地として見い出した土地ですよ。つまり、外国人との関係が深かった土地です。それが、いつの頃からか日本人にとっても別荘地になったのですよ。

それで、デンマンさんも軽井沢に別荘をお持ちになっているのでござ~♪~ますか?

そうですよゥ。

ま。。。まさかぁ~。。。ご冗談でござ~♪~ますでしょう?

僕が軽井沢に別荘を持っていては可笑しいのですか?

いいえ。。。でも、そのようなお話はこれまで一度もお聞きした事がござ~♪~ませんでしたわ。

これが軽井沢の僕の別荘ですよ。鮮やかな緑に映(は)えて白壁が実にイイでしょう?。。。どうですか、卑弥子さん。。。?ちょっとばかり、スペインっぽいでしょう?

あの。。。あの。。。あのォ~。。。

どうしました?。。。驚きのあまり言葉が見つからないのですかア?

あたくし。。。あたくし。。。この家を見たことがありますわぁ~。

ん。。。? 見たことがあるのォ~。。。?

そうですわぁ~。。。確か、この家は「ピニョン軽井沢」でなかったかしら。。。?

うへへへへ。。。やっぱり、でまかせのウソをつくものじゃないですよねぇ~。

やっぱり。。。、やっぱり、そうでしょう?。。。軽井沢にあるペンションですわア。

分かりましたか? 僕が別荘代わりに使っているペンションですよ。

あたくしも、一度泊まったことがござ~♪~ますわぁ。長野県北佐久郡軽井沢長倉にあるのですわ。軽井沢の別荘地にあるのですわよ。ショッピングモールや人気スポットまでのアクセスも抜群に良くて、来年の夏も、あたくしはこのペンションに泊まるつもりなのですわ。

卑弥子さんも知っていたのですか?知っていながら、わざと知らない素振りを見せていたのですねぇ~?人が悪いなあああぁ~

。。。んで、どうして軽井沢なのでござ~♪~ますか?

もちろん、小百合さんのロマンが、この軽井沢にあるのですよ。

デンマンさんは、どうしてご存知なんですの?

上の小百合さんの回答の中に何度となく軽井沢が出てきますよ。初め、僕は小百合さんが長野に山荘を持ちたい、と言うような事を聞いたのですよ。それで、てっきり長野市かと思ってしまったのですよ。かなりの早とちりでした。

どうして軽井沢なのでござ~♪~ましょうか?

僕には判るような気がしますよ。

なぜお判りになるのでござ~♪~ますか?

卑弥子さんは僕が書いた次の記事を読みましたか?

■ 『ロマンと小百合さん (2007年11月24日)』

読ませていただきましたわ。デンマンさんはテレビっ子で、子供の頃「名犬ラッシー」を見て育ったのでござ~♪~ますわ。行田は足袋の名産地として知られ、その足袋製造で財を成した事業主の大邸宅の庭で白いドレスを着た貴婦人を垣間見た。その貴婦人が座っていた鋳鉄製の白い椅子と白いテーブルは、「名犬ラッシー」の中で見たものだった。

卑弥子さんは、よく覚えていますね? その通りですよ。貴婦人がアメリカに結びつき、そのアメリカへのロマンが僕の純真な子供心に宿った。そのことがモチベーションになって海外への夢が膨らみ、結果として現在、僕はバンクーバーに住んでいる。

でも。。。でも。。。その事と小百合さんのロマンが、どのように関係しているのでござ~♪~ますか?

小百合さんは館林で生まれ育ったんですよ。館林と言えば正田美智子さんですよね。現在の皇后です。小百合さんは次の記事の中に出てくる手記の中で正田美智子さんのことを書いています。

■ 『いきいきのびのび小百合さん (2007年11月30日)』

それで、正田美智子さんがどうして軽井沢と。。。?

現在の天皇がまだ皇太子時代に、正田美智子さんと一緒に軽井沢でテニスをした。テニスコートに咲いたロマンとして、これはずいぶんとニュースになったものですよ。正田美智子さんの実家がある館林で育った小百合さんは、耳にタコができるほどこの話を聞かされたはずですよ。

それで、小百合さんも軽井沢に別荘を持つ事がロマンになったと。。。?

僕はまだ小百合さんから直接話を聞いたわけではないけれど、おそらくそのような事で自然と軽井沢に関心を持つようになったのではないか。。。

でも、上の回答では佐野市は暑い。。。だから、単純に涼しい軽井沢が良いと書いていござ~♪~ますわア。

しかし、それは表向きで、小百合さんが軽井沢に別荘を持つという事には、それ以上のロマンがあるはずですよ。

そうでしょうか?

小百合さんとのメールを整理していたら次のようなものに出くわしましたよ。

Subj: RE: 長い電話お疲れ様でした。
Date: 01/10/2007 1:52:14 AM Pacific Daylight Time
From: fuji@adagio.ocn.ne.jp
To: barclay1720@aol.com

長い電話お疲れ様でした。
良くわかりました。

経理をしなくてはいけない。
それも13年分。
誰にたのもうか?
レシートもなくてと迷って朝方まで寝られない夜が毎晩だった時、
デンマンさんと話して、ここまで経理が進んだことをホットしてます。

いくら 請求がきても カナダに納めるのならいいやと思いはじめました。 
バーナビーで夏休みを過ごすことは 毎年私の支えの時間でした。

あの古い家は、夏休みで休むというより
ペンキ、芝のクローバむしり、
りんごの木の手入れ、
玄関まで高く長い階段のペンキはがしや、
しばらくみがかないガラス、
シミだらけのじゅうたん、
BASEMENTはランドリーのホコリとくもの巣、
行けば、掃除ばかりの家に大変でしたが
また戻りたいと思っていました。

実父の病気に、もう自分勝手にしていては駄目だ。
と今年決意しました。

こんな私でも欲しい物があります。
別荘です。
場所は長野です。
買ったら元家主の藤田桃子さん夫婦も招きたいです。
よかったらデンマンさんも。

日本だったら、親をおいていくことなく、ゆけます。

でも、29才からバーナビーで夏休みを過ごすことができた事は
私の人生にとって良かったと思います。
ではまた。。。

小百合より

このメールを改めて読み返してみてねぇ、僕は小百合さんが、ただ避暑をするためだけに軽井沢で別荘を持ちたいと考えているのではないと思ったのですよ。

どうしてですか?

バーナビーで夏休みを過ごすことは小百合さんにとって心の支えだったと書いてあるでしょう?

ええ。。。確かに。。。

実はお父さんが病気になって、それでバーナビーに毎夏行くことを断念したのですよ。でもねぇ、残念ながら、僕とメールをやり取りしている最中にお父さんが亡くなってしまったのですよ。本来ならば軽井沢に別荘を持って、お父さんと一緒に行きたかったのですよ。でも、お父さんは亡くなってしまった。判るでしょう?

ええ。。。判るような気がしますわ。。。つまり、軽井沢に別荘を持つ事は小百合さんにとって長年の夢だったのでござ~♪~ますわね?

そうですよ。やっとその夢を実現しようとしている。でも、お父さんは亡くなってしまった。それなのになぜ軽井沢の別荘に固執するのか?

なぜですの。。。?

つまり、軽井沢に別荘を持つ事が小百合さんのためばかりではなくて、お父さんの供養にもなるのですよね。もちろん、バーナビーで夏休みを過ごすことの延長線上に軽井沢で別荘を持ちたいというロマンが10年以上前に小百合さんの胸に根付いていたのですよ。僕は上のメールを読むことによってその事が理解できました。

それが本当に小百合さんの思いなのでしょうか?

それは小百合さんだけが答える事ができるでしょうね。。。ところで、軽井沢には「幸福の谷」と呼ばれているところがあるのですよ。

これがその場所でござ~♪~ますか?

そうですよ。

どのような訳でここが「幸福の谷」なのでござ~♪~ますか?

旧軽井沢のはずれ、軽井沢万平ホテルの裏手にあるのが、この谷なのですよ。美しいカラマツ林の木立のなかに苔むした石垣と焼き石を敷き詰めた石畳の道がずっと続いてます。周囲は静かな別荘地帯で、心静かに散策を楽しむには絶好の場所ですよ。

でも、そこがどうして幸せの谷なのでござ~♪~ますか?

「幸福の谷(ハッピーバレー)」と呼ばれるようになったのは明治時代です。

明治時代でござ~♪~ますか?いったい誰がそのような名前をつけたのですか?

もちろん、ここに別荘を構えた外国人宣教師たちですよ。この「幸福の谷」にはエピソードがあります。

どうのような。。。?

ここにノーベル賞作家の川端康成が別荘を構えたのですよ。

どのような経緯(いきさつ)なのでござ~♪~ますか?

昭和12年、『雪国』が文芸懇話会賞に入賞すると、川端康成は逗留先の軽井沢の宿から東京の授賞式に出席したのですよ。

それで。。。?

授賞式を終えると川端康成は、真っ直ぐ軽井沢に戻ったそうですよ。

それで。。。?

賞金で外国人宣教師から幸福の谷の別荘を譲り受けたと言うのです。

賞金で買ったのですか?それほどの大金だったのですか?

おそらく賞金だけではなかったのでしょう。。。賞金をもらった事がきっかけになって川端康成は「幸福の谷」に別荘を買う気になったと思うのですよ。面白いのは、堀辰雄の『風立ちぬ』の終章が「幸福の谷」の川端康成の別荘で完成しているのですよ。

マジで。。。?

もちろんですよ。その小説を読んでみれば分かります。

それで、この「幸福の谷」が小百合さんとどのように関係しているのですか?

上のメールの中で「よかったらデンマンさんも。。。」と書いてあるでしょう?。。。僕は、その時、ぜひ小百合さんと、この「幸福の谷」の石畳を二人だけで歩いてみたいのですよゥ。

きっと幸福な気分に浸(ひた)れること、間違いないですよ。うへへへへ。。。

【卑弥子の独り言】

いやですわア~。
殿方というのは、ちょっと魅力的な女性を見るとすぐに妄想をたくましくして、
自分の思うようなシナリオを書いて、
いい気持ちになって現実味のない可能性を追求するのですわぁ~。

小百合さんが、デンマンさんと「幸福の谷」の石畳を歩いて幸せな気分になるとでも思っているのでしょうか?
こういうところが殿方の単純なところですわよねぇ。
単細胞というか。。。
おめでたいというか。。。
あたくしは、デンマンさんを哀れだと思いますわぁ~。

どうして、あたくしと「幸福の谷」の石畳を歩きたいとおっしゃってくださらないのでござ~♪~ましょうか?
あたくしとでは不満なのでござ~♪~ましょうか?

でも、あたくしが裸でヨガをした時は、
デンマンさんは“ブラボ~!”と叫んで、

手を叩いて喜んでいたのですわア。
ボインだ、ボインだ、とおっしゃって褒めてくださったのですわよ。

ところが、小百合さんが現れると、
あたくしは“はしたない女”にされてしまったのですわよ。んもお~~
男って、ちょっと魅力的な女性が現れると、すぐに手のひらを返したように
コロコロと考え方を変えてしまうのですわよねぇ~。んもお~~

あなたも、お気をつけあそばせぇ~。

ィ~ハァ~♪~!

メチャ面白い、

ためになる関連記事


■ 『きれいになったと感じさせる

下着・ランジェリーを見つけませんか?』

■ 『ちょっと変わった 新しい古代日本史』

■ 『面白くて楽しいレンゲ物語』

■ 『カナダのバーナビーと軽井沢に別荘を持つことを

夢見る小百合さんの物語』

■ 『今すぐに役立つホットな情報』

■ 『 ○ 笑う者には福が来る ○ 』

『デンマン批判 (2009年5月8日)』

『好ましい批判 (2009年5月12日)』

『立派な反面教師 (2009年5月29日)』

『社会的自我の欠如 (2009年5月30日)』

『原人ブームと漢字馬鹿 (2009年6月5日)』

『また、オマエか! (2009年7月3日)』

『成りすまし馬鹿 (2009年7月5日)』

『バンクーバーの寒中水泳』

『大阪の歴史馬鹿(2009年9月22日)』
 
『「蒲団」と「田舎教師」(2009年9月24日)』

『卑弥子さんの存在感(2009年9月26日)』

『ロマンとデジャヴ(2009年9月28日)』

『夫婦風呂(2009年9月30日)』

『露悪趣味(2009年10月2日)』

『カプリ島と香水(2009年10月10日)』

『小百合さんの香水10月14日)』

『プッタネスカ(2009年10月18日)』

『国敗れて山河あり(2009年10月22日)』

『鰻重と阿波踊り(2009年10月26日)』

『人のための医療(2009年10月30日)』

『病める日本(2009年11月5日)』

『住めば都(2009年11月15日)』

『猫ちゃんの出迎え(2009年11月17日)』

『名物先生(2009年11月19日)』

『ぶんぶく茶釜(2009年11月21日)』

『ゴダイヴァ夫人のチョコ』

おほほほほ。。。。

また現れて、くどいようで

ござ~♪~ますけれど。。。

ネットにも愚かな人がたくさん居ますわよね。

パンツにコカイン君は、相変わらず

下らないコメントを書いていますわ。

FC2のてんね君はデンマンさんのことを

告げ口する事に生きがいを感じているようでした。

でも、今では、そうする事の愚かさに

気づいたようでござ~♪~ますわ。

えっけん君と太田将宏老人は

ムカついたままコメントを書いてしまいます。

みっともないコメントになるだけです。

ええっ?そんなことより、

もっと面白い話がないのかって。。。?

デンマンさんとあたくしの対話だけでは

物足りないのでござ~♪~ますかぁ

だったらね、メチャ面白いお話を

あなたにおせ~♪~てあげますわよ。

あたくしにとって行田とは

切っても切れない縁が

あるのでござ~♪~ますのよ。

どうしてだか、お分かりになりますか?

行田は古代ハスの

ふるさとなのでござ~♪~ますのよ。

きれいでしょう?

あたくしの初恋の花でござ~♪~ますのよ。

ええっ?そんな事はどうでもいいから、

面白い話を早くしろ!

あなたは、そのような事をあたくしに

強要するのでござ~♪~ますか?

分かりましたわぁ~。

ちょっとこれ見てよ。

なんか、デレデレしているでしょう?

この漫画を見てね、いろいろな人が

面白いことを書いているのよ。

あなたも覗いてみない?

次のリンクをクリックして読んでみて頂戴ね。

■ 『どうよ、これ? 可笑しいでしょう?

あなたも何か一言書いてね』

あなたもきっと笑ってしまいますわよ。

これだったら、絶対に読みたくなるでしょう?

読んでね?

ダメよ!生返事してこの場を誤魔化そうとしちゃああ、

絶対に読んでねぇ~~?

お願い。頼むわよねぇ~。

うふふふふ。。。

上のリンクをクリックして読んでね。

とにかく、今日も一日楽しく愉快に

ネットサーフィンしましょうね。

じゃあね。

ああああ~~~

初恋の人と会いたいわああああ~~!


 
2010年12月2日更新

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。