ネットで国際旅行


 
2010年6月24日 (木曜日)
 
 
ネットで国際旅行
 
 
ココス諸島
 
 
国際バカ
 
 

デンマンさん。。。また、あんさんの悪いクセが出ましたやん。

ん。。。?わての悪い癖?

そうですう。。。成りすまし馬鹿さんがしばらく出てこんと思うていたら、あんさんは新しいお馬鹿さんをまた命名しやはるのォ~?

別に、わては馬鹿を作り出しているわけでも、見い出しているわけでもないねん。

でも、“国際バカ”ってぇ、わたしは初めて聞くお馬鹿ですわ。

もちろん、わてかてぇ初めて書くのやがなァ、うししししし。。。

そやから、わたしは言うたのですやん。あんさんが新種のお馬鹿を作ろうとしていると。。。

あのなァ、わては批判するつもりで“国際バカ”というタイトルを書いたのやがなァ。

それで、どないなお馬鹿さんやのォ~?

まず Denman Blog の次の統計を見て欲しいねん。

午前10時25分に調べたら、同じ「リファラ」からやって来てホームページを20回読んだ人がおったのや。このような事は、わてが Denman Blog を立ち上げてから初めての事やァ。

何でホームページを20回も見やはるのォ~?

同一人物が同じページを1日のうちに20回も見るというのは常識では考えられへん。

それで、あんさんは“国際バカ”と名づけやはったん?

そうや。。。まず、日本語が分からん人だと言う事がすぐにピンと来た。日本人ならば、これまでの経験から、たいてい「おばさんパンツ」とか「床上手な女」の記事を読むねん。それなのに、この訪問者はホームページを20回も見た。他のページは全く読まへんかったのやァ。

日本語がよう分からんのに、何で20回もホームページを見やはったん?

この愚か者はスパムメールと同じような事をやってるねん。

つまり、宣伝するためにやって来やはったん?

それ以外に考えられへん。

でも、どうして同じページを20回も見るん?

管理人の注意を引くためやがな。

どのように。。。?

この非常識な訪問者が、いったいどこからやって来たのかと思って、誰かてぇ「リファラ」の URL をクリックしてリンク先のページを確かめるやん。

あんさんも、そうしやはったん?

そうなのや。めれちゃんのために、そのページをソフトカメラで撮っておいたから見てみィ~なァ。

案の定や!。。。本来ならばホームページが表示されるはずやのに、空白になっていて、宣伝だけが表示されるのや。

つまり、無料のホスティングサービスを宣伝してはるのね。

そういうこっちゃ。

http://www.android-vs-ipad.co.cc

。。。で、上のホスト名の cc ってどこの国やのォ~?

ccは、ココス諸島に割り当てられている国コード(country code)なのや。

ココス諸島

Cocos Islands

ココス諸島とは、ウェスト島、ホーム島、サウス島、ディレクション島、ホースバーグ島、プリズン島、ノースキーリング島など27のサンゴ礁からなるオーストラリア領の諸島。
キーリング諸島 (Keeling Islands) ともいう。

インド洋のオーストラリアとスリランカの中間に位置する。
面積は14km²。
主府はウェスト島。
人口は629人。
通貨はオーストラリア・ドル。

歴史

諸島は東インド会社のウィリアム・キーリング (William Keeling) が1609年に発見したと考えられているが、彼の航海日記中には島の記述は存在しない。
その前後に発刊された海図から、1606年から1622年の間に見出されたのは確実である。

1826年にイギリス人、アレキサンダー・ヘアが約100人のマレー人を伴いこの諸島に移住した。
マレー人は子供が彼の身辺の世話、大人がココヤシのプランテーションに従事させられた。
ジョン・クルーニーズ=ロス一行23人はその翌年島にやってきた。ヘアとロスが島に渡った時、ココヤシが生い茂るだけの無人島だったがココヤシの樹幹にアラビア文字が刻まれていたと言う。

ロスはヘアの部下だったが、結局、ロスがヘアを島から追い出し、ロスが島の領主となり、以後ロス一家が占有していた。
1978年、諸島は5代目領主のジョン・セシル・クルーニーズ=ロスによりオーストラリア政府に625万豪ドルで売却され、オーストラリア領となった。
売却益は全額諸島に寄付され、島ではこれを基金にして1979年にココス諸島協同組合を結成、現在この団体が島を運営している。

行政・経済・交通

ココス諸島はオーストラリアの領土である。
行政官は、オーストラトリア総督によって任命され、総督はクリスマス島と共に管理しているニール・ルーカス(Neil Lucas)である。

ココナッツがココス諸島唯一の換金作物で、環礁の至る所で栽培されている。
外貨を稼ぐための切手の販売は1990年代に入って中止された。
またココス諸島は海底電線及びヨハネスブルグとシドニー間を結ぶ定期空路の中継地でもあり、インド洋上での数少ない気象観測地でもある。

ウェスト島にココス島国際空港があり、パースとクリスマス島を結ぶ定期空路が運行されている。

2005年現在、人が住む島はウェスト島とホーム島の2島だけである。
ウェスト島はオーストラリアから来た白人が殆どである。
ホーム島はココナッツのプランテーションの労働としてマレーシアから連れて来たマレー系の住民が殆どである。
マレー系が66%、オーストラリア系白人が33%でジャワ人や中国人もいる。

公用語は英語で、他にマレー語など。
宗教はイスラム教80%、ほかキリスト教。

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

つまり、あんさんのホームページを20回見やはった人は、ココス諸島に住んでいるのね?

ちゃうねん。。。上のサイト(www.android-vs-ipad.co.cc)を立ち上げた人と、Denman Blog にアクセスしてホームページを20回見やはった人は別人やわ。二人ともココス諸島に住んでおらへん。

どうして、そうだと分かるん?

あのなァ~、http://www.yourname.co.cc というのは無料のサブドメインなのや。

「CO.CC」は広告はでませんが、サブドメインの利用でドメイン自体の所有権はないのでサービスが終了すれば、ドメインを使えなくなることを理解の上ご利用ください。
また、2年目からは有料(年間10ドルで100ドメイン)となります。
つまり、長期間に渡って利用出来る保証がないので、独自ドメインを取得する意味が無くなるかもしれないのです。

企業などの商用サイトや、長期間に渡ってWEBサイトを運営し、信頼されるサイトを目指すには不向きなことをご理解ください。
とはいっても、独自ドメインの操作に慣れてみたい、重要なサイトではないので気軽に使ってみたいなどの理由であれば是非使ってみてください。

つまり、誰でも無料で手に入れることができるの?

そうなのや。

http://www.android-vs-ipad.co.cc

つまり、この上のサイトは、いつ無くなってもいいような、どうでもいいサイトやのォ~?

そうやァ。要するに、宣伝のためだけに作ったものや。だから、苦情が出た時などには、さっさと閉鎖して、また別のサイトを立ち上げるのや。。。実際、上のサイトは、つい最近作ったばかりのようやでぇ~。

どうして、そうやと分かるん?

ホスト名を入れて検索してみたのや。

これでクリックしてみたら、次のような結果がでよった。

あらっ。。。まだ、誰も記事に取り上げて書いてないのね?

でも、わてがこの記事を投稿したさかいに、2,3日中には検索結果に表れるでぇ、うししししし。。。

つまり、あまり信用できへんサイトなのやね?

そうや。。。いかがわしい事をするサイトでないのならば、実験的に作ったようなサイトや。。。つまり、いつ閉鎖になっても不思議ではないサイトや。

それで、Denman Blogにアクセスした人はどこに住んではるのォ?

ログを調べてみたのやァ。見てみィ~なァ。

6月21日の午前1時37分にアクセスした人は、日本人や。

IPアドレス: 180.1.22*.***
ホスト名:
p3****-ipngn401kokuryo.gunma.ocn.ne.jp

接続回線: 光
都道府県: 群馬県

ネットワーク名: OCN
組織名: オープンコンピュータネットワーク
Organization: Open Computer Network

上位情報:
エヌ・ティ・ティ・コミュニケーションズ株式会社
(NTT COMMUNICATIONS CORPORATION)

群馬県に住んでるのやね。。。で、午前7時3分にアクセスした人は。。。?

その人が20回アクセスしてホームページを20回見た問題の人物やァ、つまり、国際バカ!

IPアドレス: 66.135.48.212
ホスト名:
mshots5.sat.wordpress.com

プロバイダー: ServerBeach

住所:
8500 Vicar Drive 8500, Suite 500
San Antonio
Texas

Zip Code: 78218
国名: アメリカ合衆国

苦情係:
Serverbeach Network AUP Enforcement
電話: +1-604-484-2588
Email: abuse@serverbeach.com

管理人: ZZ4092-ARIN
ハンドル名: ipadmin
電話: +1-210-225-4725
Email: ipadmin@serverbeach.com

ちなみに、午前9時28分にアクセスした人は日本人や。

IPアドレス: 220.217.17*.***
ホスト名: ZE17****.ppp.dion.ne.jp

接続回線: xDSL
都道府県: 該当なし

プロバイダー: KDDI-NET
ネットワークサービス名: DION
組織種別: ネットワークサービス
組織名: DION (KDDI株式会社)
ドメイン名: DION.NE.JP
Organization:
DION (KDDI CORPORATION)

上位情報:
KDDI株式会社 (KDDI CORPORATION)

Denman Blog に20回アクセスしやはった人はテキサス州に住んでいるのやね。

そうや。サンアントニオ市に住んでいるはずや。

わたし、その人のホスト名を前に見たことがあると思うわ。

めれちゃんも、そう思ったのか?。。。わても思い当たることがあったので調べてみたわ。

6月12日から6月21日までに Denman Blog にアクセスした人をリストアップしたものや。

あらっ。。。wordpress.com がホスト名に含まれている人が二人おるのやねぇ。

そうなのや。。。問題の訪問者のホスト名を入れて検索してみたら、次のような結果になった。

わては、この訪問者のことをまだ記事に取り上げたことがないねん。。。めれちゃんが見たというのは次のホスト名を使っている人やでぇ。

『熱き肌を求めて』を見て思い出しましたわ。

『熱き肌を求めて』

(2010年6月4日)

mshots3.sat.wordpress.com

この上のホスト名を使っている人は、以前からよく Denman Blog にやって来た人なんや。
 

5月23日から6月1日まで、毎日のようにやって来ていた。

この人も宣伝しやはったの?

いや、この人物は、たぶん WordPress の開発にかかわっている人だと思うのや。“国際バカ”のように宣伝したことは一度もないねん。

それで、あんさんは“国際バカ”さんをどないするつもりやのォ~?

まだ、上のサイトを作ったばかりやから、もう少し様子を見ようと思っているのや。2、3日中に検索結果に出てきよるはずや。おそらく、他の人の記事にも載るかも知れへん。その時に、また書こうと思うのや。うししししし。。。

【レンゲの独り言】

ですってぇ~。。。
デンマンさんは、馬鹿のつく人物に異常に興味を持つのですよね。
それで、めれんげさんから次のように言われてしまうのですわ。

じいさん、

永久に近づくな。

めれんげは自分の思うままに
詩を書きたいのだ
自由に心のままに。

ネガティブな詩だってある。
そこに喰らい付いてきて、
気持ちの悪い文章を書くじいさん。
アンタは本当に面倒くさい奴だ。

アクセス禁止にしたところで、
どうせipを偽装するんだろうな。

ハッキリ言う。
一度はアンタと和解したが、
そんなことはもう、決してありえない。
なぜかと言うと、
めれんげの気持ちをわかったつもりで、
見当違いのコメントを書いて
わたしのブログを汚すからだ。

何より許せないのは、
アンタの「言葉泥棒」だ。
都合のいいところだけ抜き出して、
さも、アンタと通じ合っているような
文章を垂れ流していることだ。

それに、何年も前の文章を
いつまで使い続けるつもりなんだ。
わたしはいつまでも
同じ所に立ち止まっているわけではない。
アンタが同じネタを使っていることで、
アンタの進歩のなさを露呈しているんだ。

気持ち悪い「愛のコラボ」ってなんだ?
それも結局は、アンタの脳内で
わたしの創作を侮辱しているってことだ。

アンタとわたしとではレベルが違う。
アンタは人の書いたものなしでは、
何も書けない貧困な人間だ。
クリエイティビティもないくせに、
「文学的素養」について語るな。
わたしが心の底から苦心して絞り出した言葉をアンタはのうのうと使いまわして
さも自分が知識人であるように装っているだけだ。

そして、さもしいアンタは、
他人を馬鹿呼ばわりして、
自分のブログのネタとして使う。
オリジナリティもないアンタには、
自分で何かを創りだす能力なんて
ないからだろうな。

じいさん。
アンタは自分が思う以上に、
ネットの中で、飽きられているぞ。
アンタに構ってくれた人たちは、
もうアンタになんて目もくれていないだろう?
それはアンタの薄っぺらさを
みんなが気付いたからだ。

わたしはアンタにつきまとわれているから、
こんな文章を書かざるを得ない。

とにかく一言言いたいのは、
「死ぬまでわたしに関わるな。
ネタにもするな」
ということだ。

by merange (めれんげ)

October 05, 2009 19:36


『極私的詩集 永久に近づくな』より

『相手にされない成りすまし馬鹿』に掲載
(2009年11月22日)

デンマンさんも、めれんげさんの上の手記を初めて読んだ時には、かなり落ち込んだのではないでしょうか?
うふふふふ。。。

とにかく、あさっても興味深い話題が続きますう。
だからあなたも、また明後日、読みに戻ってきてくださいねぇ。
では。。。

メチャ面白い、

ためになる関連記事


■ 『きれいになったと感じさせる

下着・ランジェリーを見つけませんか?』

■ 『ちょっと変わった 新しい古代日本史』

■ 『面白くて楽しいレンゲ物語』

■ 『カナダのバーナビーと軽井沢に別荘を持つことを

夢見る小百合さんの物語』

■ 『今すぐに役立つホットな情報』

■ 『 ○ 笑う者には福が来る ○ 』

『小泉純一郎君は漢字馬鹿か?』
 (2009年4月18日)

『小泉純一郎と名乗る漢字馬鹿』
 (2009年4月20日)

『ある愚か者の自滅の道 (2009年4月24日)』

『2ちゃんねると自滅の世界 (2009年4月28日)』

『自滅の道へ走る愚か者 (2009年5月2日)』

 『あなたもワクワクする新世代のブログ』

『また、オマエか! (2009年7月3日)』

『成りすまし馬鹿 (2009年7月5日)』

『スカンクと宮本武蔵 (2009年7月6日)』

『絶望的な愚か者 (2009年7月7日)』

『プッタネスカ(2009年10月18日)』

『国敗れて山河あり(2009年10月22日)』

『鰻重と阿波踊り(2009年10月26日)』

『人のための医療(2009年10月30日)』

『病める日本(2009年11月5日)』

『住めば都(2009年11月15日)』

『猫ちゃんの出迎え(2009年11月17日)』

『名物先生(2009年11月19日)』

『ぶんぶく茶釜(2009年11月21日)』

こんにちは。ジューンです。

1978年に、ココス諸島は

5代目の領主によりオーストラリア政府に

625万豪ドルで売却されたと言うのです。

領土が売買されるなんて

ちょっと考えられないですよね。

でも、歴史を振り返れば

アラスカのような日本よりも広い領土が

ロシアによってアメリカ政府に売られたのです。

いくらだったと思いますか?

1km²あたり5ドルだったそうです。

1867年当時のお金で

総額720万ドルですって。

信じられないですよね。

どうしてロシアは売ってしまったの?

あなたも不思議に思うでしょう?

19世紀後半ロシアは植民を行い、

アザラシなど海洋動物の

毛皮を採集していました。

でも、運送費がかさむこと、乱獲による

海洋動物の激減により

毛皮事業がなりたたなくなったのです。

それに、クリミア戦争後の財政難がありました。

それで、資金調達のため、1867年に

クリミア戦争の中立国であったアメリカ合衆国に

売ることにしたのです。

この交渉をまとめたのは国務長官であった

ウィリアム・H・スワードです。

このことは当時のアメリカ国民から

「巨大な冷蔵庫を買った男」と非難されたそうです。

その後豊富な資源が見つかったり、

アラスカが冷戦時代に国防上

重要な役割を果たすことが分かり、

現在では高く評価されています。

ところで、英語の面白い話を集めました。

時間があったら覗いてみてくださいね。

■ 『あなたのための愉快で面白い英語』

では、今日も一日楽しく愉快に

ネットサーフィンしましょう。

じゃあね。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。