ニーチェとエロい画像検索


  
 
2012年6月21日 (木曜日)
 
 
ニーチェとエロい画像検索
 
 

(gog20608b.jpg)



(merange12.jpg)

デンマンさん。。。エロい画像検索ということは上の画像を見れば判(わか)りますねん。 そやけど、ニーチェと関係あらへんと思うわァ。


(kato3.gif)

上の画像を見る限り関係ないねん。 そやけどなァ、話を進めてゆくうちにニーチェとも関係あることがめれちゃんにも解るねん。

上の画像は、あんさんが検索しやはったん?

いや。。。わてが検索したのではあらへん。 あのなァ~、わてはいつものようにアクセス解析のリストを覗いてみたのやがなァ。


(hg20618.gif)

これがそのアクセス解析のリストやのォ~?

そうやァ。 このリストは6月9日から18日までの10日間の記録やねん。 検索して「デンマン・シンジケート」にやって来た人が、一体どの検索エンジンを使ってやって来たのか? それを調べたものやねん。

GOOGLEだけやん。

実は、リストはもっと長いのやけど、1番と2番の一部だけを切り取って貼り付けたものやァ。 1番は普通のGOOGLEの検索で「デンマン・シンジケート」にやって来た人が75人おったということやァ。 2番はGOOGLEの画像検索をして「デンマン・シンジケート」にやって来た人が偶然、同じ人数居たと言う事やねん。

。。。で、上の画像はどのようにしてゲットしたん?

上の画像は青点がついているパラメータで画像検索した人がゲットしたものやがなァ。 パラメータとURLを合わせると次のようになる。

http://www.google.co.jp/imgres?um=1&hl=
ja&biw=1089&bih=867&tbm=isch&tbnid=
V5pofJreftza5M:&imgrefurl=
http://www.edita.jp/goo705/one/goo7052880.html&
docid=A3DjUZNxH7lt6M&imgurl=
http://www.edita.jp/goo705/image/goo705/rengex5.jpg&
w=500&h=614&ei=UWXdT7GcKsPwmAWexKWtDA&zoom=1&iact=
hc&vpx=483&vpy=284&dur=3325&hovh=249&hovw=
203&tx=107&ty=109&sig=113715960185705617629&page=
2&tbnh=157&tbnw=136&start=22&ndsp=27&ved=
1t:429%2Cr:13%2Cs:22%2Ci:180

「実際のリンク (ここをクリック!)」

上のリンクをクリックすれば、冒頭の画像検索の結果を見ることができる。 めれちゃんも、やってみたらええでぇ~。

上の画像はどの記事に載ってるん?

次の記事やァ。 「この画像のサイト」をクリックすれば見ることができる。


(eda91117.gif)


(lovelet5.gif)

わたしとブログで、どっちが大切なん?

どちらも大切やがなぁ~

たまには、記事を書くのを休んで、夏休みをとって、大阪まで来て欲しいねん。

めれちゃんは、それ程わてに逢いたいのんか?

この姿勢を見れば、あんさんにも分かりますやろう?

そうやなあああぁ~。。。立合い充分やなあああぁ~。。。うしししし。。。


(renge00e.gif)

あんさん!。。。笑っている場合じゃないねん!。。。スーパーマンになって早く飛んで来ておくれぇ~♪~なぁ。

めれちゃんがスーパーマンの夢を見たからってぇ、わてにスーパーマンになれるはずがないやないかいなア!

あんさんなら出来ますゥ。。。そのマンションの窓から飛んでみてぇ~なぁ~

めれちゃん!。。。いい加減にセ~♪~なア!わてを死なすつもりかぁ~?

そやかて、あんさんにすぐにでも逢いたいのですねん。

あのなぁ~。。。、そんなことよりも、そのままでは風邪を引くでぇ~。。。はよう、パンツをはかんかい!

いややわぁ~

どうしてイヤなんじゃァ~?

こうしていれば、あんさんが大阪にやってくると思いますよってにィ。。。

わてが大阪に行ってもいいけれど、そのままじゃ、わてが着いたら、めれちゃんは鼻水をたらしているやないかいなァ~。悪い事は言わへんから、かぼちゃパンツでも、おばさんパンツでも、ひもパンでも。。。、とにかく、なんかで前を隠して欲しいねん。


(rengex5.jpg)

どうしてぇ~。。。?

いつまでも馬鹿やってられへん。。。わても忙しいねん。。。とりあえず、めれちゃんが立ち上がって裸エプロンを脱いだ写真をメールに添付して送ってなァ~。出来が良かったら、わても大阪に飛んでゆくでぇ~

は~♪~い。そうしますう。楽しみに待っててねぇ~。

あいよう!\(^_^)/ キャハハハ。。。

by 愛の天使 (デンマン)

2009/08/07 11:15 AM

バンクーバー時間:
8月6日 木曜日 午後7時11分


『即興の詩 しあわせはすぐそばに』のコメント欄より

『二人きりの世界 (2009年8月26日)』に掲載。

あらっ。。。わたしも出てきよる記事やん。

めれちゃんは、すっかり忘れてしもうたのかァ~?

そやかてぇ、3年も前の記事やもん、すぐに思い出せへんのもあたりまえやんかァ。。。で、ニーチェはどうなったん?

それは、赤点をつけたパラメータで画像検索すると出てきよるねん。


(hg20618.gif)

パラメータとURLを合わせると次のようになるねん。

http://www.google.co.jp/imgres?start=
176&um=1&hl=ja&sa=N&biw=1176&bih=895&tbm=
isch&tbnid=jStbeeakFa8kWM:&imgrefurl=
http://www.edita.jp/excite705/one/excite7054914.html&
docid=5lbgLtVwu71ptM&imgurl=
http://www.edita.jp/excite705/image/excite705/amish10.jpg&
w=640&h=480&ei=QdreT_qzE-rfmAXcl4GsDA&zoom=1

「実際のリンク (ここをクリック!)」

すぐ上のリンクをクリックするとニーチェが出てきよるのォ~?

いや。。。すぐには出てきよらん。 次のような画像が表示されるねん。


(gog20618.gif)

これはどの記事に載ってる画像やのォ~?

次の記事やァ。 「この画像のサイト」をクリックすれば見ることができる。


(eda20108.gif)

(maiko19.png)

【レンゲの独り言】


(manila07.gif)

デンマンさんは近松門左衛門の作品にハマっているようですわ。
かつて『心中天網島』(しんじゅうてんのあみじま)について次の記事を書きました。


(amishim3.jpg)

『心中と切腹』

(2010年11月25日)

同名の人形浄瑠璃は1721(享保5)年に、大坂竹本座で初演されました。
実際に1721年に起きた、紙屋治兵衛と遊女小春の心中事件を基にして書いた作品です。
愛と義理がもたらす束縛が描かれており、近松の世話物の中でも、特に傑作と高く評価されています。
また、道行「名残の橋づくし」は名文として知られています。
後に歌舞伎化され、今日ではその中から見どころを再編した『河庄』(かわしょう)と『時雨の炬燵』(しぐれのこたつ)が主に上演されています。


(amishim7.jpg>


『他人の不幸は…』より
サービス終了

『他人の不幸は…』より
(2012年1月8日)

デンマンさん。。。あんさんはどうして【レンゲの独り言】などを冒頭に載せはったん? ニーチェともエロい画像検索とも関係あらへん。

めれちゃんは、そう考えるかも知れへんけど、それが関係あるねん。

どないなわけで関係があるん?

あのなァ~、上の記事を読むと、めれちゃんとわてで次のように語りおうてるねん。

篠田正浩監督作品

『乾いた花』 『鑓の権三』

デンマンさん。。。あんさんは上の映画を観やはったん?

もちろんやァ。 『堀川波鼓』は1707年2月15日に、大坂竹本座で初めて演じられた。 1706年に起きた、鳥取藩士が妻敵(めがたき)を討った事件を基にして近松門左衛門が書いたものなのやァ。 そやから、『鑓の権三重帷子』も、実際に起きた事件を基にして近松が書いたものやと思うねん。

つまり、実際に起きた事件を基にして近松のおっさんが書いたものやさかいに、あんさんは観る気になりはったん?

そうやァ。。。そやけどなァ~、次の箇所はドラマチックにするために付け足したと思うねん。


(gonza05.jpg)

おさゐは忌々しい帯を権三から取り、

私のを締めればいいと自分の帯を解いた。

すると、この状況を伴之丞が目撃する。

この場面はあまりにも不自然やと思うねん。

どうして。。。?

このような見え見えの事をするかいな! これでは、「私たちが不義をしている所を見て!見て!」と宣伝しているようやないかいなァ! アホらしくて、観ているわての方が恥ずかしくなったでぇ~。。。

なにも、あんさんが恥ずかしくなることはおまへんがなァ~。。。

とにかく、観客の目に不自然やと思われるような事はせ~へんこっちゃ!

。。。で、あんさんは、その事が言いたいために、わざわざ『鑓の権三重帷子』を取り上げはったん?

ちゃうねん。。。そのような些細な事で記事を書くかいなァ!

そやったら、どないな理由で『鑓の権三重帷子』を取り上げはったん?

あのなァ~、このような不義密通をテーマにした作品は“姦通物(かんつうもの)”と呼ばれておるのやけど、戦後、姦通罪が無くなったのに、どうして未だに人気があるのか? その事をわては考えさせられたのやがなァ。

それで、記事のテーマにしようと思いはったん?

そうやァ。 江戸時代から太平洋戦争まで、この姦通罪は、不義をした妻と、その相手の男だけに適用されて、この二人が罰せられた。 つまり、夫が妻以外の女と浮気をしようが2号さんを持とうが罪とはならへん。

それは男女同権に反しますやん。

そやから、戦後、姦通罪は廃止されたのやがなァ。 それにもかかわらず、未だに『鑓の権三重帷子』が上演されたり 1986年には映画にもなった。 つまり、人気が続いているねん。

『忠臣蔵』が未だに人気があるのと同じ理由やと、わたしは思うわァ。 つまり、吉良上野介を悪者にして、悪い奴をみなで懲らしめはるゥ。 そういう場面を見て日本人は気分良く日常生活に戻ってゆきはる。 気分がすっきりして癒されますねん。

なるほどォ~。。。言われてみれば分かるような気がする。 そやけどなァ、『鑓の権三重帷子』の場合はちょっと違うと思うねん。

どないに。。。?

実は、日本の家庭の主婦は、多かれ少なかれ「おさゐ」さんのような中年女性が多いと思うねん。

伝授を望む権三の来訪を、おさゐは喜んだ。

美男の誉れ高い権三で、

娘の夫になってもらいたいと、

おさゐは権三に伝え、

もし承知してくれれば伝授すると約束した。

つまり、たいていの主婦は打算的で、スーパーならば人よりも良い物を安く手に入れたいと思う。 夫に失望している妻は、せめて娘だけには夫よりも有望な若者を探して見合いでもさせたいと思うてる。 しかも、最悪の状態になっても、諦め切れない未練がましい気持ちにとらわれる。 そやから映画のような状況に共感する。


(gonza04.jpg)

おさゐは「どうせ冥土へ行くのなら、

権三と夫婦の契りをかわしてから」と、

旅篭(はたご)で激しく愛しあう。

つまり、このような願望を日本の中年主婦が持っていると、あんさんは言わはるのォ~?

夫に失望している妻ならば、当然やろう?

そうやろか?

そやけどなァ、おさゐも権三も殺されてしまうのや。 それを見定めて観客の中年主婦は、きっと次のように思うねん。


(kaisendon.jpg)

ああ~  思えば、わたしだってぇ、

同じような状況であれば、

同じような事をするかも。。。

駄目な夫と生活しているけれど、

殺されるよりは

生きて旨い物でも食べていた方がええわァ。

ここで初めて常日頃不満タラタラの家庭の主婦は蜜の味を感じるのやァ。
 
 
“他人の不幸は蜜の味”
 
 

あんさん!。。。、これはかな~り性格の悪い解釈ですぇ~。。。

さよかァ~。。。?


『他人の不幸は…』より
サービス終了

『他人の不幸は…』より
(2012年1月8日)

ニーチェは出てきやはりませんでぇ~。。。

あのなァ~。。。確かに上の対話の中にはニーチェは出てきよらん。

そやけど、あんさんはタイトルで「ニーチェとエロい画像検索」と書いてますやん。

そうやァ。

そやったら、出てきよらんのに出てくると宣伝して読者を欺く不正タイトルですやん。

めれちゃん!。。。ちょっと待ちィ~なァ。。。わての話はまだ終わっておらんのやでぇ~。。。 最後まで聞いてからクレームつけて欲しいねん。

ホンなら、しょうもない事を言わずに話の続きをしたらええやん。

あのなァ~、わてはたまたまバンクーバー図書館から次の本を借りていたのや。


(lib20620.gif)

赤枠で囲んである本を読みはったん?

そうやァ。

つまり、無理矢理図書館から借りたニーチェの本を持ち出してきてタイトルに結び付けようとしやはるのォ~?

あのなァ~、めれちゃん。。。わてが、そないなアホな事をするかいな! 前にも言うたように、上の画像を検索して『他人の不幸は…』を読みはった人が4人居るとリストに出ているのやがなァ。


(hg20618.gif)

赤点の脇に「4」と書いてあるのは、そういう意味なのやでぇ~。。。つまり、わてが上のリストを見たときには、すでに『ニーチェ』を読んでいたのや。 そやから、こうして記事で取り上げる気になったのやないかいなァ。

そないな事を言うてもネット市民の皆様は誰も信じへんと思うわァ。 記事のネタが切れたので、あんさんが無理矢理図書館の本を持ち出してきて、こうして記事を書いていると思いはるでぇ~。。。

あのなァ~、めれちゃん。。。偶然と言うのはあるものなのやでぇ~。。。

それで、あんさんは何が言いたいねん?

その本の中に次のように書いてあったのやァ。

ここで想起されるのは、先にも触れた紀元前1世紀のローマの詩人・ルクレティウスの『物の本性について』の第2巻の冒頭である。

大海で風が波をうねらせているとき、陸から他人の難儀を眺めるのは悦ばしい。
他人の困難が甘美な喜びなのではない。
自分がそのような災悪を免れているということを分かっているのが悦ばしいのだ。

… ここで、ルクレティウスが語っている「傍観者の悦び」とは、ストア派の主張する「同情の禁止」のエピクロス的表現なのである。
ただそれらに違いがあるとすれば、それは、ストア派が同情することによって自己に加えられる危害を避けるために、他人の災悪を自らに関わりのないものとして無視しようとするのに対して、エピクロス派は、そのような苦難に対する恐れを世界の構造の認識によって無化しようとする点にある。
つまり、このたしかに「非人情」といえる態度は、世界に対する生の利害を離れた視点からの、つまりその意味で「死んだ世界」からの、「死者の視点」からの眺望なのである。

ニーチェは、エピクロスのことを「古代末期の人々の魂の癒(いや)し手」と呼んでいるが、それは彼自身にとっても同様で、折に触れてその思索上の癒し手ともなり、また励まし手でもありつづけたように思われる。

… 同じ時期に書かれた研究草稿には単に資料としてばかりでなく、エピクロスの哲学そのものに対するニーチェの共感を読みとれる多くの記述が残されている。

赤字はデンマンが強調。
読み易くするために改行を加えています。)


57-58ページ 『ニーチェ』
著者: 神崎 繁
2002年10月25日 初版第1刷発行
発行所: 日本放送出版協会

なるほどォ~。。。

何がなるほどォ~なのやァ?

つまり、「他人の不幸は蜜の味」というのは極めて「非人情」と言える態度やねん。 あんさんは、この言葉を持ち出してきたことに後ろめたさを感じていた。 そうですやろう?

う~~ん。。。確かに、大勢の人を前にしたら、 「他人の不幸は蜜の味」とは言いにくいわなァ。 ひそひそと相手の耳にささやくような類の言葉には違いないと思うでぇ~。。。

そうですやろ!? それで、たまたま上の本を読みはった。 ほだら、言い訳になる、ええことが書いてあった。

他人の困難(不幸)が

甘美な喜びなのではない。

自分がそのような災悪(不幸)を

免れているということを

分かっているのが悦ばしいのだ。

そして、あんさんはこの言葉の中にエピクロス的な「癒し手」「励まし手」を見つけてホッとしやはった。 つまり、「他人の不幸は蜜の味」と書いてしまった時の「罪悪感」、すくなくとも「後ろめたさ」を、このようにして消そうとしてますねん。

めれちゃんは、そう思うのか?

そうですう。 このようにして書けば、「他人の不幸は蜜の味」と書いたかてぇ、この記事を読みはるネット市民の皆様から非難を受けることがないだろうと思うてますねん。

なるほどォ~。。。めれちゃんの知能指数が140あるということを、わては改めて実感しているでぇ~。。。うへへへへへ。。。

知能指数とは関係あらへん!

さよかァ~。。。

【レンゲの独り言】


(manila07.gif)

ですってぇ~。。。
大勢の人を前にしたら、 「他人の不幸は蜜の味」とは言いにくいですよね。
どうしても、ひそひそと他の人には聞こえないように相手の耳にささやくような言葉ですわ。
あなたも、そう思うでしょう?

ええっ。。。そんな事はないと、あなたはおっしゃるのですか?
じゃあ、どうしてそう思わないのか? ぜひ、コメントに書いてください。

ええっ。。。IPアドレスを書かれて反論されるので、とても書く気にならないのォ~?
あなたは、意気地の無い人なのですわねぇ~?

ええっ。。。「デンマンは非常識だから付き合いきれない」と、おっしゃるのですか?
うふふふふふ。。。
確かにデンマンさんは平均的な日本人ではありませんわよね。

とにかく、次回も興味深い話題が続くと思います。
また読みに戻ってきてくださいね。
じゃあ、また。。。


(hand.gif)


(surfin2.gif)

ィ~ハァ~♪~!

メチャ面白い、

ためになる関連記事



(linger65.gif)

■ 『きれいになったと感じさせる

下着・ランジェリーを見つけませんか?』

■ 『ちょっと変わった 新しい古代日本史』

■ 『面白くて楽しいレンゲ物語』


(house22.jpg)

■ 『軽井沢タリアセン夫人 – 小百合物語』

■ 『今すぐに役立つホットな情報』

■ 『 ○ 笑う者には福が来る ○ 』


(vansnow2.jpg)

『夢とロマンの横浜散歩』

『あんさんに会いたい』 

『愛とロマンの小包』

『下つきだねって言われて…』

『銀幕の愛』

『パリの空の下で』

『夢の中華パン』

『愛の進化論』

『漫画家と平和(2011年3月6日)』


(vanc700.jpg)

『漫画家の壁(2011年3月10日)』

『漫画家と奴隷(2011年3月12日)』

『畳の上の水練(2011年3月15日)』

『パール判事とゴーマン(2011年3月18日)』

『軍隊のない国(2011年3月21日)』

『あんさんに会いたい(2011年10月31日)』

『ロマンと夢とババア(2011年11月4日)』

『愛の地獄(2011年11月8日)』


(bare02b.gif)

こんにちはジューンです。

「天才と気チガイは紙一重」という言葉がありますが、

ニーチェはまさに、そのような天才でした。

多分、幼い頃のトラウマがニーチェの心に

大きなストレスをかけたのだと思います。

5歳で牧師のお父さんを亡くし、

翌年には弟も亡くなっています。

1889年1月3日にニーチェの精神は崩壊します。

この日、ニーチェがトリノ市の往来で騒動を引き起して

二人の警察官の厄介になったということ以外に

正確な事情は明らかになっていません。

この時、カルロ・アルベルト広場で

御者に鞭打たれる馬を見て奮い立ったニーチェは

そこへ駆け寄り、馬を守ろうとしてその首を抱きしめながら

泣き崩れ、やがて昏倒したと言われています。

ニーチェの狂気の原因は、

学生の頃移された脳梅毒が悪化して

妄想や幻覚を見る様になったという説もあります。

しかし、ニーチェの示している徴候は

梅毒の症例とは矛盾しているところも見られます。

ニーチェの狂気は脳腫瘍のためだという研究者も居ます。

ほとんどの研究者はニーチェの狂気と哲学は

無関係なものと考えていますが、

ジョルジュ・バタイユやルネ・ジラールは

ニーチェの狂気は彼の哲学によってもたらされた

精神的失調だと考えています。

あなたは、どう思いますか?

ところで、卑弥子さんが面白いサイトを

やっています。

興味があったら、ぜひ次のリンクをクリックして

覗いてみてください。


(bitegirl2.gif)

『あなたのための笑って幸せになれるサイト』

とにかく、今日も一日楽しく愉快に

ネットサーフィンしましょう。

じゃあね。バーィ


(rengfire.jpg)


(byebye.gif)

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。