検索笑い話


 
 
2012年6月5日 (火曜日)
 
  
検索笑い話
  
 



(gog20605.gif)

デンマンさん。。。あんさんは、おもろい画像を貼り付けましたなァ~。。。

おもろいかぁ~?

。。。で、今日は検索のおもろい話を披露するのでっかぁ~?

そうやぁ。 まず次のリストを見て欲しいねん。


(ame20530b.gif)

あらっ。。。5月30日に急に読者が増えましたやんかぁ。 どないな訳で急に増えたん?

5月30日の人気記事リストを見れば判るう。


(ame20530d.gif)

次の記事が最も読まれたのやねぇ。


(ame20530h.gif)

『結婚できない男』

(2012年5月30日)

そうやぁ。 

上の記事は検索して読みはった人が多かったん?

いや、ちゃうねん。 検索した人は少ないねん。 次の5月30日の検索ワードのリストを見れば、めれちゃんにもすぐに判るはずやぁ。


(ame20530e.gif)

あらっ。。。検索して読みにやって来た人は12人だけですやん。 それに「結婚したい」やのうてぇ、「離婚したい」で検索してますやん。 うふふふふふふ。。。

こういう検索ワードを見ると結婚したいと思う人が少なくなるなァ~。。。

。。。んで、「離婚したい」で検索しやはった人は、どないな結果を見やはったん?

まず、次の「リンク元URL」のリストを見て欲しいねん。


(ame20530g.gif)

「離婚したい」で検索したのは16番と22番やぁ。

どないな訳で2つのURLに別れてはるん?

検索結果は2つとも同じやァ。 たぶん、プログラムミスかも知れへん。 よう解らん。 検索結果は次のようになるねん。


(ame20530m.gif)

あらっ。。。「離婚したい」で検索しやはって『結婚できない男』を読みはったのやねぇ。

そういうこっちゃ。

そやけど、「離婚したい」の後に「barclay」が付いてますやん。 

あのなァ~、16番のURL をクリックすると、当然、「離婚したい」の検索結果が表示されるのやァ。 そやけど、わてのブログの記事が1ページ目にも2ページ目にも表れん。

それで、あんさんは「barclay」を加えて改めて検索しやはったん?

そうやァ。。。つまり、「barclay」は、わてのハンドル名であると共に、わてのブログの URL (http://ameblo.jp/barclay/)の一部になってるねん。 そやから、「barclay」を付け加えて検索すると間違いなく、わてのブログの記事が表示されると言う訳やァ。

なるほど。。。そうすれば、幾(いく)ページも探さんでも、すぐに、あんさんの記事が表示されるというわけやねぇ。

その通りやァ。

あんさんは見かけによらず頭がいいねんやねぇ~。

めれちゃん、これぐらいの事で、そないに褒めんかてええでぇ~。。。うへへへへへ。。。

15番は Yahoo!のビデオ検索やねぇ~。。。一体どないな結果が表れたん?

その検索結果をソフトカメラで撮ってあるさかいに、めれちゃんのためにここに貼り出すよってに、じっくりと見てやァ~。。。


(ame20530k.gif)

この人は「日本の歴史人物 平安時代の藤原頼長」でビデオ検索しやはったのねぇ。

そうやァ。 

そやけど、次の「検索ワード」のリストには出てまへんでぇ~。。。


(ame20530e.gif)

そうやなァ。。。ビデオ検索の検索ワードは、アメブロの「検索ワード」リストには載らんようになってるねん。

あんさんは「平安時代の藤原頼長」について記事を書きはったん?

それが。。。覚えておらんのやァ。 うへへへへへ。。。

頼りないなァ~。。。自分が書いた記事の内容を覚えておらんのォ~?

これまでに 6、900件の記事を書いてきたのやでぇ~。。。いちいち記事の内容を覚えているかいな。


(goo20603.gif)

それにしても、よう書きはりましたなァ~。。。で、赤枠で囲んだ記事の中に、「平安時代の藤原頼長」さんが出てきやはるのォ~?


(ame20530k.gif)

赤枠で囲んであるのは確かに、わてのアメブロのブログに出てくるページやァ。。。そやけど、これは記事やのうてぇ、次のテーマのページなのやがなァ。

『日本史・世界史のテーマ』

よく見ると2010年3月20日に投稿と書いてはるわァ。。。そやから、その日に投稿した記事に「平安時代の藤原頼長」さんの事が出てくるのとちゃうん?

いや、3月20日の記事には出てきよらん。

そんなら、どの記事に出てきよるの?

あのなァ~、写真をよく見ると、これはYouTubeの次の画面なのやァ。

Sous le Ciel de Paris

by Hideshi Kibi(日本人)

このYouTubeの動画は、どの記事に載ってるのォ~?

次の英語の記事やがなァ~。

“Squaw House and Melbourne Hotel”

(2011年9月3日)

当然のことやけど、「平安時代の藤原頼長」は出てこんのやァ。

つまり、Yahoo!ビデオ検索には間違った結果が表示されることもあるのやね?

そういうことやァ。。。「平安時代の藤原頼長」さんのビデオクリップを探しはった人は、わてのように『日本史・世界史のテーマ』の中の20の記事を一つ一つ探したと思うでぇ~。

。。。で、結局、見つけることが出来へんやったのね。

そうやァ。。。笑うどころではなく、間違いなくムカついたと思うでぇ~。

ところで、23番と25番は自慰のことですやろう? うふふふふふ。。。

そうやがなァ~。。。検索結果は次のようになってるねん。


(ame20530r.gif)

あらっ。。。「○ナニー」で検索して『結婚できない男』を読みはったのやねぇ。

そうなのやァ。。。次の箇所に「○ナニー」が出てきよるねん。

エッチ (ベッカム)

2006-02-14 10:47:16

この書き込みを見て興奮してしまいました ○起しました

抑え切れなくて○ナニーしてしまいました


『GOOに掲載された結婚ガイド』より

『結婚出来ない男とジュンコさん』に掲載
(2012年5月19日)

このベッカム君は次の洋子さんの手記を読みはったのやねぇ。

めれちゃんは、よう覚えてるなァ~。。。

そやかて、わたしも読んでぇ、なんとのうエッチな気分になりましてん。。。うふふふふふ。。。


韓流ブームにすっかりはまってしまった27歳のOLです。
夏休みをとって韓国旅行に出かけ冬ソナのロケ地巡りをしてきました。
すっかり韓国の風景や素朴な人たちに魅了された私は帰国後ハングル語の語学スクールに入校したのです。
生徒は7割が女性です。そのうちの80%は専業主婦です。ほとんどの人が私と同様で、韓流ブームにどっぷりとハマッている人たちです。

私と親しくなった42歳の奥さんは下敷きや筆箱までヨン様のイラストがあるものを使っています。もちろんその奥さんばかりではありません。
私と机を並べる女性たちの多くがヨン様グッズを大切そうに肌身離さず持っているのです。
そのような光景に当てられて私までがミーハーに思えて恥ずかしくなったほどです。
それでも少しずつ会話ができるようになると勉強が楽しくなって、だんだんやりがいを感じるようになりました。

そんな時、同じ受講生の山田さんと知り合いになりました。
韓国を主な取引先にしている貿易会社の36歳の営業マンです。
仕事でハングル語が必要なため講義に対する取り組み方も韓流ブームにハマッている女性たちとは全く違います。
しきりにメモを取ったり、熱心に質問したり、その一生懸命な様子にすっかり感心してしまいました。
上達も早くて、知らず知らずにそんな山田さんに惹かれ、私は彼をかなり意識するようになりました。

会話のきっかけを作ったのは私の方からでした。使いやすい参考書を教えて欲しいと話しかけたのです。
それをきっかけにして、それ以降も分からない事があると私は山田さんに尋ねるようになりました。
彼はとても親切丁寧に教えてくれました。

講義は週に3回です。何度も顔を合わせるうちに、自然と会話の数も増えてゆき講義が終えてから、たまには喫茶店でコーヒーを飲んだり、パブでお酒を飲んだりするようになりました。
山田さんはお酒を飲んでもすごく紳士的で決してエロいお話をしませんでした。
食事中でも韓国語の勉強や韓国のお話ばかりするので、極めてまじめな人だという印象を持ちました。
私には彼を惹きつけるだけのお色気が無いのだろうか?とがっかりしたものです。
でも、その時はやってきたのでした。

山田さんには奥さんも子供もいたのですが、親しく言葉を交わすようになってから6ヶ月程経った頃、私は思い切って別れたボーイフレンドの事を切り出したのです。
それがきっかけで、山田さんと男女関係のことを話し合うようになり、それまでに他の人には相談できなかったセックスの悩みなども彼に打ち明けるようになったのです。
そのようなわけで私たちは急速に近づいていったのです。

ある時別れたボーイフレンドの話をしているうちに思い余って私は泣きだしてしまいました。
その時アパートまで送ってくれた車の中で山田さんは私を抱き寄せて慰めてくれたのです。
その次の週私は彼を自分のアパートに招いて初めて身を任せたのでした。
久しぶりのエッチだったので、溢れ出る愛液がシーツに滴るほど感じてしまい、とても恥ずかしい思いをしました。
男性経験は別れたボーイフレンドしか知らない私は、女の扱いに慣れている山田さんの至れり尽くせりの愛撫を受けて、身も心も溶けてしまうようでした。
強烈な快楽に初めて頭が真っ白になり、悦楽にしびれて我を忘れるような恍惚感にどっぷりと浸ったのです。

山田さんと結婚することはかなわないけれど、彼の存在は今の私の生活に癒しを与えてくれる大切な人になりました。
別れたボーイフレンドとは味わうことのできなかった官能の歓びを知り、山田さんによって心が癒される以上に私の身体が彼のことを忘れられなくなってしまったのです。
でも、いつまでこの秘められた関係を続ける事ができるのか、時々不安になります。


『初めてカキコします。
これからもよろしくお願いします』
より

『結婚出来ない男とジュンコさん』に掲載
(2012年5月19日)

あのォ~。。。あのォ~。。。めれちゃんも。。。めれちゃんもエッチな気分になって○ナニーしてしもうたのかァ~?

あんさんは。。。、あんさんは。。。、繊細で慎ましやかな大和撫子(やまとなでしこ)のわたしに、そないな質問をしやはるのォ~?

あれっ。。。めれちゃんは恥ずかしいのんかァ~?

そやかてぇ、たくさんのネット市民の皆様を前にして、そないな質問に答えるなんてぇ、ようできしまへん。

そないに恥ずかしがらんかてぇ、ええやないかいなァ~。。。

わたしは恥ずかしいのとちゃいますねん。

そやかてぇ、モジモジしてるやないかいなァ。

なんだか急におしっこしとうなりましてん。

さよかァ~。。。そんなら、めれちゃんがトイレに行ってる間に、かつて、めれちゃんが答えてくれた質問をここに貼り出すさかいに、はよう行っておいでぇ~。。。

ではお答えいたします。

 

2007-04-22 17:10

質問115:
愛の営み(愛する人とのセックス)に夢中になれる人となれない人が居ますか?

夢中になれないセックスと、
愛のないセックスは
ほぼ同じだと思います。
なので、セックスとは愛ありき。
それって、あくまで理想ですけどね(苦笑)

質問116: 
ADHDの影響で(?)愛する人に対しても飽きっぽいのですか?

OH!NO!
ADHDに関する誤解を、どうか解いてください…
ホント、これだけはお願いしますー。
(真剣なわたし)

ADHDは「克服」できる病気じゃないんですよね…(泣)
根本的な治療法は、今のところないそうです。
人格障害のような精神面の問題ではなく、脳の器質的な病気なので、どちらかというと、外科の領域にはいるものです。
でも、手術での治癒も不可能。
いわゆる「不治の病」なんです。

わたしには、脳に外傷があります。
検査結果によって、
それまで「ADHDかもしれない」
と医師から言われていたことが、
事実だったと判明したのです。

初めはガックリしましたよ…。
治らないものだと知っていたから。

精神面への影響は、
あくまでも間接的なものであって、
対症療法として、
投薬を行うことしかできないのです。
リタリンはADHD患者への、
ファーストチョイスですが、
一部の乱用者や、
遊びで使う者たちのために、
社会問題になってしまっているので、
ADHD患者に対しての処方さえ、
難しくなっているのが現状です。

それ以外にも、国内で承認されている
ベタナミンなどもあるのですが、
肝臓への負担が重すぎるうえに、
効果はあまり期待できません。
実際わたしも処方されたことがありますが、体調をくずしてしまいました。

質問117: 
レンゲさんは清水君と坂田さんの二人と関係を持っていますが、同じような関係にめれんげさんが身をおいたとして、二人の男と関係を持つ事に違和感がありますか?

もちろん!
どっちつかずな関係から、何が得られるのか?
レンゲさんは、自らのセックスの質を
落とすような性行動をとっていると思います。

質問118: 
めれんげさんの場合、清水君に求める愛と坂田さんに求める愛はどういうものですか?

うーーーん??
恋愛で求めるものを、
複数の人に分散はできないですね。
「相手のことが好き」
わたしはそれしか考えていないのです。

質問119: 
めれんげさんの場合、清水君から愛される愛と坂田さんから愛される愛は、どういうものを期待しますか?

むむむむむむ…。
「おたがいに理解しあって、誠実でありましょう」
誰に対しても、そう思います。

質問120: 
めれんげさんが16才当時、坂田さんのような人は居なかったのですか?つまり、レンゲさんのような愛し方で男性にアプローチした事はないのですか?
要するに、包容力のある男の愛を求めていたとか。。。?

まったくなかったです…
同級生に片想い。
告白する勇気もない。
包容力なんてことを意識するほど、
精神的に早熟ではありませんでした。

質問121:
それよりも、むしろ、知的好奇心からセックスにはまったのですか?

「はまった」は、言いすぎですよおー。コラッ!!
でも、知的好奇心を満たすことが、
初体験の目的でした。

質問122: 
めれんげさんは性的欲求不満からヒステリーを起こした事がありますか?

ないですね。
セックスで満たされることとは、
精神的に満たされることなので、
肉体的欠乏感に苦しむことは、ないのです。
だってね…
わたしは自慰行為すらしたことがないんですよね。
しようとも思わないし。
セックスとは、愛する人との大切な
コミュニケーションだから、
性欲をひとりで処理するのは、
わたしにとっては、無意味なのです。

質問123: 
大人の体になってから、とりわけ“したい”と思わなくなったと書いていたけれど。。。
それは、性欲が衰えたわけじゃないでしょう?
要は、やりがいのある充実した満ち足りたセックスをしたいと言う事だと思うのだけれど。。。、
つうことわあああ。。。10代の頃は好奇心と性の目覚めでセックスのためにセックスをしていた事もあるわけ。。。?

はい!
新しい遊びを知った子供のようでしたね…
恋愛自体には、おくてでしたから、
恋愛とセックスを結びつけて考えてませんでした。
…と書くと、ひどい遊び人のようですが、
若気のいたりと、受け止めてください…

質問124:
最近のめれんげさんは寂しくなってセックスしたい、なんて思うことはないですか?

さすがに学習しましたよ!
寂しさを埋めるためにセックスしたとしても、残るのは、虚しさやらバカバカしさだけ。
そんなセックスは、愚か者の自慰みたいなもの…
というのが、わたしの考えです。

質問125:
愛を基盤にしたセックスこそ、めれんげさんにとって重要なはず。
現在、めれんげさんはセックスの基盤になる“愛”人が居ますか?

いるような、いないような…(あいまいやなあ)
ただ、愛のないセックスは、しませんね!

質問126:
居るとするならば、その愛人とも、やっぱり一生一緒に居られるとは思わないのですか?
居ないのであれば、そのような相手が居ると想定した時に、めれんげさんは、その人と一生一緒に居る事が出来ると思いますか?

わたしには、誰かの人生に責任を持つほどの力がないと思うのです。
簡単にプロポーズを受けることもできません。
この世に絶対などなく、今の真実が未来において、嘘になりうることもあるならば、無責任な約束もできないのです…しょぼん。

質問127:
一生一緒に居られそうもないというその理由は。。。?
めれんげさんが性格的に飽きっぽいからなのか。。。?
より良い相手を探すために自由で居たいためか。。。?
ただ単に“束縛感”を嫌うためなのか。。。?
過去に相思相愛のカップルが別れたのをたくさん見てきたので、めれんげさん自身、一生相思相愛で居ることが不可能と思えるのか。。。?

上記でのこたえが全てです…
少々、厭世感が強いのかもしれませんが、この世のすべては、あまりにも無常なので…

質問128:
セックスから愛が生まれる事もある、とめれんげさんはかつて書いていたけれど、最近はどうですか?
セックスを基盤にした愛があると思いますか?
あるならば、それを信じる事が出来ますか?

むむむ。
これはペンディングにさせてくださいませー。

質問129:
現在のめれんげさんに欠落しているものとは。。。?

欠落しているものがわからない。
そのことが、わたしに欠落しているものだと思います。

質問130:
その欠落部分はセックスのない愛で埋め合わせる事が出来ると思いますか?

完璧にno!ですぅ。

質問132:
その欠落部分は愛とセックスの両方がないとダメなのか?
(めれんげさんは欲張りね!うへへへへ。。。両方欲しいと言うに決まっているよね?)

それも違うと思います…

質問133:
その欠落部分は輝かしいキャリアウーマンになる事で埋め合わせる事が出来ますか?
(恋人無し、愛人無しの独身で通す)

社会生活での成功が、精神的な充足をもたらすとは思えないんですよね。
答えは自分の中にしかないのですから。

質問134:
その欠落部分はお金持ちと結婚する事で埋め合わせる事が出来ますか?

それも、外的なことですよね。
リッチな生活はしたいですけどね!

by めれんげ


『愛と性と脳』より
(2007年4月23日)

めれちゃん、おしっこがずいぶんと溜まっていたようで、戻ってきたらスッキリした表情を浮かべてるやないかいなァ。 うししししし。。。

あんさん!。。。こないなプライベートな質問と答えをネット市民の皆様の前に公開して欲しくないねん。

あのなァ~、めれちゃん。。。この質問と答えは5年も前にすでに公開されてるねん。

そやかてぇ。。。、改めて読み返すと、マジで恥ずかしくなりますねん。

今更、カマトトぶらんでも、ええやないかいなァ。

別にカマトトぶっているわけやおまへん。

さよかァ~? とにかく、めれちゃんの愛と性の赤裸々な答えは洋子さんの手記と同じくらいに刺激的やんかァ~。。。ベッカム君が読めば、またムンムン、ムレムレするかも知れへん。。。うししししし。。。

【卑弥子の独り言】

ですってぇ~。。。
そうですよね。
男と女の違いってありますよねぇ。
あなたは上のベッカム君とめれんげさんのQ&Aを読んで、どのような感想を持ちましたか?
ぜひコメントに書いてくださいね。

とにかく、興味深い記事が続くと思います。
だから、あなたも、また読みに戻ってきてくださいまし。
じゃあ、またねぇ。。。

ィ~ハァ~♪~!

メチャ面白い、

ためになる関連記事


■ 『きれいになったと感じさせる

下着・ランジェリーを見つけませんか?』

■ 『ちょっと変わった 新しい古代日本史』

■ 『面白くて楽しいレンゲ物語』

■ 『軽井沢タリアセン夫人 – 小百合物語』

■ 『今すぐに役立つホットな情報』

『シルヴィー物語(2011年4月27日)』

『波乱の半生(2011年4月29日)』

『シルヴィーとネット革命(2011年5月6日)』

『シルヴィーとデヴィ夫人(2011年5月30日)』

『シルヴィーとケネディ夫人(2011年6月15日)』

『バンクーバー暴動と平和(2011年6月25日)』

『ビルマからの手紙(2011年7月3日)』

『ブッシュの戦争(2011年7月7日)』

『国際的愚か者(2011年7月11日)』

『あばたもえくぼ(2011年7月14日)』

『あなたも国際市民(2011年7月18日)』

『リビエラ夫人のハンバーグ(2011年7月22日)』

『芸術とブルックリン(2011年7月26日)』

『思い出のパリ(2011年7月30日)』

『海外志向とおばさんパンツ(2011年8月5日)』

『地球の平和(2011年8月9日)』

『愚かな写真狩り(2011年8月13日)』

『死の写真狩り(2011年8月17日)』

『キモい写真狩り(2011年8月21日)』

『生パンツと床上手(2011年8月25日)』

『ヌードと写真狩り(2011年8月29日)』

『あなたの平和と幸福(2011年9月2日)』

『あなたの平和な日々(2011年9月7日)』

『奈良の鹿と憲法9条(2011年9月11日)』

『文は人なり(2011年9月15日)』

『キモい戦争(2011年9月19日)』

『バカの歴史(2011年9月23日)』
  

『ムカつく検査(2011年11月1日)』

『アッシジからの平和(2011年11月5日)』

『中国からの怪電話(2011年11月9日)』

こんにちは。ジューンです。

人間は性的動物だと思いますよね。

あなたも、そう思いませんか?

1960年代にDesmond Morris(デズモンド・モリス)

が『Naked Ape (裸のサル)』という本を書きました。

これは日本でも話題になりました。

人間もApe の一種です。

“裸のサル”とは、つまり、人間の事なのです。

純粋に動物学的な立場から

ヒトという生物を記述した本で

当時、中学生などが性の参考書として読んでいた、

と言う事を聞いたことがありますわ。

いろいろと面白い事を書いているのですが、

他のサルと違って

人は発情期が無くなったのです。

つまり、1年中セックスができるようになったのです。

サルは性器を露出し、

発情期にはフェロモンを発散させて、

相手を求めます。

でも、ヒトは性器を露出することもなく

発情期がなくなったので

フェロモンを出す事も無くなりました。

それで、ヒトは相手を求めるために

コミュニケーションが必要になり

言葉を使い始めた、と言うような事が書いてあります。

面白い解釈ですよね。

ところで、これまで書いたレンゲさんの記事を集めて

デンマンさんが一つにまとめました。

もし、レンゲさんの記事をまとめて読みたいならば、

次のリンクをクリックしてくださいね。

■ 『最近のレンゲ物語 特集』

■ 『性の俗説 (2008年3月4日)』

とにかく、今日も一日楽しく愉快に

ネットサーフィンしてくださいね。

じゃあね。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。