日本人の祖先


 
 
2012年4月10日 (火曜日)
 
 
日本人の祖先
 
 

デンマンさん。。。昨日、次の記事を書いたばかりではござ~♪~ませんか!?

『日本人のルーツ』

(2012年4月9日)

あれっ。。。卑弥子さんは読んだのですか?

もちろん読みましたわよ。 あたくしは、これでも『新しい古代日本史』のマスコット・ギャルをやっているのですから。。。 古代史に関連する記事は努(つと)めて読むようにしているのですわ。

卑弥子さんがそれ程熱心だとは思いませんでしたよ。

つまり、今日は昨日の続きでござ~♪~ますか?

そうです。 実は、昨日の記事は9年前に書いたものなのですよ。

『今、日本に住んでいる人は日本人でないの?』

(2003年7月17日)

マジで。。。? でも、どうして同じ記事を投稿したのですか?

柴田さんから、またコメントをもらったのですよ。 僕も久しぶりに上の記事を読んでみて、もう一度投稿するだけの内容になっていると思ったのです。 それに、僕の記事にはコメントがめったにつかないのです。 だから、真面目なコメントをもらうと嬉しくなって、すぐにその事で記事を書きたくなるのですよ。 そう言う訳で、昨日は予告編のつもりで9年前の記事を投稿したわけです。

それで、嬉しくなってぇ~、あのォ~。。。あたくしをお呼びになったのでござ~♪~ますかア?

そうですよ。 いけませんか?。。。それに、『新しい日本古代史』サイトのマスコット・ギャルである卑弥子さんとも、この喜びを分かち合いたいと思ってね。。。とにかく、柴田さんのコメントを書き出しますから卑弥子さんも読んでみてください。

Beaverland Net Form Processor
From: yasu60@******.plala.or.jp
To: barclay1720@aol.com
Date: Thu, Apr 5, 2012 4:14 am
(Pacific Daytime Saving Time)
日本時間: 4月5日午後8時14分
MESSAGE SENT THROUGH YOUR WEBSITE

This form was submitted:
Apr 05 2012 / 04:14:29

userid = barclay1720
FreeCity = oldhist-rikutou2-superb
Your_Name = 柴田康弘
Your_Email_Address =
yasu60@******.plala.or.jp

Comments:

とても面白いです。

最近、平らの清盛を観ていまして、気がつきました。
東北の河童伝説です。
カッパドキアに因む物と睨んでいます。
河原者、エタ、つまりユダヤです。

後、天の邪鬼とは何者なのか?

日本古族、大伴、忌部、物部、と賀茂族の関係は如何でしょうか。
八幡太郎、賀茂次郎、新羅三郎と言いますが。

謎はつきません。日本最高。

宜しくお願いします。

Thank you for using Bravenet Email Form Processing!

つまり、柴田さんも「日本人のルーツ」にかなり拘(こだわ)っているのですわね。

日本史に興味がある者にとって日本人のルーツを探ることは歴史的冒険というか? 歴史ロマンですからね。。。

それで、「東北の河童伝説」や「天の邪鬼」も日本人のルーツと関係あるのでござ~♪~ますか?

関係あると思いますよ。 僕はたまたま中井久夫さんが書いた『私の日本語雑記』という本を読んでいたのですよ。


(lib20409.gif)

あらっ。。。デンマンさんは『失楽園』のDVDも借りているのですわね。


(paradise.jpg)

去年の10月に日本に帰省していた時に知り合いが話題にしていたので、見てみようと思ったのですよ。

まだ観てないのでござ~♪~ますか?

そのうち観て、また記事を書きますよ。 とにかく、偶然というのは、何と言うか。。。不思議と言うか。。。恐ろしいというか。。。なんとも奇妙なものですね。 日本人のルーツを探る記事にコメントをもらった時に僕は『私の日本語雑記』を読んでいたのですから。。。ついでに図書館のページにコメントまで書き込んでしまいましたよ。


(lib20409b.gif)

『バンクーバー図書館のこのカタログのページ』

Japanese Paperback
(Book – 2010)
Barcode: 31383092625246

単行本として処理されているけれど、決してpaperbackの類ではない!
日本語の担当者が怠けたと言いたくないけれど、他の本と同じような説明がないのは可笑しい!
ブログで取り上げようとしても paperback ではソフトカメラで撮るだけのメリットがない。

ところで、この『私の日本語雑記』は精神医学者の中井久夫さんが書いた本です。
詩を書いたり訳書が多数あるので、もともと文学に興味があった人なのでしょう。
文章を書きたい人には、とてもためになる本だと思います。

僕もこの本から引用して記事を書きました。
興味があったら、次のURLをブラウザに入れて読んでみてください。
(リンクを貼りました。)


『膠着語ってなんや?』

(2012年3月20日)

『日本人の祖先』

(2012年4月10日)

あらっ。。。この記事が書き終わってないのに、『日本人の祖先』のリンクまで貼り付けてあるではありませんか!

せっかく図書館のページにコメントを書くのだから、ついでに、この記事のリンクも貼っておこうと思ったわけですよ。 うししししし。。。

それで、『私の日本語雑記』には、どのような事が書いてあったのですか?

日本人はさまざまな民族の血を受け継いでいるようです。 次のような面白いことが書いてありました。


(zakki.jpg)

ハワイは筏に乗った人々が南太平洋の島々に殖民していった、その最東北であるという。
ハワイ語を初めとする南太平洋諸語が海上でおらびあって通じる言葉に鍛えあげられたとしても不思議ではない。
その結果かハワイ語は世界でもっとも単純な音体系を持つという。

海上生活が言語の基本的な骨格を作るというのではない。
しかし、海上の民の言語は海上で使えるものでなければならない。
言語が耐えるべき自然的風雪である。

日本語の音体系はハワイ語の次に単純だという。
海上生活の試練を経たためだとは断定しないが、その可能性はあるのではないか。

特に琉球語の母音は a i u の3つである。
日本語(ヤマト語)の母音も、 a i u ö の4つが基本であった(大野晋 『日本語の形成』岩波書店 2002年)という。
大野氏のタミール語同系説についての言語学的論争に加わる資格は私にはないが、タミール語話者が遠路はるばる日本にこられるはずがないという異議は必ずしも成り立たないと思う。
海上の距離は陸上の距離とは違う。
南太平洋の他に、マダガスカル語がマレイ語族であってインドネシアからの五千キロのインド洋を越えての殖民によるということは確かなようである。
ヴァイキングによるアメリカ殖民の例もある。

 (中略)

日本人の由来を DNA で調べてみると、これほど多数の民族が集まっているところはないぐらいだそうである。
よくは知らないが、北から数えれば、北中国、南中国、東南アジアあたりは誰でも思いつきそうだが、シベリアの民族もあれば、何とコーカサス人種もあり、アフリカ人もあるそうである。
欧米人は、日本人ほど顔の多様な民族はないという印象を持つようだ。
なるほど、友人でも彼は何人、彼女は何人と言えそうな人が多い。
皮膚科の教授から日本人の少なくとも一部には白人の血が混じっているといわれたこともある。
代表的な日本人の顔があるだろうか。
共通性は表情や仕草から生まれているのかもしれない。

民族移動には東に向かったものも居るだろう。
1万年前にベールング海峡が陸地になった時、そこを通って北アメリカに渡った民族移動があったことはわかっている。
その支流がこの列島に向かったのかもしれない。
古来、ユーラシア大陸には戦乱が多かった。
それに、日本が東アジア大陸から分離し海に囲まれた島になると、気候は一変して温暖となった。
日本の吸引力は大きかっただろう。
そして、太平洋岸の怒涛を前にして、ここで落ち着くことを決めたのだろう。
日本列島の原住民がこうしてできた「化石他民族」であっても不思議ではない。

赤字はデンマンが強調のため。
読み易くするために改行を加えています。
写真はデンマン・ライブラリーより)


79 – 83ページ
『私の日本語雑記』
著者: 中井久夫
2010年9月6日 第4刷発行
発行所: 株式会社 岩波書店 

これを読んで僕は思い出しましたよ。

何を思い出したのでござ~♪~ますか?

卑弥子さんは何も思い出さないのですか?

『失楽園』のことですか。。。?

やだなああァ~。。。『失楽園』の事など話題にしてませんよ。 「人種の坩堝」のことですよ。

なぜまた急に「人種の坩堝」なのでござ~♪~ますか?

急ではありませんよ。 上で引用した中に次のように書いてあるではありませんか!

日本人の由来を

DNA で調べてみると、

これほど多数の民族が

集まっているところは

ないぐらいだそうである。

このように書いてありますよ。 つまり、日本は昔「人種の坩堝」だったのですよ。。。卑弥子さんはすっかり忘れてしまったようですね。 僕がわざわざ卑弥子さんを呼び出したのは、もしかしたら昔、次の記事の中で「人種の坩堝」について語り合ったことを覚えているかな?。。。そう思ったからですよ。

『昔むかし、日本は人種の坩堝だった?』

(2005年8月19日)

「人種の坩堝」でござ~♪~ますか? そのような事をデンマンさんと語り合いましたかしら。。。?

じゃあ、卑弥子さんが思い出せるように出だしだけ書くから読んでみてください。

Kontiki (kontiki2.jpg--300x216)

ノルウェーの探検家・人類学者のトール・ヘイエルダールさんが1947年に、上の絵のような、いかだ舟コンティキ号(Kontiki)によって、南米からポリネシアまでの約7千キロにわたる太平洋横断航海して世界から脚光を浴びたことがあります。
でも本当に、こんな筏で、7,000キロも漂流したんでしょうか?
嵐に出会ったらひとたまりも無く、粉々に分解してしまいそうにみえますねェ。
でも、何とか無事に航海を果たしました。

彼は1936年に調査のためにマルキーズ諸島を訪れた際、ポリネシア人の起源が西方にあるとの定説に疑問を抱き、南米から移住してきた可能性があると提起しました。
自説を実証するために南米のインディオが用いたバルサ材のいかだを復元し、コンティキ号と名づけ漂流実験を行なったんですね。
そして、見事実証しました。

このことからも分かるように、古代人は私たちが考える以上に海のハイウエイを頻繁に利用していたんですね。
マヤ人が、太平洋を島伝いに航海して、インドネシアに漂着したということも、決して不可能ではありません。
また、バリ島から黒潮に乗って日本へやってくることも十分に考えられます。


『昔むかし、日本は人種の坩堝だった?』より
(2005年8月19日)

このすぐ後で卑弥子さんが登場するのですよ。

では、マスコットガールの卑弥子が

ご案内いたしま~♪~す。


主な潮流 (Major Ocean Currents)

1 – Gulf stream
3 – Laborador current

7 – North equatorial current
8 – North equatorial counter current

9 – South equatorial current
10 – South equatorial counter current
11 – Equatorial counter current
12 – Kuroshio current
14 – Alaska current
16 – California current

上の地図で見るとおり、海にはたくさんのハイウエイが走っているんですね。
7号ハイウェイの北赤道海流に乗ると、これは黒潮と合流して間違いなく日本へ着いてしまいます。
また中国沿岸沿いにも海流が日本を目指して流れていて、このハイウェイに乗ってやってきたのが、例の鉄砲を日本へもたらしたポルトガル船だったというわけです。

海洋民族は、風の吹く方向、雲の動き、海面の波の様子、鳥の飛行状態、漂流物、海水の色、匂い、透明度などから、これらの海のハイウエイを的確に見出して航海するといわれています。
私たちがちょうど地図を見てナビゲートしながら高速道路を通って目的地へ行くようなものです。
海にあまりなじみの無い生活をしている現代人には、想像もつかないほど、彼らは、この海のハイウエイを利用して、交易や、文化の交流を深めていたようです。


『昔むかし、日本は人種の坩堝だった?』より
(2005年8月19日)

どうですか? 今度は思い出したでしょう!? こうして卑弥子さんも説明していたのですからねぇ!

あらっ。。。このような事をあたくしはしゃべっていたのでしょうか?

やだなあああァ~。。。んもお~~。。。まだ、10年経ってないのですよ。 すっかり忘れてしまうなんて無責任だと思いませんか?

でも。。。、あたくしは。。。、あたくしは源氏物語の研究に忙しくて海洋民族どころではござ~♪~ませんでしたわ。 

つまり、上のような事をしゃべったけれど、卑弥子さんは全く理解していたわけではないのですね!?

もちろん、しゃべっていた時には解(わか)っていたつもりでしたわよう。

でも、全く思い出さなかったじゃありませんか! つまり、海洋民族のことなど興味がなかったのですよ。 そうでしょう!?

だってぇ~、源氏物語の研究に忙しかったのですわ。。。海洋民族のことを調べたからってぇ、結婚できるわけではありませんものォ~。。。

あれっ。。。じゃあ、源氏物語を研究していれば結婚できるとでも言うのですか?

その方が可能性があると思うのでござ~♪~ますわ。 うふふふふふふ。。。

しかし、卑弥子さんは源氏物語の研究を15年以上続けているのにまだ結婚できないでしょう!?

デンマンさん!。。。いい加減にしてくださいましなア! あたくしの結婚のことなど、この際、関係ないことですわ。 いったい、何が言いたいのでござ~♪~ますか?

うん、うん、うん。。。確かに、言われてみれば、卑弥子さんが独身のままあの世に行こうと、駄目な男に引っかかって妊娠しようと、僕にはどうでもいいことですよ。 うへへへへへ。。。


 

やだわあああァ~♪~。。。デンマンさんがこのようなお写真をでっち上げてネットで晒すので、あたくしの縁が遠のいてしまうのですわ。 だから、未だにお婿さんのきてがないのでござ~♪~ますわ。。。失楽園ですわ。 んもお~♪~

卑弥子さん。。。今日の話題は『失楽園』ではないのですよ。

デンマンさんが『失楽園』の画像などを持ち出してくるからいけないのですわ。

分かりました。 いつまでも卑弥子さんの結婚のことに付き合っている暇はないのですよ。 僕が言いたいのは、古代の日本は難民の吹き溜まりのような場所だったのですよ。 大陸から戦乱を逃れて北から、西から、いろいろな民族がやって来た。 ペルシャ人もいればユダヤ人もいたでしょう。

柴田さんが持ち出してきた「河童」や「天の邪鬼」はペルシア人やユダヤ人のことなのでござ~♪~ますか?

当たらずとも、遠からずですよ。 それに忘れてならないのは海洋民族が黒潮に乗って日本にやって来たことですよ。

その根拠でもあるのですか?

あのねぇ~。。。、韓国語は日本語よりも母音の数が多い。 古代の朝鮮語ではもっと母音の数が多かった。 朝鮮語の影響を受けたけれど日本語は、母音の数ではずっと少ない。

どうして。。。?

南方から海洋民族が日本にやって来たからですよ。 聞き取りにくい母音は次第に使われなくなってゆく。 お互いに聞き取り易い母音だけが日本語として定着してゆくのですよ。 それで、日本語の音体系はハワイ語の次に単純になったのですよ。

【卑弥子の独り言】

ですってぇ~。。。
日本語の音体系はハワイ語の次に単純になったのは、日本が古代に難民の吹き溜まりだったからでしょうか?
あなたは、どう思いますか?

とにかく、次回も興味深い記事が続きますわ。
だから、あなたも、また読みに戻ってきてくださいね。
じゃあ、また。。。

ィ~ハァ~♪~!

メチャ面白い、

ためになる関連記事


■ 『きれいになったと感じさせる

下着・ランジェリーを見つけませんか?』

■ 『ちょっと変わった 新しい古代日本史』

■ 『面白くて楽しいレンゲ物語』

■ 『軽井沢タリアセン夫人 – 小百合物語』

■ 『今すぐに役立つホットな情報』

『夢とロマンの横浜散歩』

『愛とロマンの小包』

『下つきだねって言われて…』

『銀幕の愛』

『パリの空の下で』

『愛の進化論』

『畳の上の水練(2011年3月15日)』

『軍隊のない国(2011年3月21日)』

『天智天皇は暗殺された』
(2003年7月14日)

『アナクロニズム(2011年3月27日)』

こんにちは。ジューンです。

地理的に見て、朝鮮半島と日本の関係は先史時代から切っても切れない関係にありました。

昔は、朝鮮半島と日本は、文字どうり陸続きで結びついていたわけです。

そういうわけで、朝鮮半島の文物は、古代日本の歴史と文化に多大な影響を与えてきました。

このことから、古代日本語が古代朝鮮語の影響を強く受けていることは至極当然なことです。

例えば「万葉集」の表記法として有名な万葉仮名は、日本の国文学者によれば日本独自のものだとされ、教科書でもそのように書かれています。

しかし実際には、古代の朝鮮にも「吏読(イドウ)」と呼ばれる万葉仮名方式の表記法があって、古代朝鮮語を漢字の音読みと訓読みの音だけを使って表記していたのです。

したがって、日本の万葉仮名はこの吏読からヒントを得て作られたと考えたほうが自然です。

万葉仮名では同じ「イ」「エ」「オ」という母音を持つ音が2つのグループに分けられ、2種類の漢字ではっきりと区別して表記されています。

このため現代の国文学者は、多い方を「甲類」、少ない方を「乙類」と呼び、その区別について色々と議論しています。

しかし、韓国人が万葉集を読むと、日本の専門家でなければ区別できない甲類と乙類を、一般の人でもごく簡単に区別することができるそうです。

実際、研究者の中には、古代の日本には現在の5つの母音「アイウエオ」以外に、現在の韓国のように、さらに3つの異なる母音「イエオ」があったのではないか、と考えている人たちもいます。

現在の韓国語には10種類の単母音と、2つ以上の母音が合成されてできた複合母音が11種類あります。

古代朝鮮語では、さらにもう数個の母音があったと言われています。

古代日本語は古代朝鮮語から強い影響を強く受けていましたから、たくさんの母音があったとしても不思議ではありません。

でも、現在の日本語では母音は5つです。

やはり、他民族が一緒に暮らすようになると聞き取りにくい母音は使われなくなってゆくようですわ。


 
ところで、卑弥子さんが面白いサイトを

やっています。

興味があったら、ぜひ次のリンクをクリックして

覗いてみてください。


(sylvie122.jpg)

『あなたのための笑って幸せになれるサイト』

とにかく、今日も一日楽しく愉快に

ネットサーフィンしましょう。

じゃあね。バーィ


(juneswim.jpg)

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。