無血の平成維新


   
2010年6月5日 (土曜日)
 
 
無血の平成維新
 
 

Subj:小百合さん、おはよう!

元気でやってますか?

きゃははははは。。。

Date: 02/06/2010 1:48:56 PM
Pacific Daylight Saving Time
日本時間: 6月3日(木)午前5時48分
From: denman@coolmail.jp
To: sayuri@hotmail.com
CC: barclay1720@aol.com

今日のバンクーバーは朝方、小雨が降ってしっとりと濡れていますよ。
6月は日本の梅雨を連想してしまうけれど、バンクーバーの6月の雨は、新緑に湿り気を与えて、緑がさらに鮮やかに映えて、なかなか風情があるものですよ。

栃木の田舎の山の家はどうですか?
苔庭がきれいにできて、小百合さんと一緒に京都の祇王寺の苔庭を見るような宗教的で、ロマンチックな気分で眺められたら、素敵だと思いますよ。

きゃははははは。。。

今日はカラスの巣が空っぽです。
昨日、子カラスが懐かしそうに古巣に座ってじっと考え深そうにしていたけれど、父カラスも、母カラスもやって来ないので、ついに“巣離れ”する心を決めたのかもしれません。

日本では鳩山首相が辞任すると言うことがニュースになっているけれど、鳩山さんが小沢さんを道ずれに退陣すると報道されていたよ。
この二人は本当に日本の国民のために政治をしてないから、退陣するのは結構なことですよう。
次の首相はおそらく菅直人さんになるでしょう。
でも、菅さんは鳩山さんよりも、できの悪い政治屋に見えます。
菅さんは四国巡礼をしたけれど、演技をして見せただけで、心は入れ替わってないでしょう!
僕は菅さんという人物を信用していません。
見ていてください。
菅さんが首相になっても1年以内で退陣しますよう。
菅さんの人望は鳩山さんよりも低いと僕は見ています。

日本の政局は、これから、ますます混迷してゆくことでしょう。
国民のことを考えて政治をやる本当の政治家が居ないからですよう。

日本が落ちるところまで落ちて、無血の平成維新が起こらない限り、今のままの政治体制では、日本は世界に後(おく)れを取るでしょう。
世界的な視野に立つ政治家が日本には居ないのだよね。
つまり、本当に日本の舵を取れるような政治家が居ない。
海外から見ていると、実に悲しいことですよう。

本当の“ゆとり教育”が日本に根付かなかったので、今後も日本を再興するような政治家が育たないかもしれません。

一人でも多くの人が意識改革をして、無血の平成維新が根付くような、そんなネット社会になればいいなと、僕はお釈迦様、大仏様、お稲荷様、お地蔵様、。。。たくさんの日本の神様に祈っているのですよう。

\(*^_^*)/ うしししし。。。

栃木の田舎では役所のおっさんに

国際感覚を身に着けて欲しいと言っても

無理かもしれません。

国際化を持ち出せば持ち出すほど

苛められてしまった私でした。

学校の先生も子供を責め、

私の家庭を責めますが、

子供を教え諭(さと)す者として

責任の半分は先生と学校にあると

私は思うのです。

でも、そう言えば言うほど

苛められてしまった私でした。

╮(╯_╰)╭ (泣き…)

とにかく、小百合さんが、役所のヤらしいおっさんや、学校の先生にイジメられないような、明るく楽しい日本になることを、僕はこうしてブログを書きながら祈っているのです。
そして、このメールが記事になったときに、日本人の皆様方が、少しでも日本を良くしたいという気持ちになってくれれば僕は本当に幸せですよ。

\(^_^)/ きゃははははは。。。

では、いつものようにお祈りいたします。

小百合さんが、軽井沢タリアセン夫人からバンクーバータリアセン夫人に成長して、夢とロマンと希望を持って太平洋を越えて無事にやってこれますように。。。

曰(いわ)くつきのバンクーバー豚骨ラーメン。。。

小百合さんが真心込めて送ってくれた仙台辛味噌ラーメン。。。

バレンタインの贈り物の中に入っていたに日清の麺職人ラーメン。。。

それに、太麺堂々ラーメン。。。

 
これだけラーメンを持ち出せば、神様の皆様も僕のお願いを聞き届けてくれるだろうと思います。

じゃあ、小百合さんも6月2日の記事『愛の爆発』を入れたてのコーヒーを飲みながら、じっくりと読んでみてねぇ。

■ 『愛の爆発』

(2010年6月2日)

じゃあねぇ。

デンマンさん。。。、なんだか物騒なタイトルですわね?

決して物騒ではありませんよう。血による維新ではなくて、無血の平成維新ですからね。

鳩山首相が無血の平成維新を決行するはずではなかったのですか?

そうですよう。そのように演説したのを僕も日本で聴きましたよう。

件名:おはよう!久下橋から

富士山がきれいに見えました。

すばらしい!

きゃはははは。。。♪┌(・。・)┘♪

日付: Tue, 27 Oct 2009 12:00:17 +0900
差出人: “denman@coolmail.jp”
宛先: “sayuri@hotmail.com”
CC: “barclay1720@aol.com”

 (中略)

富士山はいいね。
やっぱり日本の自然は素晴らしい。
日本の政治が駄目でも、日本は僕のふるさとですからね。
ふるさとは、やっぱり素晴らしい。
この素晴らしさだけは、政治が駄目でも存続してほしい。

残念ながら、現在の日本は歪(ゆが)められ、病(や)んでいる。
テレビを見ていても悲惨なニュースは後を絶ってないよね!

自殺者は1年に3万人以上!

平成20年の自殺者は、

3万2249人と

11年連続で3万人を超えた。

10月19日には、18歳の少女がヨットスクールの屋上から飛び降り自殺した。
派遣切りに合い、仕事がなくなって、生活保護も受けられず
30代の男が一人さびしく餓死をした。

この男のことを10月8日にNHKの「クローズアップ現代」が取り上げていましたよう。
「“助けて”と言えない~いま30代に何が」
見ていて本当に悲惨な事件だと思いましたね。
働き盛りの30代が餓死している現状。

昨日(10月26日)の鳩山首相の所信表明演説の中でも、若者の自殺について触れていた。
首相が8月に衆院選の応援演説で青森県を訪問した時、職に就けずに息子が自殺した老母から
「毎年3万人以上の命が絶たれているのに政治には実感が乏しい」
と訴えられたエピソードを鳩山さんは紹介していました。

所信表明演説の中で鳩山さんは次のように言ったのでした。

おばあさんのその手の感触。
その目の中の悲しみ。
私には忘れることができないし、
断じて忘れてはならない。

(中略)

『最も大切なこと』を
おろそかにし続けた政治と
行政への痛烈な批判。
その声に謙虚に耳を傾ける

うん、うん、うん。。。
鳩山さんの所信表明演説は実に素晴らしかった。マジで。。。
友愛政治。
弱い者・少数派のための政治。
人間のための経済。
政治主導。
国民が主役の政治。

確かに鳩山さんが言う政治理念は素晴らしい!
よい事尽くし!
もし実現したら素晴らしい日本が出来上がるでしょう!


『自殺者の少ない、愛がいっぱいの日本にしたいよね?』より
「久下橋からの富士山」 (2009年10月29日)

でも、結局、平成維新の「へ」の字も成し遂げなかった。

また、短命な内閣に終わってしまいましたね。

その通りですよう。ジューンさんも心配していたけれど、前の内閣よりも短命ですよう。

こんにちはジューンです。

自民党が総選挙で

負けに負けましたね。

自民党から民主党に政権が交代して

日本は変わるでしょうか?

答えは簡単です。

海外のメディアがどう見ているのか?

それを見定めると答えはすぐに出てきます。

かつて「新テロ特措法(給油法)」で

国会は揉めました。

この給油法はもともと

2001年の9.11テロ 以降

日本政府が国際貢献をうたい、

インド洋上で海上自衛隊が

給油活動をするために

作られた時限立法です。

2007年11月、旧法が期限切れして

2008年1月に改めて復活しました。

この間、安倍首相がこの給油法論戦で

政権を放り投げ、

福田首相も同様に

政権を放り投げました。

。。。で、今回、総選挙で自民党は

大敗してしまいました。

民主党が政権をとって

日本は変わるでしょうか?

海外のメディアはどう見ているのでしょうか?

給油法で国際貢献なんて

しょせん、名ばかり。

日本の政治家は、政権と利権と選挙にこだわり

覇権争いに奔走しているだけ…。

コロコロと首相が換わるのを見て

海外メディアは、またかァ~、と冷笑しています。

だから、バンクーバーでも日本の政権交代は

ニュースにもなりません。

民主党が政権をとって、あなたは、

本当に日本が変わると思いますか?

良い方向に変わって欲しいですよね。

あなただって、そう思うでしょう?

ところで、デンマンさんが

レンゲさんの記事を集めて

一つにまとめました。

もし、レンゲさんの記事を

まとめて読みたいならば、

次のリンクをクリックしてくださいね。

■ 『最近のレンゲ物語 特集』


『愚民の怒り (2009年9月11日)』より

結局、ほとんど何も変わらなかった。良くなったと言うよりも日本の政治がますます混迷を深めた。

菅直人さんが首相になったら少しは良くなるでしょうか?

いや。。。ますます混迷を深めますね。

デンマンさんは、どうしてそのような暗い事を言うのですか?少しは日本の将来が明るくなるような事を言ってくださいな。

あのねぇ~、今の政治家は、どいつもこいつも小粒ぞろいで自分の身の回りのことしか考えてないのですよう。

菅直人さんは鳩山さんよりも駄目なのですか?

はっきり言って僕は菅直人さんを政治家として見ていないのですよう。

政治家でなかったならば、何ですの?

まるで芸人と変わりがないですよう。

デンマンさんは、どうしてそのような事をおっしゃるのですか?

前にも書いたのですよう。ちょっと読んでみてください。

民主党の菅直人さんねぇ。。。党代表にもなった人ですよう。。。個人的には菅直人さんに対して僕は何の恨みも抱いてないけれど、彼の政治姿勢には僕は不信感を持っていますよう。

どのような不信感ですか?

年金未納問題の件ですよう。

菅直人さんの年金未納問題

小泉内閣の閣僚の国民年金未納が相次いで発覚した際、菅は街頭演説で「ふざけてますよね。“未納三兄弟”っていうんですよ」と自民党議員を批判し、年金未納問題に火を付けることとなった。

“未納三兄弟”は、1999年に流行った歌“だんご3兄弟”にちなむ。

年金未納閣僚は、3人に留まらず、その後も続々と発覚し続けた。

これをチャンスと捉えて民主党「次の内閣」全員の国民年金納付書を公開して国民にアピールしようとしたところ、菅自身の厚生大臣時代の年金未払い記録が明らかとなった。

菅は行政側のミスであると何度も主張したが、行政側がその都度強く否定し、マスコミ報道等による世論の風当たりにより、同年5月10日に党代表を辞任せざるを得ない状況に追い込まれた。

菅の代表辞任後に厚生労働省自身が、菅の主張を認めて謝罪し、菅の厚生大臣時代の国民年金未納期間も国民年金に加入していたということに訂正されたが、事後納付もできないため、未納は解消されず、「自身の無年金のおかしさに気付き、対応しなかったのは、政治家としてうかつさがあった」といった指摘もなされた。

同年7月、菅は、年金未納騒動を吹っ切り自己を見つめ直したいという意図から伝統的な「お遍路さん」スタイルで四国八十八カ所巡りを開始した。


出典:
フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

“人の振り見て我が振り直せ!”

小泉内閣の閣僚の国民年金未納問題を取り上げる前に、どうして自分の年金問題について見直さなかったのか?だから、次のように言われても仕方がない!

自身の無年金のおかしさに気付き、

対応しなかったのは、

政治家としてうかつさがあった。

しかも、「お遍路さん」スタイルで四国八十八カ所巡りを開始した。。。僕もテレビで見ましたよう。あきらかに“パフォーマンス”ですよう。これは政治家のすることではない!おバカタレントのすることですよう!

デンマンさんならばどうしますか?

(中略)

僕が菅さんならば「菅直人・政治塾」を開いて民主党の後継者を育てますよう。本当に彼自身の政治手腕・政治能力を認めている人が居るならば、彼を慕って塾に入る人がたくさん居るはずです。

菅さんは立派な政治家とは言えませんか?

「お遍路さん」の“パフォーマンス”を見せるやり方は、政治家と言うよりもタレントですよう。

やっぱり日本の政治家には人が居ませんか?

僕は菅さん一人を取り上げて説明したけれど、他の政治家も菅さんと五十歩百歩ですよう。


『日本は変わるか? (2009年9月19日)』より

このまま低迷した政治が続くと日本はどうなるのですか?

ますます暮らしにくくなりますよう。そればかりじゃなくて、国際的な信用も落とすでしょうね。ジューンさんも次のように心配していましたよう。

こんにちはジューンです。

(2009年の)総選挙で政権が

自民党から民主党に交代しましたよね。

でも、そればかりでなく、これまでの

短命な安倍政権、そして福田政権を見て

アメリカは長い目で見た時の

政治的なパートナーとして

すでに日本を見放しているのかもしれません。

日本の政治は、あまりにも不安定です。

経済的には日本も中国に進出していますが、

やはりマーケティングの観点から考えても、

13億人の市場はアメリカ経済にとって

見過ごす事ができないですよね。

いっそのこと政治的にもアメリカは

中国と手を組んだ方が

国益のためによりベターなのではないか?

そう考えたとしても、

ちっとも不思議ではありません。

そうなると北朝鮮の

日本への脅威はどうなるのか?

日本の政治家も少しは真面目に

考えた方がいいですよね。

あなたも、そう思いませんか?


『日本は変わるか? (2009年9月19日)』より

つまり、日本は国際的に見放されて孤立してゆくのですか?

そうならなければいいと僕は思いますよう。

でも、そうなりつつあるのでしょう?

今の日本を見ていると、そうとしか見えませんよね。

。。。で、どうするのが良いとデンマンさんは思うのですか?

とにかく、政治家に人が居ない。

なぜでしょう?

あのねぇ~、経済大国に浮かされた日本人は大切なモノを忘れてしまったのですよう。
 

カナダにはバンクーバーのような大都会にも自然があちらこちらに残っていると言う、何よりの証拠だよね。
だから、金メダルが14個も取れるんだよね。

デンマンさん!

それは論理の飛躍ですわよう!

小百合さんが、そう言って笑うのが聞こえてくるようですよう。

でもねぇ~、考えてみれば、日本ではトキが絶滅してしまった。
現在居るトキは中国産のトキですよう。
完全な野生のトキではない。
だから、ニュースでも“放鳥のトキ”となっている。
つまり、人間の手がかかっている、いわば「人間に育てられたトキ」ですよう。

要するに、野生のトキが生活できるような自然が日本から消え去ってしまった。
だから、トキが無精卵を抱いて卵を孵そうとしたけれど、結局、口ばしでつまんで巣の外へ捨ててしまった。

野生のトキなら、初めから無精卵など抱えないよう!
やっぱり、野生の本性が失われてしまっているんだろうね。
今の日本を見ていると、正に“野生の本性を忘れてしまった日本人”を見るような気がするのですよう。
だから、バンクーバーオリンピックでも金メダルがひとつも取れない。

人口が日本の4分の一でも、カナダ人は金メダルを14個も取ってしまった!

それに比べて、日本は自殺者を

毎年3万人以上も出している!

一日に100人近い人が

自殺している。

一時間に4人が自殺している。

かつての経済大国日本は

自殺天国になってしまっている!

今になって、ツケを

払わされているようなものですよう。

そのツケとは。。。?

無能な政治家がやっている

日本の無能な政府が

「ゆとり教育」を失敗させてしまった。

あれだけ拍手で迎えられた

民主党政府も、

今では支持率が20%!

自民党は、もう

ガタガタになってしまった!

つまり、放鳥のトキが3つ目の卵を捨てたように、

現在の日本は、経済大国も投げ出し、

ゆとり教育も投げ出し、

ただ自殺者だけを

毎年3万人以上も生み出している!

そして、小百合さんまでが、役所のヤラシいおっさんにいじめられ、心にゆとりのない学校の先生にいじめられている!

小百合さん、分かるでしょう!?
小百合さんがバーナビ-に居たら、そのような問題もなく、ルンルンル~♪~ン、ランランラ~♪~ンと言って楽しく陽気に充実した毎日を過ごしてこられたのですよう!


『カラスの初飛行(2010年5月28日)』より

デンマンさんのおっしゃる大切なものってぇ、日本人の“野生の本性”ですか?

そうですよう。江戸幕府を倒し明治維新を成し遂げた志士たちが持っていた、日本を良くしなければならないと言う“野生の本性”ですよう。このままの駄目な政治が続いたら、日本は ますます暮らしにくくなって、いつしか不満が爆発するのではないか?僕はそう思っているのですよう。

革命が起きるのですか?

革命までは行かないでしょう。。。でも、日本が落ちるところまで落ちれば、現在の小学生か、中学生か、あるいは高校生が、これでは日本は駄目になる。無血の平成維新を起こさなきゃ駄目だ!。。。そう思ってくれる志士の卵が登場してくると思うのですよう。

それを期待しながら、デンマンさんは、現在の小学生、中学生、高校生に向けて記事を書いているのですか?

うへへへへへ。。。そのつもりです。

【卑弥子の独り言】

ですってぇ~。。。
うふふふふ。。。
確かに、ブログを書いているだけでは、無血の平成維新を立ち上げるわけにはゆきませんよね。
でも、現在の駄目な政治家がやっている駄目な政治を見て、小学生や、中学生や、高校生が

“これでは日本は駄目になる。

無血の平成維新を起こさねば…”

そう思って本当に日本を良くする平成の志士になってくれれば素晴らしいと思うのでござ~♪~ます。

もし、あなたが小学生か、中学生か、高校生だったら、どうか日本を救うために平成の志士になってくださいましね。

とにかく、あさっても興味深い話題が続きますわ。
あなたも、また明後日、読みに戻ってきてくださいましねぇ。
では。。。

 
メチャ面白い、

ためになる関連記事


■ 『きれいになったと感じさせる

下着・ランジェリーを見つけませんか?』

■ 『ちょっと変わった 新しい古代日本史』

■ 『面白くて楽しいレンゲ物語』

■ 『カナダのバーナビーと軽井沢に別荘を持つことを

夢見る小百合さんの物語』

■ 『今すぐに役立つホットな情報』

■ 『 ○ 笑う者には福が来る ○ 』

『デンマン批判 (2009年5月8日)』

『好ましい批判 (2009年5月12日)』

『立派な反面教師 (2009年5月29日)』

『社会的自我の欠如 (2009年5月30日)』

『原人ブームと漢字馬鹿 (2009年6月5日)』

『また、オマエか! (2009年7月3日)』

『成りすまし馬鹿 (2009年7月5日)』

『バンクーバーの寒中水泳』

『大阪の歴史馬鹿(2009年9月22日)』
 
『「蒲団」と「田舎教師」(2009年9月24日)』

『卑弥子さんの存在感(2009年9月26日)』

『ロマンとデジャヴ(2009年9月28日)』

『夫婦風呂(2009年9月30日)』

『露悪趣味(2009年10月2日)』

『カプリ島と香水(2009年10月10日)』

『小百合さんの香水10月14日)』

『プッタネスカ(2009年10月18日)』

『国敗れて山河あり(2009年10月22日)』

『鰻重と阿波踊り(2009年10月26日)』

『人のための医療(2009年10月30日)』

『病める日本(2009年11月5日)』

『住めば都(2009年11月15日)』

『猫ちゃんの出迎え(2009年11月17日)』

『名物先生(2009年11月19日)』

『ぶんぶく茶釜(2009年11月21日)』

『ゴダイヴァ夫人のチョコ』

こんにちは。ジューンです。

本当に日本の内閣って短命ですよね。

首相がコロコロと変わって

海外から見ていると、

めまぐるしい限りです。

たまたま、バンクーバーの図書館で

肺ガンで亡くなられた

筑紫哲也さんのことが

書いてある本を読みました。

公表された最後のメッセージに

次のように書いてありました。

世界の先進国と呼ばれている国では平均して国民のGDPの5%ぐらいを教育に使っているんです。
日本は3.5%しか使っていない。
ほかに資源も何もなくて、教育しか取り柄がないという国ですね。
その投資を十分にやってないんです。

(中略)

先進国と言われる国、OECDに加盟してる国の中では(医療費に)お金を使ってない国なんですね。

(中略)

つまり、未来にも投資していない、過去にも投資していない、じゃあどこにお金が行っているのかと言えば、(中略)道路を作るために59兆円というお金を向こう10年ずーっと続けると言ってるんですね。

(中略)

で、私は今病気“ガン”ですから、自分の体と比べてどうもそう考えてしまう。人間の体がガンに侵されますと、本来使うべき栄養とかエネルギーとかいうものが、ガンと戦うためにそっちに取られてしまうんですね。

本来人間が生きていくために使うべきところに向かなくなっちゃう。ですから、この国というのは一言で言えば、ガンにかかっている。そういう状況だというのが、この国の状況だろうと思います。


274-275ページ 「遺言 この国のガン」
『筑紫哲也』 週刊朝日 MOOK
2009年11月10日発行
編集長・発行人 山口一臣

日本がこのような時に、

首相がコロコロと変わるようでは、

本当に、日本は末期的な症状に見えますよね。

あなたは、どう思いますか?

ところで、英語の面白い話を集めました。

時間があったら覗いてみてください。

■ 『あなたのための愉快で面白い英語』

では、今日も一日楽しく愉快に

ネットサーフィンしましょう。

じゃあね。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。