人間としての誇り


 

2014年8月26日 (火曜日)

 

人間としての誇り

 


(evolute03.jpg)


(down11.gif)


(atombomb.jpg)


(down11.gif)


(evolute02b.jpg)


(laugh16.gif)


(june001.gif)

あらっ。。。 なんだか意味シンなイラストですわねぇ~。。。。 うふふふふふふふ。。。


(kato3.gif)

ジューンさんにも解りますかァ~?

つまり、人類は進化し過ぎたのはいいけれど、心は昔のままで。。。 闘争本能に駆られて、ゆくゆくは原爆か水爆で自滅する。。。 それならば、まだ豚に進化した方がましだということですわねぇ~。。。

ジューンさんは、意外に推察力があるのですね。

そのくらいのことは、この記事を読んでいる日本語が解る世界のネット市民の皆様にも簡単に解りますわよう。

でもねぇ~。。。 意外にオツムが良いと思われている人の中に、こんな簡単なことが理解できない人がいるのですよう。

あらっ。。。 マジで。。。?

ちょっと次のリストを見てください。


(ame40826z.png)

『拡大する』

最近の僕の記事では次の記事がダントツで“いいね”をもらったのですよ。


(ame40816e.png)

『実際の記事』

上の記事を読んだ人が他の記事と比べて たくさんの“いいね”を付けたということが「人間としての誇り」と関係あるのですか?

もちろんですよう。。。 それを言うために わざわざ“いいね”リストを貼り出したのですから。。。

でも、“いいね”を付けたのは たったの11人でしょう!?

あのねぇ~、確かに 11人は多いとは言えない。 でもねぇ~、他の記事と比較する時に 多くの人が『とっちゃん坊やも日本を滅ぼす』という記事を読んで賛成の意を表してくれたのですよ。 そう思いませんか?

なるほどォ~。。。 そう言われてみれば、そうですわねぇ~。。。 で、その“とっちゃん坊や”というのは誰なのですか?

やだなあああァ~。。。 上の記事で僕と対談しているのがジューンさんなのですよ。 もう忘れてしまったのですか?

この記事を初めて読む人もいるでしょう! だから、わたしが その人たちに成り代わってデンマンさんに尋ねているのですわ。 (微笑)

ジューンさんも、なかなか芸がこまかいですねぇ~。。。 じゃあ次の小文を読んでみてください。

「日本人の誇り」を回復するのに

何が必要か


(tokko09.jpg)

「日本人の誇り」を回復するための必然的第一歩は、戦勝国の復讐劇にすぎない東京裁判の断固たる否定でなければなりません。

 (中略)

その上で第二は、アメリカに押し付けられた、日本弱体化のための憲法を廃棄し、新たに、日本人の、日本人による日本人のための憲法を作り上げることです。 (略) 国家の主柱たる憲法に嘘があるからです。
「嘘があってもいいではないか。
戦後の経済発展は軍備に金をかけず経済だけに注力したからではないか」
という人もいます。
これも真っ赤な嘘です。
戦前のドイツ、日本、戦後の韓国や台湾、近年の中国など、毎年GDP比10%、あるいはそれ以上の軍備拡大をしながら目覚しい経済発展を遂げたからです。
軍備拡大とはある意味で景気刺激策とも言えますから、むしろ当然です。

次いで、第三は、自らの国を自らで守ることを決意して実行することです。 (略) 少なくとも一定期間、自らの力で自国を守るだけの強力な軍事力を持った上で、アメリカとの対等で強固な同盟を結ばなければなりません。

(注: 赤字はデンマンが強調。
読み易くするために改行を加えています。
写真はデンマン・ライブラリーより)


246-247ページ 『日本人の誇り』
著者: 藤原正彦
2011年4月20日 第1刷発行
発行所: 株式会社 文藝春秋

つまり、上の本の著者の藤原正彦さんは、日本を滅ぼす“とっちゃん坊や”の一人だとデンマンさんは言うのですか?

いや。。。 僕が言っているというよりも、『とっちゃん坊やも日本を滅ぼす』という記事を読んだネット市民の皆様の中に、そう思った人たちがいたのですよ。 その人たちが“いいね”をつけてくれたわけです。 ジューンさんが指摘したように 11人は確かに少ないけれど、でもねぇ~、他の記事と比べたらダントツですよ。 

それで、改めて デンマンさんは、こうして再び記事で取り上げる気になったのですか?

いけませんか?

。。。で、「日本人の誇り」じゃなく、「人間としての誇り」としたのはどういうわけですか?

あのねぇ~、いつまでも日本人に拘(こだわ)っている場合じゃないのですよ。 今やネットの世界を見ても、国境を越えて ネット市民の皆さんが丸く手をつなごうとしている。 それは僕のブログ一つだけをとってみても言える事です。

 

海外からのアクセス

 


(wp40825map.png)


(wp40825.png)

『とっちゃん坊やも日本を滅ぼす』

on Denman Blog

つまり、105ヵ国に住んでいる日本語が解るネット市民の皆様がデンマンさんの記事を読んでいる。 その方たちは“日本人の誇り”というよりも“人間としての誇り” “ネット市民としての誇り”を持って世界のネットをやっているとデンマンさんは言いたいのですか?

上のリストが充分にその事実を語っているとジューンさんは思いませんか?

でも、ちょっと飛躍しすぎているのではありませんか?

じゃあねぇ~、とりあえず藤原正彦さんが書いた次の小文を読んでみてください。

苦境を克服してこそ

高みに達する


(shinsai2.jpg)

今度の東北関東大地震でも、このような混乱時にはどこでも起こる略奪が極めて少なく、秩序がきちっと保たれていること、冷静にじっと耐える被災者を国民がこぞって助けようとしていること、などは世界中から賞賛されています。

原発への放水の際に見せた消防隊や自衛隊の決死的行動は海外の新聞で「ヒーロー」と一面トップを飾りました。
「これから原発に行く」とメールで妻に告げた消防隊長に、「日本の救世主になって下さい」と一行の返答が届いたそうです。
日本人は、まだ日本人だったのです。

日本人特有のこの美感は普遍的価値として今後必ずや論理、合理、理性を補完し、混迷の世界を救うものになるでしょう。
日本人は誇りと自信をもって、これを取り戻すことです。
これさえあれば我が国の直面するほとんどの困難が自然にほぐれて行きます。
さらに願わくば、この普遍的価値の可能性を繰り返し世界に発信し訴えてゆくことです。

スマイルズは前述の書で次のように言いました。
「歴史を振り返ると、国家が苦境に立たされた時代こそ、最も実り多い時代だった。
それを乗り越えて始めて、国家は更なる高みに到達するからである」(藤原訳)

現代の日本はまさにその苦境に立たされています。
日本人の覚醒と奮起に期待したいものです。

(注: 赤字はデンマンが強調。
読み易くするために改行を加えています。
写真はデンマン・ライブラリーより)


248-249ページ 『日本人の誇り』
著者: 藤原正彦
2011年4月20日 第1刷発行
発行所: 株式会社 文藝春秋

藤原さんは「日本の救世主になって下さい」という妻の意識が日本人特有のこの美感と言うけれど、これは決して日本人に限ったことではない。 言わば、全人類の「人間特有の美感」なのですよ。

その証拠でもあるのですか?

ありますよ。 実は、7月8日に僕はバンクーバー市立図書館で DVD を借りて次のドキュメンタリーを観たのですよ。


(lib40826.png)

『実際のカタログページ』


(pray01.jpg)


(pray02.png)

この「日本のために祈る」のは日本人だけじゃないのですよ。 世界の人たちの祈りなのです。 実は、この記録映画は日本人が制作したのじゃなくて、アメリカ人のStuart J. Levyさんがプロデューサー兼監督として作ったのです。 この映画に協力した人、また映画に出演した人たちはすべてボランティアで、しかも、この映画の売り上げは、すべて震災の復興のために寄付されるのですよ。

そういうわけで、この映画には日本に住んでいる外国人、日本に永住権を持っている海外からの移民の人たちがたくさん出てくるのです。

つまり、海外からの暖かい援助の手もたくさん差し伸べられているということですか?

そういうことですよ。 要するに、国境を越えた人々のつながりがすでにある。

でも、戦争や紛争が絶えないですよね。

あのねぇ~、よ~く考えてください。 一番戦争をしたいのはアメリカのエスタブリッシュメントなのですよ。

なんですか。。。 そのアメリカのエスタブリッシュメントというのは。。。?

ケネディー大統領を暗殺した“アメリカン・エスタブリッシュメント” またの名を Military-industrial-Pentagon complex。 この人たちは軍事力こそ、平和のシンボルだと考えている。 だけど、それこそ地球を滅ぼす考え方なのですよ。 よ~く考えてみてください。 もし戦争をやめよう、仲良くしよう。 そうやって、世界の市民が結束したらどうなるか?

どうなるのですか?

アメリカは膨大な軍事力を抱えている。 平和になって、軍隊がいらなくなったら、数千万のアメリカ兵は失業してしまう。 しかも、何兆円という利益を上げている軍需産業が要らなくなたら、軍需工場で働いている何千万という人たちは失業してしまう。 国防総省(Pentagon)も要らなくなたら、そこで働いている役人の行き場がなくなる。 戦争のない平和な世界が出現すると、アメリカは膨大な失業者を抱えることになるのですよ。

要するに、平和を維持してゆくという大義のために、アメリカは軍隊を保持しなければならない! そのことをアメリカ国民に説得するためにも、世界は紛争と騒乱に満ちていた方がよい。 CIAが、そのために、各地で工作していると、デンマンさんは言うのですか?

いや。。。 僕が言っているわけじゃなくて、CIAの歴史をちょっとばかり見れば、そういうことだとすぐに解るのですよ。 例えば、ケネディー大統領はベトナム戦争を何とかして終わらせなければならない! そういう方針を立てた! ところが、そうなっては困るというPentagon のお偉方が、中心になって暗殺計画を立てた。 未だに、ケネディー大統領の暗殺関連ファイルは、公開されていない。 なぜか。。。?

でも、情報公開法に基づいて公開されたと聞いていますわ。

一部はねぇ~、でも重要なファイルは未だに公開されてない。 FBIが証拠隠しに賢明に協力していた! おそらく、公開されてはまずいファイルは、もうすでに焼却されているでしょう。 第一、アメリカのエスタブリッシュメントがケネディー大統領暗殺に関わっていなかったら、とっくの昔に、暗殺関連ファイルは公開されていたはずですよ。 ジューンさんは、そう思わないのですか?

なるほどォ~。。。

知っている人はすでに知っているのですよ!


(jfk999.jpg)

だから、藤原さんが言うように「自らの力で自国を守るだけの強力な軍事力を持った上で、アメリカとの対等で強固な同盟を結ばなければなりません」という事を主張することは、アメリカの思う壺にはまることに他ならない!

じゃあ、どうすればよいのですか?

だから、世界のネット市民は地球人として国境のない“非暴力”の世界を望んでいるのですよ。


(gandhi.jpg)


(mking.jpg)


(dalai02.jpg)


(aungsan.jpg)

だから、ネット市民の私たちも、“非暴力主義”で、武器を排除し、平和な世界を目指して、国境を越えてネット市民の輪を広げてゆこうということですか?

その通りですよ。


(laugh16.gif)

【デンマンの独り言】

戦争のない平和な時代というものが実際にはあったのです。
エジプト文明でも、クレタ文明でも、かつて1500年間戦争のない平和な時代がありました。

ところで、エジプトのギザのピラミッドは誰が何のために造ったのか?
知っていますか?
伝統的な歴史家の解釈では、古代エジプト人がファラオのお墓にするために造ったということになっています。

しかし、最近、人類学者、地質学者、土木技術者、天文学者、地球物理学者、考古学者、自称歴史学者などによる、新たな発掘や、発見などから、ピラミッドがファラオのお墓であるという解釈は退(しりぞ)けられています。
少なくとも、ギザのあの3つのピラミッドは墓ではないという見方が大勢を占めています。

それに、いつ頃 あのギザのピラミッドが造られたのか?
いわゆる“エジプトロジー学会”の言うところではピラミッドは 2575BC から 2150 BCにかけて造られたということになっています。

しかし、この考え方にも疑問を持っている研究者は多数います。
例えば、ギザの三大ピラミッドおよびナイル川の(当時の)流れ、そして他の多数のピラミッドとの配置に着目し、ピラミッド群は現在から1万500年前の天体の配置を模したものであるという説もあります。
すなわち、ナイルが天の川で、三大ピラミッドがオリオン座のベルト、即ち中央を横切る三つ星に相当、他のピラミッドも星の位置に対応しそれを反映しているということです。
三大ピラミッドのうち、メンカウラー王のピラミッドが他の2つの頂点を結んだ線からずれている点、大きさも他の2つよりも小さいことについて説明する有力な説とも言われています。
ただし、この説はいわゆる“エジプトロジー学会”では認められていません。

ちなみに、聖書は地球の年齢を約6,000年と教えています。
おそらく一部の狂信的な聖書信奉者を除いて、地球の年齢が約6,000年だと考えている人は居ないでしょう!
つまり、ダーウィンの『種の起源』が1859年に出版される以前は、多くの人が地球の年齢が約6,000年だと考えていたのです。
それから、まだ200年経っていません!

要するに、“エジプトロジー学会”の定説は、言ってみれば“聖書の教え”のような教条主義に陥(おちい)っているようです。
そのような教条主義から脱却して、意欲的で、自由な、創造的な発想でエジプトロジーを考える動きがすでに始まっています。
次に示すビデオ・クリップは3時間以上に渡る長いものですが、そのような人たちによる 新しいエジプトロジーの動きです。
英語ですが、映像がふんだんにあって、講義はありません。
実に興味深いビデオです。
3時間見る価値があります。

なぜ。。。?
かつて、戦争のない平和な世界を出現させた高度な文明を持った人たちが、この地球上にいたのです。
その人たちのことが次のビデオクリップには出てきます。

どうでした?
上のビデオを見ると、最近のエジプトロジーの動向と未来が見えてくると思います。

ところで、ジューンさんと僕の対話の記事は他にもたくさんあります。
時間があったら、下の記事も読んでみてください。
じゃあねぇ~。


ジューンさんの熟女下着
(30june.jpg)

『あらっ、パンツが…』

『わたし的にはOKです』

『国際感覚ダントツ』

『下つき肥後ずいき』

『おばさんの下着』

『海に佇むロトの妻』

『紅のおばさんパンツ』

『白人女性志向』

『肥後ずいきとおばさんパンツ』

『ジューンさんとトイさん』

軽井沢タリアセン夫人の小百合さんが扮するゴディバ夫人
(godiva05.jpg)

『国際化でおばさんバンザイ!』

『真夜中の乙女たち』

『熟女下着』

『熟女下着に見るSEO』

『ノートルダムからジェーン・エア』

『ジューンさん、人気が出てますよ』

『ジューンさんの下着姿』

『脳と恋とチョコレート』

『ジューンさんの人気』

『白い下着の熟女』

『床上手な女と塩野七生』

『白い熟女の誘惑』

『寒中水泳 女の子』

『ヤノマミの1万年』

『レダの卵』

『おばさんパンツ熟考』

『べティーさんの優雅なお尻』

『ん?デンマンの正体?』

『臭いにチョーこだわる人』

『目が痛いの?』

『自動翻訳ダメなの?』

『まりちゃんの夢と希望』

『まりちゃんの希望の翼』

『世界に散らばる日本人の輪』

『カナダの式典は2倍長いの?』

『黒い白鳥』

『カスカディアと自己顕示欲』

『ハワイからいいね、いいね』

『瓜とジューンさん』

『プロメテウスの黒い白鳥』

『ジャズ・フェスティバル』

『仲間はずれはどれ?』

『FBI捜査官のツブヤキ・ガイド』

『147歳の誕生日』

『均質的思考は日本人のクセなの?』

『今、おばさん下着がアツイ!』

『きびしい暮しの中のロマン』

『下着女装ブログ』

『BCデーと日本の花火』

『小役人が日本を滅ぼす』

『マルタ島のロマン』

『とっちゃん坊やも日本を滅ぼす』

『混浴人気』

とにかく、次回も興味深い記事が続きます。

だから、あなたも、また読みに戻ってきてくださね。

じゃあ、またァ~。。。


(hand.gif)


(surfing9.jpg)

ィ~ハァ~♪~!

メチャ面白い、

ためになる関連記事



(linger65.gif)

■ 『きれいになったと感じさせる

下着・ランジェリーを見つけませんか?』

■ 『ちょっと変わった 新しい古代日本史』

■ 『面白くて楽しいレンゲ物語』

■ 『軽井沢タリアセン夫人 – 小百合物語』

■ 『今すぐに役立つホットな情報』


(house22.jpg)

『夢とロマンの横浜散歩』

『愛とロマンの小包』

『下つきだねって言われて…』

『銀幕の愛』

『パリの空の下で』

『愛の進化論』

『畳の上の水練(2011年3月15日)』

『軍隊のない国(2011年3月21日)』

『天智天皇は暗殺された』
(2003年7月14日)

『アナクロニズム(2011年3月27日)』


(juneswim.jpg)


(byebye.gif)

コメント / トラックバック13件 to “人間としての誇り”

  1. 肥後ズイキが性具になったきっかけは? | Denman Blog Says:

    […] ■『人間としての誇り』 […]

  2. ヴィーナスのえくぼ | Denman Blog Says:

    […] ■『人間としての誇り』 […]

  3. 動物感動物語 | Denman Blog Says:

    […] ■『人間としての誇り』 […]

  4. 最新混浴風景なのね | Denman Blog Says:

    […] ■『人間としての誇り』 […]

  5. 下着にこだわるのね | Denman Blog Says:

    […] ■『人間としての誇り』 […]

  6. 男心をそそる女の秘密 | Denman Blog Says:

    […] ■『人間としての誇り』 […]

  7. デンマンさん、おかえり | Denman Blog Says:

    […] ■『人間としての誇り』 […]

  8. なぜヴィーナスのえくぼ | Denman Blog Says:

    […] ■『人間としての誇り』 […]

  9. マドンナと行田の黒い霧 | Denman Blog Says:

    […] ■『人間としての誇り』 […]

  10. お○○こ画像 | Denman Blog Says:

    […] ■『人間としての誇り』 […]

  11. タイトルの魔術 | Denman Blog Says:

    […] ■『人間としての誇り』 […]

  12. なぜ処女とおばさん? | Denman Blog Says:

    […] ■『人間としての誇り』 […]

  13. やっぱり処女とおばさん | Denman Blog Says:

    […] ■『人間としての誇り』 […]

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。