可憐な茨の花


   
 
2011年12月16日 (金曜日)
 
 
可憐な茨の花
 
 

 

デンマンさん。。。、「可憐な茨(いばら)の花」なんてぇ、柄(ガラ)に似合わないことを持ち出してきたではござ~♪~ませんか?

やだなあああァ~。。。僕の繊細な心を傷つけるような事を言わないでくださいよ。 こう見えても、僕には「可憐な茨の花」を愛(め)でるような繊細な感受性があるのですよ。

そうかしら? うふふふふふ。。。でも、どうして急に「可憐な茨の花」なんてぇタイトルにしたのでござ~♪~ますか?

あのねぇ~、僕は昨日(12月15日)、次の記事を書いたのですよ。

『また、あんたね』

(2011年12月15日)

ええ、読ませていただきましたわ。。。とっても可笑しくて笑ってしまいましたわ。 ォほほほほほ。。。

ほおォ~。。。卑弥子さんにも面白く読めましたか!?

ヒラリーさんの上の写真がなかなか面白くて、ついつい「どんな事が書いてあるのか?」と思ってページを開いてしまったのですわ。 でも、「可憐な茨の花」なんてぇ出てきませんでしたわ。

もちろん、出てきませんでしたよ。 でもねぇ、上の記事の中で紹介している次の記事を読むと出てくるのですよ。

『ヴァイアグラを飲みすぎると。。。』

(2006年9月20日)

あらっ。。。そうなのでござ~♪~ますか?

本文とは関係ないから僕は記事の中では取り上げなかった。 でも、僕自身にとっては忘れることのできない懐かしい花なのですよ。

「茨の花」がでございますか?

いや。。。正確に言うと「茨の花」ではなくて、その花のことを取り上げたダ・ヴィンチというハンドル名を使っていた女性ですよ。

あらっ。。。デンマンさんは懐かしい名前を持ち出すではござ~♪~ませんか?

そうでしょう!?。。。卑弥子さんもきっと懐かしくなるだろうと僕は思いましたよ。

「茨の花」をダ・ヴィンチさんが持ち出したのでござ~♪~ますか?

そうなのですよ。 このエピソードはダ・ヴィンチさんが僕の記事にコメントを書いてくれたことから始まったのですよ。

ところで、Realogのメンバーのダ・ヴィンチさんから
別の記事(『ブログで小遣いを稼ぎませんか?』)にコメントをもらったんですよ。
僕が返信でヴァイアグラ馬鹿について書いているので、ここで紹介します。

凄い!

毎日記事書く気力すら無い私ですが面白そうなお話ですね。
でも、正直携帯代ぐらいは何とか出来ると面白そうですね。

しかし、本当にデンマンさんって一体何者なのでしょうか?
物凄くアンテナの広い方なので日々ロムっております。

by ダ・ヴィンチ 2006/09/18 08:46

『ブログで小遣いを稼ぎませんか?』のコメント欄より
(2006年9月17日)

僕は、さっそく次のような返信を書きました。

ダ・ヴィンチさん、
好意的なコメントを書いてくれてありがとう!
最近はご覧の通りヴァイアグラ馬鹿だけが、
まるでコメントジャンキーのように毎日僕にコメントを書いていますからね。


うへへへへ。。。。

ダ・ヴィンチさんのような正常な人からコメントをもらうと
飛び上がりたくなるほどうれしいものですよ。うしししし。。。

凄い!
毎日記事書く気力すら無い私ですが

僕じゃなくてヴァイアグラ馬鹿のこのキチガイじみた活力と気力を見習ってくださいよ!

このヴァイアグラ馬鹿は毎日ですよ!
しかも僕の他の掲示板やブログやウェブリングにも毎日、
1日も休まずに、コメントを書いているんですよ。
それも1つどころじゃない。。。
合計すれば1日に100以上のコメントを書いているんですよ。

しかも僕だけじゃない、他に何千というブロガーが
このヴァイアグラ馬鹿のスパムコメントをもらっているんですよ。

とにかく、僕が毎日30のブログに2つづつの記事を書いていることなんざ、
まだ、まだ序の口ですよ!
うへへへへ。。。。

本当にデンマンさんって
一体何者なのでしょうか?
物凄くアンテナの広い方なので
日々ロムっております。

いやいや、僕なんぞはまだネットでは未熟者ですよ。
まだまだ、幼稚で可愛いものですよ。うひひひひ。。。。

何度も言うようですが、このプロフェッショナルの迷惑コメントスパマーのヴァイアグラ馬鹿こそ、大変な人物ですよ。

コメントスパマー部門がノーベル賞にあれば、このヴァイアグラ馬鹿が、まず真っ先に受賞できるでしょうね。
うひひひひひ。。。。。

もう何と言うか。。。
感心すると言うか。。。
呆れるというか。。。
馬鹿馬鹿しさを通り越して。。。
ネットの世界の奥深い事を毎日目の当たりにして、
驚いているというか、
ヴァイアグラ馬鹿の活力と気力を見習わなければならないと。。。
うへへへへ。。。。
励まされているような次第ですよ。

とにかく、ダ・ヴィンチさん、タイムリーなコメントありがとう。
明日はレンゲさんのことを書きますが、
あさってはダ・ヴィンチさんのコメントを真っ先に出してから、
ヴァイアグラ馬鹿の事を書こうと決めましたよ。
うししししし。。。。。

ヴァイアグラ馬鹿のことを書きたいと思いながら、
もうひとつ書く意欲が湧いてこなかったのですよ。

ダ・ヴィンチさんのコメントに返信を書きながら、
インスピレーションが沸いてきました。
これで、あさってのヴァイアグラ馬鹿の記事が面白く書けそうですよ。

そう言う訳でダ・ヴィンチさんのコメントを使わせてもらいますね。
楽しみにしていてくださいね。
じゃあね。

Again,
Thanx millions!

by デンマン  2006/09/18 13:34

この翌日、ダ・ヴィンチさんから次のようなコメントが付いていました。

どうぞどうぞ(´∀`)ノ。
私は恐ろしく素人なので、
こうした事で刺激に成る事を有り難いと思います。

しかし、本当に物凄い方なのですね其の変わった御仁。

記事楽しみにしてます。ハイ。

レンゲさんの記事も楽しみです。
デンマンさんの不思議な魅力ッヲかまして下され!

by ダ・ヴィンチ 2006/09/19 05:56

19日にレンゲさんの記事を書いてから僕は次のような返信を書きました。

そうですかぁ~~
レンゲさんの記事を楽しみにしてもらっている、と聞くと、やはりうれしいですねぇ~。

期待に添えるようなものが書けたかどうか。。。???

ヴァイアグラ馬鹿のことは話題として面白そうですが、
この愚か者のやっている事自体は極めて馬鹿馬鹿しいことですからね。
書いていても何となく時間の無駄なような気もするんですよ。
要するにイマイチ熱くなれないような。。。

ヴァイアグラ馬鹿と比べたら、
レンゲさんは人生に対して前向きに生きようとする気持ちを持っていますから。。。
また、それを僕は感じますから、書いていても張り合いがありますよ。

その点、ヴァイアグラ馬鹿のやっている事から
この人物の価値観や人生観を推測する時、
この人物に対して否定的というか、悲観的というか、
なんともやりきれないものを感じますね。

つまり、ヴァイアグラ馬鹿は僕にとって砂漠に生きているサソリのようなものですよ。

(これはゴキブリですが、同じようなものですよね。。。うへへへへ。。。)

ヴァイアグラ馬鹿は意味の無い生き方をして居る。
そういう砂漠の中で、レンゲさんは
きれいに咲いた一輪の蓮華の花であるように僕には思えるわけです。

(これはバンクーバーに咲いている野バラですが。。。。うししししし。。。)

ヴァイアグラ馬鹿のような愚かな人間だけがネットに居たら、
救われませんよね。

しかし、残念ながら、ヴァイアグラ馬鹿のような愚か者が
ネットで増えているような印象を僕は持つのですよ。

そういうわけで、ダ・ヴィンチサンのような正常の人からコメントをもらうと、
オアシスで水を飲むような気分ですよ。
うへへへへ。。。。
マジで。。。

とにかく、それ程期待しないで明日のヴァイアグラ馬鹿の記事を読んでくださいね。
では。。。

by デンマン  2006/09/19 14:14

『ブログで小遣いを稼ぎませんか?』のコメント欄より
(2006年9月17日)


『ヴァイアグラを飲みすぎると。。。』より
(2006年9月20日)

つまり、ダ・ヴィンチさんから好意的なコメントをいただいたので、デンマンさんの記憶に忘れられないほどの印象を残したのでござ~♪~ますわね?

そう言う事なのですよ。

でも、「茨の花」は出てまいりませんわ。

確かに出てこないのですよ。 でもねぇ~、「茨の花」が出てくるきっかけは僕とダ・ヴィンチさんのやり取りがこうして始まったからなのですよ。 そのあとで卑弥子さんが次の記事を書いたのですよ。

古代ハスのふるさと

おほほほほ。。。。

今日も、始めから

現れてしまいましたわぁ~、

あなたにお会い

したかったので

ござ~♪~ますわよゥ。

懐かしい京都も

よいですけれど、

デンマンさんが

生まれ育った

行田にも行きたいのですわよ。

ええっ?どうしてかって?

それはね、デンマンさんは

もちろんですけれど、

あたくしにとって行田とは

切っても切れない縁が

あるのでござ~♪~ますのよ。

どうしてだか、

お分かりになりますか?

行田は古代ハスの

ふるさとなので

ござ~♪~ますのよ。

きれいでしょう?

あたくしの初恋の花でござ~♪~ますのよ。

ええっ?どういうわけかってぇ。。。?

実は、八ツ橋を売るお店に、

かわゆい男の子が居たのでござ~♪~ますのよ。

おほほほほほ。。。

その男の子にあたくしが

恋をしたのでござ~♪~ますわ。

ええっ?その話しはすでに聞いたって。。。?

あらっ、あなたは覚えていらっしゃるのですか?

そうですのよね。

あたくしが9月26日に書いた記事

■ 『行田は古代ハスのふるさとです』

で実は恋の告白をしたことをしゃべってしまったのですわぁ~。

おほほほほほ。。。。

ええっ? どうして、また書くのかって。。。?

実はね、Realogに書いたその記事に

メンバーのダ・ヴィンチさんから

コメントをいただいたのでござ~♪~ますのよ。

きょうはその事について書こうと思っているのですわ。

どうか、お付き合いくださいませませ。。。

うふふふふ。。。。

私は茨城ですが、県の花は薔薇。
しかし、本来は茨の花を昔は多かったと聞く茨城県ですけどね。
未だ茨って見た事無いんです。
既に見るのは園芸品種が野放しで野生化したモノばかり。
原型と言うか原種が気に成ります。

古代ハス。
最近植物園で見ました。
蓮根のハスなんかと違い
神秘的な色合いと大きさが印象的でしたわ。

素敵な画像に溜め息出ちゃうわ。
羨ましい行田市。

by ダ・ヴィンチ 2006/09/26 17:08


『行田は古代ハスのふるさとです』
のコメント欄より

茨(いばら)とは茨城県の県名に含まれていますからね、
県の花が薔薇というのも納得がゆきますわよねぇ~。

でも、この茨(いばら)とはいったい何?

。。。そういうわけで三省堂大辞林 第二版でしらべてみましたわ。
次のようにでていました。

いばら 【茨 / 荊 / 棘】

(1) バラ・カラタチなど、とげのある低木の総称。

(2) (多く「薔薇」と書く)
    ノイバラ・ヤマイバラなどのバラ科バラ属植物の総称。
    うばら。うまら。むばら。

(3) (中部・関西地方で)植物のとげ。

(4) (建築で)二本の曲線の出合った所にできるとがった形。

【茨を負う】 : 罪を一身に引き受けて苦難に耐える。 →負荊(ふけい)

バラ科バラ属の植物の総称なんでござ~♪~ますわね。
ダ・ヴィンチさんのコメントを読むと茨(いばら)を総称と言うよりも
バラの原種として捉えているようですわよね。

あたくしのオツムの中では“野ばら”をイメージするのですわよ。
デンマンさんに“茨(いばら)”ってご覧になった事がおありですか?と尋ねたら
“そんなものバンクーバーにはたくさん咲いているよ”ですってぇ~。。。

これがバンクーバーに咲いている“茨(いばら)”ですってぇ~。。。

そう言えば、デンマンさんは、この花をよく持ち出してレンゲさんと対話していましたわ。。。

投稿日時: 2006-10-02 13:18

デンマン注: 画像とリンクは現在アクセス可能なURLに変えてあります。


コメント(7件)

コメント投稿者: ダ・ヴィンチ

嗚呼、成る程!
又一つ賢くなったわ(ノ∀≦)有難う。

素敵な花ですね。茨。

可憐と言うべき花で素敵。
レンゲさんのイメージにぴったりですわ。
卑弥呼様はこの蓮通りの華やかさが有りますよね。

コメントに答えてくださり有難うございます♪。

2006-10-03 08:06:43

 

コメント投稿者: デンマン

ダ・ヴィンチさんのコメントを読んで、レンゲさんも卑弥子さんも飛び上がるばかりに喜ぶと思いますよ。

記事の中でお礼を言う事でしょう。また楽しみにして待っていてくださいね。

じゃあね。
ありがとうございました。

2006-10-03 13:55:36


『魔女と小さな鐘』より
(2009年9月29日)

あらっ。。。あたくしは、このような事を書いていたのでござ~♪~ますわね?

そうなのですよ。。。ところが卑弥子さんはすっかり忘れてしまっていたのですよ。

「喉もと過ぎれば熱さを忘れる」と言うではござ~♪~ませんか! ォほほほほほ。。。

ォほほほじゃないですよ! 取って付けたような諺を持ち出さないでくださいよ。 意味することが違っていますよ! とにかく、卑弥子さんには僕のような繊細な感受性は無いのですね?

ありますわよゥ。。。ただ、あたくしはデンマンさんのように上の記事を最近読んでなかったので思い出せなかったのでござ~♪~ますわ。 ォほほほほほ。。。

【卑弥子の独り言】

ですよねぇ~。。。
あなただって、そう思うでしょう?
しかも、褒められているのは、そもそもデンマンさんなのでござ~♪~ますわよ。
あたくしは、あくまでも付け足しで持ち上げられているまでですわ。

とにかく、今年も残り少なくなりましたわね。
新年には、お餅を焼くのが楽しみです。

そして、美味しいお雑煮もいただきたいと思うのでござ~♪~ますう。
いくつになってもお正月は待ちどおしいものですわ。
あなたも、そうでしょう?

そしてジューンさんのように雪見をしながら温泉につかりたいと思います。

とにかく、次回も興味深い記事が続きますわ。
だから、あなたも、また読みに戻ってきてくださいね。
じゃあ、また。。。

ィ~ハァ~♪~!

メチャ面白い、

ためになる関連記事


■ 『きれいになったと感じさせる

下着・ランジェリーを見つけませんか?』

■ 『ちょっと変わった 新しい古代日本史』

■ 『面白くて楽しいレンゲ物語』

■ 『軽井沢タリアセン夫人 – 小百合物語』

■ 『今すぐに役立つホットな情報』

『夢とロマンの横浜散歩』

『愛とロマンの小包』

『下つきだねって言われて…』

『銀幕の愛』

『パリの空の下で』

『愛の進化論』

『畳の上の水練(2011年3月15日)』

『軍隊のない国(2011年3月21日)』

『アナクロニズム(2011年3月27日)』

こんにちは。ジューンです。

デンマンさんのパソコンが約1年ぶりに立ち上がったそうです。

でも、マウスは動かないままですって。

マウスなしで、どうやってパソコンを使うのかしら?

わたしが尋ねたらキーボードのテンキーをマウスとして使うのですって。

このテンキーをどうやってマウスとして使うのかしら?

あなたも知りたいでしょう?

次の記事を読んでみてくださいね。

『キーボードをマウスとして使う』

では、今日も一日楽しく愉快に

ネットサーフィンしましょう。

じゃあ、また。。。


 

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。