玲子さん、見て


 
 
2012年1月17日 (火曜日)
 
 
玲子さん、見て
 
 

デンマンさん。。。どうして玲子さんを持ち出してきたのでござ~♪~ますか?

次の検索ワードのリストを見てくださいよ。

(ame20114.gif)

http://ameblo.jp/barclay/

あらっ。。。デンマンさんのアメブロのブログ (http://ameblo.jp/barclay/) で“小笠原玲子”を入れて検索した人がダントツですわね!? “小笠原玲子”で検索してデンマンさんのブログを読んだのですわね?

そうなのですよ。 1月8日にも調べたのだけれど、その時には次のリストのように 9人だった。

1週間も経たないうちに2倍に増えているのですよ。

なぜでござ~♪~ますの?

だから、僕も不思議に思って、こうして“小笠原玲子”さんのことを取り上げたのですよ。

それで何か判ったのでござ~♪~ますか?

判りましたよ。 次の「ページ別アクセス数」のリストを見てください。

(ame20114b.gif)

これは12月16日から1月14日までの 1ヶ月間に読まれた人気ページを表示したものですよ。 トップの rss20.xml というのは RSSフィードのページで、これは RSSリーダーに僕のブログを登録している人がいて、延べ 972回 RSSフィードを RSSリーダーで読んだということです。

2番と3番はホームページでござ~♪~ますか?

そうです。 個別のページでは 1月7日に書いた『牛タンとずんだ』が最も読まれたのですよ。

上の表の中のタイトルが「ずんだ」ではなく「づんだ」になっているではありませんか?

急いでいたので間違ってしまったのですよ。 うへへへへへ。。。

RSS1.0 というのは何でござ~♪~ますか?

古いRSSフィードですよ。 rss20.xml が新しいフィードです。

27番目の「小笠原玲子のテーマ」というのが玲子さんについて書いたページなのですか?

http://ameblo.jp/barclay/theme-10031879743.html

いや。。。このページは単独のページではなく、上のリンクをクリックすると、これまで僕が書いた「小笠原玲子」さんが登場するすべてのページを読むことができるのですよ。

つまり、小笠原玲子さんについて詳しい事を知りたい人が 38人居たということでござ~♪~ますか?

そうなのですよ。 さらに上のリンクをクリックしてから、僕のブログの記事を読んだ熱心な人が6人居るのですよ。 次の記録を見てください。

(ame20114c.gif)

これも12月16日から1月14日間での1ヶ月間の記録です。 「リンク元URL」 といのは僕のブログにやって来る前にどのページに居たかという記録です。

4,242人の訪問者の方は「お気に入り」か「ブックマーク」からデンマンさんの記事を読みにやって来たということでござ~♪~ますか?

その通りですよ。 つまり、常連さんたちです。

そもそも、「小笠原玲子のテーマ」のページを見つけた人は、どうやって見つけたのでござ~♪~ますか?

ちょっと次の画面を見てください。

http://ameblo.jp/barclay/theme-10031879743.html

常連さんたちは僕のホームページの左のサイドバーの中にある「ブログテーマ一覧」を見て、その中の「小笠原玲子のテーマ」をクリックして玲子さんの事が書いてある記事をじっくりと読んだのですよ。

分かりましたわ。。。んで、「リンク元URL」 のリストに載っている 6人の訪問者はどこで「小笠原玲子のテーマ」を見つけたのですか?

当然、検索エンジンに「小笠原玲子」を入れて検索して見つけたのですよ。

マジで。。。?

卑弥子さんにも、すぐに見て分かるようにGOOGLEで「”小笠原玲子” デンマン」を入れて検索しました。 その結果を見てください。

(gog20116.gif)

見れば分かるように最初のページの4番目にアメブロの「小笠原玲子のテーマ」が表示されるのですよ。

http://ameblo.jp/barclay/theme-10031879743.html

でも、どうして”小笠原玲子”さんが注目を集めたのですか?

それは”小笠原玲子”をいれてGOOGLEで検索してみると判ります。 次の検索結果を見てください。

(gog20116b.gif)

あらっ。。。小笠原玲子さんのページがトップに表示されているではござ~♪~ませんか! このページが小笠原玲子さんのホームページなのですか?

そう思ったから僕もクリックしてみましたよ。 そのページを見てください。

(reiko999.jpg)

あらっ。。。小笠原玲子さんはモデルさんなのですわね。

上のページは僕が編集して、この記事の中に収まるように縮小してあるけれど、信じられない人はGOOGLEで検索して見てください。

。。。んで、この「小笠原玲子」さんは、デンマンさんに次のメールを書いた人と同一人物ですの?

Subj:突然のメールで

失礼いたします。

Date: 10/03/2010 5:48:19 PM
Pacific Standard Time
日本時間:3月11日(木曜日)午前10時48分
From: ********@***.biglobe.ne.jp
To: barclay1720@aol.com

デンマンさんにメールを出そうかどうか、ずいぶんと迷いましたが思い切って書くことにしました。
私は小笠原玲子(仮名)と申します。
デンマンさんのブログを3年前より拝見しております。
レンゲさん、めれんげさん、小百合さん、それに卑弥子さん。。。それぞれ皆さん個性的で、いつも楽しみにして読ませていただいております。 私自身も BIGLOBE のウェブリブログでブログをやってます。 デンマンさんのブログを拝見しながら、いつも勉強させていただいてます。

今朝9時半ごろ「次郎のブログ」で『遠い恋・悔恨の涙』を読みました。 文中の『愛の涙』をクリックしたら Denman Blog のページへ誘導されました。 デンマンさんがたくさんのブログをお持ちであることは存じ上げておりましたが Denman Blog を見るのは初めてでした。

源氏物語について書かれていましたが、私も「六条の御息所」には関心を持っております。 東京に住む専業主婦の私にとって、気晴らしと言えばブログに記事を書くこと、それに買い物ぐらいです。 2児の子供の母親ですが、自分だけの時間を持つことがほとんどありません。 子供を保育園に送って、やっと一息つくのが9時半ごろです。

今朝、たまたま「六条の御息所」を読んで、いつか書こうと思っていた自分の肩を優しく押されたような気がしました。 それで失礼とは思いながらメールさせていただきました。

めれんげさんの豊満な肉体に対抗するわけではないですけれど、自己紹介のつもりで私の写真を貼り付けます。

結婚前に撮った写真です。
私のお気に入りの一枚です。
巨乳ブームの昨今、私が誇れるものは、おっぱいが平均よりも大きめなことぐらいです。
「六条の御息所」を読んで勇気が出ました。
また、そのうち、気が向いたらメールを書かせてください。

このメールがいたずらメールや、スパムメールでないことをデンマンさんならば、ご理解していただけますよね。
いづれにしても、失礼を省みず不躾に書いてしまいました。
これも「六条の御息所」の“生霊”のなせる業だと思います。
お笑いくださいませ。

かしこ。


『中年女性の愛の生活』より
(2010年3月19日)

あのねぇ~、僕にメールを書いた「小笠原玲子」さんという女性の名前は仮名なのですよ。 本名ではないのです。

デンマンさんはメールを書いた玲子さんの本名を知っているのでござ~♪~ますか?

僕も知りません。

どうして玲子さんに本名を尋ねないのですか?

本人次第ですよ。 本人が僕に本名を知らせない以上、僕が本名を尋ねるのはネチケットに反することですよ。 それに玲子さんのプライバシーを守らなければならない義務が僕にはありますからね。。。

。。。んで、他のデンマンさんのサイトでも「小笠原玲子」さんは注目されているのでござ~♪~ますか?

Denman Blog で調べてみたら、まったく注目されてないのですよ。 その結果を見てください。

検索キーワード

2012-01-17 までの30日間

床上手 332
おばさんパンツ 86
女性のヌード 51
夫婦の性生活 37
ヌード 26
夫婦の性画像 25
おばさんのパンツ 23
おばさんパンツマニア 20
おばさんの下着 19
性生活 18
性生活画像 17
夫婦生活 画像 15
床上手な女 15
夫婦性生活画像 14
この記事には一部、amebaの健全なサイト運営にふさわしくない言葉・表現が含まれている可能性がある為アクセスすることができません。 14
女のヌード 11
艶話 10
40代 ヌード 9
おばさんパンツ画像 9
床上手とは 9
夫婦性生活 8
夫婦生活画像 8
おばさんの誘惑 7
裸エプロン 7
40代 ヌード 7
床上手な「 7
床上手 意味 7
性生活 画像 7
女性ヌード 7
50代女性のヌード 7
40代ヌード 7
叔母さんの下着 6
生パンツ 6
他人の性生活を覗く 6
キスがうまい女 5
塩野七生 批判 5
40代 ヌード 5
遊び人 英語 5
エロい女の見分け方 5
痴漢電車 5
夫婦の性 4
夫婦の性生活画像 4
ヌードビーチ 4
おばさんの性生活 4
埼玉県 行田市 工藤市長 黒い霧 4
50代女性ヌード 4
熟女ヌード 4
叔母の下着 4
エマニエル夫人 動画 4
エッチな女の見分け方 4
遊び人 英語 4
おばさん パンツ 4
おばさん誘惑 4
40代女性のヌード 3
写真 大量 整理 3
女性を見てSEXの見分け方 3
おばさん下着 3
中井益子 3
私のヌード 3
床上手  3
パンツ 強盗 3
似合ってる 英語 3
エロい女 見分け方 3
おばさんパンツ画像掲示板 3
40代女性のヌード 3
女性の裸 3
夫婦の性生活を覗く 3
ネット社会 問題点 3
愛を見つけること 人生 3
おばさんパンツマニア 掲示板 3
夫婦 性生活 画像 3
南米春画 3
エロイ 女子 見分け方 3
40代のヌード 3
痴漢 3
イク 見分け方 3
少女コミック シンドローム 3
共感脳 3
松島音頭 3
40代女性 ヌード 3
床上手な人を希望 2
40代の裸 2
屁芸人 2
床上手 見分け方 2
夫婦性生活ブログ 2
20代女のヌード 2
似合っている 英語 2
口のうまい人 国語辞典 2
パンティ 強盗 2
中年女性のヌード 2
おばさん パンツ 2
40代裸 2
hがうまい彼女 2
はるurara アメーバブログ 祖谷渓 2
中年女性 性生活 2
性生活  画像 2
屁の芸人 2
永遠の妖精 paris 1983 2
エロ ハマグリ下着 2
叔母さんのパンティーで 2
バンクーバー2011年6月暴動 2
40代の女性の裸 2
エロ女の見分け方 2
女性 イク 見分け方 2
笑える写真 2
中年の性 2
glitter happy new year 2012 japanese しんねん、あけましておめでとう 2
短歌 読み手の主観 2
ipアドレス検索 2
男 見分け方 2
夫婦 画像 2
少女コミック・シンドローム 2
エッチが好きな女の見分け方 2
卑弥子 2
イングリッシュ・ビーチで 元日恒例「白クマ水泳 2
女性 名器 見分け方 2
女 見分け 2
エッチな女 見分け方 2
jk パンツ強奪 2
アインシュタイン 結婚 2
セックスがうまい芸能人 2
大量 写真 整理 2
hな女性の見分け方 2
50代おばさんパンツ 2
女性 見分け方 2
熟女 ヌード  2
70代熟女 2
性生活 画像 2
北斎漫画 2
おばさん 2
露天風呂ヌード 2
おばさん ズロース 2
玲子 ケーキ バンクーバー 2

このように「玲子 ケーキ バンクーバー」で検索して2度僕の記事を読んだ人が居るけれど、「小笠原玲子」で検索してやって来た人は一人も居ません。

。。。んで、どうしてアメブロのサイトでは「小笠原玲子」さんが注目されるのでござ~♪~ますか?

もう一度「小笠原玲子」さんのページを見てください。

上の画面をよ~く見ると Ameba 『小笠原令子ブログ』 と書いてある。 つまり、玲子さんはアメブロにブログを持っているのですよ。

でも、ブログの名前が「玲子」ではなく「令子」になっていますわね!?

確かにそうなっていますね。 恐らく同じような疑問を持った人が居たので「小笠原玲子」さんについて詳しく調べようとした。 それで、たぶん僕が書いた玲子さんの記事が読まれたのですよ。 (微笑)

そうかしら。。。? 本当は、どうなのかしら?

卑弥子さんが 『小笠原令子ブログ』 へ行って、なぜブログの名前の漢字が違うのか? 尋ねてみてくださいよ。

【卑弥子の独り言】

ですってぇ~。。。
その程度のことで質問するのもどうかと思うのでござ~♪~ますわ。

たぶん、単純に書き間違えたのだと思います。
そうでないと思われたら、あなた自身が 『小笠原令子ブログ』 へ行って尋ねてみてくださいね。

とにかく、元旦はあっけなく終わってしまいました。
でも、まだお餅が残っていますわ。

元旦を偲びながら、美味しいお雑煮をいただこうと思います。

ジューンさんのように雪見をしながら温泉にもつかりたいと思います。

とにかく、次回も興味深い記事が続きますわ。
だから、あなたも、また読みに戻ってきてくださいね。
じゃあ、また。。。

ィ~ハァ~♪~!

メチャ面白い、

ためになる関連記事


■ 『きれいになったと感じさせる

下着・ランジェリーを見つけませんか?』

■ 『ちょっと変わった 新しい古代日本史』

■ 『面白くて楽しいレンゲ物語』

■ 『軽井沢タリアセン夫人 – 小百合物語』

■ 『今すぐに役立つホットな情報』

『夢とロマンの横浜散歩』

『愛とロマンの小包』

『下つきだねって言われて…』

『銀幕の愛』

『パリの空の下で』

『愛の進化論』

『畳の上の水練(2011年3月15日)』

『軍隊のない国(2011年3月21日)』

『アナクロニズム(2011年3月27日)』

こんにちは。ジューンです。

江戸時代よりも以前には、「餅なし正月」と呼ばれて、

正月三箇日に餅を神仏に供えたり食べたりしなかったそうです。

「餅なし正月」は、畑作地帯に見られた習慣です。

畑作地帯とは、水田を作るには不適当であったため、

米以外の作物で定畑や焼畑を行っていた地域です。

これらの地域では、米およびそれを原料とする餅は

自己の土地からは生み出されない外来の食物であり、

神仏に土地の豊饒を願う儀式の場において、

こうした外来の食物を用いることはタブーでした。

こうした風習に代わって餅を主体とする雑煮が

全国的に広がっていく背景には、

交通や情報伝達の発達もさることながら、

石高制に基づく幕藩制による米の生産への

政治的・経済的な圧力が畑作地帯を含めて加えられ、

実際に灌漑設備の整備や新田開発によって、

こうした地域も米作地帯に転換していったからだということです。
 

 
ところで、卑弥子さんが面白いサイトを

やっています。

興味があったら、ぜひ次のリンクをクリックして

覗いてみてください。

『あなたのための笑って幸せになれるサイト』

とにかく、今日も一日楽しく愉快に

ネットサーフィンしましょう。

じゃあね。バーィ

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。