茨城県出身のダ・ヴィンチさん


 
2009年7月22日 (水曜日)
  
 
茨城県出身のダ・ヴィンチさん
 
 
卑弥子さんと古代ハス
 
 

Subj:『軽井沢タリアセン夫人』を

書いていた頃が懐かしい!

\(^_-)ノ きゃはははは。。。

Date: 09/06/2009 8:45:53 PM
Pacific Daylight Saving Time
(日本時間: 6月10日 水曜日 午後12時45分)
From: denman@coolmail.jp
To: sayuri@hotmail.com
CC: barclay1720@aol.com

 

おはようございます
昨日は山小屋のコケに薬をまいたので 様子をみにいきました
全然 ダメ
結局、 鎌(かま)とシャベルで 部分的に取って 川に捨てました。
ゼニ苔が目にやきついてて 昨夜は何度も 目がさめて
ほらほら デンマンさんが 無駄な事してるねー
っと 呆れてますが

うん、うん、うん。。。
良く分かりますねぇ~
確かに無駄な事をしているように見えますよう。
半分あきれていました。

\(^Д^)/ ギャハハハハ。。。

しかし、考えてみると、無駄なことと言っても、マジで無駄な事をしている人と、その無駄を人生に生かしている人が居るんだよね。

今、ウィキペディアで 柳生兵庫のことを調べようと思って“お気に入り”をクリックしようとして、ハッと手を止めて、小百合さんからメールが来ていないか?とチェックしてみたら、来てたのですよう。
うしししし。。。
柳生兵庫はこのメールの後で調べます。

どうして柳生兵庫なの?

あのねぇ~、ビキニのきれいでかわいい女性たちをダウンロードしながら『随筆・宮本武蔵』を読んでいたのですよう。
そうしたら、次のエピソードに突き当たった。

尾張の城下を歩いていた武蔵は、一人の武士とすれ違いざま、

「久々に、生きた御人にお目にかかるものかな。
其許(そこもと)は、柳生兵庫殿にては在(おわ)さずや」

武蔵の言葉に、武士はにことうなずいて、

「いかにも私は柳生兵庫。そう仰(おっしゃ)るあなたは、
高名な宮本武蔵殿ではおわさぬか」
と答えたと言う。

両士はたちまち、百年の旧知のごとく打ちとけ、兵庫の屋敷に同道して、酒盃を酌(く)み交わし碁を打ち興じて、滞留久しきに及んだが、ついに一度も、剣技を試みることはなかった。

武蔵は後に このときの心境を説明して、なぜ一見して兵庫と認めたかは、心機の妙、理外の理であって、言葉には表現しがたい。
また、二人が、剣を交わさなかったのは、あえてそれに及ばなくても、充分お互いの腕前が暗黙のうちに分かっていたからである、といったそうである。

どうして、今、このエピソードが思い浮かんだのか?

それは、この二人は10年とか15年武者修行に出て諸国を巡りまわっていたのですよう。
つまり、現代人の目から見たら、無職であちらこちらを放浪している寅さんのように見えるのですよう。
要するに、ちょっと見ただけでは、無駄に人生を送っているように見える。
ところが、無駄に見える人生も、人によっては剣の達人になったり、歴史に名を残す人も居る。

小百合さんが13年間カナダのバーナビーに“山の家”を持っていた。
それを知る小百合さんの親戚や知人や友人のほとんどの人は、おそらく無駄な事をしたと思っているでしょう。

でも、もし、小百合さんがバーナビーに“山の家”を持っていなかったら、僕と出会うことも無かったんだよね。
行田で再会したとき、
武蔵と柳生兵庫のような出会いを味わったような気がしてね。。。うしししし。。。

小百合さんとデンマンはたちまち、百年の旧知のごとく打ちとけて。。。、

\(*^_^*)/ キャハハハ。。。

バーナビーの13年間は小百合さんにとって決して無駄ではなかったのですよね。
だから、栃木の“山の家”で無駄にゼニゴケと格闘している小百合さんの人生も、
無駄に見えて、10年後に振り返ってみたら、決して無駄にゼニゴケを取リ除いていなかったことになるかもしれない。。。

たとえば。。。?

きれいに生えそろった苔の庭を見ながら、小百合さんと僕で次のような会話をするのですよう。

「デンマンさんと この山の家で会ってから、
もう10年にもなるのですわね。。。」

「そうですよねぇ~。
月日の経つのは早いものですよう。
ずいぶんきれいな苔庭になりましたねぇ~」

「ゼニゴケと格闘していた頃が懐かしいですわァ~

「僕も、『軽井沢タリアセン夫人』を書いていた頃が懐かしいですよう。。。」

そういいながら、二人はHよりも感じるハグをしたのでした。

\(*^_^*)/ キャハハハ。。。

そう言う訳で、今夜は『軽井沢タリアセン夫人』を書き続けようと思います。(微笑)

これから パーマ屋さんへ行って 次男坊の学校へ 向かいます。
この事もあって 昨夜は眠りが途切れ途切れ・・だったのかな?

はい、はい、はい。。。

今夜は、小百合さんもHよりも感じるハグをする夢を見て
明日はルンルン気分で目覚めてね。

いつまでも愚かなことを書いていると小百合さんに嫌われてしまうので、このぐらいにしますね。

\(^Д^)/ ギャハハハハ。。。

じゃあね。

(\__/)
(+’.’+)
(“)_(“)


『武蔵と小百合さん (2009年6月18日)』より

『続・ウィルスアタック (2009年7月18日)』に記載

デンマンさん。。。どうしてまた上のメールを持ち出してきたのですか?

今日の記事のキーワードは「懐かしい」ですよう。それで上のメールをまた持ち出してきたのですよう。

。。。んで、何が懐かしいのでござ~♪~ますか?

もちろん、卑弥子さんと古代ハスですよう。。。この記事のタイトルに書いたとおりです。

あらっ。。。あたくしと古代ハスですか?。。。デンマンさんがあたくしの事を持ち出すなんて珍しいですわね。。。うふふふふふ。。。んで、どうしてそれほど懐かしいのでござ~♪~ますか?

あのねぇ、7月14日に次の記事を書いたのですよう。

『ラーメンと古代ハス』

 (2009年7月14日)

あたくしも良く覚えておりますわ。

記事の中でも書いたけれど、たまたま7月10日に僕は REALOG のアクセスログを見てみたのです。そうしたら、「古代ハス」が検索キーワードトップ10に入っているのですよう。

あらっ。。。上位に並んだ「おばさんパンツ」の中に食い込んでいるのですわねぇ。。。おほほほほ。。。

そうなのですよう。「おばさんパンツ」に割り込んで 4位に躍進したのですよう。6月7日に調べた時には 10位だったのですよう。

あらっ。。。ホントでござ~♪~ますわ。

でもねぇ、さらに、7月18日に調べたのですよう。その結果を見てください。

あらっ。。。トップに迫る勢いを見せていますわア!。。。すごいですわねぇ~!

そうでしょう!。。。僕もその勢いに目を見張ったのですよう。。。「おばさんパンツ」がこれだけ検索キーワード・トップ10の上位を独占している中で「古代ハス」が彗星のように現れてドンドン順位を上げている。これはいったいどうしたわけなのか?

なぜですの?

僕だって不思議に思いましたよう。

それで調べてみたのでござ~♪~ますか?

そうなのですよう。

。。。んで、原因が分かりましたか?

分かりましたよう。古代ハスを入れて検索エンジンで調べてみましたよう。その結果を見てください。

古代ハス の検索結果

約 250,000 件中 1 – 19 件目

1) 大賀ハス – Wikipedia大賀ハス(オオガハス、おおがはす)は、1951年(昭和26年)、千葉県千葉市検見川(現・千葉市花見川区朝日ケ丘町)にある東京大学検見川厚生農場(現・東京大学検見川総合運動場)の落合遺跡で発掘された、今から2000年以上前の古代のハスの実から発芽・ …
http://ja.wikipedia.org/wiki/大賀ハス

2) 大賀ハス 2000年前の古代ハスその古代ハスは千葉県千葉市千葉公園から日本各地をはじめ、世界各国へ根分けされ、友好親善を深めている。 なお、大賀ハスは、「千葉 … 大賀ハス・古代ハスは、開花・閉じるを3回くり返し、4回目の開花後、花弁を閉じることもなく、散ってしまいます。 …
http://www3.famille.ne.jp/~ochi/ooga-hasu/oogahasu.html

3) 大賀ハス大賀ハスとは、昭和26年、千葉市の東京大学農学部検見川厚生農場で、ハス博士といわれた故「大賀一郎」博士(当時関東学院大学教授)が、縄文時代に咲いていた古代ハスの種3粒を発見し、そのうちの一粒の開花に成功したものです。 …
http://www.kumamotokokufu-h.ed.jp/kokufu/hasu.html

4) 古代ハスのニュース検索結果 古代ハス:鮮やかに--新潟・雪梁舎美術館 /新潟‎ – 1 日前
「大賀ハス」とも呼ばれる古代ハスが、新潟市西区山田の雪梁舎美術館のハス池で咲いている、日報連会員の池田友好さん撮影。鮮やかなピンクの花が、訪れた家族連れやアマチュアカメラマンらの目を楽しませている。 古代ハスは、植物学者の大賀一郎博士 …毎日新聞 – 関連記事 2 件 »

5) 行田は古代ハスのふるさとです :: デンマンのブログ行田は古代ハスの ふるさとなのでござ~♪~ますのよ。 きれいでしょう? あたくしの初恋の花でござ~♪~ますのよ。 ええっ? …. 古代ハス。最近植物園で見ました。蓮根のハスなんかと違い神秘的な色合いと大きさが印象的でしたわ。 …
http://realog.jp/denman/1341993.html

 (中略)

19) ラーメンと古代ハス(PART 2 OF 3) – デンマンのブログ「おばさんパンツ」が人気があるのは分かるのだけれど、なぜ「古代ハス」が躍進しているのか? 。。。んで、「生八ツ橋」と関係あるのでござ~♪~ますか … 僕は「生八ツ橋 古代ハス 卑弥子」と入れて検索してみたのですよう。その結果を見てください。 …
http://blog.goo.ne.jp/denman/e/4b98e8d35417a271de4e55cfff631c89

2009年7月19日現在

『古代ハス を入れてGOOGLEで検索した結果』より

 
卑弥子さんが「古代ハス」を紹介している記事が 25万件の記事の内の5位に表示されているのですよう。ちなみに、7月14日に書いた『ラーメンと古代ハス』が 19位です。

他の検索エンジンではどうなのでござ~♪~ますか?

Yahoo! と マイクロソフトの検索エンジンで調べたけれど、どちらも100番以内に入ってません。

GOOGLEだけが 上位に表示しているのでござ~♪~ますか?

そうなのですよう。卑弥子さんが古代ハスを紹介した上の5番目の記事をクリックして REALOGの僕のブログへ読みに行くようです。

それで、「検索キーワードトップ10」の2位に躍進したのでござ~♪~ますか?

それ以外に考えられません。

でも、どうして古代ハスを検索する人が急に増えたのでござ~♪~ますか?

だから、すでに言ったように、僕は次の3つの理由を考えたのですよう。

1) 「古代ハス」の宿題が出たので

   それを調べるために検索した。

2) 梅雨明けに「古代ハスのふるさと」を

   訪ねようとして検索した。

3) 卑弥子さんが出ている記事に

   「古代ハス」が書いてあったので

   興味が湧いて検索した。

どれも可能性があると思うのですよう。でもねぇ、僕は3番が最も可能性があると思うのですよう。

どうしてですか?

最近、卑弥子さんが登場する記事にキモいコメントがついたので、お嫁に行けないかもしれないと言って卑弥子さんが嘆いていたでしょう?

そうでござ~♪~ますわ。あたくしのイメージがキモいコメントによって傷つけられてしまったのですわ。

だから、その記事を読んだ若い男が、いったい卑弥子さんという人はどういう人なのか?

あらっ。。。あたくしに関心を示してくださったのかしら?

そうですよう。。。そのうち卑弥子さんが登場する記事にコメントがつくと思うのですよう。

でも、あたくしはまだラブレターをもらっておりませんわ。

だから。。。、卑弥子さんの記事を読んでラブレターを書こうか?。。。たくさんの男性読者が考えているところですよう。うしししし。。。。

本当に素晴らしい殿方がラブレターを書いてくださると、あたくしはメチャ幸せな気分になるのでござ~♪~ますけれど。。。そのような事がマジであるでしょうか?

そのためにも上の記事をここに書き出しますよう。うへへへへ。。。

行田は古代ハスのふるさとです

おほほほほ。。。。

今日は、もう、

始めから

現れて

しまいましたわぁ~、

あなたにお会い

したかったので

ござ~♪~ますわよゥ。

懐かしい京都も

よいですけれど、

デンマンさんが

生まれ育った

行田にも

行きたいのですわよ。

ええっ?どうしてかって?

それはね、デンマンさんは

もちろんですけれど、

あたくしにとって行田とは

切っても切れない縁が

あるのでござ~♪~ますのよ。

どうしてだか、お分かりになりますか?

行田は古代ハスの

ふるさとなのでござ~♪~ますのよ。

きれいでしょう?

あたくしの初恋の花でござ~♪~ますのよ。

ええっ?どういうわけかってぇ。。。?

実は、八ツ橋を売るお店に、

かわゆい男の子が居たのでござ~♪~ますのよ。

おほほほほほ。。。

その男の子にあたくしが

恋をしたのでござ~♪~ますわ。

ええっ?その話しはすでに聞いたって。。。?

だから、あたくしがその男の子に

きれいなハスのお花を手渡したのですわよ。

ええっ?なぜかって。。。?

あたくしの愛の告白のつもりでしたのよ!

うふふふふふふ。。。。

そういうわけで今日は古代ハスの

お話をしようと思ったのでござ~♪~ますのよ。

どうか、しばらくの間付き合ってくださいませませ。。。

うししししし。。。。

行田市の“天然記念物”に指定されている行田蓮(古代蓮)は
原始的な形態を持つ1400年から3000年前の蓮なんですってよ。
この古代蓮が発見された行田市の小針と言う地区は、
なんとデンマンさんが生まれ育ったところから歩いて30分ぐらいの所にあるんですって。

今から約2000年前、この古代蓮の里一帯は、
たくさんの水生植物が茂る湿地帯だったそうです。
そのとき咲いていた蓮の実が地中深くもぐり、
ふたたびあたたかい陽射しをあびる日まで長い長い眠りについたのですね。

1971年(昭和46年)、行田市では小針地区に新しい焼却場施設を建設するために造成工事を始めたのです。
掘削によってできた場所に水がたまって池となり、
地中深く眠っていた蓮の実が静かに目覚めたのです。

1973年(昭和48年)、池の水面に
多くの丸い葉が浮いているのが発見されたのです。
その後、葉の数もふえつづけ、ついに7月13日、
長い眠りから覚めた古代蓮が可憐なピンクの花を咲かせたのです。

ハスの種子は殻が硬く発芽させにくいのですよね。
でも、そういうわけで、条件が良ければかなり長期間保存が効くのです。
だから、2000年前の地層から発見されたハスの種子が、
発芽することもあるのですわ。
ハスの種が、いかに長寿であるかが実に良く分かるエピソードですよね。

行田市ではその後、小針地区に“古代蓮の里”を立ち上げました。
“古代蓮”をシンボルとする公園です。
古代蓮の自生する付近に憩いの場として、
子どもからお年寄りまで楽しめる公園になっていますよ。
ホームページは次のリンクをクリックしてみてくださいね。

■ 『古代蓮の里 ホームページ』

では、ここで万葉集の中の蓮を詠んだ歌を紹介します。
ちょっと面白い歌ですよ。

原文: 勝間田之 池者我知 蓮無 然言君之 鬚無如之

作者: 女性だけれど名前は不明です。

よみ: 勝間田(かつまた)の、池は我れ知る、蓮(はちす)なし、
  しか言ふ君が、鬚(ひげ)なきごとし

意味: 勝間田の池は、私も知っていますよ。
  でも、蓮(はす)はありませんわ。
  そのようにおっしゃるあなた様に
  ひげがないのと同じように。うふふふふ。。。

新田部皇子(にいたべのみこ)が勝間田の池に咲く蓮の花を見て感動したのですね。
その事をこの歌の作者である女性に語ったわけです。
それを聞いて、その女性が戯(たわむ)れに詠んだ歌なのですわ。

外出先で美しいハス(=美人)でも目にしてきたのでしょう、
。。。と皇子の話を聞いた女性がからかったわけなのですよね。
蓮の字は「恋」に通じることから、
この歌には他にもいろいろ恋情にかかわる諸説があるようですわ。

蓮は、スイレン科、熱帯産、多年草の水生植物で、
花托(花の中心部:実がなる)が蜂の巣の形に似ていることから、
「はちす」と呼ばれていたのです。

仏教との関わりもあり、その巨大な花は極楽浄土に咲くとされ、
そのイメージは仏像の台座に使われています。

ところで、現在各地で栽培されているハスは、
仏教の本家インドの原産なんですよ。
縄文末期に日本に渡来していたことがわかっています。

あなたも、懐かしいふるさとの花を探しに
久しぶりにふるさとに戻ってみては。。。?

日本で旅をするのは高くつくんですよね。
旅館やホテル代が高い。
でもね、安いところもあるんですよ。
お得で、しかも快適な旅館やホテルを探すのだったら次のリンクをクリックして探してみてくださいね。

■ 『探してみれば、まだまだ安くてお得な
旅館やホテルがあるものですよ!』

パブリック会員は無料で登録できて、
しかも、びっくるするほど安く泊れます。
あなたもちょっと覗いてみれば分かりますよ。

では、あなたもふるさとの懐かしい花を求めて、
散策の旅に出てはいかがですか?


『行田は古代ハスのふるさとです (2006年9月26日)』より

『行田は古代ハスのふるさとです (更新版)』

あああァ~、懐かしいですわァ。。。かれこれ3年前ですわ。あたくしはデンマンさんのために、こうして一生懸命にお手伝いしていたのでござ~♪~ますわ。

そうですよう。。。そうですよう。。。僕は感謝していますよう。。。だから、卑弥子さんに素晴らしいお婿さんが来るように、僕も一生懸命にお手伝いしているのですよう。うしししし。。。

デンマンさんは、マジでござ~♪~ますか?

もちろんですよう。。。僕は大真面目で卑弥子さんの幸せを願っているのですよう。

。。。んで、どうして上の記事を取り上げる気になったのでござ~♪~ますか?

あのねぇ、実は、REALOGの上のページへ行ってみたら、なんと、ダ・ヴィンチさんから次のようなコメントが書いてあった。

私は茨城ですが、県の花は薔薇。
しかし、本来は茨の花を昔は多かったと聞く茨城県ですけどね。
未だ茨って見た事無いんです。
既に見るのは園芸品種が野放しで野生化したモノばかり。
原型と言うか原種が気に成ります。

古代ハス。
最近植物園で見ました。
蓮根のハスなんかと違い神秘的な色合いと大きさが印象的でしたわ。

素敵な画像に溜め息出ちゃうわ。
羨ましい行田市。

by ダ・ヴィンチ

2006-09-26 17:08:05


『行田は古代ハスのふるさとです』のコメント欄より
 (2006年9月26日)

でも、この上のコメントはダ・ヴィンチさんが3年前に書いたものでござ~♪~ますわ。

もちろん知ってますよう。僕は、上のコメントを3年前に読んだこともあるし、卑弥子さんがこの上のコメントを取り上げて書いた次の記事を読んだこともありますよう。

■ 『古代ハスのふるさと』

 (2006年10月2日)

つまり、ド忘れしていたのでござ~♪~ますか?

そうなのですよう。3年も前ですからね。。。ネットで3年前は一昔ですよう。

。。。んで、急に懐かしくなったのでござ~♪~ますか?

そうですう。ダ・ヴィンチさんのことがメチャ懐かしく思い出されてきたのですよう。

『じゅぁきさん、ダヴィンチさん、それにレンゲさん (2006年10月31日)』

『じゅぁきさん、ダヴィンチさん、それにレンゲさん (更新版)』

この上の記事は2006年の10月31日に書いたのですよう。久しぶりに読んでみたら、10月28日に、この年は日本へ帰省して、3日後に上の記事を書いたのです。

何か面白いことでも書いてあるのでござ~♪~ますか?

あのねぇ~、「黴(カビ)」というハンドル名を使ってコメントを書いた愚か者の事が書いてあるけれど、この人物が現在の“漢字馬鹿”、つまり“成りすまし馬鹿”ですよう。

マジで。。。?

もちろんですよう。僕は大真面目です。

この当時から“成りすまし馬鹿”さんは迷惑を振りまきながら愚かな所をネット市民の皆様の前に見せびらかしていたのでござ~♪~ますか?うふふふふ。。。

そうなのですよう。僕も、改めて呆れながら読んだのですよう。

。。。んで、デンマンさんはダ・ヴィンチさんのサイトへ飛んで行ったのでござ~♪~ますか?

そうです。懐かしくなって、最近どうしているかと思って訪ねました。

現在でもダ・ヴィンチさんは活動中ですか?

今年(2009年)の1月から休んでいますよう。でもねぇ、最後のほうに書いた記事を読んでみたら、ダ・ヴィンチさんも2006年の事件を書いていましたよう。ちょっと読んでみてください。

2006年12月のNEWSの記憶

去年の暮れに報道された恐ろしい愛情の無い事件です。
先日漸く判決が出ました。
懲役15年

北海道苫小牧の何処かで、
3歳の男児長男&1歳の男児三男の兄弟が鍵の掛かったアパートに閉じ込められ放置され、長男は生米や冷蔵庫のマヨネーズやケチャップで飢えを食い凌いだが、三男は飢餓と低体温症で死亡した痛ましいNEWSです。
昼間に自動的に入る暖房で、餓死した弟が無残に腐食する横で、お兄ちゃんは必死で飢えを凌ぎ生き抜いて、若くて綺麗なホステス嬢のママの帰りを待ち続けた。

でも、ママは特定の交際相手の部屋に住み着いて1ヶ月以上幼子の養育一切を拒み、彼氏と成った男の前で低堕落に過ごす。
渋々そんな中帰宅して幼子放置したアパートに戻った時。
「何で生きてるの?」
と長男を見て驚いた。

三男は既に死亡して腐敗し、其のアパートの一室は異臭で充満していた中、長男はママの帰宅が嬉しくて「ママ、遅いよ」と泣きながら飛びついてきたと冒頭陳述で述べられたと言う。
NEWSでは実際此処から先の情報は途絶えましたけど……。

長男は児童保護施設。
三男は死体遺棄。
謎の次男は2004年突然死(恐らく母親の育児放棄による死亡?)

新たな情報がNEWSで報道されました。
この若いママ逮捕されてから、獄中で実は四男も出産していたそうです。

本来、この少子化の御時世四人も男児を産み育てれば勲章モノです。
育児養育だって様々な福祉でもサービスでも取れるし、母子家庭なら養育施設のサービスだって無料でもやってくれる行政や自治体だって利用すれば慎ましくも幸せな家庭だった筈。

 (中略)

女性として、母親として子を産んだにもかかわらず、子育てを放棄し子供に愛情を顧みない身勝手で自己満足で無情の最悪なお手本とも言えるこの事件。

腐敗して変わり果てる弟の姿を見ながら、育児を放棄され捨てられ餓死する様に狡猾に仕組まれた密室殺人の生贄として「死」を望まれていた事を疑わないでママを寒いアパートの一室で待ち続けた長男。
NEWSでしか知らない他人事でも、自分の周囲でこんな悲痛で酷い事が起きていないとは限らない日本だったりします。

(中略)

こんないい加減なママが子供を殺さない様にする対策って何が有るのか考えてみませんか?

赤ちゃんPOST
児童福祉、児童保護等諸々の施設や相談窓口だってございます。
低堕落なお馬鹿達への生活保護や働かないNEETなんかの支援より、早急に充実して欲しいモノです。

年金問題だのなんだので騒ぐ師走の日本。
「偽」の連中に注ぐ福祉や支援より、どうして「命」に関わる本当の危機に税金が使われないのか考えると、納税者として悔しさばかりが募りますね。
それに堕胎や生命を軽視する様な恋愛何か自慢する馬鹿は子供なんか産んで欲しくは無いし、生殖機能を摘出でもして自堕落に遊べば良い。
危険思想かも知れないけど、記憶の片隅に残るNEWSの最新情報を観て心底そう思いました。

私の意見は極端に偏っているかもしれないけれど、こんな酷い事が無い世界に憧れます。
平成と言う時代にありながら、人間に絶望した事件と私の記憶に残る痛ましい「命」と「死」のお話です。

2007-12-18 09:02


【デンマン注】
「ダ・ヴィンチ」さんは、現在「魔女」というハンドル名を使っています。 
一部編集して、画像を加えました。あしからず。

『2006年12月のNEWSの記憶』より

痛ましい事件でしたわ。。。んで、デンマンさんは、どうしてこの記事が目に留まったのでござ~♪~ますか?

このような悲惨な事件は、もちろん、日本だけで起こっているわけじゃないけれど、日本では特にこのような事件が多いのですよう。4歳になる我が子を殺害した進藤美香・受刑者のことを僕は次の記事の中で書きました。

『愛が乏しい無責任大国日本』

(2006年11月18日)

この事件も2006年に起きたのですよう。

カナダでは、このような事件はありませんか?

ここ5年間ぐらい、いや。。。僕の記憶している限り CNNのラジオニュースを聞いていて、カナダ人の女性が自分の子供を殺したと言うニュースを聞いたことがないですよう。

やっぱり、広い土地で暮らすと人間の心までが広く、おおらかになるのでござ~♪~ましょうか?

あのねぇ~、狭いオリの中でハツカネズミでも、サルでも。。。、たくさん入れて飼うと、やがてストレスから殺し合いが始まるそうですよう。

日本の狭い国土には人が多すぎるのでござ~♪~ましょうか?

ストレスがたまる生活をしている人が日本には多いと思いますよう。あの日本の満員電車ねぇ~。。。カナダには満員電車はないですよう。これだけをとってみても、日本の通勤ラッシュでストレスがたまっているサラリーマンはたくさん居るはずですよう。

デンマンさんはストレスのたまる生活をしていないのでござ~♪~ますか?

していません。。。ストレスをためたくないからカナダで生活しているのですよう。うしししし。。。僕のブログを読んでみてください。。。ストレスのたまっている人は、このような記事を書かないと思いますよう。

そうでしょうか?

そうですよう。。。ストレスがたまっていたら、ダ・ヴィンチさんのことを懐かしむような心のゆとりが持てませんよう。卑弥子さんも、そう思いませんか?

【卑弥子の独り言】

ですってぇ~。。。
確かに、ストレスがたまっていたら、ダ・ヴィンチさんのことを懐かしがるような心のゆとりが持てないと思いますわ。

ええっ? ストレスがたまると、どうなるのかってぇ~。。。?

成りすまし馬鹿さんを見てくださいよう。
ストレスがたまっている人間と言うのは、迷惑を振りまいて憂(う)さを晴らすのでござ~♪~ますわ。
人に嫌がられることが分かっているのに、
迷惑な落書きを書き回るのですわ。
成りすまし馬鹿さんを見ていると、その事がよ~く分かります。
あなたも、そう思いませんか?

とにかく、まだ面白い話が続きますわ。
どうか、あなたも、またあさって読みに戻ってきてくださいね。
では、またねぇ。。。

ィ~ハァ~♪~!

メチャ面白い、

ためになる関連記事


■ 『きれいになったと感じさせる

下着・ランジェリーを見つけませんか?』

■ 『ちょっと変わった 新しい古代日本史』

■ 『面白くて楽しいレンゲ物語』

■ 『カナダのバーナビーと軽井沢に

別荘を持つことを夢見る小百合さんの物語』

■ 『今すぐに役立つホットな情報』

■ 『 ○ 笑う者には福が来る ○ 』

■ 『漢字馬鹿の再来 (2009年2月13日)』

■ 『漢字馬鹿の悦楽 (2009年2月15日)』

■ 『漢字馬鹿の自己矛盾 (2009年2月17日)』

■ 『あなた、おかえり (2009年2月19日)』

■ 『脳内漢字馬鹿 (2009年2月21日)』

■ 『他人の不幸は蜜の味 (2009年2月23日)』

■ 『漢字馬鹿の恋 (2009年2月25日)』

■ 『馬鹿のモデル (2009年2月27日)』

■ 『漢字馬鹿さん元気?(2009年3月25日)』


 
こんにちは。ジューンです。

「成りすまし」には罪のない悪戯から

悪質な犯罪にいたるまで

実にさまざまなものがあります。

「煎餅」さんに成りすまして

めれんげさんのサイトにコメントを書くことは

犯罪にはなりませんが

デンマンさんが「成りすまし馬鹿」という

レッテルを貼り付けたように、

社会的に褒(ほ)められるような事ではありません。

欧米では「成りすまし」は

Identity theftと呼ばれます。

簡単に言うと、他人の個人情報を利用して

その人物になりすまし、貯金を引き出したり、

商品を購入したりする犯罪のことです。

アメリカでは1990年代半ばから

盛んになりました。

当初は郵便物などからクレジットカード番号や

小切手を盗み取る手口が主だったのですが、

2003年頃からはパソコンやインターネットを

悪用する例が急増しています。

一般消費者が巻き込まれる犯罪の中では

被害が最大であるとも言われています。

特に問題なのは、

被害者がその被害を完全に立証するまで、

銀行ローンやクレジットカードの利用が

できなくなるため、

信用上大きな損害を被ることであります。

日本語では、「なりすまし犯罪」、個人情報泥棒、

個人情報の盗難、

身元詐称(みもとさしょう)などと呼ばれます。

ところで、英語の面白いお話を集めました。

時間があったら覗いてみてくださいね。

■ 『あなたのための愉快で面白い英語』

卑弥子さんには、ちょっと信じがたいような

恋物語がありますわ。

関心があったらぜひ次のリンクをクリックして

じっくりと読んでみてくださいね。

■ 『平助さんが卑弥子さんに恋をしたのがウンのつき』
  (2005年5月3日)

では、今日も一日楽しく愉快に

ネットサーフィンしましょうね。

じゃあね。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。