アッと驚くマキアベリ!


 
 
2012年11月5日 (月曜日)
 
 
アッと驚くマキアベリ!
 
 

Niccolo Machiavelli (machiavelli.jpg--172x216)

Denman Barclay or Akira Kato

上の絵の中のおっさんがマキアベリです。
フルネームは次のとおりです。
Niccolo di Bernardo Machiavelli
1469年に生まれ、1527年に亡くなってます。

多分知っていると思いますが、念のために、ちょっとひと言。
日本の戦国時代に当たりますが、当時の、イタリアは、
フィレンツェ市国(公国)の役人をしていた人物です。

1513年に、“The Prince” というタイトルの本を書きます。
これはいわば、政権の座にある者のための、
治世の書とも言われるもので、現在の考え方からすると、ひどくエゲツナイやり方で国を治める方法が書いてあります。
したがって,マキアベリズムと言う場合、たいてい、悪い意味に使われることが多いようです。

そういう本を書いたマキアベリもびっくりする、というのですから、藤原鎌足が愛読していた「六韜(りくとう)」という兵書がどのようなものであったか、大体想像がつくでしょう。
たぶんマキアベリは、この兵書を読んでいなかったでしょう。
私の知る限り、マキアベリが「六韜」を参考にしたとは、どこにも書いてありません。
この「六韜」のどこがすごいかと言うと、例えば、

■権力者がいたら側近になって徹底的におだてろ、そうすれば彼は反省を失い判断力が鈍るだろう。

■寵姫がいたらもっと美しいライバルを送り込め、そうすれば宮廷は二つに分かれて大変なことになるだろう。


(yang103.jpg)

■外交使節に隣国から優秀な人物が交渉にきたら話をまとめるな、愚鈍な人物のときにまとめろ、そうすればその人物が重んじられ優秀な人物は失脚し、隣国は弱まるだろう。

というわけで、政略、謀略を通して、
時の政治をどのように操って行けばよいかということが書かれているマニュアル本だったのです。

これには、さらに、「八徴の法」という人物の本性を見抜く八つ
の方法がのっています。

  1. 質問してみて理解の程度を観察

  2. 追及してみてとっさの反応を観察

  3. 間者をさしむけて内通を誘い誠実かどうかを観察

  4. 秘密を打ち明けてその人徳を観察

  5. 財政を扱わせて正直かどうかを観察

  6. 女を近づけてみて、人物の堅さを観察

  7. 困難な任務を与えてみて勇気があるかどうかを観察

  8. 酒に酔わせてみてその態度を観察

エゲツナイといえば、確かに、その通りには違いないわけですが、人間の弱いところ、痛いところを見極めて、なかなか意味のあることを言っています。
もちろん、まともなことも、たくさん書いてあります。
くだらないことばかり書いてある本だとしたなら、藤原鎌足が見向きもしなかったでしょうし、結局現代まで、伝わらなかったでしょう。

この六韜(りくとう)は、周の太公望の撰とされ、「荘子-徐無鬼」という本に「金版六囁」(「囁」は「とう」で「韜」に同じ)と出ています。
現存するものは、それに仮託して3世紀以降に作られた偽作であるという説もあります。
文韜・武韜・竜韜・虎韜・豹韜・犬韜の6巻からなっています。
ちなみにこのうちの「虎韜」から派生した言葉が、今日よく耳にする「虎の巻」という慣用語です。

また三略(さんりゃく)と呼ばれる兵書もあり、これは3巻からなる兵書です。
これも周の太公望の撰で、黄石公(こうせきこう)が土橋の
上で漢の張良に授けたと伝えられています。
しかし、これとても、後世の偽撰書だとする学者が居ます。
老荘思想を基調にした治国平天下の大道から戦略・政略の通則を論述したものですが、日本には遣唐使上毛野真備が初めて伝えたということになっており、「六韜」と併称して、「六韜三略」と呼ばれることが、よくあります。
 
 

日本人とは何か?

Denman Barclay or Akira Kato

藤原鎌足が、なぜ六韜を愛読するようになったのか?
そんな疑問が頭をもたげませんか?
その疑問に答える前に、ここで日本とは何か?
日本人とは何か?をちょっとばかり考えてみたいと思います。
そうでないと、なぜ藤原鎌足が六韜を愛読していたのか、また、それを実践したのか、がよく理解できません。

まず、よく考えなくても分かることなのですが、日本へやってきた人はどういう人たちかというと、それ以前は強い人たちだったかもしれませんが、
戦争に敗れて逃げてきたか、自分が住んでいるところが、戦地になって追い出されてきたか、飢饉や、病気が蔓延して作物がなく、喰いっぱぐれて、着の身着のままでやってきたかの、いづれかです。

もっと時代をさかのぼって、人類史の上から見れば、アジア人がどうして体が小さいかということも、上のような理由で説明がつきます。

つまり、アフリカで、我われの祖先が生まれたわけですから、前のページの地図で見るように、そこから四方八方に広がっていったわけです。


(afroeve.gif)

では、どういう人たちが広がって行ったかといえば、端的に言えば、弱い人たちです。

この「弱い」にも二通りの意味があります。
肉体的に弱いのと、頭脳的に弱いということです。
当時のアフリカ人は肉体的にも、
頭脳的にも強かった。
したがって、肉体的に弱かった人たちが、ヨーロッパやアジアへと、生存競争に敗れ、新天地を求めて去って行ったわけです。

好奇心を満たすために、よその土地へ行くとか、旅行気分で他国へ行くとか、そういうことは、20世紀の後半になってからの話で、
それまでは、99パーセントまでが、喰うために他所へ移っていったわけです。
これは、アメリカの移民史を見ればすぐに分かることです。

アジア人は、そういうわけで、アフリカからアジアへと移住していった。
日本の原住民といわれるアイヌ人でさえ、祖先をたどってゆけば、
そういうアジア人のなかで生活していた時期があったはずです。
ところで、その当時、逃げていった人たちのたどり着いた土地に、
誰も居なかったのか?といえば、決してそうではなかったわけです。
どういう人たちが住んでいたかと言えば、ネアンデルタール人のような人たちが居たわけです。

最近の遺伝子の研究に見るように、
どうやら、我われは、
この人たちから進化してきたのではない事が分かってきました。
それでは、ネアンデルタール人は一体どういう人たちかといえば、もちろん、我われアジア人とは比べものにならないくらいに、肉体的には頑強です。
脳味噌の量も我われとほぼ同じぐらい持っていました。
量だけから言えば、中には、我われよりも、多くの脳味噌を保持していた人も見つかっています。

しかし決定的に我われよりも劣っていた点がありました。
それは何かというと、最近の研究に因って、彼らが言葉をうまく操れなかったということが分かってきたのです。

解剖学的に調べると、彼らの、喉の構造から、余りよく発声ができなかった。
つまり、そのような理由で、たくさんの言葉を持っていなかったらしい。
このことは、戦争のような、
団体行動をとる時には、致命的な欠陥です。

コミュニケーションがよくできないということは、戦略、謀略が効果的に使えないということになります。

これはどういうことかといえば、体の小さなアジア人が、肉体的に頑強なネアンデルタール人に対して、『六韜』を実践することに因って、勝ちぬいてきたようなものです。

そうすることで彼らの土地を奪って、生存競争に生き残ったわけです。
おそらく、生存競争に敗れて絶滅したネアンデルタール人から見れば、
我われホモ・サピエンス・サピエンスは、全く、ずるがしこい人間に見えたでしょう。
ちょうど今の我われが、『六韜』を読んでエゲツナイと感じるように。

ここで、日本に焦点を当てて考えてみたいと思います。
気の遠くなるような年月を経て、ようやくアイヌ民族が東の果てに、到達しました。

果てしのない生存競争に勝ち抜いて、やれやれと思ったことでしょう。
もうこれより東へは行くことができない。
大陸には、もっともっと広い土地があるのに、
どうしてこんな地の果てにやってきたのか?
理由は簡単です。
このアイヌ民族は、もともと好戦的な民族ではなかったからです。

大陸では、町の周りに城壁をめぐらせて、同じアジア人同士が果てしもない戦いを繰り広げている。
アイヌ民族は、もう戦争に懲り懲りした民族だったでしょう。

町の周りに城壁をめぐらすことなど、はなから、ばかげたことだと思っていたようです。
それよりも、みんなで仲良くして、作物でも作って、のんびりと暮らそうじゃないか、と。

したがって、聖徳太子の『和の精神』こそは、先住民族のアイヌ人から受け継いだに違いないのです。
絶対に大陸的発想ではありえない。

その証拠に、魏志倭人伝には、日本では、町の周りに城壁をめぐらしてないということが書かれ、大陸人はびっくりし、あきれています。

いずれにしても、戦争を避けて、暮らそうとすれば、アイヌ民族のように、僻地を選んで生活するしかないわけです。
しかし、いつまでも、そのようなアイヌ民族を、そおっとしておいてくれない。

前に書いたように、戦争に敗れて逃げて来るものが後を絶たない。
自分が住んでいるところが、戦地になって追い出されて来る者も居る。
飢饉や、病気が蔓延して作物がなく、喰いっぱぐれて、着の身着のままでやってくる人たちもいる。
日本はさしずめ、そういう人たちの、吹き溜まりのようになってしまった。

迷惑するのは、先住民族のアイヌ人たちです。
この後の、アイヌの歴史というのは、現在の日本人の先祖に追い立てられて、北海道の片隅に押し込められた歴史です。
したがって、アメリカ・インディアンが、現在のアメリカ人たちの祖先に追われていった歴史と全く同じといっていい。
「歴史は繰り返す」、と言われているとおり、このことは、まさに、その言葉を実証しているものです。

したがって、先住民族のアイヌ人を原日本人と見なす場合、現在日本に住んでいる日本人の95パーセント以上の人たちは、原日本人ではないことになります。

むしろ、在日百済人の子孫、在日新羅人の子孫、在日高句麗人の子孫、在日呉人の子孫というべきところです。
『呉服』という言葉を知っていると思いますが、
これは、呉人が着ていた服のことです。
呉というのは、もちろん下に示す地図で見るとおり中国にあった国です。

Three Kingdoms in China (3goku2.gif--450x368)
(3goku.gif)

Denman Barclay or Akira Kato

さきほど、引き合いにだした魏志倭人伝というのは上の地図に見える、魏という国の人が、倭人、つまり、その当時の日本人について書いた
文章です。
日本人が使っている漢字の読み方には、漢音、呉音、唐音、宋音と大体この4通りの読み方があります。
もちろん、すべての漢字に4通りの読み方があるというわけではありません。
とにかく、日本語で使われている漢字の読み方に、漢音と呉音が多いということを考えれば、いかに、この時代に、日本と中国の交流が激しかったかがよく分かります。
ということは、当然、文物だけではなく、多くの人間が、漢や呉からやってきたわけです。
もちろん、その多くの人たちが、古代の朝鮮半島を経由してやってきたはずです。

おそらく、現在日本に住む99パーセントの日本人は『呉服』という言葉を知っているでしょう。
しかし、聖徳太子が生まれる300年以上も前から、この呉からやってきた人たちが、今で言うなら、最新流行のパリのファッションとでも呼ぶべき、呉服を持ち込んだということは,すっかり忘れていることでしょう。
しかし、日本語としてすっかり定着して、いまだに、呉服屋さんという人たちが居ます。

じゃあ、今、日本に

住んでいる人は

日本人でないの?

これは重要な問題です。
ページを改めて、お話したいと思います。

次のリンクをクリックして読んでみてください。

『一体、日本人とは?』


『マキアベリもビックリ、藤原氏のバイブルとは?』より
(2003年7月17日)


デンマンさん!。。。どうして『新しい日本古代史』の中から上の記事を書き出したのですか?

上の記事にコメントをもらったのですよ。

あらっ。。。珍しいことですわね?

そうですよ。 僕の記事にはめったにコメントをがつきませんからね。

それで、どのようなコメントをいただいたのでござ~♪~ますか?

次のようなコメントです。

From: servicemail@bravenet.com
To: barclay1720@aol.com
Date: Fri, Nov 2, 2012 12:18 am

MESSAGE SENT THROUGH YOUR WEBSITE

This form was submitted: Nov 02 2012 / 00:18:28

userid = barclay1720
FreeCity = oldhist-rikutou-superb
Your_Name =
Your_Email_Address =

Comments :

面白い読み物です

Thank you for using Bravenet Email Form Processing!

あらっ。。。コメントってぇ、たったのこれだけですか?

そうですよ。

これはイタズラではありませんか!?

あのねぇ~、イタズラをするような愚か者は上の記事にはコメントを書かないのですよ。

どうしてデンマンさんは、そのように断定なさるのですか?

卑弥子さんもコメントを書けば解るけれど、投稿すると英語のサイトに誘導されるのですよ。 だから、真面目にコメントを書く人以外は、引いてしまうのですよ。

。。。んで、身元はわかったのですか?

IPアドレスから静岡県に住んでいる人だということが判りました。

IPアドレス: 203.95.50.***

ホスト名 fj***.net203095050.thn.ne.jp
IPアドレス割当国: 日本 ( jp )
都道府県: 静岡県

プロバイダー: TOKAI-NET

組織名: 株式会社TOKAIコミュニケーションズ
Organization:
TOKAI Communications Corporation
登録年月日: 2004/06/30
割当年月日: 2006/06/28
最終更新: 2012/07/11 17:20:08(JST)
ドメイン名: THN.NE.JP
ネットワークサービス名: THN CATVインターネットサービス
Network Service Name:
THN CATV Internet Service

でも、これだけではイマイチ説得力がありませんわ。

どういう意味ですか?

デンマンさんが自作自演していると考える読者が居るかもしれませんわ。

なぜ僕が自作自演しなければならないのですか?

だから、この記事を書くためですわよ。

あのねぇ~、そんな手の込んだことまでして「珍しくコメントがついた!」なんて騒ぎはしませんよ。

でも、“ウラ”が欲しいのですわ。

新聞記者のようなことを言わないでくださいよ。。。卑弥子さんがそれほどまでに言うのであれば“ウラ”を見せますよ。 ちょっと次の地図を見てください。


(hg21103.gif)

これは9月30日から11月3日までに「デンマン・シンジケート」の18のブログと1つのウェブページにアクセスしたネット市民を都道府県別に表示したパイグラフと地図ですよ。

あらっ。。。35日間にたったの 2,914人でござ~ますかァ?? 少ないではありませんか!

あのねぇ~、都道府県が判別できる読者の皆さんだけを表示したものなのですよ。 例えば海外からのアクセスは当然だけれど含まれていないのですよ。

海外からのアクセスもあるのですか?

当然でしょう! 僕のブログには英語の記事も含まれていますからね。 次の Denman Blog (denman word press) のリストを見てください。
 
 
海外からのアクセス
 
 

(wp21019map.gif)


(wp21019.gif)

あらっ。。。今年の2月25日からアメリカ人が957人。。。カナダ人が 317人。。。75カ国からアクセスがあったのでござ~♪~ますか?

見てのとおりです。

。。。でも。。。、でも。。。、都道府県の地図を見ると静岡県がないじゃありませんか!


(hg21103.gif)

上の地図を見ると静岡県は出てません。 この地図は「デンマン・シンジケート」全体のアクセス数ですから。。。

じゃあ、コメントがついた記事が載っているサイトの地図ならば出ているのですか?

そうです。 『新しい日本古代史』サイトは “Beaverland Web” にあるのですよ。 そのウェブーページのアクセス地図を貼り出しますから卑弥子さんもじっくりと見てください。


(hg21103b.gif)

あらっ。。。 静岡県から ”Beaverland Web” にアクセスした人は2人居るのですわね。

そうです。 東京都、大分県、香川県、千葉県に続いて5番目ですよ。

でも、”Beaverland Web” 全体で 27人だけしか居ないのですわね。 どうして少ないのですか?

都道府県が IPアドレスからでは判別できない人たちも居るし、海外からのアクセスは載ってないから、実際には3桁のアクセス数があるはずですよ。

それでも少ないですわよ。

あのねぇ~、歴史のサイトを覗くネット市民が少ないということなのですよ。

つまり、その少ない閲覧者の中からコメントが付いたのでデンマンさんは自慢したいわけなのですか?

いや。。。、別に自慢したいわけじゃないけれど、コメントが付くと、やっぱりうれしいですよ。 上の記事は2003年に書いたものです。 もう10年ほど前になるのですよ。 今でも読んでくれる人が居るのだと思うと、やっぱり記事を書いていてやりがいがありますよ。

【ジューンの独り言】

ですってぇ~。。。
確かに10年前に書いた記事が読まれていると知ると、更に記事を書く励みになるかもしれませんよね。

あなたはブログを書いていますか?
途中で諦めないで書き続けてくださいね。
書き続けていれば徐々に読者は増えてゆくものです。

ええっ。。。その証拠でもあるのかってぇ。。。?

ありますわよ。
次のグラフを見てくださいな。


(hg20831q.gif)

デンマンさんは、ほぼ毎日記事を書いているのです。
上のグラフを見ると毎月ごとに読者が増えてゆくのが判るでしょう?
だから、あなたも毎日ブログを更新すればネット市民の皆様があなたのブログを読むようになりますわ。

ところで、卑弥子さんの面白い話をもっと読みたい人は
下のリンクをクリックして読んでみてくださいね。


『感じてストで和露他』

『笑える漢字クイズ』

『哀れなネアンデルタール』

『佐伯今毛人は臆病者か?』

『笑わせる漢字でござ~ます』

『卑弥子@婚活』

『プロメテウスの第2の火』

『うむうむ、ふむふむ人間』

『コギャルと甘え』

『癒しと水墨画』

『東電八分』

『怒りっぽいあなたに』

『床上手だよ!』

『床上手@docomo』

『漢字で体操ざ~ます』

『曲屁(きょくべ)』

『天神様と東日本大震災』

『日本は良い国か?』

『日本を良い国に…』

『エロい熟女』

とにかく、今日も一日楽しく愉快に
ネットサーフィンしましょう。
じゃあね。バーィ。

ィ~ハァ~♪~!

メチャ面白い、

ためになる関連記事


■ 『きれいになったと感じさせる

下着・ランジェリーを見つけませんか?』

■ 『ちょっと変わった 新しい古代日本史』

■ 『面白くて楽しいレンゲ物語』

■ 『軽井沢タリアセン夫人 – 小百合物語』

■ 『今すぐに役立つホットな情報』

『夢とロマンの横浜散歩』

『愛とロマンの小包』

『下つきだねって言われて…』

『銀幕の愛』

『パリの空の下で』

『愛の進化論』

『畳の上の水練(2011年3月15日)』

『軍隊のない国(2011年3月21日)』

『アナクロニズム(2011年3月27日)』


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。