クレオパトラの殺し文句


 
2011年1月27日 (木曜日)
 
 
クレオパトラの殺し文句
 
 

クレオパトラが生まれた町、アレクサンドリアはナイル河が地中海に注ぐその西端に位置する。 街は北を地中海、南をアレオティス湖、東をナイル河に守られ、その地理的条件からアジア、アフリカ、ヨーロッパを結ぶ貿易の拠点としてうってつけの場所にあった。

しかし、それは紀元前69年、クレオパトラが生まれた頃の話で、デンマンがアレクサンドリアを訪れた2010年の夏には、もはや当時の栄光は、どこにも感じられなかった。

デンマンが泊まっているホテルの部屋の窓からはファロス島が見える。 でも、島と言っても島だったのは大昔のことで、今は陸地とつながっている。

現在、古い要塞が建っている。 かつて、この要塞がある所には世界の七不思議の一つと言われた大灯台が建っていた。 4層からなるこの巨大な灯台は約130メートルの高さを持ち、その光は55キロメートル先の海上の船からも見えたと言う。

しかし、デンマンの目には、その灯台をイメージしようとしても、この小さな港町には不似合いとしか思えなかった。 

朝9時に目を覚まし、遅い朝食をホテルの近くのマクドナルドでとった。

シシカバブのようなものを食べてからデンマンはガイドブックを片手に街を歩いてみた。 大灯台があったと言われる場所からちょっと南へ歩いて裏町へ足を踏み入れれば、そこには16世紀から20世紀初めまで続いたオットーマン・トルコ時代の古い家々が狭い路地の両側にびっしりと詰まっている。 間口の狭い店では色とりどりの香辛料や薬草などを売っている。 その何とも言えない匂いが埃(ほこり)っぽい空気に混じって、一種独特の“エジプトの匂い”をかもし出していた。 アレクサンドリアの街の南端を流れている運河の近くは貧しい人たちが暮らす安アパートが立ち並び、洗濯物が満艦飾のように窓を飾っている。 狭い通路は埃っぽくロバが荷車を引いていたのを見た時にはデンマンはタイムスルップしたのではないかとマジで驚いたほどだった。 しかし、街を歩き回ってもクレオパトラの栄光の昔を偲ぶ事のできる遺跡はほとんどなく、歩き通して疲れただけだった。 

いつの間にやら日が暮れて、腹の虫が鳴き始めた。 世界のどこへ行ってもある中華料理のレストランでチャーハンとブリスケットラーメンを食べたら腹の皮が突っ張って部屋に戻ってベッドの上に横になった。 すぐに睡魔に襲われた。

これまでの疲れが出てデンマンはボロ雑巾のように眠りを貪ったのだった。

ふと目が覚めるとデンマンは、まだ夢でも見ているのかと目をこすった。
ギョッとしたのだ!
窓辺の椅子に裸の女が腰掛けて、デンマンの方をじっと見ているのだった。 彼は、もう一度目をこすった。 しかし、女は消えなかった。 それどころか、さも可笑しいと言うように口を手で隠しながら笑っているのだった。
デンマンは、さらに目をこすってみた。
夢などではなかった。
女はアレキサンドリアでよく見かける日に灼けた感じの現地のエジプト人ではない。 電気もつけない薄暗い部屋の中でも、その肌がフランス人かドイツ人を思わせるような透き通って白い肌であるのが見て取れた。 裸の女は慎み深く笑っている。

“Who … who the hell are you?”

“Cleopatra…hu,hu,hu…”

“No kidding!”

眼をもう一度こすりながらデンマンは女の表情を確かめるように見つめた。
女は相変わらず楽しそうに笑っている。
デンマンは枕元のスタンドの灯りをつけた。
オレンジ色の光が女の白い肌を染めて浮き上がらせた。
黒い髪は金色のヘアバンドで留められ額の中央にはコブラの飾りが施(ほどこ)されている。
左の腕には肩より少し下にコブラを形どったような金色の腕輪をしていた。 それ以外に身に着けているものは何も無かった。

デンマンが驚いたのは時代物の肘掛け椅子に浅く座り、膝を曲げて左脚を椅子の端(はし)に立て、すっきりとした右脚をゆったりと前に伸ばして悠然としていることだった。
太股の奥は丸見えになっている。
見つめては失礼だと思ってもデンマンは吸い寄せられるように目を凝らしていた。
むっちりと盛り上がった水蜜桃の割れ目からは小陰花が鶏頭を二つ合わせたように捩(よじ)れて“背筋”を覗かせている。
その上部で鶏頭の二つのが一つに合わさる所には、コブラが頭をもたげたように小豆の大きさのクリリンスがのぞいている。
スタンドの明かりを受けて、それは真珠のような光沢を浮かべているのだった。
女は太ってはいなかったが豊満だった。
腰の辺りはむっちりとしておりデンマンは思わずゴクリと生唾を飲み下した。
成熟した色香があふれ出している。
もちろん、あの有名なクレオパトラであるはずがない。

クレオパトラの子孫とでも女は言うつもりなのだろうか?
女は笑みを浮かべたままゆっくりと立ち上がりデンマンの目の前に来て立ち止まった。

“What are you thinking of?” 女の表情には優しい笑みが浮かんでいた。

“How… how come you’re here with me?”

“’Cause you’ve been thinking of me for so long.”

“How do you know?”

“You’ve been looking for me in this town, haven’t you?”

“Give me a break. どうしてクレオパトラが英語を話すの?”

“あなたのために英語を習ったのよ。私が語学の才能があることをあなたも良くご存知でしょう?” 女は少女のように屈託なく笑って見せた。

それからベッドの端に腰掛けているデンマンと並ぶように女は腰を下ろした。
甘ったるい香水の匂いがデンマンの鼻腔をくすぐる。
何の匂いだろうか? これまでに感じたことがないような官能的な匂いが彼の欲情を刺激した。
しかし、心のどこかで“騙されるな!”という声がしてデンマンは、もう一度ゆっくりと女の表情を見つめた。

まだ私を疑っているのね?

クレオパトラの子孫としても初対面の僕に一糸まとわぬ裸で、こうして会うのは常識はずれとは思わないの?

あらっ。。。あなたの口から“常識はずれ”という言葉を聞くとは思わなかったわ。 あなたは、お父様の葬式にも出なかったほどの常識破りじゃありませんか!

ど。。。ど。。。どうして、そんな事まで知ってるの?

だから言ったでしょう! 私はあなたの事を、もうずいぶん前からじっと見守っていたのよ。

ずっと以前から? でも、どうして。。。?

あなたが私の記事を書いたからよ。

僕があなたの記事を書いたから。。。?

そうよ。。。覚えているでしょう?

覚えているも何も、僕は。。。僕は今夜初めてあなたに会ったのですよ。

あなたは、そう思っていても私にとってあなたはまるで夫のような身近な存在なのよ。 うふふふふ。。。そうでなければ、こうして一つの部屋で私が裸であなたに向い会うなんて考えられないわ。 うふふふふ。。。

あのねぇ。。。、そのような事を僕に信じろと言っても無理ですよ!

あなたは私がでまかせを言っていると思っているのね?

女の表情から初めて笑みが消えた。 浮気した夫に向かうように冷たい表情が浮かんでいた。 デンマンは一瞬女から身を引いた。 しかし、女は挑戦するような態度で身を近づけてきた。
夏のアレクサンドリアの夜はまだ蒸し暑かった。それでもデンマンは身震いする程の冷たさを感じた。
女の乳房がわずかに硬く引き締まり、乳首がつんと上を向くように見えた。
それは子供を産んだことのある大きな乳首だった。
決して寒くはないのに乳首の周りの肌に鳥肌が立つようにブツブツが見えた。

あなたは私の言うことを信じていないようだから、私が読んだ記事をここに書き出すわ。

まだ僕が可愛い小学生だった頃、一学年全部で(350人ほど)近くの映画舘へ『孫悟空』(アニメ)を見に行きました。
僕の幼い頭に強烈に残ったシーンは次のようなものでした。
孫悟空がお釈迦様の手のひらに乗って、大きな顔を仰ぎ見て、話しかけているシーンです。
お釈迦様がちょうど、奈良の大仏のように、とてつもなく大きな人物として描かれていました。

孫悟空はお釈迦様に向かって言いました。「オイ、俺はすごいんだぜ!この世の端から端まで、ひとっ飛びで行ってきたんだ。」

お釈迦様は慈悲に満ちた優しい顔で笑っています。「そうかね。おまえは、そんなにすごいことが出来るのかね。でも、この世の端から端なんて、ちょっと信じられないが、何か証拠でもあるのかね?」

「もちよ、あたりきよ。あるに決まってるじゃないか!俺はよ、この世の端まで行って、大きな崖にでかい筆を使って俺の名前を書いてきたんだぜ。それが何よりの証拠さ。嘘だと思ったら、見て来なよ。でも、あんたのように、ここにジット座っていたんじゃそれも無理だろうがね」

お釈迦様は、それでも優しいまなざしを向けて笑っています。

「しかし、見る人が見ると、そうは思わないのだがね」

「だって、あんたは、ここにじっとして座ったままじゃないか!この世の果てなんて行けっこないじゃないか!」

「そうか、おまえには、そうとしか思えないのか」

そこで、お釈迦様はおもむろに、もう一方の手の平を広げたのです。すると中指に、さっき、孫悟空が大きな筆で書いた名前が、書体も同じに全く瓜二つに書かれてあったのです。

「おまえが、この世の果てに飛んで行って書いたというのは、このことかね?」

孫悟空はびっくりデス。この世の果てと思ったのに、何とお釈迦様の手の平に書いていたのです。

「おまえは、この世の果てまで行ったというけれど、私の目には、こちらの手の平から、もういっぽうの手の平へ移動したに過ぎないんだ」

このようなシーンだったのです。

さて、お釈迦様になったとしたら、僕はクレオパトラに向かって次のように言ったかもしれません。

「あなたは、確かに恋に生き、愛に生き、政治にどっぷりとつかり、権力も手中に収め、財宝も思いのままにしてきました。しかし、あなたも、結局、孫悟空とたいして変わりがなかったのかもしれませんね。50歩100歩というところでしょうか」

「そうでしょうか?とにかく、私、疲れました」

「そうですか。私はあなたが自殺することを薦めはしませんが、そうかといって、止めもしません」

「私、とにかく疲れました。やるだけのことはやったのです。あなたの目には、孫悟空を見ていたのと同じように、私が、あなたの手の平の中で悪あがきをしていたように見えるでしょうが、それでも私は精一杯生きてきたのです。でも結局、このようにしかならなかったのです。もう、ホントに疲れたのです」

「人間は一度は死ぬのですから、早いか遅いかの違いだけです。あなたはご自分で、これまで十分にやってきたと思われるのなら、この辺でラクになるのも良いでしょう」

クレオパトラのような派手な人生を歩んだとしても、結局、御釈迦さんが見れば、彼の手の平の中で、うごめいていたということで人生が終わってしまう。
やるだけのことをやったけれど、結局思うようにはならなかった。
挫折のあとの、あきらめと、ためいきと。。。
そして、クレオパトラは言った事でしょう。「私は、とにかく疲れました」と。
そんなクレオパトラの様子を見たらお釈迦様の言う事は一言しかないですよね。
「人間は一度は死ぬのですから、早いか遅いかの違いだけです。あなたはご自分で、これまで十分にやってきたと思われるのなら、この辺でラクになるのも良いでしょう」


『不倫にこだわっていませんわ』より
(2006年9月21日)

お釈迦様の言う事はもっともだわ。 でもねぇ、あなたは大切な事を書いてないのよ。

ん。。。? 大切な事。。。? それって何。。。?

だから、わたし、こうして出て来たのよ。 それを言い終えるまで帰れないわ?

帰るって、どこに。。。?

あの世に決まってるじゃない!

それを信じろと、あなたは言うの?

“信じる者は救われる”

あなたの生まれ育った国にも上のような諺があるでしょう?

僕はすでに救われているので、あの世など信じなくてもいいんだよう! 。。。で、一体どこで上の記事を。。。?

ネットでゲットしたのに決まってるでしょう!

しかし、あなたは日本語も習ったの?

習ったから、こうしてあなたと日本語で会話しているのじゃないの。。。うふふふふ。。。

あのねぇ、クレオパトラは英語も日本語も話さなかったんだよ!

確かに紀元前30年に亡くなるまでのクレオパトラは英語も日本語も話さなかったわ。 でも、それまでの私は近隣諸国のほとんどすべての言葉を話すことができたのだわ。 だから、エチオピア人、アラビア人、ヘブライ人、シリア人、メディア人、パルティア人。。。、と通訳を使うことなく私は直接会話したものだわ。 そのことを考えれば英語も日本語も私にとって習うのに難しい言葉ではなかったのよ。

。。。で、あなたはマジで自分がクレオパトラだと信じているの?

あなたには信じられないの?

今年は2010年。 クレオパトラが亡くなったのは紀元前30年。 もし、あなたがマジで生き続けてきたとしたら、あなたの年齢は2040歳。 そんな馬鹿な話を誰が信じると思う?

私は生き続けたのではなくて生き返ったのよ。 仏教にも“輪廻(りんね)”というのがあるでしょう! あなたは常識破りの人じゃないの! あなたの記事をネットで読んで、あなたなら理解できると思ったのよ。

クレオパトラがネットまでやるとは思わなかったなァ。。。うしししし。。。

だから、私は生き返ったと言ったでしょう。

あのねぇ、冗談も、これほどバカバカしくなると、もう冗談じゃない。 妄想と言うよりも、重症の精神病患者のたわ言のように聞こえる。 このホテルの近くに精神病院でもあるの?

そんな物があるわけないでしょう! 初対面の私がどうしてあなたが書いた記事のことを知っているのよ? 良く考えて御覧なさいよ! あなたの目の前に一糸まとわぬ姿で出てこれるのも私があなたの事を充分に知り尽くしているからじゃないの!

あのねぇ、そう言うことを言って欲しくないなあああァ。。。まるで僕がインポで、僕に抱かれる心配がまったくないと、この記事を読む人が考えてしまうじゃないか!

あらっ。。。あなたは、そんな事まで心配しているの? うふふふふ。。。

あのねぇ、僕は今でも、あなたに飛びついて欲情の限りを尽くしてアレクサンドリアの一夜を思い出の一夜にしようと考えているんだよ。

分かってるわよう!

分かってるなら、そのような扇情的な格好で出てきて欲しくなかったなあァ~!

だってぇ、あなたのオツムの中のクレオパトラのイメージは、このような一糸まとわぬ姿じゃないの!

ど。。。どうして。。。、どうして、そこまでのことが分かるの?

だから言ったでしょう! 私は上のあなたの記事を読んでから、ずっとあなたのことを見守ってきたのよ。

どこで。。。?

もちろん、アレクサンドリアからよ。 あなたの記事をずっと読んでいたのよ。

それで、僕がアレクサンドリアへ来ることを知ったわけ?

そうよ。

でも、どうしてこのホテルだと分かったの?

あなたは小百合さんに、このホテルの住所を知らせたじゃないの!

あれっ。。。あなたは僕のメールを盗み読みしたの?

うふふふふふ。。。

それってぇ、不正アクセスだよ!

そのような堅苦しい事を言わないでよ! やっとこうしてあなたに会えたのじゃないの!

僕はまだ、あなたがクレオパトラの生まれ変わりだと信じてないんだよ! これは一体何の真似なの? 僕は007ではないんだよ! 僕を付け回したところで、あなたが知りたいこと、求めていることを得ようとしても無理! 不可能だということを僕はここではっきり言っておくよ!

私はあなたが考えているようなCIAのスパイでもMI5のスパイでも、イスラエルのスパイでもないのよ。 あなたの記事のネタになると思ったから出てきたんじゃないの!

マジで。。。?

少しは信じる気になった?

ところで。。。いつまでも裸でいないで、おばさんパンツでも穿いたらどうなの?

だってぇ、私がこのままの格好でいる方があなたはいいのでしょう?

うへへへへ。。。確かにそうなんだけれど、チラチラ、チラチラと女の花びらが覗いているので、気が散って話に集中できないんだよ!

分かったわ。 ちょっとベッドから離れてよ。

何すんのォ~?

シーツをこうして剥ぎ取ってねぇ、それで、こうして体に巻きつければ、どう?。。。ドレスのようになるでしょう!? うふふふふ。。。

もちろん、デンマンは、まだ彼女がクレオパトラの生まれ変わりだなんて信じていない。 しかし、クレオパトラだと主張するこの女に興味を持ち始めていた。 話をしているうちに悪い女だとは思えなかった。 心の片隅で“騙されるな!”という声は未だに木霊(こだま)しているけれど、デンマンは、この女をもっと知ろうと思い始めていた。

クレオパトラの時代、学校がいちばん力を注いだのは文学の授業であった。 生徒たちは、ギリシアの古典のなかから注意深く選ばれたテキストを使って、豊かな文学知識を身につけた。 クレオパトラも、ホメロスやヘシオドスの詩に親しみ、エウリピデスの悲劇やメナンドロスの喜劇で人間を理解し、ヘロドトスやトゥキュディデスの書物で歴史を学んだ。 修辞学は、ギリシアの雄弁家デモステネスの演説集を使って勉強した。 また、肉体的な鍛錬も怠らなかった。 クレオパトラは乗馬の名手であった。

環境に恵まれていただけでなく、クレオパトラには才能もあった。 特に語学の才能は素晴らしく、複数の外国語を自由に操ることができた。 多少誇張は混じっているだろうが、ギリシアの歴史家プルタルコス(46頃ー120年頃)はこう伝えている。 「クレオパトラの舌は、広い音域を使ってさまざまな音楽を奏でる楽器のようなものだった。 彼女はどんな国の言葉でも思うままに話すことができた」


36-37ページ 『クレオパトラ』
1999年3月20日第1版第3刷発行
著者: エディット・フラマリオン 吉村作治・監修
発行所: 株式会社 創元社

クレオパトラには確かに語学の才能があった。 でもねぇ、ギリシアやローマの歴史家はクレオパトラの悪口をずいぶんと書いた。 例えば、紀元1世紀に活躍したユダヤの歴史家・フラヴィウス・ヨセフスは『ユダヤ戦記』の中で次のように書いている。

この貪欲で野心的な女王は、残酷な方法で親族を血まつりにあげ、ただ一人生き残ると、それに飽き足らず、その凶暴な怒りを外の人々に向けた。


119ページ 『クレオパトラ』
1999年3月20日第1版第3刷発行
著者: エディット・フラマリオン 吉村作治・監修
発行所: 株式会社 創元社

あなたは私が貪欲で残酷な女だと思っているの?

いや。。。そうは思ってないけれど、クレオパトラが善良なだけの女だとも思っていない。

歴史って勝者の歴史だということをあなただって知っているでしょう?

うん。。。確かに歴史が勝者の都合のいいように歪められることはよくあることだよ。

ギリシアやローマの歴史家たちは勝者であるローマ帝国初代皇帝・アウグストゥス(オクタヴィアヌス)の業績を讃(たた)えるために、彼の敵であった私とアントニウスを必要以上に悪く書いているのよ。 でもねぇ、私に手厳しかったローマの歴史家・ディオン・カッシオス(紀元150年頃ー235年頃)でも、次のように書いているのよ。

彼女は見た目も美しく、

彼女の話は魅力的で、(中略)

恋に抵抗する人や、

情熱を忘れた老人の心まで

征服することができた。

でもプルタコスは「クレオパトラの美しさは、それだけで並はずれたものではなく、見る人に衝撃を与えるという質のものではなかった」と、書いている。

あなたは、この私を見てどう思うの?

あのねぇ、プルタコスは次のようにも書いていた。 つまり、クレオパトラは不思議なほど人を惹きつける力があったと。。。僕はクレオパトラが受けた教育を眺め渡したときに、ただ美貌だけで男を惹き付けた女ではないと思いましたよ。

あなたが、そう言ってくれて嬉しいわ。

。。。で、あなたが、これまで男に言った言葉の中で一番印象に残っている“殺し文句”って何?

そのような事はあまり言いたくないわね。。。でも、あなたは、まだ私がクレオパトラだとは信じていないようだから話してあげるわ。 そもそも、オクタヴィアヌスにとってアントニウスは邪魔者だったのよ。 それでオクタヴィアヌスは私が彼を殺したら私の命を助けてくれると言ったの。

確か、クレオパトラはオクタヴィアヌスの申し出を拒否した。。。そうだったよね?

そうよ。。。私は拒否したわ。

どうして。。。? 誰だって自分の命が一番大切だと思っている。 そうでしょう!?

あなたは、いつだったか“生きることって愛すること”という記事を書いていたでしょう?

『生きることって愛すること?』

(2010年12月18日)

『生きることって愛することだよね』

(2010年12月26日)

うん、うん、うん。。。確かに上の2つの記事を書きましたよ。 よく覚えていますね?

だってぇ、私は2つの記事とも読んだのよ。 あなた自身は“生きることって愛すること”だと信じていないの?

もちろん、信じてますよ。

だからこそ、私はあえて、この殺し文句のエピソードをあなたに話すのよ。

。。。で、アントニウスの間に何があったのですか?

恐らくアントニウスもオクタヴィアヌスの申し出について、それとなく気づいていたと思うのよ。

でも、クレオパトラはオクタヴィアヌスの申し出を断固として拒絶した。 そうでしょう?

アントニウスも、あなたのように疑い深かったのよ。 うふふふふふ。。。

それで。。。?

私は何とかして私の真心をアントニウスに知って欲しかったのよ。

。。。で、どうしたのですか?

オクタヴィアヌスの申し出があってから1週間ほどして、私はいつにも増して着飾って食卓に着いたの。

アントニウスと食事をするために。。。?

そうよ。。。アントニウスが喉が渇いたと言って葡萄酒の入ったグラスを手にしたの。 でも私は彼の注意を引くように飼い馴らされたライオンの話をしたの。

それで。。。?

アントニウスは私の話に耳を傾けたわ。 彼が面白そうに聞いている時に、私は冠(かんむり)から花を摘んでアントニウスのグラスに入れたの。。。

どうして。。。?

その花には毒薬がふりかけてあったのよ。

つまり、葡萄酒に毒が混ざった。。。それで。。。?

私の話が終わるとアントニウスは喉の渇きを思い出したようにグラスを口に近づけようとしたわ。

もちろん、アントニウスは飲んだわけじゃないでしょう!?

私はグラスを彼の手からとったわ。

どうして。。。?

侍女のカルミオンに言いつけて死刑囚を一人連れて来るように言ったの。。。

死刑囚。。。?

そうよ。 アントニウスのグラスを渡し、葡萄酒を飲むように言ったの。

それで。。。死刑囚は死んだ?

死ぬ宿命にあった人だから、遅かれ早かれ死なねばならなかったのよ。 葡萄酒を飲んであの世に逝けたのだから儲けものだったのよ。

それで。。。?

私はアントニウスに向かって言ったわ。 「もし、あなたが居なくても生きて行けるなら、私はグラスをあなたの手から奪わなかったのよ」と。。。

なるほど。。。アントニウスはあなたの真の心が分かって、以前にも増してあなたを愛し始めたと言うわけ?

うふふふふふ。。。あなたも、やっと私がクレオパトラだと判ったようね?

【卑弥子の独り言】

ですってぇ~。。。
確かに考え深いエピソードでござ~♪~ますわ。
でも、デンマンさんは本当に判ったのかしら?
何か、もう一言あるような気がするのですわ。

アントニウスを毒殺すれば、クレオパタラは自分の命をオクタヴィアヌスに助けてもらうことができたのよね。
でも、アントニウスを殺さなかった。
つまり、ローマ帝国はオクタヴィアヌスの物になるだろうと分かっていながら、あえてアントニウスからオクタヴィアヌスに乗り換えなかった。
要するに、乗り換えなければ、死ぬかもしれないけれど、愛のために生きたとクレオパトラは言いたいわけなのよね。

でも、この程度のエピソードでクレオパトラが愛に生きたと信じてしまうようなデンマンさんではないと思うのですわ。
あなたは、どう思いますか?

とにかく、次回も興味深い話題になるはずですわ。
だから、あなたもどうか読みに戻ってきてくださいませぇ。
じゃあねぇ~。。。

 
メチャ面白い、

ためになる関連記事


■ 『きれいになったと感じさせる

下着・ランジェリーを見つけませんか?』

■ 『ちょっと変わった 新しい古代日本史』

■ 『面白くて楽しいレンゲ物語』

■ 『カナダのバーナビーと軽井沢に別荘を持つことを

夢見る小百合さんの物語』

■ 『今すぐに役立つホットな情報』

■ 『 ○ 笑う者には福が来る ○ 』

 『あなたもワクワクする新世代のブログ』

■ 『バンクーバーの寒中水泳』

こんにちは。小百合です。

わたしがデンマンさんにお逢いしたのは

2010年の11月でしたわ。

デンマンさんはお酒が飲めないので

葡萄酒ではなくてアイリッシュコーヒーを

いただいたのですけれど、

キザにも薔薇の一輪挿しを持ってきて

テーブルに置いたのですわ。

私をロマンチックな気分にさせようとしたのかしら?

なんだか底が見え透いているようでしたけれど、

あえて薔薇の一輪挿しを持って来たという

“常識はずれ”が、滑稽でもあり、また可笑しくもあり

でも、笑って済ませるのは失礼になると思って

黙っていたのですわ。

だからと言って、無視するわけにもゆかないので、

次にお逢いした時に、ローズティーを入れてあげたのでした。

けっこう、私も演技できるようになりました。

うふふふふ。。。

それにしても私と逢う3ヶ月ほど前に

アレキサンドリアでデンマンさんはマジで

クレオパトラさんに会ったのでしょうか?

一糸まとわぬ姿で現れたなんて、

ちょっと信じることができませんわ。

私なら、少なくともおばさんパンツを穿いて

登場したと思うのですわ。

うふふふふふ。。。

ところで、ジューンさんが英語の面白いお話を集めました。

時間があったら、ぜひ覗いてくださいね。

『あなたのための楽しい英語』

とにかく、今日も一日楽しく愉快に

ネットサーフィンしましょうね。

じゃあね。

コメント / トラックバック1件 to “クレオパトラの殺し文句”

  1. 女に冷たい女 « Denman Blog Says:

    […] ■『クレオパトラの殺し文句』 […]

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。