白河ラーメン


   
2010年1月6日 水曜日
 
 
白河ラーメン
 
 
引っ越し大騒動
 
 

Subj:今朝はいつより早く起きました。

\(@_@)/ きゃはははは。。。

Date: 10/12/2009 11:16:21 AM
Pacific Standard Time
(日本時間:12月11日金曜日午前4時16分)
From: green@infoseek.jp
To: domini@yahoo.co.jp
CC: barclay1720@aol.com

最近、午前5時か6時ごろまで本を読んでいるので、
起きるのがお昼を越えていることも珍しくありませんでした。

夕べは小百合さんにメールを出してから、
これまで書いた記事を読み返して
それから井上靖の『風林火山』を読んで寝たのが午前3時20分でした。

今朝は午前10時に起きました。
オレンジもなくなってしまい。
今日はデンマン・モールへ食料の買出しに行かねばなりません。
あるのはコーヒーと米だけです。

\(^Д^)/ ギャハハハハ。。。

小百合さんもできるだけ早めに仕事の悩みは忘れ、
人生に有意義なことをしてください。

それから、子供のことでは、いつも子供の味方で居てあげてね。
学校の問題では、学校の先生にも半分の責任があります。
子供の担任の先生に理解力が無かったのですよね。
先生にも間違いなく問題がありますよう!

僕はブログにも書きました。

『幸福の谷(2008年4月6日)』

『母親心(2009年7月24日)』

先生は、安定した職業として中小企業に就職するよりも良いと思って、
安易に先生になる学生が増えた。
本当に意欲を持って生徒に教えようとする先生が我々が子供の頃よりも、確実に減っているのですよう。

小学校、中学校を振り返って、僕は良い先生にめぐり合えたと天に感謝しています。
だから、せめて、小百合さんだけは、いつでも子供の味方で居てあげてね。

僕の弟も問題を起こしましたが、お袋は常に弟の味方でした。
だから、弟は自殺しなかった。

生きていれば、

人間は再起が可能です!

とにかく、あまり心配しないで、小百合さんも充実した人生を送ることの方をしっかりと考えてください。
金にがめつい“おっさん”とやりあっても人生は豊かにはなりません。
お金で済むことは、お金で済ませればそれで事足ります。
“おっさん”も、命まではとらないのですからね。。。

\(@_@)/ きゃはははは。。。

それよりも軽井沢で癒されてください!
小百合さんが軽井沢タリアセン夫人として夢とロマンに満ちた充実した人生を送れるように応援しますう。
では。。。

(\__/)
(+’.’+)
(“)_(“)

じゃあねぇ~

件名:Go! Go! Skiing!

日付: Fri, 11 Dec 2009 21:22:50 +0900 (JST)
差出人: “domini@yahoo.co.jp”
宛先: “green@infoseek.jp”

Thanks

I had enjoyed to talk with you by overseas call.
New year is coming soon.

please take a good care of yourself.
I’m OK, stronger than you.
Go! Go! Ski Ski!

自宅より  21:22

さゆり

デンマンさん。。。どうして小百合さんは英語で返信を書いたのでござ~♪~ますか?

多分、軽井沢駅のキオスクか軽井沢町の図書館で下書きを書いておいたのですよう。

軽井沢駅のキオスクと軽井沢の図書館では、日本語が使えないのでござ~♪~ますか?

見るだけに設定してあるらしいのですよう。

どうして。。。?

日本語が書けるようにしておくと、一人が1時間も2時間もパソコンを占有してしまう。長い待ち行列ができてしまうからですよう。

でも、上のような短い英文ならばすぐにでも送信できるではありませんか?わざわざ自宅に戻ってから送信する必要はないでしょう?

あのねぇ、時間の余裕があった時に小百合さんは下書きを書いておいて、それを軽井沢に居るときに送信するつもりだったのですよう。でも、書いてから、いろいろとやることができて、結局、軽井沢からは送信できなかった。

それで、自宅に戻ってから小百合さんは送信したわけなのでござ~♪~ますか?

それ以外に考えられません。

。。。んで、なんでデンマンさんは上の12月のメールを持ち出してきたのですか?

小百合さんは、最近、ゆっくりと落ち着いた気分でメールを書いている時間がないほど、仕事のこととか、子供のこととか。。。、それでなくても、師走と正月にかけては家庭の主婦は忙しいのですよう。卑弥子さんのように何もせずに、ルンルン気分で白河ラーメンを心ゆくまで食べている暇などないのですよう。

白河ラーメン

白河ラーメンは、福島県白河市を中心に供されているラーメン。
スープは濃い目の醤油ベース。
豚骨、鶏ガラが主体で、海産物はあまり使われない。

麺は多加水の幅広縮れ麺を使用する。
伝統的には、木の棒で麺を打ち、包丁で切り出し、手で揉んで縮れをつける。

具はネギ、チャーシュー、メンマ、鳴門巻き、ホウレンソウなど。
チャーシューは縁を食紅で塗り、炭火で焼いてから醤油で煮るスモーキーなもの。

全体的にクラシックなスタイルのラーメンで、古き良き時代のなつかしい東京ラーメンを彷彿させるラーメンとして知られる。


出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

『なぜ白河?(2010年1月4日)』に掲載

あたくしのことも白河ラーメンの事も、ほおって置いてくださいな。今は、小百合さんのお話しをしているのですから。。。

だから、小百合さんも、この時期には大忙しなのですよう。

その事と、タイトルの『引っ越し大騒動』が関係あるのでござ~♪~ますか?

小百合さんも大忙しで大変だろうけれど、それ以上に大変な思いをしたのが忍藩の殿様と家老を含めた藩士たちだったのですよう。

どうして。。。?

「三方領知替え」ですよう。

「三方領知替え」

忍藩主阿部・豊後守(ぶんごのかみ)が陸奥国・白河藩へ、
白河藩主の松平・越中守(えっちゅうのかみ)が伊勢国・桑名藩へ、
桑名藩主松平・下総守(しもふさのかみ)が、武蔵国・忍藩へと移る。

白河藩隠居だった元老中首座・松平定信が、港湾財源を持つ桑名への転封を狙って仕掛けたものとされている。
一説には(白河藩主の松平)定永が江戸湾の海防警備への負担に耐え切れずに下総国佐倉藩への転封を願ったところ、佐倉藩主・堀田正愛の抗議を受けて紛糾したため、佐倉藩が白河藩の替わりに江戸湾警備を引き受ける代償として行われた懲罰的転封を受けたとの説もある。
ところで、定永は定信の長男。


『Wikipedia 三方領知替え』より

『なぜ白河?(2010年1月4日)』に掲載

三藩が順繰りと動くのだから、のんびり構えているわけには行かないのですよう。しかも、一家族や二家族が移動するわけではないのです。藩主の家族を含めて、家老から足軽まで、何千人という藩士とその家族が大移動するのですよう。

一つの町全体が引っ越しするようなものでござ~♪~ますわねぇ~。。。?

そうなのですよう。大変なことですよう。今で言えば、桑名市民が行田市に移り、行田市民が白河市に大移動し、白河市民が桑名市に引っ越しするのですよう。三市民の民族大移動ですよう。

確かに、すさまじいですわねぇ~。

しかも、この大移動があることを忍藩の阿部家と桑名藩の松平家は、全く予想もしていなかった。

なぜ。。。?

阿部家は、藩祖・阿部忠秋(ただあき)以来、184年もの問、忍藩主だったのですよう。しかも、武蔵国の他の譜代藩が転封を繰り返す中で、忍藩だけがその地位を保ってきた。

つまり、忍藩の方々は引っ越すことなどありえないと信じきっていたのでござ~♪~ますか?

そうですよう。

。。。んで、桑名藩の松平家は、どうでしたの?

桑名藩でも正徳元年より、113年間も桑名藩主にあったから、もう動くことは無いだろうと考えていたのですよう。

この「三方領知替え」は忍藩と桑名藩にとっては寝耳に水だったのでござ~♪~ますわね?

その通りですよう。だから、もう、忍藩でも桑名藩でも、大移動の準備で大騒ぎとなった。 まず、すぐに領内の年頁、林等の取調べが行なわれた。命令が出た翌日には「屋敷内を荒らすな。平穏に暮らせ。あらぬ行動をとるな」というような通達が出された。次に藩主名で転封の心構えについて指示が出された。さらに、家臣の屋敷内の戸、障子、襖、畳まで、全てそのままにしておけ、門・櫓・塀に落書するな、掘にゴミを捨てるなといった通達まで出された。5月にはいると、白河へ運ぶ家財道具や武具類の運搬準備、家族の通行手形の準備などがあわただしく進められていったのですよう。

確かに、大変でござ~♪~ますわね。

忍藩では、さらに大きな問題を抱えていた。

どのような問題でござ~♪~ますか?

藩主・阿部正権(まさのり)が重体になってしまった。

大移動のことを知ってショックのあまりに病気になってしまったのでござ~♪~ますか?

あのねぇ~、藩主の正権(まさのり)さんは、生まれた時から虚弱体質で病気がちだったのですよう。だから、確かにショックを受けたのかも知れないのですよう。ただ問題なのは、1823(文政6)年3月24日、老中・青山忠裕(ただひろ)により江戸城に呼ばれて白河に移るように言われた時には、まだ満17歳だった。

病弱なお坊ちゃんだから、当然独身ですよね?

そうなのですよう。このまま危篤になって死亡したら、跡を継ぐ子供が居ないので、阿部家は断絶になる可能性がある。

お家断絶になったら、藩士は浪人になって、その日から暮らしに困るのでしょう?

そうですよう。そうなったら、引っ越しどころではないですよう。とにかく、生活が大切だから、さっそく家老たちが顔をつき合わせて策をねった。

どうしたのでござ~♪~ますか?

幕府の老中に宛てて、正権(まさのり)の領知返上と養子への相続願を提出した。勿論、目的は養子相続。その後、養子候補の選択を行なった。

。。。んで、候補は決まったのでござ~♪~ますか?

とにかく、忍藩士の生活がかかっていますからねぇ。家老たちも必死で探しまくったのですよう。それで、紀州藩主・徳川治宝(はるとみ)の弟・松平頼興(よりおき)の子・房丸(ふさまる)を、養子として貰い受けることに決めたのですよう。

その房丸(ふさまる)さんが現藩主の跡を継ぐのですか?

そうです。さっそく、房丸さんは阿部正篤(まさあつ)と改名して、8月27日に阿部家の江戸藩邸に入ったのです。これで藩主がいつ亡くなっても阿部家が断絶することはなくなった。

つまり、藩士が浪人することはなくなったのでござ~♪~ますわね。

そうです。それで、やっと安心して、また大移動の準備を始めたのですよう。大移動の第一陣は9月に白河へ向けて出発していった。そして9月25日に、白河城を引き継いだ。9月28日には忍城を桑名藩に引き渡した。それを見届けて安心したように10月6日、病状が回復しないまま、17歳の阿部正権さんは、江戸藩邸で亡くなったのです。

あらっ。。。、まるでシナリオ通りに事が運んでしまったのでござ~♪~ますわねぇ~。

そうなのですよう。養子に迎えた阿部正篤が、白河藩主として17歳の正権さんの跡を継いだのですよう。。。とにかく、松平定信が根回ししたおかげで、忍藩と桑名藩はトバッチリを受けて、えらい目にあってしまったのですよう。

でも、江戸時代のミーちゃんハーちゃんも松平定信がこの大移動の引き金を引いたと知っていたのでござ~♪~ましょうか?

知っていたのですよう。

その根拠でもあるのでござ~♪~ますか?

あります。江戸時代に書かれた『続徳川実紀』に、次のような狂歌が取り上げられているのですよう。

住みなれし 忍をたちのき あべこべに

お国がえとは ほんに白河


白河に ふるふんどしの 役おとし

こんど桑名で しめる長尺


蛤の 殻までおけと 越中が

おし桑名にも くれて下総

これだけでは、なんだか良く分かりませんわ。

じっくりと上の狂歌を読むとねぇ、松平定信が根回しして桑名を手に入れたことが書いてあるのですよう。

もう少し分かり易く説明してくださいな。

分かりました。卑弥子さんにも分かるように書き出しますから読んでみてくださいね。

住みなれし 忍をたちのき あべこべに

お国がえとは ほんに白河

住み慣れた阿部家の忍藩領から立ちのいて、あべ(安部)こべに白河藩領に行くなんて、本当に(白河)知らなかったよう。


白河に ふるふんどしの 役おとし

こんど桑名で しめる長尺

白河藩主の松平・越中守(えっちゅうのかみ)が桑名藩領に移るならば、オイラも古い“越中ふんどし”を厄落としのつもりで、(もう、人騒がせな国替えなど無い事を祈って)白河に捨てて、今度、桑名に行ったら長い“六尺ふんどし”でもしめべぇ~かァ。


蛤の 殻までおけと 越中が

おし桑名にも くれて下総

白河藩主(松平定信)の越中守(えっちゅうのかみ)はガメつくて、地口(じぐち)にも詠(うた)われている桑名・名物の「焼きハマグリ」の殻まで置いてゆけと言う。
桑名の良港を手に入れてガッポリ儲けようとしているのだろう!
少しは、分け前を忍藩主阿部・豊後守(ぶんごのかみ)と桑名藩主松平・下総守(しもふさのかみ)に、くれてやったらどうなんだい?

■結構毛だらけ猫灰だらけ、けつのまわりは糞だらけ→映画「男はつらいよ」の寅さんの的屋のセリフで有名。

■何か用か(七日八日)九日十日

■すみま千円 (「すみません」+「千円」)

■あたり前田のクラッカー (「当たり前だ」+「前田のクラッカー」)

■そうはいかのキ○タマ (「そうは行かない」+「烏賊の金玉」)

■その手は桑名の焼き蛤 (「その手は喰わない」+「桑名の(名物の)焼き蛤」)


地口(じぐち)は、駄洒落の一種と見なすことができる言葉遊びである。
発音が似た単語を用いるため、駄洒落よりも創造性に富み、作成するのも比較的容易であり、また、形態も多様化している。

落語においてもくすぐりとしてしばしば使われる。
話の終わりを地口で締めるのを地口落ちという。
これは、話の最後の方で登場人物が何か言った言葉にだじゃれを返して終わるものである。
どんな話にもつなげられる利便性があるが、反面安易であって取って付けたような終わり方になりやすいため、落ちの種類としては低いものと見なされる。

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

【デンマン現代語訳】

【卑弥子の独り言】

ですってぇ~。。。
やっぱり、江戸時代のミーちゃんハーちゃんも松平定信が大移動の影の立役者だったことを知っていたようでござ~♪~ますわ。
悪事は隠し通すことができないのでしょうか?

とにかく、あさっても面白い話題が続くと思います。
あなたも、どうかあさって読みに戻ってきてくださいましねぇ。
では。。。

【デンマンの独り言】

僕が日本滞在中の2009年11月8日に、「第2回行田市B級グルメ大会」が開かれたのですよう。
このような利権に関係の無い、ハコモノ作りにも関係ないことは、どんどんやって欲しいですよね。

当日は、行田市の人気「ゼリーフライ」をはじめ、関東・東北地方の有名B級ご当地グルメが出展されました。
開催場所は行田市役所の裏です。
元の行田女子高があった辺りです。
時間は午前10時から午後4時まで。
入場は無料です。
もちろん、B級グルメ料金は別途必要です。

上のポスターの左下が“行田のフライ”で、右下が“ゼリーフライ”です。

同大会の出展グルメは下表の通り。

行田市(埼玉県) フライ
行田市(埼玉県) ゼリーフライ(2店舗)
宇都宮市(栃木県) 餃子
鴻巣市(埼玉県) 鴻巣コロッケ
羽生市(埼玉県) いがまんじゅう
三郷市(埼玉県) 小松菜ぎょうざ
佐野市(栃木県) いもフライ
太田市(群馬県) 太麺焼きそば
沼田市(群馬県) 焼まんじゅう(2店舗)
大月市(山梨県) おつけだんご
白河市(福島県) 白河ラーメン
富士宮市(静岡県) 富士宮やきそば
横手市(秋田県) 横手焼きそば
黒石市(青森県) 黒石つゆやきそば
厚木市(神奈川県) シロコロホルモン
小田原市(神奈川県) AJIなバーガー
南足柄市(神奈川県) 黄金のポット
三浦市(神奈川県) まぐろラーメン

実は、僕は小百合さんと一緒に行くつもりでした。
でも、小百合さんの三男が急に風邪をこじらせて喘息に悩まされているとかで、来られなかったのです。
残念でした。

メチャ面白い、

ためになる関連記事


■ 『きれいになったと感じさせる

下着・ランジェリーを見つけませんか?』

■ 『ちょっと変わった 新しい古代日本史』

■ 『面白くて楽しいレンゲ物語』

■ 『カナダのバーナビーと軽井沢に別荘を持つことを

夢見る小百合さんの物語』

■ 『今すぐに役立つホットな情報』

■ 『 ○ 笑う者には福が来る ○ 』

『漢字馬鹿さん元気? (2009年3月25日)』

『小泉純一郎君は漢字馬鹿か?』
 (2009年4月18日)

『小泉純一郎と名乗る漢字馬鹿』
 (2009年4月20日)

『未熟な判断と稚拙な批判 (2009年4月22日)』

『ある愚か者の自滅の道 (2009年4月24日)』

『2ちゃんねると自滅の世界 (2009年4月28日)』

『自滅の道へ走る愚か者 (2009年5月2日)』

『デンマン批判 (2009年5月8日)』

『好ましい批判 (2009年5月12日)』

『立派な反面教師 (2009年5月29日)』

『社会的自我の欠如 (2009年5月30日)』

『原人ブームと漢字馬鹿 (2009年6月5日)』

『また、オマエか! (2009年7月3日)』

『成りすまし馬鹿 (2009年7月5日)』

『大阪の歴史馬鹿(2009年9月22日)』
 
『「蒲団」と「田舎教師」(2009年9月24日)』

『卑弥子さんの存在感(2009年9月26日)』

『ロマンとデジャヴ(2009年9月28日)』

『夫婦風呂(2009年9月30日)』

『露悪趣味(2009年10月2日)』

『カプリ島と香水(2009年10月10日)』

『小百合さんの香水10月14日)』

『プッタネスカ(2009年10月18日)』

『国敗れて山河あり(2009年10月22日)』

『鰻重と阿波踊り(2009年10月26日)』

『人のための医療(2009年10月30日)』

『病める日本(2009年11月5日)』

『住めば都(2009年11月15日)』

『猫ちゃんの出迎え(2009年11月17日)』

『名物先生(2009年11月19日)』

『ぶんぶく茶釜(2009年11月21日)』

こんにちは。ジューンです。

1999年夏の「東芝事件」は

ネットでも画期的な事件でした。

東芝製ビデオデッキの修理に関し、

その対応に腹を立てた消費者が、

経緯をネットで公開したのです。

東芝側はホームページの一部削減をさせるため

「名誉権と営業権に基づく妨害排除の請求」の

仮処分を申請しました。

しかし、社会的な批判が高まり、

急遽謝罪を表明したのです。

仮処分の申し立ても取り下げました。

やはり、企業と言えども法の下には

個人と平等なのですよね。

「はてなダイアリー」のユーザーとして

デンマンさんが「はてなダイアリー」の問題点について

たくさん記事を書いています。

ユーザーと「はてなダイアリー」との関係も、

もちろん対等であるべきですよね。

ユーザーが不満を表明し、

釈明を求めているのであれば、

「はてなダイアリー」も誠実に対応すべきだと思います。

ネットの世界は単に現実世界の

向こうの虚像ではありません。

東芝事件のように、

ネット上で激しさを増したユーザーの声は、

間違いなく現実社会に戻ってくるからです。

デンマンさんが「はてなダイアリー」を批判しています。

興味があったら次の記事を読んでみてくださいね。

『はてな批判 (2009年5月24日)』


 
ところで、英語の面白い話をまとめました。

興味があったら、

次のリンクをクリックして

読んでください。

■ 『あなたのための 楽しい英語』

 『あなたもワクワクする新世代のブログ』

■ 『性の俗説 (2008年3月4日)』

とにかく、今日も一日楽しく愉快に

ネットサーフィンしましょうね。

じゃあね。

コメント / トラックバック1件 to “白河ラーメン”

  1. グーグル散歩 « Denman Blog Says:

    […]  ○ 白河ラーメン […]

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。