オレンジの皮と二匹のウサギ


  
 
2009年4月9日 (木曜日)
 
 
オレンジの皮と二匹のウサギ
 
 





(yasuko39x.gif)

 

差出人: “domini@yahoo.co.jp”
受取人: “green@infoseek.jp”
日付: 2009/03/31 14:17
(バンクーバー時間: 3月30日 月曜日 午後10時17分)

件名:オレンジの皮をとっておいたの?

はい おはようございます
その ご飯おいしいの?
オレンジの皮をとっておいたの?
何のために?

日本では お風呂とか たくあんのぬか漬けに 混ぜたり
乾燥して保存して とっておくけど、
デンマンさんはいつも 冷蔵庫に皮をしまっておくの?
邪魔だねー
粉末ソースで 焼きそばを作って 食べてみてくださいよ。
そんなソース味のみかんチャーハンでなくて… 
 
小百合より
 

 

Subj:オレンジの皮? なぜ?

\(*^_^*)/キャハハハ。。。

Date: 03/04/2009 4:02:55 PM
Pacific Daylight Saving Time
(日本時間: 4月4日 土曜日 午前8時2分)
From: green@infoseek.jp
To: domini@yahoo.co.jp
CC: barclay1720@aol.com

はい、はい、はい、、、、お答えします。

\(*^_^*)/ キャハハハ。。。

オレンジは起きてシャワーを浴びた後に半分食べるのですよう。
その皮を毎日とっておきます。 
使わなかった皮は捨てて、いつも新鮮な皮をとっておきます。

なぜ。。。?

みじん切りにしたものを少々コーヒーに入れるのですよう。
そうすると香りが引き立つのです。

それに、ラーメンを作るときにも焼きそばを作るときにも
オレンジの皮をみじん切りにして入れるのですよう。
僕の創作調味料です。
一味、味が違うのですよう。
あまり入れすぎると苦くなって旨くありません。

どれだけ入れるか?
それが経験とカンですよね。

\(*^_^*)/ キャハハハ。。。

もう、5年ぐらい続けているので、
入れる量を間違える事はありません。

あのサワークリームを使ったヴィエンナコーヒーにも入れるのですよう。
味が引き立つのです。
今年の秋、その機会があったら、小百合さんにも僕の特製サワークリーム・ヴィエンナ(バンクーバー)コーヒーをご馳走しますね。

ところで、気温はそれ程上がっていないけれど桜が咲いて、だいぶ春めいてきましたよう。
今日の最高気温は9度です。 
こんな気温でも、もう“7分咲き”に咲いている桜があるのですよう。
びっくりしますよう。

ついさっき、2時半ごろに町子さんから電話がありました。
4月6日の3時に僕のマンションで会うことになりました。

日本に行っていたのだそうです。
たいてい3月25日頃までには電話が来るのでしたが、今回はいつもよりも遅めでした。
日本での面白い話が聞けるので、今から楽しみです。

小百合さんも、たまには主婦業を忘れて、ゆっくりと僕のブログの記事でも読んでくださいね。
「軽井沢タリアセン夫人」を4月中には書き終えて、
ビーバーランド XOOPS にアップロードするつもりです。
でも、最近、Lycos ロンドン のサーバの具合が悪くって
アクセスできないんだよね。

他のプロバイダーを探さねばならないようです。
時間がかかりそう。
小百合さんは「軽井沢タリアセン夫人」を、それ程楽しみにしている訳ではないから、
いくら時間がかかろうと関係ないかもしれないけれど。。。

/( ̄Д ̄;)\ うしししし。。。

でも、僕にとっては大切な遺書ですから。。。。

「デンマンさん!んも~。。。

遺書なんて言わずに、

百歳までも頑張って

ブログを書いてね!」

小百合さんが、そう言うのが聞こえてきます。

\(*^_^*)/ キャハハハ。。。

はい、はい、はい。。。。
頑張って記事を書きま~♪~す。

じゃあね。


(matsuoka10.jpg)

小百合さんが「軽井沢タリアセン夫人」を楽しみにしていないのならば、わたしのために「沖縄タリアセン夫人」を書いてくださいな。

安子さんは忙しいのでしょう?僕のブログの記事だって、ほとんど読んでいないじゃないですか!

そんな事はありませんわよう。暇さえあればデンマンさんのブログを読むようにしているのですわ。

マジで。。。?

大マジメですわよう。

じゃあ、最近、どの記事を読んだのですか?

昨日のレンゲ物語も読みましたわ。

タイトルは。。。?

『再び萌えて』という、ちょっとエロっぽいお話でしたわ。

ほおォ~。。。マジで読んだようですね?

ウソはつきませんわよう。。。オナラのツッパリにもなりませんから。。。おほほほほ。。。

。。。で、どういうところが印象に残りましたか?

次の箇所ですわ。

小野小町は

更衣(こうい)だった

更衣とは、天皇の后妃の身位・称号の一つ。
多くは四位・五位の女性が更衣の位を賜った。
『弘仁式』の逸文によれば、皇后・妃・夫人・嬪・女御の下位に位置する。

このように、天皇の側室のうちでは身分が一番低いのやがなぁ~。。。2号さんどころか、6号さんなのやがなぁ~。。。だから、次のような気持ちに落ち込む事もあったんやろなぁ~

根無し草のように、フワフワと目的もなく

生き甲斐のない日々を過ごしております。

お誘い下さればともに行きたい心境です。

なんとなく、小野小町の気持ちがわたしにも分かりますわ。

めれちゃんにも分かるやろう?

それで、あんさんは何が言いたいのどすぇ~?

閉鎖された狭い天上人(てんじょうびと)の世界の中で、小野小町は閉鎖された男女の「狭い愛」に生きていた。。。それで、もう窒息しそうになっていたのやがなぁ~

つまり、小野小町は文屋康秀(ふんやのやすひで)との歌の交換を通して「広い愛」に悦びを見出していたと、あんさんは言い張るのどすか?

そうやがなぁ~。。。小野小町は、康秀との歌の交換に生きがいを見出していたのやがな。。。ちょうど、めれちゃんとわてが短歌の交換をしているように。。。うしししし。。。

つまり。。。、つまり。。。、あんさんはエロい「裸エプロン」を初めに書いて、最後には格調高く小町と康秀を持ち出してきて、歌の交換を通して萌えようと言いたいのどすかぁ~?

そうやがなぁ~。。。うしししし。。。男女の愛が閉鎖的なものではない事を、すでに平安の昔に、小野小町と文屋康秀が証明していたのやがなぁ~。

そうですやろか?

上の小町の歌をじっくりと読めば、愛に生きる女の気持ちが切々と伝わってくるやろう?

そうですやろか?

そ~やがなぁ~。。。だから、めれちゃんも、いつまでも落ち込んでいないで、これからは萌え萌えの短歌を仰山(ぎょうさん)書こうなぁ~。。。ええなぁ~。。。うしししし。。。


『再び萌えて (2009年4月8日)』より 

デンマンさんとめれんげさんのお付き合いは5年ほどでしょう?

そうですよう。

わたしとデンマンさんのお付き合いは少なくとも15年ですよねぇ~。

うん、うん、うん。。。確かに。。。

小百合さんとのお付き合いはどれほどになるのですか?

僕が初めて小百合さんに会ったのは、確か13年ほど前だったですよう。

つまり、わたしは小百合さんよりも、めれんげさんよりも、卑弥子さんよりも、レンゲさんよりも、他の誰よりもデンマンさんとのお付き合いが長いのですよねぇ~。

確かに。。。

それなのに、デンマンさんは、わずか5年のお付き合いしかないめれんげさんに対しても、上の記事でも分かるように、かな~りなれなれしく、ねんごろになっていますよね?

あのォ~。。。安子さん!。。。なんとなく、僕に対して挑(いど)むような話し方になってきましたねぇ~。。。

だってぇ~、小野小町の話を読んで、わたしはデンマンさんに差別されているように感じたのですわ。

ん。。。?差別。。。?

そうですわ。もし小野小町が更衣で6号さんだとすれば、付き合いの一番少ないのは5年のめれんげさん、卑弥子さん、レンゲさんですわ。そうだとするならば、少なくともデンマンさんと15年お付き合いしてきたわたしは1号さんでなければ、2号さんなのですわ。

あのねぇ~。。。いくらなんでも、そのような例えの仕方は時代遅れだと思うのですよう。今は、平安時代ではないのだから。。。平成の世の中なのですよう。

でも、わたしの言おうとしている事がデンマンさんにはお分かりになると思うのですわ。

分かります。。。分かります。。。確かに安子さんの言う事の中には一理ありますよう。

そうでしょう!?

でもねぇ~、時間的な長さだけで、付き合いの深さは測れないものですよう。

つまり、5年しかお付き合いしていないめれんげさんの方が、15年お付き合いしたわたしよりも、深いお付き合いだとデンマンさんは言うのですか?

あのねぇ~、僕は全人格的な話をしているわけでも、絶対的な話をしているわけでもないのですよう。

どういうことですか?

僕と安子さんはすべての面で同じような深い付き合いをしているわけではないのですよう。 

まだ良く分かりませんわ。

安子さんが昨日の記事を読んでいるのならば話し易いですよう。僕とめれんげさんの短歌のやり取りを読んでみてください。

朝のかがやき
 
 

 
 
きみゆえに

われは夢みる

恋を知る

朝のかがやき

心に映る
 
  
by めれんげ
 
2009.02.06 Friday 10:35 AM


『即興の詩 朝のかがやき』より

まず、めれんげさんが2月6日に、この上の短歌を書いたのですよう。それに対して僕は次のようにコメントを書いて応じたのです。


 
う~~ん。。。
いいねぇ~
朝のすがすがしさが
こころにしみるようやでぇ~

では、めれちゃんの歌に
インスパイアされて
おもむろに
詠みますがなぁ~

それで、僕は、めれちゃんの短歌を読んでインスピレーションをもらい、次のような短歌を詠んだのですう。

愛に濡れ

愛に萌えたり

きみの肌

きみのかがやき

心にしみる

 

きみゆえに

心はさわぎ

胸はずみ

朝を迎えて

悦びを知る

 

夢にまで

きみを抱(いだ)きて

とこしえに

朝のかがやき

命の泉

 

やすらかに

眠る寝顔を

見つめつつ

朝をむかえて

愛を新たに

 

あさまだき

愛はいまだに

さめやらず

きみのぬくもり

心にしみる

 

嗚呼!
もっと詠みたいけれど、
バンクーバーは午前4時をまわったでぇ~
いつまでも起きている訳にもゆかんわ。
そう言う訳で、もう寝ますう。
めれちゃんと夢で逢いましょうね。
じゃあねぇ~。
おやすみ。

by 心の恋人 (デンマン)

2009-02-06 9:01 PM
バンクーバー時間: 2月6日 午前4時1分


『即興の詩 朝のかがやき』のコメント欄より

めれちゃんが上の短歌を詠んだその日のうちに僕はこうして返歌を書いたわけなのですよう。

。。。で、めれんげさんはデンマンさんが書いた短歌に対して返歌を詠んだのですか?

そうなのですよう。読んでみてください。

デンマンさん:)
久しぶりに、返歌をお送りしますね


 
 
きみなくば

夢みることも

なかりせば

恋する日々の

かがやき知らず

 


 
 
めざめては

きみを思いて

心ははずみ

朝の光は

わが身を照らす
 
 

…こんなのが、浮かんできました♪

by めれんげ

2009/02/07 12:31 PM


『即興の詩 朝のかがやき』のコメント欄より

 

う~♪~ん。。。
ムムムムムぅ~。。。
なかなかぁ~。。。
めれちゃんの創作力と創造力が冴え渡っているやんかぁ~
ええなあああぁ~
ごっつうゥ、読み応えがあるでぇ~
2月7日の新作に返歌を送りまっさぁ~
今夜は少し時間の余裕があるさかいにィ~
じゃあ、いきますでぇ~

\(^_^)/ うしししし。。。

by 心の恋人 (デンマン)

2009/02/07 8:05 PM


『即興の詩 朝のかがやき』のコメント欄より

分かりましたわ。つまり、わたしが短歌を書かないので差別しているのですわね?

違いますよう。。。やだなあああぁ~。。。そのように感情的にならないでくださいよう。小百合さんだって短歌を一度も書いたことが無いのですよう。

それなのに、デンマンさんは佐野に行ったり、小百合さんの生まれ故郷の館林に行ったり、それから軽井沢の別荘にまで遊びに行ったのですか?

そうですよう。

。。。で、わたしが沖縄でヴィラまで用意して待っているのにデンマンさんはやって来てくださらないのですわねぇ?

もちろん、沖縄に行きたいのは山々なのですよう。でもねぇ、いろいろな事情で行けないのですよう。だから、その安子さんの気持ちだけで、もう充分です。

わたしは、やっぱり差別されているのですわ。ヌードを描いてもらった時から、わたしは、その差別を感じていたのですわ。

やだなあああぁ~。。。それは、被害妄想ですよう。

いいえ。。。被害妄想なのではありませんわ。もう一度わたしの苦情を思い出してくださいな。

安子さんの不満


(phryne85.gif)

僕は自分で言うのもなんだけれど。。。良く描けていると思っているのですよう。安子さんは、僕が描いた上のデッサンが不満なのですか?

わたしは、このとき以来首筋と肩のあたりが凝ったままなのですわ。

じゃあ、指圧にかかればいいでしょう。マッサージ師に揉み解(ほぐ)してもらえば、コリが取れますよう。安子さんがバンクーバーに居るのであれば、僕が揉み解(ほぐ)してあげるのだけれど。。。そのために沖縄へ行く訳にもゆきませんからね。。。

ぜひ、沖縄へやって来ていただきたいのですわ。

冗談でしょう。。。残念ながら僕は沖縄へ行く訳にはゆきませんよう。上のメールの中でも書いたでしょう。町子さんがやって来るのですよう。

あのォ~。。。今度は、町子さんのおヌードを描くのですか?

やだなあああぁ~。。。違いますよう。仕事ですよう。

だったら、その後でも結構ですわ。

その後、桃子さんがやって来るのですよう。

どうして。。。どうして。。。女性ばかりが次々とデンマンさんのマンションへ訪ねてゆくのですか?

あのねぇ~、僕は女性だけを選んで仕事をしているわけじゃないのだけれど、たまたま女性のクライエントが多いのですよう。。。これは偶然ですよう。。。で、不満というのは僕にマッサージ代金を払って欲しいのですか?

いいえ、違いますわ。

じゃあ、安子さんの不満というのは何ですか?

寝そべっているポーズですわ。

ポーズが気に喰わないのですか?

そうですわ。他の女性のおヌードを見ましたけれど、わたしのように寝そべっているヌードなんて一枚もありませんでしたわ。

だから、そこがイイのですよう。。。立っているヌードなんて、面白くも何ともないのですよう。あまりにもありふれていて、とりわけ僕の興味を惹かないのですよう。

それで、わざわざ、わたしに寝そべらせたのですか?

そうですよう。

わたしは違うと思うのですわ。

何が違うのですか?


(yasuko60.jpg)

デンマンさんは、わたしのおなかがポッコリと出ているので、みっともないから寝そべらせたのだと思うのですわぁ。

やだなあああぁ~。。。そのように考えて欲しくないのですよう。安子さんのおなかは確かにポッコリと出ている感じだけれど、この程度ならば、みっともないと言うよりも、むしろ魅力的なのですよう。

だったら、立ったままで描いて欲しかったのですわ。

そういう事は、僕が描く前に言ってくださいよう。

言えませんでしたわ。

どうして。。。?

デンマンさんに逆らったら描いてもらえないと思ったのですわ。

でも、安子さんは満足していたではないですか!次のように言っていたのですよう。覚えているでしょう?

わたしの存在感が

デンマンさんのオツムの中のリストで

上位にランクされたと。。。

わたしは奈緒子さんのように

自信を強めたのですわ。

確かに、わたしはそう思ったのですわ。

だったら、いいじゃありませんかぁ!

でも、デンマンさんの記事を読んでいたらジューンさんのヌードに出くわしたのですわぁ。
 

(june510.jpg)

私もジューンさんのようなポーズで描いて欲しいのですわ。

あのォ~。。。描き直せ!と安子さんは言うのですか?

別に、命令するつもりではありませんけれど。。。、

あのねぇ~、記事をじっくりと読んでもらえば分かるけれど、これは僕が描いたのではないのですよう。コラージュしてでっち上げたのですよう。

だから、コラージュじゃなくて、ジューンさんと同じポーズでもう一度描いて欲しいのですわ。

なぜ。。。?

なぜってぇ~。。。寝そべっているのよりも、ジューンさんのように大胆なポーズをとっていた方がおヌードらしいのですわ。

分かりました。。。じゃあねぇ、安子さんがこの次にバンクーバーに来た時にでも、時間を作って描きますよう。

いえ、それまで待てませんわ。

どうして待てないのですか?

ヴィラのお部屋に飾っておきたいからですわ。


(villa25.jpg)

あのォ~。。。あのォ~。。。この部屋の壁に飾るのですか?

そうですわ。わたしは次のようにポーズをとりますから、このポーズでお願いしますわ。


(yasuko91.jpg)

つまり。。。つまり。。。この部屋で描くと言うことですか?

そうですわ。

。。。つうことわあああぁ~。。。僕は沖縄に行かなければならない。。。そういう事ですよね?

そうですわ。。。うふふふふ。。。

うふふふじゃありませんよう。今年の春から夏にかけて僕はバンクーバーから離れる訳にはゆかないのですよう。安子さんにも、すでに言ってあるはずですよう。んも~~

だから、そこを何とかして。。。

ダメですよう。。。第一、この忙しい時に。。。しかも、めれんげさんと仲直りができるかできないか。。。今は、とっても大切な時なんですよう。も~~。。。こういう時に、安子さんの誘いに乗って、ぇへらぇへら笑いながら、「はい。。。お言葉に甘えて、沖縄へ行かせていただきますう」なんて、甘ったれた事を言ったら、めれんげさんは、また次のようにムカつくのですよう。

愛あらば
他の女性と関わるなかれ

そのひとと睦まじきを見て
われはきみより去る

めれんげ


『愛の虚構 (2009年3月23日)』より

やっぱり、デンマンさんは、めれんげさんが怖いのですわね?

違いますよう。。。ボ。。。ボク。。。ボクは。。。あのォ~。。。めれちゃんをメチャ愛しているのですよう。。。うへへへへへ。。。


『嵐の去った静けさ (2009年4月7日)』より 

あのねぇ~。。。安子さんが僕を沖縄に招待してくれるのは本当にありがたいのですよう。でもねぇ、今は、一番タイミングの悪い時期なんですよう。

つまり、5年の付き合いのめれんげさんの方が15年の付き合いのわたしよりも大切なのですわね?

あのねぇ~。。。そうゆう風に考えて欲しくないのですよう。。。うへへへへ。。。(苦笑)。。。めれちゃんも大切な人ならば、安子さんも大切な人なのですよう。

だから。。。、だから。。。、めれんげさんも書いていましたわ。

なんてぇ。。。?

デンマンさんも、もう一度じっくり読んでくださいな。

鈍きひと
 
 

 
 
鈍きひと

未だ気づかぬ

あわれさよ

二兎を追う者

一兎をも得ず
 
  
by めれんげ
 
2009.03.10 Tuesday 08:52


『即興の詩 鈍きひと』より

『鈍い心の恋人 (2009年3月15日)』に掲載 

 

【卑弥子の独り言】

ですってぇ~。。。
そうですよねぇ~。デンマンさんのためのグッド・アドバイスでござ~♪~ますわ。
二兎どころではないのですわよう。
まず、あたくしでしょう。それから、めれんげさん、小百合さん、ジューンさん。
それから、レンゲさん、ベティーさん、ジュンコさん。。。
まだまだ続くのですわよう。
でも、馬鹿馬鹿しいので、これぐらいで止めておきますわ。

デンマンさんは、自分で自分の首を絞めているようなものですわ。
あなただって、そう思うでしょう?

とにかく、まだ面白い話が続きますう。
どうか、あなたも、またあさって読みに戻ってきてくださいね。
では、またねぇ。。。

ィ~ハァ~♪~!

メチャ面白い、

ためになる関連記事


■ 『きれいになったと感じさせる

下着・ランジェリーを見つけませんか?』

■ 『ちょっと変わった 新しい古代日本史』

■ 『面白くて楽しいレンゲ物語』

■ 『カナダのバーナビーと軽井沢に

別荘を持つことを夢見る小百合さんの物語』

■ 『今すぐに役立つホットな情報』

■ 『 ○ 笑う者には福が来る ○ 』

■ 『漢字馬鹿の再来 (2009年2月13日)』

■ 『漢字馬鹿の悦楽 (2009年2月15日)』

■ 『漢字馬鹿の自己矛盾 (2009年2月17日)』

■ 『あなた、おかえり (2009年2月19日)』

■ 『脳内漢字馬鹿 (2009年2月21日)』

■ 『他人の不幸は蜜の味 (2009年2月23日)』

■ 『漢字馬鹿の恋 (2009年2月25日)』

■ 『馬鹿のモデル (2009年2月27日)』

■ 『漢字馬鹿さん元気?(2009年3月25日)』

こんにちは。ジューンです。

呆れますわよね。

それにしても、よく話題が

尽きないと思いますわ。

どこから、発想が湧き出るのでしょうか?

書けそうで書けないのが

デンマンさんのブログの内容ですわ。

あなたも、そう思いませんか?
 

ところで、卑弥子さんにもちょっと信じがたいような

恋物語がありますわ。

関心があったらぜひ次のリンクをクリックして

じっくりと読んでみてくださいね。

■ 『平助さんが卑弥子さんに恋をしたのがウンのつき』
  (2005年5月3日)

では、今日も一日楽しく愉快に

ネットサーフィンしましょうね。

じゃあね。

コメント / トラックバック1件 to “オレンジの皮と二匹のウサギ”

  1. 怖いオレンジ « Denman Blog Says:

    […] 『オレンジの皮と二匹のウサギ』より (2009年4月9日) […]

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。