レモン戦争


 
 
2012年1月16日 (月曜日)
 
 
レモン戦争
 
 

レモンほど政治がらみの食品はなかった。
その「政治」が、私たちの健康を害している。

 (中略)

1990年春、カリフォルニアで何日も待った後、サンキストのレモン処理場を見学することができた。
そこでは、コンテナで運び込まれたレモンは、塩素剤のプールに落とされ、引き上げられるとアルカリ剤で洗われ、さらに植物ホルモンの2・4-Dをスプレーしてから、冷蔵倉庫に入れていた。
2・4-Dは、ベトナム戦争で用いられた枯葉剤の主成分で、発ガン性のある農薬だ。

一方、倉庫から出してきたレモンには、発ガン性カビ剤のOPP、催奇形性のある防カビ剤TBZをかけて出荷していて、そのシーンを写真とビデオに収めることができた。

日本でレモンを買って検査すると2・4-Dが検出された。
そのデータをつけて、8月に映像を公表したら大問題になり、レモンの価格は暴落した。
日本人は忘れやすいから、通常なら3ヶ月で価格は元に戻る。

だが、われわれが『ポストハーベスト農薬汚染』というビデオを製作してアピールしたところ、レモンの価格名なかなか上がらず、消費量は回復しなかった。

農薬オレンジジュース!?

(ポストハーベスト農薬)

当時は、日本で売られているレモンはすべてサンキストだったから、一社だけが大損したわけである。

1994年にサンキストの会長が来て1300億円も損したと、日本子孫基金を非難して回った。
しかし、損害賠償請求などの措置はとらなかった。
自分たちが日本の食品衛生法に違反しているのだから、そんなことはできなかったのだ。

 (中略)

最近では、香料が違反添加物と認定され、食品の大回収事件が起きた。
違反香料は、自然界にも存在する物質で、しかも微量なので、検査しても添加したのかどうかわからない。
それが、内部告発で違反使用が判明し、大回収事件になったのである。

アメリカも EU も、FAO や WHO の専門家委員会もこの香料を認めていて、安全性に問題がないことがわかっていても、回収されたのだ。

それに対して、2・4-Dは、発ガン性や催奇形性のある違法な有害物質である。
レモンの木にかけると枯れる除草剤だから、レモンの実から検出されたのは、収穫後に使用されたものだ。

しかし、厚生省は、規制するとアメリカから政治的は反発を食うので違反にはしなかった。

マスコミでは「日米レモン戦争」と書かれたが、日本側は市民団体とマスコミが違反レモンを追求し、日本政府は何もしなかったのである。

赤字はデンマンが強調。
読み易いように改行を加えました。
写真はデンマン・ライブラリーより)


94-95ページ
『食べるな、危険!』
著者: 日本子孫基金
2002年12月20日 第5刷発行
発行所: 株式会社 講談社

ケイトー。。。昨日(1月15日)は「スカートをはいた兵隊」で今日は「レモン戦争」なのォ~?

いけませんか?

また、スカートの話が出てくるの?

いや、今日はスカートの話は全く関係ないのですよ。 「レモン戦争」と言っても実際に人が殺されたわけではないのです。 でも、昨日の話と少しは関係あるのですよ。

どのようなところが。。。?

次の箇所ですよ。

乱歩先生が書いた小説『お勢登場』は映画の中では発禁処分にされているのだけれど、実際には『大衆文芸』の1926(大正15)年7月号に掲載された。 この時期は「大正デモクラシー」の言わば最後の年ですよ。

「大正デモクラシー」って何よ?

1910年代から1920年代にかけて、つまり、大正年間に日本で起こった、政治・社会・文化の各方面における民主主義、自由主義的な運動や風潮や思潮のことですよ。 それがやがて軍国主義になってゆき、映画”The Mystery of Rampo”の中で描かれているような愚かな言論統制をやりだす。 ところが統制の真っ只中にも拘わらず丸亀連隊報道部の香川進大将や大本営の永井八津次・大佐のような良心的な人が居た。

だから。。。?

それにも拘らず日本では愚かな言論統制をやったり、何よりも太平洋戦争という負けるのが判りきったような戦争を無理矢理始めてしまった。

どうして、そうなってしまったの?

つまり、丸亀連隊報道部の香川進大将や大本営の永井八津次・大佐のような良心的な人がもっとたくさん居たのだけれど、時代に押し流されるままに声を上げなかったのですよ。

だから。。。?

だから、正しいと思う事は、そう思っているうちに言わなければならない。 そうしないと、悪い奴の言う事がだんだんと正論になってしまう。 だからこそ言論の自由・表現の自由は大切だと、僕はしみじみと思ったのですよ。 うししししし。。。

マジで。。。?

もちろんですよ。。。このような話の最後にウソやデマカセが言えるわけがないでしょう!? (微笑)


『スカートをはいた兵隊』より
(2012年1月15日)

つまりねぇ、正しいと思うことは日本人の一人一人が声を大きくして言わねばならないのですよ。 そうじゃないと自分勝手な政府の役人に馬鹿にされたままで終わってしまう。 結局、愚かな役人のために馬鹿を見るのは日本国民なのですよ。

ベトナム戦争で用いられた枯葉剤の主成分である2・4-Dが輸入品のサンキストのレモンのポスト収穫処理に使われていたのに政府が対策を取らなかったので民間団体の「日本子孫基金」が独自に調査してその危険性を公表したのね。

その通りですよ。 それにもかかわらず厚生省は、規制するとアメリカから政治的な反発を食うので違反にはしなかった、というのですよ。 本当に日本国民のために仕事をするならば、アメリカのプレッシャーよりも日本国民の健康の方が大切なのですよ。 そのような分かり切った事が政府の役人には分からない。 いや、分かっているのだけれど、役人は自分の首が切られるのが心配だから「事なかれ主義」に処理しようとする。

つまり、長い物(アメリカ)に巻かれるわけね。

そうなのですよ。 「触らぬ神(アメリカ)に祟り無し」と思ったのでしょうね。 日本の役人は日本国民を馬鹿にしているのですよ。 

。。。で、この「日本子孫基金」はどういう団体なの?

消費者が会費を出して基金を作り、危険な化学物質の調査や検査をしようと1984年に設立された市民団体なのですよ。 これまでに次のような活動をしてきたのです。

日本子孫基金の活動

● 2002年・ベストセラー『食べるな、危険!』

2002年に講談社から『食べるな、危険!』を出版、23万部のベストセラーに。
2005年の『新・食べるな、危険!』が10万3000部なので、計33万部を超えた。
本の内容が支持されたので、抗生物質・抗菌剤を使わない畜産が増加し、スーパーで簡単に安心できる肉を買うことができるようになった。

● 2004年・排気のきれいな掃除機

ヨーロッパの高級掃除機は、排気中の微細なチリ(0.3μm)をゼロにして排出しているのに、日本の掃除機はすべて排気が汚く、3μmのチリも排出していて、ぜんそくや肺炎の原因になっていると警告。
この排気問題を冒頭に取り上げた『使うな、危険!』(講談社)を2005年に出版。
販売部数は9万部を超えたが、テレビが家電メーカーに遠慮して、この情報が一切流されなかったので、日立など一部のメーカーの、ごく一部の機種しか排気はきれいになっていない。
韓国では、小若が行っている方法で掃除機の排気実験がテレビで取り上げられ、現在は各社の高級機種はヨーロッパ並みのきれいな排気になっている。

● 2007年・エコロジー建築の事務所

相根昭典、早田之彦、深沢良仁、山賀康弘を始めとするエコロジー派の一級建築士、木材研究家の見尾貞治、木村木材工業の木村司社長などの助言を得ながら、さいたま市与野本町に、丈夫な基礎の上に、内部は無垢の木材、外部は金属のガルバリウムで被い、水道はステンレス管を用いた超耐久性エコロジー事務所を建設。

● 2008年・中国産冷凍毒ギョーザ事件

2008年1月、中国産冷凍ギョーザを食べた人に命にかかわる被害が出ていることが判明。
(事務局長の)小若は、事件が判明した日、21時からのNHKニュースウオッチ9に出演し、食品テロ説が最も有力と解説。
事件は判明するにつれて小若の予想したとおりの展開となり、テレビ各局に1週間で30回ほど出演した。

● 2008年・ミネラル不足への取り込み

中国産毒ギョーザ事件でテレビ出演中、「水煮食品」の取材映像を見て、輸入食品を多く食べる日本人はミネラル不足になっていると小若は確信し、それからは食品のミネラル不足問題に取り組んでいる。
2008年9月、『無添加白だし(三合わせ)』によるモニター調査を開始 2008年10月、『無添加白だし』を飲み始めたアスペルガー症候群の「こうちゃん」が劇的な改善を始める。
2010年2月、必須微量ミネラル不足を警告した『食べなきゃ、危険!』を出版し、この本を読んで、心身の健康を回復した人が次々と現れている。
2010年8月、現代の各種食品を実測し、主要ミネラルが共通して不足していることを立証。
データをまとめて、1ヵ月くらい現代的な食事をしていると、高い確率で病気にかかることを警告したポスター『ミネラル不足の食事』を発表した。
2010年12月、各人気商品の主要5ミネラルの実測値を掲載した『食事でかかる新型栄養失調』を出版。


出典: 「小若順一」
フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

あらっ。。。食品だけじゃないのね。

アメリカのラルフ・ネーダーのように消費者を守るために立ち上げた市民団体なのです。

。。。で、ケイトーも関わっているの?

いや、僕は全く関わっていません。 こうして記事を書いているだけです。

。。。で、今日は何が言いたいのよ。

あのねぇ~、消費者を守る市民団体が政府の役人に対して正しいと思う事をするのは良いのだけれど、農薬に関して言えば消費者自身にも問題があるのですよ。

たとえば。。。?

次の箇所を読むと良く分かります。

ミカンにも、想像以上の農薬が使われている。 … ミカン栽培は病気や虫との闘いだからだ。
日本ではポストハーベスト農薬の使用はないが、栽培中は大量の農薬が使われるのだ。
すなわち、年間述べ10回から20回に及ぶ薬剤散布が行われている。

 (中略)

では、農薬の使用を減らすとどうなるか。
無茶々園の宇都宮広さんによると、見てくれが悪くなって、市場出荷の時点で評価が低くなり、買い叩かれるという。

もともと、ミカン栽培に農薬はあまり必要ではない。
土作りがきちんとされて樹が健康に育っていれば、多少の菌や虫でやられてしまうことはないのである。
ただ、外見が悪くなる。
それを嫌って農薬が使われるのである。

 (中略)

消費者が外観にこだわらなければ、農薬は減らせるのである。
 
赤字はデンマンが強調。
読み易いように改行を加えました。
写真はデンマン・ライブラリーより)


98-99ページ
『食べるな、危険!』
著者: 日本子孫基金
2002年12月20日 第5刷発行
発行所: 株式会社 講談社

消費者が見てくれを気にして買うので、生産者が大量に農薬を使って「見てくれ」の良いみかんを作ろうとする。

日本人には内容よりも外観が大切なの?

欧米人比べると、そう思う人が多いのですよ。

マジで。。。?

シルヴィーも日本へ行けば判りますよ。 バンクーバーあたりでは、家にいるままの服装でロブソンストリート(バンクーバーの銀座)に出かける人が多いけれど、東京の近郊では「よそ行きの仕度(したく)」をして銀座に出かけるのですよ。 そうじゃないと「みっともない格好をしていると思われはしないだろうか?」 どうしても他人の眼を気にする習慣が日本人にはできている。

ミカンも、だから見てくれの良いものを買うの?

そうですよ。 見てくれの悪いものはお客さんに出せない、とまず、そういう思いがオツムに浮かぶのですよ。 とにかく日本人はカナダ人と比べたら、食べ物だけじゃなく、すべてのものに対して圧倒的に「見てくれ」を気にします。

【卑弥子の独り言】

ですってぇ~。。。
考えてみたら、そうですわよね。
家にいる服装のままで銀座には行けませんわ。
あなただって、そうでござ~♪~ますでしょう?

ええっ。。。あなたはスッピンのままで出かけるのォ~?
まさかァ~。。。?

最近では、日本人の男でも化粧すると言うじゃありませんか?

ええっ。。。それはニューハーフですってぇ。。。

なるほどねぇ~。。。

ところで、シルヴィーさんのことをもっと知りたかったら次の記事を読んでくださいね。

『シルヴィー物語(2011年4月27日)』

『波乱の半生(2011年4月29日)』

『シルヴィーとネット革命(2011年5月6日)』

『シルヴィーとデヴィ夫人(2011年5月30日)』

『シルヴィーとケネディ夫人(2011年6月15日)』

『バンクーバー暴動と平和(2011年6月25日)』

『ビルマからの手紙(2011年7月3日)』

『ブッシュの戦争(2011年7月7日)』

『国際的愚か者(2011年7月11日)』

『あばたもえくぼ(2011年7月14日)』

『あなたも国際市民(2011年7月18日)』

『リビエラ夫人のハンバーグ(2011年7月22日)』

『芸術とブルックリン(2011年7月26日)』

『思い出のパリ(2011年7月30日)』

『海外志向とおばさんパンツ(2011年8月5日)』

『地球の平和(2011年8月9日)』

『愚かな写真狩り(2011年8月13日)』

『死の写真狩り(2011年8月17日)』

『キモい写真狩り(2011年8月21日)』

『生パンツと床上手(2011年8月25日)』

『ヌードと写真狩り(2011年8月29日)』

『あなたの平和と幸福(2011年9月2日)』

『あなたの平和な日々(2011年9月7日)』

『奈良の鹿と憲法9条(2011年9月11日)』

『文は人なり(2011年9月15日)』

『キモい戦争(2011年9月19日)』

『バカの歴史(2011年9月23日)』

『ムカつく検査(2011年11月1日)』

『アッシジからの平和(2011年11月5日)』

『中国からの怪電話(2011年11月9日)』

『気になる英単語(2011年11月18日)』

『戦争を知らないの?(2011年11月23日)』

『熟女ヌードとデンマン(2011年11月29日)』

『山形とバンクーバー(2011年12月8日)』

『ねえ、ねえ、ねえ見て(2011年12月10日)』

『URL スパマー(2011年12月20日)』

『坂の上の平和(2012年1月4日)』

『平和と武士道(2012年1月10日)』

『スカートをはいた兵隊(2012年1月15日)』

とにかく次回も面白くなりそうですわ。
あなたも読みに戻ってきてくださいましね。
じゃあ、また。。。

ィ~ハァ~♪~!

メチャ面白い、

ためになる関連記事


■ 『きれいになったと感じさせる

下着・ランジェリーを見つけませんか?』

■ 『ちょっと変わった 新しい古代日本史』

■ 『面白くて楽しいレンゲ物語』

■ 『軽井沢タリアセン夫人 – 小百合物語』

■ 『今すぐに役立つホットな情報』

■ 『 ○ 笑う者には福が来る ○ 』

『夢とロマンの横浜散歩』

『愛とロマンの小包』

『下つきだねって言われて…』

『銀幕の愛』

『パリの空の下で』

『夢の中華パン』

『愛の進化論』

『漫画家と平和(2011年3月6日)』

『漫画家の壁(2011年3月10日)』

『漫画家と奴隷(2011年3月12日)』

『畳の上の水練(2011年3月15日)』

『パール判事とゴーマン(2011年3月18日)』

『軍隊のない国(2011年3月21日)』

『士風と「葉隠」(2011年3月23日)』

こんにちは。ジューンです。

枯葉剤はベトナム戦争中に

米軍と南ベトナム軍によって撒かれました。

用いられた枯れ葉剤には数種類あり、

それぞれの容器に付けられる縞の色から

オレンジ剤(Agent Orange)、ホワイト剤、

ブルー剤などと呼ばれました。

成分のうちのTCDDは非常に毒性が強く、

動物実験で催奇形性が確認されています。

ベトナム戦争帰還兵の枯葉剤暴露と

その子供の二分脊椎症の増加については

このTCDDとの関連が示唆されています。

枯葉剤の散布は、名目上はマラリアを媒介する

蚊や蛭を退治するためとされましたが、

実際はベトコンの隠れ場となる森林の枯死、

およびゲリラ支配地域の農業基盤である

耕作地域の破壊が目的でした。

枯葉剤は1961年から1975年にかけて

ゲリラの根拠地であったサイゴン周辺や

タイニン省やバクリエウ省のホンダンなどに

大量に散布されました。

アメリカ復員軍人局の資料によれば

確認できるだけで8万3600キロリットルの

枯葉剤が散布されたそうです。

散布強化された1966年以降、

先天性口蓋裂が激増していること、

奇形出産率がサイゴンで1000人中26人、

集中散布地域のタイニンで1000人中64人に

のぼった事が報告されました。

2・4-Dも、ベトナム戦争で

用いられた枯葉剤の主成分です。

これがサンキスト・レモンの

ポストハーベスト農薬として使われたのです。

日本の役人がアメリカとの貿易摩擦を恐れて

このレモンの輸入を認めていたというのは

日本人の健康と生命をないがしろにする

許せない態度だと思います。

あなたは、どう思いますか?

ところで、卑弥子さんにもちょっと信じがたいような

恋物語がありますわ。

関心があったらぜひ次のリンクをクリックして

じっくりと読んでみてくださいね。

『平助さんが卑弥子さんに

恋をしたのがウンのつき』

では、今日も一日楽しく愉快に

ネットサーフィンしましょうね。

じゃあね。

コメント / トラックバック22件 to “レモン戦争”

  1. お百度参りも国際化 « Denman Blog Says:

    […] ■『レモン戦争(2012年1月16日)』 […]

  2. 期待される人間像 « Denman Blog Says:

    […] ■『レモン戦争(2012年1月16日)』 […]

  3. 角さんと原発と天罰 « Denman Blog Says:

    […] ■『レモン戦争(2012年1月16日)』 […]

  4. 真紀子落選 « Denman Blog Says:

    […] ■『レモン戦争(2012年1月16日)』 […]

  5. 野火 « Denman Blog Says:

    […] ■『レモン戦争(2012年1月16日)』 […]

  6. タイタニックと国際化 « Denman Blog Says:

    […] ■『レモン戦争(2012年1月16日)』 […]

  7. 宮澤理恵@Macao | Denman Blog Says:

    […] ■『レモン戦争(2012年1月16日)』 […]

  8. 美しい日本語 | Denman Blog Says:

    […] ■『レモン戦争(2012年1月16日)』 […]

  9. フランス人妻不犯 | Denman Blog Says:

    […] ■『レモン戦争(2012年1月16日)』 […]

  10. ツイッターの国際化 | Denman Blog Says:

    […] ■『レモン戦争(2012年1月16日)』 […]

  11. ハワイの読者 | Denman Blog Says:

    […] ■『レモン戦争(2012年1月16日)』 […]

  12. 三丁目の夕日は沈んだ | Denman Blog Says:

    […] ■『レモン戦争(2012年1月16日)』 […]

  13. アダムとイブはバナナを食べた | Denman Blog Says:

    […] ■『レモン戦争(2012年1月16日)』 […]

  14. 誰?あなたなの? | Denman Blog Says:

    […] ■『レモン戦争(2012年1月16日)』 […]

  15. 塩野七生批判 | Denman Blog Says:

    […] ■『レモン戦争(2012年1月16日)』 […]

  16. ペンタゴンは何を探したの? | Denman Blog Says:

    […] ■『レモン戦争(2012年1月16日)』 […]

  17. 宮沢百恵 | Denman Blog Says:

    […] ■『レモン戦争(2012年1月16日)』 […]

  18. 愛情はふる星のごとく | Denman Blog Says:

    […] ■『レモン戦争(2012年1月16日)』 […]

  19. 愛より大切なものってぇ? | Denman Blog Says:

    […] ■『レモン戦争(2012年1月16日)』 […]

  20. 世界のネット普及率 | Denman Blog Says:

    […] ■『レモン戦争(2012年1月16日)』 […]

  21. プーチンの正教ロシア | Denman Blog Says:

    […] ■『レモン戦争(2012年1月16日)』 […]

  22. インドネシアの波紋 | Denman Blog Says:

    […] ■『レモン戦争(2012年1月16日)』 […]

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。