Kiddo & Gumbo


 
 
2011年6月19日 (日曜日)
 
 
Kiddo & Gumbo
 
 

I hope you enjoyed

chicken gumbo at Kerrisdale

From: barclay1720@aol.com
To: diane03760@vancouver.ca
Date: Date:Wed, Jun 1, 2011 4:19 pm.

Hi, Diane.

How’s it going?
I hope you enjoyed the sunshine, chicken gumbo, and chatting at the dinner party at Kerrisdale.
Oh yes! You need a nice change from the westend living once in a while.

By the way, I read the “Jane Eyre” book and found out some interesting passages.
And, as usual, I wrote an article about those.
Please click the following link:

こんちわ、ダイアン。
元気でやってるゥ?
ケリスデールのディナー・パーティで日光浴をしながらチキン・ガンボを食べ、おしゃべりを楽しんだ!?
うん、うん、うん。。。たまにはウェストエンドから離れて気分転換するのも必要ですよ。

ところで、僕は『ジェーン・エアー』を読んだのだけれど、ちょっと興味深い小文に出くわしたよ。
それで、いつものように、その事で記事を書きました。
次のリンクをクリックして読んでみてね。

“Sexy Jane Eyre”

(June 1, 2011)

“Jane Eyre Special”

(June 5, 2011)

…hope you’ll enjoy the entertaining, enlightening yet amusing vide clips in the article.
Have a nice day!

Ciao with a lot of love.

Kato

 

Yes, I love Kerrisdale.

From: diane03760@vancouver.ca
To: barclay1720@aol.com
Date:Thu, Jun 2, 2011 4:49 pm.

Hi Kato,

Wow! I think you’re going to corrupt me kiddo.
Actually, the word ejaculate has several meanings in English.
One, of course, is the sexual connotation of ejaculation, but one of the others means to “exclaim.”
so when Ms. Ingram ejaculated “go”, she was saying it as if in this context.
Similarly, when we jump up suddenly, we call it ejaculation.
Ah, English, such a complicated language.

Glad to know I was missed.
… sure do love Kerrisdale, though highly civilized.
Not as fun as the west end, probably, but very quiet and peaceful.

こんにちわ、ケイトー。
“Sexy Jane Eyre”を読みました。
その中のYouTubeも観ましたよ。
もしかしてケイトーは、私を堕落させるつもりじゃないの!?(微笑)

実は、“ejaculate”という単語には、いくつかの意味があるのよ。
もちろん、日本語に訳されると“射精”という意味になるけれど、それだけじゃないのよ。
例えば、英語では“exclaim”としても使われるのよ。
だから、イングラム嬢が”ejaculate”した、という意味は“射精”したわけじゃないのよ。

“female ejaculation”という事がかつて話題になったから、
女性が“射精”するという事実も認められているけれど、
この場合はイングラム嬢が“射精”したのじゃなくて歓喜して”go”と叫(さけ)んだのよ。

同じように、私たちが突然ジャンプするような場合にも、その行為を“ejaculation”と呼ぶことがあるの。
この場合、日本語で“射精”と訳したらマジで間違いよ!
“飛び跳ねて喜んだこと”を“ejaculation”とも言うの。
分かった? 英語ってぇ、混乱させるような単語もあるわよね。

会えなくって寂しかったなんて言われると、ちょっといい気持ちよね。(微笑)
ケリスデールは素敵なところだわ。
かなり文化程度が高すぎるところもあるけれど。。。
ウェストエンドほど面白いところじゃないけど、のんびりと平和な気分に浸(ひた)れるわ。

Love, Diane ~


SOURCE: “Hallelujah!”
(Friday, June 10, 2011)

デンマンさん。。。最近、ダイアンさんと熱々ですわねぇ~。。。

ん。。。? ダイアンさんとアツアツ?

そうですわ。。。上のメールを読むと熱々なのが良く分かりますわ。

それはジューンさんの考えすぎですよ。

。。。で、どうして上のメールを持ち出してきたの?

あのねぇ、ダイアンが“kiddo”という単語を使ったので調べてみたのだよ。

あらっ。。。デンマンさんは“kiddo”という意味が分からなかったの?

いや。。。直感的にclose friend だと言う事は分かっていたけれど、最近、辞書で調べてみた記憶がない。 それで僕が高校の時に使っていた三省堂の『コンサイス英和辞典』で調べてみたら出てない。

それでネットで調べてみたの?

そうなんだよ。 次の画面に出くわしたよ。

上の画面だと“a friend” “a buddy”となっているけれど、ちょっとニュアンスが違うような気がするわ。 “chum”に近いと思うわ。 かなり砕けた間柄の友達というような意味だわよ。

あのねぇ~、僕がカナダで学生だった時に使っていた英英辞典では次のように出ていたよ。

kiddo

A form of familiar address as to a close friend


SOURCE:
“The Random House College Dictionary”

“close friend”と言うよりも、“kiddo”は、もっと愛着を込めて呼ぶときに使われるような感じがするわ。。。で、“kiddo”という単語に出くわしたのでこの記事を書く気になったの?

いや。。。実は gumbo を知らなかった。 何度か聞いたような気がするのだけれど、chicken gumbo を食べたことがない。 チキンバーガーのようなものだと思っていたのですよ。 それで、この際、調べてみようと思ったわけ。。。

ガンボ (Gumbo)

Chicken Gumbo

ガンボは、アメリカ合衆国ルイジアナ州を起源とするシチューあるいはスープ料理であり、アメリカ合衆国南部メキシコ湾岸一帯に浸透している。
ガンボは基本的には濃いスープストック、肉または甲殻類、とろみ成分、および「聖なる三位一体」と呼ばれる野菜(セロリ、ピーマン、タマネギ)で構成される。
伝統的に、ガンボ・スープは、米にかける形で供される。四旬節の際のガンボ・ザーブ(gumbo z’herbes)というルーでとろみをつけた緑色のガンボも存在する。

ガンボは、ルイジアナ州のクレオールの人々の間で一般的であるのを始め、テキサス州南東部、ミシシッピ州南部、アラバマ州、サウスカロライナ州のチャールストン周辺のロウカントリー、ジョージア州ブランズウィックなどの地域で食されている。
一年を通じて食されるが、通常は寒い時期の料理として知られている。
スープストックは、シーフード・ガンボであれば魚介類で、チキン・ガンボであれば鶏肉を使って可能な限り濃く作る。

Chicken, Shrimp, Sausage Gumbo

典型的なガンボは、鳥肉類、甲殻類、豚肉の燻製のいずれかひとつもしくは複数を使う。
鳥肉類としては、鶏、アヒル、ウズラなど使われるのが通常である。
地元の甲殻類としては、淡水産のザリガニ、メキシコ湾産のカニ、エビなどが使われることが多い。
タッソ(ケイジャン・ハム)、アンドゥイユ(燻製ソーセージ)を入れることにより、料理にスモークの香りが加わる。

ガンボはとろみをつけるのにオクラを使うか、フィレ・パウダーを使うかによって分けることができる。
いずれの場合においてもルーを加えることも可能だが、近年はルーは単体で使うのが通例である。
ルイジアナでは、オクラとフィレを混ぜるのは一般的ではない。

ケイジャンとクレオールのスタイルで分けることもできる。
クレオールのガンボで使うルーは、通常ある程度茶色付いているものの色は浅めで、トマトを入れることもあるが、ケイジャンのガンボはより濃い色のルーを使用、トマトを入れることはない。


出典:
フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

なりほどねぇ、確かに、書いてある通りだわ。 でも、ルイジアナ州を起源とするものだとは、わたしも知らなかったわ。

“クレオールの人々”ってなんだい?

あらっ。。。デンマンさんは知らないの?

聞くは一時の恥、聞かぬは一生の恥。 うへへへへへ。。。

本国ではなく、中南米やカリブ海の植民地生まれのヨーロッパ人のことよ。 特にスペイン人のことを言うの。 スペイン語ではクリオーリョ(criollo)と言うわ。 でも、この場合はルイジアナ州生まれのフランス人のことだと思うわ。

うん。。。そう言われてみれば、ルイジアナ州は昔フランスの植民地だったよね。

歴史馬鹿のデンマンさんだけのことはあるわね。。。やっぱり知っているじゃない。

その程度のことは知っているんだよ。。。で、ジューンさんはガンボをしばしば食べるゥ?

わたしはめったに食べないわ。

どうして。。。?

シチュー料理は、あまり好きでないし、普通のスープの方が口に合うから。。。

ところで“ケイジャン”ってなに?

あらっ。。。デンマンさんは知らなかったの? Cajunのことよ。 「アカディア人」を意味する「アケイディアン」(”Acadian”)の訛り。。。フランスの植民地に居住していたフランス語系の人々のうち現在のルイジアナ州に移住した人々とその子孫のことね。

つまり、フランス系のクレオールのことだね。

まあ。。。そういうことね。 ケイジャン料理って田舎っぽいのよ。

ケイジャン料理

ジャンバラヤケイジャン料理とは、基本的に地元で手に入る食材を生かした、素朴でシンプルな庶民の料理である。
タマネギ、セロリ、ピーマン(合わせて「聖なる三位一体」(Holy Trinity)と呼ばれる)を炒めたものを料理のベースとすることが多く、これはフランス料理のミルポワ (Mirepoix)と関係がある。


パンやコーンブレッドも食べられるが、主食には米を多用する。
ケイジャン料理の中では、肉や野菜などの具が入り、チリペッパーなど香辛料が効いた炊き込みご飯「ジャンバラヤ」や刻み野菜と魚介類、鶏肉、ソーセージ(特にアンドゥイユ、Andouilleなど)を煮込み、フィレパウダー(filé powder、ササフラスの葉を粉にしたもの)またはオクラでとろみをつけた「ガンボ(gumbo)」などがよく知られている。
エビやカキ、カニを中心に魚介類がふんだんに使われることが多く、またケイジャンは長い間自給自足せざるを得なかったため、ザリガニやアメリカアリゲーター、カエルといった土着の食材もよく使われる。

より都会的で洗練されたニューオリンズの伝統料理「クレオール料理」とは、基本的な素材や「聖なる三位一体」をはじめジャンバラヤやガンボなどいくつかの料理を共有するため、ルイジアナ州の外ではケイジャン料理はしばしばクレオール料理と混同されることが多い。
ケイジャン料理の方がやや辛めであり、伝統的なケイジャン料理には高価な材料やフランス料理の技法が使われることはまずない。
トマトの使用など、イタリア料理の影響も少ない。
ケイジャン料理はだいたいにおいて庶民的であり、主菜を料理する鍋、主食(米やコーンブレッドなど)を調理する鍋、旬の野菜を調理する鍋の3つがあれば食事ができるといわれる。


出典:
フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

ジューンさんは料理に詳しいんだね?

別に詳しいわけじゃないわよ。 食べるのが好きなだけだわ。 うふふふふふ。。。

Good luck!

バ~♪~イ

あなたが絶対、

見たいと思っていた

面白くて実にためになるリンク


■ 『ちょっと変わった 新しい古代日本史』

■ 『ブログに記事を書いてお小遣いをもらおう!』

■ 『興味深い写真や絵がたくさん載っている世界の神話』

■ 『現在に通じる古代オリエント史の散歩道』

■ 『見て楽しい、読んで面白い 私版・対訳ことわざ辞典』

■ 『きれいになったと感じさせる

下着・ランジェリーを見つけませんか?』

■ 『笑って楽しめる 私版・対訳 慣用句・熟語辞典』

■ 『辞書にのってない英語スラング』

■ 『オンライン自動翻訳利用法』

『夢とロマンの横浜散歩』

『愛とロマンの小包』

『下つきだねって言われて…』

『銀幕の愛』

『パリの空の下で』

『愛の進化論』

『畳の上の水練(2011年3月15日)』

『軍隊のない国(2011年3月21日)』

『アナクロニズム(2011年3月27日)』

おほほほほ。。。

卑弥子でご

ざ~♪~ますわよ。

くどいようですけれど、

また現れましたわ。

やっぱり、ジューンさんとデンマンさん

ばっかりに任せていると

退屈するのよねぇ~。

それで。。。つい、つい、

出て来てしまうので

ござ~♪~ますわよ。

ええっ、

何で英語の記事に

顔を出すのかって?

あたくしも、英語を勉強して

ついにバンクーバーへ行って来ました。

本当はもっと長く居たかったのですけれど、

デンマンさんに説得されて

日本に戻ってきたのでござ~♪~ますわ。

それで、またこのダサい十二単を

着ることになったのです。

あたくしは、もう着るのがイヤなのですけれど、

デンマンさんが、頼むから我慢して着て欲しいと

土下座して頼むので

仕方なく着ることにしたのでござ~♪~ますわ。

おほほほほ。。。

ええっ?なんか面白い話はないのかって。。。?

ありますわよ。

次のリンクをクリックして読んでみてね。

『おばさんパンツ』

あたくしもおばさんパンツを

穿いてしまったのでござ~♪~ますわよ。

ええっ?どうしてかって。。。?

上のお話を読めば分かりますわよ。

本当に面白いのよ。

騙されたと思って覗いてみてね。

メチャ笑えるわよ。

うふふふふ。。。

では、今日も一日楽しく愉快に

ネットサーフィンしましょう。

じゃあね、バ~♪~イ。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。