バンクーバーのブイヤベース


 
2010年7月11日 (日曜日)
 
 
バンクーバーのブイヤベース
 
 
ん?アンドラ?
 
 

件名:小百合さん、おはよう!

栃木の田舎は雨だろうけど、

地中海気分で

ランランになってね!

きゃはははは。。。

 コート・ダジュールの入り江

Date: 06/07/2010 11:24:44 AM
Pacific Daylight Saving Time
日本時間:7月7日(水曜日)午前3時24分
From: denman@coolmail.jp
To: sayuri@hotmail.com
CC: barclay1720@aol.com

Mapion の天気予報を見ると、7月7日は早朝から真夜中まで傘マークですよう。
気温25度。
7月13日までの長期予報を見ても傘マークがたくさん付いている。
梅雨明けは7月15日すぎかね?

日本の梅雨は、まるで日本の政治を見るようですよう。
うっとうしい!
やらしい!
ムカかついてくる!
きゃははははは。。。

バンクーバーは雲一つない素晴らしい天気ですよう。
気温18度。
まさに夏の地中海気分ですよう!

Mapion の天気予報のページに「おすすめグルメ」があるのだけれど、毎日変わるのかと思ったら、変わらないよう。
「手づつみ餃子 花鳥風月」の隣に、今日も「地中海料理 アンドラ」がありますよう。
The Mediterranean Cuisine Andorra だってぇ~!
しゃれてるね。きゃははははは。。。

口コミを見たけれど、評判いいみたいだよ。
小百合さんも梅雨の憂さを晴らすために、たまには地中海料理でも食べてルンルン気分になってね。

では、いつものように、くどいけれど、日本の神様にお祈りをささげたいと思います。

行田の大長寺の大仏様。。。
高崎の観音様。。。
軽井沢の不動様。。。
栃木のお稲荷様。。。
仙台の八幡様。。。
伊豆の海の神様。。。
山梨の山の神様。。。

小百合さんが軽井沢タリアセン夫人になりきって、ルンルン気分で今日、一日を無事で楽しく愉快に過ごせますように。。。
そして、この夏休みには、バンクーバータリアセン夫人になって、ブイヤベースを僕と一緒に食べることができますように。。。
さらに、参議院選挙では、素晴らしい政治家が選ばれますように。。。
参議院が芸能人やスポーツ選手の隠居所になりませんように。。。
日本の神様、よろしくお願いいたします。

もう、こうなったら地中海の愛と恋とロマンの女神さんにも登場してもらいます。

小百合さんがルンルン気分でバンクーバーにやってきて、
イングリッシュベイの遊歩道を散歩しながら
きれいな夕日を見て
ロマンチックな気分になれますように。。。


きゃはははは。。。

今日も雨が降るようだったら、次の記事を読んで憂さを晴らしてね。

『床上手な女と平成維新』

(2010年7月6日)

じゃあねぇ~♪~!

  

デンマンさん。。。アンドラ(Andorra)ってぇどこにあるのですか?

スペインとフランスの国境の山の中にあると思っていたのだけれど。。。

地中海料理のレストランの名前だから、海のそばにあるはずでしょう?

そうですよね。だから僕は調べましたよう。

アンドラ
 
アンドラ公国 (Principat d’Andorra)

アンドラ公国(通称アンドラ)は、ピレネー山中にあり、フランスとスペインに挟まれた国家。
フランス大統領とスペインのウルヘル司教を国家元首とするミニ国家である。
首都はアンドラ・ラ・ベリャ。

国名はバスク語起源の語に由来すると推定されるが、不明である。

言語は公用語がカタルーニャ語である。その他、スペイン語、フランス語、ポルトガル語などが使われている。

宗教はほぼカトリック教会である。

歴史

8世紀、シャルルマーニュがピレネー山中においたスペイン辺境領の一つ、ウルヘル伯領を起源とする。

のちにウルヘル伯より宗主権を獲得したウルヘル司教と、司教から条件付きで領主とされたフォワ伯爵家との間に争いが起き、調停案として1278年、両者を対等の共同統治者とする宗主契約が結ばれた。
その後フォワ伯の権限は、ガストン4世の死後に歴代のナバラ王に伯位とともに受け継がれ、フランス王となるブルボン家のアンリ4世に帰した。
王政廃止後はフランス大統領がこれを引き継いだ。

1993年、アンドラは新憲法を制定、ウルヘル司教とフランス大統領を共同元首とする議会制民主主義を敷き、正式に独立国家となった。
同年7月、国際連合に加盟した。

政治

国家元首である大公は、スペインのウルヘル司教と、フォワ伯爵位を法的に継承するフランス大統領との二頭制である。
その権限は、首相の任命等、儀礼的なものに限られる。
この両名がアンドラに来訪することはほとんどなく、それぞれの代行者が来訪して、またはそれぞれの駐在代理官が委任を受けて、その権限を行使する。

軍事

敵対する国家も存在しない上、近年まで外交をスペインとフランスにゆだねていたこともあり、軍隊は持たず、国防に関してはフランス及びスペインに委託している。
ただし、アンドラはかつて第一次世界大戦及び第二次世界大戦に参戦していた。
第一次世界大戦の際の「アンドラ国軍」は士官1人、参謀4人、兵士6人と全員でも11名と余りにも小規模で、そのためかヴェルサイユ条約調印式にフランスがアンドラの存在を忘れてしまい、形式上は第一次世界大戦を継続したまま第二次世界大戦に突入する結果となった。

国際関係

外交は1993年まではフランスが代行していたが、同年以後はアンドラ政府自身で行うことになった。
国際連合(1993年)および欧州評議会(1994年)に加盟。
2007年現在、WTOに加盟申請中である。
これに対して欧州連合(EU)や欧州自由貿易連合(EFTA)、万国郵便連合には加盟していない。

出典:
フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 

あらっ。。。やっぱり、山の中にある小さな国なのですわね。

うろ覚えだったから、はっきりとは断定できなかったけれど、他にアンドラという国が思い浮かばなかった。

でも、どうして山の中にある国なのに、地中海料理のレストランの名前に「アンドラ」と付けたのでしょうねぇ?

確かに、アンドラは山の中にある国だけれど、日本から比べれば、地中海は目と鼻の先にありますからね。多分、レストランのオーナーが南フランスを旅行して、ついでに訪れたアンドラという小さな国の印象が強く残っていたのじゃないですか。。。それで、自分の店の名前にアンドラと付けたのですよう。

そうかもしれませんわね。

あのねぇ~、栃木の田舎にあるのだから、小百合さんの家のすぐ近くですよう。今度のウィークエンドに、地中海料理を食べに行ってみたらどうですか?ついでに店のオーナーに、どうしてアンドラという名前にしたのか尋ねてきてくださいよう。

分かりましたわ。ブイヤベースがあるかどうか見てきますわ。うふふふふ。。。

僕も小百合さんと一緒に行きたいなァ~。

だったら、今年の秋にデンマンさんが帰省した時にでも一緒に行きましょう。

それよりも、今年の夏休みに小百合さんがバンクーバーにやって来てくださいよう。小百合さんのためにブイヤベースの旨い店を見つけましたよう。

あらっ。。。マジですか?

マジですよう。blogspot.com の記事を見つけましたよう。

『バンクーバーの ベスト ブイヤベース』

http://cakeonthebrain.blogspot.com/2007/08/best-bouillabaise-in-vancouver.html

これがそのページの URLです。 ブロガーはカナダ人で、実際にフランスで現地の家族と一緒に住んで、本場のブイヤベースを食べたことがあると書いてある。その人がバンクーバーで一番のブイヤベースだろうと言っているのです。

でも、レストランのシェフは中国系カナダ人。しかし、ちゃんとフランス料理の免状を持っている本格的なフランス料理人らしい。

。。。で、レストランの名前は?

Henry’s Kitchen というダサい名前が付いている。うししししし。。。でも、名前を見ただけじゃ判断できないからねぇ。

。。。で、どこにあるのですか?

キング・エドワード・プラザですよう。住所は次の通りです。

あらっ。。。クイーン・エリザベス公園の近くなのですわね。
 

そうなのですよう。。。きれいな公園です。。。小百合さんも懐かしいでしょう?

小百合さんも、また行って見たいでしょう?

そうですねぇ~。。。天気の良い日には、こうして結婚式を終えたばかりのカップルが写真を撮りに来るのですよね。

そうですよう。

小百合さんもバンクーバーの思い出が鮮明に記憶に残っているではありませんか。

だってぇ、13年間も隣町のバーナビーへ行ったり来たりしていたのですもの。。。

だから、今年の夏休みにバンクーバーにやって来てクイーン・エリザベス公園でロマンチックな気分に浸ったあとで、僕と一緒にブイヤベースを食べるのですよう。。。うししししし。。。

『世界は小さく広がる』

(2010年7月9日)

それはそうと。。。デンマンさん。。。おととい(7月9日)の記事の中の質問の答えを聞かせてくださいな。

ん。。。? 記事の中の質問。。。?

そうですわ。デンマンさんが次のページを見せてくれたのですわ。

上のページの URL:
http://www.woir.net/computer-help-and-repairs/selling-your-computer-looking-at-alternatives

FEEDJIT が貼られてあって、デンマンさんの顔写真が出ているのですわ。

そんなものよりもブイヤベースの話の方が面白いでしょう?!

でも、この記事を読んでいる人の中にもデンマンさんの答えを期待している人だっていると思いますわ。

それで、小百合さんの質問って何ですか?

そもそも、どうしてデンマンさんのブログへのリンクが上のページに貼られてるのですか?

あのねぇ~。。。そんな事よりもブイヤベースを小百合さんと一緒にバンクーバーで食べる話の方が面白いですよう。

デンマンさん!。。。いい加減にしてくださいな!。。。そのような話はデンマンさんと私が個人的にすればいいことで、このような公開の場で、クドクドと話す事ではないのですわよう。んもお~。。。

あれっ。。。小百合さんはムカついているのですか?

いいえ。。。ムカついているわけではありませんけれど、デンマンさんがクドクドと話すならば、私だってムカつきますわよう。

分かりました。。。小百合さんが、それほどまでに言うのならば、面白くないけれど、質問にお答えしますよう。実は、上のページ以外にも、英語のページなのに僕の Denman Blog へのリンクが貼られてるページがあったのです。ちょっと見てください。

上のページの URL :
http://the-best-twitter.com/featured/why-twitter-can-drive-more-traffic-to-your-business.html

Denman Blog へのリンクが貼られているのですか?

上の画像では良く分からないから、その部分を拡大してみます。

あらっ。。。。見慣れた旗がありますわねぇ~。。。もしかして、バレンシアの旗ではありませんか?

僕も、実は、そう思ったのですよう。

でもねぇ、これはバレンシア州の旗ではなく、バレンシア市の旗でもなく、スペインの国旗なんですよう。僕も知らなかった。だから、上の FEEDJIT のリストでは スペインから二人のサーファーがやって来たのですよう。一人はアンダルシア州のグラナダ市からやって来たけれど、ページを見てすぐに出て行ってしまった。もう一人はスペインのカタロニア州にあるレウス市からやって来て、じっくりとページを読んでいるのですよう。

。。。で、質問ですけれど、デンマンさんのブログは日本語だけで書いてあるのに、上の英語のページにはなぜ Denman Blog へのリンクが貼ってあるのですか?

あのねぇ、平均的な日本人は、上のページの Denman Blog へのリンクを見たら、まず間違いなく小百合さんのような疑問を持つのですよう。

でも、日本語は英語と違って国際語ではないのだから、日本以外の国の人が見たって、不思議に思うのではないですか?

だから、それが日本人の常識なのですよう。。。それは国際的な常識ではないのですよう。

その根拠でもあるのですか?

ありますよう。Denman Blog のスパムリストを見てください。

あらっ。。。ヴァイアグラ馬鹿さんが Denman Blog を見つけてスパムコメントを書き始めたのですか?

そうなのですよう。うししししし。。。僕とヴァイアグラ馬鹿との付き合いも丸6年になりますからね。

マジで。。。?

その証拠を見せますよう。僕は、もうずいぶん前からヴァイアグラ馬鹿の記事を書いていますからね。。。次のリンクをクリックすれば、出会い系ゴキブリとヴァイアグラ馬鹿の関係が分かります。

『“出会い系ゴキブリ ヴァイアグラ馬鹿”

を入れてGOOGLEで検索した結果』

それにしても Denman Blog の『出会い系ゴキブリ』という記事にヴァイアグラ馬鹿さんがスパムコメントか書いたのですか?

そうなのですよう。。。しかも、文字通り Viagra の宣伝をしようとしたのですよう。

。。。で、自動的に検出されて、スパムコメントのリストに書き加えられたのですか?

Denman Blog は WordPress を使っているのだけれど、スパマーを検出するプログラムが付いてるのです。そして、スパマーを検出すると自動的に上のリストに書き加えるのですよう。

進んでいますわね。。。日本人ならば、英語のコメントを日本語のページに書いても無駄だと思うのですけれど、ヴァイアグラ馬鹿さんは、無駄だとは思わないのでしょうか?

思わないのですよう。

なぜ。。。?

あのねぇ~、日本人なら、おそらく誰もトルコ語のページに日本語のコメントも書かないだろうし、英語のコメントも書かないと思うのですよう。

ヴァイアグラ馬鹿さんは書くのですか?

書き込むのですよう。。。たとえば、英語の単語が一つでも使われていて、それが GOOGLEの検索結果に出ていれば、そのページにヴァィアグラ馬鹿は英語のスパムコメントを書き込むのですよう。

でも、効果がないでしょう?

効果があるとか無いとか考えないのがスパマーの常識です。

“数撃ちゃ当たる!”

つまり、効果があろうが無かろうが、とにかく、スパムコメントを付け回るという考えなのですか?

そうですよう。。。日本人の常識で言えば、ヴァィアグラ馬鹿は底抜けの馬鹿なのですよう。うへへへへへ。。。

。。。で、上の英語のページの Denman Blog へのリンクは、どう言う事なのですか?

あのねぇ~、僕は、その英語のページの管理人がヴァイアグラ馬鹿だと断定する気持ちはありません。ただし、メンタリティーはヴァイアグラ馬鹿とまったく同じです。

その根拠は。。。?

日本人ならば、まず常識的に考えられない事をしている。

どのような。。。?

そのリンクは僕を誘うためのリンクなのですよう。

デンマンさんの言っていることが良く分かりませんわ。

もともと、僕を英語のページに誘おうとして Denman Blog に足跡をつけたのです。だから「リファラ」に記録が残った。そうやって、僕を英語のページに引き寄せようとした。常識的な日本人ならば、まずそのような無駄なこと、効果の極めて少ない事はしないものです。しかも、常識的な日本人ならば、僕のように、その「リファラ」のリンク先のページへ飛んでゆく事もしないでしょう!

つまり、デンマンさんも常識的な日本人ではないのですわね?!

うししししし。。。その通りですよう。。。だから、こうしてヴァイアグラ馬鹿の記事を書いている。また、日本語のページへのリンクを英語のページに貼るような無駄なことをしている管理人の事も書いている。

つまり、無駄な事を無駄だと思わない人たちが居るのですわね。

うしししし。。。そうなのですよう。もし、ヴァイアグラ馬鹿が日本人ならば、英語のスパムコメントを日本語のページに飛ばそうとはしない!しかし、ヴァィアグラ馬鹿は、上のリストに見るように、そういう日本人の一般常識では無駄な事を平気でする。

“数撃ちゃ当たる!”

しかも、その当たる確率は、日本の銀行の利子の率よりも低い!おそらく、0.001%ぐらい。それでも、ヴァィアグラ馬鹿は、一見、無駄な事を平気でする。

日本語のページへのリンクを英語のページに貼るような無駄なことをしている管理人も、それを無駄とは思っていないのですわね?

無駄だとは思っていない。。。それは日本人には、なかなか理解できない“スパマーの常識”なのですよう。
 

【卑弥子の独り言】

ですってぇ~。。。
デンマンさんが、そのようにおっしゃると、なんだか説得力があるのでござ~♪~ますわ。
あなただって、そう思うでしょう?
うふふふふふ。。。

とにかく、あさっても興味深い話題が続きます。
あなたもどうか、明後日、読みに戻ってきてくださいましね。
じゃあねぇ。。。

メチャ面白い、

ためになる関連記事


■ 『きれいになったと感じさせる

下着・ランジェリーを見つけませんか?』

■ 『ちょっと変わった 新しい古代日本史』

■ 『面白くて楽しいレンゲ物語』

■ 『カナダのバーナビーと軽井沢に別荘を持つことを

夢見る小百合さんの物語』

■ 『今すぐに役立つホットな情報』

■ 『 ○ 笑う者には福が来る ○ 』

『小泉純一郎君は漢字馬鹿か?』
 (2009年4月18日)

『小泉純一郎と名乗る漢字馬鹿』
 (2009年4月20日)

『ある愚か者の自滅の道 (2009年4月24日)』

『2ちゃんねると自滅の世界 (2009年4月28日)』

『自滅の道へ走る愚か者 (2009年5月2日)』

 『あなたもワクワクする新世代のブログ』

『また、オマエか! (2009年7月3日)』

『成りすまし馬鹿 (2009年7月5日)』

『スカンクと宮本武蔵 (2009年7月6日)』

『絶望的な愚か者 (2009年7月7日)』

『プッタネスカ(2009年10月18日)』

『国敗れて山河あり(2009年10月22日)』

『鰻重と阿波踊り(2009年10月26日)』

『人のための医療(2009年10月30日)』

『病める日本(2009年11月5日)』

『住めば都(2009年11月15日)』

『猫ちゃんの出迎え(2009年11月17日)』

『名物先生(2009年11月19日)』

『ぶんぶく茶釜(2009年11月21日)』

おほほほほ。。。

卑弥子でご

ざ~♪~ますわよ。

くどいようですけれど、

また現れましたわ。

ええっ、

余計な事は

言わなくてもいいから、

さっさと言いたい事を

言って消えろ!

あららあああぁ~

あなたはそのような

厳しい事をあたくしに

言うのでござ~♪~ますか?

いけすかないことォ~♪~

分かりましたわ。

では、今日の一言を。。。

うふふふふ。。。

Shoot for the moon.

Even if you miss,

you’ll land among the stars.

— Les Brown

数撃ちゃ当たる。

文字通りに訳せば次のようになりますよね。

月を狙って撃ってね。

外れたとしても、星に当たるわよ。

あたくしは、このように訳しました。

もっと素晴しい訳があったら教えてくださいませ。

このレス・ブラウンさんは英語で言うと

motivational speakerです。

日本語に訳すと

“意欲を起こさせる演説者”

つまり、人々にやる気を起こさせるような

講演をして暮らしている人です。

えっ?

他になんか面白い話はないのかって…?

ありますわよ。

次のリンクをクリックして読んでみてね。

『あなたが笑って幸せになれるサイト』

気持ちがくさくさしていたら、

あなたも覗いてみてね。

笑えるわよ。

本当に面白いのよ。

騙されたと思って覗いてみてね。

うふふふふ。。。

では、今日も一日楽しく愉快に

ネットサーフィンしましょう。

じゃあね、バ~♪~イ。

 

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。