ポテトクリスプ


  
2010年11月9日 (月曜日)
 
 
ポテトクリスプ
 
 
あなたと市民の声
 
 

Subj:小百合さん、おはよう!

栃木の田舎で紅葉を楽しんでいますか?

きゃはははは…

From: denman@coolmail.jp
To: sayuri@hotmail.com
Cc: barclay1720@aol.com
Date:Wed, Nov 3, 2010 1:00 pm
Pacific Daylight Saving Time
日本時間:11月4日(木)午前5時00分

今日は朝からBC州知事が辞任するニュースで持ちきりですよ。
僕は朝起きてから寝るまでローカルのCNNニュースをつけっぱなしにしています。
夕べは午前3時まで起きていたので今朝は目覚めたのが午前10時になりました。
シャワーを浴びてから10時半にラジオのスイッチを入れたらBC州知事のゴードンキャンベル氏が辞任するというニュースが飛び出した。
本人が声明を読み上げるところを報道していました。
別にスキャンダルとか重大事件の責任をとって辞任するわけではない。
それでもニュース解説を聞くとキャンベル氏が所属するBC州自由党内部では辞任が話題になっていたそうだ。
9年という長い年月にわたって政権を保持していたのだから日本のコロコロ変わる首相のことを思えばたいしたものですよ。
ラジオを聴いている人に「どう思いますか?」というアナウンサーの問いかけに電話で答えた人が居る。
「もっと以前に辞任すべきだったわ。キャンベル氏はハワイで飲酒運転をして逮捕されたことがあるわよ」
それは女性のリスナーからだった。
言われてみて僕もはっきり思い出しました。そういう事件があったのです。
確か3年前だと思う。
キャンベル氏がアル中だと言うことまで取り上げられてかなり問題になったのだけれど、その時辞任にならなかったのが不思議なくらいでした。
最初の交通違反は大目に見るということだったのか?

話は変わるけれど、ポテトクリスプが入っていたペーパー・キャニスター(paper canister)が空になってキッチンテーブルの上に置いてあったのが目に留まった。それで、不意に「さきたま古墳公園」の休息パビリオンで小百合さんが持ってきてくれた“波を打ったポテトチップ”をコーヒーを飲みながら一緒に食べたのを思い出したよ。
「デンマンさんからいただいたクリスプがまだ一筒だけ残っているわ」

僕はポテトクリスプのキャニスターをデンマンモールのショパーズドラッグで3筒買ったのでした。
1筒分を僕が食べ、残りの2筒を小百合さんへのお土産に加えたのでした。
サワークリーム&オニオンフレーバー。
小百合さんと僕のお気に入りのフレーバー。
でも、なぜ一筒だけ残ってるの?
バンクーバーの味を懐かしむためなのだろうか?

しかし、小百合さんが欲しかったのはポテトクリスプではなくて“波を打ったポテトクリスプ”。
僕は思い違いをして小百合さんが欲しいのはポテトクリスプだと思ってしまった。
だから、期待はずれだったので、一筒だけ食べて、もう一つをほったらかしにしていたのかな?
僕はそう思った。
でも、小百合さんと一緒に食べた日本製の“波を打ったポテトチップ”と比較すると、油気は少ないし、さっぱりしていてポテトクリスプもまんざらではない!
小百合さんも、もしかして、そう思って、またいつかバンクーバーの味を楽しむために取っておいたのかな?
なんだかそう思えてきて「さきたま古墳公園」でのアイリッシュコーヒー豆の芳醇な香りを懐かしく思い出しているのです。
小百合さんも軽井沢タリアセン夫人になりきって、あのコーヒーをじっくりと味わってね。
じゃあ、また。。。

デンマンさん。。。BC州知事はマジで酔っ払って運転してハワイで逮捕されたのですか?

マジですよ。はっきりさせるためにネットで調べてみました。やっぱり、逮捕を伝えるニュース記事をすぐに見つけることができました。

Gordon Campbell

(Canadian politician)

In January 2003, Campbell was arrested and pled no contest for driving under the influence of alcohol while vacationing in Hawaii. According to court records Campbell’s blood-alcohol level was more than twice the legal limit. As is customary in the United States, Campbell’s mugshot was provided to the media by Hawaiian police. The image has proved to be a lasting personal embarrassment, frequently used by detractors and opponents. Campbell was fined $913 (US) and the court ordered him to take part in a substance abuse program, and to be assessed for alcoholism.

A national anti-drinking and driving group, Mothers Against Drunk Driving (MADD) Canada called for Campbell to resign.

Source: Wikipedia

2003年の1月でしたよ。3年ほど前だと思っていたけれど、月日の経つのは早いものですよ。

日本ならば、おそらく知事を辞任しなければならなかったと思うのですけれど、BC州ではどうしてそうならなかったのですか?

かなり問題になったのですよう。知事はアル中だと言う人まで出てきて大騒ぎになったのだけれど、BC州の市民が寛大だったのでしょうね。

でも、ハワイで飲酒運転で逮捕されたのでしょう!日本だったらマスコミが騒ぐから絶対に懲戒免職にされますわよ。

あのねぇ、僕が「BC集の市民が寛大だった」と言ったのには訳があるのですよ。

どのような訳ですか?

今年(2010年)の7月1日からBC州の消費税(HST: Harmonized Sales Tax)が12%になった。

それまではどうだったのですか?

SEARS

701 Granville Street
Vancouver, BC
V7Y 1L1
Phone (604)685-7112

October 4, 2009 3:43PM

1. Brief Package (3 briefs) $9.99

2. 25% Discount    $2.50-

  (Offer code 01160)

Subtotal    $7.49
GST       $0.37(5%)
PST       $0.52(7%)



Total      $8.38

上のレシートは去年(2009年)の10月に3枚1組のブリーフをデパートの安売りの日に買ったのですよ。5%の連邦税と7%の州税がかけられたから実質的には12%の消費税です。

つまり、7%の州税が12%に跳ね上がったと言うことですか?

違うのですよ。HST税は連邦税と州税をまとめたような消費税です。

Canada Post/Postes Canada

Denman PLace
1020 Denman Street
Vancouver BC
V6G 2M0

September 25, 2010 4:09PM

Hold Mail Services $28.00

Subtotal   $28.00

HST(12%)   $3.36



TOTAL     $31.36

だったら、消費者にとっては実質的に以前と変わりがないのではありませんか?

そうなのですよ。だから僕は理解に苦しんだのです。

つまり、BC州の市民は実質的に税率が変わらないのにもかかわらず不満を声にして反対運動に走ったのですか?

そうなのですよ。

でも、なぜ。。。?

あのねぇ、たとえばアルバータ州には消費税が無いのです。世界的に不景気なのにBC州は消費税を下げようともしない。

つまり、実質的に消費税が下がらないことにBC州の市民は不満を露(あらわ)にしたのですか?

そうとしか考えられない。他にもいくつか理由はあるらしいけれど、20年ほど前に州知事だったオランダ系カナダ人のビル・ヴァンダー・ザルム(Bill Vander Zalm)というおっさんがムカついてHST税に反対して70万人から署名を集めたのですよ。

それで、どうしようと言うのですか?

HST税に賛成して法律を可決させた州議会の議員全員をリコールして、新しい議員と入れ替えるために運動を始めたのです。さらに、400年続く伝統的な英米法(コモン・ロー)にHST税は違反しているとBC州の最高裁判所へ訴え出た。

マジで。。。? デンマンさんも70万人の一人として署名したのですか?

運動員が僕のマンションに訪ねてこなかったから署名しなかったけれど、訪ねて来たら僕もサインしましたよ。僕だってBC州の住民ですからね。。。

デンマンさんも不満なのですか?

上のレシートを比較してみれば分かるように、実質的にはトータルで12%の税率が変わらないから、僕個人としては、とりわけ不満ではないのですよ。

それなのに、70万人のBC州の市民が署名したのはなぜですの?

現州知事のキャンベル氏が辞任したことを考えると、その理由が分かるような気がするのですよ。

もったいぶらないで教えてくださいな。

あのねぇ、キャンベル氏がハワイで酒を飲んで運転してお巡りさんに捕まった。でも、BC州の市民は金銭的には痛くも痒くもなかった。キャンベル氏が飲酒運転で捕まったのは初めてだったのでBC州の市民は大目に見たのですよ。しかし、世界的な不況の中でBC州の市民も経済的に余裕が無い。こういう時にキャンベル氏が12%のHSTを導入して結果的には減税を望んでいた市民の期待を裏切った。一度は大目に見て知事を続けさせたのにBC州の市民のために経済的な負担を減らすような政策を打ち出さない。だから「今度はオマエはクビだ!」と70万人のBC州の市民が知事も含めて州議会議員のリコールを求めたのですよ。

つまり、リコールされる前にキャンベル氏は辞任を表明したという訳ですか?

そうですよ。さらに汚点をつけないために、今が引き際だと思ったのでしょうね。

名古屋市のリコール運動と似てますわね?

そうです。誰だって高い税金を納めたくない。市民にしてみれば税金は低ければ低いほどありがたい。名古屋市の河村市長は減税を市民に約束して当選した。だから公約を果たそうと減税を決める法律を通そうとした。でも市議会議員の反対にあって実現できなかった。そこで、河村市長はリコール運動の先頭に立った。

でも、河村市長のやり方に批判する人もたくさん居ますわ。

あのねぇ、日本では少なくとも言論の自由と表現の自由が憲法で保障されている。だから当然、河村市長のやり方に批判的な人だっていますよ。でも、重要なことは名古屋市民の40万人以上の市民が河村市長の意見に賛同して署名したという事実ですよ。

つまり、市民の声ですか?

そうです。フランス革命だって革命家に賛同する市民の声が大多数だったから市民社会が実現した。

デンマンさんも名古屋市民のリコール運動はフランス革命と共通する市民の声だと信じているのですか?

当然です。僕が名古屋市民ならば、やはり、リコール運動に参加しますよ。小百合さんだって税金をガッポリと税務署に取られたから減税を求める運動であるならば、どんな運動にも参加するでしょう?

そうですわね。日本の税務署は税金の取り易い所から、取れるだけ毟(むし)り取ろうとしますわ。ひどいものです。情状酌量して減税するなんて全く考えようともしませんわ。市民の声なんて屁とも思っていないのですから。。。

あれっ。。。屁。。。屁とも思ってないのですか?

うふふふふ。。。私としたことが、つい感情的になって軽井沢タリアセン夫人にふさわしくない言葉を漏らしてしまいましたわ。。。ごめんあそばせ。。。

【卑弥子の独り言】

ですってぇ~。。。
そうですよね。
誰だって高い税金を払いたくないですよね。
税金は安ければ安いほど庶民はありがたいものでござ~♪~ますわ。
でも、減税しないからってムカついて70万人もの署名を集めるなんて、すっご~いと思いますわ。

あたくしは名古屋市のリコール運動も、今後どうなるかとハラハラしながら注目しているのでござ~♪~ます。
河村市長さんに、ひそかに声援を送っていますわ。
あなたも、もし、地元の地方行政が無茶な事をやっていたら、市長さんや町長さん村長さんを引き摺り下ろすためにリコール運動に参加してくださいね。

フランス革命も市民の声が盛り上がったから理不尽な貴族社会から自由平等な市民社会に移行することができたのでござ~♪~ますわ。

とにかく、次回も興味深い記事が続きます。
だから、あなたもどうか、また読みに戻ってきてくださいましねぇ。
では、またぁ~。。。

 
メチャ面白い、

ためになる関連記事


■ 『きれいになったと感じさせる

下着・ランジェリーを見つけませんか?』

■ 『ちょっと変わった 新しい古代日本史』

■ 『面白くて楽しいレンゲ物語』

■ 『カナダのバーナビーと軽井沢に別荘を持つことを

夢見る小百合さんの物語』

■ 『今すぐに役立つホットな情報』

■ 『 ○ 笑う者には福が来る ○ 』

 『あなたもワクワクする新世代のブログ』

■ 『バンクーバーの寒中水泳』

『お受験と教育ママ(2009年9月8日)』

『四季桜(2009年9月14日)』

『熊校の思い出(2009年9月16日)』

『「田舎教師」と行田(2009年9月18日)』

『小百合さんの存在感(2009年9月20日)』

『大阪の歴史馬鹿(2009年9月22日)』
 
『「蒲団」と「田舎教師」(2009年9月24日)』

『卑弥子さんの存在感(2009年9月26日)』

『ロマンとデジャヴ(2009年9月28日)』

『夫婦風呂(2009年9月30日)』

『露悪趣味(2009年10月2日)』

『カプリ島と香水(2009年10月10日)』

『小百合さんの香水(2009年10月14日)』

こんにちは。ジューンです。

HSTに反対する運動はBC州で

大変な盛り上がりを見せました。

今年(2010年)の7月には地元の新聞に

次のような記事が掲載されました。

“We have filed suit today in B.C. Supreme Court to strike the HST in B.C. on the grounds it violates core constitutional principles,” former premier and anti-HST organizer Bill Vander Zalm said in a statement Monday.

“This [the HST] violated not only the constitution, but also 400 years of common law establishing the principle of no taxation without representation.”

SOURCE: “The Vancouver Sun”

つまり、HSTは憲法にも違反しているし、

400年続く伝統的な英米法(コモン・ロー)にも

違反しているというのです。

マジで。。。?

今後どうなるか見守りたいですよね。

ところで、デンマンさんが

小百合さんの記事をまとめました。

ぜひ、次のリンクをクリックして読んでみてくださいね。

『夢とロマンを持って前向きに生きる

小百合さんの物語』

では、今日も一日楽しく愉快に

ネットサーフィンしましょうね。

じゃあね。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。