「源氏物語」は不滅です


 
2010年6月1日 (火曜日)
 
 
「源氏物語」は不滅です
 
 
地球が死滅しても
 
 

 

Subj:小百合さん、おはよう!

日本は、そろそろ梅雨ですね。

きゃははははは。。。

Date: 29/05/2010 12:26:51 PM
Pacific Daylight Saving Time
日本時間: 5月30日 (日曜日) 午前4時26分
From: denman@coolmail.jp
To: sayuri@hotmail.com
CC: barclay1720@aol.com

梅雨は、山の家の苔庭にとっては天国のような天気なのでしょうね。
でも、人間にとっては、うっとうしいですよ。
僕にとって日本の梅雨のイメージは、じめじめした、ちょうどナメクジのようなイメージがありますよう。
だから、僕は30年近く、日本の梅雨の時期に帰っていません。

日本脱出した、たくさんの理由の一つに梅雨もあるのですよう。
だから、梅雨のないパラダイスのようなバンクーバーに現在住んでいるのです。

でも、今日は小雨が降っていますよ。

“春雨(はるさめ)じゃ、

濡れてゆこう”

桂小五郎が、こう言ったと伝えられているけれど、なかなか、かっこいい、ロマンチックな名言だと思いますよう。
でも、日本の春雨は梅雨の前兆のようで、やっぱり、いい感じがしない。

しかし、バンクーバーの春雨は、小ぬか雨で、なかなか風流ですよう。
きゃはははは。。。
小百合さんがバンクーバーにやってきて、小ぬか雨が降ったら、イングリッシュベイの遊歩道をロマンチックに濡れながら歩くのも、風情があっていいものですよ。

ええっ。。。濡れながら歩くのはいやなの?

せめて、相合傘と言ってくださいな。

うふふふふふ。。。

じゃあね。小百合さんだけ傘をさせばいいよ。
僕は、小百合さんと並んで歩きながら、小ぬか雨に濡れて散歩します。
ロマンチックで、とっても素敵だと思いますよ。

きゃははははは。。。

ところで、5月30日の記事は『ヤムチャかブログか?』ですよ。

『ヤムチャかブログか?』

(2010年5月30日)

トロントに住んでいた頃からの悪友・ケンと飲茶とブログのことで対話する面白い記事になりました。
小百合さんも、ぜひ読んでみてね。

では、いつものように、祈ります。
小百合さんがバンクーバー・タリアセン夫人になってルンルン気分で太平洋を越えてやってこれるように。。。

ラーメン。。。

バンクーバーの豚骨ラーメン。。。

でも、やっぱり、小百合さんが送ってくれた仙台辛味噌ラーメン。。。

きゃははははは。。。

じゃあねぇ。。。

おい、デンマン。。。上のメールの中に出てくる小百合さんと言うのは、オマエの脳内の創作キャラクターなのか?

うへへへへへ。。。やっぱりケンも、そう思うのか?

だってよう、バーナビーと軽井沢に別荘を持っているなんて、夢みたいなことが書いてあるじゃないか。。。誰も本気にして読まないと思うぜ。

あのなァ~。。。まったく出鱈目な話じゃないんだよう。小百合さんにはモデルが居る。

マジで。。。?

でもなァ~、モデルになっている人物を特定しようと言う馬鹿者が出てくるとやばいので、粉飾したり、誇張したり、脚色したりして書いている。

つまり、現実離れした半分嘘っぱちな話か?

あのなァ~、現代版源氏物語のつもりなんだよう。うへへへへへ。。。

マジで。。。?

くだらない、ウソだらけの話じゃなくて。。。モデルの生活に即して書いた創作物語なのだよう。つまり、現代版源氏物語なのだよう。

デンマン。。。オマエ、マジで夢のようなことを考えているのか?

世知辛い世の中で、あくせくと汗水流して働いて過労死するよりも、どうせ生きるならば、夢を持ちながら生きた方が幸せと言うものだろう?

でもなァ、デンマンの考えている夢物語は、マジで、夢物語で。。。そんなものにエネルギーをつぎ込んで一生を終えるのは無駄死にと変わりがないぜぇ。

ケンよ!。。。オマエは下らない夢物語と言うけれど、僕が書いている物語を読んでみたのか?

読んでみたよう。5月29日の『レンゲ物語』を読んでみたよう。

愛のコラボ めれんげ

の検索結果

約 293,000 件中 1-25件目を表示

1) 永遠の愛のコラボ(PART 2) : デンマンの書きたい放題 2010年2月22日 … 5) 「愛のコラボ」ってなに? デンマンさんは次の短歌のやり取り持ち出してきて、めれんげさんと心が通じ合って … 愛のコラボ めれんげ の検索結果 約 1120000 件中 1 – 10 件目 1) 徒然ブログ:愛のコラボ@新年 いったい、どの“愛の
mblog.excite.co.jp/user/denman705/entry/detail/?id=12192137

2) 春よ恋(PART 3 OF 3) : デンマンの書きたい放題 2010年1月7日 … 9) Akira’s Blog 平成の小野小町・めれんげ & 平成の文屋康秀・デンマン (愛のコラボ) “SCARLET presents 愛は … 確かに、デンマンさんがおっしゃるように 「愛のコラボ」のように見えます。 では、いったい、なぜ、めれんげさんは
mblog.excite.co.jp/user/denman705/entry/detail/?id=12203568

4) 愛のコラボより床上手な女?(PART 1 OF 3) – デンマンのブログ 2010年4月3日 … 10) 永遠の愛のコラボ(PART 2) : デンマンの書きたい放題1) 華麗なる愛のコラボ(PART 1) – デンマンのブログ 2010年2月2日 … めれんげさんだって、白けていると … ただ、一人だけデンマンさんだけは無心に、ただひたすら“愛のコラボ”に
blog.goo.ne.jp/denman/e/c7ca05a56442480760b5a03840e0f7d5

5) 永遠の愛のコラボ(PART 1) – デンマンのブログ 2010年2月22日 … 咲いています だからわたしのことを 忘れずにいてください by merange (めれんげ) 2010.02.19 Friday 10:24 …. なって、わてが平成の文屋康秀(ふんやのやすひで)になって、それでネットで“愛のコラボ”を咲かせるのやないかいなァ。
blog.goo.ne.jp/denman/e/10b6b53ed44a2e1dc2b7765095c10b4a

6) 徒然ブログ:「愛のコラボ」ってなに?2009年12月18日 … デンマンさんは次の短歌のやり取り持ち出してきて、 めれんげさんと心が通じ合っていると信じているのですわ。 それで、その短歌のやり取りを 「愛のコラボ」だと言っているらしいのです。 とりあえず、あなたも読んでみてください。
blog.livedoor.jp/barclay1720/archives/51589303.html

7) 徒然ブログ:愛と夢の王朝文学(PART 2)2010年3月4日 … まだ、“愛のコラボ”を、めれちゃんと始めたばかりやけど、これだけネットで平成の小野小町・めれんげの存在感が広がっている … 12) 次郎のブログ 9) Akira’s Blog 平成の小野小町・めれんげ & 平成の文屋康秀・デンマン (愛のコラボ)
blog.livedoor.jp/barclay1720/archives/51619509.html

11) 美しい愛のコラボ(PART 1)2009年11月26日 … 美しい愛のコラボ(PART 1). 最期の願い 最後にお願いがあるの あなたに抱かれながら 死んでいきたいの もう疲れてしまったわ この世の不条理に負けたの どうかお願い 愛するあなたの手で わたしの最期を美しくして by merange (めれんげ)
http://www.edita.jp/excite705/one/excite7053439.html

12) 「愛のコラボ」ってなに?(PART 2)2009年10月15日 … 2) 小野小町 ブログ記事一覧 – にほんブログ村キーワード青空 明日は来るきみに言われてなぜかしらわずらわしさも晴れて青空 by 平成の小野小町・めれんげ& 平成の文屋康秀・デンマン (愛のコラボ) 2009.04.16 Thursday 08:34『愛と
http://www.edita.jp/denman705/one/denman7057292581.html

13) デンマンの書きたい放題 : 愛のコラボより床上手な女?(PART 1 OF 3)愛のコラボと欺瞞(PART 1 OF 3). くちづけ 罪深き ことと知りつつ この夜も きみのくちづけ もとめて止まぬ by めれんげ … めれんげさんだって、白けていると … ただ、一人だけデンマンさんだけは無心に、ただひたすら“愛のコラボ”にこだわっている
denman705.exblog.jp/12415842/

14) デンマンの書きたい放題: 2009年10月2009年10月1日 … 9) 愛と即興の詩晴れて青空 by 平成の小野小町・めれんげ & 平成の文屋康秀・デンマン (愛のコラボ) …. まだ、“愛のコラボ”を、めれちゃんと始めたばかりやけど、これだけネットで平成の小野小町・めれんげの存在感が広がっているの
denman705.exblog.jp/m2009-10-01/

15) 愛のコラボと欺瞞 « Denman Blog 2010年2月12日 … 愛のコラボと欺瞞. くちづけ 罪深き. ことと知りつつ. この夜も. きみのくちづけ. もとめて止まぬ by めれんげ … 六条の御息所も“乳母”のように源氏をいつくしみながらも熟女として源氏との愛に溺れてゆく。
denman705.wordpress.com/2010/02/12/愛のコラボと欺瞞/

16) 雨の夜 « Denman Blog 2010年3月14日 … やさしく髪をなでて. 身体をひとつに重ねて. 夢の中におちていきたい by めれんげ 2010.03.10 Wednesday 09:54 …. だから、めれちゃんが平成の小野小町になって、わてが平成の文屋康秀(ふんやのやすひで)になって“愛のコラボ”で協力
denman705.wordpress.com/2010/03/14/雨の夜/

17) 次郎のブログ 愛のコラボ@新年いったい、どの“愛のコラボ”を見守っていたのやろか? めれちゃんとわての次のやり取りを温かく見守ってくれていたのやでぇ~。。。 朝のかがやき きみゆえに われは夢みる 恋を知る 朝のかがやき 心に映る by めれんげ 2009.02.06 Friday 10:35 AM
jirodesu.blog12.fc2.com/blog-entry-1269.html

18) 次郎のブログ 春よ恋2010年2月22日 … わてが今年の1月4日に“愛のコラボ めれんげ”を入れて検索した時には 267,000件だったのやがな。 … 確かに、デンマンさんがおっしゃるように 「愛のコラボ」のように見えます。 では、いったい、なぜ、めれんげさんは ブチギレ
jirodesu.blog12.fc2.com/blog-entry-1392.html

20) Twib – 次郎のブログ 四百万の愛のコラボ 2010年4月1日 … 次郎のブログ 四百万の愛のコラボ. 朝のかがやき きみゆえに われは夢みる 恋を知る 朝のかがやき 心に映る by めれんげ 2009.02.06 Friday 10:35 AM 『即興の詩 朝のかがやき』より 2009年の2月には、めれちゃんは夢とロマンの短歌
twib.jp/entry/b723e4506e476cb85315578348b1f761

22) めれんげさんの見解 – デンマンさんの生態研究 – デンマンさんについて …2009年10月5日 … あまりの手前勝手さにうんざりしている」. 「何よりも腹立たしいのは、めれんげの書いたものに. 自分勝手に肉付けをして、愛のコラボなどという. 噴飯物な文章に書き換えること」. 「もう二度と関わるつもりはないし、めれんげをネタに
lovedatsuryoku.g.hatena.ne.jp/tanomu/20091005

23) TweetBuzz – 四百万の愛のコラボ(PART 1) – デンマンのブログ 「四百万の愛のコラボ」のためやがなァ。「四百万の愛のコラボ」ってぇ、どういうことォ〜?めれちゃんとわての“愛の … 1: 四百万の愛のコラボPART 1 朝のかがやき きみゆえにわれは夢みる恋を知る朝のかがやき心に映る by めれんげ 2009.02.06
tweetbuzz.jp/entry/17975653/blog.goo.ne.jp/denman/e/29adab491036d76b3f5c8751b07b8508

24) 「愛」って何だろう? – 共通テーマ – ライブドアブログ(livedoor Blog)9) 愛と即興の詩晴れて青空 by 平成の小野小町・めれんげ & 平成の文屋康秀・デンマン (愛のコラボ) 2009.04.16 Thursday 08:34. 【レンゲの独り言】 ですってぇ〜。。。 いつものように検索結果を持ち出してきて、めれんげさんを説得http… ブログ
blog.livedoor.com/common_theme-181966.html

25) 華麗なる愛のコラボ – 共通テーマ – ライブドアブログ(livedoor Blog) 共通テーマ 「華麗なる愛のコラボ」に投稿されたブログの記事をまとめています。あなたも参加することができます。 … しずくをすくいとってください by めれんげ2010.01.28 Thursday 17:42 『即興の詩 あふれだすしずく』より『愛のしずく』に掲載
blog.livedoor.com/common_theme-194630.html

2010年5月27日現在

愛のコラボ めれんげ のGOOGLE検索結果』より

分かるやろう、めれちゃん。。。わてとめれちゃんの“愛のコラボ”の存在感が、ネットでこれだけの広がりを見せているのやでぇ~。。。

あんさんが、そのように言うことをわたしは 「あんさんが一人で勝手に騒いでいる」 と言うてますねん。そのような事は、この記事を読んでいる人にとっても、わたしにとっても、どうでもいいねん。

やだなあああァ~。。。めれちゃんは小野小町の詠んだ歌を忘れてしもうたのか?

どうして急に小野小町を持ち出してきやはるのォ~?

急にではあらへん。ちゃんと上の検索結果にも次のように書いてあるねん。

平成の小野小町・めれんげ &

平成の文屋康秀・デンマン

(愛のコラボ)

。。。で、小野小町の歌ってぇどの歌のことやのォ~?

次の歌やないかいなァ。

わびぬれば

身を浮く草の 根を絶えて

さそう水あれば いなむとぞ思う

根無し草のように、

フワフワと目的もなく

生き甲斐のない日々を

過ごしております。

お誘い下されば

ともに行きたい心境です。

『小野小町の話 (2008年2月29日)』より

つまり、平成の小野小町が平成の文屋康秀(ふんやのやすひで)に次のように言うてるのやがなァ。

根無し草のように、

気力をみなぎらせるために

脱力しております。

デンマンさんがお誘い下されば

ともに“愛のコラボ”を

盛り上げたいと思います。

あんさんが勝手に変えてしもうたのですやん!

勝手やあらへんでぇ~。。。あのなァ~、平安時代の文屋康秀は三河、今の愛知県の東部に下って行ったのやでぇ~。才色兼備の小野小町は京都に残った。それで居て、二人の歌の交換は1000年以上経った今でも語り継がれている。

それで、あんさんは何が言いたいねん?

才色兼備のめれちゃんは東大阪に残っている。海外飛躍遺伝子が DNA に焼きついているデンマンは何千キロも離れたバンクーバーに下っていった。そして、二人は歌のやり取りをしている。

それで。。。?

1000年経ってからも平成の小野小町と、平成の文屋康秀の歌のやり取りが語り継がれてゆく。


『愛の脱力 (2010年5月29日)』より

めれんげさんが平成の小野小町になって、オマエが文屋康秀になって、『レンゲ物語』が『源氏物語』のように 1000年後も読まれると言うような、バカバカしい夢のような事をほざいているけれど、たとえ、そうだとしても、結局、芸術も何もかも、この世の物は灰になってしまうんだよう。

ん。。。? この世の物は、何もかも灰になってしまう?

そうだよう。

ケン。。。オマエは、近い将来、核戦争でも起こると言うのか?

その可能性が全く無いと言うわけじゃない。。。北朝鮮の将軍様が核ボタンを押して日本に核弾頭をつけたテポドンを打ち込むかもしれない。

だから、何をしても意味がないので、飲茶でも食べて寝て暮らすと言うのか?

いや。。。たとえ核戦争がなくても、やがて地球は消滅する。

あのなァ~。。。一体、オマエは何年先のことを考えているんだよう。

50億年。。。うししししし。。。

つまり、芸術も、文化も、文明も、地球上のありとあらゆる物が地球と一緒に死滅すると言うのか?

そうだよう。だからなァ、たとえば、オマエが『レンゲ物語』と『小百合物語』で文化勲章をもらい、ノーベル賞をもらって有名になったとしても、地球が死滅したら、何もかもが灰になってしまうんだよう。結局、何もかも意味のないことなのだよう。

だから、オマエは、飲茶を食べて、マージャンして、寝て暮らすと言うのかア~♪~?

いや。。。どうせ地球は無くなってしまうのだから、お金儲けも考えず、芸術作品を残すことも考えず、飲茶を食べて、マージャンして楽しく暮らして、それで寿命がつきたら死んでゆくのだよう。過労死する奴の気が知れないよう!汗水流して苦労して苦しむくらいなら、この世に生まれてこなかった方がましなんだよう。

ケン。。。オマエは 50億年先のことを考えて、それで地球が消滅するから、努力しても意味がない。それなら、飲茶を食べてマージャンして楽しく暮らして死んでゆく。。。そう言うのか?

うへへへへへ。。。その通りだよう。。。デンマン。。。オマエは地球が無くなってしまうという事を一度でも考えてみたことがあるのか?

あのなァ~。。。ケンよう。。。オマエは、人生の悟りを開いたようなことを言っているつもりだろうが、それは、浅はかな考えなんだぜ。

あれっ。。。デンマンは地球が死滅することを考えてみたことがあるのか?

当たり前よう。。。オマエは僕の言う事を信用しないから証拠を見せるけれど、地球が50億年先に死滅することぐらい、すでにブログに書いていたのだよう。

Save our Earth!

(Part 1 Of 2)

September 23, 2002
by Akira Kato (a.k.a Denman)

Like us, our sun cannot live forever. Of course, it can survive all of us. However, someday, the sun will burn out its own energy source. And, in about 5 billion years, the dying sun will expand, after it has exhausted the core energy.

Without any intervention, Earth’s oceans will evaporate until the surface of the planet resembles Venus’s dry, barren planet.

Some scientists say, the sun will engulf the earth completely. Others insist that the sun won’t expand that much.

     

In any case, the heat will grow so intense that the sun will obliterate all life on this planet.

The sun will probably look like this from the scorched earth.


“Save our Earth! (Part 1 Of 2)”より

デンマンよう。。。オマエは、マジで2002年の9月に英語で上の記事を書いていたのか?

マジだよう。。。信用できないのなら、上のリンクをクリックして記事を読んでみればいいじゃないかア!

。。。で、オマエは、どうするつもりなんだよう?

あのなァ、50億年先のことなど考えなくてもいいんだよう。それまでに、この地球上で生きている人はすべて死んでしまうのだから。。。

デンマンよう。。。オマエは、どこかで次のように書いていたな。

Life is short. Art is long.

うん、うん、うん。。。確かに書いていた。

だけど、芸術だって、結局はこの地球と一緒に死滅してしまうんだよう。だから、『源氏物語』も『聖書』も灰になってしまう。

つまり、地球はやがて消滅してしまうので、何もしないで、ブログも書かずに、飲茶を食べて、マージャンして寝て暮らすのが一番だと言うのか?

そうだよう。。。だから、ブログなど書かずに、飲茶を食べてマージャンして寝て暮らせばいいのだよう。

あのなァ~。。。地球が死滅すると分かっていて、人間が何もしないで地球とともに全滅するとでも思っているのか?

だってよう。。。地球が無くなるのだぜ。。。人間も地球と共に死んでしまうんだよう。

あのなァ~、それまでに、人間は現在の太陽系を離れて、別の太陽系で暮らすようになる。だから、現在の太陽系が消滅しても、人類は別の太陽系で存続してゆくのだよう。つまり、『源氏物語』も、『レンゲ物語』も、『小百合物語』も、未来の人類と一緒に別の太陽系で生き続けてゆく。

デンマンは、そう言うけれど、知ってるか?。。。宇宙は、現在膨張を続けているそうだけれど、やがて限界に近づくと、それ以上膨張できなくなって、今度は収縮に向かう。やがて、ビッグバン(Big Bang)の逆のビッグクランチ(Big Crunch)になって、宇宙は10円玉ぐらいの大きさに収縮して消滅してしまう。だから、それと共に、結局、『源氏物語』も消滅してしまうのだよう。

あのなァ~、宇宙はビッグクランチ(Big Crunch)で終わってしまうのじゃないんだよう。

あれっ。。。違う学説でもあるのか?

僕が立ち上げた学説があるのだよう。うししししし。。。

こうやってぇ、ビッグバン と ビッグクランチを繰り返しながら、宇宙はずっと存続してゆくのだよう。

でも、全宇宙の質量が10円玉ぐらいの大きさになったら、『源氏物語』も、やっぱり、消滅してしまうと思うのだよう。

あのなァ~、次のビッグクランチになるまでには少なくとも 数千兆年という気の遠くなるよな年月がかかるのだよう。だから、ケンが数千兆年先の『源氏物語』の運命を考える必要はないんだよう。

つまり、ブログなど書かずに、飲茶を食べてマージャンして寝て暮らす方が頭のいい生き方だとデンマンも認めるのだろう?

いや。。。、ブログを書かずに、飲茶を食べてマージャンして寝て暮らす方が人生を無駄にすることになるのだよう。

その証拠でもあるのか?

あるよう。今から、その証拠を見せるからじっくりと見てくれよな。

早く見せろよ。

まず次の統計から見てくれよ。

この上の統計は、すでに次の記事の中で見たよう。

『ヤムチャかブログか?』

(2010年5月30日)

ケンは、良く覚えているなァ~?

今日は6月1日だぜぇ。。。まだ2日しか経ってないからなァ。。。鮮やかに覚えているよう。

でもなァ~、世の中には僕が2005年に書いた記事を未だに読む人が居る。

それは、たまたま上の2つの記事を読んだだけだろう!?

うん。。。たぶんケンは、そう言うだろうと思ったよう。だから、別の統計も用意したのさ。見てくれよう。

これは、上の統計から2日経った時に調べた統計。。。やっぱり、同じ2つの記事が読まれている。

だから、どうだと言うんだよう?

更に次の統計も見て欲しい。

これは Denman Blog に掲載した同じ2つの記事。

Denman Blog は、去年の12月に立ち上げたんだろう?。。。どう言う訳で Denman Blog に 2005年に書いた記事が載ってるわけ?

『日本は経済大国になったけれど

本当にすばらしい国なの?』

(2005年8月30日)

『日本を少しでも良くしたいと

思いませんか?』

(2005年7月8日)

なぜなら、5月30日の記事の中に貼り付けたリンクは、実は Denman Blog に飛ぶようになっていた。

つまり、2005年に書いた記事を更新したものを Denman Blog に載せたわけ。。。?

その通り。

ブログを書かずに、飲茶を食べて

マージャンして寝て暮らす方が

人生を無駄にする。

。。。で、この上の統計が「飲茶を食べてマージャンして寝て暮らす方が人生の無駄」と言う証拠かよう?

そうさァ。。。飲茶を食べてマージャンして寝て暮らすよりも、ブログを書く方がよっぽど面白くて楽しい。。。地球が50億年後に消えてしまうから、寝て暮らすと言うよりも、ブログを書いた方が意味のある人生だと、僕は思うね。

オマエの書いた記事が読まれる事がそれほど素晴らしい事なのか?

あのなァ~、今の日本を見てみろよ!

カナダにはバンクーバーのような大都会にも自然があちらこちらに残っていると言う、何よりの証拠だよね。
だから、金メダルが14個も取れるんだよね。

デンマンさん!

それは論理の飛躍ですわよう!

小百合さんが、そう言って笑うのが聞こえてくるようですよう。

でもねぇ~、考えてみれば、日本ではトキが絶滅してしまった。
現在居るトキは中国産のトキですよう。
完全な野生のトキではない。
だから、ニュースでも“放鳥のトキ”となっている。
つまり、人間の手がかかっている、いわば「人間に育てられたトキ」ですよう。

要するに、野生のトキが生活できるような自然が日本から消え去ってしまった。
だから、トキが無精卵を抱いて卵を孵そうとしたけれど、結局、口ばしでつまんで巣の外へ捨ててしまった。

野生のトキなら、初めから無精卵など抱えないよう!
やっぱり、野生の本性が失われてしまっているんだろうね。
今の日本を見ていると、正に“野生の本性を忘れてしまった日本人”を見るような気がするのですよう。
だから、バンクーバーオリンピックでも金メダルがひとつも取れない。

人口が日本の4分の一でも、カナダ人は金メダルを14個も取ってしまった!

それに比べて、日本は自殺者を

毎年3万人以上も出している!

一日に100人近い人が

自殺している。

一時間に4人が自殺している。

かつての経済大国日本は

自殺天国になってしまっている!

今になって、ツケを

払わされているようなものですよう。

そのツケとは。。。?

無能な政治家がやっている

日本の無能な政府が

「ゆとり教育」を失敗させてしまった。

あれだけ拍手で迎えられた

民主党政府も、

今では支持率が20%!

自民党は、もう

ガタガタになってしまった!

つまり、放鳥のトキが3つ目の卵を捨てたように、

現在の日本は、経済大国も投げ出し、

ゆとり教育も投げ出し、

ただ自殺者だけを

毎年3万人以上も生み出している!

そして、小百合さんまでが、役所のヤラシいおっさんにいじめられ、心にゆとりのない学校の先生にいじめられている!

小百合さん、分かるでしょう!?
小百合さんがバーナビ-に居たら、そのような問題もなく、ルンルンル~♪~ン、ランランラ~♪~ンと言って楽しく陽気に充実した毎日を過ごしてこられたのですよう!


『カラスの初飛行(2010年5月28日)』より

おい、デンマン!。。。ずいぶんと飛躍したことを書いてるな!

あのなァ~、このままの駄目な政治が続いたら、日本こそ 100年も経たないうちに消滅してしまいそうじゃないか!

だから、オマエはブログを書いているのか?

そうだよう。。。日本が落ちるところまで落ちて、現在の小学生か、中学生か、あるいは高校生が、これでは日本は駄目になる。無血の平成維新を起こさなきゃ駄目だ!。。。そう思ってくれる志士の卵が登場してくれる事を祈りながら記事を書いているのだよう。

でも、せいぜい1週間に10人ぐらいがオマエの記事を読んでいるだけだろう?

いや。。。一日に述べ 45,000人の日本語が分かる世界のネット市民jの皆様が読んでくれている。うしししし。。。

マジかよう。。。?

そうだよう。。。だから、飲茶を食べて、マージャンして、寝て暮らすよりも、こうしてブログを書く方が人生にとって、楽しくて、面白くて、生きがいのあることなんだよう。。。ケンよう、だから、オマエもブログを始めたらどうなのォ~?

【卑弥子の独り言】

ですってぇ~。。。
あなたは、どう思いますか?

『源氏物語』が、この地球と共に消滅しないと言う事を知っただけでも、あたくしは嬉しくなってしまったのでござ~♪~ますわ。
そうですわよね。
人間が、ただ手をこまねいて地球が消滅するのをじっと待っているわけがござ~♪~ませんわ。
きっと人間が生存できる別の太陽系の惑星を探して、ロケットを飛ばして移住するはずですわ。

50億年までには、そのぐらいの技術を人間は身につけることができるはずです。
あなただって、そう思うでしょう!?

だから、『源氏物語』は永遠に不滅なのでござ~♪~ますわ。
それだからこそ、あたくしは、一生懸命に、全人類のために『源氏物語』を研究しているのでござ~♪~ます。

ただし、『レンゲ物語』と『小百合物語』が、『源氏物語』のような世界の名作になるかどうかは、あたくしには何とも言えませんわ。
おほほほほほ。。。

とにかく、あさっても興味深い話題が続きます。
だから、あなたも、また明後日、読みに戻ってきてくださいましねぇ。
では。。。

メチャ面白い、

ためになる関連記事


■ 『ちょっと変わった 新しい古代日本史』

■ 『面白くて楽しいレンゲ物語』

■ 『カナダのバーナビーと軽井沢に別荘を持つことを

夢見る小百合さんの物語』

■ 『今すぐに役立つホットな情報』

■ 『 ○ 笑う者には福が来る ○ 』

 『あなたもワクワクする新世代のブログ』

こんにちは。ジューンです。

わたしもついにブログを始めることになりました。

こうしてデンマンさんのお手伝いをしているだけで

十分なのですが、アクセス解析のために

比較できるブログが欲しいというので、

わたしは、いわば強制的にアメーバ・ブログで

サイトを作らされてしまったのですわ。

忙しいので毎日更新するわけにはゆきませんけれど、

暇ができて、気が向いたら投稿するつもりです。

あなたも、もし、気が向いたら

わたしのブログを覗いてみてくださいね。

リンクをここに貼っておきます。

■ 『ジューンのブログ』

では、今日も一日楽しく愉快に

ネットサーフィンしましょう。

じゃあね。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。