外国人SEXデンマン再び


 

2015年2月25日 (水曜日)

 

外国人SEXデンマン再び

 


(galinluv.jpg)


(question.gif)


(kiss007.gif)

 



(june001.gif)

デンマンさん。。。 どうしてヤ~らしいタイトルを再び付けたのですか?


(kato3.gif)

いけませんかァ~?

だってぇ~、昨日に引き続いて、またわたしを呼び出したのですわ。 今日はどのようなタイトルかなァ?。。。と思ったら、また、同じタイトルではありませんかア! くどいとは思いませんかア?

ジューンさんは、そうのように考えているけれど、日本語が解るネット市民の皆様は、ジューンさんのように嫌悪感を露(あわら)に表現してませんよゥ。

デンマンさんが そのように言うからには証拠があるのでしょうね?

もちろんですよ。 僕は根拠の無い事は言わないように、書かないようにしていますからね。

解りましたわ。。。 余計な事は言わなくても結構ですから、納得の行くような証拠を見せてくださいな。

ジューンさんが、そう言うなら、まず次のリストを見てください。


(ame50225m.png)

『拡大する』

この上のリストは アメブロの僕のブログの記事についた“いいね”を記録したものですよ。 赤枠で囲んだ記事に注目してください。

つまり、昨日(日本時間で2月24日)に投稿した記事に“いいね”が 15個ついたのですわね。

そうですよう。。。 ジューンさんは“外国人SEXデンマン”というタイトルに嫌悪感を露に示したけれど、最近、僕の記事に付いた“いいね”の数を比較すると、アメブロの読者は、“外国人SEXデンマン”を読んで“いいね”と思った人が多いのですよ。

でも、“いいね”を付けたから、アメブロの読者が マジで“いいね”と思っているとは限らないのですわ。 デンマンさんだってぇ、“読者登録スパマー”や“いいねスパマー”が居ることを知っているではありませんか!

確かに、自分のブログを見て欲しいために、読者に登録したり、“いいね”を付けたりする人は居るのですよ。 でもねぇ~、上のリストを見てください。 “いいねスパマー”は居ないのですよ。

どうして、“いいねスパマー”が居ないと判るのですか?

だってぇ~、上のリストを見ても、同じ人が何度も“いいね”を付けてないのですよ。 僕の記事に“いいねスパマー”がやって来ると、僕は必ず晒しますからね。 ちょっと次のリストを見てください。


(ame40504i.gif)

『拡大する』

上の“いいねスパマー”は次の記事で晒しているのですよ。


(fatal97.jpg)

『殺意を振りまく女』

つまり、デンマンさんの記事に“いいね”スパムを飛ばすと晒されるので、“いいねスパマー”は、何度もデンマンさんの記事に“いいね”を飛ばさないと言いたいのですか?

その通りですよ。。。 だから、僕の記事に付いた“いいね”は、マジで“いいね”と思って付けた人の方が多いのですよ。

要するに、“外国人SEXデンマン”の記事に“いいね”が 15個付いたので、デンマンさんは嬉しくなって また今日も同じようなタイトルを付けたのですか?

いけませんか?

くどいですわア~!

でも、上のリストを見ると15個以上“いいね”が付いたのは、2つしかないのですよ。


(ayeaye.gif)


『アイアイサーの謎』

『バレンタインのお菓子』

デンマンさんは、同じようなタイトルを付ければ、また読者がたくさんやって来ると思っているかもしれませんけれど、日本の諺にもあるでしょう! “同じ柳の下にドジョウはいない”と。。。

ジューンさんは、マジで日本語が達者になりましたねぇ~。。。(笑い) 日本語の諺まで持ち出してきて、僕は感心させられているのですよ。 でもねぇ~、アメブロの読者はドジョウじゃありませんからねぇ~。。。 ドジョウとは違った行動をとるのですよ。

デンマンさんは“同じ柳の下にドジョウがまたやって来る”と言うのですか?

そうですよ。 “外国人SEXデンマン再び”というタイトルは“柳の木”よりも興味をそそるからですよ。

でも、昨日の記事で、デンマンさんは言いたい事をすべて言い尽くしたではありませんかァ。。。

『スパイは見ていた!』の中に出てくる“外国人”と言えば ジューンさんだけなのですよ。

つまり、めれんげさんがデンマンさんと愛し合おうとしているので、そのあとで わたしもデンマンさんと愛し合うのではないかと。。。 そう思って、そのネットサーファーは「外国人セックスデンマン」を入れて検索して、わたしとデンマンさんの“濡れ場”が出てくる記事を探し始めたのですか?

その通りですよ。

それは、デンマンさんの考えすぎだと思いますわ。

でも、実際に、「検索キーワード」のリストに、「外国人セックスデンマン」を入れて検索した記録が載っているのですよ。

。。。で、その好奇心が旺盛なネットサーファーは 最終的にどの記事を探し当てたのですか?

次の記事ですよ。

Veau et foie gras

(仔牛の肉とフォアグラ)


(june001.gif)

デンマンさんが久しぶりにご馳走してくれると言うので
イングリッシュベイを散歩しながらシルビアホテルの近くの
イタリア・フランス料理専門レストランへ行きました。


(ebeach2.jpg)


(ebay7.jpg)


(ebay5.jpg)


(sylvia9.jpg)

デンマンさんが、何が食べたいの?ときくので、ちょっとおねだりして仔牛とフォアグラのローストをリクエストしました。


(din005.jpg)

う~♪~ん。 期待していた通りですう。

仔牛は、フランス語で「ヴォー」veau、英語では「ヴィール」vealですよね。
まだ脂肪が少なくて赤い色も薄い感じです。
特徴は香りやクセがなく、とても柔らかいのですわ。
その分、バターなどコクのある食材とあわせる場面が多いようです。

今回は春キャベツで包んだ乳飲仔牛とフォアグラのローストです。
マルサラ酒とリコッタチーズのソースがとっても合っていました。
2色のアスパラガスが添えてあって、落ち着いた感じを与えています。

フレッシュでクセの無い乳飲仔牛に合わせるのは贅沢にも濃厚なフォアグラですう。
やわらかな春キャベツと季節のアスパラは、お肉とぴったりと相性が合っていましたよ。
ソースはしっかり目に全体をまとめていました。

普段、口にする機会がないヴィールとフォアグラなので、とっても期待していました。
デンマンさんが特別に注文してくれたカクテル「楊貴妃」が、まず出てきました。


(youkihi9.jpg)

わたしが首を長くして待っている間
デンマンさんは楊貴妃の大理石像を見るために
わざわざ中国の西安に行ったときの事を、いろいろと話してくれました。


(youkihi2.jpg)

料理が出てくるのを待ちながら、わたしは「楊貴妃」をチビリチビリお口に運びました。
いつものようにデンマンさんは、かなり詳しい歴史のお話をしてくれましたが、
わたしは半分、上の空で聞いていました。うふふふふ。。。


(din002.jpg)

次に出てきたのはイタリア料理のバヴェッティーネでした。
焼穴子、あさりと松茸に、たっぷりの芽葱(ネギのスプラウト)があしらってありました。
食べた瞬間、京都の老舗(しにせ)で味わうような上質の和食を連想させる優しい味わいでした。


(din001.jpg)

そして、デザートにはクレームエペスでした。
クレームエペスと言うのは、フランス・ノルマンディー地方の生クリームの一種です。
乳酸発酵させた爽やかな酸味と芳醇なコクが特徴です。
クリーミーなヨーグルトといった感じの味わいですわ。

エペス(epaisse)とはフランス語で「厚い」「濃い」という意味の形容詞で、その味わいを表現しています。
なぜか、どこか懐かしいキュートなテイストでしたわ。
フレッシュな巨峰との相性が抜群でした。

お酒を絶対に口にしないデンマンさんが、その場の雰囲気にすっかり酔ってしまったように、わたしにちょっとベタベタした一幕もありましたわ。


(dinner32.jpg)

「ジューンさん、ボーイフレンドと別れてから、寂しくない?」

「あらっ。。。、どうして別れたことをご存知なのですか?」

「僕は地獄耳を持っているからね、うへへへへ。。。ちょっと、このあと、僕のマンションに寄らない。。。?」

「ええ。。。そうしたいのですけれど。。。わたし、明日は仕事で朝が早いのですわ」

「僕が起こしてあげるから。。。うしししし。。。」

「でも、デンマンさんのところには目覚ましがないから、わたし、やっぱり自分のマンションにまっすぐに帰りますわぁ」

デンマンさんはガッカリしていましたわ。
でも、思慮分別のある心の広い方ですから、キレることもなく、ムカつく事もなく、
私のマンションまでエスコートしてくださいました。

ただし、お休みのキスは、かな~♪~りディープになって長かったのですわ。
あまり長くなるとちょっと問題ですので、「もうやめて」と言うつもりで、舌を咬ませてもらいましたわ。
うふふふふ。。。


(chiwawa5.gif)

日本時間: 5月10日 午後1時13分
バンクーバー時間: 5月9日 午後9時13分


『仔牛とロマン』より
(2008年5月14日)

「外国人セックスデンマン」を入れて検索したネットサーファーは、この上の記事も読んだのですか?

そうですよ。。。 そしてガッカリしたと言うか。。。 安心したと言うか。。。 ジューンさんが僕の舌を噛み切ろうとしたので、もうジューンさんの“濡れ場”を探しても無駄だと思って、他のサイトへ飛んでしまったのですよ。

その証拠でもあるのですか?

いや。。。 もう、こうなったら証拠などどうでもいいでしょう! 僕は、あとでジューンさんが苦情を言うだろうと思って、誤解がないように、この記事を書いたのですよ。。。 これで、ジューンさんも安心したでしょう!?


『外国人SEXデンマン』より
(2015年2月24日)

こうしてネット市民の皆様が誤解しないように。。。 わたしがデンマンさんに苦情をタラタラ言わないように。。。 デンマンさんは上の記事を書いたはずですわ。 だから、もう言うことは無いはずです。 そうでしょう!?

確かに、ジューンさんの言うとおりですよ。。。 でもねぇ~、“いいね”が上の記事に15個付いているのを見たら、このまま終わらせてしまったら、“いいね”を15個付けた人に申し訳ないと思ってねぇ~。。。 (微笑)

でも、たったの15人のために、無理して書くことは無いのですわ。

いや。。。 無理して書き始めたわけではないのです。 実は、昨日の記事で言いそびれたことがあったのですよ。

それで、また同じようなタイトルを付けて、ヤ~らしいことを書くのですか?

いや。。。 別に、ヤ~らしいことを書きたいためではありません。

いったい、何を言いそびれたのですか?

あのねぇ~、実は、「外国人セックスデンマン」を入れて検索して上の記事を読んだネットサーファーは、実に熱心な人なのですよ。

どうして、熱心な人だと判るのですか?

だってぇ~、上の記事以外にも、“濡れ場”になりそうな記事を見つけて読んでいるのですよ。

その証拠でもあるのですか?

ありますよ。。。 何度も言うけれど、僕は根拠の無い事は言わないように、書かないように最善の努力を払っていますからね。

記事が長くなるから、余計な事は言わずに細木数子さんのようにズバリ!ズバリ!とその証拠を見せてくださいな。

じゃあ、次のリストを見てください。


(wp50225d.png)

『拡大する』

上のリストはDenman Blog の2月18日から25日までの1週間の「人気記事リスト」なのですよ。 例によって 『床上手な女の7つの見分け方』がダントツで読まれているのです。


(kiss007.gif)

『床上手な女の7つの見分け方』

もちろん、2月17日に『スパイは見ていた!』を読んだ熱心なネットサーファーは上の記事も読んでいるのですよ。

その他に、どんなヤ~らしい記事を読んでいると言うのですか?

上のリストの赤枠で囲んだ『ニューヨークの混浴露天風呂』を読んだのですよ。

どうして、その熱心なネットサーファーが『ニューヨークの混浴露天風呂』を読んだと判るのですか?

いたって簡単な理由です。 この人物が探している“濡れ場”が出てくるシーンがあるのですよ。 ちょっと読んでみてください。

アンナさんとの水色の恋


(cute0026.jpg)


(cute0027.jpg)

ケイトーはわたしの名前をどう綴るか知ってる?

Anna じゃないの?

違うのよう。Hannahって綴るのよ。

ハンナと読むのが本当なんだ。。。?

でも、わたしは小さい頃からアンナと呼ばれてきたのよ。だから、ハンナよりもアンナの方が好きなのよう。ヘブライ語では「神は慈悲深い」とか「上品な」と言う意味なの。英語ではgrace とか graciousに当たるわ。

格調高い名前なんだぁ~。

わたしもそう思いたいわ。

それで、その名前とヌード・ビーチに行くことが関係あるわけ。。。?

あるのよう。ケイトーは“The Three Graces”って聞いたことがある?

ない。。。それって、何さ?

ちょっと読んでみてよ。

The Three Graces

(3人のカリス)


(3graces.jpg)

カリス (Χάρις, Charis) は、ギリシア神話に登場する、美(beauty)と優雅(grace)を司る女神。
複数形はカリテス (Χάριτες, Charites)。
通常はゼウスとエウリュノメの娘たちとされるが、母親はヘラとする説も多い。
また、ヘリオスとヘスペリスたちの一人アイグレの娘たち、あるいはディオニュソスとアプロディテの娘たちとする説もある。

ローマ神話にも取り入れられ、グラティア(Gratia、複数形グラティアエ (Gratiae) )と呼ばれた。
英語読みグレイス(Grace、複数形グレイシーズ (Graces) )でも知られる。

元々人数は不定であったらしい。
ヘシオドスの『神統記』によれば、エウリュノメの娘たちとしてアグライア、エウプロシュネ、タレイアの3柱の名があげられている。
一般的にはこの「三美神」がよく知られているが、他の叙事詩ではパシテア、カレ、アウクソ、ヘゲモネ、クレタ、パエンナ、カリスなどの名が挙げられている。

パシテアはホメロスの『イリアス』に登場することでよく知られており、エウプロシュネ、カレ、パシテアの3柱をカリスたちとする説もある。
また、アテナイではアウクソとヘゲモネの2柱を、ラコニア地方ではクレタとパエンナの2柱をカリスたちとしていた。
後にラコニア地方のスパルタではアグライア、エウプロシュネ、クレタの3柱を指すようなった。
またヘパイストスの妻をカリスの1柱とする説があり、一般的にはこれはアグライアであるとされるが、ホメロスによれば単にカリスという名であるとされている。

カリスたちは美しい若い娘の姿であるとされる。
オリュンポス山の山頂に住み、神々の宴ではアポロンの竪琴やムーサたちの歌声と共に演舞した。
神々や人々に肉体的な美しさを表して喜ばせるだけでなく、精神的な部分においても優美を与えたといわれるため、美術だけでなく技術を志す人々にも信仰された。

本来は春の芽生えの活力を表した神であったと考えられている。
当然ながら、美の女神となってからはアプロディテの従者とされるようになり、またその娘とする説も生まれた。


出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

古代ギリシャではヌードと言えば男性のヌードだったのを知ってる?

でも、女性のヌードもたくさんあるよ。例えばミロのビーナスとか。。。


(venusmiro5.jpg)

でもね、オッパイは見せてもプッシーちゃんまで見せている女性ヌードってないのよう。

う~~ん。。。確かに、言われてみれば、そうだよね。

古代ギリシャでは、鍛えられた男性の裸は当時の美意識に沿って積極的に誇示されたのよう。でも、女性の裸は着衣で隠すべきものという価値観があったのよね。

なぜ。。。?

やっぱり、女性の肉体は男性の鍛えられた躍動的な肉体に比べて劣っているものと言う考え方があったみたいよう。オリュンポス十二神の男性神と女性神の扱いなどを見ると分かるのよう。

東洋美術専攻でも、アンナは、古代ギリシャ美術のことを勉強したんだ。

古代ギリシャと古代ローマの美術は、美術を専攻する学生の必須科目だったのよう。

。。。で、アンナがナチュリスト(naturist)になったのは「3人のカリス」と関係あるの?

あるのよ。上の「3人のカリス」を読めば、古代ギリシャの頃でも女性の肉体の美しさは充分に認められていたのよう。分かるでしょう?でも、古代ギリシャは男性社会だったから、女性のヌードを一段低いものと考えるようにしたのよね。

それがアンナには気に喰わないんだ。

だってぇ、今ではヌードと言えば女性ヌードをまず考えるでしょう。素直に考えれば、性別の関係なくヌードって美しいものなのよう。 ケイトーも、そう思わない?

うん、うん、うん。。。もちろん、僕はアンナのヌードは素晴しいと思っているからね。うへへへへ。。。

ありがとう。。。。で、ケイトーは裸(naked)とヌード(nude)が違うと言う事を知ってる?

同じじゃないの?どちらも何も身につけないからね。

それが違うのよう。

どう違うの?

「裸」って、服をすべて脱いだ自然そのままの肉体を言うのよう。

。。。で「ヌード」は?

ヌードは、裸になった体を芸術家が理想的な形態に手を加えたものを言う訳なのよう。つまり、ヌードはバランスがとれた自信満々な肉体を意味するわけよね。

それはアンナの考え、それとも。。。?

イギリスの美術史学者ケネス・クラークが、そう言ったのよう。

じゃあ、アンナのヌードは本当にヌードなんだ?

ありがとう。。。ケイトーは、本当にそう思ってくれるの?

もちろんだよ。僕は、アンナのヌードを初めて見た時に中学生の時に見たプレーボーイのプレーメートが目の前に現れたような気がしたんだ。うしししし。。。

ずいぶんと褒めてくれるのねぇ?ケイトーって、女心をくすぐるコツを知っているのよね。。。

うん、うん、うん。。。

でも。。。わたし。。。わたし。。。うふっ。。。それ以上ダメよゥ。。。

ん。。。? いいじゃないかぁ。。。?

ダメよ。。。ほんとにダメ。。。

だって、ここまでアンナを可愛がらせておいて、これでダメだなんて。。。僕は。。。僕は。。。つらいよう。。。寅さんの言葉に、「男はつらいよ」っていう台詞があるのをアンナは知ってる?

ええ。。。聞いたことがあるわ。。。でも、やっぱりダメなものはダメなのよう。。。

どうして。。。?

マリアは、わたしの小さな頃からの親友なのよう、その親友の気持ちを裏切る事になるからよう。マリアはケイトーのことをボーイフレンドと決めているのだから。。。

でも、アンナと僕は愛し合っていると思うけれど。。。

愛し合っているってぇ。。。ケイトーと会ってからまだ2週間なのよう。。。

だけど、僕は。。。僕は。。。アンナのことが堪らなく好きになってしまったんだよう。。。

うふっ。。。もう、本当に、これ以上はダメよう。。。お願い。。。もうやめてぇ~。。。

しかし。。しかし。。。アンナだって、ほらぁっ。。。もう、こんなにもォ~。。。

だから。。。だから、あふゥ。。。もう。。。、もう、これ以上ダメなのよう。。。

どうして。。。?

わたしの。。。わたしの。。。名前に恥じないように。。。

ん。。。?アンナの名前に恥じないように。。。?

そうなのよゥ。。。わたしの名前はgraceって意味なのよゥ。。。言ったでしょう。。。?その名を傷つけるようなことをしたくないのよォ~。。。


『ニューヨークの混浴露天風呂』より
(2008年5月22日)

あらっ。。。 アンナさんってぇ、わたしになんとなく似ているのねぇ~。。。

なんとなくじゃありませんよう! ぼくを拒絶するところまで よく似ているじゃありませんかア!

。。。で、「外国人セックスデンマン」を入れて検索して上の記事を読んだネットサーファーは、その後、また“濡れ場”をさがして他の記事を読んだのォ~?

だから、この次にジューンさんが僕の舌を噛み切ろうとする記事を読んで、全くつまらないことばかりが書いてあるとガッカリして、他のサイトへ飛んでしまったのですよ。


(laugh16.gif)

【卑弥子の独り言】


(himiko22.gif)

ですってぇ~。。。
あなたは、デンマンさんの回りくどい説明を聞いて納得できましたかァ~?

だいたい、アダルトサイトでもないのに、
“濡れ場”を事細(ことこま)かに書くわけ無いのでござ~ますわァ。

「外国人セックスデンマン」を入れて検索して上の記事を読んだ人物は、そもそもデンマンさんのブログにやって来て、
“濡れ場”を期待したのが間違いの元ですわ。

あなただってぇ、そう思うでしょう?

ところで、ジューンさんの面白いお話はたくさんあります。
興味のある方は、どうか次のリンクをクリックして読んでくださいましね。


ジューンさんの熟女下着
(30june.jpg)

『国際化でおばさんバンザイ!』

『真夜中の乙女たち』

『おばさんの下着@リアルタイム』

『つぶやきブログとジューンさん』

『熟女下着』

『熟女下着に見るSEO』

『ドーハからの人』

『パラグアイからコンニチワ』

軽井沢タリアセン夫人の小百合さんが扮するゴディバ夫人
(godiva05.jpg)

『ツイッターの誘惑』

『ノートルダムからジェーン・エア』

『ジューンさん、人気が出てますよ』

『モザンビークからこんにちは』

『ジューンさんの下着姿』

『脳と恋とチョコレート』

『ジューンさんの人気』

『白い下着の熟女』

『床上手な女と塩野七生』

『白い熟女の誘惑』

『寒中水泳 女の子』

『ヤノマミの1万年』

『マルタ島のロマン』

『とっちゃん坊やも日本を滅ぼす』

『混浴人気』

『人間としての誇り』

『ヴィーナスのえくぼ』

『動物感動物語』

(roten101.jpg+cleoani.gif)

『最新混浴風景なのね』

『下着にこだわるのね』

『男心をそそる女の秘密』

『デンマンさん、おかえり』

『なぜヴィーナスのえくぼ』

『マドンナと行田の黒い霧』

『お○○こ画像』

『タイトルの魔術』

『なぜ処女とおばさん?』

『やっぱり処女とおばさん』

『ウンコで走るバス』

『レダの卵』

『正月の熟女』

『新春画ネット散歩』

『愛と下着の美学』

『モナリザもビックリ』

『象が泣く』

『国際化に加速』

『美しき未亡人』

『ジューンさん、バイザイして』

『ジューンさん“いいね”が付いてるよ』

『床上手なのねぇ~』

『外国人SEXデンマン』

とにかく、次回も興味深い記事が続きますわ。
だから、あなたも、また読みに戻ってきてくださいね。
じゃあ、また。。。


(hand.gif)


(surfing9.jpg)

ィ~ハァ~♪~!

メチャ面白い、

ためになる関連記事



(linger65.gif)

■ 『きれいになったと感じさせる

下着・ランジェリーを見つけませんか?』

■ 『ちょっと変わった 新しい古代日本史』

■ 『面白くて楽しいレンゲ物語』

■ 『軽井沢タリアセン夫人 – 小百合物語』

■ 『今すぐに役立つホットな情報』


(house22.jpg)

『夢とロマンの横浜散歩』

『愛とロマンの小包』

『下つきだねって言われて…』


(chiwawa5.gif)

こんにちは。ジューンです。

スパムメールが相変わらず多いですわよね。

あなたのメールボックスにも、

ジャンクメールがいっぱい入っているでしょう!?

スパムメールを飛ばしているのは

いったい、どういう人たちなのでしょうか?

出会い系サイトのオーナーたちが多いそうですわ。

彼らは会員を集めるためにスパムメールをばら撒きます。

そのためにメールアドレスのリストを購入しています。

では、そのようなリストを販売している人は

どうやってメールアドレスを集めているのでしょうか?

ロボット(自動巡回プログラム)によって

自動収集させているのです。

ところで、サーチエンジンの自動巡回ロボットは

毎日世界中のサイトを訪問し、

その内容をデータベースに書き込んでいます。

同じように、このメールアドレス収集巡回ロボットも、

HTMLソースを分析し、

メールアドレスらしきものをどんどん記録してゆきます。

でも、使っていないメールアドレスが

たくさんあるのですよね。

あなたの使っているメールアドレスのことを

考えてください。

あなたはメールアドレスをいくつ持っていますか?

一つだけではないでしょう?

10以上持っているのではありませんか?

多分、ほとんどのメールアドレスは使ってないでしょう?

そのために、現在実際に使っている

メールアドレスを集めるために、

怪しい人物が使用度の高いメールアドレスを

集めているのですわよ。

だから、あなたもむやみに信用できない人に対して

返信しないようにしてくださいね。

詳しいことはデンマンさんが次の記事で書いています。

『コメント魔』

(2012年4月3日)


(himiko92.jpg)

ところで、卑弥子さんが面白いサイトを

やっています。

興味があったら、ぜひ次のリンクをクリックして

覗いてみてください。


(sylvie122.jpg)

『あなたのための笑って幸せになれるサイト』

とにかく、今日も一日楽しく愉快に

ネットサーフィンしましょう。

じゃあね。バーィ


(juneswim.jpg)


(byebye.gif)

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。