生パンツ強盗に思う事…


 
 

2006年4月28日 (金曜日)

 

生パンツ強盗に思う事。。。

 

生パンツ強盗!

女子高生に「パンツよこせ!」


(renge15.jpg)

暗い夜道で女子高生を襲い、身に着けていた下着だけを奪って逃走する“生パンツ”強盗が出没した。

神奈川県警宮前署によると、事件が起きたのは21日午後9時半ごろ。
川崎市宮前区の路上で、近くに住む高校2年の女子生徒(16)がアルバイトを終えて徒歩で帰宅する途中、前から来た若い男にすれ違いざま、襲われた。

男は、女子生徒の首を道路脇のフェンスに押し付けながら「パンツをよこせ!」と脅迫。
女子生徒が抵抗するとスカートの中に手を入れ、パンツをむりやり脱がして強奪。
“戦利品”を手に、そのまま逃走した。

女子生徒にけがはなく、そのまま自宅まで逃げ帰り110番通報した。
調べによると、男は20歳前後で身長170センチくらいのやせ形。
黒っぽいスエットのズボンをはいていたという。

宮前署関係者は「女子生徒の体をもてあそんだり、危害を加えたわけではない」として、下着マニアによる強盗事件として捜査を進めている。

SOURCE: スポーツ報知 2006年04月23日


この記事を初めて読んだ時には、アッと驚いたけれど、なんか。。。可笑しくなってきましたよね。
ばっかじゃなかろかぁ~~
しばらく笑ったり、考えさせられたり、呆れたり、。。。

でもね、女子高生を無理やり犯そうとしなかったことは良かったですよね。
その女の子も、一時はどうなるかと怖くなったでしょうね。
でも、ケガもなく無事に家に帰りついたようなので、本当に良かったです。

そのような状況ならば、たいていの人が、その男が女子高生を犯すのではないかと思うのが、きわめて常識的な考えだろうと思うのですよ。
このニュースが可笑しいのは、そこのところだと思うのですよね。

映画でそのようなシーンがあるとすれば、おそらく90%の観客が、次に繰り広げられるシーンは、男がその女子生徒に挑みかかって、無理やり桜の花びらを散らしてしまうというシーンだと思うのですよね。

ところが、この男は、“生パンツ”だけを奪って逃げてゆく。
それが映画のシーンなら、それを見た観客は、おそらく爆笑の渦を巻き起こしたに違いありませんよ。
うへへへへ。。。。。


(laugh16.gif)

それにしても、呆れるような事をする男が居るものですねぇ~~。
警察に見つからずに済むと思っているのでしょうかね?

おそらく、その女の子が警察に連絡しないとタカをくくっていたのかも知れませんよね。


(renge003.gif)

僕が20代の頃付き合っていた女の子も同じような経験を僕に話してくれた事があります。
生パンツではなかったのですが、彼女が学校からアパートに戻ったら、泥棒がタンスの中を夢中であさっていたというのです。
彼女は、もうビックリしてしまって、声も出なかったと言います。
その男もすぐに気づいて、ヤバイと思ったらしく、彼女があっけに取られてボサーと立っているところを、突き飛ばして、下着類を抱えたまま逃げ去ったというのです。

警察が捕まえた?ときくと、恥ずかしくて警察に連絡しなかった、と言いました。
どうして?

警察官だとはいえ、見ず知らずの人に下着のことを話題にすること自体がイヤだった言う事でした。
そういうことは恥ずかしすぎ。。。と、言ったものです。

レンゲさんのような女性が身に着けているパンティーなら、僕も興味がありますから、風呂場に脱ぎ捨てたものがあれば、僕はそれを手にとってしみじみと眺めたり、匂いぐらいは嗅いでみるかもしれませんよ。
しかし、見ず知らずの女性のパンティーを無理やり脱がせて奪い取るという気持ちにはなれませんよね。

どうしてか?

ちょっとその事を話そうと思ってこの記事を書く気になったのですよ。

僕は今、バンクーバーに居るんですよ。
すぐそばにEnglish Bayがあります。
ここでジェットスキーをすることもあります。
2年ほど前に、北海道の人でジェットスキーにハマッている人から、コメントをもらった事があるんですよ。
その人と投稿を交換した事がありました。

『立派な外人と、書込みサー-ンクス!』

僕はその時にも書いたことなのですが、ジェットスキーでは、僕はイマイチからだの血が沸かないんですよ。

なぜか?
それはね、すぐ下の写真を見てもらうと分かるんですよ。


(cess82.jpg)

そうなんですよ。セスナで宙返りをするんですよ。
本当はやっちゃいけないんですよ!
でもやっちゃいけない!と言われると、
人間やりたくなるのが人情ですよね。

僕も、そういう馬鹿な人間なんですよ!へへへへ。。。。。

でもね、日本にはもっと馬鹿がたくさん居るんですよ!
上で紹介した“生パンツ強盗”もその一人ですよ。

最近というか、ここ5年間ぐらいの間に、破廉恥行為で捕まる男が、後を絶たないですよね。
しかも、その中には学校の先生も居るんですよ!
呆れてしまいますよ!

学校の先生だけかと思うと、なんと、非番の警察官が、
中学生くらいの女の子を車にさそって乗せ、
破廉恥行為に及んで捕まるとかねェ。。。
とにかく、そういう馬鹿な人間がいるんですよ!

ボクも、馬鹿なんですがね。うへへへへ。。。。
ただし決定的に違うのは、同じ馬鹿でもそういう破廉恥行為をする時間がないですね。僕のブログを見れば分かりますが、僕は、一つのことに夢中になると、馬鹿の一つ覚えみたいに、わき目も振らずにトコトンやるたちですよ。

だから、もし、破廉恥行為に夢中になったら、トコトン破廉恥行為をやって、警察の厄介になるような人間なんですよね。へへへ。。。。
だけどね、破廉恥行為をやることに価値を見出せないから、やらないだけのことですよ!!

破廉恥行為が、もう、人生を棒に振ってでも、楽しくて仕方がない!ということが分かれば、僕はブログを書きまくるように、もう、狂いに狂って破廉恥をしまくっちゃうと思いますよ!
でもね、とても、人生を棒に振るほど価値があるとは思えないから、やらないだけですよ。

だから、もし退屈で、他にすることがなくて、警察官に捕まらないという保障があれば、僕も馬鹿の一つ覚えみたいに破廉恥行為するでしょうね!!
しかし、現在の僕には、退屈なほど時間が余ってないし、破廉恥行為をすれば、警察に捕まるのは眼に見えている。
だから、そんなことをしようという気が起こらない訳ですよ。

つまり、破廉恥行為をやる人は、他に夢中になるだけの趣味だとか、仕事だとか、そういうものを持ってないんですよね。
だから、破廉恥行為にスリルと刺激を感じるわけですよ!
こういう人がジェットスキーをすべきなんですよ!

僕なんか、スリルと刺激が欲しい時には、セスナに乗ってね、広いカナダの空で宙返りをやりますよ!
もう、オシッコをちびってしまうくらいスリルマンテンですよ!
死ぬのを覚悟でやりますからね。ばかですね~~~!

これをやるとね、毎日の平凡な生活が、本当にありがたく感じられますよ。
それで、また、シコシコと、僕のブログに向かうわけですよね。
破廉恥行為をするよりよっぽど面白いと思いますね。
それで、今、こういう風にカキコできるんですからね。。。。
あの宙返りをした時に、死んでいれば、今の自分は居ないんですよ。

だからね、こうして、生きているということも実にありがたいですよね。。。。
こういう風に考えたら、とてもじゃないけど、破廉恥行為をする気になれませんよ!
やることが小さすぎるゥゥゥゥゥ!!!

結論!
日本には、自分が熱中するものを見つけてない人が多すぎるんですよ!
だから、そういう馬鹿なことを考えて、ハレンチ行為を繰り返す駄目なセンコーやポリコーが出てくるんですよ。

生パンツ強盗してど~すんだよ!
気持ちは分かるよ。
しかし、警察に捕まってしまうよ!
分かりきった事だと僕は思いますね。

しかし、そういうことが分かっていながら、破廉恥行為をしてしまう。
馬鹿ですよね。
分かっていないのなら、さらに輪をかけた馬鹿ですよ。
そういう、愚かな人間が、最近日本に増えていますよ。
僕のブログに、宣伝のための下らないトラバを飛ばしたり、宣伝コメント・スパムをしている愚か者を見ていると、しみじみとそう思いますよ。

そういう駄目な人間がジェットスキーでも始めれば、まともな人間になれるかも知れませんよね。

でも、僕のように馬鹿の上に大がつく人間には、ジェットスキーぐらいではオシッコをちびりません。
だから、僕みたいな人間は、海外に出て、セスナに乗って、カナダのひっろーい空で宙返りして、オシッコちびるわけですよ。うひひひひ。。。。
同じ馬鹿なら、世界に飛び出て馬鹿をやったほうがすばらしいですよ。
そう思いませんか?

もちろん、僕は、馬鹿な事だけをやっているわけじゃありませんよ。
こうして、ライフワークとしてブログも書いています。

つまり、実は、この事が言いたかったわけですよ。うへへへへ。。。
では。。。。また。。。。

じゃあ、今日も楽しくネットサーフィンしましょうね。


【オリジナル記事:】

http://denman.blog.so-net.ne.jp/2006-04-28-1



(surfin2.gif)

ィ~ハァ~♪~!

メチャ面白い、

ためになる関連記事


ジューンさんの熟女下着 June Adams 下着美人
(30june.jpg)

■ 『きれいになったと感じさせる

下着・ランジェリーを見つけませんか?』

■ 『ちょっと変わった 新しい古代日本史』

■ 『面白くて楽しいレンゲ物語』


(karumika.jpg)

■ 『カナダのバーナビーと軽井沢に別荘を持つことを

夢見る小百合さんの物語』

■ 『今すぐに役立つホットな情報』

■ 『 ○ 笑う者には福が来る ○ 』


(vanc700.jpg)

■ 『あなた、おかえり (2009年2月19日)』

■ 『他人の不幸は蜜の味 (2009年2月23日)』

『未熟な判断と稚拙な批判 (2009年4月22日)』

『ある愚か者の自滅の道 (2009年4月24日)』

『2ちゃんねると自滅の世界 (2009年4月28日)』

『自滅の道へ走る愚か者 (2009年5月2日)』


(vancouver.jpg)

『デンマン批判 (2009年5月8日)』

『好ましい批判 (2009年5月12日)』

『欺瞞の罠 (2009年5月16日)』

『馬鹿の一つ覚え (2009年5月22日)』

『立派な反面教師 (2009年5月29日)』


(2ndbeach.jpg)

『社会的自我の欠如 (2009年5月30日)』

『原人ブームと漢字馬鹿 (2009年6月5日)』

『また、オマエか! (2009年7月3日)』

『成りすまし馬鹿 (2009年7月5日)』

『スカンクと宮本武蔵 (2009年7月6日)』

『絶望的な愚か者 (2009年7月7日)』


(ebay5.jpg)

『弘中先生と熊谷(2009年9月6日)』

『お受験と教育ママ(2009年9月8日)』

『熊校の先生(2009年9月10日)』

『「田舎教師」再訪(2009年9月12日)』

『四季桜(2009年9月14日)』

『熊校の思い出(2009年9月16日)』

『「田舎教師」と行田(2009年9月18日)』

『小百合さんの存在感(2009年9月20日)』


(sayuri22.jpg)

『大阪の歴史馬鹿(2009年9月22日)』

『「蒲団」と「田舎教師」(2009年9月24日)』

『卑弥子さんの存在感(2009年9月26日)』

『ロマンとデジャヴ(2009年9月28日)』

『夫婦風呂(2009年9月30日)』

『露悪趣味(2009年10月2日)』

『カプリ島と香水(2009年10月10日)』

『小百合さんの香水10月14日)』


(sayuri80.jpg)

『プッタネスカ(2009年10月18日)』

『国敗れて山河あり(2009年10月22日)』

『鰻重と阿波踊り(2009年10月26日)』

『人のための医療(2009年10月30日)』

『病める日本(2009年11月5日)』

『住めば都(2009年11月15日)』

『猫ちゃんの出迎え(2009年11月17日)』

『名物先生(2009年11月19日)』

『ぶんぶく茶釜(2009年11月21日)』


(himiko92.jpg)

こんにちは。卑弥子でござ~♪~ますわ。

デンマンさんの応援に

まかり越したのでござ~♪~ますう。

先日、ジューンさんから次のような英文を

おセ~テもらったのでござ~♪~ますわ。

Customers are king.

日本でも、これに似た言葉がござ~♪~ますわよね。

似た言葉というよりも、もっとすごいのですわよう。

「お客様は神様です」

そうですわ。三波春夫さんの言葉ですう。

美空ひばりさんと並ぶぐらいの大歌手でした。

その人が言ったのですから、まず間違いないでしょう。

おほほほほ。。。

でも、中には嫌味を言った人も居たようですわ。

派手な着物を着て「お客様は神様でございます」

と言う三波さんに成金趣味の嫌な男を見た。

そう言う人も居たようですわ。

「お客様を神様のつもりでやらなければ芸ではない」

そう思って渾身の力を込めて

三波さんは歌ったと言う事です。

つまり、単なるリップサービスでは

なかったのでござ~♪~ます。

同じ事は「はてなダイアリー」についても

言えるのですわよね。

要するに「ユーザーは神様です」と思いながら、

良いサービスを提供する。

そうでなければ、結局ユーザーは

「はてなダイアリー」から離れてゆくのです。

返信が必要ならば

「問い合わせページ」をご利用ください。

そう書いておきながら、デンマンさんが質問を書くと、

無視し続ける。

このような態度ではユーザーに対して

他のブログ・プロバイダーと比べて

良いサービスが提供できるはずもござ~♪~ませんわ。

ユーザーとプロバイダーは民主主義、

平等主義のネットでは

もちろん対等であるべきですよね。

ユーザーが不満を表明し、

釈明を求めているのであれば、

「はてなダイアリー」も誠実に対応すべきだと思います。

ネットの世界は単に現実世界の向こうの

虚像ではありません。

東芝事件のように、

ネット上で激しさを増したユーザーの声は、

間違いなく現実社会に戻ってくるのでござ~♪~ます。

「はてなダイアリー」のユーザーを無視する態度は

決して良い結果を生まないものです。

今後「はてなダイアリー」がどのようになってゆくのか?

じっくりと見守ってゆきたいと思いますわ。

興味があったら次のリンクをクリックして

読んでくださいましね。

『欺瞞か?はてなダイアリー』

(2008年10月20日)


(angrygal.gif)

ところで、面白いお話を集めました。

お時間があったら、ぜひ覗いてくださいね。

■ 『あなたもメチャ笑って幸せになれるサイト』


(laugh16.gif)

とにかく、今日も一日楽しく愉快に

ネットサーフィンしましょうね。

じゃあね。


(himiko22b.gif)


(byebye.gif)


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。