杜の都のギター


 
2009年3月14日 土曜日
 
 
杜の都のギター
 
 

Subj:

コメント欄を使えるようにしました!

★ バンクーバーのデンマンより ☆

Date: 10/03/2009 6:32:47 PM
Pacific Daylight Saving Time
(日本時間:3月11日 水曜日 午前11時32分)
From: green@infoseek.jp
To: domini@yahoo.co.jp
CC: barclay1720@aol.com

3月9日朝に積もっていた雪はきれいになくなっていました。
3時半頃、ダウンタウンの税務署に行ってきました。
いろいろな書類をもらってくるためです。
快晴の素晴しい天気でした。

しかし例年になく寒く
零下5度になったのは3月10日では記録的な寒さだと言う事です。
現在、午後6時で零下一度です。
雲ひとつなく晴れ渡って、素晴しい青空が広がっています。
小百合さんに見せたいほどです。
バンクーバーの青空は素晴しい。

行田で見た青空は、どことなく、くすんでいたものです。

ところで、『小百合の掲示板』にアクセスしたら、相変わらず、“そのページが見当たりません!”と言うメッセージが現れました。
とりあえず、返信は infoseek.jpで受け取りますが、
3月15日まで見ます。
それ以降、『小百合の掲示板』が開かなかったら、次のURLへ飛んでください。

http://beaverland.web.fc2.com/sayuri9/

さっき、チェックしたら、コメント欄が使えなくなっていたので、
修正して使えるようにしました。

小百合さんからのメールを infoseek で調べてみましたが、昨日、今日と見当たりません。
それ以前のメールはすべて削除しました。

そう言う訳で3月15日以降は『小百合の掲示板』が開かなかったら、上のURLで返信を書いてください。
お願いしますね。

by デンマン

デンマンさん!。。。小百合さんからは、まだお返事がないのでござ~♪~ますか?

まだ無いのですよう。

小百合さんは、朝一番にメールをチェックするのでしょう?

そうですよう。でもねぇ、週末には佐野市の北にある熊鷹山(くまたかやま)の“山の家”で過ごしますからね。金曜日の夜に書いたメールは月曜日の朝まで読まれないこともありますよう。

上のメールは3月11日の水曜日ですわ。遅くとも翌日の木曜日(12日)の朝には小百合さんはご覧になっているはずでござ~♪~ますわ。だから、3月12日の朝にはデンマンさんにお返事を書くことができたはずですわ。デンマンさんは3月12日に小百合さんからのメールを受け取らなかったのでござ~♪~ますか?

あのねぇ、3月12日の午前11時は、バンクーバーでは3月11日の午後6時ですよう。これを書いているのが実は、3月11日の午後5時です。

だったら、小百合さんが12日の午前10時までにメールを出していたとしたら、デンマンさんはすでに受け取っているはずですよね?

そうですよう。でも、たった今チェックしたけれど、infoseek.jp のメールボックスにも ビーバーランドの『小百合のメモ』ページにも返事がない。『小百合の掲示板』は今でもアクセスできない。

もしかすると、小百合さんのご家族にご不幸があって、それでメールの返事を書いている暇がないとか。。。

確かに、そう言う事も考えられるでしょう。でも、そう言う事が起こらない事を僕は祈っていますよう。例えば、パソコンが故障したとか。。。メール・システムに不具合が起こって、メールが読めなくなったとか。。。そう言う事だって考えられますからねぇ。。。

そうですわねぇ~。。。んで、話は違いますけれど、おととい(3月12日)は奈緒子さんが恵子さんと一緒ではなく、一人でデンマンさんの下宿に訪ねて行ったところで、お話が終わったのですわよね?

■ 『杜の都の乙女 (2009年3月12日)』

そうですよう。上の記事で書いたとおりです。

一体、何が起こったのでござ~♪~ますか? 

僕も恵子さんと奈緒子さんが一緒に来るものだと思っていたから、さっそく理由を聞いたのですよう。

そうしたら。。。?

恵子さんの伯父さんが亡くなったと言うのですよう。それで、手が足りないので恵子さんが伯父さんの家に手伝いに行って来れないと、そう奈緒子さんが言ったのです。

マジで。。。?

後で恵子さんに尋ねればすぐに分かってしまう事ですからね。すぐにバレるようなウソを奈緒子さんはつかないですよう。事実、そう言う事だったのですよう。

あらァ~。。。では。。。、では、あのォ~。。。デンマンさんが望んでいたように、アイドルのラムちゃんに良く似た奈緒子さんとデンマンさんは4畳半の下宿の部屋で二人っきりになってしまったのでござ~♪~ますか?

4畳半の下宿の部屋を強調しないでくださいよう。。。なんだかポルノチックに聞こえますよう。

。。。んで、ポルノチックな事が起こったのでござ~♪~ますか?

うしししし。。。

そのヤ~らしい笑いだけはお止めになってくださいましなァ。。。で、マジでポルノチックな事が起こってしまったのでござ~♪~ますか?

あのねぇ~、卑弥子さんは、4畳半の下宿の部屋に男女二人が居ると言うことだけで、すぐにポルノチックな事が起こると妄想してしまうのですよォ~。んも~~。。。でも、現実には、なかなかそのような事は起こらないものですよう。

ではマジで、ポルノチックな事が何も起こらなかったのでござ~♪~ますか?

やだなあああァ~。。。急につまらなそうな顔をしないでくださいよう。

だってぇ~。。。ワクワクするようなお話を期待していたのですものォ~。

何も無かった、と言う訳でもないのですよう。

じゃあ。。。あのォ~。。。やっぱり。。。、やっぱり、ポルノチックな事がァ~。。。?

卑弥子さんは、どうして。。。、どうして、ポルノチックな事にこだわるのですかア?

だってぇ~、ワクワクしますものォ~。。。つまらない、退屈なお話よりは、よっぽどましでござ~♪~ますわ。

あのねぇ~、僕の部屋には松岡きっこさんのヌード写真が壁に貼り付けてあったのですよう。

松岡きっこ

1947年2月11日生まれ。
日本の女優、タレント。東京都出身。
本名は、岩谷紀公子(いわたに きくこ)。
夫は、俳優の谷隼人。
芸名の「きっこ」は本名の「紀公子」に由来している。

幼少の頃より、子役として活躍。
その後は『吸血髑髏船』などの劇場映画や、『アイフル大作戦』などのテレビシリーズに女優として活躍する。
『11PM』や『連想ゲーム』のほか、谷隼人が出演した『痛快なりゆき番組 風雲!たけし城』などバラエティ番組にも多く出演している。
谷とは1981年に結婚。おしどり夫婦としても知られ、夫婦での出演も多いことで知られる。

全日本女子プロレス中継の解説でも知られており「女子プロレスの母」とも呼ばれていた。

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

中学生から高校生にかけて、松岡きっこさんは僕のアイドルだったのですよう。そのアイドルのヌード写真が手に入ったので僕は毎日眺められるようにと壁に貼ったのですよう。

あのォ~。。。へアヌードでござ~♪~ますか?

当時は、ヘアヌードは18禁だったのですよう。だから、松岡きっこさんのヘアヌードなんて、とても手に入れる事なんてできませんでした。

それで、あのォ~。。。両手でアソコを隠していたとか。。。そうゆうヌード写真でござ~♪~ますか?

ちょうど、このシャロンさんと同じポーズで何も身にまとっていないヌード写真でした。

じゃあ、むき出しのお尻は、もちろん、オッパイも、乳首まで見えていたのでござ~♪~ますか?

そうなのですよう。もし、奈緒子さんが一人だけでやって来るのが分かっていたら、そのヌード写真を僕は壁から取り外していましたよう。

どうしてでござ~♪~ますか?

女子高生一人の場合、初めて訪ねた男の部屋で壁に貼ってあるヌード写真を見るのは、あまりいい気持ちではないと思うのですよう。不安になってしまう女学生も居ると思うのですよう。その程度のエチケットは僕も心得ていたつもりでした。

。。。んで、奈緒子さんは、どのような反応を示したのでござ~♪~ますか?

部屋に入ると奈緒子さんは、いかにも興味深そうにグルッと部屋の中を見回したのですよう。

。。。それで?

案の定、ヌード写真に目が引かれたのですよう。

奈緒子さんは、また“きゃア~~”とか叫んだのでござ~♪~ますか?うふふふふ。。。

まさかア。。。!?

。。。んで、どうしたのでござ~♪~ますか?

奈緒子さんは、しばらく何も言わずにジィ~とそのヌード写真を見つめていたのですよう。まるで、美術評論家が名画でも見るように喰い入るように見つめていたのですよう。5分も見つめていた訳じゃなかったけれど、ずいぶん長い間何も言わずに見ていましたよう。

なぜ。。。?

僕だって理由なんて分かりませんよう。とにかく、その真剣さに、ちょっと驚きましたよう。“やらしいわア~”とか、“きゃア~”とか。。。そういう反応を僕は期待していましたからね。。。

それで。。。?

じっと見つめていたけれど、一通り眺め回した後で、ゆっくりと僕に向かって言ったのですよう。「デンマンさんは、大きなオッパイと大きなお尻の女の人が好きなのォ~?”

デンマンさんは何とお答えしたのでござ~♪~ますか?

オヤっと思って。。。僕は奈緒子さんの目をじっと見詰めましたよう。僕よりも6歳年上の叔母が、そう言うとしたら、必ず目は笑っているはずですよう。ところが、奈緒子さんの目は、笑っているのでもなければ、からかっているのでもない。。。不安なまなざしでもない。。。マジで真剣な目つきなんですよう。

それで。。。?

ずいぶん、真面目に妙な質問をすると思って。。。しかし、松岡きっこさんは、いわゆるグラマーな肉体を持っている女性ではないのですよう。また、巨乳の持ち主でもないし、特に尻が大きいわけでもない。

それなのに奈緒子さんは、どうしてデンマンさんに“大きなオッパイと大きなお尻の女の人が好きなのォ~?”と尋ねたのですか?

あのねぇ~、写真の撮り方にもよるけれど、女性のお尻は実際よりも大きく見せる事ができる。松岡きっこさんのヌード写真は実際よりも尻が大きく見えるように撮ってあったのですよう。でも、オッパイは決して大きく写っているわけではなかった。

それで。。。?

僕は、その時、おどけるべきかどうか?ちょっと迷いましたよう。。。奈緒子さんの目が意外に真剣だったので、ふざける事ができないと思えた。それ程、真剣なまなざしだった。

ラムちゃんは、明らかに体型から見ても、背丈の割にも、大きなオッパイと大きな尻をしているのですよう。奈緒子さんも、その点ではラムちゃんと変わりがない。。。つまり、「大きなオッパイと大きなお尻の女の人」というのは、ラムちゃんや奈緒子さんのような女のことですよう。

だから、デンマンさんは、何とお答えしたのでござ~♪~ますか?

これは、迂闊(うかつ)には答えられないと思ったのですよう。だから、そうゆうヤバい質問をされた時には質問で返すのが一番ですからね。。。それで僕は次のように答えたのですよう。「松岡きっこさんの尻は大きく見えるけれど、おっぱいは大きくないよね。おっぱいも大きく見える?」

奈緒子さんはそれに対して何とお答えしたのでござ~♪~ますか?

彼女は言いました。「あたしは松岡きっこさんの事を言っているのじゃなくて、一般論としてデンマンさんの好みの体型が知りたいの…」 

それで、デンマンさんは、何とお答えしたのでござ~♪~ますか?

だから、僕は言いましたよう。「あのねぇ~、器(うつわ)も大切だけれど、中身(なかみ)の方がもっと大切だと思うよ。うしししし。。。」

つまり、結局、笑いでごまかそうとしたのでござ~♪~ますわね。ずるいですわ。

多分、奈緒子さんも、そう考えたのかもしれない。僕の好みの体型を聞き出せないと分かると、奈緒子さんは映画館の中でのように一人でベラベラと話し始めたのですよう。

鳩胸でっちリ!

あたしは「鳩胸でっちリ!(大きいオッパイと大きなお尻!)」と言われて中学生の頃からイジメられたんです。
恵子ちゃんは、あたしよりもずっと大きくて、おっぱいもお尻もあたしよりも目だったのだけれど、
なにせ、クラスで一番大きかったから、男の子も恵子ちゃんには手出しができなかったの。。。
それに、恵子ちゃんは物静かで、あたしのように、べらべら出しゃばって、しゃべらないから。。。、
それで、矛先(ほこさき)があたしに向いてしまうようでした。

クラスの中に、あたしを目の敵(かたき)にしてイジメる意地の悪い男の子が居て、
あたしは、この男の子に何度も泣かされたの。
ある時、あたしはまた、その男の子に苛められようとしたのだけれど、
誰が見ても、やり方が意地悪だと思えたのでしょうね。
あたしの髪をつかんで引きずり回そうとしたので、恵子ちゃんがあたしと男の子の間に入ってくれたの。
「弱い者イジメは、いいかげんにしなさいよう!」
恵子ちゃんが、今まで誰も言わなかったことをきっぱりとその子に言ったの。

周りの男の子も女の子もビックルしていたわ。
今まで誰も、そのような事を意地悪なその男の子に言わなかったから。。。
そうしたら、その男の子はムカついて恵子ちゃんを投げ飛ばそうとしたの。
でも、恵子ちゃんの方が20キロぐらい体重が多かったから、
とても投げ飛ばす事などできなかったわ。

それどころか、反対に恵子ちゃんからビンタをもらって、
すっ飛んでしまって机の角に頭をぶつけて、その子は泣き出してしまったの。
うふふふふ。。。
中学1年生の時だったわ。

あたしと恵子ちゃんは、その時から親友になったの。
恵子ちゃんって、とっても優しいところがあるでしょう?!

う~♪~ん。。。そうだよねぇ~。あの仙南バスの中で、僕が教科書とノートを落とした時、誰も無視して知らん顔をしていたけれど、高校3年生の恵子さんは僕と一緒になって拾ってくれたものねぇ~。

■ 『杜の都の映画 (2009年3月8日)』
【通学途中の仙南バスの中で落とした教科書とノートを恵子さんが一緒に拾ってくれた話】

分かりましたわ。デンマンさんは奈緒子さんから、そのお話を聞いたのでヤーらしい事をする気だったのに、奈緒子さんを思い通りにできなかったのですわね?

やだなあああァ~。。。卑弥子さんは、まだポルノチックな事にこだわっているのですね?

。。。んで、そのお話の後にデンマンさんは『禁じられた遊び』のメインテーマ曲「愛のロマンス」をギターで弾いたのでござ~♪~ますか?

そうなのですよう。うしししし。。。

でも、お話がちょっと、できすぎているのでござ~♪~ますわ。おそらく、日本語が分かる世界のネット市民の皆様が、この記事を読んでも誰も信じようとしませんわよう。

つまり、僕が『乙女の祈り』を独学で習って恵美子さんにピアノで弾いて聞かせた。同じように、今度は独学で「愛のロマンス」を習ってギターで奈緒子さんに弾いて聞かせた。それができすぎていると卑弥子さんは言うのですか?

そうですわ。

あのねぇ~、卑弥子さんは次のような諺を聞いた事があるでしょう?

『事実は小説より奇なり』

もちろん、ありますわよう。でも、そうゆう諺があるからって、『乙女の祈り』を独学で習って恵美子さんにピアノで弾いて聞かせ、今度は独学で「愛のロマンス」を習ってギターで奈緒子さんに弾いて聞かせた。そのようなできすぎたお話の根拠には、ならないのでござ~♪~ますわ。

つまり、僕がブログの記事を面白く書くために、話をでっち上げていると卑弥子さんは言うのですね?

たぶん。。。

じゃあ、僕が書いた次の記事も信用していないのですか?

■ 『クラシックで片思い (2006年6月19日)』
  (ビーバーランド・ネットの更新版)

■ 『クラシックで片思い (2006年6月19日)』
  (SO-NETの「デンマンのブログ」 オリジナル版)

デンマンさんは、恵美子さんの本名まで出してしまったのでござ~♪~ますから、たぶん、本当のお話だと思いますわ。行田市で大学生の時にピアノの先生をしていた恵美子さんと言う方は、それ程多くは無いはずでござ~♪~ますから、調べる気になれば、すぐに調べが付きますわ。

だから、今度の「愛のロマンス」もマジな話なのですよう。

『一度あることは二度ある』

このようにも言うのですよう!

でも、眉唾(まゆつば)ですわア~~。。。恵子さんも奈緒子さんも本名ではないのでござ~♪~ますでしょう?

分かりました。じゃあ、次の話を読んでみてください。

映画『禁じられた遊び』の

メインテーマ曲「愛のロマンス」を

僕がギターで弾いて、

初めて聴いてくれたのが叔母でした。

今夜(2008年7月19日)は、午後10時に、珍しい事に鴻巣市に住む叔母から電話がかかってきました。
半年振りでした。
この叔母は僕のお袋の一番下の妹で、僕よりも6歳年上です。

親戚中で僕とは最も気の合う人物です。
その叔母も暑いと言ってましたよう。
35度と言ったのかな?

なぜか35度と言う数字がオツムに残っています。
零時10分まで、つまり、2時間10分話し込みました。

現在は行田市に編入されましたが
南河原村と言うのが僕の母親の実家があったところです。
もちろん、現在でも、同じところにあります。

お袋が僕を産んで1年した頃、僕を連れて実家へ帰ると、
7歳の叔母がどうしても僕を“おんぶ”したいと言ったのだそうです。

お袋も、仕方なく“おんぶ”させたとか。。。
近所の人に見せたいと。。。
赤ん坊なのに“わかいし(若者)”のような顔をしている、と近所の人が言ったそうです。
そのような話をしていました。

もちろん、僕には記憶の無いことです。

行田女子高校に入学して初めて僕の家に来たときには、
僕を自転車の後ろに乗せて本町通りの川島本屋まで連れてゆきました。
そこで、スーパーマンか何かの消しゴムのついた鉛筆を買ってくれました。

叔母が16歳のときですから、僕は10歳。4年生ですよね。
まてよう。。。
違いますね。
僕は小学校に上がるか上がらない年頃でしたよう。
だったら、6つか7つの頃のはずです。

第一、小学校4年生ならば、スーパーマンの形の消しゴムがついている鉛筆などもらっても、うれしくも何とも無いはず。
それなのに覚えていると言うことは、小学校1年生の頃の事に違いないですよう。

だとすると、叔母は中学1年生ですよう。
セーラー服を着ていたから、まず間違いありません。
自転車に乗って僕の家まで遊びに来たのでしょう!

とにかく、この叔母とは、それ以来よく出かけました。
日光に行ったり、上高地に行ったり。。。
そう言えば帝国ホテルで食事した事もありました。
よく喫茶店にも一緒に出かけましたよう。
もちろん、バンクーバーにもやって来ました。

大学生の頃は、とりわけ叔母と良く出かけました。
叔母はちょうど結婚前で、結婚する前に思いっきり羽を伸ばしておこうと言うつもりだったのでしょうね。
知らない人が見れば、僕と叔母は、まさに恋人同士のように見えたでしょうね。
叔母にしてみれば、安心して連れて行ける“ボーイフレンド”だったのでしょう。
ずいぶんとおごってもらいました。

ある時、今でも忘れませんが、熊谷の駅の近くの“田園”と言う喫茶店に入りました。
その夜、テレビでアランドロンの主演する映画「太陽の季節」(もしかすると「太陽がいっぱい」)をぜひ見たいと言っていたのですよう。
叔母はアランドロンの熱烈なファンでした。
ところが、どう言う訳か、時間に間に合わなかった。

後で、僕のせいにされてしまったのですよう。
それ程見たければ、“これからテレビで映画を見なければならないから、もう出ようね。”
そう言えば良かったじゃないか!

なぜか、この時の事を何度も聞かされたものです。
どうして、僕が責められるのか、未だに訳が分かりませんが。。。
僕のせいじゃないよう!

電話の声を聞く限り、喫茶店“田園”で話した頃と全く変わっていません。
その声には、今でも夢とロマンを感じます。

2時間10分。

20年以上時計がタイムスリップして
熊谷駅の近くの喫茶店“田園”でダベッた2時間10分でした。


『夢とロマンの軽井沢 (2008年7月19日)』より

どうして、このようなお話をあたくしに読ませるのでござ~♪~ますか?

卑弥子さんが僕の叔母に尋ねれば、すぐにウソかホントか?分かるからですよう。この叔母は僕が弾く『乙女の祈り』も聴いているのですよう。叔母の家にもピアノがありましたからね。

それで、デンマンさんが『禁じられた遊び』のメインテーマ曲「愛のロマンス」をギターで弾いたあとで、叔母様は何とおっしゃったのでござ~♪~ますか?

とっても、素敵だわァ~♪~

マジで。。。?

僕は大真面目ですよう。

それをあたくしに信じろ!。。。デンマンさんは、マジでそのようにおっしゃろうとするのでござ~♪~ますか?

いけませんか?

あたくしを含めて、日本語が分かる世界のネット市民の皆様は、マジで信じませんわよう。んも~~。。。たぶん。。。、たぶん。。。、信じるとしたら、栃木県の田舎の佐野市からカナダのバンクーバーまで、わざわざ場違いな「仙台辛味噌ラーメン」を送った小百合さんだけでござ~♪~ますわよう。

そうですよう。小百合さんのように、わざわざ手間と暇とお金をかけて、僕に仙台の思い出が詰まった「仙台辛味噌ラーメン」を送る事ができるような心の美しい優しい人は信じる事ができるのですよう。

それって。。。それって。。。まだ京都から何もバンクーバーに送っていない、あたくしに対する当て擦(こす)りでござ~♪~ますわね!?んも~~

卑弥子さん!。。。いい加減にしてくださいよう。また話が脱線しようとしていますよう。記事が無駄に長くなるだけですゥ~。

分かりましたわ。。。んで、デンマンさんは何がおっしゃりたいのでござ~♪~ますかア?

最後に、めれんげさんの命題に答えようと思うのですよう。

なんですの?その。。。その。。。めれんげさんの命題ってぇ~。。。?

ちょっと読んでみてくださいよう。

鈍きひと
 
 

 
 
鈍きひと

未だ気づかぬ

あわれさよ

二兎を追う者

一兎をも得ず
 
  
by めれんげ
 
2009.03.10 Tuesday 08:52


『即興の詩 鈍きひと』より

わてとめれちゃんとは、やっぱり心の恋人同士やなあああぁ~
うしししし。。。
以心伝心やがなぁ~

さっき、ライブドアのブログで3月12日の『小百合物語』のために、
予約投稿したばかりやでぇ~
題して『杜の都の乙女』ですう。

■ 『杜の都の乙女 (2009年3月12日)』

その記事の中でも書いているんやけれど、
いつもならば、『小百合の掲示板』に同じ記事を投稿するのや。
でも、現在アクセス不能やがなぁ~。

そやから、ビーバーランドネットの『小百合物語』に
めれちゃんが読めるように、ちょっと前にアップしたでぇ~。
上のリンクをクリックして読んでぇ~なぁ。
おおきにィ。

めれちゃんが書いた次の命題:

“二兎を追う者一兎をも得ず”

この命題について、わても書いていたのやでぇ~
ホンマに、わてとめれちゃんは心の恋人やなぁ~。。。

♪┌(・。・)┘♪ キャハハハ。。。

3月10日の続きやけれど、
恵子さんと奈緒子さんとデートする話や。
わてが二兎を追っているわけなのやがなぁ~
果たしてどうなるのか?
結論めいた事は3月14日か16日になると思うでぇ~。

でも、めれちゃんも読んだら、ふ~♪~ん、と
興味深く読めるはずやがなぁ~

ところでぇ~、
鈍き人ってぇ、わてのことなんかぁ~
うししししし。。。
とにかく、おおきにィ~
また、3月14日の記事に
めれちゃんの短歌を使わせてもらうでぇ~。
ありがとう!

めれちゃんも楽しみにして待っててなぁ~
じゃあ。次のコメントに移るさかいにィ~、
ひとまず、さいなら。。。

\(^Д^)/ ギャハハハハ。。。

鈍い心の恋人より

2009-03-10 06:34 PM


『愛と恋って…(2009年3月13日)』より

つまり、メレンゲさんの短歌に上のようなコメントを書いてしまったので、こうして、また持ち出してきたのでござ~♪~ますか?

いけませんか?

だって、全く関係ないじゃありませんか?

そんな事は無いでしょう?僕は恵子さんと奈緒子さんとデートするはずだったのですよう。二人を前にして『禁じられた遊び』のメインテーマ曲「愛のロマンス」を僕がギターで弾くつもりだったのですよう。でも確かに、めれんげさんが言う通りになってしまったのですよう。

“二兎を追う者一兎をも得ず”

でもねぇ、決して“一兎をも得ず”にはならなかったのですよう。

。。。んで、奈緒子さんはデンマンさんの「愛のロマンス」を聴いて何と言ったのでござ~♪~ますか?

とっても、素敵ィ~♪~

奈緒子さんは、こう言ってくれたのですよう。

マジで。。。?

もちろんですよう。ウソをついたって屁のツッパリにもなりませんからねぇ~。うへへへへ。。。

つまり、デンマンさんは奈緒子さんの心を射止めたと思っているのでござ~♪~ますか?

でも。。。、でも、その件に関しては僕は沈黙を守りますよう。めれんげさんに、じっくりと考えてもらおうと思っているのですよう。うしししし。。。
 

【卑弥子の独り言】

ですってぇ~。。。
なんだか、からかわれているような。。。
愚弄されているような。。。
ヤ~な気分がいたしてまいりましたわア~。んも~♪~

確かに、お面白いお話なのですわよう。
でも、完全に眉唾物ですわア。
あなただって、どことなく胡散(うさん)臭いような話に聞こえてまいりますでしょう?
読後感がすっきりしないのですわよう。

だいたい、平均的な。。。いいえ、かなり有名な作家でも、
直木賞や芥川賞といった、時代遅れのへんてこりんな賞をもらった有名な作家でも、デンマンさんのように自慢げに書く人なんて居ないのですわよう!
そうでしょう?

ところが、デンマンさんは、好き勝手な事ばかりを書きまくるのですわよう。
いったい、どういう神経を持っているのかしら?
読み返して、全くムカついてきますわよう。
あなただって、そう思うでしょう。

とにかく、ムカつきますけれど、あさってが楽しみでござ~♪~ますわ。
どうか、あなたもまたあさって、読みに戻って来てくださいね。
じゃあ、またねぇ。

ィ~ハァ~♪~!

メチャ面白い、

ためになる関連記事


■ 『きれいになったと感じさせる

下着・ランジェリーを見つけませんか?』

■ 『ちょっと変わった 新しい古代日本史』

■ 『面白くて楽しいレンゲ物語』

■ 『カナダのバーナビーと軽井沢に

別荘を持つことを夢見る小百合さんの物語』

■ 『今すぐに役立つホットな情報』

■ 『 ○ 笑う者には福が来る ○ 』

■ 『漢字馬鹿の再来 (2009年2月13日)』

■ 『漢字馬鹿の悦楽 (2009年2月15日)』

■ 『漢字馬鹿の自己矛盾 (2009年2月17日)』

■ 『あなた、おかえり (2009年2月19日)』

■ 『脳内漢字馬鹿 (2009年2月21日)』

■ 『他人の不幸は蜜の味 (2009年2月23日)』

■ 『漢字馬鹿の恋 (2009年2月25日)』

■ 『馬鹿のモデル (2009年2月27日)』

こんにちは。ジューンです。

実は、わたしもデンマンさんの弾く

「愛のロマンス」を聴いたことがあるのです。

独習したのだそうですけれど、

信じられないほどお上手でした。

でも、それだけしか弾けませんでした。

「馬鹿の一つ覚え」とはよく言ったものですわ。

うふふふふ。。。

作曲者のナルシソ・イエペス(Narciso Yepes)は

スペイン人です。

1952年に、パリのカフェで映画監督のルネ・クレマンと

偶然知り合ったのです。

「映画自体は、すでに撮ってあるが

どんな音楽をつけたらよいか決めかねているので、

映画のための音楽を担当してほしい」

そう監督から依頼を受けたのでした。

すでに映画制作のための予算を使い果たしており、

当時、まだ新人であったイエペスに

音楽を担当してもらったのです。

24歳のイエペスは音楽の編曲・構成、演奏を

1本のギターだけで行ったのです。

映画が公開されると、

メインテーマ曲「愛のロマンス」が大ヒット。

世界的に有名なギタリストとなったのです。

それから世界各地でリサイタルや

オーケストラとの共演を行い、

日本にも1960年から1996年までの間に

計17回訪問しました。

あなたも聴いたことがありますか?

ところで、英語の面白いお話を集めました。

時間があったら覗いてみてください。

■ 『あなたのための愉快で面白い英語』

では、今日も一日楽しく愉快に

ネットサーフィンしましょうね。

じゃあね。

コメント / トラックバック1件 to “杜の都のギター”

  1. コーヒーと愛の香り | Denman Blog Says:

    […] 『杜の都のギター』にも掲載 (2009年3月14日) […]

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。