愛の感涙


 

2010年6月18日 (金曜日)

 

愛の感涙

 


(crying2.jpg)

めれんげ 与謝野晶子

の検索結果

約 3,170 件中

1 – 15件目を表示


(yosa10.jpg)

1) 【送料無料】本/与謝野晶子児童文学全集 5/與謝野晶子 の商品情報 …2010年6月11日 … 経済的には豊かになったけれど、 日本人の心はすっかりすさんでしまった」 “どうして。 … めれんげさんも「平成の小野小町」、「平成の与謝野晶子」として、これからますますネットの世界で存在感を増してゆく
detail.psearch.yahoo.co.jp/i/abvdmsnUWzJB82S4d78sK3/

2) 愛に萌える肌 (2010年4月21日) – レンゲ物語 – ビーバー …2010年4月21日 … by 与謝野晶子. あれっ。。。めれちゃん!。。。また、すごい短歌を持ち出してきたなァ~。 デンマンさん。 … 『めれんげさんと六条の御息所』より(2010年2月12日). すごいなァ~。。。めれちゃんは、こないな強烈な愛欲の
beaverland.web.fc2.com/renge/20100421.html

3) 新着フォトdeラブコール2010年5月9日 … ですってぇ〜。。。 あなたは、どう思いますか? 『熱き肌』は、確かに読み応えのある記事だと思います。 あなたはすでに読みましたか? 与謝野晶子さんの情熱の短歌と、めれんげさんの愛欲の短歌が冒頭に登場します。 やわ肌の
http://www.edita.jp/excite705/one/excite7053792.html

4) 熱き肌を求めて2010年6月4日 … あんさんは、また与謝野晶子さんの歌を持ち出してきやはったん? うしししし。。。あきまへんか? あっか〜! … 『めれんげさんと六条の御息所』に掲載(2010年2月12日). めれちゃんは、こないな強烈な愛欲の短歌を詠んでいた
http://www.edita.jp/excite705/one/excite7053843.html

5) 萌えて狂って « Denman Blog2010年6月10日 … タグ: ためになるアクセス解析, めれんげさんの情熱の歌, 萌えて狂うめれんげさん, 萌えて狂って, 萌えるめれんげさん, 萌える詩の解析, 面白いアクセス解析, 情熱のめれんげさん, 与謝野晶子の情熱の歌, 与謝野晶子の乱れ髪
denman705.wordpress.com/2010/06/10/萌えて狂って/

6) 蝶々夫人と雲場池 « Denman Blog2010年6月9日 … めれんげさんも「平成の小野小町」、「平成の与謝野晶子」として、これからますますネットの世界で存在感を増してゆくのですよう。 。。。で、私も「軽井沢タリアセン夫人」としてサイトの中で生き続けるのですか? そうですよう。
denman705.wordpress.com/2010/06/09/蝶々夫人と雲場池/

7) 萌えて夫婦風呂へ(PART 1) – デンマンのブログ2010年6月10日 … わては改めて、めれちゃんが平成の与謝野晶子だと思って感心しているのやがなァ。 マジかいな? … レンゲさん、めれんげさん、小百合さん、それに卑弥子さん。。。それぞれ皆さん個性的で、いつも楽しみにして読ませていただいており
blog.goo.ne.jp/denman/e/6d68c01362a8259793f2546c226e434b

8) 熱き肌を求めて(PART 1) – デンマンのブログ 熱き肌を求めて(PART 1). やわ肌の あつき血汐に ふれも見で さびしからずや 道を説く君 by 与謝野晶子 … くちづけ 罪深き ことと知りつつ この夜も きみのくちづけ もとめて止まぬ by めれんげ 2009.01.14 Wednesday 14:21
blog.goo.ne.jp/denman/e/1642c2aee5a03ca415985a78f49bf2c6

9) 床上手な女ブーム – 共通テーマ – ブログパークめれちゃんは、うれしい事を言ってくれるなァ~。。。夏はめれちゃんの季節やさかいにィ、きっと素晴しい短歌を詠んでいると … 愛に萌える肌: 2010/04/21 00:20: 愛に萌える肌 やわ肌のあつき血汐にふれも見でさびしからずや道を説く君 by 与謝野晶子 あれっ。。。めれちゃん!。。。また、すごい短歌を持ち出してきたなァ~。 … めれんげの恋の詩と短歌。 そしてちょっとセクシーな画像。 どうぞ!お楽しみくださいね!
blogpark.jp/common_theme-196589.html

10) デンマンの書きたい放題 : 萌える遠恋(PART 2)2010年6月8日 … めれんげさんの情熱的な短歌を読むと与謝野晶子女史の“乱れ髪”を思い出してしまいます。 あなたは、どうですか? 興味があったら次のリンクをクリックして読んでみてくださいね。 ■『熱き肌』 (2010年3月12日)
denman705.exblog.jp/12770265

11) デンマンの書きたい放題 : 雨の夜(PART 1)『めれんげさんと六条の御息所』より(2010年2月12日). めれちゃん!。。。この。。。この短歌も、ごっつう強烈やなァ~。 デンマンさん。。。あんさんは、二言目には強烈や、強烈やと言うけれど、与謝野晶子さんは100年前に次のように詠みは
denman705.exblog.jp/12305398/

12) 徒然ブログ:萌える遠恋2010年6月8日 … めれんげさんの情熱的な短歌を読むと与謝野晶子女史の“乱れ髪”を思い出してしまいます。 あなたは、どうですか? 興味があったら次のリンクをクリックして読んでみてくださいね。 ■『熱き肌』 (2010年3月12日)
blog.livedoor.jp/barclay1720/archives/51650234.html

13) 徒然ブログ:熱き肌(PART 1)2010年3月12日 … 『めれんげさんと六条の御息所』より(2010年2月12日). すごいなァ~。。。めれちゃんは、こないな強烈な愛欲の … 『みだれ髪』は歌人・与謝野晶子作の処女歌集。 1901年(明治34年)8月15日、東京新詩社と伊藤文友館の共版
blog.livedoor.jp/barclay1720/archives/51622313.html

14) 熱き肌(PART 1 OF 4) : デンマンの書きたい放題2010年3月12日 … 『めれんげさんと六条の御息所』[外部リンク]より(2010年2月12日). すごいなァ~。。。めれちゃんは、 … 『みだれ髪』は歌人・与謝野晶子作の処女歌集。 1901年(明治34年)8月15日、東京新詩社と伊藤文友館の共版として発表。
mblog.excite.co.jp/user/denman705/entry/detail/?id=12294899

15) 次郎のブログ 雨の夜2010年3月12日 … 『めれんげさんと六条の御息所』より(2010年2月12日). めれちゃん!。。。この。。。この短歌も、ごっつう強烈やなァ~。 デンマンさん。。。あんさんは、二言目には強烈や、強烈やと言うけれど、与謝野晶子さんは100年前に
jirodesu.blog12.fc2.com/blog-entry-1430.html

2010年6月14日現在

めれんげ 与謝野晶子 のGOOGLE検索結果』より



(merange12.jpg)

デンマンさん。。。あんさんはマジでわたしが「平成の与謝野晶子」だと信じてはるのォ~?


(kato3.gif)

わてが答えんかてぇ、上のように検索すれば、めれちゃんが「平成の与謝野晶子」だと言う事をはっきりと教えてくれるやんかァ。

わたしはホンマに「平成の与謝野晶子」になれるやろか?

あのなァ~。。。めれちゃんの詩や短歌がおもろくなければ、わてがどんなにムキになって広めようとも、忘れられてゆくねん。だから、これから、めれちゃんが本物の「平成の与謝野晶子」になれるかどうかは、これからのめれちゃんの創作にかかってるねん。

つまり、あんさんは、わたしにプレッシャーをかけるために、こないして検索結果を見せつけはるのォ~?

ちゃうねん。。。めれちゃんは3月10日に最後の詩を書いてから、すでに3ヶ月以上脱力してるねん。そうやろう?

そうですう。

そやから、充分に気力がみなぎったやろう?

ちょっとだけ。。。

それやったら、ホンマもんの「平成の与謝野晶子」になるために、あんじょう詩と短歌を書いてぇ~なァ。

これまで、ずいぶんと詩と短歌を書きましてん。あんさんも次の短歌を読みましたやろう?

くちづけ

 


(kiss003.gif)

 

罪深き

ことと知りつつ

この夜も

きみのくちづけ

もとめて止まぬ

 


(merange52.jpg)

 

by めれんげ

2009.01.14 Wednesday 14:21


『即興の詩 冬枯れ』より

『めれんげさんと六条の御息所』に掲載
(2010年2月12日)

もちろん、読んだでぇ~。。。

。。。で、あんさんは、どないに思いはったん?

わては上のめれちゃんの短歌を読んで、すぐに与謝野晶子の次の歌を思い出したのやがなァ。


 

やわ肌の

あつき血汐に

ふれも見で

さびしからずや

道を説く君

 

by 与謝野晶子


『熱き肌』に掲載 
(2010年3月12日)

(yosa10.jpg+yosa22.jpg)

この晶子さんの歌と、めれちゃんの短歌を比べて、直感的に、めれちゃんが「平成の与謝野晶子」やと、わては思ったのやがなァ。

つまり、あんさん以外に、そう思うてくれはる人がまだ居(お)らへんと言う事やねぇ?

そやから、いつまでも気力をみなぎらせるために脱力しておらんで、晶子さんのような熱い短歌や詩を仰山(ぎょうさん)詠むのやがなァ。

でも、わたしには自信がおまへんねん。

消極的でへなちょこな

わたしです

テーマ:文学がテーマっす


(sadgirl32.gif)

混沌とした日々が続いています。
めれんげは、詩のことばっかり考えてます。
いや。考えていることを、
如何にして詩にするかということで
頭がいっぱいなのです。

このブログには詩は書かないけれど、
「即興の詩」
「極私的詩集」には、
ほぼ毎日詩をアップしているのです。

恋愛詩。
ダークな詩。
その両方は、めれんげという車の
別々の車輪みたいなもので、
それらがなければ、わたしの活動はストップ
してしまいます。

世に認められたい気持ちはあるけれど、
自分の詩が、どこまで通用するのか、
さっぱり自信がないんですよね(泣)

ただ書きつづけて、
死ぬまで書き続けて、
わたしの消滅のあとも、
作品だけは残ればいいなあ…
なーんて思っています。

まるで、カフカのように
奇特な友人がいればなあ…

なーんて消極的でへなちょこなわたしです。

 

by merange (めれんげ)

2009-08-21 19:17:19


『めれんげは、それでも詩人』より
「めれんげの原材料 ブログ」

『平成の与謝野晶子』に掲載 
(2010年6月16日)

どうして自信が持てへんのか?。。。めれちゃんは考えてみたことがあるかァ~?

ありまへん。

あのなァ~。。。めれちゃんはブチ切れて、ムカついて、創作エネルギーを無駄に使ってしまうことがあるからやでぇ~。

じいさん、

永久に近づくな。


(angrygal.gif)

めれんげは自分の思うままに
詩を書きたいのだ
自由に心のままに。

ネガティブな詩だってある。
そこに喰らい付いてきて、
気持ちの悪い文章を書くじいさん。
アンタは本当に面倒くさい奴だ。

アクセス禁止にしたところで、
どうせipを偽装するんだろうな。

ハッキリ言う。
一度はアンタと和解したが、
そんなことはもう、決してありえない。
なぜかと言うと、
めれんげの気持ちをわかったつもりで、
見当違いのコメントを書いて
わたしのブログを汚すからだ。

何より許せないのは、
アンタの「言葉泥棒」だ。
都合のいいところだけ抜き出して、
さも、アンタと通じ合っているような
文章を垂れ流していることだ。

それに、何年も前の文章を
いつまで使い続けるつもりなんだ。
わたしはいつまでも
同じ所に立ち止まっているわけではない。
アンタが同じネタを使っていることで、
アンタの進歩のなさを露呈しているんだ。

気持ち悪い「愛のコラボ」ってなんだ?
それも結局は、アンタの脳内で
わたしの創作を侮辱しているってことだ。

アンタとわたしとではレベルが違う。
アンタは人の書いたものなしでは、
何も書けない貧困な人間だ。
クリエイティビティもないくせに、
「文学的素養」について語るな。
わたしが心の底から苦心して絞り出した言葉をアンタはのうのうと使いまわして
さも自分が知識人であるように装っているだけだ。

そして、さもしいアンタは、
他人を馬鹿呼ばわりして、
自分のブログのネタとして使う。
オリジナリティもないアンタには、
自分で何かを創りだす能力なんて
ないからだろうな。

じいさん。
アンタは自分が思う以上に、
ネットの中で、飽きられているぞ。
アンタに構ってくれた人たちは、
もうアンタになんて目もくれていないだろう?
それはアンタの薄っぺらさを
みんなが気付いたからだ。

わたしはアンタにつきまとわれているから、
こんな文章を書かざるを得ない。

とにかく一言言いたいのは、
「死ぬまでわたしに関わるな。
ネタにもするな」
ということだ。

 

by merange (めれんげ)

October 05, 2009 19:36


『極私的詩集 永久に近づくな』より

『相手にされない成りすまし馬鹿』に掲載
(2009年11月22日)

つまり、あんさんは、わたしがこのようにムカついて暴言を吐いたことを、未だに憎んでますのォ~?

いや。。。わては憎んでおらんでぇ~。。。

マジでぇ~?

もちろんやァ。。。ホンマに、わては憎んでおらんでぇ~。。。なぜなら、わてはめれちゃんの心の内を良~♪~く分かっておるさかいに。。。うしししし。。。

2006-11-02 18:08:07

posted by merange (めれんげ)

ちょいとマジな話やねんけど・・・

(テーマ:日記のつもり)


(merange42.jpg)

反省しきり。

わたし気がついたんやけど、
自分のことをずーっと考えてくれてる人の気持ちを、もっと冷静になって、考える必要があったよ・・・
    
固定観念にしばられて、
自分の尺度で相手のことを、
評価するのは、
あまりにも心のせまいことやった。
人それぞれの個性を考慮せずに、
好きだの嫌いだの、いいとか悪いとか、
決め付けたまんまで、態度を硬化させて、
そのまんまで、
再考しようともしなかった自分は、
なんちゅー視野のせまい人間やったことか。

いくら相手に理解を求めても、
いっこうに気持ちがつたわらないことがある。
それはお互いの個性が、
相容れないものであって、
どれだけの言葉をつくしても、
関係は平行線のまんま。
まして相手が他人の性格や表現様式を、
理解できなければ、
気持ちをつたえることは、あまりにもむずかしい。


(pray08.gif)

わたしは長年、固定された評価でしか、
その人の自分への気持ちを考えずにいた。
確かに人間として、相容れない部分はある。
でも、自分のものさしで、その人を判断して、
その判断を、見直そうともせずに
態度を硬化させたままだった。
人それぞれの表現法や、
思考の違いを考慮せずに、
一度拒絶の気持ちを持ったら、
それを頑なに変えようとせず、
そのままで、思考をストップさせたままだった。

自分のことを、どんなかたちであれ、
考え続けてくれるということの意味を、
もっと尊重すべきだったことに、ようやく気がついた。

あらためて「ごめんなさい」と言います。
少なくとも、あなたを精神的に
拒絶することをやめます。
わたしの存在を忘れずにいてくれる人が
いるということを、
素直に受け入れるようにします。

それ以上のことは、
わたしにはできないけれど、
感謝の気持ちを忘れないようにしようと思います。


(girl100.jpg)


【デンマン注】 原文には全く手を加えていませんが
構成、背景や画像はデンマン流に変えてあります。

『めれんげの原材料 2006年11月2日』より

『出会い系の悪魔 (2008年9月10日)』に掲載

でも、この上の手記を書いたのは2006年の11月のことですねん。4年も前のことですやん。

うん、うん、うん。。。分かっておるがなァ。

わたしの心は4年の間に変わっておりますのやでぇ~。。。

うん、うん、うん。。。当然のことやわ。

分かっているのに昔の手記をどうして持ち出しはったん?

あのなァ~、人間には変わるところと変わらないところがあるねん。


(baby03.jpg)

“三つ子の魂百まで”

こういう諺をめれちゃんも聞いたことがあるやろう?

ありますう。。。で、わたしの変わらないところって何やのォ~?

めれちゃんの愛の涙は変わらないのやでぇ~。。。

あなたはわたしに

愛されている

 


(rengfire.jpg)

 

とってもうれしかったよ
あなたのくれた言葉が
わたしの気持ちが伝わってることが
涙が出るくらいうれしかったよ

あなたはわたしに愛されているって
ちゃんとわかってくれてたんだね
たくさんの出来事にうずもれても
この気持ちが光ってることを
あなたは知ってくれている

少ない言葉たちの中から
宝物を拾いあげてくれて
本当にありがとう

ほら、また涙が出てきちゃったよ

 

by めれんげ

2010.02.13 Saturday 12:11


『即興の詩 あなたはわたしに愛されている』より

『愛の涙 (2010年2月16日)』に掲載

あんさんは、わたしの書いたものはすべて保存しておくのォ~?

そうやァ。。。こうして必要な時にすぐに持ち出せるようにな。。。だから、めれちゃんも、そのうち、あんじょう萌え萌えの詩や短歌を書いてなァ。うしししし。。。

【レンゲの独り言】


(manila07.gif)

ですってぇ~。。。
めれんげさんも、そのうちにきっと書き始めると思いますわ。
だから、あなたと一緒に楽しみに待ってましょうね。

とにかく、あさっても興味深い話題が続くと思いますう。
あなたも、また明後日、読みに戻ってきてくださいねぇ。
では。。。


(hand.gif)

メチャ面白い、

ためになる関連記事



(linger49.gif)

■ 『きれいになったと感じさせる

下着・ランジェリーを見つけませんか?』

■ 『ちょっと変わった 新しい古代日本史』

■ 『面白くて楽しいレンゲ物語』


(donau2.jpg)

■ 『カナダのバーナビーと軽井沢に別荘を持つことを

夢見る小百合さんの物語』

■ 『今すぐに役立つホットな情報』

■ 『 ○ 笑う者には福が来る ○ 』


(polar10.jpg)

『バンクーバーの寒中水泳』

『ロマンとデジャヴ(2009年9月28日)』

『夫婦風呂(2009年9月30日)』

『カプリ島と香水(2009年10月10日)』

『小百合さんの香水10月14日)』

軽井沢タリアセン夫人の小百合さんが扮するゴディバ夫人 Sayuri
(godiva05.jpg)

『ゴダイヴァ夫人のチョコ』


(chiwawa5.gif)

こんにちは。ジューンです。

“三つ子の魂百までも”


(baby01.jpg)

そうですよね。

幼児の頃の教えやしつけは

終生、その子供の心に

刻み込まれてしまいますよね。

さて、上の諺を英語で何と言うのでしょうか?

いくつか言い方がありますよ。

よく見かけるものに次の言い方があります。

The child is the father of the man.

つまり、幼児の頃のしつけが

大人になってからの性格を

形付ける、と言う事です。

次の諺は、そのものズバリを説明しています。

What is learned in the cradle is

carried to the grave.

ゆりかごで習い覚えたことは、

墓場まで持ってゆく

次の言い方も分かり易いです。

The leopard cannot change its spots.

ヒョウがもって生まれた斑点は

自分で変えることはできない。

その通りですよね。

ところで、英語の面白いお話を集めました。

時間があったら覗いてみてくださいね。

■ 『あなたのための愉快で面白い英語』

では、今日も一日楽しく愉快に

ネットサーフィンしましょうね。

じゃあね。


(vanc700.jpg)


(stars.gif)

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。