朝のキモチ


 
2010年9月17日 (金曜日)
 
 
朝のキモチ 
 
 

Subj:小百合さん、おはよう!

食欲の秋!

お元気ですか?

きゃはははは。。。

Date: 11/09/2010 11:44:48 AM
Pacific Daylight Saving Time
日本時間:9月12日(日曜日)午前3時44分
From: denman@coolmail.jp
To: sayuri@hotmail.com
CC: barclay1720@aol.com

9月11日のメールを送ろうとしたらパソコンがシャットダウンですよう。

んもお~~

何度か再起動させたけれど、まったく言うことを聞かないので
フジ子・ヘミングの『運命の力』を読み始めました。
フジ子さんの本は、飾らないざっくばらんな言葉で書いてあるので読みやすいんだよね。
それに写真やイラストがたくさんあるので見ていても面白い。
文章が、なんとなく詩になっている。

私は29歳でドイツに留学した。
世間一般から見て、これは遅いでしょう。
でも、遅すぎることはないと思っているわ。
何歳になっても、夢に向かえばいい。
今よりよくなる、前進してみせるって。
明日こそ、来週こそ。
私はもっとうまい演奏をするって
いつも思っていた。
不思議にだいたいそうなるのよ。
耳が聴こえないほうが、
人生楽しいと思えるようになった。
私がうるさいと思うような音、
悪口なんか聞こえないから、
かえって静かでいい。
どんなことでも、ひがんじゃいけない。
それを受け入れていくのが、人生よ。

(25ページ)

う~~ん。。。いいね。
次のもいいよ。

恋の楽しさは、ドキドキすること、
きょう逢えるかと、
朝からその人のことばかり考えて。
いつも、夢中になって
好きな人を追いかけていた。
だけど結婚して、
ずうっと一緒に暮らしたいとは思わなかった。
素晴らしいことだとは思うけれど。
私はピアノを弾くために、
恋をしていたのかもしれない。
人を好きになるなら、
物理的にも精神的にも、
適度な距離が大切なんだと思う。

(57ページ)

う~~ん。味わい深いよね。

私の歩んできた道は、困難に見えるかもしれない。
インタビューを受けて昔の事を聞かれたりする。
なかには思い出したくないこともある。
人間は何のために生きるのかって考えるけれど、
人生はいろんな苦難を乗り越えていくためにあると思う。
なにもしないで、生きていくのはダメ。

人に名を知られるようになって生活は変わったけど、
私自身はなにも変わらない。
今も昔も嫌なことは嫌と言うし。
それで去ってゆく友達もいる。
嫌なところがあっても、お互いに認め合うことが大事ね。
私自身も、昔はなにかあるとすぐ友達に絶交状を送りつけたこともあった。
もったいないことをしたと、今は思う。

トルストイのいった言葉、
「他人に対して、どうあるべきかを押し付けてはいけない」
をよく思い出す。
人間は身近な関係から、違うところを認め合っていかないといけないわね。

若いときはちょっとちたことでもしゃくにさわって、人を傷つけたりしたこともあった。
それで、夜も眠れないくらいに悩んだこともある。
でも、嫌なことは乗り越えていけばいいのよ。
淡々と空でも見て。
人間がそんな気持ちになれば、戦争も起こらなくなるでしょうに。

(124-125ページ)

う~~ん。。。分かるよね。
いいね。

。。。と言う訳で、一気に一冊読んでしまいました。
だので、夕べは、もうパソコンのことも忘れてぐっすりと眠りました。

今朝起きたらパソコンもぐっすりと眠ったようで一発で再起動してくれましたよ。

きゃははははは。。。

それで、9月11日のメールも一緒に小百合さんに書いたのでした。
 
時間があったら気分転換に
次の記事でも読んでね。

『あら、見たのね』

(2010年9月8日)

タグ: あら、見たのね, おそめ, 秋日和, 秋日和秘話, 秋日和裏話, 原節子, 夜の蝶, 小津安二郎, 昭和30年代, 東京物語秘話

カテゴリー: コミュニケーション・人間関係論, デンマンさんが登場, 人生論・人生哲学, 卑弥子さんが登場, 小百合さんが登場, 小百合さんのメール, 小百合物語, 愛の形と色・異性のタイプ, 文学論・芸術論, 日本人・日本文化・生活様式, 日本映画, 読書

映画『秋日和』の裏話です。結構、面白いよ。  
じゃあ、またねぇ。


『キネマの脇女 (2010年9月16日)』より

デンマンさん。。。あんさんは、どうして小百合さんへ書いたメールを持ち出してきやはったん?

フジ子さんの書いたものを3つ引用したさかいに、めれちゃんにも興味があるやろうと思ったのやァ。

それやったら、フジ子さんの書いたものだけを持ち出してくればええやん。

そやかてぇ、小百合さんのメールの中で引用したよってに、わざわざ取り出すのは面倒やんかァ。

つまり、ものぐさして丸ごと持ち出してきやはったん?

うへへへへへ。。。

笑い事やおまへんがなァ。。。あんさんは人の気持ちを思いやるということができへんのォ~?

あのなァ~。。。めれちゃんの気持ちを思いやっているからこそ、フジ子さんの書いたものを3つ引用したのやでぇ~。。。

わたしの気持ちを思いやっているならば、小百合さんへ書いたメールの出だしをどこぞへ捨ててくるはずですう。

めれちゃんは、小百合さんにこだわるのやなァ。

あんさんがこだわってるねん。

あのなァ~。。。いつまでも、内輪もめしていたら先へ進まんがなァ。。。こおして無駄口をたたいていたら、せっかく読みにやってきたネット市民の皆様が他のブログへ行ってしまうでぇ~。。。

あんさんのせいで行ってしまうのやないかいなァ。

分かった。。。分かったがなァ。。。わてが気いつかんかったのやァ。。。そやから八幡様とお稲荷様に免じて堪忍してぇ~なァ。

八幡様もお稲荷様も関係あらへん。

うん、うん、うん。。。そうやったなァ。。。うしししし。。。じゃあ、先へ進むでぇ~。 めれちゃんの気持ちを思いやって、わてはフジ子さんの書いたものを3つ引用したのやァ。

フジ子さんの書いたものを持ち出してくることが、どう言う訳でわたしの気持ちを思いやることになるん?

それは、めれちゃんが書いた次の詩を読むと分かるねん。

朝のキモチ
 
 
2004/12/10 07:33
 
 

 
 
昔、好きな人と会える日は、

朝、目が覚めた瞬間に、

身体中にしあわせが

いっぱいになって、

踊るように仕度をして、

出かけていったなあ。

あの頃のわたしは、

多分、今の100倍

キレイだったと思う・・・
 
 

 
  
by めれんげ
 



 
『幸せと潤いのある生活』より

この詩がどうやと、あんさんは言わはるの?

フジ子さんは次のように言うてるねん。

私はピアノを弾くために、

恋をしていたのかもしれない。

上の言葉がわたしと関係あるの?

あるがなァ。。。めれちゃんならば当然、次のように言うのやがなァ。

わたしは詩を詠むために、

恋をしていたのかもしれない。

あんさんは取って付けたように言うてるだけやん。

いや。。。そないな事はないでぇ~。。。めれちゃんは次のように書いてたでぇ~。。。

めれんげは、

それでも詩人

テーマ:文学がテーマっす

混沌とした日々が続いています。
めれんげは、詩のことばっかり考えてます。
いや。考えていることを、
如何にして詩にするかということで
頭がいっぱいなのです。

このブログには詩は書かないけれど、
「即興の詩」
「極私的詩集」には、
ほぼ毎日詩をアップしているのです。

恋愛詩。
ダークな詩。
その両方は、めれんげという車の
別々の車輪みたいなもので、
それらがなければ、わたしの活動はストップ
してしまいます。

世に認められたい気持ちはあるけれど、
自分の詩が、どこまで通用するのか、
さっぱり自信がないんですよね(泣)

ただ書きつづけて、
死ぬまで書き続けて、
わたしの消滅のあとも、
作品だけは残ればいいなあ…
なーんて思っています。

まるで、カフカのように
奇特な友人がいればなあ…

なーんて消極的でへなちょこなわたしです。
 

by merange (めれんげ)

2009-08-21 19:17:19


『めれんげの原材料
 - めれんげは、それでも詩人』
より

『即興の詩 (2010年9月13日)』に掲載

わたしの書いたものをあんさんは何でも保存しておきはるの?

そうやァ。。。こないな時に証拠にもなるさかいになァ。

つまり、『即興の詩』サイトを更新するように、あんさんはわたしにプレッシャーをかけはるのねぇ?

ちゃうねん。。。フジ子さんは次のように言うてるやん。

トルストイのいった言葉、

「他人に対して、どうあるべきかを

押し付けてはいけない」

をよく思い出す。

人間は身近な関係から、

違うところを認め合って

いかないといけないわね。

そやから、わてはめれちゃんに、ああしろ、こおしろとは言わんでぇ~。。。

でも、そないに言うてるように聞こえますやん。

わてはめれちゃんを励ましているのやないかいなァ。

さよかァ~?

気のない返事やなァ。。。めれちゃんは恋に生き。。。詩に生きているのやでぇ~。。。

また、あんさんは取って付けたような事を言うてますやん。

そないな事はないでぇ~。。。ちょっと次の歌を読んでみィ~なァ。



 
 
 
やわ肌の

あつき血汐に

ふれも見で

さびしからずや

道を説く君
 
 
by 与謝野晶子
 


『熱き肌(2010年3月12日)』に掲載 

デンマンさん。。。あんさんは、どうしてまた与謝野晶子さんの歌を持ち出してきやはったん?

めれちゃんも与謝野晶子さんのように恋に生きているのやないかいなァ。

言葉は重宝なものですう。。。何とでも言えますさかいに。。。

わてはデマカセを言っているのではないのやでぇ。。。めれちゃんが詠んだ次の短歌を、わてはよう覚えておるでぇ~。。。

くちづけ
 
 

 
 
罪深き

ことと知りつつ

この夜も

きみのくちづけ

もとめて止まぬ
 
  

 
 
by めれんげ
 
2009.01.14 Wednesday 14:21


『即興の詩 冬枯れ』より

『めれんげさんと六条の御息所』に掲載
(2010年2月12日)

めれちゃんは、与謝野晶子さんが生きていたらビックリするような、こないな強烈な愛欲の短歌を詠んでいたのやがなァ!

あんさん!。。。ちいっとも強烈ではありまへんでぇ~。晶子さんが詠んだ上の短歌は1901(明治34)年に出版された『みだれ髪』という処女歌集に書いてあるねん。

あれっ。。。さすがは、めれちゃんやなァ~。。。よう知っているやないかいなァ。

あんさん!。。。いい加減にしいやあああァ~。。。御託(ごたく)ばかりを並べてえ~へんでぇ、細木数子はんのようにズバリ!と言うたらええやん!

さよかァ~。。。なら、お言葉に甘えて、そうするわいなァ。。。次の検索結果を見てみィ~なァ。

平成の与謝野晶子 めれんげ

のGOOGLE検索結果

約 1,090 件中

1 - 18件目

1) 徒然ブログ: 平成の与謝野晶子 2010年6月16日 … めれんげさんも「平成の小野小町」、「平成の与謝野晶子」として、これからますますネットの世界で存在感を増してゆくのですよう。 。。。で、私も「軽井沢タリアセン夫人」としてサイトの中で生き続けるのですか? そうですよう。
blog.livedoor.jp/barclay1720/archives/51652768.html

2) 徒然ブログ:文学論・文学の素養・教養1) 【送料無料】本/与謝野晶子児童文学全集 5/與謝野晶子 の商品情報 …2010年6月11日 … 経済的には豊かになったけれど、 日本人の心はすっかりすさんでしまった」 “どうして。 … めれんげさんも「平成の小野小町」、「平成の与謝野晶子」として
blog.livedoor.jp/barclay1720/archives/cat_1481697.html

3) 愛の感涙 1) 【送料無料】本/与謝野晶子児童文学全集 5/與謝野晶子 の商品情報 …2010年6月11日 … 経済的には豊かになったけれど、 日本人の心はすっかりすさんでしまった」 “どうして。 … めれんげさんも「平成の小野小町」、「平成の与謝野晶子」として
http://www.edita.jp/konchiwa705/one/konchiwa7053866.html

4) ライブドアに負けないようなすばらしいブログポータル – 文芸・芸術2010年8月22日 … めれんげさんも「平成の小野小町」、「平成の与謝野晶子」として、これからますますネットの世界で存在感を増してゆく .. 『めれんげ 与謝野晶子 のGOOGLE検索結果』より. デンマンさん。。。あんさんはマジでわたしが「平成の
http://www.edita.jp/excite705/archive/category22-new.html

5) デンマンの書きたい放題 2010年6月22日 6) 平成の与謝野晶子 (PART 3 OF 3) – デンマンのブログ 2010年4月21日 … 与謝野晶子さんの情熱の短歌と、めれんげさんの愛欲の短歌が冒頭に登場します。 やわ肌の … めれんげさんの情熱的な短歌を読むと与謝野晶子女史の“乱れ髪”を
denman705.exblog.jp/d2010-06-22

6) デンマンの書きたい放題 : 愛のポケット2 (PART 2)愛のポケット2 (PART 2). 2010年 07月 24日. 愛のポケット2 (PART 2). めれんげは、 それでも詩人 ただ書きつづけて、 死ぬまで書き続けて、 … そやから、わては「平成の与謝野晶子」を見い出すために、めれちゃんと出おうたのやがなァ
denman705.exblog.jp/12993194/

7) めれんげさんの絶交状 « Denman Blog2009年10月5日 … 実は、めれんげさんも、かつてデンマンさんと仲直りしているのです。 興味があったら、ぜひ次のリンクをくりっくして読ん 不倫 (4), 与謝野晶子 (4), 世界史・史観 (4), 温泉・露天風呂 (2), 中国のネット事情・ネットニュース (1)
denman705.wordpress.com/collabo/zekkou/

8) 永遠の愛のコラボ « Denman Blog2010年2月22日 … 6) 平成の小野小町と文屋康秀 9) 愛と即興の詩晴れて青空 by 平成の小野小町・めれんげ & 平成の文屋康秀・デンマン (愛のコラボ) 2009.04.16 Thursday 08:34. まだ、“愛のコラボ”を、めれちゃんと始めたばかりやけど、これだけネットで平成の小野小町・めれんげの存在感が 不倫 (8), 与謝野晶子 (5), 世界史・史観 (5), 温泉・露天風呂 (3), 中国のネット事情・ネットニュース (3)
denman705.wordpress.com/collabo/forever/

9) 与謝野晶子 – エキサイトブログ検索 平成の与謝野晶子(PART 3 OF 3).めれちゃんのために、わてが検索しておいたから、その結果をじっくりと眺めたらええやん。めれんげ 与謝野晶子の検索結果約 3170 件中1 – 15件目を表示1) 【送料無料】本/与謝野晶子児童文学全集 5/與謝野晶子 の
search.exblog.jp/?q=与謝野晶子&t=1&size=10&m=3

10) 小野小町 – エキサイトブログ検索 平成の与謝野晶子 (PART 2 OF 3). めれんげさんだって、白けていると … ただ、一人だけデンマンさんだけは無心に、ただひたすら“愛のコラボ”にこだわっているのですわ。 … by 平成の小野小町・めれんげ & 平成の文屋康秀・デンマン (愛の
search.exblog.jp/?q=小野小町&t=1&size=10&m=3

11) レンゲ物語 Renge Story — ビーバーランド・ネット Beaverland Net …6月16日, 平成の与謝野晶子. 6月18日, 愛の感涙. 6月20日, 謎の人物を追え! 6月22日, 愛の感涙が人を呼ぶ. 6月24日, 国際バカ. 6月26日, 国際バカ後記. 6月28日, 少女コミック・シンドローム. 6月30日, 愛と恋とエロスの女神
beaverland.web.fc2.com/renge/

12) 本/くちづけは眠りの中で/リンダ・ハワード の商品情報 – Yahoo!商品検索更新日時:2010/7/9 16:22 [ ゴマーズ GOMARZ ]; 平成の与謝野晶子 … 夜は 抱きしめて ひとりで眠りたくないの 冷たい雨の降る … 道を説く君 by 与謝野晶子 … くちづけ 罪深き ことと知りつつ この夜も きみのくちづけ もとめて止まぬ by めれんげ
detail.psearch.yahoo.co.jp/i/LFighUcoup251GMhD5HmYz/

13) はてなブックマーク – barclay (デンマン)のブックマーク – merangebarclay love, affair, poetry, poem, poet, merange, yosano akiko, denman, edita, eros めれんげさんが平成の与謝野晶子だということが分かりやすく語られています。あなたが読めば、思わず感激の涙が出てくるという感動の物語ですよう。
b.hatena.ne.jp/barclay/merange/

14) はてなブックマーク – barclay (デンマン)のブックマーク – yosano akikobarclay love, affair, poetry, poem, poet, merange, yosano akiko, denman, edita, eros めれんげさんが平成の与謝野晶子だということが分かりやすく語られています。あなたが読めば、思わず感激の涙が出てくるという感動の物語ですよう。
b.hatena.ne.jp/barclay/yosano%20akiko/

15) 次郎のブログ 恋愛・失恋・不倫 めれんげさんの場合には、まだ優しい言葉に包まれているからイイのですわ。あたくしが短歌を詠むとすれば次のようになるのでざ~♪~ますう。 そやから、わては「平成の与謝野晶子」を見い出すために、めれちゃんと出おうたのやがなァ。
jirodesu.blog12.fc2.com/blog-category-36.html

16) 次郎のブログ 雨の夜2010年3月12日 … 『めれんげさんと六条の御息所』より (2010年2月12日). めれちゃん!。。。この。。。この短歌も、ごっつう強烈やなァ~。 デンマンさん。。。あんさんは、二言目には強烈や、強烈やと言うけれど、与謝野晶子さんは100年前に
jirodesu.blog12.fc2.com/blog-entry-1430.html

17) 人生とは何か? – デンマンのブログ 1) 【送料無料】本/与謝野晶子児童文学全集 5/與謝野晶子 の商品情報 …2010年6月11日 … 経済的には豊かになったけれど、 日本人の心はすっかりすさんでしまった」 “どうして。 … めれんげさんも「平成の小野小町」、「平成の与謝野晶子」として
blog.goo.ne.jp/denman/c/4bec1a39d25284aef44b89824b6a778d

18) 恋愛・失恋・不倫・性の悩み・セクハラ – デンマンのブログ誇張して言えば、めれんげさんと伝説の清姫には共通したものがある。良く言えば、一途(いちず)に人を思う純粋さ。悪く言えば、猛烈に一人の人を思い、 .. そやから、わては「平成の与謝野晶子」を見い出すために、めれちゃんと出おうたのやがなァ。
blog.goo.ne.jp/denman/c/78a5918328ef9854475259e0844f92df


2010年9月16日現在

平成の与謝野晶子 めれんげ のGOOGLE検索結果』より

分かるやろう、めれちゃん。。。、「平成の与謝野晶子」として、めれちゃんはネットで名をなしているのやでぇ~。。。

あんさんが一人で広めているのやないかいなァ!

あれっ。。。めれちゃんは、まったく感動せんのやなァ。

わたしは、あんさんの口車に乗せられへんでぇ~。。。

うん、うん、うん。。。多分、めれちゃんが、そう言うだろうと思ったでぇ~。。。そやから、わてはフジ子さんの次の小文を最後まで取っておいたのやァ。 めれちゃんもじっくりと読んでみたらええやん。

運命は、いつか必ずやってくる。

なにかを始めて、これで成功しようなんて思っているときは、ぜんぜん成功しない。
どうしてダメなんだって、ジタバタしながら思う。
それは、自分の才能とは関係がない。
天に運命を支配されているのだと思う。

運命は誰にも公平。
必ずそうなるように決まっている。
人間の間で決められることではなく、天から運命を与えられる。
一匹の雀の命でさえ、神様に左右されているのだから。

運命は、自分の力ではどうすることもできない。
一生懸命こちらがやっても、扉は開かない。
だけど自分だけの力では開かない扉が、
ほかからのなんらかの力で「いま!」っていうときが、必ず来る。

そのいまのために、私たちは準備をしておかないといけない。
チャンスを逃さないように。
そのときになって、ああ準備しておけばよかったなぁ、って
後悔するかもしれないわ。
それは突然、部屋に強盗が入ってくるのと同じ。
運命もいつやってくるかわからない。


まえがき 『運命の力』
著者: フジ子・ヘミング
2005年1月27日 初版第16刷
発行所: 株式会社阪急コミュニケーションズ

 

【レンゲの独り言】

ですってぇ~。。。
確かに味わい深い文章ですよね。
フジ子さんが書いたので、さらに説得力がありますわ。

あなたも、あたしも自分の運命のために準備をしておきましょうね。
次回も面白い話題が続きます。
あなたも、どうか明後日、また記事を読みに戻ってきてください。
では。。。

あなたが絶対、

見たいと思っていた

面白くて実にためになるリンク


■ 『あなたのための愉快で楽しい英語

■ 『今、すぐに役立つ情報をゲットしよう!』

■ 『あなたのためのサイト 立ち上げ ガイド』

■ 『あなたのための クレジット カード ガイド』

■ 『あなたのための ローン ガイド』

■ 『住宅ローン・ビジネスローン ガイド』

■ 『なつかしの映画・TV番組(うら話)掲示板』

■ 『ちょっと変わった 新しい古代日本史』

■ 『きれいになったと感じさせる

下着・ランジェリーを見つけませんか?』

■ 『現在に通じる古代オリエント史の散歩道』

■ 『見て楽しい、読んで面白い 私版・対訳ことわざ辞典』

■ 『ブログに記事を書いてお小遣いをもらおう!』

■ 『笑って楽しめる 私版・対訳 慣用句・熟語辞典』

■ 『辞書にのってない英語スラング』

■ 『オンライン自動翻訳利用法』

『プッタネスカ(2009年10月18日)』

『国敗れて山河あり(2009年10月22日)』

『鰻重と阿波踊り(2009年10月26日)』

『人のための医療(2009年10月30日)』

『病める日本(2009年11月5日)』

 『あなたもワクワクする新世代のブログ』

■ 『バンクーバーの寒中水泳』

『住めば都(2009年11月15日)』

『猫ちゃんの出迎え(2009年11月17日)』

『名物先生(2009年11月19日)』

『ぶんぶく茶釜(2009年11月21日)』

こんにちは。ジューンです。

フジ子さんの文章は

味わい深いですよね。

確かに「運命」って感じる時があります。

英語では destiny とか fate

を使います。

悪い運命には doom を使います。

運命は確かにあるように思いますわ。

でも、だからと言って人生は運命だけに

支配されている訳ではありません。

例えば。英語の名言に

次のようなものがあります。

Fate chooses your relations,

you choose your friends.

運命があなたの親族を選ぶけれど、

あなたの友人を選ぶのはあなたですよ。

でも、運命がいつあなたにやって来てもいいように

準備していることは大切でしょうね。

フジ子さんが言っている通りです。

そうすれば。。。

Destiny takes a hand.

運命が手を貸すわ。

Fate plays a wonderful trick on you.

運命があなたに素晴らしい魔法をかけるのよ。

だから、あなたも幸運に恵まれた時に

チャンスを逃さないように、

準備していてくださいね。

ところで、卑弥子さんが面白いサイトを

やっています。

もし、時間があったら覗いてください。

『あなたが笑って幸せになるサイト』

とにかく、今日も一日楽しく愉快に

ネットサーフィンしましょう。

じゃあね。

コメント / トラックバック1件 to “朝のキモチ”

  1. れいなの不倫スパム « Denman Blog Says:

    […] 『朝のキモチ (2010年9月17日)』に記載 […]

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。