カラスと縊死


 
 
2012年5月18日 (金曜日)
 
 
カラスと縊死
 
 

不安と焦燥感と寂しさ

2004/10/03 18:28

もう、このままで生きてるんなら、

命いりません。

ドナーカード持ってるから、

心臓でも角膜でも、

なんでも持っていって下さい。

家族はいません。

承諾とらなきゃいけない人は

誰もいません。
 
 
by レンゲ


『愛と孤独』より
(2011年8月31日)

“カアちゃん、自殺志願のカラスが

首吊りするとどうなるの?”

“首吊りは人間だけがするのよ。

バカな事を言ってないで

早くボーイフレンドを見つけて

卵を産むのよ。”

あんさん。。。レンゲさんの古い手記を持ち出してきて自殺のことを話しはるのォ~?

あきまへんか?

そやけど、どないなわけでカラスが出てきよるのォ~?

実は、5月2日に投稿した『濡れるカラス』がたくさんの人に読まれたのやァ。

『濡れるカラス』

(2012年5月2日)

次の日別アクセス数の棒グラフを見てみィ~なァ。


(ame20506.gif)

5月2日に述べ370人のネット市民の皆様がやって来て、あんさんのブログを読みはったのやねぇ。

そうやァ。

そやけど、『濡れるカラス』が読まれたと、どうして判(わか)りはるのォ~?

それは5月2日の記事別アクセス数のリストを見ればすぐに判るねん。


(ame20502.gif)

赤枠で囲んだ 1番、4番、5番のページには、この日の画面のトップに『濡れるカラス』が表示されるねん。 そやから当然、『濡れるカラス』を読むわけやァ。 14番はケイタイで読んだ人が5人居たということやァ。 つまり、合わせて 121人が『濡れるカラス』を読んだことになるねん。

5月2日に投稿した記事がいつもより多くの人に読まれたので、トータルで 370人に読まれてダントツになったということやのォ~?

そうやァ。

カラスの記事がそれほど人気があるようには思えんけど、どないなわけで他の記事と比べて読まれはったん?

「濡れる」という言葉に興味を持ったと思うでぇ~。 「濡れる」という言葉は、例えば、昼ドラのラブシーンに当てられためれちゃんが、「あらっ。。。いやだわ。。。わたしまで濡れてきてしもうたわ。。。うふふふふ」と言うようなわけで、『濡れるカラス』を読むわけやァ。

アホらしい!。。。 そんな事よりも、どないなわけでカラスと縊死が関係あるのか説明して欲しいわァ~!

めれちゃんがそう言うなら5月2日の「リンク元URL」のリストを見て欲しいねん。


(ame20502c.gif)

これは5月2日の記録やでぇ~。。。つまり、この日、わてのブログにやって来る前に、どのページ(URL)に居たのかをリストアップしたものやァ。 9番に注目して欲しいねん。 「縊死(いし)」、つまり「首吊り自殺」で検索してわてのブログにやって来た人が二人おるということやがなァ~。 検索キーワードのリストを見ても、次のようにちゃんと記録されてるねん。


(ame20502b.gif)

赤枠で囲んであるキーワードは、ヤラシいものばかりやおまへんかァ!?

わては、そう思わんけど。。。とにかく、2番目を見て欲しいねん。 「縊死」で検索して、わてのブログにやって来て人が二人おるねん。

。。。んで、その人たちはどの検索エンジンで検索しやはったん?

記録に残っているURLをクリックして、わてもその検索結果を見てみたのやァ。 そのページをソフトカメラで撮ってあるさかいに、めれちゃんも見たらええやん。


(ame20502d.gif)

あらっ。。。アメブロの検索エンジンを使って検索しやはったのねぇ。

そうやァ。。。その人は検索結果の中から5月1日に、わてが投稿した次の『10分間の失楽園』を読みはったのやァ。


(paradise.jpg)


『10分間の失楽園』(PART 1)

『10分間の失楽園』(全文)

(2012年5月1日)

この人は自殺しようと思っていたのやろか?

その可能性が十分あるねん。 なぜなら、かつてレンゲさんも自殺を考えて、この記事の冒頭に掲載した手記をネットで公開したのやでぇ~。

そう言えば、2ちゃんねるでも、その事で一騒動起こしましたのやねぇ~。

そうやァ。 2ちゃんねるの次のカキコがそれを物語ってるねん。


(2ch20428b.gif)

『【毒舌】バークレーのブログのヲチ【自己増殖】』

上の11番の文章を訂正するところは訂正して分かり易く書き直すと次のようになるねん。

11 :名無しさん@ゴーゴーゴーゴー!:
2005/05/07(土) 00:05:53 ID:OPET6qkB

2004年夏頃から2005年3月にかけて、
GOOというブログのレンゲというメンヘル女
「何でもお話して下さいね」と書いていたことをいいことに
「デンマン」および「メラング」「みゆき」その他多数のHN(ハンドル名)を駆使して攻撃開始。

レンゲさんの書き込みと自作自演書き込みをまとめて「レンゲのフォーラム」と称して勝手に転載し、レンゲさんを追い詰めたため、レンゲさんはGOOを退会して消滅。

レンゲさんを誹謗中傷しないように求めたチェイサー氏に対しても
わけのわからない文章を書き連ねた挙句、花火の画像まで作って勝利宣言。

勝利宣言

レンゲさんバンザイ!

レンゲさんは永遠ですう!

・レンゲさんの名前を無断で使いブログ(GOOか?)に登録、
おそらく レンゲさん周辺の連絡により、1日で退会処分を食らう。


デンマン注:

レンゲさんの名前を無断で使ってブログを立ち上げたのではありません。
「デンマン」としてブログを立ち上げたのです。
ところがバンコム ブログ(http://bany.bz/)という言論の自由・表現の自由を理解していない管理人によって1日で削除されてしまいました。

上のカキコをした人はレンゲさんをメンヘル女と決め付けてるのやねぇ。

そうやァ。。。この問題になっている「2004年夏頃から2005年3月にかけて」書いたのが、このページの冒頭のレンゲさんの「自殺志願の手記」というわけやァ。 そやから、なおさら2ちゃんねるの愚か者たちの注目を集めたのやないかいなァ。

つまり、「縊死」で検索した人は「首吊り自殺」を企てようとしてはったと、あんさんは思うのォ~?

あのなァ~、めれちゃんも知っての通り、日本では年間に3万人以上の人が自殺するねん。 それがすでに、この10年以上も続いている悪しき慣習になってるねん。 まるで日本人の習性のようになろうとしているのやないかいなァ!

つうことわァ~。。。1日に約100人。。。1時間に4人が自殺して貼るのやねぇ~?

そうやァ~。。。めれちゃんとこうして話し始めてから今までに 一人か二人の人が自殺してるねん。

交通事故で亡くなる人よりも多いのね。

でもなァ~、「縊死」で検索して自殺しようと考えていた人は自殺するのを思いとどまったのやァ。

どうして、あんさんにそないな事まで判るのォ~?

そやかて、その人は次の記事を読みはったのやがなァ。

『10分間の失楽園』(PART 1)

「縊死」の事が書いてありますのォ~?

そうやァ。。。その人は次の箇所を読みはってん。

有島 武郎 (ありしま たけお)

1923年、婦人公論記者で人妻であった波多野秋子と知り合い、恋愛感情を抱く(当時有島は妻と死別していた)。

しかし秋子の夫春房に知られるところとなり、脅迫を受けて苦しむことになる。
そして1923年6月9日、二人は軽井沢の別荘(浄月荘)で縊死を遂げた。
7月7日に発見されるが、梅雨の時期に一ヶ月以上遺体が発見されなかったため、相当に腐乱が進んでおり、遺書の存在で本人と確認されたという。
複数残されていた遺書の一つには、『愛の前に死がかくまで無力なものだとは此瞬間まで思はなかつた』と残されていた。
2009年7月に、死の約半年前から有島が秋子と取り交わした書簡、各3通が札幌市にある『北海道立文学館』で一般公開された。

辞世の歌は次の3首。

幾年の命を人は遂げんとや思い入りたる喜びも見で

修禅する人のごとくに世にそむき静かに恋の門にのぞまん

蝉ひとつ樹をば離れて地に落ちぬ風なき秋の静かなるかな

唐木順三の評では「いずれも少女趣味以上ではない」と断じられている。(『自殺について』1950年)
また師であった内村鑑三は「この度の有島氏の行為を称えるものが余の知人に居るならば、その者との交流を絶つ」(大意)と言明した。

魯迅が紹介したことから中国での知名度が高く、教科書にも掲載され広く読まれている。


出典: 「有島武郎」
フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

。。。で、「縊死」で検索しやはった人は首吊り自殺をしやはったん?

いや。。。思いとどまったのやァ。

どうして。。。?

心中した二人の死体が7月7日に発見されるが、梅雨の時期に一ヶ月以上遺体が発見されなかったため、相当に腐乱が進んでおり、遺書の存在で本人と確認されたという所を読んだからやァ。

この箇所を読んで思いとどまりはったん? どうして。。。?

あのなァ~。。。この人はアパートで一人住まいやァ。 訪ねてくる人もあまりおらんさかいに発見が遅れる事も充分に考えられる。 そうなったら、醜い自分の死体を他人に見られることになる。 この人には、それがたまらんかったァ。

どうして、あんさんに、そないな事が判るん?

あのなァ~。。。この人は、めれちゃんのように文学少女やったのやでぇ~。。。そやから、ちゃんと遺書まで書いて自作の短歌も書き添えてあったのやァ。 でも、自分の短歌があとで理解してもらえないのじゃないか? そのように心配になったのやがなァ。

どうして、そないに思いはったん?

そやかて引用した上の文章の中で次のように書いてあるやないかいなァ!

唐木順三の評では(有島武郎の3首の辞世の歌は)「いずれも少女趣味以上ではない」と断じられている。

この女性は、せっかく辞世の歌まで書いて「縊死」しようと思うていたのやけど、自分の醜い死体まで晒し、さらに辞世の歌までを「少女趣味以上ではない」なんて思われたら、死んでも死にきれん。。。それで自殺するのを取りやめはったのやないかいなァ。

それは、あんさんの推測ですやん!

推測とちゃうでぇ~!

その証拠でもあるのォ~?

あるさかいに、こうして記事に書こうと思うたのやないかいなァ!

そやったら、余計なことは言わんでもええさかいに、細木数子のようにズバリ!と証拠をはよう見せんかい!

めれちゃんが、それ程ムカついて言うのやったら次のリストをもう一度見たらええやん。


(ame20502c.gif)

あんさん!。。。いいかげんにしいやあああァ~。。。このリストが証拠やと言わはるのォ~?

そうやァ。

どないなわけで。。。?

あのなァ~。。。自殺などオツムにないミーちゃん、ハーちゃんならば、『10分間の失楽園』(PART 1)を半分も読まずに他のブログに飛んでしまうねん。 そやけど、この文学少女は、わての記事を最後まで読んでくれはったァ。

どうしてそないな事まで、あんさんに判るのォ~?

そやから、上のリストをめれちゃんに見せたのやないかいなァ! 12番を見てみィ~なァ。

それがどうやと言わはるのォ~?

この文学少女は『10分間の失楽園』(PART 1)を最後まで読んで、それから(PART 2)を読みはったのやがなァ! そやから、12番に (PART 1)のURLが記録に残ることになったのやァ。

あんさんがこの記事を書くために残しはったんとちゃうん?

そないな手の込んだ事をわてがするかいなァ! 記事を書くのに忙しゅうてぇ、そこまで気がまわらへん。

そやけど、だからと言うてぇ、その人が文学少女とはかぎらへんでぇ~。。。

あのなァ~、わてのブログの記事をここまで熱心に読んでくれはるのは文学少女の他にあらへん。

その証拠でもあるのォ~?

何度も言うてるように、わては根拠のない事は言わへんでぇ~。。。

余計な事は言わんでもええさかいに、その根拠とやらをはよう見せんかい!

あのなァ~、かつて、めれちゃんも自殺しようとしたのやァ。 そやけど、めれちゃんも文学少女やったさかいに、わての記事を読んでくれて自殺するのを思いとどまったのやないかいなァ。 その時詠んだ詩が残ってるねん。 しばらくぶりに読んでみィ~なァ。

小さな赤い花
 
 

 
 
わたしをあなたの庭に咲く

小さな赤い花にしてください

そして、お水を注ぎながら

何かお話を聞かせてください

わたしは何も言えないけれど

あなたの言葉を聞きながら

いろんなことを思うのです

あなたに愛されるように

いつまでも綺麗に

咲いています

だからわたしのことを

忘れずにいてください
 

by merange (めれんげ)

2010.02.19 Friday 10:24


『即興の詩 小さな赤い花』より

『永遠の愛のコラボ』に掲載
(2010年2月22日)

わたしが自殺を思いとどまった時に詠んだ詩やと、あんさんは言わはるのォ~?

そうやァ!。。。めれちゃんかて覚えてるやろう?

そう言われてみると、そのようにも思えるし。。。そうでない気もするし。。。

あのなァ~。。。自殺を思いつめていためれちゃんが、ある時自殺の無意味さを悟って生きようと決めたのやァ。。。そう思うて、もう一度読んでみィ~なァ。 その時のめれちゃんの心境がよみがえると思うでぇ~。。。

つまり、「縊死」で検索した人もあんさんに感謝の詩を書きはったん?

書くはずないやろう!

どうして。。。?

どうしても、こうしても、もし、その文学少女がわてに詩を書くと、このようにして記事に書かれてしまう。 そうなると、また2ちゃんねるで「死にそこないのメンヘル女」というレッテルを貼られて騒がれる。 その文学少女は、そうなるのが嫌やから、めれちゃのように、わてに詩を書くことができへんかったのやァ。

それも、あんさんの推測やん。

あのなァ~、たとえ推測だったとしても自殺を思いとどまった事は素晴らしいことやないかいなァ。

でも、「縊死」で検索した人は二人居て、『10分間の失楽園』(PART 2)を読みはった人は一人やんかァ。 残りの一人は自殺を決行してしもうたと、あんさんは言わはるのォ~。。。

たぶん、そういう事だとわては思うねん。 なんまんだぶ。。。なんまんだぶ。。。ご冥福を祈りますう。

【レンゲの独り言】

ですってぇ~。。。
あなたも、もし自殺を考えているとしたら、もう一度じっくりと考えてみてくださいね。
自殺すると、よい事は絶対に言われないのですわ。
有島武郎と波多野秋子の心中のことを今一度考えてみてください。
お二人は、もちろん真面目に心中を決行したのだと思いますわ。

でも、心中した二人の死体が7月7日に発見されるが、梅雨の時期に一ヶ月以上遺体が発見されなかったため、相当に腐乱が進んでおり、遺書の存在で本人と確認されたのですわ。
醜い死体を晒さなければならないのです。

しかも、有島武郎さんの辞世の歌は次のように言われてしまった。

唐木順三の評では(有島武郎の3首の辞世の歌は)「いずれも少女趣味以上ではない」と断じられている。

死人に口無しですわ。
真実を語ろうとしても、死んでしまっては後の祭りです。
もう遅いのですわ。

だから、もし自殺を考えているならば、せめて、歴史に残るような傑作を残してからあの世に逝ってくださいね。
そうでないと、死後、ボロクソに言われるだけですわ。
損ですわよ。
だから、あたしも馬鹿らしくなって自殺することをやめたのです。
うふふふふふ。。。

とにかく、次回も面白くなりそうですわ。
あなたもどうか、また読みに戻ってきてくださいね。
では、また。。。

メチャ面白い、

ためになる関連記事


■ 『きれいになったと感じさせる

下着・ランジェリーを見つけませんか?』

■ 『ちょっと変わった 新しい古代日本史』

■ 『軽井沢タリアセン夫人 – 小百合物語』

■ 『今すぐに役立つホットな情報』

『夢とロマンの横浜散歩』

『下つきだねって言われて…』

『銀幕の愛』

『パリの空の下で』

『夢の中華パン』

『愛の進化論』

『漫画家と平和(2011年3月6日)』

『漫画家の壁(2011年3月10日)』

『畳の上の水練(2011年3月15日)』

『アナクロニズム(2011年3月27日)』

こんにちは。ジューンです。

もし自殺を考えているなら、

死ぬ思いで有名になってから

あの世に逝って下さいね。

そうすれば、イスラエルの最初の女性首相

ゴルダ・メイヤーのように

映画になって後世に残るのですわ。

そういえば、Meryl Streep が演じた

イギリスの最初の女性首相

サッチャーさんの映画も良かったですよね。

The Iron Lady – Trailer (2012)

でも、なんと言っても『カサブランカ』は

多くの映画ファンの心に

忘れがたい印象を残したようです。

Play it, Sam

俳優・映画監督の ウディ・アレン(Woody Allen) も

『カサブランカ』から多くのインスピレーションを受けたようです。

“Play It Again, Sam” は

1972に製作された映画です。

ウディ・アレンが書いたブロードウェイの劇を

基にして作った映画で、

アレンは映画『カサブランカ』に夢中になっている

男の役で主人公を演じています。

女性にもてない主人公が

ハンフリー・ボガードの指導を受けながら

ガールハントに出かけるというお話です。

笑えます。

あなたも時間があったらぜひ観てください。


 
ところで、英語の面白い話をまとめました。

興味があったら、

次のリンクをクリックして

読んでくださいね。

■ 『あなたのための 楽しい英語』

■ 『性の俗説 (2008年3月4日)』

とにかく、今日も一日楽しく愉快に

ネットサーフィンしましょうね。

じゃあね。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。