1リットルのお尻が流出


  
 
2012年9月22日 (土曜日)
 
 
1リットルのお尻が流出
 
 

おしり大虐事件

ナースコールを押した。
コールで来てくれた(看護師)I君に、背中を向けた瞬間である。
さきほど病室に備え付けのシャワー室で、新しい病衣に着替えながら、
「なんか生臭い。 におうな」と感じた。
きっとこの病衣が臭いのだなと考え、I君にさらなる替えを頼もうとしていたところだった。

「はあ?」
わたしは何も異変に気づかず、いつものようにベッドの脇に突っ立って、髪をタオルで乾かしながら、女子のおしりをI君にさらすために、パンツのゴムに片手をかけていた。
I君のドナルド声の冷静なつぶやきに、思わず振り返り、自分の下半身に目を向けた。
「ぎゃああああああああああ!!!!」

病衣のズボンが、血と膿が混ざった濃厚なチョコレートファンデュのような液体で、全部びっしょりと染まっている。
液体の流出元は、何を隠そう、わたしの腫れたおしりである。
しかもなにやらこの液体は、床にまでしたたりじはじめている。
すさまじい、生々しい香りが病室を満たす。
1リットルの涙、ならぬ、1リットルのおしりが、流出した。

(注: 赤字はデンマンが強調。
読み易くするために改行を加えています)


158-159ページ 『困ってる人』
著者: 大野更紗
2011年7月30日 第7刷発行
発行所: 株式会社 ポプラ社

デンマンさん。。。しょうもない話を引用しはってぇ、笑いを取ろうとしてますのォ~?

ちゃうねん。

そやかてぇ、ネット市民の皆様が注目するようなシモいタイトルを付けはってますやん。

シモいか?

先日も、あんさんは次のようなおシモの話を取り上げたばかりやおまへんか!

これが世界一のオナラの威力だ!

『曲屁(きょくべ)』

(2012年9月18日)

この記事もお尻に関係してますがなァ。

確かに、その通りやァ。。。そやけど、今日取り上げる話はネット市民の皆様から笑いを取るための話題ではあらへん。

そやけど、おシモの話題ですやん。

あのなァ~、そないに思うかもしれへんけど、実は、この話はめれちゃんにとっても身につまされるような話やねん。

どこが。。。?

上の本の著者の大野更紗さんという人は日本でも稀な難病に蝕(むしば)まれている人なのやァ。 ちょっと次の小文を読んで欲しいねん。

日本ではほとんど前例のない、稀な難病にかかった大学院生女子、現在26歳。
ちなみに、病名は、Fasciitis-panniculitis syndrome (筋膜炎脂肪織炎症候群)とついている。
皮膚筋炎という、これまた難病も併発している。

 (中略)

わたしの病気は、免疫のシステムが勝手に暴走し、全身に炎症を起こす、自己免疫疾患と呼ばれるタイプの難病。
免疫そのものがおかしくなっているので、人それぞれ特徴はあれど、全身あらゆる組織に症状が及ぶ。
「治す」というより、病態をステロイドや免疫抑制剤で抑え込んで、付き合っていくしかないのだ。
そして、さらには、それらの薬の及ぼす深刻な副作用とも、お付き合いせざるを得ない。

… 1日ステロイドを20ミリグラム服用し、免疫抑制剤、解熱鎮痛剤、病態や副作用を抑える薬、安定剤、内服薬だけで諸々30錠前後。
目薬や塗り薬、湿布、特殊なテープ、何十種類もの薬によって、室内での安静状態で、何とか最低限の行動を維持している。
それでも症状は抑えきれず、24時間途切れることなく、熱、倦怠感、痛み、挙げればきりのないさまざまな全身の症状、苦痛が続く。

… 2010年の夏には炎天下、あやうく行き倒れになりかけながら通院した。
週に一度麻酔なしで切開プチ手術を受けていた(当然だがチョーチョー痛い)。

冬は絶不調のピークだ。
ひとりでは外に出ることすらままならない。
強制ひきこもりを余儀なくされる。
寒さで身体に負荷が一気にかかり、すさまじい具合の悪さと、2トントラックが身体の上に乗っかっているような倦怠感と、常時格闘する。

(注: 赤字はデンマンが強調。
読み易くするために改行を加えています)


1-5ページ 『困ってる人』
著者: 大野更紗
2011年7月30日 第7刷発行
発行所: 株式会社 ポプラ社

つまり、1リットルのお尻が流出したのは自己免疫疾患のために、お尻に膿がたまってパンパンに腫れあがり、それが破れて血と膿が流れ出したということやのねぇ~。

多分、そういうことやと思うねん。

それで、あんさんは何が言いたいねん?

とにかく、24時間途切れることなく、熱、倦怠感、痛み、挙げればきりのないさまざまな全身の症状、苦痛が続く。 しかも、2トントラックが身体の上に乗っかっているような倦怠感と、常時格闘する。 それに、尻が1リットル流出したら、まともに座ることができへん。 ごっつう大変なこっちゃがなァ~!

ひとりでは外に出ることすらままならない。 強制ひきこもりを余儀なくされる。 そやから、あんさんが同じような難病になったら耐えられへんと言いたいん?

そうやァ。。。わては本を読みながら自分を更紗さんの立場に置いて考えてみた時に、めれちゃんの次の手記が思い出されてきたのやがなァ。

不安と焦燥感と寂しさ

2004/10/03 18:28

もう、このままで生きてるんなら、

命いりません。

ドナーカード持ってるから、

心臓でも角膜でも、

なんでも持っていって下さい。

家族はいません。

承諾とらなきゃいけない人は

誰もいません。
 
 
by レンゲ


『ん?体の関係と無責任大国日本』より
(2007年11月21日)

デンマンさん。。。これは、わたしやのうてぇ、レンゲさんが書きはったものですやん。

めれちゃんも同じような事を書いていたのやァ。

つまり、更紗さんのような難病に冒(おか)されて1リットルのお尻が流出したり、一人では外出もできなくなった時に、生きてゆくのがしんどうなって、初めて死にたいと思うようになる。。。あんさんは、そないに言いたいん?

そうやがなァ。。。わては上の手記を思い出しながら、更紗さんが書いたのならば納得がゆくような気がしてきたのやァ。

要するに、わたしの立場では死ぬほどのことはない。。。わたしが死ぬことをもてあそんでいたと、あんさんは言いたいん?

いや。。。そないに言うつもりはあらへん。 めれちゃんは、めれちゃんのオツムの中で深刻に生きるか死ぬかを考えていたのやと、わては思うでぇ~。。。

そうですやん。。。人の苦しみは比較できへんものですう。 その人になってみんと解らへん。 そやけど、更紗さんになってみるなんて所詮できへんことですがなァ。 あんさんが更紗さんの立場になって解ったつもりになっても、何から何までその苦しみを理解するなんて絶対にできへんと、わたしは思いますう。

そうやろなァ~。。。人はそれぞれに苦しみを抱(かか)え、ささいな幸せを感じながら懸命に生きているのかも知れへん。

あんさん。。。どこかで読んだような事を言って欲しくないねん。

うん、うん、うん。。。確かに苦しみを乗り越えて生きてゆくということは、今に始まったことではあらへん。 人間がこの世で生きてゆくようになってから何万年と繰り返してきたことやがなァ。 その苦しみは人によって質も量も違っていたかも知れへん。。。そやけど、苦しみのない人間なんておらへん。

そうやろか?

あのなァ~、幸せばかりの人生を歩いていると自慢している人がいたら、その人はおめでたいか? よっぽどのアホやと、わては思うでぇ~。。。

そうやろか?

あの狸オヤジの家康さんも次のように言うてたさかいになァ。。。

人の一生は重荷を負うて遠き道を行くがごとし。
いそぐべからず、
不自由を常と思えば不足なし、
こころに望みおこらば困窮したる時を思い出すべし。

堪忍は無事長久の基、
いかりは敵とおもえ、
勝つ事ばかり知りて、
まくること知らざれば害その身にいたる。

おのれを責めて人をせむるな、
及ばざるは過ぎたるよりまされり。

【デンマン意訳】

人の一生と言うものは重い荷を背負って遠い道を行くようなものですよ。
急いではいけないのだ。
いつも不自由していると考えれば、不満が生じるはずがないんだよ。
何かがとても欲しいと思った時には、自分の過去にあった苦しい時代を思い出すことだね。

“堪忍”こそが無事に長く安泰でいられる基礎なんだよ。
“怒り”は敵と思いなさい。
また、人生では勝つ事ばかりを知って、負けを知らない事は危険ですよ。

自分の行動を反省することです。人の責任ばかりを追及する事は良くありません。
何かをやるとき、なかなか達成できない事の方が、やり過ぎてしまう事よりましなんですよ。


『性と愛は限りなく』より
(2006年5月28日)

要するに、誰もが、その人の世界の中で重荷を背負って生きていると、あんさんは言いたいん?

いや。。。わてが言うたのではあらへん。 狸オヤジが言うたのやがなァ。

そやけど、あまりにも消極的な暗い生き方やと思うわ。

そやけどなァ、小さな幸せ、心の支えになる光明というのは、ありふれた人間関係の中に隠れているものやがなァ。 更紗さんも次のように書いていたでぇ~。。。

退院のソナタ

「おしりは、どうなの?」
「うん、まあ、変わりはないかな」
久しぶりに会った、男女として微妙な関係性にあるご両人が交わす会話としては、珍妙すぎる。
彼が本当は動かしてはいけない身体を動かして、黙々と作業するのを見ながら、いろんなことを考えた。

この人は、これまで、わたしの周囲の人間関係にはなかったタイプのひとだ。
電車の乗り方は知らないが、本も読まないが、フランス映画も観ないが、お役所の手続きも苦手だが、生存する「コツ」のようなものはよく知っている。

デートに行くなら、何をすればいいのだろう。
病院の「外」でデートしたとき、この「命の恩人」にわたしは何を思うのだろう。
どうしてここまでしてくれるのだろうか。
この人に、わあたしは何をしてあげられるのだろうか。

何が起こるのだろうか。

 (中略)

デートする前に、あるいはデートしながら、この人がマジにあの世へおゆきになりかけてしまう事態に陥る可能性もおおいにある。
遊園地やレジャーランドの類は確実に救急車行きだ。
紫外線やバリアフリー状況も慎重に確認する必要がある。
そんなデンジャラスなデートを実行する場合、どこへ行けばいいのだ。

 (中略)

「外」にでたら、難病トキメキデートスポットを発掘せねばならないな。
とりあえず、電車の乗り方も知らない、この人を連れて。
彼は荷物をまとめ終わると、
「またね。 そのうち、きっと会えるよ」
と、遠い彼方へ帰っていった。
ポン、とわたしの頭をなでて。

(注: 赤字はデンマンが強調。
読み易くするために改行を加えています。
イラストはデンマン・ライブラリーより)


306-306ページ 『困ってる人』
著者: 大野更紗
2011年7月30日 第7刷発行
発行所: 株式会社 ポプラ社

つまり、人間関係の中にこそ生きる張り合いが見い出せると。。。?

そうやァ。。。めれちゃんかて次のように書いていたやないかいなァ。

小さな赤い花
 
 

 
 
わたしをあなたの庭に咲く

小さな赤い花にしてください

そして、お水を注ぎながら

何かお話を聞かせてください

わたしは何も言えないけれど

あなたの言葉を聞きながら

いろんなことを思うのです

あなたに愛されるように

いつまでも綺麗に

咲いています

だからわたしのことを

忘れずにいてください
 

by merange (めれんげ)

2010.02.19 Friday 10:24


『即興の詩 小さな赤い花』より

『永遠の愛のコラボ』に掲載

こうして、めれちゃんも「小さな赤い花」として死なずに生きることを決めたのだから。。。

【レンゲの独り言】

徳川家康ですってぇ。。。?
江戸時代の人ですわア。
今から400年前に生きていた人ですわよ。

真理は永遠だと言った人もおりますが
決してそのような事はありませんわ。

ニュートンの万有引力の法則は確かに真理ですけれど、
ニュートンの万有引力の法則が分かっただけでは人類は月には行けなかったのですわよ。

アインシュタインの相対性理論が導き出されて初めて人類は月にロケットを飛ばす事ができたのですわ。

つまり、真理はより正しい真理に時代と共に書き換えられてゆくものなのですわよね。
狸じいさんの言ったことは400年前の社会では確かに真理だったかもしれません。
でも、それはニュートンの万有引力の法則のようなモノですわ。

とにかく、次回も面白い話題が続きます。
あなたもどうか、また読みに戻ってきてくださいね。
では、また。。。

メチャ面白い、

ためになる関連記事

■ 『きれいになったと感じさせる

下着・ランジェリーを見つけませんか?』

■ 『ちょっと変わった 新しい古代日本史』

■ 『面白くて楽しいレンゲ物語』

■ 『軽井沢タリアセン夫人 – 小百合物語』

■ 『今すぐに役立つホットな情報』

■ 『 ○ 笑う者には福が来る ○ 』

 『あなたもワクワクする新世代のブログ』

■ 『バンクーバーの寒中水泳』

『夢とロマンの横浜散歩』

『愛とロマンの小包』

『下つきだねって言われて…』

『銀幕の愛』

『パリの空の下で』

『夢の中華パン』

『愛の進化論』

『漫画家と平和(2011年3月6日)』

『漫画家の壁(2011年3月10日)』

『漫画家と奴隷(2011年3月12日)』

『畳の上の水練(2011年3月15日)』

『パール判事とゴーマン(2011年3月18日)』

『軍隊のない国(2011年3月21日)』

『士風と「葉隠」(2011年3月23日)』

『アナクロニズム(2011年3月27日)』

『後白河上皇とポルノ』

『真夜中の甘い電話』

『コーヒー茶漬け』

『めれちゃん、ホイ』

『めれちゃん、トップですよ』

『めれちゃんにノーベル賞』

『私の国では火あぶりです』

『ひまわりとピアニスト』

こんにちはジューンです。

かつてデンマンさんが小泉八雲を紹介していました。

八雲(ラフカディオ・ハーン)は

次のように言っていたのです。

日本女性を道徳的、宗教的信念を持った

愛らしい倫理的創造物である

明治時代の日本の女性は、

そうであったのかもしれません。

でも、最近になって日本の女性も変わったようですね。

一つの事件を取り上げて、そう言うのも

独断過ぎると思いますけれど、

「苫小牧子殺し事件」は象徴的な事件だったと

思いますわ。そして痛ましい事件でした。

北海道・苫小牧の何処かで、3歳の長男と

1歳の三男の兄弟が鍵の掛かったアパートに

閉じ込められ放置されのですわ。

長男は生米や冷蔵庫のマヨネーズやケチャップで

飢えをしのいだのです。

三男は飢餓と低体温症で亡くなってしまいました。

昼間に自動的に入る暖房で、餓死した弟が

無残に腐食する横で、お兄ちゃんは

必死で飢えを凌ぎ生き抜いて、

ママの帰りを待ち続けたというのです。

でも、ママは新しいボーイフレンドの部屋に住み着いて

1ヶ月以上、子供たちの養育を拒み、

ボーイフレンドと遊んで暮らしていたのです。

もう、死んでいるのではないかと思って、

アパートに戻ると、長男は生きていた。

「何で生きてるの?」

冷血女性のママは長男を見て

まず、そう感じたと言うのです。

人間は、それほどまでに非情に

冷血になれるものでしょうか?!

何度読んでみても、亡くなった子供のために

涙が流れてきますわ。(めそめそ。。。)

「苫小牧子殺し事件」のことは

次の記事の中で引用されています。

『愛の進化論』

ところで、卑弥子さんが面白いお話を集めて

楽しいサイトを作りました。

次のリンクをクリックして

ぜひ覗いてみてくださいね。

■ 『あなたのための笑って幸せになれるサイト』

とにかく、今日も一日楽しく愉快に

ネットサーフィンしましょう。

じゃあね。バーィ

コメント / トラックバック47件 to “1リットルのお尻が流出”

  1. めれちゃんとなつみさん « Denman Blog Says:

    […] ■『1リットルのお尻流出』 […]

  2. トイレのないマンション « Denman Blog Says:

    […] ■『1リットルのお尻流出』 […]

  3. 自殺の名所 « Denman Blog Says:

    […] ■『1リットルのお尻流出』 […]

  4. マジで自殺したいの? « Denman Blog Says:

    […] ■『1リットルのお尻流出』 […]

  5. かわゆらしそう « Denman Blog Says:

    […] ■『1リットルのお尻流出』 […]

  6. ブス 家持 本音 « Denman Blog Says:

    […] ■『1リットルのお尻流出』 […]

  7. ビルから飛び降りるの? « Denman Blog Says:

    […] ■『1リットルのお尻流出』 […]

  8. 徳子はエロカワ? « Denman Blog Says:

    […] ■『1リットルのお尻流出』 […]

  9. 初めてのキス « Denman Blog Says:

    […] ■『1リットルのお尻流出』 […]

  10. 自殺の波紋 « Denman Blog Says:

    […] ■『1リットルのお尻流出』 […]

  11. 花は咲けども山吹の « Denman Blog Says:

    […] ■『1リットルのお尻流出』 […]

  12. 自殺とマスコミ | Denman Blog Says:

    […] ■『1リットルのお尻流出』 […]

  13. なつみさん、しばらく | Denman Blog Says:

    […] ■『1リットルのお尻流出』 […]

  14. めれちゃんとちび猫 | Denman Blog Says:

    […] ■『1リットルのお尻流出』 […]

  15. 自殺したい | Denman Blog Says:

    […] ■『1リットルのお尻流出』 […]

  16. 自殺する人、しない人 | Denman Blog Says:

    […] ■『1リットルのお尻流出』 […]

  17. 愛しいペット | Denman Blog Says:

    […] ■『1リットルのお尻流出』 […]

  18. 処女礼賛 | Denman Blog Says:

    […] ■『1リットルのお尻流出』 […]

  19. クオリアふたたび | Denman Blog Says:

    […] ■『1リットルのお尻流出』 […]

  20. 村山たか女 | Denman Blog Says:

    […] ■『1リットルのお尻流出』 […]

  21. 松虫鈴虫 | Denman Blog Says:

    […] ■『1リットルのお尻流出』 […]

  22. チエホフとシルク | Denman Blog Says:

    […] ■『1リットルのお尻流出』 […]

  23. めれちゃんとビクトリア女王 | Denman Blog Says:

    […] ■『1リットルのお尻流出』 […]

  24. めれちゃんの即興の詩 | Denman Blog Says:

    […] ■『1リットルのお尻流出』 […]

  25. 五重塔心中事件 | Denman Blog Says:

    […] ■『1リットルのお尻流出』 […]

  26. めれちゃんとツイッター | Denman Blog Says:

    […] ■『1リットルのお尻流出』 […]

  27. めれちゃんの再開(会) | Denman Blog Says:

    […] ■『1リットルのお尻流出』 […]

  28. めれちゃんと晶子 | Denman Blog Says:

    […] ■『1リットルのお尻流出』 […]

  29. めれちゃんと今一つの世界 | Denman Blog Says:

    […] ■『1リットルのお尻流出』 […]

  30. 即興の詩 | Denman Blog Says:

    […] ■『1リットルのお尻流出』 […]

  31. 即興の詩と永遠の愛 | Denman Blog Says:

    […] ■『1リットルのお尻流出』 […]

  32. 万葉のめれちゃん | Denman Blog Says:

    […] ■『1リットルのお尻流出』 […]

  33. 狂気の恋と歓喜の愛 | Denman Blog Says:

    […] ■『1リットルのお尻流出』 […]

  34. めれちゃんと性具 | Denman Blog Says:

    […] ■『1リットルのお尻流出』 […]

  35. 女子力アップ軍団 | Denman Blog Says:

    […] ■『1リットルのお尻流出』 […]

  36. めれちゃんの恥じらい | Denman Blog Says:

    […] ■『1リットルのお尻流出』 […]

  37. めれんげの郎女 | Denman Blog Says:

    […] ■『1リットルのお尻流出』 […]

  38. めれちゃんの不満 | Denman Blog Says:

    […] ■『1リットルのお尻流出』 […]

  39. 下着 あそこ | Denman Blog Says:

    […] ■『1リットルのお尻流出』 […]

  40. 花火の愛と小さな赤い花 | Denman Blog Says:

    […] ■『1リットルのお尻流出』 […]

  41. めれちゃんとニャンニャン | Denman Blog Says:

    […] ■『1リットルのお尻流出』 […]

  42. めれちゃん、元気出して! | Denman Blog Says:

    […] ■『1リットルのお尻流出』 […]

  43. めれちゃん@天国と地獄 | Denman Blog Says:

    […] ■『1リットルのお尻流出』 […]

  44. めれちゃんとにこちゃん | Denman Blog Says:

    […] ■『1リットルのお尻流出』 […]

  45. 塩野七生とめれちゃん | Denman Blog Says:

    […] ■『1リットルのお尻流出』 […]

  46. 午前4時の薄着の女 | Denman Blog Says:

    […] ■『1リットルのお尻流出』 […]

  47. 常連さん、サンキュウ | Denman Blog Says:

    […] ■『1リットルのお尻流出』 […]

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。