即興の詩・讃歌


   
2010年12月6日 (月曜日)
 
 
即興の詩・讃歌
 
 

 

 
 

デンマンさん♪
ありがとうございます!

このブログも、けっこう長くなって
わたしにとっては、とても大切なものに
なりました。
応援してくださる方の存在は、
何よりの宝物。
これからも、よろしくお願いします!

by めれんげ

2008/08/21 7:13 AM


『即興の詩 めれんげ便り』のコメント欄より

『即興の詩バンザイ』に掲載
(2010年12月4日)


 

 
 
ネットでの出会い
 
 

めれんげのネット歴も、長くなったもんだ
初めは2ちゃんねるwww
自分のサイトを持って、交友関係も広くなった

忘れられない人たち
今はどうしてるんかなあ

いつも励ましてくれた「ひろこさん」
家が近所で、よく遊んだ「さこっち」
メールやチャットで仲良くした「なにわちゃん」
考えたらきりがないくらい、
いろんな人とリアルでも友達になれた
でも、今はもうどうしているのかもわからない
みんなしあわせでいてくれたら…
と、心から思う

今でもつきあいがある人もいる(^O^)/
同じ大阪人の「グレイさん」
創作仲間の「ジョージ・アツーシ」
大切な人たち(*^^)v

ネットでの出会いは希薄かもしれないけれど、
時に人生に深くかかわる出会いもある
一期一会。
その出会いを大切にしていきたいと思う
 
 

posted by merange (めれんげ)

2009-11-30 15:35:41

テーマ:ブログ


『ネットでの出会い』より
「めれんげの原材料」サイト

『花咲く同窓会』に掲載
(2010年11月24日)

デンマンさん。。。あんさんは何が何でも、わたしに『即興の詩』サイトを続けさせはるのォ~?

いや。。。わては、めれちゃんに強要して『即興の詩』サイトを続けさせようとしているのではないねん。

そやかて、あんさんは何度も何度も同じ手記をこうして貼り出してますやん。

上の手記は、2つともめれちゃんが書いたものやでぇ~。

そんなことは見れば分かりますう。

表現者のめれちゃんは、自分の作品がネットで広まることを望んでいるのやろう?

そうですう。。。そやけどォ、上の手記は、わたしの作品というほどのものではないねん。

そないに謙遜しなくてもええやん。

謙遜して言うてるのではないねん。。。んもお~~。。。

めれちゃん!。。。ムカついたらアカンでぇ~。

そやけど、あんさんはしつこいねん。

さよかァ~。。。?

さよかァじゃありませんがなア~!。。。わたしは心静かに余生を送りたいねん。

めれちゃん!。。。70歳のおばあさんみたいなことを言うたらアカンでぇ~。。。

20歳やろうが、30歳やろうが、70歳やろうが、心静かに人生を送りたいと思うのんは人間としての素直な願いですねん。。。そやから、あんさんのしつこい記事によって、わたしは心を乱されたくないねん。

わては、めれちゃんを応援しているのやでぇ~。。。それなのに、どうして、めれちゃんの心が乱れにゃあかんのやア~?

あんさんがしつこいからですやん。

わては、それ程しつこいのんかァ~?

あたりまえやん。。。あんさんがしつこくないなら、しつこい人が居なくなりますやん。

さよかァ~。。。?

そないなことよりも、『即興の詩・讃歌』というタイトルを書きはってぇ、あんさんは一体何をしようとしやはるのォ~?

だから、『即興の詩』サイトを讃歌するのやがなア。

讃歌するってぇ。。。どうしやはるのォ~?

そやから、『即興の詩』サイトを賛美するのやないかいなァ。

賛美するって、どうしやはるん?

めれちゃんは、うるさく質問するのやなァ~。。。『即興の詩』サイトを褒(ほ)め讃(たた)えるのやないかいなア!

褒(ほ)め讃(たた)えるってぇ、具体的にどうするん?

ガタガタうるさいなア~~。。。めれちゃんの『即興の詩』サイトから元気をもらってるさかいに、ここで感謝するとともに、『即興の詩』サイトを褒(ほ)め讃(たた)えるのやないかいなア!

あんさんは、元気をもらいはったん?

そうやァ。

どないして。。。?

どないも、こないもないやん。。。わては、めれちゃんの次の短歌を読んだのやがなァ。

くちづけ
 
 

 
 
罪深き

ことと知りつつ

この夜も

きみのくちづけ

もとめて止まぬ
 
  

 
 
by めれんげ
 
2009.01.14 Wednesday 14:21


『即興の詩 冬枯れ』より

『めれんげさんと六条の御息所』に掲載
(2010年2月12日)

この上の短歌を読みはってぇ、あんさんは元気が出たん?

そうやァ。。。だいたい、めれちゃんは70歳のおばあさんみたいに、心静かに余生を送りたいなんてゆうてるけどォ、上の短歌を読む限り心静かとは思えんでぇ~。。。

それで、元気を出して、あんさんは何をしやはったん?

めれちゃんが上の短歌を詠んで『即興の詩』サイトに投稿したのは2009年1月14日の午後2時のことやァ。

確かに、そないに記録されてますう。 わたしが投稿した日時とあんさんが元気が出やはった事と何か関係あるん?

あるのやがなァ~。。。わては、めれちゃんの上の短歌をなんべんも、なんべんも読んだのやがな。

どうして。。。?

どうしてってぇ、きまってるがなァ。 めれちゃんは「罪深き ことと知りつつ この夜も きみのくちづけ もとめて止まぬ」と言うてるねん。

そやから。。。?

そやからってぇ~。。。めれちゃんの心の中を覗いたら、わてかてぇじっとしておれんでぇ~。。。

どうしてぇ~。。。?

あのなァ~、めれちゃんは、わての口づけを求めて、求めて、求め続けたのやがなァ~。

あんさんは、そのように妄想しやはったん?

めれちゃん!。。。自分の心に素直にならんとアッカ~♪~ン! わては、半年の間、いろいろと、めれちゃんの事を偲びながら、元気をもらって、ついに次の長歌を詠んでしもうたのやがなァ! それで 7月30日に めれちゃんのサイトに投稿したのやでぇ~。 もう一度じっくりと読んでみたらええやん。

大阪は
あまりに遠く
さいはての
海を隔(へだ)てて
三千里
もしも翼が
あるならば
飛んで行きたし
きみのもと
それがかなえば
あな、うれし
かなわなくとも
きみ思う
気持ちに変わりが
あるものか

きみを偲びて
夜の空
見上げてみれば
月が照り
夜の浜辺を
歩きつつ
影を慕いて
眺めれば
雲間(くもま)に見える
ねねの顔
いつものように
やすらかに
眠りをむさぼる
あどけなさ

遠く離れて
居るものの
きみの真心
この胸に
返歌となりて
伝わりぬ

嗚呼、逢いたいな
浪速路で
きみと手を取り
歩きたや
それがかなわぬ
ことなれば
せめて、きみの名
呼びかける
きみも見ている
お月さん

耳をすませば
なつかしや
嗚呼、なつかしや
なつかしや
なぜか聞こえる
きみの声
夜のしじまに
恋しさつのる
 
 
by 愛の天使 (デンマン)

2009/07/30 6:06 PM

バンクーバー時間:
7月30日 木曜日 午前2時3分


『即興の詩』サイト
「きみ待つ場所へ」のコメント欄より

『写真の魔術』に掲載
(2009年8月12日)

分かるやろう、めれちゃん。。。? わては、こうして、めれちゃんと 『即興の詩』サイトを褒(ほ)め讃(たた)えているのやがなァ!

あんさんの妄想も、そこまで激しくなったん?

めれちゃん!。。。自分の心に素直にならんとアッカ~♪~ン!。。。うししししし。。。

【レンゲの独り言】

ですってぇ~。。。
めれんげさんも呆れて、もう声が出ませんわ。
あなたは、どう思いますか?

とにかく、興味深い話題がさらに続くと思います。
あなたもどうか、またあさって読みに戻ってきてくださいね。
では、また。。。

メチャ面白い、

ためになる関連記事


■ 『きれいになったと感じさせる

下着・ランジェリーを見つけませんか?』

■ 『ちょっと変わった 新しい古代日本史』

■ 『面白くて楽しいレンゲ物語』

■ 『カナダのバーナビーと軽井沢に別荘を持つことを

夢見る小百合さんの物語』

■ 『今すぐに役立つホットな情報』

■ 『 ○ 笑う者には福が来る ○ 』

 『あなたもワクワクする新世代のブログ』

■ 『バンクーバーの寒中水泳』

『お受験と教育ママ(2009年9月8日)』

『熊校の先生(2009年9月10日)』

『「田舎教師」再訪(2009年9月12日)』

『四季桜(2009年9月14日)』

『熊校の思い出(2009年9月16日)』

『「田舎教師」と行田(2009年9月18日)』

『小百合さんの存在感(2009年9月20日)』

『大阪の歴史馬鹿(2009年9月22日)』
 
『「蒲団」と「田舎教師」(2009年9月24日)』

『卑弥子さんの存在感(2009年9月26日)』

『ロマンとデジャヴ(2009年9月28日)』

『夫婦風呂(2009年9月30日)』

『露悪趣味(2009年10月2日)』

『カプリ島と香水(2009年10月10日)』

『小百合さんの香水10月14日)』

こんにちはジューンです。

あなたは自分が若いと思っていますか?

年はとりたくないですよね。

でも若さは、いくつになっても保つことができるものですよ。

うそだ~♪~い!?

あなたは、たぶん心の中で

そう思っているでしょう?

では、ここで英語の格言を取り上げてみます。

あなたも、いつまでも心の若さを保ってくださいね。

Age is foolish and forgetful

when it underestimates youth.

– J. K. Rowling,
Harry Potter and
the Half-Blood Prince, 2005

さあ、あなたはどのように訳しますか?

わたしは次のように意訳してみました。

若さを軽く見ていると、

いつの間にか愚かに年を重ねるものなよね。

では、次。。。

In youth we learn;

in age we understand.

– Marie Ebner von Eschenbach

さあ、あなたは、どのような意味にとりますか?

わたしは次のように解釈しました。

若い時って、たくさんの事を学ぶべきなのよ。

そうすれば年を取ってから、

いろいろな事が理解できるものなのよ。

どうですか?

あなたも若いうちに、できるだけ

たくさんの事を学んでくださいね。

そうすれば、いつまでも

若いままで居られるのですわ。

ところで、卑弥子さんが面白いお話を集めて

楽しいサイトを作りました。

次のリンクをクリックして

ぜひ覗いてみてくださいね。

■ 『あなたのための笑って幸せになれるサイト』

とにかく、今日も一日楽しく愉快に

ネットサーフィンしましょう。

じゃあね。バーィ

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。