めれちゃんの裸エプロン


 

2009年2月19日 木曜日

 

めれちゃんの裸エプロン

 

おかえり

 


(maid03.gif)

 

おかえり

遅かったね

ずっと待ってたんだから!

ごはん食べようか?

 

by めれんげ

2009.02.12 Thursday 15:30


『即興の詩 おかえり』より

 


(apron7.jpg)

おかえり。


(foolw.gif)

うん、うん、うん。。。ただいまァ~。

遅かったね。ずっと待ってたんだから!ごはん食べようか?

うん、うん、うん。。。裸の上にエプロンなんて、とってもセクシーやなあああぁ~。ええなあああぁ~。。。ご飯よりも先に、めれちゃんと愛し合いたくなってしもうたでぇ~

はい。。。では。。。

ちょっと待ちいなぁ~

どうしてぇ~。。。?誰も見てえ~へんでぇ~。

そんなことあらへん。。。日本語が分かる世界のネット市民の皆様が見ておるがなぁ~

どこにィ~

ほれぇ~、そこの隅っこを見てみィ~なぁ~。。。2月11日にコメントを書いた成りすまし馬鹿が目をギラツカセながら見ておるやないかいなぁ~

あらっ。。。ほんまやわぁ~。。。成りすまし馬鹿さんってぇ、ヤ~らしいのねぇ~。

そやでぇ~。。。ああして、いつだって隅っこで覗いておるんやでぇ~。。。めれちゃんも、きいつけなぇ~、あかんでぇ~

はい、そうしますうゥ~

じゃあ、とにかく、ごはんを先に喰おうやないかいなぁ~。

そうしましょう。。。んで、ご飯のあとに、あんさんは、わたしを抱いてくれはるのォ~?

めれちゃん。。。このブログはアダルトではないんやでぇ~

でも。。。わたし。。。


(doctor22.gif)分かっておるがなぁ~。。。わてかて、すぐにでも、めれちゃんと愛し合いたいのやでぇ~。。。でも、成りすまし馬鹿が、まだそこで、ジ~っと見ておるのやがなぁ~。。。

いつまで、ここに、おるのかしらぁ~?

成りすまし馬鹿は、ずう~っとおるつもりなんやでぇ~。。。

でも、わたし、見られていても、かまいませんでぇ~。。。

めれちゃん!。。。何度言うたら分かるのやぁ~。。。このブログはアダルトブログではないのやでぇ~。。。わてのために、このブログが閉鎖されたら責任重大やがなぁ~

わたし、かめへんでぇ~。。。

ちょっと待ちいなぁ~。。。最近、めれちゃんは萌え萌えになりすぎておるんやでぇ~。。。

あんさんのせいでおますうゥ~。。。わたしをこれ程までに萌え萌えにしてしもうたんですがなぁ~。。。責任とっておくれましなぁ~。

めれちゃん! 卑弥子さんみたいな口調になってるやないかいなぁ~。。。過激な事をしたらあかんでぇ~

過激やあらへんでぇ~。。。あんさんのために、エプロンを取りますのやがなぁ~。。。

でも。。。でも。。。その下に。。。、その下にィ~。。。何もつけてえ~へんがなぁ~。。。だから、わては、過激やと言うておるのやでぇ~。。。

でも、わたしの。。。この。。。この燃え上がってしまった愛欲の炎を、あんさんは、どうしてくれはるのォ~?

そやなぁ~。。。そこの団扇(うちわ)を取ってよこし~なぁ~

この団扇で何をしようと言うのん?

めれちゃんの愛欲と情欲の炎を消すのやがなぁ~。。。

アホらしい!。。。よう、そないなアホな事がマジで言えるなあああぁ~

そやかて、めれちゃんの愛欲の炎を消さんと、このブログがアダルトと見なされて閉鎖されてしまうのやでぇ~。。。

だから、わたし、かまへんと言うてるやないかいなぁ~

めれちゃんは、それ程までに、わてと愛し合いたいのんかぁ~?

そうでおますうゥ~

めれちゃんに、そう言われると男冥利に尽きるがなあぁ~。。。めれちゃんと、こうして運命で結ばれている事に、モンスターエンジンの神さんに感謝せんといけんなあぁ~。。。

デンマンさん!。。。こういう時にモンスターエンジンなど持ち出さんでおくれましなぁ~

そやかて、めれちゃんが大好きな芸人やがなぁ~

エプロンを取るか?取らないか?と言う瀬戸際にィ~、モンスターエンジンなど関係ないやんかぁ~

ほおォ~。。。めれちゃんは、それ程までに熱くなっておるんかぁ~?

そうですがなぁ~。。。そやから、裸の上にエプロンして、あんさんのお帰りを待っておったんどすうゥ。

ほんまかいなぁ~

そうどすうゥ。

京都弁がでたなあぁ~。。。

そんなこと、どうでもよろしィ~。。。はよう、わたしの愛欲の炎をあんさんの心のぬくもりで包んでおくれましなぁ~

そやかて、このブログがアダルトになって削除されると、わては困るんやでぇ~。。。

わたしと、このブログとどっちが大切なのぇ~

どっちも大切やがなぁ~。。。このブログが無くなってしまうと、めれちゃんと逢えなくなるのやがなぁ~。。。だから、早急な熱い思いに駆られて、愛し合ってしもうたら、アダルトになって、削除されてしまうのやぁ。。。わてには、ようできへんでぇ~

分かりましたわ。。。デンマンさんは、たくさん記事を書くために、わたしとの濡れ場を引き延ばしてしまうのやねぇ~。。。

そうやがなぁ~。。。楽しみは引き延ばせば、引き延ばすほど大きくなるのやでぇ~。。。

でも。。。、でも。。。、わたしの、この萌え上がった愛欲の炎をどないしてくれはるのォ~?

至極(しごく)、簡単な事やがなぁ~

どないすればいいのォ~。。。?

これまでどおりに、めれちゃんが熱い詩と短歌を書けばいいのやないかいなぁ~。。。

でも。。。でも。。。

生きてさえいれば、めれちゃんと何度でも逢えるのやがなぁ~。。。だから、性急な結論を出したらあかんでぇ~。。。

でも、つらいわあああぁ~

そないにつらかったら、モンスターエンジンを見て笑えばいいのんやぁ! わてのためにこらえてぇ~なあぁ~。いつまでも、馬鹿な事をやっていると、本当にこのブログが閉鎖されてしまうから、この辺で止めるでぇ~。。。じゃあなぁ~。。。わて、もう寝るでぇ~。。。

じゃあ、わたしもォ~。。。


(kato3.gif)

電気を消して真っ暗にせんとあかんでぇ~。。。そやないと、成りすまし馬鹿が一晩中、覗きおるからなぁ~。。。

は~♪~い。

 

\(^_^)/ うへへへへ。。。

 

by 心の恋人 (デンマン)

2009-02-12 06:12 PM
(バンクーバー時間:
2月12日 木曜日 午前1時12分)


『即興の詩 おかえり』のコメント欄より



(doctor23.gif)

デンマンさん!。。。どうして上のような無駄にエロい話にオイラが登場しなければならないのですかア~♪~?

オマエ、もしかして。。。、もしかして。。。、ムカついているのォ~?

憤慨していますよゥ。オイラの承諾も得ずに、ポルノまがいの話にオイラを登場させる事は人権蹂躙(じゅうりん)だと思うのですよう。。。事と次第によっては東京地方裁判所に訴え出ようと思っていますよう。

オマエ。。。かなり。。。、かな~り、頭に来ているようだね?。。。オマエは上の面白い話の中に登場させられたのがそれ程イヤなの?

オイラは、まるで出歯亀(でばがめ)のような役をさせられているじゃありませんか!。。。んも~♪~

出歯亀

出歯亀とは、一般に窃視(のぞき)行為やその常習者、もしくは窃視症や窃視趣味、ときには単に好色な男のことを指す。
「のぞき」と亀に関係があるわけではなく、これは猟奇殺人事件の犯人であったのぞき常習犯の渾名に由来すると言われる。
英語では「ピーピング・トム(Peeping Tom)」という言葉が概(おおむ)ねこれに該当する。

この語は使用者によって若干の意味の広がりを持ち、窃視行為そのものを指す場合がある一方で、その行為により性的興奮を覚えること(=窃視症)を示す言葉としても使われる。

【語源】

出歯亀という言葉の語源は、1908年に遡る。
この年の3月22日、豊多摩郡大久保村(現在の東京都新宿区大久保)で銭湯帰りの女性(当時27歳、実は詩人・野口米次郎の元妻)が殺害され、手ぬぐいを口に押し込まれた状態で発見された。
この事件が判明の当初より大々的に紙誌で報道される中、以前にも女湯の覗き行為を行っていた「出歯の亀吉」こと植木職人の池田亀太郎(当時35歳)が強姦殺人の犯人として逮捕された。

衆目を集める事件であったために、新聞は捜査の当初から詳細に報道しており、逮捕時には大見出しが紙面を飾った。
また、池田が出っ歯という身体的特徴を持っていたことから彼を出歯亀と呼んで報道し、その語は彼を指す言葉としてここで定着したという。
このセンセーショナルな事件は「出歯亀事件」として同時代人の心に焼き付き、森鴎外も「ヰタ・セクスアリス」の中で言及している。
そして現代にまで出歯亀という語は窃視趣味やその窃視行動を指す語として残り、犯人は不名誉な形で末代まで名を残すこととなった。

【真犯人】

以上が一般的な(あるいは辞書的な)説明であるが、ここには不十分な点が多分に含まれている。
まず何よりも重要なのが、出歯亀こと池田の冤罪説である。
取り調べの段階で彼は一旦自供したものの、法廷ではそれを翻し、無罪を主張して徹底抗戦した。
被害者が電話交換局長の妻であったことや、当時の習俗の中で地域社会に多大な不安感を与えたことから警察は早期解決を目指して捜査に奔走し、3月31日の時点で嫌疑をかけて取り調べられた者は20名以上、うち5人を勾留したという。
それでも犯人検挙に至らなかった警察は引き続き次々と容疑者を拘引するなどし、一方ではおとり捜査も開始した。
だがこの経過は(捜査に記者が同行するなどして)逐一新聞報道されており、仮に犯人が報道を見ていたとしたら、それにおめおめと騙されよう筈もなかった。

そのような状況下で池田の逮捕がなされたのは4月4日。
彼の自白を以て警察も報道も事件の決着と見なした。
だが彼の取り調べが始まったのは前月31日からで、捜査成果の上がらぬ中での厳しい取り調べで得られた自白であったという。
また警察がまず容疑をかけたのが、性犯罪の前歴のある者を中心にしていたことにも意をとめる必要がある。


(gyozui01.jpg)

彼がのぞきの常習犯であったという事実に対しては、どの史料も疑問を差し挟んではいない。
しかし窃視趣味と強姦殺人(あるいは致死)との間には大きな隔たりがあることも事実である。
警察が複数名の中から容疑者を絞り込んだのは、池田の性向は単に女湯を隙間からのぞくことでは飽きたらず、銭湯帰りの女性に悪戯をしようとしたことがあったことからという。

公判で彼および弁護士は拷問による自白に証拠価値は無いと主張した。
それに対し検察側は拷問は行われていないと反論している。
また、池田の自白による絞殺方法と検死結果とには食い違いがある中で、当人の「一時的な」自白しか証拠が無い以上有罪にするには無理があると、弁護側は主張している。
だが地裁判決は無期懲役(徒刑)となり、この点を争点に彼を冤罪と主張する弁護団は控訴審を戦ったが判決は同様。
そして再度控訴したものの大審院で上告が棄却され、池田は服役することとなった。

今となっては彼が真犯人だったのか、冤罪であったのかは知る由もないが、現場に残された足跡と亀太郎の足跡が異なるという証言が存在したのは事実である。
それを裁判所は証拠能力不十分として採用しなかった。
また、彼が1913年、わずか5年の後に自由の身となっていることも見逃せない。

【出歯亀は出歯だったのか?】

俗には、池田の逮捕後、新聞報道で彼の顔写真から「出歯亀」という呼称が使われるようになったという。
だがその一方で、事件の弁護人が法廷でそのように呼んだことが契機であるとの説もある。
また、当時の新聞が逮捕二日後の報道で、彼の仕事仲間の言葉として「出歯亀」という表現を用い、そこから急速に広まったともいう。

しかしそれのみにとどまらず、些細な……だがある意味ではより重要な疑義がある。
「でばかめ」の「でば」が出っ歯(反歯)を意味するものではなく「出張り」すなわち「出しゃばり」を意味していたのだと、例えば高島俊男などは指摘している。

同僚が語ったという「でばのかめきち」とは、その身体的特徴をあげつらうものではなく、何にでも首を突っ込みたがる彼の日常的な行動パターンを指して「出張(でば)」と呼んでいたものが、記者の誤解かあるいは「出っ歯の男が女湯をニタニタ覗いているイメージ」の鮮烈さのゆえにか大きく報道され、日本語の慣用表現として後代まで残ることとなってしまった可能性も実は低くはない。
現在では国語辞典に至るまで、彼が生来出っ歯であったことを前提として書かれているが、その根拠は実のところ薄く弱い。

誤記のはじまりの原因が後者だとすると、当時既に「出っ歯=好色」という図式があったことになる。
だが、あるいは逆にこの事件を境にそのようなイメージが生まれたのかも知れない。
なお歯科医の立場からは、歯の噛み合わせと好色とには相関関係は無いとされる。

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

デンマンさん!。。。こんなに長~い出歯亀の説明まで書いて、しかも。。。しかも。。。文中にオイラの写真まで貼り付けてしまって。。。これでは。。。これでは。。。まるでオイラが出歯亀だと思われてしまいますよう。

時代が違うよう。

時代が違っても、上のエロい話の中に出てくるオイラは、まさに出歯亀の役をさせられているのです。

オマエ、かなり、出歯亀にこだわるんだね?。。。どうして。。。?

どうしてってぇ。。。、デンマンさんは、オイラを必要以上に貶(おとし)めて、日本語が分かる2億の世界のネット市民の皆様の前でオイラを面白おかしく、しかも、出歯亀のようなヤ~らしい男として晒そうとしているのが見え見えですゥ。

あのなァ~。。。ゆっとくけれど、僕は出歯亀のことについては一言も触れていないのだよう。。。

しかし。。。、しかし。。。、デンマンさんとめれんげさんが対話した事になっている上の話の中で、オイラは出歯亀の役をさせられているのですゥ。誰が読んだって、オイラが出歯亀だと思ってしまいますよう!

それは、また、オマエの独断と偏見なのだよう。すぐ上の対話を読み直してみれば分かるけれど、オマエが自分で出歯亀だと言い出したのだよう。。。僕はほとんどの人が出歯亀について詳しい事を知らないと思ったから、フリー百科事典『ウィキペディア』から説明を引用したのだよう。オマエが“出歯亀”を持ち出さなかったら、僕は上の説明を書いたりしなかったのだよう。

でも。。。、でも。。。、デンマンさんはワザと無駄にエロい話を持ち出してきて、オイラに“出歯亀”と言わせようとしたのです。。。それも、見え見えですよう。んも~♪~

オマエ、かなりの被害妄想にとらわれているねぇ~。

被害妄想ではありません。デンマンさんがオイラをエロ話の中に登場させたから、このような事になってしまったのです。すべて、デンマンさんの責任ですよう。んも~♪~

オマエ、ずいぶんと自分勝手な事を言ってるねぇ~。。。何もかも僕の責任にしてしまうつもりらしいけれど、そうは問屋が卸(おろ)さないのだよう!

ん。。。?オイラが。。。オイラが、何もかもデンマンさんの責任にしてしまうつもり。。。?

そうじゃないか! オマエは、すべての責任を僕になすりつけようとしている。。。オマエッて、ヤ~な性格だねぇ~

デンマンさんが悪いのですよう。。。オイラをエロ話に登場させたから、こうなってしまったのですゥ。

あのなァ~、成りすまし馬鹿ちゃん。。。よ~く考えてごらんよう。僕とオマエは、おととい、次のような話をしたばっかりじゃないかア!

権利と義務

オマエは未だに、(えっけん君)のコメントを信じて“埼玉のオッサン”の根拠にしている。えっけん君はとっくの昔に間違いに気づいて考えを改めている。ところが、オマエは未だに、その“独断と偏見”に固執している。

でも、たとえ、そうだとしてもオイラには自分の考えを表現する自由があると思います。言論の自由ですよう。

うん、うん、うん。。。その通りだよう。何を言っても書いてもオマエの自由だよう。しかし、権利と義務と言う言葉があるように、オマエが権利を主張するならば、オマエが守らねばならない義務もある。

その義務って何ですか?

間違った事を書けば、当然批判されるんだよう。つまり、オマエは間違った事を書いたことに対して責任を取る義務がある。

つまり、デンマンさんは、オイラの間違いに対して批判しているつもりなんですか?

その通りだよう。

“批判のないところに進歩なし!”

“愛なき批判は空虚にして、

 批判なき愛は盲目なり”

要するに、ネットの発展と幸せのためにデンマンさんはオイラを批判しているのですか?

その通りだよう。。。オマエ。。。やっと分かってくれたようだね?


『漢字馬鹿の自己矛盾 (2009年2月17日)』より

分かるだろう。オマエは僕が書いたコメントに対して次のような間違いだらけのコメントを書いてしまった。

古い話しを持ち出してグダグダ書くなよ埼玉のオッサン。
自分のブログに閉じこもって脳内仲間と仲良くしてな。

by

2009/02/11 1:39 AM


『即興の詩 行き違う愛という言葉』のコメント欄より

間違いだらけ。。。?

そうだよう。オマエのコメントはたったの2行だけれど、間違いだらけ。。。もし、忘れてしまったのならば僕とオマエが対話した内容をもう一度じっくりと読み直してよねぇ。

■ 『漢字馬鹿の再来 (2009年2月13日)』

■ 『漢字馬鹿の悦楽 (2009年2月15日)』

■ 『漢字馬鹿の自己矛盾 (2009年2月17日)』

それで、デンマンさんは、これ程までにしつこくオイラを批判し、間違った事を書いたことに対して責任を取らせようとしているのですか?

そうだよう。

デンマンさん!。。。あなたは、かなりしつこい人ですねぇ~。

うへへへへ。。。今頃分かったのォ~?

いや、かなり前から分かっていましたよう。オイラは、『レンゲのフォーラム』でAkira君が書いた次の箇所を読んでいましたからね。

デンマンさんの執念深さ

そうそう、ご心配いただかなくても、俺とrengeさんの付き合い、そう短いってわけでもないっすよ。
あなたともかなり以前に遭遇している。
ただ、ウェブ上で身分を明かすなんて事、常識ある人間はしないもんですよ。
しかも、あなたの執念深さは、様々なところで実証済だ。

by Akira

2004年12月25日


『心配無用 (2004年12月25日)』より

オマエは、ずいぶん前の記事を読んだんだねぇ~?4年以上前だよう。。。そろそろ5年になるんだよう。。。

そうっすよう。。。結構、オイラは記憶力が抜群でしょう!うしししし。。。

しかし、オマエは5年近く前の記事を持ち出しながら、上のコメントでは僕に対して“古い話しを持ち出してグダグダ書くなよ埼玉のオッサン”と、書いているんだよう。。。やっぱり、自己矛盾だよなァ~。。。そう思わないのかァ~?

そうっすねぇ~。

だったら、オマエ、次のような諺を知っている?

 

“口は災いの元”

 

うん。。。一応知っていますよう。

オマエは、僕がかなりしつこいのも知っていて、しかも、読む人に不快感を与える2行のコメントをわざわざ僕のコメントに対して付けてしまったのォ~?

だから。。。いつもデンマンさんがおっしゃっていますよねぇ~。。。人間は不完全な生き物だから失敗もするし、間違う事もあるとォ~。。。

うん、うん、うん。。。確かにその通りだよう。。。でも、次のような名言もあるよなァ~!

“同じ失敗は2度と繰り返さない!”

うん、オイラも知ってますよう。上の名言も何度となく“エリート学級”で、聞かされましたから。。。うへへへへ。。。

でも、オマエは重要な事はすぐに忘れてしまうんだね。

オイラが、何か重要な事を忘れているのですか?

忘れているよう!読んでみろよう!

漢字バカ

この愚か者が底なしに愚かなことは、
身元が分からないと思っている。

ところが、このば~かはしっかりと足跡を残している!
このば~かのIPアドレスは次の通りです。

“蠡b驪”と自分を呼ぶ愚か者を

IPブロックするために


(cockroach3.gif)

IP アドレス: 222.7.56.214
IP ドメイン: wbcc7s11.ezweb.ne.jp

つまり、このば~かは ezweb を使っている!
プロバイダーは KDDI-NET 
DION (KDDI株式会社) です。

この愚か者は、下らない質問をしただけですが、
これが重なれば、明らかに嫌がらせとなり、
迷惑行為になります。

そうなれば、この愚か者のIPアドレスと、アクセス時刻を KDDI株式会社に報告すれば、
調査の結果、この愚か者は退会処分になります。
このような事をこの愚か者は全く理解していない!
だから、ば~かなんですよね! (爆笑)

なぜ晒すのか?

この愚か者が迷惑行為をしないように、あらかじめIPブロックをしたい人も居るだろうと思い、
この愚か者のIPアドレスを公開します。

このように書いたら、この漢字ば~かがまた2日後にコメントを書いてくれました。

結局URLを書くと女にモテるという理由はどうなった?
相変わらずすぐムキになるな。

Posted by 蠡z驪 at 2006年12月17日 20:54

『聞いてくれよ、ヒトスケ君!(PART 2 of 2)』のコメント欄より

ば~かですよねぇ~♪~


(joy002.gif)

なぜ、この男はば~かなのか?

この愚か者は僕の記事を良く読んでいません。
この愚か者のためにボクちゃんはすでに次のような記事を書いているんですよ。
この記事の中に理由が書いてある。

■ 『結婚出来ない男の可笑しな、ちょっと可哀想なコメント』
  (2006-02-16)

ば~かだから、この箇所も読んでない!
この愚か者は日本語の文章をまともに理解することができないのですよ!
んも~~
まったくば~かとしか言いようがありませんよ。
あなただって、そう思うでしょう?

更に、輪をかけてば~かなのは。。。(笑)


(judge12.gif)

難しい漢字を書けば頭が良いと
思われると信じている!
でもなあああ~~
オマエのように読み方も分からなくて
難しい漢字を書く奴を

“漢字ば~か”

というんだああああ~~

更に、さらに、輪をかけてば~かなのは。。。(爆笑)

自分で迷惑行為をしている証拠を提供している!
ば~かが止せばいいのに、また迷惑コメントを書いている!

こうなると底抜けのば~かですよね。うへへへへ。。。。

このば~かが迷惑コメントを書いていることをKDDI株式会社に報告すれば、
この漢字ば~かは、まず間違いなく退会処分ですよ。うしししし。。。

でも、ボクちゃんは報告しませんよォ~!

 

“なぜ?”

 

この漢字ば~かは底抜けのば~かだからまた迷惑コメントを書きますよ。
うしししし。。。
そうするとボクちゃん、またこのば~かのことで記事が書けます。
うひひひひ。。。


(foolw.gif)

ば~かとハサミの使いよう!

分かりますよね。
この漢字ば~かは人間のクズですが、
ボクちゃんが記事が書けるように(笑い)こうしてば~かなことを書いているんですよね。
うへへへへ。。。

ば~かは死ななきゃ治らない!

昔の人は実に賢い事を言ったものですよね。
うん、うん、うん、。。。
この漢字ば~かも、あの世に行かないとダメみたい!


『漢字馬鹿 (2006年12月21日)』より

『漢字馬鹿 (ライブドア デンマンの徒然ブログ オリジナル)』

こうして、オマエは同じ失敗を繰り返している。

オイラは失敗したとは思っていません。

しかしなァ~、すぐ上の記事を読んで、さらにウェキペディアの「出歯亀」を読むと、同じ愚かな事を繰り返す常習者がどのような結末を迎えるかが良~く分かる。

どのような結末を迎えるのですか?

あのなァ~、「出歯亀」は女湯の覗きを繰り返していたばっかりに、殺人犯に仕立て上げられてしまったのだよう。

つまり。。。、つまり、他に真犯人が居たとデンマンさんも信じているのですか?

当たり前じゃないか!警察と司法がグルになって「出歯亀」を犯人に仕立て上げたとしか言いようが無いじゃないか!

どうして。。。?

だってぇ、誰が考えたって情状酌量(しゃくりょう)の余地が無い、人間として恥ずべき殺人を犯したにもかかわらず、死刑になるどころか、わずか5年で刑務所から出て自由の身になった。

警察が拷問をかけて自白させて犯人に仕立てあげたと。。。?

そうだよう!

なぜ。。。?

あまりにも世間を騒がせた犯人を捉(とら)えることができない警察は面目丸つぶれ。。。それで司法とグルになって警察と司法の権威を日本帝国臣民に見せつけたのだよう!しかし、「出歯亀」が殺人を犯していないことを知っている警察と司法は死刑にはできなかった。やはり人間の良識は持っていたのだよう。無実の罪の男を死刑にしたら担当の刑事も裁判官も寝覚めが悪いからね。

それとオイラと、どのような関係があるのですか? 

オマエのように不快なコメントを書き回っていると、挙句(あげく)の果てに「出歯亀」のようになってしまうのだよう。

でも、死刑にはなりませんよう。

しかし、オマエが死んでからも、「ネットの出歯亀」として永遠にネット市民の皆様の記憶に残るのだよう。

その事をオイラに分からせるために、裸エプロンのめれんげさんをオイラが毎日覗きに行っている、という寸劇をデンマンさんは考え出したのですか?

うへへへへ。。。オマエも、やっと分かったようだねぇ?

【成りすまし馬鹿(別名:漢字馬鹿)

 の独り言】

だってぇ~。。。
デンマンさんは、愛の心を忘れずに、オイラを応援していると言うのだけれど、オイラには、やっぱりデンマンさんの言葉を素直に受け留める事ができないんっすよう。

オイラは馬鹿にされて皆様の前で晒されているような気がしてならないんっすよう。

デンマンさんは、1ヵ月後にはオイラの事がネット上に 5、000件も現れると予言しているけれど、本当に5000件も現れるのかなぁ~?
ハッタリだと思うのだよう。
オイラを脅(おど)しているだけだと思うのさァ。

あなたは、どう思う?

とにかく、面白い話がまだ続くようです。
あなたも暇だったら、また、あさって読みに戻ってきてくださいね。
では、また。。。


(byebye.gif)

メチャ面白い、

ためになる関連記事



(linger49.gif)

■ 『きれいになったと感じさせる

下着・ランジェリーを見つけませんか?』

■ 『ちょっと変わった 新しい古代日本史』

■ 『面白くて楽しいレンゲ物語』


(ebay5.jpg)

■ 『カナダのバーナビーと軽井沢に別荘を持つことを

夢見る小百合さんの物語』

■ 『今すぐに役立つホットな情報』

■ 『 ○ 笑う者には福が来る ○ 』


(biki15.jpg)

『デンマン批判 (2009年5月8日)』

『好ましい批判 (2009年5月12日)』

『欺瞞の罠 (2009年5月16日)』

『馬鹿の一つ覚え (2009年5月22日)』

『立派な反面教師 (2009年5月29日)』

『社会的自我の欠如 (2009年5月30日)』

『原人ブームと漢字馬鹿 (2009年6月5日)』

『また、オマエか! (2009年7月3日)』

『成りすまし馬鹿 (2009年7月5日)』

『スカンクと宮本武蔵 (2009年7月6日)』

『絶望的な愚か者 (2009年7月7日)』


(vanc700.jpg)

『大阪の歴史馬鹿(2009年9月22日)』

『「蒲団」と「田舎教師」(2009年9月24日)』

『卑弥子さんの存在感(2009年9月26日)』

『ロマンとデジャヴ(2009年9月28日)』

『夫婦風呂(2009年9月30日)』

『露悪趣味(2009年10月2日)』

『カプリ島と香水(2009年10月10日)』

『小百合さんの香水10月14日)』


(bare04e.gif)

こんにちはジューンです。

「出歯亀」は、本当に殺人犯だったのでしょうか?

わたしはデンマンさんと同じような意見を持っています。

つまり、警察によって拷問を受けて、

犯人に仕立て上げられてしまったのです。

どう考えても5年で釈放された事が

腑(ふ)に落ちませんよね。

女湯を覗く常習犯だったそうですが、

殺人までを犯す動機がありません。

いづれにしても、日本のPeeping Tomには

おぞましい事件が絡(から)んでいます。

そこへ行くとイギリスのPeeping Tomは

罪がありませんよね。

白馬に裸でまたがったゴダイヴァ夫人のヌードを

こっそりと覗いただけですから。。。

いずれにしても、同じ愚かな事を繰り返していると、

「狼少年」ではありませんが、

いざと言う時に助けてもらえなかったり、

「出歯亀」のように殺人事件の

犯人に仕立てられたり。。。

ろくな事はありません。

あなたも不快なコメントを書き回ることは

しないでくださいね。

ところで、英語の面白いお話を集めてみました。

もし、時間があったら読んでみてくださいね。

■ 『あなたのための 楽しい英語』

ゴダイヴァ夫人のヌードとチョコのお話は

次のリンクをクリックして読んでください。

■ 『ゴダイヴァ夫人のチョコ (2009年2月14日)』

とにかく、今日も一日楽しく愉快に

ネットサーフィンしましょうね。

じゃあね。


(dogs17.gif)


(hand.gif)

コメント / トラックバック4件 to “めれちゃんの裸エプロン”

  1. denman Says:

    https://denman705.wordpress.com/petstory/
    この『動物感動物語』が読まれているのですよう。
    上のアンケートには、まだエントリーはないけれど、そのうち“動物・ペット”に投票する人が増えると思うんだ。
    『動物感動物語』には“ねねと天使”という副題がついている。
    “ねね”というのは、めれんげさんが飼っている3匹の猫ちゃんのうちの1匹です。
    この“ねね”は眠り姫のように良く眠るのですよう。
    この他に「サカリ」がつくと、めれちゃんがお相手を務めなければならない“タンタン”という長女猫が居るのです。
    もう一匹は、最近仲間に加わった“にこちゃん”です。
    まだ満一才の誕生日を迎えていない三女猫です。
    つまり、“ねね”は次女猫と言う訳です。
    しかし、この3匹は、実際には血のつながりがありません。
    めれちゃんにとっては、自分の娘のように可愛い存在なのです。
    それで三姉妹として可愛がっているのです。
    ところで、めれちゃんは感情の浮き沈みの激しい女性です。
    時たま、ウツになることがあるのです。
    それも、かなり深刻なウツ状態なのです。
    その状態が昂(こう)じると、めれちゃんはマジで死にたくなるのです。
    実際、めれちゃんはこれまでの人生で、何度か自殺を試みたのでした。
    現在、めれちゃんが生きていられるのは、この三姉妹の猫ちゃんたちが居るおかげなのです。
    。。。で、いったいどのように三姉妹がめれちゃんの命を救ったのか?
    知りたいでしょう?
    興味があったら、ぜひ次のリンクをブラウザーに貼り付けてクリックしてみてください。
    三匹の猫ちゃんたちの写真も見ることができます。
    https://denman705.wordpress.com/petstory/
    ええっ?天使って何かってぇ。。。?
    「天使(Angel)」というのは11才のオースティン君が可愛がっているゴールデン・リトリーバーです。
    小さいながら、勇敢なワンちゃんなのです。
    実は、このワンちゃんがクーガに襲われたオースティン君を救ったのです。
    カナダのバンクーバーの近くで起きた実際の事件です。
    クーガというのは、大きな野生の山猫のことです。
    でも、人を襲うのは珍しいらしいのです。
    バンクーバーから北東へ200キロ離れたフレーザー渓谷にあるボストンバー(Boston Bar)と呼ばれる小さな町で起こりました。
    正式には、まだ町になっていません。
    人口は、わずか 890人。
    今から150年ほど前(1858ー1861)に、このあたりで金が見つかったのです。
    アメリカのボストンから、たくさんの人が一攫千金(いっかくせんきん)を夢見てやって来たのです。
    それで地名に Boston が付いています。
    Bar は金の延べ棒かと思いきや、そうではないんです。
    金が見つかった川岸の、砂がたくさん混じった土手のことを“Bar”と呼んだそうで、Boston と Bar がくっついて地名になったと言うわけです。
    ワンちゃんの名前は、マジで“天使(Angel)”で、11才の少年を助けたから名前を“天使”にしたわけじゃないのです。
    。。。で、“天使”が、どのように自分よりも5倍ぐらい大きな山猫に立ち向かって少年を助けたのか?
    興味があるでしょう?
    次のリンク先のページで読んでみてね。
    https://denman705.wordpress.com/petstory/

  2. 恋を振り返って « Denman Blog Says:

    […] ■『めれちゃんの裸エプロン』 […]

  3. めれちゃんの即興の詩 | Denman Blog Says:

    […] ■『実際の記事』 […]

  4. 猫と裸エプロン | Denman Blog Says:

    […] 『めれちゃんの裸エプロン』に掲載。 (2009年2月19日 木曜日) […]

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。