初めて萌えて


 
2009年1月20日 (火曜日)
 
 
初めて萌えて
 
 

遠くはなれても
 
 

 
 
あなたの声きこえる

さざなみのように

あなたはそばにいる

遠くはなれた今でも

耳をすませばきこえる

わたしの名を呼ぶ声が
 
  
by めれんげ
 
2009.01.15 Thursday 11:44


『即興の詩 遠くはなれても』より

 

もう、ホンマにビックリやがなァ~
もしかして。。。また詠んでるかなァ。。。?
そう思って、めれちゃんの『即興の詩』を覗いたら
2つもありますがなあああァ~
初めは、上の詩で、そのあとで短歌やァ~
すごいなあああァ~

2009年の出だしから、めれちゃんの創作意欲が
盛り上がって、まるで卑弥子さんのように
あまりにも過激に、ほとばしり出ておるがなぁ~

めれちゃんがますます乗りに乗って
短歌と詩を詠みまくるのやろうか?

そうなんやァ~
めれちゃんが乗りに乗っている時には
止めようが無いほどに、突っ走り続けるのやァ~

でも、落ち込んだ時のめれちゃんは、全く書けんようになりよるゥ。
その時が心配やでぇ~

そやけど、そんな事を心配したかて、なるようにしかならへん。
めれちゃんが、創作意欲に燃えていることに感謝すべきなんやァ。。。
そや。。。そや。。。

そう言う訳で、わても、めれちゃんの詩心にインスパイアされて
この際、無理をしてでも詩を詠んでみますがなぁ~
うしししし。。。
そやから、わての詩を読んでみてぇ~なぁ~

異邦の浜辺にて

この海の向こうに
懐かしいきみが居る
遠いなぁ~
でも、聞こえるよ
きみの息づかいが…
浪速の空の下から

耳を澄ますと
次女猫のねねの
気持ち良さそうな
鼻息までが聞こえてくる
また、眠っておるでぇ~

小さなあの声は
きっと三女猫のニコちゃんやろう
かわいいなぁ~
またボールをくわえて
きみに投げて欲しいのや
そうやってボール遊びがしたいんやで

そして、あの声は
長女猫のタンタンやな
きみがいつまでも
かくれんぼの相手にならへんから、
しびれをきらせて
出てきてしもうたんや

なんやぁ。。。
猫の声じゃなくて
さざなみの音だったのか

でも、きみをそばに感じるで
遠くはなれた今でも
そして、耳をすませば聞こえるで
きみの声が…

ところで、きみに聞こえるだろうか
今、きみの名を呼んだ僕の声が…

by デンマン

うん、うん、うん。。。
まあ、こんなもんやでぇ~、
かんべんしてぇ~なぁ~
なんとなく、詩のようになってるやろォ?

じゃあ、次の短歌に行きよるでぇ~

\(^_^)/キャハハハ。。。

2009-01-15 5:47 PM
(バンクーバー時間:1月15日 午前0時47分)


『即興の詩 遠くはなれても』のコメント欄より

 

あはは…
書くときは書きまくって、
書かないときは…です:p

素敵な詩を、ありがとうございます
わたしも、またまたがんばって、
いっぱい書きたいと思います!

めれんげ

2009/01/16 12:17 PM


『即興の詩 遠くはなれても』のコメント欄より

 

はじめての…
 
 

 
はじめての

そのぬくもりに

わが心

甘く溶かされ

ひとつとなりぬ

めれんげ

2009.01.15 Thursday 16:32


『即興の詩 はじめての…』より

 

う~♪~ん。。。
写真を見た時には一瞬ギクッとしたでぇ~

でも、目を凝らさずとも、
もう一度眺めるとき、
まさに、上の短歌を詠んだ女が
持っているに違いない
情熱的で妖艶な肉体やなあああぁ~

初めて見る人は、めれちゃんの写真を見て
短歌を読んだら、
きっと、そう思って納得しよるでぇ~
うしししし。。。

わいは、めれちゃんの
熟女の魅惑に
改めて「六条の御息所(みやすどころ)」を感じたもんやぁ~

う~♪~ん。。。
ええなあああぁ~

谷岡ヤスジが生きていたら、
きっと、わてが詠むような狂歌を詠みよるでぇ~
すなわち。。。

めれちゃんや

ああ、めれちゃんや

めれちゃんや

きみの写真で

僕は、ムレムレ

\(^Д^)/ギャハハハハ。。。。
うしししし。

そう言えば、かつて、
めれちゃんの親友のレンゲさんが
次の詩を書いたんやでぇ~

身も心も一つになって

2007-04-10 20:34

わたしは目をつむったけれど
あなたも欲情していることを
感じ取ることができたわ
あなたが以前にも増して
わたしを求めている事がうれしかった
そして、それはわたしを安心させたの

ひんやりとしてきたので
ちょっと目を開けてみると
あなたはじっとわたしのアソコを見ていた
やがて、わたしの花芯に指先を這わせる
覆いかぶさるようにしてわたしにキスをしながら
あなたは優しく愛撫を続ける

二人の唇が重なり
舌が絡み合う
愛しい思いに駆られながら
わたしは接吻に思いを込める

背筋を走る快感にやがて耐え切れず
わたしは小さなうめきをもらして
あなたの背中にしがみついたわ

無意識に腰が揺れる
あなたの指先がするりと中に入ってくる
その繰り返しにわたしは翻弄される
愛撫の嵐に
わたしは狂おしいまでに身悶える

「もう… 駄目…」
息も絶え絶えにわたしが叫んだとき
あなたはわたしの中に入ってきた

既に愛液があふれていたわたしは
あなたをやすやすと全身で受け入れていた
あなたも全身でわたしを感じ取ろうとするように
わたしの奥の奥まで入り込もうとする

わたしは膝を立て
あなたを迎え入れようと腰を浮かせる
あなたは両手で
わたしの手のひらを固く握りしめている
その手の結合と下半身の結合が
同時に前後に揺れる
揺れるたびにわたしはかすれた声を
漏らさずにはいられない

身体の中が溶けてしまいそう
頭の中がカスミかかったように
真っ白になってゆきそう
この密着感は何なのだろう

わたしはからっぽになった頭の奥で考える
まるで、すっぽりと空いた自分の空洞に
ちょうど一つしかない鍵を合わせるように
あなたはわたしの中に密着している

自分の身体の中からは
汲んでも汲んでも涸れない
泉のような熱いものが流れ出てゆく
二人が一つになっている部分からは
ひそやかな湿った音がもれ
わたしの情感をよりかきたてる

「ああぁ~…」
不意にあなたがうめく
あなたの動きが激しくなる
わたしも嵐に巻き込まれる船のように
無意識に動きを合わせる
わたしの中であなたそのものが
激しく躍動する
鼓動が高鳴る
愛欲が激しくぶつかり合う
欲情が突き上げてくる

ああぁ~
今までにない激しい官能の疼き
身も心も一つになって激しく蠕動する二人
堪え切れなくなって登りつめたその極みで
あなたは激しく果てる
そしてわたしを初めて深い
底知れぬ悦楽へといざなう

ああぁ~ あなた、愛しい人
わたしをこのまま離さないで

by レンゲ


『禁断の花火』より
(2007年12月29日)

かつて、めれちゃんが上の詩を読んだ時に、
すっご~く感動したと言ったけれど、
めれちゃんの短歌は
上の詩を凝縮したもんやでぇ~!

凝縮されたものやさかいに、
かえって、めれちゃんの短歌を読む人に与える衝撃は
めちゃ強烈なんやがなぁ~

う~♪~ん。。。
かつて、めれちゃんは体育会系の女やったから、
とてもとても萌え萌えの短歌は
詠めしませんわ、と言ってたけどォ、
ついに“体育会系の女”の皮を脱皮したんやなぁ!
うしししし。。。

めれちゃんは、間違いなく身も心も
「六条の御息所(みやすどころ)」になったんやでぇ~
うん、うん、うん。。。
そうなんやぁ~

光源氏が生きていたら、
めれちゃんを見て、わてと同じ事を言うでぇ~
うへへへへ。。。

いつまでも、長々と書いていると、
また負荷をサーバーにかけることになってしまう。
めれちゃんのブログが“一時停止処分”になるさかいに、これくらいにしておくわぁ~。

これからも、めれちゃんの活躍を期待しているからなぁ。
乗りに乗っているときに、書けるだけ短歌と詩を書いてやぁ~
たのんだでぇ~
おおきにィ。
んじゃ、さいならぁ~。

♪┌(・。・)┘♪ キャハハハ。。。

2009-01-15 06:53 PM
(バンクーバー時間:1月15日 午前1時53分)


『即興の詩 はじめての…』のコメント欄より

 

デンマンさん:)
わたしは、レンゲさんのような
濃厚な詩は書けないけれど、
その分、写真で勝負かな?

短歌ならば、恋愛を書けるけれど、
恋愛詩は、少し苦手なんですよね
でも、がんばってラブラブな詩も
書きたいと思います!

めれんげ

2009/01/16 12:21 PM


『即興の詩 はじめての…』のコメント欄より

デンマンさんは。。。、また、あたしの詩を持ち出したのですわね。。。ちょっとくどいと思いませんか?

うん、うん、うん。。。確かにレンゲさんが詠んだ同じ詩を何度も引用しているけれど。。。それはねぇ~、僕だって、めれんげさんに勝るとも劣らぬ程にレンゲさんの詩に感動したからですよう。うしししし。。。

そのヤ~らしい笑い方が、なんとなく不誠実な当てこすりのように聞こえるのですわぁ。

僕が。。。僕が何を。。。何を当てこすっていると。。。?

だから、あたしがエロい女だと。。。。デンマンさんは、心のどこかであたしのエロい面を強調しようとしているのですわ。

そんな。。。そんなことはありませんよう。。。それはレンゲさんの考え過ぎと言うものですよう。僕は本当に感動したのですから。。。

でも、こうたびたび引用されると、あたしのエロい面が晒されているような気がしてくるのですわ。

僕はエロい面だと思っていませんよう。。。レンゲさんが情熱的でストレートな思いを赤裸々に表現している。。。そこのところに僕は感銘を受けたのですよう。

でも、それって。。。なんと言うか。。。デンマンさんの言い方を聞いていると、あたしは慎みが無い女だと。。。デンマンさんの言い方には、そのようなニュアンスが潜んでいるように思えるのですわ。

慎みが無いと言うのは一面的な見方で。。。僕はその事を強調しようとしているのではないのですよう。。。全く逆ですよう。。。むしろ、レンゲさんは心の奥の叫びを赤裸々に表現している。。。そこに感動したのですよう。。。その赤裸々な女の叫びをめれんげさんは“濃厚な”と言っていると思うのですよう。

そうでしょうか?

だって、そうでしょう。めれんげさんが、レンゲさんの詩を読んで慎みの無い女をそこに見て、レンゲさんを嫌悪したとしたら、“がんばってラブラブな詩も書きたいと思います!”なんて、めれんげさんは書かないですよう。やっぱり、めれんげさんもレンゲさんの赤裸々な表現力に感動しているのですよう。

そうでしょうか?

あのねぇ~。。。僕は思うのだけれど、レンゲさんは自分の詩を読みながらネガティブなところを見つけ出して。。。それを気にしているのですよう。もう少し自分の詠んだ詩に自信を持ったらどうですか?

だってぇ~。。。あたし。。。なんだか恥ずかしいですわ。

今更、何が恥ずかしいのですか?

デンマンさんが谷岡ヤスジさんを引き合いに出して、男性週刊誌的な視点から、面白おかしくしているからですわ。

谷岡ヤスジを持ち出すのはいけませんか?

デンマンさんは同じような事を話しているつもりでも、質が全く違っていると思いますわ。

つまり、次元が違っていると。。。?

そうですわ。

うん、うん、うん。。。確かに、男の視点と女性の視点は違いますからね。男の興味の向かうところは、どうしたって谷岡ヤスジのようになりますよう。うしししし。。。。

それで、あたしは少し後悔しているのですわ。デンマンさんが谷岡ヤスジさんを引き合いに出して、あたしの詩を語るとは思いませんでしたから。。。

う~ん。。。なるほどォ~。。。それで分かりましたよう。

何が分かったのですか?

レンゲさんは次のように書いていましたからね。

【レンゲの独り言】

ですってぇ~。。。
何かと言えば、デンマンさんは、あたしが詠んだ上の詩を持ち出すのですわ。
確かに、あたしは平均的な女性と比べると情熱的なのかもしれません。
でも、あたしはデンマンさんが信じ込んでいるように毎日、洋ちゃんとセックスしているのではありません。

実を言うと、現在、洋ちゃんは、またニューヨークに長期出張中なのです。
だから、あたしも目下セックスレスなのですわ。
でも、それ程寂しいとは思いません。
なぜなら、洋ちゃんが3ヶ月の出張から戻って来るのを楽しみに詩を書いているからですわ。

ええっ?。。。また上のような情熱的な詩を書いているのかって。。。?

違いますわ。
上のような女の愛欲をむき出しにした詩を書くと、デンマンさんがムキになって晒すので、今度は、室生犀星の詩のように、氷の世界の詩を詠んでいるのですわ。
そのように冷たい感じの詩ならば、デンマンさんが晒しませんから。。。
うふふふふ。。。

とにかく、面白い話がまだ続きます。
あなたもどうか、また、あさって読みに戻ってきてくださいね。
では、また。。。


『セックスレスとお金 (2009年1月16日)』より

それで、デンマンさんは何が分かったのですか?

つまり、レンゲさんは谷岡ヤスジが出てくるような雰囲気がイヤなのですね。。。?要するに、男性週刊誌的な興味本位で詩を論じて欲しくないと。。。レンゲさんは、そう言いたいのですねぇ~。。。?

やっと分かってもらえたようですわね。

それで、今、レンゲさんは室生犀星が書くような氷の世界の詩を作っているのですか?

ええ。。。できるだけ冷たい感じの詩をと思って。。。

でも、それって良くないと思うなぁ~

どうしてですか?デンマンさんだって室生犀星の冷たい感じの詩について次のような記事を書いていましたやんかぁ~

『室生犀星を旅する』

(2008年12月28日)

『室生犀星の母と娘』

(2008年12月30日)

『室生犀星とふるさと』

(2009年1月7日)

『思い出の曲とふるさと』

(2009年1月9日)

あのねぇ~、室生犀星が冷たい感じの詩を書くのは、彼の生い立ちがどことなく冷たい感じだからですよう。上の記事を読んでもらえば分かりますよう。

あたしには冷たい感じの詩が書けない。。。デンマンさんは、そう思っているのですか?

もちろん書く気になれば書けるでしょう!でも、レンゲさんは冷たい感じの詩を書く必要は無いのですよう。

だってぇ~、上のような愛欲の詩を書くとデンマンさんがまた晒し始めますわ。

あのねぇ~、そんな事を気にする必要はありませんよう。

だってぇ~、晒されたくありませんわ。

僕はレンゲさんの詩を晒しているのではありません。素晴しい詩だと信じてネットで紹介しているのですよう。

でも、なんだか誤解されそうで。。。

そのような事を気にしていてはダメですよう。レンゲさんは、現在、最も創作意欲が漲(みなぎ)っているのだから、この機会に上のような女の心の叫びを詩に込めて、どんどん発表すべきですよう。

冷たい詩ではダメですか?

女心を赤裸々に詠んでくださいよう。。。ところで、清水洋一君は、いつまでニューヨークに滞在するのですか?

洋ちゃんは3月一杯までニューヨークですわ。

つまり、あと2ヵ月半、レンゲさんはセックスレスですよね?

そうですわ。

だから、ちょうどいいでしょう。。。これから春に向かって、動物たちも冬眠から覚めて、子孫を残すための活動期に入りますからね。性的にも活発になりますよう。清水君が居れば、ほぼ毎日レンゲさんは彼とベッドで愛し合う。でも、2ヵ月半の間、そういうわけにも行かない。だから、この機会にレンゲさんの心の中にこみ上げてくる寂しさ、恋しさ、せつなさ、侘しさ、会いたさ。。。そう言うものを詩に書くのですよう。上のように、体の奥からこみ上げてくる女の叫びを赤裸々に綴るのですよう。

でも。。。

レンゲさんも、そろそろ清水君と会いたくなってきたでしょう?

いえ。。。それ程でもないですわ。

しかし、そのうち間違いなく会いたくなってきますよう。だから、上のように女の愛欲をむき出しにして、また濃厚な詩を書いてくださいねぇ~。

それで、またこうしてあたしの詩を取り上げるのですか?

そうですよう。

。。。で、また谷岡ヤスジさんを引き合いに出すつもりですか?

いや。。。谷岡ヤスジがそれ程イヤならば、もう口にしませんよう。だから、萌え萌えの詩を書いてくださいよう。僕だけじゃなく、この記事を読んでいる人だってレンゲさんに期待しているんだから。。。

でも、なんだか嫌な予感がしますわ。

そう言わずに、お願いだからレンゲさんらしい、女の心をむき出しにするような詩を書いてくださいねぇ。お願いしますう。

【レンゲの独り言】

ですってぇ~。。。
デンマンさんは土下座するようにして頼み込んでいるのですけれど、あたしは、どうも気が進まないのですわ。

デンマンさんが谷岡ヤスジさんを引き合いに出さないとしても、なんとなく嫌な予感がするのですわ。
とにかく、男性週刊誌のような低俗な視点で語って欲しくないのですゥ。

いづれにしても、面白い話がまだ続きます。
あなたもどうか、また、あさって読みに戻ってきてくださいね。
では、また。。。

メチャ面白い、

ためになる関連記事


■ 『きれいになったと感じさせる

下着・ランジェリーを見つけませんか?』

■ 『ちょっと変わった 新しい古代日本史』

■ 『面白くて楽しいレンゲ物語』

■ 『カナダのバーナビーと軽井沢に別荘を持つことを

夢見る小百合さんの物語』

■ 『今すぐに役立つホットな情報』

■ 『 ○ 笑う者には福が来る ○ 』

こんにちはジューンです。

めれんげさんが飼っている

3匹の猫ちゃんたちは

それぞれに個性があって可愛いですよね。

長女猫のタンタン

次女猫のねね

三女猫のニコちゃん

ところで catwalk という単語があります。

ちょっと見ると“猫が歩く”と訳せますけれど、

これって、実は名詞です。

どういう意味だと思いますか?

もともとは、高いところにある

猫が歩くような狭い通路を意味しました。

それが、いつの頃からか、

ファッションショーでモデルが歩く

細長いステージを意味するようになりました。

The models walk down a catwalk.

モデルたちがファッションショーの

細長い舞台を歩いていく。

Look at the latest look

from this season’s catwalk.

今シーズンのファッションショーで

発表されたばかりの新作をみてよう。

この場合、舞台そのものと言うよりも

ファッションショーそれ自体を

象徴的に意味しています。

面白いですよね。

ところで、英語の面白い記事を集めてみました。

時間があったら次のリンクをクリックして

読んでみてください。
 
■ 『あなたのための愉快で楽しい英語』

とにかく、今日も一日楽しく愉快に

ネットサーフィンしましょうね。

じゃあね。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。