愛のコラボ


 
2009年12月18日 金曜日
 
 
「愛のコラボ」ってなに?
 
 


 

「愛のコラボ」

気持ち悪い「愛のコラボ」ってなんだ?
それも結局は、アンタの脳内で
わたしの創作を侮辱しているってことだ。

アンタとわたしとではレベルが違う。
アンタは人の書いたものなしでは、
何も書けない貧困な人間だ。
クリエイティビティもないくせに、
「文学的素養」について語るな。
わたしが心の底から苦心して絞り出した言葉を
アンタはのうのうと使いまわして
さも自分が知識人であるように装っているだけだ。

そして、さもしいアンタは、
他人を馬鹿呼ばわりして、
自分のブログのネタとして使う。
オリジナリティもないアンタには、
自分で何かを創りだす能力なんて
ないからだろうな。

じいさん。
アンタは自分が思う以上に、
ネットの中で、飽きられているぞ。
アンタに構ってくれた人たちは、
もうアンタになんて目もくれていないだろう?
それはアンタの薄っぺらさを
みんなが気付いたからだ。

わたしはアンタにつきまとわれているから、
こんな文章を書かざるを得ない。

とにかく一言言いたいのは、
「死ぬまでわたしに関わるな。ネタにもするな」
ということだ。

by merange

October 05, 2009 19:36


『極私的詩集 じいさん、永久に近づくな』より

『現在の小野小町』に掲載
(2009年10月11日)

ですってぇ~。。。めれんげさんがデンマンさんに

ブチギレたのですわよう。うふふふふ。。。

笑っている場合じゃないですわよね。

失礼いたしました。

デンマンさんがあんまり可哀想になったものですから、

ついつい出てきてしまったのですわ。

デンマンさんは次の短歌のやり取り持ち出してきて、

めれんげさんと心が通じ合っていると

信じているのですわ。

それで、その短歌のやり取りを

「愛のコラボ」だと言っているらしいのです。

とりあえず、あなたも読んでみてください。

朝のかがやき
 
 

 
 
きみゆえに

われは夢みる

恋を知る

朝のかがやき

心に映る
 
 
by めれんげ

2009.02.06 Friday 10:35 AM


『即興の詩 朝のかがやき』より

『大好きだも~ん』に掲載
(2009年9月25日)

 

う~~ん。。。
いいねぇ~
朝のすがすがしさが
こころにしみるようやでぇ~

では、めれちゃんの歌に
インスパイアされて
おもむろに
詠みますがなぁ~

愛に濡れ

愛に萌えたり

きみの肌

きみのかがやき

心にしみる

 

きみゆえに

心はさわぎ

胸はずみ

朝を迎えて

悦びを知る

 

夢にまで

きみを抱(いだ)きて

とこしえに

朝のかがやき

命の泉

 

やすらかに

眠る寝顔を

見つめつつ

朝をむかえて

愛を新たに

 

あさまだき

愛はいまだに

さめやらず

きみのぬくもり

心にしみる

嗚呼!
もっと詠みたいけれど、
バンクーバーは午前4時をまわったでぇ~
いつまでも起きている訳にもゆかんわ。
そう言う訳で、もう寝ますう。
めれちゃんと夢で逢いましょうね。
じゃあねぇ~。
おやすみ。

by 心の恋人 (デンマン)

2009-02-06 9:01 PM
バンクーバー時間: 2月6日 午前4時1分


『即興の詩 朝のかがやき』のコメント欄より

 

デンマンさん:)
久しぶりに、返歌をお送りしますね


 
 
きみなくば

夢みることも

なかりせば

恋する日々の

かがやき知らず

 


 
 
めざめては

きみを思いて

心ははずみ

朝の光は

わが身を照らす
 
 

…こんなのが、浮かんできました♪

by めれんげ

2009/02/07 12:31 PM


『即興の詩 朝のかがやき』のコメント欄より

『愛と詩を見つめて』に掲載
(2009年6月21日)

確かに、デンマンさんがおっしゃるように

「愛のコラボ」のように見えます。

では、いったい、なぜ、めれんげさんは

ブチギレてしまったのでしょうか?

あなただって、不思議に思うでしょう?

なぜなのか?

その理由を突き止めたかったら

ぜひ次のリンクをクリックして

壮大な『レンゲ物語』を読んで

謎を解いてくださいね。

■ 源氏物語より面白い『レンゲ物語』

メチャ面白い、

ためになる関連記事


■ 『きれいになったと感じさせる

下着・ランジェリーを見つけませんか?』

■ 『ちょっと変わった 新しい古代日本史』

■ 『面白くて楽しいレンゲ物語』

■ 『カナダのバーナビーと軽井沢に別荘を持つことを

夢見る小百合さんの物語』

■ 『今すぐに役立つホットな情報』

■ 『 ○ 笑う者には福が来る ○ 』

『デンマン批判 (2009年5月8日)』

『好ましい批判 (2009年5月12日)』

『欺瞞の罠 (2009年5月16日)』

『馬鹿の一つ覚え (2009年5月22日)』

『立派な反面教師 (2009年5月29日)』

『社会的自我の欠如 (2009年5月30日)』

『原人ブームと漢字馬鹿 (2009年6月5日)』

『また、オマエか! (2009年7月3日)』

『成りすまし馬鹿 (2009年7月5日)』

『スカンクと宮本武蔵 (2009年7月6日)』

『絶望的な愚か者 (2009年7月7日)』

こんにちはジューンです。

それにしても、デンマンさんも、めれんげさんも

よく飽きずに詩や短歌を書けると思いますわ。

詩や短歌を書いても

1円の得にもならないのですわよね。

この世知辛(せちがら)い世の中で、

特に、悲惨な事件が起きている日本で

家族でお互いに殺し合っているような

すさんだ世相の中で

上のような短歌や詩を書くことができるということは

情熱的なのか?

それとも、悲惨なニュースを無視しているのか?

いづれにしても、秋葉でコスプレして遊んでいるような

ミーちゃんハーちゃんと比べたら、

かなり変わっていることには違いないのです。

あなたは、最近、詩や短歌を書いたことがありますか?

ないでしょう?

それが普通なのよね?

うふふふふ。。。

まだ、こうして眠っている方が

幸せかも知れませんよね。

ところで、デンマンさんがレンゲさんの記事を集めて

一つにまとめました。

もし、レンゲさんの記事をまとめて読みたいならば、

次のリンクをクリックしてくださいね。

■ 『最近のレンゲ物語 特集』

 『あなたもワクワクする新世代のブログ』

とにかく、今日も一日楽しく愉快に

ネットサーフィンしましょうね。

じゃあね。

コメント / トラックバック4件 to “愛のコラボ”

  1. 雨の夜 « Denman Blog Says:

    […] ■『熱き肌(2010年3月12日)』 […]

  2. 愛欲を求めて « Denman Blog Says:

    […] 『萌える愛欲』に掲載 2010年2月10日 […]

  3. 愛の0.3%と軽井沢 « Denman Blog Says:

    […] ■『愛のコラボ』 […]

  4. 森田伸二と即興の詩 | Denman Blog Says:

    […] ■『愛という名の心の旅路』 […]

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。