Archive for the ‘私立探偵・ミステリー・推理小説’ Category

やっぱり熟女下着

2017年9月24日

 

やっぱり熟女下着

 


(june802c.png)


(valent6.gif)


(30juned.png)


(bikini07c.gif)

(lily.jpg+heartx.gif+spacer.png)


(june001.gif)

デンマンさん。。。どうして“熟女下着”に拘(こだわ)るのですかァ~?


(kato3.gif)

。。。ん? ジューンさんは僕が“熟女下着”に拘っていると思うのですかァ~。。。

だってぇ~、近頃 熟女下着の記事を書きまくっているではありませんかァ!

ジューンさんが睨(にら)めつけるほど書いてませんよ。。。

でも。。。、でも。。。、最近 わたしの下着を貼り付けて ずいぶんと記事を書いてますわよう!?

そんなことは ありませんてばあああァ~。。。!

あらっ。。。 デンマンさんは かなりムキになって否定してますわねぇ~。。。 うふふふふふふ。。。

あのねぇ~、ネット市民の皆様に誤解を与えるようなことを言って欲しくないのですよ。。。 僕はジューンさんの下着に拘ってません。。。

でも、わたしは次のようにして検索してみたのですわァ~。。。


(gog70923b.png)


『拡大する』

『現時点での検索結果』

「熟女下着 ジューン」と入れて検索したのですねぇ~。。。

そうです。。。 すると、32,900件もヒットするのです。。。 しかも検索結果の最初のページを見ると 1番から10番まで すべての項目がデンマンさんが書いた記事か、それに関する説明なのですわァ~。。。

あのねぇ~、確かに僕はジューンさんの写真を貼り出して たくさんの記事を書いているかもしれません。。。 でもねぇ~、僕が個人的にジューンさんの下着に魅せられて記事を書いているわけではないのですよ。。。

でも。。。、でも。。。、これだけの記事がネットに出回っているということは、デンマンさんが わたしの下着をくすねて下着女装しながら記事を書いているとしか考えられませんわァ~。。。


(joso110b.jpg)

あのねぇ~、これは僕が下着女装したのじゃなくてぇ、コラージュして冗談のつもりで下着女装の記事に貼り出したのですよ。。。

別に、ムキになって弁解しなくてもいいのですわァ~。。。 素直にわたしのスリップをくすねて着用したと認めればいいのですわァ~。。。

ジューンさんは何が何でも、僕がジューンさんの下着をくすねたと思い込みたいのですねぇ~。。。?

デンマンさんが正直に告白するなら、わたしは別に警察に訴えるようなことはしませんわァ~。。。

ジューンさん! いい加減に僕を責めるのは止めてくれませんかァ~! くだらない事で言い合いをしていると この記事が長くなるだけです。。。

分かりましたわァ~。。。 デンマンさんが そのように言うのであればこれ以上追求しませんわァ。。。 で、わたしの下着をくすねたことを反省するために この記事を書き始めたのですかァ?

違いますよ! んもおおおォ~! ジューンさんの そのような誤解を解(と)くためにこの記事を書こうと思い立ったのですよ。。。 ちょっと次のページを見てください。。。


(wp70921a.png)


『拡大する』

『実際のページ』

こうして9月21日に わたしの下着について書いたばかりじゃありませんかァ!

あのねぇ~、タイトルを見て欲しくてこのページを出したのじゃないのですよ。。。 これは9月21日現在の Denman Blog のホームページです。。。 ページの下の方に注目してください。。。

人気リンク についていろいろと書き込んでありますわねぇ~。。。

そうです。。。 人気リンクの1番から10番まで調べてみました。。。 すると、赤いアンダーラインを引いた1番から4番までが どういうわけでたびたび読まれるのか?。。。 僕は不思議に思ったわけです。。。

それで、その不思議を突き止めたのですか?

そうですよ。。。 解ってしまえば、実に簡単なことなのですよ。。。 最近、人気記事 の2番目に出ている『熟女下着』が急激に読まれるようになった。


(wp70917b0.png)


『拡大する』

『熟女下着』

この記事の統計で見ると7月になって急に読まれるようになったのですよ。。。

どうしてですか?


(wp70921a2.png)

あのねぇ~、ページの下の方のサイド・バーに出てくる人気記事の赤枠で囲んだ 熟女下着 をクリックすると次の記事が出るのですよ。。。


(wp30819e.png)


『拡大する』

『実際のページ』

あらっ。。。 『熟女下着』というタイトルのページがいくつもあるのですわねぇ~。。。

そうなのです。。。 このページが 実は ジューンさんが検索した結果のトップに表示された記事なのですよ。。。


(gog70923b.png)


『拡大する』

『現時点での検索結果』

つまり、「熟女下着 ジューン」と入れて検索するのは わたしばかりではないということですかァ~?

そうなのですよ。。。 ジューンさんの下着に魅了された多くのネット市民がいるということなのですよ。。。

信じられませんわァ~。。。

信じてください。。。 だから、『熟女下着』が7月から急激に読まれるようになったのです。。。


(wp70917b0.png)


『拡大する』

『熟女下着』

それで、わたしの下着がときどき盗まれるのですわねぇ~?

そういうことです。。。 僕がジューンさんの下着をくすねて下着女装しているわけではないのですよ。。。 『熟女下着』を読んだバンクーバーに住んでいるネット市民が ジューンさんのマンションへ忍んで行くのです!

そんな事を信じるネット市民は居ませんわァ。。。

あのねぇ~。。。、 昔の人は“信じる者は救われる!”と言いましたからねぇ~。。。 だから、ジューンさんも僕の言うことを信じて救われてねぇ~。。。


(laugh16.gif)

【卑弥子の独り言】


(himiko22.gif)

ですってぇ~。。。

あなたもデンマンさんの推理を信じることができないでしょう?

でも、女性の下着をゲットして、うまいこと女性に成りすます男性が居るのですわよう!

ちょっと次のYouTubeのクリップを見てくださいまし。。。


(xdress02.jpg)

いかがでござ~ますかァ~?

男性が女装していると思いますかァ?

あたくしは、素直に信じることができませんわァ~。。。

話は全く違うのでござ~ますけれど、

実は、あたくしの“ヴィーナスのえくぼ”が殿方の注目を集めているのでござァ~ますわよう。

うふふふふふふふ。。。

ええっ。。。 信じられないのでござ~ますかァ?

じゃあ、ちょっと次の検索結果を見てくださいまし。。。


(gog60409a.png)

『拡大する』

『現時点での検索結果』

「卑弥子 女性の本当の魅力 ヴィーナスのえくぼ」と入れてGOOGLEで検索する殿方が多いのでござ~ますわァ。

つまり、あたくしの“ヴィーナスのえくぼ”を目当てにやって来るのですわァ~。。。

うふふふふふふ。。。

あなたも、ビックリするでしょう?

ジムで汗を流して “ヴィーナスのえくぼ”をゲットいたしました。。。


(buttdimp5.jpg)

スタイルもよくなったのでござ~ますわァ~。。。


(curtain5.jpg)

いかがでござ~ますか?

でも。。。、でも。。。、“天は二物を与えず”と申します。。。

これほどスタイルが良くなったというのに、あたくしは未だに独身でござ~ますのォ。。。

世の中は、なかなか思うようにゆかないものですわァ~。。。

ところで、あなたは『万夜一夜物語』を読んだことがござ~ますかァ~?

“千夜一夜物語”ではなくてぇ、“万夜一夜物語”ですわ。


(manya02.jpg)

『万夜一夜物語』

デンマンさんが書いたのでござ~ますわよう。

ええっ。。。 10,001の話が書かれているのかってぇ~。。。?

とにかく、上のリンクをクリックして読んでみてくださいませぇ~。。。

あなたも、絶対にビックリするようなお話が出てきますわァ。

『万夜一夜物語』だけでは、物足りないのでしたら、

ジューンさんが登場する面白いお話もたくさんあります。

興味のある方は、どうか次のリンクをクリックして読んでくださいましねぇ~。。。

(roten101.jpg+cleoani.gif)

『悲愴と白鳥』

『ブッダと千夜一夜物語』

『絹の道と千夜一夜物語』

『ヤノマミの乙女』

『ジャータカと今昔物語』

『白木屋お熊とセックス』

『パンツを売る乙女』

『床上手な女@マルタ島』

『宮沢りえとおばさんパンツ』

『マチュピチュとインディー・ジョーンズ』

『映画を愛する薄命の女』

『ベニスの騒動』

『アンネとハンナ』

『名器たこつぼ』

『レダの卵を探して…』


(miro0018.jpg)

『サモトラケのニケとミロのヴィーナス』

『薄命な女のパンツ』

『ロトの娘たち』

『もう一人のモナリザ』

『万夜一夜の謎』

『自由という誘惑』

『驚異の大洪水』

『おつまみミステリー』

『混浴風景を探して』

『ハレルヤ』


(sylvie122.jpg)

『マルタ島のロマンだ』

『宮沢りえ人気@海外』

『癒しを奏でるパンツ』

『マルタ島deロマン』

『生ログdeロマン散歩』

『宮沢りえ@クールジャパン』

『混浴風呂ガー』

『ウェルカムバック』

『コペンハーゲンからやって来た』

『ロシアからやって来た』

『海外美女ランキング』

『ブログを解剖する』

『スイスからトランプ見に来る』


(fan004.jpg)

『海外美女を探して』

『パンツde大晦日』

『Tバック@三賀日』

『とっちゃん坊や』

『また千夜一夜』

『初恋の思い出』

『乳房振動とブラ』

『白木屋お熊』

『肥後ズイキ@セルビア』

『紐パン熟女』

軽井沢タリアセン夫人の小百合さんが扮するゴディバ夫人
(godiva05.jpg)

『美尻のビーナス』

『紐パン熟女に惹かれて』

『あの二人が気になって』

『肥後ズイキ@セルビア』

『私は下着女装です』

『ドリアンを探して』

『パリの日本人』

『ペンタゴン式己を疑う』

『薄命な女と映画』

『ラーメン@ベリーズ』

『うるさい夏』

『芭蕉と英語』

『晩香坡物語 生誕150年』

ジューンさんの熟女下着
(30june.jpg)

『エレクトラde中国』

『熟女パンツ』

『ラーメン@カイロ』

『スパム@クルーズ』

『えくぼ@ヴィーナス』

『孀婦岩』

『モナリザ描きたい』

『ジューンさんの下着』

とにかく、次回も興味深い記事が続きますわ。
だから、あなたも、また読みに戻ってきてくださいね。
じゃあ、また。。。


(hand.gif)



(spacer.png+betty5de.gif)
(hiroy2.png+betty5d.gif)
『スパマー HIRO 中野 悪徳業者』

 


(chiwawa5.gif)

こんにちは。ジューンです。

スパムメールが相変わらず多いですわよね。

あなたのメールボックスにも、

ジャンクメールがいっぱい入っているでしょう!?

スパムメールを飛ばしているのは

いったい、どういう人たちなのでしょうか?

出会い系サイトのオーナーたちが多いそうですわ。

彼らは会員を集めるためにスパムメールをばら撒きます。

そのためにメールアドレスのリストを購入しています。

では、そのようなリストを販売している人は

どうやってメールアドレスを集めているのでしょうか?

ロボット(自動巡回プログラム)によって

自動収集させているのです。

ところで、サーチエンジンの自動巡回ロボットは

毎日世界中のサイトを訪問し、

その内容をデータベースに書き込んでいます。

同じように、このメールアドレス収集巡回ロボットも、

HTMLソースを分析し、

メールアドレスらしきものをどんどん記録してゆきます。

でも、使っていないメールアドレスが

たくさんあるのですよね。

あなたの使っているメールアドレスのことを

考えてください。

あなたはメールアドレスをいくつ持っていますか?

一つだけではないでしょう?

10以上持っているのではありませんか?

多分、ほとんどのメールアドレスは使ってないでしょう?

そのために、現在実際に使っている

メールアドレスを集めるために、

怪しい人物が使用度の高いメールアドレスを

集めているのですわよ。

だから、あなたもむやみに信用できない人に対して

返信しないようにしてくださいね。

詳しいことはデンマンさんが次の記事で書いています。

『コメント魔』

(2012年4月3日)


(himiko92.jpg)

ところで、卑弥子さんが面白いサイトを

やっています。

興味があったら、ぜひ次のリンクをクリックして

覗いてみてください。

『あなたのための笑って幸せになれるサイト』

とにかく、今日も一日楽しく愉快に

ネットサーフィンしましょう。

じゃあね。 バーィ


(juneswim.jpg)


(byebye.gif)

ぶんぶく茶釜だよ

2017年9月23日

 

ぶんぶく茶釜だよ

 


(morinji2.jpg)


(morinji3.jpg)


(sayuri55.gif)

デンマンさん。。。 どういうわけで“ぶんぶく茶釜”を取り上げたのですか?


(kato3.gif)

あのねぇ~、実は、東京の世田谷区にある社会福祉法人の奉優会で働いている 福島 百合江(ふくしま ゆりえ)さんが僕が2009年の11月に投稿した次の記事を読んだのです。。。


(morinji1.jpg)

『ぶんぶく茶釜』

福島 百合江(ふくしま ゆりえ)さんが上の記事を読んだと どのように突き止めたのですか?

次のリストを見てください。。。


(liv70906a5.png)


『拡大する』

『ぶんぶく茶釜』

これはライブドアの僕の『徒然ブログ』の9月5日の午後4時39分から午後8時8分までの約3時間半の「生ログ」の一部です。。。 赤枠で囲んだ箇所に注目してください。。。

あらっ。。。 9月5日の午後4時48分にGOOGLEで検索して『ぶんぶく茶釜』を読んだのですわねぇ~。。。

そうです。。。 IPアドレスを調べると福島 百合江(ふくしま ゆりえ)さんが読んだと判るのです。。。


(ip191114b.png)

『拡大する』

確かに、世田谷区にある社会福祉法人の奉優会が出てきますわねぇ~。。。 でも、アクセスしたネット市民の名前までは判らないはずですわァ~。。。

小百合さんは、かなり厳しいツッコミを入れるのですねぇ~。。。 話を進めてゆくうちに小百合さんも納得するようになります。。。 だから、更にツッコミを入れないでください。。。

つまり、福島 百合江(ふくしま ゆりえ)さんが『ぶんぶく茶釜』読んだので“ぶんぶく茶釜”を取り上げたのですか?

いけませんか?

別にかまいませんけれど、ただそれだけのことで取り上げるのは、ちょっと単細胞的な考え方ではありませんかァ~?

もちろん、僕はただそれだけの理由で取り上げたわけではありません。。。 小百合さんは“ぶんぶく茶釜”で何か思い出すことはありませんか?

“ぶんぶく茶釜”と言えば、あの有名な童話ですわァ。。。 デンマンさんもこのページの冒頭で、その童話のクリップを貼り付けているではありませんかァ!


(tanuki01.jpg)

証城寺の狸囃子 (童謡)

うん、うん、うん。。。 確かに、この“ぶんぶく茶釜”の童話はほとんどの日本人が知ってます。。。 でも、ほとんどの日本人が知らないことで、小百合さんには何か思い当たる事がありませんかァ~?

ほとんどの日本人が知らないで、私だけが知っていることですか?

そうです。。。 小百合さんが答えるのを待っていると、この記事が長くなるだけだから、明かしますけれど、上のリストに貼り出してある茂林寺へ小百合さんと一緒に“たぬき”を見に行く前に、鰻屋に寄って“うな重”を食べたのですよ。。。

言われてみれば、確かにそのようなことがありましたわねぇ~。。。

小百合さんは、ほぼ忘れてしまったようですねぇ~。。。 僕は記事を読んで懐かしくなって“ぶんぶく茶釜”を取り上げる気になったのですよ。。。

それほど懐かしいことなのですか?

そうですよ。。。 だから記事の中でも僕は小百合さんに書いたメールを引用したのです。。。 ここに書き出しますから、読んでみてください。。。

件名:おはよう!鰻重はうまかった!

ありがとう!きゃはははは。。。

♪┌(・。・)┘♪


(unagi10.jpg)

日付: Sat, 24 Oct 2009 12:03:14 +0900
差出人: “green@infoseek.jp”
宛先: “dominis@yahoo.co.jp”
CC: “barclay1720@aol.com”

昨日は、思い出を作ってくれてありがとう!
鰻重(うなじゅう)はうまかった。
あのキモのお吸い物は生まれて初めて飲みましたよう。


(unagi12.jpg)

昨日、東行田駅から家に帰る途中で「かどや」に寄って焼きそばを4人前買いました。
ちょうどおばさんが行田病院へ行って留守でした。

お昼ごろ病院に行って帰ってきたのが5時ごろで、
4人前の焼きそばを包んでくれましたが、
作るのには間に合わなかった。
おじさんが作りました。
でも、同じ味でした。

それにしても、病院は大混雑だったとか??
お昼から5時までかかるのだから、日本は病人天国、いや、病人地獄?になったのか?

\(*^_^*)/ キャハハハ。。。


(kadoya20.jpg)


(kadoya30.jpg)

初めて、あの101歳のおばあさんと話をしました。
あんなに元気な100歳以上のおばあさんを見るのは初めてでしたよう。
元気ですよね!
ビックリしましたよう。
明治41年生まれですからね。

家に帰ってさっそくお袋と焼きそばを食べました。
小百合さんに鰻重をご馳走になったことを話題に出して。。。

ムシの知らせと言うのでしょうか!?
小百合さんから、まもなく電話がありました。
珍しく電話機のそばに居たお袋が出たのだけれど、
小百合さんの名前を覚えていたらしく、「デンマンがご馳走になったそうで、ありがとう」と言うのが聞こえました。

ブログ以外のことでは、小百合さんの事をお袋には、ほとんど話しているのですよう。
お袋は最近、物忘れが激しくなったけれど小百合さんのことは、よく覚えているようです。

今日のブログの記事は「おばんざい」
2008年8月4日に書いたものを再掲載したものです。


(obanzai.jpg)

『おばんざい(2009年10月24日)』

バンクーバーから成田に向けて飛び立つ(10月6日)前、9月30日の午後11時40分に上の記事をライブドアのブログに予約投稿しました。
時間があったら読んでみてね。


(renge720.gif)

『ムカついているの?(2009年10月23日)』

すぐ上の記事は10月22日に書いた小百合さんへのメールを使っていますよ。
この記事も時間があったら、ぜひ読んでみてね。

小百合さんもムカつくことがあるけれど、
めれんげさんのムカつきとは本質的に違うんだよね。

どのように違うの?

上の記事を読むと、それが理解できますよう。

\(@_@)/ キャハハハ。。。


(aodori.jpg)

夕べはNHKの深夜番組で『日本の祭り2009』の「阿波踊り」を観ましたよう。
午前1時10分から3時12分まで。
8月21日の再放送で2時間番組でした。

解説は前半が娯茶平連の連長さん、後半が天水連の連長さん。
ゲストは朝ドラ「ウェルかめ」の出演者で倉科カナさん、羽田美智子さん、星野知子さんの3人。
藍場浜演舞場と両国での輪踊りを中継。
映し出されたのは蜂須賀連、扇連、悠久連、うきよ連、娯茶平連、うずき連、天水連、阿呆連、無双連、ゑびす連、かずら連。


(awa12.jpg)

確か番組の殿(しんがり)に出てきたと思うのだけれど、阿呆連の踊りが一番印象に残りました。
自由で、躍動的で実に良かった。
お祭りっていいよね。
観ていると“日本人の血”が踊り出しますよう。
やっぱり、僕は日本人だと、しみじみと感じました。

400年の伝統・鍛え抜かれた技と美。
臨場感たっぷりの2時間。
う~♪~ん・・・
まさに、その通りでした。

小学生から初老の男女まで、みな熱くなって一生懸命に踊っていたのが伝わってきましたよう。
日本人の元気の源(みなもと)を感じて、僕も元気をもらいました。

「かずら連」の解説で踊る人の浴衣のすそに描かれていた“かずら橋”を見て急に思い出が鮮明に蘇(よみがえ)りました。
あああア~、なつかしい!
30年前に訪れた祖谷川(いやがわ)に沿ったカーブの多い一車線の道は忘れられない。
まかり間違えば、祖谷渓谷に落ちて死にそうなスリルを感じてゾクゾクとしたものでした。
世界に飛び出す前に、まだ行ったことのない四国に行ってみたい。
そう思って選んだ場所が“かずら橋”でした。


(hashi10.jpg)

秋には紅葉の景色が見事だと聞いていたけれど、行ったのは確か夏休みだったと思う。
紅葉には記憶がない!
弘法大師が祖谷に来たとき困っている村民のために架けたと言う伝説。

平家の落人(おちうど)がこの地に潜み、追手が迫ってもすぐ切り落とせるように葛(かずら)を使って作ったと言う伝説もある。
歴史馬鹿の僕は、そういう伝説に惹かれて行ってみたのでした。
とにかく、クネクネと曲がりくねった一車線から深い渓谷を観ながら、運転を間違えば、谷底へ落ちて死んでしまうような恐怖を味わいながら橋まで行ったスリルが未だに忘れられませんよう。

しかも、山野に自生するシラクチカズラで編まれた吊り橋は、全長45m、水面からの高さ14m。
歩くたびにユラユラと揺れてスリル満点。
渡し木と渡し木のすき間から見える渓谷の美しさもスリル満点。
ゾクゾクしました。

400年も続く伝統の阿波踊りが、洗練され、躍動的な現代の踊りになって観る僕の“日本人の血”を沸かせた!
そして、僕は祖谷渓谷に落ちて死ぬかもしれない、あのゾクゾクとするスリルを改めて思い出したものでした。

残念ながら、阿波踊りをまだ現地で観たことがない。
でも、テレビ画面の中に日本人の原点を見たようで、本当に元気をもらいました。

400年の伝統・鍛え抜かれた技と美。
そうだよね。
日本と日本人は、やっぱり素晴らしいと思いましたよう。

でも、現在の日本は歪(ゆが)められている。
病(や)んでいる。
テレビを見ていても悲惨なニュースは後を絶ってないよね!
自殺者は1年に3万人以上!


(lonely30.gif)

10月19日には、18歳の少女がヨットスクールの屋上から飛び降り自殺した。
派遣切りに合い、仕事がなくなって、生活保護も受けられず
30代の男が一人さびしく餓死をした。

この男のことを10月8日にNHKの「クローズアップ現代」が取り上げていましたよう。
「“助けて”と言えない~いま30代に何が」
見ていて本当に悲惨な事件だと思いましたね。
働き盛りの30代が餓死している現状。

民主党政権は“コンクリートから人へ”と言っているけれど、
言っているだけ!
日本の未来を本当に素晴らしい国にしようとするビジョンを持った政治家が居ない!

ビジョンを持たないグータラな世襲の政治屋のために貴重な小百合さんの人生、家族の生活を無駄にすることはないのですよう。
世界に羽ばたく。
そういう選択もあるのです。
そして海外から日本を良くする選択だってある!

今日は残念ながらどんよりと雲っている。
しかし、日本の政治が駄目でも、日本は僕のふるさとですからね。
ふるさとは、やっぱり素晴らしい。
この素晴らしさだけは、政治が駄目でも存続してほしい。

 

“国敗れて山河あり!”

 


(hashi20.jpg)

祖谷(いや)渓谷の小便小僧

戦後の復興を立ち上げた政治家が今は居ない!
ビジョンを持たず日本を悪くする政治屋だけが馬鹿なことをやっている。
しみじみと、そう感じるこの頃です。

でも、今日もウィンナコーヒーを飲みながら
のんびりと楽しんで書いていますよう。

小百合さんと再会して幸せを噛み締めています。

ヽ(´ー`)ノ きゃはははは。。。

ありがとう。

じゃあね。

(V__/)
(+’.’+)
(“)_(“)


(denman01.gif)


『ぶんぶく茶釜』より
(2009年11月21日)

こういうメールは当事者しか面白いと思わないのですわァ。。。。

あれっ。。。 小百合さんは懐かしいと思わないのですかァ~?

だから、個人的なメールを見せ付けられれば、この記事を読んでいるネット市民の皆様は、全く興味のないホーム・ムービーを見せられたように、ウザッたい気分になっているのですわァ~。。。

あのねぇ~、そのウザッたい気分になっているというネット市民の皆様の気持ちは脇に置いて、小百合さんの気持ちはどうなのですかァ~?

こうして私信をネットで公開され、デンマンさんと館林で“うな重”を一緒に食べたとバラされると、なんだか秘密をネットで公開されたようで、私としてもウザッたい気分になりましたわァ~。。。

懐かしいという気持ちにはなれないのですかァ?

つまり。。。、つまり。。。、私に懐かしいという気持ちを起こさせるために、わざわざこの記事を書き始めたのですか?

いや。。。 そのようにムキになって僕を睨(にら)めつけないでください!。。。 もちろん、その目的が僕にとって重要なのだけれど、それだけの理由ではないのですよ。。。

だから、他にどのような重要なことがあるのですか?

あのねぇ~、社会福祉法人の奉優会で働いている 福島 百合江(ふくしま ゆりえ)さんが読んだということが重要なことですよ。。。


(nana700d.jpg)

つまり、美人の百合江さんが茂林寺へ“たぬき”を見に行ったので、こうして記事を書く気になったのですか?

いや。。。 百合江さんは茂林寺へ“たぬき”を見に行ってません!

でも。。。、でも。。。、上の写真には“たぬき”と並んで百合江(ふくしま ゆりえ)さんが写っているではありませんかァ!

僕がこの記事のためにコラージュしてデッチ上げた写真です。。。

そういう紛(まぎ)らわしいことをしないでくださいなァ~。。。 で、重要な事とは何ですのォ~?

わざわざメールを引用したということは、そのメールの中に 社会福祉法人の奉優会で働いている福島 百合江(ふくしま ゆりえ)さんの心を痛めたことが書いてあったのですよ。。。

だから、それは何ですか?

改めて読んでみてください。。。


(nhk008.jpg)

 

派遣切りに合い、仕事がなくなって、生活保護も受けられず

30代の男が一人さびしく餓死をした。

 

この男のことを(2009年)10月8日にNHKの

「クローズアップ現代」が取り上げていましたよう。

「“助けて”と言えない~いま30代に何が」

見ていて本当に悲惨な事件だと思いましたね。

働き盛りの30代が餓死している現状。

 

民主党政権は“コンクリートから人へ”と言っているけれど、

言っているだけ!

日本の未来を本当に素晴らしい国にしようとする

ビジョンを持った政治家が居ない!

 


(help119.jpg)

『「クローズアップ現代」番組を観る』

 (別窓が開きます!)

 

働き盛りの30代の男が派遣切りに合い、仕事がなくなって、生活保護も受けられず餓死してしまったのですよ。。。

ちょっと常識では考えられませんわァ。。。

派遣切り


(haken01.jpg)

 

2008年11月に始まる金融危機を発端とする世界的不況において、自動車産業や電機メーカーなどを中心とする製造業による大規模な労働者派遣契約の打ち切りとそれに伴う派遣業者による労働者解雇・雇い止めが発生し、マスメディアを通じて一般の注目を集めるようになったことが、「派遣切り」という言葉を広める契機となった。

一般的に、労働者派遣は労働力の需要に柔軟に対応して供給することを目的としたものだという背景もあり、派遣先企業が中途解約可能な派遣契約を結んだり、そうした規定が無くとも気にせず派遣契約の中途解約を行われたりする。

一方、派遣企業とって顧客先企業である派遣先企業(製造業等)に対して契約の中途解約で損害賠償請求したり、損害賠償請求できるような派遣契約を結ぶのは実際上躊躇される。
こうした結果、派遣契約の中途解約が横行していると考えられる。

このように派遣業という業種が需要変動の大きいことを背景として、派遣労働者の場合、しばしば仕事が無くなり、通常の給与の6割の休業手当(労働基準法により通常の賃金の6割以上が義務付けられている)で我慢することとなったり、さらには雇い止めや解雇に至る状況となっている。

雇用契約の期間満了による雇用終了だけでなく、雇用契約の期間満了以前の契約切りも横行している。
当然ながら契約途中で雇用契約を一方的に切ることは、労働者を「解雇」することに他ならない。

不況を理由にするとはいえ、解雇された労働者のその後の生活を鑑みず、ないがしろに扱う手段について、人権問題からの観点や企業のモラルから問題視する声も多い。
満了以前の契約切りは「解雇」であり、整理解雇四要素(または四要件)の観点に照らして十分な対応がなされていないと不当解雇にあたり、労働契約法にも抵触するが刑事および行政上の罰則は全くないため、民事で訴えるしかない。
派遣業者の立場からは、派遣先の企業の都合により、契約満了以前に打ち切ることが契約条項に入っているので違法性がないというのに対し、労働者側の立場では、構造改革による派遣関係の規制緩和政策により、人材関連業界の拡大が図られたこともあり相対的に弱く、訴訟の出費に比して敗訴する見込みが高く、労働者が泣き寝入りしているのが現状である。

また製造業においては派遣労働者を直接雇用することを迫られる2009年問題もあるため、便乗して解雇を行っているのではないかとの指摘もある。

全国におよそ100万人いる製造業の派遣・請負労働者は2009年3月末までに40万人が失業するという試算が製造派遣・請負会社の業界団体などに出されているが、70万~100万人が失業するという試算もある。

連鎖失業防止効果

リーマンショックによる急激な需要減によるや収益悪化に伴う貸倒れなどによる倒産でおこる全社員が失業する事態やそれが関連企業との取引減少でおこる連鎖倒産など利害関係者へのより大規模な被害を最小に防げる調整弁としての効果がある。
逆に環境の変化に対応して事業や人員整理、もしくは解雇しない代わりに一時的な給与の削減の説得ができる企業・中小・個人経営が環境適応して生き残れるという指摘がある。
経営危機時にはアルバイト・パート・派遣の人件費整理後でも能力のある社員は転職に成功して、残る経営者や役員、社員も倒産による失業から生き残れ無い場合もある。


出典: 「派遣切り」
フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

最近の日本ではどうなっているのですか?

少しは改善されたようですわ。。。 自殺者も全体で年間3万人を下回りました。。。


(jisatsu90.png)


『拡大する』

『実際の統計ページ』

なるほどォ~。。。 僕が『ぶんぶく茶釜』を投稿した2009年から自殺者が減少傾向にあるのですね。。。 でも、まだ自殺者が年間に全体で24,000人も居るのですよ。。。

つまり、『ぶんぶく茶釜』を読んだ福島 百合江(ふくしま ゆりえ)さんも、まだ依然として自殺者が多いことに心を痛めてるのですか?

そういうことですよ。。。 政府がもっと本腰を入れて社会福祉政策に取り組んで欲しいと願いながら、ネットサーフィンしていたら『ぶんぶく茶釜』に出くわしたというわけですよ。。。


(laugh16.gif)

【卑弥子の独り言】


(himiko22.gif)

ですってぇ~。。。

確かに、年間24,000人の自殺者が居るということは、世界的に見れば異常でござ~ますわァ~。。。

ちなみに交通事故の統計は次のようになっているのです。。。


(traffic90.png)

『実際の統計ページ』

本文中の統計から 平成27年には年間で自殺者が 24,025人。

それに対して平成27年の交通事故の死亡者は 4,117人。

つまり、平成27年の自殺者は交通事故の死亡者の6倍なのですわ。。。

経済的な理由だけで自殺するとは思えませんが、

政府がもう少し若者の雇用状況を改善するように取り組むならば、

若者の自殺者は減少すると思います。

せめて、交通事故の死亡者数並みに自殺者が減少するように

政府は頑張って欲しいと思いますわァ~。。。

ところで、小百合さんが「軽井沢タリアセン夫人」と呼ばれているのですわァ。

なぜ。。。?

ご存知でござ~♪~ますか?

実は簡単な事なのですわよう。

小百合さんは軽井沢に別荘を持ったのですわ。

小さな頃から軽井沢に住むことが夢だったのですってぇ~。。。

分からない事ではござ~ませんわ。

そもそも小百合さんが軽井沢に興味を持ったのは、朝吹登水子のエッセーなどを読んだことがきっかけだったとか。。。

現在、朝吹登水子の山荘、睡鳩荘(すいきゅうそう)は軽井沢タリアセンに移築されて公開されています。


(suikyu9.jpg)

それで、小百合さんは軽井沢タリアセンを訪れては睡鳩荘に足を運んで少女の頃の事を思い出すのが楽しみなんですってよ。

そういう訳で、デンマンさんが小百合さんのことを「軽井沢タリアセン夫人」と呼ぶようになったのですわ。

軽井沢・雲場池の紅葉

軽井沢のイルミネーション

秋の旧軽井沢銀座ぶらり散歩

とにかく、明日もデンマンさんが興味深い記事を書くと思いますわ。

だから、あなたも、お暇なら、また読みに戻ってきてくださいまし。

じゃあねぇ~~。


(hand.gif)


(surfin2.gif)

ィ~ハァ~♪~!

メチャ面白い、

ためになる関連記事



(linger65.gif)

■ 『きれいになったと感じさせる

下着・ランジェリーを見つけませんか?』

■ 『ちょっと変わった 新しい古代日本史』

■ 『面白くて楽しいレンゲ物語』


(house22.jpg)

■ 『カナダのバーナビーと軽井沢に

別荘を持つことを夢見る小百合さんの物語』

軽井沢タリアセン夫人の小百合さんが扮するゴディバ夫人 Sayuri
(godiva05.jpg)

■ 『蕎麦屋と軽井沢タリアセン夫人』

■ 『おしまいでございます』

■ 『軽井沢タリアセン夫人 愛の写真』

■ 『菊ちゃんと阿部忠秋』

■ 『菊ちゃん、知恵伊豆、忠秋』

■ 『丸墓山は誰の墓?』

■ 『外国人SEXデンマン再訪』

■ 『日本最高?』

■ 『短歌に込められた愛の真実』

■ 『3月のバレンタイン』


(fragran11.jpg)

■ 『かぎろいミステリー』

■ 『40代女性の魅惑』

■ 『私のバレンタイン』

■ 『バレンタイン@4月』

■ 『豆まき@バレンタイン』

■ 『夢のココナッツ』

■ 『日本の失敗』

■ 『しじみ@愛のロマン』

■ 『とろけるカレー@バレンタイン』

■ 『バレンタイン夫人』

■ 『昭和の表象空間』

■ 『ズロースなの?』

■ 『焼きそばサンド』

■ 『平成の表象空間』

ジューンさんの熟女下着 June Adams 下着美人
(30june.jpg)

■ 『手作り弁当@船着き場』

■ 『盛り上がる@馬車道』

■ 『ゼリーフライ@鐘つき堂』

■ 『愛と憎しみの丸墓山』

■ 『忘れられない!』

■ 『大名行列@行田』

■ 『別れの朝も…』

■ 『婚外恋愛』

■ 『婚外恋愛と人間失格』


(noten15.jpg)

■ 『月夜の美人』

■ 『ふるさと 行田』

■ 『愛の偶然と必然』

■ 『田中角栄と軽井沢』

■ 『うさぎ追いしかの山』

■ 『アブラッソ不在の美』

■ 『ロマンの昔話』

■ 『海を渡ったバレンタイン』

■ 『バレンタインが老人を狂わせた』

■ 『マルちゃん海を渡る』

■ 『銀座からバレンタイン』

■ 『仙台からバレンタイン』


(sayuri201.jpg)

■ 『パリからバレンタイン』

■ 『ジャズ@バンクーバー』

■ 『タイからバレンタイン』

■ 『たまご麺@バレンタイン』

■ 『愛犬とゴッド』

■ 『ザ・バレンタイン女』

■ 『週刊誌deヌード』

■ 『愛と天の夕顔』

■ 『ジェミマおばさんのシロップ』

■ 『夏日に、お帰りなさい』

■ 『コイ、鯉、恋がいっぱい!』

■ 『スープカレーなのね』

■ 『忍城時代まつり』

■ 『夜道のルート66』

■ 『上を向いて歌おう』

■ 『霧積温泉のロマン』

■ 『元気が一番!』

■ 『行田のスープカレー』

■ 『パンツとブラジャーと餃子』

■ 『軽井沢を文学散歩する』

■ 『ばァ~の面影』

■ 『バレンタイン@行田』

■ 『軽井沢タリアセン夫人@遠藤家』

■ 『桃の節句@天国』

■ 『古代米カレー』

■ 『愛のジェローを探して』


(coffeeluv1.jpg)

■ 『コーヒーと愛の香り』

■ 『愛の馬車道』

■ 『亀姫と香芽子さん』

■ 『愛の夕顔を探して』

■ 『ケネディ暗殺の謎』

■ 『行田物語 ピラミッド』

■ 『由梨さん@コルシカ』

■ 『黒い行田市長』

■ 『ヒシしようよ』

■ 『天の川de思い出』

■ 『天の川の思い出』

■ 『行田物語 古代蓮』

■ 『チーズ@シルクロード』

■ 『ラーメン@バクー』

■ 『行田物語 饅頭』


(bare02b.gif)

こんにちは。ジューンです。

「上を向いて歩こう」がアメリカで人気が出るきっかけは

何だったのでしょうか?

通説によると、1963年の春、

アメリカ西海岸のローカルラジオ局のDJが、

異国情緒を味わってもらおうと、たまたま手元にあった

日本の曲をオンエアーしたところ、

リスナーからリクエストが殺到したために

人気に火がついたと言われています。

果たして、その話はどこまで本当なのでしょうか?

アメリカで「上を向いて歩こう」をシングルとして

最初に発売したレコード会社はキャピトルです。

同じ時期にキャピトルはイギリスの親会社であるEMIが

ビートルズのシングルを出すようにと要請してきたのです。

ところがアメリカでは人気が出ないと断っているのですね。

では、いったい誰が「上を向いて歩こう」をシングルとして

発売したのでしょうか?

その発売を決定した人の名前が

デンマンさんが描いた次のチャートに出ています。


(qchan90.gif)

デイブ・デクスター・ジュニアさんなのです。

「A&Rマン」と言われていた人で、

売れる可能性のあるアーティストを発掘し、契約を結び、

制作を担当する仕事をしていた人です。

ローカルラジオ局のDJからある日電話がかかってきて

「上を向いて歩こう」が人気が出ていると聞いて、

さっそく自分でも聞いてみたそうです。


(qchan03.jpg)

九ちゃんが日本語で歌っているので

詞の内容は理解できなかったけれど、

これならイケそうだと直感して売り出すことに決めたそうです。

つまり、ビートルズの曲はヒットしないと蹴ったけれど、

九ちゃんの「上を向いて歩こう」は直感的に

ヒットすると思ったのだそうです。

ところで、デンマンさんが小百合さんの記事をまとめて

次のサイトを立ち上げました。

時間があったら下のリンクをクリックして覗いてみてくださいね。

『夢とロマンを持って前向きに生きる

小百合さんの物語』

では、今日も一日楽しく愉快に

ネットサーフィンしましょうね。

じゃあね。


(ebay5.jpg)


(byebye.gif)

南京事件と反知性主義

2017年9月22日

 

南京事件と反知性主義

 


(question.gif)

 

あなたは「南京事件」は中国の

捏造だと言うのですか?

 


(nankin01.jpg)


(tenbatsu2.jpg)


(tenbatsu3.jpg)

 


(sylviex.jpg)

ケイトー。。。、今日はずいぶんと古い事件を持ち出してきたのねぇ~。。。


(kato3.gif)

シルヴィーは「南京事件」ってぇ知ってるのォ~。。。?

もちろん知ってるわよう。。。 あの東京裁判で世界に衝撃を与えた事件じゃないのォ~!

ところがねぇ~、日本では「南京事件」は中国がプロパガンダのために捏造した事件だと信じ込んでいる人たちが居るんだよ。。。

マジで。。。?

たとえば、あの事件があった上海事変とそれに続く南京城の戦いに参加したという一部の将兵たちまでが「南京虐殺」というのはなかったと否定している。。。

マジで。。。?

ちょっと次のYouTubeを観てください。。。


(nankin02.jpg)

参戦勇士九人が語る「南京事件」の真実

南京虐殺は捏造だった

ちょっと信じられないわねぇ~。。。 この証言をした元将兵たちは気は確かなのかしらァ~?

証言している元将兵たちは若い人でも80歳、たいてい90歳以上ですよ。。。 だから、過去の心の傷が精神を切り刻んで、今回は願望の発言をしているのかもねぇ~。。。 僕には、この人たちの精神状態がよく理解できませんよ。。。

ケイトーは「南京事件」があったことを事実として信じているわけぇ~?

もちろんですよ。。。 僕は、個人的にその虐殺を目にしたという元下士官から、実際に話を聞いてますからねぇ~。。。 その人は嘘やデマカセを言うようなタイプの人間ではありません。。。 それに、次のYouTubeの映像を見たら「南京事件」があったと信じないわけにはゆきませんよ。


(nankin03.jpg)

南京大虐殺の証拠

当時の記録映像と

生存者の確実な証言 (ひどい映像)

この映像を見ると、被害者の傷がひどすぎて、とても捏造できるような映像じゃないです。。。 その当時は コンピューター・グラフィクス(CG)なんてないからねぇ~。。。、被害者のひどい傷などをコラージュしてデッチあげることなど無理です。。。

それにしても、旧日本帝国の兵隊たちは ずいぶんと酷(ひど)い事をしたものねぇ~。。。

僕は、たまたまバンクーバー市立図書館で借りていた本を読んでいたら次の箇所に出くわしたのですよ。。。


(nankin04.jpg)

 

そもそも日本政府はどんな立場をとっているのか?

外務省のホームページを見ればこう記されていた。

1. 日本政府としては、日本軍の南京入城(1937年)後、非戦闘員の殺害や略奪行為等があったことは否定できないと考えます。

2. しかしながら、被害者の具体的な人数については諸説あり、政府としてどれが正しい数かを認定することは困難であると考えています。

3. 日本は、過去の一時期、植民地支配と侵略により、多くの国々、とりわけアジア諸国の人々に対して多大の損害と苦痛を与えたことを率直に認識し、痛切な反省と心からのお詫びの気持ちを常に心に刻みつつ、戦争を二度と繰り返さず、平和国家としての道を歩んで行く決意です。

非戦闘員の殺害や略奪までを認め、詫びていた。

 (20-21ページ)

私は戦後生まれで戦争とは無縁である。
そんなものを背負わせないでもらいたい……。
それはそのまま安倍総理の「70年談話」と同じだ。

「あの戦争には何ら関わりのない、わたしたちの子や孫、そしてその先の世代の子供たちに、謝罪を続ける宿命を負わせてはなりません」
そうなのか?
それで終えてしまっていいのか?
兵を戦地に送り込むのは国家であろう。

しかし戦い、傷つき、家族を失い、苦しむのは、結局は個々の人間だ。
国家がその苦しみを救えるはずもない。
ならば宿命を背負うか、謝罪するか、最後に決めざるを得ないのは、私達個々ではないか。

それぞれが歴史に学び、事実を知り、憂い、死者に黙祷せずしてどうするのか。
それこそが「国を守る」ということではないのか。

だが、……
戦後70年。
外務省のサイトが更新された日、消し去られた文言とはいったい何だったのか……。

日本は、過去の一時期、植民地支配と侵略により、多くの国々、とりわけアジア諸国の人々に対して多大の損害と苦痛を与えたことを率直に認識し、痛切な反省と心からのお詫びの気持ちを常に心に刻みつつ、戦争を二度と繰り返さず、平和国家としての道を歩んで行く決意です。

「植民地支配」、「侵略」。

そして、不戦や平和国家への決算などそのすべてが消滅していたのである。

 (269-271ページ)

(注: 赤字はデンマンが強調。
読み易くするために改行を加えています。
写真はデンマン・ライブラリーより)


『「南京事件」を調査せよ』
著者: 清水潔
2016年8月25日 第1刷発行
発行所: 株式会社 文藝春秋

安倍総理は明らかにアメリカの意向に沿って 将来戦争が起こることを見通しているような態勢を日本で整えているようです。。。


(hitler99.jpg)

マジで。。。?

実は、その事を示すような貴重なYouTubeのクリップがあるのですよ。。。 観てください。。。


(nankin05.jpg)

大日本帝国オタクの逆切れ恫喝会見

当時の安倍政権の菅官房長官が上のクリップの中で“逆切れ恫喝会見”を行っているのですよ。。。 それに対して文芸評論家の斉藤美奈子さんが次のように書いている。

逆切れ恫喝会見

東京新聞 本音のコラム


(nankin10b.jpg)

文芸評論家 斉藤美奈子

平成27(2015)年10月14日

 

世界記憶遺産に「南京大虐殺」の関係資料が登録された件。
外務省報道官は「極めて遺憾」との談話を出し、菅官房長官はユネスコへの拠出金停止もありと示唆した。

菅官房長官は平成27年10月2日にも「日中間の過去の一時期における負の遺産をいたずらに強調しようとする」と不満を述べたが、なぜ中国は「負の遺産をいたずらに強調」するのか。
安倍政権の歴史認識に疑いを持っているからにほかあるまい。

南京大虐殺の死者については20万人説(東京裁判)、30万人説(中国政府)などがあり、最近は4万人説が有力らしい。
が、たとえ4万人でも日本軍が南京攻略に際し、非戦闘員を含む万単位の人を殺戮したのは歴史的な事実である。

死者数を是正したければ、歴史を謙虚に受け止め、反省を示すのが先。
「気に入らないから金は出さない」では恫喝でしょ。

虐殺自体を隠蔽する思惑が見える安倍政権。
自民党が推薦する育鵬社の中学歴史教科書でも南京事件の記述は曖昧だし、馳新文部科学大臣もそんな歴史観の支持者だし。

原爆ドームやアウシュビッツの世界遺産登録に反発し、アメリカやドイツが「金は出さん」と表明したらどう思う?
相手は牽制球を投げて日本の出方を見ているのだ。
認識を(または政権を)変えない限り、日中関係は泥沼化するばかり。
同じようなことが続くだろう。


赤字はデンマンが強調!)

確かに、そうよねぇ~。。。 原爆ドームやアウシュビッツの世界遺産登録に反発し、アメリカやドイツが「金は出さん」とは言わないでしょうねぇ~。。。

だいたい「南京虐殺」は無かったと言うのは「ホロコースト」が無かったと言うようなものですよ。。。 驚いたことに、世の中には、アウシュビッツに代表されるホロコーストは捏造だと言った人もいた。

たとえば。。。?

例えば、デイヴィッド・アーヴィング(David Irving)ですよ。。。 ロンドン大学インペリアル・カレッジを中退、1963年に『ドレスデンの破壊』を発表し、ヨーロッパでは大ヒットとなった。 1977年に『ヒトラーの戦争』を発表、その中でアドルフ・ヒトラーがホロコーストに対して消極的だったと主張、物議を醸した。。。 やがて米国の研究者デボラ・E・リップシュタットから「ホロコースト否定論のもっとも危険な語り手の一人」と批判され、彼女を訴えたが2004年4月に敗訴した。 逆に約300万ドル(約3億円以上)の訴訟費用の支払いを命じられ、破産状態にある。

このアーヴィングさんはマジでホロコーストは捏造だったと言ったの?

そうです。。。 2005年11月11日、ホロコーストを否定する発言が禁止されているオーストリアで逮捕され、2006年2月20日に3年間の服役という判決を受けたのですよ。。。 この人物の話しは映画にもなった。


(lib70920a.png)


『拡大する』

『実際のページ』

あらっ。。。 ケイトーもこの映画をバンクーバー市立図書館でDVDを借りて観て 7月24日にコメントを書き込んだわけねぇ~。。。

そうです。。。 だいたい僕に言わせてもらえば「南京事件」が無かったと言うのは、犯罪でないならば反知性主義に凝り固まった妄言ですよ。。。

反知性主義


(whist90.jpg)

 

佐藤:

私の理解では、反知性主義とは、
実証性や客観性を軽視もしくは無視して、
自分が欲するように世界を理解する態度のことです。

その上で、政治エリートに反知性主義がいるのは危険だ、
という文脈でこそ、この問題を論じるべきなのです。

最近、ICU副学長の森本あんりさんが『反知性主義』(新潮選書)という
本を書いて話題になっています。
「反知性主義こそ民主主義的だ」という、この本の主張は、
あくまでアメリカ初期のプロテスタントに限定された話です。

ピリグリム・ファーザーズがアメリカに上陸すると、
まず大学に神学部をつくり、そこを拠点に自分たちの共同体をつくろうとしました。
彼らは、細かい神学的知識を持った一部のエリートでした。
彼らに反発して出てきたのが森本さんが扱っているアメリカにおける反知性主義です。
要するに、エリートによる知の独占に対する反発なのです。

これは、アメリカにおいては、特定の時代において、
一定の意味があったにすぎません。
しかし、そこからストレートに、「反知性主義はいいものなのだ。
今こそ反知性主義の復権が必要だ」などとは、とても言えません。

現在の反知性主義は、すぐに「学問などどうでもいい。
実証性もどうでもいい」という方向に向かっています。

この点を自覚しないと、森本さんのような議論は、
いまの日本の反知性主義者をサポートすることになる。
「これが民主主義の要だ」というお墨付きまで与えてしまう。

 

池上:

狭義の「アメリカ的反知性主義」ではなく、
「国際的スタンダードの反知性主義」というのは、
つまり、安部首相や橋下大阪市長のことですね。

 

佐藤:

そうです。
あるいはサルコジなど、ああいう人たちを指す言葉です。
要するに、実証性、客観性を軽視もしくは無視して、
自分たちの欲するように世界を理解する態度です。

いまの日本の政治的文脈で、こういう態度を民主主義的として
肯定するのは、極めて危険で、有害でしかありません。

 

池上:

まったく同感です。
実証性、客観性を無視して、自分の世界に
閉じこもってしまえば、かえって自分を見失うだけだからです。

 

(注: 赤字はデンマンが強調。
読み易くするために改行を加えています。
写真はデンマン・ライブラリーより)


232-234 ページ 『大世界史』
著者:池上彰・佐藤優
2015年10月25日 第2刷発行
発行所: 株式会社 文藝春秋

「南京事件」が無かったと言う人は要するに、実証性、客観性を軽視もしくは無視して、自分たちの欲するように世界を理解しようとしているのですよ。

具体的には。。。?

あのねぇ~、次の映画は、反知性主義に凝り固まった人物が作った映画です。。。


(nankin16.jpg)

「南京の真実」第一部

「七人の『死刑囚』」特別編集版

「南京主義」が無かったということを別にすれば、とても素晴らしい映画なのですよ。。。 でもねぇ~、この映画を作った水島総さんは、知ってか知らずか「南京事件の証拠となるフィルムが無い」と主張している!

でも、これまでの上のYouTubeのクリップを観れば、「南京事件の証拠となるフィルム」はたくさんあるじゃない!

そうです。。。 水島総さんは知らなかったのか、故意に無視しているとしか言えない! だいたい、1970年代には「南京事件」があったことは当然の事として日本人の多くが認めていたことなのですよ。。。 それは、次の新聞記事を読んでも充分に理解できる。。。

南京大虐殺の悲劇

 

日本軍はまず、撤退が間に合わなかった中国軍部隊を武装解除したあと、長江(揚子江)岸に整列させ、これに機銃掃射を浴びせて皆殺しにした。

虐殺の対象は軍隊だけではなく一般の婦女子にも及んだ。
金陵女子大学構内に設置された国際難民委員会の婦女収容所にいた7000人の婦人が、大型トラックで運び出され、暴行のあと、殺害された。

日本軍将校二人が、百人斬りを競い合ったというニュースが、日本の新聞に大きく報道された。


(nankin01.jpg)

 

虐殺の手段もますます残酷になった。
下半身を地中に埋め、軍用犬に襲いかからせる“犬食の刑”、鉄カギで舌を貫いて全身をつるしあげる“鯉釣り”、鉄製のベットに縛りつけ、ベットごと炭火の中に放り込む“ブタの丸焼き”など、考えられる限りの残忍な殺人方法が実行された。

こうした戦闘員・非戦闘員、老若男女を問わない大量虐殺は2ヵ月に及んだ。
犠牲者は30万人とも40万人とも言われ、いまだにその実数がつかみえないほどである。 (略)

南京にする外国人たちで組織された南京救済のための国際委員会は、日本軍第六師団長・谷寿夫にたいし、放火、略奪、暴行、殺人など計113件の具体的事例を指摘して、前後12回にわたって厳重な抗議を提出したが、谷寿夫は一顧だにしないばかりか、逆に、血塗られた南京の状況を映画やフィルムに収め、日本軍の“戦果”としてほめたたえたのである。


サンケイ新聞 「蒋介石秘録」 497回目
「南京大虐殺」 1976年6月23日版
赤字はデンマンが強調!)

上の新聞記事は僕も読みました。。。 当時は、「南京事件」は無かったということを 僕の知る限り、テレビや新聞で言う人は居なかった。。。 ところで、上の「百人斬り競争」として報道されたのは、中島今朝吾第16師団第9連隊所属の野田毅陸軍少尉と向井敏明陸軍少尉です。。。 この二人と、第6師団長の谷寿夫中将は 戦後、中国でBC級戦犯として裁判にかけられ死刑判決が下った。。。 この3人は1947年(昭和22年)4月に銃殺刑により亡くなってます。

つまり、「南京事件」という歴史的事実に目を背(そむ)けず、これからはどんな事があっても戦争はしないということねぇ~。。。

そうです。。。そうですよ。。。 でもねぇ~、今の安倍政権は反知性主義的で、歴史修正主義的で、「南京事件」に目を背けようとしている傾向がある。。。 たとえ、中国や北朝鮮が軍備増強しようとも、日本は断固として戦争を放棄しなければならないのですよ! それが原爆を受けた 世界でただ一つ国の国民がとるべき平和一筋の道です!

でも。。。、でも。。。、北朝鮮のあのクレージーな金正恩が大陸弾道弾に原爆を乗せて日本にぶち込んだらどうするのォ~?

それでも日本は戦争を放棄すべきです。。。

でも、それだと、日本に居る日本人が死滅してしまうじゃない!?

だいじょうぶです。。。 海外に50万人以上の日本人が居ますから。。。 日本民族が地球上から全滅することにはありません!

ケイトーはバンクーバーに住んでいるから、そのようなノー天気な事を言ってられるのよ! 現在に日本に住んでいる日本人にしてみれば、いつ核爆弾を搭載したロケットが飛んでくるかもしれない恐怖に戦(おのの)いているのだわァ~!

それでも、世界唯一の被爆国として日本は戦争を放棄すべきです! ちゃんと日本国憲法にも書いてあるのだから。。。 それに、広島平和記念公園の石碑には、「二度と過ちは繰返しませぬから」と刻まれている!


(hiroshima0.jpg)

例え どんな事があっても日本は戦争をしないというのが、戦争で亡くなった多くの人たちに対する日本人の責任です。。。 地下で安らかに眠っている被害者たちは2度と戦争を見たくないのです!

でも。。。、でも。。。、日本に住んでいる日本人が全滅してしまうかも。。。

でもねぇ~、たとえ日本に住んでいる日本人が全滅しても 200年後、300年後には、日本人は戦争を放棄して絶対に戦争で問題を解決しなかった素晴らしい国民だとして歴史に残るのですよ! 素晴らしいことです! いずれ国は無くなり地球は一つの運命共同体になるのだから。。。


(foolx.gif)

【ジューンの独り言】


(bare02b.gif)

ですってぇ~。。。

あなたは、どう思いますかァ~?

ところで、あなたは安倍総理が日本の平和をマジで守ると思いますかァ~?

安倍政権が“反知性主義の右翼政権”だと主張している国会議員もいます。

あなたが平和な日本で暮らせるかどうか?

ちょっと次のクリップを見て考えてくださいねぇ~。。。


(abe911.jpg)

なんとなく、安倍さんは頼りなさそうですよねぇ~。。。

安倍さんは余計な事をしゃべって議論をはぐらかせてしまう癖があるようです。

日本の政治を左右する大事な場面ですが、イマイチ説得力の欠ける答弁をしていると思いませんか?

とにかく次回も、さらに面白い話題が続きます。

あなたも、どうか、また記事を読みに戻ってきてくださいねぇ~。。。

では。。。

話は変わりますけれど、シルヴィーさんのことをもっと知りたかったら次の記事を読んでください。


(sylvie500.jpg)


『角さんと原発と天罰(2013年1月5日)』

『真紀子落選(2013年1月14日)』

『野火(2013年1月18日)』

『タイタニックと国際化(2013年2月1日)』

『宮澤理恵@Macao(2013年2月28日)』


(sunwind2.gif)

『チョコレートと軍産複合体』

『チョコレートと甘い権力』

『CIAの黒い糸』

『美しい日本語再び』

『宮沢りえブーム?』

『また、宮沢りえ?』

『浅間山噴火とフランス革命』

『なぜアクセスが急増したの?』

『気になる検索ワード』

『なぜ塩野七生批判』

『その検査、ムカつく!』

『宮沢りえと床上手な女』


(mh370a.jpg)

『MH370ミステリー』

『なぜ死刑廃止?』

『真犯人はそこにいる』

『MH370ミステリー裏話』

『お裁きを信じますから』

『ジャルパックと国際化』

『古代ローマのセックス』

『CIAとノーパン』

『エロいローマ再び』

『エロいけれどためになる話』

『えろあくにめ温泉』


(jump009.jpg)

『エロいけれどためになる』

『地球上のネット普及率』

『原発はダメだったのに』

『スカートをはいた兵隊』

『行田シンドローム』

『幻の暴走機関車』

『CIA@NOパンツ』

『やっぱり、セックス』

『セックス風呂具村』

『CIAの黒い手再び』


(banana82e.jpg)

『アダムとイブは何を食べたの』

『舞踏会 明子』

『波乱の人生』

『国際化だよね』

『イングナさんを探して』

『美しい日本語 チェーホフ』

『横の道@ニコライ堂』

『また塩野七生批判』

『日航スチュワーデス』


(cleopara2.jpg)

『クレオパトラ@塩野批判』

『テルモピュライの戦い』

『思い出の蓮』

『角さんと天罰』

『ラーメン@リガ』

『角さんと天罰がなぜ?』

とにかく、今日も一日楽しく愉快に
ネットサーフィンしましょう。
じゃあね。バーィ。


(hand.gif)


(surfin2.gif)

ィ~ハァ~♪~!

メチャ面白い、

ためになる関連記事


平成の紫式部、橘卑弥子でござ~ます
(himiko92.jpg)

『卑弥子の源氏物語』

『平成の紫式部』

■ めれんげさんの『即興の詩』

■ めれんげさんの『極私的詩集』

Jagel - Soft Japanese Bagel
(bagel702.jpg)

■ “JAGEL – Soft Japanese Bagel”


(linger65.gif)

■ 『きれいになったと感じさせる

下着・ランジェリーを見つけませんか?』

■ 『ちょっと変わった 新しい古代日本史』

■ 『面白くて楽しいレンゲ物語』


(beach02.jpg)

■ 『軽井沢タリアセン夫人 – 小百合物語』

■ 『今すぐに役立つホットな情報』


(rengfire.jpg)


(byebye.gif)

ジューンさんの下着

2017年9月21日

 

ジューンさんの下着

 


(bikini07c.gif)


(valent6.gif)


(june264.gif)

(lilies9.jpg+spacer.png)


(june001.gif)

デンマンさん。。。 やっぱり探しても見つからなかったと思ったら、デンマンさんがわたしの下着をくすねたのですわねぇ~!?


(kato3.gif)

。。。ん? 僕がジューンさんの下着をくすねたァ~?

だってぇ~、わたしが身につけていたおばさんパンツと上の写真のスリップが見当たりません。。。 どうやら盗まれたようなのですわァ~。。。

僕には下着ドロという趣味はないのですよゥ。。。

でも。。。、でも。。。、デンマンさんは“おばさんパンツ”や“下着女装”に関する記事をたくさん書いてますわァ~。。。

あのねぇ~、僕は“下着女装”にも興味はないのですよ。。。

でも。。。、でも。。。、デンマンさんは“下着女装”の記事もたくさん書いてるではありませんかァ!

僕が“下着女装”するために書いているのじゃなくて、“下着女装”するために僕の記事を読むネット市民がたくさん居るので、ついつい“下着女装”の記事を書いてしまうことになるのですよ。。。

そのように弁解しなくてもいいのですわァ。。。 わたしの下着をくすねて下着女装するために使ったと、正直に告白すればいいのですわぇ~。。。

やだなあああァ~。。。 んもおおおおォ~。。。 ジューンさんは、どうしても僕が下着女装にハマッているとネットで広めたいのですかァ~?

だってぇ~、デンマンさん自ら下着女装した写真をネットにアップしているではありませんかア!


(joso110b.jpg)

あのねぇ~、これは僕が下着女装したのじゃなくてぇ、コラージュして冗談のつもりで下着女装の記事に貼り出したのですよ。。。

別に、ムキになって弁解しなくてもいいのですわァ~。。。 素直にわたしのスリップをくすねて着用したと認めればいいのですわァ~。。。

ジューンさんは何が何でも、僕がジューンさんの下着をくすねたと思い込みたいのですねぇ~。。。?

デンマンさんが正直に告白するなら、わたしは別に警察に訴えるようなことはしませんわァ~。。。

ジューンさん! いい加減に僕を責めるのは止めてくれませんかァ~! くだらない事で言い合いをしていると この記事が長くなるだけです。。。

分かりましたわァ~。。。 デンマンさんが そのように言うのであればこれ以上追求しませんわァ。。。 で、わたしの下着をくすねたことを反省するために この記事を書き始めたのですかァ?

違いますよ! んもおおおォ~! ちょっと次のページを見てください。。。


(wp70917b.png)


『拡大する』

『実際のページ』

これは僕のDenman Blogのホームページです。。。 ページの下の方に 人気リンク が表示されるのです。。。

その 人気リンク のトップをクリックするとアメブロのデンマンさんのブログの『下つき肥後ずいき』へ飛ぶのですか?

そういうことです。。。 つまり、9月17日現在、Denman Blogで最も人気があったリンクが『下つき肥後ずいき』へ飛ぶリンクだということです。。。

要するに、9月17日現在、最もクリックして読まれた記事がアメブロの『下つき肥後ずいき』だったというわけですねぇ~。。。

そういうことです。。。

それが わたしの下着と関係あるのですか?

もちろんですよ。。。 そうでなかったら、ジューンさんを呼び出してまでこの記事を書きませんよ。。。

。。。で、話を進めてゆくと、誰がわたしの下着をくすねたかが判るのですかァ~?

そうです。。。 楽しみにしていてください。。。 そのために、『下つき肥後ずいき』へのリンクが貼ってある記事はどの記事なのか?。。。 それを突き止めようとしたわけです。。。

つまり、Denman Blogの どの記事からリンクをクリックして『下つき肥後ずいき』を読んだのか?。。。 それを突き止めようとしたのですわねぇ~。。。

そういうことです。。。 それで、まず次のようにして検索したのですよ。。。


(gog70919h.png)


『拡大する』

『現時点での検索結果』

「下つき肥後ずいき ameblo denman blog」を入れて検索したのですねぇ~。。。

そうです。。。 Denman Blogから アメブロの僕のブログの『下つき肥後ずいき』という記事へ飛ぶためのリンクが貼ってある記事を探すために、アメブロ(ameblo)とデンマンブログ(denman blog)を付け足したわけです。。。

それで、上の赤枠と青枠で囲んだ記事の中にリンクが貼ってあるのですか?

そうです。。。 Denman Blogに投稿した2つの記事の中には、確かに、アメブロの僕のブログの『下つき肥後ずいき』という記事へ飛ぶためのリンクが貼ってある。


(curtain5.jpg


『おばさんの下着姿』

『今、おばさん下着がアツイ!』

じゃあ、上の2つの記事の中のリンクをクリックして アメブロのデンマンさんのブログの『下つき肥後ずいき』という記事を読んだのですか?

確かに、その可能性が無いとは言えない。。。 でもねぇ~、僕にはイマイチ解(げ)せないことがある。。。

それは、どういうことですか?

あのねぇ~、アメブロの僕のブログの『下つき肥後ずいき』が読まれるようになったのは最近のことなのですよ。。。 ちょっと次のリストを見てください。。。


(ame70917d.png)


『拡大する』

『下つき肥後ずいき』

『妻の不貞』

『エロマンガ再訪』(PART 1)

これはアメブロの僕のブログの9月11日から17日までの1週間の「人気記事リスト」です。。。ほとんどが9月中に投稿した記事が読まれているわけです。。。 例外は色つきの枠で囲んだ『下つき肥後ずいき』と あと2つの記事です。。。

つまり、最近 アメブロで『下つき肥後ずいき』読まれるようになったということは Denman Blogでも、最近 読まれるようになった記事があって、その中にも アメブロの『下つき肥後ずいき』へのリンクが貼ってあるのではないか? デンマンさんは、そう思ったのですか?

その通りですよ。。。 ちょっと次のリストを見てください。。。


(wp70806d.png)

これは Denman Blogの8月6日の「人気記事リスト」です。。。

例によって、『床上手な女の7つの見分け方』がダントツで読まれているのですわねぇ~。。。


(kiss007.gif)

『床上手な女の7つの見分け方』

ちなみに9月17日の「人気記事リスト」を調べたら次のような結果になりました。


(wp70917d.png)

あらっ。。。 『熟女下着』が『床上手な女の7つの見分け方』を抑えてダントツで読まれたのですわねぇ~。。。

そうなのですよ。。。 最近の傾向を調べてみたら次のようになっているのです。。。


(wp70917b0.png)


『拡大する』

『熟女下着』

この記事の統計で見ると7月になって急に読まれるようになったのですよ。。。

どうしてですか?

検索してみました。。。その結果を見てください。。。


(gog70919k.png)


『拡大する』

『現時点での検索結果』

あらっ。。。 「熟女下着 ジューン」を入れて検索したのですわねぇ~。。。

すると、33,100件ヒットするのですよ。。。 しかも、2番目に赤枠で囲んだ『熟女下着』が出てくるのです。。。

。。。で、トップに青枠で囲んだ『ジューンさんの熟女下着』だ出てくるのですわねぇ~。。。

そうです。。。 それで今日の記事のタイトルを『ジューンさんの下着』にしたわけです。。。

。。。で、『熟女下着』の記事に中にアメブロのデンマンさんのブログに掲載された『下つき肥後ずいき』へのリンクが貼ってあるのですか?

次のように貼ってあるのですよ。。。

【卑弥子の独り言】


(himiko22.gif)

ですってぇ~。。。
ジューンさんの下着姿は熟女っぽいと思いますか?

実は、ジューンさんの「おばさんパンツ姿」が人気があるのですわよう。


(bikini07c.gif)

あなたもジューンさんのおばさんパンツ姿がいいと思いますかァ~?

あたくしの「おばさんパンツ姿」も捨てたものではござ~ませんのよう。
あのねぇ~、ちなみに、あたくしはGOOGLEで「卑弥子のおばさんパンツ姿」と入れて検索してみたのでござ~ますう。
うふふふふふ。。。

その結果を見てくださいましィ~。 
(gyaha.gif)


(gog30505.gif)

ご覧のようにトップに、あたくしの「おばさんパンツ姿」が出てくるのですわよう。
うふふふふふ。。。


(himiko32.jpg)

この写真いかがでしょうか?
けっこうイケテルと思いませんか?

ええっ。。。? ジューンさんの「おばさんパンツ姿」の方がいいのでござ~ますか?

んもおおおォ~。。。
そのような事を言わないでくださいましなァ~。

でも、ジューンさんの面白いお話はたくさんありますわ。
どうか次のリンクをクリックして読んでくださいましね。


『エロスのバンクーバー』

『世界を駆け巡る日本人』


(june501.jpg)

『あらっ、パンツが…』

『わたし的にはOKです』

『国際感覚ダントツ』


(june913.jpg)

『国際化と英語』

『肥後ずいきと国際化』

『おばさんパンツを旅する』

『カウチポテト』

『やらしくさわるの?』


(newyear13b.jpg)

『下つき肥後ずいき』

『おばさんの下着』

『海に佇むロトの妻』

『紅のおばさんパンツ』

『白人女性志向』

『肥後ずいきとおばさんパンツ』

『ジューンさんとトイさん』

『鼻血が出るぐらいのエロ漫画』

『処女とおばさんの下着』

『ツイッターと国際語』

『おばさんの下着姿に見るSEO』

『おばさんの下着とポスト資本主義』

『桜と絹とツイッター』

『おばさんバンザイ!』

『おばさんバンザイの第2波』

『国際化でおばさんバンザイ!』

『真夜中の乙女たち』

『おばさんの下着@リアルタイム』

『つぶやきブログとジューンさん』

とにかく、次回も興味深い記事が続きますわ。
だから、あなたも、また読みに戻ってきてくださいね。
じゃあ、また。。。


(hand.gif)


『熟女下着』より
(2013年8月16日)


(newyear13b.jpg)

この上の写真の下にリンクが貼ってあるので、このお姉さんたちの面白い話が書いてあると思って、ついついクリックしてしまうわけです。。。

それで、『下つき肥後ずいき』を読むわけですか?

そうに違いないと思いました。。。

それで、誰が わたしの下着をくすねたのですかァ~?

もちろん、『ジューンさんの熟女下着』を読んだバンクーバーに住んでいるネット市民が ジューンさんのマンションへ忍んで行ったのですよ!

そんな事を信じるネット市民は居ませんわァ。。。

あのねぇ~。。。、 昔の人は“信じる者は救われる!”と言いましたからねぇ~。。。 だから、ジューンさんも僕の言うことを信じて救われてねぇ~。。。


(laugh16.gif)

【卑弥子の独り言】


(himiko22.gif)

ですってぇ~。。。

あなたもデンマンさんの推理を信じることができないでしょう?

でも、女性の下着をゲットして、うまいこと女性に成りすます男性が居るのですわよう!

ちょっと次のYouTubeのクリップを見てくださいまし。。。


(xdress02.jpg)

いかがでござ~ますかァ~?

男性が女装していると思いますかァ?

あたくしは、素直に信じることができませんわァ~。。。

話は全く違うのでござ~ますけれど、

実は、あたくしの“ヴィーナスのえくぼ”が殿方の注目を集めているのでござァ~ますわよう。

うふふふふふふふ。。。

ええっ。。。 信じられないのでござ~ますかァ?

じゃあ、ちょっと次の検索結果を見てくださいまし。。。


(gog60409a.png)

『拡大する』

『現時点での検索結果』

「卑弥子 女性の本当の魅力 ヴィーナスのえくぼ」と入れてGOOGLEで検索する殿方が多いのでござ~ますわァ。

つまり、あたくしの“ヴィーナスのえくぼ”を目当てにやって来るのですわァ~。。。

うふふふふふふ。。。

あなたも、ビックリするでしょう?

ジムで汗を流して “ヴィーナスのえくぼ”をゲットいたしました。。。


(buttdimp5.jpg)

スタイルもよくなったのでござ~ますわァ~。。。


(curtain5.jpg)

いかがでござ~ますか?

でも。。。、でも。。。、“天は二物を与えず”と申します。。。

これほどスタイルが良くなったというのに、あたくしは未だに独身でござ~ますのォ。。。

世の中は、なかなか思うようにゆかないものですわァ~。。。

ところで、あなたは『万夜一夜物語』を読んだことがござ~ますかァ~?

“千夜一夜物語”ではなくてぇ、“万夜一夜物語”ですわ。


(manya02.jpg)

『万夜一夜物語』

デンマンさんが書いたのでござ~ますわよう。

ええっ。。。 10,001の話が書かれているのかってぇ~。。。?

とにかく、上のリンクをクリックして読んでみてくださいませぇ~。。。

あなたも、絶対にビックリするようなお話が出てきますわァ。

『万夜一夜物語』だけでは、物足りないのでしたら、

ジューンさんが登場する面白いお話もたくさんあります。

興味のある方は、どうか次のリンクをクリックして読んでくださいましねぇ~。。。

(roten101.jpg+cleoani.gif)

『悲愴と白鳥』

『ブッダと千夜一夜物語』

『絹の道と千夜一夜物語』

『ヤノマミの乙女』

『ジャータカと今昔物語』

『白木屋お熊とセックス』

『パンツを売る乙女』

『床上手な女@マルタ島』

『宮沢りえとおばさんパンツ』

『マチュピチュとインディー・ジョーンズ』

『映画を愛する薄命の女』

『ベニスの騒動』

『アンネとハンナ』

『名器たこつぼ』

『レダの卵を探して…』


(miro0018.jpg)

『サモトラケのニケとミロのヴィーナス』

『薄命な女のパンツ』

『ロトの娘たち』

『もう一人のモナリザ』

『万夜一夜の謎』

『自由という誘惑』

『驚異の大洪水』

『おつまみミステリー』

『混浴風景を探して』

『ハレルヤ』


(sylvie122.jpg)

『マルタ島のロマンだ』

『宮沢りえ人気@海外』

『癒しを奏でるパンツ』

『マルタ島deロマン』

『生ログdeロマン散歩』

『宮沢りえ@クールジャパン』

『混浴風呂ガー』

『ウェルカムバック』

『コペンハーゲンからやって来た』

『ロシアからやって来た』

『海外美女ランキング』

『ブログを解剖する』

『スイスからトランプ見に来る』


(fan004.jpg)

『海外美女を探して』

『パンツde大晦日』

『Tバック@三賀日』

『とっちゃん坊や』

『また千夜一夜』

『初恋の思い出』

『乳房振動とブラ』

『白木屋お熊』

『肥後ズイキ@セルビア』

『紐パン熟女』

軽井沢タリアセン夫人の小百合さんが扮するゴディバ夫人
(godiva05.jpg)

『美尻のビーナス』

『紐パン熟女に惹かれて』

『あの二人が気になって』

『肥後ズイキ@セルビア』

『私は下着女装です』

『ドリアンを探して』

『パリの日本人』

『ペンタゴン式己を疑う』

『薄命な女と映画』

『ラーメン@ベリーズ』

『うるさい夏』

『芭蕉と英語』

『晩香坡物語 生誕150年』

ジューンさんの熟女下着
(30june.jpg)

『エレクトラde中国』

『熟女パンツ』

『ラーメン@カイロ』

『スパム@クルーズ』

『えくぼ@ヴィーナス』

『孀婦岩』

『モナリザ描きたい』

とにかく、次回も興味深い記事が続きますわ。
だから、あなたも、また読みに戻ってきてくださいね。
じゃあ、また。。。


(hand.gif)



(spacer.png+betty5de.gif)
(hiroy2.png+betty5d.gif)
『スパマー HIRO 中野 悪徳業者』

 


(chiwawa5.gif)

こんにちは。ジューンです。

スパムメールが相変わらず多いですわよね。

あなたのメールボックスにも、

ジャンクメールがいっぱい入っているでしょう!?

スパムメールを飛ばしているのは

いったい、どういう人たちなのでしょうか?

出会い系サイトのオーナーたちが多いそうですわ。

彼らは会員を集めるためにスパムメールをばら撒きます。

そのためにメールアドレスのリストを購入しています。

では、そのようなリストを販売している人は

どうやってメールアドレスを集めているのでしょうか?

ロボット(自動巡回プログラム)によって

自動収集させているのです。

ところで、サーチエンジンの自動巡回ロボットは

毎日世界中のサイトを訪問し、

その内容をデータベースに書き込んでいます。

同じように、このメールアドレス収集巡回ロボットも、

HTMLソースを分析し、

メールアドレスらしきものをどんどん記録してゆきます。

でも、使っていないメールアドレスが

たくさんあるのですよね。

あなたの使っているメールアドレスのことを

考えてください。

あなたはメールアドレスをいくつ持っていますか?

一つだけではないでしょう?

10以上持っているのではありませんか?

多分、ほとんどのメールアドレスは使ってないでしょう?

そのために、現在実際に使っている

メールアドレスを集めるために、

怪しい人物が使用度の高いメールアドレスを

集めているのですわよ。

だから、あなたもむやみに信用できない人に対して

返信しないようにしてくださいね。

詳しいことはデンマンさんが次の記事で書いています。

『コメント魔』

(2012年4月3日)


(himiko92.jpg)

ところで、卑弥子さんが面白いサイトを

やっています。

興味があったら、ぜひ次のリンクをクリックして

覗いてみてください。

『あなたのための笑って幸せになれるサイト』

とにかく、今日も一日楽しく愉快に

ネットサーフィンしましょう。

じゃあね。 バーィ


(juneswim.jpg)


(byebye.gif)

マヒナ奈々 悪徳業者

2017年9月20日

 

マヒナ奈々 悪徳業者

 


(hawaii98.jpg)


(atsuko8.jpg)

マヒナ奈々 ハワイに恋した愚かな敦子 いいねスパマー ネットの嫌われ者
(jun03b.jpg)


(nana03.jpg)


(atsuko01.jpg)

デンマンさん。。。 お久しぶりです。。。 どうして急にアタイをお呼びになったのですか?


(kato3.gif)

オマエは僕に呼び出されるのが不満なのォ~?

いいえ。。。 アタイは憧れのデンマンさんに また会えてとっても幸せですわァ~。。。

マジで。。。?

ホントですわァ~。。。 今、最高に幸せですゥ~。。。

そんなにオマエは幸せなのォ~?

だってぇ~、次の検索結果を見てくださいなァ~。。。 アタイはネットでチョ~有名になってしまったのですわあああァ~。。。!


(gog60716a.png)

(gog60716b.png)

『現時点での検索結果』

デンマンさんがアタイを有名にするために一生懸命に記事を書いてくださったので、こうして「ハワイに恋した敦子」と入れてGOOGLEで検索すると、軒並みアタイの事が書いてある記事がズラズラと出てくるのですわァ~。。。 だから、デンマンさん! ここでスキップして喜んでもいいですかァ~?


(smilejp.gif)

あのさァ~、今まで、馬鹿が何度も僕に呼び出されて、スキップして上のように喜んだのだよ。。。 だから、この記事を読んでいる ネット市民の皆様は、もううんざりしている! この僕も、もう見飽きてしまったのだよ!

デンマンさんが そう言うのであれば、無理にスキップしてまで喜びませんわァ。。。 でも、どう言う訳で、またアタイを呼び出す気になったのですかァ~?

オマエがスキップして喜ぶ姿は見飽きたのだけれど、だけど、僕は“幸せを売る男”と言われているのだよ!

聞いたことがありませんわ。。。

とにかく、オマエを喜ばせて、もっと幸せにしてやろうと思って、次のようにして検索したのだよ!


(gog70919c.png)


『拡大する』

『現時点での検索結果』

あらっ。。。 「マヒナ・奈々 スパマー」と入れて検索したのですわねぇ~。。。 でも。。。、でも。。。、どうして「マヒナ・奈々 スパマー」と入れて検索したのですかァ~?

オマエは、惚けているけれど、オマエが敦子と奈々に成りすましているのだよ!

あれっ。。。 マジで。。。?

あのさァ~。。。 そのような見え透いた演技をしても無駄なのだよ! オマエが敦子と奈々に成りすましていることはネットの皆様の間で知れ渡っているのだよ!

その証拠でもあるのですか?

上のリストの赤枠と緑の枠で囲んだ画像に注目して欲しい。。。 赤枠で囲んだ画像をクリックすると次のページが出てくる。。。


(gog70919d.png)


『拡大する』

『実際のページ』

緑の枠で囲んだ画像をクリックすると次のページが出てくるのだよ!


(gog70919e.png)


『拡大する』

『実際のページ』

でも。。。、でも。。。、アタイが二人に成りすましているという証拠があるのですか?

そうやって惚けても無駄なんだよ! オマエはハワイかぶれしているんだよ! だから、どうしても、ハワイを思わせるような名前やページを作ってしまう。。。 上の2つのページの赤丸で囲んだ表示をクリックすると次のページが出てくる。。。


(liv60923e.png)


『拡大する』

『実際のページ』

あらっ。。。 『ハワイに恋した敦子と奈々』というタイトルの記事が出てくるのですわねぇ~。。。

オマエがいくら惚けても、ネットではオマエが敦子と奈々に成りすましながら悪事を働いていることが知れ渡っているのだよ!

アタイが悪事を働いているという証拠でもあるのですか?

だから、『ハワイに恋した敦子と奈々』という上の記事でも、オマエが悪事を働いていることを晒したのだよ!

でも。。。、でも。。。、それだけでは不十分ですわァ~。。。

だったら、次の検索結果を見たらいいよ。。。


(gog70919b.png)


『拡大する』

『現時点での検索結果』

「株式会社ベット 悪徳業者」と入れて検索したのですわねぇ~。。。

そうだよ。。。 赤枠で囲んだ箇所に注目して欲しい。。。

あらっ。。。 悪徳業者名: 株式会社ベットと書いてありますわねぇ~。。。

その通りだよ!

でも。。。、でも。。。、アタイと悪徳業者名: 株式会社ベットは関係がありませんわァ~。。。

関係があるのだよ! オマエのページを見てごらんよ!


(baka70919a.png)


『拡大する』

『実際のページ』

オマエのブログには記事が3つしかないのだよ! その下らない記事に“いいね”が 1,489個も付いている! 明らかに、オマエが“いいね”を毎日撒き散らしている証拠なんだよ! “いいね”をもらった何も知らない初心者のブロガーが お返しに“いいね”ボタンをクリックしたので、こうして悪徳業者に誘い込む下らない記事に“いいね”が 1,489個も付いているわけだよ!

アタイは悪徳業者に誘い込んでません!

“嘘は泥棒の始まり!”と昔の人は言ったけれど、オマエの場合は“嘘は悪事の始まり!”なんだよ! その証拠に上のページの赤丸で囲んだリンクをクリックすると次の悪徳ブログへ飛ぶのだよ!


(baka70919a3.png)


『拡大する』

『実際のページ』

でも。。。、でも。。。、その証拠でもあるのですか?

あるのだよ! 次の検索結果を見てごらんよ!


(gog70919g.png)


『拡大する』

『現時点での検索結果』


(ip22848b.png)

ホスト名: adbaji.com

IPアドレス: 183.90.228.48

都道府県: 京都

市区町村: 京都市中京区

悪徳業者名: 株式会社ベット

従業員数: 5人以上10人未満

業種大分類: サービス業(他に分類されないもの)

WEBサイトアドレス: http://www.212525.com/

こうしてオマエは悪徳業者とグルになって悪事を働いていることがネットで晒されているのだよ!

でも。。。、でも。。。、デンマンさんがムキになって晒しているだけですわァ~。。。

あのさァ~、誰が晒しているかは問題じゃない! 問題は、オマエには全く反省する気持ちがないということだよ!

その証拠でもあるのですか?

あるのだよ! 僕は何度も何度もオマエの悪徳ブログのページに次のコメントを書きこんだのだよ!


(uncle006.gif)

ばかやめろ!

オマエは拝金主義のばか者だよ!

 

オマエは英語が話せないどころか、
まだ人間的にも全く成長していないのだよ!
英語を40年間話している僕ちゃんが
オマエの愚かなブログを読むと、そのようなことが丸見えなのだよ!

読みもしない記事に“いいね”をつけて集客するな!
オマエは馬鹿か!?
自分が馬鹿だと全く気づいていない、オマエは救いようのない愚か者なのだよ!
きゃはははははは。。。

オマエのような愚か者は豆腐の角にオツムをぶつけてあの世に昇天するしかないかもね!(爆笑)
オマエの為に記事を書いたからじっくりと読むように!


『ハワイに恋した愚かな敦子と奈々』

『いいねバカに騙されない』

馬鹿を止めないと オマエも、そのうち晒すからね。

純情でネット未経験なネット市民の皆様を騙して、“自動いいね配信ツール”で集客して
悪徳商法で儲けようともくろんでいるのだろうけれど、
そういう時代は、もう終わったのだよ! 愚か者!

オマエの下心は見え見えなのだ!
オマエのような愚か者に騙される馬鹿者はいないのだよ!
オマエのような愚かなやり方では金儲けはできない!
きゃははははは。。。

馬鹿はあの世に逝っても治らないだろうけれど、
オマエのような愚か者はあの世にも逝けないのだよ!(爆笑!)
なぜなら、閻魔様が愚かなオマエを拒絶してしまうのだよ!
きゃはははははは。。。

とにかく、完全な馬鹿になる前に 少しは反省しろ!
いつまでも馬鹿やってないでまともな人生を歩め!

オマエのような世界的な馬鹿は、3年以内に自滅する! 
僕ちゃんが予言します。 (爆笑)

オマエは まだ人間的に未熟なのだ!
今のままでは不幸な人生を歩むだけだよ!
悪い事は言わないから不誠実、不純、悪徳な集客ツールの垂れ流しを止めろ!
老婆心から。。。
袖触れ合うも他生の縁かもしれないから。。。
(微笑)

オマエがネットをやるのはまだ10年早い!
味噌汁で顔を洗って出直すように! (さらに爆笑!)


(monalaugh.jpg)

 

barclay 2017-07-19 08:23:35

オマエが愚かにも僕に“いいねスパム”を飛ばすたびに、もう1年以上も、このコメントを書き込んでいるのだよ!

こういう嫌がらせのコメントは無視することにしています。

あのさァ~。。。 だから、オマエは僕が幸せにしようとしているのに、幸せになれないのだよ!

その証拠でもあるのですか?

あるのだよ!


(trump804b.jpg)

トランプおじさんはスパマーが大嫌いなんだよ!

トランプおじさんをムカつかせるようなことをしてはいけないのですかァ~?

当たり前だろう! トランプおじさんは、時々愚かな事をしゃべるけれど、あれでもアメリカの大統領なんだよ! オマエはトランプおじさんに睨まれている! だから、オマエはCIAのエージェントに暗殺されるかもしれないのだよ!

そんなことが あるわけないじゃありませんかァ~!

とにかく、スパマーはネットでは最も嫌われている悪事なんだよ! 昔の人は次のように言った。

 

“悪事千里を走る!”

 

オマエも聞いたことがあるだろう!?

ありません。。。  “悪事千里を走る!”というのは、どういうことですかァ~?

ちょっと次の小文を読んでごらんよ。

ブログの注目と評判


(free01.jpg)

もしも、注目や評判を金銭のように数量化できたらどうだろうか。
それらを適切な市場で扱えるような形にすれば、経済学者が貨幣経済学で使っている方程式でそれらを説明し、定式化できるのではないだろうか。
そのためには、注目と評判も従来の通貨と同じ特徴を持つ必要がある。
すなわち測定でき、有限で、交換可能という特徴だ。

私たちはそれを実現しようとしている。
1989年にティム・バーナーズ=リーの開発したハイパーリンクのおかげだ。
それは単純なもので、http:// で始まる文字の羅列にすぎない。
だが、それがつくり出すのは注目と評判を交換するための正式な言語であり、両者のための通貨だ。

今日、皆さんが自分のブログを誰かのサイトとリンクすれば、皆さんは事実上、自分の評判の一部をその人に与えたことになる。
皆さんはブログを見てくれる人にこう言っているのだ。
「ここを出て、あのサイトに行くといいよ。 たぶん気に入るはずだ。 もし気に入ったら、それをすすめた僕の評価も上がるだろう。 そうなれば、きっと僕のブログをもっと見てくれるだろうね」

こうして評判をやり取りすることで、両者を富ませるのが理想だ。
よいものを推薦すれば、読者を得られるし、推薦されたほうも信頼される。
こうして信頼がトラフィックを生み出すのだ。

現在、本物の評判市場は存在する。
グーグルがそうだ。
グーグルのページランク・アルゴリズムは、ウェブという意見のネットワークにおいて決定的に重要なリンク数を測定するので、オンラインにおける評判の通貨としてこれ以上のものはないだろう。
そして、ウェブ・トラフィックにまさる注目の測定基準はない。

ページランクは、冗談みたいに単純なアイデアなのに、大きな力を発揮する。
基本的にリンク数を人気投票だと考えて、リンク数の多いサイトにリンクされることは重要で、少ないサイトにリンクされることはそれほど重要ではないと考えるのだ。
この種の計算はコンピューターにしかできない。
なぜなら、ウェブの全リンク構造を記憶して、各リンクを帰納的に分析しなければならないからだ。 (略)

経済学の観点からは、次の算定式を使って評判経済を注目経済に変え、現金に換算できる。

あるサイトの経済的価値 =

ある一定期間のうちにページランク(1~10段階評価)によってグーグルの検索結果ページに載ることで生まれるトラフィック量 X

検索されたキーワードの、その期間内における価値

そして、グーグル・アドセンスの広告をそのサイトに掲載して収入をグーグルと分け合うことで、このトラフィックを通常の現金に変えることができる。

好き嫌いにかかわらず、今日、私たちの生活の少なくとも1部はグーグル経済にかかわっている。
一般的なサイトではトラフィックの4分の1から半分がグーグル検索からのものだ。
SEO (検索エンジン最適化)と呼ばれるひとつの業界があり、グーグル検索においてサイトが上位に来るように手伝っている。
ページランクは評判を扱う金本位制なのだ。

 (中略)

リンクスパム形式など、ページランクを故意に操作しようとするサイトを見つけたときには、アルゴリズムを修正して、それが検索結果に出てこないようにする。
グーグルは検索結果の相関性をライバルの検索エンジンよりも高く保つことで通貨の価値を維持している。
だから、グーグルは高い市場シェアを保てるのだ。
現在は70%に達している。

(注: 赤字はデンマンが強調。
読み易くするために改行を加えています。
写真はデンマン・ライブラリーより)


241-244 ページ
『フリー 無料からお金を生み出す新戦略』
著者: クリス・アンダーソン 訳者: 高橋則明
2010年1月10日 第5刷発行
発行所: 日本放送出版協会

あらっ。。。 GOOGLEが世界の検索市場の 70%も占有しているのですか?

そうだよ。。。 つまり、GOOGLEの検索結果の上位に表示されると ネット市民の皆様の目に触れる機会が多くなる。 だから、オマエのことが書いてある記事がGOOGLEの検索結果の上位に出てくれば、当然、その記事が読まれるのだよ! だから、上の本にも書いてあるようにウェブ・トラフィックにまさる注目の測定基準はないというわけだよ。

つまり。。。、つまり。。。、デンマンさんのこの記事も GOOGLEの検索結果の上位に表示されて アタイが、ますます有名にたって、ネットでアタイが“コメント・スパマー”から“いいねスパマー”に変身したことが判ってしまう、というわけですか?

その通りだよ!。。。 “悪事千里を走る!” というわけだよ。。。

じゃあ、アタイは、どうしたらよいのでしょうか?

あのさァ~、まずニーチェのおっさんの言ったことをかみ締めることだよ!

脱皮して生きてゆく


(nietzsche9.jpg)

脱皮しない蛇は破滅する。

人間もまったく同じだ。

古い考えの皮をいつまでもかぶっていれば、

やがて内側から腐っていき、

成長することなどできないどころか、

死んでしまう。


(snake3.gif)

常に新しく生きてゆくために、

わたしたちは考えを新陳代謝させていかなくてはならないのだ。

 

『曙光』 ニーチェ


043 『超訳 ニーチェの言葉』
訳者: 白取春彦
2010年3月20日 第11刷発行
発行所: 株式会社ディスカバー・トゥエンティワン

『脱皮しない蛇』に掲載。
(2014年1月20日)

アタイは脱皮してない、とデンマンさんは言うのですか?

当たり前だろう! オマエは“コメント・スパマー”から“いいねスパマー”に変身したけれど、相変わらず悪徳ブログを立ち上げて、今度は“いいねスパマー”を始めてしまったのだよ。

“いいねスパマー”もやっては駄目なのですか?

当たり前だろう! “いいねスパマー”も“コメントスパマー”も、どちらも愚か者がやるものなんだよ! 全く効果がない! 金儲けなど絶対にできない。。。 それほどネットでも、オマエがやっている迷惑行為は知れ渡り始めている!

じゃあ、どうしたらよいのでしょうか?

だから、ニーチェのおっさんの言ったことを心に命じて、2度とネット市民の皆様を騙さないと 日本語が解る世界のネット市民の皆様に誓うことだよ!

でも、それはできません!

どうして、できないのォ~?   

だってぇ、“いいね”を飛ばして ネット市民の皆様の関心を呼び起こさないと、アタイのサイトにやって来る人がいなくなってしまうのですわァ~。。。。

でもなァ~、オマエがネットで悪名高くなったら、もう誰もオマエの悪徳ブログに行かなくなるのだよ。。。! つまり、「自動いいね配信ツール」を使って“いいね”を飛ばしても、無駄なことなんだよ!

でも、アタイは一度始めると、止められなくなってしまうのですゥ~。。。

だから、そういうのを昔の人は “バカの一つ覚え!” と言ったのだよ! オマエが破滅の道から抜け出すには、悪徳ブログを立ち上げるのを止め、“スパム・コメント”や“いいね”を飛ばすのも止めて、まともなブログを立ち上げ、ネット市民の皆様のためになる、面白い記事を書けばいいのだよ!

そうすれば、“スパム・コメント”や“いいね”を飛ばさなくても アタイのブログにネット市民の皆様がやって来るのですか?

その通りだよ!

でも信じられません!

あのさァ~、昔の人が何と言ったか? オマエは知ってるゥ~? 次のように言ったのだよ。

 

信じる者は救われる!

 

だから、オマエも僕の言った事を信じて まともなブログを立ち上げ、ネット市民の皆様のためになる、面白い記事を書けよなァ~。。。

分かりました。。。 じゃあ、今日の分の“いいねスパム”を飛ばしてから、そうします。 おほほほほほ。。。


馬鹿ですよねぇ~。。。

どうしてこれほどまでに人間は

馬鹿になりきれるのか?

僕には、もう付き合いきれません!

そう言いながら付き合ってます。


(laugh16.gif)

【レンゲの独り言】


(manila07.gif)

ですってぇ~。。。

そうですよねぇ~。。。

拝金主義に凝り固まって不正行為で集客してみても、

ネットで晒されてブログが削除されるのがオチです。

悪徳業者は3年以内に経営破綻して消滅してゆくものですわァ。

あなたも悪徳業者には気をつけてくださいねぇ~。。。

ネットには、いろいろと変わった人がいますわァ。。。 

ヴァイアグラを飲みすぎて オツムがイカレた人もいれば、

他人に成りすまして ヤ~らしいコメントを書き込む人もいます。

また、誰彼かまわずに“スパム”を飛ばす嫌われ者もいます。

とにかく、ネットには。。。 特にアメブロには “めちゃキモい”人たちがウヨウヨしています。

まるで得意になって、愚かな事をして遊んでいます。

また、見かけは普通のブログでも、悪徳スパマーが手を変え品を変えて 悪徳サイトへ誘い込もうとしています。

スパムコメントで褒められると、ついついその気になって、相手のブログへ飛んでゆき、お返しに、あるいはお礼にと思って 読者に登録してしまったりするものですわァ。

どうか スパマーの思う壺にはまらないでくださいね。

悪徳スパマーは悪徳サイトへ誘おうと てぐすね引いて待っているのですから。。。

悪徳サイトを利用して、メールアドレスで登録したりすると、あなたのメールアドレスは第3者や第4者に売られてしまう危険性があります。

あなたは、そのようなスパム・コメントや 成りすましスパマーには騙されないと思い込んでいるでしょう?

でもねぇ~、もしかすると騙されているかもよ。。。

とにかく気をつけてくださいね。

次回も、さらに面白い話題が続きます。

あなたも、どうか、また記事を読みに戻ってきてください。

では。。。


(hand.gif)

あなたが絶対、

見たいと思っていた

面白くて実にためになるリンク


■ 『ちょっと変わった 新しい古代日本史』

■ 『興味深い写真や絵がたくさん載っている世界の神話』

■ 『現在に通じる古代オリエント史の散歩道』

■ 『見て楽しい、読んで面白い 私版・対訳ことわざ辞典』

ジューンさんの熟女下着 June Adams 下着美人
(30june.jpg)

■ 『きれいになったと感じさせる

下着・ランジェリーを見つけませんか?』

■ 『あなたもワクワクする新世代のブログ』

■ 『ちょっと心にぐっと来る動物物語』

軽井沢タリアセン夫人の小百合さんが扮するゴディバ夫人 Godiva Sayuri
(godiva05.jpg)

■ 『軽井沢タリアセン夫人 – 小百合物語』



(spacer.png+betty5de.gif)
(hiroy2.png+betty5d.gif)
『スパマー HIRO 中野 悪徳業者』

 


(bigcash.jpg)

■ 『もこ姫バンザイ!』

■ 『平田由里子@いいねスパマー』

■ 『ニート@7029637』

■ 『メチャ有名なモコ姫』

■ 『スパマーえり&友成隼』

■ 『ハワイのなみ&友成隼』

■ 『集客ツール馬鹿』

■ 『自作自演 友成隼』

■ 『友成隼と聖書スパマー』

■ 『集客ツール ダントツ』

■ 『下着女装するとワクワクする』

■ 『友成隼ダントツ』

■ 『集客ツール馬鹿と軽井沢夫人』

■ 『愚かな洋子の貧乏物語』

■ 『優香は何者だ?』

■ 『あんれまァ~やだァ~』

■ 『ど~も馬鹿』

■ 『洋子は馬鹿の見本です』

■ 『ベクトル成城店 悪い評判!』

ベクトル成城店に注意 悪徳 不誠実 いいねスパマー
(vector2.jpg)

■ 『ベクトル成城店に注意』

■ 『えり@17歳に注意!』

■ 『ベクトル成城店 不誠実!悪徳!』

■ 『ベクトル成城店 悪徳商店!』

■ 『ベクトル成城店 悪い評判!』

■ 『愚かなズボラママ』

■ 『友成隼とGOOGLE』

■ 『銀竜草バカ』

■ 『銀竜草スパマー』

■ 『レイカの挫折』

■ 『ハワイに恋した敦子』

■ 『ハワイに恋した敦子に注意!』


(hooker08.gif)

■ 『きさ☆51ヶ国訪問中に注意!』

■ 『Xenovisに注意!』

■ 『客室乗務員@ハワイに恋した敦子に注意』

■ 『ハワイに恋した敦子の欺瞞』

■ 『フォロワーになって晒されて…』

■ 『ハワイに恋した敦子の懺悔』

■ 『ハワイに恋した敦子の反省』

■ 『ハワイに恋した敦子ダントツ』

■ 『コスパ最高@悪徳商法』

■ 『つぶちゃんは悪質スパマー』

■ 『つぶちゃんは愚かなスパマー』

■ 『つぶちゃんは悪名高いスパマー』


(yuri03.jpg)

■ 『こーてがにゃんにゃん』

■ 『こーて@ブラックリスト』

■ 『スパマーつぶちゃんの悪戯』

■ 『スパマー平田由里子』

■ 『ハワイに恋したダメな敦子』

■ 『ハワイに恋した愚かな敦子と奈々』

■ 『アフリカ滞在スパマー』

■ 『ミスユニバース悪女』


(bikini901.jpg)

■ 『スパマー横尾真美』

■ 『悪名高い横尾真美』

■ 『ナンパ馬鹿の末路』

■ 『また柏原知美?』

■ 『ネットの異端者』

■ 『ネットの問題児』

■ 『ハフマヌーン帝国の愚劣隊長』

■ 『いいね50回記念』

■ 『ヴァイアグラ馬鹿と小百合パンツ』

■ 『聖書バカスパマー』

■ 『大先輩、馬鹿やるの止めて』

■ 『世界一愚かなスパマー』

■ 『デリヘル嬢かずえを探して』

■ 『全財産300万円をせどりに』

■ 『はるかのランジェリー』

■ 『人気のデリヘル嬢』

■ 『悪徳10万円モニター』

■ 『ハヌマーン隊長』

■ 『駐米スパマー』

■ 『柏原知美 再起?』


(bitcoin20b.jpg)

■ 『ビットコインの危険性』

■ 『楽天バカ』

■ 『楽天バカ悪あがき』

■ 『スパム王 カーチス』

■ 『外国美脚サイト』

■ 『馬鹿の起源』

■ 『知性なきたわごと』

■ 『Hiro 中野 せどり スパマー』

■ 『Hiro 中野 せどり 悪徳』

■ 『Hiro 中野 せどり 悪質』

■ 『Hiro 中野 せどり 悪徳業者』

■ 『Hiro 中野 せどり いいね馬鹿』

■ 『悪徳業者に注意!』

■ 『Hiro 中野 せどり 不誠実』

■ 『悪事万里を走る!』


(uncg05b.jpg)

■ 『反知性主義でワロタ』

■ 『リファラスパム』

■ 『ビットコイン馬鹿』

■ 『サムネイル画像』

■ 『読者登録スパム』

■ 『噂の女@香港』

■ 『ビットコイン リファラ』

■ 『悪徳業者 ネット犯罪者』

■ 『心にしみるウンコ』

■ 『性具とビットコイン馬鹿』


(juneswim.jpg)


(byebye.gif)

ネットde世界

2017年9月19日

 

ネットde世界

 


(earthani.gif)


(net902.gif)


(caveani.gif)

(beachbg.jpg+spacer.png)


(manila05b.jpg)

デンマンさん。。。今日はなんだか、楽しそうな画像が貼り出してありますわねぇ~。。。


(kato3.gif)

たまには、こういう面白そうなアニメを眺めるのもいいでしょう!?

。。。で、“ネットde世界”ってぇ、どういうことですか?

ちょっと次のリストを見てください。。。


(liv70914a3.png)


『拡大する』

『世界のネット』

これはライブドアの僕の『徒然ブログ』の9月13日の午後2時30分から午後3時31分までの「生ログ」です。。。 赤枠で囲んだ箇所に注目してください。。。

あらっ。。。 9月13日の午後2時30分にGOOGLEで検索して『世界のネット』を読んだネット市民が居たのですねぇ~。。。

そうなのです。。。 宇都宮市に住んでいる世良 玲子(せら れいこ)さんが読んだのですよ。


(ip223196b.png)

『拡大する』

。。。で、どのように検索したのですか?

次のように「世界のネット 徒然ブログ」を入れて検索したのです。。。


(gog70914b.png)


『拡大する』

『現時点での検索結果』

あらっ。。。 「徒然ブログ」の『世界のネット』が 1,400,000件ヒットするトップに出てくるのですわねぇ~。。。

そうです。。。

世良 玲子さんは、デンマンさんのブログの常連さんなのですかァ?

そうなのですよ。。。 僕のブログが“世界のネット”の中で 少しは存在感があるのだろうか?。。。 そう思って検索したのですよ。。。

。。。で、上の記事を読んで何か感じるものがあったのですか?

あったのです。。。 あのねぇ~、石器時代のビーナスについて僕は次のような記事を書いたことがあるのですよ。


(geo70917a.jpg)

『拡大する』

『The Paleolithic Venuses (Part 1 of 2)』
 (旧石器時代のビーナス PART 1 - 2002年8月15日)

『The Paleolithic Venuses (更新版)』
 (旧石器時代のビーナス - 2017年7月17日)

あらっ。。。、英語で書いたのですかァ~?

そうなんですよう。。。 2002年当時、僕は日本語のホムペを持っていなかったのです。。。 もちろん日本語のブログもやってなかった。

なぜですか?

僕のパソコンでは日本語が全く使えなかったのです。

どうしてぇ。。。?

日本語を読める基本ソフトが入っていなかったからですよ。

なぜ。。。?

僕のパソコンは、カナダのバンクーバーで買ったシステムだったからです。

日本語のページは読めなかったのですか?

文字化けして全く読めなかったのですよう。。。 もちろん、日本語でも書けない。

つまり、英語だけでネットをやっていたのですか?

そうです。。。 ネット歴は20年以上ありますが、僕が日本語を使ってネットをやり始めたのは2003年になってからですよ。

それまでの十数年間はずっと英語だったのですか?

そうです。。。 現在、日本語でブログに記事を書きまくっているように、英語でホームページを書きまくっていたのです。

。。。で、上のリンク先のページは、デンマンさんが英語で書いていた頃のページですか?

そうです。。。 もう、15年ほど前に書いたものですよう。

なぜ、急にその頃のページを取り上げたのですか?

上の英語のページにコメントをもらったのです。

どのようなコメントをもらったのですか?

ちょっと読んでみてください。

Subj: Bravenet Form Processor
Date: 07/04/2008 7:25:16 AM
Pacific Daylight Saving Time
日本時間: 4月8日午後11時25分
From: servicemail@bravenet.com
To: barclay1720@aol.com

MESSAGE SENT THROUGH YOUR WEBSITE

This form was submitted: Apr 07 2008 / 07:25:00

tripod-hist = paleo-venus-excellent
Your_Name = L J. Cordle
Your_Email_Address = *****@yahoo.es

Comments:

Quite informative.

Thank you for using Bravenet Email Form Processing!

こういうコメントをもらったのですよ。 Excellent (とっても良い) にチェックマークをつけているのですよう。しかも Quite informative、つまり、たくさんの情報が詰まっていて有益です、と言う褒め言葉が書いてあるのですよ。うしししし。。。

L J. Cordle さんのメールアドレスはYahoo!ですね。.es はどこの国ですか?

スペインですよ。

スペインのYahoo!を使っている、と言う事は L J. Cordle さんはスペイン人ですか?

名前を見るとアメリカ人のようですよねぇ~。。。

女性ですか?

IP アドレスで調べても、性別までは分かりません。。。 でも、コードゥル(Cordle)さんのプロバイダーは次の会社なのですよ。

Comcast Cable Communications Holdings, Inc.

http://en.wikipedia.org/wiki/Comcast

英語のウィキペデアで調べるとアメリカで2番目に大きなプロバイダー(Internet Service Provider)です。。。 コードゥルさんはフロリダ州のマイアミに住んでいるようです。

そこまで分かるのですか?

Comcastの本部はペンシルバニア州のフィラデルフィアにあるのですよ。。。でもねぇ~、コードゥルさんのIP アドレスを調べると、マイアミにある Comcast の会社に割り当てられているものです。

それで、マイアミに住んでいるとデンマンさんは思うのですか?

たぶんね。。。 マイアミにはスペイン系の人も結構住んでいますからね。。。 もしかすると、Comcastはスペインにも子会社を持っているかもしれません。。。 そうなれば、コードゥルさんがスペインに住んでいることも充分に考えられますよ。 でも、名前の感じから、僕はコードゥルさんがアメリカ人のような気がするのです。

デンマンさんは、返信を書きました?

書きましたよう。 お礼のメールを出しました。 それに対して返信は無かったけれど、僕が出したメールが、あて先が不明で戻って来るような事もありませんでした。 だから、ちゃんと送信できたのですよ。 つまり、上のメールアドレスは実際に使われているアドレスだと言うことが分かったのですよ。

アスタリスクが書いてありますね。

コードゥルさんのプライバシーを守るために、アドレスの前半部をアスタリスクに変えてあるのです。

デンマンさんが書いた英語のページにコメントをもらう事は良くあるのですか?

最近、僕は、全く英語のページを更新してないのです。。。 でもねぇ~、その割には、まともなコメントをもらう事があるのですよ。

例えば、他には。。。?

ちょっと古くなるけれど、次のようなコメントをもらいました。

Subj: Gemstone File–new book
Date: 27/09/2006 8:54:27 PM
Pacific Daylight Saving Time
日本時間: 2006年9月28日 午後0時54分
From: stephaniecaruana@****zon.net
To: barclay1720@aol.com

Hello Akira–

I noticed you have a copy of the Gemstone Skeleton Key posted. You are right–I did ask people to make copies and spread them around. I thought you might like to know that I have a new book coming out, probably some time in October, called “The Gemstone File – A Memoir.” This book will include an updated “Skeleton Key” and about 250 pages edited from Bruce Roberts’ original gemstone file. You can find more information about this on my web site:

http://gemstone-file-memoir.com

I am just trying to pull this site together, so please excuse the many mistakes I am making as I go along. However, you will find the cover image, Introduction, table of Contents, etc., on the site. Your site is very beautiful and interesting–I wish I could do as well!

Stephanie Caruana


(102.jpg)

こんにちは、あきらさん。

私が書いた“Gemstone Skeleton Key”ファイルがあなたのホムペにコピーされているのを見ましたわ。
そうよね。確かに私はお願いした事があったのよ。
私の書いた記事をできるだけ多くの人に読んで欲しいから、どんどんコピーしてホムペに載せてもいいと。。。

ところでね、そのファイルに基づいて、私が新しい本を書いたのよ。
今年(2006年)の10月には出版の予定なの。。。
きっと、あなたも興味があると思うわ。
それで、こうしてメールを書いているのよ。
もし、関心があったら私のウェブサイトを見てね。
URLを書いておきます。

http://gemstone-file-memoir.com

いま、私のホムペを立ち上げて、まともなサイトになるように頑張っているのよ。
だから、誤字脱字が結構あるかもしれないけれど、大目に見てね。
私の本のカバーイメージだとか目次を見ることができるわ。

ところで、あなたのサイトはとってもきれいで、興味深く面白そうだわ。
私のホムペも、あなたのようなサイトにしたいわ。
じゃあね。

ステファニー・カルアナ

【デンマン訳】

このステファニーさんとデンマンさんは知り合いなのですか?

いや、一度も会った事のない女性です。

でも、写真が貼ってありますよね?

僕が勝手に全く関係ない女性の写真を貼り付けたのですよう。。。 この方が読む人の関心を掻き立てるでしょう?

全くステファニーさんとは関係ないのですか?

関係ありません。

そういう紛(まぎ)らわしい事をしないでくださいなァ。。。 読む人が誤解してしまいますわァ~。。。

写真があった方が読んでいても、なんとなく面白いでしょう? うしししし。。。

面白くありませんわァ。。。 でも、手紙を読むとデンマンさんと、まるで知り合いのように書いてますわねぇ~。 

僕が、そんな感じに訳しているからですよ。

だってぇ~、出だしから、初対面の人に向かって“こんにちは、あきらさん”でしょう?。。。デンマンさんとの関係を疑りたくなってしまいますわァ。

マジで。。。、僕はステファニーさんと会った事はありません。。。 欧米では、初対面の人に対しても、ネットでは上のようにメチャくだけて書きますよう。。。 日本でなら、“突然メールを差し上げて申し訳ありませんが。。。” となるでしょうけれど、欧米では、そのような他人行儀は、初めから無いのが普通です。。。 もう、初めから5年ぐらい付き合ってきたような文章を書きます。

。。。で、このステファニーさんという女性はどのような人物なのですか?

僕は次の記事の中で彼女を紹介しています。

■ 『Gemstone File (Introduction) 2003年6月4日』

ステファニーさんは、有名な女性雑誌『Playgirl』の編集に携(たずさ)わっていた事もあるのです。。。 現在はフリーランスで記事を書いてます。


(pgirlbok.jpg)

PLAYGIRL 1982年クリスマス特別号

つまり、ステファニーさんはH系の記事を書いているのですか?

女性雑誌『Playgirl』には、H系の記事もたくさんありますが、ステファニーさんは、どちらかと言えば社会派ライターですよう。ステファニーさんが書いたH系の記事を僕は読んだことがありません。

それで、あのォ~ Gemstone File って、どういうものなのですか?

上のリンクをクリックすると、Gemstone File の紹介ページに飛ぶのだけれど、英語で書いてあるので、僕が意訳して次に書きますよ。。。 読んでみてください。

「ジェムストーン・ファイル(Gemstone File)」 はアメリカの宝石鑑定士であるブルース・ロバーツによって15年に亘(わた)って書かれたものです。
1960年代に書き始め1975年まで書き続けたのです。
このファイルの筆者であるロバーツはウィスコンシン大学でジャーナリズムと物理学を専攻し、レーザー加工などで使われる人工合成のルビーを作り出した人物です。
彼は、1970年代の初め、サンフランシスコのブッシュ・ストリートにあるドリフト・インと呼ばれる酒場(現在はヨン・サン・ラウンジと呼ばれている)によく出入りして、飲み仲間に政界のスキャンダルなどを語って聞かせたものでした。


(driftinn4.jpg)

彼の1000ページ以上にも及ぶファイルの一部は、この上の写真のドリフト・インで書かれたのです。
彼の政治スキャンダルの話は CIA, FBI, とマフィアをアメリカの政治事件に結びつけるもので、その話の中には、暗殺されたケネディー大統領や、当時の副大統領リンドン・ジョンソン、さらに、ニクソン大統領、ワシントンポスト紙から、ハワード・ヒューズ、マーティン・ルサー・キング牧師などの犠牲者や加害者が含まれているのです。
彼は1976年に肺癌で亡くなりました。

1976年までに、彼が書いた「ジェムストーン・ファイル」は複写機でコピーされて世界中に広まったのです。
ロバーツの説によれば、船舶王オナシスはハワード・ヒューズを誘拐して麻薬中毒にさせ、10年間彼のコントロールの下に置いたと言うのです。
このようにしてハワード・ヒューズがかかわっていた航空機産業が世界のマフィア組織の影響下に置かれたとも言うのです。
このマフィアが、またケネディー大統領の暗殺にも関わっていたと主張しています。

「ジェムストーン・ファイル」によれば、多くのアメリカの政治事件は陰謀によって起こされたのです。
しかし、多くの学者や陰謀研究家は「ジェムストーン・ファイル」を“まやかし物”として無視しています。
でも、火の無い所から煙は立たないのですよね。

確かにロバーツの説明には信じがたい話もあります。
さらに、馬鹿馬鹿しいと思えるような話も含まれて居ます。
でも、よく読むと、不可解な政治事件の真相と思えるモノがその一端を覗かせる事にあなたも気づくはずです。

「ジェムストーン・ファイル」を下らない話として一笑に付すことは簡単です。
しかし、考えてもみてください。
10年以上にわたって無駄な事を1000ページ以上のファイルにまとめる人が居るでしょうか?

ロバーツは決して愚かな男ではありません。
彼が人口合成でルビーを作り出した事からも分かるように才能を持った技術者であり科学者です。
ロバーツは膨大な情報を宝石業界で培(つちか)った人脈を通じて得たようです。

女性雑誌の『プレーガール(Playgirl)』の編集にもかかわった事のあるステファニー・カルアナは、ロバーツが書いた膨大なメモやノートを基にして縮小版を書き上げました。
これが世に知られている“Skeleton Key (概要)”です。
ステファニーは、この膨大なメモやノートを同僚のマエ・ブラッセルから譲り受けました。

マエ・ブラッセルは1988年に癌で亡くなりましたが、彼女は生前、ロバーツに会って膨大なメモとノートを譲り受けたそうです。
ステファニーによれば、「ジェムストーン・ファイル」に対するこれまでの批判は、ロバーツが残した膨大な資料と言うよりも、彼女が書いた縮小版に基づいてなされている、と言っています。
ところで、「ジェムストーン・ファイル(概要)」はステファニーのウェブサイトで読むことができます。

現在、出回っている「ジェムストーン・ファイル(概要)」には、マエ・ブラッセルとジョン・ジャッジが保存していた未公開の資料が含まれていません。
マエ・ブラッセルの死後は、その未公開資料はジョン・ジャッジが保存しています。
ブラッセル女史はアメリカの政治事件が陰謀によって起こされたと言う陰謀説を唱えている事で知られています。

■ 『Gemstone File (Introduction) 2003年6月4日』

■ 『Gemstone File (Outline) 2003年6月4日』

僕(デンマン)のサイトで公開している「ジェムストーン・ファイル(概要)」は、僕(デンマン)がたまたま手に入れたものです。
内容はオリジナルとほぼ同じだと思いますが、
いろいろな人の手にわたって、付け加えられたり削除されたりしながら、コピーされたものです。
当然、オリジナルと違う部分もあるでしょう。

僕(デンマン)自身は内容には全く手を加えていません。
このサイトで読み易くするために改行などを加えているだけです。
説明が必要だと思われる部分はリンクを貼ってリンク先で説明を書いています。

【デンマン意訳】

「ジェムストーン・ファイル」って、なんだかすごいですね。

レンゲさんも、そう思いますか?

それで、デンマンさんは、一体どのようにしてこのファイルを手に入れたのですか?

僕がサンフランシスコに遊びに行った時に友達から渡されたのですよ。

どうして。。。?

僕が東京ローズの事をその友達に話した事があるのです。

東京ローズが幾人も居たと言う話ですか?

そうです。


(rose008.jpg)

2006年9月26日に90歳で亡くなった、上の写真のアイダ・戸栗さんが東京ローズとして最も有名だけれど、実は他にも東京ローズと言われる人は居たのですよ。もちろん、“東京ローズ”と言う名はアメリカ兵が勝手に付けた名前だけれど。。。

その東京ローズと「ジェムストーン・ファイル」が関係あるのですか?

3月15日の記事でも書いたけれど、ヒルダと呼ばれる金髪のドイツ人も“東京ローズ”として米軍に向けて放送していたらしい。

■ 『ええっ?ビックリ! (2008年3月15日)』


(hilda3.jpg)

この上の写真の女性ですか?

そうです。。。 この女性が戦後アメリカにわたってウォーターゲート事件にも関係していた、と言うことを僕が友達に話したのですよ。

それは事実ですか?

ウォーターゲート事件に関係していたハント(E. Howard Hunt)と言う男が太平洋戦争中に上海で諜報活動に従事していた。。。 このヒルダさんも上海で諜報活動をしていた事がある。 そう言ったら、友達も興味をしめして、「ジェムストーン・ファイル」を持ち出してきたのですよ。

なぜですか?

「ジェムストーン・ファイル」には、ウォーターゲート事件のことが書いてあるからです。。。 僕が“Tokyo Roses”と言うタイトルでドキュドラマ(docudrama)を書いていると言ったら、じゃあ、これを参考にしたらいいよ、と言って「ジェムストーン・ファイル」を僕にくれたのです。

それで、デンマンさんは、そのドキュドラマを書き上げたのですか?

書き上げたのですよ。。。 本になったら一部あげますよ。

いつごろ本になるのですか?

今のところ全くその見込みがないのですよ。。。 でも、そのうちネットで公開しようと思っているのです。。。

それで、今日のタイトルが“ネットde世界”ですかァ?

うん。。。、そうなのですよ。。。 かなり話が世界的な規模に広がってきたでしょう。 でも、これだけでは、まだ世界と言うには狭いですよねぇ~。。。

。。。で、まだ他の国の人からデンマンさんはコメントをもらったのですか?

そうです。。。 オーストラリアの女性から。。。 でも、この話は今日の記事が長くなりすぎたので、またいづれ話します。。。 期待して待っててくださいねぇ~。。。


(laugh16.gif)

【卑弥子の独り言】


(himiko22.gif)

ですってぇ~。。。

あなたは、デンマンさんのお話を信じることができますかァ~?

ちょっと眉唾物ですよねぇ~。。。

でも、確かに、ネットの世界は普通では考えられないほど身近になりつつあります。。。

その証拠に、この記事も Denman Blog で日本語が解る131カ国のネット市民の皆様に読まれるのですわァ。。。

 

海外からのアクセス

 


(wp70905map.png)



(wp70905.png+wp70905b)

『ネットde世界』@Denman Blog

 

ところで、こう見えても あたくしは一応 京都の女子大学で腐女子たちに「日本文化と源氏物語」を講義しているのでござ~ますわァ。

腐女子の間では、あたくしは“平成の紫式部”と呼ばれているのでござ~ますゥ。

あなたは信じられないのでござ~ますかァ~。。。?

じゃあ、『卑弥子の源氏物語』を お読みくださいませぇ~。。。


(genjiero4.jpg)

『卑弥子の源氏物語』

どうですか? あたくしが “平成の紫式部”だと納得がゆきましたか?

ええっ。。。 ちょっと納得がゆかないのでござ~ますかァ?

そうでしょうねぇ~。。。 

でも、最近 あたくしの“ヴィーナスのえくぼ”がネットで人気が出ている、ということは信じられるでしょう?

うふふふふふふ。。。

ええっ。。。 それも信じられないというのでござ~ますかァ?

じゃあ、ちょっと次の検索結果を見てくださいまし。。。


(gog60409a.png)

『拡大する』

『現時点での検索結果』

「卑弥子 女性の本当の魅力 ヴィーナスのえくぼ」と入れてGOOGLEで検索する殿方が多いのでござ~ますわァ。

つまり、あたくしの“ヴィーナスのえくぼ”を目当てにやって来るのですわァ~。。。

うふふふふふふ。。。

あなたも、ビックリするでしょう?

ジムに毎日通って“ヴィーナスのえくぼ”をゲットしたのですわよ。


(buttdimp5.jpg)

どうでござ~ますかァ?

ええっ。。。 あたくしのお尻だとは思えないのでござ~ますかァ~?

どうしてよう?

ええっ。。。 スタイルがよすぎると、おっしゃるのござ~ますかァ~?

あたくしが十二単を一枚、一枚脱いでゆくと、

最後には上のようなおヌードになるのですわよう。

信じてくださいましなァ~。。。

ところで、話は変わりますけれど、

かつて、めれんげさんは 一生懸命にブログを更新していたのでした。

でも、時には、他のことに夢中になって、会費を滞納したことがあったのでござ~ますわァ。。。

そのために、サイトを削除されてしまったのです。

それでも、2013年の6月にライブドアで『即興の詩』サイトを再開しました。

めれんげさんの『即興の詩』サイト

再開して間もないのに 検索結果 3,960,000件中の 9位に躍り出るなんてすごいですよねぇ~。。。


(gog30703.gif)

『現時点での検索結果』

現在、めれんげさんは お休みしています。

でも、これからも、ブログを通して「愛のコラボ」を続けて欲しいですよねぇ~。。。

かつて めれんげさんの「即興の詩をはじめました!」の『極私的詩集』サイトは 次の検索結果で見るようにトップを占めていたのです。


(gog30928a.png)

また、ブログを更新して トップに返り咲いて欲しいものです。

ところで あなたは「どうしたら、上位に掲載されるのォ~?」と考えているかもしれません。

その秘訣を知りたかったらデンマンさんが面白い記事を書いていますわ。

次のリンクをクリックして読んでみてください。


(seo001.png)

『おばさんの下着に見るSEO』

話は変わりますけれど、めれんげさんは可愛い猫を飼っています。

あなたも、猫ちゃんを飼っていますか?

ええっ。。。 ワンワンちゃんを飼っているのですか?

そういえばデンマンさんが『ワンワンちゃん』という面白い記事を書いていました。

気が向いたら下のリンクをクリックして読んでみてください。


(dog202.jpg)

『ワンワンちゃん』

とにかく、次回も興味深い話題が続きます。

あなたもどうか、また読みに戻ってきてくださいね。

では、また。。。


(hand.gif)


(surfing9.gif)

メチャ面白い、

ためになる関連記事


(linger49.gif)


■ 『きれいになったと感じさせる

下着・ランジェリーを見つけませんか?』

■ 『ちょっと変わった 新しい古代日本史』

■ 『面白くて楽しいレンゲ物語』

■ 『軽井沢タリアセン夫人 – 小百合物語』

■ 『今すぐに役立つホットな情報』

■ 『 ○ 笑う者には福が来る ○ 』

■ 『あなたもワクワクする新世代のブログ』


(renge62e.jpg)

『あしたみる夢』

『ネット殺人事件』

『失楽園のモデル』

『スパムに追われて』

『心にしるす』

『復楽園がいいの?』

『今をだきしめ想いかなえし』

『きみ待ちわびて』

『朝の来ぬ国』

『離れがたき』

『めれちゃんがいいね』


(kimo911.jpg)

『愛はスミレの花のように』

『思い出の夕顔』

『スミレの花咲く頃』

『クリスマスのコメント』

『消え行く愛など無く』

『ひとりかも寝む』

『レモンと性と愛』

『少女と下着の秘密』

『いとしき言葉』

『無我の愛と自我の愛』

『めれちゃんde人間失格』

『愛@文明開化』

『愛と共感とストレス』

『愛欲と空海』

『きみはやさしく』

『愛の擬人法』

『めれちゃんと南方熊楠』


(rengfire.jpg)

『めれちゃんの人気再び』

『愛はスミレの花よ』

『肥後ずいきで検索』

『加賀の千代』

『千代に再会』

『カフカの銀河鉄道』

『12歳少女の死』

『結婚するの?しないの?』

『浜美枝と宮沢りえ』

『きみのぬくもり』


(babdol6.jpg)

『壁に耳 障子に目』

『もう一つの世界』

『肥後ずいきブーム?』

『阿部定ブーム?』

『ノルウェイの森』

『大奥女中の淫らな恋』

『愛と追憶の謎』

『タンパク質の音楽』

『あげまん女なの』

『SM家畜女』

『めれちゃんと倉持由香』

『肥後ずいきdeビックリ』

『めれちゃん@画像検索』

『めれちゃん@富士山』

『目覚めぬ夢』

『熱烈なファンの軌跡』

『花火とロマン』

『恋に染められ』

『恋に染めごろう』


(sayuri201.jpg)

『皆さん、ありがとう』

『メリエスの銀河鉄道』

『今年こそ自殺したい』

『その手に抱かれ』

『愛と性の秘められた物語』

『シビル・セリグマンと横尾真美』

『石川の郎女@ドイツ』

『目覚めぬ夢なの』

『目覚めぬ夢@プエルトリコ』

『家畜人ヤプー 性と愛』

『美尻を探して…』

『ズロースと乱歩』

『平成悲話』


(rengfire.jpg)

『パンツが並んだ』

『禁忌の愛を探して』

『淫らな恋を探して』

『オッパイ@アクセス数』

『熱狂的なファンのぬくもり』

『愛と心の構造探して』

『初めての接吻』

『夫婦de風呂』

『私を見つけたのね』

『や~らしか方言@坊さん』

『エロ文学』

『五重塔で心中』

『綺麗な写真に魅せられて』

『双头爱染明王』

『性具@バンコク』

『愛de擬人法』


(june24b.jpg)

こんにちはジューンです。

卑弥子さんが面白いお話を集めて

楽しいサイトを作りました。

次のリンクをクリックして

ぜひ覗いてみてくださいね。

■ 『あなたのための笑って幸せになれるサイト』

とにかく、今日も一日楽しく愉快に

ネットサーフィンしましょう。

じゃあね。バーィ


(beach02.jpg)


(byebye.gif)