Archive for the ‘生涯学習・無料学習’ Category

芭蕉と英語

2017年6月26日

 

芭蕉と英語

 


(okuno03.jpg)


(yamadera93b.jpg)


(yamadera96b.jpg)


(yamadera97b.jpg)


(june001.gif)

デンマンさんは、松尾芭蕉が英語をしゃべれたというお話をするのですかァ?


(kato3.gif)

まさかァ~。。。 僕が知る限り、芭蕉は英語を話したことはないと思いますよ。。。

それなのに、どういうわけで芭蕉と英語というタイトルにしたのですかァ~?

実は、バンクーバー市立図書館で借りていた本を読んでいたら次の箇所に出くわしたのですよ。。。

尿前の関

 

南部道遥(はるか)にみやりて、岩手の里に泊まる。

小黒崎・みづの小島を過(すぎ)て、なるごの湯より尿前(しとまへ)の関にかかりて、出羽の国に越(こえ)んとす。

 

この路旅人まれなる所なれば、関守(せきもり)にあやしめられて、漸(ようよう)として関をこす。

大山をのぼつて日すでに暮(くれ)ければ、封人(ほうじん)の家を見かけて舎(やどり)を求む。

三日風雨あれて、よしなき山中に逗留す。

 


(uma003b.jpg)

 

蚤虱(のみしらみ)
 

馬の尿(しと)する
 

枕もと

 

あるじの云(いう)、これより出羽の国に、大山を隔(へだ)て、道さだかならざれば、道しるべの人を頼(たのみ)て越(こゆ)べきよしを申す。

さらばと云(いい)て、人を頼み侍(はべ)れば、屈強の若者、そり脇差(わきざし)をよこたえ、樫の杖を携(たずさ)えて、我々が先に立ちて行く。

 

きょうこそ必ずあやうきめにもあうべき日なれと、辛(から)き思いをなして後について行く。

あるじの云(いう)にたがわず、高山森々として一鳥声きかず、木の下闇(したやみ)茂りあいて、夜行くがごとし。

雲端(うんたん)につちふる心地して、篠(しの)の中踏み分け踏み分け、水をわたり岩に躓(つまづ)いて、肌につめたき汗を流して、最上の庄に出(い)ず。

かの案内せしおのこの云うよう、「このみち必ず不要のことあり。恙(つつが)のうおくりまいらせて仕合(しあわせ)したり」と、よろこびてわかれぬ。

後に聞きてさえ胸とどろくのみなり。

 


(uma001b.jpg)

 

Plagued by flears and lice,
 

I hear the horses staling
 

Right by my pillow.

 

Our host told us, “The road from here to Dewa lies through high mountains, ans is so badly marked you had best to get a guide to show you the way.”

“Very well,” I said, and hired one, a strapping young man who wore a scimitar at his side and carried an oaken stick.

He walked ahead of us, and thinking that today we were sure to run into danger, we followed behind.

The road was as our host had described it—through densely overgrown high mountains in which not a single bird-cry could be heard.

It was dark under the trees, so dark that it was like walking at night.

Feeling as though “dust were raining from the edges of the clouds,” we pushed our way through clumps of bamboo-grass, waded across streams, and stumbled against rocks.

At last we reached the town of Mogami, our bodies bathed in a cold sweat.

 

When our guide left us he said happily, “Something unpleasant always happens on this road. I was lucky to have been able to lead you here safely.

To hear such words, even after our safe arrival, made our hearts pound.

 

(注: 赤字はデンマンが強調。
読み易くするために改行を加えています。
写真はデンマン・ライブラリーより)


90-91ページ 『おくのほそ道』
著者: ドナルド・キーン 挿絵(切り絵): 宮田雅之
1997年2月1日 第2刷発行
発行所: 講談社インターナショナル株式会社

この本は芭蕉の『奥の細道』の対訳本ですわねぇ~。。。

そうです。。。 日本語をドナルド・キーンさんが英訳したのですよ。。。

上の箇所のどこにデンマンさんはムカついたのですかァ~?

いや。。。 別にムカついたわけではないのですよ。。。 赤字にした箇所に注目してください。。。


(okuno03b.jpg)

 

このみち必ず不要のことあり。

恙(つつが)のうおくりまいらせて

仕合(しあわせ)したり。

Something unpleasant always

happens on this road.

 

I was lucky to have been able to

lead you here safely.

 

日本語を読んだだけでは、いったいどういうことを言っているのか? 。。。よく解らなかったのですよ。。。

それで英語文を読んで初めて何を言おうとしたのかが理解できたのですか?

そうです。。。 ジューンさんは日本語を読んだだけで意味が解りましたかァ~?

なんとなく解ったつもりでしたけれど、英文を読むまでは私もはっきりとは理解していませんでしたわァ。。。

。。。でしょう? 僕は、こういう経験をこれまでに何度もしたのですよ。。。 はっきり言って江戸時代の日本語と、現代の日本語はずいぶん違ってますよ。。。 でも、江戸時代の頃の英語と、現在の英語は、日本語ほど違ってはいないと思うのです。。。 ジューンさんは、どう思いますか?

そうですわねぇ~。。。 江戸時代が始まった頃、つまり、1600年頃の英語は“初期近代英語”と呼ばれているのですけれど、シェイクスピアが使っていた英語ですよねぇ~。

初期近代英語


(shakes001.jpg)

 

初期近代英語は中英語時代の末の1450年頃から1650年頃の英語をいう。

代表的な文献として後期に属するジェームズ王欽定訳聖書およびウィリアム・シェイクスピアの著作が挙げられる。

欽定訳聖書は経典という性格から当時の口語と異なる古風な語法が用いられている。

現代英語しか知らない人でも大体理解できる程度に現代英語に近い。

現在の英語では発音と綴りに若干乖離が見られるが、これは現在の綴りが初期近代英語期のまだ大母音推移が完了していない頃に定められたためである。


出典: 「初期近代英語」
フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

『ウィキペディア』の上の説明にも書いてありますけれど、シェイクスピアの作品は現代英語しか知らない人でも大体理解できますわァ~。。。 でも、江戸時代の日本語の本を読めと言われても、わたしには何が書いてあるのか全く解りませんわァ~。。。

そうなのですよ。。。 日本で生まれた日本人でも、江戸時代に書かれた本は読めるかもしれないけれど、まず、意味は解らない。。。 ちょうど、上の箇所のように、現代英語に訳された英文を読んで初めて僕も、その意味が理解できたのだから。。。

つまり、江戸時代が終わって明治時代になってから、日本語はずいぶんと変化したのですわねぇ~。。。

そうですよ。。。 子供の頃、江戸時代のチャンバラ映画を見た時、僕は中国か韓国の昔の時代の事をやっているのかと勘違いしたほどですよ。。。 とにかく、明治維新で何もかもがガラッと変わってしまった。。。 武士は刀も捨て、チョンマゲも切って、西洋人の真似をしてズボンを穿いてステッキを持って歩くようになった。

日本語も明治維新でずいぶん変わってしまったのですか?

そうですよ。。。 江戸時代には、文章は話し言葉では書かなかったのです。。。 明治時代になってから、話し言葉で書こうという人たちが出てきた。

日本語における言文一致


(futabetei2.jpg)

 

日本語の古典的な文体である文語は主に平安時代までに完成した。
中世以降、次第に話し言葉との乖離が大きくなっていった。

明治時代には、文学者の中から改革運動(言文一致運動)が起こった。

言文一致小説の嚆矢は、坪内逍遥に刺激を受けた二葉亭四迷の『浮雲』などである。

二葉亭が『浮雲』(1887年)を書く際には、初代円朝師匠の落語を速記法により筆記した、落語家の初代三遊亭圓朝の落語口演筆記を参考にしたという。

また、ツルゲーネフなどロシア文学作品を翻訳した文体も既存の文語からの離脱の試みである。

当時は二葉亭以外にも、多くの作家が言文一致の新文体を模索した。
その中でも、山田美妙における「です・ます」調の試みは、もうひとつの日本語表現の可能性として、小説言語の主流にはならなかったものの、後世へ大きな影響を与えた。
若松賤子が「小公子」の翻訳で試みた「ありませんかった」のような文体も当時の注目を浴びたが、これは受け継ぐものが現れなかった。

しかし、そのころはまだ文語文の作品も多く書かれている。
和歌の塾に通い、古典の教養を持っていた樋口一葉は古文の呼吸をつかった雅文体で「にごりえ」「たけくらべ」などの作品を書いている。

翻訳で言文一致を試みた森鴎外も、「舞姫」や「即興詩人」では文語にもどしている。
評論の分野では北村透谷や幸徳秋水は、漢文書き下しの文体を使って論文を書いていた。
その点では、言文一致の運動がすぐに時代の主流になったわけではなかった。

このような新文体への挑戦は文学の分野で作家たちだけがしていたのではなく、当時の新聞や雑誌記事などでも並行的に行なわれていた。
特に従軍記者による戦地レポートや、速記による裁判の傍聴記録などで、積極的に言文一致の新文体が試みられていた。

その結果、明治末になるとそれらは書き言葉として次第に確立し、一般の文章にも大きな影響を与えるようになった。
自然主義文学の運動も、その普及に一役買った。

しかし、法律の言語は、戦前では文語文を用いて記述されていた。
戦後は口語体となった。


出典: 「言文一致」
フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

僕のオヤジやお袋が子供の頃は、まだ書き言葉と話し言葉がずいぶんと違っていたのですよ。。。

たとえば。。。?

たとえば、今だったら Butterfly は日本人なら誰もが“蝶々(ちょうちょう、チョウチョ)”と書きますよ。。。 


(chocho2.gif)

てふてふ

 

 

ちょうちょ

 

でも、僕のオヤジが子供の頃は“てふてふ”と書いて“ちょうちょう (チョウチョ)” と読まされた。

じゃあ、オペラの“蝶々夫人”は“てふてふ夫人”と書いたのですわねぇ~。。。 (微笑)


(chocho3.jpg)

そういうことですよ。。。 オペラの“蝶々夫人”は“てふてふ夫人”と書いたのです。。。 じゃ、ジューンさんのために日本語のクイズです。。。 次の生物は口語では何と呼ばれているでしょうか?

どぢやう

 


(question.gif)

 

 

泥鰌

 


(dojo12.jpg)


(yanagaw3.jpg)

柳川鍋

 

ドジョウ


(laugh16.gif)

【卑弥子の独り言】


(himiko22.gif)

ですってぇ~。。。

では、更に あたたのためのクイズです。。。

次の旧仮名遣いは 現代の口語ではどのような漢字で書くことができるでしょうか?

おやかふかふ

 


(katatataki.jpg)

 

 

親孝行

 

 

ところで、話は変わりますけれど、あたくしの“ヴィーナスのえくぼ フィーバー”が起こっているのですわよう。。。

ええっ。。。 信じられないというのでござ~ますかァ?

じゃあ、ちょっと次の検索結果を見てくださいまし。。。


(gog60409a.png)

『拡大する』

『現時点での検索結果』

「卑弥子 女性の本当の魅力 ヴィーナスのえくぼ」と入れてGOOGLEで検索する殿方が多いのでござ~ますわァ。

つまり、あたくしの“ヴィーナスのえくぼ”を目当てにやって来るのですわァ~。。。

うふふふふふふ。。。

ジムに毎日通って“ヴィーナスのえくぼ”をゲットしたのですわよ。


(buttdimp5.jpg)

どうでござ~ますかァ?

ええっ。。。 あたくしのお尻だとは思えないのでござ~ますかァ~?

どうしてよう?

ええっ。。。 スタイルがよすぎると、おっしゃるのござ~ますかァ~?

あたくしが十二単を一枚、一枚脱いでゆくと、
最後には上のようなおヌードになるのですわよう。
信じてくださいましなァ~。。。

ところで、あなたは『万夜一夜物語』を読んだことがござ~ますかァ~?

“千夜一夜物語”ではなくてぇ、“万夜一夜物語”ですわ。


(manya02.jpg)

『万夜一夜物語』

デンマンさんが書いたのでござ~ますわよう。

ええっ。。。 10,001の話が書かれているのかってぇ~。。。?

とにかく、上のリンクをクリックして読んでみてくださいませぇ~。。。

あなたも、絶対にビックリするようなお話が出てきますわァ。

『万夜一夜物語』だけでは、物足りないのでしたら、
ジューンさんが登場する面白いお話もたくさんあります。

興味のある方は、どうか次のリンクをクリックして読んでくださいましねぇ~。。。

(roten101.jpg+cleoani.gif)

『9日間の女王』

『あなたは敬語?』

『原節子とジューンさん』

『モナリザの妹』

『ナイアガラとマリリンモンロー』

『おばさんパンツ@大晦日』

『ヴィーナスのえくぼ@ジューン』

『乳房振動とブラの研究』

『G線上のアリア』

ジューンさんの熟女下着
(30june.jpg)

『悲愴と白鳥』

『ブッダと千夜一夜物語』

『絹の道と千夜一夜物語』

『ヤノマミの乙女』

『ジャータカと今昔物語』

『白木屋お熊とセックス』

『パンツを売る乙女』

『床上手な女@マルタ島』

『宮沢りえとおばさんパンツ』

『マチュピチュとインディー・ジョーンズ』

『映画を愛する薄命の女』

『ベニスの騒動』

『アンネとハンナ』

『名器たこつぼ』

『レダの卵を探して…』


(miro0018.jpg)

『サモトラケのニケとミロのヴィーナス』

『薄命な女のパンツ』

『ロトの娘たち』

『もう一人のモナリザ』

『万夜一夜の謎』

『自由という誘惑』

『驚異の大洪水』

『おつまみミステリー』

『混浴風景を探して』

『ハレルヤ』


(sylvie122.jpg)

『マルタ島のロマンだ』

『宮沢りえ人気@海外』

『癒しを奏でるパンツ』

『マルタ島deロマン』

『生ログdeロマン散歩』

『宮沢りえ@クールジャパン』

『混浴風呂ガー』

『ウェルカムバック』

『コペンハーゲンからやって来た』

『ロシアからやって来た』

『海外美女ランキング』

『ブログを解剖する』

『スイスからトランプ見に来る』


(fan004.jpg)

『海外美女を探して』

『パンツde大晦日』

『Tバック@三賀日』

『とっちゃん坊や』

『また千夜一夜』

『初恋の思い出』

『乳房振動とブラ』

『白木屋お熊』

『肥後ズイキ@セルビア』

『紐パン熟女』

軽井沢タリアセン夫人の小百合さんが扮するゴディバ夫人
(godiva05.jpg)

『美尻のビーナス』

『紐パン熟女に惹かれて』

『あの二人が気になって』

『肥後ズイキ@セルビア』

『私は下着女装です』

『ドリアンを探して』

『パリの日本人』

『ペンタゴン式己を疑う』

『薄命な女と映画』

『ラーメン@ベリーズ』

『うるさい夏』

とにかく、次回も興味深い記事が続きますわ。
だから、あなたも、また読みに戻ってきてくださいね。
じゃあ、また。。。


(hand.gif)


(chiwawa5.gif)

こんにちは。ジューンです。

スパムメールが相変わらず多いですわよね。

あなたのメールボックスにも、

ジャンクメールがいっぱい入っているでしょう!?

スパムメールを飛ばしているのは

いったい、どういう人たちなのでしょうか?

出会い系サイトのオーナーたちが多いそうですわ。

彼らは会員を集めるためにスパムメールをばら撒きます。

そのためにメールアドレスのリストを購入しています。

では、そのようなリストを販売している人は

どうやってメールアドレスを集めているのでしょうか?

ロボット(自動巡回プログラム)によって

自動収集させているのです。

ところで、サーチエンジンの自動巡回ロボットは

毎日世界中のサイトを訪問し、

その内容をデータベースに書き込んでいます。

同じように、このメールアドレス収集巡回ロボットも、

HTMLソースを分析し、

メールアドレスらしきものをどんどん記録してゆきます。

でも、使っていないメールアドレスが

たくさんあるのですよね。

あなたの使っているメールアドレスのことを

考えてください。

あなたはメールアドレスをいくつ持っていますか?

一つだけではないでしょう?

10以上持っているのではありませんか?

多分、ほとんどのメールアドレスは使ってないでしょう?

そのために、現在実際に使っている

メールアドレスを集めるために、

怪しい人物が使用度の高いメールアドレスを

集めているのですわよ。

だから、あなたもむやみに信用できない人に対して

返信しないようにしてくださいね。

詳しいことはデンマンさんが次の記事で書いています。

『コメント魔』

(2012年4月3日)


(himiko92.jpg)

ところで、卑弥子さんが面白いサイトを

やっています。

興味があったら、ぜひ次のリンクをクリックして

覗いてみてください。

『あなたのための笑って幸せになれるサイト』

とにかく、今日も一日楽しく愉快に

ネットサーフィンしましょう。

じゃあね。 バーィ


(juneswim.jpg)


(byebye.gif)

知的快楽

2017年3月15日

 

知的快楽

 


(orga04.jpg)


(orga07.jpg)


(junko25.jpg)


(junko11.jpg)

デンマンさん。。。、お久しぶりです。。。 どういうわけで“知的快楽”に私をお呼びになったのですかァ?


(kato3.gif)

ジュンコさんも知的快感に浸(ひた)ったことがあるでしょう!

デンマンさんの言う“知的快楽”と言うのは、具体的にはどのようなものなんですかァ~?

知的な快感ですよ。。。 

だから、具体的には。。。?

あのォ~。。。 かつてジュンコさんは次のような記事を書いていましたよねぇ~。。。

完全なる結婚


(junko05.gif)

さまざまなテクニックの実践による性的満足が幸せな結婚生活への道であると説いています。

『完全なる結婚』が強調しているのは、従来の男性が一方的に性的満足を得るような性交のあり方ではなく、男性と女性の双方が満足できるようなセックスを通して結婚生活が築かれるとしている点です。

そこでは女性の能動的な参加も、望ましいこととして推奨されています。

1960年代になると、マスターズ&ジョンソンの膨大な人体実験による「人間の性反応」が刊行され、性理論は、確立されたかに見えました。

しかし、その理論は、あまりに膨大な実験の結果であったため、誰も異論を唱えることができず、そこに内在する重大な矛盾を放置したまま、それを土台にした理論が氾濫して行くことになります。

マスターズ&ジョンソン理論においても、オーガズムの定義は確立したとは言い難いようです。

 


(orga02.jpg)

 

21世紀を迎えた今日、女性の95%がオーガズムを知らないという状況が続いているそうです。

ヴァン・デ・ヴェルデは、女性のオーガズムは男性のそれより後で発現することを実験によって明らかにしました。

しかし、後の動物実験(アカゲザル)では、メスのオーガズム収縮によって、オスの射精が起こるということが確認されています。

 

by ジュンコ


『10秒台では素人』より
(2016年12月21日)

確かに、上の記事を書いた覚えがありますわァ。。。 つまり、“知的快感”というのは“知的なオーガズム”のことですか?

あのねぇ~、21世紀を迎えた今日、日本女性の95%がオーガズムを知らないという状況が続いていると書いてあるけれど、僕は95%の女性が“知的なオーガズム”を味わっていると思うのですよ。

だから、具体的に“知的なオーガズム”というのは、どういうものなのですかァ~?

ジュンコさんは、“知的なオーガズム”を経験したことがないのですかァ?

デンマンさん!。。。 んもおおおォ~。。。 あたしが質問しているのです! グタグタと余計な事を言ってないで、細木数子さんのようにズバリ!と 私の質問に答えてくださいなァ~!

分かりました。。。 ちょっと次の図を見てください。


(sankaku1.gif)

三角形ですわねぇ~。。。 これは幾何学の問題ですか?

そうです。。。 このような問題を中学生の時にジュンコさんも解いたことがあるでしょう?

私は数学が苦手でした。。。

Z の長さを求める問題です。

つまり、この問題が“知的なオーガズム”と関係あるのですか?

もちろんですよ。。。 関係ない図形など書くわけないじゃありませんかァ!

それで、答えはどうなるのですか?

だから、ジュンコさんに答えて欲しいのですよ。

私は数学が苦手でした。。。 だから、こういう問題は、どちらかと言えば見るのも嫌なのですわァ~。

分かりました。。。 じゃあ、次の図形を見てください。


(sankaku2.gif)

補助線を上のように2本引きます。。。 言い忘れましたが、上の図の3つの角度はすべて同じです。。。つまり、 下の図のように β = θ = ψ ということです。。。

なんだか、とても複雑に見えますわ。。。


(sankaku3.gif)

θ = ψ ということだから、ピンクの三角形は二等辺三角形になります。。。 つまり、CB と BD の長さは 40 cm ということです。

なるほど。。。

では、次の図を見てください。


(sankaku4.gif)

上の図で β = ψ で、しかも AC と DB は平行なので 紫と黄緑の三角形は相似になるのです。。。 すると、直線 AC と AP の比は BD と BP の比に等しくなるのですよ。。。 つまり、次のような数式が成り立ちます。


70 : 40 = z : (88 – z)

40z = 70×88 – 70z

z = 56

そういうわけで、z の長さは 56センチメートルということになるわけです。

これが“知的快感”、“知的なオーガズム”と関係あるのですか?

もちろんですよ。。。 つまり、 β = θ = ψ となるように補助線を2本引く事を思いつくわけです。。。


(sankaku5.gif)

すると、答えが魔法をかけたように自然に導き出される。。。 このときジュンコさんは、「やったァ~!」という気持ちが高揚して “知的快感”、すなわち“知的なオーガズム”を感じるわけなのですよ。。。

&nbas;


(orga05.jpg)

私には感じられませんわァ。

分かりました。。。 じゃあ、次の引き算を見てください。。。


(hikizan1.gif)

このように計算してジュンコさんも答えを見つけると思うのですよ。。。

誰だってぇ、このようにして答えを出すと思いますわァ~。。。

それが、そうとも限らないのですよ。。。 “知的なオーガズム”を感じて答えを見つける方法があるのです。。。

マジで。。。?

次のようにするのです。。。


(hikizan2.gif)

5000から3247を引くと、暗算するにしても、筆算するにしても、ゼロから引くので煩わしいのですよ。。。 ところが 5000 は 4999 + 1 ですから、 4999から3247 を引いて、そのあとで 1 を足せば、煩わしさを感じないで、つまり、“知的快感”、すなわち“知的なオーガズム”を感じるわけです。。。 ジュンコさんも、これならば“知的なオーガズム”を感じるでしょう!?

 


(orga03.jpg)

いいえ、感じられませんわ。。。

分かりました。。。 じゃあ、ジュンコさんにも“知的なオーガズム”を感じられる方法があります。。。 ちょっと次の計算式を見てください。


(minus01.gif)

マイナスとマイナスを掛けるとなぜプラスになるのか? ジュンコさんは、これまでに不思議だと思ったことはありませんか? 負のものは足りないものですよねぇ~。。。 その足りないものと足りないものを掛けるとプラスになる、つまり足りるもの。。。、つまり、満ち足りたものになってしまう。。。 不思議な事だとは思いませんか!?

確かに、言われてみれば不思議だとは思いますけれど。。。、これまでにそのような事をしみじみと考えてみたことはありませんわァ~。

。。。でしょう!? だったら、ここで、ジュンコさんでも“知的なオーガズム”を感じながら答えを見つける方法を教えます。。。 次の図を見てください。


(minus02.gif)

これを見れば視覚的に納得しますよねぇ~。。。 つまり、こうして数式を並べてみると、下へ行くにつれて 5つづつ答えが増えてゆくのです。。。 要するに、この数式を見ると、「マイナスとマイナスを掛けるとなぜプラスになるのか?」 理屈抜きで納得できる! まるで目の前に立ちふさがっていた霧が すっかり晴れたように気持ちがスッキリする。。。 つまり、“知的快感”、すなわち“知的なオーガズム”を感じるわけですよ。。。 どうですか? ジュンコさんも改めて“知的なオーガズム”を感じたでしょう!

つまり、これが具体的な“知的オーガズム”なのですか?

そうです。。。 いけませんか?

この事を言うために、わざわざ私を呼び出したのですか?

そうですよ。。。 21世紀を迎えた今日、女性の95%がオーガズムを知らないという状況が続いているとしても、“知的オーガズム”を感じることは誰でもできると言いたかったのですよ。


(orga06.jpg)


(laugh26.jpg)

【ジューンの独り言】


(bare02b.gif)

ですってぇ~。。。

あなたはデンマンさんの説明を聞いて納得できましたか?

では、あなたのために可笑しくて面白い動画をお見せしますわァ~。。。


(dogorg01.jpg)

馬鹿バカしいと思いましたら、お口直しに古代史の記事でも読んでくださいなァ。

デンマンさんがたくさん書いています。

では次の記事から興味があるものをお読みくださいねぇ~。。。


天武天皇と天智天皇は

同腹の兄弟ではなかった。 

天智天皇は暗殺された 

定慧出生の秘密 

藤原鎌足と長男・定慧 

渡来人とアイヌ人の連合王国

なぜ、蝦夷という名前なの?

平和を愛したアイヌ人

藤原鎌足と六韜

古事記より古い書物が

どうして残っていないの?

今、日本に住んでいる人は

日本人でないの?

マキアベリもビックリ、

藤原氏のバイブルとは?

ところで、他にも面白い記事がたくさんあります。

興味のある方は次の記事も読んでみてくださいね。


(sylvie500.jpg)


『角さんと原発と天罰(2013年1月5日)』

『真紀子落選(2013年1月14日)』

『野火(2013年1月18日)』

『タイタニックと国際化(2013年2月1日)』

『宮澤理恵@Macao(2013年2月28日)』


(sunwind2.gif)

『チョコレートと軍産複合体』

『チョコレートと甘い権力』

『CIAの黒い糸』

『美しい日本語再び』

『宮沢りえブーム?』

『また、宮沢りえ?』

『浅間山噴火とフランス革命』

『なぜアクセスが急増したの?』

『気になる検索ワード』

『なぜ塩野七生批判』

『その検査、ムカつく!』

『宮沢りえと床上手な女』

『MH370ミステリー』

『なぜ死刑廃止?』

『真犯人はそこにいる』

『MH370ミステリー裏話』

『お裁きを信じますから』

『ジャルパックと国際化』

『古代ローマのセックス』

『CIAとノーパン』

『エロいローマ再び』

『エロいけれどためになる話』

『えろあくにめ温泉』

『エロいけれどためになる』

『地球上のネット普及率』

『原発はダメだったのに』

『スカートをはいた兵隊』

『行田シンドローム』

『幻の暴走機関車』

『CIA@NOパンツ』

『エリュトゥラー海案内記』

『伊藤若冲 ランブータン』

とにかく、今日も一日楽しく愉快に
ネットサーフィンしましょう。
じゃあね。バーィ。


(hand.gif)


(surfin2.gif)

ィ~ハァ~♪~!

メチャ面白い、

ためになる関連記事


平成の紫式部、橘卑弥子でござ~ます
(himiko92.jpg)

『卑弥子の源氏物語』

『平成の紫式部』

■ めれんげさんの『即興の詩』

■ めれんげさんの『極私的詩集』

Jagel - Soft Japanese Bagel
(bagel702.jpg)

■ “JAGEL – Soft Japanese Bagel”


(linger65.gif)

■ 『きれいになったと感じさせる

下着・ランジェリーを見つけませんか?』

■ 『ちょっと変わった 新しい古代日本史』

■ 『面白くて楽しいレンゲ物語』


(beach02.jpg)

■ 『軽井沢タリアセン夫人 – 小百合物語』

■ 『今すぐに役立つホットな情報』


(rengfire.jpg)


(byebye.gif)

マルタ島のロマンだ

2016年9月17日

 

マルタ島のロマンだ

 


(malata01b.jpg)


(medmap.png)


(june001.gif)

デンマンさん。。。 今日は地中海の島巡りのお話ですか?


(kato3.gif)

ジューンさんも僕と一緒に旅した地中海の旅が懐かしいでしょう!?

でも、そういう個人的な旅のお話ってぇ、この記事をお読みになるネット市民の皆様には退屈だと思いますわァ。

だから、個人的な話をするつもりはないのですよ。

だったら、どうして わたしが写っているマルタ島の写真などを貼り付けたのですか?

ジューンさんのファンがたくさんいるからですよ。 (微笑)

つまり、わたしはデンマンさんの記事のカバーガールですか?

いけませんか?

そんな事より、どうして急にマルタ島のロマンを持ち出してきたのですか?

あのねぇ~、実は夕べ、バンクーバー市立図書館で借りていた本を読んでいたら 次の箇所に出くわしたのですよ。

地中海の底が見えていた


(earth001.jpg)

豆知識: 地中海は、今から500~600万年前に干上がってしまったことがある。 (74ページ)

人類への進化

およそ500万年前、チンパンジーに進化する類人猿と人類へと進化する猿人(アウストラロピテクスなど)が分かれた。
なぜ類人猿と人類は別々の進化の道をたどったのだろうか?
これに対して、「イーストサイド物語」と名付けられた仮説が有力視されている。

人類の祖先の化石は、多くがアフリカの大地溝帯やその東側の乾燥したサバンナで見つかっている。
一方、類人猿は西側の森にしか生息していない。

アフリカの大地溝帯の形成は、今から1000万年前~500万年前に始まっており、人類誕生とほぼ同一の時代なのだ。
大地溝帯は、マントルのホットプルームのはたらきで火山活動が活発になって大地が隆起し、次いで中心が溝になって東西に分裂し始めている場所である。
大西洋からの西風が運んでくる湿った気流は、大地溝帯の高地の西側で上昇気流となって雨を降らせてしまい、東側へきたときにはすでに乾燥してしまう。

このため、大地溝帯とその東側の森は、サバンナに変わった。
森が縮小したため住んでいた類人猿は、サバンナに降りて食べ物を探す必要が生じ、二足歩行や手の使用が始まった。
ここから人類への進化が始まったというわけである。


(chiko03.jpg)

豆知識: 2002年にアフリカ中央部のチャドで、600~700万円前の人類化石「サヘラントロプス・チャデンシス」が発見され、「イーストサイド物語」に異論を唱える説が現れている。

(注: 赤字はデンマンが強調。
読み易くするために改行を加えています。
写真と地図はデンマン・ライブラリーより)


84-85ページ 『地球のしくみ』
編者: 新星出版社編集部
2007年11月25日 発行
発行所: 株式会社 学研パブリッシング

地中海が、今から500~600万年前に干上がった事実と“マルタ島のロマン”が関係あるのですか? 

もちろんですよ。 だから、上の本の中から僕が気になった箇所を引用したのです。 

でも、そもそも“マルタ島のロマン”ってぇ、どういうことですか?

あのねぇ~、ジューンさんと、かれこれ10年ほど前にクレタ島とマルタ島の古代文明について語り合ったことがあるのですよう。 もう忘れてしまったでしょう!?

デンマンさん。。。 ネットで3年前は一昔ですわ。 10年も前のことは大昔ではありませんかァ! 覚えてませんわ。

じゃあ、ジューンさんのためにも ここに書き出しますから、じっくりと読んでみてください。

クレタ島のパリジャンヌ


(cretgal2.jpg)

“Ladies in Blue”—fresco from Knossos, 16th century BC.

上の写真に見るとおり、今から4000年前のクレタ島の女性は、結構ナウい、ファッショナブルな女だったんですよ。 クレタ文明を発掘した考古学者アーサー・エヴァンズがフラスコ画に描かれていた彼女たちを見て、思わず“可愛いパリジェンヌ”と叫んだというエピソードが伝わっているほどです。 4000年前とは思えないほど現代的なセンスを持っていると思いませんか?

言われてみれば確かに現代的なファッションを感じさせますね。

でしょう?


(parisienne5.gif)

Cretan Parisienne in full view

全身を表すとこんな感じになりますよ。 どうですか?

ちょっとスカートが長すぎるようですね。

確かに長いですよ。 でもね、19世紀のパリの本物のパリジェンヌと比べてみてください。


(parisienne3.gif)

どちらの女性と喫茶店に入りたいですか?と問われれば、僕はおそらくクレタ島の女性に声をかけるでしょうね。

そうですか?

そうですよ。 第一、こんなでかい幅広のスカートをはいた女性と喫茶店へ入ってみてくださいよ。 周りの人が迷惑そうな顔をしますよ。

確かに、近頃の喫茶店ではテーブルが、バタバタと倒れてしまうでしょうね。

とにかく、上の二人の格好を見比べると19世紀のパリジェンヌの方がダサいですよ。クレタ島の女性の方がモダンな感じがしませんか?

そうですね。。。

19世紀の女性と比較するのでは、時代が違いすぎるので、同じ時代のエジプトの女性と比べてみましょう。 次の絵の中の女性たちは 今から3500年から3000年前の服装をしています。 上のクレタ島の“パリジェンヌ”とほぼ同じ時代です。


(egypygals.jpg)

一目見ただけでも、エジプトの女性の方がシンプルですよね。。。というか、言葉は悪いですが“土人スタイル”ですよね。 クレタの女たちよりも原始的な感じがします。我々の眼には、どう見てもクレタ島の女性の方が現代的な印象を与えます。 そう思いませんか?

確かにこの写真で比べるとそうですね。

僕がクレタ文明にロマンを感じるのはそのような理由ですよ。 ヘアスタイルといい現代風なスカートといいセックスアピールする胴着といい、19世紀のパリジェンヌよりもパリジェンヌらしいところがありますよ。

フープ・スカートは、どう見ても時代遅れなので、そのように映るのではないですか?

それだけじゃなくて、例えば当時上流社会で流行していた胸を見せる短い胴着(bolero)を身に着けていますよ。当時も細いウエストが好まれたそうです。

確かにファッションを見ると現代的なところがありますね。でも、それだけでは女性のパラダイス、女神の国とは言えないのではないですか?

もちろん、それだけで決め付けるつもりはありません。他にも理由があるんですよ。

どんな?

クレタ文明が栄えた紀元前18世紀から16世紀には実権を持っていたのは王ではなく大巫女だったんだ。

大巫女ですか?

そう。 英語で言うならHigh priestessですよ。

つまり女王ということですか?

女性だから、女王と言ってもいいんだけれど、やはり宗教的な性格が強かったらしい。中世のローマ法王のような権力を持っていたと思えば間違いないよ。

王様は居なかったのですか?

形式的な王様は居たらしい。 でも、実権はなかったようです。

でも、ミノアと言う名前はそもそも王様の名前でしょう?

そのとおりです。

 (中略)

クレタ島は母系社会だったんです。話せば長くなるんですが、紀元前4000年頃までは、 ヨーロッパは全域にわたって母系社会だったんですよ。

どうしてそのようなことが言えるのですか?

実は、他のページにこのことを書いたんですよ。でも、英語なんです。まだ訳していません。とりあえず、写真だけここに貼り付けます。


(huyukmother.jpg)

Enthroned Birthing Goddess

from Çatal Hüyük 5700 BC.

(The head was restored.)


(map6.jpg)

わああ、すごーく太った女性が出てきましたね。

この女神は紀元前5700年頃、人が住んでいたチャタル・ヒュユク(Çatal Hüyük)と呼ばれる集落の遺跡から出てきたんですよ。場所は上の地図の小アジアの中に見つけることができます。

この女神が出てきたから母系社会だというのですか?

この女神だけじゃなく、とにかく圧倒的に女神が多いんですよ。ジューンさんはこの小アジアがアナトリア(Anatolia)と呼ばれていることを知っているでしょう?

ええ、知ってますよ。

じゃあ、その意味は何だと思いますか?

意味があるのですか?

あるんですよ。“女神がたくさん居る土地”と言う意味なんです。とにかく母系社会だということを考古学者が出土品からも確認しています。

アナトリア以外からもこのような女神は出てきたのですか?

マルタ島からも見つかっています。


(maltamap.jpg)


(maltavenus3.jpg)

“Venus of Malta”


(maltabig.jpg)

“The Sleeping Venus of Malta”

マルタ文明もやはり母系社会だったのですか?

そうです。

それがどうして父系社会になってしまったのですか?

すでに言ったように、紀元前4000年頃を境にヨーロッパには人類の大移動があったんですよ。

やはり気候と関係あるのですか?

そうらしい。この時は半農半牧を営むインド=ヨーロッパ語族の祖先がヨーロッパ中・東部に侵入・定住したんです。 ジューンさんの遠い祖先の皆さんですよ。 もちろんこの人たちは現在と同様、父系社会を形成していました。

そうなんですか?

そうですよ。 現在は男女同権といわれていますが、基本的には父系社会ですよね。 たいてい父系の姓を名乗ります。 この父系社会というのは戦争が強いんです。 アナトリアの社会でもクレタの社会でも、大きな戦争と言うものがなかった。その事は遺跡からも確認されています。

つまり戦いに弱い母系社会は戦争に強い父系社会の集団に追われるような形でクレタ島やマルタ島に移り住んだと言うわけですか?

そういうことです。

では、クレタ島のミノア王はどう説明されるのですか?

ミノア王の伝説はアカイア人がギリシャ本土から乗っ取りに来てからできた話なんですよ。 それまではミノア王みたいな男の権力者は居なかったんです。

つまり、大巫女さんが実権を握っていたと言うわけですか?

その通りですよ。


『ラピスラズリと美女アメニア(クレタ島)』より
(2005年7月13日)

“クレタ島のロマン”は“パリジェンヌ”が出てくるので、なんとなく解るような気がしますが、マルタ島の“ビーナス”はデンマンさんの好みのタイプではないでしょう!?

ちょっと、と言うよりも、かなり太っていますよねぇ~。 うへへへへへ。。。

それなのに、どうして“マルタ島のロマン”なのですか?

あのねぇ~。。。 そこですよ。。。 上の本を読んでいたら、地中海は、今から500~600万年前に干上がってしまったことがあると書いてある。

だから。。。?

もう一度次の地図を見てください。


(medmap.png)

クレタ島の北に“サントリー二島”という小さな火山島があるのですよ。


(santo002.jpg)


(santo001b.jpg)

ああらっ。。。 懐かしいですわあああァ~。。。

ジューンさん!。。。 懐かしんでいる場合じゃないのですよ。 “マルタ島のロマン”ですからねぇ~。。。

このサントリーニ島が“マルタ島のロマン”と関係あるのですか?

大有りですよ。 このサントリーニ島が あの伝説の“アトランティス”じゃないか!?と考えている人が結構たくさんいる。

(atlantis2.jpg+cleoani.gif)

デンマンさんもサントリーニ島が あの伝説の“アトランティス”だと考えているのですか?

いや。。。 無理にサントリーニ島と あの伝説の“アトランティス”を結びつける必要はないのですよ。 “アトランティス”は実際にあったと僕は思うのです。 でも それは、伝説のように大西洋の沖にあったのではなくて、地中海の底に 今でも遺跡として横たわっていると、僕は考えているのです。 つまり、地中海が干上がったことは何度かあった、と僕は仮定しているのですよ。 その何度目かに、高度に発達した文明が地中海の底近くにあった。


(med001.jpg)


(atlantis3.jpg)

地中海の底にあった“アトランティス”

ところが、やがて氷河が溶け出して大西洋の水位が上がって、閉まっていたジブラルタル海峡の上を乗り越えて海水が滝のように流れ込んだ。


(med002.jpg)

大洪水となって“アトランティス”の住民を押し流してゆく。


(noah01.jpg)

そして、現在、“アトランティス”の遺跡は地中海の底にある。

(atlantis2.jpg+cleoani.gif)

この生き残った人たちの子孫が、あるグループはマルタ島に残って巨石文明を、他のグループはクレタ島に残ってミノア文明を、また エジプトに渡った人たちはピラミッドを作ったのですよ。 僕は、そう考えたのです。 これが僕の“マルタ島のロマン”ですよ。


【初出: 2014年8月15日 『マルタ島のロマン』


(laugh16.gif)

【デンマンの独り言】

ところで、エジプトのギザのピラミッドは誰が何のために造ったのか?
伝統的な歴史家の解釈では、古代エジプト人がファラオのお墓にするために造ったということになっています。

しかし、最近、人類学者、地質学者、土木技術者、天文学者、地球物理学者、考古学者、自称歴史学者などによる、新たな発掘や、発見などから、ピラミッドがファラオのお墓であるという解釈は退(しりぞ)けられています。
少なくとも、ギザのあの3つのピラミッドは墓ではないという見方が大勢を占めています。

それに、いつ頃 あのギザのピラミッドが造られたのか?
いわゆる“エジプトロジー学会”の言うところではピラミッドは 2575BC から 2150 BCにかけて造られたということになっています。

しかし、この考え方にも疑問を持っている研究者は多数います。
例えば、ギザの三大ピラミッドおよびナイル川の(当時の)流れ、そして他の多数のピラミッドとの配置に着目し、ピラミッド群は現在から1万500年前の天体の配置を模したものであるという説もあります。
すなわち、ナイルが天の川で、三大ピラミッドがオリオン座のベルト、即ち中央を横切る三つ星に相当、他のピラミッドも星の位置に対応しそれを反映しているということです。
三大ピラミッドのうち、メンカウラー王のピラミッドが他の2つの頂点を結んだ線からずれている点、大きさも他の2つよりも小さいことについて説明する有力な説とも言われています。
ただし、この説はいわゆる“エジプトロジー学会”では認められていません。

ちなみに、聖書は地球の年齢を約6,000年と教えています。
おそらく一部の狂信的な聖書信奉者を除いて、地球の年齢が約6,000年だと考えている人は居ないでしょう!
つまり、ダーウィンの『種の起源』が1859年に出版される以前は、多くの人が地球の年齢が約6,000年だと考えていたのです。
それから、まだ200年経っていません!

要するに、“エジプトロジー学会”の定説は、言ってみれば“聖書の教え”のような教条主義に陥(おちい)っているようです。

そのような教条主義から脱却して、意欲的で、自由な、創造的な発想で超古代文明を考えようとする動きがすでに始まっています。
次に示すビデオ・クリップは37分に渡る超古代文明についての新しい説を紹介しています。
実に興味深いビデオです。
37分間見るだけの価値があります。

どうでした?
上のビデオを見ると、最近の超古代文明の新しい考え方が見えてくると思います。

ところで、ジューンさんと僕の対話の記事は他にもたくさんあります。
時間があったら、下の記事も読んでみてください。
じゃあねぇ~。

軽井沢タリアセン夫人の小百合さんが扮するゴディバ夫人
(godiva05.jpg)

『やっぱり処女とおばさん』

『ウンコで走るバス』

『レダの卵』

『正月の熟女』

『新春画ネット散歩』

『愛と下着の美学』

『モナリザもビックリ』

『象が泣く』

『国際化に加速』

『美しき未亡人』

『ジューンさん、バイザイして』

『ジューンさん“いいね”が付いてるよ』

ジューンさんの熟女下着
(30june.jpg)

『床上手なのねぇ~』

『外国人SEXデンマン』

『外国人SEXデンマン再び』

『大きいことはいいことじゃない』

『デンバー直行便でジューンさんの下着』

『ジューンさんのヌードを探して』

『半分のお尻で…』

『プーフィードレス』


(sylvie122.jpg)

『万夜一夜物語』

『ゆかじょうず』

『日本語じょうず』

『モナリザがニーハオ』

『おばさんの下着がいいの?』

『なぜ、ヤノマミ?』

『マタハラ』

『マタハラとrundll32』

ジューンさんの熟女下着
(30june.jpg)

『お尻のえくぼ』

『なぜカウチポテト?』

『あなたの混浴』

『夢の出会いを求めて』

『乙女と処女』

『戦場に行くことを教えた女教師』

軽井沢タリアセン夫人の小百合さんが扮するゴディバ夫人
(godiva05.jpg)

『桜井の別れと母上様』

『ダイアモンドは女の親友』

『愛のコリーダを訳す』

『マルタ島のロマン再び』

『大前研一 奇妙な検索』

『ついに千夜一夜』

『いいね攻略と良妻賢母』

『批判が無いとヒトラーがのさばる』

『混浴入浴風景』

(roten101.jpg+cleoani.gif)

『9日間の女王』

『あなたは敬語?』

『原節子とジューンさん』

『モナリザの妹』

『ナイアガラとマリリンモンロー』

『おばさんパンツ@大晦日』

『ヴィーナスのえくぼ@ジューン』

『乳房振動とブラの研究』

『G線上のアリア』

『悲愴と白鳥』

『ブッダと千夜一夜物語』

『絹の道と千夜一夜物語』

『ヤノマミの乙女』

『ジャータカと今昔物語』

『白木屋お熊とセックス』

『パンツを売る乙女』

『床上手な女@マルタ島』

『宮沢りえとおばさんパンツ』

『マチュピチュとインディー・ジョーンズ』

『映画を愛する薄命の女』

『ベニスの騒動』

『アンネとハンナ』

『名器たこつぼ』

『レダの卵を探して…』

『サモトラケのニケとミロのヴィーナス』

『薄命な女のパンツ』

『ロトの娘たち』

『もう一人のモナリザ』

『万夜一夜の謎』

『自由という誘惑』

『驚異の大洪水』

『おつまみミステリー』

『混浴風景を探して』

『ハレルヤ』

とにかく、次回も興味深い記事が続きますわ。
だから、あなたも、また読みに戻ってきてくださいね。
じゃあ、また。。。


(hand.gif)


(chiwawa5.gif)

こんにちは。ジューンです。

スパムメールが相変わらず多いですわよね。

あなたのメールボックスにも、

ジャンクメールがいっぱい入っているでしょう!?

スパムメールを飛ばしているのは

いったい、どういう人たちなのでしょうか?

出会い系サイトのオーナーたちが多いそうですわ。

彼らは会員を集めるためにスパムメールをばら撒きます。

そのためにメールアドレスのリストを購入しています。

では、そのようなリストを販売している人は

どうやってメールアドレスを集めているのでしょうか?

ロボット(自動巡回プログラム)によって

自動収集させているのです。

ところで、サーチエンジンの自動巡回ロボットは

毎日世界中のサイトを訪問し、

その内容をデータベースに書き込んでいます。

同じように、このメールアドレス収集巡回ロボットも、

HTMLソースを分析し、

メールアドレスらしきものをどんどん記録してゆきます。

でも、使っていないメールアドレスが

たくさんあるのですよね。

あなたの使っているメールアドレスのことを

考えてください。

あなたはメールアドレスをいくつ持っていますか?

一つだけではないでしょう?

10以上持っているのではありませんか?

多分、ほとんどのメールアドレスは使ってないでしょう?

そのために、現在実際に使っている

メールアドレスを集めるために、

怪しい人物が使用度の高いメールアドレスを

集めているのですわよ。

だから、あなたもむやみに信用できない人に対して

返信しないようにしてくださいね。

詳しいことはデンマンさんが次の記事で書いています。

『コメント魔』

(2012年4月3日)


(himiko92.jpg)

ところで、卑弥子さんが面白いサイトを

やっています。

興味があったら、ぜひ次のリンクをクリックして

覗いてみてください。

『あなたのための笑って幸せになれるサイト』

とにかく、今日も一日楽しく愉快に

ネットサーフィンしましょう。

じゃあね。 バーィ


(juneswim.jpg)


(byebye.gif)

おもてなし

2016年4月24日

 

おもてなし

 


(cook002b.jpg)


(baker112b.jpg)


(baker114b.jpg)


(omotena1.jpg)

デンマンさん。。。 今日は“おもてなし”のお話ですか?


(kato3.gif)

いけませんか?

なんで急に“おもてなし”なのですか?

最近、COOL JAPAN が日本から海外へ輸出されているのですよ。


(cooljpn2.jpg)

あらっ。。。 COOL JAPAN がフランスへも輸出されているのですわねぇ~。。。

そうなのですよ。。。 地下足袋までパリの人が履いているなんて考えられないですよ。

つまり、COOL JAPAN がフランスへ輸出されているので、デンマンさんは今日 “おもてなし”を取り上げる気になったのですか?

いや。。。 そうじゃないのですよ。。。 実は、僕は毎日バンクーバーのローカル・ラジオ放送局のニュース番組をつけっぱなしにしているのです。

どうしてテレビじゃなく、ラジオなのですか?

僕はカナダにやって来てから20年以上もテレビを持ったことがない。。。 そういうわけで バンクーバーで暮らし始めてからは いつも次の放送局のニュース番組をもっぱら つけっぱなしで聴いているのですよ。


(am1130.png)


『拡大する』

『実際のページ』

上のサイトへアクセスして LISTEN LIVE をクリックすると実際のラジオ放送をライブで聴くことができます。

その番組で日本の“おもてなし”が紹介されたのですか?

いや。。。 そうじゃないのです。。。 実は、日本航空がニュースの合間にCMを流しているのですよ。。。 COOL JAPAN にあやかって “おもてなし”を売りにして バンクーバーからアジア方面に向かうビジネスマンや旅行者に向かって 盛んにビジネスクラスとファーストクラスのチケットを販売しているのです。

具体的に どのような CM なのですか?

あのねぇ~、YouTube にでも その CM がアップされているかな?。。。 と思って調べたのだけれど、残念ながら、見つけることができませんでした。


(jalcm01.png)


『拡大する』

『実際のページ』

“おもてなし”を入れて検索してみたのだけれど、ラジオで流されている CM とはやっぱり違うのですよ。

日本語で CM を流しているのですか?

いや。。。 もちろん、英語です。。。 だから、マジで気になるのですよ。。。

何が気になるのですか?

あのねぇ~、当然カナダ人の声優か?あるいはカナダ人のアナウンサーが“おもてなし”と言うのだけれど、抑揚をつけて言うから、日本で生まれ育った日本人が言うのとは全く違った言葉として聞こえるのですよ。

でも、“おもてなし”と言っているのは、デンマンさんにも解るのでしょう!?

もちろんですよ。。。 でもねぇ~、日本語を勉強したことがないカナダ人が“おもてなし”という言葉を発音すると、一瞬 “ん。。。? なにィ~? もう一度言ってみてぇ~。。。”と聞き返したくなるのですよ。。。 つまり、もう一度 確認したくなるのですよ。。。 それほど違和感のある発音なのです。

それはデンマンさんの個人的な受け止め方なのではありませんか?

だから、僕は、ちょっと気になってネットでいろいろと検索してみたのですよ。。。 そしてら、僕以外にも気になっている人がいましたよ。。。 


(omotena1.jpg)

滝川クリステル

Christel Takigawa


(takigawa2.jpg)

1977年10月1日生まれ。
フリーアナウンサー、動物愛護生物保全活動家。
本名は滝川 ラルドゥ・クリステル雅美 (Takigawa Lardux Christel Masami)。
愛称は滝クリ、クリステル、クリちゃん。身長160cm、血液型AB型。

フランス・パリに生まれた。
父親はフランス人。母親は日本人。

弟はモデルの滝川ロラン、母方の従兄弟(従姉妹)に、フリーキャスターの目黒陽子、俳優の滝川英治がいる。
祖父は元神戸市議会議員の滝川勝三。
曾祖母の滝川イネは日本の婦人運動の草分け的存在

3歳の時に家族で来日し、母親の出身地である兵庫県神戸市へ移住。
小学校6年生の時、父親の転勤で再び渡仏。
約1年間滞在し日本へ来る。

世田谷区立砧中学校、東京都立青山高等学校、青山学院大学文学部フランス文学科を卒業する。
学位は学士(文学)。
2000年フジテレビを受験し、最終選考まで残るが不合格となる。
フジテレビアナウンサーの梅津弥英子はフランス文学科の同級生。

新人アナウンサー時代は和名の滝川 雅美で活動していたが、容姿に対する問い合わせもあったことなどから、会社の方針でハーフを強調した名前に変えた。
入社後3年間はフジテレビアナウンス室に研修出向し『プロ野球ニュース』『少年タイヤ』『FNNスーパーニュース』(フィールドキャスター)など、同系列の番組に数多く出演した。
その後共同テレビに戻ったが、戻った後もフジテレビと専属契約を結んでいた。

2002年10月からは、『ニュースJAPAN』のキャスターを担当。
2007年4月から報道番組『新報道プレミアA』を安藤優子とともに担当。
2人は、『ニュースJAPAN』の元キャスターと現役キャスターという共通点があった。

2009年9月30日には共同テレビ在籍時代から結んでいたフジテレビとの専属契約を、契約期間満了により解除した。
これに伴い企業CMへの出演を解禁し、フジテレビを基本としつつもNHKやWOWOWなど他局への出演も始めている。

2008年に日仏交流150年フランス広報大使を假屋崎省吾と共に務めた。
2009年2月、環境省地球いきもの応援団、一般社団法人日本動物虐待防止協会の名誉会員、2011年4月、世界自然保護基金ジャパン顧問、2012年6月、世界の医療団親善大使などを務めている。
2013年1月、フランスの芸術文化勲章シュヴァリエを受章する。

2013年ブエノスアイレスで開かれたIOCの夏季東京五輪誘致にてフランス語と英語でプレゼンするという重責を担い、日本の「お・も・て・な・し」の心を印象的にアピール。
東京への招致に一役買い、この言葉が2013年の「新語・流行語大賞」の年間大賞を受賞した。

2014年5月29日に動物保護・生物多様性保全を目的に一般財団法人クリステル・ヴィ・アンサンブルを設立。
代表理事に就任し、殺処分所から犬や猫を保護する団体を支援している。


出典: 「滝川クリステル」
フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

クリステルさんは、日本での生活が長いけれど、生まれはフランスですよ。。。 3歳までパリにいたと言うことだからね。。。 “3つ子の魂百まで”と昔の人は言ったけれど、やっぱりフランス語がオツムのどこかに定着しているのですよ。

それで、日本生まれで日本育ちの普通の日本人とは“おもてなし”の発音が違うのですか?

それ以外に考えられないでしょう!

でも、クリステルさんの“おもてなし”の発音は、それほど私には気になりませんわァ~。

だから、真由美ちゃんのように、それほど気にならない人もいれば、加藤浩二のようにマジで気になる人もいるのですよ。。。

つまり、それを言うために、わざわざ“おもてなし”を取り上げたのですか?

いや。。。 “おもてなし”の発音が気になるとか 気にならないとかよりも、言葉というものは“3つ子の魂”にしっかりと植えつけられてしまうのですよ。

だから。。。?

だから、外国語をマスターするには、幼ければ幼いほど学習効果があるということです。

やっぱり、二十歳過ぎてからの英会話学習は無理なのでしょうか?

いや。。。 かつて上杉鷹山は次のように言いましたからねぇ~。。。


(yozan01.jpg)

為せば成る為さねばならぬ何事も

成らぬは人の為さぬなりけり

また、次のように言った人もいましたよ。。。

精神一到何ごとか成らざらん

さらに、英語にも次のような諺があります。

Where there is a will,

there is a way.

だから、真由美ちゃんも、毎日 英会話に馴染んで努力すれば、そのうちペラペラに英語がしゃべれるようになりますよ。


(laugh16.gif)

【デンマンの独り言】


(kato3.gif)

真由美ちゃんは、現在ノース・バンクーバーでホームステーしながら
VCC (Vancouver Community College)にかよって
パン職人・ベーグル職人の勉強と実習に励んでいます。

先生やクラスメートとの英会話には、今でもまごつくことがあるそうです。
外国語というのは習得するのが実に大変です。

あなたは英会話を勉強してますか?
できれば、英語を話している国へ行って英会話を勉強するのが一番です。

でもねぇ~、英会話を勉強する方法に王道はありません。
人それぞれです。。。
自分に合った勉強法を見つけるのが、英会話の上達の早道だと僕は思いますね。

同じことを同じように勉強しても、人によって上達が違うのですよ。
僕の経験で言っても、人によって、語学の才能というのはまちまちです。

なかには、日本語を忘れてしまうほど、英語にどっぷりと浸かってしまう人もいます。
20年以上英語圏で英語を話してますけれど、
僕は、漢字を忘れることはあっても、日本語を忘れることはありません。

もちろん、今でも、英語を話すよりも日本語を話す方が楽に話せます。
僕自身は語学の才能があるとは思ってませんが、
僕が、カナダ人と笑いながら話しているのを聞いていると、
真由美ちゃんには さっぱり 何を話しているのか解らないと言うのですよね。

僕がペラペラと英語を話しているように見えるのだそうです。
早くデンマンさんのように 英語がしゃべれるようになりたい、と真由美ちゃんは言います。

しかし、僕は、常に、英語を日本語のように しゃべれたら いいなと思っているのですよ。
外国語を母国語のように話すのは、本当に難しいと思います。

いずれにしても、真由美ちゃんは小さい頃からの夢が叶ってぇバンクーバーにやって来たのです!


(inflight2.jpg)


(airport1b.jpg)

現在、移住を目指して頑張っているところです。

ところで、あなたはバンクーバーに行ったことがありますか?

とっても素敵な街ですよ。


(stanley50.jpg)


(seawall3.jpg)


(seawall2.jpg)

世界で最も住みやすい街バンクーバー


(wetsuit.jpg)


(wetsuit3.jpg)


(gastown20.jpg)


(canplace22.jpg)

ビデオを見ても、なんだかワクワクしてくるでしょう?

卑弥子さんが バンクーバーにやって来たのは 2008年の元旦の2週間ほど前でした。

クリスマスをバンクバーで過ごして、それから元旦の“Polar Bear Swim (寒中水泳)”に参加したのです。


(polar10.jpg)

上のビデオを見ると、まるで真夏のようでしょう?

ところが気温は確か2度ぐらいでした。 

水の中の方が暖かかったのです。

とにかく、バンクーバーには面白い人たちがたくさん居ますゥ。

あなたも、お暇と お金の余裕があったらぜひ出かけてみてください。

では、また興味深い、面白い記事を書くつもりです。

だから、どうか、あなたも またやって来てくださいねぇ~~。
じゃあね。


(hand.gif)

If you’ve got some time,

Please read one of the following artciles:



(biker302.jpg)

“ついに会えました”

“お天道様が見てます”

『真由美ちゃんのカナダ移住』

『真由美ちゃんのカナダ就活』

『ロマンと夢が広がる』

『カナダ就活と英語』

『カナダへの履歴書』

『真由美ちゃんの夢とベーグル』

『真由美ちゃんの命の力』

『迷い、決断、そして行動』

『夢と希望の光』


(juneswim.jpg)

『下着女装に負けない真由美ちゃん』

『真由美ちゃんの就活面接』

『真由美ちゃんのリクエスト』

『真由美ちゃん@とんでん』

『バンクーバーで面接』

『海外で面接』

『真由美ちゃん、読まれてるよ』

『真由美ちゃん@面接英会話』

『真由美ちゃん@教会』

『真由美ちゃん@バンクーバー渡航』

『真由美ちゃん@バンクーバー』

『心温まるスープ』

『大切な第一印象』


(santa85b.jpg)

『サンタ マユミちゃん』

『お汁粉@海外』

『お汁粉@カナダ』

『支払いでトラブル』

『風邪で甘えてる場合じゃねぇ~!』

『バレンタインのお菓子』

『結婚、仕事、人生』

『命の力だね』

『英語と真由美ちゃん』

『海外に目を向ける』

『カーネギーホールじゃないよ』

『やる気があれば道は開ける』

『ニャンニャンと人生』


(juneswim.jpg)

『ピラミス@美術館』

『夢のバンクーバー』

『バンクーバーの屋上で』

『オランダ移住』

『カナダ移住の夢』

『ディープコーヴ』

『浴衣のバンクーバー』

『黒豚テリマヨ』

『イタリアのベーグルとサルサ』

『花火大会』

『乙女老い易く学成り難し』

『真由美ちゃん@英語』

『真由美ちゃんダントツ』

『日本よい国天国だ!』

『やっぱりどこか狂ってる』

『日本で再会』

『乙女力@宇都宮』

『いい出会いの連鎖』

『笑顔の乞食おばさん』

『ニュートンの暗い秘密』

『新年@バンクーバー』

『スープキッチン@新年』

『猫と癒し』

『猫と犬と癒し』

『大通りde水の滑り台』

『イルカとワンちゃん』

『カワウソ@スタンレー公園』

『生パンツ系男子とベトナム兵』

『愛と癒しの涙』

『ダンスとノーベル賞』


(surfin2.gif)


(dogs17.gif)


(girlxx.gif)

ニュートンの暗い秘密

2015年12月23日

 

ニュートンの暗い秘密

 


(lookanim.gif)


(newton02.jpg)


(mayumi72.jpg)


(utsunomiya10.jpg)


(foolw.gif)

“噂をすれば影がさす” 

Vinitoが僕の隣に座って、

居眠りしていた面白い話。。。

きゃはははは。。。

FROM: Denman@gmail.com
TO: mayumi@yahoo.co.jp
DATE: Fri., December 18, 2015 2:43 PM

日本時間で12月16日に次の記事を投稿したのですよ。


(homeles3.jpg)

『笑顔の乞食のおばさん』

真由美ちゃんは読みましたか?

ところで、面白い話はバンクーバー時間で16日(昨日)のことです。


(sweetsj3.jpg)

“Sweets@Paris”

上の英語の『ダイアン物語』を投稿した後で

バンクーバー市立図書館でDVDを借りて

『アイザック・ニュートンの暗い秘密』という映画を見たのですよ。


(newton01.jpg)


(lib51221b.png)

『実際のカタログページ』

そして英語でコメントを書き込みました。

『アイザック・ニュートンの暗い秘密』は

僕がバンクーバー市立図書館で

1090番目に見た映画です。


(lib51221a.png)

『実際のリスト』

『アイザック・ニュートンの暗い秘密』は、大変興味深い映画でした。
真由美ちゃんも、機会があったら英語の勉強のために見たらいいよ。

3階で映画を見終えてから、2階に降りて行き、出入り口のところで DVD を返したのです。
それから ネットをやるために、出入り口の反対側にあるテーブルの一番手前に座ったのですよ。
その席が 空いていたのです。

その隣に机にかぶさるようにして居眠りをしているおばさんがいました。
フラッシュ・ドライブをコンセントに入れようとした時に
うっかりして 僕はドライブを落としたのです。

その音で 居眠りしていたおばさんが目をさましました。
彼女は僕を見て、あの調子で顔が破れるような笑顔を作って“は~♪~い”と言ったのです。
VINITOでした。


(vinito02.jpg)

あれれれれれぇ~。。。 とちょっとばかり驚きましたよ!

VINITOが『笑顔の乞食のおばさん』を読んでいたとしても日本語は読めないから、
VINITOが乞食をしていた、と僕が見間違いをした話は、もちろん彼女は知る由もない!

でも、日本の諺に“噂をすれば影がさす”というのがありますからね。。。
やっぱり、そういうことがあるんだよねぇ~。。。

VINITOのことをネタにして記事を書いたと思ったら、翌日、VINITOが僕の隣の席にいたのですよ!
前もって 解っていたら、彼女の隣には座りません!

彼女は YouTubeの ビデオを見ているんだよねぇ~。
しかも、お菓子か?、チョコレートチップス?のようなものを袋から取り出して、コソコソと食べながら見ているのですよ。
図書館では、真由美ちゃんも知っての通り、食べ物を食べちゃだめなんですよねぇ~。。。

もちろん、僕はVINITOに注意しませんでした。
彼女のことだから、注意すれば、べラベラと話し始めるので、ネットがやれないので僕は黙っていたのですよ。

彼女が途中で話しかけてくるかな?
VINITOの隣に座ってしまったのは、ヤバイ!と思ったけれど、1時間ほどネットをしている間に、一言も僕に話しかけてきませんでした。
閉館時間までネットをしていると、帰りに バス停まで一緒にヨチヨチ歩かなければならないので
1時間ほどで 切り上げて、別の DVDを借りて 他の席で映画を見ました。

面白い話とは、そういうことです。
真由美ちゃんにとっては、さほど面白くもないかもしれないね。(爆笑)

でも、『笑顔の乞食のおばさん』を書いた翌日にVINITOに会って、“噂をすれば影がさす”という諺を実感したのでした。

ところで、ずいぶん前にお土産にもらいました。
確か去年の11月だったかな?
ユニクロのヒートテックのアンダーシャツです。
あたたかいねぇ~。。。 (微笑)
今、身に着けているのですよ。

お土産の手袋も今朝 はめてきました。
今朝は、気温2度でした。
寒さもあまり気になりませんでした。

お土産は 真由美ちゃんが選んだのかな?
それとも とも子さんかな?

いずれにしても ありがとう!
あたたまってます。


昨日、上のメール本文を出すつもりでしたが、
今日の記事『モナリザの妹』を書くために
次のYouTubeの次のビデオクリップを見ていたのですよ。


(monalis07.jpg)

History Documentary

Secrets of the Dead

The Mona Lisa Mystery


(lib51221c.png)

『実際のカタログページ』

モナリザの謎に迫る 1時間近いビデオです。
これが面白いので、ついつい引き込まれるようにして見続けたので
メールを出すのを忘れてしまいました。 (微笑)

それほど興味深いビデオでした。
英語の字幕も出ているので、真由美ちゃんにとって 英語の勉強にになると思いますよ。
ぜひ、みてね。

ついでに今日の記事も読んでみてね。


(mona110.jpg)

『モナリザの妹』

ところで、夕べ マンションのパソコンからメールを出そうとしましたが、
パソコンがまたダウンしてしまいました。
1ヶ月ほど眠らせてあげないと回復しません。 
きゃははははは。。。

信じられないかもしれないけれど、
1ヶ月ほどほおって置くと回復するのですよ。
過去に5,6回、そのようにして使えるようになったのでした。 (微笑)

では、今日も一日 真由美ちゃんにとって素晴らしい日であるように祈ってます。
実習に、勉強に頑張りすぎて風邪を引かないように。。。
健康が第一ですよ。

じゃあね。


(denman01.gif)


デンマンさん。。。 今日はニュートンの話をするのですか?

いや。。。 それよりもVINITOの話の方が面白いと思うのですよ。

どういうわけで。。。?

あのねぇ~、VINITOは5ヵ国語を流暢に話せるのですよ。 英語、ポルトガル語、スペイン語、ギリシャ語、それにドイツ語です。

確か VINITO はリオデジャネイロで生まれ育ったのですわよねぇ~。。。!?


(rio001.jpg)


(rio011.jpg)

そうです。。。 彼女にはポルトガル人とインディオの血が混ざっていると思うのですよ。

デンマンさんはどうして そう思うのですか?

彼女の表情から、そう思うのです。

確か、ブラジルの公用語はポルトガル語でしたよねぇ~。。。

そうです。。。そうです。。。 だから当然、彼女はポルトガル語を話せます。。。 スペイン語はポルトガル語と似ているし、ブラジルを除けば、南アメリカの国々ではスペイン語を話しているから、旅行が好きな VINITO がスペイン語を流暢に話せるとしても別に驚くにはあたらない。

でも なぜギリシャ語を話せるのですか?

最初の旦那がギリシャ人だったのですよ。 3年ほどギリシャに住んでいたんだってぇ~。。。

。。。で、ドイツ語を話せるのは、どういうわけですか?

2度目の夫がドイツ人なのですよ。

つまり、VINITOはバツ2なのですか?

そうです。。。 それで今は一人で気楽に暮らしているのですよ。

つまり、外国語を身につける早道は、その言葉が話されている国の人と結婚することなのですわねぇ~。。。!?

確かに、外国語を話す人と一緒に暮らせば、その外国語を話せるようになる確率は高いはずですよ。

デンマンさん。。。 実は、私も早く英語がペラペラに話せるようになりたくてカナダ人の男性と付き合い始めたのですわ。

あれっ。。。 マジで。。。? まさかァ、同棲を始めたわけじゃないだろうねぇ~!?

やっぱり、気になりますか? うふふふふふふ。。。

笑っている場合じゃないですよ。。。 僕はマジで気になります。

その人はトムと言うのですけれど、ちょっと問題があるのですわ。

。。。ん? 問題がある?

そうです。。。 半年ほど前に付き合っていた日本人の女性がいて、その女性が急に日本へ帰ってしまったんですってぇ~。。。

要するに、トムは日本人の女性に愛着を持ってるんだァ~。。。?

そうなんです。。。 どうやらフラれてしまったようなのですわ。 私はお友達のまんまで英会話を勉強したいと思っているのですけれど、トムはぜひ結婚して欲しいと言うのですよ。。。

ん。。。? だいたい、付き合い始めてからどれくらい経つのォ~?

2ヵ月ぐらいですわ。

2ヵ月ぐらいで結婚しようと言うのは早すぎるじゃない! しかも、過去に日本人女性にフラれてしまったという事実は 真由美ちゃんは深刻に受け止めなければならないですよ。

私も、そう思って1ヵ月経った頃から 会うのを控えているのですわ。

つまり、付き合って1ヵ月経った頃にトムは結婚を言い出したわけ?

そうなのですわ。

それはマジで早すぎるじゃない! いくらなんでも 付き合って1ヵ月で結婚を申し出るなんてぇ~。。。 やっぱり、その男には問題があるよ。

トムとは、ノースバンクーバーの図書館で知り合ったのですけれど、私が会うのを止めてからも、毎日のようにノースバンクーバーの図書館に通っていたのですってぇ~。。。


(nvlibrary.jpg)

どうして、トムが毎日 図書館に通っていると判ったわけぇ~?

コーヒーショップで働いている女性とお友達になって、その人が私に知らせてくれたのですわ。

トムは ホームステー先までは押しかけてこなかったのォ~?

私にも、ちょっと感じるものがあったので、住んでいる場所までは 教えてなかったのですわ。

トムは、つまり、ストーカー行為を始めたわけじゃない!?

そうなのです。。。 私はなんだか怖くなってきて最近はノースバンクーバーの図書館へは足を運んでないのです。

当然ですよ。。。 絶対に トムとは縁を切るべきですよ。。。

やっぱり、そうすべきでしょうか?

当然でしょう! 日本でも、優柔不断で決断を渋っている間に、ストーカーに殺されてしまったと言う事件がありましたからね。。。 真由美ちゃんもテレビのニュースで見たことがあるでしょう?


(stalker09.jpg)

ええ。。。 このニュースならば覚えてますわァ。

真由美ちゃんも気をつけてねぇ~。。。 英会話を勉強するためにカナダ人の欠陥男性と付き合って、殺されてしまうようなことがあったら、本末転倒ですからねぇ~。。。 もしですよ。。。 もし、そういうことで仮に恋愛に発展したとしたら、次のようなことになってしまうのですよ。

 

恋愛は美しき誤解であり、

結婚は残酷な理解だ。

 

カナダ人の欠陥男性と恋に落ちるということは誤解で、もし まかり間違って結婚まで発展したら、その結婚はマジで残酷な結末ですよ。

ところで、ニュートンは結婚したのですか?

あのねぇ~、ニュートンは少年時代は恵まれた境遇ではなかった。 父親は、村の郷士のようなもので農園を営み、37歳の時に近郊の農家の娘と結婚したのだけれど、アイザック・ニュートンが生まれる3か月前に死んでしまった。

。。。で、その後ニュートンはどうなったのですか?

実母はアイザックが3歳の時に近隣の牧師のバーナバス・スミスと再婚してアイザックの元を離れたのですよ。 それで、アイザックは祖母に育てられた。 つまり、アイザックはもの心のつかない年齢で両親の愛を知らない子となったのです。

孤児のようになってしまったのですわね。

そういうことです。。。 母親は息子アイザックの才能に気付いていなかったのだけれど、親類がそれに気がついてくれたこともあって、1655年に彼はグランサムのグラマースクールに入学するのです。 学校は自宅から7マイルも離れていたので、母の知り会いの薬剤師のクラーク家に下宿した。 このクラーク家にはストーリーと呼ばれた養女がいたのです。 このストーリーとは親友となって、ニュートンはこのストーリーと18歳で婚約することになった。

。。。で、結婚したのですか?

いや。。。 ニュートンは後に至るまでストーリーと親密な交際を続け、金銭的な援助を続けるのだけれど、ニュートンは法的には結婚はせず、終生独身のままだったのですよ。

どうしてですか?

だから、次のように考えていたのでしょうね。


(newton88.jpg)

 

恋愛は美しき誤解であり、

結婚は残酷な理解だ。


(laugh16.gif)

【卑弥子の独り言】


(himiko22.gif)

ですってぇ~。。。
あなたは、どう思いますか?

恋愛は美しき誤解であり、結婚は残酷な理解だと思いますか?

ところで、真由美ちゃんは小さい頃からの夢が叶ってぇバンクーバーにやって来たのでござ~♪~ます!


(inflight2.jpg)


(airport1b.jpg)

現在、Vancouver Community College で、パン職人、ベーグル職人を目指して勉強しています。
いづれはカナダに移住するつもりでござ~ます。

ところで、あなたはバンクーバーに行ったことがありますか?

とっても素敵な街ですよ。


(stanley50.jpg)


(seawall3.jpg)


(seawall2.jpg)

世界で最も住みやすい街バンクーバー


(wetsuit.jpg)


(wetsuit3.jpg)


(gastown20.jpg)


(canplace22.jpg)

ビデオを見ても、なんだかワクワクしてくるでしょう?

あたくしが バンクーバーにやって来たのは 2008年の元旦の2週間ほど前でした。

クリスマスをバンクバーで過ごして、それから元旦の“Polar Bear Swim (寒中水泳)”に参加したのです。


(polar10.jpg)

上のビデオを見ると、まるで真夏のようでしょう?

ところが気温は確か2度ぐらいでした。 

水の中の方が暖かかったのですわァ。

とにかく、バンクーバーには面白い人たちがたくさん居ますゥ。

あなたも、お暇と お金の余裕があったらぜひ出かけてみてください。

デンマンさんが、また興味深い、面白い記事を書くと思います。

だから、どうか、あなたも またやって来てくださいねぇ~~。

じゃあね。


(hand.gif)

If you’ve got some time,

Please read one of the following artciles:



(biker302.jpg)

“ついに会えました”

“お天道様が見てます”

『真由美ちゃんのカナダ移住』

『真由美ちゃんのカナダ就活』

『ロマンと夢が広がる』

『カナダ就活と英語』

『カナダへの履歴書』

『真由美ちゃんの夢とベーグル』

『真由美ちゃんの命の力』

『迷い、決断、そして行動』

『夢と希望の光』


(juneswim.jpg)

『下着女装に負けない真由美ちゃん』

『真由美ちゃんの就活面接』

『真由美ちゃんのリクエスト』

『真由美ちゃん@とんでん』

『バンクーバーで面接』

『海外で面接』

『真由美ちゃん、読まれてるよ』

『真由美ちゃん@面接英会話』

『真由美ちゃん@教会』

『真由美ちゃん@バンクーバー渡航』

『真由美ちゃん@バンクーバー』

『心温まるスープ』

『大切な第一印象』


(santa85b.jpg)

『サンタ マユミちゃん』

『お汁粉@海外』

『お汁粉@カナダ』

『支払いでトラブル』

『風邪で甘えてる場合じゃねぇ~!』

『バレンタインのお菓子』

『結婚、仕事、人生』

『命の力だね』

『英語と真由美ちゃん』

『海外に目を向ける』

『カーネギーホールじゃないよ』

『やる気があれば道は開ける』

『ニャンニャンと人生』

『ピラミス@美術館』

『夢のバンクーバー』

『バンクーバーの屋上で』

『オランダ移住』

『カナダ移住の夢』

『ディープコーヴ』

『浴衣のバンクーバー』

『黒豚テリマヨ』

『イタリアのベーグルとサルサ』

『花火大会』

『乙女老い易く学成り難し』

『真由美ちゃん@英語』

『真由美ちゃんダントツ』

『日本よい国天国だ!』

『やっぱりどこか狂ってる』

『日本で再会』

『乙女力@宇都宮』

『いい出会いの連鎖』

『笑顔の乞食おばさん』


(surfin2.gif)


(dogs17.gif)


(girlxx.gif)

真由美ちゃんダントツ

2015年10月15日

 

真由美ちゃんダントツ

 


(inflight2.jpg)


(mayumi40.jpg)


(mayumi40.png)

デンマンさん。。。 “真由美ちゃんダントツ”ってぇ、私の何がダントツなのですか?


(kato3.gif)

ちょっと次の記事を読んでみてくださいよ。

真由美ちゃん@英語


(inview02.jpg)


(mayumi40.jpg)

英語ってぇ~、勉強しても、練習しても、なかなかうまくならないですわねぇ~。。。 本当に じれったくなってきますわァ~。

あのねぇ~、英語ってぇ、特に 英会話は 1年や、2年、勉強して、練習して、訓練したからって、急にうまくならないよ。

そういうものですか?

僕は 20年以上 英語圏で暮らしていて 毎日のように英語を使っているのですよ。 でもねぇ~、とても ネイティブ・スピーカーのようには話せませんからねぇ~。

そういうものなのですかァ~?

そうですよ。。。 ネットでちょっと調べると 毎日15分続けるだけで1ヶ月すると英会話をマスターできるとか。。。 そんな間単に英会話がマスターできるはずがない!

そう言えば、デンマンさんがムキになって記事で書いていましたわね。


(baka51004c2.png)


『海外住み隊に注意!』

『英語スパマー 戸田亮』

『1日15分で英語がペラペラ』

こういう事を真に受けて登録したりすると、馬鹿を見るだけですよ! また、日本の本屋に行くと 『英会話を3週間でマスターする方法』なんていう バカバカしい本を売っているけれど、 英会話を3週間でマスターするということは 小学1年生がアインシュタインの“特殊相対性理論”を1時間で完全に理解する事と同じことですよ。 まず不可能です。 僕は 今、言ったとおり 20年以上英語を話していて、大学でコンピューターサイエンスを英語で教えたこともある。 でもねぇ~、未だに映画を見ては英語を勉強しているのですよ。

マジで。。。?

そうです。。。 だから、真由美ちゃんも絶対に“毎日15分続けるだけで1ヶ月すると英会話をマスターできる”なんていうバカバカしい誘い文句に騙されないようにしてね。

私には、どのような英語学習法が向いてるのでしょうか?

あのねぇ~、真由美ちゃんは映画を観ながら英会話を勉強するのが向いているようですよ。

デンマンさんは、どうして そう思うのですか?

僕は、かつて『オルフェと聖徳太子』という記事を書いたことがある。


(annasalleh.jpg)


(taishi01.gif)

『黒いオルフェ』 主題歌

『黒いオルフェ』 (予告編)

『黒いオルフェ』 (全編 フルムービー)

『オルフェと聖徳太子』

僕はメールで、真由美ちゃんにも 英会話の勉強になるから この映画を観るように薦めたのですよ。

ええ、ええ。。。 覚えてますわ。 私、全編を最後まで観ました。

そうです。。。 そうです。。。 原語はポルトガル語だけれど、英語の字幕が出てくる。 僕は、真由美ちゃんがマジで最後まで観るとは思わなかった。

どうしてですか?

だってぇ、原語がポルトガル語でしょう。。。 ポルトガル語を聞きながら、英語の字幕を見てたら、人によったら、全く注意が散漫してしまってぇ、映画を楽しむどころではない!と、言うかもしれない。

けっこう 面白かったですわ。

そうなのですよ。。。 いつだったか、その映画の話題になった時に、真由美ちゃんが映画の“あらすじ”を最後まで かいつまんで僕に話したことがあるのですよ。 覚えてるゥ~。。。?

確かに、そういうことがありましたわァ。。。

あたかも 真由美ちゃんが日本語の吹き替えで映画を観たように、すらすらと、映画の内容を僕に話したので、実は、驚いたのですよ。

でも、スクリーン見ていたら、字幕を見なくても だいたいの あらすじは見ているだけでも解るでしょう。。。!? 込み入ったところでは、英語の字幕を見れば、はっきりしますし。。。 それに、映画自体が。。。 つまり、内容が面白かったのですわ。

だから、真由美ちゃんは、映画を見ながら英会話の勉強するのが向いているのですよ。。。 ところで、以前 僕が真由美ちゃんにあげた本があるでしょう!?

デンマンさんが私にくれた本ですか?

そうですよ。。。 ”The Pigman”という本ですよ。 バンクーバー市立図書館の分館(Joe Fortes Library)で、無料の“お持ち帰りコーナー”で見つけた本ですよ。 僕は読み終えたので真由美ちゃんにあげたのですよ。

思い出しましたわ。 私がホームステイしているカレンおばさんの家のすぐ近くにある Carson Graham Secondaty School (カーソングラハム高校)のハンコが押されてありましたわ。

たぶん古くなったので、無料で生徒に与えたのでしょう。 それが、回りまわって、Joe Fortes Library に紛れ込んで、僕が手に入れたというわけですよ。。。 真由美ちゃんも読みましたか?

いいえ。。。 実は、まだ読んでないのです。。。 読みたいと思っていたんですけれど、いろいろと忙しくってぇ、ついつい先に延ばして、未だに読んでいないのですわ。


(pigman2.jpg)

あのねぇ~、主人公は高校の同級生の男女で、どちらも“優等生”ではなく、男子の方は、好奇心が旺盛で、冒険好き。。。、女生徒の方は、ごく普通という感じの女の子です。。。 でも、お母さんがバツイチで、看護婦さんをしており、かなり厳しい人で、女生徒は、そんな母親に対して、“窮屈な思い”をしており、ちょっと反抗的なのですよ。。。 ”The Pigman” というのは、この二人が付けたニックネームで、この人は50歳ぐらいの人で、小さな豚の“飾り物”や“置物”を集めているのです。

ちょっと変わったおじさんですわね。

そうです。。。 調べてみたら、この本を基にして映画も作られているのですよ。 ロバート・デニーロが”The Pigman”を演じている。


(pigman3.jpg)

上の本を読んでから映画を観れば、初めて見る映画でも、けっこう英会話がすんなりと耳に入ってくると思うよ。

そうでしょうか?

とにかく、本を読んでみて、それから図書館で DVD を借りて映画を観たらいいよ。。。 英会話を習得するには、耳を英語に馴らすことがまず第一です。。。 赤ちゃんだってぇ、言葉を覚えるのは、まず耳で聴いて覚えるのだから。。。


『真由美ちゃん@英語』より
(2015年10月6日)

もしかして、上の記事がダントツで読まれたのですか?

そうなのですよ。。。 ちょっと次のリストを見てください。


(ame51012d.png)

『拡大する』

これはアメブロの僕のブログの10月6日から12日までの1週間の「人気記事リスト」なのですよ。 赤枠で囲んだ 4番に注目してください。 個別の記事では10月6日に投稿した『真由美ちゃん@英語』がダントツで読まれたのですよ。

どうしてダントツで読まれたのでしょうか?

あのねぇ~、英語がしゃべれるようになりたいと思っているネット市民がたくさんいるのですよ。

そうでしょうか?。。。 でも、私が出てくる英語の記事がどうしてダントツで読まれるのですか?

だから、カナダ永住を目指してバンクーバーで英語を勉強しようとしている真由美ちゃんに たくさんのネット市民の皆様が関心を抱いているのですよ。

まさかァ~。。。?

いや。。。 まさかじゃないのですよ。。。 ちょっと次の検索結果を見てください。


(gog51014d.png)

『現時点での検索結果』

「真由美ちゃん 英語」と入れてGOOGLEで検索してみたのですよ。。。 赤枠で囲んだのはすべて僕が真由美ちゃんと英語について書いた記事です。

80,000件ヒットする内で トップから6つがデンマンさんの書いた記事ですか?

そうです。。。

。。。で、青枠で囲んだハッシュタグをクリックすると、何が出てくるのですか?

次のページが出てくるのですよ。


(twi51014a.png)

『実際のページ』

あらっ。。。 デンマンさんがムキになって、私が出てくる記事をツイッターでつぶやいているのですわねぇ~。。。

いや。。。そうじゃないのですよ。。。 あのねぇ~、ネットでは市民の皆様を騙して金儲けをしようとして、いかがわしい英語学習法が出回っているのですよ。。。

どのような。。。?

だから、すでに上でも書いた次のような全く効果がない英語学習法ですよ。。。


(baka51004c2.png)


『海外住み隊に注意!』

『英語スパマー 戸田亮』

『1日15分で英語がペラペラ』

ネットでは、こういう まるでためにならない学習法しか出てこない。。。 それで、本当に英語を効果的に勉強するにはどうすればよいのか? そう思ってネットで探して真由美ちゃんの英語学習法に出会うわけです。

それで、『真由美ちゃん@英語』がダントツで読まれたのですか?

そういうことですよ。


(laugh16.gif)

【デンマンの独り言】


(kato3.gif)

とにかく、英会話を勉強する方法に王道はありません。
人それぞれです。。。
だから、自分に合った勉強法を見つけるのが、英会話の上達の早道だと僕は思いますね。

同じことを同じように勉強しても、人によって上達が違うのですよ。
僕の経験で言っても、人によって、語学の才能というのはまちまちです。

なかには、日本語を忘れてしまうほど、英語にどっぷりと浸かってしまう人もいます。
僕は、漢字を忘れることはあっても、日本語を忘れることはありません。

もちろん、今でも、英語を話すよりも日本語を話す方が楽に話せます。

僕自身は語学の才能があるとは思ってませんが、
僕が、カナダ人と笑いながら話しているのを聞いていると、真由美ちゃんには さっぱり 何を話しているのか解らないと言うのですよね。

僕がペラペラと英語を話しているように見えるのだそうです。
早くデンマンさんのように 英語がしゃべれるようになりたい、と真由美ちゃんは言います。

しかし、僕は、常に、英語が日本語のように しゃべれたら いいなと思っているのですよ。
外国語を母国語のように話すのは、本当に難しいと思います。

いずれにしても、真由美ちゃんは小さい頃からの夢が叶ってぇバンクーバーにやって来たのです!


(inflight2.jpg)


(airport1b.jpg)

現在、移住を目指して頑張っているところです。

ところで、あなたはバンクーバーに行ったことがありますか?

とっても素敵な街ですよ。


(stanley50.jpg)


(seawall3.jpg)


(seawall2.jpg)

世界で最も住みやすい街バンクーバー


(wetsuit.jpg)


(wetsuit3.jpg)


(gastown20.jpg)


(canplace22.jpg)

ビデオを見ても、なんだかワクワクしてくるでしょう?

卑弥子さんが バンクーバーにやって来たのは 2008年の元旦の2週間ほど前でした。

クリスマスをバンクバーで過ごして、それから元旦の“Polar Bear Swim (寒中水泳)”に参加したのです。


(polar10.jpg)

上のビデオを見ると、まるで真夏のようでしょう?

ところが気温は確か2度ぐらいでした。 

水の中の方が暖かかったのです。

とにかく、バンクーバーには面白い人たちがたくさん居ますゥ。

あなたも、お暇と お金の余裕があったらぜひ出かけてみてください。

では、また興味深い、面白い記事を書くつもりです。

だから、どうか、あなたも またやって来てくださいねぇ~~。
じゃあね。


(hand.gif)

If you’ve got some time,

Please read one of the following artciles:


(juneswim.jpg)

“Go Bananas”

“Manwatching”

“Stanley Boardwalk”

“With Your Tiger”

“A Second World”

“Asexual Thought”


(biker302.jpg)

“Stanley 125 Years”

“Sushi @ the Globe”

“Peace@Syria & Pentagon”

“Sweet Memory”

“Unforgettable Movies”

“Typhoon 26”

“Great Luck”

“Diane@World”

“Diane@Spam”

“Sabina”

“Happy New Year”

“Merange & Sabina”

“Beauty in Spa”

“Love @ e-reading”

“Troublesome Slang”

“World Family”

“My Name is Mayumi”

“Mayumi’s Bagels”

“Mozzarell & smoked chicken

Bagel Sandwich”

“Bagels@Granville Island”

“Matcha Bagels”

“Scones & Puddings”

“Lox and Bagels”

“Oyster Bagel Sandwich”

“ついに会えました”

“お天道様が見てます”

『真由美ちゃんのカナダ移住』

『真由美ちゃんのカナダ就活』

『ロマンと夢が広がる』

『カナダ就活と英語』

『カナダへの履歴書』

『真由美ちゃんの夢とベーグル』

『真由美ちゃんの命の力』

『迷い、決断、そして行動』

『夢と希望の光』

『下着女装に負けない真由美ちゃん』

『真由美ちゃんの就活面接』

『真由美ちゃんのリクエスト』

『真由美ちゃん@とんでん』

『バンクーバーで面接』

『海外で面接』

『真由美ちゃん、読まれてるよ』

『真由美ちゃん@面接英会話』

『真由美ちゃん@教会』

『真由美ちゃん@バンクーバー渡航』

『真由美ちゃん@バンクーバー』

『心温まるスープ』

『大切な第一印象』

『サンタ マユミちゃん』

『お汁粉@海外』

『お汁粉@カナダ』

『支払いでトラブル』

『風邪で甘えてる場合じゃねぇ~!』

『バレンタインのお菓子』

『結婚、仕事、人生』

『命の力だね』

『英語と真由美ちゃん』

『海外に目を向ける』

『カーネギーホールじゃないよ』

『やる気があれば道は開ける』


(blackcat5.jpg)

『ニャンニャンと人生』

『ピラミス@美術館』

『夢のバンクーバー』

『バンクーバーの屋上で』

『オランダ移住』

『カナダ移住の夢』

『ディープコーヴ』

『浴衣のバンクーバー』

『黒豚テリマヨ』

『イタリアのベーグルとサルサ』

『花火大会』

『乙女老い易く学成り難し』

『真由美ちゃん@英語』


(surfin2.gif)


(dogs17.gif)


(girlxx.gif)