Archive for the ‘正月・元旦・新年の挨拶’ Category

明けましておめでとうございます

2017年1月1日

 

明けましておめでとうございます

 


(newyear13.gif)

 


(starburst.gif)

 


(santa9.gif)
 

 

明けまして

 

 

おめでとう

 

 

2017






(beachbg.jpg+balloons2.gif+valent6.gif+cdressanim.gif+cleoani.gif)


(roten11.jpg)

 



(kato3.gif)

あれっ。。。新年早々朝風呂ですか? まだ夜が開(あ)けきっていませんよう!


(sayuri55.gif)

うふふふふ。。。いけませんか?

小百合さんは風呂が嫌いだったのではありませんか?

嫌いだけれど、師走の疲れを洗い落とすためですわ。 それで、起きてすぐにお風呂に入ったのです。

。。。で、元旦の今日は、どこに居るのですか? 今年も富士屋ホテルですか?

いいえ、今年は伊香保温泉の森秋旅館ですわ。 久しぶりに のんびりしています。


(sayuri31.jpg)

どうして今年は富士屋ホテルじゃなく伊香保温泉にしたのですか?

たまには気分を変えたいと思いまして。。。

お風呂上りに、ほっかほっかのおばさんパンツを穿いて、暖炉の前でポーズを取るなんて粋(いき)でいいですねぇ~。 うししししし。。。

とってつけたようなお世辞を言わないでくださいなァ。

ところで、小百合さん。。。どこからかフラダンスの音楽が聞こえてきませんか?

フラダンスですか?

そうですよう。。。あららららァ~。。。


(skirtanm.gif)

ウララ~~ウララア~~

ルンルンル~♪~ン。。。

アラぁ~、エッサッサアぁ~♪~

今日は元旦ですよ。

楽しいなァ~。

うれしいなああァ~。

ウララ~~ウララア~~

ルンルンル~♪~ン。。。

もう一つおまけに、

アラぁ~、エッサッサアアア~♪~

おほほほほほ。。。

もう止まりませんわよう。

ウララ~~ウララア~~

ルンルンル~♪~ン。。。

あのねぇ~、卑弥子さん。。。元旦もフラダンスですか?


(himiko22b.gif)

あ~♪~ら。。。デンマンさん! 明けましておめでとうございます。 新年もよろしくお願いいたします。

クリスマスにもフラダンスを踊ったばかりじゃないですか!

だってぇ、デンマンさんが元旦にも踊ってねぇ~と、言ったではござ~♪~ませんか?

やだなあああァ~。。。冗談で言ったのですよ。

あたくしは本気にしてしまいましたわ。。。とにかく、新年こそ結婚相手を見つけようと思いますわ。 デンマンさんも真剣に応援してくださいませぇ。

あのねぇ~、元旦早々にフラダンスを踊ったら、ますます婚期が延びてしまいますよ。

マジで。。。?

卑弥子さんのフラダンスはネットでは有名になりすぎているのですよ。

だったら、新しいボーイフレンドからファンレターが舞い込んできてもよさそうですわ。

あのねぇ~、あまりにも有名になりすぎて、卑弥子さんのフラダンスには新鮮さがなくなってしまったのです。 だから、ほとんどの男が卑弥子さんのフラダンスを見ても飽き飽きするだけでゲップが出てくるのですよ!

あらっ。。。マジで。。。? どうしたらよろしいのでござ~♪~ましょうか?

あのねぇ~、フラダンスじゃなくて古典バレーを見せたらどうですか?

古典バレーでござ~♪~ますか?

そうですよう。


(swan0023.jpg)

このように格調高い姿を見せるのですよう。

でも、恥ずかしいですわ。

どうして。。。?

だってぇ、パンツが丸見えですもの。。。

何を言ってるんですか! パンツが見えたぐらいで恥ずかしいことはないでしょう! 卑弥子さんは、いつもオッパイ丸出しでフラダンスを踊っているではありませんか!

でも、あたくしは古典バレーよりも裸エプロンのほうがよろしいと思うのですわ。 うふふふふ。。。

卑弥子さん!。。。元旦に“裸エプロン”だけは言わないでくださいね、とあれ程お願いしたではありませんかア!

元旦に“裸エプロン”を口に出すと、どうしていけないのでござ~♪~ますか?

あのねぇ~、“裸エプロン”と言うと、めれんげさんが裸エプロンで出てくるのですよう。。。あらららあああァ~。。。うわさをすれば、何とやら。。。


(apron7.jpg)


(merange12.jpg)

デンマンさん、明けましておめでとうございます。 新年もよろしくお願いいたします。 うふふふふふ。。。

めれちゃん。。。クリスマスに続いて、元旦も裸エプロンなのかいなァ~?

そやかてぇ~、あんさんは裸エプロンがごっつう よかったと言ったではおまへんかァ~!

そないな事、言わんかったでぇ~。。。

とにかく、裸エプロンを、いまさら着替えるわけにもゆきまへんがなァ。。。このまんま、バンクーバーの寒中水泳に行こうかと思いますねん。


(newyear17p.jpg)

ジューンさん、今年も冷たい水に入ったのですか?


(june001.gif)

いけませんか?


(newyear17q.jpg)


(polar110.jpg)

いけないも何も。。。 白熊がジューンさんの後ろに居るのですよ。 食べられてしまいますよ。 寒さで心臓麻痺を起こすより前に、第一、危ないですよ。

大丈夫ですわ。 わたしと白熊ちゃんは愛し合っているのですから。。。うふふふふふ。。。 デンマンさんもご一緒にどうぞ。


(polar05.jpg)

僕は寒中水泳はヤダよう!

どうしてですか?

心臓麻痺で死んでしまいますよ。

でも、たくさんのきれいな女性が参加してますわァ~。。。


(ny2015p.gif)


(girlani5.gif)


(girlani2.gif)

うわっ。。。 すっげぇ~。。。 これってマジっすかア~♪~。。。?

だから デンまんさんもイングリッシュ・ベイまでやって来て自分の目で確かめたらいいではありませんかァ!

でもねぇ~。。。 これから、たくさんブログの記事を書かなければならないのです。 心臓麻痺で、あの世に逝くわけにはゆきませんよ。 とにかく、あなたも先を争って、あの世にだけは逝かないようにしてくださいね。

世界平和!

 

戦争反対!

 

言論の自由バンザイ!

 

表現の自由万歳!

 

では、あなたも良い新年を!

【ジューンの独り言】


(kinga2017.jpg)

ですってぇ~。。。

そう言う訳ですから、あなたもルンルン気分で健(すこ)やかに新年をお迎えください。

今年も、よろしくお願いいたします。

とにかく、興味深い話題が続くと思います。

あなたもどうか、また明日読みに戻ってきてくださいね。

では、また。。。


(byebye.gif)

メチャ面白い、

ためになる関連記事



(linger49.gif)

■ 『きれいになったと感じさせる

下着・ランジェリーを見つけませんか?』

■ 『ちょっと変わった 新しい古代日本史』

■ 『面白くて楽しいレンゲ物語』

軽井沢タリアセン夫人の小百合さんが扮するゴディバ夫人 Sayuri
(godiva05.jpg)

■ 『軽井沢タリアセン夫人 – 小百合物語』

■ 『今すぐに役立つホットな情報』

■ 『 ○ 笑う者には福が来る ○ 』

■ 『あなたもワクワクする新世代のブログ』


(june501.jpg)

『顔文字とオナラ』

『宝暦の恨みを明治維新で』

『デウキと紅葉@行田』

『薄い陰毛と紅のボートピープル』

『江戸の閨房術』

『ずるがしこい現代人』


(linger65.gif)

『おつまみミステリー』

『混浴風景を探して』

『ハレルヤ』

『マルタ島のロマンだ』

『宮沢りえ人気@海外』

『癒しを奏でるパンツ』

『マルタ島deロマン』

『生ログdeロマン散歩』


(curryind.jpg)

『宮沢りえ@クールジャパン』

『混浴風呂ガー』

『ウェルカムバック』

『コペンハーゲンからやって来た』

『ロシアからやって来た』

『海外美女ランキング』

『ブログを解剖する』

『スイスからトランプ見に来る』


(biker302.jpg)

『なせば鳴る音楽』

『日本人女学生行方不明』

『日本人女学生死亡』

『ガレット』

『那須高原の紅葉』

『希望とロマン』

『錯視 錯覚』

『マンボ@バンクーバー』


(rengfire.jpg)

『目覚めぬ夢』

『熱烈なファンの軌跡』

『花火とロマン』

『恋に染められ』

『恋に染めごろう』

『皆さん、ありがとう』


(noten15.jpg)

■ 『ジェミマおばさんのシロップ』

■ 『夏日に、お帰りなさい』

■ 『コイ、鯉、恋がいっぱい!』

■ 『スープカレーなのね』

■ 『忍城時代まつり』

■ 『夜道のルート66』

■ 『上を向いて歌おう』

■ 『霧積温泉のロマン』


(himiko22.gif)

こんにちは卑弥子でござ~ますう。

また出てきてしまいましたわァ。

とにかく、世界的に新年ですわよ。

北半球が新年ならば、

南半球も新年ですう。

でも、南半球は夏ですわ。

そう言う訳で、シドニーでは

夏の花火大会でござ~♪~ます。

ところで、あたくしが面白いお話を集めて

楽しいサイトを作りました。

次のリンクをクリックして

ぜひ覗いてみてくださいね。

■ 『あなたのための笑って幸せになれるサイト』

とにかく、今日も一日楽しく愉快に

ネットサーフィンしましょう。

じゃあね。バーィ


(newyear14b.gif)


(bellyan15.gif)


(hand.gif)

Happy New Year!

2017年1月1日

 

Happy New Year!

 


(newyear6.gif)


(newyear2.gif)

 


(newyear5.gif)

 


(newyear7.gif)

 


(newyear8.gif)

 


(newyear9.gif)

 


(newyear4.gif)

 


(santa9.gif)
 

Happy

 

New

 

Year

 

2017






(beachbg.jpg+starsxx.gif+valent6.gif+cdressanim.gif+cleoani.gif)

 

 


(diane02.gif)

Kato, Happy New Year!! … Did you enjoy your X’mas?


(kato3.gif)

Yes, of course, I enjoyed it to the hilt.


(santa18.gif)


(xpasrt101.jpg)


(xmastree2.gif)

I don’t believe it… Kato, did you actually celebrate the Christian festival?

Well… Actually, I’m an atheist.

Are you really an atheist?  I thought you were a Buddhist.

No, I’m NOT a Buddhist.

So, you don’t believe in the existence of deities nor gods, do you?

To be honest with you, Diane, I believe in my own god.

Your own god? … Who the heck is it?

I think I told you before… It is a traffic cop of this universe.

A traffic cop of this universe?… You gotta be kidding me… Are you really serious?

Yes, of course, I’m darn serious.


(collide01.jpg)

As you see, Diane, our Earth runs through this universe 1,000Km per second… And mind you, there have been no accidents since man appeared on the earth… So there must have been an extroadinary smart traffic cop in our universe.

I see… So, Kato, you consider this smart traffic cop to be your god, huh?

Yes, I do.

Well … then look at the following clip.


(jesus99.jpg)

Science Has Found Evidence Of God!?

Kato, you may just as well call your traffic cop “Jesus Christ.”

hmmmm… Diane, you’re smarter than I thought you were… By the way, how was your silent night?

Oh, it was marvellous and glorious.


(silent80.jpg)

I see… So, Diane, you enjoyed your silent night at your church, eh?

Yes, I did… So, Kato, how could you enjoy this New Year’s day with me?

I’ll dance with you like Fred Astaire and Ginger Rogers.


(astaire2.jpg)

I didn’t know that you can dance like Fred Astaire.

Oh, yes, I do dance like a magic dancer, and I’m crazy about salsa.


(salsa022b.jpg)

I can hardly believe it.

Believe it, Diane… They say, “One who believes will be saved.”

You’d better say, “One who believes in God will be saved.”

Anyway, I’m also crazy about mambo.


(mambo1.jpg)

Can you actually dance like that?

You don’t believe it, do you?

‘Cause I’m worried too much. If you dance like hell, you might go to heaven with stroke.


(laugh16.gif)

【Himiko’s Monologue】


(himiko22.gif)

Well…, what do you think about the next Trump administration?

Can you see many happy and bright aspects of his policies?

Here is five Nostradamus Predictions for 2017, in which you might be interested:


(trumpnos.jpg)

I really hope that 2017 will be a happy year.

In any case, I expect Kato will write another interesting article soon.

So please come back to see me.

Have a nice day!

Bye bye …


(hand.gif)


(renge400.jpg)

If you’ve got some time,

Please read one of the following artciles:


(juneswim.jpg)

“Sabina”

“Happy New Year”

“Merange & Sabina”

“Beauty in Spa”

“Love @ e-reading”

“Troublesome Slang”


(biker302.jpg)

“World Family”

“Mari’s Bagels”

“Love & Loyalty”

“Another Cinderella”

“Amazing Two-legged Pooch”

“Delusive Romance”

“Royal Couple”

“Life with Music”

“Poutine@Canada”


(dianesun.jpg)

“Glorious Summer”

“Biker Babe & Granny”

“Genetically Modified”

“Tyrannosaur”

“Love@Magic”

“Yellow Ball”

“Welcome Back”

“Forbidden Love”

“Merry X’Mas”

“Heaven with Mochi”

“Travel Expense Scandal”

“Love@Redemption”


(cook002.jpg)

“JAGEL”

“JAGEL Again”

“Say NO!”

Happy Gal in Canada

Roof of Vancouver

Aftershock

Whiplash

Sex Appeal

Better Off Without Senate

Fire Festival

Sweets@Paris

Scary Quake

MH370 Mystery

Putin’s Way

Trump @ Vancouver

Otter & Trump

Changeling

Fiddler on the Roof

Flesh and Bone

Maiden’s Prayer

Romeo & Juliet

Trump @ Joke

Halloween in Shibuya

Trump Shock


(surfin2.gif)


(bare02b.gif)

Hi, I’m June Adams.

Kato is a real movie lover, who tries to watch 1001 movies.

As a matter of fact, he has already accomplished his goal.


(lib50909a.png)

『Actual List』


(june001.gif)

Kato watched “The Arabian Nights” or “One Thousand and One Nights” as his 1001th movie.

You might just as well want to view it.


(1001nite.jpg)


(1001nite10.jpg)

The stories in “the Arabian Nights” were collected over many centuries by various authors, translators, and scholars across West, Central, and South Asia and North Africa.

The tales themselves trace their roots back to ancient and medieval Arabic, Persian, Indian, Egyptian and Mesopotamian folklore and literature.

In particular, many tales were originally folk stories from the Caliphate era, while others, especially the frame story, are most probably drawn from the Pahlavi Persian work Hazār Afsān which in turn relied partly on Indian elements.

What is common throughout all the editions of the Nights is the initial frame story of the ruler Shahryār and his wife Scheherazade and the framing device incorporated throughout the tales themselves.

The stories proceed from this original tale.

Some are framed within other tales, while others begin and end of their own accord.

Some editions contain only a few hundred nights, while others include 1,001 or more.


(bellyan15.gif)

ところで、愛とロマンに満ちた

レンゲさんのお話をまとめて

『レンゲ物語』を作りました。

もし、レンゲさんの記事をまとめて読みたいならば、

次のリンクをクリックしてくださいね。

『愛とロマンのレンゲ物語』


(renge730.jpg)

『軽井沢タリアセン夫人 – 小百合物語』

とにかく、今日も一日楽しく愉快に

ネットサーフィンしましょうね。

じゃあね。


(bikini901b.jpg)


(dogs17.gif)


(girlxx.gif)

乳房振動とブラの研究

2016年2月1日

 

乳房振動とブラの研究

 


(bra001.jpg)


(bikini08.gif)

 



(june001.gif)

デンマンさん。。。 最近 “乳房振動とブラの研究”をしたのですか?


(kato3.gif)

ジューンさんは僕が“乳房振動とブラの研究”をしたと思うのですか?

だってぇ~、タイトルに“乳房振動とブラの研究”と書いてあるではありませんか!

あのねぇ~、今年の元旦にジューンさんはバンクーバーのイングリッシュベイ(English Bay)で“寒中水泳大会”(96th Polar Bear Swim)に参加したのですよ。。。 そうでしょう!?

ええ。。。 3年ぶりにお正月をバンクーバーで過ごしたので、元気を出して寒中水泳大会に参加したのですわ。


(vanc2016.jpg)

寒中水泳@元旦

Polar Bear Swim


(polar110.jpg)


(swimv01c.jpg)

わたしが寒中水泳大会に参加したことと“乳房振動とブラの研究”が関係あるのですか?

冷たい水に入る時、ジューンさんは元気を奮い起こすかのように オッパイをルンルンル~♪~ンと振るわせたのですよ。


(girlani2.gif)

あらっ。。。 デンマンさんは、この時のわたしをデジカメで撮ってネットにアップしたのですかァ~?

だってぇ~、そのつもりでジューンさんはオッパイをルンルンル~♪~ンと振るわせたのでしょう?

違いますわよう!。。。 冷たいお水の中に入る前の準備体操のつもりだったのですわァ~。

とにかく、正月早々にジューンさんのオッパイがルンルンル~♪~ンと揺れましたからねぇ~。。。

それでデンマンさんは、さっそく“乳房振動とブラの研究”を始めたのですか?

いや。。。 実は、ジューンさんのみごとなオッパイがルンルンル~♪~ンと目の前で揺れるのに刺激されて“乳房振動とブラの研究”を始めるつもりだったのですよ。

あらっ。。。 止めてしまったのですか?

実は、1週間前にバンクーバー市立図書館で借りた本を読んでいたら次の箇所に出くわしたのですよ。

12本目の研究論文

「走行中のブラジャー着用時の

乳房振動とずれの特性」

岡部和代、黒川隆夫 2005年

「日本家政学会誌」 56 No.6


(spobra02.jpg)

まず、タイトルが味わい深い。
私くらいの珍論文ハンターになると、論文のタイトルを見ただけで中身もだいたい見当がつくのであるが、この「乳房振動」という漢字4文字のパワーには、無条件降伏である。

これが「おっぱいの揺れ」だったら、味わいは激減する。
ここは「乳房振動」しかありえない。
論文のタイトルというものは、このように学問の香りが漂うものでないと、らしくない。
だから、たとえば「よだれが垂れる」だったら、「唾液放物線起動」、「ハゲる」だったら、「毛根後退現象(減少)」、「ヒモ」だったら「金銭的女子依存型無職男子」と、言い換える必要があるのだ。

(注: 赤字はデンマンが強調。
読み易くするために改行を加えています。
写真はデンマン・ライブラリーより)


171-172ページ 『ヘンな論文』
著者: サンキュータツオ
2015年6月25日 初版第2刷発行
発行所: 株式会社KADOKAWA

つまり、2005年に岡部和代さんと黒川隆夫さんが日本家政学会の学会誌に「走行中のブラジャー着用時の乳房振動とずれの特性」という“乳房振動とブラの研究”を発表していることが解ったので、デンマンさんは研究することを止めてしまったのですか?

そうです。。。 同じ研究をしてもつまらないでしょう?

でも。。。、たとえば「寒中水泳中の乳房振動とブラジャーのずれの特性」という研究ならば する価値があるのではありませんか?

いや。。。 僕は、そういう研究はしたくありません。。。 なぜなら、僕は寒中水泳が苦手なのですよ。


(polar05.jpg)

寒中水泳をしているジューンさんに付き合って心臓麻痺を起こして死にたくないので僕はそういう研究はしたくないのです。

。。。で、その『ヘンな論文』という本は 一風変わった研究論文を紹介している本なのですか?

そうなのですよ。。。 この本の著者は次のように自己紹介しているのです。


(ronbun02.jpg)

はじめまして、「珍論文コレクター」のサンキュータツオと申します。
普段は米粒写経という名前で漫才をやったりしているお笑い芸人です。
オフィス北野という事務所に所属しておりますので、今後ともどうぞお見知りおきを。

私は18歳から32歳まで早稲田大学に14年在籍しました。
大学の学部5年、修士3年、博士6年で計14年。
猫の一生とおなじくらいの期間、大学に通いました。

私の専門は日本語学、領域としては文体論、表現論というところに属すると自分では思っているんですが、なんのことはない、お笑いのレトリックの研究をしている珍しい学者でもあります。
いまでは一橋大学というところで非常勤講師などやって口を糊(のり)していたりもするんですが、そんな芸人&研究者生活をしているときに、ふと気づいてはじめたのが、変な論文の収集です。

(注: 赤字はデンマンが強調。
読み易くするために改行を加えています。
写真はデンマン・ライブラリーより)


3ページ 『ヘンな論文』

。。。というわけで、この本には 13本の“ヘンな論文”が紹介されているのですよ。。。 上の「走行中のブラジャー着用時の乳房振動とずれの特性」という研究はそのうちの一つです。

。。。で、どういうわけで この本を取り上げる気になったのですか?

あのねぇ~、このサンキューさんは次のように書いているのですよ。


(menbra2.jpg)

自ら学者としてこの「ズレ」の存在を体感したい、と思った私は、作今話題の「男性用ブラジャー」なるものを入手し、試着してみた。

購入したのは、ピンクのものと、水色のもの、の2種類。
材質はポリエステル100パーセント。
つやつやした手触りで、まず手に取った瞬間、幸せな気持ちになった。

つけ方がわからなかったので、まず上からつけてみようと思ったら、ゴムの部分が意外に伸びて、すんなりつけることができた。
こうした男性用ブラにも、男性がつけやすいように考えた研究者や開発者たちの研究成果が生かされているに違いない。

着用した直後は、なんだか「新しい気持ち」になった。
30年以上生きてきて、経験したことのない心持である。

そして、鏡で自分の姿を見てみたら、妙な気持ちになってきた。
なんか、いつもより乳首が感じるような気がするのである。
完全に「その気」になっている。
そうか、女装をする人が、わざわざブラジャーをつけるのは、こうした気持ちを獲得するためだったのか、と、新たなステージに移行しそうな感覚である。

(注: 赤字はデンマンが強調。
読み易くするために改行を加えています。
写真はデンマン・ライブラリーより)


181-182ページ 『ヘンな論文』

僕は「男性用ブラジャー」というのを初めて目にしたのですよ。

。。。で、デンマンさんも「男性用ブラジャー」を買いたくなったのですか?

でもねぇ~、どうして。。。、どうして。。。、男がブラジャーをするのか?。。。 その理由と効用が僕には全く見当がつかない!

あらっ。。。 デンマンさんは知らなかったのですか?

当然でしょう!。。。 太りすぎのお相撲さんの胸が女性のようにブラブラするのでジョギングする時に特大ブラジャーをつけるのだったら理解できますよ。。。 でもねぇ~、ごく普通の男の胸はペッタンコで、掴(つか)もうとしても掴めないし、ジョギングしても揺れるようなことは絶対にないのですよ。。。 それなのに、どういうわけで男がブラジャーをつける理由と効用があるのですか?

あらっ。。。 女装男のことを何度となく記事に書いたデンマンさんでもご存じなかったのですか?

知りませんよ! そんなこと。。。 僕は、これまでに一度も女装して街を歩いたことはありませんからねぇ~。。。 女装男の気持ちが理解できないのですよ。

だったら、デンマンさんのために『ウィキペディア』から引用しますから、じっくりと読んでみてくださいなァ。

メンズブラ

(男性用ブラジャーから転送)

メンズブラ(メンズブラジャー)とは男性がブラジャーを着ける行為、あるいはそのために男性専用に作られたブラジャーのことを指す。

ブラジャーをする男性を指してブラ男と呼ぶことがある。
近年、着用する男性が増えている。

目的

ブラジャーは女性の乳房を支えることが基本目的であり、本来男性にはブラジャーは必要ない。
しかし、クロスドレッサーの異性愛男性や同性愛男性などの間で、ブラジャーを着用するケースがある。


(xdress02.jpg)

下記のような理由で男性がブラジャーを着用するケースが考えられる。
性同一性障害本来、女性なのに男性の身体に生まれて来てしまった人(MtF)が、性別適合手術を済ませる前の男性の身体の時に着用することがある。

トランスベスタイト男性の服装に違和があり、女性の下着を着けたいという願望がある人が着用する(異性装・女装)。
クロスドレッサーともいう。
アウターもインナーも全て女装する人、インナーだけ女装する人など様々なタイプがいる。
同性愛者とは限らず、異性愛者や両性愛者もいる。

フェティシズム性的嗜好としてブラジャーの触った感触や着けた感触、デザインの違いを楽しむ者もいる。
また色にこだわったりレースが好きな者、逆にシンプルなシームレスを好む者もいる。

生理的な理由乳腺の異常発達による女性化乳房 でブラジャー(乳頭を保護するパッド等)を付けないと生活上不便な場合。
その他、下着通販会社の土屋将之は個人的見解として、「購入客の多くは機能性を重視し、女装や性的興奮を得るために着けるわけではない」としている。

国際日本文化研究センターの井上章一は、「表面とは違う自分がいることを、自分だけにひそかにアピールしたい。そんな心理が働くのでは」と分析している。

着用

男性が女性用のブラジャーを着用しようとすると、思春期初期の男性を除いてアンダーバストが足りないことがある。
そのため、ゴムひも等でホックを引っかけて留めている人やホックがかからないまま放置している人、伸び縮みするスポーツブラを使う人、外国人に合わせて作られた輸入品のブラを使用している人、アンダーを長くする製品を使用する場合がある。
この問題が発生しないよう男性用に独自に製作されたメンズブラが、2008年11月に東京の「ウィッシュルーム」から発売され、楽天のランキングで1位となった。
2012年現在、1日6枚程度のペースで売れている。

ブラジャーを着け、下着やワイシャツが白いものだと外に透ける。
しかし現在メンズブラは市民権を得ておらず、これは通常の生活をしている男性の場合は不都合なので、一般に上にグレイや紺などの下着を着ける人もいる。

店頭での購入に抵抗がある場合、通販で購入する人がいる。
また店頭でも試着は困難で、自分に合うサイズを見つけるのが難しい。

報道

中国政府系ウィブメディア、毎日中国経済(XINHUA)は2014年1月19日の配信記事で「日本で急増とウワサの“ブラ男”ってなに?」
驚愕の事実に『オネエ化した日本じゃ戦争はムリだね』

中国ネットユーザー」(編集翻訳 恩田有紀)において、「変態民族か」、「変態民族は長年の米国の抑圧によって自信を失い、さらに変態になった」、
「ここまで低俗なの、日本ぐらいだろ」、「キモい」、「日本人の考えって普通じゃないな」、
あと何年かすれば日本人の男はみんなオネエ化する。戦争不要」などと報道した。


出典: 「メンズブラ」
フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

あれっ。。。 ジューンさんは、仕事でしばしば日本へ行くせいか、僕よりも日本通ではありませんかァ!

デンマンさんは完全に“浦島太郎”になりつつありますわァ。

しかし。。。、しかし。。。、なんとォ~、中国の報道はオネエ化する日本の若者や中年を的確に批判していますよ。

デンマンさんも納得するのですか?

僕は戦争には絶対に反対ですからねぇ~。。。 中国人が「あと何年かすれば日本人の男はみんなオネエ化する。戦争不要」だと信じて戦争を放棄してくれたら、これほど素晴らしいことはないと思いますよ。


(laugh16.gif)

【卑弥子の独り言】


(himiko22.gif)

ですってぇ~。。。
あなたも そう思いますか?

でも、日本人の男性が あと何年かして誰もがオネエ化すると あたくしはますます結婚できなくなってしまいますわァ~。。。

あたくしは男性を魅惑するために、ジムに通ってやっと“ヴィーナスのえくぼ”をゲットしたのですわ。
あなたは信じられないでしょう?

じゃあ、ここでお見せしますわねぇ~。。。


(buttdimp5.jpg)

どうでござ~ますかァ?

ええっ。。。 あたくしのお尻だとは思えないのでござ~ますかァ~?

どうしてよう?

ええっ。。。 スタイルがよすぎると、おっしゃるのござ~ますかァ~?

あたくしが十二単を一枚、一枚脱いでゆくと、
最後には上のようなおヌードになるのですわよう。
信じてくださいましなァ~。。。

ところで あなたは“万夜一夜物語”ってぇ、聞いたことがござ~ますかァ~♪~。

“千夜一夜物語”ではなくてぇ、“万夜一夜物語”ですわ。


(manya02.jpg)

『万夜一夜物語』

デンマンさんが書いたのでござ~ますわよう。

ええっ。。。 10,001の話が書かれているのかってぇ~。。。?

とにかく、上のリンクをクリックして読んでみてくださいませぇ~。。。

あなたも、絶対にビックリするようなお話が出てきますわァ。

あたくしも、そのお話にあやかってウェディング ドレスを着てみました。

ええっ。。。 どんなドレスかってぇ~。。。?

あたくしのウェディング ドレスは“プーフィー(poofy)”なのですわよう。

つまり、ふわふわと膨らんでいるようなドレスなのですわ。

極秘の お写真なのですけれど、あなたのために、ここに貼り出しますわねぇ~。。。

じっくりとご覧になってくださいまし。。。


(poofy09.jpg)

ジューンさんの真似をして金髪に染めてみましたわァ。

いかがでござ~ましょうかァ?

このお写真を見れば、きっと あたくしと結婚したい ハンサムな殿方が
プロポーズしてくれると思うのでござ~♪~ますわァ。

おほほほほほ。。。

ところで、ジューンさんが登場する面白いお話はたくさんあります。

興味のある方は、どうか次のリンクをクリックして読んでくださいましねぇ~。。。

(roten101.jpg+cleoani.gif)

『最新混浴風景なのね』

『下着にこだわるのね』

『男心をそそる女の秘密』

『デンマンさん、おかえり』

『なぜヴィーナスのえくぼ』

『マドンナと行田の黒い霧』

『お○○こ画像』

『タイトルの魔術』

『なぜ処女とおばさん?』

軽井沢タリアセン夫人の小百合さんが扮するゴディバ夫人
(godiva05.jpg)

『やっぱり処女とおばさん』

『ウンコで走るバス』

『レダの卵』

『正月の熟女』

『新春画ネット散歩』

『愛と下着の美学』

『モナリザもビックリ』

『象が泣く』

『国際化に加速』

『美しき未亡人』

『ジューンさん、バイザイして』

『ジューンさん“いいね”が付いてるよ』

ジューンさんの熟女下着
(30june.jpg)

『床上手なのねぇ~』

『外国人SEXデンマン』

『外国人SEXデンマン再び』

『大きいことはいいことじゃない』

『デンバー直行便でジューンさんの下着』

『ジューンさんのヌードを探して』

『半分のお尻で…』

『プーフィードレス』


(sylvie122.jpg)

『万夜一夜物語』

『ゆかじょうず』

『日本語じょうず』

『モナリザがニーハオ』

『おばさんの下着がいいの?』

『なぜ、ヤノマミ?』

『マタハラ』

『マタハラとrundll32』

ジューンさんの熟女下着
(30june.jpg)

『お尻のえくぼ』

『なぜカウチポテト?』

『あなたの混浴』

『夢の出会いを求めて』

『乙女と処女』

『戦場に行くことを教えた女教師』

軽井沢タリアセン夫人の小百合さんが扮するゴディバ夫人
(godiva05.jpg)

『桜井の別れと母上様』

『ダイアモンドは女の親友』

『愛のコリーダを訳す』

『マルタ島のロマン再び』

『大前研一 奇妙な検索』

『ついに千夜一夜』

『いいね攻略と良妻賢母』

『批判が無いとヒトラーがのさばる』

『混浴入浴風景』

『9日間の女王』

『あなたは敬語?』

『原節子とジューンさん』

『モナリザの妹』

『ナイアガラとマリリンモンロー』

『おばさんパンツ@大晦日』

『ヴィーナスのえくぼ@ジューン』

とにかく、次回も興味深い記事が続きますわ。
だから、あなたも、また読みに戻ってきてくださいね。
じゃあ、また。。。


(hand.gif)


(surfing9.jpg)

ィ~ハァ~♪~!

メチャ面白い、

ためになる関連記事



(linger65.gif)

■ 『きれいになったと感じさせる

下着・ランジェリーを見つけませんか?』

■ 『ちょっと変わった 新しい古代日本史』

■ 『面白くて楽しいレンゲ物語』

■ 『軽井沢タリアセン夫人 – 小百合物語』

■ 『今すぐに役立つホットな情報』


(house22.jpg)

『夢とロマンの横浜散歩』

『愛とロマンの小包』

『下つきだねって言われて…』


(chiwawa5.gif)

こんにちは。ジューンです。

スパムメールが相変わらず多いですわよね。

あなたのメールボックスにも、

ジャンクメールがいっぱい入っているでしょう!?

スパムメールを飛ばしているのは

いったい、どういう人たちなのでしょうか?

出会い系サイトのオーナーたちが多いそうですわ。

彼らは会員を集めるためにスパムメールをばら撒きます。

そのためにメールアドレスのリストを購入しています。

では、そのようなリストを販売している人は

どうやってメールアドレスを集めているのでしょうか?

ロボット(自動巡回プログラム)によって

自動収集させているのです。

ところで、サーチエンジンの自動巡回ロボットは

毎日世界中のサイトを訪問し、

その内容をデータベースに書き込んでいます。

同じように、このメールアドレス収集巡回ロボットも、

HTMLソースを分析し、

メールアドレスらしきものをどんどん記録してゆきます。

でも、使っていないメールアドレスが

たくさんあるのですよね。

あなたの使っているメールアドレスのことを

考えてください。

あなたはメールアドレスをいくつ持っていますか?

一つだけではないでしょう?

10以上持っているのではありませんか?

多分、ほとんどのメールアドレスは使ってないでしょう?

そのために、現在実際に使っている

メールアドレスを集めるために、

怪しい人物が使用度の高いメールアドレスを

集めているのですわよ。

だから、あなたもむやみに信用できない人に対して

返信しないようにしてくださいね。

詳しいことはデンマンさんが次の記事で書いています。

『コメント魔』

(2012年4月3日)


(himiko92.jpg)

ところで、卑弥子さんが面白いサイトを

やっています。

興味があったら、ぜひ次のリンクをクリックして

覗いてみてください。

『あなたのための笑って幸せになれるサイト』

とにかく、今日も一日楽しく愉快に

ネットサーフィンしましょう。

じゃあね。 バーィ


(juneswim.jpg)


(byebye.gif)

新年@バンクーバー

2016年1月9日

 

新年@バンクーバー

 


(vanc2016.jpg)

寒中水泳@元旦

Polar Bear Swim


(polar110.jpg)


(swimv01c.jpg)


(santa85b.jpg)


デンマンさん。。。 明けましておめでとうございます。

真由美ちゃんも良い元旦を迎えましたか?

ええ。。。 今年は残念ながらデンマンさんと一緒に寒中水泳を見に行けませんでしたけれど、第96回目の寒中水泳は今年も行われたのですか?

もちろんですよ。。。 1920年から続いている世界でも最も古い寒中水泳大会ですからね。。。

今年はデンマンさんも泳いだのですか?

いや。。。 新年早々 心臓麻痺で亡くなってニュースになりたくないから 僕は泳ぎませんでしたよ。。。 (微笑) でもねぇ~、ジューンさんが3年ぶりにバンクーバーで元旦を過ごせるというので ぜひとも寒中水泳に参加したい。。。 そう言うのですよ。。。 だから一緒に出かけたのです。


(swimv03.jpg)


(swimv02.jpg)


(swimv01c.jpg)

デンマンさんもジューンさんと一緒に水の中に入ればよかったではありませんかァ!

僕は見ているだけで震えがきて止まらなくなりましたからね。。。 死にたくないから今年も水の中には入りませんでしたよ。


(polar05.jpg)

去年の元旦にはデンマンさんが作ってくれたお汁粉をいただきました。。。 感激しましたわ。


(foolw.gif)

旨い“お汁粉”の作り方を

ゲットしました。

次のようにしてしっかりと“焼いた餅が入ったお汁粉”を作るので、
真由美ちゃんも楽しみにして期待していてください。

【タイ式雑煮】は僕の創作料理なので、どこにもレシピはありません!
真由美ちゃんもビックリするほど旨いはずです。
これも、楽しみにして期待してください。

【おいしい小豆の煮方】

【ぜんざいの作り方】


(shiruko03.jpg)


(kadoma2.jpg)

ぜんざいは今も昔も変わることのない、寒い時期の定番おやつです。
昔はストーブにかけて、忘れた頃に「はい、出来上がり。」、
といった具合だったのですが、いまはなかなかそうもいかないようです。
せっかくガスコンロにかけて作るならば、おいしいぜんざいを作りたいもの。

完全に小豆を柔らかくしてから、一度ゆでこぼし、『砂糖』と『分量の水』を加えるのがこのレシピのコツ。
基本の小豆の煮方と、その炊いた小豆を上品な甘さのぜんざいに仕上げる作り方を詳しく紹介します!

 【 ぜんざいの材料 】

•小豆 … 250g
•砂糖 … 200g
•仕上げの甘み付けの時に加える水 … 250ml
•塩  … ひとつまみ


1.おいしいぜんざいを作るための『小豆の選別』

基本のぜんざいの作り方は、
①小豆を2回渋抜きして、3回目にゆでるときにしっかり
1時間程度火を通す。

②ざる上げして汁を切り、砂糖と分量の水を加えてちょっと炊きます。

①の渋抜きの前に、鍋に入れた小豆を一粒一粒見てみましょう。
ものによっては、一部変色した小豆などが混ざっているので、
そういったものを取り除いてから渋抜きの工程に入ります。


2.基本の小豆の煮方(渋抜き)

鍋に入れた小豆をさっと洗って、1Lくらいの水を入れて火にかけます。


(azuki02.jpg)

※小豆は浸水させておく必要はありません。鍋に小豆と水を一緒に入れてすぐに火をかけてOKです。

※はじめの下ゆで(渋抜き)では、水の分量は適当で大丈夫。ひたひたではなく、たっぷりの水で渋抜きをします。

沸騰したらゆで汁を捨てて、再びたっぷりの水を入れて、火にかけます。

2回目の渋抜きも、沸騰するまで火にかけて、沸騰してきたら同じようにゆで汁をすてて、再度水をたっぷり入れます。
まだまだこの段階では、小豆は硬い状態です。次の工程で小豆が柔らかくなるまで下ゆでを行います。


3.基本の小豆の煮方(小豆の渋抜き後の下ゆで)

2回の渋抜きを行った後の3回目の下ゆでは、沸騰してもゆで汁を捨てずに、
そのまま柔らかくなるまで小豆を炊きます。
沸騰したら弱火にして、じっくり小豆を1時間程度炊くわけです。

※炊く間に途中にゆで汁が少なくなってくるので、
小豆が煮汁から頭を出さないように何度か水を差しながら行ってください。

約1時間で、小豆は指で簡単につぶせる柔らかさになります。

ただ、小豆が新豆の場合は、1時間より短い時間で十分柔らかくなるので、
様子を見ながら下ゆでの時間を決めてください!

小豆が柔らかくなったら、ざる上げして汁を切り、最後の甘み付けの工程に入ります。

※私が以前新豆の小豆を使ってぜんざいを作ったとき、約40分で小豆が柔らかくなりました。


4.ぜんざいの作り方(甘み付け)
汁気を切ったゆで小豆を鍋に入れ、分量の砂糖と仕上げ用の水、塩ひとつまみを合わせます。

※このときの水の分量は、適当ではなくきっちり量って加えてください!

鍋に合わせたら火にかけて、沸いてくれば火を弱めて10分程度炊きます。


(mochi08.jpg)


(mochi09.jpg)


(shiruko02.jpg)

切りもちをオーブントースターなどでふっくら焼いたりして、
炊きあがったぜんざいと一緒にお椀に盛り付けていただきましょう!


出典: http://www.sirogohan.com/zenzai.html
(写真はデンマンライブラリーより)

時間があったら次の記事を読んでみてください。
バカバカしい記事だから、
暇なときにどうぞ。。。


(nanpa111.jpg)

『ナンパ バカ』

じゃあ、お正月に向けて、体調を整えながら、のんびりとルンルン気分ですごしてね。
バイバ~♪~イ。。。


(katosmil.gif)

Monday, December 29, 2014 11:31 PM


『お汁粉@海外』より
(2015年1月4日)

真由美ちゃんはお世辞で感激したと言ってるんだよねぇ~?

いえ。。。 お世辞ではなく、マジで感激しましたわ。。。 まさか、デンマンさんがお汁粉を作ってくれるとは思いませんでしたから。。。

あのねぇ~、よくよく考えてみたらねぇ~、苦労して作った割には、イマイチお汁粉らしくなかったんだよ。。。

どうしてですか?

子供の頃食べたお汁粉と比べたら、何かが足りない。。。

何が足りなかったのですか?

“とろみ”ですよ。。。 僕は時間をかけてレシピどおりに作ったのだけれど、“とろみ”が全くなかった。。。 アンをつぶせば“とろみ”が出るかな?と思ったのだけれど、それでも“とろみ”がでない。。。 ネットで調べたら、“中火にかけて、塩と砂糖を入れて混ぜ、沸騰したら小麦粉を水で溶いたものを少しづつかき混ぜながら入れ とろみをつける”と書いてあるのですよ。

それで、今年は、そのようにしてお汁粉を作ったのですか?

そうです。。。 ジューンさんが食べました。。。 マジで感激して食べていましたよ。


(shiruko02.jpg)


(eat02.jpg)

あらっ。。。 お箸の使い方も堂に入ってますわねぇ~。。。

ジューンさんは日本にも何度も行ってますからね。。。 ところで、真由美ちゃんは元旦はどのようにして過ごしたのォ~?

私はバンクーバー・コミュニティ・カレッジのクラスメートと大晦日のパーティーに出かけたのですわ。


(vcc02.jpg)


(baker111b.jpg)

大晦日のパーティーってぇ。。。 友達の家のパーティーへ行ったということ?

いいえ。。。 カナダ・プレイスで初めて開いた “大晦日パーティー (New Year’s Eve Party)” ですわァ。


(nyevan01.jpg)


(nyeparty5.jpg)


(nyeparty6.jpg)


(nyeparty4.jpg)


(nyeparty2.jpg)

あれっ。。。 2016年のカウントダウンに参加したんだ!?

そうなんです。。。 2度目のバンクーバーのお正月に、初めての“大晦日パーティー (New Year’s Eve Party)” に参加できて いい思い出になりましたわ。


(nyevan11.png)

『実際のページ』

タウン情報紙の“メトロニュース”を見たら、80,000人が参加したのですってぇ~。。。 カナダでは最大の“大晦日パーティー”だということです。

トロントやモントリオールの“大晦日パーティー”よりも参加者が多かったんだ!?

そういうことですわ。。。 そのうちニューヨークのタイムズ・スクエアと参加人数で争うのではないでしょうか。。。?

ニューヨークには イマイチ及ばないだろうけれど、2016年は真由美ちゃんにとって忘れられない幕開けになったようだねぇ~。。。


(laugh16.gif)

【卑弥子の独り言】


(himiko22.gif)

ですってぇ~。。。
あなたも、思い出深い元旦を過ごしましたか?

ところで、真由美ちゃんは小さい頃からの夢が叶ってぇバンクーバーにやって来たのでござ~♪~ます!


(inflight2.jpg)


(airport1b.jpg)

現在、Vancouver Community College で、パン職人、ベーグル職人を目指して勉強しています。
いづれはカナダに移住するつもりでござ~ます。

ところで、あなたはバンクーバーに行ったことがありますか?

とっても素敵な街ですよ。


(stanley50.jpg)


(seawall3.jpg)


(seawall2.jpg)

世界で最も住みやすい街バンクーバー


(wetsuit.jpg)


(wetsuit3.jpg)


(gastown20.jpg)


(canplace22.jpg)

ビデオを見ても、なんだかワクワクしてくるでしょう?

あたくしが バンクーバーにやって来たのは 2008年の元旦の2週間ほど前でした。

クリスマスをバンクバーで過ごして、それから元旦の“Polar Bear Swim (寒中水泳)”に参加したのです。


(polar10.jpg)

上のビデオを見ると、まるで真夏のようでしょう?

ところが気温は確か2度ぐらいでした。 

水の中の方が暖かかったのですわァ。

とにかく、バンクーバーには面白い人たちがたくさん居ますゥ。

あなたも、お暇と お金の余裕があったらぜひ出かけてみてください。

デンマンさんが、また興味深い、面白い記事を書くと思います。

だから、どうか、あなたも またやって来てくださいねぇ~~。

じゃあね。


(hand.gif)

If you’ve got some time,

Please read one of the following artciles:



(biker302.jpg)

“ついに会えました”

“お天道様が見てます”

『真由美ちゃんのカナダ移住』

『真由美ちゃんのカナダ就活』

『ロマンと夢が広がる』

『カナダ就活と英語』

『カナダへの履歴書』

『真由美ちゃんの夢とベーグル』

『真由美ちゃんの命の力』

『迷い、決断、そして行動』

『夢と希望の光』


(juneswim.jpg)

『下着女装に負けない真由美ちゃん』

『真由美ちゃんの就活面接』

『真由美ちゃんのリクエスト』

『真由美ちゃん@とんでん』

『バンクーバーで面接』

『海外で面接』

『真由美ちゃん、読まれてるよ』

『真由美ちゃん@面接英会話』

『真由美ちゃん@教会』

『真由美ちゃん@バンクーバー渡航』

『真由美ちゃん@バンクーバー』

『心温まるスープ』

『大切な第一印象』


(santa85b.jpg)

『サンタ マユミちゃん』

『お汁粉@海外』

『お汁粉@カナダ』

『支払いでトラブル』

『風邪で甘えてる場合じゃねぇ~!』

『バレンタインのお菓子』

『結婚、仕事、人生』

『命の力だね』

『英語と真由美ちゃん』

『海外に目を向ける』

『カーネギーホールじゃないよ』

『やる気があれば道は開ける』

『ニャンニャンと人生』

『ピラミス@美術館』

『夢のバンクーバー』

『バンクーバーの屋上で』

『オランダ移住』

『カナダ移住の夢』

『ディープコーヴ』

『浴衣のバンクーバー』

『黒豚テリマヨ』

『イタリアのベーグルとサルサ』

『花火大会』

『乙女老い易く学成り難し』

『真由美ちゃん@英語』

『真由美ちゃんダントツ』

『日本よい国天国だ!』

『やっぱりどこか狂ってる』

『日本で再会』

『乙女力@宇都宮』

『いい出会いの連鎖』

『笑顔の乞食おばさん』

『ニュートンの暗い秘密』


(surfin2.gif)


(dogs17.gif)


(girlxx.gif)

明けましておめでとうございます

2016年1月1日

 

明けましておめでとうございます

 


(ny2016a.jpg)


(roten11.jpg)

 



(kato3.gif)

あれっ。。。新年早々朝風呂ですか? まだ夜が開(あ)けきっていませんよう!


(sayuri55.gif)

うふふふふ。。。いけませんか?

小百合さんは風呂が嫌いだったのではありませんか?

嫌いだけれど、師走の疲れを洗い落とすためですわ。 それで、起きてすぐにお風呂に入ったのです。

。。。で、元旦の今日は、どこに居るのですか? 今年も富士屋ホテルですか?

いいえ、今年は伊香保温泉の森秋旅館ですわ。 久しぶりに のんびりしています。


(sayuri31.jpg)

どうして今年は富士屋ホテルじゃなく伊香保温泉にしたのですか?

たまには気分を変えたいと思いまして。。。

お風呂上りに、ほっかほっかのおばさんパンツを穿いて、暖炉の前でポーズを取るなんて粋(いき)でいいですねぇ~。 うししししし。。。

とってつけたようなお世辞を言わないでくださいなァ。

ところで、小百合さん。。。どこからかフラダンスの音楽が聞こえてきませんか?

フラダンスですか?

そうですよう。。。あららららァ~。。。


(skirtanm.gif)

ウララ~~ウララア~~

ルンルンル~♪~ン。。。

アラぁ~、エッサッサアぁ~♪~

今日は元旦ですよ。

楽しいなァ~。

うれしいなああァ~。

ウララ~~ウララア~~

ルンルンル~♪~ン。。。

もう一つおまけに、

アラぁ~、エッサッサアアア~♪~

おほほほほほ。。。

もう止まりませんわよう。

ウララ~~ウララア~~

ルンルンル~♪~ン。。。

あのねぇ~、卑弥子さん。。。元旦もフラダンスですか?


(himiko22b.gif)

あ~♪~ら。。。デンマンさん! 明けましておめでとうございます。 新年もよろしくお願いいたします。

クリスマスにもフラダンスを踊ったばかりじゃないですか!

だってぇ、デンマンさんが元旦にも踊ってねぇ~と、言ったではござ~♪~ませんか?

やだなあああァ~。。。冗談で言ったのですよ。

あたくしは本気にしてしまいましたわ。。。とにかく、新年こそ結婚相手を見つけようと思いますわ。 デンマンさんも真剣に応援してくださいませぇ。

あのねぇ~、元旦早々にフラダンスを踊ったら、ますます婚期が延びてしまいますよ。

マジで。。。?

卑弥子さんのフラダンスはネットでは有名になりすぎているのですよ。

だったら、新しいボーイフレンドからファンレターが舞い込んできてもよさそうですわ。

あのねぇ~、あまりにも有名になりすぎて、卑弥子さんのフラダンスには新鮮さがなくなってしまったのです。 だから、ほとんどの男が卑弥子さんのフラダンスを見ても飽き飽きするだけでゲップが出てくるのですよ!

あらっ。。。マジで。。。? どうしたらよろしいのでござ~♪~ましょうか?

あのねぇ~、フラダンスじゃなくて古典バレーを見せたらどうですか?

古典バレーでござ~♪~ますか?

そうですよう。


(swan0023.jpg)

このように格調高い姿を見せるのですよう。

でも、恥ずかしいですわ。

どうして。。。?

だってぇ、パンツが丸見えですもの。。。

何を言ってるんですか! パンツが見えたぐらいで恥ずかしいことはないでしょう! 卑弥子さんは、いつもオッパイ丸出しでフラダンスを踊っているではありませんか!

でも、あたくしは古典バレーよりも裸エプロンのほうがよろしいと思うのですわ。 うふふふふ。。。

卑弥子さん!。。。元旦に“裸エプロン”だけは言わないでくださいね、とあれ程お願いしたではありませんかア!

元旦に“裸エプロン”を口に出すと、どうしていけないのでござ~♪~ますか?

あのねぇ~、“裸エプロン”と言うと、めれんげさんが裸エプロンで出てくるのですよう。。。あらららあああァ~。。。うわさをすれば、何とやら。。。


(apron7.jpg)


(merange12.jpg)

デンマンさん、明けましておめでとうございます。 新年もよろしくお願いいたします。 うふふふふふ。。。

めれちゃん。。。クリスマスに続いて、元旦も裸エプロンなのかいなァ~?

そやかてぇ~、あんさんは裸エプロンがごっつう よかったと言ったではおまへんかァ~!

そないな事、言わんかったでぇ~。。。

とにかく、裸エプロンを、いまさら着替えるわけにもゆきまへんがなァ。。。このまんま、バンクーバーの寒中水泳に行こうかと思いますねん。


(newyear16p.jpg)

ジューンさん、今年も冷たい水に入ったのですか?


(june001.gif)

いけませんか?


(newyear16q.jpg)


(polar110.jpg)

いけないも何も。。。 白熊がジューンさんの後ろに居るのですよ。 食べられてしまいますよ。 寒さで心臓麻痺を起こすより前に、第一、危ないですよ。

大丈夫ですわ。 わたしと白熊ちゃんは愛し合っているのですから。。。うふふふふふ。。。 デンマンさんもご一緒にどうぞ。


(polar05.jpg)

僕は寒中水泳はヤダよう!

どうしてですか?

心臓麻痺で死んでしまいますよ。

でも、たくさんのきれいな女性が参加していますわァ。


(ny2015p.gif)


(girlani5.gif)


(girlani2.gif)

うわっ。。。 すっげぇ~。。。 これってマジっすかア~♪~。。。?

だから デンまんさんもイングリッシュ・ベイまでやって来て自分の目で確かめたらいいではありませんか!

でもねぇ~。。。 これから、たくさんブログの記事を書かなければならないのです。 心臓麻痺で、あの世に逝くわけにはゆきませんよ。 とにかく、あなたも先を争って、あの世にだけは逝かないようにしてくださいね。

世界平和!

 

戦争反対!

 

言論の自由バンザイ!

 

表現の自由万歳!

 

では、あなたも良い新年を!

【ジューンの独り言】


(bare02b16.png)

ですってぇ~。。。

そう言う訳ですから、あなたもルンルン気分で健(すこ)やかに新年をお迎えください。

今年も、よろしくお願いいたします。

とにかく、興味深い話題が続くと思います。

あなたもどうか、また明日読みに戻ってきてくださいね。

では、また。。。


(byebye.gif)

メチャ面白い、

ためになる関連記事



(linger49.gif)

■ 『きれいになったと感じさせる

下着・ランジェリーを見つけませんか?』

■ 『ちょっと変わった 新しい古代日本史』

■ 『面白くて楽しいレンゲ物語』

軽井沢タリアセン夫人の小百合さんが扮するゴディバ夫人 Sayuri
(godiva05.jpg)

■ 『軽井沢タリアセン夫人 – 小百合物語』

■ 『今すぐに役立つホットな情報』

■ 『 ○ 笑う者には福が来る ○ 』

■ 『あなたもワクワクする新世代のブログ』


(june501.jpg)

『めれちゃんとにこちゃん』

『塩野七生とめれちゃん』

『午前4時の薄着の女』

『地球の最後に』

『めれちゃんと愛のピアノ』

『めれちゃんとサビーナ』


(linger65.gif)

■ 『軽井沢タリアセン夫人のお願い』

■ 『軽井沢タリアセン夫人のポテトチップ』

■ 『軽井沢タリアセン夫人とツナ缶』

■ 『軽井沢タリアセン夫人のカリスマ』

■ 『軽井沢タリアセン夫人とアボカド』

■ 『軽井沢タリアセン夫人とカナペ』

■ 『カラスの温泉』

■ 『茂美の湯』

■ 『お役所仕事@行田』

■ 『お役所仕事@ロシア』

■ 『釜飯の思い出』

■ 『チーズケーキドタバタ』


(curryind.jpg)

■ 『脳の常識のウソ』

■ 『ルート66の奇跡』

■ 『ツナ缶@LOVE』

■ 『奇跡を呼ぶ女』

■ 『遺伝する幻視?』

■ 『デンマンさんのオツムが心配です』

■ 『栗ご飯の思い出』


(himiko22.gif)

こんにちは卑弥子でござ~ますう。

また出てきてしまいましたわァ。

とにかく、世界的に新年ですわよ。

北半球が新年ならば、

南半球も新年ですう。

でも、南半球は夏ですわ。

そう言う訳で、シドニーでは

夏の花火大会でござ~♪~ます。

ところで、あたくしが面白いお話を集めて

楽しいサイトを作りました。

次のリンクをクリックして

ぜひ覗いてみてくださいね。

■ 『あなたのための笑って幸せになれるサイト』

とにかく、今日も一日楽しく愉快に

ネットサーフィンしましょう。

じゃあね。バーィ


(newyear14b.gif)


(bellyan15.gif)


(hand.gif)

Heaven with Mochi

2015年1月13日

 

Heaven with Mochi

 


(angel03.gif)


(up11.gif)


(mochi11b.jpg)


(met50105.png)

“Enlarge!”

Sticky New Year’s Treat

Turns Deadly in Japan


(mochi12.jpg)

At least nine people have reportedly choked to death on New Year’s rice cakes in Japan, and officials are urging people to chew slowly on the treats.

Sticky rice cakes or “mochi” are an essential part of the Japanese New Year’s menu.

But the glutinous mochi, grilled or cooked in broth or with sweet beans, can get stuck in people’s throats.

The Yomiuri newspaper reported Friday that at least 128 people were rushed to hospitals after choking on mochi, with nine dying.

The Tokyo Fire Department said Monday that 18 people were taken to city hospitals during the first three days of the year and three males died.

The department advised people to cut mochi in small pieces, chew slowly and learn first aid.

In addition to the Tokyo deaths, three people died in Chiba prefecture, while one each died in Osaka, Aomori and Nagasaki prefectures, the newspaper reported.

In the Nagasaki case, an 80-year-old man choked on a mochi that was in sweet bean soup served for free at a Shinto shrine.


(shrine20.jpg)

Japanese customarily visit shrines and temples to welcome the new year, and mochi, sake and other treats are sold or given out.

【The Associated Press】

(Photos from Denman Library)


Page 9 “Metro News of Vancouver”
metronews.ca
Tuesday, Janauary 6, 2015


(diane02.gif)

Kato, I wonder if any of your family in your hometown of Japan has ever chocked to death.


(kato3.gif)

Oh no, nobody! As far as I know, none of my family have ever choked on mochi before because all the members have been quite slow in eating mochi. Slow-eating is one of my family traits, I suppose.

I’m glad to hear that.  By the way, Kato, did you eat some mochi on the New Year’s Day?

Yes, I did.  To tell you the truth, I ate four pieces of mochi for the first time in 30 years.

Why is that?

Well… As you know, Mayumi’s dream has come true and now she is in Vancouver. So Mayumi and I celebrated her new life in Vancouver while eating mochi on the New Year’s Day.


(mayumi40.jpg)

How did you eat mochi?

Actually, I wrote about it the other day.

How to make Zenzai or

“mochi in sweet red-bean soup”


(shiruko03.jpg)


(kadoma2.jpg)

Zenzai hasn’t changed a bit for long, and it is a staple snack of cold season.

In good old days, Zenzai used to wait for you to be eaten on the stove in your living room while you were preoccupied with other things.
But it doesn’t seem to go quite so these days.
If you ever want to make Zenzai over the gas stove, you might just as well make a delicious Zenzai.

Boil and make the red beans completely soft.
After throwing out the water, you add 250 ml of water and 200 grams of suger to make a delicious Zenzai
I’ll teach you how to boil the red beans and make a Zenzai with an elegant sweetness.

【Ingredients of Zenzai】

• red beans … 250g
• sugar … 200g
• water added at the last sweetening process … 250ml
• a pinch of salt


1) Selection of red beans

for making delicious Zenzai

The basics of make Zenzai

① Tannins or bitterness can be removed by boiling twice.
When this is done, you boil it for the third time and cook for an hour.

② After throwing out the water, you add 250 ml of water and 200 grams of suger and then boil it.

NOTE: Before the removal of tannins, take a close look at the red beans placed in a pot.
When you find discolored red beans, please remove them.


2) Removal of tannins or astringency

Wash red beans in a pot, and add one litre of water.
Then put it on fire.


(azuki02.jpg)

Note: 1) The red beans do not need to be in water before boiling.
It is okay to place the pot on fire as soon as the beans and water come together in the pot.

2) In the first removal of tannins, add a plenty of water, instead of a little bit of water.
Once it boils, throw out the water and then add a plenty of water for the second boiling.

Even after the second boiling, the red beans are still hard.
The red beans become tender in the next step.


3) The basics of boiling red beans

Once it boils for the third time, don’t discard the water.
You cook the red beans until they become tender.
You cook them in low heat for at least an hour.

NOTE: 1) While being cooked, the water gets less.
Please add some water so that the red beans always remain under water.

In about an hour, the red beans will become tender so that you could feel the softness with your fingers.

However, if the red beans are fresh, you could make them tender in less than one hour.
Please cook them carefully while checking the softness.

As the red beans become soft, proceed to the next step.

When I made the Zenzai using the fresh red beans, they became soft in about 40 minutes.


4) How to make it sweet

Place the sodtened red beans in a pot with 250 ml of water and 200 grams of suger as well as a pinch of salt.

The amount of water at this time is 250 ml—no more, no less.

Once it boils, you cook them about 10 minutes in low heat.


(mochi08.jpg)


(mochi09.jpg)


(shiruko02.jpg)

Bake enough pieces of mochi in a toaster or an oven.
Serve a bowl of sweet red-bean soup with two pieces of mochi.


Source: “Zenzai@Overseas” (お汁粉@海外)
The Original in Japanese
(Photos from Denman library)

Ummmm… looks delicious… Why didn’t you call me?  II would’ve been delighted to have some mochi with Mayumi.

I thought you were not accustomed to sticky mochi.  If you had eaten a piece of mochi, you might have gone to Heaven.  So I dared not call you.

Nonsense! I know how to eat mochi.  Anyway, do you think, Kato, those people who choked to death on mochi went to Heaven?

Of course, they did because Japanese customarily visit shrines and temples to welcome the new year.  So those who died with mochi naturally welcome the new year in Heaven.

No kidding!

Anyway, Diane, I’ve got something for you to experience a heavenly feeling.

What is it?

Recently, I’ve viewd interesting movies:


(lib50112a.png)

“Actual Catalogue Page”

I see… So you saw two movies about Heaven, didn’t you?

Yes, I did.

Tell me about “Seven Minures in Heaven”.


(lib50112b.png)

“Actual Catalogue Page”

So, you jotted down your comment after viewing it on January 9, huh?

Yes, I did. Galia, a young woman from Jerusalem, got almost killed by the terroist attack. The bus she rode exploded and she stopped breathing for 7minutes when she was rescued from the enflaming bus.

Then what happened to Galia?

Well… she wandered in Heaven during those seven minutes.


(heaven007.jpg)


(heaven002.jpg)

It is a thought-provoking film about the soul and body.  I’m sure you would like it.

How about the other one—“All That Heaven Allows”?


(lib50112c.png)

“Actual Catalogue Page”

So, you jotted down your comment after viewing it on January 7, huh?

Yes, I did. It’s about Cary Scott, a well-to-do widow, and Ron Kirby, a much younger gardener.  Both fall in love. Cary is an affluent widow in suburban New England, whose social life involves her country club peers, college-age children, and a few men vying for her affection.

I see… seems interesting.

Yes, it is.  Cary becomes interested in Ron, who turns out an intelligent, down-to-earth and respectful yet passionate younger man.


(allthat03.jpg)

Then what happens?

Ron introduces Cary to people who seem to have no need for wealth and status and she responds positively.

Then what follows?

Cary accepts his proposal of marriage, but becomes distressed when her friends and college-age children get angry.  Her daughter and son look down upon Ron and his friends, and both children reject their mother for this socially unacceptable arrangement.

Well… it’s understandable.

Eventually, bowing to this pressure, Cary breaks off the engagement.

Then what?

When Ron has a life-threatening accident, however, Cary realizes how wrong she had been to allow other people’s opinions and superficial social conventions dictate her life choices.

I see… so both reunite, don’t they?

Sort of… In those days back in 1955, Cary must have received a lot of pressure and tons of prejudice, I suppose.  In any case, it is a fascinating and thought-provoking romance.  Diane, this film is your cup of tea.

I think I’ll book the DVD.  But, Kato, where does Heaven come in?

Well… Ron has a life-threatening accident… So he wanders in Heaven while he’s recovering.

Really…?

Well… you might as well wander in Heaven while watching the above movie.  I paste here the full movie for you.


(allthat02.jpg)



(laugh16.gif)

【Himiko’s Monologue】


(himiko22.gif)

Wow! What fascinating movies they are!

I’d like to meet a guy like Ron.

What about you?

Rock Hudson was so handsome.

I wish I could meet someone like him in the near future.

Oh, well… there are some other interesting movies.

For example, look at Number 649 in the above list.

It is called “The Sawshank Redemption.”


(shawshan.jpg)

【Trailer】

Kato jotted down his comment as follows:

This is a 1994 epic American drama written and directed by Frank Darabont.

Adapted from the Stephen King novella Rita Hayworth and Shawshank Redemption, the film tells the story of Andy Dufresne, a banker who is sentenced to life in Shawshank State Prison for the murder of his wife and her lover despite his claims of innocence.

During his time at the prison, he befriends a fellow inmate, Ellis Boyd “Red” Redding, and finds himself protected by the guards after the warden begins using him in his money laundering operation.

I think this is one of the greatest movies, in which you could feel, as if in realty, that maintaining one’s feeling of self-worth is quite important even when placed in a hopeless position.


(shawshan2.jpg)

This film clearly shows how you can be free, even in prison, or unfree, even in freedom, based on one’s outlook on life.

The above comment sounds quite interesting, doesn’t it?

In any case, I hope Kato will write another interesting article soon.

So please come back to see me.

Have a nice day!

Bye bye …


(hand.gif)


(renge400.jpg)

If you’ve got some time,

Please read one of the following artciles:


(juneswim.jpg)

“Go Bananas”

“Manwatching”

“Stanley Boardwalk”

“With Your Tiger”

“A Second World”

“Asexual Thought”


(biker302.jpg)

“Stanley 125 Years”

“Sushi @ the Globe”

“Peace@Syria & Pentagon”

“Sweet Memory”

“Unforgettable Movies”

“Typhoon 26”

“Great Luck”

“Diane@World”

“Diane@Spam”

“Sabina”

“Happy New Year”

“Merange & Sabina”

“Beauty in Spa”

“Love @ e-reading”

“Troublesome Slang”

“World Family”

“Mari’s Bagels”

“Love & Loyalty”

“Another Cinderella”

“Amazing Two-legged Pooch”

“Delusive Romance”

“Royal Couple”

“Life with Music”

“Poutine@Canada”

“Glorious Summer”

“Biker Babe & Granny”

“Genetically Modified”

“Tyrannosaur”

“Love@Magic”

“Yellow Ball”

“Welcome Back”

“Forbidden Love”

“Merry X’Mas”


(surfin2.gif)


(bare02b.gif)

Hi, I’m June Adams.

I enjoyed watching the above “All That Heaven Allows”, too.

Another interesting movie is Number 652 in the above list, which is called “Séraphine.”


(seraphine2.jpg)

Kato jotted down his comment:

This is a 2008 French-Belgian film directed by Martin Provost.

It shows the life of Séraphine Louis (1864–1942), who is a French painter in the naïve style.


(seraphine3.jpg)

Self-taught, she is inspired by her religious faith and by stained-glass church windows and other religious art.

The intensity of her images, both in colour and in replicative designs, are sometimes interpreted as a reflection of her own psyche because she walks a tightrope between ecstasy and mental illness.

If Wilhelm Uhde (German art collector and noted art critic) hadn’t happened to come up with one of her paintings, she might have remained unnoticed, led a normal life and died as a poor yet religious housekeeper.

Prosperity must have upset her mental balance.

She is put into a lunatic asylum.

It is a sad yet thought-provoking film.

…sounds quite interesting, doesn’t it?

Why don’t you see it?

ところで、愛とロマンに満ちた

レンゲさんのお話をまとめて

『レンゲ物語』を作りました。

もし、レンゲさんの記事をまとめて読みたいならば、

次のリンクをクリックしてくださいね。

『愛とロマンのレンゲ物語』


(renge730.jpg)

『軽井沢タリアセン夫人 – 小百合物語』

とにかく、今日も一日楽しく愉快に

ネットサーフィンしましょうね。

じゃあね。


(bikini901b.jpg)


(dogs17.gif)


(girlxx.gif)