Archive for the ‘成りすまし馬鹿’ Category

嘘を書く日記

2017年7月3日

 

嘘を書く日記

 


(diaryuso2.jpg)


(ireba03.jpg)


(laugh16.gif)

日記を書いているときでも嘘を書く


(ozashiki3b.jpg)

 

0.0 Prélude

考えてみれば、さして深く考えた訳ではないけれど、私は、物書きとしてもアマチュアである。学生時代の寮生活で,寮の文集の原稿がどうにも書けない後輩に、私の雑文を売りつけて一食ありついた、というのがせいぜいである。
もともと、言葉の網目は音楽のnuanceをすくいあげるのには粗すぎるので、音楽そのものについて直接的に表現されたものは全て嘘である。
例えば、F. Lisztは、二つの深淵の間に咲いた可憐な花、などとL.v, Beethovenの<<Klaviersonate in cis –moll>>(Op.27, Nr.2)の第二楽章を表現していたが、もし、私が、同じ曲に違ったimageを感じたら、何か私が間違っているのであろうか。
仮に、Lisztがそのように感じた事実は事実であったとしても、それを言ったり書いたりすることは全く無意味である。
それを、私は、言い(書き)っぱなしという。
それは、Lisztの自分自身に対する事実であって、必ずしも音楽に対する事実ではないからである。気障に気どって他人に話すようなことではない。
私は、これを<ローマン派>の甘えと言いたい。現代の音楽批評にも,作品につけ,演奏につけ、この類の文章が多すぎる。
一方、誰かが、このmenuetは、このSonateの主調であるcis-mollの関係長調で書かれている,と言うのなら、それは客観的な事実である。
一見異様に見えてもDes-durはCis-durと平均率では同等であるからである。
もう一つ例をあげれば、J.S. Bach の<<Praeludium>>(BWV 885)には、Bachとしては珍しく<Largo>との指示が書かれている(Henle版のUrtextによる)。
これは,私が、楽譜についての事実を書いているのであって、音楽そのものを描写、表現している訳ではない。私は、事実そのものを見るだけで、充分に充実している時を過ごしている。
何故か、を考える楽しみがあるからである。
慇懃無礼に言って、Lisztの様な文章を書くことは、私の手に余る。
私たちの出来ることは、音楽を聴いて、客観的な事実に基ずいて考えたことを記すことでしかない、と自覚しようではないか。
ただ一つだけ気になることがある。
A. Honeggerが、我々は我々の文明の最後の瞬間に生きているのだ、と思っている、と語っていた(私は作曲家である(Je suis Compositeur))ことである。

蛇足(コーダ):

昨今、自分史などを書いている人がいる、と聞いているが、いい気なものだ、と私は思う。
私は、人間なんぞは、自分の日記を書いているときでも嘘を書くものだ、と感じているし、自分のことなどを書いてもしかたがない、と考えている一人である、と自分では思っている。
ただ、私自身を書くまいと身構えている訳でもないので、書くこともあるかと思うが、そんな場合でも、むしろ、自分そのものではなく、その対象のほうに重きがあることを、ここで、明言しておきたい。


4ページ 『前奏曲集』 by 太田将宏

『―私はアマチュアである-作品 1の2』より


(ohta03.png)

デンマンさん。。。、どういうわけで“嘘を書く日記”にオイラを呼び出したのですかァ~?


(kato3.gif)

あのさァ~、上の小文は オマエが書いたのだよ!

そうだと思いました。。。 オイラにも見覚えがありますよ。。。 うへへへへへへ。。。

だから、オマエを呼び出したのだよ。。。

こうして自分が書いた文章を強制的に読まされると、やっぱり、何と言うかァ~、穴があったら入りたい気持ちですよ。。。 うししししし。。。

オマエはマジで そう思うのォ~? つまり、それは反省しているというわけぇ~?

いや。。。 反省するというほど恥ずかしい気持ちではありません。。。

でも、穴があったら入りたいのォ~?

そうです。。。

それは、自分が書いた文章を読んで、恥ずかしいということじゃないのォ~?

いや。。。 恥ずかしいとか。。。 反省しているとか。。。 うしろめたいとか。。。 そういう気持ちではありません。。。

でも、穴があったら入りたいというのは、常識的には、そういうことなのだよ。。。 オマエは、そう思わないのォ~?

デンマンさん!。。。 そのような厳しいツッコミは ネット市民の皆様の前で入れて欲しくないのですよゥ。。。

でもさァ~、オマエはマジで人間なんぞは、自分の日記を書いているときでも嘘を書くものだ、と感じているし、自分のことなどを書いてもしかたがない、と考えている一人であると信じているわけぇ~?

そうです。。。

でも、オマエは自分の事を書いているじゃないか!

オイラが自分の事を書いているのですかァ~?

そうだよ。。。 ちゃんと次のように書いているのだよ!

私は、この曲集を書き終えたとき、老人見習いから、正真正銘の老人になるのではないか、と思うこの頃である。
真の老人とは、もはや、失うべき何ものも無くなった人のことを言うのではないか。

長女は、私から去った。
次女は、中立を保つ為に、この家に寄りつかない。
家内と言えば、日本語も通じなくなってから何年にもなる。

私には、S.Kierkegaard の言った、一番易しく一番難しいこと、すべてを捨てること、が、案外、無理なくできるのではないか。
いや、その時には、捨てるべき何ものも見当たらなくなった境地であろう。

その意味では、老人になる前に、不慮の死で亡くなった人は気の毒である。
私は、若い時に、死ぬのはいいが風邪をひくのは嫌だ、などと言って、粋がって与太をほざいていた。
今も、願わくは、あまり苦しむことなく死を迎えられたなら、それにこしたことはない、と考えている。

Kierkegaard は、また、永遠とは有限が無限に出会う瞬間である、と言っていた。
私の人生に、かつて、そのような瞬間があったであろうか。
いや、それもまた、超越の命題であろう。

私の人生は、無明に迷ったそれに終わるのかもしれない。
しかし、私の背後には、母の祈りがあった。

ある麻薬中毒患者が、お母さん、僕は、こんな遠くまで来てしまった、と淋しげに呟いていたが、私は、麻薬中毒者ではないけれど、その気持ちが解かっている、と思う。
どのみち、人生は、rehearsal無しの、ぶっつけ本番なのである。

しかし、私は、F.M.Dostoevsky の「白痴」にある、あの「イッポリトの告白」に書かれているように、もし、生まれる前に、この条件を知らされていたとしたならば、私は、生まれるてくることを肯(がえ)んじなかったであろう、とは思っていない。
私は、感謝して死ねるように、今からでも、心の準備をしておこう。

S.D.G

コーダ(蛇足):

私の懐疑なるものが、深いのか、深くないのか、私自身も知る由もない。
仮に、深かったとしても、そもそも、懐疑の深さというものは、誇るべきものであるのか、という疑問が残る。


【デンマン注:】 改行を加え読み易くしました。あしからず。

S.Kierkegaard: キルケゴール (1813-1855) デンマークの哲学者

S.D.G.: Soli Deo Gloria (ラテン語) To God Alone the Glory(英語) 神に栄光あれ。

F.M.Dostoevsky: ドストエフスキー (1821-1881) ロシアの小説家・思想家


56-57ページ Michel-Richard de Lalande
『後奏曲集(後書きばかり)』 作品3
著者: 太田将宏
初版: 1994年1月 改定: 2006年9月

『馬鹿やって人気?』にも掲載
(2015年8月18日)

オマエはこうして自分のことを書いて、ネットで公開しているじゃないかァ~!

デンマンさんは。。。、デンマンさんは。。。、いったい何度この文章を引用すれば気が済むのですかァ~!?

オマエが冒頭の小文の中で 人間なんぞは、自分の日記を書いているときでも嘘を書くものだ、と感じているし、自分のことなどを書いてもしかたがない、と考えている一人であると書いているので、いや、実はオマエは自分のことを書いてネットで公開している証拠として上の文章を引用したんだよ。。。

だから、それが厳しいツッコミだと言うのですよ。。。 厳しいツッコミを入れるのは、やめてください。。。

でもさァ~、オマエは僕に対する抗議録をネットで公開したのだよ!


(kogiroku9.png)

『実際の抗議録』

そうでした。。。 オイラはデンマンさんに対して腹に据えかねることを 思いのままに書いたのです。。。 いけませんか?

日本もカナダも自由主義の国だし、憲法によって“言論の自由・表現の自由”は保障されているから、オマエが僕に対する抗議録をネットで公開するのを僕は認めるよ。。。 だけど、同様に、僕にもオマエの抗議録に対する反論をネットで公開する自由があるのだよ。。。

なるほどォ~。。。 それで、オイラの書いたものの“揚げ足を取って”、 “嘘を書く日記”と言うタイトルを掲げてオイラを呼び出したのですねぇ~。。。

“揚げ足を取って”るわけじゃない! オマエが書いていることと やっている事が矛盾しているから“嘘を書く日記”というタイトルを書いてオマエを呼び出したのだよ!

オイラが書いていることと、やっている事が矛盾していると言うのは、例えば、どのように。。。?

あのさァ~、オマエは人間なんぞは、自分の日記を書いているときでも嘘を書くものだ、と感じていると書いているけれど、次のことは本当の事実なのだよ!


(ozashiki3b.jpg)

長女は、私から去った。

次女は、中立を保つ為に、

この家に寄りつかない。

家内と言えば、日本語も通じなく

なってから何年にもなる。

これは決して嘘などではない! マジで事実なのだよ! そうだろう!?

書いてしまったのですから、確かに そう言われてしまうと、否定するわけにはゆきません。。。 うへへへへへ。。。

ところが、僕に対する抗議録を書いた時、オマエは自分の日記(や抗議録)を書いているときでも嘘を書くものだ、と感じていたのだよ!

例えば、デンマンさんに対する抗議録の中で、どういうところにオイラは嘘を書いているのですか?

僕に対する抗議録の目次を見てごらんよ!


(kogiroku8.png)

『実際の抗議録』

この目次を見ると、I. A. による告発、A. I. による告発、V.T. による告発、詠み人知らず、Sine Nomineという方々から寄せられた寄稿文。。。 つまり、オマエとは別人の5人が僕を告発しているように見せかけているのだよ!

実際、オイラとは別人の5人がデンマンさんに抗議しているのですよ。

だから、それが 真っ赤な嘘 だと言うのだよ! それは、次の記録によって証明されている!


(goo60703a.png)

『拡大する』


『馬鹿な大人にならない』(PART 2 OF 3)

『馬鹿な大人にならない』(PART 3 OF 3)

『だまそうとする老人』(PART 3 OF 3)

『孤独で寂しい太田将宏』(PART 1 OF 3)

『母という病』(PART 1 OF 3)

『ボダとキレた老人』(PART 2 OF 3)

『田中角栄と軽井沢』(PART 2 OF 3)

『田中角栄と軽井沢』(PART 3 OF 3)

『CIAとノーパン』(PART 1)

この上の記事にオマエが5人に成りすましてコメントを書いたのだけれど、それを見れば、普通の人は同一人物が書いただろうと見当がつくのだよ。。。 

どうして、オイラが5人に成りすまして書いたと判ってしまうのですかァ~?

あのさァ~、昔の人は“文は人なり!”と言ったのだよ。。。 オマエも聞いたことがあるだろう?

あります。。。

ところが、オマエはその意味を十分に理解してないのだよ!

どのように理解してないのですか?

あのさァ~、5人に成りすますのであれば、その5人の文章は、それぞれ個性を持った文章を書くはずなんだよ! ところが、どの文章を見ても、同一人物が書いているようにしか見えない!

マジで。。。?

なぜならば、オマエは頑固に自分の考えだけに固執しているからなんだよ! オマエがネットで公開した次の手紙を読むと実によく解る。。。

言葉 - この世話がやける手段

F. M. 様

ご無沙汰をしております。お元気でご活躍かと思われますが、その後、F. M. さんは如何お過ごしですか。
引退は、まだ遠いことなのでしょうか。F. M. さんの近況を知らせて頂けませんか。

…(中略)…

以前に、F. M. さんから、私は読者に親切でないから、と書かれてきたのですが、他の人からも指摘されたことに外来語をカタカナで書かないこともあったのでしょう
(私も一方では、ドストエフスキーについて書くときに限って、ロシア文字を書けないので、カタカナを使わざるを得ない、という不徹底さがあり、残念に思っていますが、しかし、日本で働いていたときでも、外来語がラテン文字である限りは、alphabetを混えて技術書を書いておりました。別に誰からもひんしゅくをかいませんでしたが、皆が呆れて諦めていたのでしょう)。

日本では、何故か、英語では、二重母音を長母音(例を挙げればきりがないのですが、informationをインフォメーション)などの理解できない慣例が多く、ドイツ語では母音が続かないときの子音は無声音であるはずなのに(例として、Burgmuelerをブルグミューラア、また、この例では最後のアは不要でしょう)、などの妙な慣習(更なる例として、Schweizerをシュワイツァー、ドイツ語でのwは英語やフランス語のvの発音)が観られますね。
漢字、平仮名、カタカナ、アラビア数字混じりの現代の日本文で、何ゆえalphabetだけが忌避されるのか疑問に思いませんか。
また、Los Angelesをロスなどといって粋がっている輩もおりますが、Losというスペイン語起源の単語は、英語で言うならばtheにすぎなく(但し、男性複数名詞用の定冠詞)、Los Angelesとは、もともとがThe Angelsの意味であるぐらいのことは、alphabetを使っていたならば、そして、最低限の想像力があるならば、推測できてしかるべきことではないでしょうか。
また、ロスアン…ではなく、ロサン…であるべきということにも敏感にならざるをえないですね。
当方での日本人を見ていても、そうした疑問を抱いております。日頃、言葉そのものについて無神経であるから外国語の習得にも苦労するのですね。
そういえば、F. M. さんのsiteを読んでいたとき、W.A. Mozartの<<Requiem>>を「モツレク」などと言語不明瞭意味不明瞭に略すのを批判しておられましたが、日本では、それに限らず、品の無い造語が氾濫しているではないですか。
こうした若輩に迎合するから、新仮名使い当用漢字の夏目漱石や谷崎源氏などの、低きに合わせた日本文化に堕落しつつある、と思われませんか。
私は、親切ではありたいのですが、迎合はしたくないので私の著作を出版できなかったということで、それでは出版を諦めよう、という心境でした。

此処で、今、また、F. M. さんが、私たちの学生時代に、太田君の妥協は妥協のうちに入らないよ、と言っていたことを思い出しております。
もっと重要なことは、これは日本人には限らないのですが、しかし、とりわけ日本人は、自分が曖昧に考えていたことを誰かが適切に表現し、書いてくれたことに同感、共感、評価するに留まることが多いですね。
彼我の違いを悦ばない、余所者を受け付けない、誰々の論理は理解できる、ではなくて、誰々の気持ちは分るわぁ、といった類です。
それが故に、言葉に於いても彼我の差には敏感になれなく、それどころか自分の母国語ででさえ曖昧になり、更に、思考能力の低下をもたらしているのではないでしょうか。
また、そこでは、自分が賛成するかしないかはさておいての他者の論理の自立、論理の終始一貫性なんぞは等閑に附される傾向が無いでしょうか。
それは理屈だよ、理屈に過ぎない、などと言う人は、生涯なんらの自らの論理体系も形成せずに終るのではないでしょうか。
それでは、ドストエフスキーの小説の登場人物(例えば、<<カラマーゾフの兄弟>>のイワンなど)の思い、自分は、ぎりぎりのところ、こうとしか考えられないけれど、それでは自他が辛すぎる。

むしろ自分が間違っていたらならばよいのだが、のような煩悶、苦悩、願望の弁証法の片鱗も理解できないでしょう。
私は、傲慢な私に戻ったようです。しかし、日本人の謙遜、謙譲のgestureというものは、多くの場合、何のこと無い、自己保身にすぎないのではないでしょうか
(それは、当方の世間、世界では通じない甘えですので、二、三を除いては、こちらの日本人との付き合いは無くなってきました)。
私は、何もかも此方の方がよいとしているわけではありませんが、傲慢になったついでに書きますと、私は、私が書き続けた著作には、高い水準で、日本では、いや世界では始めての見解が此処彼処に読みとれられる、と自負しているのですが、反面、読み手から反応が少ないのは私が浅学で夜郎自大だからかなのだろうか、と小心な私は一方で首を傾げておりますが、如何でしょうか。


赤字はデンマンが強調)
108-109ページ
『書簡集』より

オマエは、僕からだけじゃない! 他の人からも「外国語をアルファベットじゃなく、カタカナで書いたらどうですか?」と、親切な助言を受けているにも拘(かかわ)らず、すべて無視して、自分の下らない考え方に固執しているのだよ!

いけませんか?

何をしてもかまわないけれど、自分の過失を人に押し付けるのだけは良くない!

オイラが自分の過失をデンマンさんになすりつけたのですか?

そうだよ! オマエは親切ではありたいのですが、迎合はしたくないので私の著作を出版できなかったということで、それでは出版を諦めよう、という心境でした、と書いている! ところが、僕に頼めば出版できるかもしれないという甘い考えが頭をもたげたのだよ! でも、僕はそれはできない!と断った。。。 そしたら、愚かなオマエは、よせばいいのに、5人に成りすまして僕の記事にやたらと嫌がらせのコメントを書き込んだァ!

うへへへへへ。。。 やっぱり、オイラが5人に成りすまして、嫌がらせのためにコメントを書き込んだといたと判ってしまうのですねぇ~。。。

そうだよ! まず、コメントを書いた時間帯が いつも同じ時間帯なのだよ! 1時間以上ずれてない! しかも、オマエがコメントを書くのやめたと思ったら、全員がコメントを書くのやめてしまったのだよ! つまり、オマエが成りすましてないとしたら、それぞれの人物が6時間後とか 翌日にコメントを書くものだよ。。。 それに、最近でも、一人や二人が僕の記事にコメントを書いてもいいのに、最近、中原さんを除けば オマエも含めて、他の誰も僕の記事にコメントを書いてない!

つまり、オイラが一人で5人に成りすましている、とデンマンさんは言いたいのですねぇ~!?

それ以外に考えられないだろう! それに、文章の計量分析をしなくても、オマエの文章にはアルファベットが やたらに出てくるので、5人に成りすましても、すぐにオマエだと判ってしまうのだよ!

やっぱり、外国語はカタカナで書いた方がいいのでしょうか?

当たり前だろう! 語学の教科書以外は、外国語はカタカナで書くのが普通の日本人の書き方なのだよ!

分かりました。。。 でも、オイラは親切ではありたいのですが、迎合はしたくないのです。。。

そういう考えだから、オマエの書いたものは、誰からも拒否されて出版できなかったのだよ! それで、オマエ自身が書いている! 「オイラは親切ではありたいのですが、迎合はしたくないのでオイラの著作を出版できなかったのです」 オマエはちゃんと自覚しているのだよ!

うへへへへへ。。。

そのように うすら馬鹿笑いしている場合じゃないのだよ!

他にもデンマンさんは言いたいことがあるのですか?

あるのだよ。。。 言うに事欠いて次のようにネットで公開したら、多くのネット市民の皆様が呆れてしまうのだよ!

 


(ireba03.jpg)

私は、何もかも此方の方がよいとしている

わけではありませんが、傲慢になったついでに

書きますと、私は、私が書き続けた著作には、

高い水準で、日本では、

いや世界では始めての見解が

此処彼処に読みとれられる、

と自負しているのですが、

反面、読み手から反応が少ないのは

私が浅学で夜郎自大だからかなのだろうか

と小心な私は一方で首を傾げておりますが、

如何でしょうか。

 

あのォ~。。。 もしかして上の部分を読んで西田 芽理亜(にしだ めりあ)さんも呆れ果ててしまったのですか?

 

『悪名と名声』

 

あたり前田のクラッカー!

デンマンさん! 40年前のギャグを言うのはやめてください!

とにかく、恥知らずにも、ここまで書いてネットで公開したら、これを読む多くのネット市民の皆様は、呆れるばかりじゃない! 

呆れるばかりじゃないということは、どういうことですか?

もしだよ。。。 ノーベル賞に「大馬鹿部門」が設けられていたら、オマエは第1回のノーベル賞大馬鹿野郎になれるよゥ!

オイラが書いたことはそれほどすごいことなのですか?

そうだよ。。。 でも、オマエが上の文章をネットで公開してくれたおかげで、僕はこの記事を書くことができる。。。 そうでないかぎり、この記事を読んでくれるネット市民の皆様は、オマエのような変わった人間が居ることを絶対に信じないと思うよ。。。

オイラは、それほどすごい人間だとデンマンさんは信じてくれるのですか?

そうだよ。。。


(smilerol.gif)


わァ~~ うれしいなあああァ~。。。

やはり、仏のデンマンさんは

すばらしいです。。。

デンマンさんがオイラを

すごい人間だと認めてくれました。

オイラは日本語が分かる

129ヵ国のネット市民の皆様にも

知れ渡ってしまうのです。。。

 

海外からのアクセス

 


(wp70701map.png)



(wp70701.png+wp70701b)

『葛飾北斎と太田将宏』@Denman Blog

 

もう こうなったら、スキップしてしまおう!


(smilejp.gif)

ワぁ~♪~ うれしいなあああァ~。。。

ルンルンル~♪~ン

ランランラ~♪~ン

もひとつおまけにィ~

ルンルンル~♪~ン

ランランラ~♪~ン


(laugh16.gif)

やれやれぇ~。。。

何を勘違いしているのでしょうか?

太田将宏は有名になるんじゃない!

悪名高くなるんですよ!

あなただってそう思うでしょう!?

馬鹿とは付き合いきれません。

でも、そのうち また僕の記事に

コメントを書くと思うのですよ。

仕方ないから、気長に付き合うことにします。


(foolw.gif)

【レンゲの独り言】


(manila07.gif)

ですってぇ~。。。
あたしは、太田さんの娘さんにも、奥様にもお会いした事はありません。

でも、娘さんは、二人とも アメリカで女医さんになっているほどですもの。。。
娘さんにしても、奥様にしても、決して悪い人ではないと思いますわ。

それなのに、太田さんは 娘さんとも、奥様ともうまくやっていないという事は、
太田さんに、問題があると思うのです。

あなたは、どう思いますか?

とにかく、ネットには “めちゃキモい”人たちがウヨウヨしています。
太田将宏さんは、まだ良い方ですわ。

中には、まるで得意になって、愚かな事をして遊んでいる オツムの足りない人たちがたくさん居ます。
また、見かけは普通のブログでも、悪徳スパマーが手を変え品を変えて 悪徳サイトへ誘い込もうとしています。

スパムコメントで褒められると、ついついその気になって、
相手のブログへ飛んでゆき、お返しに、あるいはお礼にと思って 読者に登録してしまったりするものですわァ。
どうか スパマーの思う壺にはまらないでくださいね。

悪徳スパマーは悪徳サイトへ誘おうと
てぐすね引いて待っているのですから。。。

悪徳サイトを利用して、
メールアドレスで登録したりすると、
あなたのメールアドレスは第3者や第4者に売られてしまう危険性があります。

あなたは、そのようなスパム・コメントや 成りすましスパマーには騙されないと思い込んでいるでしょう?
でもねぇ~、もしかすると騙されているかもよ。。。

とにかく気をつけてくださいね。

次回も、さらに面白い話題が続きます。
あなたも、どうか、また記事を読みに戻ってきてください。
では。。。


(hand.gif)

あなたが絶対、

見たいと思っていた

面白くて実にためになるリンク


■ 『ちょっと変わった 新しい古代日本史』

■ 『興味深い写真や絵がたくさん載っている世界の神話』

■ 『現在に通じる古代オリエント史の散歩道』

■ 『見て楽しい、読んで面白い 私版・対訳ことわざ辞典』

ジューンさんの熟女下着 June Adams 下着美人
(30june.jpg)

■ 『きれいになったと感じさせる

下着・ランジェリーを見つけませんか?』

■ 『あなたもワクワクする新世代のブログ』

■ 『ちょっと心にぐっと来る動物物語』

軽井沢タリアセン夫人の小百合さんが扮するゴディバ夫人 Godiva Sayuri
(godiva05.jpg)

■ 『軽井沢タリアセン夫人 – 小百合物語』


(yuri02.jpg)

■ 『相変わらず馬鹿か?』

■ 『馬鹿やめたのね?』

■ 『馬鹿やめて久しぶり』

■ 『馬鹿やって人気?』

■ 『悪事千里を走る』

■ 『悪縁を断つ』

■ 『失意の太田将宏』


(hooker08.gif)

■ 『悪縁を切れ!』

■ 『心の平穏』

■ 『レモンと孤独な老人』

■ 『乙女の祈りと老人』

■ 『ピアノとお座敷老人』

■ 『孤独で寂しい太田将宏』


(yuri03.jpg)

■ 『クラシックを愛すれど』

■ 『女性を愛せない老人ボケ』

■ 『ボダとキレた老人』

■ 『母という病』

■ 『日本人は嘘つき』


(satomi02.jpg)

■ 『マジでピッタリ!』

■ 『成りすまし老人』

■ 『バカな大人にならない』

■ 『成りすまし老人の告白』

■ 『だまそうとする老人』

■ 『バカの壁の増設』

■ 『ウソの雪ダルマ』

■ 『知らずの自分史』

■ 『新渡戸稲造と太田将宏』

■ 『ショーペンハウエルと太田将宏』

■ 『ホーキング博士と太田将宏』

■ 『加藤清正と太田将宏』

■ 『老人の性と太田将宏』

■ 『ノブレス・オブリージュと太田将宏』

■ 『世渡りの道と太田将宏』

■ 『フェアプレーと太田将宏』

■ 『ネット恋愛と太田将宏』

■ 『日本語と太田将宏』

■ 『坊主の袈裟と太田将宏』


(hokusai08.jpg)

■ 『葛飾北斎と太田将宏』

■ 『女の性的飢餓感』

■ 『敵に塩を送る』

■ 『虚構とウソ』

■ 『手紙と絶交』

■ 『短気は損気』

■ 『不思議な日本語』

■ 『乙女の祈りだわ』

■ 『自作自演じゃないよ』

■ 『マリリンdeアイドル』

■ 『マリリンに誘われて』

■ 『かい人21面相事件』

■ 『悪名と名声』


(juneswim.jpg)


(byebye.gif)

スパム王 カーチス

2017年6月4日

 

スパム王 カーチス

 


(uncle006.gif)

コラァ~。。。! 

 
スパム王 カーチス! 

 
悪あがきを止めろ!

スパム王 カーチス
(rakubaka2.jpg)


(curtis01.png)

デンマンさん。。。 オイラをお呼びですかァ~?


(kato3.gif)

そうだよ。。。 キリンのように首を長くして待っていたのだよ。。。


(giraffe02.jpg)

デンマンさんはキリンが大好きなのですかァ~?

別に キリンにハマッているわけではないのだよ。。。 ただ、オマエをキリンのように首を長くして待っていただけなのだよ。。。

デンマンさんの首はキリンほど長くありませんよゥ。。。 うへへへへへへ。。。

ああのさァ~、オマエは日本人じゃないから、キリンのようにして首を長くして待っていたと言うと、マジでキリンのように首を長くして待っていたと思うのかもしれないけれど、それは比喩なのだよ。。。つまり、英語で言うところの“メタフォー”なのだよ。。。

だったら、初めから“メタフォー”だと言えばいいのですよゥ。。。 とにかく、デンマンさんの記事は長くなるので、余計な事は言わないでけっこうですから、どうしてオイラを呼び出したのか細木数子のように端的にその理由を言ってくださいよゥ。。。

あれっ。。。 オマエは日本人じゃないくせに細木数子を知ってるのォ~。。。?

デンマンさんは知らなかったのですかァ~。。。? 細木数子は世界的に有名ですよう。。。

それは、知らなかったなあああァ~。。。 でも。。。、でも。。。、いい加減な事を言うのじゃないよ! カナダでは、日本人以外は誰も知らないのだよ!

とにかく、細木数子のことは、どうでもいいですから、どういうわけでオイラを呼び出したのですかァ~?

オマエが そう言うのだったら、まず次の記事を見て欲しい。。。


(goo50305e.png)


『拡大する』

『実際の記事』

あれっ。。。 きれいなジューンさんが出てますねぇ~。。。 デンマンさんはオイラにジューンさんを紹介してくれるのですかァ~? うへへへへへへ。。。

オマエは、どうしてそのような愚かな事を言ってるんだよう! オマエのような悪徳で愚劣な男にジューンさんを紹介できるわけねぇ~だろう! ジューンさんを見て欲しいんじゃなくてぇ、その下のコメントを見ろと言ってるんだよォ!

上のページのコメントですか? それがどうかしましたか?

どうかしましたかァじゃねぇ~だろう! 上の34のコメントはすべてオマエが書き込んだスパム・コメントなんだよゥ!

マジで。。。?

オマエを呼び出してまでデタラメを言うはずがねぇ~だろう!?

そのような事を言うからには、デンマンさんは、オイラが上の34のコメントを書いたという証拠を握っているのでしょうねぇ~?

もちろんだよう! 何の根拠もなくオマエをスパム王 カーチスだと言ってネットで晒したら、オマエは僕を「誹謗・中傷」でハーグの国際裁判所へ訴え出るだろう?

もちろんですよ。。。 国際連合の人権委員会にも提訴しますよゥ。。。 とにかく、その証拠とやらを見せてください。

だったら、まず次の検索結果を見て欲しい。。。


(gog70602a.png)


『拡大する』

『現時点での検索結果』

あれっ。。。 オイラのハンドル名 “CurtisFag” を入れて検索したのですねぇ~?

そうだよ。。。 なんとォ~、15,000件もヒットする! 上のページだけでも 黄色で示した23個もの  “CurtisFag” が バラバラと出てくるのだよ!

このハンドル名がすべてオイラだとデンマンさんは主張するのですかァ~?

当たり前だろう! 赤枠で囲んだ箇所をクリックすると次のページが出てくる。


(sto70602a.png)


『拡大する』

『実際のページ』

上のページを見れば解るように、オマエは CurtisFag 以外にも16ものハンドル名を使ってスパム・コメントをばら撒いているのだよ!

マジっすかあああァ~。。。?

惚(とぼ)けている場合じゃないのだよ! オマエは愚かにも同じ IPアドレス (93.170.209.155) を使ってスパム・コメントをばら撒いているのだよ! だから、すぐにアシがついてしまう! 

やっぱり、IPアドレスを変えないとまずいのですかァ~?

当たり前だろう! そういうところがオマエの愚かなところなんだよ! オマエのオツムの血液はドロドロになっているので、オツムの回転が鈍くて、面倒くさくなって、ついつい同じIPアドレスを使ってスパム・コメントを飛ばしてしまうのだよ!

でも。。。、でも。。。、たったの17回だけですよ!

そうじゃないのだよ! オマエは、もっとスパム・コメントを飛ばしているのだよ! 僕のGOO のブログだけでも2、000回以上のスパム・コメントを書き込んだのだよ!

マジで。。。?

ついでだから、次の検索結果も見て欲しい。。。


(gog70602b.png)


『拡大する』

『現時点での検索結果』

あれっ。。。 オイラの IPアドレス (93.170.209.155) を入れて検索したのですねぇ~?

その通りだよ! すると、4,860件もヒットする。。。 青枠で囲んだ箇所をクリックすると次のページが出てくる。


(bot70602a.png)


『拡大する』

『実際のページ』

このページでも、オマエは 40のハンドル名を使ってスパム・コメントを飛ばしたことが記録されているのだよ!

あれっ。。。 オイラは全く知りませんでした!

だから、オマエのオツムの血液はドロドロになっていると僕は言うのだよ! 血の巡りが悪くなって、反省もしないで オマエは愚かな事を続けているのだよ!

でも。。。でも。。。、たったの40回じゃありませんかァ!

そうじゃないのだよ! まだまだオマエの愚かな行為は記録されているのだよ。。。 ついでだから、次のページも見てごらんよ!


(cle70602a.png)


『拡大する』

『実際のページ』

オイラのスパム・コメントは WordPress では、すべて撃退されてしまったのですか?

当たり前だろう! スパム・コメントを飛ばすなら、毎回 IPアドレスを変えるのだよ! オマエのオツムの血液はドロドロになっているので、愚かにも常に同じIPアドレスを使っている! だから、すぐに撃退されてしまうのだよ!

その証拠でもあるのですか?

あるのだよ! 次の棒グラフを見て欲しい。。。


(wp70602a.png)


『拡大する』

『Denman Blog@WordPress』

あれっ。。。 デンマンさんの Denman Blog ではスパム・コメントが 99.9%排除されているのですかァ~?

そういうことだよ!

つまり、オイラは無駄な労力を使っていたと言うことですねぇ~?

そうだよ! それに、オマエはブラックリストに載ったのだよ!

マジで。。。?

信用できないのなら次のリストを見てごらんよ!


(gal009.jpg)

『ブラックリスト』

あれっ。。。 マジでオイラガリストのトップに出てますねぇ~。。。 こんなことになるなんてぇ~、オイラは どうしたらよいのでしょうか?

あのさァ~。。。、 オマエのオツムの中味は腐った味噌が入っているのかもしれないよ。。。 医者に行って精密検査をしてもらった方がいいよ! (モナリザの微笑)

まさかァ~。。。

オマエは なりふり構わず 恥も外聞もなく “スパム・コメント”を飛ばして 金儲けを企んでいるけれど、もうそういう時代は終わったのだよ!

“スパム・コメント”を飛ばすのは いけないことなのですかァ~?

当たり前だろう!


(hillary07.jpg)

ヒラリーおばさんは、オマエが“スパム・コメント”を飛ばすのを見て こうしてムカついて ののしっているのだよ!

マジで。。。?

あのさァ~、もしヒラリーおばさんが 今回の大統領選挙で当選していたら、オマエは大統領行政執行命令第1号で死刑になっていたのだよ!

まさかァ~。。。!

まさかァじゃねぇ~だろう! そのうちドナルド・トランプさんもムカつくかもしれないのだよ。。。

デンマンさん! 脅(おど)かさないでくださいよ! トランプさんならば、やりかねないですからねぇ~。。。

とにかく、僕が記事を書いたのでオマエのことは日本語が解る世界のネット市民の皆様に広まるのだよ!

マジっすかあああァ~。。。? オイラのことが マジで日本語が解る世界のネット市民の皆様に広まるのですか?

そうだよ。。。 次のリストを見てごらんよ!

 

海外からのアクセス

 


(wp70527map.png)



(wp70527.png+wp70527b)

『ブラックリスト』@Denman Blog

 

あれっ。。。 また増えて、これからは129ヵ国の日本語が解るネット市民の皆様がオイラのことを知るのですかァ~?

その通りだよ!

Denman Blog の『ブラックリスト』にもオイラのことがトップに出ているのですねぇ~。。。

そうだよ。。。 オマエのことがネットでマジで知れ渡るのだよ!


(smilerol.gif)


わァ~~ うれしいなあああァ~。。。

デンマンさんのおかげで

129ヵ国のネット市民の皆様の間で

有名になってしまいますゥ~。。。

こうなったら、もうスキップしてしまおう!

オイラのサイトに たくさんの

ネット市民の皆様がやって来て

ガバガバ金儲けができるかも…


(smilejp.gif)

ワぁ~♪~ うれしいなあああァ~。。。

こうなったら、もう飛び上がって

喜んでしまおう!

ルンルンル~♪~ン

ランランラ~♪~ン

もひとつおまけにィ~

ルンルンル~♪~ン

ランランラ~♪~ン


(foolw.gif)

やれやれぇ~。。。

馬鹿とは付き合いきれません。

常識のある人は

他人の忠告を聞くものです。

ところが、この愚か者は

聞く耳を持ってません。

自分が悪名高くなるのにもかかわらず

バカが喜んでいるのですよ。。。

底抜けの愚か者です!

懲りずにまたスパム・コメントを

飛ばすと思うのです。

仕方ないから、気長に この愚か者と

付き合うことにします。


(laugh16.gif)

【レンゲの独り言】


(manila07.gif)

ですってぇ~。。。
ネットには、いろいろと変わった人がいますわァ。。。 

ヴァイアグラを飲みすぎて オツムがイカレた人もいれば、
他人に成りすまして ヤ~らしいコメントを書き込む人もいます。

また、誰彼かまわずに“スパム”を飛ばす嫌われ者もいます。

とにかく、ネットには。。。 特にアメブロには “めちゃキモい”人たちがウヨウヨしています。
まるで得意になって、愚かな事をして遊んでいます。

また、見かけは普通のブログでも、悪徳スパマーが手を変え品を変えて 悪徳サイトへ誘い込もうとしています。
また、スパムコメントで褒められると、ついついその気になって、相手のブログへ飛んでゆき、お返しに、あるいはお礼にと思って 読者に登録してしまったりするものですわァ。
どうか スパマーの思う壺にはまらないでくださいね。

悪徳スパマーは悪徳サイトへ誘おうと
てぐすね引いて待っているのですから。。。

悪徳サイトを利用して、
メールアドレスで登録したりすると、
あなたのメールアドレスは第3者や第4者に売られてしまう危険性があります。

あなたは、そのようなスパム・コメントや 成りすましスパマーには騙されないと思い込んでいるでしょう?
でもねぇ~、もしかすると騙されているかもよ。。。

とにかく気をつけてくださいね。

次回も、さらに面白い話題が続きます。
あなたも、どうか、また記事を読みに戻ってきてください。
では。。。


(hand.gif)

あなたが絶対、

見たいと思っていた

面白くて実にためになるリンク


■ 『ちょっと変わった 新しい古代日本史』

■ 『興味深い写真や絵がたくさん載っている世界の神話』

■ 『現在に通じる古代オリエント史の散歩道』

■ 『見て楽しい、読んで面白い 私版・対訳ことわざ辞典』

ジューンさんの熟女下着 June Adams 下着美人
(30june.jpg)

■ 『きれいになったと感じさせる

下着・ランジェリーを見つけませんか?』

■ 『あなたもワクワクする新世代のブログ』

■ 『ちょっと心にぐっと来る動物物語』

軽井沢タリアセン夫人の小百合さんが扮するゴディバ夫人 Godiva Sayuri
(godiva05.jpg)

■ 『軽井沢タリアセン夫人 – 小百合物語』


(bigcash.jpg)

■ 『もこ姫バンザイ!』

■ 『平田由里子@いいねスパマー』

■ 『ニート@7029637』

■ 『メチャ有名なモコ姫』

■ 『スパマーえり&友成隼』

■ 『ハワイのなみ&友成隼』

■ 『集客ツール馬鹿』

■ 『自作自演 友成隼』

■ 『友成隼と聖書スパマー』

■ 『集客ツール ダントツ』

■ 『下着女装するとワクワクする』

■ 『友成隼ダントツ』

■ 『集客ツール馬鹿と軽井沢夫人』

■ 『愚かな洋子の貧乏物語』

■ 『優香は何者だ?』

■ 『あんれまァ~やだァ~』

■ 『ど~も馬鹿』

■ 『洋子は馬鹿の見本です』

■ 『ベクトル成城店 悪い評判!』

ベクトル成城店に注意 悪徳 不誠実 いいねスパマー
(vector2.jpg)

■ 『ベクトル成城店に注意』

■ 『えり@17歳に注意!』

■ 『ベクトル成城店 不誠実!悪徳!』

■ 『ベクトル成城店 悪徳商店!』

■ 『ベクトル成城店 悪い評判!』

■ 『愚かなズボラママ』

■ 『友成隼とGOOGLE』

■ 『銀竜草バカ』

■ 『銀竜草スパマー』

■ 『レイカの挫折』

■ 『ハワイに恋した敦子』

■ 『ハワイに恋した敦子に注意!』


(hooker08.gif)

■ 『きさ☆51ヶ国訪問中に注意!』

■ 『Xenovisに注意!』

■ 『客室乗務員@ハワイに恋した敦子に注意』

■ 『ハワイに恋した敦子の欺瞞』

■ 『フォロワーになって晒されて…』

■ 『ハワイに恋した敦子の懺悔』

■ 『ハワイに恋した敦子の反省』

■ 『ハワイに恋した敦子ダントツ』

■ 『コスパ最高@悪徳商法』

■ 『つぶちゃんは悪質スパマー』

■ 『つぶちゃんは愚かなスパマー』

■ 『つぶちゃんは悪名高いスパマー』


(yuri03.jpg)

■ 『こーてがにゃんにゃん』

■ 『こーて@ブラックリスト』

■ 『スパマーつぶちゃんの悪戯』

■ 『スパマー平田由里子』

■ 『ハワイに恋したダメな敦子』

■ 『ハワイに恋した愚かな敦子と奈々』

■ 『アフリカ滞在スパマー』

■ 『ミスユニバース悪女』


(bikini901.jpg)

■ 『スパマー横尾真美』

■ 『悪名高い横尾真美』

■ 『ナンパ馬鹿の末路』

■ 『また柏原知美?』

■ 『ネットの異端者』

■ 『ネットの問題児』

■ 『ハフマヌーン帝国の愚劣隊長』

■ 『いいね50回記念』

■ 『ヴァイアグラ馬鹿と小百合パンツ』

■ 『聖書バカスパマー』

■ 『大先輩、馬鹿やるの止めて』

■ 『世界一愚かなスパマー』

■ 『デリヘル嬢かずえを探して』

■ 『全財産300万円をせどりに』

■ 『はるかのランジェリー』

■ 『人気のデリヘル嬢』

■ 『悪徳10万円モニター』

■ 『ハヌマーン隊長』

■ 『駐米スパマー』

■ 『柏原知美 再起?』

■ 『ビットコインの危険性』

■ 『楽天バカ』

■ 『楽天バカ悪あがき』


(juneswim.jpg)


(byebye.gif)

自作自演じゃないよ

2017年5月14日

 

自作自演じゃないよ

 


(jisaku03.jpg)


(ireba03.jpg)


(laugh16.gif)


(ohta03.png)

デンマンさん。。。、お久しぶりです。。。 オイラのことを忘れてしまったのかと思って、寂しい気持ちでいっぱいでしたァ~。。。


(kato3.gif)

オイ! 気持ちが悪いから あまりウェブカムに近寄るなよ!

いいじゃあ、ありませんかァ~! しばらくぶりにお会いしたのです。。。 デンマンさんのお顔を もっとよく見せてくださいなァ~。。。

気持ち悪いィ~から、ウェブカムから遠ざかれよォ~!

そんなに オイラを避けるなら、どうして急にオイラをお呼びになったのですかァ~?

あのさァ~、お願いだから、女の腐ったようにナヨナヨと“シナ”作って媚(こ)びるような言い方をやめてくれるゥ~!

あらっ。。。 いけませんでしたかしらァ~。。。? うふふふふふふ。。。

きもちわりいなあああァ~。。。 んもおおおォ~。。。!

デンマンさん! せっかく出てきてやったのにィ~、そのような無礼な言い方はないでしょう! オイラはムカつきましたァ~。。。 帰らせていただきますゥ!

オイ!。。。 オイ!。。。 オマエが帰ってしまったら、この記事はオシャカになってしまうんだよ! この記事を読み始めたネット市民の皆様に失礼じゃないかア! 帰っちゃ駄目だよォ~!

だから、もっと丁寧に、優しくオイラを迎えてくださいってばあああァ~。。。!

分かったから、気持ちを静めて まず次のページを見て欲しいのだよ!


(wp70511e.png)

『実際のページ』

これはDenman Blogに僕が5月11日に投稿した記事なんだよ。。。

それがどうしたのですか?

見れば分かるように次のようなコメントが付いたのだよ。。。

中原 Says:

2017年5月11日 3:21 AM | 返信する 編集

Denman様の、過去から現在までの膨大な蓄積が、次々と新記事を紡ぎだす、この仕組みは素晴らしいと感心する次第です。

ありあまるほどの知識と経験と技法と妄想が渾然一体となって、日々の文章に凝縮される。

お見事としか言いようがありません。

知的好奇心とスケベ心をくすぐり、記事拝読後は、少しだけ頭が良くなった爽快感に満たされています。

感謝あるのみです。

 


(stars.gif)


denman705 Says:

2017年5月12日 10:43 AM | 返信する 編集

中原さん、コメントありがとうございます。
いつものことですが僕の記事にはコメントが付かないのですよ。
だから、意味のあるコメントに対しては、
こうして返信を書くのが楽しみなのです。(モナリザの微笑)

しかし、多くのネット市民の皆様は、恐らく上の中原さんのコメントを読んでも、
僕が自作自演で書き込んだものだと想像する人がほとんどだと思うのですよ。
それほど褒めすぎているのです!(モナリザの爆笑!)

とにかく、ネットには自作自演でコメントを書いて、
それに対して返信を書く愚か者がたくさんいるのです!

例えば、友成隼という愚か者は2、000回も自作自演でコメントを書いて
それに対して自分で返信を書いて、いかにも自分の記事が
たくさんのネット市民の皆様に受け入れられているように見せかけているのです。
そうやって集客して金儲けを企んでいます。

ここまでやるとマジで笑えます!
詳しいことは次の記事に書いてます。


(tomonari4.jpg)

『自作自演 友成隼』

こういう愚か者がいるせいで、僕の返信も こうして余計な事を書かなければならないのです。
コメント・スパマーには、ほとほと迷惑をこうむっています!

いずれにしても、僕の記事を熱心に読んでもらっていることを知って
僕こそ感謝あるのみです。
マジで。。。

半分は自己満足で書いていますが、
あとの半分は、できるだけネット市民の皆様にも興味を持っていただけるような
記事を書きたいと思っています。

中原さんも いづれ僕の記事にも飽きると思いますが、
それまで、気が向いたら、また読みにやってきて下さい。
わざわざコメントを書いていただいたことに、改めて感謝いたします。
では。。。

 


(byebye.gif)


『禁忌の愛を探して』のコメント欄より
(2017年5月11日)

つまり、上の記事にコメントが付いたのでオイラを呼び出したのですか?

そうだよ。。。 オマエは なんだか不満な表情を浮かべてるねぇ~。。。

当たり前でしょう! どうして オイラが呼び出されなければならないのですか?

だってぇ~、オマエは かつて次のようなコメントを書いたのだよ!

太田将宏批判 哀れで愚かで孤独な老人 成りすまし老人 嫌われる太田将宏 孤立した太田将宏
(grandma9.jpg)

デンマン注

スピーカーをONにして 上の写真をクリックしてください。

太田将宏が ばあさんに成りすまして笑います。
別窓が開きます。 この男はオツムの回転が鈍いので
笑うまでに少し時間がかかります。

とにかく、虫唾(むしず)が走るようなうウザったい笑いです。
あなたも笑えますよ。 (爆笑)

 

彼は、私たちのcommentsなんぞは誰も読みやしない、などと息巻いていましたが、では何故commentの fieldなんぞを用意したのでしょうか。

いえ、それ以前に、デンマンこと加藤明さんのwebsitesそのものに入った人自身があまりにもの下らなさに辟易して数秒で出てしまうからではないでしょうか。

それは、デンマンこと加藤明さんに自責の念と共に反省の可能性を差上げようとしているような奇特な私たちのcomments以外が殆ど見当たらないことが証明していませんか。

 


『相変わらず馬鹿か?』(PART 1)
(2014年9月24日)

上の記事に太田将宏がA.I.というハンドル名で2015年12月4日の午前7時2分に書いたコメントの中に出てきます。

『デンマンこと加藤明への抗議録 (11ページ)』にも太田将宏が引用。

オマエは、老婆に成りすまして こうして僕の記事にコメントを書いたのだよ! しかも、止せばいいのに 『デンマンこと加藤明への抗議録』というような馬鹿バカしい文章を書いてまで ネット市民の皆様に わざわざ太田将宏の愚かさを自分で晒しているのだよ!

それはデンマンさんの独断と偏見です。。。 実際、デンマンさんの記事には、スパマーが書いたコメントを除けば オイラが書き込んだコメントが最も多いのです。。。 

確かに、オマエは5人に成りすまして僕の記事にコメントを切りもなく書いたのだよ!


(goo60703a.png)

『拡大する』


『馬鹿な大人にならない』(PART 2 OF 3)

『馬鹿な大人にならない』(PART 3 OF 3)

『だまそうとする老人』(PART 3 OF 3)

『孤独で寂しい太田将宏』(PART 1 OF 3)

『母という病』(PART 1 OF 3)

『ボダとキレた老人』(PART 2 OF 3)

『田中角栄と軽井沢』(PART 2 OF 3)

『田中角栄と軽井沢』(PART 3 OF 3)

『CIAとノーパン』(PART 1)

恐らく、オマエが5人に成りすまして書いたコメントを見れば、多くのネット市民の皆様が呆れてしまうと思うのだよ。。。 オツムがイカレた痴呆症の老人が 急に発作的にキーボードに向かって書き込んだとしか思えないような異常に長いコメントが並んでいるのだよ。。。

要するに、スパマーが書き込む以外に まともなコメントなど誰もデンマンさんの記事に書いてないのですよ。。。 つまり。。。、つまり。。。、デンマンさんのブログを開いたとしても、あまりにも下らないので辟易して数秒で出てしまうのです。。。

だから、それがオマエの独断と偏見なのだよ!

とにかく、デンマンさんがもらったという 上のコメントは 余りにも手の込んだ自作自演です。。。

オマエは僕が自作自演で上のコメントを書き込んだと言うのォ~?

そうです。。。

だから、僕は、そう思われるだろうと思って、余計な事を書き込んだのだよ。。。 自作自演の友成隼の名前まで持ち出して誤解がないようにと 親切に書いたのだよ。。。

だから、それが手の込んだ自作自演なのです。。。

そうじゃないのだよ! 中原さんというのは、実際に仙台に住んでいる人物なのだよ! その証拠を見せるから、オマエも次のリストを見てごらんよ。。。


(wp70512a.png)

『拡大する』

IPアドレスを調べると次のようなことが判るのだよ。。。


(ip84240b.png)

『拡大する』

でも。。。、でも。。。、デンマンさんが日本へ帰省した時に 仙台に行ってコメントを書き込んだ時の記録を貼り出したのですよ。。。 そうでしょう?

確かに、僕は去年の秋に行田市に帰省したけれど、仙台には行ってないのだよ。。。

でも。。。、でも。。。、デンマンさんのことだから、何をするのか分かりません。。。 手の込んだ自作自演でコメントを書き込んだことも十分に考えられます。。。

あのさァ~、僕はオマエと違って、5人に成りすましてまでコメントを書くほどの暇人じゃないのだよ! そんな暇があったら、僕は一つでも多くの記事を書く。。。 それに、中原さんは他の記事にもコメントを書いてくれた。。。 その事について記事も書いた。。。 オマエも読んでごらんよ。。。

 

『富沢金山の桜』

2017年4月19日 Denman Blog に投稿した『白石川の桜』
(wp70419e.png)


『拡大する』

『実際のコメント』

なるほど。。。

オマエは解ったような表情を浮かべているけれど、実は、理解してないだろう!?

もう、どうでもいいですよ。。。

どうして、急に、そのような投げやりな事を言うわけぇ~。。。?

オイラが何を言おうとデンマンさんは、中原さんが実在の人物だと断固として言い張るのです。。。

だってぇ~。。。 実在の人物だから、そうとしか言いようがないだろう! オマエの『抗議録』がネット市民の皆様に読まれないからといって、僕のブログまでが 下らないと決め付けるオマエの考え方は、認知症が始まった老人特有の独断と偏見なのだよ。。。

マジで。。。?

だから、オマエは次のようなことを恥ずかしげもなくネットで書いてしまうのだよ。。。

私は、この曲集を書き終えたとき、老人見習いから、正真正銘の老人になるのではないか、と思うこの頃である。
真の老人とは、もはや、失うべき何ものも無くなった人のことを言うのではないか。

長女は、私から去った。
次女は、中立を保つ為に、この家に寄りつかない。
家内と言えば、日本語も通じなくなってから何年にもなる。

私には、S.Kierkegaard の言った、一番易しく一番難しいこと、すべてを捨てること、が、案外、無理なくできるのではないか。
いや、その時には、捨てるべき何ものも見当たらなくなった境地であろう。

その意味では、老人になる前に、不慮の死で亡くなった人は気の毒である。
私は、若い時に、死ぬのはいいが風邪をひくのは嫌だ、などと言って、粋がって与太をほざいていた。
今も、願わくは、あまり苦しむことなく死を迎えられたなら、それにこしたことはない、と考えている。

Kierkegaard は、また、永遠とは有限が無限に出会う瞬間である、と言っていた。
私の人生に、かつて、そのような瞬間があったであろうか。
いや、それもまた、超越の命題であろう。

私の人生は、無明に迷ったそれに終わるのかもしれない。
しかし、私の背後には、母の祈りがあった。

ある麻薬中毒患者が、お母さん、僕は、こんな遠くまで来てしまった、と淋しげに呟いていたが、私は、麻薬中毒者ではないけれど、その気持ちが解かっている、と思う。
どのみち、人生は、rehearsal無しの、ぶっつけ本番なのである。

しかし、私は、F.M.Dostoevsky の「白痴」にある、あの「イッポリトの告白」に書かれているように、もし、生まれる前に、この条件を知らされていたとしたならば、私は、生まれるてくることを肯(がえ)んじなかったであろう、とは思っていない。
私は、感謝して死ねるように、今からでも、心の準備をしておこう。

S.D.G

コーダ(蛇足):

私の懐疑なるものが、深いのか、深くないのか、私自身も知る由もない。
仮に、深かったとしても、そもそも、懐疑の深さというものは、誇るべきものであるのか、という疑問が残る。


【デンマン注:】 改行を加え読み易くしました。あしからず。

S.Kierkegaard: キルケゴール (1813-1855) デンマークの哲学者

S.D.G.: Soli Deo Gloria (ラテン語) To God Alone the Glory(英語) 神に栄光あれ。

F.M.Dostoevsky: ドストエフスキー (1821-1881) ロシアの小説家・思想家


56ページ Michel-Richard de Lalande
『後奏曲集(後書きばかり)』 作品3
著者: 太田将宏
初版: 1994年1月 改定: 2006年9月

『馬鹿やって人気?』にも掲載
(2015年8月18日)

デンマンさんは、いったい何度この文章を引用すれば気が済むのですかァ~?

だってぇ~、オマエが認知症を患い始めている兆候だと僕には見えるのだよ。。。

どこがですか?

私は、感謝して死ねるように、今からでも、心の準備をしておこうと書いているところだよ。。。

どうして、このように書くと、オイラが認知症を患い始めた兆候になるのですかァ~?

認知症の症状が見られない健康で健全な心の持ち主ならば、オマエのように孤独になって自分の殻に閉じ篭らずに、もっと心の広いおおらかな気持ちで毎日を送ることができるのだよ。。。

マジで。。。?

その証拠に オノ・ヨーコさんが書いたものをここに載せるから オマエも読んでごらんよ。。。


(onoyoko.jpg)

70歳になったときは、とても嬉しかった。
よくぞ70歳まで生きながらえたと思いました。

 (中略)

不運か幸運か私の人生には、激しい出来事ばかりが起こったので年齢のことを考えている余裕がありませんでした。
ですから、60歳になったときも、
「あなたも60歳ですね」
などと人から言われても、
「あれ、そお?」
なんて、ぐあいでした。

ところが、70歳を迎えたときはまったく違う感触でした。
ここまで生きながらえたことに対して誇りみたいなものを感じたのです。

 (中略)

自分がやりたい仕事がまだたくさんあります。
「あと50年ちょ~だい」
と言いたい。

自分というものをもっと生きてみたい。
今は私の人生のプロセスだと思っています。
私にとって人生はまだまだ未知数なのです。

(注: 赤字はデンマンが強調。
読み易くするために改行を加えています。
写真はデンマン・ライブラリーより)


51-54ページ 『今あなたに知ってもらいたいこと』
著者: オノ・ヨーコ
2010年1月15日 第2刷発行
発行所: 株式会社幻冬舎

この文章を読んだときに僕はオノ・ヨーコさんが哀れで愚かで孤独で可哀想な70歳を過ぎた太田将宏老人のような人物を励ますために書いたのではないかと思ったわけだよ。

デンマンさんは、マジでそう思ってくれたのですか?

そうだよ! だから、オノ・ヨーコさんに負けないように「自分がやりたい仕事がまだたくさんあります。 あと50年ちょ~だい」と言って、元気を出し 孤独になって自分の殻に閉じこもらないようにすることだよ。。。 それから、5人に成りすまして僕の記事にコメントを書くのも止めることだよ。。。


(smilerol.gif)


わァ~~ うれしいなあああァ~。。。

デンマンさんがオイラの気分を

つに高揚させてくれましたァ~。。。

やはり、仏のデンマンさんは

すばらしいです。。。

しかもデンマンさんのおかげで

オイラは日本語が分かる

127ヵ国のネット市民の皆様にも

知れ渡ってしまうかも。。。

もう こうなったら、スキップしてしまおう!


(smilejp.gif)

ワぁ~♪~ うれしいなあああァ~。。。

ルンルンル~♪~ン

ランランラ~♪~ン

もひとつおまけにィ~

ルンルンル~♪~ン

ランランラ~♪~ン


(laugh16.gif)

やれやれぇ~。。。

馬鹿とは付き合いきれません。

あなただってそう思うでしょう!?

でも、中原さんに刺激を受けて

そのうち僕の記事にコメントを書くと思うのですよ。

仕方ないから、気長に付き合うことにします。


(foolw.gif)

【レンゲの独り言】


(manila07.gif)

ですってぇ~。。。
あたしは、太田さんの娘さんにも、奥様にもお会いした事はありません。

でも、娘さんは、二人とも アメリカで女医さんになっているほどですもの。。。
娘さんにしても、奥様にしても、決して悪い人ではないと思いますわ。

それなのに、太田さんは 娘さんとも、奥様ともうまくやっていないという事は、
太田さんに、問題があると思うのです。

あなたは、どう思いますか?

とにかく、ネットには “めちゃキモい”人たちがウヨウヨしています。
太田将宏さんは、まだ良い方ですわ。

中には、まるで得意になって、愚かな事をして遊んでいる オツムの足りない人たちがたくさん居ます。
また、見かけは普通のブログでも、悪徳スパマーが手を変え品を変えて 悪徳サイトへ誘い込もうとしています。

スパムコメントで褒められると、ついついその気になって、
相手のブログへ飛んでゆき、お返しに、あるいはお礼にと思って 読者に登録してしまったりするものですわァ。
どうか スパマーの思う壺にはまらないでくださいね。

悪徳スパマーは悪徳サイトへ誘おうと
てぐすね引いて待っているのですから。。。

悪徳サイトを利用して、
メールアドレスで登録したりすると、
あなたのメールアドレスは第3者や第4者に売られてしまう危険性があります。

あなたは、そのようなスパム・コメントや 成りすましスパマーには騙されないと思い込んでいるでしょう?
でもねぇ~、もしかすると騙されているかもよ。。。

とにかく気をつけてくださいね。

次回も、さらに面白い話題が続きます。
あなたも、どうか、また記事を読みに戻ってきてください。
では。。。


(hand.gif)

あなたが絶対、

見たいと思っていた

面白くて実にためになるリンク


■ 『ちょっと変わった 新しい古代日本史』

■ 『興味深い写真や絵がたくさん載っている世界の神話』

■ 『現在に通じる古代オリエント史の散歩道』

■ 『見て楽しい、読んで面白い 私版・対訳ことわざ辞典』

ジューンさんの熟女下着 June Adams 下着美人
(30june.jpg)

■ 『きれいになったと感じさせる

下着・ランジェリーを見つけませんか?』

■ 『あなたもワクワクする新世代のブログ』

■ 『ちょっと心にぐっと来る動物物語』

軽井沢タリアセン夫人の小百合さんが扮するゴディバ夫人 Godiva Sayuri
(godiva05.jpg)

■ 『軽井沢タリアセン夫人 – 小百合物語』


(yuri02.jpg)

■ 『相変わらず馬鹿か?』

■ 『馬鹿やめたのね?』

■ 『馬鹿やめて久しぶり』

■ 『馬鹿やって人気?』

■ 『悪事千里を走る』

■ 『悪縁を断つ』

■ 『失意の太田将宏』


(hooker08.gif)

■ 『悪縁を切れ!』

■ 『心の平穏』

■ 『レモンと孤独な老人』

■ 『乙女の祈りと老人』

■ 『ピアノとお座敷老人』

■ 『孤独で寂しい太田将宏』


(yuri03.jpg)

■ 『クラシックを愛すれど』

■ 『女性を愛せない老人ボケ』

■ 『ボダとキレた老人』

■ 『母という病』

■ 『日本人は嘘つき』


(satomi02.jpg)

■ 『マジでピッタリ!』

■ 『成りすまし老人』

■ 『バカな大人にならない』

■ 『成りすまし老人の告白』

■ 『だまそうとする老人』

■ 『バカの壁の増設』

■ 『ウソの雪ダルマ』

■ 『知らずの自分史』

■ 『新渡戸稲造と太田将宏』

■ 『ショーペンハウエルと太田将宏』

■ 『ホーキング博士と太田将宏』

■ 『加藤清正と太田将宏』

■ 『老人の性と太田将宏』

■ 『ノブレス・オブリージュと太田将宏』

■ 『世渡りの道と太田将宏』

■ 『フェアプレーと太田将宏』

■ 『ネット恋愛と太田将宏』

■ 『日本語と太田将宏』

■ 『坊主の袈裟と太田将宏』

■ 『葛飾北斎と太田将宏』

■ 『女の性的飢餓感』

■ 『敵に塩を送る』

■ 『虚構とウソ』

■ 『手紙と絶交』

■ 『短気は損気』

■ 『不思議な日本語』

■ 『乙女の祈りだわ』


(juneswim.jpg)


(byebye.gif)

柏原知美 再起?

2017年4月30日

 

柏原知美 再起?

 

柏原知美 いいねスパマー
(tomomi12.jpg)

柏原知美 いいねスパマー
(ogasa22.jpg)


(ogasa6.jpg)

デンマンさん。。。 アタイをお呼びですかァ~?


(kato3.gif)

そうだよ。。。 キリンのように首を長くして待っていたのだよ!

どうして、久しぶりにアタイをお呼びになったのですか? もう、デンマンさんはアタイのことを忘れてしまったのかと思いましたわァ~。。。

僕もオマエのことは、できることならば永遠に忘れたかったのだよ。。。

それなにに、どういうわけで またアタイをお呼びになったのですか?

ちょっと次のリストを見て欲しいのだよ。。。


(ame70425d.png)


『拡大する』

『また柏原知美』

これはアメブロの僕のブログの4月19日から25日までの1週間の「人気記事リスト」なのだよ。。。 赤枠で囲んだ 3番に注目して欲しいのだよ。。。

あらっ。。。 デンマンさんが去年、2016年の11月22日に投稿した『また柏原知美』がダントツで読まれたのですわねぇ~。。。

そうなのだよ。。。 個別の記事ではダントツなのだよ。。。 しかも よく見ると 4番から 16番までは4月に投稿した記事ばかりなのだよ。。。

要するに、去年の11月に投稿した記事がなぜダントツで読まれているのか? その謎を解こうとしてアタイを呼び出したのですか?

まあ、早い話が そうなのだけれど、タイトルにも書いてあるように、上のリストを見た時に オマエがまたネットでスパムをバラ撒き始めたのかと思ったわけだよ。。。

それでタイトルを“柏原知美 再起?”にして アタイを呼び出したのですか?

その通りだよ! それで 最近 オマエのことで苦情が出ているかどうか? オマエの名前を入れてYAHOO!で検索してみたのだよ。。。


(yah70425b.png)


『拡大する』

『現時点での検索結果』

あらっ。。。 デンマンさんがアタイのことを晒した記事が上位に出ていますわねぇ~。。。

オマエが また最近 悪事を働いているのか? それを調べるために、トップの緑の枠で囲んだリンクをクリックしてみたのだよ。。。 すると次のページが出てきた。。。


(tw70426a.png)


『拡大する』

『実際のページ』

オマエは、懲りずに また悪事を働き始めたのだねぇ~。。。

あらっ。。。 アタイのTWITTERのページに デンマンさんはイタズラ書きをしてますねぇ~。。。

直接オマエのページに書いたわけじゃない! ソフトカメラで撮ってから その画像に書き込んだだけだよ! 

でも。。。、でも。。。、アタイがウソ出鱈目(デタラメ)を書いているというような 誹謗・中傷を書いていますわァ~。。。

誹謗・中傷じゃない! 僕は 事実を事実として書いたまでだよ!

その証拠でもあるのですか?

あるのだよ!

柏原知美 いいねスパマー
(tomomi12.jpg)

オマエのアメブロのブログは次のように削除されてしまったのだよ!


(hillary07.jpg)



(baka50922b.png+baka50922b2.png)


『拡大する(前半分)』

『拡大する(後半分)』

『実際のページ』

あらっ。。。 これは私のブログのページではありませんか!

そうだよ! じっくりと見てごらんよ!

デンマンさんがヤ~らしい注釈を書き込んでますわね。

あのさァ~、オマエはネットで嫌われているのだよ!

デンマンさんだけが、私を目の敵にして嫌っているだけですわ。

違うのだよ!。。。 オマエはやたらに“自動ツール”を使ってスパムを飛ばすので、中にはムカついて、キレて、アタマにきて すっかりイカレてしまって 気が狂ったようなコメントを書いた愚か者がいたのだよ!

デンマンさんもヤ~らしいコメントを書きましたわねぇ~。。。


(judge12.gif)

15. 柏原知美! オマエは、

マジで底抜けの馬鹿だね!(爆笑)

あのさァ~、オマエにも少しは良心という物があるんだね。(微笑)
tomomi-info15のブログにオマエを晒すためのコメントを僕がたくさん書いたので、
愚かなオマエは記事を削除して、
まったく新しい記事を書いたのだよ!

http://ameblo.jp/tomomi-info15/entry-12042483415.html#cbox

ところが、また僕に見つけられて、コメントを書かれてしまった。(爆笑)
オマエは、とことん間抜けで底抜けの馬鹿だね。

いくら馬鹿知恵を働かせて逃げまくっても、オマエは到底逃げられないのだよ!(更に爆笑)
あのなァ~、オマエが自滅するまで、このイタチゴッコは続くのだよ!(もう一度爆笑!)

とにかく、ブログを更新しないで“自動登録ツール”を使って 読みもしないブログに読者登録するのを止めるのだよ!
オマエはtomomi-info15で読者登録したのだよ!
オマエは馬鹿丸出しで、今度はtomomi-info14で読者登録したのだよ!
オマエが悪徳ブロガーなのは、ネットでも広まりつつあるのだよ!
オマエはまだ反省もせずにネットで迷惑行為を続けている!

馬鹿はあの世に逝っても治らない言うけれど、この世でも治らないみたいね。
でも、そういう世界的な馬鹿なオマエでも、3年以内にオマエハ自滅するよ! 
僕ちゃんが予言します。 (爆笑)

オマエガ愚かなのは、止せばいいのに、“自動いいねツールまで使って“いいね”を飛ばしまくっているのだよ!
オマエは、マジで馬鹿な“悪質スパマー”になってしまったのだね。
ついに本性を表したな!
純情でネット未経験なネット市民の皆様を騙して、“いいね”で集客して
メルマガで儲けようとするオマエの下心は見え見えなんだよ!
オマエはどうして、そのような不誠実な性格なの!?
“自動いいねツール”も相変わらず使っている!

tomomi-info12だけでなくtomomi-info15
オマエは、このtomomi-info14でも“自動登録ツール”を使って集客しているのだよ!
更に、tomomi-info101でも、同じような迷惑行為を続けている!
オマエは相変わらず“脱皮していない”のだよ!”
オマエのやり方では絶対に金儲けができない!
3年以内にオマエは自滅するだろうと僕は思うよ!

そうならないうちに反省してまともなブログをやれよな!
オマエはまだ人間的に未熟なのだよ!
今のままでは不幸な人生を歩むだけなんだよ!
悪い事は言わないから不誠実、不純、悪徳なスパム行為は止めた方がいいよ!
老婆心から。。。
袖触れ合うも他生の縁かもしれないから。。。
(微笑)

barclay 2015-09-22 05:42:52


『実際のページ』のコメント欄より

。。。で、アタイが“悪徳スパマー”だという証拠はどこにあるのですか?

上のリンクをクリックすると次のページが出てくるのだよ!


(tomomix.png)

『実際のページ』

あらっ。。。 完全に丸ごと削除されてますわねぇ~。。。 うふふふふふ。。。

そうやってぇ、バカづらさげて笑っている場合じゃねぇ~だろう!? オマエのブログは、ほとんどすべて削除されているのだよ! だから、“いいねスパム”を飛ばして、騙され易いネット市民を集客しようとしているけれど、結局 オマエは人生の貴重な時間を無駄にしているのだよ!

アタイはどうしたらよいのでしょうか?

あのさァ~、オマエは昔の人が次のような事を言ったのを知ってるゥ~?


(uncle006.gif)
 

ウソは泥棒の始まり!

 

ええ。。。 この事なら何度も耳にしていますわァ~。。。

それにも拘(かかわ)らずオマエはウソつきの総本家のようだねぇ~。。。

アタイの言う事はみんなウソだとデンマンさんは言うのですかァ~?

オマエの言う事も、オマエの記事の中に書いてある事もほとんどがウソなのだよ。。。

デンマンさんがそのように言うからには その証拠があるのでしょうねぇ~。。。?

もちろんだよ。。。 根拠の無い事を言うと オマエが誹謗・中傷で東京地方裁判所へ僕を訴えかねないからねぇ~。。。

そのような事はどうでもいいですから、さっそく その証拠とやらを見せてくださいなァ~。。。

だったら、次のページを見て欲しいのだよ!


(gog51007c2.png)

『拡大する』


(gog70427c.png)

『拡大する』

『実際のページ』

上のページの“基本情報”を見て欲しい。。。 何て書いてある?

あらあああァ~。。。 性別が男性になってますわねぇ~。。。

そうだよ。。。 オマエは生物学的には男なのだよ!

まさかァ~。。。?

まさかァじゃねぇ~だろう! 両足の間にぶら下がっているモノを見てみろよゥ!

うふふふふふふ。。。

そうやってぇ うすら馬鹿笑いしている場合じゃないのだよ! オマエはネット市民の皆様には正体が判らないだろうと思って“柏原知美”という女に成りすましているのだよ! でもなァ~、それはオマエの考え方が甘いのだよ! 現在ではネットはヴァーチャル・リアリティどころじゃない! 現実よりも、さらに現実化している!

マジで。。。?

だから、オマエは日本語が解る126ヵ国のネット市民の皆様に知れ渡っているのだよ!

 

海外からのアクセス

 


(wp70316map.png)



(wp70316.png+wp70316b)

『ネットで嫌われる柏原知美』@Denman Blog

 

あらっ。。。 アタイはネットで嫌われているのですか?

当たり前だろう! だいたい「柏原知美」という女に成りすまして ネット市民を騙して金儲けををしようと思うことが間違っているのだよ!

だから、もう男から女に徹しようと思って 次のようにページを変更しました。


(gog70428c.png)

『拡大する』

『実際のページ』

あのさァ~、今更 Female(女性)に変えても、もう遅いのだよ ネット市民の皆様はオマエが男だということを知っているのだよ。。。

だから、アタイは これを機会に女に徹するのですわ。。。

つまり、性転換するのかァ~?

いいえ。。。 そこまではいたしません。。。

だから、オマエはウソをついてまで、ネット市民の皆様を騙して金儲けしようとしているのだよ! そういう事はネットでは許されないのだよ!

じゃあ。。。、じゃあ。。。、アタイは いったいどうしたらよいのでしょうかァ~?

あのさァ~、まずニーチェのおっさんの言ったことをかみ締めることだよ!

脱皮して生きてゆく


(nietzsche9.jpg)

脱皮しない蛇は破滅する。

人間もまったく同じだ。

古い考えの皮をいつまでもかぶっていれば、

やがて内側から腐っていき、

成長することなどできないどころか、

死んでしまう。


(snake3.gif)

常に新しく生きてゆくために、

わたしたちは考えを新陳代謝させていかなくてはならないのだ。

 

『曙光』 ニーチェ


043 『超訳 ニーチェの言葉』
訳者: 白取春彦
2010年3月20日 第11刷発行
発行所: 株式会社ディスカバー・トゥエンティワン

『脱皮しない蛇』に掲載。
(2014年1月20日)

アタイは脱皮していない、とデンマンさんは言うのですか?

当たり前だろう! オマエは男のくせに 女に成りすましてまで金儲けをしようと 悪徳ブログを100以上立ち上げたのだよ! でも、そのほとんどがアメブロの管理人に削除されてしまった。

だから、こうして男から女に徹して また再起を図(はか)っているのですわァ~。。。 んもおおおォ~♪~。。。

それが、更にオマエを のっぴきならない地獄の泥沼に追いやっているのだよ。。。 

でも。。。、でも。。。、男から女に脱皮しようとしていますわァ。。。

しかし、オマエは性転換するわけじゃないのだろう! ただ口先だけで女だと言いながらネット市民の皆様を騙しているわけだよ! 要するに、オマエは全く脱皮しようとしていないのだよ!

じゃあ、どうしたらよいのでしょうかァ?

だから、ニーチェのおっさんの言ったことを心に命じて、2度とネット市民の皆様を騙さないと 日本語が解る世界のネット市民の皆様に誓うことだよ!

でも、それはできません!

どうして、できないのォ~?   

だってぇ、スパムを飛ばして ネット市民の皆様の関心を呼び起こさないと、アタイのサイトにやって来る人がいなくなってしまうのですわァ~。。。。

でもなァ~、オマエがネットで悪名高くなったら、もう誰もオマエの悪徳ブログに行かなくなるのだよ。。。! つまり、「自動いいねツール」を使ってスパムを飛ばしても、無駄なことなんだよ!

でも、アタイは一度始めると、止められなくなってしまうのですゥ~。。。

だから、そういうのを昔の人は “バカの一つ覚え!” と言ったのだよ! オマエが破滅の道から抜け出すには、悪徳ブログを立ち上げるのを止め、“スパム・コメント”や“いいね”を飛ばすのも止めて、まともなブログを立ち上げ、ネット市民の皆様のためになる、面白い記事を書けばいいのだよ!

そうすれば、“スパム・コメント”や“いいね”を飛ばさなくても アタイのブログにネット市民の皆様がやって来るのですか?

その通りだよ!

でも信じられません!

あのさァ~、昔の人が何と言ったか? オマエは知ってるゥ~? 次のように言ったのだよ。

 

信じる者は救われる!

 

だから、オマエも僕の言った事を信じて まともなブログを立ち上げ、ネット市民の皆様のためになる、面白い記事を書けよなァ~。。。

分かりました。。。 じゃあ、今日の分の“スパム”を飛ばしてから、そうしますわァ。 おほほほほほ。。。


(laugh16.gif)

【レンゲの独り言】


(manila07.gif)

ですってぇ~。。。
ネットには、いろいろと変わった人がいますわァ。。。 

ヴァイアグラを飲みすぎて オツムがイカレた人もいれば、
他人に成りすまして ヤ~らしいコメントを書き込む人もいます。

また、誰彼かまわずに“スパム”を飛ばす嫌われ者もいます。

とにかく、ネットには。。。 特にアメブロには “めちゃキモい”人たちがウヨウヨしています。
まるで得意になって、愚かな事をして遊んでいます。

また、見かけは普通のブログでも、悪徳スパマーが手を変え品を変えて 悪徳サイトへ誘い込もうとしています。
また、スパムコメントで褒められると、ついついその気になって、相手のブログへ飛んでゆき、お返しに、あるいはお礼にと思って 読者に登録してしまったりするものですわァ。
どうか スパマーの思う壺にはまらないでくださいね。

悪徳スパマーは悪徳サイトへ誘おうと
てぐすね引いて待っているのですから。。。

悪徳サイトを利用して、
メールアドレスで登録したりすると、
あなたのメールアドレスは第3者や第4者に売られてしまう危険性があります。

あなたは、そのようなスパム・コメントや 成りすましスパマーには騙されないと思い込んでいるでしょう?
でもねぇ~、もしかすると騙されているかもよ。。。

とにかく気をつけてくださいね。

次回も、さらに面白い話題が続きます。
あなたも、どうか、また記事を読みに戻ってきてください。
では。。。


(hand.gif)

あなたが絶対、

見たいと思っていた

面白くて実にためになるリンク


■ 『ちょっと変わった 新しい古代日本史』

■ 『興味深い写真や絵がたくさん載っている世界の神話』

■ 『現在に通じる古代オリエント史の散歩道』

■ 『見て楽しい、読んで面白い 私版・対訳ことわざ辞典』

ジューンさんの熟女下着 June Adams 下着美人
(30june.jpg)

■ 『きれいになったと感じさせる

下着・ランジェリーを見つけませんか?』

■ 『あなたもワクワクする新世代のブログ』

■ 『ちょっと心にぐっと来る動物物語』

軽井沢タリアセン夫人の小百合さんが扮するゴディバ夫人 Godiva Sayuri
(godiva05.jpg)

■ 『軽井沢タリアセン夫人 – 小百合物語』


(bigcash.jpg)

■ 『もこ姫バンザイ!』

■ 『平田由里子@いいねスパマー』

■ 『ニート@7029637』

■ 『メチャ有名なモコ姫』

■ 『スパマーえり&友成隼』

■ 『ハワイのなみ&友成隼』

■ 『集客ツール馬鹿』

■ 『自作自演 友成隼』

■ 『友成隼と聖書スパマー』

■ 『集客ツール ダントツ』

■ 『下着女装するとワクワクする』

■ 『友成隼ダントツ』

■ 『集客ツール馬鹿と軽井沢夫人』

■ 『愚かな洋子の貧乏物語』

■ 『優香は何者だ?』

■ 『あんれまァ~やだァ~』

■ 『ど~も馬鹿』

■ 『洋子は馬鹿の見本です』

■ 『ベクトル成城店 悪い評判!』

ベクトル成城店に注意 悪徳 不誠実 いいねスパマー
(vector2.jpg)

■ 『ベクトル成城店に注意』

■ 『えり@17歳に注意!』

■ 『ベクトル成城店 不誠実!悪徳!』

■ 『ベクトル成城店 悪徳商店!』

■ 『ベクトル成城店 悪い評判!』

■ 『愚かなズボラママ』

■ 『友成隼とGOOGLE』

■ 『銀竜草バカ』

■ 『銀竜草スパマー』

■ 『レイカの挫折』

■ 『ハワイに恋した敦子』

■ 『ハワイに恋した敦子に注意!』


(hooker08.gif)

■ 『きさ☆51ヶ国訪問中に注意!』

■ 『Xenovisに注意!』

■ 『客室乗務員@ハワイに恋した敦子に注意』

■ 『ハワイに恋した敦子の欺瞞』

■ 『フォロワーになって晒されて…』

■ 『ハワイに恋した敦子の懺悔』

■ 『ハワイに恋した敦子の反省』

■ 『ハワイに恋した敦子ダントツ』

■ 『コスパ最高@悪徳商法』

■ 『つぶちゃんは悪質スパマー』

■ 『つぶちゃんは愚かなスパマー』

■ 『つぶちゃんは悪名高いスパマー』


(yuri03.jpg)

■ 『こーてがにゃんにゃん』

■ 『こーて@ブラックリスト』

■ 『スパマーつぶちゃんの悪戯』

■ 『スパマー平田由里子』

■ 『ハワイに恋したダメな敦子』

■ 『ハワイに恋した愚かな敦子と奈々』

■ 『アフリカ滞在スパマー』

■ 『ミスユニバース悪女』


(bikini901.jpg)

■ 『スパマー横尾真美』

■ 『悪名高い横尾真美』

■ 『ナンパ馬鹿の末路』

■ 『また柏原知美?』

■ 『ネットの異端者』

■ 『ネットの問題児』

■ 『ハフマヌーン帝国の愚劣隊長』

■ 『いいね50回記念』

■ 『ヴァイアグラ馬鹿と小百合パンツ』

■ 『聖書バカスパマー』

■ 『大先輩、馬鹿やるの止めて』

■ 『世界一愚かなスパマー』

■ 『デリヘル嬢かずえを探して』

■ 『全財産300万円をせどりに』

■ 『はるかのランジェリー』

■ 『人気のデリヘル嬢』

■ 『悪徳10万円モニター』

■ 『ハヌマーン隊長』

■ 『駐米スパマー』


(juneswim.jpg)


(byebye.gif)

不思議な日本語

2017年3月24日

 

不思議な日本語

 


(jpn981.jpg)


(jpn980.jpg)


(ozashiki1c.jpg)


(ozashiki3b.jpg)

 

日本のユニークな表記体系

 


(italia90.jpg)

 

私が勤める大学院に、かつてイタリアからの女子学生が留学に来ていた。

ベネチアの大学で日本語を学んだ彼女は、日本の大学院では「ヨーロッパ人から見た東洋の文字文化」というテーマで勉強していたのだが、その彼女があるとき、おもしろい指摘をしてくれた。

それは、たとえば「動物園にライオンがいる」という日本語を、「どうぶつえん」が漢字で書ける年代から上ならば、ほとんどの日本人がまちがいなしに「動物園」3文字を漢字で、「ライオン」4文字をカタカナで書き、それ以外の「に」「が」「いる」はひらがなで書く。

 


(lion002.jpg)

 

それは百人でも1万人でも同じであり、日本人の人口を1億2千万人とすれば「動物園」を漢字で書ける人はきっと1億人はいるが、その1億もの人がほぼ全員同じような文字の使い分けをしているわけだ。

なぜ日本人は、漢字とひらがなとカタカナというまったくちがう種類の文字を、全国民がほとんど同じように使い分けることができるのか」とその留学生から聞かれて、私は答えに窮してしまった。

そのように学校で習うからかなぁ…とその場しのぎの苦しい返答をしても、「学校で教わることをすべての国民がそのまま覚えてくれたら、先生にとってそんなありがたい話はありませんよね」と彼女は納得しない。

 


(jpn982.jpg)

 

(注: 赤字はデンマンが強調。
読み易くするために改行を加えています。
写真はデンマン・ライブラリーより)


24-25ページ 『漢字と日本人の暮らし』
著者: 阿辻哲次
2010年3月1日 初版発行
発行所: 株式会社 大修館書店

 


(ohta03.png)

デンマンさん、 どういうわけでイタリアの留学生の記事にオイラを呼び出したのですかァ~?


(kato3.gif)

オマエは僕に呼び出されるのが嫌なのォ~。。。

いえ。。。 いつもならば嫌なんですけど、今日はきれいなイタリア人の女性が上の文章の中に出てきたのでうれしいです。。。 うへへへへへへ。。。

そのようにヨダレをたらして喜んでいる場合じゃないのだよォ~。。。

いけませんかァ~?

ヨダレをたらして喜ばせるために、僕はオマエを呼び出したわけじゃないのだよォ。

じゃあ、何のためにオイラを呼び出したのですか?

上の小文を読んで、オマエには何か思い当たることはないのォ~。。。

だから、きれいなイタリア人の女性が和服を着ているのがとってもいいと思いました。。。 目の保養になって、オイラは久しぶりに幸せな気分になりましたァ~。。。

あのさァ~、僕は別にオマエを幸せな気分にさせるために呼び出したわけじゃないのだよ。。。

じゃあ、何のために呼び出したのですかァ~?

日本語のことでオマエに考えて欲しいと思ったのだよ。。。 まず、「動物園にライオンがいる」という日本語をオマエはどう思う?

イタリアの女子留学生が不思議がるのはもっともだと思います。

つまり、オマエもソフィアさんのように「なぜ日本人は、漢字とひらがなとカタカナというまったくちがう種類の文字を、全国民がほとんど同じように使い分けることができるのか?」と不思議に思うわけぇ~?

そうです。。。 オイラも不思議に思います。。。

でもなァ~、日本人であれば、そんなことは常識的に当たり前のことだろう!。。。 ソフィアさんが不思議に思うならば理解できるけれど、オマエが不思議に思うことはないはずなんだよ!。。。 オマエは日本で生まれて日本で育ったのだよ。。。 そうだろう!?

そうです。。。 オイラは日本で生まれて33歳になるまで日本で生活していたのです。。。 そして、日本では小さな小さなソフトウェアの会社ですけれど、そこで課長にまでなったのですよ。。。

うん、うん、うん。。。 そうだよなァ~。。。 でも、「動物園にライオンがいる」という日本語がオマエにとっても なんとなく不思議に思えるわけぇ~?

そうです。。。 いけませんかァ~? オイラなら「動物園にlionがいる」と書きます。

だから、それが可笑しいのだよ! 日本で生まれて日本で育った日本人ならば、まず間違いなく、「動物園にライオンがいる」と書くのだよ!

でも。。。、でも。。。、それはデンマンさんの個人的な偏見だと思います。

あのさァ~、上の小文は僕が書いたものじゃないのだよ! 阿辻哲次さんという京都大学で教鞭をとっていた人間が書いたものなんだよ!

だから、上の考え方も阿辻さんの独断と偏見ですゥ!

たぶん、オマエが そう言うだろうと思って僕は呼び出したのだよ! でもなァ~、はっきりと言える事だけれど、現在日本に住んでいる日本人の95パーセントが阿辻さんのような考え方を持っていると思うのだよ。。。 そればかりじゃない! この記事を読んでいるネット市民も、間違いなく阿辻さんの考えに同意すると思うのだよ。

つまり、オイラのように「動物園にlionがいる」と書くのは日本人として恥ずかしいことなんですか?

いや。。。 恥ずかしいと言うよりも、日本で生まれて、日本で育った日本人としては非常識だと思うのだよ。

でも。。。、でも。。。、オイラは日本生まれで日本育ちの日本人ですが「動物園にlionがいる」と書きます。

そうだろうと思ったよ。。。 だから、オマエを呼び出したのだよ。。。

でも、オイラが「動物園にlionがいる」と書くと、デンマンさんはどうして予想がついたのですか?

簡単なことだよ! かつてオマエは次のように書いていたからだよ!

言葉-この世話がやける手段


(ozashiki3b.jpg)

F. M. 様

ご無沙汰をしております。お元気でご活躍かと思われますが、その後、F. M. さんは如何お過ごしですか。引退は、まだ遠いことなのでしょうか。F. M. さんの近況を知らせて頂けませんか。
…(中略)…
以前に、F. M. さんから、私は読者に親切でないから、と書かれてきたのですが、他の人からも指摘されたことに外来語をカタカナで書かないこともあったのでしょう(私も一方では、ドストエフスキーについて書くときに限って、ロシア文字を書けないので、カタカナを使わざるを得ない、という不徹底さがあり、残念に思っていますが、しかし、日本で働いていたときでも、外来語がラテン文字である限りは、alphabetを混えて技術書を書いておりました。
別に誰からもひんしゅくをかいませんでしたが、皆が呆れて諦めていたのでしょう)。日本では、何故か、英語では、二重母音を長母音(例を挙げればきりがないのですが、informationをインフォメーション)などの理解できない慣例が多く、ドイツ語では母音が続かないときの子音は無声音であるはずなのに(例として、Burgmuelerをブルグミューラア、また、この例では最後のアは不要でしょう)、などの妙な慣習(更なる例として、Schweizerをシュワイツァー、ドイツ語でのwは英語やフランス語のvの発音)が観られますね。
漢字、平仮名、カタカナ、アラビア数字混じりの現代の日本文で、何ゆえalphabetだけが忌避されるのか疑問に思いませんか。
また、Los Angelesをロスなどといって粋がっている輩もおりますが、Losというスペイン語起源の単語は、英語で言うならばtheにすぎなく(但し、男性複数名詞用の定冠詞)、Los Angelesとは、もともとがThe Angelsの意味であるぐらいのことは、alphabetを使っていたならば、そして、最低限の想像力があるならば、推測できてしかるべきことではないでしょうか。
また、ロスアン…ではなく、ロサン…であるべきということにも敏感にならざるをえないですね。
当方での日本人を見ていても、そうした疑問を抱いております。
日頃、言葉そのものについて無神経であるから外国語の習得にも苦労するのですね。
そういえば、F. M. さんのsiteを読んでいたとき、W.A. Mozartの<<Requiem>>を「モツレク」などと言語不明瞭意味不明瞭に略すのを批判しておられましたが、日本では、それに限らず、品の無い造語が氾濫しているではないですか。
こうした若輩に迎合するから、新仮名使い当用漢字の夏目漱石や谷崎源氏などの、低きに合わせた日本文化に堕落しつつある、と思われませんか。
私は、親切ではありたいのですが、迎合はしたくないので私の著作を出版できなかったということで、それでは出版を諦めよう、という心境でした。
此処で、今、また、F. M. さんが、私たちの学生時代に、太田君の妥協は妥協のうちに入らないよ、と言っていたことを思い出しております。
もっと重要なことは、これは日本人には限らないのですが、しかし、とりわけ日本人は、自分が曖昧に考えていたことを誰かが適切に表現し、書いてくれたことに同感、共感、評価するに留まることが多いですね。
彼我の違いを悦ばない、余所者を受け付けない、誰々の論理は理解できる、ではなくて、誰々の気持ちは分るわぁ、といった類です。
それが故に、言葉に於いても彼我の差には敏感になれなく、それどころか自分の母国語ででさえ曖昧になり、更に、思考能力の低下をもたらしているのではないでしょうか。
また、そこでは、自分が賛成するかしないかはさておいての他者の論理の自立、論理の終始一貫性なんぞは等閑に附される傾向が無いでしょうか。
それは理屈だよ、理屈に過ぎない、などと言う人は、生涯なんらの自らの論理体系も形成せずに終るのではないでしょうか。
それでは、ドストエフスキーの小説の登場人物(例えば、<<カラマーゾフの兄弟>>のイワンなど)の思い、自分は、ぎりぎりのところ、こうとしか考えられないけれど、それでは自他が辛すぎる。
むしろ自分が間違っていたらならばよいのだが、のような煩悶、苦悩、願望の弁証法の片鱗も理解できないでしょう。
私は、傲慢な私に戻ったようです。
しかし、日本人の謙遜、謙譲のgestureというものは、多くの場合、何のこと無い、自己保身にすぎないのではないでしょうか(それは、当方の世間、世界では通じない甘えですので、二、三を除いては、こちらの日本人との付き合いは無くなってきました)。
私は、何もかも此方の方がよいとしているわけではありませんが、傲慢になったついでに書きますと、私は、私が書き続けた著作には、高い水準で、日本では、いや世界では始めての見解が此処彼処に読みとれられる、と自負しているのですが、反面、読み手から反応が少ないのは私が浅学で夜郎自大だからかなのだろうか、と小心な私は一方で首を傾げておりますが、如何でしょうか。
以上、私の近況でも少しだけ書こうと思って始めたのですが、大分長くなってしまいました。よい年末年始をお過ごしください。

 

太田将宏 (2009年12月20日)


『言葉 - この世話がやける手段』 108ページ

デンマンさんはオイラの著作集を手当たり次第に読んだのですか?

あのさァ~、オマエは“著作集”という言葉を“本”のつもりで使っているけれど、言っておくけれど、オマエはこれまでに一冊の本も出版したことがないのだよ!

でも。。。、でも。。。、オイラの著作集は事実上、出版された本と同程度の価値があるのです!

価値がないのだよ! だから、僕はオマエの原稿を読んで、出版すべき原稿ではないと思ったのだよ。。。

どうしてですか?

だから、阿辻さんの本の中から、日本語とは基本的に漢字とひらがなとカタカナで書くものだという小文を冒頭に掲載したのだよ!

要するに、英単語を文章の中に書いてはいけないのですか?

いけないとは言わないけれど、日本語の中に英単語を書くのは例外中の例外なのだよ! 注釈に書くとか、カタカナで書いたあとで括弧の中に入れて書くとか。。。 そのように例外的に英単語を書くべきで、オマエの上の文章のように英単語をダラダラと散りばめて書くべきではないのだよ!

そういう法律でもあるのですか?

僕は法律まで持ち出すつもりはないのだよ! 日本人の常識として日本語の文章を書くときには、基本的に漢字とひらがなとカタカナで書くべきだと思うのだよ。。。 おそらく、日本人の95パーセントが、そう思っていると思うのだよ!

でも。。。、でも。。。、英単語を散りばめて書く自由がオイラにもあると思います。。。

オマエの日記に英単語を散りばめて書くのは、オマエの自由だよ。。。 でもなァ~、ネット市民の皆様に読んでもらうような文章では、基本的に漢字とひらがなとカタカナで書くべきだよ!

誰が、そう決めたのですか?

あのさァ~、安倍晋三首相が決めたわけでもないし、法律で決まっているわけじゃない! でもなァ~、常識として、そのように書くものなんだよ!

「動物園にlionがいる」と書いては絶対にいけないのですか?

オマエが日記に、そう書くのなら別だけれど、ネット市民の皆様に読んでもらうためには、「動物園にライオンがいる」と書くのだよ!

どうしてもですか?

あのさァ~、オマエが英単語に拘(こだわ)っているから ボイジャーの社長・鎌田純子さんもオマエの原稿を本にすることを断ったのだよ! 僕だけじゃないのだよ! どの出版社に持っていっても、上のオマエの原稿は出版を拒否されるのだよ!

どうして駄目なのですか?

なぜなら、オマエの文章は読みづらい! 外国語の単語がやたらに散りばめられている! 英単語だけじゃない、オランダ語が出てきたり、デンマーク語が出てきたり、ラテン語が出てきたり、ドイツ語が出てきたり。。。 どう考えても、読む人の立場になって書いてない! それに長々と、ダラダラと一つの文が長いのだよ! しかも、改行が少ない! 本と違って、ネットではスペースがたくさんあるから、読み易いように改行するのだよ! 要するに、オマエの原稿が素晴らしいと思い込んでいるのはオマエだけなんだよ!

そうでしょうか?

上のオマエの文章を読んでも、それはすぐに理解できる。。。 それなのに、オマエは自分が書いた文章が世界で一番素敵な文章だと自惚(うぬぼれ)ている! つまり、オマエは、傲慢で独りよがりな性格なんだよ! オマエは I. A. に成りすまして次のようにも書いていた。

太田将宏批判 哀れで愚かで孤独な老人 成りすまし老人 嫌われる太田将宏 孤立した太田将宏
(grandma9.jpg)

デンマン注

スピーカーをONにして 上の写真をクリックしてください。

太田将宏が ばあさん(I.A.)に成りすまして笑います。
別窓が開きます。 

この男はオツムの回転が鈍いので
笑うまでに少し時間がかかります。

とにかく、虫唾(むしず)が走るようなうウザったい笑いです。
あなたも笑えますよ。 (爆笑)

Identity theft をなさった

デンマンこと加藤明様へ

コメント記入者: I. A.

2015-12-07 07:10:55

貴方、デンマンこと加藤明様の愚にもつかないくだまきと私たちの整然とした記述による貴方への説得の試みを較べるならば、読む人が読めば判然と分かる、というのが分からないのがmoron(この英語の言葉お判りですか? でなければ辞書を引いて下さい)の貴方なのですね。
また、太田さんは労作である七つの著作を書きおえてるのですが、貴方には何が残っているのですか。貴方には見ても読んでも恥ずかしくなるようなwebsitesしか無いではないですか。
私たち三人が書いているのを太田さんが書いているとの妄想、更に「証拠がある」などとの勘違い、貴方こそが「恍惚の人」(この意味お判りですか?)ではないでしょうか。
それどころか、貴方は、「ギャハハハハハハ」などと相手にされるだけで大喜びする老人、まさに精神に異常をきたしている老残ではないか、と疑われても仕方がないような人なのですね。
繰返しますが、太田さんは私たちのadviceを受けて貴方なんぞの相手などしていらっしゃりませんよ。
いつぞや名前なしのcommentで「このようにして、デンマンこと、加藤明は自慰にふけっているのではないでしょうか?」、と書いたのは、私、I. A. ですよ。それでも、恥ずかしげも無く、またまた[最後に、ぎゃはははははは。。。] ですって。
やはり異常ですね。こういう精神異常者は、(デンマンこと加藤明様にふさわしい下品な言葉ですが)やけくそになって馬鹿笑いをしている時でも、そのおなかの底の暗いところでは歯ぎしりをしている、と聞いたことがありましたが、デンマンこと加藤明様はいかが?

 

I. A.


『相変わらず馬鹿か?(PART 1)』のコメント欄より
(2014年9月14日)

オマエは止せばいいのにI. A. に成りすまして“太田さんは労作である七つの著作を書きおえてるのですが、貴方には何が残っているのですか”と書いている! 自惚れも、傲慢も、ここまでやるとたいしたものだよ! (爆笑)

オイラは、それほど自惚れが強く、傲慢でしょうか?

だってぇ、そうだろう!? オマエは自分で“太田さんは労作である七つの著作を書きおえてるのです”と書いているけれど、そもそもオマエの文章は出版するには、日本語らしい日本語で書かれてない!

“日本語らしい日本語で書かれてない”とは、どういうことですか?

すでに説明したのだよ! もう忘れてしまったのォ~? あのさァ~、『ウィキペディア(Wikipedia)』でも“日本語”というのは次のようなものだと書かれているのだよ。

日本語

日本語は、主に日本国内や日本人同士の間で使われている言語である。
日本は法令によって「公用語」を規定していないが、法令その他の公用文は全て日本語で記述され、各種法令(裁判所法第74条、会社計算規則第57条、特許法施行規則第2条など)において日本語を用いることが定められるなど事実上の公用語となっており、学校教育の「国語」でも教えられる。

使用人口について正確な統計はないが、日本国内の人口、および日本国外に住む日本人や日系人、日本がかつて統治した地域の一部住民など、約1億3千万人以上と考えられている。
統計によって前後する可能性はあるが、この数は世界の母語話者数で上位10位以内に入る人数である。

表記

現代の日本語は、漢字・平仮名・片仮名を用いて、常用漢字・現代仮名遣いに基づいて表記されることが一般的である。

アラビア数字やローマ字(ラテン文字)なども必要に応じて併用される。


出典: 「日本語」
フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

つまり、現代の日本語は、漢字・平仮名・片仮名を用いて、。。。表記されることが一般的なんだよ! 要するに、特別な場合を除いて出版される日本語の本の本文中には、アルファベットを書いてはならないのだよ!

でも、アルファベットが本文中にある本はたくさんありますよ。

それは外国語の学習参考書だよ! 日本人を対象に外国語以外の一般的な話題について書いてある本の中には注釈と参考資料のページ以外にアルファベットは出てこないのだよ! ところが、オマエが書く文章にはカタカナで書くのが普通の外国語でも次のようにアルファベットがそのまま書き込まれているのだよ!

私は、この曲集を書き終えたとき、老人見習いから、正真正銘の老人になるのではないか、と思うこの頃である。
真の老人とは、もはや、失うべき何ものも無くなった人のことを言うのではないか。

長女は、私から去った。
次女は、中立を保つ為に、この家に寄りつかない。
家内と言えば、日本語も通じなくなってから何年にもなる。

私には、S.Kierkegaard の言った、一番易しく一番難しいこと、すべてを捨てること、が、案外、無理なくできるのではないか。
いや、その時には、捨てるべき何ものも見当たらなくなった境地であろう。

その意味では、老人になる前に、不慮の死で亡くなった人は気の毒である。
私は、若い時に、死ぬのはいいが風邪をひくのは嫌だ、などと言って、粋がって与太をほざいていた。
今も、願わくは、あまり苦しむことなく死を迎えられたなら、それにこしたことはない、と考えている。


(kierke02.jpg)

Kierkegaard は、また、永遠とは有限が無限に出会う瞬間である、と言っていた。
私の人生に、かつて、そのような瞬間があったであろうか。
いや、それもまた、超越の命題であろう。

私の人生は、無明に迷ったそれに終わるのかもしれない。
しかし、私の背後には、母の祈りがあった。

ある麻薬中毒患者が、お母さん、僕は、こんな遠くまで来てしまった、と淋しげに呟いていたが、私は、麻薬中毒者ではないけれど、その気持ちが解かっている、と思う。
どのみち、人生は、rehearsal無しの、ぶっつけ本番なのである。

しかし、私は、F.M.Dostoevsky の「白痴」にある、あの「イッポリトの告白」に書かれているように、もし、生まれる前に、この条件を知らされていたとしたならば、私は、生まれるてくることを肯(がえ)んじなかったであろう、とは思っていない。
私は、感謝して死ねるように、今からでも、心の準備をしておこう。

S.D.G

コーダ(蛇足):

私の懐疑なるものが、深いのか、深くないのか、私自身も知る由もない。
仮に、深かったとしても、そもそも、懐疑の深さというものは、誇るべきものであるのか、という疑問が残る。


デンマン注:】 改行を加え読み易くしました。あしからず。

S.Kierkegaard: キルケゴール (1813-1855) デンマークの哲学者

S.D.G.: Soli Deo Gloria (ラテン語) To God Alone the Glory(英語) 神に栄光あれ。

F.M.Dostoevsky: ドストエフスキー (1821-1881) ロシアの小説家・思想家


56-58ページ Michel-Richard de Lalande
『後奏曲集(後書きばかり)』 作品3
著者: 太田将宏
初版: 1994年1月 改定: 2006年9月

『馬鹿やって人気?』にも掲載
(2015年8月18日)

オマエの文章を引用する時には、このように注釈を加えないといけないのだよ! S.Kierkegaard と書いたら普通の日本人には、誰だか見当がつかないのだよ! 日本人に親しまれている“キルケゴール”というカタカナで書くべきなんだよ! 更に、オマエの文章は読みづらい!。。。 そもそもオマエの文章の内容は面白くないから、画像を加えたり、YouTubeのクリップを貼り付けたりして、読者が面白く読めるようにしなければならないのだよ!

やっぱり外国語はカタカナで書くべきなのですか?

当たり前だろう! 外国語の学習参考書以外は外来語は原則としてカタカナで書くのだよ!

でも、オイラは、日本で働いていたときでも、外来語がラテン文字である限りは、alphabetを混えて技術書を書いておりました。

でも、オマエ自身が書いていたじゃないか! “別に誰からもひんしゅくをかいませんでしたが、皆が呆れて諦めていたのでしょう”と。。。 その通りなんだよ! だから、オマエの原稿はこれまで出版されなかった。 どこへ持ってゆこうと門前払いを喰わされたのだよ!。。。 オマエ自身が書いてるじゃないか! 「私は、親切ではありたいのですが、迎合はしたくないので私の著作を出版できなかった」と。。。

そうです。。。 確かに、そうなのですけれど、デンマンさんと、ボイジャーの社長・鎌田純子さんは、オイラが書いた原稿の真価を理解してくれると思ったのですよ。。。

駄目な物はダメなんだよ! 日本語の原稿に外国語の言語を散りばめたら、絶対に出版されないのだよ! だから、僕もボイジャーの社長・鎌田純子さんも、オマエの原稿を読んだけれど、丁重に出版を断ったのだよ!。。。 そしたら、自惚れが強く、傲慢なオマエは、逆恨(さかうら)みをして ネットで僕とボイジャーに対して抗議文を公開した。


(denkogi.png)

『実際のページ』


(voyakogi.png)

『実際のページ』

こういう事をしてはいけないのですか?

いや。。。 かまわないよ。。。 オマエにも言論の自由と表現の自由があるからねぇ~。。。 でもさァ~、オマエは自分が多くの人に成りすまして一人芝居をしながら、僕だけじゃなく、ボイジャーの社長・鎌田純子さんにまで、迷惑をかけている“意地悪ジイさん・問題老人”である事を自分で晒しているんだよ。。。

オイラはマジで 自分で自分の愚かさをネットで晒しているのですか?

そうだよ。。。 だから、オマエの多くの友人や知人は、“逆恨みされる”ので、オマエに関わる事を拒んで、次第に離れていったのだよ。。。 オマエ自身も書いているじゃないか! 「当方の世間、世界(カナダ)では通じない甘えですので、二、三を除いては、こちらの日本人との付き合いは無くなってきました」と。。。

やっぱり、オイラは独断と偏見に凝り固まっているのでしょうか?

その通りだよ!。。。 オマエは自惚れが強く、傲慢だから、誰もオマエに助言しなかったのだよ!

でも。。。、でも。。。、デンマンさんは、そんなオイラにも、こうして優しく助言してくれるのですか?

その通りだよ!


(smilerol.gif)

ワぁ~♪~ うれしいなあああァ~。。。

ルンルンル~♪~ン

ランランラ~♪~ン

やっぱり“仏のデンマンさん”です!

日本では、相手にされなかったオイラを

デンマンさんは優しく相手にしてくれて

貴重な助言までしてくださるのでした!

もうこうなったら、恥も外聞もなく

スキップして喜んでしまおう!


(smilejp.gif)

ルンルンル~♪~ン

ランランラ~♪~ン

も一つおまけに

ルンルンル~♪~ン

ランランラ~♪~ン


(laugh16.gif)

やれやれぇ~。。。

馬鹿とは付き合いきれません。

あなただってそう思うでしょう!?

でもねぇ~、見ていてください。

この愚か者が、

また手のひらを返したように

忘れた頃になって

他人に成りすまして

僕の記事にコメントを書きますよ。

でも、仕方ないから、この孤独な男を

真人間にするために

付き合うことにします。

他に誰も相手にしないのですから。。。


(foolw.gif)

【レンゲの独り言】


(manila07.gif)

ですってぇ~。。。
あたしは、太田さんの娘さんにも、奥様にもお会いした事はありません。

でも、娘さんは、二人とも アメリカで女医さんになっているほどですもの。。。
娘さんにしても、奥様にしても、決して悪い人ではないと思いますわ。

それなのに、太田さんは 娘さんとも、奥様ともうまくやっていないという事は、
太田さんに、問題があると思うのです。

あなたは、どう思いますか?

とにかく、ネットには “めちゃキモい”人たちがウヨウヨしています。
太田将宏さんは、まだ良い方ですわ。

中には、まるで得意になって、愚かな事をして遊んでいる オツムの足りない人たちがたくさん居ます。
また、見かけは普通のブログでも、悪徳スパマーが手を変え品を変えて 悪徳サイトへ誘い込もうとしています。

スパムコメントで褒められると、ついついその気になって、
相手のブログへ飛んでゆき、お返しに、あるいはお礼にと思って 読者に登録してしまったりするものですわァ。
どうか スパマーの思う壺にはまらないでくださいね。

悪徳スパマーは悪徳サイトへ誘おうと
てぐすね引いて待っているのですから。。。

悪徳サイトを利用して、
メールアドレスで登録したりすると、
あなたのメールアドレスは第3者や第4者に売られてしまう危険性があります。

あなたは、そのようなスパム・コメントや 成りすましスパマーには騙されないと思い込んでいるでしょう?
でもねぇ~、もしかすると騙されているかもよ。。。

とにかく気をつけてくださいね。

次回も、さらに面白い話題が続きます。
あなたも、どうか、また記事を読みに戻ってきてください。
では。。。


(hand.gif)

あなたが絶対、

見たいと思っていた

面白くて実にためになるリンク


■ 『ちょっと変わった 新しい古代日本史』

■ 『興味深い写真や絵がたくさん載っている世界の神話』

■ 『現在に通じる古代オリエント史の散歩道』

■ 『見て楽しい、読んで面白い 私版・対訳ことわざ辞典』

ジューンさんの熟女下着 June Adams 下着美人
(30june.jpg)

■ 『きれいになったと感じさせる

下着・ランジェリーを見つけませんか?』

■ 『あなたもワクワクする新世代のブログ』

■ 『ちょっと心にぐっと来る動物物語』

軽井沢タリアセン夫人の小百合さんが扮するゴディバ夫人 Godiva Sayuri
(godiva05.jpg)

■ 『軽井沢タリアセン夫人 – 小百合物語』


(yuri02.jpg)

■ 『相変わらず馬鹿か?』

■ 『馬鹿やめたのね?』

■ 『馬鹿やめて久しぶり』

■ 『馬鹿やって人気?』

■ 『悪事千里を走る』

■ 『悪縁を断つ』

■ 『失意の太田将宏』


(hooker08.gif)

■ 『悪縁を切れ!』

■ 『心の平穏』

■ 『レモンと孤独な老人』

■ 『乙女の祈りと老人』

■ 『ピアノとお座敷老人』

■ 『孤独で寂しい太田将宏』


(yuri03.jpg)

■ 『クラシックを愛すれど』

■ 『女性を愛せない老人ボケ』

■ 『ボダとキレた老人』

■ 『母という病』

■ 『日本人は嘘つき』


(satomi02.jpg)

■ 『マジでピッタリ!』

■ 『成りすまし老人』

■ 『バカな大人にならない』

■ 『成りすまし老人の告白』

■ 『だまそうとする老人』

■ 『バカの壁の増設』

■ 『ウソの雪ダルマ』

■ 『知らずの自分史』

■ 『新渡戸稲造と太田将宏』

■ 『ショーペンハウエルと太田将宏』

■ 『ホーキング博士と太田将宏』

■ 『加藤清正と太田将宏』

■ 『老人の性と太田将宏』

■ 『ノブレス・オブリージュと太田将宏』

■ 『世渡りの道と太田将宏』

■ 『フェアプレーと太田将宏』

■ 『ネット恋愛と太田将宏』

■ 『日本語と太田将宏』

■ 『坊主の袈裟と太田将宏』

■ 『葛飾北斎と太田将宏』

■ 『女の性的飢餓感』

■ 『敵に塩を送る』

■ 『虚構とウソ』

■ 『手紙と絶交』

■ 『短気は損気』


(juneswim.jpg)


(byebye.gif)

聖書バカスパマー

2017年2月8日

 

聖書バカスパマー

 


(fool101.jpg)


(bible01.jpg)


(tomonari4.jpg)

デンマンさん。。。 マジでお久しぶりです。。。 オイラのことを忘れてしまったのかと思いましたよゥ。。。 でも。。。、でも。。。、どういうわけで“聖書バカスパマー”というタイトルでオイラを呼び出したのですか?


(kato3.gif)

オマエは そのわけを知りたいのォ~?

当然でしょう! デンマンさんと会うのは本当にお久しぶりなのですよ。。。 なぜ呼び出されたのか、皆目(かいもく)見当がつかないのです。。。

。。。だろうなァ~。。。 僕だってオマエ呼び出そうとは思わなかったのだよ。。。 第一、僕はオマエとは関わりたくないのだよゥ。。。

だから、どうしてオイラを呼び出したのですか?

実は、“聖書バカスパマー”からも久しぶりに“いいね”をもらったのだよ。。。 ちょっと次のページを見て欲しい。。。


(ame70205e.png)


『拡大する』

『実際の記事』

なるほどォ~。。。 いいね!した人をクリックすると“北海道のクリスチャン Ken”が出てきますねぇ。。。 2日前に“いいね”を付けたのですね。。。 でも。。。、でも。。。、この“聖書バカスパマー”が“いいね”を付けたのに、どうしてオイラを呼び出す必要があるのですか?

あのさァ~、かつて“聖書バカスパマー”の事で僕は記事を書いたことがあるのだよ。。。 ところが、その記事のタイトルが思いだせなかった。。。 それで次のようにして検索したのだよ。。。


(gog70206a.png)


『拡大する』

『現時点での検索結果』

「北海道のクリスチャン Ken デンマン」と入れてGOOGLEで検索したのですねぇ~。。。

すると 902件ヒットする。。。 しかも、驚いたことに2番目と3番目に『友成隼と聖書スパマー』という記事のタイトルが出てきたのだよ。。。

あれっ。。。 オイラの名前と“聖書バカスパマー”が並んで出てくるのですねぇ~。。。 うへへへへへへへ。。。

オマエはネットで有名になってうれしいだろう!

とってもうれしいです。。。 この際、恥も外聞もなくスキップして喜んでもいいですか?

いいよ。。。 久しぶりにスキップして喜べ!!


(smilerol.gif)


わァ~~ うれしいなあああァ~。。。

デンマンさんがオイラを励まして

応援してくれるのでぇ~♪~すゥ。。。

やっぱり、デンマンさんは

“仏のデンマンさん”です。

しかもデンマンさんのおかげで

オイラは日本語が分かる

126ヵ国のネット市民の皆様の間で

有名になってしまいましたァ~。。。

 

海外からのアクセス

 


(wp70123map.png)



(wp70123a.png+wp70123a2.png)

『友成隼と聖書スパマー』@Denman Blog

 

こうなったら、もうスキップしてしまおう!


(smilejp.gif)

ワぁ~♪~ うれしいなあああァ~。。。

ルンルンル~♪~ン

ランランラ~♪~ン

もひとつおまけにィ~

ルンルンル~♪~ン

ランランラ~♪~ン

あのさァ~、喜ぶのもいいけれど、この記事を読んでいるネット市民の皆様は、オマエの底抜けの愚かさを見て呆れているのだよ!

でも。。。、でも。。。、デンマンさんがスキップして喜んでもいいと言ったので、オイラはその気になったのですよ。。。

オマエは僕の言うことならば素直に聞くのォ~?

はい。。。 オイラはデンマンさんに私淑していますので、今後、自作自演のコメントは書かないようにします。。。

実は、オマエのブログにコメントを残してきたのだよ。。。 ちょっと読んでごらんよ。。。


(baka70206b.png)


『拡大する』

『実際のコメント』


(uncle006.gif)

 

友成隼!オマエはよっぽどの暇人なんだね!

これまでに2000以上の自作自演の

コメントを書き込んできた!

呆れてものが言えないよ!(モナリザの微笑)

でも自作自演のコメントの書き込みも疲れるよねぇ~。

オマエはものぐさで怠け者だから2016年の8月から

自作自演のコメントを書き込んでいないのだよ!

他に誰も真面目にオマエのブログにコメントを書くのは

僕を除いていないのだ!(モナリザの爆笑!)

ところで、聖書バカスパマーが僕のブログに

“いいねスパム”を飛ばしたので

またオマエの記事を書くことにしたのだよ!(微笑)


『友成隼のブログ』のコメントより

デンマンさん。。。オイラのことは、このくらいでいいですから、“聖書バカスパマー”のことを話してくださいよ。。。 この“北海道のクリスチャン Ken”という男はマジで“いいねスパマー”なのですか?

もちろんだよ。。。 ちょっと次のリストを見てごらんよ。。。


(ame70206p.png)

『拡大する』

上のリストを見れば判るように 13回も“いいね”を飛ばしているのだよ!

でも。。。、でも。。。、13回だけで“聖書バカスパマー”と決め付けるのは、ちょっと可哀想じゃありませんかァ~?!

“北海道のクリスチャン Ken”のブログを見ても、すぐに典型的な“いいねスパマー”のブログだということが判るのだよ!


(baka70207a.png)


『拡大する』

『実際の記事』

見れば分かるように記事が少ない。。。 1ヶ月にせいぜい3つか4つぐらいしか記事を書かずに、あとは“お返しの いいね”を期待して“いいね”を飛ばしまくっている。。。 そういう不誠実な事をしているので、結果としてランキングが 5桁になっている! 要するに、“いいねスパマー”の証拠なのだよ!

でも。。。、でも。。。、それだけで“いいねスパマー”だと決め付けてしまうのは、可哀想だと思いますよ。。。

証拠は、まだ他にもあるのだよ! 次のページを見て欲しい。。。


(baka60302d.png)

『実際のページ』


(uncle006.gif)

5. オマエ、聖書も大切だけれど、

ネットではネチケットはもっと大切なのだよ!

オマエは愚かな典型的な いいねスパマーなのだよ!
聖書をもっとよく読め!

人の嫌がることをするのではないのだよ!
スパマーはヒラリーおばさんもマジで嫌っている迷惑行為なのだよ!


(hillary07.jpg)

オマエは、まだまだ人間的に未熟なのだ!
聖書を勉強する前に、まずネチケットを勉強しろよな
きゃはははははは。。。

今のままでは不幸な人生を歩むだけです!
悪い事は言わないから不誠実、不純、悪徳なスパム行為は止めた方がいいよ!
老婆心から。。。
袖触れ合うも他生の縁かもしれないから。。。
(微笑)

オマエがネットをやるのはまだ10年早い!
味噌汁で顔を洗って出直すように! (さらに爆笑!)

 

barclay 2016-02-28 04:29:51 返信する

読む人をムカつかせるようなコメントですねぇ~! 

僕は当然のことを書いたまでだよ。。。。

。。。で、“北海道のクリスチャン Ken”が “聖書バカスパマー”という証拠は。。。?

あのさァ~、僕のコメントに対して Kenは次のように返信したのだよ!

barclayさん


(stars.gif)

この度はご迷惑をお掛けしまして申し訳ありませんでした。

私はこのブログ媒体を聖書の伝道活動の一部としており、ペタ等はそのツールとして活用させて頂いていました。
しかし、聖書関連のキーワード検索により盲目的にペタ等をしていたところが確かにあり、迷惑となりましたことをお詫び申し上げます。

今後はこのようなことにならぬように気を付けたいと思います。
ただ、もしも貴兄が聖書そのものには若干でもご関心がおありでしたら、今後とも興味ある時にでも記事を覗いて頂ければ幸いです。


(bible01.jpg)

 

北海道のクリスチャン Ken 2016-02-28 17:20:16 返信する

あれっ。。。 Kenさんは、素直に反省しているのですねぇ~。。。

確かに、そう見える。。。 「聖書関連のキーワード検索により盲目的にペタ等をしていたところが確かにあり、迷惑となりましたことをお詫び申し上げます。 今後はこのようなことにならぬように気を付けたいと思います」と書いている。。。

だから、Kenさんは反省したのですよ。。。

本当に反省したならば、僕のブログに“いいねスパム”を飛ばさないはずだよ。。。 ところが愚かにも“北海道のクリスチャン Ken”は相変わらず「聖書関連のキーワード検索により盲目的にペタや“いいね”を飛ばして」いるのだよ! それで、僕が『アダムとイブは何を食べたの』を書くと、いつものように「聖書関連のキーワード検索」して、「自動いいね発信ツール」を使って、まとめて“いいね”を飛ばしたというわけだよ!

つまり、Kenさんは相変わらず“バカの一つ覚え”で同じことを繰り返しているのですか?

そうだよ! だから、僕は“北海道のクリスチャン Ken”を “聖書バカスパマー”と呼ぶのだよ!


(laugh16.gif)

【レンゲの独り言】


(manila07.gif)

ですってぇ~。。。
そうですよねぇ~。。。 

やっぱり、記事も読まずに無差別に“いいね”を飛ばすのはいけませんよねぇ~。。。。
あなただってぇ、そう思うでしょう!?

“スパム”は誰もが嫌います。
嫌がらせのコメントや
荒しのコメントも嫌がられます。

とにかく、ネットには。。。 特にアメブロには “めちゃキモい”人たちがウヨウヨしています。
まるで得意になって、愚かな事をして遊んでいます。

また、見かけは普通のブログでも、悪徳スパマーが手を変え品を変えて 悪徳サイトへ誘い込もうとしています。
また、スパムコメントで褒められると、ついついその気になって、相手のブログへ飛んでゆき、お返しに、あるいはお礼にと思って 読者に登録してしまったりするものですわァ。
どうか スパマーの思う壺にはまらないでくださいね。

悪徳スパマーは悪徳サイトへ誘おうと
てぐすね引いて待っているのですから。。。

悪徳サイトを利用して、
メールアドレスで登録したりすると、
あなたのメールアドレスは第3者や第4者に売られてしまう危険性があります。

あなたは、そのようなスパム・コメントや 成りすましスパマーには騙されないと思い込んでいるでしょう?
でもねぇ~、もしかすると騙されているかもよ。。。

とにかく気をつけてくださいね。

次回も、さらに面白い話題が続きます。
あなたも、どうか、また記事を読みに戻ってきてください。
では。。。


(hand.gif)

あなたが絶対、

見たいと思っていた

面白くて実にためになるリンク


■ 『ちょっと変わった 新しい古代日本史』

■ 『興味深い写真や絵がたくさん載っている世界の神話』

■ 『現在に通じる古代オリエント史の散歩道』

■ 『見て楽しい、読んで面白い 私版・対訳ことわざ辞典』

ジューンさんの熟女下着 June Adams 下着美人
(30june.jpg)

■ 『きれいになったと感じさせる

下着・ランジェリーを見つけませんか?』

■ 『あなたもワクワクする新世代のブログ』

■ 『ちょっと心にぐっと来る動物物語』

軽井沢タリアセン夫人の小百合さんが扮するゴディバ夫人 Godiva Sayuri
(godiva05.jpg)

■ 『軽井沢タリアセン夫人 – 小百合物語』


(bigcash.jpg)

■ 『ななの七変化』

■ 『ともみさんからのメッセージ』

■ 『ともみさんの素顔』

■ 『有名になったシドニーの悪女』

■ 『1日15分で英語がペラペラ』

■ 『ともみさんとGOOGLE』

■ 『初対面で嫌われない法則』

■ 『ネイティブのように』

■ 『shu01591スパマーに注意!』

■ 『柏原知美ダントツ』

■ 『戸田亮に注意!』

■ 『スパマー 戸田亮』


(bikini901.jpg)

■ 『森田伸二に注意!』

■ 『詐欺師 森田伸二』

■ 『森田伸二社長に注意!』

■ 『森田伸二de詐欺師』

■ 『詐欺認めた森田伸二』

■ 『森田伸二に要注意!』

■ 『柏原知美@不徳』

■ 『モラハラ夫に内緒のブログ』

■ 『モラハラ夫の妻にも落ち度』

■ 『柏原知美@不誠実』

■ 『モラハラ夫のウザい妻』

■ 『海外住み隊に注意!』

■ 『小保方る柏原知美』

■ 『ネットで嫌われる柏原知美』

■ 『柏原知美@悪名』

■ 『モラハラ夫に内緒』

つぶちゃんは悪質スパマー 迷惑行為 いいねスパマー ネットの嫌われ者
(atsuko8.jpg)

■ 『戸田亮@三国』

■ 『笑える腐女子えり』

■ 『いいねバカの真実』

■ 『いいねバカに騙されない』

■ 『いいねバカの素顔』

■ 『新年もいいねバカ?』

■ 『30歳からの英語@戸田亮』

■ 『洋子☆主婦の貧乏脱出物語』

■ 『30歳からの英語@戸田』

■ 『もこ姫の愚かな秘事』

■ 『いいねスパマー古田』

■ 『ニートえり@お城馬鹿』

■ 『もこ姫の愚かな夢』


(dotto6.jpg)

■ 『もこ姫バンザイ!』

■ 『平田由里子@いいねスパマー』

■ 『ニート@7029637』

■ 『メチャ有名なモコ姫』

■ 『スパマーえり&友成隼』

■ 『ハワイのなみ&友成隼』

■ 『集客ツール馬鹿』

■ 『自作自演 友成隼』

■ 『友成隼と聖書スパマー』

■ 『集客ツール ダントツ』

■ 『下着女装するとワクワクする』

■ 『友成隼ダントツ』

■ 『集客ツール馬鹿と軽井沢夫人』

■ 『愚かな洋子の貧乏物語』

■ 『優香は何者だ?』

■ 『あんれまァ~やだァ~』

■ 『ど~も馬鹿』

■ 『洋子は馬鹿の見本です』

■ 『ベクトル成城店 悪い評判!』

ベクトル成城店に注意 悪徳 不誠実 いいねスパマー
(vector2.jpg)

■ 『ベクトル成城店に注意』

■ 『えり@17歳に注意!』

■ 『ベクトル成城店 不誠実!悪徳!』

■ 『ベクトル成城店 悪徳商店!』

■ 『ベクトル成城店 悪い評判!』

■ 『愚かなズボラママ』

■ 『友成隼とGOOGLE』

■ 『銀竜草バカ』

■ 『銀竜草スパマー』

■ 『レイカの挫折』

■ 『ハワイに恋した敦子』

■ 『ハワイに恋した敦子に注意!』


(hooker08.gif)

■ 『きさ☆51ヶ国訪問中に注意!』

■ 『Xenovisに注意!』

■ 『客室乗務員@ハワイに恋した敦子に注意』

■ 『ハワイに恋した敦子の欺瞞』

■ 『フォロワーになって晒されて…』

■ 『ハワイに恋した敦子の懺悔』

■ 『ハワイに恋した敦子の反省』

■ 『ハワイに恋した敦子ダントツ』

■ 『コスパ最高@悪徳商法』

■ 『つぶちゃんは悪質スパマー』

■ 『つぶちゃんは愚かなスパマー』

■ 『つぶちゃんは悪名高いスパマー』


(yuri03.jpg)

■ 『こーてがにゃんにゃん』

■ 『こーて@ブラックリスト』

■ 『スパマーつぶちゃんの悪戯』

■ 『スパマー平田由里子』

■ 『ハワイに恋したダメな敦子』

■ 『ハワイに恋した愚かな敦子と奈々』

■ 『アフリカ滞在スパマー』

■ 『ミスユニバース悪女』

■ 『スパマー横尾真美』

■ 『悪名高い横尾真美』

■ 『ナンパ馬鹿の末路』

■ 『また柏原知美?』

■ 『ネットの異端者』

■ 『ネットの問題児』

■ 『ハフマヌーン帝国の愚劣隊長』

■ 『いいね50回記念』

■ 『ヴァイアグラ馬鹿と小百合パンツ』


(juneswim.jpg)


(byebye.gif)