Archive for the ‘地震・津波・自然災害’ Category

Scary Quake

2016年1月8日

 

Scary Quake

 


(scary01.jpg)


(quake101.jpg)


(quake102.jpg)


(foolw.gif)

Subject:

Are you alright

after the big quake last night?


(laughx.gif)

From: barclay1720@aol.com
Date: Wed., Dec. 30, 2015 7:57 PM

To: diane705@yahoo.ca

Hello Diane,

We had a terrible quake last night, didn’t we?

I was reading a book titled “Primate’s memoir” written by Robert M. Sapolsky.

I really enjoyed reading it immensely while listening to the AM1130 news program.

Then suddenly at about 11:50 PM, a big quake shook the whole building.


(cry121.jpg)

I thought, “Oh my Gosh, that giant maginitude-9 earthquake finally hits Vancouver

and we all Vancouverites die at this moment!”

To my relief, however, the quake wasn’t as big as I expected.
Anyway, your God as well as my God seem to have saved all the Vancouverites.

Hallelujah!

I kinda expected another much bigger quake, but fortunately it didn’t take place with a big bang.

Then the female annouuncer of the AM1130 screamed:


(announce02.jpg)

“Folks, there are so many calls to 911, almost jamming the phone line.

Please call 911 only in emergency.”

I gathered that so many Vancouverites felt the big jolt, thinking as I did—the mega earthquake has hit Vancouver eventually!
So they called 911.

This morning, when I stepped out of my suite to walk to the library, I came across one of my neighbours.
Nancy is a woman like an Amazoness in her late forties.


(amazon2.jpg)

I thought she would be the last and sole survivor because she appeared to be a strong-willed, strong-limbed, powerfully-built woman with big boobs.

However, she seemed utterly terrified with the last night’s quake.


(ahhh2.jpg)

“Kato, did you feel the giant quake, last night?” she cried.

“I thought I was going to die!

That’s the biggest quake I’ve ever experienced in my whole life.”

Suddenly your image appeared to the back of my mind.

Even Amazoness-like Nancy got shocked to death.

So, Diane, you might as well have been thrilled to death.

Now I’m really asking you.

“Are you alright after the big quake last night?”

Ten minutes after the quake, the female announcer told the audience that the epicenter was somewhere 23 kilomenters north of Victoria.
Its magnitude was 4.8.

Mind you, I was expecting a magnitude-9 quake.

Compared to magnitude 9, 4.8-quake is such a tiny quake that most of the Japanese would ignore it.


(vanquake1.jpg)

MegaQuake Could Hit North America


(vanc701.jpg)

Anyway, I was really worried about you, Diane, because you’re not accustomed to big quakes.

You might have got a heart attack.

Just kidding….

In any case, enjot the holiday season and have fun.

…see you soon.


(laugh16.gif)

Your smiling Bohemian, Kato
with a lot of love as always


(diane02.gif)

Kato, you’re preoccupied with a mega-quake.


(kato3.gif)

You think so, don’t you?

Yes, most definitely.

I think the one that shook Vancouver on December 29 is a harbinger of the coming mega quake.

You gotta be kidding.

Well… many Vancouverites think as I do.

How do you know?

Diane, have you read the metro news papers lately?

Yes, I have.

Then you’ve probably read the following news.


(met51229.png)

“Actual Page”

You see, Diane… On December 29, the Lower Mainland was rattled by a 4.7-magnitude earthquake. And now many Vancouverites are buying emergency kits before the big one will hit.

I don’t believe it.

But, Diane, that’s what the above article says… Many Vancouverites are getting ready for the big one.  Diane, are you aware that we had several quakes in the past?

No, not really.  As a matter of fact, I’ve never felt a sizable quake here in Vancouver—except for the one on December 29.

So, the last one might be a harbinger of the mega quake.

Tell me, Kato, if there were any recorded quakes in and around Vancouver.

Yes, there were quite a few.

You must be kidding!

Well…, if you don’t believe it, look at the following chart.


(plates93b.gif)

The mark on the left means a big quake that happened in ths past.

Wow! …  So, in 1909 there was a big one in Vancouver, wasn’t it?

You’re telling me, Diane… Another big one is coming.

You mean, a giant quake like the one that took place in 1700?

That’s right.

No kidding!  How do you know?

Well … I’ve watched the following DVD.


(lib20926c.gif)

■”Actual Listing Page

DVD Description

Uses earthquake survivors’ account and interviews with experts to uncover the significant earthquake dangers that are unique to Cascadia, the region that surrounds the Cascade mountain range, extending from southern British Columbia to northern California.

Discusses the effects of previous earthquakes in the region, including the 1964 Alaska earthquake and the 2001 Nisqually Quake.

 

Kato’s Comment – Aug. 15, 2012

If you live in the northwest of America—that is, Cascadia, you should be prepared for a giant earthquake.
Since 10,000 years ago, 18 earthquakes of magnitude 9 and over (equal to the East Japan Great Earthquake that devastated Fukushima and its surrounding areas in Japan on March 11, 2011) have caused catastrophic damages on the coasts of Cascadia.

Seemingly, a super-quake occurs approximately every 500 years.
The last super-quake attacked Cascadia on January 19, 1700.

So, a super-quake might take place along the Cascadia subduction zone any time because 312 years has already passed since the last super-quake.
Mind you, a 500-years cycle is an approximation.

If you’re in doubt, watch the DVD for yourself.


(scary01.jpg)

Tōhoku Earthquake 2011

(東北地方太平洋沖地震)

But, Kato, how do you know that the super quake occurred in 1700?

A certain geologist dug up the old layers of the earth near Vancouver and found out the trace of giant tsunamis that had taken place 18 times since 10,000 years ago.

Amazing!

Besides, the 1700 mega-quake was recorded in the Japanese chronicle.


(plates97.jpg)


(plates96.jpg)

Why on earth in the Japanese chronicle?

Well …, the super quake in 1700 created the super tsunami, which hit the pacific coast of Japan.


(plates98.jpg)

The Japanese people at the time were totally puzzled because they didn’t felt any quake at all.

So scientists found out recently that the 1700 super quake caused the super tsunami that devastated the pacific region of Japan, didn’t they?

You’re telling me, Diane.

But I can hardly believe that a big one is coming to Vancouver.

Well…, I searched for the video clip on the Net so that you could understand the imminent danger caused by a super-quake.

Did you get it, Kato?

Yes, I did.  Here it is.

Cascadia Subduction Zone

M9 Earthquake Imminent

(Documentary)

Amazing! … Unbelievable!

Seeing is believing, isn’t it?

I wish I hadn’t seen it.

Diane, a super quake is coming to Vancouver for sure.

I hope not.

Vancouver Earthquake

You must face the reality, though nobody can tell exactly when a big one will come.

If a mega quake occurs every 500 years, then we still have many more years before the estimated mega quake hit Vancouver.

Diane, the 500-year cycle is an approximation.  A super quake may occur tomorrow.  Nobody knows for sure, but the big one will certainly come in the future.

I hope, a super quake won’t hit Vancouver in my lifetime.

But you see, Diane, we had an amazingly sizeable quake on December 29… So the big one might come in the near future.  That’s a possibility, isn’t it?


(top65.jpg)


(top66.jpg)

So the top of Vancoure revolving restaurant might disappear in the case of a mega quake… That’s why you went up there with Mayumi the other day and enjoyed dinner with her, isn’t it?


(top03.jpg)

The Vancouver Lookout


(top02b.jpg)


(top01b.jpg)

You’re telling me, Diane.  You cannot visit the World Trade Center in New York any more, can you?

So, Kato, you enjoyed the Vancouver view from the top of Vancouver before a meg quake hits Vancouver.  Is that it?

Yes, you’re right on… In any case, Diane, why don’t you get ready for the big one?

You know what, Kato, if a mega quake hits Vancouver, what can I do anyway?

You need an emergency kit to survive the mega quake… So, the people in Vancouver start ordering those from the Burnaby firm.  According to the above news article, the staff at the firm have been working around the clock, seven days a week, to get the shipments out.

I think it’s mass hysteria.

Maybe, you’re right, Diane.  But the quake on December 29 is a good wakeup call because people are now realizing that we gotta prepare for the disaster.  So, why don’t you get yourself an emergency kit?

I’m still busy because I’m in the holiday season mode.

That’s one of the top three barriers for not being prepared. 1) Apathy, or it-won’t-happen-to-me attitude, 2) money, too expensive, and 3) time, too busy doing trifle things.

Kato, don’t get worried about me…  I’ll build my own emergency kit.


(2004ft.gif)

【Himiko’s Monologue】


(himiko22.gif)

Have you been to Canada?

Canada extends from the Atlantic to the Pacific and northward into the Arctic Ocean, covering 9.98 million square kilometres (3.85 million square miles) in total, making it the world’s second-largest country by total area and the fourth-largest country by land area.

Canada’s common border with the United States forms the world’s longest land border.

Naturally, many wild animals live in the vast land—especially in the northern part of the country.

Some of these animals are shown in this documentary called “Snow Babies,” which depicts the first year of baby animals and their families originally broadcast on television as individual episodes in 1996.

Prepare for your heart to melt as the “BBC Eath” program brings you an in-deapth look at adorable baby animals in the beautiful but harsh world of ice and snow.

It is a fascinating and entertaining documentary.

Please take a look at the following trailer.


(snowbabies.jpg)

In any case, I hope Kato will write another interesting article soon.

So please come back to see me.

Have a nice day!

Bye bye …


(hand.gif)


(renge400.jpg)

If you’ve got some time,

Please read one of the following artciles:


(juneswim.jpg)

“Sabina”

“Happy New Year”

“Merange & Sabina”

“Beauty in Spa”

“Love @ e-reading”

“Troublesome Slang”


(biker302.jpg)

“World Family”

“Mari’s Bagels”

“Love & Loyalty”

“Another Cinderella”

“Amazing Two-legged Pooch”

“Delusive Romance”

“Royal Couple”

“Life with Music”

“Poutine@Canada”


(dianesun.jpg)

“Glorious Summer”

“Biker Babe & Granny”

“Genetically Modified”

“Tyrannosaur”

“Love@Magic”

“Yellow Ball”

“Welcome Back”

“Forbidden Love”

“Merry X’Mas”

“Heaven with Mochi”

“Travel Expense Scandal”

“Love@Redemption”


(cook002.jpg)

“JAGEL”

“JAGEL Again”

“Say NO!”

Happy Gal in Canada

Roof of Vancouver

Aftershock

Whiplash

Sex Appeal

Better Off Without Senate

Fire Festival

Sweets@Paris


(surfin2.gif)


(bare02b.gif)

Hi, I’m June Adams.

Kato is a real movie lover, who tries to watch 1001 movies by the end of this year.

As a matter of fact, he has already accomplished his goal.


(lib50909a.png)

『Actual List』


(june001.gif)

Kato watched “The Arabian Nights” or “One Thousand and One Nights” as his 1001th movie.

You might just as well want to view it.


(1001nite.jpg)


(1001nite10.jpg)

The stories in “the Arabian Nights” were collected over many centuries by various authors, translators, and scholars across West, Central, and South Asia and North Africa.

The tales themselves trace their roots back to ancient and medieval Arabic, Persian, Indian, Egyptian and Mesopotamian folklore and literature.

In particular, many tales were originally folk stories from the Caliphate era, while others, especially the frame story, are most probably drawn from the Pahlavi Persian work Hazār Afsān which in turn relied partly on Indian elements.

What is common throughout all the editions of the Nights is the initial frame story of the ruler Shahryār and his wife Scheherazade and the framing device incorporated throughout the tales themselves.

The stories proceed from this original tale.

Some are framed within other tales, while others begin and end of their own accord.

Some editions contain only a few hundred nights, while others include 1,001 or more.


(bellyan15.gif)

ところで、愛とロマンに満ちた

レンゲさんのお話をまとめて

『レンゲ物語』を作りました。

もし、レンゲさんの記事をまとめて読みたいならば、

次のリンクをクリックしてくださいね。

『愛とロマンのレンゲ物語』


(renge730.jpg)

『軽井沢タリアセン夫人 – 小百合物語』

とにかく、今日も一日楽しく愉快に

ネットサーフィンしましょうね。

じゃあね。


(bikini901b.jpg)


(dogs17.gif)


(girlxx.gif)

感じていても分かってない

2015年10月20日

 

感じていても分かってない

 


(tocho02.jpg)


(frigid02.jpg)


(sayuri55.gif)

デンマンさん。。。 なんだか意味深長なタイトルですわねぇ~。。。


(kato3.gif)

。。。ん? 。。。意味深長?

そうですわ。。。 なんだかヤ~らしいようにも思えるし。。。 科学的なお話のようにも思えるし。。。 うふふふふふ。。。

ヤ~らしいというのは、どういうことですか?

そのようなことを、この場で言えるわけがないじゃありませんか!

だったら、なおのこと小百合さんの口からぜひ聞きたいですよ。。。 ぜひ、聞かせてください。。。 お願いします。。。 (微笑)

そんな事より、どうして上のようなタイトルにしたのか、細木数子さんのようにズバリ!と言ってくださいな。

あのねぇ~、バンクーバー市立図書館で借りていた本を夕べ読んでいたら次の箇所に出くわしたのですよ。

意味の切り替えスイッチ


(headfon2.jpg)

再び、前方を向き、ウォーキングを始めると、朝からの強い風は、逆風となって襲ってきた。

右手には、駿河湾の冬の荒波が海岸を攻め、砕ける波は暗い中で白さを生み出していた。 (略)

ふと、音楽が軽快なのが、気になった。
その光景とあまりに違いすぎるからである。
そして、こんな状況で聴きたい音楽がすぐに浮かんだ。

ブラームスの交響曲一番の第一楽章である。
ベートーベンの交響曲は有名な第九で終わりだが、ブラームスのこの一番は、その流れを汲むものと見なされ、ベートーベンの第十と称されることもある。
この音楽を聴く度に、動けなくなるくらいの凄さを与えられる。


(suruga007.jpg)

青白く静かに佇む富士、激しく打ちつける荒波、白く浮かび上がる海岸線、頬に突き刺さる潮風、こんな状況で、果たして、ブラームスの第一は始まった。
チェリビダッケ指揮シュトゥットガルト放送交響楽団。

不安さなのか期待感なのか、半音ずつ高くなっていくオーケストラの奏でる出だしは、湧き起こる気持ちの方向を激しく揺らし、静かな高まりだけを確実に生み、進んでゆく。

なんと、その時である。
高まりもこれからというその瞬間、突然、音が無くなった。 (略)
バッテリーが切れたのだ。

 (中略)

それまで音楽を聴くためにずっとしていたヘッドホンが、その存在の意味をすっかり変えたのである。
音楽が止まった瞬間、それまで全く感じていなかった暖かさを、耳に感じたのだ。
まるで、スイッチをカチッと切り替えたように、「ヘッドホン」から「イヤーウォーマー」になったのである。

 (中略)

私たちが、日々多くのことをセンス(感じ取っている)していることは事実である。
目から入ってくる画像、耳から入ってくる音、肌で感じる温度や圧力、鼻で感じる匂い、等々。

しかし、意識として分かっていることは、その一部なのである。
つまり、感じていても分かっていない、そんな状態で私たちは生きている。

私は、試しにヘッドホンをはずしてみた。
途端に寒さで耳が痛くなった。
とても耐えられなくて、音楽のならないそれをまた耳に戻した。

(注: 赤字はデンマンが強調。
読み易くするために改行を加えています。
写真はデンマン・ライブラリーより)


207-210ページ 『考えの整頓』
著者: 佐藤雅彦
2012(平成24)年1月27日 第3刷発行
発行所: 暮らしの手帳社

上の文章を読んで デンマンさんは“感じていても分かっていない、そんな状態で私たちは生きている”というところで感動したのですか?

いけませんか?

別に、かまいませんけれど、それほど感動したのですか?

小百合さんは、なんだか期待が外れたようでがっかりしてますねぇ~。。。 もしかして、次の写真を見たので他の事を考えていたのではありませんか?


(frigid02.jpg)

私が何を考えていたのかは、どうでもいいのですわ。。。 それよりもデンマンさんは、何をそれほど感動したのですか?

いや。。。 別に特に感動したと言うほど衝撃的だったわけではないのですけれど。。。

だから。。。、じらさないで細木数子さんのようにズバリ!と言ったらいいではありませんかァ!

分かりました。。。 小百合さんがそう言うなら次のメールを読んでみてください。


(foolw.gif)

Subj:小百合さん、おはよう!

めっきり秋らしくなりましたよ。

小百合さんも元気で過ごしてますか?


(vancfall.jpg)

From: denman@infoseek.jp
To: sayuri@hotmail.com
Cc: barclay1720@aol.com
Date:Monday, August 31, 2015 8:05 AM
Pacific Standard Time
日本時間:9月1日午前0時5分

小百合さんからのメールが土曜日の7時19分にバンクーバーに着いたのですよ。
でも、僕が帰宅したのが6時半ごろ。。。停電でした。
今朝の2時ごろまで ずっと停電でした。

スイッチをオンにしていたので、たぶん今朝の2時ごろに電気がついたのです。
寝ぼけ眼(まなこ)で起きて電気を消したけれど、
時計がないから時間までは確認しませんでしたよ。 きゃははははは。。。

現在、8月31日の午前7時50分。
夕べは停電で何もすることがなかったので早く寝て、
さっき起きて朝食を済ませたところですよ。
48時間近く停電していたようです。

こんなことはバンクーバーに来てから初めてでした。
電気のありがたさが身にしみてわかりました。

このマンションはすべて電気なのですよ。
ガスは使ってない。

だから、停電してしまうと、パソコンは使えない、
ご飯も炊けない。
もちろん、インスタントラーメンも食べれない!

停電で思い出しました。

過去の統計から、300年から400年サイクルでバンクーバーには大地震がやってくるのだけれど、
1700年に1月19日に最後の大地震がやってきたのです。


(plates93b.gif)

今度は早ければ2000年、遅くとも2100年。
おそらく、2050年ごろまでに大地震がバンクーバーを襲うと思うのですよ。

だから、マグニチュード9.0ぐらいの大地震に備える準備をしているのです。
停電してもいいように。。。
非常食を用意したりと。。。
マジで。。。

でも、2050年までには、僕はあの世に逝っているかも。。。(微笑)

ところで、チャイニーズの麺は半生麺ではありません。
太い硬い麺ですよ。


(joe301.jpg)

おそらく日本では売ってないでしょう!
日本人好みの麺ではありません。
3分ぐらい熱湯で暖めても柔らかくなりません。

今回は、11月になりそうですよ。
790ドルぐらいの安い航空券が宣伝に出てました。
はっきりしたら、また知らせます。

では、残暑にもめげずに元気にすごしてね。
元気に再会しましょう

バイバ~♪~イ


(denman01.gif)


『元気に再会しましょう』より
(2015年9月2日)

このメールならば覚えてますわァ~。。。 つまり、停電して初めて電気のありがたさが分かった、と言うことに感動したのですか?

いや。。。 だから、それほど衝撃的に感動したわけではないけれど、バンクーバー市立図書館で借りていた上の本を読んでいたら、停電したことを急に思い出したわけです。。。 とにかく、停電が48時間も続いたのですからねぇ~。。。 この時間帯には マンションにいても何もできなかったのですよ。。。 暖かいものは何も食べられない。。。 パソコンもできない。。。 僕はテレビは持ってないけれど、ラジオも聞くことはできなかった。

トランジスターラジオは聞くことができるでしょう?

乾電池で働くトランジスターラジオはとっくの昔に壊れて、今では使うことができなくなっているのですよ。。。 とにかく、停電した原因がさっぱり分からなかった。

でも、新聞を見たのでしょう?

そうです。。。 新聞を見て初めて原因が分かったのですよ。 土曜日の午前中に暴風雨で1,500本近い大木が倒れて、それが電線を切断したようなのです。 時速80キロの風が吹いたと言うのですよ。


(bcstorm2.jpg)

僕は上の写真を見て新聞を読みながら、なんだか狐に鼻をつままれたような気がしてきたのです。

どうしてですか?

あのねぇ~、土曜日の朝 雨が降っていて、風も少しは吹いていたけれど、バンクーバーのウェストエンドは高層ビルが建て込んでいるためだと思うのだけれど、いつもと大して変わりがなかったのですよ。 


(westend9.jpg)

僕が歩いた道筋では、大木など1本も倒れませんでしたよ。

でも、相当な風が吹いたのでしょう? その上の新聞の写真では大きな木が倒れているではありませんか!

だから、不思議な光景を見ているような気がしたのです。。。 僕が自宅からバンクーバー市立図書館まで歩いた道筋では、風もたいしたことはなかったし、雨だって土砂降りではなかった。。。 葉っぱが千切れるほどの風も吹いてはいなかった。。。 だから、土曜日に自宅に戻った時に マンションのロビーが真っ暗だったから、なぜ停電になったのか? 全く理由が解らなかったのです。

でも、何事も無くて 良かったではありませんか。

そうです。。。 新聞によると死者は出なかったようだけれど、大木が倒れて下敷きになって病院に運ばれた人が居たと書いてありました。

ところで、チャイニーズの麺は半生麺ではないのですか?

ちがうのですよ。。。 乾麺です。。。 太くて硬いのですよ。。。 インスタントラーメンのつもりで熱湯を注いで3分して蓋を開けたら、全く柔らかくなってない。。。でもねぇ~、じっくりと熱を通して焼きそば仕立てにしたら旨かったですよ。


(joe305.jpg)

あらっ。。。 美味しそうではありませんか!

日本のスーパーでは売ってないと思うのです。。。 今回、小百合さんも珍しいと思うので、持ってゆきますよ。。。 僕が、特性の hot pepper sauce を使って、焼きそばを作ってみます。。。 


(hotpep01.jpg)

楽しみにして待っててくださいねぇ~。


(laugh16.gif)

【卑弥子の独り言】


(himiko22.gif)

ですってぇ~。。。
あたくしも焼きそばは大好きですわ。
秋は、やっぱり食欲のシーズンですわよねぇ~。。。

あたくしの好物は 具のたくさん入った“あんかけ焼きそば”でござ~♪~ますう。
あなたのために、作り方を教えますわねぇ。


(joe306.jpg)

どうですか? 美味しそうでしょう?

でも、あたくしは これだけでは満足できませんのよう。
デザートに“たいやき”をいただくのでざ~♪~ますわよう。
うふふふふふふ。。。

最近では、餡に替わってクリームや溶かしたチョコレート、キャラメル、カスタードクリームなどの洋菓子素材を詰めたものもでてきましたわ。

サンドウィッチ式に肉類や生野菜、各種ソースやリゾットなどを挟む「おかずたい焼き」もあらわれました。


(taiyaki5.jpg)

あなたも 好きなものを“たいやき”に詰めてみませんか?

では、あなたのために あたくしが育った地元の京都の“たいやき”をお見せしますわね。
うふふふふふ。。。

お腹がすいてきて、“たいやき”が食べたくなってきたでしょう?
でも、この記事を最後まで読んでから、近くの“たいやき屋さん”に走ってくださいね。

では、小百合さんのお話に戻りますけれど、
どうして「軽井沢タリアセン夫人」と呼ばれるのか?
ご存知でござ~♪~ますか?

実は簡単な事なのですわよう。
小百合さんは軽井沢に別荘を持ったのですわ。
小さな頃から軽井沢に住むことが夢だったのですってぇ~。。。
分からない事ではござ~ませんわァ。

そもそも小百合さんが軽井沢に興味を持ったのは、朝吹登水子のエッセーなどを読んだことがきっかけだったとか。。。
現在、朝吹登水子の山荘、睡鳩荘(すいきゅうそう)は軽井沢タリアセンに移築されて公開されています。


(suikyu9.jpg)

それで、小百合さんは軽井沢タリアセンを訪れては睡鳩荘に足を運んで少女の頃の事を思い出すのが楽しみなんですってよ。

そういう訳で、デンマンさんが小百合さんのことを「軽井沢タリアセン夫人」と呼ぶようになったのですわ。

軽井沢・雲場池の紅葉

軽井沢のイルミネーション

秋の旧軽井沢銀座ぶらり散歩

とにかく、明日もデンマンさんが興味深い記事を書くと思いますわ。
だから、あなたも、お暇なら、また読みに戻ってきてくださいまし。
じゃあねぇ~~。


(hand.gif)

メチャ面白い、

ためになる関連記事



(linger65.gif)

■ 『きれいになったと感じさせる

下着・ランジェリーを見つけませんか?』

■ 『ちょっと変わった 新しい古代日本史』

■ 『面白くて楽しいレンゲ物語』


(house22.jpg)

■ 『カナダのバーナビーと軽井沢に

別荘を持つことを夢見る小百合さんの物語』

ジューンさんの熟女下着 June Adams 下着美人
(30june.jpg)

■ 『月夜のベリー@バレンタイン』

■ 『カナダのマルサの女』

■ 『思い出を食べる@麻布』

■ 『バレンタイン焼きそば』

■ 『串カツと黒豚』

■ 『阿蘇山@栃木県』

■ 『焼きそばソース@バレンタイン』

■ 『鶏肉ダメなの?』

■ 『泰国酸辣醤のロマン』

■ 『豆腐がチーズに?』

■ 『猫と柚子とロマン』

■ 『トリュフと軽井沢タリアセン夫人』


(fragran11.jpg)

■ 『ロマンの香り愛のスパイス』

■ 『愛と人生のスパイス』

■ 『愛と人生の陰で』

■ 『愛のポテトチップサンド』

■ 『インドカレー@熊谷』

■ 『スープカレー@行田』

■ 『軽井沢タリアセン夫人@Bike』

■ 『かねつき堂と亀姫』

■ 『甲斐姫と軽井沢タリアセン夫人』

軽井沢タリアセン夫人の小百合さんが扮するゴディバ夫人 Sayuri
(godiva05.jpg)

■ 『蕎麦屋と軽井沢タリアセン夫人』

■ 『おしまいでございます』

■ 『軽井沢タリアセン夫人 愛の写真』

■ 『菊ちゃんと阿部忠秋』

■ 『菊ちゃん、知恵伊豆、忠秋』

■ 『丸墓山は誰の墓?』

■ 『外国人SEXデンマン再訪』

■ 『日本最高?』

■ 『短歌に込められた愛の真実』

■ 『3月のバレンタイン』

■ 『かぎろいミステリー』

■ 『40代女性の魅惑』

■ 『私のバレンタイン』

■ 『バレンタイン@4月』

■ 『豆まき@バレンタイン』

■ 『夢のココナッツ』

■ 『日本の失敗』

■ 『しじみ@愛のロマン』

■ 『とろけるカレー@バレンタイン』

■ 『バレンタイン夫人』

■ 『昭和の表象空間』

■ 『ズロースなの?』

■ 『焼きそばサンド』

■ 『平成の表象空間』

■ 『かぎろい夫人』

■ 『人気の40代女性ヌード』

■ 『宗長の奥の細道』

■ 『ネットの接続が遅い』

■ 『元気に再会しましょう』

■ 『スルーパスと芦雪』

■ 『鬼怒川の洪水』

■ 『最後の焼きそばソース@パリ』

■ 『初めてのヌード』


(curryind.jpg)


(byebye.gif)

鬼怒川の洪水

2015年9月29日

 

鬼怒川の洪水

 


(etau04.jpg)


(etau01.jpg)


(etau05.jpg)


(salon22.jpg)

Subj:鬼怒川の洪水の被害は受けましたか?

巻き込まれなかったことを祈っています。


(valent6.gif)

From: denman@infoseek.jp
To: sayuri@hotmail.com
Date: Sun., Sept. 13, 2015 9:07 PM
Pacific Standard Time
日本時間: 9月14日午後1時7分

9月11日の金曜日のバンクーバーの英字新聞を見たら、
珍しいことに栃木県のニュースですよ。

60歳ぐらいの会社重役風のおっさんが
腰まで水に浸かりながら、家から重要な書類を運び出している姿が写真に出ていたのです。


(etau03.jpg)

その写真の下には栃木県の小山と書いてある。

記事を読むと鬼怒川の土手が
JOSO(常総市)のあたりで決壊して、
水が急流のように住宅地に押し寄せて、
被害が甚大だというニュースですよ。

地図で見たら、佐野市は鬼怒川から離れているけれど、
佐野市の近くにも、同じぐらいの大きさの川が流れているんだよね。

あの田沼の山の家は、土砂崩れの心配があるのでは。。。?

佐野市は、記事には出ていなかったから、
小百合さんの家は まず被害にあわなかったと思うけれど。。。

昨日は、YouTubeを見る暇がなかったけれど、
今日は、バンクーバー図書館で YouTube で被害の様子を見ましたよ。

すごいことになってるのだよねぇ~。。。


(etau06.jpg)

まるで津波が押し寄せて、家や大木を押し流しているようなシーンだ出てきましたよ。

電柱にしがみついたり、家の屋根に上がって救助を待っている人の姿が映し出されました。

自衛隊のヘリコプターが救助している様子も映し出していました。


(etau02.jpg)

中には夫婦が犬を一匹づつ抱えて屋根の上で救助を待っている様子も映し出されました。

ヘリコプターで救助されたと思ったら、その家が丸ごと流されてゆくのだよね。

すごいですよ!

あの夫婦は、間一髪のところで危機を脱したのですよ。

犬も助けようとしたので、神様が見捨てなかったのでしょうね。 (微笑)

とにかく、小百合さんが洪水の被害に遭わなかったことを祈っています。

たぶん、大丈夫だと思っていますよ。

なぜなら、僕が行田に帰省するので、
神様が絶対に小百合さんの元気な姿を僕に見せてくれると思っているからです。(微笑)

日本も台風が過ぎて、秋風が吹き始めているでしょう!

小百合さんも夏バテしないように
体調管理に気をつけながら楽しい毎日を過ごしてね。

では、今日も一日、小百合さんにとっても素晴らしい日でありますように。。。

祈ってますねぇ~。


(byebye.gif)

バイバ~♪~イ。。。


(denman01.gif)

小百合さん。。。大丈夫でしたか?

おかげさまで、大きな被害は受けませんでしたわ。。。 鬼怒川からはだいぶ離れていますから。。。

よかったですねぇ~。。。 でも、被害に遭われた方は大変だったですよねぇ~。。。 お気の毒です。。。 自然災害だけは、どうしようもないですからねぇ~。。。

その点、バンクーバーはほとんど自然災害はないようですわねぇ~。

そうなのですよ。。。 バンクーバーに住んでいると平和ボケになるほどです。。。 台風もなければ、津波もないし、竜巻もないし、梅雨もないし。。。 でもねぇ~、300年から400年周期でバンクーバーにもマグニチュード9.0ぐらいの大地震が過去3,500年間に 10回ぐらい襲っているのですよ。 最後の大地震は1700年1月22日に起こったのですよ。 


(plates93b.gif)

だから、今度 襲うのは 2050年頃だと思っているのですよ。

じゃあ、今から心の準備をしておく必要がありますわね。

でもねぇ~、ぼくは2050年までには あの世に逝っていると思うのですよ。。。 (微笑)

笑い事ではありませんわァ~。。。

確かに、その通りです。。。 僕も心の準備だけはしておきますよ。

。。。で、今年も行田に帰省するのでしょう!?

はい、はい、はい。。。 そのつもりです。。。 また「さきたま古墳公園」でピクニックしましょう。


(valent5.jpg)

Subj:ハッピー、バレンタイン!


(sayuri55.gif)

日本時間: 2014年2月14日(金)午前9時9分
Date: Thurs. 13/02/2014 16:09
(バンクーバー時間)
Pacific Standard Time
From: sayuri@hotmail.com
To: denman@coolmail.jp
CC: barclay1720@aol.com

デンマンさん、お元気ですか?
早いものですね。
去年の10月にお会いしたと思っていたら、もうバレンタインですね!

“ルート66の奇跡”でデンマンさんは死ぬほど驚いたようですが
ちょっとオーバーですよ。


(r66.gif)
 

(r66c.jpg)


(r66d.jpg)

『ルート66の奇跡』

でも、デンマンさんのおかげで
日本では手に入らないアイリッシュ・クリーム・フレーバーの待望のコーヒーがいただけて
懐かしいバンクーバーを思い出しながら
香りと味を充分に楽しみましたわァ。


(gog30609b.gif)
 
デンマンさんが滞在した1ヶ月は
“光陰矢のごとし”
なんだか アッという間に過ぎてしまったような気がします。

「さきたま古墳公園」でのピクニックが昨日のように
思い出されます。

私が「ツナ缶のLemon味も忘れずに!」とメールに書いたので
デンマンさんが わざわざlemon-pepper味のツナ缶を
日本へ持ち帰ってくれました。
ありがとう!


(sakitama95.jpg)


(sakitama98.jpg)


(sakitama97b.jpg)

10月16日の水曜日は、とっても天気がよくて
まさに秋晴れの行楽日和でした。
デンマンさんが lemon-pepper 味のツナをのせた“カナペ”を作ったのには驚かされましたよ。


(canape05b.jpg)


(sakitama99.jpg)

私も ウキウキして白ワインなどを持ち出して
“とっても美味しいわァ! 素敵だわァ~!”なんちゃってぇ~。。。 
うふふふふふ。。。

。。。というわけで、お返しと言っては何ですけれど、
デンマンさんのためにバレンタインの小包を
船便で送りました。

ちょっと遅れるかもしれませんけど
近いうちにお手元に届くと思います。

\(*^_^*)/

では。。。


『失われたバレンタイン』より
(2014年3月23日)

「さきたま古墳公園」でピクニックも素晴らしいですけれど、日本では公園で火を使うのは厳禁の所がほとんどです。。。 バーベキューはできませんわァ~。。。

そんなことはないでしょう! いつだったか、水城公園で小百合さんがトウモロコシを焼いてくれたことがありましたよねぇ~。。。

件名:おはよう!昨日はお袋を見舞った後で、

叔母と「つるや」で手打ち蕎麦を食べました。

きゃはははは。。。♪┌(・。・)┘♪


(foolw.gif)

日付: Sun, 01 Nov 2009 12:32:49 +0900
差出人: “denman@coolmail.jp”
宛先: “sayuri@hotmail.com”
CC: “barclay1720@aol.com”

10月30日の金曜日は盛りだくさんの一日になりました。
僕の実家の近くにある「とんでん」で食べた“茶蕎麦”はメチャうまかった。
10年ほど前に親父がまだ生きていた頃、両親と一緒に食べた茶蕎麦の味でした。


(soba12.jpg)

本当に懐かしかった。
小百合さんは伝統的な昔ながらの蕎麦を食べたけれど、今度は、ぜひ僕の好物の茶蕎麦を食べて行田の思い出を懐かしんでね。

蕎麦を食べてから「古代蓮の里公園」へ行って直売店で行田市で取れるいろいろな野菜やお土産物を見たけれど、改めて行田の豊かさを感じましたよう。

“ふるさとは遠くにありて思うもの”

うん、うん、うん。。。室生犀星の言葉だけれど、
こうして故郷にやって来ると改めて故郷の豊かさに気づきます。
小百合さんと一緒に古代蓮の神秘的な花を見ながら語り合えたら、さらに幸せな気分に浸ることができたかもしれません。
残念ながら古代蓮の花は咲いてなかった。
8月だけでなく、秋にも咲く古代蓮を作れないものか?


(lotus101.jpg)


(lotus102.jpg)

もし、秋に古代蓮が咲いているなら、
今度は古代蓮を見ながら“Hよりも感じるハグ”をして
再会を喜び合いたいものです。

\(^ヮ^)/ ギャハハハハ。。。

「古代蓮の里公園」でのんびりと散策した後で「水城公園」へ行きました。
まさか小百合さんがまた“とうもろこし”を焼いてくれるとは思いませんでした。
簡易コンロを持ってきて、刷毛(はけ)でタレを塗りながら旨そうに焼けた“とうもろこし”は小百合さんの真心の味がしました。
マジで。。。!

\(*^_^*)/ キャハハハ。。。


(suijo32.jpg)


(suijo15.gif)

公民館の前の池の端(はた)で、何も知らない人が見たらホームレスのカップルが貧しい夕食を取っているように見えたかもしれません。
ちょうで池に住む一匹のガチョウのために近所で暮らす30代の女性が餌をやりにやって来ていました。
パンの耳とレタスをガチョウにあげていたけれど、とうもろこしの焼ける旨い匂いがガチョウの食欲をそそるのか?小百合さんがコンロでとうもろこしを焼いている池の端(はた)に寄ってくるのでした。


(goose10.jpg)

“チョウ助”も、とうもろこしが食べたいの?”

その女性はそんなことを冗談で笑いながら言っていたけれど、小百合さんが答えて言いました。

“このガチョウは、とうもろこしを食べませんよね(笑)”


(corn10.jpg)

そうなんだよね。10月16日に小百合さんが初めて水城公園にやって来た時、Pure Whiteのとうもろこしを僕に焼いてくれたけれど、その前に、生のとうもろこしを COB からとって僕は“チョウ助”に食べさせようとしたのでした。
でも、食べなかった。
たぶん、量が少なかったのでガチョウには良く見えなかったのかも?

水城公園で黄色い“とうもろこし”を食べてから小百合さんと一緒にイオン(eaon)モールへ行きました。
“シナモンメルツが食べたいわ。”
小百合さんは、かなりこだわっているようでした。
僕は、別に食べたいとは思わなかったけれど。。。

でも、モールの中にあるマクドナルドの店でのんびりと語り合うことができました。
カナダで食べるシナモンメルツとは形や感じがちょっと違うんだよね。
ほんの少しだけシナモンメルツを小百合さんが食べさせてくれたけれど、
味はシナモンロールとあまり変わらなかった。

小百合さんによると、サワークリームに砂糖を混ぜてあるらしい。
そう言われて味わってみると、確かにサワークリームのすっぱさが舌に感じられたような。。。
でも、言われなければ分からないすっぱさでした。

マクドナルドでコーヒーを飲んだ後で小百合さんと一緒にお袋を見舞いに行田中央総合病院へ行きました。
小百合さんと再会してお袋も喜んでいましたよう。
小百合さん、ありがとう!
お袋は、小百合さんと再会して元気をもらったようでした。

昨日(10月31日)は、叔母と一緒にお袋を見舞いました。
その後で「つるや」で手打ち蕎麦を食べました。
小百合さんも手打ち蕎麦にこだわっているけれど、叔母も蕎麦にはかなりのこだわりを持っています。


(soba10.jpg)

それで、10月30日に小百合さんと一緒に見つけた手打ち蕎麦の「つるや」に行ったのですよう。
蕎麦屋らしい昔ながらのインテリアに、日本に居る事を実感させられました。

「つるや」のあとで行田中央総合病院の近くのBelc の敷地内にある Mos Burger でコーヒーとコロッケを食べながら2時間ほど粘(ねば)って積もる話をしたのでした。

ところで、昨日、行田観光協会のフライマップには出ていないゼリーフライの店を見つけました。
お袋を見舞いに小百合さんと行田中央総合病院へ行ったけれど、まだ小百合さんの記憶にあると思います。
国道125号線からそれて病院の駐車場へ行く、その道の角。
つまり、駐車場の前の道に進入する角のすぐ近くの肉屋さんでゼリーフライを作っていますよ。
一枚60円です。
買って食べなかったけれど、多分、衣(ころも)にはパン粉が入っているかも?
今度、行田へ行く機会があったら食べてみたらいいよ。

大体書き終わったので、これから「ネットカフェ・ミルミル」で牡蠣フライカレーを食べ、その後でウィンナコーヒーを飲みながらブログの記事を書きます。
記事のタイトルは「心のぬくもりを感じさせる医療」
小百合さんと再会した幸せを噛み締めながら。。。


(daibuts85.jpg)

ヽ(´ー`)ノ きゃはははは。。。

ありがとう。

じゃあね。

(V__/)
(+’.’+)
(“)_(“)


『タリアセン夫人と再会』より
(2011年10月13日)

でも、本当は火を使ってはいけないのですわ。

だけど、水城公園でタバコを吸っている人はたくさんいますよ。

タバコを吸うのと バーベキューするのとでは だいぶ違いますわァ~。。。

しかし、どちらも火を使っていることに変わりがありませんよゥ~。。。


(laugh16.gif)

【卑弥子の独り言】


(himiko22.gif)

ですってぇ~。。。
公園で火を使うのが駄目でも、デンマンさんのことですから、
絶対にバーベキューをしてしまうと思うのでござ~ますわ。

バーベキューと聞いて、なんだか お腹がすいてきましたわ。
あたくしは 具のたくさん入った“あんかけ焼きそば”が好物なのでござ~♪~ますう。

あなたのために、作り方を教えますわねぇ。


(joe306.jpg)

どうですか? 美味しそうでしょう?

でも、あたくしは これだけでは満足できませんのよう。
デザートに“たいやき”をいただくのでざ~♪~ますわよう。
うふふふふふふ。。。

最近では、餡に替わってクリームや溶かしたチョコレート、キャラメル、カスタードクリームなどの洋菓子素材を詰めたものもでてきましたわ。

サンドウィッチ式に肉類や生野菜、各種ソースやリゾットなどを挟む「おかずたい焼き」もあらわれました。


(taiyaki5.jpg)

あなたも 好きなものを“たいやき”に詰めてみませんか?

そういう面白い“たいやき選手権”があったのですわよう。
うふふふふふ。。。

では、あなたのためにビデオクリップを貼り付けますので ご覧になってくださいまし。

お腹がすいてきて、“たいやき”が食べたくなってきたでしょう?
でも、この記事を最後まで読んでから台所に走ってくださいね。

では、小百合さんのお話に戻りますけれど、
どうして小百合さんが「軽井沢タリアセン夫人」と呼ばれるのか?
あなたは ご存知でござ~♪~ますかァ?

実は簡単な事なのですわよう。
小百合さんは軽井沢に別荘を持ったのですわ。

小さな頃から軽井沢に住むことが夢だったのですってぇ~。。。
分からない事ではござ~ませんわァ。

そもそも小百合さんが軽井沢に興味を持ったのは、朝吹登水子のエッセーなどを読んだことがきっかけだったとか。。。
現在、朝吹登水子の山荘、睡鳩荘(すいきゅうそう)は軽井沢タリアセンに移築されて公開されています。


(suikyu9.jpg)

それで、小百合さんは軽井沢タリアセンを訪れては睡鳩荘に足を運んで少女の頃の事を思い出すのが楽しみなんですってよ。

そういう訳で、デンマンさんが小百合さんのことを「軽井沢タリアセン夫人」と呼ぶようになったのですわ。

軽井沢・雲場池の紅葉

軽井沢のイルミネーション

秋の旧軽井沢銀座ぶらり散歩

とにかく、明日もデンマンさんが興味深い記事を書くと思いますわ。

だから、あなたも、お暇なら、また読みに戻ってきてくださいまし。

じゃあねぇ~~。


(hand.gif)

メチャ面白い、

ためになる関連記事



(linger65.gif)

■ 『きれいになったと感じさせる

下着・ランジェリーを見つけませんか?』

■ 『ちょっと変わった 新しい古代日本史』

■ 『面白くて楽しいレンゲ物語』


(house22.jpg)

■ 『カナダのバーナビーと軽井沢に

別荘を持つことを夢見る小百合さんの物語』

ジューンさんの熟女下着 June Adams 下着美人
(30june.jpg)

■ 『月夜のベリー@バレンタイン』

■ 『カナダのマルサの女』

■ 『思い出を食べる@麻布』

■ 『バレンタイン焼きそば』

■ 『串カツと黒豚』

■ 『阿蘇山@栃木県』

■ 『焼きそばソース@バレンタイン』

■ 『鶏肉ダメなの?』

■ 『泰国酸辣醤のロマン』

■ 『豆腐がチーズに?』

■ 『猫と柚子とロマン』

■ 『トリュフと軽井沢タリアセン夫人』


(fragran11.jpg)

■ 『ロマンの香り愛のスパイス』

■ 『愛と人生のスパイス』

■ 『愛と人生の陰で』

■ 『愛のポテトチップサンド』

■ 『インドカレー@熊谷』

■ 『スープカレー@行田』

■ 『軽井沢タリアセン夫人@Bike』

■ 『かねつき堂と亀姫』

■ 『甲斐姫と軽井沢タリアセン夫人』

軽井沢タリアセン夫人の小百合さんが扮するゴディバ夫人 Sayuri
(godiva05.jpg)

■ 『蕎麦屋と軽井沢タリアセン夫人』

■ 『おしまいでございます』

■ 『軽井沢タリアセン夫人 愛の写真』

■ 『菊ちゃんと阿部忠秋』

■ 『菊ちゃん、知恵伊豆、忠秋』

■ 『丸墓山は誰の墓?』

■ 『外国人SEXデンマン再訪』

■ 『日本最高?』

■ 『短歌に込められた愛の真実』

■ 『3月のバレンタイン』

■ 『かぎろいミステリー』

■ 『40代女性の魅惑』

■ 『私のバレンタイン』

■ 『バレンタイン@4月』

■ 『豆まき@バレンタイン』

■ 『夢のココナッツ』

■ 『日本の失敗』

■ 『しじみ@愛のロマン』

■ 『とろけるカレー@バレンタイン』

■ 『バレンタイン夫人』

■ 『昭和の表象空間』

■ 『ズロースなの?』

■ 『焼きそばサンド』

■ 『平成の表象空間』

■ 『かぎろい夫人』

■ 『人気の40代女性ヌード』

■ 『宗長の奥の細道』

■ 『ネットの接続が遅い』

■ 『元気に再会しましょう』

■ 『スルーパスと芦雪』


(curryind.jpg)


(byebye.gif)

浅間山噴火とフランス革命

2015年7月17日

 

浅間山噴火とフランス革命

 


(asama01.jpg)


(asama02.jpg)


(francerev2.jpg)

ケイトー。。。 今日はまた、すごいタイトルを書いたものねぇ~。。。 浅間山噴火とフランス革命が関係あると言うのォ~?


(kato3.gif)

いけませんか?

だってぇ、浅間山は日本にあるし。。。、浅間山が噴火したところで、パリに住んでいる人たちは痛くも痒くもないと思うわァ。

たぶん、シルヴィーも そう言うと思いましたよ。

この記事を読み始めた人だって、きっとそう思うわよう。。。

そうでしょうねぇ~。。。 分かりますよ。。。 分かりますよ。。。 とにかく、浅間山とパリは離れすぎているからねぇ~。。。 でもねぇ~、シルヴィーはインドネシアで生まれたから、クラカタウの火山爆発のことは知っているでしょう!?

もちろんよ。。。 1883年に大爆発を起こしたのだわ。。。 私の ひいおばあちゃんがジャカルタにいて、その時の爆発を見ていて、その話を私は小さい頃に何度も聞かされたものよ。

クラカタウ (Krakatoa)


(krakamap.gif)

クラカタウは、インドネシアのジャワ島とスマトラ島の中間、スンダ海峡にある火山島の総称であり、ランプン州に属する。

全体がウジュン・クロン国立公園の一部である。

1883年の大噴火


(kraka03.jpg)

旧クラカタウ島の三分の二が1883年の大噴火で消失した

1883年の5月10日、微々たる揺れ(空気の振動や風の響きがかろうじて感じる程度)が始まった。
5月15日、振動は前回よりも強く長く続き、広範囲で感じられた。
5月20日、ラカタ島で水蒸気爆発を伴う噴火が始まり、同時に発生した地震は数年にわたって観測された。
8月11日、同島の3つの火山が噴火した。
そして8月26日日曜日の午後1時6分に地震の雷鳴が聞こえた。
次の8月27日月曜日バタヴィア時間午前10時02分(現地時間9時58分)に大噴火が起った。

噴火で発生した火砕流は海上40kmを越え、スマトラ島ランプン湾東部の Ketimbang(インドネシア語)で人間を殺傷した。
また、噴火により発生した津波が周辺の島を洗い流し、航海中の船を激しく揺さ振った。
死者は36,417人に及び、2004年にスマトラ島沖地震が起こるまではインド洋における最大の津波災害であった。
地質学史上、第5番目の爆発規模と考えられている。

この噴火は海底ケーブルによって全世界に報道された、史上初の大規模災害である。

噴火の影響

噴煙の高さは38,000m(48,800m説有り)。
爆発音は4,776km先(インド洋のロドリゲス島)まで届き、人間が遠く離れた場所で発生した音を直接耳で聞いた最長距離記録となる。
衝撃波は15日かけて地球を7周した。

5,863km離れた東京で1.45hPaの気圧上昇が記録されている。
津波は、日本では鹿児島市の甲突川にも押し寄せ、17,000km離れたフランスのビスケー湾の検潮儀にも記録された。

成層圏にまで達した噴煙の影響で、北半球全体の平均気温が0.5~0.8℃降下し、その後数年にわたって異様な色の夕焼けが観測された。
イギリスの画家 William Ashcroft はこの異様な夕焼けを記録に残した。


出典: 「クラカタウ」
フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

津波は、「17,000km離れたフランスのビスケー湾の検潮儀にも記録された」と書いてあるように、このときの火山爆発はフランスにも影響を残したのですよ。

それは分かるわよう。。。 でも、浅間山の噴火がフランス革命と関係あるとは思えないわ。

あのねぇ~、とにかく、僕はバンクーバー市立図書館で DVD を借りて「クラカタウ火山大爆発」のドキュメンタリーを見たのですよ。


(lib50716a.png)

『実際のカタログページ』

ネットで探してみたら、そのドキュメンタリーがYouTube のクリップにあったから、シルヴィーのために貼り付けますよ。。。 じっくりと観てください。

あとで上のビデオを ゆっくりと観てみるわよ。。。で、浅間山の噴火も「クラカタウ火山大爆発」ぐらいにすごかったとケイトーは言うのォ~?

いや。。。 僕が言い出したわけじゃなくてぇ、実際にすごかったらしい。。。 たまたま夕べ本を読んでいたら次の箇所に出くわしたのですよ。

浅間焼け


(asama01.jpg)

いま一つの巨大噴火災害に天明3年(1783)の浅間山噴火がある。
「浅間焼け」として知られる巨大災害である。

この時期は、10代将軍徳川家治(いえはる)の治世で、田沼意次の全盛時代であった。
しかし、翌天明4年に意次(おきつぐ)の子、若年寄田沼意知(おきとも)が佐野政言(まさこと)に江戸城中で刺殺されたころから、意次の力は急速に衰え、同6年に失脚。
ついで老中首座となった松平定信の寛政の改革が始まる。

浅間山の噴火活動は、天明3年4月に始まり、6月28日から一段と激しさを増し、7月6日から8日にかけて最大の爆発が起こった。
7月6日の夜から7日にかけて吾妻(あがつま)火砕流が山体の北東方向に流出、次いで8日、幅約54メートル、高さ1500~2000メートルにおよぶ火煙を噴き上げ、鎌原(かんばら)火砕流が時速100キロを超える速さで北側斜面を流下して15キロ離れた山麓の鎌原村(嬬恋[つまごい]村)を襲い、4ヵ村を埋めて吾妻川へ流れ込んで流れを堰き止めた。
鎌原火砕流に続いて鬼押出(おにおしだし)溶岩流が北へ流れ出し、現在見る観光名所「鬼押出」を形成した。

天明4年の無量院住職の手記『浅間大変覚書(あさまたいへんおぼえがき)』によれば、


(asama02.jpg)

7日、鳴動が前日よりはるかに激しく、老若男女みな寝食を忘れて浅間山の方ばかり眺めていた。
山から熱湯が噴き出して、南目の林を見る間に燃え尽くし、獣の類もみな焼死した。
原も一面の火の海となり目もあてられぬ有様であった。
天に吹き上げること、100里もあろうかという。
また石が降り落ちること雨のようであった。

8日昼四ツ半時時分(じぶん)は鳴動も少々納まったが、すぐに熱湯が一度に100丈余りも高く噴き出し、原一面に押し出して谷や川を押し下り、神社仏閣民家草木すべてを押し流し、そのあとは真っ黒になり、川筋の村々75ヵ村、人馬残らず流出した。
この流れの速いこと、いっときに100里余りも押し流し、その晩方には銚子まで流れ出したという

とみえる。
また、『浅間大変記』は、

(火砕流が)押し出して上州(上野国・群馬)吾妻川を通って鎌原村をはじめとして大前より川付近の村々を押し流した。
最初の流れは黒く、家の囲いや森そのほか老木までみな押し流し、砂津波が煙を立てて、振動を伝えた。
次の泥火石は100丈余りも高く打ち上がり、闇夜に火石が光り、100万の雷が轟くように、火焔が空を貫くかと思われた。
暖波他は一面泥の海となり、老若男女が流死した

と述べている。

 (中略)

なお、天明3年は噴火の影響による冷夏のせいもあって穀物不足に物価上昇が重なり、被災によって困窮した人たちの一部は一揆勢力となって中仙道を西に向かい、米穀商を打ちこわす「天明騒動」となった。

天明の浅間山大噴火は、二次災害も含めての直接被災地だけでなく、放出された膨大な量の火山灰が成層圏に数年間滞留して日光の照射を妨げ、全国的に冷害を引き起こして天明の大飢饉を悲惨なものにした一因ともいわれる。

また、偏西風に乗った火山灰は北半球全体の気候にも大きな影響を与え、同年に噴火したアイスランドのラーホ火山とともに、西ヨーロッパの冷温を引き起こして連年の凶作となり、それが政治的動揺と社会不安を増幅させ、フランス革命の遠因にもなったという考えもある。


(francerev2.jpg)

(注: 赤字はデンマンが強調。
読み易くするために改行を加えています。
写真はデンマン・ライブラリーより)


116-118、121ページ
『災害復興の日本史』
著者: 安田政彦
2013(平成25)年2月1日 第1刷発行
発行所: 吉川弘文館

なるほどォ~。。。 確かに、天明3年(1783)の浅間山の噴火もすごかったのねぇ~。。。 でも、この時の噴火がフランス革命と関係しているとは思えないわ。

あのねぇ~、もちろん、浅間山の噴火だけじゃない。。。 上の説明にも書いてあるとおり、「同年に噴火したアイスランドのラーホ火山とともに、西ヨーロッパの冷温を引き起こして連年の凶作となり、それが政治的動揺と社会不安を増幅させ」たのですよ。

でも、それはこじつけのように聞こえるわ。

だけどねぇ~、実際に、浅間山の噴火で「噴火の影響による冷夏のせいもあって穀物不足に物価上昇が重なり、被災によって困窮した人たちの一部は一揆勢力となって中仙道を西に向かい、米穀商を打ちこわす「天明騒動」となった」のですよ。。。 だから、アイスランドのラーホ火山爆発と浅間山の噴火がフランス革命の一因になったとしても決して不思議じゃないのですよ。

そうかしら。。。?

たとえばねぇ~、現在の日本は決して住みよい社会じゃないのですよ。

あらっ。。。 そうなのォ~?

僕だけが、そう思っているわけじゃないのですよ。。。 他にも、そう思っている人は多い!

狂い始めた日本?

かつてなかったようなさまざまな陰惨な事件やテレビ番組の低俗化をまのあたりにしながら、日本がどこか狂い始めているのではないかと思っている人たちは少なくないと思う。


(teizoku.jpg)

そう、明らかに日本はあちこちのねじが弛み、歯車が逆転し出し、狂い始めたのではないか。

教育の現場にいて、それを中国、韓国、インド等と比べるとますますその感を深くする。
スポーツ選手や芸能人にあこがれ、地味な努力を厭うようになった多くの若者たち。
中国やインドで目を輝かせて勉学にいそしんでいる若者たちと比べるとそのあまりにも大きな差に愕然とせざるを得ない。

しかし、子どもたちや若者は大人たちの鏡である。
近頃の若者はとなげくほど無責任なことはない。

一体、どこで歯車が狂ってきたのか。
原因はどこに潜んでいるのかを幅広い視点から探ってみよう (略)。

世のなかは規制の緩和、民営化さえすれば「改革」だとレッテルを張り、ここ十数年、「改革」という名のシステム破壊、権威の攻撃を続けてきた。
しかし、新しいシステムの設計図も、新たな社会の担い手のイメージもなく行ってきた破壊は、いま日本社会を惨憺たる状況に陥れ始めてきている。
家族は崩れ始め、教育は荒廃し、企業はパブリック・マインドを失い、地方と一次産業は衰退の一途をたどっている。

確かに、マクロの景気は悪くないし、国民の多くはまだそこそこの繁栄をエンジョイしている。
しかし、崩壊の予兆はあらゆるところに現出し始めた。

(注: 赤字はデンマンが強調。
読み易くするために改行を加えています。
写真はデンマン・ライブラリーより)


2-3ページ 『幼児化する日本社会』
著者: 榊原英資 2007年7月19日発行
東洋経済新報社

だから、どうだと言うのォ~?

でもねぇ~、たとえ日本人の多くが「日本がどこか狂い始めている!」と不満を感じていても、現在の悪い政治を覆(くつがえ)して より良い日本にしようというような革命は起きないのですよ。

どうして。。。?

それはねぇ~、日本人の多くが次のように感じてもいるからです。

海外住んだことないんですけど、日本最高

2015年03月03日(火) 09時16分31秒

テーマ:ブログ

久しぶりに朝から外出したので、朝の寒さを舐めてました。

寒すぎオワタw

スマートフォンからの更新である。

相変わらず大阪はミナミには中国から多くの観光客が賑わっております。


(minami100.jpg)


(tourbus.jpg)

特に週末は日本人おらんがなってぐらい多いです。

彼らのパワーは半端ないっす。

ドンキやダイコクではこれでもか!って引くほど大量買いされてます。

日本製の商品は人気あります。

なかには大量に買って、向こうの富裕層に売る転売をしてる人もいるみたいです。

日本にある商品=品質が良いという認識

日本の誇れるところです。

一方で日本のリソースが海外へ流出していく危惧もあります。

トヨタでは為替の影響を減らす目的でアメリカに工場を作り生産。

某エアコン製造企業も流通コストの削減を目的にブラジルに工場を設立。

いずれも何百億という投資をして工場を作ってでも、海外に拠点を設ける大企業は増えています。

システム開発でも、オフショア開発で盛んに海外に外注を降っています。

スポーツでもサッカーならヨーロッパ、野球ならアメリカのメジャーリーグへ国内の優秀な選手が海外へ流出しています。

イチローやダルビッシュ、本田や長友など日本人が海外で活躍する姿は日本の誇りだという見方もありますが、日本にスター不在という状況にもなります。

今二刀流で話題の大谷選手もいずれメジャーといってますが、日本のプロ野球人気を考えれば、間違いなくマイナスです。

2020年にはオリンピックもあり日本は元気だ!と楽観的に考えているジジイたちもいますが、そんなものは一時的なドーピングでしかないでしょ。

日本はどんどん高齢化が進み、国の借金も絶賛増え続けており、決して安泰とは思えません。

そう考えるとリスクは多いですね。

何か起こってからでは遅いので、リスク対策は常に考えないとあかんな。

とはいってもやっぱ日本はええ国ですよ。

前にも言いましたが、サイコロでいうと6の目。

産まれた瞬間運がいい。

こんな住みやすい国他にあるのか?笑

海外住んだことないんですけど、そう思います。

日本最高。

ありがとうございました。


赤字はデンマンが強調。
写真はデンマンライブラリーより。
YouTubeはデンマンが貼り付けました。)


『海外に目を向ける』より
(2015年3月26日)

だから、ケイトーは日本が本当に住み良い国にはならないと思うのォ~?

いや。。。 もしもですよ、近いうちに、浅間山か富士山の大爆発がおっこって、噴火の影響による冷夏のせいで穀物不足に物価上昇が重なり、被災によって困窮した人たちが増えたら 大勢の市民が国会議事堂に向かい、買占めの商社を打ちこわし「平成維新」が起こりますよ。


(laugh16.gif)

【ジューンの独り言】


(bare02b.gif)

あなたは、どう思いますか?

浅間山か富士山が大爆発を起こして “天明の大飢饉”のような事態になったら、
「平成維新」を起こすために立ち上がりますか?

江戸時代には実際にそのような騒動が起きたのですから、
平成の時代に、“平成騒動”が起きないとは言い切れませんよねぇ。

ところで、シルヴィーさんが登場する記事は たくさんあります。

興味があったら、ぜひ次の記事を読んでみてください。


(sylvie500.jpg)


『角さんと原発と天罰(2013年1月5日)』

『真紀子落選(2013年1月14日)』

『野火(2013年1月18日)』

『タイタニックと国際化(2013年2月1日)』

『宮澤理恵@Macao(2013年2月28日)』


(sunwind2.gif)

『チョコレートと軍産複合体』

『チョコレートと甘い権力』

『CIAの黒い糸』

『美しい日本語再び』

『宮沢りえブーム?』

『また、宮沢りえ?』

とにかく、今日も一日楽しく愉快に
ネットサーフィンしましょう。
じゃあね。バーィ。


(hand.gif)


(surfin2.gif)

ィ~ハァ~♪~!

メチャ面白い、

ためになる関連記事


平成の紫式部、橘卑弥子でござ~ます
(himiko92.jpg)

『卑弥子の源氏物語』

『平成の紫式部』

■ めれんげさんの『即興の詩』

■ めれんげさんの『極私的詩集』

Jagel - Soft Japanese Bagel
(bagel702.jpg)

■ “JAGEL – Soft Japanese Bagel”


(linger65.gif)

■ 『きれいになったと感じさせる

下着・ランジェリーを見つけませんか?』

■ 『ちょっと変わった 新しい古代日本史』

■ 『面白くて楽しいレンゲ物語』


(beach02.jpg)

■ 『軽井沢タリアセン夫人 – 小百合物語』

■ 『今すぐに役立つホットな情報』


(rengfire.jpg)


(byebye.gif)

Roof of Vancouver

2015年6月5日

 

Roof of Vancouver

 


(top03.jpg)

The Vancouver Lookout


(top02b.jpg)


(top01b.jpg)

The Top of Vancouver

Revolving Restaurant


(diane02.gif)

Kato, what do you mean by “Roof of Vancouver”?


(kato3.gif)

Of course, I’m talking about the top of Vancouver.  Have you been up there?

Oh yes, a couple of decades ago, I went up there… In those days, they called it differently.

Oh yeah?  What was it called years ago?

Maybe “Roof of Vancouver”… I’m just kidding.  Anyway, Kato, how come you’ve brought up “Roof of Vancouver”?

You see, Diane, World Trade Center is gone now.


(twins01.jpg)

Are you saying some terrorists will attack the top of Vancouver in the near future?

No, I don’t think there’ll be any terrorist attack, but the top of Vancouver might be destroyed.

…destroyed by what or who?

Well … back in 2012, I wrote about Vancouver Earthquake.

Vancouver Earthquake

 


(vanc999.jpg)

 

Kato, are you saying that we’re gonna have a big earthquake in the near future?


(kato3.gif)

You bet on that, Diane.

No kidding!

Diane, are you aware that we had several quakes in the past?

No, not really.  As a matter of fact, I’ve never felt a sizable quake here in Vancouver.  Have you, Kato?

Well… compared to the quakes I experienced in Japan, the quakes here in Vancouver for the past 20 years are almost next to nothing.  I’ve never felt any danger whenever Vancouverites were worrried about tiny quakes.

Tell me, Kato, if there were any recorded quakes in and around Vancouver.

Yes, there were quite a few.

You must be kidding!

Well…, if you say so, look at the following chart.


(plates93b.gif)

The mark on the left means a big quake that happened in ths past.

Wow! …  So, in 1909 there was a big one in Vancouver, wasn’t it?

You’re telling me, Diane.

But I’ve never felt a sizable quake here in Vancouver.

… simply because you were lucky … you were at the right place and at the right time so that any quake didn’t hit you dead.  But a big one is coming.

You mean, a giant quake like the one that took place in 1700?

That’s right.

No kidding!  How do you know?

Well … I’ve watched the following DVD.


(lib20926c.gif)

■”Actual Listing Page

DVD Description

Uses earthquake survivors’ account and interviews with experts to uncover the significant earthquake dangers that are unique to Cascadia, the region that surrounds the Cascade mountain range, extending from southern British Columbia to northern California.

Discusses the effects of previous earthquakes in the region, including the 1964 Alaska earthquake and the 2001 Nisqually Quake.

 

Kato’s Comment – Aug. 15, 2012

If you live in the northwest of America—that is, Cascadia, you should be prepared for a giant earthquake.
Since 10,000 years ago, 18 earthquakes of magnitude 9 and over (equal to the East Japan Great Earthquake that devastated Fukushima and its surrounding areas in Japan on March 11, 2011) have caused catastrophic damages on the coasts of Cascadia.

Seemingly, a super-quake occurs approximately every 500 years.
The last super-quake attacked Cascadia on January 19, 1700.

So, a super-quake might take place along the Cascadia subduction zone any time because 312 years has already passed since the last super-quake.
Mind you, a 500-years cycle is an approximation.

If you’re in doubt, watch the DVD for yourself.

Tōhoku Earthquake 2011

(東北地方太平洋沖地震)

But, Kato, how do you know that the super quake occurred in 1700?

A certain geologist dug up the old layers of the earth near Vancouver and found out the trace of giant tsunamis that had taken place 18 times since 10,000 years ago.

Amazing!

Besides, the 1700 super-quake was recorded in the Japanese chronicle.


(plates97.jpg)


(plates96.jpg)

Why on earth in the Japanese chronicle?

Well …, the super quake in 1700 created the super tsunami, which hit the pacific coast of Japan.


(plates98.jpg)

The Japanese people at the time were totally puzzled because they didn’t felt any quake at all.

So scientists found out recently that the 1700 super quake caused the super tsunami that devastated the pacific region of Japan, didn’t they?

You’re telling me, Diane.

But I can hardly believe that a big one is coming to Vancouver.

Well…, I searched for the video clip on the Net so that you could understand the imminent danger caused by a super-quake.

Did you get it, Kato?

Yes, I did.  Here it is.

Cascadia Subduction Zone

M9 Earthquake Imminent

(Documentary)

Amazing! … Unbelievable!

Seeing is believing, isn’t it?

I wish I hadn’t seen it.

Diane, a super quake is coming to Vancouver for sure.

I hope not.

Vancouver Earthquake

You must face the reality, though nobody can tell exactly when a big one will come.

If a super quake occurs every 500 years, then we still have 188 years before the estimated super quake in 2200.

Diane, the 500-year cycle is an approximation.  A super quake may occur tomorrow.  Nobody knows for sure, but the big one will certainly come in the future.

I hope, a super quake won’t hit Vancouver in my lifetime.


SOURCE: “Vancouver Earthquake”
(September 29, 2012)

So, Kato, do you think the top of Vancouver will be toppled down when a mega earthquake hits Vancouver?

Yes, that’s a possibility, isn’t it?


(top65.jpg)


(top66.jpg)

So the top of Vancoure revolving restaurant might disappear in the case of a mega quake… That’s why you went up there with Mayumi and enjoyed dinner with her, isn’t it?


(top02b.jpg)


(top01b.jpg)

You’re telling me, Diane.  You wouldn’t be able to visit World Trade Center in New York, would you?

So, Kato, you enjoyed the Vancouver view from the top of Vancouver before a meg quake hits Vancouver.  Is that it?

Yes, you’re right on.


(laugh16.gif)

【Himiko’s Monologue】


(himiko22.gif)

Have you ever been to Vancouver?

It is a beautiful city—one of the best cities in the world.


(stanley50.jpg)


(seawall3.jpg)


(seawall2.jpg)

Beautiful Vancouver


(wetsuit.jpg)


(wetsuit3.jpg)


(gastown20.jpg)


(canplace22.jpg)

Kato says that Vancouver is a paradise.

As you know, however, nothing is perfect, nobody is perfect.

So no city is perfect.

However, no matter what disaster hits the city, I wish, Vancouver remains to be a beautiful city.

In any case, I hope Kato will write another interesting article soon.

So please come back to see me.

Have a nice day!

Bye bye …


(hand.gif)


(renge400.jpg)

If you’ve got some time,

Please read one of the following artciles:


(juneswim.jpg)

“Sabina”

“Happy New Year”

“Merange & Sabina”

“Beauty in Spa”

“Love @ e-reading”

“Troublesome Slang”


(biker302.jpg)

“World Family”

“Mari’s Bagels”

“Love & Loyalty”

“Another Cinderella”

“Amazing Two-legged Pooch”

“Delusive Romance”

“Royal Couple”

“Life with Music”

“Poutine@Canada”


(dianesun.jpg)

“Glorious Summer”

“Biker Babe & Granny”

“Genetically Modified”

“Tyrannosaur”

“Love@Magic”

“Yellow Ball”

“Welcome Back”

“Forbidden Love”

“Merry X’Mas”

“Heaven with Mochi”

“Travel Expense Scandal”

“Love@Redemption”


(cook002.jpg)

“JAGEL”

“JAGEL Again”

“Say NO!”

Happy Gal in Canada


(surfin2.gif)


(bare02b.gif)

Hi, I’m June Adams.

Kato is a real movie lover, who tries to watch 1001 movies by the end of this year.


(lib50603.png)


(lib50603b.png)

“Actual Listing Page”


(june001.gif)

So far, he’s watched 822 movies.

That is, he must see 179 more movies to accomplish his goal.

I’m particularly interested in Number 812 in the above list.


(lib50601a.png)

“Actual Catalogue Page”

Kato jotted down his comment as follows:

This is a documentary originally broadcast on July 19 and July 20, 1998 on PBS (Public Broadcasting Service).

Especially interesting for Vancouverites is an upcoming Cascadia earthquake, which takes place in an every-300-to-400-year cycle.

The last such earthquake occured at 9:00 PM on January 26, 1700.

This earthquake created a giant tsunami that hit hard at the Japanese coast.

Hence the Japanese document at the time recorded the devastating disaster.

So, some scientists predict that the next Cascadia earthquake will take place within 100 years.

It is an amazingly interesting documentary.

The above comment sounds quite interesting, doesn’t it?

Why don’t you see it?

Well, if you’re not a registered patron of the library, you might just as well watch the following video clip.


(vanctop2.jpg)


(vanctop3.jpg)

MegaQuake Could Hit North America

BBC (Full Documentary)

ところで、愛とロマンに満ちた

レンゲさんのお話をまとめて

『レンゲ物語』を作りました。

もし、レンゲさんの記事をまとめて読みたいならば、

次のリンクをクリックしてくださいね。

『愛とロマンのレンゲ物語』


(renge730.jpg)

『軽井沢タリアセン夫人 – 小百合物語』

とにかく、今日も一日楽しく愉快に

ネットサーフィンしましょうね。

じゃあね。


(bikini901b.jpg)


(dogs17.gif)


(girlxx.gif)

プロメテウスの黒い白鳥

2014年6月15日

 

プロメテウスの黒い白鳥

 

 

(prome02.jpg)

 

プロメテウスの火

 

プロメーテウスは

ゼウスの命令に背きながらも、

人類が幸せになると信じて火を与えた。

人類は火を基盤とした文明や

技術など多くの恩恵を受けたが、

同時にゼウスの予言通り、

その火を使って武器を作り

戦争を始めるに至った。

 

現在に至るまで、火は

人類の進化や文明の発達に

大きな役割を果たしているが、

ひとつ間違えれば、

すべてを焼き尽くす恐ろしい火だ。

このことからプロメテウスの火とは、

原子力など、人間の力では

制御できないほど強大でリスクの大きい

科学技術を暗示している。

 


(atomic99.gif)

 


(bkswan2.jpg)


(june001.gif)

デンマンさん。。。 プロメテウスの火を持ち出してきましたけれど、黒い白鳥と どのような関係があるのですか?


(kato3.gif)

ジューンさんと いつだったか “黒い白鳥”について語り合いましたよね。

ええ。。。 覚えていますわ。 あれは2ヶ月ほど前だったと思いますわ。


(bkswan2.jpg)

オーストラリアで発見されるまで、旧世界の人たちは白鳥と言えばすべて白いものだと信じて疑わなかった。
経験的にも証拠は完璧にそろっているように思えたから、みんな覆しようのないぐらい確信していた。
はじめて黒い白鳥が発見されたとき、一部の鳥類学者(それに鳥の色がものすごく気になる人たち)は驚き、とても興味をもったことだろう。

でも、この話で大事なのはそういうところではない。
この話は、人間が経験や観察から学べることはとても限られていること、それに、人間の知識はとてももろいことを描き出している。
何千年にもわたって何百万羽も白い白鳥を観察して確認してきた当たり前の話が、たった一つの観察結果で完全に覆されてしまった。
そんなことを起こすのに必要なのは、黒い(それに、聞いたところだとかなり醜い)鳥がたった一羽、それだけだ。

(注: 赤字はデンマンが強調。
読み易くするために改行を加えています。
写真はデンマン・ライブラリーより)


3ページ 『ブラックスワン (上)』
著者: ナシーム・ニコラス・タレブ
2009年7月3日 第2刷発行
発行所: ダイアモンド社

『黒い白鳥』に掲載。
(2014年4月29日)

オーストラリアで発見されるまで、白鳥と言えばすべて白いものだと信じて疑わなかった。 何千年にもわたって何百万羽も白い白鳥ばかりを見ていたので これは当然のことだった。 ところが、たった一つの観察結果で完全に覆されてしまった。

そうですわ。。。で、このことが“プロメテウスの火”と関係あるのですか?

もちろんですよ。 同じ事が原子力発電でも起こったのですよ。

どういうことですか?

ちょっと次の小文を読んでみてください。

原発は安全だという幻想

門馬洋は元高校教師だ。
福島第一原発がつくられた40年前から反原発運動にかかわっていた。
当時住んでいた楢葉(ならは)町の町営住宅に、住民3人が集まって始めた運動だ。
県知事や町長らに危険性を訴え続けた。
東京電力とは数年前から毎月1回交渉し、3月22日も交渉が予定されていた。

原告404人で隣の福島第二原発について裁判を起こしたが負けた。
そのとき仙台高裁の裁判長が述べた言葉をいまもはっきり覚えている。

「反対ばかりしていないで落ち着いて考える必要がある。
原発をやめるわけにはいかないだろうから」

それから21年。
原発は安全だという幻想はあっけなく崩壊した。

「東京電力の想定がいかに甘いか。
そのために多くの人に、どれだけの被害を与えたか。
いったいどう責任を取るつもりなのか」

しかし、浪江町が今回の事故で「殺人行為」と国や東京電力を非難していることについても、同様に違和感がある。


(namie03.jpg)

浪江町にも、東北電力の原発建設計画が40年前からあった。
浪江町議会が誘致を求めていたのだった。


(lonely30.gif)

(注: 赤字はデンマンが強調。
読み易くするために改行を加えています。
地図とイラストはデンマン・ライブラリーより)


29ページ 『プロメテウスの罠』
(明かされなかった福島原発事故の真実)
著者: 朝日新聞特別報道部
2012年3月26日 第3刷発行
発行所: 株式会社 学研パブリッシング

元高校教師の門馬洋(もんまひろし)さんは、福島第一原発がつくられた40年前から反原発運動にかかわっていたのですわね。

そうなのですよう。 原発が危険だということは理解している人は理解していたのですよ。

それなのに、どうして狭い日本で 原発を作り続けたのですか?

石油に頼らないで発電することを日本政府は考えていた。 原子力は危険だけれど、“背に腹は変えられない”ということで国の方針にしてしまった。

太陽光発電とか、地熱発電とか、風力発電とか。。。 他にもあるでしょうに。。。?

アメリカのプレッシャーで原子力発電に方針を決めたという話もあるのです。 原子力発電にすることによって、懐が暖かくなる政治家とか、一部の経営者が結託したのですよう。

それで、危険だけれど、国の方針に賛成するという人が多かったのですか?

そういうことでしょうね。 だから、仙台高裁の裁判長も次のように言ったのですよ。

「反対ばかりしていないで

落ち着いて考える必要がある。

原発をやめるわけには

いかないだろうから」

断固として反対する人はいなかったのですか?

いたのですよう。 でもねぇ~、日本政府は方針を決めたから、原発の危険を証明するような報告書は闇に葬ってしまったのですよう。

闇に葬られた秘密報告書

この当時(1960年4月)、わが国最初の商業用原子炉として計画が進められていた茨城県の東海発電所で最悪の大事故が起こった場合に、どれほどの被害が発生し、日本政府がその被害を補償できるか、保険会社がそれを引き受けられるかどうかを、真剣に検討したものである。

秘密報告書であるから、沖縄返還における外務省の「核密約」文書と同じように、私たち国民はまったくその内容を知らされずに今日まできたが、私の知る限り一度、この秘密報告書の存在を毎日新聞が報道した。
この1974年の報道では、これを書いた日本原子力産業会議にその存在を確認しても、外務省と同じように「報告書はない」とシラをきったという。

 (中略)


(japan13b.jpg)

「物的損害は、最高では農業制限地域が長さ1000Km以上に及び、損害額は1兆円以上に達しうる」と小さく書かれており、東海村からの半径が同心円で示されていた。
つまり図にやや濃く描いた園内の矢印範囲は、農業できない地域になる。
日本全土で農業ができないのだから、日本人が日本列島に住めないと考えてよいだろう。

 (中略)

三段論法に従ってここまでの説明をまとめると

①原発の大事故は起こりうる。

②大事故が起これば日本はほぼ壊滅する。

③その可能性が最も高く、こわい原因として大地震が考えられる、という結論になる。

原発震災の被害を誰も償えないので、外国の保険会社は日本との契約を放棄した。
それなのに、当の被害者になる日本人がそれを知らずに生きているのは、大変不思議なことであると、読者はお考えにならないか。

 (中略)

いよいよ迫る東海大地震と、

予期される浜岡原発震災


(hamaoka2.jpg)

日本列島のちょうど真ん中、静岡県の駿河湾に面した御前崎というところに、トヨタ自動車などの名古屋経済圏のために建設された、中部電力の原子力発電所がある。
この浜岡原発には現在、三基の原子炉が稼動している。
浜岡原発は、今を去る34年前の1976年3月17日に、1号機が営業運転を開始した。

その運転開始からわずか5ヶ月後の8月23日に、当時東京大学理学部助手だった石橋克彦氏が地震予知連絡会で「駿河湾でマグニチュード8クラスの巨大地震が起こる」と、東海地震説にもとづく重大な警告を発した。
マグニチュード8.0とは、10万人を超える死者を出した関東大震災の、さらに1.4倍の破壊力を持った大地震ということになる。

 (中略)

こうして、石橋氏の警告は、後年に確立されるプレート運動の理論によってその正しさが、次々と実証されてきた。
ところが、その警告が発せられて以来34年間にわたって、浜岡原発はこのとてつもない巨大地震の危険性と同居しながら、綱渡りの原子炉運転を続けてきた。
石橋氏は東京大学理学部で地球物理学課を学んだ屈指の地震学者であり、神戸大学の教授として、浜岡原発の危険性を裁判で訴え続けてきた。

(中略)

2004年には、浜岡原発を止めるために起こされた「原発震災を防ぐ全国署名」の賛同人に、京セラ創業者の稲盛和夫氏が名を連ねた。
「東海地震が今後30年間に起こる確率は87%」というのが、政府の地震調査研究推進本部の判断である。
これは、30年後に起こるということではない。
30年後かそれとも明日か、確率は発生時期を教えてくれない。
しかし87%なのだから、必ず起こる、ということは断言できる。

(注: 赤字はデンマンが強調。
読み易くするために改行を加えています
写真と地図はデンマン・ライブラリーより)


12-21ページ、28-29ページ
『原子炉時限爆弾』 著者: 広瀬 隆
2011年4月28日 第6刷発行
発行所: ダイヤモンド社

『日本の崩壊』に掲載
(2012年6月17日)

つまり、正しいと信じることは あくまでも主張しなければならないということですわね。

そういうことですよ。 やっぱり批判しないと進歩がないのですよ。


(uncle006.gif)

批判の無い所に進歩なし!

批判なき愛は盲目にして

愛なき批判は空虚なり

やっぱり、原発を稼動すること対しては あくまでも批判すべきなのですか?

当然でしょう! 今、日本では内部被爆が進んでいるのですよ。

原爆のときよりひどい


(atombomb.jpg)

さいたま市の医師、肥田舜太郎(94)は言った。
「日本中除染するのは不可能だと国が判断したんじゃないでしょうか。
原爆のときの日本政府以下の対応ですね」

肥田は自身が広島原爆の被爆者で、当時は軍医だった。

 (中略)

「いま飛散している放射性物質は広島の原爆のものと同じです。
ですから、広島で起きたことがこれから起きる可能性があります」

会場は静まり返る。

「でも、被爆したから発病するとは限りません。
広島の被爆者でも、60年たってまだ生きている人がたくさんいる。
現に私も、広島原爆の被爆者の一人ですから。
大切なことは、広島のときの過ちを繰り返さないことです」

広島のときの過ち。
それは、政府が内部被爆を重視しなかったために起きた悲劇だった。

 (中略)

「これから福島で被爆で苦しむ人がたくさん出る。 (略) 何でもない、心配するな、なんて間違っても言ってはいけない。
いつ原爆病みたいになるか、それは誰にもわからないのだから」

(注: 赤字はデンマンが強調。
読み易くするために改行を加えています。
写真はデンマン・ライブラリーより)


117-120ページ 『プロメテウスの罠』
(明かされなかった福島原発事故の真実)
著者: 朝日新聞特別報道部
2012年3月26日 第3刷発行
発行所: 株式会社 学研パブリッシング

これ以上、原発事故の悲劇を繰り返してはならないのですよ。 原発ゼロにして、これからは太陽光発電とか、地熱発電とか、風力発電とかに日本の技術開発の道を見つけるべきですよ。


(foolx.gif)

【ジューンの独り言】


(bare02b.gif)

ですってぇ~。。。
ああなたは どう思いますか?

内部被爆は深刻な問題ですよね。
福島原発事故を県内で体験した人は、これから被爆で苦しむかもしれません。
どうか気をつけてくださいね。

ところで、デンマンさんとわたしが対話した記事は 他にもたくさんあります。
興味のある人は、どうか次のリンクをクリックして読んでくださいね。


ジューンさんの熟女下着
(30june.jpg)

『あらっ、パンツが…』

『わたし的にはOKです』

『国際感覚ダントツ』

『下つき肥後ずいき』

『おばさんの下着』

『海に佇むロトの妻』

『紅のおばさんパンツ』

『白人女性志向』

『肥後ずいきとおばさんパンツ』

『ジューンさんとトイさん』

軽井沢タリアセン夫人の小百合さんが扮するゴディバ夫人
(godiva05.jpg)

『国際化でおばさんバンザイ!』

『真夜中の乙女たち』

『熟女下着』

『熟女下着に見るSEO』

『ノートルダムからジェーン・エア』

『ジューンさん、人気が出てますよ』

『ジューンさんの下着姿』

『脳と恋とチョコレート』

『ジューンさんの人気』

『白い下着の熟女』

『床上手な女と塩野七生』

『白い熟女の誘惑』

『寒中水泳 女の子』

『ヤノマミの1万年』

『レダの卵』

『おばさんパンツ熟考』

『べティーさんの優雅なお尻』

『ん?デンマンの正体?』

『臭いにチョーこだわる人』

『目が痛いの?』

『自動翻訳ダメなの?』

『まりちゃんの夢と希望』

『まりちゃんの希望の翼』

『世界に散らばる日本人の輪』

『カナダの式典は2倍長いの?』

『黒い白鳥』

『カスカディアと自己顕示欲』

『ハワイからいいね、いいね』

『瓜とジューンさん』

とにかく、次回も興味深い記事が続きますわ。
だから、あなたも、また読みに戻ってきてください。
じゃあ、またねぇ~。。。


(hand.gif)


(surfing9.jpg)

ィ~ハァ~♪~!

メチャ面白い、

ためになる関連記事



(linger65.gif)

■ 『きれいになったと感じさせる

下着・ランジェリーを見つけませんか?』

■ 『ちょっと変わった 新しい古代日本史』

■ 『面白くて楽しいレンゲ物語』

■ 『軽井沢タリアセン夫人 – 小百合物語』

■ 『今すぐに役立つホットな情報』


(house22.jpg)

『夢とロマンの横浜散歩』

『愛とロマンの小包』

『下つきだねって言われて…』

『銀幕の愛』

『パリの空の下で』

『愛の進化論』

『畳の上の水練(2011年3月15日)』

『軍隊のない国(2011年3月21日)』

『天智天皇は暗殺された』
(2003年7月14日)

『アナクロニズム(2011年3月27日)』


(juneswim.jpg)


(byebye.gif)