Archive for the ‘地方行政・地方自治体’ Category

黒い行田市長

2017年6月2日

 

黒い行田市長

 


(kudo02.jpg)


(jidai04.jpg)


(sayuri88.jpg)


(sayuri55.gif)

デンマンさん。。。 “黒い行田市長”なんてぇタイトルを掲(かか)げたら誹謗・中傷で訴えられかも知れませんわよォ~。。。


(kato3.gif)

もし、そのくらいでムカついて僕を訴えるようなら、行田市長は人間的に見てうすっぺらな人物ですよ。。。

“黒い行田市長”とタイトルを書いて記事を書くデンマンさんこそ、薄っぺらな人間だと思われてしまいますわァ~。。。

あのねぇ~、僕は別に行田市の工藤正司市長が“黒い市長”だとは思ってないのですよ。。。

それなのに、どういうわけで“黒い行田市長”とタイトルを書いたのですか?

ちょっと次のリストを見てください。。。


(liv70131a.png)


『拡大する』

『行田の黒い霧と工藤市長』

これはライブドアの僕の『徒然ブログ』の日本時間で1月30日の午後9時39分から31日の午前3時42分までの約6時間の「生ログ」の一部ですよ。。。 赤枠で囲んだ箇所を見て欲しい。。。

あらっ。。。 1月30日の午後9時54分にアメブロのテーマのページからやって来て『行田の黒い霧と工藤市長』を読んだネット市民がいたのですわねぇ~。。。

そうです。。。


(ame60413e.png)


『拡大する』

『行田市長@夢の対談』

工藤正司・行田市長批判のテーマのページのトップに出てきた『行田市長@夢の対談』を読み、その記事の中に出てきた「徒然ブログ」の『行田の黒い霧と工藤市長』を読んだわけですよ。。。

それで“行田の黒い霧と工藤市長”を簡潔に短くしようと思って“黒い行田市長”というタイトルにしたのですか?

そうです。。。 いけませんか?

でも。。。、行田市長の工藤さんが“黒い行田市長”というタイトルを見たら、いい気持ちはしないと思いますわ。。。

しないでしょうねぇ~。。。

デンマンさんもそう思うのだったら、“明るい行田市長”というタイトルにすればよかったじゃありませんか!

でもねぇ~、新宿に住んでいる浅岡夢雄君がアメブロのテーマのページから わざわざライブドアの「徒然ブログ」までやって来て『行田の黒い霧と工藤市長』を読んだのですよ。。。 だから、“行田の黒い霧と工藤市長”を短くして“黒い行田市長”というタイトルにしたわけですよ。。。

でも。。。、でも。。。、どのようにして新宿に住んでいる浅岡夢雄君が読んだと突き止めたのですか?

IPアドレスを調べたのです。。。


(ip172145b.png)

『拡大する』

何度も言うようですけれど、IPアドレスを調べてもプライバシーを保護するためにアクセスしたネット市民の名前まではゲットできないようになっているのですわァ~。

僕も、その程度のことならば常識として知っていますよ。。。 実は、浅岡君は、工藤正司・行田市長のことが書いてある記事をたくさん読んだのですよ。。。 それで、どうも横田市長の自殺と関係あるのではないか? そう思って僕にメールを書いて寄こしたのです。。。

それでIPアドレスを確認したのですか?

そういうことです。。。

でも。。。、でも。。。、どうして1月30日の記録を持ち出したのですか? もっと新しい記録があるでしょう?

もちろんですよ。。。 次のリストも見てください。


(liv70530a.png)


『拡大する』

『行田の黒い霧と工藤市長』

これはライブドアの僕の『徒然ブログ』の日本時間で5月29日の午前5時4分から午後3時46分までの約10時間半の「生ログ」の一部ですよ。。。 赤枠で囲んだ箇所に注目して欲しいのですよ。。。

あらっ。。。 5月29日の朝ご飯を食べる前の午前6時59分にビッグロブの検索エンジンの検索結果からやって来て『行田の黒い霧と工藤市長』を読んだのですわねぇ~。。。

そうです。。。 埼玉県の草加市に住んでいる黒田 霧男(くろだ きりお)君が読んだのです。。。

デンマンさんは、またIPアドレスを調べたのですか?

そうです。。。 いけませんか?


(ip2285b.png)

『拡大する』

上の赤枠の中には“さいたま市”と書いてありますね。。。

でもねぇ~、ホスト名を見てください。。。 souka.saitama と書いてあるのですよ。。。 つまり、黒田君は草加市からアクセスしているのです。。。

。。。で、黒田君も、工藤正司・行田市長のことが書いてある記事をたくさん読んだのですか?

その通りです。。。 それで、やっぱり横田市長の自殺と工藤市長が関係していたのではないか? そう思って僕にメールを書いて寄こしたのですよ。。。

マジで。。。?

小百合さんは僕の言葉を信用しないのですか?

分かりました。。。 議論すると、この記事が長くなりますから、一応デンマンさんの言うことを素直に受け取りますわァ。。。 要するに、浅岡夢雄君と黒田霧男君が『行田の黒い霧と工藤市長』を読んで デンマンさんにメールを書いたので、今日の記事に工藤市長を取り上げたわけですか?

その通りですよ。。。 記事を読んで、僕にわざわざメールを書いてくれたのですからね。。。 無視するわけにはゆかないでしょう。。。 

でも、横田市長はもう亡くなってしまったのですから、いつまでも重箱の隅を突っつくようにして工藤市長を取り上げるのは建設的な議論とは言えないのではありませんかァ~?

もちろん、僕は横田市長の自殺に拘(こだわ)っているわけではありません。。。 でもねぇ~、僕以外のネット市民が、けっこう拘っているようなのです。。。 だから、『行田の黒い霧と工藤市長』が読まれているわけですよ。。。

でも、横田市長が自殺した後の2007(平成19)年4月22日の市長選挙で工藤正司さんが市長に初当選して、その後2011(平成23)年の選挙でも、2015(平成27)年の選挙でも無投票で当選しているのでしょう?!

あれっ。。。 小百合さんは、そんな事までよく知ってますねぇ~。。。

デンマンさんの記事を読みましたから。。。

僕は、そんな事まで書いていたかなあああァ~。。。?

とにかく、無投票で3選を果たしたということは、それだけ行田市民の支持を受けているという証拠ではありませんかァ~?

でもねぇ~、初当選した時の工藤さんの投票獲得率は36.6%なのですよ。。。 有権者にして 16,608人が工藤さんに投票しただけです。。。 2011年現在で 行田市の有権者集は  70,094人なのです。。。 つまり、 有権者 70,094人の内、工藤さんを支持したのは 16,608人だけです。。。 要するに、有権者の たったの 24%なのです。。。 工藤さんを支持していない行田市の有権者が 76%も居るということです。

でも、無投票で3選を果たしたということは工藤さんを支持している人が多いということですわ。。。 もし、悪政を布(し)いていたら、当然 行田市民が立ち上がって、より良い人物を次の市長に担ぎ上げて選挙運動をすると思いますわァ。。。

僕は、行田市民が半ばが諦めていると思うのですよ。。。

どういうことですか?

あのねぇ~、行田市の中心地、本町通りは、かつての賑わいから比べると、シャッター通りになりつつある。。。 少なくとも、僕が行田に帰省すると、寂れてゆく印象を受けるのですよ。。。 でもねぇ~、行田市だけじゃなくて、地方の町の多くが、かつて賑わっていた商店街がシャッター通りになることが珍しくないから、行田市民も特に不満を感じなくなったのですよ。。。 さらに、日本全国的に言えることだけれど、政治に関心のある人が少なくなっている!。。。 それに、夢を持ってルンルン気分で生きようと思う人も少なくなっている。。。 僕は、行田市の市民に夢を持ってもらおうと次のような記事を書いたことがある。。。

人口急減社会への警鐘


(kudo99.jpg)

日本は2008年をピークに人口減少に転じ、これから本格的な人口減少社会に突入する。

このまま何も手を打たなければ、2010年に1億2806万人であった日本の総人口は、2050年には9708万人となり、今世紀末の2100年には4959万人と、わずか100年足らずで現在の約40%、明治時代の水準まで急減すると推計されている。

(1-2ページ)

日本全国で若年女性人口が減少していることが、将来にわたる人口減少の原因となっている。

そのようななか、全体の流れと反対に若年女性が増える、もしくは減少がゆるやかな市区町村がある。 (略)

これを見ると、次の6つのモデルに分類することができる。

(125-126ページ)

 

地域が活きる6モデル

産業誘致型

工場や大規模商業施設などを誘致することにより、財政基盤の安定化を図り、住環境整備を進め、人口流入を実現させているモデルを産業誘致型と呼ぶ。

ベッドタウン型

大都市や中核都市の近郊に位置することを活かして、住環境整備を重点的に進め、定住人口を増加させているのがベッドタウン型である。

学園都市型

大学や高等専門学校、公設・私設研究機関を集積させることにより、若年人口の継続的な流入を実現し、ローカル経済を持続させているモデルが学園都市型である。

コンパクトシティ型

将来の人口減少を見据えて、従来の街の機能を中心地に集約することで、ローカル経済圏としての効率化を目指しているモデルをコンパクトシティ型と呼ぶ。

公共財主導型

国家プロジェクト規模の大規模施設の立地を契機として、地域のあり方を作り変え、財政基盤を安定させることで、人口減少を防ぐモデルが公共財主導型である。

産業開発型

地域の特徴ある資源を活かした産業振興を実現し、雇用の拡大や住民の定着を実現しているモデルが産業開発型である。

(126-133ページ)

(注: 赤字はデンマンが強調。
読み易くするために改行を加えています。
写真はデンマン・ライブラリーより)


『地方消滅』
著者・編者: 増田寛也
2014年10月15日 第8刷発行
発行所: 中央公論新社

 

つまり、上の本の著者と、その研究者仲間の調査に従うと、工藤さんの行田市政では、行田市の未来はないという結論なのですよ。

それで未来のある行田市にするために、デンマンさんはどのようなビジョンを持って臨まれるのですか?

ちょっと次のバンクーバー市立図書館のカタログページを見てください。


(lib60411a.png)

『拡大する』

『実際のカタログページ』

僕は2016年の1月6日に、たまたまバンクーバー市立図書館で“Extreme Engineering”というDVDを借りてドキュメンタリーを見たのですよ。。。 感動してコメントも書き込みました。。。 赤枠が僕が書いたコメントです。。。 ドキュメンタリーの中で“スカイシティー1000”が紹介されていたのです。

スカイシティー1000


(skycity1.gif)

スカイシティー1000とは、竹中工務店によって1989年に構想されたハイパービルディング。

居住施設や商業施設、娯楽施設、公園などを建物内に集約し、建物内だけで生活できるような空中都市の実現をめざす。

高さ1,000m、床面積 800haで、36,000人が居住し、100,000人が就業できる。

計画内容

高さ56mの正六角形型の凹型の段層(空中台地)を14段に重ね、下の段層を大きく、上の段層を小さくすることで全体として側面が緩やかなカーブを描くようにし、また各段層の間に隙間を設けることで、強風の影響を受けにくくする。

段層の凹んだ部分には広場を作り、それを取り囲むようなスペースを居住用などに使う。

このスペースには何箇所か隙間(スーパーカラム)を設け、火事が起きた際に被害を受ける部分を最小限にする。

高速のエレベーターやモノレールを走らせ、建物内の移動手段とする。


(skycity2.jpg)


出典: 「スカイシティー1000」
フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

つまり、行田市の中心のシャッター商店街を “行田スカイシティー2040”に甦(よみがえ)らせるのですよ。

デンマンさん。。。 そのような夢みたいな事を言わないでください。。。 市政は デンマンさんが思っているように簡単にゆくわけではないのですよ。

あのねぇ~、工藤さん。。。、 あなたには、そのようなビジョンも、国際的な視野も、本心から行田市の未来に向かって再生を図ろうという意欲も、残念ながらないのですよ。。。 それが上のリストの -57.8% (人口減少) に表れているのです。。。 つまり、行田市を背負ってたつ若者が行田から離れている!。。。 未来に向けてのビジョンを持たない工藤さんのような人が行田市長として長くとどまっているから、こういうことになるのですよ。

つまり、デンマンさんが行田市長になった暁(あかつき)には マジで“行田スカイシティー2040”が行田市に聳(そび)えるのですか?

そういうことです。

でもねぇ~、デンマンさん、それは“言うは易し行うは難し!”ですよ。。。

工藤さんにできないのならば、潔(いさぎよ)く市長を辞めて、僕にその席を譲ったらどうですか?


『行田市長@夢の対談』より
(2016年4月13日)

でもねぇ~、若いミーちゃん、ハーちゃんばかりでなく、40代のおっさんまでが、政治には興味がなくて 10代のアイドルに夢中になっているというニュースがバンクーバーのタウン情報誌にまで載るようになってしまった。

マジで。。。?

ちょっと次の記事を読んでみて下さい。。。

 


(doxaidol01.png)

『40代のおっさんが10代アイドルにハマル』

 

つまり、どういう事かと言うと、国政に対しても、県政に対しても、市政に対しても住民が無気力になっているのですよ。。。

でも。。。、でも。。。、それはデンマンさんの個人的な意見だと思いますわァ~。。。

僕は、そう思いませんねぇ~。。。 これまでに僕が言った事をよくよく考えてみれば、そうとしか考えられないじゃありませんかァ~!


(laugh16.gif)

【卑弥子の独り言】


(himiko22.gif)

ですってぇ~~

あなたは どう思いますかァ~?

行田市の住民が、市政に対して関心がなくなり、それで工藤市長が無投票で3選を果たしたと思いますかァ~?

ええっ。。 あなたも市政だとか、県政だとか、国政だとかには興味がないのでござ~ますかァ?

それってぇ、良くないと思いますわよゥ。。。

市民の一人一人が良識を持って市政、県政、国政を見守るべきですわァ。。。

ええっ。。。 そんな事はどうでもいいから、何か面白い事を話せとおっしゃるのでござ~ますかァ~?

分かりましたわ。。。 あたくしが余計な事を言ったので

あなたは、いやな気分になったのでしょうから、

気分直しに、あなたの気分爽快になるように次の曲を聴いてくださいまし。。。


(whitecliff.jpg)

いかがでしたかァ~。。。?

ところで、小百合さんが「軽井沢タリアセン夫人」と呼ばれているのですわァ。

なぜ。。。?

ご存知でござ~♪~ますか?

実は簡単な事なのですわよう。

小百合さんは軽井沢に別荘を持ったのですわ。

小さな頃から軽井沢に住むことが夢だったのですってぇ~。。。

分からない事ではござ~ませんわ。

そもそも小百合さんが軽井沢に興味を持ったのは、朝吹登水子のエッセーなどを読んだことがきっかけだったとか。。。

現在、朝吹登水子の山荘、睡鳩荘(すいきゅうそう)は軽井沢タリアセンに移築されて公開されています。


(suikyu9.jpg)

それで、小百合さんは軽井沢タリアセンを訪れては睡鳩荘に足を運んで少女の頃の事を思い出すのが楽しみなんですってよ。

そういう訳で、デンマンさんが小百合さんのことを「軽井沢タリアセン夫人」と呼ぶようになったのですわ。

軽井沢・雲場池の紅葉

軽井沢のイルミネーション

秋の旧軽井沢銀座ぶらり散歩

とにかく、明日もデンマンさんが興味深い記事を書くと思いますわ。
だから、あなたも、お暇なら、また読みに戻ってきてくださいまし。
じゃあねぇ~~。


(hand.gif)


(surfin2.gif)

ィ~ハァ~♪~!

メチャ面白い、

ためになる関連記事



(linger65.gif)

■ 『きれいになったと感じさせる

下着・ランジェリーを見つけませんか?』

■ 『ちょっと変わった 新しい古代日本史』

■ 『面白くて楽しいレンゲ物語』


(house22.jpg)

■ 『カナダのバーナビーと軽井沢に

別荘を持つことを夢見る小百合さんの物語』

軽井沢タリアセン夫人の小百合さんが扮するゴディバ夫人 Sayuri
(godiva05.jpg)

■ 『蕎麦屋と軽井沢タリアセン夫人』

■ 『おしまいでございます』

■ 『軽井沢タリアセン夫人 愛の写真』

■ 『菊ちゃんと阿部忠秋』

■ 『菊ちゃん、知恵伊豆、忠秋』

■ 『丸墓山は誰の墓?』

■ 『外国人SEXデンマン再訪』

■ 『日本最高?』

■ 『短歌に込められた愛の真実』

■ 『3月のバレンタイン』


(fragran11.jpg)

■ 『かぎろいミステリー』

■ 『40代女性の魅惑』

■ 『私のバレンタイン』

■ 『バレンタイン@4月』

■ 『豆まき@バレンタイン』

■ 『夢のココナッツ』

■ 『日本の失敗』

■ 『しじみ@愛のロマン』

■ 『とろけるカレー@バレンタイン』

■ 『バレンタイン夫人』

■ 『昭和の表象空間』

■ 『ズロースなの?』

■ 『焼きそばサンド』

■ 『平成の表象空間』

ジューンさんの熟女下着 June Adams 下着美人
(30june.jpg)

■ 『手作り弁当@船着き場』

■ 『盛り上がる@馬車道』

■ 『ゼリーフライ@鐘つき堂』

■ 『愛と憎しみの丸墓山』

■ 『忘れられない!』

■ 『大名行列@行田』

■ 『別れの朝も…』

■ 『婚外恋愛』

■ 『婚外恋愛と人間失格』


(noten15.jpg)

■ 『月夜の美人』

■ 『ふるさと 行田』

■ 『愛の偶然と必然』

■ 『田中角栄と軽井沢』

■ 『うさぎ追いしかの山』

■ 『アブラッソ不在の美』

■ 『ロマンの昔話』

■ 『海を渡ったバレンタイン』

■ 『バレンタインが老人を狂わせた』

■ 『マルちゃん海を渡る』

■ 『銀座からバレンタイン』

■ 『仙台からバレンタイン』


(sayuri201.jpg)

■ 『パリからバレンタイン』

■ 『ジャズ@バンクーバー』

■ 『タイからバレンタイン』

■ 『たまご麺@バレンタイン』

■ 『愛犬とゴッド』

■ 『ザ・バレンタイン女』

■ 『週刊誌deヌード』

■ 『愛と天の夕顔』

■ 『ジェミマおばさんのシロップ』

■ 『夏日に、お帰りなさい』

■ 『コイ、鯉、恋がいっぱい!』

■ 『スープカレーなのね』

■ 『忍城時代まつり』

■ 『夜道のルート66』

■ 『上を向いて歌おう』

■ 『霧積温泉のロマン』

■ 『元気が一番!』

■ 『行田のスープカレー』

■ 『パンツとブラジャーと餃子』

■ 『軽井沢を文学散歩する』

■ 『ばァ~の面影』

■ 『バレンタイン@行田』

■ 『軽井沢タリアセン夫人@遠藤家』

■ 『桃の節句@天国』

■ 『古代米カレー』

■ 『愛のジェローを探して』

■ 『コーヒーと愛の香り』

■ 『愛の馬車道』

■ 『亀姫と香芽子さん』

■ 『愛の夕顔を探して』

■ 『ケネディ暗殺の謎』

■ 『行田物語 ピラミッド』

■ 『由梨さん@コルシカ』


(bare02b.gif)

こんにちは。ジューンです。

「上を向いて歩こう」がアメリカで人気が出るきっかけは

何だったのでしょうか?

通説によると、1963年の春、

アメリカ西海岸のローカルラジオ局のDJが、

異国情緒を味わってもらおうと、たまたま手元にあった

日本の曲をオンエアーしたところ、

リスナーからリクエストが殺到したために

人気に火がついたと言われています。

果たして、その話はどこまで本当なのでしょうか?

アメリカで「上を向いて歩こう」をシングルとして

最初に発売したレコード会社はキャピトルです。

同じ時期にキャピトルはイギリスの親会社であるEMIが

ビートルズのシングルを出すようにと要請してきたのです。

ところがアメリカでは人気が出ないと断っているのですね。

では、いったい誰が「上を向いて歩こう」をシングルとして

発売したのでしょうか?

その発売を決定した人の名前が

デンマンさんが描いた次のチャートに出ています。


(qchan90.gif)

デイブ・デクスター・ジュニアさんなのです。

「A&Rマン」と言われていた人で、

売れる可能性のあるアーティストを発掘し、契約を結び、

制作を担当する仕事をしていた人です。

ローカルラジオ局のDJからある日電話がかかってきて

「上を向いて歩こう」が人気が出ていると聞いて、

さっそく自分でも聞いてみたそうです。


(qchan03.jpg)

九ちゃんが日本語で歌っているので

詞の内容は理解できなかったけれど、

これならイケそうだと直感して売り出すことに決めたそうです。

つまり、ビートルズの曲はヒットしないと蹴ったけれど、

九ちゃんの「上を向いて歩こう」は直感的に

ヒットすると思ったのだそうです。

ところで、デンマンさんが小百合さんの記事をまとめて

次のサイトを立ち上げました。

時間があったら下のリンクをクリックして覗いてみてくださいね。

『夢とロマンを持って前向きに生きる

小百合さんの物語』

では、今日も一日楽しく愉快に

ネットサーフィンしましょうね。

じゃあね。


(ebay5.jpg)


(byebye.gif)

ウェルカムバック

2016年11月17日

 

ウェルカムバック

 


(vanc602.jpg)


(vanc600.jpg)


(junevanc.jpg)


(june001.gif)

デンマンさん。。。 お帰りなさい。。。


(kato3.gif)

ジューンさんの笑顔を見て、やっと落ち着きを取り戻しました。

あらっ。。。 10月19日から11月16日までの29日間、埼玉県の行田市を拠点に駆けずり回ったのですかァ~?

駆けずり回ったと言うほどではなかったけれど、いつもよりもずいぶんと忙しく、あわただしかったのですよ。

どうして。。。?

毎年、日本に帰省しているけれど、今回は母親の具合が特に悪かったのですよ。。。 僕の帰りを楽しみにしていたのだけれど、10月18日に急に行田総合病院に入院してしまったのです。

あらっ。。。 デンマンさんがバンクーバーを出発する日に お母さんが入院してしまったのですか?

そうなのです。。。 僕が実家に帰省するので「ハートフル行田」という介護施設から自宅に戻っていたのだけれど、急に食が細くなって様態が悪くなったので行田総合病院に入院することになったのですよ。。。 皮肉なものです。。。

。。。で、かなり悪いのですか?

あのねぇ~、様態が悪いと言っても、普通の食事は摂れていたし、話もできたのです。。。 ところが入院中に脳梗塞になって、話もできなくなり、寝たきりになってしまったので担当の吉田医師に診療ミスだと言って僕は噛み付いたのですよ。。。

あらっ。。。 またデンマンさんは、日本で流行している“クレーマー”の真似をしたのですかァ~?

いや。。。 別に、日本で“クレーマー”が多くなったから、それに便乗して吉田医師に噛み付いたわけではないのですよ。。。

マジで“診療ミス”だったのですか?

“診療ミス”だと断定はできないのだけれど、高齢者医療に対する吉田医師の態度というか、スタンスに僕はムカついたのですよ。。。

そのようなことにムカついたのですかァ~。。。?

あのねぇ~、高齢者が脳梗塞を起こした場合、t-PAという薬はリスクが大きいから使えないと吉田医師は言ったのですよ。。。 でもねぇ~、僕がネットで調べたら次のような事例に出くわした。

おばあさんがよくなった!


(banzai03.jpg)

2006年のある夜、10時頃のことでした。

その日の仕事がやっと終わった私は、SCU(脳卒中集中治療室)に向かいました。

緊急入院した90歳代のおばあさんが、重症患者用ベッドで治療を受けていました。

目は閉じたままで、名前を呼んでも返事がなく、右手足は全く動きません。

「ご高齢で、これだけ重症だと命を救えるかどうか……。うまくいっても寝たきりだろう」と思いました。

おばあさんは、ある薬の注射中でした。新薬のt-PAです。

「ご高齢でしたが、発症から病院到着まで1時間と早く、『適正治療指針』(後で説明します)にも適合していたので……」と当直医が説明してくれました。

この患者さんのことが気になった私は、翌朝いつもより早くSCUに出勤しました。

大変驚いたことに、患者さんはベッドに座り、自力で朝食中でした。

担当看護師が「先生が帰られた後で、意識が急速に回復し、手足のまひもなくなりました」と笑顔で報告してくれました。

新薬t-PAの効果を心から実感した瞬間でした。

数日後に患者さんは退院、歩いて自宅へ帰られました。


『脳梗塞の新しい治療法』より

つまり、t-PAという薬をデンマンさんのお母さんにも注射すべきだったと吉田医師を批判したのですか?

そうですよ。。。 以前にも、僕の母親は行田総合病院に入院して奇跡的に助かったのです。。。 今回も医者がしっかりしていれば奇跡的に良くなったかもしれないのですよ。


(nurse3.jpg)

『奇跡の回復』

要するに、デンマンさんは病院に通って、毎日のように吉田先生に詰め寄ったのですか?

吉田先生に詰め寄るというほどではなかったけれど、生死にかかわる問題だから、僕も熱くなったのです。

つまり、吉田先生の“医療ミス”で帰省中の時間がとられてしまったのですか?

吉田先生とは何度も面会して議論を交わしたのです。。。 この事はまた別の機会に詳しく書くつもりだけれど。。。 とにかく、母親の見舞いに行ったり、“診療ミス”の問題で、マジで時間がとられてしまったのですよ。

じゃあ、ゆっくりと日本滞在を楽しむ時間はなかったのですか?

いや、病院の行き帰りだけで時間をつぶしてしまうのは馬鹿らしいので、小百合さんと深谷駅を見に行ったりしたのです。。。

なんで、深谷駅を見に行ったのですか?

ちょっと次の小百合さんとのやり取りを読んでみてください。。。

忍城時代まつり

 


(jidai01.jpg)


(jidai03.jpg)


(jidai02.jpg)


(jidai05.jpg)


(sayuri201.jpg)


(sayuri55.gif)

デンマンさん。。。 “忍城時代まつり”は面白かったですわねぇ~。。。


(kato3.gif)

そうでしたよ。。。 小百合さんが運転するベンツに乗って、深谷駅を見にゆこうとして行田市役所の前を通りかかったら、“忍城時代まつり”の模擬店がたくさん出ていて、すごい人だかりだったのです。。。


(jidai04.jpg)


(jidai02.jpg)


(benz01b.jpg)

時代祭りが見られて、しかも模擬店でたくさん美味しいものが食べられるなんて なんだか“タナボタ”のような幸運に恵まれた気がしましたわァ。。。 デンマンさんは11月13日にお祭りがあるということを知らなかったのですか?

あのねぇ~、“忍城時代まつり”という垂れ幕を見て、そういえば11月に、こういうお祭りがあるということを急に思いだしたのだけれど、小百合さんと深谷駅を見にゆこうと思って車に乗って市役所の前を通るまで思い出しませんでしたよ。。。

それにしても 行田市の“忍城時代まつり”でロシアのピロシキが食べられるとは思いませんでしたわァ~!


(piroshiki.jpg)


(piroshiki2.jpg)

僕も、まさか行田市でロシア人の可愛いナターシャさんに会えるとは思いませんでしたよ。。。

あらっ。。。 デンマンさんは、ナターシャさんをご存じだったのですか?

そうですよ。。。 僕はナターシャさんがバンクーバーに遊びにやて来た時に会っているのです。。。

デンマンさん!。。。 何を寝ぼけたことを言っているのですか?! 確かに模擬店でピロシキを売っていましたけれど、売り子さんは50代の太ったロシア人のおばさんでしたわ。。。 上の写真のナターシャさんとは似ても似つかないおばさんでしたァ。

マジで。。。?

やだわあああァ~。。。 デンマンさんは認知症でも患っているのですかァ?

やだなあああァ~。。。 僕の記憶力は30代の頃と変わりがありませんよ!

だったら、想像力が異常なのですわァ。。。 とにかく、私が買った時の売り子さんはロシア人の50代の太ったおばさんだったのですわ。

いずれにしても、たくさんの外国人たちが市役所の駐車場の模擬店で食べ物を売っているのを見て僕はビックリしましたよ。。。

どうして。。。?

実は、僕が小学生の頃は、現在の行田市役所の土地に木造の行田中央小学校の校舎がたっていた。。。 つまり、僕は旧中央小学校があった場所で イラン人、パキスタン人、インド人、ブラジル人、ロシア人、韓国人、中国人がさまざまな食べ物の店を出しているのを見たのですよ。。。 僕が小学生の頃は外国人といえばキリスト教のアメリカ人宣教師だけでした。。。30年以上、海外暮らしをしている間に マジで、日本も国際化・グローバル化したことを実感しましたよ。。。

確かに、外国の食べ物を売る店がたくさん出ていましたわねぇ~。。。

あのねぇ~、行田名物のゼリーフライを小百合さんが買って 僕にも一つくれたのだけれど、ピロシキとちょっと味が似てました。。。


(piroshiki.jpg)


(zeni001.jpg)


(zeni002.jpg)

言われてみると確かに、色も形も味わいも、ちょっと似ているところがありますわァ。

それにしても、小百合さんは なんで深谷駅を見にゆきたいと思ったのですか?


(fukaya01.jpg)


(fukaya02.jpg)

東京駅のレンガは

深谷で作られていた事から、

深谷駅の駅舎も東京駅を模した

デザインになっています。

私はレンガ造りの東京駅に憧れを持っていたのですわァ。。。

レンガ造りの駅がそれほどいいのですか?

いえ。。。 レンガ造りの駅舎そのものじゃなくて、私は東京駅のステーションホテルに泊まりたいなと思っていたのですわ。。。 それは、憧れに似た気持ちになったのです。。。


(tokyoh09.jpg)

『拡大する』

なるほど。。。 確かに、深谷駅と似ていますよ。。。 でも、2012年の10月に リニューアル・オープンしたのだから、泊りにゆくことはできるでしょう!?

でも、なんだかんだと野暮用があって、なかなか時間が取れなかったので、これまでに泊りにゆく暇も心のゆとりもなかったのですわ。。。

それで、わざわざ深谷駅を見に行ったのですか?

いけませんか?

だったら、今夜 東京ステーションに泊まりに行きましょう!?

そうしたいのは やまやまなのですけれど、急に言われても。。。

だから、トランプタワーで泊まる気になって、一大決心するのですよ。。。 そうすれば、トランプさんのようにアメリカの大統領になる夢のような思いがかなうのだから。。。


『忍城時代まつり』より
(2016年11月14日)

あらっ。。。 つまり。。。、つまり。。。、デンマンさんのお母さんの病状が悪くなったので、ストレスを解消するために、東京ステーションホテルへ小百合さんを誘ってナンパしようとしたのですわねぇ~。。。

やだなあああァ~。。。 そのように誤解を招くようなことを言わないでくださいよう。。。 初めてこのブログを読む人は、ジューンさんの暴言を本当だと思い込んでしまいますよ。。。 アメリカ国民がトランプ氏の暴言をそのまま受け入れて、大統領に選んでしまったように。。。


(laugh16.gif)

【卑弥子の独り言】


(himiko22.gif)

ですってぇ~。。。

確かに、暴言を受け入れるというのは、考え物でござ~ますわァ。。。

でも、あたくしの“ヴィーナスのえくぼ”が男性を魅了するというのは、暴言ではござ~ませんわよう!

うふふふふふふ。。。

ではここで、あなたに ご覧にいれますわねぇ~。。。


(gog60409a.png)

『拡大する』

『現時点での検索結果』

 

最近 「卑弥子 女性の本当の魅力 ヴィーナスのえくぼ」と入れてGOOGLEで検索する殿方が多いのでござ~ますわァ。

つまり、あたくしの“ヴィーナスのえくぼ”を目当てにやって来るのですわよう。。。

うふふふふふふ。。。

あたくしは、ジムに毎日通って“ヴィーナスのえくぼ”をゲットしたのですわァ~。。。


(buttdimp5.jpg)

どうでござ~ますかァ?

ええっ。。。 あたくしのお尻だとは思えないのでござ~ますかァ~?

どうしてよう?

ええっ。。。 スタイルがよすぎると、おっしゃるのござ~ますかァ~?

あたくしが十二単を一枚、一枚脱いでゆくと、
最後には上のようなおヌードになるのですわよう。

信じてくださいましなァ~。。。

ところで、あなたは『万夜一夜物語』を読んだことがござ~ますかァ~?

“千夜一夜物語”ではなくてぇ、“万夜一夜物語”ですわ。


(manya02.jpg)

『万夜一夜物語』

デンマンさんが書いたのでござ~ますわよう。

ええっ。。。 10,001の話が書かれているのかってぇ~。。。?

とにかく、上のリンクをクリックして読んでみてくださいませぇ~。。。

あなたも、絶対にビックリするようなお話が出てきますわァ。

『万夜一夜物語』だけでは、物足りないのでしたら、
ジューンさんが登場する面白いお話もたくさんあります。

興味のある方は、どうか次のリンクをクリックして読んでくださいましねぇ~。。。

軽井沢タリアセン夫人の小百合さんが扮するゴディバ夫人
(godiva05.jpg)

『やっぱり処女とおばさん』

『ウンコで走るバス』

『レダの卵』

『正月の熟女』

『新春画ネット散歩』

『愛と下着の美学』

『モナリザもビックリ』

『象が泣く』

『国際化に加速』

『美しき未亡人』

『ジューンさん、バイザイして』

『ジューンさん“いいね”が付いてるよ』

ジューンさんの熟女下着
(30june.jpg)

『床上手なのねぇ~』

『外国人SEXデンマン』

『外国人SEXデンマン再び』

『大きいことはいいことじゃない』

『デンバー直行便でジューンさんの下着』

『ジューンさんのヌードを探して』

『半分のお尻で…』

『プーフィードレス』


(sylvie122.jpg)

『万夜一夜物語』

『ゆかじょうず』

『日本語じょうず』

『モナリザがニーハオ』

『おばさんの下着がいいの?』

『なぜ、ヤノマミ?』

『マタハラ』

『マタハラとrundll32』

『お尻のえくぼ』

『なぜカウチポテト?』

『あなたの混浴』

『夢の出会いを求めて』

『乙女と処女』

『戦場に行くことを教えた女教師』

『桜井の別れと母上様』

『ダイアモンドは女の親友』

『愛のコリーダを訳す』

『マルタ島のロマン再び』

『大前研一 奇妙な検索』

『ついに千夜一夜』

『いいね攻略と良妻賢母』

『批判が無いとヒトラーがのさばる』

『混浴入浴風景』

(roten101.jpg+cleoani.gif)

『9日間の女王』

『あなたは敬語?』

『原節子とジューンさん』

『モナリザの妹』

『ナイアガラとマリリンモンロー』

『おばさんパンツ@大晦日』

『ヴィーナスのえくぼ@ジューン』

『乳房振動とブラの研究』

『G線上のアリア』

『悲愴と白鳥』

『ブッダと千夜一夜物語』

『絹の道と千夜一夜物語』

『ヤノマミの乙女』

『ジャータカと今昔物語』

『白木屋お熊とセックス』

『パンツを売る乙女』

『床上手な女@マルタ島』

『宮沢りえとおばさんパンツ』

『マチュピチュとインディー・ジョーンズ』

『映画を愛する薄命の女』

『ベニスの騒動』

『アンネとハンナ』

『名器たこつぼ』

『レダの卵を探して…』


(miro0018.jpg)

『サモトラケのニケとミロのヴィーナス』

『薄命な女のパンツ』

『ロトの娘たち』

『もう一人のモナリザ』

『万夜一夜の謎』

『自由という誘惑』

『驚異の大洪水』

『おつまみミステリー』

『混浴風景を探して』

『ハレルヤ』

『マルタ島のロマンだ』

『宮沢りえ人気@海外』

『癒しを奏でるパンツ』

『マルタ島deロマン』

『生ログdeロマン散歩』

『宮沢りえ@クールジャパン』

『混浴風呂ガー』

とにかく、次回も興味深い記事が続きますわ。
だから、あなたも、また読みに戻ってきてくださいね。
じゃあ、また。。。


(hand.gif)


(chiwawa5.gif)

こんにちは。ジューンです。

スパムメールが相変わらず多いですわよね。

あなたのメールボックスにも、

ジャンクメールがいっぱい入っているでしょう!?

スパムメールを飛ばしているのは

いったい、どういう人たちなのでしょうか?

出会い系サイトのオーナーたちが多いそうですわ。

彼らは会員を集めるためにスパムメールをばら撒きます。

そのためにメールアドレスのリストを購入しています。

では、そのようなリストを販売している人は

どうやってメールアドレスを集めているのでしょうか?

ロボット(自動巡回プログラム)によって

自動収集させているのです。

ところで、サーチエンジンの自動巡回ロボットは

毎日世界中のサイトを訪問し、

その内容をデータベースに書き込んでいます。

同じように、このメールアドレス収集巡回ロボットも、

HTMLソースを分析し、

メールアドレスらしきものをどんどん記録してゆきます。

でも、使っていないメールアドレスが

たくさんあるのですよね。

あなたの使っているメールアドレスのことを

考えてください。

あなたはメールアドレスをいくつ持っていますか?

一つだけではないでしょう?

10以上持っているのではありませんか?

多分、ほとんどのメールアドレスは使ってないでしょう?

そのために、現在実際に使っている

メールアドレスを集めるために、

怪しい人物が使用度の高いメールアドレスを

集めているのですわよ。

だから、あなたもむやみに信用できない人に対して

返信しないようにしてくださいね。

詳しいことはデンマンさんが次の記事で書いています。

『コメント魔』

(2012年4月3日)


(himiko92.jpg)

ところで、卑弥子さんが面白いサイトを

やっています。

興味があったら、ぜひ次のリンクをクリックして

覗いてみてください。

『あなたのための笑って幸せになれるサイト』

とにかく、今日も一日楽しく愉快に

ネットサーフィンしましょう。

じゃあね。 バーィ


(juneswim.jpg)


(byebye.gif)

都知事になれなかった男

2014年3月30日

 
 
 
都知事になれなかった男
 

(aoshima2.jpg)


(himiko22b.gif)

デンマンさん。。。 都知事になれなかった男というのはデンマンさんのことでござ~ますか?


(kato3.gif)

確かに、僕は都知事になったことがないのですよ。 でもねぇ、僕は別に都知事になろうと思ったことないし。。。、それに、東京都に住んだこともないのですよ。 また、今後 東京に住みたいとも思わない。

じゃあ、いったい都知事になれなかった男というのは どなたのことでござ~ますか?

あのねぇ~、夕べ本を読んでいたら次の箇所に出くわしたのですよ。


(hanshin2.jpg)

もちろん、地震に備えた町づくりも大切だ。
1995年の都知事選に私が立候補したとき、阪神・淡路大震災が1月、都知事選は4月だった。
そこで掲げた公約は、公共の場所に非常用の発電機であるとか緊急食糧とか若干の医療器具とかを常備しておく。
すべての電線は地下に埋設する。
液状化しやすい軟弱地盤を作り変える。
液状化させない技術を今の建設会社はみな持っているからだ。
それらの政策を時間と資金を投入して実行し、同時に町の整備をしていこうと提案したわけだ。
以降16年(青島氏4年、石原氏12年)たっているが、何ひとつ手がつけられていない。
いまやるべき優先順位の1位は、あのときの公約の実行ではないだろうか。

(注: 赤字はデンマンが強調。
読み易くするために改行を加えています。
写真はデンマン・ライブラリーより)


33ページ 『日本復興計画』
著者: 大前研一
2011年4月30日 第1刷発行
2011年5月10日 第2刷発行
発行所: 株式会社 文藝春秋

あらっ。。。 大前さんは都知事になりたかったのでござ~ますか?

あれっ。。。 卑弥子さんは日本に住んでいながら知らなかったのですか?

だってぇ、あたくしは京都市民ですものォ~。 東京都とは関係ござ~ませんわァ。

でも、ニュースで東京都知事の選挙のことを卑弥子さんの家のテレビでもやっていたでしょう!

もちろん、そのようなニュースもあったでしょうけれど、とにかく、もう かれこれ20年以上も前の お話でござ~ますわァ。 あたくしは、東京都知事選などというものに 全く関心がありませんでしたわ。

あのねぇ~、卑弥子さんは京都の女子大学で腐女子たちに「日本文化と源氏物語」を講義している准教授なのですよ。 少しぐらい日本の政治に興味を持ったらどうですか?

あたくしは京都府の政治には関心がありますけれどォ、都政にまでは興味がありませんわァ。

でも、東京は一応 日本の中心都市ですよ。

でも、はっきり申し上げて、京都さえ良ければ、東京はどうでもいいのですわ。 うふふふふ。。。

卑弥子さんが そう言うのも 解らないこともないけれど、東京が良くならなければ、日本も良くなりませんよ。

そうでしょうかしら。。。? 。。。んで、デンマンさんは、どうして大前さんのことを取り上げたのですか?

あのねぇ~、大前さんは『日本復興計画』という本を2011年4月30日に出版しているのですよ。 つまり、あの東日本大震災が起きた2011年3月11日から、51日後に本を出しているわけですよ。

素早いですわねぇ~。

そうですよ。 6ページに次のように書いてありました。

私は、ちょうど福島第一原発の炉が設計・建設・稼動を始める1960年代の後半に、マサチューセッツ工科大学で原子力工学を学び、博士号を取得後、1970年に日立製作所に入社、原子炉の設計に携わった。
そうした背景があったために、地震直後から、福島原発が、今日判明するような事態にまでいきつくことがすぐにわかった。

でも、地震が起きてからそんな事を言っても仕方がないでしょう!?

どうして。。。? この本は10日後に第2刷を出版しているのだから売れたみたいですよ。 

でも、あれだけ大きな地震ですもの、福島原発が非常事態になることぐらい、素人だってうすうす感じられますわァ。

あれっ。。。 卑弥子さんも、そう感じたのですかァ~?

だってぇ~、あたくしは次の記事を読んでいましたわ。

闇に葬られた秘密報告書

この当時(1960年4月)、わが国最初の商業用原子炉として計画が進められていた茨城県の東海発電所で最悪の大事故が起こった場合に、どれほどの被害が発生し、日本政府がその被害を補償できるか、保険会社がそれを引き受けられるかどうかを、真剣に検討したものである。

秘密報告書であるから、沖縄返還における外務省の「核密約」文書と同じように、私たち国民はまったくその内容を知らされずに今日まできたが、私の知る限り一度、この秘密報告書の存在を毎日新聞が報道した。
この1974年の報道では、これを書いた日本原子力産業会議にその存在を確認しても、外務省と同じように「報告書はない」とシラをきったという。

 (中略)


(japan13b.jpg)

「物的損害は、最高では農業制限地域が長さ1000Km以上に及び、損害額は1兆円以上に達しうる」と小さく書かれており、東海村からの半径が同心円で示されていた。
つまり図にやや濃く描いた園内の矢印範囲は、農業できない地域になる。
日本全土で農業ができないのだから、日本人が日本列島に住めないと考えてよいだろう。

 (中略)

三段論法に従ってここまでの説明をまとめると

①原発の大事故は起こりうる。

②大事故が起これば日本はほぼ壊滅する。

③その可能性が最も高く、こわい原因として大地震が考えられる、という結論になる。

原発震災の被害を誰も償えないので、外国の保険会社は日本との契約を放棄した。
それなのに、当の被害者になる日本人がそれを知らずに生きているのは、大変不思議なことであると、読者はお考えにならないか。

 (中略)

いよいよ迫る東海大地震と、

予期される浜岡原発震災


(hamaoka2.jpg)

日本列島のちょうど真ん中、静岡県の駿河湾に面した御前崎というところに、トヨタ自動車などの名古屋経済圏のために建設された、中部電力の原子力発電所がある。
この浜岡原発には現在、三基の原子炉が稼動している。
浜岡原発は、今を去る34年前の1976年3月17日に、1号機が営業運転を開始した。

その運転開始からわずか5ヶ月後の8月23日に、当時東京大学理学部助手だった石橋克彦氏が地震予知連絡会で「駿河湾でマグニチュード8クラスの巨大地震が起こる」と、東海地震説にもとづく重大な警告を発した。
マグニチュード8.0とは、10万人を超える死者を出した関東大震災の、さらに1.4倍の破壊力を持った大地震ということになる。

 (中略)

こうして、石橋氏の警告は、後年に確立されるプレート運動の理論によってその正しさが、次々と実証されてきた。
ところが、その警告が発せられて以来34年間にわたって、浜岡原発はこのとてつもない巨大地震の危険性と同居しながら、綱渡りの原子炉運転を続けてきた。
石橋氏は東京大学理学部で地球物理学課を学んだ屈指の地震学者であり、神戸大学の教授として、浜岡原発の危険性を裁判で訴え続けてきた。

(中略)

2004年には、浜岡原発を止めるために起こされた「原発震災を防ぐ全国署名」の賛同人に、京セラ創業者の稲盛和夫氏が名を連ねた。
「東海地震が今後30年間に起こる確率は87%」というのが、政府の地震調査研究推進本部の判断である。
これは、30年後に起こるということではない。
30年後かそれとも明日か、確率は発生時期を教えてくれない。
しかし87%なのだから、必ず起こる、ということは断言できる。

(注: 赤字はデンマンが強調。
読み易くするために改行を加えています
写真と地図はデンマン・ライブラリーより)


12-21ページ、28-29ページ
『原子炉時限爆弾』 著者: 広瀬 隆
2011年4月28日 第6刷発行
発行所: ダイヤモンド社

『日本の崩壊』に掲載
(2012年6月17日)

東日本大震災が起こるずっと以前から、解っている人は解っていたのですわよ。 だから、2004年には、浜岡原発を止めるために起こされた「原発震災を防ぐ全国署名」が行われたのですわよ。

つまり、大前さんは東日本大震災が起こる以前に、原発廃止に向けて運動を起こすべきだったと卑弥子さんは言うのですか?

その通りですわ。 せっかく、マサチューセッツ工科大学で原子力工学を学び、博士号を取得したのじゃありませんかァ! 原発が危険なものであることぐらい専門家なのですから理解していたでしょうに。。。!

でもねぇ~、大前さんは原子力推進論者ですよ! 本の中で次のように書いてました。


(genshiro2.jpg)

さて、今回はっきりとしているのは、これまで日本の原子力輸出政策は終わり、日立・東芝などの原子炉メーカーとしての未来もこの段階で終わったということである。

これまで、原子力技術者を多く要する日本企業が非常に有利なポジッションにいたことは間違いなく、私も、日本は原子力を「国技」として優秀な人材を投入し、CO2削減をめざす世界に売り込みをかけるべきだと提言してきた。
もちろん原子力推進論者である。

(注: 赤字はデンマンが強調。
読み易くするために改行を加えています。
イラストはデンマン・ライブラリーより)


29ページ 『日本復興計画』
著者: 大前研一
2011年4月30日 第1刷発行
2011年5月10日 第2刷発行
発行所: 株式会社 文藝春秋

これでは、戦前の軍国主義者・戦争推進者が戦後になって戦争反対論者・民主主義者に転向したようなものじゃありませんか! せっかく、マサチューセッツ工科大学で原子力工学を学んだのですから、ラルフ・ネーダーさんのように原発の恐ろしさを日本人に、もっと知ってもらうように努力すべきだったのですわ。

確かに、良識ある科学者は原子力の開発には反対するようになりましたからね。 アインシュタイン、湯川秀樹、それに、あの原爆を開発したオッペンハイマー博士までが原爆・水爆の開発には反対するようになりました。

そうですわ。 大前さんは原発事故が起きてから しゃしゃり出て本を書いて『日本復興計画』などというタイトルを付けていますけれど、すべて“後知恵”ですわ。 つまり、先を見る“ビジョン”を持ってないのですわ。 だから、都知事にも落選してしまうのですわ。

あのねぇ~、大前さんが落選したのは都知事選ばかりではないのですよ。

あらっ。。。 他の選挙でも落選しているのですか?

ウィキペディアには次のように書いてありますよ。


(ishin2.jpg)

1992年11月、新自由主義を標榜する市民団体・平成維新の会を設立し、同会代表に就任。
翌1993年、文藝春秋3月号で「新・薩長連合結成宣言」を発表。
知事連盟構想を掲げて1995年東京都知事選挙に立候補したが青島幸男に敗れ落選する。
同月の北海道知事選挙では、大前の構想に呼応した友人の三浦雄一郎が出馬したが落選した。1994年マッキンゼー・アンド・カンパニーを退職。

第17回参議院議員通常選挙に比例区から、平成維新の会公認で大前、三浦を含め10人が出馬したが、10人全員が落選した。

 (中略)

平成維新の会は参院選惨敗後に事実上解散した…


出典: 「大前研一」
フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

でもねぇ~、大前さんは素晴らしい経歴の持ち主なのですよ。

あらっ。。。 そうですのォ~?

ちょっと次の著者紹介ページを読んでくださいよ。

大前研一


(atom99.jpg)

1943年福岡県生まれ。早稲田大学理工学部卒業後、東京工業大学大学院原子核工学科で修士号を取得。
マンハッタン計画に携わった科学者が多数在籍していたマサチューセッツ工科大学(MIT)大学院に移り、
原子核工学科で博士号を取得。
日立製作所に入社し、原子炉プラントの設計に携わる。
72年、マッキンゼー・アンド・カンパニー・インク入社。
日本支社社長、アジア太平洋地区会長を務める。
92年に政策市民集団「平成維新の会」を設立する以前から、日本国のビジョンを提言。
今回は震災の直後より、自らが持つビジネスブレークするの衛星放送「大前研一ライブ」などを通して、震災や原発事故の評価・見通し・分析をいちはやく発信してきた。
本書では、今回の機能不全がなぜ起こったか、さらには震災以前から20年にわたる日本国の危機の実態を明らかにし、日本復興への道程を提言する。

(127ページ 『日本復興計画』)
写真はデンマン・ライブラリーより

大前さんが都知事選に、それと参議院選に落選した原因がわかりましたわ。

卑弥子さんに、大前さんが二つの選挙に落選した原因が マジで解ったのですかァ~?

簡単なことですわ。 マンハッタン計画というのは、広島と長崎に落とした原爆を開発した計画でござ~ますでしょう!?

そうですよ。

1995年、2004年の選挙の有権者は、多くの人たちがベトナム反戦の運動に関わらなかったとしても、反米ニュースを見て育った人たちですわ。

うん、うん、うん。。。 確かに その通りですよ。

大前さんはマンハッタン計画に携わった科学者が多数在籍していたマサチューセッツ工科大学(MIT)大学院に移り、と得意げに書いてますけれど、これでは庶民の反発を煽(あお)るだけですわ。

どうして。。。?

だってぇ~、広島と長崎に落とした原爆のメッカに、問題を起こしそうな原発の勉強に行ったわけでしょう?

まああァ~。。。 簡単に言ってしまえば そういうことになるでしょうねぇ~。。。

つまり、大前さんはKYだったのですわよ。

。。。ん? KY?

ああらァァ~♪~。。。 ごめんなさいましィ~~。。。 うふふふふ。。。 デンマンさんは浦島太郎だったのですわねぇ。 日本語で“KY”というのは“空気が読めない人”のことを言うのですわ。 つまり、庶民の目線で物事を考えることができなかったのですわ。

それで、1995年には、庶民受けのする青島幸男さんが都知事に当選したのですか?

そうでござ~ますわァ。


(laugh16.gif)


(himiko22.gif)

あなただってぇ、そう思うでしょう?
今どき、アメリカのブランド大学を有難がる日本人はいないのですわァ。
あの悪名高い森口尚史氏を思い出してくださいまし。

肩書きに“東京大学”を書いたり“ハーバード大学”を書いたり。。。
あなただって、最近のブランド大学を出た人で、
どうしようもない人が居るのをご存知でしょう?

肩書きやブランドに惑わされないようにしてくださいね。

現代史も面白うござ~ますけれど たまには、あなたも古代の日本の歴史について 覗いてみませんか?
平安史、古代史の記事を用意しました。
ぜひ お読みくださいまし。
では。。。

天武天皇と天智天皇は

同腹の兄弟ではなかった。 

天智天皇は暗殺された 

定慧出生の秘密 

藤原鎌足と長男・定慧 

渡来人とアイヌ人の連合王国

なぜ、蝦夷という名前なの?

平和を愛したアイヌ人

藤原鎌足と六韜

古事記より古い書物が

どうして残っていないの?

今、日本に住んでいる人は

日本人でないの?

マキアベリもビックリ、

藤原氏のバイブルとは?

とにかく、次回も興味深い記事が続きますわ。
だから、あなたも、また読みに戻ってきてくださいね。
じゃあ、またねぇ~。。。


(hand.gif)

ジューンさんの熟女下着 June Adams 下着美人
(30june.jpg)


(surfing9.gif)


(sayuri5.gif)

ところで、卑弥子さんは見かけによらず、京都の女子大学で腐女子に「日本文化と源氏物語」を講義している橘卑弥子・准教授という肩書きを持っています。
卑弥子さんの面白い話をもっと読みたい人は
下のリンクをクリックして読んでみてくださいね。


『曲屁(きょくべ)』

『天神様と東日本大震災』

『日本は良い国か?』

『日本を良い国に…』

『エロい熟女』

『アッと驚くマキアベリ!』

『良寛さんの顔』

『あなたの中の阿修羅』

『蝦夷って悪い意味?』

『伎楽は呉の音楽?』

『呉越の謎』

『紅のボートピープル』

『蕎麦屋と忠臣蔵』

『ピンクと桃色』

『妻の不貞』

『卑弥子さん、ご指名ですよ!』

『カン違い大岡越前』

『ロマンのカシオペア』

『カシオペアの現実』

『エロい徳子を探して』

『紫式部と皇国史観』

『エロい道鏡と薬師如来』

『天平の麗しき淑女』

『元からの饅頭』

『なぜ唐に留まったの?』

『下着美人』

『一所懸命』

『ねぇ、ねぇ、ねぇ効果』

『遊女と三つ子』

『布袋さんの魅力』

『今、エジプトに?』

『鍋かむり祭り』

『日本人はどこから来たの?』

『卑弥子も待ってます』

『卑弥子の源氏物語』

『源氏物語もエッチなのに』

『失意の紫式部』

『めちゃムカつく足枷』

『床上手な女になりたい』

『日本へ、紀元前のメイフラワー号』

『日本の死海文書』

『今さら聞けない、床上手』

『兄妹の恋と大乱』

『えっ、ヒトラーはベジタリアン?』

『外人に乗っ取られた日本?』

『失われたバレンタイン』

『軽井沢夫人@日本王国』

軽井沢タリアセン夫人の小百合さんが扮するゴディバ夫人 Sayuri
(godiva05.jpg)


(byebye.gif)

無投票で…?

2012年1月20日

 
 
 
無投票で…?

デンマンさん。。。「無投票で…?」ってぇ、いったいどういうことでござ~♪~ますか?

ちょっと次の「検索キーワード」のリストを見てくださいよ。


(wp20116c.gif)

1月16日に延べ102人の訪問者がGOOGLEや Yahoo!の検索エンジンに、上のリストに表示されている検索ワードを入れて検索して僕の Denman Blog にやって来たのですよ。

つまり、検索エンジンに延べ10人のネットサーファーが「おばさんパンツ」を入れて、ジューンさんや、めれんげさんの「おばさんパンツ」姿を見にDenman Blog へやって来たのでござ~♪~ますか?


(june510.jpg)


(rengepan2.jpg)

ジューンさんや、めれんげさんばかりでなく卑弥子さんの「おばさんパンツ」姿を見にやってきた人も居るのです。 だから、卑弥子さんも喜んでいいのですよ。

あらっ。。。そうなのでござ~♪~ますか? うれしいわあああァ~。。。んで、無投票であたくしの「おばさんパンツ」姿が人気でトップになったのでござ~♪~ますか?

残念ながら、そうではないのですよ。 あのねぇ~、リストの「おばさんパンツ」ではなく3番目の次の検索キーワードを見て欲しいのです。

埼玉県 行田市 工藤市長 黒い霧          4

上のキーワードで検索してDenman Blog にやって来た人が延べ4人居るということですか?

そのとおりですよ。

上のリストの延べ102人の人たちが、どの検索エンジンを使ってやって来たのかも判るのでござァ~ますか?

判るのですよ。 次のリストを見てください。


(wp20116b.gif)

これは1月16日の「リンク元URL」を調べたものです。 検索エンジンを使ってやって来た人が103名居るということが記録されている。

4つの検索エンジンのうちではYahoo!がトップなのでござ~♪~ますわね。

そうです。 103人のうち 64人がYahoo!の検索エンジンを使って Denman Blog にやって来たのです。

。。。んで、「埼玉県 行田市 工藤市長 黒い霧」を入れて検索してやって来た人はどのページを読んだのでござ~♪~ますか?

次のリストを見てください。


(wp20116.gif)

これは1月16日に Denman Blog で読まれたすべての記事のリストです。

あらっ。。。「埼玉県 行田市 工藤市長 黒い霧」を入れて検索した人は次の記事を読んだのでござァ~ますわね。

『行田の黒い霧と工藤市長』

その通りです。

でも、上の記録では延べ4人のうちの一人だけが上の記事を読んだということでしょう?

そうです。

あとの3人は、どの記事を読んだのでござ~♪~ますか?

僕もそれを調べようとしてGOOGLEで検索してみたのですよ。 その結果を見てください。


(gog20117.gif)

あらっ。。。トップに表示されているのが上の記事ですわね!?

そうです。 検索結果が 10,900件もあるので探す気になれませんでした。 とにかく、『行田の黒い霧と工藤市長』が読まれたことは確かですよ。 他の3つの記事も上の 10,900件のタイトルの中に出てくるはずです。 時間があったら卑弥子さんも探してみてください。

赤枠で囲んであるのはデンマンさんが書いた記事ですか?

そうです。 ただし、トップと2番目の記事は Denman Blog に掲載されているけれど、他の記事は別のサイトに投稿したものです。

。。。んで、どうして工藤市長を取り上げる気になったのでござァ~ますか?

検索キーワードのリストを見たら「埼玉県 行田市 工藤市長 黒い霧」が出ている。 記事はずいぶん以前に書いたのに、どうして今頃。。。? と僕は思ったわけですよ。

その理由は。。。?

だから、僕もそう思って考えたのです。 すぐに思いついたのは、そろそろ行田市の市長選挙が行われる頃だ。。。だから、行田市民の有権者が現職の工藤市長について詳しく知ろうと思って検索エンジンに向かったのに違いない。

。。。んで、行田市の市長選挙が近々行われるのでござ~♪~ますか?

だから、僕も行田市長選挙について検索してみたのです。 その結果を見てください。

【統一地方選2011】

行田市長選 工藤氏が無投票再選

2011年4月18日

行田市長選は、無所属現職の工藤正司氏(60)=民主、自民、公明推薦=が、無投票で再選を果たした。
選挙事務所に集まった支持者らに喜びの報告をした工藤氏は「行田ならではのまちづくりを市民と進めたい」と抱負を語った。

工藤氏は一期目の四年間で、計画から約六十年経過していた市の幹線道路を全線開通させた。
市内の実話を基にした歴史小説「のぼうの城」の映画化を視野に、観光都市づくりを推進し、市の借金を約四十億円削減するなど財政健全化にも取り組んだ。

実績が評価され、民主、自民、公明の各党や各種団体から相次いで推薦を取り付けた。
四人による激しい選挙戦だった前回とは打って変わり、盤石の態勢で臨んでいた。

(柏崎智子)


出典: 『東京新聞(2011年4月18日)』

あらっ。。。もうすでに終わっていたのですわね。

そうなのですよ。 現職の工藤市長が無投票で再選されたのですよ。

デンマンさんは不満なのでござ~♪~ますか?

あのねぇ~、前回の市長選は四人による激しい選挙戦だった。 しかも、当時現職だった横田昭夫市長が再出馬を断念し、群馬県の温泉旅館で首吊り自殺までした。 

デンマンさんは個人的に横田市長をご存知だったのですか?

あのねぇ~、横田市長が10代、20代の前半に住んでいた家と僕の実家は直線で20メートルも離れていなかった。 僕は小さかったので当時の横田さんと話したことはなかったけれど、何度も目にしたことがあるのですよ。 行田高校を卒業しただけの学歴で市長になるなんて当時では考えられなかった。 市役所に勤務しながら一歩一歩着実に頑張って、やがて元・山口市長に才能を認められたらしい。

それで市長選に出馬して行田市長に初当選なさったのでござァ~ますか?

その通りですよ。 前回の市長選では工藤派の応援団が「2ちゃんねる」を利用して汚いやり方で横田市長を追い落とそうとした。 それに対して横田市長は、まるで古武士のように自分の意思を貫き通してネットで反論を一切しなかった。 要するに「黒い霧」に嫌気がさしたようだった。

つまり、選挙戦の汚いやり方に悲観して自殺なさったのですか?

それも自殺の一つの要因だったかもしれません。 僕は何千キロも離れたバンクーバーに居たから詳しいことは判らなかったけれど、とにかく、「2ちゃんねる」のバカ面白いやり取りを読んで、工藤派の応援団による汚いやり方にムカついて記事を書いたのですよ。

いくつぐらい書いたのでござァ~ますか?

「行田市 工藤市長 デンマン」と入れてGOOGLEで検索してみました。 その結果を見てください。


(gog20120.gif)
『あなたが読んでいる現時点での検索結果』

あらっ。。。10,400件も表示されていますわね。

もちろん、10,400件すべてが僕が書いた記事だというわけじゃない。 タイトルだけがリストに載っていたり、同じ記事が他のサイトに掲載されたりしているので、ずいぶん水増しされた数字になっている。

。。。んで、デンマンさんは行田市政の何が問題だと思っているのでござ~♪~ますか?

あのねぇ~、実は、2008(平成20)年に工藤市長の行田市でアンケートを実施したのですよ。 その中で「行政に力を入れてほしい政策」という項目があるのです。 その集計結果を見てください。


(gyoda901.gif)

あらっ。。。「保険や医療の充実」を望んでいる人が最も多いのでござ~♪~ますわね。

そうです。 2番目に要望の高いのが「社会福祉の充実」なのですよ。

行田市も高齢者が増えているのでござ~♪~しょうね。

そういうことですよ。。。 でもねぇ、相変わらず強く要望されているのが「市財政の健全化、行政の合理化」ですよ。 工藤市長チームが市の借金を約40億円削減したと書いてあるけれど、行田市の負債は僕が記事を書いていた頃は 約800億円近くあった。 40億円減らしたとしても、まだ、かなりの借金が残っているのですよ。

その借金が今後増えるようなことがあれば工藤市長の政治生命は亡くなるということでござ~♪~ますか? 

そうですよ。。。そうならないように工藤市長には更に借金を減らして欲しいですよ。 それに、去年の9月に僕が行田に帰省した時には本町通りや新町の商店街が更に寂(さび)れていた。 上のリストにも「商業の活性化」という要望がある。 これは、間違いなく僕と同じような印象を持った人がかなり居るという証拠です。 新しいビジョンやアイデアで行田市の中心街の商店活性化を図(はか)れば、当然、行田市の金庫も潤(うるお)うのですよ。 工藤市長が次の4年の任期で「商業の活性化」をどれだけ進めることができるか? 市長の手腕の見せ所です。

【卑弥子の独り言】

ですってぇ~。。。
難しいでしょうね。
「保険や医療の充実」や「社会福祉の充実」にはお金がかかりますわ。
しかも、借金を減らさねばならない。
行田市民は工藤市長の手腕をじっくりと見守っていると思うのでござ~♪~ます。
工藤市長には、責任を持ってしっかりとやっていただきたいと思います。

とにかく、次回も興味深い記事が続きますわ。
だから、あなたも、また読みに戻ってきてくださいね。
じゃあ、また。。。

ィ~ハァ~♪~!

メチャ面白い、

ためになる関連記事


■ 『きれいになったと感じさせる

下着・ランジェリーを見つけませんか?』

■ 『ちょっと変わった 新しい古代日本史』

■ 『面白くて楽しいレンゲ物語』

■ 『軽井沢タリアセン夫人 – 小百合物語』

■ 『今すぐに役立つホットな情報』

『夢とロマンの横浜散歩』

『愛とロマンの小包』

『下つきだねって言われて…』

『銀幕の愛』

『パリの空の下で』

『愛の進化論』

『畳の上の水練(2011年3月15日)』

『軍隊のない国(2011年3月21日)』

『アナクロニズム(2011年3月27日)』

こんにちは。ジューンです。

行田市は埼玉県にとってなくてはならない町です。

どうしてだか判りますか?

行田市大字埼玉(さきたま)は、

古くは『万葉集』に「さきたまの津」という記述があります。

『風土記』にも「武蔵国埼玉郡(さきたまごおり)」とあります。

つまり、「埼玉県」という地名の発祥地なのです。

戦前には行田市は全国の足袋の

7割から8割近くも生産していたそうです。

江戸時代中期より、

下級武士の内職として足袋の生産が始まり、

明治時代を迎えて機械化され一大産地となりました。

戦後は洋装化が進んだため衰退しました。

今でも生産は行われていますが、

足袋から転じた繊維産業が地場産業として

一定の地位を占めています。
 

 
ところで、卑弥子さんが面白いサイトを

やっています。

興味があったら、ぜひ次のリンクをクリックして

覗いてみてください。

『あなたのための笑って幸せになれるサイト』

とにかく、今日も一日楽しく愉快に

ネットサーフィンしましょう。

じゃあね。バーィ

ふるさと、いいね

2010年12月28日

   
ふるさと、いいね


デンマンさん!。。。あんさんは行田市の大長寺の白いテーブルに小百合さんと一緒に座り、バラの一輪挿しを前にして、キザにも、んもお~~、アイリッシュコーヒーを飲んだことがそれほど嬉しいん?

うへへへへへ。。。あきまへんかァ~?

あんさん!。。。そのように、デレデレと嬉しそうに笑わんで欲しいねん。

そやけど、うれしいやんかァ! わてのふるさと、行田市で一年ぶりに小百合さんに逢(お)うたのやでぇ~。。。小百合さんが、わざわざ栃木の山奥からコーヒー・メーカーを持ってきてくれ、心のこもったアイリッシュ・コーヒーを入れてくれたのやないかいなァ! これが喜ばずにおられようかァ!

あんさん!。。。わたしかてぇ、コーヒーメーカーでドリップして、アイリッシュ・コーヒーを入れることができまっせぇ~。

さよかァ~。。。?

そやから、あんさんが大阪のわたしの所に逢いに来てくれるなら、わたしかてぇコーヒーぐらい入れますがなァ~。

さよかァ~。。。?

あんさんは、まるで無関心のような返事をしますのやなァ~。。。大長寺は大阪にもありますねん。

わてかてぇ知ってるがなァ!

そやから、わたし、大阪の大長寺であんさんとお逢いしとォ~おますう。

あのなァ~、確かに大阪にも大長寺があるねん。 そやけど、白いテーブルはないやろう?

あんさんは白いテーブルにハマッてしもうたのォ~?

あのなァ、もし、めれちゃんと大阪の大長寺でコーヒーを飲むならば、やっぱり白いテーブルの上にバラの一輪挿しを置いて、それでロマンチックに、めれちゃんとコーヒーをいただきたいねん。

白いテーブルなど、どうでもええやん。。。わたしが茣蓙(ござ)を持ってゆきますさかいに、その上にすわってコーヒーを一緒にいただきまひょう。

あのなァ~、わては茣蓙(ござ)はイヤやねん。

どうして。。。?

どうしても、こうしても、大阪の大長寺で何があったか? めれちゃんも知っているやろう?

あんさんが書きはった次の記事を読みましたさかいに、何が起こったか知ってますう。

『本音と大長寺』

(2008年1月9日)

知ってるんなら、なおさら、あきまへんがなァ~!

どうして、あかんのォ~。。。?

あのなァ~、享保5年(1720年)に紙屋治兵衛と遊女小春が大阪の大長寺で心中事件を起こしたのやがなァ。 そやから、今でも二人を祭った石碑があるねん。

大阪都島区の大長寺にある比翼塚。

比翼塚は、ひとつの墓に男女の戒名が並んだもの。

心中をした二人の遺書は現存し、墓の隣の石碑に2枚の遺書がそのまま写し彫られている。


『本音と大長寺 (2008年1月9日)』より

そやから、この石碑の前で茣蓙(ござ)を敷(し)いて、あんさんと二人でロマンチックに、わたしがドリップしたアイリッシュ・コーヒーをいただきますねん。

あのなァ~。。。茣蓙(ござ)は絶対にあきまへんのやァ!

どうして。。。?

心中した二人が、こうして茣蓙の上に並ばされたのやがなァ~。

そやから、わたしとあんさんも、茣蓙の上に仲良く並んでコーヒーをいただきますねん。 うふふふふふ。。。

めれちゃん!。。。きしょく悪い事を言うたらアカ~♪~ン! めれちゃんのことやから、コーヒーを飲んだ後で、「そんなら、一緒にあの世に行きまひょかァ~?」と言い出しかねんのやァ!

あんさんにも分かりはるゥ~? うふふふふふ。。。

笑い事ではあらへんがなァ!。。。そやから、わては大阪の大長寺で、めれちゃんと逢うのがイヤやねん。

分かりましたわ。。。で、どういうわけで、『ふるさと、いいね』というタイトルにしやはったん?

よう聞いてくれたなァ!。。。いつまでも、きしょく悪い事を話していたくあらへん。。。あのなァ、まず、次の統計を見て欲しいねん。

相変わらず「おばさんパンツ」で検索して「おばさんパンツ」の記事を読むために Denman Blog にやって来る人が多いのねぇ~。

あのなァ~、今日は「おばさんパンツ」の話ではないねん。 「リファラ」を見て欲しいねん。

http://edita.jp/konchiwa705/one/konchiwa7053668.html

上のような URL が書いてありますやん。

そうやァ。。。そやから、わてもリンク先のページを確認しようと思って、上のリンクをクリックしてみたのや。 めれちゃんの手間を省くために、そのページをここに貼り出すさかいにじっくりと見てなァ。

『行田の黒い霧と工藤市長』

これは、あんさんが書きはった記事ですやろう?

そうやァ。

また、あんさんは工藤市長を誹謗中傷しやはったん?

めれちゃんは、何を言うてるねん? わては根拠に基づいて工藤市長を批判しているのや。 決して誹謗中傷しているのではあらへん。 わては愛と批判の精神に基づいて工藤市長を応援してるねん。

“批判のないところに進歩なし!”

“愛なき批判は空虚にして

 批判なき愛は盲目なり”

分かるやろう? わては、こうして工藤市長を応援してるねん。

。。。で、あんさんは何が言いたいねん。

そやから、わてのように工藤市長を批判しながら一生懸命に応援している人が上のページを読んで、その中にあるリンクをクリックして Denman Blog にやって来たのやがなァ。

。。。で、Denman Blog のどのページを読みはったん?

『愛と夢のチョコ』

(2010年3月7日)

『愛と夢のチョコ』を読んだのやがなァ。

マジで。。。? もしかして「おばさんパンツ」の記事やないのォ~?

どうして「おばさんパンツ」の記事を読まんとあかんねん?

そやかてぇ、上の人気ページを見れば、「おばさんパンツ」の記事ばっかりやん! うふふふふふ。。。

この人は行田の町をもっと素晴しい町にしようと思って『行田の黒い霧と工藤市長』を読みはったのやァ。 急に気が変わって「おばさんパンツ」の記事を読むはずがないやろう!?

。。。で、証拠でもあるん?

次の小百合さんのメールの中のリンクをクリックしたのやァ。

前略

バレンタインデーに

間に合うように

送るつもりでしたが、

もしかすると

月末に着くかもしれません。

とことんフルーティ!MINTA

LOTTEのチェリーミントガムは

最近、気に入って、

カバンに入れて

持ち歩いてます。

デンマンさんの

迷惑そうな顔が

思い浮かびます。

でも、1年に一度ぐらいは

女の子の気持ちになって

ルンルン気分で

スキップしながら

チェリーミントガムでも

かんでみてくださいね。

うふふふふ。。。

うららかな春のバンクーバーの街を

歩きながら。。。

また、フードストアに向かう

買いものついでに。。。

それから、思いつくままに

カップヌードルや、即席うどん

おそば、焼きそばを入れました。

日本の味を懐かしみながら

食べてみてくださいね。 

では。。。

早々

小百合より

2010年2月3日


『愛と夢のチョコ』より
(2010年3月7日)

そんな事まで、あんさんに分かりはるのォ~?

そうやァ。 ちゃんと統計に出てくるねん。

それで、どうしてまた、あんさんは『行田の黒い霧と工藤市長』のページに赤い矢印をつけはったん?

『行田の黒い霧と工藤市長』

この上のページの赤い矢印は 「はてなブックマーク」を示しているねん。

どうして、そないな事をしやはったん?

もっと多くの人に読んでもらおうと、わては、このページを「はてなブックマーク」に登録したのやがな。

登録すると、どうなるん?

次のようなリストに載るねん。

『デンマンのはてなブックマーク』

あらっ。。。トップに表示されてるやん。

そうやァ。 12月22日に Denman Blog の統計をチェックして、すぐに『行田の黒い霧と工藤市長』のページをブックマークに登録したさかいに、このページが当然トップに表示されているのやァ。

。。。で、ブックマークに登録すると何かええ事があるん?

「はてなブックマーク」が自動的にツイッターでつぶやいてくれるねん。

『デンマンのツイッター・ホームページ』

赤枠で囲んだエントリーが「はてなブックマーク」が自動的につぶやいたモノやァ。

。。。で、ツイッターでつぶやきはってぇ、何かええ事でもあったん?

あったのやァ。 そやから、この記事を書く気になったのやァ。 うししししし。。。

どないなええ事があったん?

AOL のメールボックスに、次のメールが届いたのやがなァ。

行田市に住んでいる高校生の「ゆうや」君が「はてなブックマーク」の“つぶやき”を見て、わてのツイートをフォローし始めたのやがなァ。

それで、あんさんは喜んで、こうして長い記事を書くことになりはったん?

うしししし。。。あきまへんか? 行田の町をもっと住み良い町にしたい、と思っている高校生が居るということやがなァ! やっぱり、ふるさと、いいね。

【レンゲの独り言】

ですってぇ~。。。
よくまあ、これだけの材料を取り揃えて記事を書く気になりますわ。
丸一日がかりで書くのではないでしょうか?
あなただってブログに記事を投稿した事があるなら、デンマンさんのような長い記事が、どれだけの時間を要するのか?
あなたにも見当がつくでしょう?

呆れたり感心したり。。。
うふふふふふ。。。

とにかく、さらに興味深い話題が続くと思います。
あなたもどうか、またあさって読みに戻ってきてくださいね。
では、また。。。

メチャ面白い、

ためになる関連記事


■ 『きれいになったと感じさせる

下着・ランジェリーを見つけませんか?』

■ 『ちょっと変わった 新しい古代日本史』

■ 『面白くて楽しいレンゲ物語』

■ 『カナダのバーナビーと軽井沢に別荘を持つことを

夢見る小百合さんの物語』

■ 『今すぐに役立つホットな情報』

■ 『 ○ 笑う者には福が来る ○ 』

 『あなたもワクワクする新世代のブログ』

■ 『バンクーバーの寒中水泳』

『お受験と教育ママ(2009年9月8日)』

『熊校の先生(2009年9月10日)』

『「田舎教師」再訪(2009年9月12日)』

『四季桜(2009年9月14日)』

『熊校の思い出(2009年9月16日)』

『「田舎教師」と行田(2009年9月18日)』

『小百合さんの存在感(2009年9月20日)』

『大阪の歴史馬鹿(2009年9月22日)』
 
『「蒲団」と「田舎教師」(2009年9月24日)』

『卑弥子さんの存在感(2009年9月26日)』

『ロマンとデジャヴ(2009年9月28日)』

『夫婦風呂(2009年9月30日)』

『露悪趣味(2009年10月2日)』

『カプリ島と香水(2009年10月10日)』

『小百合さんの香水10月14日)』

こんにちはジューンです。

あなたはツイッターをやっていますか?

すごいですよね。

最近は、どのページを見ても

ツイッターにつぶやけるようになっていたり、

また、ツイッターに関する話題が

ページのどこかに見えますよね。

ツイッターが野火のように広がってゆくのが

目に見えるようです。

あなたも、そのような印象を持ちませんか?

twitter は自動詞として使われると

次のような意味があります。

1) (鳥が)さえずる、高い声で鳴く

2) 甲高い声でぺちゃくちゃしゃべる

3) 興奮してクスクス笑う

4) 高い震え声で話す、歌う

5) 興奮して小刻みに震える

名詞として使う場合には

次のような意味になります。

1) (鳥などの)さえずり、甲高い鳴き声

2) ひどい興奮、動揺、うろたえ

3) ツイッター。ユーザーが140文字以内の

コメント(つぶやき)を投稿し合ってコミュニケーションする、

米国Twitter社によるミニブログサービス。
 

ところで、英語の面白い記事を集めてみました。

時間があったら次のリンクをクリックして

読んでみてくださいね。

■ 『あなたのための愉快で楽しい英語』

 『あなたもワクワクする新世代のブログ』

とにかく、今日も一日楽しく愉快に

ネットサーフィンしましょうね。

じゃあね。

マルちゃんと黒い霧

2010年4月10日

 

マルちゃんと黒い霧

 


(banzai10.gif)

 

Subj:小百合さん、おはよう!

今朝の2度目のおはようですよう!

きゃはははは。。。


(foolw.gif)

Date: 11/03/2010 12:33:01 PM
Pacific Standard Time
日本時間:3月12日(金)午前5時33分
From: denman@coolmail.jp
To: sayuri@hotmail.com
CC: barclay1720@aol.com

小百合さん、元気でお目覚めですか?
笑顔を忘れずに、今日も元気よく過ごしてね。

夕べはマルちゃんの「たぬき 天そば」をいただきました。


(tanuki2.jpg)

鰹だし!香る!うまい!こだわりのつゆ、だってぇ~。。。
うへへへへへ。。。

でも、実際、その通りで、鰹のだしがきいていて、実に、こだわりのつゆだと思いましたよう。
テンプラが、また良くできているねぇ~。
本物のテンプラを食べるような感触でした。
うししししし。。。
だから、そばを食べた後の残りのつゆに、冷ご飯を入れて食べたら、抜群の雑炊になりました。
うまかった!
小百合さんの真心の味を感じましたよう!

\(*^_^*)/ きゃはははは…

小百合さんの心の優しさを十分に感じながらいただきました。
小百合さん、ありがとねぇ。
こんなに感謝しながら毎日のようにメールを出して涙ながらに感激して食べる人も珍しいでしょう!?
きゃははははは。。。

でも、人生は一度だけですからね。
小百合さんの真心を感じながら、心のこもった贈り物をいただける幸せは僕の人生にとって本当に素晴らしいのですよう!

とにかく、小百合さんも、早く人生で大切なことに時間をかけてくださいね。
役所のヤらしいおっさんのことなど早く忘れてね。

\(^Д^)/ ギャハハハハ…

僕に魔法が使えるのならば、小百合さんのために、役所のヤらしいおっさんのすべてをカエルか石に変えてしまいますよう!


(frog02.gif)

きゃはははは。。。

嫌な事は早く忘れて小百合さんにとって意味のあることをやってください。
本当の軽井沢タリアセン夫人になってね。


(sayuri80.jpg)

そして、ルンルン気分で楽しい人生を送ってね。
人生はたったの一度なけなのだから!
きゃはははは。。。

小百合さんのメールが毎日読めないので、小百合物語に小百合さんがしばしば登場するようになりました。
そうして書いたのが11日の次の対話編です。


(oshi1.jpg)

『行田の黒い霧と工藤市長』

(2010年3月11日)

ホットコーヒーを入れながら、ゆっくりと楽しみながら読んでね。
じゃあねぇ~。。。


(foolw.gif)

小百合さん、バンザ~♪~イ!
きゃははははは。。。
じゃあねぇ~♪~。。。


(denman01.gif)


(sayuri55.gif)

デンマンさんは、わたしが送った小包の中身を一つ一つ紹介するのですか?


(kato3.gif)

いけませんか?

だってぇ~、小包も私信のような物ですわ。繊細な女心の隅から隅まで裸にされてしまうようで、私はいたたまれないような恥ずかしさを感じるのですわ。

小百合さんは過剰に反応していますよう。僕は小百合さんの女心を裸にしようとしているのではないのですから。。。

でも、私は、そのように感じてしまうのですわ。

だから、小百合さんがちょっとばかり感じすぎるのですよう。

デンマンさんが女心を知らなすぎるのですわ。

あのねぇ~、小百合さんが送ってくれた愛の小包の中身を公開したってぇ、決して小百合さんの女心を裸にすることにはならないのです。

どうして、デンマンさんはそのように断定なさるのですか?

あのねぇ~、『小百合物語』を読んでいる常連の読者のオツムには、小百合さんのイメージが次の写真のように描き出されるのですよう。


(sayuri31.jpg)

そのように断定できないと思いますわ。

どうしてですか?

個人個人によって私のイメージは、当然違ってあたりまえですわ。

でもねぇ~、僕はこれまで小百合さんの写真は、次のようなモノしか記事の中で貼り出してないのですよう。


(sayuri38.jpg)


(sayuri43.jpg)


(sayuri82.jpg)

だから、どうだとデンマンさんはおっしゃるのですか?

小百合さんの裸のイメージなど誰にも分からないのですよ。

でも、デンマンさんは、私の裸の写真をでっちあげたではありませんかァ!

あのねぇ~。。。、小百合さんは、どうしてそのような事まで言ってしまうのですかァ。。。黙っていれば誰にも分からないことなのですよう。

でも、私は事実を素直に申し上げているのですわ。

そのような事は言わなくてもいいのですよう。んもお~~。

でも、私が送った小包の中身を一つ一つデンマンさんが公開するからですわ。

分かりました。。。じゃあねぇ~、小包の中身のすべては公開しません。せめて、小百合さんの下着姿が見えてくるところまでにしますよう。


(sayuri72.jpg)

これならいいでしょう?

デンマンさんは、どうして私の下着姿にこだわるのですか?

僕はこだわっていませんよう。小百合さんが「女心を裸にされるようで…」と、余計な事を言ったので、こういうことになってしまったのですよう。

分かりましたわ。それで今日はマルちゃんの「たぬき 天そば」のことについて、デンマンさんは、どうしても話さずには居られないのですか?

いや。。。僕は別にマルちゃんの「たぬき 天そば」にこだわっているわけじゃないのだけれど、小百合さんが知らないことを一言だけしゃべりたいのですよう。

私が知らないことってぇ何ですの?

次の表を見てください。


(tanuki1.gif)

(tanuki2.jpg)

あらっ。。。デンマンさんは、こんなところまで読むのですか?

もちろんですよう。マルちゃんの「たぬき 天そば」は、僕がスーパーマーケットで買ってきたわけではないのですよう。小百合さんが心を込めて愛の小包にしたのです。その中の大切なバレンタインの贈り物なのですよう。だから、僕は小百合さんの真心を確かめるように、しみじみと上の表の隅々まで眺め回したのですよう。うへへへへへ。。。

デンマンさんの冗談は、かな~りきついですよねぇ。うふふふふふ。。。それで、上の表がどうだとおっしゃるのですか?

僕は表を眺めてビックリしたのですよう。

何がそれほどデンマンさんをビックリさせてしまったのですか?

まるでオリンピックの参加国を見ているようじゃありませんか!僕はすべての材料が日本でできたモノと思って食べたのに、ドンブリを見ると、小麦粉もそば粉も、すべてではないけれど、カナダのものを使っているのですよう。

日本で作られるインスタント食品の多くが、今では、その原材料のほとんどを海外から輸入しているのですわ。

とにかく、驚きましたよう。つまり。。。マルちゃんの「たぬき 天そば」の30%ほどは、カナダ出身だったのですよう。小麦粉とそば粉がバンクーバーの港から積み出されて、日本の工場に行き、製品になると、小百合さんの愛の手を経て、バレンタインの愛の小包の中に入れられて、またバンクーバーに里帰りした。それで、結局、僕の胃袋の中に納まったというわけですよね。うししししし。。。

つまり、そのことが言いたいために、デンマンさんはマルちゃんの「たぬき 天そば」を持ち出してきたのですか?

もちろん、違いますよう。

他にも言いたいことがあるのですか?

もちろんですよう。タイトルにわざわざ『マルちゃんと黒い霧』と書いたのですよう。

つまり、タイトルの“黒い霧”というのは次の記事の「行田の黒い霧」のことですか?


(oshi1.jpg)

『行田の黒い霧と工藤市長』

(2010年3月11日)

その通りですよう。

。。。で、デンマンさんは、また、工藤正司市長を批判するのですか?

いや。。。今日は工藤市長を批判するために、こうして記事を書いたわけではないのですよう。実は、僕の弟から近況報告の手紙をもらったのですよう。読んでみてください。

デンマン兄へ

前略

近況報告のつもりで久しぶりに手紙を書きます。

母は要介護1と認定され、毎週月曜日に行田市内の介護施設へ通うことになりました。

また、月に一回、行田中央総合病院の訪問介護を受けています。

それから、デンマン兄が市役所に掛け合っていた前の老朽家屋についても進展が見られました。


(ghous25.gif)

あの家屋は解体され、私の家の屋根に落ち葉をさんざ撒き散らして屋根をプールのようにした、あの大木も切り倒されて、今では跡形も無く、ウソのように消え去りました。

マンション購入の件は、めぼしい物件が決まらずに中止となっています。

バンクーバーも、そろそろ春めいてくるでしょう。

季節の変わり目です。

風邪など引かないように元気にお過ごしください。

早々

圭三

2010年2月26日

(loospage.gif)

あらっ。。。市役所の役人さんが動いて問題が解決したのですか?

そうなのですよう。とにかく良かったですよう。去年の10月に帰省したその夜ですよう。36時間ほど一睡もしてなくて、やっと眠れると思って、真夜中を少し過ぎた頃に布団にもぐりこんだ。それからまもなく午前三時に天井から廊下に雨が漏る音で目が覚めた。1時間もしないうちに天井が抜けたように雨がザーと流れ落ちて、階段を滝のように流れてゆく。大変な目にあいましたよう。

デンマンさんが市役所の役人さんに、苦情や要望を言ったので動いてくれたのかしら?

そうですよう。それに、この事では僕もかなりムキになって記事に書きましたからね。

秘書課の塩川さんとのやりとり


(beethov2.jpg)

秘書課の塩川ですが。。。

あのねぇ~、塩川さん。。。これこれ、こう言う訳で、10月28日から今日(11月9日)まで、市役所の担当者は全く動いていない。僕は電話一本、もらってないのですよう。明日の午後5時の飛行機で僕はバンクーバーに戻るのですよう。

もっと以前に電話をいただければ。。。

あのねぇ~、こちらにも都合があるのですよう。お袋が救急車で入院したのが10月26日。退院したのが11月7日。僕は毎日病院へ見舞いに行きましたからね。他にも、やらねばならない仕事もあったし、時間がなかった。担当者がそれなりの対策なり処置なりをしているものと思っていたのですよう。しかし、何もしてないじゃないですか。

先ほど係りの者のメモがありましたので、環境課に連絡してみましたら、担当者がデンマン様のご実家の隣の家主に11月6日に会いに行ったそうです。

それで。。。?

なにぶんにも私有財産にかかわることですから、市役所としては強制的に大木の枝を切るわけにもゆきません。家主様に切っていただくように依頼する以外に、こちらとしても他にやり方がないのです。

確かに、同じような問題で他の地方自治体でも困っている話はテレビの番組を見て知っていますよう。現在、日本では8軒のうち、1軒が空き家だとNHKの番組で言ってました。ところで、あの有名な“ゴミ屋敷”は行田にもあるそうじゃないですか?

その通りです。市の関係部署でも困っております。

それからねぇ、塩川さん。。。極めて重要なことだけれど市役所側の職務怠慢があると思うのですよう。

職務怠慢ですか?

そうです。あのねぇ、10月28日に防災安全課に電話したら、昼食も食べないで、なんと午後12時10分に係長ぐらいの年恰好の人と、主任ぐらいの年恰好の人が、二人してやってきてくれました。その誠意には感心しましたよう

そうですか。。。

そのようにすぐに仕事をやってもらいたいものですね。

それで、職務怠慢と言う件ですが。。。

あのねぇ、その二人が応接間を見て、「これはひどいですねぇ~」と言ったのですよう。確かに応接間はひどい状態で、お客さんを招き入れるような状態ではないのですよう。

それで。。。?

2階のベランダに出て、隣の落葉樹の大木を見せ、屋根の構造から、排水口に落ち葉が詰まることなど、具体的に説明しました。隣の大木が問題を起こしていると言うことで理解してくれたのだけれど、こちらの地所に伸びている枝を切ることは出来るが地主に話して切ってもらうしか市役所でも手の施しようがないと言いました。それから被害箇所をデジカメで撮って、30分ぐらい話して役所に戻ってゆきました。

それが職務怠慢なのですか?

いや。。。そうではありません。防災安全課から担当者がやって来たことを弟に話したら、同じ件で2年前に市役所に電話したと言うのですよう。一度ならず2度も3度も電話したと言うのです。でも、これまで誰も来なかったし、何の進展もなかったと言うのですよう。つまり、今回のように、2年前に市役所の担当者が被害の様子を見に来て、事態の重要性に気付いていたら、地主に話して枝を切らせていたかもしれない。枝を切っていれば、今回ほどには雨漏れによる被害は出ていなかったはずですよう。要するに、これは市役所の落ち度ではないか!?。。。職務怠慢ではないか!。。。そう思ったわけですよう。

なるほど。。。確かに、おっしゃる通りかもしれません。

あのねぇ~、いつまでも、こういう事をほったらかしにしておくと市長の次回の選挙にも影響があると思いますよう。

はい。。。はい。。。ごもっともです。

今回、市長が当選したのも、前市長の横田さんが立候補を断念したからですよね。しかも、その後で、横田さんは自殺しているのですよう。なんだか知らないけれど、行田市政を黒い霧が覆っているようじゃありませんか。。。脅(おど)すつもりは、さらさらないけれど、この件に関しては、ブログで記事に書くつもりです。。。それに、今年帰省して感じたことは、行田市の中心が去年と比べて明らかに寂(さび)れていますよう。あのPASEOSの1階にあったスーパーの中村屋は店を閉めているし、5階にあったコーヒーショップも店を閉じている。現在、行田市の負債総額は500億円もあるそうじゃないですか。誤解しないでくださいね。僕は工藤市長を応援するつもりで言っているのです。だから、2期目を狙うなら、少しは誠意を見せて、市民が満足するような。。。、市民が納得するような仕事をしてくださいよう


(foolx.gif)

僕は言いたい事は言いました。
それに、塩川さんに電話で伝えたように、記事にもこうして書きました。
これからも書き続けます。

ちなみに、塩川さんは誠意を見せてくれました。
その日(11月9日)の午後4時40分に環境課の担当者が僕の実家にやって来ました。
被害が出た箇所をデジカメで写真に撮って30分ほど話を聞いて帰ってゆきました。
しかし、その訪問は誠意を見せるための誠意だったように見えました。
建前の誠意じゃなく、本音の誠意を見せて仕事をしてもらいたいものです。


『ムカついたデンマンと役人とのやり取り』より
(2009年11月30日)

デンマンさんの脅(おど)しが効(き)いたのでしょうか?

。。。ん?僕の脅し。。。?

そうですわ。デンマンさんは次のように脅していましたわ。

脅(おど)すつもりは、さらさらないけれど、

この件に関しては、ブログで

記事に書くつもりです

僕は“脅すつもりは、さらさらないけれど”と、言っているでしょう。

それが脅しなのですわ。実際、デンマンさんはずいぶんとこの件に関しては記事に書きましたからね。。。

でもねぇ~、僕は思うのだけれど、ブログで記事に書いたことは事態が好転した直接の原因ではないと思いますよう。

そうでしょうか?

今から振り返ってみれば、秘書課の塩川さんを始め、環境課の係長や主任の方々が、僕の苦情や要望を無視しなかったと言うことですよう。僕は改めて行田市役所には良識を持った職員が居ると実感したのですよう。

この事が言いたかったのですか?

そうなのですよう。うししししし。。。ただねぇ、もう一言付け加えるのならば。。。

なんですの?

上の件で誠意を見せてくれた職員さんたちのように、工藤正司市長にも良識を持ってもらいたいですよう。そうして、できるだけ早く500億円の負債を行田市民の子供や孫のために市の帳簿から消して欲しいのですよ。(微笑)

【卑弥子の独り言】


(himiko22.gif)

ですってぇ~。。。
確かに、そうですよねぇ。
あたくしには関係ないですけれど、
行田市民の将来のためにも、500億円の負債を早く返却して欲しいですよね。

それから、行田の古代蓮の里公園で全国的なお見合いを開催してもらいたいですわ。
あたくしの初恋の花が古代蓮の花なのですわ。
だから、あたくしの人生の伴侶も、古代蓮の里公園での全国的なお見合いで見つけ出したいのでござ~♪~ますう。

工藤市長さん。。。このようなお見合い企画はいかがでござ~♪~ましょうか?
かなりの反響があると思うのですわ。

とにかく、あさっても興味深い話題が続くと思いますう。
あなたも、また明後日、読みに戻ってきてくださいましねぇ。
では。。。


(hand.gif)

メチャ面白い、

ためになる関連記事



(linger49.gif)

■ 『きれいになったと感じさせる

下着・ランジェリーを見つけませんか?』

■ 『ちょっと変わった 新しい古代日本史』

■ 『面白くて楽しいレンゲ物語』


(cherry90.jpg)

■ 『カナダのバーナビーと軽井沢に別荘を持つことを

夢見る小百合さんの物語』

■ 『今すぐに役立つホットな情報』

■ 『 ○ 笑う者には福が来る ○ 』


(cherry92.jpg)

『デンマン批判 (2009年5月8日)』

『好ましい批判 (2009年5月12日)』

『立派な反面教師 (2009年5月29日)』

『社会的自我の欠如 (2009年5月30日)』

『原人ブームと漢字馬鹿 (2009年6月5日)』

『また、オマエか! (2009年7月3日)』

『成りすまし馬鹿 (2009年7月5日)』


(polar10.jpg)

『バンクーバーの寒中水泳』

『大阪の歴史馬鹿(2009年9月22日)』

『「蒲団」と「田舎教師」(2009年9月24日)』

『卑弥子さんの存在感(2009年9月26日)』

『ロマンとデジャヴ(2009年9月28日)』

『夫婦風呂(2009年9月30日)』

『露悪趣味(2009年10月2日)』

『カプリ島と香水(2009年10月10日)』

『小百合さんの香水10月14日)』


(cherry02.jpg)

『プッタネスカ(2009年10月18日)』

『国敗れて山河あり(2009年10月22日)』

『鰻重と阿波踊り(2009年10月26日)』

『人のための医療(2009年10月30日)』

『病める日本(2009年11月5日)』

『住めば都(2009年11月15日)』

『猫ちゃんの出迎え(2009年11月17日)』

『名物先生(2009年11月19日)』

『ぶんぶく茶釜(2009年11月21日)』

軽井沢タリアセン夫人の小百合さんが扮するゴディバ夫人 Sayuri
(godiva05.jpg)

『ゴダイヴァ夫人のチョコ』


(chiwawa5.gif)

こんにちは。ジューンです。

1999年夏の「東芝事件」は

ネットでも画期的な事件でした。

東芝製ビデオデッキの修理に関し、

その対応に腹を立てた消費者が、

経緯をネットで公開したのです。

東芝側はホームページの一部削減をさせるため

「名誉権と営業権に基づく妨害排除の請求」の

仮処分を申請しました。

しかし、社会的な批判が高まり、

急遽謝罪を表明したのです。

仮処分の申し立ても取り下げました。

やはり、企業と言えども法の下には

個人と平等なのですよね。

「はてなダイアリー」のユーザーとして

デンマンさんが「はてなダイアリー」の問題点について

たくさん記事を書いています。

ユーザーと「はてなダイアリー」との関係も、

もちろん対等であるべきですよね。

ユーザーが不満を表明し、

釈明を求めているのであれば、

「はてなダイアリー」も誠実に対応すべきだと思います。

ネットの世界は単に現実世界の

向こうの虚像ではありません。

東芝事件のように、

ネット上で激しさを増したユーザーの声は、

間違いなく現実社会に戻ってくるからです。


(vanc700.jpg)

ところで、英語の面白い話をまとめました。

興味があったら、

次のリンクをクリックして

読んでください。

■ 『あなたのための 楽しい英語』


(laugh16.gif)

■ 『性の俗説 (2008年3月4日)』

とにかく、今日も一日楽しく愉快に

ネットサーフィンしましょうね。

じゃあね。


(cherry21.jpg)


(byebye.gif)