Archive for the ‘ロシア’ Category

Chef Babette

2017年12月23日

 

Chef Babette

 


(babette09.jpg)


(diane02.gif)

Kato… have you recently met Chef Babette in town?


(kato3.gif)

What makes you think so?

…’Cause you’ve pasted her photo in the above.

Unfortunately, I haven’t met her in person.

Are you saying, Kato, you’ve met her in your dream—if not a nightmare?

No, not in my dream, but in a movie.

So, Kato, you’ve watched quite a few movies since you wrote the last article in English, huh?

Yes, I have.



(lib71219a.png+lib71219b.png)

“Actual Page”

So, you’ve watched 1,789 movies in Vancouver Public Library, huh?

Yes, I have.

How come you’ve watched so many movies?  Are you challenging the Guinness Book of World Records?

Oh no, I’m just a flick maniac.

So tell me, Kato, which one of the above movies you met Chef Babette in?

It is the following movie.


(lib71218a.png)


“Enlarge”

“Actual Page”

I see… So Chef Babette is a heroine in the above flick, huh?

That’s right.

Kato, tell me about it.

Actually, the above movie is based on a short story written by the following Danish woman.

Baroness Karen von Blixen-Finecke

(17 April 1885 – 7 September 1962)


(blixen01.jpg)

 

She was a Danish author who wrote works in Danish and English.
She is best known under her pen names Isak Dinesen, used in English-speaking countries, and Tania Blixen, used in German-speaking countries.
She also published works using the aliases Osceola and Pierre Andrézel.

Blixen is best known for Out of Africa, an account of her life while living in Kenya, and for one of her stories, Babette’s Feast, both of which have been adapted into Academy Award-winning motion pictures.
She is also noted, particularly in Denmark, for her Seven Gothic Tales.

Blixen was considered several times for the Nobel Prize in Literature.

Karen Blixen and her husband (Bror Blixen) were quite different in education and temperament, and Bror Blixen was unfaithful to his wife.
She was diagnosed with syphilis toward the end of their first year of marriage in 1915.
According to her biographer Judith Thurman, she contracted the disease from her husband.
She returned to Denmark in June 1915 for treatment which proved successful.

Although Blixen’s illness was eventually cured (some uncertainty exists), it created medical anguish for years to come.
By 1919, the marriage had run into serious difficulties, causing her husband to request a divorce in 1920.
Against her wishes, the couple separated in 1921, and were officially divorced in 1925.
Bror Blixen was dismissed as the farm manager by Aage Westenholz, chair of the Karen Coffee Company, and Karen Blixen took over its management in 1921.

The most famous story is “Babette’s Feast”, about a chef who spends her entire 10,000-franc lottery prize to prepare a final spectacular gourmet meal.
The story evaluates relationships and examines whether the austere but charitable life led by the sisters, in adherence to an ideal, is less true to faith than the passionate gift from the heart of their housekeeper.
The story was reproduced in a film directed and written by Gabriel Axel, which was released in 1987, and won the Best Foreign Film Oscar in 1988.

In 1959, Blixen made her only trip to the United States.
It was an extended trip spanning from January to April, and while the purpose was to complete a series of educational films and discussions for the Ford Foundation and Encyclopædia Britannica, Blixen intended to enjoy herself.
She was the feature of a Life Magazine article in the 19 January 1959 edition and attended two Broadway openings.

Feted by the well-to-do of New York society, Blixen was invited to dine with socialites Babe Paley and Gloria Vanderbilt.
She was photographed by Richard Avedon and Cecil Beaton; the guest of John Steinbeck, who hosted a cocktail party in her honor; and serenaded by Maria Callas.


(stein01.gif)


(callas01.jpg)

 

Nobel laureate Pearl Buck and poets e. e. cummings and Marianne Moore came to see her, as well.


(buck90.jpg)

   Pearl Buck

 

When Blixen expressed a desire to meet Marilyn Monroe, the author Carson McCullers arranged a meeting with Monroe and her husband, the playwright Arthur Miller.


(monroe68.jpg)

Marilyn Monroe & Arthur Miller


SOURCE: “Karen Blixen” Wikipedia

Karen contracted syphilis from her husband, huh?

Unfortunately yes, she did.

So, did Chef Babette contract the disease as well?

Oh no, the above movie has nothing to do with syphilis.

Then how come you jotted down her illness?

…’Cause I want you to know that Karen Blixen experienced so many painful yet colorful events that she came up with a marvellous and spiritual story about Chef Babette.

Tell me, Kato, how it goes.

Alright, it goes like this:

Babette’s Feast


(babette08.jpg)

 

The elderly and pious Protestant sisters Martine (Birgitte Federspiel) and Philippa (Bodil Kjer) live in a small village on the remote western coast of Jutland in 19th-century Denmark.
Their father was a pastor who founded his own Pietistic conventicle.
With their father now dead and the austere sect drawing no new converts, the aging sisters preside over a dwindling congregation of white-haired believers.

The story flashes back 49 years, showing the sisters in their youth.


(babette06.jpg)

The beautiful girls have many suitors, but their father rejects them all, and indeed derides marriage.
Each daughter is courted by an impassioned suitor visiting Jutland – Martine by a charming young Swedish cavalry officer, Lorens Löwenhielm.


(babette13.jpg)

Philippa is courted by a star baritone, Achille Papin, from the Paris opera, on hiatus to the silence of the coast.


(babette12.jpg)

Both sisters decide to stay with their father and spurn any life away from Jutland.

Thirty-five years later, Babette Hersant (Stéphane Audran) appears at their door.


(babette10b.jpg)

She carries only a letter from Papin, explaining that she is a refugee from counter-revolutionary bloodshed in Paris, and recommending her as a housekeeper.
The sisters cannot afford to take Babette in, but she offers to work for free.

Babette serves as their cook for the next 14 years, producing an improved version of the bland meals typical of the abstemious nature of the congregation, and slowly gaining their respect.
Her only link to her former life is a lottery ticket that a friend in Paris renews for her every year.

One day, she wins the lottery of 10,000 francs.
Instead of using the money to return to Paris and her lost lifestyle, she decides to spend it preparing a delicious dinner for the sisters and their small congregation on the occasion of the founding pastor’s hundredth birthday.

More than just a feast, the meal is an outpouring of Babette’s appreciation, an act of self-sacrifice; Babette tells no one that she is spending her entire winnings on the meal.

The sisters accept both Babette’s meal and her offer to pay for the creation of a “real French dinner”.
Babette arranges for her nephew to go to Paris and gather the supplies for the feast.
The ingredients are plentiful, sumptuous and exotic, and their arrival causes much discussion among the villagers.

As the various never-before-seen ingredients arrive, and preparations commence, the sisters begin to worry that the meal will become a sin of sensual luxury, if not some form of devilry.
In a hasty conference, the sisters and the congregation agree to eat the meal, but to forgo speaking of any pleasure in it, and to make no mention of the food during the dinner.

Martine’s former suitor, Lorens, now a famous general married to a member of the Queen’s court, comes as the guest of his aunt, the local lady of the manor and a member of the old pastor’s congregation.


(babette14.jpg)

He is unaware of the other guests’ austere plans, and as a man of the world and former attaché in Paris, he is the only person at the table qualified to comment on the meal.
He regales the guests with abundant information about the extraordinary food and drink, comparing it to a meal he enjoyed years earlier at the famous Café Anglais in Paris.


(babette05.jpg)

Although the other celebrants refuse to comment on the earthly pleasures of their meal, Babette’s gifts break down their distrust and superstitions, elevating them physically and spiritually.
Old wrongs are forgotten, ancient loves are rekindled, and a mystical redemption of the human spirit settles over the table.


(babette03.jpg)

The sisters assume that Babette will now return to Paris.
However, when she tells them that all of her money is gone and that she is not going anywhere, the sisters are aghast.
Babette then reveals that she was formerly the head chef of the Café Anglais, and tells them that dinner for 12 there has a price of 10,000 francs.

Martine tearfully says, “Now you will be poor the rest of your life”, to which Babette replies, “An artist is never poor.”
Philippa then says: “But this is not the end, Babette. In Paradise you will be the great artist God meant you to be” and then embraces her with tears in her eyes saying: “Oh, how you will enchant the angels!”, which is precisely how the short story ends.


SOURCE: “Babette’s Feast” Wikipedia

So, Kato, how come you’ve picked up the above picture for me?

…’Cause you’re a daughter of a clergyman.  So, I thought you might be interested in the life of pious Protestant sisters Martine and Philippa—daughters of a pastor who founded his own Pietistic conventicle.

Well… my father didn’t found his own conventicle, but the movie seems quite interesting by itself… So is that the reason you brought up this movie?

No, that’s not the only reason I talk about this movie.

Then what else made you bring up this movie?

You see, Babette says, “An artist is never poor.”  I think so, too.  They say, Art is long, life is short.  Right?

Yes, you’re telling me, Kato.

Since you’re an artist, I’ve picked up another movie for you.


(concert03.jpg)


(lib71214a.png)


“Enlarge”

“Actual Page”

 

Directed by Radu Mihăileanu in 2009, this French dramedy cuminates in the concert, which has a wobbly beginning due to the lack of rehearsals then manages to reach the conductor’s ideal of spontaneous harmony once the solo violinist mesmerizes everyone with her magnificent interpretation of the solo part, which she had studied on her mother’s annotated score.

The musical work has a central role in the film.

Played during the final scene is the Violin Concerto in D major, Op. 35 by Tchaikovsky.

Also included on the soundtrack are classical selections by Mahler, Mendelssohn, Mozart and Khachaturian.

If you’re a music lover—Tchaikovsky in particular, this is a must-see.


(tchai01.jpg)

As a violinist, you should be able to enjoy the above movie.

So, Kato, you remember I play the violin, huh?

Yes, of course, I do.  In any case, there are ten people waiting to see “Bubette’s Feast”.  So you should reserve the DVD as soon as possible.

Yes, I’ll do it right away.


(dianelin3.jpg)


(laughx.gif)

【Himiko’s Monologue】


(himiko22.gif)

Kato has watched 1,789 movies at the Vancouver Public Library so far.

When I take a look at the above movie list, I notice a film called “Zero Days.”


(lib71221a)

“Actual Page”

 

Kato jotted down the following comment:


(zerodays2.jpg)

Originally released as a motion picture in 2016, this 114-minute documentary shows you a possible devastating ciber warfare.

Besides Stuxnet, a malicious computer worm, there exists a much more gigantic thingamajig called “Nitro Zeus”, which is a project name for a well funded comprehensive cyber attack plan created as a mitigation strategy after the Stuxnet malware campaign and its aftermath.

Unlike Stuxnet, that was loaded onto a system after the design phase to affect its proper operation, Nitro Zeus lets a malware sneak into a system during the design phase unbeknownst to the system users.

This builtin feature allows a more assured and effective cyber attack against the system’s users.

This scary documentary will tell you that we’re unknowingly exposed to the risk of a full-scale cyber war.


(zerodays3.jpg)

It sounds quite scary.

Anyway, I past the trailer here.

It looks scary, but everybody should know about it.

Don’t you think so?

I think I’ll borrow the DVD.

How about you?

In any case, I expect Kato will write another interesting article soon.

So please come back to see me.

Have a nice day!

Bye bye …


(hand.gif)


(renge400.jpg)

If you’ve got some time,

Please read one of the following artciles:


(dianesun.jpg)

“Glorious Summer”

“Biker Babe & Granny”

“Genetically Modified”

“Tyrannosaur”

“Love@Magic”

“Yellow Ball”

“Welcome Back”

“Forbidden Love”

“Merry X’Mas”

“Heaven with Mochi”

“Travel Expense Scandal”

“Love@Redemption”


(cook002.jpg)

“JAGEL”

“JAGEL Again”

“Say NO!”

Happy Gal in Canada

Roof of Vancouver

Aftershock

Whiplash

Sex Appeal

Better Off Without Senate

Fire Festival

Sweets@Paris

Scary Quake

MH370 Mystery

Putin’s Way

Trump @ Vancouver

Otter & Trump


(juneswim.jpg)

Changeling

Fiddler on the Roof

Flesh and Bone

Maiden’s Prayer

Romeo & Juliet

Trump @ Joke

Halloween in Shibuya

Trump Shock

Happy New Year!


(biker302.jpg)

Life or Death

Way to Millionaire

Adele Hugo

Middle Sexes

Romance@Madison

Hacksaw Ridge

Eight the Dog

Halloween@Shibuya


(surfin2.gif)


(bare02b.gif)

Hi, I’m June Adams.

Kato is a real movie lover, who tries to watch 1001 movies.

As a matter of fact, he has already accomplished his goal.


(lib50909a.png)

『Actual List』


(june001.gif)

Kato watched “The Arabian Nights” or “One Thousand and One Nights” as his 1001th movie.

You might just as well want to view it.


(1001nite.jpg)


(1001nite10.jpg)

The stories in “the Arabian Nights” were collected over many centuries by various authors, translators, and scholars across West, Central, and South Asia and North Africa.

The tales themselves trace their roots back to ancient and medieval Arabic, Persian, Indian, Egyptian and Mesopotamian folklore and literature.

In particular, many tales were originally folk stories from the Caliphate era, while others, especially the frame story, are most probably drawn from the Pahlavi Persian work Hazār Afsān which in turn relied partly on Indian elements.

What is common throughout all the editions of the Nights is the initial frame story of the ruler Shahryār and his wife Scheherazade and the framing device incorporated throughout the tales themselves.

The stories proceed from this original tale.

Some are framed within other tales, while others begin and end of their own accord.

Some editions contain only a few hundred nights, while others include 1,001 or more.


(bellyan15.gif)

ところで、愛とロマンに満ちた

レンゲさんのお話をまとめて

『レンゲ物語』を作りました。

もし、レンゲさんの記事をまとめて読みたいならば、

次のリンクをクリックしてくださいね。

『愛とロマンのレンゲ物語』


(renge730.jpg)

『軽井沢タリアセン夫人 – 小百合物語』

とにかく、今日も一日楽しく愉快に

ネットサーフィンしましょうね。

じゃあね。


(bikini901b.jpg)


(dogs17.gif)


(girlxx.gif)

ロシアからやって来た

2016年11月29日

 

ロシアからやって来た

 


(russialuv1.jpg)


(russialuv2.jpg)


(junevanc.jpg)


(june001.gif)

デンマンさん。。。 ロシアからどなたがやって来たのですか?


(kato3.gif)

誰だと思いますか?

誰だか判らないから、こうして質問しているのではありませんかァ!

あてずっぽうでいいから言ってみてください。

そんなこと判るわけないじゃありませんかァ! 上の 007 の写真とテーマソングだけで、他にはヒントも何もないのですから。。。

わかりました。。。 では、次のリストを見てください。


(liv61125a.png)

『拡大する』

これはライブドアの僕の『徒然ブログ』の11月26日の生ログの一部ですよ。。。 赤枠で囲んだ箇所に注目してください。

あらっ。。。 日本時間の11月26日の午前2時23分に ロシアの yandex (https://yandex.ru/) で検索してデンマンさんのブログにやって来たのですわねぇ~。。。

そういうことです。。。 モスクワからやって来たのですよ。

でも。。。、でも。。。、どうしてモスクワからやって来たと判るのですか?

簡単なことですよ。。。 IPアドレスを調べればすぐに判ります。


(ip14221.png)

『拡大する』

。。。で、このロシア人はどの記事を読んだのですか?

次の記事です。。。


(oniel05.jpg)


(monroe99.jpg)

“From Summer to Eternity”

。。。で、モスクワに住む どなたが上の記事を読んだのですか?

モスクワ市のヤセネホ地区(Yasenevo District) に住んでいるアルバート・ポポフ君(Альберт Popov)が読んだのです。


(moscow88.jpg)


(yasenevo.png)


(yasenevo2.jpg)

でも。。。、でも。。。、どうしてヤセネホ地区(Yasenevo District) に住んでいるアルバート・ポポフ君(Альберт Popov)が読んだと判ったのですか?

簡単なことですよ。。。 アルバート・ポポフ君が僕の記事を読んで次のイタリアの映画のカタログページにメッセージを残したのですよ。。。


(lib21115.gif)

“Actual Page”

わざわざ上のリンクをクリックして次のメッセージを書いてくれたのです。


(messg03.png)

『拡大する』

信じられませんわァ~。。。

あのねぇ~、昔の人は“信じる者は救われる!”と言ったのですよ。。。 だから、ジューンさんも僕の言うことを信じてねぇ。

でも。。。、でも。。。、海外のネット市民の皆様が マジでデンマンさんのブログを読んでいるのですかァ~?

ジューンさんは疑り深いのですねぇ~。。。 信じられないのならば次のリストを見てください。

 

海外からのアクセス

 


(wp61122map.png)


(wp61122b.png)

『From Summer to Eternity』@Denman Blog

 

このリストは、僕の Denman Blog の海外からのアクセスを記録したものです。。。 58名のロシア人が Denman Blog にアクセスしたのですよ。 ライブドアの『徒然ブログ』にも 同じようにたくさんの国からのアクセスがあるのです。

つまり、123ヵ国のネット市民の皆様が読んでいるのですか?

そうです。。。 上のリストがその証拠じゃありませんかァ!。。。 ジューンさんもカナダからアクセスした 6、094人の一人ですよ。


(laugh16.gif)

【卑弥子の独り言】


(himiko22.gif)

ですってぇ~。。。

確かに、たくさんの国からデンマンさんのブログにアクセスしているネット市民の方々がおられるのでござ~ますわァ。。。

もちろん、ほとんどの方々が海外に在住したり、駐在したりしている日本人のお方なのですわ。

そういうわけで、海外のネット市民の皆様も あたくしの“ヴィーナスのえくぼ”に注目しているのですわよう。

うふふふふふふ。。。

ええっ。。。 信用できないのでござ~ますか?

それではここで、あなたに ご覧にいれますわねぇ~。。。


(gog60409a.png)

『拡大する』

『現時点での検索結果』

 

最近 「卑弥子 女性の本当の魅力 ヴィーナスのえくぼ」と入れてGOOGLEで検索する殿方が多いのでござ~ますわァ。

つまり、あたくしの“ヴィーナスのえくぼ”を目当てにやって来るのですわよう。。。

うふふふふふふ。。。

あたくしは、ジムに毎日通って“ヴィーナスのえくぼ”をゲットしたのですわァ~。。。


(buttdimp5.jpg)

どうでござ~ますかァ?

ええっ。。。 あたくしのお尻だとは思えないのでござ~ますかァ~?

どうしてよう?

ええっ。。。 スタイルがよすぎると、おっしゃるのござ~ますかァ~?

あたくしが十二単を一枚、一枚脱いでゆくと、
最後には上のようなおヌードになるのですわよう。

信じてくださいましなァ~。。。

ところで、あなたは『万夜一夜物語』を読んだことがござ~ますかァ~?

“千夜一夜物語”ではなくてぇ、“万夜一夜物語”ですわ。


(manya02.jpg)

『万夜一夜物語』

デンマンさんが書いたのでござ~ますわよう。

ええっ。。。 10,001の話が書かれているのかってぇ~。。。?

とにかく、上のリンクをクリックして読んでみてくださいませぇ~。。。

あなたも、絶対にビックリするようなお話が出てきますわァ。

『万夜一夜物語』だけでは、物足りないのでしたら、
ジューンさんが登場する面白いお話もたくさんあります。

興味のある方は、どうか次のリンクをクリックして読んでくださいましねぇ~。。。

軽井沢タリアセン夫人の小百合さんが扮するゴディバ夫人
(godiva05.jpg)

『やっぱり処女とおばさん』

『ウンコで走るバス』

『レダの卵』

『正月の熟女』

『新春画ネット散歩』

『愛と下着の美学』

『モナリザもビックリ』

『象が泣く』

『国際化に加速』

『美しき未亡人』

『ジューンさん、バイザイして』

『ジューンさん“いいね”が付いてるよ』

ジューンさんの熟女下着
(30june.jpg)

『床上手なのねぇ~』

『外国人SEXデンマン』

『外国人SEXデンマン再び』

『大きいことはいいことじゃない』

『デンバー直行便でジューンさんの下着』

『ジューンさんのヌードを探して』

『半分のお尻で…』

『プーフィードレス』


(sylvie122.jpg)

『万夜一夜物語』

『ゆかじょうず』

『日本語じょうず』

『モナリザがニーハオ』

『おばさんの下着がいいの?』

『なぜ、ヤノマミ?』

『マタハラ』

『マタハラとrundll32』

『お尻のえくぼ』

『なぜカウチポテト?』

『あなたの混浴』

『夢の出会いを求めて』

『乙女と処女』

『戦場に行くことを教えた女教師』

『桜井の別れと母上様』

『ダイアモンドは女の親友』

『愛のコリーダを訳す』

『マルタ島のロマン再び』

『大前研一 奇妙な検索』

『ついに千夜一夜』

『いいね攻略と良妻賢母』

『批判が無いとヒトラーがのさばる』

『混浴入浴風景』

(roten101.jpg+cleoani.gif)

『9日間の女王』

『あなたは敬語?』

『原節子とジューンさん』

『モナリザの妹』

『ナイアガラとマリリンモンロー』

『おばさんパンツ@大晦日』

『ヴィーナスのえくぼ@ジューン』

『乳房振動とブラの研究』

『G線上のアリア』

『悲愴と白鳥』

『ブッダと千夜一夜物語』

『絹の道と千夜一夜物語』

『ヤノマミの乙女』

『ジャータカと今昔物語』

『白木屋お熊とセックス』

『パンツを売る乙女』

『床上手な女@マルタ島』

『宮沢りえとおばさんパンツ』

『マチュピチュとインディー・ジョーンズ』

『映画を愛する薄命の女』

『ベニスの騒動』

『アンネとハンナ』

『名器たこつぼ』

『レダの卵を探して…』


(miro0018.jpg)

『サモトラケのニケとミロのヴィーナス』

『薄命な女のパンツ』

『ロトの娘たち』

『もう一人のモナリザ』

『万夜一夜の謎』

『自由という誘惑』

『驚異の大洪水』

『おつまみミステリー』

『混浴風景を探して』

『ハレルヤ』

『マルタ島のロマンだ』

『宮沢りえ人気@海外』

『癒しを奏でるパンツ』

『マルタ島deロマン』

『生ログdeロマン散歩』

『宮沢りえ@クールジャパン』

『混浴風呂ガー』

『ウェルカムバック』

『コペンハーゲンからやって来た』

とにかく、次回も興味深い記事が続きますわ。
だから、あなたも、また読みに戻ってきてくださいね。
じゃあ、また。。。


(hand.gif)


(chiwawa5.gif)

こんにちは。ジューンです。

スパムメールが相変わらず多いですわよね。

あなたのメールボックスにも、

ジャンクメールがいっぱい入っているでしょう!?

スパムメールを飛ばしているのは

いったい、どういう人たちなのでしょうか?

出会い系サイトのオーナーたちが多いそうですわ。

彼らは会員を集めるためにスパムメールをばら撒きます。

そのためにメールアドレスのリストを購入しています。

では、そのようなリストを販売している人は

どうやってメールアドレスを集めているのでしょうか?

ロボット(自動巡回プログラム)によって

自動収集させているのです。

ところで、サーチエンジンの自動巡回ロボットは

毎日世界中のサイトを訪問し、

その内容をデータベースに書き込んでいます。

同じように、このメールアドレス収集巡回ロボットも、

HTMLソースを分析し、

メールアドレスらしきものをどんどん記録してゆきます。

でも、使っていないメールアドレスが

たくさんあるのですよね。

あなたの使っているメールアドレスのことを

考えてください。

あなたはメールアドレスをいくつ持っていますか?

一つだけではないでしょう?

10以上持っているのではありませんか?

多分、ほとんどのメールアドレスは使ってないでしょう?

そのために、現在実際に使っている

メールアドレスを集めるために、

怪しい人物が使用度の高いメールアドレスを

集めているのですわよ。

だから、あなたもむやみに信用できない人に対して

返信しないようにしてくださいね。

詳しいことはデンマンさんが次の記事で書いています。

『コメント魔』

(2012年4月3日)


(himiko92.jpg)

ところで、卑弥子さんが面白いサイトを

やっています。

興味があったら、ぜひ次のリンクをクリックして

覗いてみてください。

『あなたのための笑って幸せになれるサイト』

とにかく、今日も一日楽しく愉快に

ネットサーフィンしましょう。

じゃあね。 バーィ


(juneswim.jpg)


(byebye.gif)

Forbidden Love

2014年11月27日

 

Forbidden Love

 


(royal007b.jpg)


(heart121.gif)


(royal009.jpg)


(diane02.gif)

Kato, are you involved in a forbidden love?


(kato3.gif)

Yes, I am.  What would you say?

Are you really, really getting into such an extraordinary affair?

What if I’m really absorbed in the kind of love that is, you belive, absolutely unacceptable socially?

Well …, we’re living in a free society and I’m reasonably open-minded.  So I might as well treat you as a friend, as I always did.

I’m glad to hear that, but I’m just joking. he, he, he, he, he… Actually, I borrowed a DVD from Vancouver Public Library and saw a movie about a forbidden love, which is called “A Royal Affair.”


(lib41125a.png)

“Actual Catalogue Page”

I see… So you borrowed the DVD marked as “624” in the above list, huh?

Yes, that’s right.

Are you saying, that’s the 624th movie you viewed in the library?

Yes, I am.  Here are some details about the movie.


(lib41125b.png)

“Actual Catalogue Page”

So, you jotted down your comment after viewing it on November 18, huh?

Yes, I did.

There’re still four people waiting for the DVD, aren’t there?

Yes, you’re telling me, Diane.

Kato, tell me about the movie.

Well…, it is based on the true story.


(royal001.jpg)

The passionate and forbidden romance between the mad Danish King, the royal physician, and the young but strong-willed Queen leads to a revolution that changes an entire nation.

…sounds quite interesting.

Have you ever heard of Christian VII of Denmark, Diane?

Is he the mad Danish King?

I don’t think he was really a mad king, but they say he was.

Christian VII of Denmark


(chris7.jpg)

(29 January 1749 – 13 March 1808)

Christian VII was an Oldenburg monarch who ruled as King of Denmark and Norway and Duke of Schleswig and Holstein from 1766 until his death.
He was the son of King Frederick V and his first wife Louise of Great Britain.

Christian VII’s reign was marked by mental illness which affected government decisions, and for most of his reign Christian was only nominally king.
His royal advisers differed depending on who won power struggles around the throne.

In the late 1760s, he came under the influence of his personal physician Johann Friedrich Struensee, who rose steadily in power.
From 1770 to 1772 Struensee was “de facto” regent of the country, and introduced progressive reforms signed into law by Christian VII.
Struensee was deposed by a coup in 1772 after which the country was ruled by Christian’s stepmother, Juliane Marie of Brunswick-Wolfenbüttel,
his half-brother Frederick and the Danish politician Ove Høegh-Guldberg.

From 14 April 1784 until Christian VII’s death in 1808, it was Christian’s son, later Frederick VI, who unofficially acted as regent.
This regency was marked by liberal and agricultural reforms, but also by the beginning disasters of the Napoleonic Wars.

Early life

Christian was born in the early hours of the morning on 29 January 1749 in the Queen’s Bedchamber at Christiansborg Palace, the Royal residence in Copenhagen.
His godparents were King Frederick V (his father), Queen Dowager Sophie Magdalene (his paternal grandmother), Princess Louise (his aunt) and Princess Charlotte Amalie (his grand-aunt).

A former heir to the throne, also named Christian, had died in infancy in 1747; therefore, great expectations were formed amid the birth of the new heir in 1749.

His mother Queen Louise died, just 27 years old, in 1751, two years after his birth.
The following year his father remarried to Juliane Marie of Brunswick-Wolfenbüttel.

All earlier accounts agree that he had a winning personality and considerable talent, but he was poorly educated, systematically terrorized by a brutal governor, Christian Ditlev Frederik Reventlow, the Count of Reventlow.
He seems to have been intelligent and certainly had periods of clarity, but suffered from severe emotional problems, possibly schizophrenia as argued in doctor Viggo Christiansen’s book Christian VII’s mental illness (1906).

Reign

After a longer period of infirmity, Frederick V died in the early hours of the morning on 14 January 1766, just 42 years old.
Later the same day, Christian was proclaimed king from the balcony of Christiansborg Palace, just weeks before his 17th birthday.
For his motto he chose: “Gloria ex amore patriae” (“glory through love of the fatherland”).

Marriage

The young King was betrothed to his fifteen year old cousin Princess Caroline Matilda.


(caroline2.jpg)

She was a sister of Great Britain’s King George III, who was anxious about the marriage but not fully aware that the bridegroom was mentally ill.
The dynastic marriage took place at Christiansborg Palace on 8 November 1766, the same year as the groom’s coronation.

After his marriage, he abandoned himself to the worst excesses, especially sexual promiscuity.
In 1767, he entered into a relationship with the courtesan Støvlet-Cathrine.

He publicly declared that he could not love Caroline Matilda, because it was “unfashionable to love one’s wife”.
He ultimately sank into a condition of mental stupor.
Symptoms during this time included paranoia, self-mutilation and hallucinations.

Struensee


(struensee2.jpg)

He became submissive to the progressive and radical thinker Johann Friedrich Struensee, his personal physician, who rose steadily in power in the late 1760s, to a “de facto” regent of the country, where he introduced widespread progressive reforms.

Struensee was a protégé of an Enlightenment circle of aristocrats that had been rejected by the court in Copenhagen.
He was a skilled doctor.
Having somewhat restored the king’s health while visiting the Schleswig-Holstein area, he gained the king’s affection.

He was retained as travelling physician (“Livmedikus hos Kong Christian VII”) on 5 April 1768, and accompanied the entourage on the King’s foreign tour to Paris and London via Hannover from 6 May 1768 to 12 January 1769.

He was given the title of State Councilor (“etatsråd”) on 12 May 1768, barely a week after leaving Altona.

The neglected and lonely Caroline Matilda drifted into an affair with Struensee.

Divorce

In 1772, the king’s marriage with Caroline Matilda was dissolved by divorce.

Struensee, following a deluge of modernising and emancipating reforms, was arrested and executed the same year.
Christian signed Struensee’s arrest and execution warrant under pressure from his stepmother, Queen Juliane Marie, who had led the movement to have the marriage ended.


(struenseex.gif)

Caroline Matilda, retaining her title but not her children, eventually left Denmark in exile and passed her remaining days at Celle Castle in her brother’s German territory, the Electorate of Hanover.
She died there of scarlet fever on 10 May 1775, at the age of 23.

Christian’s marriage with Caroline Matilda produced two children: the future King Frederick VI and Princess Louise Auguste.
However, it is widely believed that Louise was the daughter of Struensee—portrait comparisons tend to support this hypothesis.

Later life

Christian was only nominally king from 1772 onwards.
Between 1772 and 1784, Denmark was ruled by Christian’s stepmother Queen Dowager Juliane Marie, his half-brother Frederick and the Danish politician Ove Høegh-Guldberg.

From 1784 onwards, his son Frederick VI ruled permanently as a prince regent.

This regency was marked by liberal and agricultural reforms, but also by the beginning of the disasters of the Napoleonic Wars.

Death and succession

Christian died at age 59 of a stroke on 13 March 1808 in Rendsburg, Schleswig.

Rumors began that the stroke was caused by fright at the sight of Spanish auxiliaries, which he took to be hostile, but Ulrik Langen, in his biography of the king, did not indicate that there was any external cause.

He was buried in Roskilde Cathedral and was succeeded by his son Frederick VI.


SOURCE: “Christian VII of Denmark”
From Wikipedia, the free encyclopedia

Kato, tell me.  How come you think Christian VII was NOT really a mad man?

First of all, the earlier accounts say that Christian VII had a winning personality and considerable talent.

But, Kato, they also say, he was poorly educated, systematically terrorized by a brutal governor, the Count of Reventlow.

That’s right. Christian VII might’ve looked like a mad man because he suffered from severe emotional problems caused by the brutal governor, I suppose.  So he appeared to be a crazy man for the eyes of an unknowing person.

I see…

Secondly, in 1769 Christian VII invited the Hungarian astronomer Miksa Hell (Maximilian Hell) to Vardø, a town and the administrative centre of Vardø Municipality in Finnmark county, Norway.

How come?

Obviously, Christian VII was interested in astronomy.  Otherwise, he wouldn’t invite the astronomer in the first place.  This event clearly tells you that at the age of 20, Christian VII had a winning personality and considerable talent.

And what did the astronomer do in Norway?

He observed the transit of Venus, and his calculations gave the most precise calculation of the Earth–Sun distance to that date—approximately 151 million kilometres.

I see.  So, Kato, you think that Christian VII was a man of some intelligence, don’t you?

I suppose so.  If Christian VII had been insane, he wouldn’t have taken any interest in astronomy.

Then, how come people in those days considered him to be a mad man?

There are two reasons, I suppose.  Firstly, Christian VII was a liberal man who hated a traditional way of life. In other words, he might have been considered a libertine. In this sense, Christian VII had been getting along quite well with Struensee, who was liberal-minded. Actually, Struensee introduced widespread progressive and liberal reforms such as:


(torture2.gif)

•abolition of torture

•abolition of unfree labor (corvée)

•abolition of the censorship of the press

•abolition of the practice of preferring nobles for state offices

•abolition of noble privileges

•abolition of “undeserved” revenues for nobles

•abolition of the etiquette rules at the Royal Court

•abolition of the Royal Court’s aristocracy

•abolition of state funding of unproductive manufacturers

•abolition of several holidays

•introduction of a tax on gambling and luxury horses to fund nursing of foundlings


(slave80.jpg)

•ban of slave trade in the Danish colonies

•rewarding only actual achievements with feudal titles and decorations

•criminalization and punishment of bribery

•re-organization of the judicial institutions to minimize corruption

•introduction of state-owned grain storages to balance out the grain price

•assignment of farmland to peasants

•re-organization and reduction of the army

•university reforms

•reform of the state-owned medical institutions.

These are all admirable decisions even to the eyes of the present-day people like you and me.

I see… So, you think, Christian VII was a liberal-minded, rather modern man, huh?

That’s right.

And what is the second reason for the king’s insanity?

Well… The forbidden love between the queen and the king’s personal phycisian was so scandalous that the Danish government might have made up a “reasonable and acceptable motive” for the queen to have relation with the other man.


(royal003.jpg)

Kato, are you saying, the government told the citizens that the king was a mad man so that the neglected and lonely queen drifted into an affair with Struensee.  Is that it?

Yes, I believe so.  That’s the reason people came to believe that the king was a mad man.


(laugh16.gif)

【Himiko’s Monologue】


(himiko22.gif)

Wow! What a forbidden love it is!
The above movie shakes my back bone with thrill, excitenment and amazement.

How abou you?
Have you seen the above movie yet?

Are you afraid of viewing such a scandalous film?

Oh, well… there are some other interesting movies.

For example, look at Number 625 in the above list.

It is called “Russian Ark.”


(russark2.jpg)

【Trailer】

【Full Movie】

Kato jotted down his comment as follows:

It is a 2002 historical drama directed by Alexander Sokurov.

It was filmed entirely in the Winter Palace of the Russian State Hermitage Museum using a single 96-minute Steadicam sequence shot.

An unnamed narrator wanders through the Winter Palace in Saint Petersburg.

He is accompanied by “the European”, who represents the Marquis de Custine, a nineteenth-century French traveler.

The Marquis encounters various real and fictional people from various periods in the city’s 300-year history.

You see Peter the Great harassing one of his generals.

Catherine the Great watches a spectacular presentation of opera and then rushes to take a pee.

You also see an imperial audience in which Tsar Nicholas I is offered a formal apology by the Shah of Iran for the death of Alexander Griboedov, an ambassador to Iran.

Followed is the idyllic family life of Tsar Nicholas II’s children.

After that, a desperate Leningrader makes his own coffin during the 900-day siege of the city during World War II.

It is a magnificent and fascinating documentary-style presentation of Russian palace culture.

The above comment sounds quite interesting, doesn’t it?

In any case, I hope Kato will write another interesting article soon.

So please come back to see me.

Have a nice day!
Bye bye …


(hand.gif)


(renge400.jpg)

If you’ve got some time,

Please read one of the following artciles:


(juneswim.jpg)

“Go Bananas”

“Manwatching”

“Stanley Boardwalk”

“With Your Tiger”

“A Second World”

“Asexual Thought”


(biker302.jpg)

“Stanley 125 Years”

“Sushi @ the Globe”

“Peace@Syria & Pentagon”

“Sweet Memory”

“Unforgettable Movies”

“Typhoon 26”

“Great Luck”

“Diane@World”

“Diane@Spam”

“Sabina”

“Happy New Year”

“Merange & Sabina”

“Beauty in Spa”

“Love @ e-reading”

“Troublesome Slang”

“World Family”

“Mari’s Bagels”

“Love & Loyalty”

“Another Cinderella”

“Amazing Two-legged Pooch”

“Delusive Romance”

“Royal Couple”

“Life with Music”

“Poutine@Canada”

“Glorious Summer”

“Biker Babe & Granny”

“Genetically Modified”

“Tyrannosaur”

“Love@Magic”

“Yellow Ball”

“Welcome Back”


(surfin2.gif)


(bare02b.gif)

Hi, I’m June Adams.

I like animation, too.

For example, watch the above list in the article and look at Number 627, which is called “The Illusionist.”


(illuanime2.jpg)

Kato jotted down his comment:

This is a 2010 British-French animation film directed by Sylvain Chomet.

The film is based on an unproduced script written by French mime, director and actor Jacques Tati in 1956.

Tati wrote the script of The Illusionist and intended to make it as a live action film with his daughter.

It was written as a personal letter to his estranged eldest daughter, Helga Marie-Jeanne Schiel, whom he had abandoned when she was a baby.

So, it’s not a romance but more like the relationship between a dad and a daughter.

In the film Alice discovers the affection of a handsome young man.

Once the illusionist sees them walking together, he opts to leave her with money and move on.

His final message is a letter that says “Magicians do not exist.”

Alice subsequently moves in with her new boyfriend.

The illusionist releases the rabbit on the verdant hillside of Arthur’s Seat, where many other rabbits are seen.

To the eyes of the illusioninst, therefore, Alice and the rabbit are the same.

He sets both of them free.

It is a tender, contemplative and somewhat poetic film.

…sounds interesting, doesn’t it?

Why don’t you see it?

ところで、愛とロマンに満ちた

レンゲさんのお話をまとめて

『レンゲ物語』を作りました。

もし、レンゲさんの記事をまとめて読みたいならば、

次のリンクをクリックしてくださいね。

『愛とロマンのレンゲ物語』


(renge730.jpg)

『軽井沢タリアセン夫人 – 小百合物語』

とにかく、今日も一日楽しく愉快に

ネットサーフィンしましょうね。

じゃあね。


(bikini901b.jpg)


(dogs17.gif)


(girlxx.gif)

Sabina

2013年12月17日

 
 
Sabina
 
 

(sabina2.jpg)


(dianesun.jpg)

Subj:What a dangerous method!

That surely made me think it over.


(danger06.jpg)

From: diane@vancouver.ca
To: barclay1720@aol.com
Date: Fri, Feb 10, 2012 5:49 pm.
Pacific Standard Time

Hi Kato,
My truly romance-loving Taliesin,

Thanks so much for all of this.
I’m going to save it so I can savor it all carefully when time allows.

I’m especially grateful for the summary of how “The Piano” ended.


(pianoholly.jpg)

“Piano Lesson”

Wednesday, January 25, 2012

I suppose Alistair finally came to the sad conclusion that Ada would not ever love him like she loved (or was attracted to) Baines and possibly he felt badly for inflicting such a permanent injury.

I think if he had made a bit more effort from the start and displayed some affection towards Ada, the outcome may have been quite different.
Truly, he would have been a better match for her, I think; rather than her ending up with an illiterate tatooed native fellow.
Ah, but attraction? … who knows?!
Thanks again, though; I did want to know how it all wrapped up.

A Dangerous Method

2011 Official Trailer

Back to the Dangerous Method, I think the situation with her father would not necessarily be one of love (doubtful, really) or true hate, but somewhere in between.
Because she felt turned on the time he beat her, in her mind the association was formed between violence and sex—an association that, even though she was an intelligent woman, seemed to persist.
Perhaps she rose about it eventually, and it did seem she married a rather straight fellow eventually and was at least marginally happy.
Such interesting creatures we are, true?

A Dangerous Method


(danger03.jpg)

A Dangerous Method is a 2011 historical film directed by David Cronenberg and starring Viggo Mortensen, Michael Fassbender, Keira Knightley and Vincent Cassel.
The screenplay was adapted by Academy Award-winning writer Christopher Hampton from his 2002 stage play The Talking Cure, which was based on the 1993 non-fiction book by John Kerr, A Most Dangerous Method: the story of Jung, Freud, and Sabina Spielrein.

The film marks the third consecutive and overall collaboration between Cronenberg and Viggo Mortensen (after A History of Violence and Eastern Promises).
This is also the third Cronenberg film made with British film producer Jeremy Thomas, after completing together the William Burroughs adaptation Naked Lunch and the J.G. Ballard adaptation Crash.
A Dangerous Method was a German/Canadian co-production.
The film premiered at The 68th Venice Film Festival and was also featured at the 2011 Toronto International Film Festival.

Plot

Set on the eve of World War I, A Dangerous Method is based on the turbulent relationships between Carl Jung, founder of analytical psychology, Sigmund Freud, founder of the discipline of psychoanalysis, and Sabina Spielrein, initially a patient of Jung and later a physician and one of the first female psychoanalysts.


SOURCE: “A Dangerous Method”
Wikipedia, the free encyclopedia

I think Jung was happy with his marriage as well; both Jung and Sabina had a close working association, both were exploring the mind and its workings, so they had a lot in common to start; the affair, the sex, the violence was an exciting secret and additional turnon for both of them, but not truly necessary for their longterm happiness.
That’s just my take on it.
Perhaps I’m out in left-field.


(hara112.jpg)

“Electra Complex”

(February 10, 2012)

Wow! Thanks again for all this,
I’m looking forward to reviewing the entire message later,
Have a good weekend, kiddo,

I’m going to a Homelessness Workshop tomorrow at Christ Church Cathedral with Judy Graves, the city’s “voice” for the homeless in Vancouver, a woman who has sacrificed her life, really, for those in need.


(church90.jpg)

As part of the Cathedral’s soup kitchen team, they wanted to give us a greater insight into the situation and look at possible solutions or at least ways to further help the needy.

Love, Diane ~


(dianelin3.jpg)

Love, Diane ~

Kato, how come you’ve brought up the old mail?  I sent it to you almost two years ago, didn’t I?

Yes, you’re right, Diane.  I thought it was about time for you to rethink about your love life.

Do you think, Kato, I’m in a wrong love relationship with a wrong guy?

Yes, I guess so.

No kidding!  How could you possibly say that to me?

Don’t get so emotional, Diane… I’m just joking. He, he, he, he, he, …

Kato, give me a break!  Don’t give me such a shocking time.

Well … the reason I’ve shown the above old mail is, I recently viewed the following DVD.


(sabina3.jpg)

My name was Sabina Spielrein

ICH HEIß SABINA SPIELREIN


(lib31212.gif)

“Actual Catalogue Page”

In 1977 the diaries and letters of an unknown Russian woman were found in the cellar of the former Institute of Psychology in Geneva.
Among them was an extensive correspondence with two of the pioneers of psychoanalysis, Sigmund Freud and Carl Gustav Jung.
These documents bear witness to an enduring search for the innermost secrets of the human psyche.


(jung02.jpg)

Those diaries and letters reveal a love affair between the 29-year-old Carl Jung and his first patient, Sabina Spielrein, who was admitted in August 1904 to the Burghölzli mental hospital near Zürich, where Carl Jung worked at that time.

She remained there until June 1905.
Amazingly, she later enrolled as a student of medicine in Zürich, and Jung became her medical dissertation advisor.


(marton02.jpg)

Director Elizabeth Marton dramatized this unique relationship based on those diaries and letters.
Letters and photographs are combined with dramatic re-enactments and dream-like imagery to offer a mesmerizing portrait of this amazing, interesting, and talented yet pathetic woman lost in a history.
It is a gripping, heart-wrenching and thought-provoking docudrama.

I see … So, the above movie is sort of a documentary version of “A Dangerous Methiod,” isn’t it?

Yes, you’re telling me, Diane.

So what’s new?

Well … I can see that Jung was almost happy with his own marriage as well. Do you know why?

Tell me, Kato.

Jung’s wife Emma came from an old Swiss-German family of wealthy industrialists.  This wealth later gave Jung the financial freedom to pursue his own work and interests.

Are you saying, Kato, Jung married her in 1903 for her money?


(emma02.jpg)

No, I’m NOT, but Freud might have thought so, because in 1906, a variety of Carl Jung’s unusual dreams were interpreted by Freud as portending the “failure of a marriage for money.”

Quite interesting.

Like you said, both Jung and Sabina had a close working association, both were exploring the mind and its workings, so they had a lot in common to start.

You agree with me, don’t you, Kato?

Yes, I do, but do you know, Diane, that Jung’s wife Emma was a psychoanalyst before they married?

So what?

Well … if sex and violence was an exciting secret and additional turnon for Jung and Sabina, so was for Jung and Emma, wasn’t it?

I think Jung simply sought it outside their marriage during his close working association with Sabina.

Diane, do you know that sometime around the birth of her fifth and last child, in 1914, Jung began a relationship with a young patient, Toni Wolff. This affair lasted for some decades.  Amazing, isn’t it?


(toniwolff.jpg)

How did Emma react?

It is said that Emma was bearing up nobly as her husband insisted that Toni Wolff become part of their household, saying that Wolff was “his other wife”.

Really?

And the thing is, Wolff tried to persuade Carl Jung to divorce.

What happened?

Jung didn’t buy the idea—probably because he prefered to retain the financial freedom.

So, Kato, are you saying that Jung was a womanizer?

Well … if a man enjoys financial freedom, he tends to fool around with women.

In any case, which movie do you like better—“A Dangerous Method” or “My name was Sabina Spielrein”?

I like the latter better because the letters and photographs are combined with dramatic re-enactments and dream-like imagery to offer a mesmerizing portrait of Sabina Spielrein. It is more like a realistic yet poetic portrait.

… sounds good.  I think I’ll borrow the DVD from Joe Fortes Library.

Besides, the ending is quite thought-provoking.

Why is that?

Sabina thought that the invading german army wouldn’t behave badly, but she was wrong.  Sabina and her two children were murdered by a Nazi German SS Death Squad in August 1942 in Zmievskaya Balka (“the ravine of the snakes”), Rostov-on-Don, Russia.


(rostov03.gif)


(rostov02.jpg)

Sabina was murdered together with 27,000 other victims.

What a pity!

【Himiko’s Monologue】


(himiko22.gif)

Yes, indeed! What a pathetic ending!

The German Death Squad did aweful and horrible things as history witnessed.

Battle Of Rostov 1942

But Rostov is a beautiful city.


(rostov04b.jpg)


(rostov06.jpg)

Rostov – Cossack City

I wish I could visit the city some day.

In any case, I’d like to meet my “Romeo”—a decent man in my future life.
How come I’m always a loner?
I wish I could meet a nice gentleman at the library in my town as Diane met Kato.
Well, they say, there is a way where there is a will.

I hope Kato will write another interesting article.
So please come back to see me.

Have a nice day!
Bye bye …


(hand.gif)


(renge62e.jpg)

If you’ve got some time,

Please read one of the following artciles:



(renge63.jpg)

“Bliss for Diane!”

“Romantic Bohemian”

“TD Bank or Mozart?”

“Diane@TD Bank”

“Tear Jerker”

“Diane in Chorus Line”

“Pork or Friend?”


(cat603.jpg)

“Easter Bloopers”

“Beauty is Heart-deep”

“Romance@South Pacific”

“Art Gallery”

“Diane Hypatia”

“Cherry and Silk”

“Price of Your Life”

“Elephant Cries”

“Banana @ Eden”


(juneswim.jpg)

“Go Bananas”

“Manwatching”

“Stanley Boardwalk”

“With Your Tiger”

“A Second World”

“Asexual Thought”


(biker302.jpg)

“Stanley 125 Years”

“Sushi @ the Globe”

“Peace@Syria & Pentagon”

“Sweet Memory”

“Unforgettable Movies”

“Typhoon 26”

“Great Luck”

“Diane@World”

“Diane@Spam”


(surfin2.gif)


(bare02b.gif)

Hi, I’m June Adames.

The Royal Opera House, often referred to as simply “Covent Garden”, was constructed as the “Theatre Royal” in 1732 to a design by Edward Shepherd.

During the first hundred years or so of its history, the theatre was primarily a playhouse, with the Letters Patent granted by Charles II giving Covent Garden and Theatre Royal, Drury Lane exclusive rights to present spoken drama in London.

In 1734, the first ballet was presented.

A year later Handel’s first season of operas began.

Many of his operas and oratorios were specifically written for Covent Garden and had their premières here.

It has been the home of The Royal Opera since 1945, and the Royal Ballet since 1946.

The current building is the third theatre on the site following destructive fires in 1808 and 1857.

The façade, foyer and auditorium were designed by Edward Barry, and date from 1858, but almost every other element of the present complex dates from an extensive £178 million reconstruction in the 1990s.


(roh100.jpg)


(roh110.jpg)

The Royal Opera House seats 2,268 people and consists of four tiers of boxes and balconies and the amphitheatre gallery.

When you have a chance to stay in London, why don’t you visit the opera house?

You may see some celebs in one of the boxes.


(dogs17.gif)

ところで、愛とロマンに満ちた

レンゲさんのお話をまとめて

『レンゲ物語』を作りました。

もし、レンゲさんの記事をまとめて読みたいならば、

次のリンクをクリックしてくださいね。

『愛とロマンのレンゲ物語』


(renge730.jpg)

『軽井沢タリアセン夫人 – 小百合物語』

とにかく、今日も一日楽しく愉快に

ネットサーフィンしましょうね。

じゃあね。


(renge500.jpg)


(girlxx.gif)

プーチンの正教ロシア

2013年11月21日

 
 
 
プーチンの正教ロシア
  
 


(russia99.jpg)


ケイトーはプーチンにムカついているのォ~?


(kato3.gif)

あれっ。。。 シルヴィーはプーチンのファンなのォ~。。。

別にファンじゃないけれど、ムカつくほどでもないと思うわ。

じゃあ、プーチンを応援しているわけ?

別に応援しているわけでもないけれど、毛嫌いする程でもないわ。

あれっ。。。 シルヴィーはプーチンに好感を持っているような話しぶりだよね。

だってぇ~、世界で最も影響力のある人物ということでランク付けがされているのだけれど、2013年になって プーチン大統領がオバマ大統領を抜いて世界で最も影響力のある人物に選ばれたのよ。 ケイトーは知らなかったのォ~?


(100men.jpg)


(putin2.jpg)

そう言えば、そのようなニュースをネットで見たような気がするよ。

でしょう!?。。。 だから、プーチンに対して好感を持っている人も たくさん居るのよ。

でもねぇ~、プーチンに人気が出てきたとしたら、その人気は過去にヒトラーに人気が出てきたようなものなのですよ。

どういうことよ?

あのねぇ~、たまたま冒頭に掲げた本を読んでいたら、著書は次のようなことを書いていたのですよ。

プーチンの、プーチンによる

プーチンのためのロシア


(putinx.jpg)

正教会を監督する帝政時代のような宗務院をロシア政府のなかに開設すれば、プーチンは直接的に正教会を支配できる。
聖職者は官僚と同様にプーチンへの従属を義務づけられ、宗務院は各省と同格に扱われる。
つまり、正教会は、世俗国家につかえる官僚機関に変質する。

いまは国有財産を切りとって正教会に返還しているが、プーチンが正教会の実質的な長に就くやいなや、正教会の財産をふたたび国有化することも十分考えられる。
かれにとって正教会はしょせん、自分の家財道具なのだ。
いまは当面、戦略的に正教会を引きこむために譲歩しているだけかもしれない。

プーチンは巨大化する正教会を利用して、自分の神格化を推しすすめている。
民衆による熱狂的な支持が、自分へのつよい求心力を生みだすと考えている。

(注: 赤字はデンマンが強調。
写真はデンマン・ライブラリーより
読み易くするために改行を加えています)


218ページ 
『ろくでなしのロシア プーチンとロシア正教』
著者: 中村逸郎
2013年2月20日 第1版発行
発行所: 株式会社講談社

つまり、プーチンは正教会を利用してヒトラーのように自分を神格化して熱狂的な支持を得ようとしているとケイトーは考えているのォ~?

だってぇ~、プーチンは まさにそうしようとしているでしょう!?

まさかァ~?

まさかじゃなくて、まるでヒトラーがしたように、役所にも、公共の建物の中にも、それに教会内部にも プーチンは自分の写真を貼り出しているのですよ。


(putin5.jpg)

おそらく プーチンはバレていないと思っているようだけれど、マジでヒトラーの真似をしようとしているのですよ。 見ていると滑稽ですよ!

ケイトーは考えすぎじゃないの?

いや。。。 決して考えすぎじゃありませんよ。 ロシアでも、そのように考えている人がたくさんいるのですよ。

マジで。。。? その証拠でもあるのォ~?

ありますよ。 次のYouTubeを見てください。


(pussy90.jpg)

あらっ。。。 このバンドは世界的に悪名をとどろかせた“Pussy Riot”じゃないの!

シルヴィーは この女の子たちに反感を持っているのォ~?

別に反感を持っているわけじゃないけれど、報道のされ方を見ていると、なんとなく“馬鹿騒ぎ”をしているように取り上げられていると思うわァ。

つまり、シルヴィーも単なるパンクロックバンドが馬鹿騒ぎしているとしか見てないのォ~?

だってぇ、ほとんどの人がそう思って見ているんじゃないのォ~?

僕はそう思わないなァ~。。。 勇気ある行動だと思うよ。

どうして。。。?

あのねぇ~、プーチンはKGB(ロシアのCIA)の出身なんですよ。 つまり、スパイ網を自分の手の内に掌握している。 だから、プーチンを批判したい人も、内緒で批判することもできない。 すぐにインフォーマーによって告げ口されて、職を奪われ、下手すると監獄にぶち込まれてしまう。 だから、公然とプーチンを批判することなど 普通の人は考えてもみない。

でも、ロシア人はそれほどプーチンを批判したいと思っているのォ~?

あのねぇ~、悪名高きプーチン氏の前に大統領になったメドヴェージェフ氏は2008年9月30日に次のように嘆いていたのですよ。


(med001.jpg)
 
わたしたちの国の汚職は、

たんにひろがりや内容の問題ではありません。

汚職は、わたしたちの社会生活をおおう

日常的で、ごくありふれた事象となっています。

この前大統領のメドヴェージェフ氏は自分の写真を正教会の建物の中に飾ったりしなかった。 プーチンと比べると民主的・自由主義的な傾向が強い。 ヒトラーの真似など絶対にできない人ですよ。 ところがプーチンはそうじゃない。 メドヴェージェフ氏を手下にして うまくつるんで“民主的・自由主義的な表面”を見せながら、表面下でヒトラーのような心理作戦を続けている。 

つまり、ロシア正教会を巻き込んでロシア人の心を自分の方に手繰(たぐ)り寄せようとしていると ケイトーは見ているのォ~?

その通りですよ。 ロシア人は役所のやり方、役人のやり方に対して不満を溢れるほど持っている。 その端的な具体例が次のエピソードですよ。


(bus900.jpg)

一人ひとりの表情に日常生活の疲労と人生の苦悩が色濃くにじんでおり、社内はとても静かだ。
そのときである。
エンジン音を消し去るほどの大声で突如、4,5人の乗客が叫びだす。
「止めろ! 止めろ!」
その直前、バス停を告げる自動録音の車内放送が響きわたったばかりだ。
それなのに、バスが停留所に止まらないのだ。
乗客たちはあわてて降車口のうえにそなえられている赤い非常用ボタンを何度も押しながら、運転手に懸命に訴える。
ボタンは運転手に急を告げるためのものだが、故障している。
無残な日常風景だ。

男性の乗客たちはのぶとい大声を車内に響かせながら、乗客をかきわけて運転席に詰め寄る。
運転手は乗客に視線を向けるわけではなく、前方を見つめながら平然と答える。
「バス停は撤去された」
車内放送が流れたのに、停留所は存在していないのだ。
消えた停留所名が告げられたことになる。
運転手の一言に、男性たちは怒り心頭に発して言いかえす。


(judge12.gif)

「それはおかしい。 けさ、停留所はあった。 そこからのった」
どうやらなんの予告の掲示もなく停留所は消えてしまったらしい。

私の想像では道路工事がはじまり、邪魔になるので停留所は閉鎖されたのかもしれない。
男性たちの興奮に呼応して中年の女性たちも、不満で感情が高ぶっている。
だが運転手はかれらの大声を他人事のように聞き流し、さらにもうひとつのバス停も通過してしまった。

 (中略)

けっきょく、バスは本来停車すべき二つの停留所をとばして、ようやく三つめのバス停に止まった。
二キロ近く走ったであろう。
ドアーが開き、乗客10人ほどが降車口になだれこむ。
初老の男性が、開いたドアーのむこうの暗闇にむけて怒鳴った。
冒頭の一喝(「まったく、ろくでなしのロシアめ!」)は、そのときに発せられた。
もちろん、運転手が乗客にわびることはない。

(注: 赤字はデンマンが強調。
写真はデンマン・ライブラリーより
読み易くするために改行を加えています)


12-13ページ 
『ろくでなしのロシア プーチンとロシア正教』
著者: 中村逸郎
2013年2月20日 第1版発行
発行所: 株式会社講談社


『お役所仕事ロシア』にも掲載
(2013年11月16日)

これはちょっとひどいわねぇ。 停留所が撤去されたのなら、車内放送でも その事実を放送すべきだし、乗客に説明すべきだわ。

でしょう!? 同じ事が起こったら日本でも乗客は騒ぎ出しますよ。 バンクーバーで同じ事が起こったら、運転手は袋叩きにあいますよ。

あらっ。。。 バンクーバー市民はそれほど暴力的なのォ~?

いや。。。 バンクーバー市民がすべてが暴力的じゃないけれど、この間、無賃乗車をした乗客を運転手が注意したら、乗客が怒って運転手の頭をぶんなぐったのですよ。 全治3ヶ月ほどの傷を与えて新聞沙汰になったほどです。 その運転手はそれからヘルメットをかぶって運転するようになってしまったほどです。 だからねぇ、上のような非常識な事をしたらバンクーバーでは乗客が立ち上がって運転手はただでは済みませんよ。 まず間違いなく停車させられますよ。

マジで。。。?

でもねぇ~、そのような事がバンクーバーで起こるならば 1週間前からバス停に貼り紙がでて、事前に乗客に知らされるのですよ。 どう考えても、上のエピソードはロシアの市役所の交通局の落ち度です。

ロシアでは、役人の仕事は市民の事など考えずに一方的なのかしら?

あのねぇ~、本の中に書いてあったのだけれど、市役所の役人を含めてロシアの官僚の専横と腐敗は相当なものらしい。 国際組織の“トランスペアレンシー・インターナショナル”が2008年9月23日にロシア国内で発表した統計によれば、ロシア社会の健全性を示す世界ランキングは147位だったというのですよ。

あらっ。。。 それってぇ、すごいわねぇ~。

もっとすごいのはロシアの教育界ですよ。 “レヴァーダ・センター”が2007年7月に実施した世論調査では、大学に入学するのに必要なものとして“お金”と回答した人が なんと 67%。 “縁故”と答えた人が 13%。 “学力”と答えた人は わずかに 17% だった。 賄賂(わいろ)が蔓延(まんえん)しているのですよ。

ちょっと信じられないわ。。。 つまり、このロシア国民の不満を プーチンはロシア正教会とつるんで 宗教的に逸(そ)らそうとたくらんでいるのォ~?

第二次大戦の前にドイツ国民の不満をヒトラーが上手につかんで 第三帝国をでっち上げたように 現在、プーチンはロシア国民の不満を心理作戦でつかんで 強力な“ロシア帝国”を築こうとしているのですよ。 それに対して“Pussy Riot”は 赤裸々な気持ちを「神様、助けてください。 プーチンを追い出して!」とロックで表現したのですよ。


(pussy91.jpg)

St. Maria, Virgin, Drive away Putin!
Drive away! Drive away Putin!

Black robe, golden epaulettes
All parishioners are crawling and bowing
The ghost of freedom is in heaven
Gay pride sent to Siberia in chains

The head of the KGB is their chief saint
Leads protesters to prison under escort
In order not to offend the Holy
Women have to give birth and to love

Holy shit, shit, Lord’s shit!
Holy shit, shit, Lord’s shit!

St. Maria, Virgin, become a feminist
Become a feminist, Become a feminist

Church praises the rotten dictators
The cross-bearer procession of black limousines
In school you are going to meet with a teacher-preacher
Go to class – bring him money!

Patriarch Gundyaev believes in Putin
Bitch, you better believed in God
Belt of the Virgin is no substitute for mass-meetings
In protest of our Ever-Virgin Mary!

St. Maria, Virgin, Drive away Putin!
Drive away! Drive away Putin!


(laugh16.gif)

【ジューンの独り言】


(bare02b.gif)

ですってぇ~。。。
あなたはどう思いますか?

プーチンさんはそれほど悪い人物なのでしょうか?

KGB出身のプーチンさんの表情には 時には 陰鬱なものが滲(にじ)み出ていて ハッとさせられることがありますよね。
それに、若い人たちの間では不満が時として爆発しています。

若い人たちの間では、確かに不満が渦を巻いているようですわ。
あなたは どう思いますか?

ところで、シルヴィーさんの事をもっと知りたかったら次の記事を読んでくださいね。


『アッシジからの平和(2011年11月5日)』

『中国からの怪電話(2011年11月9日)』

『気になる英単語(2011年11月18日)』

『戦争を知らないの?(2011年11月23日)』

『熟女ヌードとデンマン(2011年11月29日)』

『山形とバンクーバー(2011年12月8日)』

『ねえ、ねえ、ねえ見て(2011年12月10日)』

『URL スパマー(2011年12月20日)』

『坂の上の平和(2012年1月4日)』

『平和と武士道(2012年1月10日)』

『スカートをはいた兵隊(2012年1月15日)』

『レモン戦争(2012年1月16日)』

『常連さん、こんにちは(2012年1月23日)』

『チョコレートと軍産複合体(2012年1月28日)』

『壁に耳あり障子に目あり(2012年2月3日)』

『チョコレートと世界銀行(2012年2月10日)』

『チョコレートと甘い権力(2012年2月22日)』

『CIAの黒い糸(2012年3月6日)』

『CIAの黒い手(2012年3月12日)』

『平和が一番(2012年3月29日)』

『オツムの中の英語(2012年4月17日)』

『誰?あなたなの?(2012年5月5日)』

『ジャンボのエンジンが全部停止!』
(2012年5月15日)

『日本の良心は停止したの?』
(2012年5月17日)

『愚かな詭弁を弄する東電』
(2012年8月16日)

『僕のお父さんは東電社員』
(2012年8月20日)

『小学生でも知っている国のウソ』
(2012年8月25日)

『ん?オバマ大統領暗殺?』
(2012年9月3日)

『なぜ戦争するの?(2012年9月15日)』

『なぜ原発作ったの?(2012年9月19日)』

『国際感覚ダントツ(2012年11月11日)』

『国際化できてる?(2012年11月19日)』

『国際化とアクセスアップ(2012年11月23日)』

『国際化とツイッターと国際語(2012年11月27日)』

『お百度参りも国際化(2012年12月1日)』

『期待される人間像(2012年12月13日)』

『角さんと原発と天罰(2013年1月5日)』

『真紀子落選(2013年1月14日)』

『野火(2013年1月18日)』

『タイタニックと国際化(2013年2月1日)』

『宮澤理恵@Macao(2013年2月28日)』

『フランス人妻不犯(2013年4月4日)』

『ツイッターの国際化(2013年4月25日)』

『アダムとイブはバナナを食べた』
(2013年6月5日)

『塩野七生批判(2013年7月22日)』

『ペンタゴンは何を探したの?』
(2013年8月30日)

『宮沢百恵』(2013年9月14日)

『愛情はふる星のごとく』
(2013年9月21日)

『愛より大切なものってぇ?』
(2013年9月26日)

『世界のネット普及率』
(2013年10月4日)

とにかく、今日も一日楽しく愉快に
ネットサーフィンしましょう。
じゃあね。バーィ。


(hand.gif)


(surfing9.gif)

ィ~ハァ~♪~!

メチャ面白い、

ためになる関連記事


ジューンさんの熟女下着
(30june.jpg)

■ 『きれいになったと感じさせる

下着・ランジェリーを見つけませんか?』

■ 『ちょっと変わった 新しい古代日本史』

■ 『面白くて楽しいレンゲ物語』

軽井沢タリアセン夫人の小百合さんが扮するゴディバ夫人
(godiva05.jpg)

■ 『軽井沢タリアセン夫人 – 小百合物語』

■ 『今すぐに役立つホットな情報』


(2ndbeach.jpg)

『夢とロマンの横浜散歩』

『愛とロマンの小包』

『下つきだねって言われて…』


(ebay5.jpg)

『銀幕の愛』

『パリの空の下で』

『愛の進化論』

『畳の上の水練(2011年3月15日)』

『軍隊のない国(2011年3月21日)』

『アナクロニズム(2011年3月27日)』


(rengfire.jpg)


(byebye.gif)

お役所仕事@ロシア

2013年11月16日

  

 
 
お役所仕事@ロシア
 
 

(judge12.gif)
 
  

(russia99.jpg)


(sayuri55.gif)

デンマンさん。。。 どうして急にロシアがでてくるのですか?


(kato3.gif)

あのねぇ~、たまたま夕べ、上の表紙の本をバンクーバー市立図書館から借りて読んだのですよ。

何か衝撃的なことでも書いてあったのですか?

そうです。

どのようなことが書いてあったのですか?

行田市役所のことで11月14日に次の記事を書いたでしょう!


(gyoda80.jpg)

『お役所仕事@行田』

ええ。。。 おとといのことですから、よく覚えていますわ。 行田市役所と関係があるのですか?

いや。。。 直接の関係はありませんよ。 でもねぇ、日本人の役人の対応と比べてロシアの市役所の交通局で働いているバスの運転手の対応がとても興味深かったのですよ。

あらっ。。。 デンマンさんが記事に取り上げるほど面白かったのですか?

そうなのですよ。 ロシアのバスの運転手の対応と比べるために、まず行田市役所の高齢者福祉課の岡田主幹と僕の対話を読んでみてください。


(okada02.jpg)

書類に何か不備があったのでしょうか?

不備と言うよりも たった1枚の紙切れで母親の介護認定結果が“要介護5”から“要介護1”と知らされただけで、納得ゆくような説明が一切書いてないのですよ。

実は、認定の際に資格を持った審査官と担当のケア・マネージャーさんがお宅にお伺いして 三男の正造さんの立会いのもとで お母様の様態を認定調査票に基ずき 100項目ほど調べたのです。

一枚の紙切れで済ませないで その調査票を通知に添付すればいいではありませんか?

でも、正造さんは調査票の結果をご存知のはずです。

あのねぇ~、100項目以上について調べたのでしょう!? それをすべて弟から聞き出すわけにはゆかないでしょう。 すべて覚えてないですよ。 それに、判断基準が何も書面には記載されてませんよ。 要するに、「なぜ、“要介護5”から“要介護1”になったのか?」という説明が通知には全く見当たらないのです。 弟も その説明を聞いてませんよ。

では、7ページにわたる調査書のコピーをお見せすることができますので ご覧になりますか? 1ページにつき10円をいただきますが。。。

調査票の“控え”ということで、そういうものは通知と一緒に添付すべきですよ。 とにかく、70円払いますからその調査票をコピーしてください。

 (調査票をじっくり眺めたあとで。。。)

この調査票を見ると日常生活自立度とか、身体機能・起居動作・生活機能、社会生活への適応度について調べてあるけれど、最も重要な母親の病状や医療についての記載欄が空白ですよ! こんなことでは介護度を判断できないではありませんかア!?

それはですね。。。 この調査票とは別に お母様の主治医の意見書というものがあるのです。

じゃあ、それを見せてくださいよ。

“主治医意見書”というのは個人情報に関するものなので、主治医の了解を得た上でないと すぐにお出しできないのです。

どのくらいかかるのですか?

2週間かかるのです。

それはないでしょう! これから診断をして それで意見書を書くのであれば納得できるけれど、すでに書いてある意見書を主治医に電話して了解を得ればいいだけのことでしょう? すぐに主治医に電話してファックスで送ってもらってくださいよ。

個人情報はファックスでは送れないのです。

だったらネットを使って意見書を送付してくれるように頼んでください。

市役所では ネットを使って それほど迅速に対応するようにはなってないのです。

あのねぇ~、“主治医意見書”は個人情報というけれど、この100項目にわたる“調査票”だってぇ個人情報でしょう? 違いますか?

そうですけれど、“主治医意見書”は主治医の手元にある書類なので。。。

だから、主治医の了解を得てネットで送付するように手配すれば済むことじゃありませんか!

でも、市役所の手続き上、そうするわけにはゆかないのです。


(vanc700.jpg)

あのねぇ~、バンクーバー市では、このような場合、認定資料は一箇所に保存されて希望があればすぐにコピーを出すのですよ。 行田市役所ではいつから2週間もかかるようになっているのですか?

平成11年に介護制度ができてから変わっていません。

今年は平成25年でしょう!? 。。。と言うことは、すでに14年が経過してますよ。 ネットの世界では3年は一昔ですからね。 市役所のサービスも社会の進歩に見合った改善をしてください。 国際的に見たって、ずいぶん遅れているでしょう! バンクーバー市では希望があればその日にコピーを渡すのですよ。 この市役所でも やってできないわけがないでしょう!?

でも、日本では、こんなものですよ。

だから、日本のお役所仕事は、市民の立場に立って満足のゆくようなサービスを提供してないのです!  チンタラ、チンタラと今でも14年も前のサービスを提供しているだけなのですよ。 市民税を払っている市民としては、このような時代遅れのサービスは受け入れがたいものです。 あなただって、市民としてそう思いませんか? とにかく、2週間も待てないのですよ。 僕は11月7日にバンクーバーへも戻るのです。 どうにかできませんか? 。。。と言うよりも、どうにかして欲しいのですよ。

 (岡田主幹は無言)

実は、去年の10月に、母親の病状が悪化して死にそうになったのです。 それで僕は葬式の準備を済ませてバンクーバーに戻ったのです。 救急車で行田総合病院へ搬送された時には、担当の三宅先生がすぐにレントゲンを撮って その写真を見せて説明してくれたのですよ。 心臓に少なくとも4箇所、白濁しているところがあって、つまり、血管が詰っていたのですね。 体力的に手術に耐えられない様態なので手術は無理だと。。。 しかも、腎臓も悪くなっており、普通、検査の結果、数値が40ならば危険値なのに、100を超えていると言うのです。 とりあえず腎臓の処置をすることになったのだけれど、様態が急変して危篤状態になることも考えられるということだった。。。 そういう状態で、病院で寝たきりになって 最後に病床を見舞った時には 目も開けられない、言葉も出ない、まるで植物人間でしたよ。

 (岡田主幹は、さらに無言)

つまりですね、母親が亡くなってからでは 何をしても無意味なわけです。 後悔先に立たずですよ。 だから、母親が生きている内に最善の事をしたい。 できるだけの事をしたい。 それで、こうして適切な介護認定をしてもらうために、あなたと話しているのですよ。 そのためには、どのような理由で “要介護5”から“要介護1”になったのか? 家族の者が納得できるような説明をしてもらわない限り、母親が亡くなってからでは後悔するだけですからね。。。 だから、僕が行田市に滞在している間に“主治医意見書”を見たい。 母親の病状を考慮に入れた判断がなされているのか? それを知りたいわけです。 さっきも言ったように、調査票を見ると最も重要な母親の病状や医療についての記載欄が空白ですよ! とにかく、この状況をあなたにも理解してもらって、僕が行田市に滞在している間に“主治医意見書”のコピーを出してください。 もし出来ないようであれば、市長のところまで話が届きますので。。。

あの~。。。、11月7日までに出せるかどうか確約はできません。 でも、できるだけの事をしたいと思います。


『お役所仕事@行田』より
(2013年11月14日)

。。。で、どうなったのでした?

要望を受け付けてもらったのか? 気になって2日後の金曜日の午前中に電話したのですよ。 岡田主幹は有給休暇をとって休んでいた。 でも、担当の女性が対応に出て、「“主治医意見書”のコピーは用意ができているので 月曜日は文化の日の振り替えで祝日だから 火曜日に取りに来てください」と言ったのですよ。

あらっ。。。 岡田主幹はデンマンさんと会った翌日に手配したのですわね。

そうですよ。  思わせぶりなことを言っていたけれど、やれば翌日に書類のコピーを出せるのですよ。 それを平成11年から誰が決めたのか知らないけれど 翌日に手配できるのに、2週間という期間を設けて、まるで金科玉条のように堅く守っていた。 お役所仕事というのは そういうものなのですよ。

。。。で、ロシアではどうなのですか?

あのねぇ~、市役所の役人のことではないのだけれど、交通局で働いているバスの運転手のことで次のように書いてあった。


(bus900.jpg)

一人ひとりの表情に日常生活の疲労と人生の苦悩が色濃くにじんでおり、社内はとても静かだ。
そのときである。
エンジン音を消し去るほどの大声で突如、4,5人の乗客が叫びだす。
「止めろ! 止めろ!」
その直前、バス停を告げる自動録音の車内放送が響きわたったばかりだ。
それなのに、バスが停留所に止まらないのだ。
乗客たちはあわてて降車口のうえにそなえられている赤い非常用ボタンを何度も押しながら、運転手に懸命に訴える。
ボタンは運転手に急を告げるためのものだが、故障している。
無残な日常風景だ。

男性の乗客たちはのぶとい大声を車内に響かせながら、乗客をかきわけて運転席に詰め寄る。
運転手は乗客に視線を向けるわけではなく、前方を見つめながら平然と答える。
「バス停は撤去された」
車内放送が流れたのに、停留所は存在していないのだ。
消えた停留所名が告げられたことになる。
運転手の一言に、男性たちは怒り心頭に発して言いかえす。


(judge12.gif)

「それはおかしい。 けさ、停留所はあった。 そこからのった」
どうやらなんの予告の掲示もなく停留所は消えてしまったらしい。

私の想像では道路工事がはじまり、邪魔になるので停留所は閉鎖されたのかもしれない。
男性たちの興奮に呼応して中年の女性たちも、不満で感情が高ぶっている。
だが運転手はかれらの大声を他人事のように聞き流し、さらにもうひとつのバス停も通過してしまった。

 (中略)

けっきょく、バスは本来停車すべき二つの停留所をとばして、ようやく三つめのバス停に止まった。
二キロ近く走ったであろう。
ドアーが開き、乗客10人ほどが降車口になだれこむ。
初老の男性が、開いたドアーのむこうの暗闇にむけて怒鳴った。
冒頭の一喝(「まったく、ろくでなしのロシアめ!」)は、そのときに発せられた。
もちろん、運転手が乗客にわびることはない。

(注: 赤字はデンマンが強調。
写真はデンマン・ライブラリーより
読み易くするために改行を加えています)


12-13ページ 
『ろくでなしのロシア プーチンとロシア正教』
著者: 中村逸郎
2013年2月20日 第1版発行
発行所: 株式会社講談社

このようなエピソードなのですよ。

これはちょっとひどいですわね。 停留所が撤去されたのなら、車内放送でも その事実を放送すべきですし、乗客に説明すべきですわ。

でしょう!? 同じ事が起こったら日本でも乗客は騒ぎ出しますよ。 バンクーバーで同じ事が起こったら、運転手は袋叩きにあいますよ。

あらっ。。。 バンクーバー市民はそれほど暴力的なのですか?

いや。。。 バンクーバー市民がすべてが暴力的じゃないけれど、この間、無賃乗車をした乗客を運転手が注意したら、乗客が怒って運転手の頭をぶんなぐったのですよ。 全治3ヶ月ほどの傷を与えて新聞沙汰になったほどです。 その運転手はそれからヘルメットをかぶって運転するようになってしまったほどです。 だからねぇ、上のような非常識な事をしたらバンクーバーでは乗客が立ち上がって運転手はただでは済みませんよ。 まず間違いなく停車させられますよ。

マジで。。。?

でもねぇ~、そのような事がバンクーバーで起こるならば 1週間前からバス停に貼り紙がでて、事前に乗客に知らされるのですよ。 どう考えても、上のエピソードはロシアの市役所の交通局の落ち度です。

ロシアでは、役人の仕事は市民の事など考えずに一方的なのでしょうか?

あのねぇ~、本の中に書いてあったのだけれど、市役所の役人を含めてロシアの官僚の専横と腐敗は相当なものらしい。 国際組織の“トランスペアレンシー・インターナショナル”が2008年9月23日にロシア国内で発表した統計によれば、ロシア社会の健全性を示す世界ランキングは147位だったというのですよ。

すごいですわね。

もっとすごいのはロシアの教育界ですよ。 “レヴァーダ・センター”が2007年7月に実施した世論調査では、大学に入学するのに必要なものとして“お金”と回答した人が なんと 67%。 “縁故”と答えた人が 13%。 “学力”と答えた人は わずかに 17% だった。 賄賂(わいろ)が蔓延(まんえん)しているのですよ。

ちょっと信じられませんわね。

。。。でしょう? でもねぇ~、悪名高きプーチン氏の前に大統領になったメドヴェージェフ氏も2008年9月30日に次のように嘆いているのですよ。


(med001.jpg)
 
わたしたちの国の汚職は、

たんにひろがりや内容の問題ではありません。

汚職は、わたしたちの社会生活をおおう

日常的で、ごくありふれた事象となっています。

役人が汚職をするのがあたりまえの国ですよ。 市民へのサービスの向上など考える心のゆとりはありません。

その事を考えれば日本はまだましなようですわね。

その通りですよ。 “主治医意見書”のコピーを出すの2週間かかる。 平成11年から誰が決めたのか知らないけれど 翌日に手配できるのに、2週間という期間を設けて、まるで金科玉条のように堅く守っていた。 でも、事情を説明して頼んだら翌日にすぐに手配してくれた。 やればできるのですよ。

。。。で、デンマンさんは岡田主幹にお礼を述べたのですか?

あのねぇ~、お礼を言おうと思ったのだけれど、カウンターで岡田主幹は他の市民に対応中だったのですよ。 忙しそうでした。 だから、女性の担当者からコピーをもらって そのまま帰ってきました。

それで、この記事を書いて お礼を言おうと思い立ったのですか?

そういうことですよ。 いつか、この記事を目にすることがあるだろうと思いながら。。。


(laugh16.gif)

【卑弥子の独り言】


(himiko22.gif)

ですってぇ~。。。
お役所仕事は のろいということを聞いていましたけれど、
やればできるのでござ~♪~ますわね。

あたくしも、必要な時には マジで役人をせかせることにいたしますわ。

ところで、どうして小百合さんが「軽井沢タリアセン夫人」と呼ばれているのか?
ご存知でござ~♪~ますか?

実は簡単な事なのですわよ。
小百合さんは軽井沢に別荘を持ったのですわ。
小さな頃から軽井沢に住むことが夢だったのですって。
分からない事ではござ~ませんわ。

そもそも小百合さんが軽井沢に興味を持ったのは、朝吹登水子のエッセーなどを読んだことがきっかけだったとか。。。
現在、朝吹登水子の山荘、睡鳩荘(すいきゅうそう)は軽井沢タリアセンに移築されて公開されています。


(suikyu9.jpg)

それで、小百合さんは軽井沢タリアセンを訪れては睡鳩荘に足を運んで少女の頃の事を思い出すのが楽しみなんですってよ。

そういう訳で、デンマンさんが小百合さんのことを「軽井沢タリアセン夫人」と呼ぶようになったのですわ。

軽井沢・雲場池の紅葉

軽井沢のイルミネーション

秋の旧軽井沢銀座ぶらり散歩

とにかく、明日もデンマンさんが興味深い記事を書くと思いますわ。
だから、あなたも、お暇なら、また読みに戻ってきてくださいまし。
じゃあねぇ~~。


(hand.gif)

メチャ面白い、

ためになる関連記事



(linger65.gif)

■ 『きれいになったと感じさせる

下着・ランジェリーを見つけませんか?』

■ 『ちょっと変わった 新しい古代日本史』

■ 『面白くて楽しいレンゲ物語』


(house22.jpg)

■ 『カナダのバーナビーと軽井沢に

別荘を持つことを夢見る小百合さんの物語』

■ 『小百合さんの香り』

■ 『小さな親切』

■ 『病院を批判する意味ある?』

■ 『おいしいぬくもり』

■ 『ひねくれた大人』

■ 『虹のかなたの奇跡』

■ 『虹のかなたから生還』

■ 『義理チョコと十三夜』

■ 『愛のゼフィルス』

■ 『軽井沢タリアセン夫人とバレンタイン』

■ 『バレンタイン届いた?』

■ 『味もめん』


(kinuga25.jpg)

■ 『福豆と軽井沢タリアセン夫人』

■ 『かぎろいの誘惑』

■ 『軽井沢タリアセン夫人の真珠』

■ 『軽井沢タリアセン夫人@沖縄』

■ 『ムーチー@沖縄』

■ 『マルちゃんのソース』

ジューンさんの熟女下着 June Adams 下着美人
(30june.jpg)

■ 『ヘチマ野郎』

■ 『優美な日本女性』

■ 『また、バレンタイン?』

■ 『ロダンの接吻』

■ 『追伸バレンタイン』

■ 『おばさんパンツとSEO』

■ 『季節はずれのバレンタイン』

■ 『ホワイトソースの思い出』

■ 『レモンと胡椒と愛情』

軽井沢タリアセン夫人の小百合さんが扮するゴディバ夫人 Sayuri
(godiva05.jpg)

■ 『軽井沢タリアセン夫人の足跡』

■ 『軽井沢タリアセン夫人と病院の評判』

■ 『国際化の塩を求めて』

■ 『軽井沢タリアセン夫人の知名度』

■ 『ドコモのタリアセン』

■ 『軽井沢タリアセン夫人のトマト』

■ 『南海に散る』

■ 『軽井沢タリアセン夫人のサラダ』

■ 『軽井沢タリアセン夫人のリンゴ』

■ 『軽井沢タリアセン夫人のから揚げ』

■ 『軽井沢タリアセン夫人の人気』

■ 『軽井沢タリアセン夫人のエンザイム』

■ 『軽井沢タリアセン夫人と人参』

■ 『軽井沢タリアセン夫人の写真』

■ 『軽井沢クラブ』

■ 『軽井沢タリアセン夫人のお願い』

■ 『軽井沢タリアセン夫人のポテトチップ』

■ 『軽井沢タリアセン夫人とツナ缶』

■ 『軽井沢タリアセン夫人のカリスマ』

■ 『軽井沢タリアセン夫人とアボカド』

■ 『軽井沢タリアセン夫人とカナペ』

■ 『カラスの温泉』

■ 『茂美の湯』

■ 『お役所仕事@行田』


(curryind.jpg)


(byebye.gif)