Archive for the ‘ブリティッシュ・コロンビア州’ Category

Hacksaw Ridge

2017年8月20日

 

Hacksaw Ridge

 


(hacksaw6b.jpg)


(hacksaw8.jpg)


(hacksaw4.jpg)


(vanc910.jpg)

 

Subject:

Wow! What a lovely summer day!

You must be sunbathing with joy!

Ha ha ha ha ha…


(engbay03.jpg)

From: barclay1720@aol.com
Date: Thur., July 27, 2017 12:04 PM
To: diane705@yahoo.ca


(foolw.gif)

Hello Diane,

Eventually, we’ve got gorgeous summer days.

Are you sunbathing?

Or jogging along the seawall?


(vanc913.jpg)

On Canada Day, I strolled along the seawall and read some books while sitting on one of the benches.

Guess what?

Without knowing it, I was sunburnt.

Fortunately, it wasn’t so bad.
However, flakes of brownish skin are now falling from my arms and legs—just like dead cherry flowers.

Well,… no summer is perfect for everybody as nobody is perfect.

By the way, I read a newspaper article of METRO on July 24.


(metro70724.png)

【Enlarge】

【Actual Page】

 

The headline shouts: Former bishops guilty of polygamy.

Winston Blackmore was making no apologies Monday after he and another former bishop of an isolated religious community in BC were found guilty of practising polygamy.

Blackmore, 60, was married to Jane Blackmore and then married 24 additional womne as part of so-called “celestrial” marriages involving residents in the tiny community of Bountiful.

Amazing!
He was once married to 25 women!

Well, no bishop is perfect as nobody is perfect.

By the way, I’ve just written an article, which is somewhat related to the above incident.

Please read the folloing:


(madison04.jpg)

“Romance @ Madison”

 

I’m pretty sure that you watched a movie called “The Bridges Of Madison County.”

This movie is a 1995 American romantic drama based on the best-selling novel of the same name by Robert James Waller.
The story in the diaries reveals the impact the affair had on the lives of a farm woman named Francesca and a National Geographic photographer—Robert played by Clint Eastwood.

The affair took place while her husband and children were at the state fair in Illinois.
She almost ran away with him to travel the world with him.

After a wrenching period of decision-making, however, she decided to stay at the last minute after considering the bigger picture that includes the consequences leaving would have on the lives of her teenage children and husband, who was a good, loving man.

After all the photographer finds meaning and his true calling as an artist.

It also has deep consequences on the lives of her son and daughter, who are both experiencing marital problems.
Their mother’s story helped them to find a sense of direction in their lives.

It is an old-fashioned love story with some meanings in terms of the present day context.
Superb are the performances of Clint Eastwood and Meryl Streep.

Francesca had a dream, but she couldn’t realize it while being busy with daily chores.
Then she met Robert and suddenly she felt like realizing her dream.

Well, those 25 women who married to Winston Blackmore might have thought the same way.
However, Francesca changed her mind at the last moment and didn’t divorce her husband while those 25 women foolishly married the same bishop.

Times seem to have been changed.

In any case, I hope you enjoy this glorious summer day.
Have a great afternoon and a glorious evening!


(laugh16.gif)

Your smiling Bohemian, Kato
with a lot of love as always

 


(sorry12.gif)

Subject:

Sorry to hear you got sunburned.

From: diane705@yahoo.ca
Date: Thur., Jul 27, 2017 at 12:30 PM
To: barclay1720@aol.com

Hi Kato,

Sorry to hear you got sunburned but glad to hear you’re enjoying this glorious weather.

We went up the Whistler on Tuesday to do some gentle hiking and do the Peak to Peak experience from Whistler to Blackcomb.


(whisler80.jpg)


(vanc910.jpg)

It was awesome and I was afraid I’d end up quite burnt.
Fortunately not, so that’s the good news.
Such a magnificent part of our Province; mind-blowing, really.

I did read a bit of the Winston Blackmore story.
Image the logistics of 25 wives.
Holy cow!
The man should get a medal … maybe be named a saint. Just kidding!

But at least the wives seem to be well taken care of and the children seem to be as well.

When you look at all the single mothers we have and the experiences their children have to endure, there may be something to be said for an extended, fairly functional family.

Of course, there are many angles here, but personally I’m adopting a live-and-let-live-attitude.
It will be interesting to see how long this man will serve in jail.


(dunkirk1.jpg)

Off this afternoon to see Dunkirk at the Ridge.
Thanks for your notes as usual, kiddo.

See you soon, hopefully,


(dianelin2.jpg)

Love, Diane ~


(kato3.gif)

Diane, did you see the movie?


(diane02.gif)

Yes, of course I did.

How did you like it?

I love it.  You see, Christopher Nolan, the director of the movie, is a master of reinvention.

What do you mean by that?

Well, after rethinking the whodunit with “Memento” made in 2000, he rewrote the rules for the cop thriller with another 2002 neo-noir psychological drama—“Insomnia.”

 


(memento2.jpg)



(insomnia2.jpg)

 

Then came “Batman Begins” in 2002, followed by its two sequels—“The Darl Knight” in 2008 and “The Dark Knight Rises” in 2012, both of which injected new life into the moribund caped crusader on the big screen.

 


(batman1.jpg)



(batman2.jpg)

 

I see… so what did Director Nolan create in the above “Dunkirk”?

You see, Kato, the movie is about the real-life events in Dunkirk, France, during the Second World War.

Yes, I know that.

Director Nolan decided to reimagine a battle epic as a suspense thriller.

Oh, yeah?

Nolan really wanted the film to be driven primarily by suspense, which is one of the most pure cinematic film forms.

I see.

Nolan creates three distinct storylines—on land, on sea and in the air—to evoke a tale about “communal heroism.”

What do yuo mean by that?

You see, Kato, 400,000 British, French, Belgian and Canadian troops were surrounded by the Nazis on the beaches of Dunkirk in late May and early June of 1940.  With safety on British shores just 26 miles away across the English Channel, the rescue had to be completed by non-military ships that sailed out from the southern coast of England to bring the stranded men home.

But what do you mean by non-military ships?

Well… A makeshift flotilla of hundreds of fishing boats, plesure crafts and lifeboats are called into service to aid in the evacuation.


(dunkirk3.jpg)

I see… Gee, Diane, you’re talking like a film critic.  I didn’t know, you’re such a movie buff.

Oh yes, to tell you the truth, I’ve watched a great deal of movies so far, but not as many as you have.

Diane, do you know what?  Although some events are loosely based on true history, the characters and storyline are fiction.

How do you know?

I read the director’s comments.

I see… By the way, Kato, have you lately watched a war movie?

I’m glad that you ask me.  As usual, I’ve seen a number of movies these days, including war movies.

 



(lib70816a.png+lib70816a2)

“Actual List”

 

This is the list of movies I’ve recently viewed at the Vancouver Public library… Look at the red-rectangled title in the above list!

I see… So you watched “Hacksaw Ridge” on August 15, huh?

That’s right.

 


(lib70816b.png)

“Actual Page”

Twenty-one people are waiting to watch the above DVD, huh?

Yes, you’re telling me.


(hacksaw6.jpg)

 

After you watched, you jotted down the following comment, huh?

Directed by Mel Gibson and originally released as a motion picture in 2016, this 139-minute WWII docudrama depicts a story of Desmond Doss, an American pacifist combat medic who was a Seventh-day Adventist Christian, refusing to carry or use a firearm or weapons of any kind.

Doss’ unit was assigned to the 77th Infantry Division and deployed to the Pacific theater.

During the Battle of Okinawa, Doss’ unit was informed that they were to relieve the 96th Infantry Division, which was tasked with ascending and securing the Maeda Escarpment (“Hacksaw Ridge”).


(hacksaw10.jpg)

The battle at Hacksaw Ridge turned out to be one of the deadly battlegrounds during WWII.

Doss became the first conscientious objector to be awarded the Medal of Honor, for service above and beyond the call of duty during the Battle of Okinawa.

It is one of the best anti-war dramas I’ve ever watched.

Kato, do you really mean that the above movie is one of the best anti-war films?

You bet on that.

Kato, tell me about it.

Hacksaw Ridge


(hacksaw2.jpg)

 

As a young boy, Desmond Doss nearly kills his younger brother Hal.
This experience and his Seventh-day Adventist upbringing reinforce Desmond’s belief in the commandment “Thou shalt not kill”.

Years later, Desmond takes an injured man to the hospital and meets a nurse, Dorothy Schutte.


(hacksaw8.jpg)

The two begin a relationship and Desmond tells Dorothy of his interest in medical work.

After the Japanese attack on Pearl Harbor, Doss is motivated to enlist in the Army and intends to serve as a combat medic.
His father Tom, a troubled World War I veteran, is deeply upset by the decision.
Before leaving for Fort Jackson, Desmond asks for Dorothy’s hand in marriage and she accepts.

Desmond is placed under the command of Sergeant Howell.
He excels physically but becomes an outcast among his fellow soldiers for refusing to handle a rifle and train on Saturdays.

Howell and Captain Glover attempt to discharge Desmond for psychiatric reasons but are overruled, as Desmond’s religious beliefs do not constitute mental illness.

They subsequently torment Desmond by putting him through grueling labor, intending to get Desmond to leave of his own accord.
Despite being beaten one night by his fellow soldiers, he refuses to identify his attackers and continues training.

Desmond’s unit completes basic training and is released on leave, during which Desmond intends to marry Dorothy, but his refusal to carry a firearm leads to an arrest for insubordination.
Captain Glover and Dorothy visit Desmond in jail and try to convince him to plead guilty so that he can be released without charge but Desmond refuses to compromise his beliefs.


(hacksaw11.jpg)

At his trial, Desmond pleads not guilty, but before he is sentenced, his father barges into the tribunal with a letter from a former commanding officer stating that his son’s pacifism is protected by an Act of Congress.
The charges against Desmond are dropped, and he and Dorothy are married.

Desmond’s unit is assigned to the 77th Infantry Division and deployed to the Pacific theater.
During the Battle of Okinawa, Desmond’s unit is informed that they are to relieve the 96th Infantry Division, which was tasked with ascending and securing the Maeda Escarpment (“Hacksaw Ridge”).

In the initial fight, both sides sustain heavy losses, and Desmond successfully saves several soldiers, including those with severe injuries.
The Americans camp for the night, which Desmond spends in a foxhole with Smitty, a squadmate who was the first to call Desmond a coward.
Desmond reveals that his aversion to holding a firearm stems from nearly shooting his drunken father, who threatened his mother with a gun.
Smitty apologizes for doubting his courage and the two make amends.

The next morning, the Japanese launch a massive counterattack and drive the Americans off the escarpment.
Smitty is killed, while Howell and several of Desmond’s squad mates are left injured on the battlefield.
Desmond hears the cries of the dying soldiers and decides to run back into the carnage.
He starts carrying wounded soldiers to the cliff’s edge and belaying them down by rope, each time praying to save one more.

The arrival of dozens of wounded once presumed dead comes as a shock to the rest of the unit below.
When day breaks, Desmond rescues Howell and the two finally escape Hacksaw under enemy fire.


(hacksaw12.jpg)

Captain Glover tells Desmond that the men have been inspired by his miraculous efforts, and that they will not launch the next attack without him.
Despite the next day being the Sabbath day, he joins his fellow soldiers after finishing his prayers.
With reinforcements, they turn the tide of battle.

During an ambush set by Japanese soldiers feigning surrender, Desmond manages to save Glover and others by knocking away enemy grenades.
Desmond is eventually wounded by a grenade blast, but the battle is won.

Desmond descends the cliff, clutching the Bible Dorothy gave him.


SOURCE:”Hacksaw Ridge”
From Wikipedia, the free encyclopedia

Wow!… quite fascinating and heart-warming.

Unlike “Dunkirk,” the characters and storyline are based on the real events.

Is that right?

You bet… If you see the movie, your stomach will be quite upset because you see scores of gory, bloody and horrendous fighting scenes, but it’s worth watching it to the end.  I’m pretty sure you’ll become a different person after viewing it.


(laughx.gif)

No kidding!

In any case, there are 21 persons waiting to see this movie.  So you should reserve the DVD as soon as possible.

Yes, I’ll do it right away.


(dianelin3.jpg)

【Himiko’s Monologue】


(himiko22.gif)

Kato has watched 1,712 movies at the Vancouver Public Library so far.

When I take a look at the above movie list, I notice a film called “Osama.”

At first, I thought that it was about Osama bin Laden.

Although the title of the film highlights an allegorical relevance to Osama bin Laden, there is no further similarity.


(lib70816c.png)

“Actual Page”


(osama01.jpg)

 

In the above film, the Taliban are ruling Afghanistan.

Their regime is especially repressive for women, who, among other things, are not allowed to work.

This situation becomes difficult for one family consisting solely of three women, representing three successive generations: a young girl, her mother, and her grandmother.

With the mother’s husband and uncle dead, having been killed in battle during the Soviet invasion and their civil wars, there are no men left to support the family.

The mother had been working as a nurse in a hospital, but the Taliban cut off funding to the hospital, leaving it completely dysfunctional with no medicines and very little equipment.

One foreign woman working as a nurse in the hospital is arrested by the Taliban.

The mother does some nursing outside the hospital and receives payment from the caretaker of a patient, but after the patient dies the mother cannot find any more work.

The mother and grandmother then make what they feel is the only decision they can to survive.

They will have their preteen daughter disguise herself as a boy so that she can get a job to support the family.


(osama03.jpg)

Osama’s grandmother tells a story to Osama about a boy who changed to a girl when he went under a rainbow, in order to help persuade her to accept the plan.

The daughter, feeling powerless, agrees despite being afraid that the Taliban will kill her if they discover her masquerade.

Partly as a symbolic measure, the daughter plants a lock of her now cut hair in a flowerpot.

The only people outside the family who know of the ruse are the milk vendor who employs the daughter.

This vendor was a friend of her deceased father.

A local boy named Espandi recognizes her despite her outward change in appearance.


(osama04.jpg)

The masquerade becomes more difficult when the Taliban recruit all the local boys for school, which includes military training.

At the training school, they are taught how to fight and conduct ablutions, and an ablution is taught to boys that should be done when they experience nocturnal emission or come in contact with their wife when they grow older.


(osama02.jpg)

Osama attempts to avoid joining the ablution session, and the master grows suspicious of Osama’s gender.

Osama realizes it can only be so long before she is found out.

Several of the boys begin to pick on her, and although Espandi is at first able to protect her, her secret is eventually discovered when she menstruates.

Osama is arrested and put on trial, along with a Western journalist, and the foreign woman who was arrested in the hospital.

The journalist and the nurse are both condemned and put to death, but, as Osama is destitute and helpless, her life is spared.

She is instead given in marriage to a much older man.

Osama’s new husband already has three wives, all of whom hate him and say he has destroyed their lives.

They take pity on Osama, but are powerless to help her.

The husband shows Osama the padlocks he uses on his wives’ rooms, reserving the largest for Osama.

The film ends with the new husband conducting an ablution in an outdoor bath, which the boys were earlier taught to conduct after coming in contact with their wives.

That’s about it.

In any case, I expect Kato will write another interesting article soon.

So please come back to see me.

Have a nice day!

Bye bye …


(hand.gif)


(renge400.jpg)

If you’ve got some time,

Please read one of the following artciles:


(dianesun.jpg)

“Glorious Summer”

“Biker Babe & Granny”

“Genetically Modified”

“Tyrannosaur”

“Love@Magic”

“Yellow Ball”

“Welcome Back”

“Forbidden Love”

“Merry X’Mas”

“Heaven with Mochi”

“Travel Expense Scandal”

“Love@Redemption”


(cook002.jpg)

“JAGEL”

“JAGEL Again”

“Say NO!”

Happy Gal in Canada

Roof of Vancouver

Aftershock

Whiplash

Sex Appeal

Better Off Without Senate

Fire Festival

Sweets@Paris

Scary Quake

MH370 Mystery

Putin’s Way

Trump @ Vancouver

Otter & Trump


(juneswim.jpg)

Changeling

Fiddler on the Roof

Flesh and Bone

Maiden’s Prayer

Romeo & Juliet

Trump @ Joke

Halloween in Shibuya

Trump Shock

Happy New Year!


(biker302.jpg)

Life or Death

Way to Millionaire

Adele Hugo

Middle Sexes

Romance@Madison


(surfin2.gif)


(bare02b.gif)

Hi, I’m June Adams.

Kato is a real movie lover, who tries to watch 1001 movies.

As a matter of fact, he has already accomplished his goal.


(lib50909a.png)

『Actual List』


(june001.gif)

Kato watched “The Arabian Nights” or “One Thousand and One Nights” as his 1001th movie.

You might just as well want to view it.


(1001nite.jpg)


(1001nite10.jpg)

The stories in “the Arabian Nights” were collected over many centuries by various authors, translators, and scholars across West, Central, and South Asia and North Africa.

The tales themselves trace their roots back to ancient and medieval Arabic, Persian, Indian, Egyptian and Mesopotamian folklore and literature.

In particular, many tales were originally folk stories from the Caliphate era, while others, especially the frame story, are most probably drawn from the Pahlavi Persian work Hazār Afsān which in turn relied partly on Indian elements.

What is common throughout all the editions of the Nights is the initial frame story of the ruler Shahryār and his wife Scheherazade and the framing device incorporated throughout the tales themselves.

The stories proceed from this original tale.

Some are framed within other tales, while others begin and end of their own accord.

Some editions contain only a few hundred nights, while others include 1,001 or more.


(bellyan15.gif)

ところで、愛とロマンに満ちた

レンゲさんのお話をまとめて

『レンゲ物語』を作りました。

もし、レンゲさんの記事をまとめて読みたいならば、

次のリンクをクリックしてくださいね。

『愛とロマンのレンゲ物語』


(renge730.jpg)

『軽井沢タリアセン夫人 – 小百合物語』

とにかく、今日も一日楽しく愉快に

ネットサーフィンしましょうね。

じゃあね。



(spacer.png+betty5de.gif)
(hiroy2.png+betty5d.gif)
『スパマー HIRO 中野 悪徳業者』

 


(bikini901b.jpg)


(dogs17.gif)


(girlxx.gif)

ルンルンdeサルサ

2016年8月4日

 

ルンルンdeサルサ

 


(salsa024b.jpg)


(salsa023b.jpg)


(salsa022b.jpg)


(salsa005b.jpg)

デンマンさん。。。 まさか日曜日にデンマンさんとサルサを踊ることになるとは思ってもいませんでしたわァ~。。。

いや。。。 そのようなことはないでしょう!。。。 去年、僕は「今度の日曜日に 真由美ちゃんとサルサを踊ろうねぇ」と言ったはずですよ。

そうでしたかァ~。。。?

思い出してくださいよう。。。 僕は真由美ちゃんに次のようなメールを出したのですよ。


(foolw.gif)

今日はイタリアのベーグルを

食べましたよ! きゃははははは…


(bagelli2.jpg)

FROM: barclay1720@aol.com
TO: mayumi2525@yahoo.co.jp
Sunday, July 19, 2015 9:40 PM

今日も素晴らしい一日でした。
雲一つなく晴れ渡っていました。

朝、ロブソンストリートを歩いていると、
Breka Bakery & Cafe の四つ角のところで
ルンルン気分で踊りを踊っている20歳代のカナダ人の女の子がいるのに
ちょっとギョッとしましたよ。


(girlmz2.jpg)

よく見ると、ケイタイからヘッドフォーンをつけてルンルンな音楽を聴いているのですよ。
天気もいいし、踊りたくなるようなリズムが、耳の中でガンガンと響いていたのでしょうんね。

ヘッドフォーンで音楽を聴いていなかったら、
まるで、精神病院から逃げ出してきたのじゃないか!?
。。。そう思われても仕方がないような踊り方なのですよ。

もう、本人は、周りの人など気にならないらしくて、ルンルン気分で一人で夢中で踊っているのです。
“踊る阿呆に見る阿呆! 同じ阿呆なら踊りゃにゃ損、損。。。”という阿波踊りの歌の文句を思い出して
僕も、彼女のところに行って、一緒に手をつないで踊ったのですよ! (爆笑)

(そんなわけないよねぇ~。。。 それは冗談です。)

でも、踊りを踊っていた女の子がいたのは事実ですよ! (信じてね。)

。。。で、踊りで思い出したけれど、
今日は日曜日で、ロブソン・スクウェアで3時から7時まで“サルサ(salsa)”という踊りを踊るのですよ。
参加無料で誰でも参加できるのです。


(salsa001.jpg)

そばを通ると、音楽がガンガン聞こえてきました。
たくさんの人たちが踊っていました。
気温は29度でした。

僕は大学時代に社交ダンスにハマッたことがあるのです。
だから、ルンバ、ジルバ、ワルツ。。。など、けっこう踊れるのですよ。 (マジで。。。!)

真由美ちゃんが、今度の日曜日にバンクーバー図書館にやって来ることがあったら、
“サルサ(salsa)”を踊りましょうね。 (マジで。。。!)

 (中略)

ところで、話は違いますが、食料が底をついたので、
すぐそこの 安売りのジョーのスーパーマーケットで食料を買い込んだのですよ。

珍しくベーグルが棚に並んでいたのです。
4個で1ドルのベーグルがずらりと並んでいたのですよ。

でも、どれもwholewheat のベーグルのようでした。
その中で一つだけ whitewheat のベーグルがあったのです。
7月19日が賞味期限の最終日だったので半額になってました。
見ると、イタリアのベーグルらしい。

4つで 340グラム。
これは半額で1ドル50セントでした。

ちょっと小ぶりで、真由美ちゃんが作ったのとよく似ているのです。
柔らかめで、決して固い感じではない。
味も、まろやかで甘みがある。

トロントのパン屋さんで作られたものです。
真由美ちゃんのために、URL を貼り出しますねぇ~。。。


(bagelli3.jpg)

『トロントのベーグル屋さん』

上の写真を見てください。
パッケージにイタリアの国旗が貼り付けてあります。

レセピも書いてありますよ。
真由美ちゃんがベーグルを作るときの参考になるでしょう!

今日の記事は『わたしを見つけて』という めれんげさんの即興の愛の詩を紹介したものです。


(deaming5b.jpg)

『わたしを見つけて』

楽しみながら読めると思うので、
真由美ちゃんも是非 リンクをクリックして読んでみてね。

あまり働きすぎにならないように、休日には、骨休みしてください。
そして、時には、ルンルン気分で 命の洗濯をしてね。

そういうわけで、日曜日に時間があったら、“サルサ(salsa)”を踊りましょう。

とにかく、体調管理に気をつけて、
ルンルン気分で、元気に毎日を送ってください。
じゃあねぇ~。。。


(byebye.gif)

バイバ~♪~イ


(denman01.gif)


『イタリアのベーグルとサルサ』より
(2015年7月29日)

このメールを出したのは、もう1年も前ですよ。。。 真由美ちゃんは何かと忙しくて、ロブソン・スクェアで一緒にサルサを踊る機会がなかったのですよ。

そうでしたわ。。。 今年は7月31日の日曜日に、カナダのトルドー首相がオタワからバンクーバーにやって来て、プライド・パレードに参加するというので、私も初めて真近にカナダの首相が見られると思い、パレードを見るのを楽しみにしていたのですわ。


(pridevan16.jpg)

デンマンさんは、私が誘ったのにやって来ませんでしたわねぇ~。。。

僕はトルドー首相を真近に見たいとも思わなかったし、プライド・パレードにも関心がないのですよ。。。 でもねぇ~、日曜日は10時半にマンションを出てロブソン通りを歩いて図書館に行ったので、パレードの準備をしているのを眺めることができましたよ。。。

12時からパレードが始まるので、見ればよかったではありませんかァ~。

あのパレードは僕の趣味に合わないのですよ。。。 これまでに何度も見たので、もうたくさんという感じです。 (苦笑)

デンマンさんと一緒に見たかったですわァ~。。。

ところで、カナダのトルドー首相を真近に見て、どうでしたか?

若いですねぇ~。。。 まだ小さな男の子がいるのですわねぇ~。。。


(pridevan17.jpg)

トルドー首相にベビー・キャリッジを押されながら気持ち良さそうにスヤスヤ眠っていましたわァ。

パレードは大して面白くなかったでしょう?

いいえ。。。 とっても面白かったですわァ~。。。 ずいぶん変わった人たちが参加してました。。。 ちょっと日本では見られないようなヘンな人たちも居ましたわァ。。。 うふふふふふふ。。。

僕はパレードを見る時間があったら ブログの記事を書いている方が性に合っているので、パレードは遠慮したのですよ。。。 で、サルサを踊ってみてどうでしたァ~?

楽しかったですわァ。。。 私は盆踊りぐらいしか踊れなかったのですけれど、デンマンさんにリードされて何とかついてゆくことができましたァ。。。 ずいぶんと冷や汗をかいてしまいましたわァ~。。。

夜は、今年3回目の花火大会でした。。。 真由美ちゃんも久しぶりに花火を見て日本の花火大会が懐かしくなったでしょう。。。?


(firevanc11.jpg)

午後10時に花火を打ち上げ始めたのに、真っ暗にはならないのですねぇ~。。。

そうなのですよ。。。 西の方を見ると、ほのかにまだ明るいのです。。。 やっぱり、バンクーバーは高緯度にあるのですよ。。。 日本で言うと旭川よりも北にあるからねぇ~。。。

あらっ。。。 バンクーバーってそんなに北にあるのですか?

そうなのですよ。。。 でも、暖流がカリフォルニアから北上しているので、冬でも旭川ほど寒くはならない。。。

それにしても、今年、3回目。。。 最後の花火大会はすごい人でしたねぇ~。。。 

そうです。。。そうです。。。 まるで芋を洗うように混んでいました。。。 お昼にプライド・パレードを見た人たちが、そのままイングリッシュ・ベイに移動して花火大会を見たからですよ。。。 50万人近くの人が花火を見に集まったらしいです。。。

ところで、デンマンさんサルサを踊りすぎて、翌日 筋肉痛で大変だったのではありませんかァ~?

いや。。。 真由美ちゃんのおかげで10歳若返りましたよ。。。 8月1日の BC DAY (ブリティッシュ・コロンビア州の祝日)には久しぶりにルンルン気分で真由美ちゃんと外食しましたからね。。。


(bcday01.jpg)


(teahouse22.jpg)


(teahouse23.jpg)

久しぶりでスタンレー公園の喫茶レストラン(Teahouse)で、のんびりとコーヒーとケーキを楽しみましたわ。


(teahouse07.jpg)


(teahouse06.jpg)

うん、うん、うん。。。 ケーキは見るだけで僕はたくさんでしたよ。。。

それからバラード・インレットに沿った遊歩道を 爽やかな夏の風を感じながら散歩して レストラン・バーの Lift & Grill に向かったのでした。


(seawall812.jpg)


(vancgal11.jpg)

この乙女の像を見ると、コペンハーゲンの人魚を思い出しますわ。

初めて見た時、僕はコペンハーゲンの人魚の複製かと思いましたよ。。。 


(copengal22.jpg)

でもねぇ~、すぐ上の像はコペンハーゲンの人魚像だけれど、スタンレー公園の像はウェットスーツを着た少女像なのですよ。

ちょうど歩き疲れて一休みしたいと思う頃に、Lift & Grill に着きましたわ。


(lift900.jpg)


(lift905b.jpg)


(lift903b.jpg)

久しぶりで Lift & Grill を訪ねて のんびりと食事ができてよかったですわァ~。。。

スタンレー公園とバラード・インレットを眺めながら食べる料理も最高でした。


(lift907.jpg)


(lift906.jpg)


(lift910.jpg)


(lift911.jpg)

僕はアルコールは一滴も飲めないのだけれど、真由美ちゃんは日本酒の“水芭蕉”が飲めてウキウキしてましたねぇ~。。。


(lift908.jpg)

まさか、このレストランで日本酒が飲めるとは思いませんでしたわ。

バンクーバーは8月に入ると、日本と違って、一日一日と 日が短く感じるのですよ。。。

やっぱり、高緯度の影響ですか?

そうです。。。 でも、ムシムシした梅雨がないのは最高でした。。。 真由美ちゃんも、9月の卒業式を目指して最後の追い込みに頑張ってねぇ~。。。

はい。。。 そうします。


(laugh16.gif)


(blackcat5.jpg)

【デンマンの独り言】


(kato3.gif)

真由美ちゃんは、現在ノース・バンクーバーでホームステーしながら
VCC (Vancouver Community College)にかよって
パン職人・ベーグル職人の勉強と実習に励んでいます。

だけど、先生やクラスメートとの英会話には、今でもまごつくことがあるそうです。
外国語というのは習得するのが実に大変です。

あなたは英会話を勉強してますか?
できれば、英語を話している国へ行って英会話を勉強するのが一番です。

でもねぇ~、英会話を勉強する方法に王道はありません。
人それぞれです。。。
自分に合った勉強法を見つけるのが、英会話の上達の早道だと僕は思いますね。

同じことを同じように勉強しても、人によって上達が違うのですよ。
僕の経験で言っても、人によって、語学の才能というのはまちまちです。

太田将宏老人のように、40年もカナダに住んでいるのに
英会話が満足にできずに 6人に成りすまして日本語でブログにコメントを書きなぐって余生を過ごす人もいます。

なかには、日本語を忘れてしまうほど、英語にどっぷりと浸かってしまう人もいます。
20年以上英語圏で英語を話してますけれど、
僕は、漢字を忘れることはあっても、日本語を忘れることはありません。

もちろん、今でも、英語を話すよりも日本語を話す方が楽に話せます。
僕自身は語学の才能があるとは思ってませんが、
僕が、カナダ人と笑いながら話しているのを聞いていると、
真由美ちゃんには さっぱり 何を話しているのか解らないと言うのですよね。

僕がペラペラと英語を話しているように見えるのだそうです。
早くデンマンさんのように 英語がしゃべれるようになりたい、と真由美ちゃんは言います。

しかし、僕は、常に、英語を日本語のように しゃべれたら いいなと思っているのですよ。
外国語を母国語のように話すのは、本当に難しいと思います。

いずれにしても、真由美ちゃんは小さい頃からの夢が叶ってぇバンクーバーにやって来たのです!


(inflight2.jpg)


(airport1b.jpg)

現在、移住を目指して頑張っているところです。

ところで、あなたはバンクーバーに行ったことがありますか?

とっても素敵な街ですよ。


(stanley50.jpg)


(seawall3.jpg)


(seawall2.jpg)

世界で最も住みやすい街バンクーバー


(wetsuit.jpg)


(wetsuit3.jpg)


(gastown20.jpg)


(canplace22.jpg)

ビデオを見ても、なんだかワクワクしてくるでしょう?

卑弥子さんが バンクーバーにやって来たのは 2008年の元旦の2週間ほど前でした。

クリスマスをバンクバーで過ごして、それから元旦の“Polar Bear Swim (寒中水泳)”に参加したのです。


(polar10.jpg)

上のビデオを見ると、まるで真夏のようでしょう?

ところが気温は確か2度ぐらいでした。 

水の中の方が暖かかったのです。

とにかく、バンクーバーには面白い人たちがたくさん居ますゥ。

あなたも、お暇と お金の余裕があったらぜひ出かけてみてください。

では、また興味深い、面白い記事を書くつもりです。

だから、どうか、あなたも またやって来てくださいねぇ~~。
じゃあね。


(hand.gif)

If you’ve got some time,

Please read one of the following artciles:



(biker302.jpg)

“ついに会えました”

“お天道様が見てます”

『真由美ちゃんのカナダ移住』

『真由美ちゃんのカナダ就活』

『ロマンと夢が広がる』

『カナダ就活と英語』

『カナダへの履歴書』

『真由美ちゃんの夢とベーグル』

『真由美ちゃんの命の力』

『迷い、決断、そして行動』

『夢と希望の光』


(juneswim.jpg)

『下着女装に負けない真由美ちゃん』

『真由美ちゃんの就活面接』

『真由美ちゃんのリクエスト』

『真由美ちゃん@とんでん』

『バンクーバーで面接』

『海外で面接』

『真由美ちゃん、読まれてるよ』

『真由美ちゃん@面接英会話』

『真由美ちゃん@教会』

『真由美ちゃん@バンクーバー渡航』

『真由美ちゃん@バンクーバー』

『心温まるスープ』

『大切な第一印象』


(santa85b.jpg)

『サンタ マユミちゃん』

『お汁粉@海外』

『お汁粉@カナダ』

『支払いでトラブル』

『風邪で甘えてる場合じゃねぇ~!』

『バレンタインのお菓子』

『結婚、仕事、人生』

『命の力だね』

『英語と真由美ちゃん』

『海外に目を向ける』

『カーネギーホールじゃないよ』

『やる気があれば道は開ける』

『ニャンニャンと人生』


(juneswim.jpg)

『ピラミス@美術館』

『夢のバンクーバー』

『バンクーバーの屋上で』

『オランダ移住』

『カナダ移住の夢』

『ディープコーヴ』

『浴衣のバンクーバー』

『黒豚テリマヨ』

『イタリアのベーグルとサルサ』

『花火大会』

『乙女老い易く学成り難し』

『真由美ちゃん@英語』

『真由美ちゃんダントツ』

『日本よい国天国だ!』

『やっぱりどこか狂ってる』

『日本で再会』


(utsunomiya10.jpg)

『乙女力@宇都宮』

『いい出会いの連鎖』

『笑顔の乞食おばさん』

『ニュートンの暗い秘密』

『新年@バンクーバー』

『スープキッチン@新年』

『猫と癒し』

『猫と犬と癒し』

『大通りde水の滑り台』

『イルカとワンちゃん』

『カワウソ@スタンレー公園』

『生パンツ系男子とベトナム兵』

『愛と癒しの涙』

『ダンスとノーベル賞』

『おもてなし』

『思い出ポロポロ』

『ロブソンの5月』

『ネットが不倫を連れて来る』

『ペットと良心』

『夢のデニッシュ』

『パンツァネッラ』

『12歳少女の短命』

『行田の伯母さん』

『パン職人修行』

『タイムマシーン』


(surfin2.gif)


(dogs17.gif)


(girlxx.gif)

大前研一 奇妙な検索

2015年9月6日

 

大前研一 奇妙な検索

 


(question.gif)


(gog50905a.png)


(june001.gif)

デンマンさん。。。 どういうわけで“大前研一 奇妙な検索”というタイトルにしたのですか?


(kato3.gif)

ちょっと次のリストを見てください。


(liv50905c.png)

『拡大する』

これはライブドアの僕の『徒然ブログ』の9月に入ってからの「人気検索キーワード」のリストですよ。。。 赤枠で囲んだ 25番に注目してください。

あらっ。。。 「大前研一 ハンスヴィドマー」と入れて検索してデンマンさんの『徒然ブログ』にやって来たネット市民が居たのですわねぇ~。。。

そうなのです。。。 ところが、僕は“大前研一”について書いたことはあるけれど、“ハンスヴィドマー”という人物について書いたことはないのですよ。

ど忘れしたのではありませんか?

いや。。。 僕は自分が書いた記事の内容については、けっこう記憶は確かなのです。。。 それで、どの記事が出てくるかと思って「大前研一 ハンスヴィドマー blog.livedoor.jp/barclay1720」と入れてGOOGLEで検索してみたのですよ。。。 その結果を見てください。


(gog50905a.png)

『現時点での検索結果』

blog.livedoor.jp/barclay1720 は『徒然ブログ』の URL なのです。。。 だから、こうして検索すれば、『徒然ブログ』の記事が表示されるはずなのです。

検索結果はたった一つですわね。

そうです。。。 でもねぇ~、上の検索結果をよく見ると、“ハンスヴィドマー”は1語としてでなく、分解されて “ハンス”、“Vid”、“マー”という部分で出てくるのですよ。。。 要するに、僕は“ハンスヴィドマー”という人物について書いたことがないのです。

いったい、“ハンスヴィドマー”と呼ばれる人はどのような人物なのですか?

“ハンスヴィドマー”を入れて『ウィキペディア』で調べてみました。


(wik50905a.png)

『実際のページ』

“ハンスヴィドマー”と呼ばれる人物は日本語版『ウィキペディア』には載ってないのです。

英語版の『ウィキペディア』には出ているのではありませんか?

調べてみました。。。 その結果を見てください。


(wik50905b.png)

『実際のページ』

英語版の『ウィキペディア』にも出てないのですわねぇ~。。。

残念ながら出てないのですよ。。。 おそらく検索した人が うろ覚えの名前を間違って入れたのだと思います。

。。。で、「大前研一 ハンスヴィドマー blog.livedoor.jp/barclay1720」と入れてGOOGLEで検索してヒットしたページはどのようなページなのですか?

次のページです。


(liv50905d.png)

『実際のテーマのページ』

あらっ。。。 トップに『バンクーバーのスカンク』というタイトルが出てきますけれど、これはどういうページなのですか?

「動物・ペット カテゴリー」のページなのですよ。

「大前研一 ハンスヴィドマー」と入れてGOOGLEで検索した人は、いったい何が知りたかったのでしょうか?

当然、大前研一とハンスヴィドマーと呼ばれる人物との関係が知りたかったのでしょうね。

なぜですか?

ちょっと次の検索結果を見てください。


(gog50905b.png)

『現時点での検索結果』

「大前研一 Denman」と入れてGOOGLEで検索してみたのですよ。。。 すると、2、660件ヒットする。。。

デンマンさんが“大前研一”さんを批判した記事がズラズラと出てきますわね。

そうです。。。 だから、「大前研一 ハンスヴィドマー」と入れてGOOGLEで検索した人は、“ハンスヴィドマー”さんが きっと“大前研一”さんを批判しているだろうと思って検索したのですよ。

まさかァ~。。。?

だってぇ~、僕は“大前研一”さんを批判した記事を書いてますからねぇ~。。。

いったい、どんな事でデンマンさんは“大前研一”さんを批判したのですか?

ジューンさんは覚えてないのですか? ちょっと次の小文を読んでみてください。。。 ジューンさんも出てくるのですよ。

カナダの式典は2倍長いの?

 


(speaker3.jpg)


(commence2.jpg)


(june001.gif)

デンマンさん。。。 カナダの式典は日本と比べて2倍も長いのですか?


(kato3.gif)

いや。。。 僕はそう思いませんよ。

でも、タイトルには、そう書いてあるじゃありませんかァ!

あのねぇ~、実は夕べ、本を読んでいたら次の箇所に出くわしたのですよ。

カスカディア独立という構想


(cascadia2.gif)

カスカディアの人たちと話すと、誰もが「東海岸はもういい。 これから我々は西海岸のゲートウェイとして繁栄を目指していかねばならない」という。

また、カスカディアで講演をする時は、たいがい事前に主催者から「地域国家論の大前さんには、この地域がワシントンにもオタワにも依存せず、地域国家としてアジア諸国との関係を強化していくべきだ、という趣旨の話をしてほしい」と、筋書きまで準備して頼まれる。

イギリス系とフランス系のフォッサマグナ

今日、多くのカナダ人が不便を感じ、「カナダは面倒くさい国だ」と口を揃える。
たとえば、商品の成分や効能、使用方法、取扱説明書などは、アメリカだったら英語表記だけで済むが、カナダでは必ず英語とフランス語の両方で表記しなければならない煩わしさがつきまとう。

また、ブリティッシュ・コロンビア州では、小学校と中学校の義務教育期間はフランス語が必修になっているため、面倒なことが起きている。
すべての学校行事で、英語とフランス語の挨拶が要求されるのだ。
しかも、二つの母国語が話される時間が同じでなければ、クレームをつける住民がいる。
結局、どんな式典も通常の2倍の時間を要するわけだ。


(speaker3.jpg)

(注: 赤字はデンマンが強調。
読み易くするために改行を加えています。
写真はデンマン・ライブラリーより)


180-183 『さらばアメリカ』
著者: 大前研一
2009年2月11日 初版第1刷発行
発行所: 株式会社 小学館

本の著者の大前研一さんはカナダの「どんな式典も通常の2倍の時間を要するわけだ」と書いているのですよ。

それは、ちょっと可笑しいと思いますわ。

ジューンさんも、上の小文を読んだら可笑しいと思うでしょう?

そうですわね。 例えば、卒業式で校長先生が まず英語で30分間式辞を述べて、それが終わってから、同じ内容の式辞をフランス語で再び語るということですよね。 それで、英語だけならば30分で終わるのに、カナダでは英語とフランス語が公用語だから、卒業式の式辞が日本なら30分で終わるのに、1時間かかるということですわね。

上の文章を読めば、おそらく日本人ならば、誰もがそう考えるでしょうね。 ジューンさんだって、そう思うのだから。。。

だってぇ~、大前さんの上の文章を読めば、日本語が解る世界のネット市民の皆様が、そのように受け取りますわよう。

僕もそう思います。

でも、それは違うと思いますわ。 カナダで暮らして、実際に卒業式に参加したり、カナダ国会の開会式などを実際に傍聴してみれば、すぐに解ることですわァ。 同じ内容の式辞や演説を 始めから2度にわたって英語とフランス語で話すということはないのですわ。 例えば、国会議員が30分の演説をするなら、5分毎に英語とフランス語を交互に切り替えて話すのです。 だから、30分の演説は30分で終わるのです。

あのねぇ~、大前さんはカナダでの卒業式にも出席したことがないばかりか、国会演説を聴いたこともないのですよ。 僕はバンクーバーのラジオのローカル放送を毎日聞いているけれど、時には選挙の勝利演説や国会の演説などをやるのです。 大前さんはカナダのラジオやテレビのニュースさえも聞いたことがないのですよ。 だから、平気で「どんな式典も通常の2倍の時間を要するわけだ」と書いてしまうのです。

つまり、大前さんは“ウラ”を取らないのですわね?

そうだと思います。 大前さんは同じ本の186ページで「カナダの唯一の共通項はカエデである。国旗にも描かれているカエデは、カナダ国内のどこでも見ることができる」と書いているのですよ。 でもねぇ~、カエデはカナダの国内のどこでも見ることができるわけじゃない! 例えば今朝、僕は自分のマンションから30分かけてバンクーバー市立中央図書館まで歩いてきたのですよ。 その道筋の写真を見てください。


(haro102.jpg)

これは Haro Street です。

わたしも、時たま散歩する通りですわ。

でもねぇ~、カエデの木は一本もないのですよ。 この上のHARO Streetを歩いてゆくと小さな公園が道路の脇にあるのです。


(barclay90.jpg)


(barclay91.jpg)

これは Barclay Heritage Square という公園です。 ジューンさんも知っているでしょう?

もちろんですわ。 時たま、セミナーとか催し物に出かけることがありますわ。

この公園にもカエデの木は一本もないのですよ。 つまり、30分歩いて図書館にやって来る途中には 少なく見積もっても 公園と街路樹を含めて1、000本以上の木が植わっているのです。 でもねぇ、すでに5年近く歩いて通っているのに、カエデの木を一本も見たことがない。 意外にも 桜の木は50本ぐらいありました。 ところで、近くには Stanley Park という、とてつもなく広い公園もある。


(stanley50.jpg)

ジューンさんも知っての通り、この公園は 1,001エーカーもある。 1エーカーは 4,047㎡ ですからね。 つまり、 1,001 X 4,047 = 4,051,047㎡ ですよ。 ざっと 一辺が 2km の正方形を考えてみればいいのです。

あらっ。。。 数字で見ると、すっご~♪~く広いのですわねぇ! これほど広いとは思いませんでしたわ。。。で、スタンレーパークにも カエデの木は一本もないのですかァ?

たぶん、探せば あるかもしれません。 僕は少なくともStanley Parkへは どんなに少なく見積もっても 500回ぐらい 散歩したりジョギングしたり、日本から卑弥子さんや友達がやってくれば 必ず見学に連れて行ったりしているのですよ。 でもねぇ~、これまでに一度もカエデの木を見たことがない。 ジューンさんは見たことがありますか?

カエデのように紅葉する木を見たことはありますけれど、カエデだと確認したことはありませんわ。


(stanley170.jpg)

スタンレー公園(Stanley Park)は 基本的には原生林の森なのですよ。 だから、こういう大木が奥へ行くと何千本と生育している。 圧倒的に松のような針葉樹が多いのです。 つまり、カエデのような広葉樹は少ない。

バンクーバーではカエデの木は成長しないのかしら?

植えれば成長すると思いますよ。 でもねぇ~、僕はバンクーバー市内でカエデの木を見たことがない。 試しにウィキペディアで調べてみました。

メープルシロップ


(syrup100.jpg)

純粋なメープルシロップは、産出する樹種の分布から、カナダ南東部~アメリカ北東部の生産が多く、カナダのケベック州やオンタリオ州、アメリカのニューイングランド地方などで生産されたものがよく知られている。

わずかではあるが、日本でも埼玉県秩父市、山形県金山町などで生産されている。
かつて、アメリカ産のメープルシロップに豚の油が入っているという噂が立ったが、アメリカ・ヴィーガン・ソサエティ(US Vegan Society)が調査した結果、そのような事実は無いことが確認された。

ケベック州は世界最大の産地で、2001年には1,560万リットルの収穫量があった。
ケベックやオンタリオ州のメープルシロップ産地では、シロップ収穫は文化の一部となっており、毎年2月の収穫の時期にはシュガーシャックで祭りが催される。

シロップ収穫期間中、ホットケーキやワッフルを食べさせるシュガーシャックも多く、人気のあるシュガーシャックには行列ができる。
ケベック州やオンタリオ州では、雪の上にメープルシロップを流しかけ、棒に巻きつけたりそのまま棒状で食べたりする「メープルタフィー」が存在する。

地球温暖化が進むとカエデの分布が現在よりも北に移動することが予想されるため、メープルシロップの産地では温暖化の地域経済に与える影響が懸念されている。


出典: 「メープルシロップ」
フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

 

大前さんが言う「カエデ」というのはメープルシロップが取れる「メープル」のことを言うのですよ。 上の説明にもあるように、カナダのどこでも見られるというほど広範囲に生育している木ではないのです。

つまり、大前さんはネットで調べてもみないで「カエデは、カナダ国内のどこでも見ることができる」と書いてしまったのですわね。

たぶん、カナダ人の友達から「カエデは、カナダ国内のどこでも見ることができる」と言われたのを、そのまま“ウラ”を取らずに書いてしまったのですよ。 先日、本を読んでいたら次のようなことが書いてありました。

真の教養がある人


(love900.jpg)

我われだれもが、ごくふつうの人びとと話していて、その心理的洞察力に驚かされることがある。
その人びとがシグモント・フロイトの名もアルフレッド・アドラーの名もカール・ギュスターフ・ユングの名も聞いたことがないはずだとわかっていても、偉大な心理学者だと言いたくなるほどである。

 (中略)

その洞察力で我われを驚かすのがマンションの女性管理人であることも珍しくない。
そういうとき、われわれは驚いて自問する。
心理学も社会学も学んだはずのないこの女性が、人びとの隠れた心の動きをどうして察知できるのだろうか、と。
そして、彼女を観察して、彼女をここまで賢くしたのはその仕事であることに我われは気づかされる。

 (中略)

女性管理人は、これらの人びとを識(し)っていなければならず、わずかなしぐさから、歩き方から、衣服の着こなしから、顔の表情から、声の調子からその人柄を見抜かなければならない。
全部の住人と良好な関係を保つためには、誤ってはならない。
いつ冗談を言い、いつ口をつぐむかも心得ていなければならない。
不愉快な情報をどのように伝え、敏感な両親の気分を損なうことなく、どのようにして子供をたしなめるかもまた。

 (中略)

こういうタイプの人びとは、自分の日常生活の出来事の中から多くのことを学びとる。
あれこれの出来事を観察し、対比し、判断し、辛抱強く関連づけることによって学びとる。 (略)

彼らの行動、彼らのありようは、博識者といわれる人びととは正反対である。
博識者は、人生・生活から学ばず、もっぱら書物から学ぶ。
彼は自分の目で見ることができず、自分の頭で判断することができずに、他人がすでに述べたことをひたすらくり返すだけである。

(注: 赤字はデンマンが強調。
読み易くするために改行を加えています。
写真はデンマン・ライブラリーより)


134-136ページ 
『他人をほめる人、けなす人』
著者: フランチェスコ・アルベローニ
訳者: 大久保昭男
1998年3月20日 第29刷発行
発行所: 株式会社 草思社

あのねぇ~、僕は思うのだけれど、大前研一さんは上の本で述べている“博識者”タイプの人間だと思うのですよ。

つまり、大前さんは、カナダ人の友達から「カエデは、カナダ国内のどこでも見ることができる」と言われたのを、自分の目で確かめずに、要するに“ウラ”を取らずに書いてしまったのですわねぇ~。

そうですよ。 そういう態度が選挙結果にも表れているのでしょうね。


(ishin2.jpg)

1992年11月、新自由主義を標榜する市民団体・平成維新の会を設立し、同会代表に就任。
翌1993年、文藝春秋3月号で「新・薩長連合結成宣言」を発表。
知事連盟構想を掲げて1995年東京都知事選挙に立候補したが青島幸男に敗れ落選する。
同月の北海道知事選挙では、大前の構想に呼応した友人の三浦雄一郎が出馬したが落選した。1994年マッキンゼー・アンド・カンパニーを退職。

第17回参議院議員通常選挙に比例区から、平成維新の会公認で大前、三浦を含め10人が出馬したが、10人全員が落選した。

 (中略)

平成維新の会は参院選惨敗後に事実上解散した


出典: 「大前研一」
フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

『落選男の正体?』に掲載。
(2014年4月2日)

つまり、大前さんは人生・生活から学ばず、もっぱら書物から学ぶ。 自分の目で見ることができず、自分の頭で判断することができずに、他人がすでに述べたことをひたすらくり返すだけである。 それで、有権者の“心が読めなかった”ので第17回参議院議員通常選挙に比例区から、平成維新の会公認で大前、三浦を含め10人が出馬したが、10人全員が落選したのですか?

僕は、そう思いますよ。


『カナダの式典は2倍長いの?』より
(2014年4月18日)

「大前研一 ハンスヴィドマー」と入れてGOOGLEで検索した人も、“ハンスヴィドマー”さんが きっと“大前研一”さんを批判しているだろうと思って検索したのですか?

そうです。。。 そうに違いないですよ。。。 “大前研一”さんは、いろいろと話題を振りまいている人です。。。でもねぇ~、僕は、どうも この人の書く事や、言う事が信用できないのですよ。。。 おそらく、「大前研一 ハンスヴィドマー」と入れてGOOGLEで検索した人も、そう思ったのではないか?。。。 それで、「大前研一 ハンスヴィドマー」と入れてGOOGLEで検索して、“大前研一”という男がどのような人物なのか? ネットで調べようとしたのですよ。


(laugh16.gif)

【デンマンの独り言】

ところで、話は全く違いますが、エジプトのギザのピラミッドは誰が何のために造ったと思いますか?
伝統的な歴史家の解釈では、古代エジプト人がファラオのお墓にするために造ったということになっています。

しかし、最近、人類学者、地質学者、土木技術者、天文学者、地球物理学者、考古学者、自称歴史学者などによる、新たな発掘や、発見などから、ピラミッドがファラオのお墓であるという解釈は退(しりぞ)けられています。
少なくとも、ギザのあの3つのピラミッドは墓ではないという見方が大勢を占めています。

それに、いつ頃 あのギザのピラミッドが造られたのか?
いわゆる“エジプトロジー学会”の言うところではピラミッドは 2575BC から 2150 BCにかけて造られたということになっています。

しかし、この考え方にも疑問を持っている研究者は多数います。
例えば、ギザの三大ピラミッドおよびナイル川の(当時の)流れ、そして他の多数のピラミッドとの配置に着目し、ピラミッド群は現在から1万500年前の天体の配置を模したものであるという説もあります。

すなわち、ナイルが天の川で、三大ピラミッドがオリオン座のベルト、即ち中央を横切る三つ星に相当、他のピラミッドも星の位置に対応しそれを反映しているということです。
三大ピラミッドのうち、メンカウラー王のピラミッドが他の2つの頂点を結んだ線からずれている点、大きさも他の2つよりも小さいことについて説明する有力な説とも言われています。
ただし、この説はいわゆる“エジプトロジー学会”では認められていません。

ちなみに、聖書は地球の年齢を約6,000年と教えています。
おそらく一部の狂信的な聖書信奉者を除いて、地球の年齢が約6,000年だと考えている人は居ないでしょう!

つまり、ダーウィンの『種の起源』が1859年に出版される以前は、多くの人が地球の年齢が約6,000年だと考えていたのです。
それから、まだ200年経っていません!

要するに、“エジプトロジー学会”の定説は、言ってみれば“聖書の教え”のような教条主義に陥(おちい)っているようです。
そのような教条主義から脱却して、意欲的で、自由な、創造的な発想でエジプトロジーを考える動きがすでに始まっています。

次に示すビデオ・クリップは43分に渡る長いものですが、そのような人たちによる 新しいエジプトロジーの動きです。
ピラミッドは 12,500年前に造られた!と言うのです。

英語ですが、映像がふんだんにあって、講義はありません。
実に興味深いビデオです。
43分間見る価値があります。

どうでした?
上のビデオを見ると、最近のエジプトロジーの動向と未来が見えてくると思います。

ところで、ジューンさんと僕の対話の記事は他にもたくさんあります。
時間があったら、下の記事も読んでみてください。
じゃあねぇ~。

(roten101.jpg+cleoani.gif)

『ヴィーナスのえくぼ』

『最新混浴風景なのね』

『マドンナと行田の黒い霧』

『お○○こ画像』

『ウンコで走るバス』

『レダの卵』

『正月の熟女』

『新春画ネット散歩』


(june901.jpg)

『愛と下着の美学』

『モナリザもビックリ』

『象が泣く』

『国際化に加速』

『美しき未亡人』


(june72b.jpg)

『ジューンさん、バイザイして』

『ジューンさん“いいね”が付いてるよ』

『床上手なのねぇ~』

『外国人SEXデンマン』

『外国人SEXデンマン再び』

『大きいことはいいことじゃない』

『デンバー直行便でジューンさんの下着』

『ジューンさんのヌードを探して』

『半分のお尻で…』

『プーフィードレス』


(manya02.jpg)

『万夜一夜物語』

『ゆかじょうず』

『日本語じょうず』

『モナリザがニーハオ』

『おばさんの下着がいいの?』

『なぜ、ヤノマミ?』

『マタハラ』

『マタハラとrundll32』

ジューンさんの熟女下着
(30june.jpg)

『お尻のえくぼ』

『なぜカウチポテト?』

『あなたの混浴』

『夢の出会いを求めて』

『乙女と処女』

『戦場に行くことを教えた女教師』

軽井沢タリアセン夫人の小百合さんが扮するゴディバ夫人
(godiva05.jpg)

『桜井の別れと母上様』

『ダイアモンドは女の親友』

『愛のコリーダを訳す』

『マルタ島のロマン再び』

とにかく、次回も興味深い記事が続きますわ。
だから、あなたも、また読みに戻ってきてくださいね。
じゃあ、また。。。


(hand.gif)


(chiwawa5.gif)

こんにちは。ジューンです。

スパムメールが相変わらず多いですわよね。

あなたのメールボックスにも、

ジャンクメールがいっぱい入っているでしょう!?

スパムメールを飛ばしているのは

いったい、どういう人たちなのでしょうか?

出会い系サイトのオーナーたちが多いそうですわ。

彼らは会員を集めるためにスパムメールをばら撒きます。

そのためにメールアドレスのリストを購入しています。

では、そのようなリストを販売している人は

どうやってメールアドレスを集めているのでしょうか?

ロボット(自動巡回プログラム)によって

自動収集させているのです。

ところで、サーチエンジンの自動巡回ロボットは

毎日世界中のサイトを訪問し、

その内容をデータベースに書き込んでいます。

同じように、このメールアドレス収集巡回ロボットも、

HTMLソースを分析し、

メールアドレスらしきものをどんどん記録してゆきます。

でも、使っていないメールアドレスが

たくさんあるのですよね。

あなたの使っているメールアドレスのことを

考えてください。

あなたはメールアドレスをいくつ持っていますか?

一つだけではないでしょう?

10以上持っているのではありませんか?

多分、ほとんどのメールアドレスは使ってないでしょう?

そのために、現在実際に使っている

メールアドレスを集めるために、

怪しい人物が使用度の高いメールアドレスを

集めているのですわよ。

だから、あなたもむやみに信用できない人に対して

返信しないようにしてくださいね。

詳しいことはデンマンさんが次の記事で書いています。

『コメント魔』

(2012年4月3日)


(himiko92.jpg)

ところで、卑弥子さんが面白いサイトを

やっています。

興味があったら、ぜひ次のリンクをクリックして

覗いてみてください。


(sylvie122.jpg)

『あなたのための笑って幸せになれるサイト』

とにかく、今日も一日楽しく愉快に

ネットサーフィンしましょう。

じゃあね。 バーィ


(juneswim.jpg)


(byebye.gif)

ズロースなの?

2015年6月30日

 

ズロースなの?

 


(himiko25.gif)


(sayuri38.jpg)


(himiko32.jpg)


(sayuri55.gif)

デンマンさん。。。どうしてヤ~らしいタイトルに私を呼び出したのですか?


(kato3.gif)

“ズロース”というようなタイトルの時に呼び出されるのが 小百合さんは不満なのですか?

だってぇ~、あまりにも時代感覚がズレているではありませんかァ~!

でもねぇ~、意外に“ズロース”に興味を持っている人たちがいるのですよう。

広い世の中ですから、なかには、“ズロース・フェチ”のような変態嗜好(へんたいしこう)の男性もいるのでしょうねぇ~!?。。。で、デンマンさんも“ズロース・フェチ”の一人なのですかァ?

。。。ん? 僕が“ズロース”にハマッていると小百合さんは思っているのですか?

だってぇ~、タイトルに“ズロース”を持ち出してきているではありませんかァ!

あのねぇ~、僕は“ズロース”には、ほとんど興味がありません。。。 なぜ“ズロース”を持ち出してきたかと言うと 次のリストを見たからですよ。


(liv50629c.png)

『拡大する』

これはライブドアの僕の『徒然ブログ』の6月1日から29日までの約4週間の「人気検索キーフレーズ」のリストですよ。 赤枠で囲んだ 13番に注目してください。

あらっ。。。 「ズロースおばさん」を入れて検索して デンマンさんの『徒然ブログ』にやって来たネット市民が6人いたのですわねぇ~。。。

そうです。。。 それに、青枠で囲んだ18番にも注目してください。

ヤ~らしい男性がいるものですわねぇ~。。。 「おばさんのパンツ見せてください」と入れて検索してやって来たのではありませんかア!。。。 誰も見ていないと思って本性をムキ出しにして。。。、 でも、ネットでコソコソと検索してデンマンさんの『徒然ブログ』にやって来たのですわねぇ~。。。

そういうことです。

。。。で、どの記事を読んだのですか?

だから、実際に「ズロースおばさん」を入れて GOOGLE で検索してみました。 その結果を見てください。


(gog50629a.png)

『現時点での検索結果』

あらっ。。。 33,700件ヒットするうちのトップから3番目までが、もろに『ズロースおばさん』というタイトルの記事ではありませんか!。。。 デンマンさんが書いたのですか?

うへへへへへ。。。 そうなのですよ。。。 よく判りましたねぇ~。。。?

だってぇ~、わざわざタイトルに“ズロースなの?”と書いたのですもの。。。 もし、デンマンさんが書いた記事でないとしたら、そもそも、タイトルを“ズロースなの?”とは しないと思いますわァ~。。。

なるほどォ~。。。 確かに、その通りですよ。

でも、上の3つのどの記事もライブドアの『徒然ブログ』に投稿した記事ではありませんよねぇ~?

確かに、小百合さんの言うとおりです。。。 だけど、次のように検索すれば『徒然ブログ』に投稿した記事が出てきます。


(gog50629b.png)

『現時点での検索結果』

。。。で、そもそも“ズロースおばさん”というのは、誰のことなのですか?

小百合さんは忘れてしまったようですね。。。 『ズロースおばさん』という記事は小百合さんからのメールで始まるのですよ。

日付: Fri, 17 Apr 2009 13:56:44 +0900 (JST)
(バンクーバー時間:4月16日 木曜日 午後9時56分)
差出人: “domini@yahoo.co.jp”
宛先: “デンマンさん” green@infoseek.jp


(sayuri55.gif)

件名:4 月 17 日

町子さん帰ってしまった?

はい、こんにちは。
町子さん帰ってしまった?

足が悪いのに ダウンタウンまで 来たんだ。
私があの年齢で 元気にバス乗って 飛行機乗って 移動できるかな~。

用事が終って 今 お昼食べました。
うーん ナスのオムレツ?
何味 ケチャップ? バター? 醤油?

デンマンさんの料理 いみふ だから、 こわい。

RANPO って映画化されて、でも 先に本で読まないとね。
アルファベットで RANPO ですって。
バンクーバーの図書館も 読みつくしちゃったでしょう?

昔 ジェームスさんがUBC (University of British Columbia:ブリティッシュ・コロンビア州立大学)を案内してくれた時、図書館で 日本の本の棚にいろいろありました。 
その後 食堂で何か食べたような。


(map3.jpg)

飛行機から 外をながめて UBCの広さに 圧倒します。
ダウンタウンは海に囲まれて 東の方がバーナビーだって

しばらく あの景色をみてないなー 明日山小屋で
額に入ったダウンタウンの写真を見よう。

がらくた(何て言うの? サリ**トショップ) 日本でいう リサイクルショップ。

今のように 高層マンションでいっぱいにならない昔の
ダウンタウンの額入り航空写真を $1.50 で買って

子供達が「もう帰ろうよー ママ気が済んだでしょう」と
あの子たちは 3軒隣りの グロサリーで アイスとお菓子を買いたがっていた…

思いつくままに…

 

さゆりより


(sayuri15.gif)

でも、上のメールには『ズロースおばさん』は出てきませんわ。

確かに、『ズロースおばさん』は出てきません。。。 でもねぇ~、町子さんが出てくるのですよ。。。 次のように続くのです。

ズロースおばさん


(himiko25.gif)

小百合さんも、おばさんパンツを穿く年頃だけれど、でもねぇ、町子さんとは、やっぱり世代が違うおばさんですよう。

町子さんの世代は、おばさんは、おばさんでも“ズロースおばさん”ですよう!


(laughx.gif)

このような事を言ったら、町子さんはムカつくかな?うしししし。。。

小百合さんは、“夢とロマンのおばさん”になってね。

絶対に“ズロースおばさん”にだけはならないようにね。

うしししし。。。


(gyaha.gif)

“夢とロマンのおばさん”は、「軽井沢タリアセン夫人」のようなナウいおばさんですよう。

ん?“ズロースおばさん”ってどういうおばさんのこと?

あのねぇ、ネットでメールを書くことができないおばさんですよう。

では、小百合さんといつまでもメールのやり取りができる事を祈りながら。。。

今夜も夢で会いましょうね。。。


(beauty5.gif)


『ズロースおばさん』より
(2009年4月25日)

“ズロース”ってぇ、なんとなくイメージが湧(わ)くけれど、デンマンさんのイメージしている“ズロース”ってぇ、どういうものォ~?

実は、僕も なんとなく解っていたけれど、記事で書くとなるといい加減な事は書けないので調べてみたのですよ。

ズロース


(drawers3.jpg)

ズロース(drawers)とは下着の一種。

ドロワーズ、ドロワース、ドロワとも呼ばれる。

誤ってかぼちゃパンツと呼ばれることもあるが別物。

かぼちゃパンツはズボンの一種である。


(kabocha2.jpg)

比較的ルーズフィットで横サイドが長めであり、穿き込みが非常に深いものを指し、

フイット性が高く横サイドが短めであるパンティーと区別される。


(panty90.jpg)

また、かぼちゃパンツ同様ブルマーとも混同されがちだが、ブルマーとはイギリスの貴婦人が考案したトルコ風ズボンを元にした丈の短いものであり、ズロースとは別物である。

パンティーとズロースの中間的なものとしてショートズロース(カットズロース)といったバリエーションもある。

戦後、綿のメリヤス製のズロースが最高級品として日本国中を席巻し、スタンダードな下着として国民に普及した。

ズロース以外のデザインが無かった頃は年代を問わず女児用や幼児用でも見られたが、現在では婦人用のみである。

一部の中高年の世代が着用するに過ぎない状況がみられ、衰退しつつある。

しかし、ロリータファッションを好む人々にはファンシーアイテムのひとつとして認識され支持されている。


出典: 「ズロース」
フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

つまり、“ズロース”とは「比較的ルーズフィットで横サイドが長めであり、穿き込みが非常に深いものを指し、フイット性が高く横サイドが短めであるパンティーと区別される」わけですよ。

ブルマーもズロースとは別物であると、書いてありますわねぇ~。。。

うん、うん、うん。。。そうですねぇ~。。。でもねぇ、僕はブルマーもズロースの一種だと思うのですよう。“ドロワーズ”と入れて調べたらYahoo!知恵袋に出くわしましたよう。 次のような回答がベストアンサーに選ばれていました。


(drawers6.jpg)

ゴスロリのお姉さんやメイドさんがスカートの下に履くちょっと長めのかぼちゃパンツの事です。


Yahoo! 知恵袋 『ドロワーズって何ですか?』より

これには、“ズロース”も“ドロワーズ”も、ちょっと長めのかぼちゃパンツと書いてある。

「ゴスロリ」って何ですかァ~?

僕も知らなかったのですよう。 ロリコンと関係あるのだろうか?。。。 そう思いながらウィキペディアで調べて見ましたよう。 次のように書いてありました。

ゴスロリ (ゴシック・アンド・ロリータ)


(chairs9.jpg)

ゴシック・アンド・ロリータ (Gothic & Lolita) は、本来異なるゴシックとロリータの要素を強引に結びつけた日本独自のファッションスタイル。
またそのようなサブカルチャーを指して言う語。
通称はゴスロリであるが、これを用いだしたのは、2000年にゴシック・アンド・ロリータに特化したムック誌として創刊されゴシック&ロリータが一般に広がる契機となった『ゴシック&ロリータバイブル』の読者たちであるという。
他にゴス&ロリ、ゴシックロリータとも呼ばれるが、ゴシックロリータはゴシックやロリータ関連の服装を差す語としても用いられる。
また、ゴシック・アンド・ロリータには色々なこだわりや切り口があるため、一言で説明するのは難しい。

概要

ゴシック・アンド・ロリータは、ロココスタイルのような中世の貴婦人を思わせる幻想的な装いを特徴としており、ストリート・ファッションでありながらも西欧貴族の伝統や文化を継承しようとする姿勢を持っている点が独特である。
しかし、一般には不気味なイメージで認識されており、職場や学校へ着ていくことはできないと考えられている。

また、一般的にはロリータ・ファッションの総称ととらえられているが、本来はロリータ・ファッションというカテゴリーの中のジャンルの一つである。
また、ロリータをターゲットとしたブランドが大小問わず増えているのに対して、ゴシック・アンド・ロリータをメインターゲットとしたブランドはほとんどなく、ゴシックとロリータが重なり合う部分にいるゴシック・アンド・ロリータの人口も減っているとも言われている。

年齢層

ゴシック・アンド・ロリータは20代、30代になると着られないと考える者が多いため愛好者は20代までの若い層が主であるが、中には20代以上の社会人として働いていて、自身の所得で洋服を買える愛好者もおり、そういった愛好者は、しばしば所得のかなりの割合を洋服につぎ込み、膨大な洋服を所有するコレクターとなるという。
この「いつやめるか」という問題は愛好者の間では常に熱い話題となっているという。
またゴシック・アンド・ロリータと同年代の女性をターゲットとするギャルブランドやカジュアルブランドが売上げ増のために市場の変動に合わせた新しいトレンドを追い求めているのに比べ、ゴシック・アンド・ロリータ・ブランドは一箇所に留まり一つのテーマを表現している。
なお、年齢について大槻ケンヂは、「ゴシック・アンド・ロリータ」に含まれる「ロリータ」という言葉の持つ少女性が、もう少女でない者が着る時にコンプレックスを感じさせ、着る者に精神性を主張せざるを得なくなったと指摘している。
しかしゴシック・アンド・ロリータは、肌の露出が少なく体型を隠せることや、大きなリボンなどが目を引くことから着る人を選ばない、という指摘もある。

精神性

ゴシック・アンド・ロリータは精神性を大事にするといわれている。
その精神については様々な意見があり例えば、嶽本野ばらは、mana、三原ミツカズとの対談の中で、自身はゴシック・アンド・ロリータではなくロリータであると断った上で「ゴス・ロリっていうのは精神論なので、そのお洋服を着たら、そのお洋服に、にあう女の子になるっていうのかな。
そのお洋服に合わせられる自分であってほしいです。
言葉使いひとつにしてもそうだし、たちいふるまいにしてもそうですよね。
生活全てがゴス・ロリじゃないと。
服だけゴス・ロリしていても、何か違うなってきがしますよね。」と述べており、三原もこれに同意した。
また大槻ケンヂは「心に着る」、「気合で着る」ヤンキーの特攻服にも似た精神性と表現しており、そのように精神性を重要視するようになった背景には、「気合いを入れないと街を歩いてて後ろ指差されるファッションだから」と指摘している。

なおゴシック・アンド・ロリータは、少女の夢やそこに潜む心の闇、自己表現するファッションともいわれているが、ロココ調の装いに暗い死の影が浸透しており、それゆえに可憐さが際立っているようなスタイルであるという意見もある。
しかし、奥底に流れる社会に対する冷ややかな眼差しを感じ取らせてしまうため一般の人々に嫌悪されやすいという指摘もあり、ゴシック・アンド・ロリータのように感情を全身にまとい町を歩く者を受け入れることができないのだろうとも言われている。

また、ゴシック・アンド・ロリータを着る者だけでなく、服自体の精神性の指摘もあり、生死を意識する精神が必ず含まれているともいわれている。
それは「闇を想わせる漆黒」、「血液を想わせる深紅」、「精神の色とされるどこまでも深い青」、「天界を想わせる純白」などである。

種類

アトリエサードの出版するクロスカルチャーマガジン『トーキングヘッズ叢書』No.33では「ゴシック・ロリータの種類」として嗜好するもので分けられた、以下の類型が挙げられている。

1) 【V系】 バンドの追っかけギャル、バンギャ。
2) 【澁澤乙女系】 澁澤、三島由紀夫、谷崎、寺山、江戸川乱歩、荒俣。球体関節人形が好き。クラシック音楽好き、古典美術好き、お針子見習い等。
3) 【A系】 アニメや漫画、声優に詳しい、元レイヤーだったり。スーパードルフィーなども数体持っていたりする。
4) 【イベント・クラブ系】 ゴシックイベントやクラブに出没する人達。
5) 【90年代的ロリータ】 昔の「CUTIE」「Zipper」に影響された年季の入ったロリータ。
6) 【無所属】 「下妻物語」を観てからなど、まだ正体不明。


(rampo32.jpg)

江戸川乱歩(左)と三島由紀夫


出典: 「ゴスロリ (ゴシック・アンド・ロリータ)」
フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

念入りに調べたのですわねぇ~。

まさか、江戸川乱歩と三島由紀夫が出て来るとは思いませんでしたよう。

。。。で、デンマンさんのイメージしている“おばさんパンツ”というのは、どういうものですか?

そのことについては、何度も記事で書いてますよ。 ジューンさんが穿いている次のようなパンツです。


(bikini07c.gif)

つまり、ズロースのように横サイドが長めだけれども、パンティ~のようにフィットしているのですわねぇ~。。。

そういうこよです。。。

デンマンさんは、こういうパンツにハマっているのですか?

いや。。。 別にハマっているというほど拘っているわけじゃないけれど。。。 もし、小百合さんが卑弥子さんのような格好で現れたら、ロマンチックな気分になれないと思うのですよ。


(himiko25.gif)


(laugh16.gif)

【卑弥子の独り言】


(himiko22.gif)

ですってぇ~。。。
馬鹿にしてますわァ~。。。!

デンマンさんは あたくしに“ズロース”を穿かせて、ダサい女の見本のようにして登場させてるのでござ~ますわよう!

あたくしは、実は、“ズロース”は身に着けたことがござ~ませんわァ。

ええっ。。。 どのような下着を身に着けているのかってぇ~?

あなたが、それ程までに知りたいのであれば、この際、お見せしますわよう。


(curtain5.jpg

どうでござ~ましょうか?
けっこう イカスものを身に着けているでしょう?

たぶん、こういう下着を身に着けているので、あたくしは最近 人気が出てきたのですわよう!
あなたは、信じられないでしょう?!

じゃあ、次の検索結果を見てくださいましなァ~。。。


(gog50104a.png)

『現時点での検索結果』

あたくしの熱烈なファンが上のようにして検索したのですう。
ご覧のようにトップに、あたくしの「卑弥子さんの下着姿」が出てくるのですわよう。
うふふふふふ。。。


(himiko32.jpg)

この写真いかがでしょうか?
けっこうイケテルと思いませんかァ~♪~?

ええっ。。。? やっぱり、小百合さんの「おばさんパンツ姿」の方がいいのでござ~ますか?


(sayuri31.jpg)

んもおおおォ~。。。
そのような事を言わないでくださいましなァ~。

ところで、どうして小百合さんが「軽井沢タリアセン夫人」と呼ばれるのか?
あなたは ご存知でござ~♪~ますかァ?

実は簡単な事なのですわよう。
小百合さんは軽井沢に別荘を持ったのですわ。
小さな頃から軽井沢に住むことが夢だったのですってぇ~。。。
分からない事ではござ~ませんわァ。

そもそも小百合さんが軽井沢に興味を持ったのは、朝吹登水子のエッセーなどを読んだことがきっかけだったとか。。。
現在、朝吹登水子の山荘、睡鳩荘(すいきゅうそう)は軽井沢タリアセンに移築されて公開されています。


(suikyu9.jpg)

それで、小百合さんは軽井沢タリアセンを訪れては睡鳩荘に足を運んで少女の頃の事を思い出すのが楽しみなんですってよ。

そういう訳で、デンマンさんが小百合さんのことを「軽井沢タリアセン夫人」と呼ぶようになったのですわ。

軽井沢・雲場池の紅葉

軽井沢のイルミネーション

秋の旧軽井沢銀座ぶらり散歩

とにかく、明日もデンマンさんが興味深い記事を書くと思いますわ。
だから、あなたも、お暇なら、また読みに戻ってきてくださいまし。
じゃあねぇ~~。


(hand.gif)

メチャ面白い、

ためになる関連記事



(linger65.gif)

■ 『きれいになったと感じさせる

下着・ランジェリーを見つけませんか?』

■ 『ちょっと変わった 新しい古代日本史』

■ 『面白くて楽しいレンゲ物語』


(house22.jpg)

■ 『カナダのバーナビーと軽井沢に

別荘を持つことを夢見る小百合さんの物語』

ジューンさんの熟女下着 June Adams 下着美人
(30june.jpg)

■ 『月夜のベリー@バレンタイン』

■ 『カナダのマルサの女』

■ 『思い出を食べる@麻布』

■ 『バレンタイン焼きそば』

■ 『串カツと黒豚』

■ 『阿蘇山@栃木県』

■ 『焼きそばソース@バレンタイン』

■ 『鶏肉ダメなの?』

■ 『泰国酸辣醤のロマン』

■ 『豆腐がチーズに?』

■ 『猫と柚子とロマン』

■ 『トリュフと軽井沢タリアセン夫人』


(fragran11.jpg)

■ 『ロマンの香り愛のスパイス』

■ 『愛と人生のスパイス』

■ 『愛と人生の陰で』

■ 『愛のポテトチップサンド』

■ 『インドカレー@熊谷』

■ 『スープカレー@行田』

■ 『軽井沢タリアセン夫人@Bike』

■ 『かねつき堂と亀姫』

■ 『甲斐姫と軽井沢タリアセン夫人』

軽井沢タリアセン夫人の小百合さんが扮するゴディバ夫人 Sayuri
(godiva05.jpg)

■ 『蕎麦屋と軽井沢タリアセン夫人』

■ 『おしまいでございます』

■ 『軽井沢タリアセン夫人 愛の写真』

■ 『菊ちゃんと阿部忠秋』

■ 『菊ちゃん、知恵伊豆、忠秋』

■ 『丸墓山は誰の墓?』

■ 『外国人SEXデンマン再訪』

■ 『日本最高?』

■ 『短歌に込められた愛の真実』

■ 『3月のバレンタイン』

■ 『かぎろいミステリー』

■ 『40代女性の魅惑』

■ 『私のバレンタイン』

■ 『バレンタイン@4月』

■ 『豆まき@バレンタイン』

■ 『夢のココナッツ』

■ 『日本の失敗』

■ 『しじみ@愛のロマン』

■ 『とろけるカレー@バレンタイン』

■ 『バレンタイン夫人』

■ 『昭和の表象空間』


(curryind.jpg)


(byebye.gif)

ディープコーヴ

2015年6月24日

 

ディープコーヴ

 


(deepcov30.jpg)


(kayak02b.jpg)


(deepcov21b.jpg)


(deepcob13b.jpg)


(canhous3.jpg)


(deepcovmap.png)

『拡大する』


デンマンさん。。。 今日は“ディープコーヴ”のお話ですか? 

そうですよ。。。 真由美ちゃんが気に入ったと言ったのでねぇ~。。。、こうして取り上げる気になったのです。

先日の日曜日にキャッシーちゃんと二人で行ったのですわァ。

キャッシーちゃんというのはカレンおばさんの娘ですよねぇ~。

そうです。。。 現在、UBC (ブリティッシュ・コロンビア大学) の地球環境学部の3年生です。


(drive61.jpg)

ほおおォ~。。。 キャッシーちゃんは ずいぶんときれいになったもんだねぇ~。。。 僕は 小学校の時のキャッシーちゃんしか覚えてないのですよ。。。 

あらっ。。。 マジで。。。? キャッシーちゃんは21歳になるのですよ。

。。。で、真由美ちゃんは“ディープコーヴ”のどういうところが気に入ったのォ~?

こじんまりとしていて、おしゃれで、それでいて自然がいっぱいあるところがいいですわァ。


(deepcov14.jpg)


(deepcov19.jpg)


(deepcov17.jpg)


(deepcov18.jpg)


(deepcov20.jpg)

上の写真は キャッシーちゃんのお友達のリンダさんですわァ。。。 この人の家に呼ばれて、わたしはベーグルを作ったのです。


(deepcob13b.jpg)


(bagel405.jpg)

ベーグルを焼いて、カキフライを作って、カキフライ・サンドイッチにしていただいたのですけれど、これがウケましたわァ~。

うん、うん、うん。。。 これはマジで旨そうだねぇ~。。。 僕もぜひ食べてみたいですよ。

いつか、機会があったら ぜひデンマンさんにも食べていただきたいですわァ~。。。 次の写真のようにチーズとハムをサンドしたのも、けっこうウケました。


(bagel706.jpg)


(bagel707.jpg)


(bagel708.jpg)

う~♪~ん。。。 これも旨そうだねぇ~。。。 で、食後にカヤックにも乗ったのォ~?

そうなのですわ。。。 リンダさんの妹のメアリーちゃんが一緒に乗ってパドルの使い方を教えてくれたのです。


(kayak02b.jpg)

う~♪~ん。。。 面白そうだねぇ~。。。

充分楽しみましたわァ。

それで、就職の方は。。。?

キチラノ (Kitsilano) のベーグル店で何とか働いています。


(kitsilano5.jpg)

キツラノ・ビーチ(Kitsilano Beach)


(kitsilano6.jpg)

それはよかったねぇ~。。。

でも、本採用ではないのです。。。 たまたま産休をとっている女の子がいて、その子が戻ってくるまで試用期間ということで働かせてもらっているのですわ。 私の働き振りを見て、もしオーナーのお眼鏡(めがね)にかなうようだったら本採用にしてくれるということですわ。

ふ~ん。。。 とにかく、マイペースで頑張ってみたらいいよ。

駄目だとしても諦めないで、いつか必ずバンクーバーにやって来たいですわ。

やっぱり、真由美ちゃんはバンクーバーが気に入りましたかァ~?

そうですねぇ~。。。 バンクーバーにやって来るのは小さな頃からの夢でしたし。。。 今では、バンクーバーと、それにホームステイしているノースバンクーバーで たくさんの友達ができましたわァ。。。 何とかしてバンクーバーで暮らせるように頑張るつもりです。

大丈夫ですよ。。。 真由美ちゃんならば、バンクーバーで生活してゆくことができますよ。

そうでしょうか?

あのねぇ~、67歳でカナダに移住したおばあちゃんがいますからねぇ~。。。


(granny21.jpg)

『きびしい暮しの中のロマン』

この上の写真のおばあちゃんが その人ですか?

そうですよ。。。 もし、今回、真由美ちゃんが就労ビザをゲットできなかったとしても、まだまだ何度でもトライできるからねぇ~。。。 諦めないでバンクーバーで暮らす夢を叶えてねぇ~。。。


(laugh16.gif)

【真由美の独り言】


(mayumi40.jpg)

私は小さい頃の夢が叶ってバンクーバーにやって来ました。


(inflight2.jpg)


(airport1b.jpg)

現在、移住を目指して頑張っているところです。

幸運にも、ボランティアでカーネギーセンターのキッチンで働くことができました。

でも、これは無報酬のお仕事です。


(carnegie01.jpg)


(carnegie02.jpg)


(carnegie06.jpg)

お給料をもらいながらパン職人、ベーグル職人、
あるいは調理師として働くためには、
どうしても語学ができないと駄目です。

私も一応、そのために日本で英会話を勉強しましたが、
実際にバンクーバーにやって来てみると、
私の英会話の能力では、
面接の受け答えには不十分だということが実感できました。

もし、あなたが、カナダ移住を目指しているならば、
ぜひ、語学力をしっかりと身につけてから、渡航してくださいねぇ。

どの程度の語学力が必要なの?
あなたは、そのような疑問を持つかも知れません。

それは、カナダ大使館のウェブサイトを見れば解るはずです。

私は、残念ながら 渡航する前に、語学力のことを充分に調べませんでした。
現地の人とコミュニケーションが充分にとれないと、
大きなハンディーを 最初から背負うことになります。

とにかく、語学力が大切だという事を身にしみて理解することができました。

ところで、あなたはバンクーバーに行ったことがありますか?
とっても素敵な街ですよ。


(stanley50.jpg)


(seawall3.jpg)


(seawall2.jpg)

世界で最も住みやすい街バンクーバー


(wetsuit.jpg)


(wetsuit3.jpg)


(gastown20.jpg)


(canplace22.jpg)

ビデオを見ても、なんだかワクワクしてくるでしょう?

卑弥子さんも バンクーバーにやって来たことがあります。
2008年の元旦の2週間ほど前に来たということです。
クリスマスをバンクバーで過ごして、
それから元旦の“Polar Bear Swim (寒中水泳)”に参加したのですってぇ~。。。


(polar10.jpg)

上のビデオを見ると、まるで真夏のようでしょう?
ところが気温は2度ぐらいだったそうです。 
水の中の方が暖かかったとか。。。

とにかく、バンクーバーには面白い人たちがたくさん居ますゥ。
あなたも、お暇と お金の余裕があったらぜひ出かけてみてください。

デンマンさんが、また興味深い、面白い記事を書くと思います。
だから、どうか、あなたも またやって来てくださいねぇ~~。
では。。。


(hand.gif)

If you’ve got some time,

Please read one of the following artciles:



(juneswim.jpg)

“My Name is Mayumi”

“Mayumi’s Bagels”

“Mozzarell & smoked chicken

Bagel Sandwich”

“Bagels@Granville Island”

“Matcha Bagels”

“Scones & Puddings”

“Lox and Bagels”

“Oyster Bagel Sandwich”


(biker302.jpg)

“ついに会えました”

“お天道様が見てます”

『真由美ちゃんのカナダ移住』

『真由美ちゃんのカナダ就活』

『ロマンと夢が広がる』

『カナダ就活と英語』

『カナダへの履歴書』

『真由美ちゃんの夢とベーグル』

『真由美ちゃんの命の力』

『迷い、決断、そして行動』

『夢と希望の光』

『下着女装に負けない真由美ちゃん』

『真由美ちゃんの就活面接』

『真由美ちゃんのリクエスト』

『真由美ちゃん@とんでん』

『バンクーバーで面接』

『海外で面接』

『真由美ちゃん、読まれてるよ』

『真由美ちゃん@面接英会話』

『真由美ちゃん@教会』

『真由美ちゃん@バンクーバー渡航』

『真由美ちゃん@バンクーバー』

『心温まるスープ』

『大切な第一印象』


(santa85b.jpg)

『サンタ マユミちゃん』

『お汁粉@海外』

『お汁粉@カナダ』

『支払いでトラブル』

『風邪で甘えてる場合じゃねぇ~!』

『バレンタインのお菓子』

『結婚、仕事、人生』

『命の力だね』

『英語と真由美ちゃん』

『海外に目を向ける』

『カーネギーホールじゃないよ』

『やる気があれば道は開ける』

『ニャンニャンと人生』

『ピラミス@美術館』

『夢のバンクーバー』

『バンクーバーの屋上で』

『オランダ移住』

『カナダ移住の夢』


(surfin2.gif)


(dogs17.gif)


(girlxx.gif)

Roof of Vancouver

2015年6月5日

 

Roof of Vancouver

 


(top03.jpg)

The Vancouver Lookout


(top02b.jpg)


(top01b.jpg)

The Top of Vancouver

Revolving Restaurant


(diane02.gif)

Kato, what do you mean by “Roof of Vancouver”?


(kato3.gif)

Of course, I’m talking about the top of Vancouver.  Have you been up there?

Oh yes, a couple of decades ago, I went up there… In those days, they called it differently.

Oh yeah?  What was it called years ago?

Maybe “Roof of Vancouver”… I’m just kidding.  Anyway, Kato, how come you’ve brought up “Roof of Vancouver”?

You see, Diane, World Trade Center is gone now.


(twins01.jpg)

Are you saying some terrorists will attack the top of Vancouver in the near future?

No, I don’t think there’ll be any terrorist attack, but the top of Vancouver might be destroyed.

…destroyed by what or who?

Well … back in 2012, I wrote about Vancouver Earthquake.

Vancouver Earthquake

 


(vanc999.jpg)

 

Kato, are you saying that we’re gonna have a big earthquake in the near future?


(kato3.gif)

You bet on that, Diane.

No kidding!

Diane, are you aware that we had several quakes in the past?

No, not really.  As a matter of fact, I’ve never felt a sizable quake here in Vancouver.  Have you, Kato?

Well… compared to the quakes I experienced in Japan, the quakes here in Vancouver for the past 20 years are almost next to nothing.  I’ve never felt any danger whenever Vancouverites were worrried about tiny quakes.

Tell me, Kato, if there were any recorded quakes in and around Vancouver.

Yes, there were quite a few.

You must be kidding!

Well…, if you say so, look at the following chart.


(plates93b.gif)

The mark on the left means a big quake that happened in ths past.

Wow! …  So, in 1909 there was a big one in Vancouver, wasn’t it?

You’re telling me, Diane.

But I’ve never felt a sizable quake here in Vancouver.

… simply because you were lucky … you were at the right place and at the right time so that any quake didn’t hit you dead.  But a big one is coming.

You mean, a giant quake like the one that took place in 1700?

That’s right.

No kidding!  How do you know?

Well … I’ve watched the following DVD.


(lib20926c.gif)

■”Actual Listing Page

DVD Description

Uses earthquake survivors’ account and interviews with experts to uncover the significant earthquake dangers that are unique to Cascadia, the region that surrounds the Cascade mountain range, extending from southern British Columbia to northern California.

Discusses the effects of previous earthquakes in the region, including the 1964 Alaska earthquake and the 2001 Nisqually Quake.

 

Kato’s Comment – Aug. 15, 2012

If you live in the northwest of America—that is, Cascadia, you should be prepared for a giant earthquake.
Since 10,000 years ago, 18 earthquakes of magnitude 9 and over (equal to the East Japan Great Earthquake that devastated Fukushima and its surrounding areas in Japan on March 11, 2011) have caused catastrophic damages on the coasts of Cascadia.

Seemingly, a super-quake occurs approximately every 500 years.
The last super-quake attacked Cascadia on January 19, 1700.

So, a super-quake might take place along the Cascadia subduction zone any time because 312 years has already passed since the last super-quake.
Mind you, a 500-years cycle is an approximation.

If you’re in doubt, watch the DVD for yourself.

Tōhoku Earthquake 2011

(東北地方太平洋沖地震)

But, Kato, how do you know that the super quake occurred in 1700?

A certain geologist dug up the old layers of the earth near Vancouver and found out the trace of giant tsunamis that had taken place 18 times since 10,000 years ago.

Amazing!

Besides, the 1700 super-quake was recorded in the Japanese chronicle.


(plates97.jpg)


(plates96.jpg)

Why on earth in the Japanese chronicle?

Well …, the super quake in 1700 created the super tsunami, which hit the pacific coast of Japan.


(plates98.jpg)

The Japanese people at the time were totally puzzled because they didn’t felt any quake at all.

So scientists found out recently that the 1700 super quake caused the super tsunami that devastated the pacific region of Japan, didn’t they?

You’re telling me, Diane.

But I can hardly believe that a big one is coming to Vancouver.

Well…, I searched for the video clip on the Net so that you could understand the imminent danger caused by a super-quake.

Did you get it, Kato?

Yes, I did.  Here it is.

Cascadia Subduction Zone

M9 Earthquake Imminent

(Documentary)

Amazing! … Unbelievable!

Seeing is believing, isn’t it?

I wish I hadn’t seen it.

Diane, a super quake is coming to Vancouver for sure.

I hope not.

Vancouver Earthquake

You must face the reality, though nobody can tell exactly when a big one will come.

If a super quake occurs every 500 years, then we still have 188 years before the estimated super quake in 2200.

Diane, the 500-year cycle is an approximation.  A super quake may occur tomorrow.  Nobody knows for sure, but the big one will certainly come in the future.

I hope, a super quake won’t hit Vancouver in my lifetime.


SOURCE: “Vancouver Earthquake”
(September 29, 2012)

So, Kato, do you think the top of Vancouver will be toppled down when a mega earthquake hits Vancouver?

Yes, that’s a possibility, isn’t it?


(top65.jpg)


(top66.jpg)

So the top of Vancoure revolving restaurant might disappear in the case of a mega quake… That’s why you went up there with Mayumi and enjoyed dinner with her, isn’t it?


(top02b.jpg)


(top01b.jpg)

You’re telling me, Diane.  You wouldn’t be able to visit World Trade Center in New York, would you?

So, Kato, you enjoyed the Vancouver view from the top of Vancouver before a meg quake hits Vancouver.  Is that it?

Yes, you’re right on.


(laugh16.gif)

【Himiko’s Monologue】


(himiko22.gif)

Have you ever been to Vancouver?

It is a beautiful city—one of the best cities in the world.


(stanley50.jpg)


(seawall3.jpg)


(seawall2.jpg)

Beautiful Vancouver


(wetsuit.jpg)


(wetsuit3.jpg)


(gastown20.jpg)


(canplace22.jpg)

Kato says that Vancouver is a paradise.

As you know, however, nothing is perfect, nobody is perfect.

So no city is perfect.

However, no matter what disaster hits the city, I wish, Vancouver remains to be a beautiful city.

In any case, I hope Kato will write another interesting article soon.

So please come back to see me.

Have a nice day!

Bye bye …


(hand.gif)


(renge400.jpg)

If you’ve got some time,

Please read one of the following artciles:


(juneswim.jpg)

“Sabina”

“Happy New Year”

“Merange & Sabina”

“Beauty in Spa”

“Love @ e-reading”

“Troublesome Slang”


(biker302.jpg)

“World Family”

“Mari’s Bagels”

“Love & Loyalty”

“Another Cinderella”

“Amazing Two-legged Pooch”

“Delusive Romance”

“Royal Couple”

“Life with Music”

“Poutine@Canada”


(dianesun.jpg)

“Glorious Summer”

“Biker Babe & Granny”

“Genetically Modified”

“Tyrannosaur”

“Love@Magic”

“Yellow Ball”

“Welcome Back”

“Forbidden Love”

“Merry X’Mas”

“Heaven with Mochi”

“Travel Expense Scandal”

“Love@Redemption”


(cook002.jpg)

“JAGEL”

“JAGEL Again”

“Say NO!”

Happy Gal in Canada


(surfin2.gif)


(bare02b.gif)

Hi, I’m June Adams.

Kato is a real movie lover, who tries to watch 1001 movies by the end of this year.


(lib50603.png)


(lib50603b.png)

“Actual Listing Page”


(june001.gif)

So far, he’s watched 822 movies.

That is, he must see 179 more movies to accomplish his goal.

I’m particularly interested in Number 812 in the above list.


(lib50601a.png)

“Actual Catalogue Page”

Kato jotted down his comment as follows:

This is a documentary originally broadcast on July 19 and July 20, 1998 on PBS (Public Broadcasting Service).

Especially interesting for Vancouverites is an upcoming Cascadia earthquake, which takes place in an every-300-to-400-year cycle.

The last such earthquake occured at 9:00 PM on January 26, 1700.

This earthquake created a giant tsunami that hit hard at the Japanese coast.

Hence the Japanese document at the time recorded the devastating disaster.

So, some scientists predict that the next Cascadia earthquake will take place within 100 years.

It is an amazingly interesting documentary.

The above comment sounds quite interesting, doesn’t it?

Why don’t you see it?

Well, if you’re not a registered patron of the library, you might just as well watch the following video clip.


(vanctop2.jpg)


(vanctop3.jpg)

MegaQuake Could Hit North America

BBC (Full Documentary)

ところで、愛とロマンに満ちた

レンゲさんのお話をまとめて

『レンゲ物語』を作りました。

もし、レンゲさんの記事をまとめて読みたいならば、

次のリンクをクリックしてくださいね。

『愛とロマンのレンゲ物語』


(renge730.jpg)

『軽井沢タリアセン夫人 – 小百合物語』

とにかく、今日も一日楽しく愉快に

ネットサーフィンしましょうね。

じゃあね。


(bikini901b.jpg)


(dogs17.gif)


(girlxx.gif)