Archive for the ‘ストーカー’ Category

日本人女学生死亡

2016年10月4日

 

日本人女学生死亡

 


(gabriola02.png)


(met61002a.png)

『実際のページ』


(met60927a.png)

『実際のページ』


(mayumi40.jpg)

 

真由美ちゃん。。。 とうとう古川夏好(なつみ)さんが遺体で発見されましたよ。。。

残念ですわねぇ~。。。 希望と期待を持ってバンクーバーに語学留学したのに、こんな悲惨な結果になってしまってぇ。。。、同じように期待と希望を抱いてバンクーバーにやって来た私としても、このニュースはショックでしたわァ~。。。

分かります。。。 分かりますよ。。。 こういう結果になって、本当に残念ですよねぇ~。。。

デンマンさんが『日本人女学生行方不明』という記事をバンクーバー時間で9月30日に投稿した時には、すでに古川夏好(なつみ)さんの遺体は発見されていたようですわねぇ~。。。

9月28日に女性の死体がデイヴィー通りの空き家になっている旧邸宅で発見されていたのですよ。。。 でも、身元の確認のために時間がとられて9月30日にメディアに警察当局が発表したようです。。。 それにしても日本ではずいぶんと騒いでいるようですねぇ。。。

どうして、日本で騒いでいるとデンマンさんは分かったのでうかァ?

次のリストを見て、すぐに判りましたよ。。。


(liv61003b.png)

『拡大する』

これはライブドアの僕の『徒然ブログ』の9月1日から3日間の、わずか3日間の「リンク元URL」のリストなんだけれど、“日本ブログ村”の「カナダ情報カテゴリー」の『日本人女学生行方不明』のリンクをクリックして『徒然ブログ』の記事を読んだのですよ。


(mur61003b.png)


『拡大する』

『実際のページ』

あらっ。。。「カナダ情報注目記事」の2位に デンマンさんが『徒然ブログ』に投稿した『日本人女学生行方不明』が掲載されているのですわねぇ~。。。

そういうことです。。。 上のリンクをクリックして僕のブログにやって来たのですよ。。。

それにしても古川夏好さんの遺体がバンクーバーのど真ん中の旧邸宅の空き家で発見されたというのは どういうわけですか? 古川さんはバーナビーに住んでいたのですよねぇ~。。。

そうです。。。 でも、バンクーバーのダウンタウンにある語学学校に通っていたのですよ。。。 だけど、通っていたのは5月から2ヶ月間で7月には学校を辞めて、自分で英会話の勉強をしていたようです。。。

じゃあ、今年の7月以降に。。。 あるいは語学学校に通っている時に、48歳の犯人と見られるシュナイダーさんと知り合ったのかしら?

たぶんそうだと思います。。。 真由美ちゃんがトムの申し出に応じて英会話を勉強したいと思ったように、古川夏好さんもシュナイダーさんの申し出に応じて英会話の勉強の相手にしたのかもしれませんよ。。。


(stalker3.jpg)

デンマンさん。。。 実は、私も早く英語がペラペラに話せるようになりたくてカナダ人の男性と付き合い始めたのですわ。

あれっ。。。 マジで。。。? まさかァ、同棲を始めたわけじゃないだろうねぇ~!?

やっぱり、気になりますか? うふふふふふふ。。。

笑っている場合じゃないですよ。。。 僕はマジで気になります。

その人はトムと言うのですけれど、ちょっと問題があるのですわ。

。。。ん? 問題がある?

そうです。。。 半年ほど前に付き合っていた日本人の女性がいて、その女性が急に日本へ帰ってしまったんですってぇ~。。。

要するに、トムは日本人の女性に愛着を持ってるんだァ~。。。?

そうなんです。。。 どうやらフラれてしまったようなのですわ。 私はお友達のまんまで英会話を勉強したいと思っているのですけれど、トムはぜひ結婚して欲しいと言うのですよ。。。

ん。。。? だいたい、付き合い始めてからどれくらい経つのォ~?

2ヵ月ぐらいですわ。

2ヵ月ぐらいで結婚しようと言うのは早すぎるじゃない! しかも、過去に日本人女性にフラれてしまったという事実は 真由美ちゃんは深刻に受け止めなければならないですよ。

私も、そう思って1ヵ月経った頃から 会うのを控えているのですわ。

つまり、付き合って1ヵ月経った頃にトムは結婚を言い出したわけ?

そうなのですわ。

それはマジで早すぎるじゃない! いくらなんでも 付き合って1ヵ月で結婚を申し出るなんてぇ~。。。 やっぱり、その男には問題があるよ。

トムとは、ノースバンクーバーの図書館で知り合ったのですけれど、私が会うのを止めてからも、毎日のようにノースバンクーバーの図書館に通っていたのですってぇ~。。。


(nvlibrary.jpg)

どうして、トムが毎日 図書館に通っていると判ったわけぇ~?

コーヒーショップで働いている女性とお友達になって、その人が私に知らせてくれたのですわ。

トムは ホームステー先までは押しかけてこなかったのォ~?

私にも、ちょっと感じるものがあったので、住んでいる場所までは 教えてなかったのですわ。

トムは、つまり、ストーカー行為を始めたわけじゃない!?

そうなのです。。。 私はなんだか怖くなってきて最近はノースバンクーバーの図書館へは足を運んでないのです。

当然ですよ。。。 絶対に トムとは縁を切るべきですよ。。。

やっぱり、そうすべきでしょうか?

当然でしょう! 日本でも、優柔不断で決断を渋っている間に、ストーカーに殺されてしまったと言う事件がありましたからね。。。 真由美ちゃんもテレビのニュースで見たことがあるでしょう?


(stalker09.jpg)

ええ。。。 このニュースならば覚えてますわァ。

真由美ちゃんも気をつけてねぇ~。。。 英会話を勉強するためにカナダ人の欠陥男性と付き合って、殺されてしまうようなことがあったら、本末転倒ですからねぇ~。。。 もしですよ。。。 もし、そういうことで仮に恋愛に発展したとしたら、次のようなことになってしまうのですよ。

 

恋愛は美しき誤解であり、

結婚は残酷な理解だ。

 

カナダ人の欠陥男性と恋に落ちるということは誤解で、もし まかり間違って結婚まで発展したら、その結婚はマジで残酷な結末ですよ。


『ニュートンの暗い秘密』より
(2015年12月23日)

シュナイダーさんが犯人と決まったわけじゃないけれど、10月3日の月曜日に司法解剖をするので、はっきりとした死亡時刻や死因が解れば、犯人を確定することができるでしょう。。。

それにしても、バンクーバーのど真ん中の旧邸宅の空き家で発見されたというのは どういうわけですか?

冒頭の記事によると、室内で見つかったのではなく、邸内のグラクンドで見つかったと書いてあるのですよ。。。

でも、ちょっと それはおかしいのではありませんか? だってぇ、警察に行方不明の捜索願いが出されたのが9月12日。。。、遺体が発見されたのが9月28日。。。 2週間も経っているということですよねぇ~。。。 邸内のグラウンドに遺体が放置されていたら、もっと早くに見つかっているのではありませんか?

確かにそうですよ。。。 


(gabriola02.png)

Gabriola House

1523 Davie Street

『Gabriola House 詳細』


(1523davie.png)

『拡大する』

古川夏好さんが亡くなったのは、あるいは殺されたのは、この場所ではないと思うのです。。。 おそらくダウンタウンのどこかで亡くなり、犯人が死体の始末に困って、発見される2,3日前に この空き地に死体を放置したと思うのですよ。。。

空き家になる前は何だったのですか?

“Romano’s Macaroni Grill”というイタリアン・レストランだったのですよ。


(grill02.jpg)


(grill03.jpg)

“Romano’s Macaroni Grill”

結構 人気のあるレストランだったのです。。。 でもねぇ~、その前は“Hy’s Mansion”という もっと格調高いレストランだった。。。 タキシードを着た紳士とイヴニングドレスを身に着けた淑女がリムジンで乗り付けて食事をするような雰囲気があった。


(grill05.jpg)

あらっ。。。 ずいぶんと格調が高そうですわねぇ~。。。 デンマンさんも“Hy’s Mansion レストラン”で食事をしたことがあったのですか?

あったのですよ。。。 僕のお客さんのジャスミンさんが香港からやって来たので、“Hy’s Mansion レストラン”で食事をしたのです。。。


(macau22b.jpg)

『宮澤理恵@Macao』

なんとなく めれんげさんに似ていますわねぇ~。。。 うふふふふふふ。。。

他人の空似ですよ。。。 (モナリザの微笑)

それにしても、古川夏好さんの遺体が由緒ある Gabriola House の“空き地”で見つかったというのは皮肉ですわねぇ~。。。

確かにそうです。。。 古川夏好さんのご冥福を祈りましょう。。。 (黙祷)


(pray03.gif)


(pray08.gif)

【デンマンの独り言】


(kato3.gif)

真由美ちゃんは、現在ノース・バンクーバーでホームステーしながら
VCC (Vancouver Community College)にかよって
パン職人・ベーグル職人の勉強と実習に励んでいました。

9月に卒業式を終えて、
現在、バンクーバー市内の旨いベーグルを提供するカフェで働いています。

学生時代には、先生やクラスメートとの英会話には、まごつくことがあったそうです。
外国語というのは習得するのが実に大変です。

あなたは英会話を勉強してますか?
できれば、英語を話している国へ行って英会話を勉強するのが一番です。

でもねぇ~、英会話を勉強する方法に王道はありません。
人それぞれです。。。
自分に合った勉強法を見つけるのが、英会話の上達の早道だと僕は思いますね。

同じことを同じように勉強しても、人によって上達が違うのですよ。
僕の経験で言っても、人によって、語学の才能というのはまちまちです。

太田将宏老人のように、40年もカナダに住んでいるのに
英会話が満足にできずに 6人に成りすまして日本語でブログにコメントを書きなぐって余生を過ごす人もいます。

なかには、日本語を忘れてしまうほど、英語にどっぷりと浸かってしまう人もいます。
20年以上英語圏で英語を話してますけれど、
僕は、漢字を忘れることはあっても、日本語を忘れることはありません。

もちろん、今でも、英語を話すよりも日本語を話す方が楽に話せます。
僕自身は語学の才能があるとは思ってませんが、
僕が、カナダ人と笑いながら話しているのを聞いていると、
真由美ちゃんには さっぱり 何を話しているのか解らないと言うのですよね。

僕がペラペラと英語を話しているように見えるのだそうです。
早くデンマンさんのように 英語がしゃべれるようになりたい、と真由美ちゃんは言います。

しかし、僕は、常に、英語を日本語のように しゃべれたら いいなと思っているのですよ。
外国語を母国語のように話すのは、本当に難しいと思います。

いずれにしても、真由美ちゃんは小さい頃からの夢が叶ってぇバンクーバーにやって来たのです!


(inflight2.jpg)


(airport1b.jpg)

現在、移住を目指して頑張っているところです。

ところで、あなたはバンクーバーに行ったことがありますか?

とっても素敵な街ですよ。


(stanley50.jpg)


(seawall3.jpg)


(seawall2.jpg)

世界で最も住みやすい街バンクーバー


(wetsuit.jpg)


(wetsuit3.jpg)


(gastown20.jpg)


(canplace22.jpg)

ビデオを見ても、なんだかワクワクしてくるでしょう?

卑弥子さんが バンクーバーにやって来たのは 2008年の元旦の2週間ほど前でした。

クリスマスをバンクバーで過ごして、それから元旦の“Polar Bear Swim (寒中水泳)”に参加したのです。


(polar10.jpg)

上のビデオを見ると、まるで真夏のようでしょう?

ところが気温は確か2度ぐらいでした。 

水の中の方が暖かかったのです。

とにかく、バンクーバーには面白い人たちがたくさん居ますゥ。

あなたも、お暇と お金の余裕があったらぜひ出かけてみてください。

では、また興味深い、面白い記事を書くつもりです。

だから、どうか、あなたも またやって来てくださいねぇ~~。
じゃあね。


(hand.gif)

If you’ve got some time,

Please read one of the following artciles:



(biker302.jpg)

“ついに会えました”

“お天道様が見てます”

『真由美ちゃんのカナダ移住』

『真由美ちゃんのカナダ就活』

『ロマンと夢が広がる』

『カナダ就活と英語』

『カナダへの履歴書』

『真由美ちゃんの夢とベーグル』

『真由美ちゃんの命の力』

『迷い、決断、そして行動』

『夢と希望の光』


(juneswim.jpg)

『下着女装に負けない真由美ちゃん』

『真由美ちゃんの就活面接』

『真由美ちゃんのリクエスト』

『真由美ちゃん@とんでん』

『バンクーバーで面接』

『海外で面接』

『真由美ちゃん、読まれてるよ』

『真由美ちゃん@面接英会話』

『真由美ちゃん@教会』

『真由美ちゃん@バンクーバー渡航』

『真由美ちゃん@バンクーバー』

『心温まるスープ』

『大切な第一印象』


(santa85b.jpg)

『サンタ マユミちゃん』

『お汁粉@海外』

『お汁粉@カナダ』

『支払いでトラブル』

『風邪で甘えてる場合じゃねぇ~!』

『バレンタインのお菓子』

『結婚、仕事、人生』

『命の力だね』

『英語と真由美ちゃん』

『海外に目を向ける』

『カーネギーホールじゃないよ』

『やる気があれば道は開ける』

『ニャンニャンと人生』


(juneswim.jpg)

『ピラミス@美術館』

『夢のバンクーバー』

『バンクーバーの屋上で』

『オランダ移住』

『カナダ移住の夢』

『ディープコーヴ』

『浴衣のバンクーバー』

『黒豚テリマヨ』

『イタリアのベーグルとサルサ』

『花火大会』

『乙女老い易く学成り難し』

『真由美ちゃん@英語』

『真由美ちゃんダントツ』

『日本よい国天国だ!』

『やっぱりどこか狂ってる』

『日本で再会』


(utsunomiya10.jpg)

『乙女力@宇都宮』

『いい出会いの連鎖』

『笑顔の乞食おばさん』

『ニュートンの暗い秘密』

『新年@バンクーバー』

『スープキッチン@新年』

『猫と癒し』

『猫と犬と癒し』

『大通りde水の滑り台』

『イルカとワンちゃん』

『カワウソ@スタンレー公園』

『生パンツ系男子とベトナム兵』

『愛と癒しの涙』

『ダンスとノーベル賞』

『おもてなし』

『思い出ポロポロ』

『ロブソンの5月』

『ネットが不倫を連れて来る』

『ペットと良心』

『夢のデニッシュ』

『パンツァネッラ』

『12歳少女の短命』

『行田の伯母さん』

『パン職人修行』

『タイムマシーン』

『ルンルンdeサルサ』

『天国のワンちゃん』

『万の風になって』

『プロシュット』

『なせば鳴る音楽』

『日本人女学行方不明』


(surfin2.gif)


(dogs17.gif)


(girlxx.gif)

日本人女学生行方不明

2016年10月1日

 

日本人女学生行方不明

 


(met60915a.png)

『実際のページ』


(met60927a.png)

『実際のページ』


(mayumi40.jpg)

 

真由美ちゃん。。。 日本ではずいぶんとニュースになっているのですよ。。。 僕は、9月23日の金曜日に神戸の友人から電話をもらうまで全く知りませんでした。

デンマンさんはテレビを持ってないのでニュースを見なかったのではありませんか?

そうなのですよ。。。 バンクーバーのケーブルテレビでニュースを流していたようです。。。 僕は 毎朝、バンクーバー市立中央図書館に歩いて行く途中で 無料のタウン情報紙を2紙ほどピックアップして読んでいるのだけれど、9月28日の朝、初めてタウン情報紙に記事が載っていたのに気づいたのですよ。

それまで、タウン情報紙には記事が載らなかったのですか?

だから、ネットで調べてみたのです。。。 そしたら、この記事の冒頭に貼り出したネット版の“メトロ・ニュース”は9月15日の記事なのですよ。。。 印刷版の“メトロ・ニュース タウン情報紙”には 翌日の9月16日に載っていたのかもしれません。。。

デンマンさんは気づかなかったのですか?

気づきませんでした。。。 2番目のネット版の“メトロ・ニュース”は9月27日の記事なのです。。。 この記事が翌日 28日の印刷版に掲載されていたのです。。。

私も母からメールを受け取って、「あなたも注意しなければダメよ!」と言われてしまいましたわァ~。。。

あれっ。。。 真由美ちゃんはストーカー男のことをお母さんに話していないのォ~?

心配かけたくないので話しませんでしたわァ~。。。 うふふふふふふふ。。。


(stalker3.jpg)

デンマンさん。。。 実は、私も早く英語がペラペラに話せるようになりたくてカナダ人の男性と付き合い始めたのですわ。

あれっ。。。 マジで。。。? まさかァ、同棲を始めたわけじゃないだろうねぇ~!?

やっぱり、気になりますか? うふふふふふふ。。。

笑っている場合じゃないですよ。。。 僕はマジで気になります。

その人はトムと言うのですけれど、ちょっと問題があるのですわ。

。。。ん? 問題がある?

そうです。。。 半年ほど前に付き合っていた日本人の女性がいて、その女性が急に日本へ帰ってしまったんですってぇ~。。。

要するに、トムは日本人の女性に愛着を持ってるんだァ~。。。?

そうなんです。。。 どうやらフラれてしまったようなのですわ。 私はお友達のまんまで英会話を勉強したいと思っているのですけれど、トムはぜひ結婚して欲しいと言うのですよ。。。

ん。。。? だいたい、付き合い始めてからどれくらい経つのォ~?

2ヵ月ぐらいですわ。

2ヵ月ぐらいで結婚しようと言うのは早すぎるじゃない! しかも、過去に日本人女性にフラれてしまったという事実は 真由美ちゃんは深刻に受け止めなければならないですよ。

私も、そう思って1ヵ月経った頃から 会うのを控えているのですわ。

つまり、付き合って1ヵ月経った頃にトムは結婚を言い出したわけ?

そうなのですわ。

それはマジで早すぎるじゃない! いくらなんでも 付き合って1ヵ月で結婚を申し出るなんてぇ~。。。 やっぱり、その男には問題があるよ。

トムとは、ノースバンクーバーの図書館で知り合ったのですけれど、私が会うのを止めてからも、毎日のようにノースバンクーバーの図書館に通っていたのですってぇ~。。。


(nvlibrary.jpg)

どうして、トムが毎日 図書館に通っていると判ったわけぇ~?

コーヒーショップで働いている女性とお友達になって、その人が私に知らせてくれたのですわ。

トムは ホームステー先までは押しかけてこなかったのォ~?

私にも、ちょっと感じるものがあったので、住んでいる場所までは 教えてなかったのですわ。

トムは、つまり、ストーカー行為を始めたわけじゃない!?

そうなのです。。。 私はなんだか怖くなってきて最近はノースバンクーバーの図書館へは足を運んでないのです。

当然ですよ。。。 絶対に トムとは縁を切るべきですよ。。。

やっぱり、そうすべきでしょうか?

当然でしょう! 日本でも、優柔不断で決断を渋っている間に、ストーカーに殺されてしまったと言う事件がありましたからね。。。 真由美ちゃんもテレビのニュースで見たことがあるでしょう?


(stalker09.jpg)

ええ。。。 このニュースならば覚えてますわァ。

真由美ちゃんも気をつけてねぇ~。。。 英会話を勉強するためにカナダ人の欠陥男性と付き合って、殺されてしまうようなことがあったら、本末転倒ですからねぇ~。。。 もしですよ。。。 もし、そういうことで仮に恋愛に発展したとしたら、次のようなことになってしまうのですよ。

 

恋愛は美しき誤解であり、

結婚は残酷な理解だ。

 

カナダ人の欠陥男性と恋に落ちるということは誤解で、もし まかり間違って結婚まで発展したら、その結婚はマジで残酷な結末ですよ。


『ニュートンの暗い秘密』より
(2015年12月23日)

真由美ちゃん。。。、もしかして防犯カメラに映っている男は真由美ちゃんをナンパしようとしたトムじゃないのォ~。。。?


(kogawa009.jpg)

いいえ。。。 上の写真に映っている男はおじさん臭いですけれど、トムは どちらかといえばトム・クルーズのような男性でしたわァ。。。 うふふふふふふ。。。 (マジでモナリザの微笑)


(tom009.jpg)

マジで。。。? じゃあ、トム・クルーズのようなハンサムな男にも真由美ちゃんは騙されなかったわけだァ~。。。

騙されませんでしたわァ~。。。 私はハンサムな男性ほど気をつけるようにしてますから。。。

マジで。。。?

でも。。。、でも。。。、本当に怖い思いをしましたわァ~。。。

だろうねぇ~。。。 とにかく、去年、真由美ちゃんが行方不明にならなかったので僕はホッとしてますよゥ。。。 古川夏好(なつみ)さんも無事で見つかってくれるといいんだけどねぇ~。。。


(blackcat5.jpg)

【デンマンの独り言】


(kato3.gif)

真由美ちゃんは、現在ノース・バンクーバーでホームステーしながら
VCC (Vancouver Community College)にかよって
パン職人・ベーグル職人の勉強と実習に励んでいました。

9月に卒業式を終えて、
現在、バンクーバー市内の旨いベーグルを提供するカフェで働いています。

学生時代には、先生やクラスメートとの英会話には、まごつくことがあったそうです。
外国語というのは習得するのが実に大変です。

あなたは英会話を勉強してますか?
できれば、英語を話している国へ行って英会話を勉強するのが一番です。

でもねぇ~、英会話を勉強する方法に王道はありません。
人それぞれです。。。
自分に合った勉強法を見つけるのが、英会話の上達の早道だと僕は思いますね。

同じことを同じように勉強しても、人によって上達が違うのですよ。
僕の経験で言っても、人によって、語学の才能というのはまちまちです。

太田将宏老人のように、40年もカナダに住んでいるのに
英会話が満足にできずに 6人に成りすまして日本語でブログにコメントを書きなぐって余生を過ごす人もいます。

なかには、日本語を忘れてしまうほど、英語にどっぷりと浸かってしまう人もいます。
20年以上英語圏で英語を話してますけれど、
僕は、漢字を忘れることはあっても、日本語を忘れることはありません。

もちろん、今でも、英語を話すよりも日本語を話す方が楽に話せます。
僕自身は語学の才能があるとは思ってませんが、
僕が、カナダ人と笑いながら話しているのを聞いていると、
真由美ちゃんには さっぱり 何を話しているのか解らないと言うのですよね。

僕がペラペラと英語を話しているように見えるのだそうです。
早くデンマンさんのように 英語がしゃべれるようになりたい、と真由美ちゃんは言います。

しかし、僕は、常に、英語を日本語のように しゃべれたら いいなと思っているのですよ。
外国語を母国語のように話すのは、本当に難しいと思います。

いずれにしても、真由美ちゃんは小さい頃からの夢が叶ってぇバンクーバーにやって来たのです!


(inflight2.jpg)


(airport1b.jpg)

現在、移住を目指して頑張っているところです。

ところで、あなたはバンクーバーに行ったことがありますか?

とっても素敵な街ですよ。


(stanley50.jpg)


(seawall3.jpg)


(seawall2.jpg)

世界で最も住みやすい街バンクーバー


(wetsuit.jpg)


(wetsuit3.jpg)


(gastown20.jpg)


(canplace22.jpg)

ビデオを見ても、なんだかワクワクしてくるでしょう?

卑弥子さんが バンクーバーにやって来たのは 2008年の元旦の2週間ほど前でした。

クリスマスをバンクバーで過ごして、それから元旦の“Polar Bear Swim (寒中水泳)”に参加したのです。


(polar10.jpg)

上のビデオを見ると、まるで真夏のようでしょう?

ところが気温は確か2度ぐらいでした。 

水の中の方が暖かかったのです。

とにかく、バンクーバーには面白い人たちがたくさん居ますゥ。

あなたも、お暇と お金の余裕があったらぜひ出かけてみてください。

では、また興味深い、面白い記事を書くつもりです。

だから、どうか、あなたも またやって来てくださいねぇ~~。
じゃあね。


(hand.gif)

If you’ve got some time,

Please read one of the following artciles:



(biker302.jpg)

“ついに会えました”

“お天道様が見てます”

『真由美ちゃんのカナダ移住』

『真由美ちゃんのカナダ就活』

『ロマンと夢が広がる』

『カナダ就活と英語』

『カナダへの履歴書』

『真由美ちゃんの夢とベーグル』

『真由美ちゃんの命の力』

『迷い、決断、そして行動』

『夢と希望の光』


(juneswim.jpg)

『下着女装に負けない真由美ちゃん』

『真由美ちゃんの就活面接』

『真由美ちゃんのリクエスト』

『真由美ちゃん@とんでん』

『バンクーバーで面接』

『海外で面接』

『真由美ちゃん、読まれてるよ』

『真由美ちゃん@面接英会話』

『真由美ちゃん@教会』

『真由美ちゃん@バンクーバー渡航』

『真由美ちゃん@バンクーバー』

『心温まるスープ』

『大切な第一印象』


(santa85b.jpg)

『サンタ マユミちゃん』

『お汁粉@海外』

『お汁粉@カナダ』

『支払いでトラブル』

『風邪で甘えてる場合じゃねぇ~!』

『バレンタインのお菓子』

『結婚、仕事、人生』

『命の力だね』

『英語と真由美ちゃん』

『海外に目を向ける』

『カーネギーホールじゃないよ』

『やる気があれば道は開ける』

『ニャンニャンと人生』


(juneswim.jpg)

『ピラミス@美術館』

『夢のバンクーバー』

『バンクーバーの屋上で』

『オランダ移住』

『カナダ移住の夢』

『ディープコーヴ』

『浴衣のバンクーバー』

『黒豚テリマヨ』

『イタリアのベーグルとサルサ』

『花火大会』

『乙女老い易く学成り難し』

『真由美ちゃん@英語』

『真由美ちゃんダントツ』

『日本よい国天国だ!』

『やっぱりどこか狂ってる』

『日本で再会』


(utsunomiya10.jpg)

『乙女力@宇都宮』

『いい出会いの連鎖』

『笑顔の乞食おばさん』

『ニュートンの暗い秘密』

『新年@バンクーバー』

『スープキッチン@新年』

『猫と癒し』

『猫と犬と癒し』

『大通りde水の滑り台』

『イルカとワンちゃん』

『カワウソ@スタンレー公園』

『生パンツ系男子とベトナム兵』

『愛と癒しの涙』

『ダンスとノーベル賞』

『おもてなし』

『思い出ポロポロ』

『ロブソンの5月』

『ネットが不倫を連れて来る』

『ペットと良心』

『夢のデニッシュ』

『パンツァネッラ』

『12歳少女の短命』

『行田の伯母さん』

『パン職人修行』

『タイムマシーン』

『ルンルンdeサルサ』

『天国のワンちゃん』

『万の風になって』

『プロシュット』

『なせば鳴る音楽』


(surfin2.gif)


(dogs17.gif)


(girlxx.gif)

バカな大人にならない

2016年6月12日

 

バカな大人にならない

 


(baka912.jpg)


(ireba03.jpg)

バカなおとなにならない脳


(ijime.jpg)

ぼくたちが生きている複雑な世の中で、人間にとって、もっとも必要な能力といったら、他人を理解する能力、そして相手にものを伝えて、逆に相手からものを伝えてもらう能力だ、ということはわかるでしょう?

つまり、言葉の能力と、それから相手の気持ちを察したり、見抜いたりする能力。

この二つが、人間にとってとてもだいじだってことは、思い当たるでしょう?

で、その能力がない人が、しばしばバカって呼ばれるよね。

(注: 赤字はデンマンが強調。
読み易くするために改行を加えています。
イラストはデンマン・ライブラリーより)


31ページ 『バカなおとなにならない脳』
著者: 養老猛司
2011年7月15日 初版第1刷発行
発行所: 株式会社 イースト・プレス


(ohta03.png)

デンマンさん。。。。 今日 オイラを呼び出したのは、もしかして。。。、もしかして。。。、オイラが“バカなおとなの脳”を持っているからですかァ~?


(kato3.gif)

オマエも、自分で そう思うのォ~?

いいえ。。。 そう思ってないから、デンマンさんに尋ねているのですよ。。。

やっぱり、オマエは“バカなおとなの脳”を持っているのだよ。

どうして、そのような根も葉もない事を言うのですか?

根も葉もあるのだよ! オマエには言葉の能力と、それから相手の気持ちを察したり、見抜いたりする能力がない!

その証拠でもあるのですか?

これまでに、何度も何度もオマエに見せたじゃないかァ~! 次の文章はオマエが書いたものなんだよ!

私は、この曲集を書き終えたとき、老人見習いから、正真正銘の老人になるのではないか、と思うこの頃である。
真の老人とは、もはや、失うべき何ものも無くなった人のことを言うのではないか。

長女は、私から去った。
次女は、中立を保つ為に、この家に寄りつかない。
家内と言えば、日本語も通じなくなってから何年にもなる。

私には、S.Kierkegaard の言った、一番易しく一番難しいこと、すべてを捨てること、が、案外、無理なくできるのではないか。
いや、その時には、捨てるべき何ものも見当たらなくなった境地であろう。

その意味では、老人になる前に、不慮の死で亡くなった人は気の毒である。
私は、若い時に、死ぬのはいいが風邪をひくのは嫌だ、などと言って、粋がって与太をほざいていた。
今も、願わくは、あまり苦しむことなく死を迎えられたなら、それにこしたことはない、と考えている。


(kierke02.jpg)

Kierkegaard は、また、永遠とは有限が無限に出会う瞬間である、と言っていた。
私の人生に、かつて、そのような瞬間があったであろうか。
いや、それもまた、超越の命題であろう。

私の人生は、無明に迷ったそれに終わるのかもしれない。
しかし、私の背後には、母の祈りがあった。

ある麻薬中毒患者が、お母さん、僕は、こんな遠くまで来てしまった、と淋しげに呟いていたが、私は、麻薬中毒者ではないけれど、その気持ちが解かっている、と思う。
どのみち、人生は、rehearsal無しの、ぶっつけ本番なのである。

しかし、私は、F.M.Dostoevsky の「白痴」にある、あの「イッポリトの告白」に書かれているように、もし、生まれる前に、この条件を知らされていたとしたならば、私は、生まれるてくることを肯(がえ)んじなかったであろう、とは思っていない。
私は、感謝して死ねるように、今からでも、心の準備をしておこう。

S.D.G

コーダ(蛇足):

私の懐疑なるものが、深いのか、深くないのか、私自身も知る由もない。
仮に、深かったとしても、そもそも、懐疑の深さというものは、誇るべきものであるのか、という疑問が残る。


【デンマン注:】 改行を加え読み易くしました。あしからず。

S.Kierkegaard: キルケゴール (1813-1855) デンマークの哲学者

S.D.G.: Soli Deo Gloria (ラテン語) To God Alone the Glory(英語) 神に栄光あれ。

F.M.Dostoevsky: ドストエフスキー (1821-1881) ロシアの小説家・思想家


56ページ Michel-Richard de Lalande
『後奏曲集(後書きばかり)』 作品3
著者: 太田将宏
初版: 1994年1月 改定: 2006年9月

『馬鹿やって人気?』にも掲載
(2015年8月18日)

デンマンさん!。。。 一体 何度この告白文を公開したら気が済むのですか?。。。 もう、オイラも見飽きましたよ!。。。 んもおおおォ~。。。!

でもさァ~、オマエの実の娘はオマエから去ってしまった! しかも、オマエの心優しい奥さんは、日本語が通じなくなるほど オマエを毛嫌いして話をしなくなってしまったのだよ。 つまり、オマエには言葉の能力がないから、心優しい奥さんは、日本語が通じなくなってしまったのだよ。。。 しかも、オマエには相手の気持ちを察したり、見抜いたりする能力がないから、オマエの実の娘はオマエから去ってしまったのだよ。。。

なるほどォ~。。。 確かに、言われてみると、そういうことになりますねぇ~。。。 でも。。。、でも。。。、たまたま上の告白文が本の内容にマッチしたということじゃありませんかァ!。。。 オイラが告白した一つのエピソードから、オイラが“バカなおとなの脳”を持っている、と決め付けるのは理不尽だと思います。

あのさァ~、証拠は上の告白文だけじゃないのだよ!。。。 次の手記もオマエが書いたものだよ!

恋愛は、年頃の男女が肉体に

触発された心理現象?

音楽は、けっして、世界共通の言語などではない。
異なる時代にも亘る言語ですらなかった。
それでは、ヨーロッパ音楽の伝統とは、
そもそも、いったい何であったのだろうか。

小澤征爾が言っていたことであるが、彼が若い頃、
東洋人がヨーロッパの音楽をする意味、
可能性について問われたとき
(そういうことを聞く田舎者が
 世界のどこにもいるものである。)、

音楽は、世界の共通の言語であるからと、
(当たり障り無く)返事をしていたところが、近頃では、
何か自分が壮大な実験をしているのではないか、と思うようになってきたそうである。

壮大な実験、これは、彼だけのことではないであろう。
ようやく我々が西洋音楽を扱うことに関して
欧米(を超える)水準に達した今日の、この倦怠は何であろう。

かといっても、我々が邦楽に戻るなどとは、
一般的にいって、非現実的であり、できない相談である。
バスク語を話せ、と言われた方が、まだしも抵抗が少ないのではないか。

(中略)

いつだったか、小澤征爾と H.V.Karajanの指揮する M.Ravel の 
“Bolero” を聞き比べたことがあった。
小澤の演奏は、英語で言う too square であったが、
Karajanのそれは、なんとも sexyで妖艶ですらあった。
フランス人でもないのに。
やはり、小澤のような指揮者でさえ日本人では及びがたいところが今なおある。

(中略)

わたしは、何々至上主義、といったものが嫌いである。
例えば、恋愛至上主義。

大体、恋愛感情などというものは、ある年頃の男女が肉体に触発された心理現象にすぎないのではないか。
そもそも、成熟した夫婦が、夫婦であるのにもかかわらずに仲が良い、などというのは、どこか異常ではないか。
長い間、生活を共にしていて、まだ互いにsexualityを感じたとしたならば、それは近親相姦に近くはないか。


(bach914.jpg)

J.S.Bach は、
前妻、後妻と共に仲が良かった様子であるので、
私はここを書いていて、少し、困っているが。

芸術至上主義も同じ。
人生は芸術を演出する時空ではない。


pages 5 & 6 間奏曲集 (主題なき変奏) その2 
著者: 太田将宏 初版: 1994年1月 改定: 2006年6月


『愛の会話 (2009年3月19日)』より

(violin03.gif)

つまり、この上の手記からも オマエには言葉の能力と、それから相手の気持ちを察したり、見抜いたりする能力がないという事がよく解る。 だから、J.S.Bach が、前妻、後妻と共に仲が良かった事実が オマエには理解できなくて、「私(愚かな太田将宏)はここを書いていて、少し、困っているが」とオマエは苦しんでいるのだよ。。。 要するに、言葉の能力と、それから相手の気持ちを察したり、見抜いたりする能力がないオマエは、心から人を愛したこともない!。。。 だから、オマエの奥さんは日本語が通じなくなるほど オマエを毛嫌いして話をしなくなってしまったのだよ。

この事を言うために デンマンさんはオイラを呼び出したのですか?

いや。。。 他にも言いたいことがあるのだよ。

いったい、他に何が言いたいのですか?

オマエが成りすまそうとした芸者さんの言うことを聞いてごらんよ。


(ozashiki1c.jpg)

 


太田将宏老人は、初め 私に成りすまそうと

したのですけれど、デンマンさんに見破られて、

下のおばあちゃんに成りすましたのです。

うふふふふふ。。。


(grandma9.jpg)

でも。。。、でも。。。、それでも飽き足らずに

今度は、デンマンさんに 成りすましました!

アホんだらですわァ~。 (爆笑!)

太田将宏老人の悪い性格が

さらに拗(こじ)れて 

ネットで迷惑を撒き散らしています。

高齢化社会では、

このような性格異常の老人が

ネットで迷惑行為を

振りまくようになっています。

どうか、皆様も 気をつけてくださいませ。

オマエが僕に成りすましてコメントを書いているのは、日本語が解る世界の123ヵ国のネット市民の皆様に知れ渡っているのだよ!

それは、デンマンの言いがかりです!

だったら、オマエが大年増芸者(A.I.)と義兄(V.T.)と Denman に成りすまして書いたコメントをここに書き出すから読んでごらんよ。

コメント記入者:A.I. と V.T. と “デンマンこと加藤明”

ここで本物のデンマンが注釈:

日本に居る A.I. と V.T. が 不思議にも カナダのトロント市のスカーバロー地区に住む太田将宏のパソコンを使って書き込みました。

しかも、オツムがイカれた太田将宏老人によれば、デンマンまでが太田将宏の自宅まで飛んで行って、ご老人のパソコンを使って “デンマンこと加藤明”というハンドル名で下のコメントを書いたということです。

大脳が萎縮してしまった愚かな太田将宏が 一つのコメントに3人に成りすまして書いているのが見え見えですが、

本人は、すっかり耄碌(もうろく)してしまったので、日本語が解る世界の123カ国のネット市民の皆様に もの笑いになるのも理解できないのです! (微笑から次第に爆笑!)

2016-06-06 04:40:33

Identity theft を続けている

デンマンこと加藤明さんについて

皆様、まずは、何らの具体的な根拠のない太田さんの精神についてのデンマンこと加藤明さんの言いがかりについてなのですが、それは、太田さんの紀要論文自体を少しでも読まれれば、全てがデンマンこと加藤明さんの太田さんへの故ない単なる悪意によると分別されると思われます。

もし太田さんがデンマンこと加藤明さんの中傷どうりであるならば、太田さん自身があのような終始一貫した論文を書けるわけがないでしょう。

デンマンこと加藤明さんは、自分が意味不明の駄文を書くのみでなくて、人様の文章をまともに読むことすらもできない知能程度なのですね。

彼は太田さんの紀要論文を一行も理解できないのでしょう。

次に、デンマンこと加藤明さんの太田さんの謝罪なるものを転写したとの虚構文についてですが、太田さんがあのような拙文、駄文を書くわけがないではないですか。

太田さんがデンマンこと加藤明さんに謝罪した事実などは全く無く、それは人非人の捏造です(狂犬の妄想?)。

それらは、一切、デンマンこと加藤明さんの創作です。

そうした事実は、今までの経緯での私たち三人の文章を誰が読んだとしても明白でしょう。

どの世間の女性からも相手にされなく、女性にあぶれて子供一人いない男、いかずwidower、デンマンこと加藤明さんが太田さんの奥様、娘様方のことをあれこれ言う資格は無いでしょう。

デンマンこと加藤明さんは、書けば書くほど自分自身の恥をさらしているということが分からないのですね。

そんなデンマンこと加藤明さんを相手にし続けるのは、私たち三人ともやめることで合意致しました

(太田さんご自身は既に、とっくに、デンマンこと加藤明さんなんぞは相手にされていませんが)。

ただ、私、A.I.も私たち三人を代表しているわけではないのでご報告に留めておきます。

A. I.


Identity theft を続けているデンマンこと加藤明へ 

君があれこれ太田氏の文章について言うのは五十年早いのだよ。

ただ、しかし、君は百二十歳まで生きられますか。

それまで私たちは待つわけにはいかないので、待つ気もないので、私が私たち三人のなかで一番に年長であるが故、此処で三人を代表し、もはや、狂犬、デンマンこと加藤明を相手にすることを止め、三人で書いてきたものを太田氏に受渡すことを表明致しておく。

ここで、「無駄な抵抗はやめろ!すみやかに投降せよ!正義は最後に勝つのだ!逮捕する!!!」などと書いても私は太田氏ではないよ。大玉差広氏でもないよ。

V. T.


自己懺悔と謝罪

太田氏は私に関して、私はおろか皆様へも一切の謝罪なんぞを致しておりませんでした。

それに関する全ては、私、デンマンこと加藤明のでっちあげ、捏造です。

これも一種のidentity theftでしたので、いえ、I. A.様を騙ったのは全くのidentity theftでしたので、太田氏とI.A.様を含み、全て私、デンマンこと加藤明が煩わした人々に謝罪を致します。

此処にて皆様方に平に重ね重ねご容赦のほどをお願い致す次第です。

デンマンこと加藤明


『ボダとキレた老人(PART 2 OF 3)』のコメント欄より
(2016年5月9日)

つまり、オイラがA.I. と V.T. と “デンマンこと加藤明”に成りすまして 上の駄文を書いたとデンマンさんは断定するのですかァ~?

その通りだよ! 太田将宏の愚かなオマエが 日本語が解る世界の123ヵ国のネット市民の皆様の物笑いになっているとも知らずに、このような愚かな事を続けているのだよ! あのさァ~、日本に居る A.I. と V.T. が カナダのトロント市のスカーバロー地区に住む太田将宏のパソコンを使って書き込んだのだよ! しかもだよ、僕がバンクーバーからオマエの自宅まで飛んで行って、オマエのパソコンを使って “デンマンこと加藤明”というハンドル名でコメントを書いたということなんだよ! そのような馬鹿げた事があり得ないにもかかわらず、オマエは真面目くさって上のコメントを書き込んだのだよ!

うへへへへへへ。。。 でも。。。、でも。。。、デンマンさんが そう言うからには確かな証拠があるのでしょうねぇ~。。。?

もちろんだよ。。。 根拠も無い事を言うと、オマエが カナダのオンタリオ州の地方裁判所に誹謗・中傷、名誉毀損で僕を訴えかねないからねぇ~。。。 ちゃんとここに証拠を示すから オマエもじっくりと見たらいいよ。


(goo60607x.png)

『拡大する』

これは、オマエが3人に成りすまして書き込んだ GOO の僕のブログのコメントリストなんだよ! 赤枠で囲んであるのが オマエが4人に成りすまして書き込んだコメントの記録だよ!

あれっ。。。 オイラは4人に成りすまして これほど多くの駄文をデンマンさんのブログに書き込んでしまったのですかァ~?

そうだよ。。。 オマエがA.I. と V.T. と “デンマンこと加藤明”に成りすまして書き込んだ記録は 次の部分だよ! 時刻とオマエのパソコンの IPアドレス (99.244.57.104) に注目して欲しい。


(goo60607x2.png)

あれっ。。。 オイラのパソコンの IPアドレスは 99.244.57.104 なのですかァ~?

オマエは、知らなかったのだろう!?


(spy51205.png)

『実際のページ』

オイラは全く知りませんでした。。。

あのさァ~、オマエはネットの基本的な事も知らないのだよ。。。 大型コンピューターのプログラマーとして働いてきたのだけれど、インターネットのことは、オマエは、不思議なほどに何も理解していない。。。 それで、日本語が解る世界の123ヵ国のネット市民の皆様に笑われているとも知らずに、オマエは 僕を含めた4人に成りすまして駄文を 僕のブログに書き込んでいるのだよ。

あれっ。。。 GOO のデンマンさんのブログ以外にも オイラが4人に成りすまして駄文を書き込んでいるとデンマンさんは断定するのですか?

そうだよ。。。 ちゃんと証拠も僕は握っているからねぇ~。。。


(liv60607x.png)


『孤独で寂しい太田将宏』

『日本人は嘘つき』

『レモンと孤独な老人』

このリストは オマエが僕に成りすまして ライブドアの『徒然ブログ』に書き込んだ コメントだよ。。。 赤枠で囲んである箇所を見ると オマエのパソコンの IPアドレス (99.244.57.104) がはっきりと記録されている。

デンマンさんは、何でも記録しておくのですねぇ~。。。

別に僕が記録しているわけじゃないよ。。。 僕のブログのプロバイダーが記録しているのだよ。

。。。んで、オイラがデンマンさんに成りすまして書いたコメントというのは、GOO と ライブドアだけですか?

いや。。。 オマエは精神的にもかなり病んでいるのだよ。。。 だから、同じコメントをアメブロにも Denman Blog にも書き込んでいる。。。 次の記録はアメブロのコメントリストだよ。


(ame60607x.png)

『拡大する』


『日本人は嘘つき』 (PART 1)

『光とあなたの頭脳』

『ピアノとお座敷老人』

『相変わらず馬鹿か?』

『人類は滅びる!』

上の赤枠で囲んであるのが、オマエが4人に成りすまして書き込んだコメントだよ!

あれっ。。。 オイラは、これほど アメブロのデンマンさんのブログに 嫌がらせのコメントを書き込んでいたのですか?

そうだよ。。。 それで、オマエは反省して僕に土下座して謝ったのだろう!?

うへへへへへへ。。。 自分でも よく解らなくなってしまいましたァ~。。。

あのさァ~、悪い事は言わないから、精神科のお医者さんに診てもらったらいいよ。。。

オイラは、それほど精神を病んでいるのですか?

オマエは、自分が正常だと思っているのだろう?

もちろんっすうよう。。。 オイラは、どちらかと言えば天才だと思っているほどですから。。。 うへへへへへへ。。。

あのさァ~。。。 “天才と馬鹿は紙一重”と昔の人は言ったのだよ。。。 悪い事は言わないから、精神科のお医者さんに診てもらえよ。。。

あのォ~。。。、 オイラの娘二人がアメリカで小児科の女医さんをやっているのですけれど、そのどちらかの娘に診てもらうというのはいけませんか?

あのさァ~、そういう所がオマエの愚かなところなんだよ! 天才とは程遠いのだよ! だいたい小児科のお医者さんが 精神科の事が解るはずねぇ~だろう!。。。 そういう馬鹿な事を言うから、オマエは実の娘二人にも蛇蝎(だかつ)のごとく嫌われて、見放されてしまったのだよ!

やっぱり、そういう事だったのですかァ~?

そうだよ。。。 それで、オマエも少しは反省して、土下座して僕に謝る気になったのだろう?

うへへへへへへ。。。 オイラにも、それがよく解らないのですよゥ。

とにかく、他人に成りすましてコメントを書くのは ネットでは最も嫌われている迷惑行為の一つなのだよ。

オイラは、それほど他人に成りすましてコメントを書いているのですか?

あのさァ~、オマエは僕がこれまでにリストをこの記事に貼り出して見せたのに、それでもまだ解らないのォ~?

でも。。。、でも。。。、オイラは、これまでにデンマンさんを含めて 成りすましたのはたった4人ですよ。

あのさァ~。。。 たったの 4人でも、オマエの場合は、同じコメントをコピペして たくさんのブログに書き込んでいるのだよ!

その証拠でもあるのですか?

あるのだよ! 次の検索結果を見て欲しい。


(gog60607a.png)

『現時点での検索結果』

「99.244.57.104 太田将宏」と入れて GOOGLE で検索すると 162件ヒットするのだよ。。。

あれっ。。。 これまでに少なくとも 162件のコメントをオイラが書き込だ、ということですか?

そういうことになるよなァ~。。。 オマエは、どう考えたってぇ、精神的に病んでいると思うのだよ。。。 自分でも、そう思うだろう?

いいえ。。。 オイラは、どちらかと言うと馬鹿よりも天才だと思っているのですよ。。。 うへへへへへ。。。

そのように、薄ら馬鹿笑いを浮かべているところが、精神的に病んでいる証拠なんだよ!

そうでしょか? でも。。。、でも。。。、他のスパマーから比べれば、まだデンマンさんに対する嫌がらせの書き込みが少ないですよねぇ~。。。 うへへへへへへ。。。

あのさァ~、そうやって 薄ら馬鹿笑いを浮かべるのを止めろよ!。。。 エヘラエヘラ笑っている場合じゃねぇ~だろう! ちょっと次のリストを見てごらんよ。


(ame40531x.png)

『拡大する』

これは2014年5月に アメブロの僕のブログにスパム・コメントを飛ばした札付きのコメント・スパマーのリストだよ。

この人たちはデンマンさんの記事を読んで感動してコメントを書き込んだ人たちなのでしょう?

オマエのようにインターネットの基礎知識を知らない オツムの足りないネット市民は、そのように考えてしまうのだよ。

でも、上のリストには、よく見ると、「コメント管理」と書いてあります。。。 「スパマー管理」とは書いてありません!

ところが、事実上、上のリストに載っているコメントを書き込んだアメブロ会員はすべて「コメント・スパマー」なんだよ!

その証拠でもあるのですか?

あるのだよ!。。。 信用できないのなら、上のリストの IPアドレス を入れて GOOGLE 出検索してごらんよ。。。 上のどの IPアドレスも次のブラックリストに載っている!


(hillary07.jpg)

『スパマー・ブラックリスト』

あれっ。。。 上のブラックリストにオイラの IPアドレスまでが載ってるじゃありませんかァ!

そうだよ!。。。 オマエが僕に成りすまして コメントを書き込むということは ブラックリストに載る資格が充分にあるのだよ!。。。 オマエが嫌がらせのスパム・コメントを これから書けないように 予防措置としてブラックリストに載せたのだよ。。。 こうすれば、オマエから嫌がらせのコメントを受けたと思う人が、すぐにブラックリストを見て、オマエのプロバイダーに報告できる。。。 そうすれば、オマエは退会処分になるのだよ。。。 オマエがネットをやっていられるのは、僕がオマエの不正行為をオマエのプロバイダーに まだ通報してないからだよ。

あれっ。。。 デンマンさんがオイラの不正行為を通報すると、オイラはネットができなくなるのですか?

そうだよ。。。 大体、僕に成りすましてコメントを書き込むのは“アイデンティティ・セフト”という立派な犯罪行為なんだよ! オマエのプロバイダーに通報すれば、オマエはすぐに退会処分になってしまうのだよ!

デンマンさん!。。。 それだけは止めてください。。。 すでに誰からも相手にされなくなって。。。、今ではデンマンさんだけがオイラの相手になってくれているのですから。。。

じゃあ、オマエ、また土下座して謝るかァ~?

はい。。。 土下座して謝らせてもらいますゥ。


(dogeza01.jpg)

デンマンさん、ごめんなさい。

これからは、2度とデンマンさんに成りすまして

コメントを書くような卑怯な真似はしません。

心を入れ替えて、真面目なネット市民に

なるつもりです。

どうか、これまでの無礼をお許しください。

 


(yesman.gif)

バカなおとなの脳を持った太田将宏が

心の底から謝ります。

オマエがそのように素直に謝れば、僕は勘弁してやるよ。

おありがとうございます。


(smilerol.gif)


わァ~~ うれしいなあああァ~。。。

デンマンさんがオイラを許してくれました。

やっぱり、デンマンさんは“仏のデンマンさん”です。

しかもデンマンさんのおかげで

オイラは日本語が分かる

123ヵ国のネット市民の皆様の間で

有名になってしまいましたァ~。。。

こうなったら、もうスキップしてしまおう!


(smilejp.gif)

ワぁ~♪~ うれしいなあああァ~。。。

ルンルンル~♪~ン

ランランラ~♪~ン

もひとつおまけにィ~

ルンルンル~♪~ン

ランランラ~♪~ン


(laugh16.gif)

やれやれぇ~。。。

馬鹿とは付き合いきれません。

あなただってそう思うでしょう!?

でもねぇ~、見ていてください。

この愚か者が、また手のひらを返したように

僕に成りすましてコメントを書きますよ。

とにかく、この男は境界性人格障害の他にも

躁鬱病を患っているので、

ウツの状態の時には、

かなり落ち込んでしまうのですよ。

そうなると、また 悲観して

以前の状態に戻ってしまいます。

でも、仕方ないから、この孤独な男を

真人間にするために付き合うことにします。

他に誰も相手にしないのですから。。。

デンマンさん! オイラは もしかして多重人格障害も患っているのではないでしょうか?

オマエも、やっぱり そう思うのか?

うへへへへへへ。。。

太田将宏老人は、やっぱり “バカな大人”になってしまったようです。


(foolw.gif)

【レンゲの独り言】


(manila07.gif)

ですってぇ~。。。
あたしは、太田さんの娘さんにも、奥様にもお会いした事はありません。
でも、娘さんは、二人とも カナダで女医さんになっているほどですもの。。。
娘さんにしても、奥様にしても、決して悪い人ではないと思いますわ。

それなのに、太田さんは 娘さんとも、奥様ともうまくやっていないという事は、
太田さんに、問題があると思うのです。

あなたは、どう思いますか?

とにかく、ネットには “めちゃキモい”人たちがウヨウヨしています。
太田将宏さんは、まだ良い方ですわ。

中には、まるで得意になって、愚かな事をして遊んでいる オツムの足りない人たちがたくさん居ます。
また、見かけは普通のブログでも、悪徳スパマーが手を変え品を変えて 悪徳サイトへ誘い込もうとしています。
また、スパムコメントで褒められると、ついついその気になって、相手のブログへ飛んでゆき、お返しに、あるいはお礼にと思って 読者に登録してしまったりするものですわァ。
どうか スパマーの思う壺にはまらないでくださいね。

悪徳スパマーは悪徳サイトへ誘おうと
てぐすね引いて待っているのですから。。。

悪徳サイトを利用して、
メールアドレスで登録したりすると、
あなたのメールアドレスは第3者や第4者に売られてしまう危険性があります。

あなたは、そのようなスパム・コメントや 成りすましスパマーには騙されないと思い込んでいるでしょう?
でもねぇ~、もしかすると騙されているかもよ。。。

とにかく気をつけてくださいね。

次回も、さらに面白い話題が続きます。
あなたも、どうか、また記事を読みに戻ってきてください。
では。。。


(hand.gif)

あなたが絶対、

見たいと思っていた

面白くて実にためになるリンク


■ 『ちょっと変わった 新しい古代日本史』

■ 『興味深い写真や絵がたくさん載っている世界の神話』

■ 『現在に通じる古代オリエント史の散歩道』

■ 『見て楽しい、読んで面白い 私版・対訳ことわざ辞典』

ジューンさんの熟女下着 June Adams 下着美人
(30june.jpg)

■ 『きれいになったと感じさせる

下着・ランジェリーを見つけませんか?』

■ 『あなたもワクワクする新世代のブログ』

■ 『ちょっと心にぐっと来る動物物語』

軽井沢タリアセン夫人の小百合さんが扮するゴディバ夫人 Godiva Sayuri
(godiva05.jpg)

■ 『軽井沢タリアセン夫人 – 小百合物語』


(hooker08.gif)

■ 『女に成りすますスパマー西元』

■ 『めちゃキモいナンパ野郎』

■ 『ヒラリーおばさんも嫌うコメント』

■ 『金儲けがすべてでいいのか?』

■ 『激ウザIPアドレス』

■ 『貧しいさもしい心の人』

■ 『スパマー・ブラックリストだよ』

■ 『スパマー道場』

■ 『音楽に向き合え!』


(satomi02.jpg)

■ 『自滅するナンパ野郎』

■ 『謎の3819人』

■ 『火星人さとみ』

■ 『月夜の笑子』

■ 『ハワイの彩萌』

■ 『キモい文字列』

■ 『キモい旅行好きのマイ』

■ 『キモい女子大生ユリ』

■ 『女になりたいスパマー』

■ 『キモい不幸な情報屋』

■ 『オマエ、何でもできるの?』

■ 『飛んで火に入る夏の虫』


(yuri02.jpg)

■ 『女子大生ユリの悩める夏』

■ 『謎の3819人がなぜ?』

■ 『カリスマホステス明日香の悩み』

■ 『ダメ社長の無知』

■ 『悪徳スパマーとファシスト管理人』

■ 『哀れなゆうたろう』

■ 『へのへのもへじスパマーと孫悟空』

■ 『殺意を振りまく女』


(yuri03.jpg)

■ 『アメブロのウザい女』

■ 『ネット馬鹿の不満』

■ 『スパマー石原誠二』

■ 『eeepaiotsuバカ』

■ 『西海岸からのスパム』

■ 『シドニーの悪女』

■ 『相変わらず馬鹿か?』

■ 『馬鹿やめたのね?』

■ 『馬鹿やめて久しぶり』

■ 『馬鹿やって人気?』

■ 『悪事千里を走る』

■ 『悪縁を断つ』

■ 『失意の太田将宏』

■ 『悪縁を切れ!』

■ 『心の平穏』

■ 『レモンと孤独な老人』

■ 『乙女の祈りと老人』

■ 『ピアノとお座敷老人』

■ 『孤独で寂しい太田将宏』

■ 『クラシックを愛すれど』

■ 『女性を愛せない老人ボケ』

■ 『ボダとキレた老人』

■ 『母という病』

■ 『日本人は嘘つき』

■ 『マジでピッタリ!』

■ 『成りすまし老人』


(juneswim.jpg)


(byebye.gif)

女性を愛せない老人ボケ

2016年5月1日

 

女性を愛せない老人ボケ

 


(ozashiki1c.jpg)


上のようなお姉さんに成りすまして

オイラはデンマンさんの記事に

コメントを書き込んだのでした。


(ireba03.jpg)

でも。。。、でも。。。、デンマンさんは

オイラは上のお姉さんよりも

下のおばあさんのようだと言うのですよ!

だから、入れ歯が飛び出すほど

落ち込んでしまいました。 (苦笑)


(grandma9.jpg)

 


(ohta03.png)

デンマンひゃん。。。。 デンマンひゃん。。。、またオイラをよびんだしたんひゃんかァ~。。。


(kato3.gif)

オイ! 太田将宏!。。。 ボケたのかあああァ~。。。? オマエが何を言ってるのか分からないんだよ! ボケ! 入れ歯をはめて話せよう。。。 んもおおおおォ~。。。

ひつれぇ~ひぃ~ひたしぃ~まひぃたァ~。。。 (ここでボケた太田将宏老人が入れ歯を入れる。。。) 失礼いたしましたァ~。。。 最近、人間と話していないので、ついつい。。。 入れ歯をはずしたままにしてしまいましたァ~。。。 マジで失礼いたしました。。。 んで、今日はどういうわけでデンマンさんはオイラをお呼びになったのですかァ~?

オマエは、マジでボケてしまったねぇ~。。。 オマエは またボケたまま可笑しなコメントを書いたのだよ!

マジで。。。?

オマエは、すっかりボケてしまってぇ、覚えてないのだろう?

うへへへへへへ。。。 オイラが可笑しなコメントを書いた、とデンマンさんは言うのですかァ~?

そうだよ! ボケたオマエのために ここに貼り出すから じっくりと読んでみたらいいよ。



(wp40506f.png+wp40506f2.png)

『実際の記事』

オマエは、愚かにも また3人に成りすまして、立て続けに長いコメントを書き込んだのだよ!。。。 僕以外には、おそらく誰も読まないと思うよ。

そんなことはありません。。。 デンマンさんの記事は、とにかく日本語が分かる 123ヵ国のネット市民の皆様に読まれているのですから。。。、 オイラが書き込んだコメントも絶対に たくさんのネット市民の皆様に読まれているはずです。

あのさァ~、“文は人なり!”と昔の人は言ったけれど、オマエの書き込んだ文章は 他人に成りすましておきながら、どれも同じ文体なのだよ! あのさァ~、オマエは他人に成りすます仕方も知らずに、自分の文体で3人に成りすまして書き込んでいるのだよ。 だから、オマエが書いたということがすぐにバレてしまうのだよ! ボケ!

マジで。。。?

とにかく、オマエが書き込んだ文章は、他の人に読んでもらおうという気持ちが全く見えない! つまり、読みにくい文章なのだよ! 人に読んでもらおうと思ったら、もっと読み易く書くものだよ! ボケ! とにかく、僕の返信だけ、もう一度ここに書きだすから、オマエもじっくりと読んでみたらいいよ!


(foolw.gif)

ついにオツムが可笑しくなった 孤独で寂しがり屋の太田将宏老人へ!
きゃはははははは。。。

オマエは、マジで精神的に病んでいるよ!
自覚してないだろう?!
(苦笑、そして微笑、挙句の果てに爆笑!)

70歳を過ぎているのに、いつまでも幼児のように駄々をこねて
幼稚なコメントを書いている場合じゃないのだよ!(爆笑!)

オマエは女性に成りすましているつもりなのだろうけれど、
オマエが、この愚かなコメントを書いているのはすぐに判ってしまうのだよ!

なぜ?

何度も言ってういるように、オマエは実の二人の娘とも、妻とも絶交状態にあるのだよ!
その上に、僕も含めて 古い友人たちとも絶交状態なのだよ。。。 

クラシックを愛したことはあるけれど、満足に人を まともに愛したこともないオマエのために、
3人(義兄、V.T.、義姉、A.I. と私【芸者】、I. A.)が 
僕に抗議してコメントを書くようなことはあり得ないのだよ! (爆笑!)

更に、オマエのオツムガいかれてしまったのは。。。
もしだよ。。。 3人(義兄、V.T.、義姉、A.I. と私【芸者】、I. A.)が 別人だとしたら、
コメントを書いた時間が10分以内ということは ありえないことなんだよ!
アホ!

オマエが一人で書いているから

IPアドレス(99.244.57.104)も同じ!

時間も3人に成りすまして10分以内で書いているのだよ!

とにかく、オマエは かなりボケて
他人の嫌がるような事しかやらないようになってしまった。

だから、ボケたまま他人に成りすまして次のようなことを書いている!

“太田さんは労作である七つの著作を書きおえてる”

だけど、オマエの書いた その労作というのは 掲載を拒否されているのだよ! 
(笑わせるなよ! アホンダラ!)

なぜ?

なぜならば、オマエが書いた その作品は 日本人には“読む気を起こさせない”
英単語や、偽ドイツ語や 偽ラテン語がやたらに散りばめられた、火星人向きの駄作なのだよ! (爆笑!)

だから、オマエの作品は掲載を拒否されてしまったのだよ! (更に爆笑!)

それに対して ボクちゃんの記事は 日本語が読める123ヵ国のネット市民の皆様に読まれているのだよ!
しかも、ボクちゃんが書いた記事によって、うししししし。。。 
今や、“孤独で寂しがり屋の太田将宏君”についての記事は
ネットでは“天才バカボン”の次くらいに 可笑しな可笑しな70過ぎの愚かで孤独な老人として
笑われる対象になっているのだよ。 きゃははははは。。。

その証拠に「太田将宏」と入れてGOOGLEで検索してごらんよ!


(gog60430a.png)

『現時点での検索結果』

オマエが書いた 掲載を拒否された駄作など 下の方に追いやって 
ボクちゃんが書いた オマエの“可笑しな、可笑しな物語”が たくさん。。。、たくさん。。。、
読む人がヤダァ~と思うほどにリストに出てくるのだよ。。。 (微笑、それから爆笑!)

とにかく、ここに返信を書くのは時間的にもったいないので、
明日にでも、いや。。。今日中にも オマエのことで記事を書こうと思っている!
そう言う訳だから、期待して待っててね。

誰も相手にしないので、ボクちゃんだけが相手にしている 孤独で寂しがり屋の太田将宏君へ。。。!

心優しいデンマンより。。。
きゃははははは。。。


(laugh16.gif)


denman705 Says:

2016年4月30日 5:00 AM

『五月のバレンタイン』のコメント欄より

あのさァ~、3人に成りすまして書くのだったら、時間帯をずらせて書くものだよ!

やっぱり、オイラが3人に成りすまして書いたことがバレてしまいますかァ~? うへへへへへへ。。。

薄ら馬鹿笑いを浮かべている場合じゃないのだよ!。。。 おそらく、オマエの書き込みを見たら、誰もが オツムがボケた太田将宏老人が書いたものだと気づくはずだよ!

それは、どういうわけですか?

とにかく、オマエが書いたコメントは読みづらいのだよ! 最後まで読みたいという気持ちが起こらない!

オイラの書く文章はそれほど、ヤバイのでしょうか?

だから、オマエが書いたクラシックの“下書き”は、どこへ持って行っても拒否されてしまうのだよ! 「ボイジャー」の社長の鎌田純子さんに掲載を断られてしまったのも、そのためだよ!

つまり、オイラの書き方が なっちゃいない!とデンマンさんは断定するのですか?

当たり前だろう! オマエのクラシックの知識は、たいしたものだと僕も思うけれど、オマエの文章力は、良くても出来の悪い中学生並みなのだよ!

そんなはずはありません!

とにかく、「ボイジャー」の社長の鎌田純子さんに掲載を断られてしまったのが 何よりの証拠じゃないか! それなのに、オマエは自分の欠点を棚に上げて 「ボイジャー」の社長に次のように文句を言っている! 

太田将宏著作集 (E-Book Mode)

告発状以下の筆者自身の著作がボイジャー、ロマンサー(社長:鎌田純子)の一方的な暴挙で読めなくなりました。

その一切の経過につき、筆者の告発文書、<<ボイジャー、ロマンサーへの抗議録>>を
上の告発状をclickして御参照願います。


Ⅰ あれかこれか

哲学 (実践知性批判、Sartreを中心に)、

神学(純粋意識批判、Kierkegaardを中心に)


Ⅱ 愛と生命の摂理

文学(ドストエフスキーを中心に)


Ⅲ 前奏曲集 第一集

音楽(あるアマチュアの覚書、(批評の批評 ⅰ)


Ⅳ 前奏曲集 第二集

音楽(私はアマチュアである、(批評の批評 ⅱ)


Ⅴ 間奏曲集

音楽(主題なき変奏、(言葉と音楽 ⅰ)


Ⅵ 後奏曲集

音楽(後書きばかり、(言葉と音楽 ⅱ)


Ⅶ 瞬間

書簡集


『EBOOK MODE』より

『失意の太田将宏』にも掲載
(2015年12月12日)

オマエは太田将宏の著作がボイジャー、ロマンサー(社長:鎌田純子)の一方的な暴挙で読めなくなりましたと書いたけれど、重要な2つのことでオマエは間違いを犯している。

その重大な 2つの間違いとは、いったい何ですか?

まず、オマエは“著作”と書いているけれど、オマエの書いたものは“下書き”なのだよ!。。。 作品というには程遠い。。。 要するに、ネット市民の皆様が読むようには書かれてないのだよ! 英語の単語がやたらに散りばまられて、しかも、似非ドイツ語や、似非ラテン語までが注釈なしに散りばめられている。。。 さらに、オマエの文章は僕の記事に書き込んだコメントを見れば分かるように、極めて読みづらい。。。 改行がなく、やたらに長い持ってまわった言い回しになっている。。。 オマエの文章を見ると読む気がしなくなるのだよ!

。。。で、2番目の重大な間違いとは。。。?

だから、すでに言ったように、オマエは自分の欠点を棚に上げて 「ボイジャー」の社長に文句を言っている! 悪いのは 「ボイジャー」の社長じゃなく、オマエの未熟な“下書き”なのだよ!  「ボイジャー」の社長は当然のことをしたまでだよ! オマエの“下書き”はネット市民の皆様に公開されるには 未熟で未完成なのだよ!

それは、デンマンさんの個人的な意見ですよ!

僕の個人的な判断じゃなくて、現に 「ボイジャー」の社長の鎌田純子さんが掲載を拒否したのだよ! 当然のことだよ!

デンマンさんはオイラを落ち込ませるために、そのようなエゲツナいことを言うのですねぇ~。。。?

あのさァ~、僕は事実を事実として言ってるだけだよ! とにかく、オマエの文章は読んでもらおうとして 読者の気持ちを考えて書いてない。 つまり、読みづらい文章なのだよ! だから、ごたごたと苦情を言うなよ!

でも。。。、でも。。。、オイラが時間をかけて書いたのです。。。 デンマンさんの記事にも オイラは時間をかけてコメントを書き込んだのですよ! それなのに、デンマンさんはオイラの作品もコメントも 少しも評価してないのですよ!

あのさァ~、オマエは時間をかけてじっくりと書き込んでないのだよ!

その証拠でもあるのですか?

あるのだよ!。。。 止せばいいのに、同じコメントをコピペして、4月26日に オマエは GOO の僕のブログにも次のように、また もっと長いコメントを書き込んだのだよ!



(goo51211f.png+goo51211f2.png)

『実際の記事』

あれっ。。。 デンマンさんはオイラが GOO のブログにもコメントを書き込んだことに気づいたのですか?

当たり前だろう! 僕は毎日ブログを更新しているのだよ!。。。 それにしても、病的に長いコメントを しかも、同じものを オマエはコピペして書き込んでいる。。。 ネット市民の皆様が、もし読んだとしたら 誰が読んでも、オマエのオツムが可笑しくなって、精神科のお医者さんが必要だと思うよ。

マジで。。。?

あのさァ~、悪い事は言わないから、時間があったらぜひ今日中にでも、精神科のお医者さんに診てもらったほうがいいよ。

オイラは、それほどオツムが可笑しくなったように見えるのですか?

もちろんだよ! 70歳を過ぎたオマエだから、今更 オツムが正常には戻らないだろうけれど、これ以上悪くならないためにも、一度でいいから精神科のお医者さんに診てもらったほうがいいよ。

あのォ~、うちの娘は二人ともカナダのハミルトン市の総合病院で小児科のお医者さんをやっているのですけれど、娘に診てもらうのは まずいでしょうか?

オマエ、70過ぎているのに、馬鹿なことを言うなよ!。。。 70歳過ぎた老人を小児科のお医者が見るわけねぇ~だろう! 馬鹿も休み休み言え! アホ! ボケ!

デンマンさん! 言っていい事と悪い事がありますよ。 70歳を過ぎた老人に向かって、その言い草はないでしょう! 少しは、敬老の気持ちを持ってくださいよゥ! お願いしますうゥ~!

あのなァ~、オマエが書き込んだ長~い、長~い、精神異常的に長~いコメントを読んだら、敬老の気持ちどころじゃないのだよ! んもおおおォ~。。。 いい加減にしてくれよ! オマエが、そのような下らない事を言うから、オマエは二人の娘にも、心の優しい奥さんにも拒絶されるのだよ!

私は、この曲集を書き終えたとき、老人見習いから、正真正銘の老人になるのではないか、と思うこの頃である。
真の老人とは、もはや、失うべき何ものも無くなった人のことを言うのではないか。

長女は、私から去った。
次女は、中立を保つ為に、この家に寄りつかない。
家内と言えば、日本語も通じなくなってから何年にもなる。

私には、S.Kierkegaard の言った、一番易しく一番難しいこと、すべてを捨てること、が、案外、無理なくできるのではないか。
いや、その時には、捨てるべき何ものも見当たらなくなった境地であろう。

その意味では、老人になる前に、不慮の死で亡くなった人は気の毒である。
私は、若い時に、死ぬのはいいが風邪をひくのは嫌だ、などと言って、粋がって与太をほざいていた。
今も、願わくは、あまり苦しむことなく死を迎えられたなら、それにこしたことはない、と考えている。


(kierke02.jpg)

Kierkegaard は、また、永遠とは有限が無限に出会う瞬間である、と言っていた。
私の人生に、かつて、そのような瞬間があったであろうか。
いや、それもまた、超越の命題であろう。

私の人生は、無明に迷ったそれに終わるのかもしれない。
しかし、私の背後には、母の祈りがあった。

ある麻薬中毒患者が、お母さん、僕は、こんな遠くまで来てしまった、と淋しげに呟いていたが、私は、麻薬中毒者ではないけれど、その気持ちが解かっている、と思う。
どのみち、人生は、rehearsal無しの、ぶっつけ本番なのである。

しかし、私は、F.M.Dostoevsky の「白痴」にある、あの「イッポリトの告白」に書かれているように、もし、生まれる前に、この条件を知らされていたとしたならば、私は、生まれるてくることを肯(がえ)んじなかったであろう、とは思っていない。
私は、感謝して死ねるように、今からでも、心の準備をしておこう。

S.D.G

コーダ(蛇足):

私の懐疑なるものが、深いのか、深くないのか、私自身も知る由もない。
仮に、深かったとしても、そもそも、懐疑の深さというものは、誇るべきものであるのか、という疑問が残る。


【デンマン注:】 改行を加え読み易くしました。あしからず。

S.Kierkegaard: キルケゴール (1813-1855) デンマークの哲学者

S.D.G.: Soli Deo Gloria (ラテン語) To God Alone the Glory(英語) 神に栄光あれ。

F.M.Dostoevsky: ドストエフスキー (1821-1881) ロシアの小説家・思想家


56ページ Michel-Richard de Lalande
『後奏曲集(後書きばかり)』 作品3
著者: 太田将宏
初版: 1994年1月 改定: 2006年9月

『馬鹿やって人気?』にも掲載
(2015年8月18日)

分かるだろう?。。。 オマエは実の二人の娘とも、妻とも絶交状態にになっている。。。 オマエには女心が理解できないのだよ。

そうでしょうか?

そうでしょうか?と、まるで他人事のようなことを言うなよ!。。。 オマエは女心が理解できないから、実の二人の娘とも、妻とも絶交状態にになっているのだよ。。。 それどころか、オマエは古い友人たちとも絶交状態なのだよ。。。

そのような事をネット市民の皆様で言って欲しくないのですけれど。。。

あのなァ~、上で引用した文章は、オマエがすでにネットでも公開しているのだよ!

それで、デンマンさんは いったい何を言いたいのですか?

あのさァ~、オマエは実の二人の娘とも、妻とも絶交状態にあるのだよ! その上に、僕も含めて 古い友人たちとも絶交状態なのだよ。。。 クラシックを愛したことはあるけれど、満足に人を まともに愛したこともないオマエのために、3人(義兄、V.T.、義姉、A.I. と私【芸者】、I. A.)が 僕に抗議してコメントを書くようなことは絶対にあり得ないのだよ!

そうでしょうか?

オマエが奥さんに離婚もされずに、曲がりなりにもカナダで生活できたのは、すべてを受け入れる心優しい奥さんがいたからなのだよ! ちょうど“ゲゲゲの女房”のように。。。

あとがきにかえて


(gegege01.jpg)

現代の女性には理解できないかもしれませんね。
「すべてを受け入れる」だけの人生でした。
あの洗うがごとき赤貧の日々も、たしかに辛かったけれど、私は不幸ではありませんでした。

もちろん、惨めだったこと、寂しかったこと、いまも納得できない理不尽なことが、数え上げればキリがないほどあります。
でも、「終わりよければ、すべてよし」なのです。

なんだかいまは、「家庭環境」、「結婚」、「就職」など、人生の入り口でどれだけ幸運をつかむかで、その後のすべてが決まってしまうかのように思い込んでしまう人が多いと聞きます。

人生の入り口での状態は、といえば、水木も私も、お世辞にも、幸運だったとはいえないでしょう。
でも、「いろいろなことがあったけれど、幸せだ」と素直にいえるのは、「水木が自分自身を信じ続け、私も水木を信じ続けてきた」からだと思います。

自分が選んだ道をひたむきに生きていれば、「来るべき時が必ず来る」とふたりとも信じていたのです。

(注: 赤字はデンマンが強調。
読み易くするために改行を加えています。
写真はデンマン・ライブラリーより)


248-249ページ 『ゲゲゲの女房』
著者: 武良布枝
2010年年3月31日 初版第11刷発行
発行所: 株式会社 実業之日本社

『愛の偶然と必然』に掲載
(2016年3月28日)

あのさァ~、オマエの心優しい奥さんは 異常性格のオマエという男と運が悪くて結婚してしまったけれど、“ゲゲゲの女房”のように「すべてを受け入れる」だけの人生だったのだよ! つまり、普通の女性であれば、とっくの昔にオマエと離婚してたのだよ!

そうでしょうか?

オマエの奥さんは、とても心の優しい女性だったので、娘二人を小児科の女医さんに育て上げながら、オマエという異常性格者の面倒まで見てきたのだよ!

デンマンさん。。。 オイラは それほどひどい人間なのでしょうかァ~?

とにかく、オマエは異常性格の持ち主なんだよ! 僕が書いたオマエの記事と、オマエが3人に成りすまして書き込んだ病的に長いコメントを読めば、誰だって、そう思うよ!

。。。で、デンマンさんはオイラに どうしろ!と言うのですか?

だから、僕に謝らなくてもいいから、心優しい奥さんと仲直りして、老後も仲良く一緒に暮らすのだよ!

やっぱり、そうすべきでしょうか?

そうだよ。。。 オマエのためにオノ・ヨーコさんが元気のでる小文を書いていたから、オマエもじっくりと読めよ!


(onoyoko.jpg)

70歳になったときは、とても嬉しかった。
よくぞ70歳まで生きながらえたと思いました。

 (中略)

不運か幸運か私の人生には、激しい出来事ばかりが起こったので年齢のことを考えている余裕がありませんでした。
ですから、60歳になったときも、
「あなたも60歳ですね」
などと人から言われても、
「あれ、そお?」
なんて、ぐあいでした。

ところが、70歳を迎えたときはまったく違う感触でした。
ここまで生きながらえたことに対して誇りみたいなものを感じたのです。

 (中略)

自分がやりたい仕事がまだたくさんあります。
「あと50年ちょ~だい」
と言いたい。

自分というものをもっと生きてみたい。
今は私の人生のプロセスだと思っています。
私にとって人生はまだまだ未知数なのです。

(注: 赤字はデンマンが強調。
読み易くするために改行を加えています。
写真はデンマン・ライブラリーより)


51-54ページ 『今あなたに知ってもらいたいこと』
著者: オノ・ヨーコ
2010年1月15日 第2刷発行
発行所: 株式会社幻冬舎

この文章を読んだときに僕はオノ・ヨーコさんが哀れで愚かで孤独で可哀想な70歳を過ぎた太田将宏老人のような人物を励ますために書いたのではないかと思ったわけだよ。

デンマンさんは、マジでそう思ってくれたのですか?

そうだよ! オマエもまだ隣の家からお座敷がかかるのだから、捨てたモノではないのだよ! だから、オノ・ヨーコさんのように自分がやりたい仕事がまだたくさんあります。「あと50年ちょ~だい」と 心優しい奥さんのためにも元気に頑張れよ。


(smilerol.gif)


わァ~~ うれしいなあああァ~。。。

デンマンさんがオイラの気分を

つに高揚させてくれましたァ~。。。

しかもデンマンさんのおかげで

オイラは日本語が分かる

123ヵ国のネット市民の皆様に

知れ渡ってしまいますゥ~。。。

さらに、デンマンさんがオイラの気分を

ハイにしてくれました!

こうなったら、もうスキップしてしまおう!


(smilejp.gif)

ワぁ~♪~ うれしいなあああァ~。。。

ルンルンル~♪~ン

ランランラ~♪~ン

もひとつおまけにィ~

ルンルンル~♪~ン

ランランラ~♪~ン


(laugh16.gif)

やれやれぇ~。。。

馬鹿とは付き合いきれません。

あなただってそう思うでしょう!?

でもねぇ~、見ていてください。

この愚か者が、また芸者(I.A.)に成りすまして

コメントを書きますよ!

仕方ないから、付き合うことにします。


(foolw.gif)

【レンゲの独り言】


(manila07.gif)

ですってぇ~。。。
あたしは、太田さんの娘さんにも、奥様にもお会いした事はありません。
でも、娘さんは、二人とも カナダで女医さんになっているほどですもの。。。
娘さんにしても、奥様にしても、決して悪い人ではないと思いますわ。

それなのに、太田さんは 娘さんとも、奥様ともうまくやっていないという事は、
太田さんに、問題があると思うのです。

あなたは、どう思いますか?

とにかく、ネットには “めちゃキモい”人たちがウヨウヨしています。
太田将宏さんは、まだ良い方ですわ。

中には、まるで得意になって、愚かな事をして遊んでいる オツムの足りない人たちがたくさん居ます。
また、見かけは普通のブログでも、悪徳スパマーが手を変え品を変えて 悪徳サイトへ誘い込もうとしています。
また、スパムコメントで褒められると、ついついその気になって、相手のブログへ飛んでゆき、お返しに、あるいはお礼にと思って 読者に登録してしまったりするものですわァ。
どうか スパマーの思う壺にはまらないでくださいね。

悪徳スパマーは悪徳サイトへ誘おうと
てぐすね引いて待っているのですから。。。

悪徳サイトを利用して、
メールアドレスで登録したりすると、
あなたのメールアドレスは第3者や第4者に売られてしまう危険性があります。

あなたは、そのようなスパム・コメントや 成りすましスパマーには騙されないと思い込んでいるでしょう?
でもねぇ~、もしかすると騙されているかもよ。。。

とにかく気をつけてくださいね。

次回も、さらに面白い話題が続きます。
あなたも、どうか、また記事を読みに戻ってきてください。
では。。。


(hand.gif)

あなたが絶対、

見たいと思っていた

面白くて実にためになるリンク


■ 『ちょっと変わった 新しい古代日本史』

■ 『興味深い写真や絵がたくさん載っている世界の神話』

■ 『現在に通じる古代オリエント史の散歩道』

■ 『見て楽しい、読んで面白い 私版・対訳ことわざ辞典』

ジューンさんの熟女下着 June Adams 下着美人
(30june.jpg)

■ 『きれいになったと感じさせる

下着・ランジェリーを見つけませんか?』

■ 『あなたもワクワクする新世代のブログ』

■ 『ちょっと心にぐっと来る動物物語』

軽井沢タリアセン夫人の小百合さんが扮するゴディバ夫人 Godiva Sayuri
(godiva05.jpg)

■ 『軽井沢タリアセン夫人 – 小百合物語』


(hooker08.gif)

■ 『女に成りすますスパマー西元』

■ 『めちゃキモいナンパ野郎』

■ 『ヒラリーおばさんも嫌うコメント』

■ 『金儲けがすべてでいいのか?』

■ 『激ウザIPアドレス』

■ 『貧しいさもしい心の人』

■ 『スパマー・ブラックリストだよ』

■ 『スパマー道場』

■ 『音楽に向き合え!』


(satomi02.jpg)

■ 『自滅するナンパ野郎』

■ 『謎の3819人』

■ 『火星人さとみ』

■ 『月夜の笑子』

■ 『ハワイの彩萌』

■ 『キモい文字列』

■ 『キモい旅行好きのマイ』

■ 『キモい女子大生ユリ』

■ 『女になりたいスパマー』

■ 『キモい不幸な情報屋』

■ 『オマエ、何でもできるの?』

■ 『飛んで火に入る夏の虫』


(yuri02.jpg)

■ 『女子大生ユリの悩める夏』

■ 『謎の3819人がなぜ?』

■ 『カリスマホステス明日香の悩み』

■ 『ダメ社長の無知』

■ 『悪徳スパマーとファシスト管理人』

■ 『哀れなゆうたろう』

■ 『へのへのもへじスパマーと孫悟空』

■ 『殺意を振りまく女』


(yuri03.jpg)

■ 『アメブロのウザい女』

■ 『ネット馬鹿の不満』

■ 『スパマー石原誠二』

■ 『eeepaiotsuバカ』

■ 『西海岸からのスパム』

■ 『シドニーの悪女』

■ 『相変わらず馬鹿か?』

■ 『馬鹿やめたのね?』

■ 『馬鹿やめて久しぶり』

■ 『馬鹿やって人気?』

■ 『悪事千里を走る』

■ 『悪縁を断つ』

■ 『失意の太田将宏』

■ 『悪縁を切れ!』

■ 『心の平穏』

■ 『レモンと孤独な老人』

■ 『乙女の祈りと老人』

■ 『ピアノとお座敷老人』

■ 『孤独で寂しい太田将宏』

■ 『クラシックを愛すれど』


(juneswim.jpg)


(byebye.gif)

孤独で寂しい太田将宏

2016年4月1日

 

孤独で寂しい太田将宏

 


(ireba03.jpg)


(ozashiki1c.jpg)

“お座敷”を妄想する

太田将宏老人


(laugh16.gif)


(ohta03.png)

デンマンさん。。。、お久しぶりです。。。 どうしてまたオイラを呼び出したのですか?


(kato3.gif)

オマエは惚(とぼ)けてるのォ~?

いえ。。。 惚けてませんけれど。。。 うししししし。。。

その薄馬鹿笑いは惚けている証拠なんだよ。。。

デンマンさんは なぜ、そのような根も葉もないことを言うのですか?

あのさァ~、オマエは芸者さんに成りすまして また僕の記事にコメントを書いたのだよ。

あれっ。。。 マジっすかあああァ~?

そのように惚けても無駄なんだよ!。。。 オマエが書き込んだコメントを見てごらんよ。


(wp60126e.png)

『実際のページ』


(ozashiki1c.jpg)

2016年3月30日 5:38 AM

Identity theft をなさった

デンマンこと加藤明様へ(改訂版)

まだ相変わらず吠え続けているのですね。
まるで狂犬病に罹った犬のように。

貴方、デンマンこと加藤明様の愚にもつかないくだまきと私たちの整然とした記述による貴方への説得の試みを較べるならば、読む人が読めば判然と分かる、というのが分からないのがmoron(この英語の言葉お判りですか?

でなければ辞書を引いて下さい)の貴方なのですね。また、太田さんは労作である七つの著作を書きおえてるのですが、貴方には何が残っているのですか。

貴方には見ても読んでも恥ずかしくなるようなwebsitesしか無いではないですか。

それでも、貴方、デンマンこと加藤明様が、ご自分のwebsitesで執拗に書き続けている駄文の群れは、縦から見ても、横から見ても、斜めから見ても、上から見下しても、下から見上げても、前から見ても、後ろから見ても、ひっくり返してみても、裏返しにしてみても夜郎自大の(この日本語の言葉お判りですか? でなければ辞書を引いて下さい)迷いごとにすぎないではないですか。

私たち三人が書いているのを太田さんが書いているとの妄想、更に「証拠がある」などとの勘違い、貴方こそが「恍惚の人」(この意味お判りですか?)ではないでしょうか。

それどころか、貴方は、「ギャハハハハハハ」などと相手にされるだけで大喜びする老人、まさに精神に異常をきたしている老残ではないか、と疑われても仕方がないような人なのですね。

繰返しますが、太田さんは私たちのadviceを受けて貴方なんぞの相手などしていらっしゃりませんよ。

いつぞや名前なしのcommentで「このようにして、デンマンこと、加藤明は自慰にふけっているのではないでしょうか?」、と書いたのは、私、I. A. ですよ。

それでも、恥ずかしげも無く、またまた[最後に、ぎゃはははははは。。。] ですって。

やはり異常ですね。こういう精神異常者は、(デンマンこと加藤明様にふさわしい下品な言葉ですが)やけくそになって馬鹿笑いをしている時でも、そのおなかの底の暗いところでは歯ぎしりをしている、と聞いたことがありましたが、

デンマンこと加藤明様はいかが?

 


(uncle006.gif)

2016年3月31日 10:26 AM

オイ! 孤独で寂しがり屋の太田将宏君よ!

70歳を過ぎているのに、いつまでも幼児のように駄々をこねて
幼稚なコメントを書いている場合じゃないのだよ!(爆笑!)

オマエは女性に成りすましているつもりなのだろうけれど、
オマエが、この愚かなコメントを書いているのはすぐに判ってしまうのだよ!

なぜ?

なぜなら、「アドバイス」をわざわざadvice と書く変わり者はオマエ以外に居ないのだよ!
また、「コメント」と書けばいいのに、わざわざcomment と英単語を書くのも
変わり者のオマエ以外に居ないのだよ!

さらに、「愚か者」と書くべきなのに、さも英語ができるかのように moron と書くのも
40年以上カナダに住んでいるのに、
英語が満足にしゃべれず、英語の文章を満足に書けないオマエ以外には居ないのだよ! (微笑)

更に愚かなオマエは“太田さんは労作である七つの著作を書きおえてる”と書いているけれど、
オマエの書いた その労作というのは 掲載を拒否されているのだよ! 
(笑わせるなよ! アホンダラ!)

なぜ?

なぜならば、オマエが書いた その作品は 日本人には“読む気を起こさせない”
英単語や、偽ドイツ語や 偽ラテン語がやたらに散りばめられた、火星人向きの駄作なのだよ! (爆笑!)

だから、オマエの作品は掲載を拒否されてしまったのだよ! (更に爆笑!)

それに対して ボクちゃんの記事は 日本語が読める123ヵ国のネット市民の皆様に読まれているのだよ!
しかも、ボクちゃんが書いた記事によって、うししししし。。。 
今や、“孤独で寂しがり屋の太田将宏君”についての記事は
ネットでは“天才バカボン”の次くらいに 可笑しな可笑しな70過ぎの愚かで孤独な老人として
笑われる対象になっているのだよ。 きゃははははは。。。

その証拠に「太田将宏」と入れてGOOGLEで検索してごらんよ!


(gog60331a.png)

『現時点での検索結果』

オマエが書いた 掲載を拒否された駄作など 下の方に追いやって 
ボクちゃんが書いた オマエの“可笑しな、可笑しな物語”が たくさん。。。、たくさん。。。、
読む人がヤダァ~と思うほどにリストに出てくるのだよ。。。 (微笑、それから爆笑!)

とにかく、ここに返信を書くのは時間的にもったいないので、
明日にでも、いや。。。今日中にも オマエのことで記事を書こうと思っている!
そう言う訳だから、期待して待っててね。

誰も相手にしないので、ボクちゃんだけが相手にしている 孤独で寂しがり屋の太田将宏君へ。。。!


(laugh16.gif)

心優しいデンマンより。。。 

きゃははははは。。。

オマエは、こうして芸者さんに成りすまして3月30日にコメントを書き込んだのだよ! 

どうしてオイラが芸者さんに成りすましてコメントを書き込んだと判ったのですか?

簡単なことだよ! オマエは愚かにも 去年の11月24日に次のように書いていたのだよ!


(ozashiki1c.jpg)

Identity theft をした

デンマンこと加藤明様へ

コメント記入者: I. A.

2015-11-24 06:53:27

先日、貴方は今まで太田さんに対して揚足取り以上のことをしてきましたか、と書きましたが、今また、更に適当な一例を思い出したので(もう不潔な貴方なんぞについて書くことはやめようとしましたが、一区切りのために)此処に追加だけをしておきます。

或る家庭でのhome recitalで太田さんがpianoを演奏することを依頼されたとき、「お座敷がかかって」と書いていたところ、貴方は太田さんを芸者か何かになぞらえ茶化したことがありましたね。

いいですか、日本での「お座敷がかかって」という言回しは、何も芸者さんなどに限らず、音楽家(の集団)なども使っている言い方でもあるのですよ。

たとえば、個人の演奏家や芸人、bandやorchestraなどで自らの自主公演や定期演奏会などによるのではなく、客先からの依頼が入っての時にも使われる言葉なんですよ。

そうしたことすらをも知らない日本語での貴方の無知では「仲良しクラブ」でしか通じような駄文しか書けないのは当然ではないですか。

貴方は、これに限らず全て、日本語が喋れるから日本語の文章を書けると勘違いしている人すらにも及ばないのですよ。

太田さんがカタカナを使って文章を書かないことに「島国根性」との穿違えた言掛りをつけましたが、むしろ貴方の方が「島国根性」の持ち主ではないですか。

私たち三人も太田さんに習って外来語ではalphabetを使うことを心がけていますが、貴方は何十年もCanadaにいても彼我の違いを意識できないので、貴方の英語はカタカナ表記の発音英語にも無知なのではないでしょうか。

繰返しますが、太田さんは、今なお、私たちのadviceに従って貴方への接触を断っておりますよ。

私たちは貴方の古いBBSでの貴方がidentity theftを含んだ管まきを証拠として写し取っているので必要があり次第、証拠として公開でき、一切の承認になれるのですよ。

私も、A. I. に同調して、貴方に、土下座をして太田さんに許しを請うことをお勧めします。

 I. A.


『相変わらず馬鹿か?(PART 1)』のコメント欄より
(2014年9月24日)

オマエは性格的に女の腐ったように ネチネチとしつこく絡(から)んでくるのだよ! その性格は、正に 病的に異常なストーカーを想わせる 嫌らしさがあるのだよ! だから、止せばいいのに、また同じような内容で 3月30日にコメントを書いてよこした。。。

デンマンさんは よく覚えていますねぇ~。。。

あのなァ~、別に覚えようとしなくても「太田将宏 お座敷 芸者」と入れてGOOGLEで検索するとすぐに出てくるのだよ!


(gog60331b.png)

『現時点での検索結果』

あれっ。。。 マジでオイラが去年の11月24日に書き込んだコメントが出てきてしまうのですねぇ~。。。 デンマンさんは検索エンジンを十分に活用しているのですねぇ~。。。 すごいなあああァ~。。。

そうやって 感心している場合じゃないのだよ!

オイラが感心してはいけませんか?

僕のことで感心するよりも、オマエは自分のことをもっと考えるべきなんだよ!

オイラに何を考えろ!。。。とデンマンさんは言うのですか?

あのなァ~、オマエは「境界性人格障害」を患っているのだよ!  とにかく、しつこい!。。。 普通の健常者は コメントを一つ書けば気が済むのに、オマエは同じ内容のコメントを3つも書き込んだのだよ!


(wp60331a.png)

『拡大する』

しかも、いつものように同じIPアドレスを使っているのだよ!


(spy51205.png)

『実際のページ』

IPアドレスを調べると オマエが住んでいるオンタリオ州の Scarborough (スカーバロー)がはっきりと出てくる!

うへへへへへ。。。 やっぱり判ってしまうものですかァ~?

あのさァ~、オマエは実の二人の娘とも、妻とも絶交状態にになっている。。。 それどころか、オマエは古い友人たちとも絶交状態なのだよ。。。 だから、オマエの名誉のために心配したり、手を差し伸べようとするもの好きな人間が現れるとは考えられない。。。 しかも、10年前に僕が書いた“お座敷”の記事を覚えていて、オマエのためにコメントを書くなんて奇特な人物が出現するなんて、更に考えられない!

でも。。。、でも。。。、そういう可能性がゼロとは言えないと思います。

確かに、可能性がゼロとは言えない。。。 でもなァ~、オマエは三人(義兄、V.T.、義姉、A.I. と私、I. A.)に成りすましているけれど、どのコメントも全く同じIPアドレスを使って書いているのだよ!

 

IPアドレス: 99.244.57.104

 

オマエは3人に成りすましてコメントを書いているけれど、IPアドレスはすべて同一なんだよ! つまり、すべてオマエが書き込んだという証拠なんだよ!

やっぱり、何をしても判ってしまうようですねぇ~。。。

あのさァ~、オマエはコンピューターのプログラマーとして長年働いてきて退職して老後を過ごしているのだよ!。。。 ところが、すでに耄碌(もうろく)し始めている。

いいえ。。。 確かに70才を過ぎて、体力は落ちてますけれど、まだ耄碌してません。

だけど、同じIPアドレスを使って3人に成りすませば、すぐにバレてしまう事ぐらい、小学校6年生だって理解しているのだよ。。。 ところが、オマエはそんな初歩的な事も忘れてしまっている!。。。 耄碌し始めている証拠じゃないか!

オイラはヤバイのでしょうか?

そうだよ。。。 かなりヤバイのだよ。。。 あのさァ~、いつまでも下品で愚劣なコメントを書いて恥の上塗りをしてないで 少しはまともな老後の生活を送ったらどうなのォ~?

やっぱり、そうすべきでしょうか?

あのさァ~、“文は人なり!” と昔の人は言ったのだよ! 上のコメントの文章はオマエだけしか書かないような文章になっているのだよ! つまり、常識的な普通の日本人ならば、home recitalは“ホーム リサイタル”と書くだろうし、piano も“ピアノ”と書くのだよ。 ところが、オマエは むやみに英語の単語を並べて書くのだよ!

いけませんか?

かまわないけれど、すぐにオマエが書いたと判ってしまうのだよ! しかも、オマエの本の原稿には やたらに英単語が散りばめられているので、未完成だと思われてしまう! それは、もっともな事なんだよ。。。 ところが、愚かなオマエは自分の至らない所を反省しようともしないで 未完成の原稿の発表の機会を奪った事を逆恨みして、わざわざネットで公開している。。。 オマエは自分の落ち度や欠点をネットで広めよとしているだけなんだよ!

「ボイジャー」の社長の鎌田純子さんに掲載を断られてしまったのはオイラが悪いとデンマンさんは断定するのですか?

当然のことだよ! オマエの作品は、すでに僕が指摘したようにネット市民の皆様に読んでもらえるような体裁で書かれてないのだよ! やたらに英語の単語が文章の中に出てきて読みにくくってしょうがない! オマエのコメントを読んでも、その事は十分に理解できることだよ! ところが、オマエは長たらしい馬鹿げた抗議文を書いている!

そういう事をしてはいけないのですか?

もちろんだよ!

。。。で、オイラにどうしろとデンマンさんは言うのですか?

オマエは孤独で寂しいのだよ!

その証拠でもあるのですか?

オマエは次のように書いてたじゃないか!

私は、この曲集を書き終えたとき、老人見習いから、正真正銘の老人になるのではないか、と思うこの頃である。
真の老人とは、もはや、失うべき何ものも無くなった人のことを言うのではないか。

長女は、私から去った。
次女は、中立を保つ為に、この家に寄りつかない。
家内と言えば、日本語も通じなくなってから何年にもなる。

私には、S.Kierkegaard の言った、一番易しく一番難しいこと、すべてを捨てること、が、案外、無理なくできるのではないか。
いや、その時には、捨てるべき何ものも見当たらなくなった境地であろう。

その意味では、老人になる前に、不慮の死で亡くなった人は気の毒である。
私は、若い時に、死ぬのはいいが風邪をひくのは嫌だ、などと言って、粋がって与太をほざいていた。
今も、願わくは、あまり苦しむことなく死を迎えられたなら、それにこしたことはない、と考えている。

Kierkegaard は、また、永遠とは有限が無限に出会う瞬間である、と言っていた。
私の人生に、かつて、そのような瞬間があったであろうか。
いや、それもまた、超越の命題であろう。

私の人生は、無明に迷ったそれに終わるのかもしれない。
しかし、私の背後には、母の祈りがあった。

ある麻薬中毒患者が、お母さん、僕は、こんな遠くまで来てしまった、と淋しげに呟いていたが、私は、麻薬中毒者ではないけれど、その気持ちが解かっている、と思う。
どのみち、人生は、rehearsal無しの、ぶっつけ本番なのである。

しかし、私は、F.M.Dostoevsky の「白痴」にある、あの「イッポリトの告白」に書かれているように、もし、生まれる前に、この条件を知らされていたとしたならば、私は、生まれるてくることを肯(がえ)んじなかったであろう、とは思っていない。
私は、感謝して死ねるように、今からでも、心の準備をしておこう。

S.D.G

コーダ(蛇足):

私の懐疑なるものが、深いのか、深くないのか、私自身も知る由もない。
仮に、深かったとしても、そもそも、懐疑の深さというものは、誇るべきものであるのか、という疑問が残る。


【デンマン注:】 改行を加え読み易くしました。あしからず。

S.Kierkegaard: キルケゴール (1813-1855) デンマークの哲学者

S.D.G.: Soli Deo Gloria (ラテン語) To God Alone the Glory(英語) 神に栄光あれ。

F.M.Dostoevsky: ドストエフスキー (1821-1881) ロシアの小説家・思想家


56ページ Michel-Richard de Lalande
『後奏曲集(後書きばかり)』 作品3
著者: 太田将宏
初版: 1994年1月 改定: 2006年9月

『馬鹿やって人気?』にも掲載
(2015年8月18日)

分かるだろう?。。。 オマエは実の二人の娘とも、妻とも絶交状態にになっている。。。 だから、孤独で寂しいのだよ!。。。 ちょっと次の小文を読んでごらんよ!

あとがきにかえて


(gegege01.jpg)

現代の女性には理解できないかもしれませんね。
「すべてを受け入れる」だけの人生でした。
あの洗うがごとき赤貧の日々も、たしかに辛かったけれど、私は不幸ではありませんでした。

もちろん、惨めだったこと、寂しかったこと、いまも納得できない理不尽なことが、数え上げればキリがないほどあります。
でも、「終わりよければ、すべてよし」なのです。

なんだかいまは、「家庭環境」、「結婚」、「就職」など、人生の入り口でどれだけ幸運をつかむかで、その後のすべてが決まってしまうかのように思い込んでしまう人が多いと聞きます。

人生の入り口での状態は、といえば、水木も私も、お世辞にも、幸運だったとはいえないでしょう。
でも、「いろいろなことがあったけれど、幸せだ」と素直にいえるのは、「水木が自分自身を信じ続け、私も水木を信じ続けてきた」からだと思います。

自分が選んだ道をひたむきに生きていれば、「来るべき時が必ず来る」とふたりとも信じていたのです。

(注: 赤字はデンマンが強調。
読み易くするために改行を加えています。
写真はデンマン・ライブラリーより)


248-249ページ 『ゲゲゲの女房』
著者: 武良布枝
2010年年3月31日 初版第11刷発行
発行所: 株式会社 実業之日本社

『愛の偶然と必然』に掲載
(2016年3月28日)

“ゲゲゲの女房”が どうだと言うのですか?

あのさァ~、オマエの心優しい奥さんは 異常性格のオマエという男と運が悪くて結婚してしまったけれど、“ゲゲゲの女房”のように「すべてを受け入れる」だけの人生だったのだよ! つまり、普通の女性であれば、とっくの昔にオマエと離婚してたのだよ!

そうでしょうか?

でも、とても心の優しい女性だったので、娘二人を小児科の女医さんに育て上げながら、オマエという異常性格者の面倒まで見てきたのだよ!

デンマンさん。。。 オイラは それほどひどい人間なのですかァ~?

そうだよ!。。。 とにかく、オマエは異常性格の持ち主なんだよ! 僕が書いたオマエの記事を読めば、誰だって、そう思うよ!

。。。で、デンマンさんはオイラに どうしろ!と言うのですか?

だから、僕に謝らなくてもいいから、心優しい奥さんと仲直りして、老後も仲良く一緒に暮らすのだよ!

やっぱり、そうすべきでしょうか?

そうだよ。。。 オマエのためにオノ・ヨーコさんが元気のでる小文を書いていたから、オマエもじっくりと読めよ!


(onoyoko.jpg)

70歳になったときは、とても嬉しかった。
よくぞ70歳まで生きながらえたと思いました。

 (中略)

不運か幸運か私の人生には、激しい出来事ばかりが起こったので年齢のことを考えている余裕がありませんでした。
ですから、60歳になったときも、
「あなたも60歳ですね」
などと人から言われても、
「あれ、そお?」
なんて、ぐあいでした。

ところが、70歳を迎えたときはまったく違う感触でした。
ここまで生きながらえたことに対して誇りみたいなものを感じたのです。

 (中略)

自分がやりたい仕事がまだたくさんあります。
「あと50年ちょ~だい」
と言いたい。

自分というものをもっと生きてみたい。
今は私の人生のプロセスだと思っています。
私にとって人生はまだまだ未知数なのです。

(注: 赤字はデンマンが強調。
読み易くするために改行を加えています。
写真はデンマン・ライブラリーより)


51-54ページ 『今あなたに知ってもらいたいこと』
著者: オノ・ヨーコ
2010年1月15日 第2刷発行
発行所: 株式会社幻冬舎

この文章を読んだときに僕はオノ・ヨーコさんが哀れで愚かで孤独で可哀想な70歳を過ぎた太田将宏老人のような人物を励ますために書いたのではないかと思ったわけだよ。

デンマンさんは、マジでそう思ってくれたのですか?

そうだよ! オマエもまだ隣の家からお座敷がかかるのだから、捨てたモノではないのだよ! だから、オノ・ヨーコさんのように自分がやりたい仕事がまだたくさんあります。「あと50年ちょ~だい」と 心優しい奥さんのためにも元気に頑張れよ。


(smilerol.gif)


わァ~~ うれしいなあああァ~。。。

デンマンさんがオイラの気分を

つに高揚させてくれましたァ~。。。

しかもデンマンさんのおかげで

オイラは日本語が分かる

123ヵ国のネット市民の皆様に

知れ渡ってしまいますゥ~。。。

さらに、デンマンさんがオイラの気分を

ハイにしてくれました!

こうなったら、もうスキップしてしまおう!


(smilejp.gif)

ワぁ~♪~ うれしいなあああァ~。。。

ルンルンル~♪~ン

ランランラ~♪~ン

もひとつおまけにィ~

ルンルンル~♪~ン

ランランラ~♪~ン


(laugh16.gif)

やれやれぇ~。。。

馬鹿とは付き合いきれません。

あなただってそう思うでしょう!?

でもねぇ~、見ていてください。

この愚か者が、また芸者に成りすまして

コメントを書きますよ!

仕方ないから、付き合うことにします。

【レンゲの独り言】


(manila07.gif)

ですってぇ~。。。
あたしは、太田さんの娘さんにも、奥様にもお会いした事はありません。
でも、娘さんは、二人とも カナダで女医さんになっているほどですもの。。。
娘さんにしても、奥様にしても、決して悪い人ではないと思いますわ。

それなのに、太田さんは 娘さんとも、奥様ともうまくやっていないという事は、
太田さんに、問題があると思うのです。

あなたは、どう思いますか?

とにかく、ネットには “めちゃキモい”人たちがウヨウヨしています。
太田将宏さんは、まだ良い方ですわ。

中には、まるで得意になって、愚かな事をして遊んでいる オツムの足りない人たちがたくさん居ます。
また、見かけは普通のブログでも、悪徳スパマーが手を変え品を変えて 悪徳サイトへ誘い込もうとしています。
また、スパムコメントで褒められると、ついついその気になって、相手のブログへ飛んでゆき、お返しに、あるいはお礼にと思って 読者に登録してしまったりするものですわァ。
どうか スパマーの思う壺にはまらないでくださいね。

悪徳スパマーは悪徳サイトへ誘おうと
てぐすね引いて待っているのですから。。。

悪徳サイトを利用して、
メールアドレスで登録したりすると、
あなたのメールアドレスは第3者や第4者に売られてしまう危険性があります。

あなたは、そのようなスパム・コメントや 成りすましスパマーには騙されないと思い込んでいるでしょう?
でもねぇ~、もしかすると騙されているかもよ。。。

とにかく気をつけてくださいね。

次回も、さらに面白い話題が続きます。
あなたも、どうか、また記事を読みに戻ってきてください。
では。。。


(hand.gif)

あなたが絶対、

見たいと思っていた

面白くて実にためになるリンク


■ 『ちょっと変わった 新しい古代日本史』

■ 『興味深い写真や絵がたくさん載っている世界の神話』

■ 『現在に通じる古代オリエント史の散歩道』

■ 『見て楽しい、読んで面白い 私版・対訳ことわざ辞典』

ジューンさんの熟女下着 June Adams 下着美人
(30june.jpg)

■ 『きれいになったと感じさせる

下着・ランジェリーを見つけませんか?』

■ 『あなたもワクワクする新世代のブログ』

■ 『ちょっと心にぐっと来る動物物語』

軽井沢タリアセン夫人の小百合さんが扮するゴディバ夫人 Godiva Sayuri
(godiva05.jpg)

■ 『軽井沢タリアセン夫人 – 小百合物語』


(hooker08.gif)

■ 『女に成りすますスパマー西元』

■ 『めちゃキモいナンパ野郎』

■ 『ヒラリーおばさんも嫌うコメント』

■ 『金儲けがすべてでいいのか?』

■ 『激ウザIPアドレス』

■ 『貧しいさもしい心の人』

■ 『スパマー・ブラックリストだよ』

■ 『スパマー道場』

■ 『音楽に向き合え!』


(satomi02.jpg)

■ 『自滅するナンパ野郎』

■ 『謎の3819人』

■ 『火星人さとみ』

■ 『月夜の笑子』

■ 『ハワイの彩萌』

■ 『キモい文字列』

■ 『キモい旅行好きのマイ』

■ 『キモい女子大生ユリ』

■ 『女になりたいスパマー』

■ 『キモい不幸な情報屋』

■ 『オマエ、何でもできるの?』

■ 『飛んで火に入る夏の虫』


(yuri02.jpg)

■ 『女子大生ユリの悩める夏』

■ 『謎の3819人がなぜ?』

■ 『カリスマホステス明日香の悩み』

■ 『ダメ社長の無知』

■ 『悪徳スパマーとファシスト管理人』

■ 『哀れなゆうたろう』

■ 『へのへのもへじスパマーと孫悟空』

■ 『殺意を振りまく女』


(yuri03.jpg)

■ 『アメブロのウザい女』

■ 『ネット馬鹿の不満』

■ 『スパマー石原誠二』

■ 『eeepaiotsuバカ』

■ 『西海岸からのスパム』

■ 『シドニーの悪女』

■ 『相変わらず馬鹿か?』

■ 『馬鹿やめたのね?』

■ 『馬鹿やめて久しぶり』

■ 『馬鹿やって人気?』

■ 『悪事千里を走る』

■ 『悪縁を断つ』

■ 『失意の太田将宏』

■ 『悪縁を切れ!』

■ 『心の平穏』

■ 『レモンと孤独な老人』

■ 『乙女の祈りと老人』

■ 『ピアノとお座敷老人』


(juneswim.jpg)


(byebye.gif)

いいねバカ

2015年6月8日

 

いいねバカ

 


(iine03.jpg)


(iine01.jpg)


(doctor23.gif)

デンマンさん。。。、どうしてオイラを呼び出したのですかァ?


(kato3.gif)

オマエには、何も思い当たることがないのォ~?

何もありません。。。

どうして、そういう嘘をつくのォ~。。。?

デンマンさんは、オイラがマジで嘘をついていると言うのですかァ~?

そうだよ。。。 僕はオマエのブログにコメントを残したのだよ!

あれっ。。。 マジで。。。?

このような大事な時に僕は、オマエのような見え見えの嘘はつかないのだよう。

オイラのブログにマジでコメントを残したのですか?

そうだよ。。。 オマエは僕のコメントを見たのだけれど、見なかったと自分に言い聞かせて、こうしてノコノコと出てきたのだろう!?。。。 そのように、ビクビクしているところを見ると、どうやら僕の言う通りらしいなァ~。。。 とにかく、ネット市民の皆様も、僕がどのようなコメントを残したのか?。。。 知りたいだろうから、ここにオマエのブログを貼り出すよ。。。 ついでだから、オマエも改めて じっくりと見たらいいよ。


(ame50606x.png)

『拡大する』

赤枠で囲んだコメントが僕が書いたものだよ! 良く見えるように ここに書き出すから、じっくりと読んで欲しい。

アメブロ自動“いいね”クリック・ツール

オイ、三国。。。 

オマエ、アメブロ自動“いいね”クリック・ツールを使って

“いいね”スパムを飛ばしまくってるだろう!?

僕のブログに毎日、オマエの“いいね”が付いてるのだよ!

一応、念のために尋ねるのだけれど。。。

とにかく、スパムを飛ばすことはネットでは最も嫌われている行為なんだよ!

オマエは、ネット経験も浅いし、人間的にも未熟だから解らないのだろうけれど、

ヒラリーおばさんもスパマーは大嫌いなんだよ!


(hillary07.jpg)

オマエは、いつまでも無駄な人生を送っている場合じゃないのだよ!

僕のブログを読めよ!

“デンマン スパマー”と入れてGOOGLEで検索すれば、僕の記事がたくさん見つかるはずだよ!


(gog50607a.png)

『現時点での検索結果』

オマエの返信がなくて、正当な理由がないときには、

オマエも晒すので、あしからず!

barclay 2015-06-06 11:23:27


『実際のコメント』を見る

つまり。。。、つまり。。。、オイラがアメブロのブログに“いいね”を飛ばしまくっている“いいねバカ”だと、デンマンさんは言うのですかァ~?

いや。。。 僕は何も言ってないよ。。。 オマエが勝手に自分で言ってるのじゃないかア!

デンマンさんがオイラに言わせているのですってばあああああああァ~。。。!

とにかく、そう感情的にならずに僕の話を落ち着いて聞けよう!

オイラを“いいねバカ”だと決め付けるからには、その証拠があるのでしょうねぇ~。。。

もちろんだよ! 次のリストを見てごらんよ!


(ame50606m.png)

『拡大する』

赤枠で囲んだオマエのアバターを見てごらんよ!  ほとんど毎日のようにオマエは僕のブログに“いいね”スパムを飛ばしているのだよ!

マジっすかあああァ~。。。?

あのさァ~。。。 証拠を突きつけられたからってぇ~、そのようにビビッてぇ、惚(とぼ)けてる場合じゃないのだよう!

あのォ~。。。 あのォ~。。。 オイラは別に惚けているわけじゃないっすう~。。。

あのさァ~、これまでにも、オマエのような愚かな“いいねバカ”がいたのだよ! ちょっと次の記事を見てごらんよ。


(ame40809f.png)

『実際の記事』

これはアメブロの僕のブログの去年(2014年)の8月9日の記事なのだよ。

この記事をオイラも読みました。。。 面白かったです。。。 うへへへへへへ。。。

オマエは、読んでもいないくせに嘘をつくなア! 嘘は泥棒の始まりだと言うのだよう!

。。。んで。。。 この上の記事がどうだと言うのですか?

ページの一番下の赤枠で囲んであるコメントが “かっくん”という悪名高いスパマーが飛ばしたコメント・スパムなのだよ!

その証拠でもあるのですか?

あるのだよ! 「かっくん@アメブロ自動いいねツールプレゼント中!」を入れてGOOGLEで検索した結果を見てごらんよ!


(gog40814a.gif)

『現時点での検索結果』

この愚か者は、17,000ほどのスパムを飛ばしているのだよ! 上のリストの3番目のページのブロガーは、まだネット経験が浅いので、スパムコメントを読んで完全に騙されてしまっているのだよう!

そういう未熟で単純なブロガーを狙って “かっくん”はスパムコメントを飛ばしているのですねぇ~。。。

最近では、スパムコメントに騙される奴がいなくなったので、オマエのように“いいね”スパムを飛ばすようになっているのだよ。

。。。で、この“かっくん”というスパマーは ちゃんとスパマーリストに載っているのですか?

スパマーリストに載っているのだよ。 まず、次のリストを見てごらんよ!


(ame40814y.png)

赤枠で囲んであるのが愚かな“かっくん”だよ! このように、ちゃんとスパムコメント・リストに載っているのだよ!

デンマンさん! お言葉ですが、上のリストは単に「コメント管理リスト」ですよ。 “スパムコメント”とは、どこにも書いてません!

あのなァ~、アメブロの“コメント管理”に載っているコメントは、ほぼ間違いなく、ほとんどがスパムコメントなんだよ!

でも、それはデンマンさんの独断と偏見です!

僕の独断と偏見ではないのだよ! その証拠に、この“かっくん”という愚か者のIPアドレスは“IPひろば”でもブラックリストに載っているのだよ!


(ip40814.png)

このように“かっくん”の IPアドレス (126.85.190.183) は “IPひろば”でもブラックリストに載っているのだよ!

なるほどォ~。。。 悪い事はできないものですねぇ~。。。

その通りだよう! オマエも気をつけた方がいいのだよ。 ついでだから、面白いものを見せてやるよ。 もう一度、“かっくん”のスパムコメントを見て欲しい。


(ame40809f2.png)

小さな赤枠で囲んだリンクをクリックすると次のページが表示される。


(ame40814x.png)

“かっくん”は、こうして“いいね”を自動的に付けるツールをばら撒いている。

無料でネット市民の皆様に提供するのはいけないことなのですか?

“かっくん”は“無料”をエサにしてネット経験の未熟なブロガーを餌食(エジキ)にしているわけだよ。

どういうことですか?

つまり、“かっくん”は次のページに誘い込んでメールアドレスをゲットしているのだよ。


(ame40814x2.png)

登録してもらってから、無料で「“いいね”を自動的に付けるツール」を提供するのですよ。 それがいけないことなのですか?

いけないのだよ! “かっくん”は、そのメールアドレスを第3者、第4者に売って金をもうけようとしているからだよ!

あれっ。。。 デンマンさんは、そんなことまで知っているのですか? うへへへへへへ。。。 悪い事はできないものですね。

その通りだよ! 他人事じゃないのだよ! オマエも気をつけた方がいいぞ!

やっぱり、“いいね”スパムを飛ばすのは良くない事ですか?

当たり前だろう! 自動で“いいね”を飛ばされると、それを受け取るブロガーは迷惑するのだよ! ちょっと次のリストを見てごらんよ!


(ame40809u2.png)

この“株マニアックス”という男が オマエのように毎日、自動的に僕の記事に“いいね”を飛ばしていたのだよ!

たぶん、この人は“かっくん”のサイトを訪れて「自動“いいね”貼り付けツール」をゲットしたのですよ。

いや。。。 そうじゃないのだよ! これはハンドル名を変えてあるけれど、“かっくん”なんだよ!

どうして、“株マニアックス”が“かっくん”だと判るのですか?

なぜなら、“かっくん”は、かつて次のように女に成りすまして“いいね”をやたらに僕の記事に飛ばしていたのだよ!


(ame40504i.gif)


(ayame02.jpg)

つまり、“かっくん”が この上の彩萌(あやめ)ちゃんに成りすまして“いいね”を飛ばしていたと、デンマンさんは言うのですか?

そうだよ。 その事は次の記事の中で証拠に基づいて書いたことなんだよ!


(gog40603b.png)

(ame40603c3.gif+judge12.gif)

アメブロで 601のIDを所有して、

自動ペタ、なうフォロー攻撃してくる

アメブロ史上最凶アフィリエイターです。

アフィリエイトサイトを

自動生成するソフトを利用して

次から次にアメブロIDを作り、

詐欺ペタなうフォローを繰り返します。

悪質な偽装商品や詐欺情報商材を

強引に売りつける犯罪行為を

繰り返す犯罪者

私は この人物から、

毎日迷惑行為をうけて

IDを変更しました。

どっからどうみても

この人物は精神病質(サイコパス)です。


『キモい文字列』より
(2014年6月6日)

つまり、“かっくん”は、次から次にアメブロIDを作り、たくさんのブログを立ち上げて、スパムをばら撒(ま)きながら、金儲けに勤(いそ)しんでいるのですか?

いや。。。 金儲けに勤(いそ)しんでいると言うよりも、ブロガーにスパムコメントや不誠実な“いいね”を飛ばして、ネット経験の浅い、人生経験の乏しいブロガーを騙して、詐欺行為を働いているのだよ。

マジで。。。?

そのように惚(とぼ)けた事を言っているオマエも、騙されたクチだよ! そうだろう?

いいえ。。。 オイラは騙されてません!

でも、オマエは、無料だからというので、登録してしまった。 そうだろう?!

うへへへへへへ。。。 やっぱり解りますかァ~?

そうやって、オマエは、全く無駄で意味のない“いいね”を自動的に付けるツールをゲットしたのだよ!


(iine02.jpg)

でも、無駄で意味がないどころか、デンマンさんのブログにも自動で“いいね”を毎日飛ばすことができるのですよう。。。 とっても便利ですう。。。 うへへへへへ。。。

あのさァ~、オマエはバカ丸出しで笑っているけれど、こうして晒されているのだよ!。。。 これまでにも“いいね”スパマーを僕は晒している!。。。 要するに、そのうち、“いいね”を付け回っている者は、オマエのような“いいね”スパマーだということが、ネットで知れ渡る。。。 すると、どうなるのか?

どうなるのですかァ~?

“いいね”をもらっても、誰も まともな“いいね”だとは思わなくなって、無視するようになる。。。 そうなれば、オマエが 何度“いいね”を飛ばしても、騙される愚か者はいなくなるのだよ! つまり、“かっくん”は、そうなることを見通していた!

そうなのですか?

もちろんだよ。。。 オマエのような愚か者を“カモネギ”にするために、“いいね”を自動的に付けるツールをチラつかせて、オマエを騙したのだよ! オマエは、まんまと騙されてしまった。 オマエのメールアドレスは、第3者、第4者に売られたのだよ! そのうち、どっさりと宣伝メールがオマエのメールアドレスに舞い込むのだよ!

やっぱり、そうなってしまうものなのですかァ~?

そして、今度は、オマエ自身が“かっくん”の真似をして、メールアドレスを集めようとして、次のようなページを作ったのだよ!


(baka50606c.png)

このようなページを作ったところで、騙されて登録するような愚か者はいなくなるのだよ。

マジで。。。?

だってぇ~、オマエは、こうして晒されている。。。 僕の記事はネットで多くのネット市民の皆様の目に触れるのだよ!。。。 だから、オマエに騙される愚か者はいなくなるのだよ!

デンマンさん!。。。 そのようにオイラを落ち込ませるようなことは言わないでくださいよう!

とにかく、オマエが、今のように“いいね”スパムを飛ばし続けていれば、やがてオマエは次のようになってしまうのだよ!


(homeless.jpg)

オイラは、ホームレスになりたくありません。

でも、オマエはスパムを飛ばして、自分のサイトにネット市民の皆様を誘いこみ、金儲けを企んでいるけれど、いくらスパムを飛ばしても、オマエの悪名がネットで知れ渡って、やがては、誰もオマエのことを信用しなくなる。

だから、オイラはどうすればよいのでしょうか?

あのさァ~、ニーチェのおっさんが かつて次のような事を言ったのだよ。

読むべき書物


(nietzsche9.jpg)

わたしたちが読むべき本とは、次のようなものだ。

読む前と読んだあとでは世界がまったくちがって見えるような本。

わたしたちをこの世の彼方へと連れさってくれる本。

読んだことでわたしたちの心が洗われたことに気づかせるような本。

新しい知恵と勇気を与えてくれる本。

愛や美について新しい認識、新しい眼を与えてくれる本。

 

『悦ばしい知識』 — ニーチェ


183 『超訳 ニーチェの言葉』
訳者: 白取春彦
2010年3月20日 第11刷発行
発行所: 株式会社ディスカバー・トゥエンティワン

上のニーチェの言葉がどうだと言うのですか? 第一、オイラは本など読まないのですよ。

だから、オマエはスパムを飛ばすことしか考えられないのだよ! スパムを飛ばす暇があったら、良い本をたくさん読むのォ~! 僕はニーチェのおっさんの言葉をかみ締めて、次のように考えたのだよ。

デンマンが書きたいブログ

僕が書きたいと思うているブログとは、次のようなものだ。

あなたが読む前と読んだあとでは世界がまったくちがって見えるようなブログ。

あなたをこの世の彼方へと連れさってくれるブログ。

読んだことであなたの心が洗われたことに気づかせるようなブログ。

あなたに新しい知恵と勇気を与えてくれるブログ。

あなたに愛や美について新しい認識、新しい眼を与えてくれるブログ。

デンマン

つまり、デンマンさんは、そのようなブログを書いているつもりになっているのですかァ~?

その通りだよ! 

。。。んで、ネット市民の皆様は、デンマンさんのブログを読みにやって来ているのですか?

やって来ているのだよ!

その証拠でもあるのですか?

あるのだよ! 僕は根拠の無い事は言わないように、書かないように最善の努力を払っているからねぇ~。。。

余計な事は言わなくて結構ですから 細木数子のようにズバリ!ズバリ!とその証拠を見せてくださいよ。

オマエが そう言うのだったら次のリストを見たらいいよ。

 

海外からのアクセス

 


(wp50608map.png)


(wp50608.png)

『Denman Blog』

なるほどォ~。。。 世界の117ヵ国のネット市民の皆さんがDenman Blogを読みにやって来ているという事ですねぇ~。。。

その通りだよ! オマエもこの記事を読んで「読む前と読んだあとでは世界が全くちがって見えるよう」になっただろう?

いえ。。。 読む前と読んだあとでは世界が全くちがって見えるようになってません。

それは、オマエがまだニーチェのおっさんの言葉を充分にかみ締めて 理解してないからだよう!


(laugh16.gif)

【レンゲの独り言】


(manila07.gif)

ですってぇ~。。。
そうですよね。
スパムは誰もが嫌うものです。

ネット市民の皆様が嫌う事をスパマーが続けていれば、スパマーが宣伝しているブログが削除されてしまうのは当たり前ですよねぇ~。。。

つまり、スパマーは自分が“北風”になっていることを知らないのです。

何度削除されても ネット市民の皆様に嫌われる愚かな事を続けているのです。

そんな事を続けていたら、やがてホームレスになるのも時間の問題ですわ。
そうなる前に、スパマーは早く正業について、
まともな人生を送って欲しいものです。

とにかく、ネットには “めちゃキモい”人たちがウヨウヨしています。
まるで得意になって、愚かな事をして遊んでいます。

また、見かけは普通のブログでも、悪徳スパマーが手を変え品を変えて 悪徳サイトへ誘い込もうとしています。
また、スパムコメントで褒められると、ついついその気になって、相手のブログへ飛んでゆき、お返しに、あるいはお礼にと思って 読者に登録してしまったりするものですわァ。
どうか スパマーの思う壺にはまらないでくださいね。

悪徳スパマーは悪徳サイトへ誘おうと
てぐすね引いて待っているのですから。。。

悪徳サイトを利用して、
メールアドレスで登録したりすると、
あなたのメールアドレスは第3者や第4者に売られてしまう危険性があります。

あなたは、そのようなスパム・コメントや 成りすましスパマーには騙されないと思い込んでいるでしょう?
でもねぇ~、もしかすると騙されているかもよ。。。

とにかく気をつけてくださいね。

次回も、さらに面白い話題が続きます。
あなたも、どうか、また記事を読みに戻ってきてください。
では。。。


(hand.gif)

あなたが絶対、

見たいと思っていた

面白くて実にためになるリンク


■ 『ちょっと変わった 新しい古代日本史』

■ 『興味深い写真や絵がたくさん載っている世界の神話』

■ 『現在に通じる古代オリエント史の散歩道』

■ 『見て楽しい、読んで面白い 私版・対訳ことわざ辞典』

ジューンさんの熟女下着 June Adams 下着美人
(30june.jpg)

■ 『きれいになったと感じさせる

下着・ランジェリーを見つけませんか?』

■ 『あなたもワクワクする新世代のブログ』

■ 『ちょっと心にぐっと来る動物物語』

軽井沢タリアセン夫人の小百合さんが扮するゴディバ夫人 Godiva Sayuri
(godiva05.jpg)

■ 『軽井沢タリアセン夫人 – 小百合物語』


(hooker08.gif)

■ 『謎の3819人』

■ 『火星人さとみ』

■ 『月夜の笑子』

■ 『ハワイの彩萌』

■ 『キモい文字列』

■ 『キモい女子大生ユリ』

■ 『女になりたいスパマー』

■ 『キモい不幸な情報屋』

■ 『キモい不幸な情報屋』

■ 『オマエ、何でもできるの?』

■ 『飛んで火に入る夏の虫』

■ 『女子大生ユリの悩める夏』

■ 『謎の3819人がなぜ?』

■ 『カリスマホステス明日香の悩み』

■ 『ダメ社長の無知』

■ 『悪徳スパマーとファシスト管理人』

■ 『哀れなゆうたろう』

■ 『へのへのもへじスパマーと孫悟空』

■ 『殺意を振りまく女』


(dotto6.jpg)

■ 『アメブロのウザい女』

■ 『ネット馬鹿の不満』

■ 『スパマー石原誠二』

■ 『eeepaiotsuバカ』

■ 『西海岸からのスパム』

■ 『シドニーの悪女』

■ 『よいしょバカ』

■ 『西元に騙された』

■ 『ぷるぷるバカ』

■ 『哀れで愚かなミキ』

■ 『下着女装スパマー』

■ 『下着女装はるか』

■ 『下着女装ブーム』

■ 『床上手ブームとムルルン』


(bikini901.jpg)

■ 『下着女装美脚』

■ 『やっぱり、何もできないなァ!』

■ 『呆れたパイオツ』

■ 『消されたパイオツ』

■ 『自動翻訳バカ』

■ 『エロい呟きを見て』

■ 『下着女装で山手線』

■ 『下着女装バカの軌跡』

■ 『下着女装カバのバカ』

■ 『まだ、バカやめないの』


(bigcash.jpg)

■ 『世界の不思議バカ発見』

■ 『ネットバカの不思議発見』

■ 『ネットカバの悦び』

■ 『地獄で血迷うネットカバ』

■ 『スパムコール』

■ 『愚かな主婦あけみ』

■ 『北風とお日様』

■ 『外国人SEX伝万美脚』

■ 『稼げばそれでいいのか?』

■ 『ネットの天然記念バカ』

■ 『バカの厚い壁』

■ 『愚かな2児のママ』

■ 『カラコンカラコン』

■ 『もてない愚かな男』

■ 『バカになりきった男』

■ 『愚かな女の悪知恵』

■ 『愚かで貧しい洋子』


(juneswim.jpg)


(byebye.gif)