Archive for the ‘オーストリアの文化と生活と歴史’ Category

Go Bananas

2013年6月21日

Go Bananas


(chimpbana2.jpg)


(banana83b.jpg)


(garden01.jpg)


Kato, you’re preoccupied with bananas, aren’t you?

Me?  … preoccupied with bananas?

Yes, you are.  You talked about the bananas at the Garden of Eden the other day, didn’t you?

Yes, I did, but I’m not particularly fond of bananas.

Then how come you’ve brought up bananas again?

Well … Diane, do you remember the following passage in the banana story?


(banana82e.jpg)

Diane, have you ever heard of a true story in which Adam and Eve ate a banana instead of an apple?

No kidding!

I’m not joking nor jesting.  I’m dead serious!

Kato, are you out of your mind?  All the Christians have been believing for centuries that Adam and Eve ate an apple in the Garden of Eden.  If you say this banana nonsense, you’re gonna be a laughingstock on the Net.

I know, I know…, but what I’m saying is true.

You must be out of your mind, Kato.  Why don’t you wake up and wash your face again in the ice-cold water?

So, Diane, you don’t believe me, do you?

Nobody believe you, Kato.  What the heck makes you think so?

Actually, I borrowed a translated version of the best-seller called “Banana.”

I see … so you’ve simply gone bananas after reading it, haven’t you?

Well … Diane, at least, you’ve got a good sense of humor …

Kato, do you really believe such a foolish story?

No, this is NOT a foolish story.  Look at the following catalogue page.


(lib30610.gif)

“Actual Library catalogue”

I see… so, Kato, you’ve read the Japanese version, haven’t you?

Yes, I have.  The above book is one of the best non-fiction books I’ve ever read in my life.


SOURCE: “Banana @ Eden”
(June 10, 2013)

Kato, what about the above passage?

Well … I’m just wondering where the go-bananas phrase came from.

It’s obvious, isn’t it?

What is obvious, Diane?

You see … many people believe for centuries that Adam and Eve ate an apple in the Garden of Eden.  Then all of a sudden, you mentioned the above nonsense, that is, go for bananas, instead of apples.  That’s why “go bananas” means “go out of one’s mind.”

But, Diane, the phrase has been around for quite a while.  As you know, people said the phrase before the above book goes public.  You told me your explanation simply because I told you the banana story.

According to the story, the naturalist Carl Linne told the world that Adam and Eve ate a banana, not an apple, didn’t he?

Yes, he did.


(linne02.jpg)


Carl Linne (1707 – 1778)

The yellow sweet banana was gaven the scientific name of “Musa sapentium” from the Latin word which means “knowledge” after the tree of wisdom that knows good and evil.
In addition, the green banana (a.k.a “plantain” used as a cooking) was named “Musa paradisiaca,” that is, “banana paradise.”

Genus “Musa” that Linne named comes from the Arabic word “mauz,” which means the banana.
It is understandable because bananas appear in the holy garden depicted in the Koran—the holy scriptures of Islam written in Arabic.

In the Koran, the tree in the forbidden Eden is called “talh,” which is usually translated as “tree in a paradise,” or more directly “banana tree.”

The scriptures of Islam indicates, “The fruit grows abundantly in the shade of luxuriant foliage… and you can see the fruit in all the year round.”
This depiction certainly matches the way bananas grow in the tree.


(banana83b.jpg)

(translated by Kato)


SOURCE: 24-26ページ 『バナナの世界史』
著者: ダン・コッペル 訳者: 黒川由美
2012年6月3日 第1版第2刷発行
発行所: 株式会社 太田出版
“Banana” by Dan Koeppel

Linne told the world that Adam and Eve ate a banana, not an apple.

When he did, most people didn’t believe him, I suppose.

What makes you think so?

… ‘Cause even after Linne died many artists have painted apples, instead of bananas, in the paintings of “Adame and Eve” as Hans Thoma and Maurice Denis did.



(eve906.jpg)

ADAM AND EVE by Hans Thoma (1839-1924)


(eve902.jpg)

ADAM AND EVE by Maurice Denis (1870-1943)

I see …

So, when Linne told the world, meny people thought that he went out of his mind and some people said that he “went bananas” instead of “went apples.”  Since then “go bananas” has meant “go crazy” or “out of one’s mind.”

Ummm … Diane, I think you can make a living as an etymologist.

Do you really think so, Kato?

Well … you may be right, but I’m still in doubt.  So I search for the true origin on the Net and come up with the following three sites:


(gobanana2.gif)


(gobanana3.gif)


(gobanana4.gif)

I know, the banana is the favorite food of monkeys, and monkeys are a popular symbol of disorder and misbehaviour.  So, the word “bananas” came to be associated with “crazy.”  This is naturally understandable, isn’t it?

Wild, drunken behavior caused by drinking Indonesian native concoctions made from fermented bananas… I’d rather go for that, Kato.

So, Diane, you’d rather like to take a fermented banana drink and go crazy, huh?

That would be nice, wouldn’t it?  I didn’t know that there is a fermented banana drink.

Well … I’ve found a nice video clip for you, Diane.  You can now make your own banana wine.


(banawine2.jpg)

Well … I wonder what it tastes like?

Of course, it tastes like banana!  

Very funny … By the way, Kato, did you check with OED?

Yes, I did.  Look at the following page:


(oed02.gif)

It says that it came from Mande via Portuguese or Spanish in the late 16th century.

What is Mande?

It is one of the largest ethnic groups in West Africa with an estimated population of eleven million.  They are the descendants of the Mali Empire, which rose to power under the rule of the great Mandinka king Sundiata Keita.  Apparently, they used the word “bananas” as crazy.


(mande02.gif)

I see … So, the origin goes back to the late 16th century, huh?

That’s what it says.

Interesting!

I’ve got another question for you, Diane.

What is it?

How about “go nuts”?  Tell me, Diane, about the origin of the idiom “go nuts.”

Oh, Kato, … but you drive me nuts.


【Himiko’s Monologue】

What an amusing story it is!
Well … you might as well go bananas.
So, I’ve found a nice and jolly video clip for you.
Here it is!

In any case, I hope Kato will write another interesting article soon.
So please come back to see me.

Have a nice day!
Bye bye …

If you’ve got some time,

Please read one of the following artciles:



(juneswim.jpg)

“Halifax to Vancouver”

“A Thread of Destiny”

“Fujiyama Geisha”

“Beaver Lake”

“God is Near!”

“Holy Cow@Rose Garden”

“Vancouver Earthquake”

“Birthplace”

“KIFF”

“You Love Japan, eh?”

“Eight Bridges”

“First Love”

“Fright on Flight”

“Boy’s Movie”

“From Summer to Eternity”

“Sōseki & Glenn Gould”


(biker302.jpg)

“Dream Dream Dream”

“In Search of Your Footprint”

“Little Night Music”

“Merry X’mas”

“Happy New Year!”

“Long live Diane!”

“Mona Lisa”

“Flu Shot”

“Selfish TD Bank”

“Talk with Mozart”

“Bliss for Diane!”

“Romantic Bohemian”

“TD Bank or Mozart?”

“Diane@TD Bank”

“Tear Jerker”

“Diane in Chorus Line”

“Pork or Friend?”

“Easter Bloopers”

“Beauty is Heart-deep”

“Romance@South Pacific”

“Art Gallery”

“Diane Hypatia”

“Cherry and Silk”

“Price of Your Life”

“Elephant Cries”

“Banana @ Eden”

Hi, I’m June Adams.

“Go nuts” is an English idiom that is usually used in reference to someone who gets extremely excited over something.

This may occur in terms of a person getting agitated, or can also refer to someone who does something with complete abandon.

Another popular way that “go nuts” is used is when someone is describing someone who has had a mental breakdown and gone insane.

The origin of the phrase may be related to the slang usage of the word “nut” as a way of saying “head,” or it could have been based on the way that monkeys react wildly when they are given nuts.


(gonuts2.jpg)

ところで、愛とロマンに満ちた

レンゲさんのお話をまとめて

『レンゲ物語』を作りました。

もし、レンゲさんの記事をまとめて読みたいならば、

次のリンクをクリックしてくださいね。

『愛とロマンのレンゲ物語』

『軽井沢タリアセン夫人 – 小百合物語』

とにかく、今日も一日楽しく愉快に

ネットサーフィンしましょうね。

じゃあね。

Easter Bloopers

2013年4月8日

  
 
Easter Bloopers
 

(easter02.jpg)


(easter05.jpg)


(easter07.jpg)


(diane25.jpg)

Subj:
Spring is just around the corner.

From: diane@vancouver.ca
To: barclay1720@aol.com
Date: Fri., Mar 22, 2013 12:31:31
Pacific Standard Time

Hi Kato,

I ran into Sylvie at the Joe Fortes Branch the other day.


(sylvie370.jpg)

She said she hadn’t seen you and hoped you were doing well.
I told her I’m sure you are hopping around and having lotsa fun with your research & blogs.

As you guessed it, I’m really, really enjoying my Kundalini yoga and feel even stronger & healthier than usual.
Gotta like it.

“Diane in Chorus Line”

Thanks for the above article.
See you soon, kiddo,


(dianelin3.jpg)

Ciao for now,

Love, Diane ~

 

Subj:
Happy Easter!


(easter03.jpg)

From: barclay1720@aol.com
To: diane@vancouver.ca
Date: Sun., Mar. 31, 2013 8:09:00 AM
Pacific Standard Time

Hi Diane,

How are you doing?
I hope you’re enjoying the Christian festival and holiday!

Now, spring has come at last.
I’ve enjoyed this gorgeous sunshine while walking to the central library.

And now I’ve just finished my article for you.
What kind of subject is for today? — you may ask.

I’ve just learned that Easter is linked to the Jewish Passover by much of its symbolism, as well as by its position in the calendar.
In many languages, the words for “Easter” and “Passover” are etymologically related or homonymous.
Easter customs vary across the Christian world, right?
But attending sunrise services, exclaiming the Paschal greeting, clipping the church and decorating Easter eggs, a symbol of the empty tomb, are common motifs.
Additional customs include egg hunting, the Easter Bunny, and Easter parades, which are observed by both Christians and some non-Christians.

So, voila! Here I am—non-Christian!
I’ve just written an article about pork—not an Easter egg.


(piglet02.jpg)


(pork02.jpg)

To find it out, please click the following link:

“Pork or Friend?”

…hope you’ll enjoy it to the bone.

Your romantic Bohemian, Kato

with a lot of love

 


(dianef02.jpg)

Subj:
I gotta run and get my Easter outfit

ready for tomorrow.


(easter06.jpg)

From: diane@vancouver.ca
To: barclay1720@aol.com
Date: Sun., Mar 31, 2013 11:47:05 AM
Pacific Standard Time

Hi Kato,

Happy Easter to you as well.
I’ve been busy this Holy Week with church activities but it’s a good time for us Christians to remember what’s important … to love God, love our neighbours and love ourselves.
Sort of sums it up, right?
… guess we could add to serve others and to forgive.
I gotta run and get my Easter outfit ready for tomorrow.


(easter08.jpg)

… hope you’re enjoying these springlike days of late.
The sunny day certainly puts a spring in your step, I’m sure.

See you at the VPL soon, I hope.
As a matter of fact, I drop in every couple days or so, but I’ve been missing you.

Love, Diane ~


(dianelin3.jpg)

Ciao for now,

Love, Diane ~


I like your Easter outfit.


(easter08.jpg)

Oh, do you?  I’m glad you like it.

So you were quite busy during the Holy Week in the above outfit, eh?

You’re telling me, Kato.  By the way, do the Japanese cerebrate Easter?

I doubt.  When I was a kid in Japan, nobody even heard of Easter—except, perhaps, a small number of Christians.

Easter celebrations


(easter01.jpg)

Many Americans follow the tradition of coloring hard-boiled eggs and giving baskets of candy.
The Easter Bunny is a popular legendary anthropomorphic Easter gift-giving character analogous to Santa Claus in American culture.


(easter04.jpg)

On Easter Monday, the President of the United States holds an annual Easter egg roll on the White House lawn for young children.
New York City holds an annual Easter parade on Easter Sunday.

In some countries where Christianity is a state religion, or where the country has large Christian population, Easter is a public holiday.
Some European and other countries in the world also have Easter Monday as a public holiday.

In Canada, both Easter Sunday and Easter Monday are public holidays.
In province of Quebec, either Good Friday or Easter Monday (although most companies give both) are statutory holidays.
Two days before Easter Sunday, on Good Friday, is a public holiday as well.

In Denmark, Finland, Norway and Sweden, both Easter Sunday and Easter Monday are public holidays.
It is a holiday for most workers except some shopping malls which keep open for half day.
Many businesses give their employees almost a week off called Easter break.


SOURCE:”Easter”
From Wikipedia, the free encyclopedia

But Kato, the Japanese cerebrate Christman, right?

Yes, you’re darn right.  But I’d say, it has someting to do with commercialism—just like Vatentine Day, you know.  The Japanese businessmen simplly take advantage of the Western customs to make a profit.

So, the Japanese businessmen haven’t taken advantage of Easter yet, have they?

No, as far as I know, most of the Japanese are not particularily interested in Easter.

Why not?

Well… You see, Diane, Easter is a moveable feast, isn’t it?

Yes, that’s right.  The date is not fixed in relation to the civil calendar.  In 325, the First Council of Nicaea established the date of Easter as the first Sunday after the full moon (the Paschal Full Moon) following the March equinox.

Gee… Diane, you’re quite knowledgeable.

Thank you… I’m a devoted Christian, you know.

For the Japanese, the March equinox is even more important than Easter.

Why is that?

Well … the March equinox or Vernal Equinox Day (春分の日) is a public holiday in Japan.

Oh, really?

As you know, the vernal equinox can occur on different dates in different timezones.  The Vernal Equinox occurs on the date of the Northward equinox in Japan Standard Time, usually March 20 or 21.  But the date of the holiday is not officially declared until February of the previous year, due to the need for recent astronomical measurements.

So the Japanese have been traditionally enjoying a public holidy on the March equinox day.

Actually, Vernal Equinox Day became a public holiday in 1948.  Prior to that it was the date of Shunki kōreisai (春季皇霊祭), which was an event relating to Shintoism. Like other Japanese holidays, this holiday was repackaged as a non-religious holiday for the sake of separation of religion and state in Japan’s postwar constitution.

Interesting!

Diane, do you know that some people believe Easter is 100% concentrated paganism?

Why is that?

Well … they say, the Easter egg, the Easter bunny, and the Easter Sunrise Mass have the filthy origins.

Oh…?  I’ve never heard of those filthy origins.

Here’s an interesting Easter History, which your pastor doesn’t want you to know.

Kato, how dare you present those video clips!?  I don’t like those filthy theories!

I thought you were open-minded.

Yes, I’m still open-minded but …

But what?

Well … in any case, what are those “Easter Bloopers”?

Good question!  Watch the following funny clip:


【Himiko’s Monologue】

Well … It’s funny, isn’t it?

As a matter of fact, I enjoy Easter myself because I love Easter eggs.


(easter01.jpg)

I also love the Easter bunny.


(easter05.jpg)

Besides, I always enjoy weraing my Easter outfit.


(himiko006.jpg)

In any case, I hope Kato will write another interesting article soon.
So please come back to see me.

Have a nice day!
Bye bye …

If you’ve got some time,

Please read one of the following artciles:


“Wright and Japan”

“Taliesin Banzai”

“Memrory Lane to Sendai”

“Aunt Sleepie”

“Titanic @ Sendai”

“Birdcage”


(sylvie121.jpg)

“Roly-poly in the wild”

“Silence is dull”

“Zen and Chi Gong”

“Piano Lesson”

“Dangerous Relation”

“Electra Complex”


(juneswim.jpg)

“Covent Garden”

“Fatal Relation”

“Notre Dame”

“Anne Frank”

“Biker Babe”

“Diane Girdles the Globe”

“Diane in Casablanca”

“Infidelity Neighbourhood”

“Forest Bathing”

“Enjoy Ramen!”

“Sex, Violence, Love”

“Halifax to Vancouver”

“A Thread of Destiny”

“Fujiyama Geisha”

“Beaver Lake”

“God is Near!”

“Holy Cow@Rose Garden”

“Vancouver Earthquake”

“Birthplace”

“KIFF”

“You Love Japan, eh?”

“Eight Bridges”

“First Love”

“Fright on Flight”

“Boy’s Movie”

“From Summer to Eternity”

“Sōseki & Glenn Gould”


(biker302.jpg)

“Dream Dream Dream”

“In Search of Your Footprint”

“Little Night Music”

“Merry X’mas”

“Happy New Year!”

“Long live Diane!”

“Mona Lisa”

“Flu Shot”

“Selfish TD Bank”

“Talk with Mozart”

“Bliss for Diane!”

“Romantic Bohemian”

“TD Bank or Mozart?”

“Diane@TD Bank”

“Tear Jerker”

“Diane in Chorus Line”

“Pork or Friend?”

Hi, I’m June Adams.

In Western Christianity, Easter is preceded by Lent, a period of fasting and penitence in preparation for Easter, which begins on Ash Wednesday and lasts forty days (not counting Sundays).

The week before Easter, known as Holy Week, is very special in the Christian tradition.

The Sunday before Easter is Palm Sunday, with the Wednesday before Easter being known as Spy Wednesday.

The last three days before Easter are Maundy Thursday, Good Friday and Holy Saturday (sometimes referred to as Silent Saturday).


(easter03.jpg)

Palm Sunday, Maundy Thursday and Good Friday respectively commemorate Jesus’ entry in Jerusalem, the Last Supper and the Crucifixion.

Maundy Thursday, Good Friday, and Holy Saturday are sometimes referred to as the Easter Triduum (Latin for “Three Days”).

Many churches begin celebrating Easter late in the evening of Holy Saturday at a service called the Easter Vigil.

In some countries, Easter lasts two days, with the second called “Easter Monday”.

The week beginning with Easter Sunday is called Easter Week or the Octave of Easter, and each day is prefaced with “Easter”, e.g. Easter Monday, Easter Tuesday, etc.

Easter Saturday is therefore the Saturday after Easter Sunday.

The day before Easter is properly called Holy Saturday.

Eastertide, or Paschaltide, the season of Easter, begins on Easter Sunday and lasts until the day of Pentecost, seven weeks later.

ところで、愛とロマンに満ちた

レンゲさんのお話をまとめて

『レンゲ物語』を作りました。

もし、レンゲさんの記事をまとめて読みたいならば、

次のリンクをクリックしてくださいね。

『愛とロマンのレンゲ物語』

『軽井沢タリアセン夫人 – 小百合物語』

とにかく、今日も一日楽しく愉快に

ネットサーフィンしましょうね。

じゃあね。

歴史が大嫌いだったの?

2011年11月25日

   
 
歴史が大嫌いだったの?
 
 

あなたも歴史に目覚めてね
 
 
そうすれば、あなたも
 
 
こんな気持ちになるんだから…

デンマンさん…歴史ってぇ、それほど面白いものでござ~♪~ますか?

やだなあァ~。。。京都の女子大学で「日本文化と源氏物語」を講義している橘卑弥子・准教授がそのような寝ぼけた事を言ってもらっては困るのですよ。

あたくしは寝ぼけていませんわ。

源氏物語といえば歴史的にも優れた文学作品なのですよ。 それを教えている卑弥子女史が「歴史ってぇ、それほど面白いものでござ~♪~ますか?」はないでしょう!? 面白いから卑弥子さんも源氏物語に飛びついたのでしょう?

あたくしは歴史の中の「源氏物語」というよりも、源氏物語そのものに惹かれたのでござ~♪~ますわ。

卑弥子さんは、そのように言うかもしれないけれど「源氏物語」は文学の歴史の中では極めて重要な位置を占めているのですよ。 僕が言わなくても卑弥子女史ならば十分すぎるほど理解しているでしょう!?

まあ。。そうですけれど。。。タイトルは、あたくしに向けられたものなのでござ~♪~ますか?

いや。。。実は、卑弥子さんがマスコットギャルをやっている『新しい古代日本史』サイトの記事にコメントをもらったのですよ。

どのようなコメントでござ~♪~ますか?

読んでみてください。

あらっ。。。このコメントをお書きになったトムさんという方が歴史が大嫌いだったのでござ~♪~ますわね。

そうなのですよ。 でも、歴史に目覚めて現在では歴史にハマっているようです。

。。。で、デンマンさんはご返事を書いたのですか?

もちろんですよ。 僕の返信を読んでみてください。

Subj:
コメントありがとう!

バンクーバーのデンマンです。

Date: 23/11/2011 11:57:16 PM
Pacific Standard Time
日本時間: 11月24日 午後3時57分
From: greenok8@infoseek.jp
To: ******@ae.auone-net.jp
CC: barclay1720@aol.com

トムさん、コメントありがとうございます。
大嫌いだった歴史に最近目覚めているようで何よりです。
僕も中学生、高校生の頃は歴史と言えば受験のための教科だと思っていました。
。。。で、大学受験では日本史を選択したような記憶があります。
とにかく、歴史と言えば暗記科目で、僕もうんざりした覚えがありますよ。

好き嫌いというよりも、受験のために否応なく歴史を勉強したのが実情です。
うんざりした記憶だけが鮮明に残っているので、好きな科目ではなかったようですね。
実際、今思い出すと数学や物理と比べたらイヤな科目でしたよ。
歴史に興味を持つようになったのは松本清張の「日本の黒い霧」あたりからです。

それから司馬遼太郎の歴史小説に魅せられました。

歴史が面白く感じるようになったのは社会人になってからで。。。、それでも好きというほどではなく、受験勉強から離れて、マジで興味を惹かれるようになったのでした。
本当に歴史が面白いと思うようになったのはカナダにやって来てからです。
歴史が好きになるのは、どうやら社会人になってから。。。、という人が多いようですね。

僕の記事にコメントをもらうことは少ないのですが、それでも「学校を出てから歴史が好きになった」という。。。確かアメリカ人の女性からコメントをもらったこともありました。

とくに姓氏の成りたち
それぞれの姓氏の歴史について
この辺りから歴史がこじ開けられそうです

なるほどね。
確かに「姓氏の成りたち」は興味深いですね。
藤原氏は、元々は中臣氏という事になっていますが、大化の改新以降に政治にかかわる者たちが「藤原氏」と名乗るようになって、神祇省にかかわる「中臣氏」とは袂を分かって政治家集団を形成したようです。
しかし、元をただせば中臣鎌足の父親は、まず間違いなく百済からやって来て婚姻関係を結んで中臣一族の仲間入りをしたと僕は信じているのです。

中央が鎌足

右が長男の定慧(じょうえ)

左が次男の藤原不比等

中臣鎌足の父親は、元来が政治家だったのですよ。
百済からやって来た人物が日本古来の“神祇”など、初めから胡散臭いものだと思っていたことでしょう!?
だから、もともと中臣氏のやっている事に興味はなかったはずです。

では、なぜ中臣氏と婚姻関係を持ったのか?

当然、中臣氏と婚姻関係を持つことが当時の大和朝廷の中枢に近づき易いと考えたからでしょう!?
元々政治好きですから。。。
だからこそ、後に政治家集団として中臣氏から独立したのだと僕は信じているのです。
もともと「政治」を日本に持ち込んだのは半島からやって来た「蘇我氏」と「藤原氏」ですよ。
原日本人(アイヌ人の祖先)は自然と仲良くする人たちで、政治にはあまり関心がなかった。
だから、「蘇我氏」や「藤原氏」のように血なまぐさい争いごとをしなかった。

『魏志倭人伝』にも次のように書いてあります。

どうして、あなたがた原日本人は集落の周りに、我々中国人の街のように城壁で囲まないの?

これでは、盗賊や殺し屋やゴロツキどもに、どうぞ私の部落に盗みにやって来てください、と無言で招いているようなものじゃないの!?

かなり意訳しましたが(微笑)、原日本人の無防備さに呆れたり驚いたりしているのが、ひしひしと伝わってきますよ。
元々戦いを好まなかったアイヌ人は大陸からやって来た我々(現日本人)の祖先たちによって追いやられて、現在では北海道の北の方で、ひっそりと暮らしています。
これが「アイヌ人が平和を愛する民族」だということの何よりの証拠だと僕は信じています。

『平和を愛したアイヌ人』

我々(原日本人)の祖先、つまり、大陸から海を渡ってやって来た人たち、あるいは半島づたいにやって来た人たちが、いかに好戦的だったかということが分かります。
この好戦的な人たちによって、日本は歴史時代に突入したというのが僕の見解です。

とにかく、トムさん、コメントありがとうございました。
トムさんのメールと僕の返信を使って11月25日に記事を書きます。
次のリンクをクリックして読んでみてください。

『歴史が大嫌いだったの?』

https://denman705.wordpress.com/historia/tom/

日本時間で11月25日のお昼頃には投稿を済ませているはずです。
では、歴史を面白く楽しんでください。

いつものように自分勝手な事を書いていますわね。

言論の自由・表現の自由を満喫しているのですよ。 うへへへへへ。。。

コメントが書かれた記事というのは、どの記事なのでござ~♪~ますか?

次の記事ですよ。

『藤原氏の祖先は朝鮮半島からやってきた』

トムさんがコメントを書く気になるほど面白い記事なのですか?

卑弥子さんも読んでみてくださいよ。 愚か者のコメントも書いてあって、そのコメントに対して僕が噛み付いているのですよ。 (爆笑)

それが面白いのですか?

いや。。。記事そのものも面白いですよ。

ところで、「アメリカ人の女性からコメントをもらった」と書いてありますけれど、マジですか?

返信の中にウソや「デマカセ」を書けませんよ。 僕も書いてから気になって調べたのだけれど、アメリカ人の女性ではなくてカナダ人でしたよ。

どのようなコメントをもらったのでござ~♪~ますか?

去年(2010年)の2月にもらった次のようなコメントです。 卑弥子さんも読んでみてください。

Subj: Beaverland Net Form Processor
Date: 04/02/2010 7:02:19 AM
Pacific Standard Time
From: jen_parrell04@canada.com
To: barclay1720@aol.com

MESSAGE SENT THROUGH YOUR WEBSITE

This form was submitted: Feb 04 2010 / 07:02:15

userid = barclay1720
tripod = hist-iceage-good
Your_Name = jennifer parrell

Your_Email_Address = jen_parrell04@canada.com

Comments:

This article was good!
For any other person that actually listened in school it would be excellent, but of course i didnt’t.

I’m 24 years old and only now getting interested in the history of the world!
i don’t know why it only interests me now

but lately i find myself searching different web sites to find out different things about the history in which me live in.

If you could help me out in finding some research about it, books or websites
it would be great!

jennifer parrell

この記事読み応えがあったわよ。
学校でお勉強している人が読んだら、きっと、もっと読み応えがあったでしょうね。
でも、私は学校から離れて、しばらくたつのよ。

実は、私ってぇ、24才なのよう。(もう、お勉強する年ではないのよう。)
どうして、今になって世界史に興味を持ったのか?自分でも分からないわ。

でも、最近、どう言う訳か、自分がこれまで生きてきた世界の歴史を知ろうとして、ウェブサイトを探していることが多いのよね。
それで、違った見方で歴史を見ようとしている自分に気づくのよ。

もし、そういう私に助けになるような本だとか、ウェブサイトをあなたが知っていたら、教えていただけませんか?
もし、教えていただけるなら、とっても助かるわ。

ジェニファー・パレル

【デンマン意訳】

『氷河からの女』より
(2010年2月6日)

あらっ。。。メールアドレスを見ると、マジでカナダからですわね。 でも、このメールアドレスは実際のものでござ~♪~ますか?

ジェニファーさんのプライバシーを守るために変えてありますが、実物も間違いなくカナダのメールアドレスでしたよ。

デンマンさんのことですから返信も書いたのでしょう?

よく分かりますね。 読みたいですか?

読みたくないと言ってもデンマンさんのことですから書き出すのでしょう?

よく分かりますね? うへへへへへ。。。 とにかく読んでみてください。

Subj: Thanks for your comment! From Vancouver
Date: 04/02/2010 9:16:19 PM
Pacific Standard Time
From: Barclay1720@aol.com
To: jen_parrell04@canada.com

Hi, Jennifer.

Thanks millions for reading my article and leaving a comment.
Yeah, I think it quite interesting to find out the history from a different viewpoint.
I don’t really remember exactly what book I read to write my story.
If I remember correctly, however, it is the history book published by “Lifetime Books”.
If you’re lucky enough, you could probably fint the title on the Net.

By the way, I’ve lately found “Underworld” fascinating.
It is a history book written by Graham Hancock, who is a best-seller writer and amature archaeologist.
You might have heard his name.
He is quite famous among history buffs.
And I’m one of those. he, he, he…
His homepage is http://www.grahamhancock.com.
In his book, you can for cure find quite a diferent viewpoint toward (or backward) our history.

Again, thanks a lot for reading my article and leaving a comment.
I’m looking foward to hearing from you someday.

Akira Kato
(a.k.a Denman)

ジェニファーさん、こんにちは。

僕の記事を読んでくれて、しかもコメントまで書いてくれて本当に、本当にありがとね。
うん、うん、うん。。。そうだよねぇ~。歴史を違った見方で見直すことってぇ、マジで面白いよね。
どの本を読んで記事を書いたか、僕はすっかり忘れてしまって思い出せないよう。
でも、記憶をさかのぼってみると、確か”Lifetime Books”社が出版した歴史書だと思うよう。
運が良ければネットで探し出せると思うよう。

ところで、最近、”Underworld”と言う本を読んだのだけれど、ジェニファーさんが読んでもハマッてしまうほど面白いよ。
あのベストセラー作家でアマチュアの考古学研究家のグラハム・ハンコックさんが書いた本だよう。
(日本語のタイトルは「神々の世界」です。)

おそらくジェニファーさんも名前ぐらいは、聞いたことがあるかもしれない。
ハンコックさんは、歴史にはまり込んでいる“歴史バカ”の間では有名ですよう。
僕も、その“歴史バカ”だけれど。。。うししししし。。。

彼のホームページの URL は次の通りです。
http://www.grahamhancock.com

ハンコックさんの本を読むと、マジでこれまでとは違った見方で世界史を読むことができると思う。
読んでみてね。

くどいようだけれど、僕の記事を読んでくれて、しかもコメントまで書いてくれて本当にありがとね。
またいつか、ジェニファーさんからコメントをもらえることを期待しています。
じゃあね。

Akira Kato

別の名をデンマンと言います。

『氷河からの女』より
(2010年2月6日)

デンマンさんが歴史にハマッていて、いろいろな本を手当たり次第に読んでいるという事が、なんとなく分かりますわ。

卑弥子さんにも判りますか?

判りますわよう。 あたくしだって『源氏物語』を研究している“専門バカ”の一人でござ~♪~ますから。。。おほほほほほ。。。同じ穴の狢(むじな)ですわよ。

【卑弥子の独り言】

あなたは最近、歴史の本を読みましたか?
ええっ。。。歴史の本ってつまらないから読まないの?

じゃあね、源氏物語を読んでみたら?

ええっ。。。源氏物語って昔の言葉で書いてあるから読んでも分からないと、あなたは、のたまうのでござ~♪~ますか?

現代語で書いてある本もたくさんありますわよ。
あのねぇ~、結構エロい事が書いてあって、その辺に転がっているポルノ雑誌よりもインスピレーションを与えられて、めちゃエロい気持ちになったりして、すっご~♪~く癒されることがあるのでござ~♪~ますわ。 うふふふふふ。。。

ええっ。。。それは変態的な読み方だと、あなたは、のたまうのでござ~♪~ますか?

とにかく、その辺で売っている週刊誌を読むのよりも、ずっと教養と文化の香りが身につくのですわ。
わりい事は言わないから、歴史の本を読まないのだったら、せめて源氏物語の現代語訳ぐらいは読んでくださいましね。

いづれにしても、興味深い記事が続くと思います。
だから、あなたも、また読みに戻ってきてくださいまし。
じゃあ、またね。。。

ィ~ハァ~♪~!

メチャ面白い、

ためになる関連記事


■ 『きれいになったと感じさせる

下着・ランジェリーを見つけませんか?』

■ 『ちょっと変わった 新しい古代日本史』

■ 『面白くて楽しいレンゲ物語』

■ 『軽井沢タリアセン夫人 – 小百合物語』

■ 『今すぐに役立つホットな情報』

『シルヴィー物語(2011年4月27日)』

『波乱の半生(2011年4月29日)』

『シルヴィーとネット革命(2011年5月6日)』

『シルヴィーとデヴィ夫人(2011年5月30日)』

『シルヴィーとケネディ夫人(2011年6月15日)』

『バンクーバー暴動と平和(2011年6月25日)』

『ビルマからの手紙(2011年7月3日)』

『ブッシュの戦争(2011年7月7日)』

『国際的愚か者(2011年7月11日)』

『あばたもえくぼ(2011年7月14日)』

『あなたも国際市民(2011年7月18日)』

『リビエラ夫人のハンバーグ(2011年7月22日)』

『芸術とブルックリン(2011年7月26日)』

『思い出のパリ(2011年7月30日)』

『海外志向とおばさんパンツ(2011年8月5日)』

『地球の平和(2011年8月9日)』

『愚かな写真狩り(2011年8月13日)』

『死の写真狩り(2011年8月17日)』

『キモい写真狩り(2011年8月21日)』

『生パンツと床上手(2011年8月25日)』

『ヌードと写真狩り(2011年8月29日)』

『あなたの平和と幸福(2011年9月2日)』

『あなたの平和な日々(2011年9月7日)』

『奈良の鹿と憲法9条(2011年9月11日)』

『文は人なり(2011年9月15日)』

『キモい戦争(2011年9月19日)』

『バカの歴史(2011年9月23日)』
  

『ムカつく検査(2011年11月1日)』

『アッシジからの平和(2011年11月5日)』

『中国からの怪電話(2011年11月9日)』

こんにちは。ジューンです。

デンマンさんのパソコンが約1年ぶりに立ち上がったそうです。

でも、マウスは動かないままですって。

マウスなしで、どうやってパソコンを使うのかしら?

わたしが尋ねたらキーボードのテンキーをマウスとして使うのですって。

このテンキーをどうやってマウスとして使うのかしら?

あなたも知りたいでしょう?

次の記事を読んでくださいね。

『キーボードをマウスとして使う』

では、今日も一日楽しく愉快に

ネットサーフィンしましょう。

じゃあ、また。。。

オナラ芸人

2011年3月11日

 
オナラ芸人

Subj:小百合さん、おはよう!

スカンクに出会いましたよ

でも、かまされませんでした

きゃはははは。。。

From: denman@coolmail.jp
To: sayuri@hotmail.com
Cc: barclay1720@aol.com
Date: Tue, Mar 8, 2011 11:37 am.
Pacific Standard Time
日本時間:3月9日(水曜日)午前4時37分

 

小百合さん、おはよう!
元気でやってますか?
次男のことで相変わらず頭を痛めてますか?
外に出て子供は嫌な思いをしてくるものです。
家に帰った時に小百合さんが笑顔で迎えてあげることが何よりの母親の愛情ですよ。
僕も、学校で嫌なことがあって家に帰ってきた時に母親の笑顔を見るとホッとしたものです。

だから、あまり次男坊のことで心配せずに
たまには気晴らしに僕のブログでも読んでみてね。
そして笑ってルンルン気分の軽井沢タリアセン夫人になってね。

今朝は小雨が降っていたけれど
昨日(3月7日)は素晴らしい天気でしたよ。
雲一つない青空がどこまでも続いていて、気分が実に爽快でした。
バンクーバー中央図書館まで歩いてくる途中
Barclay Heritage Square のそばを通りかかると
なんと!。。。かわゆいスカンク君がBarclay Manorの藪(やぶ)の中からのっそり、ヨチヨチ出てきたのですよ!

上の図の赤い四角が Barclay Heritage Square

東屋(gazebo)

向かって右側がBarclay Manor

ヤバイ!
雲一つない素晴らしい天気にもかかわらず
朝一番に目の前でスカンクの強烈なオナラをかまされたら、僕の嗅覚は破壊されてしまいますよ!
とにかく、スカンクのオナラはメチャすごいのです!
この事では前に記事を書いたことがあります。
面白いから時間があったら読んでみてね。

『愉快でバカバカしいスカンクの話』

僕の目の前1メートルのところを横切って車道に出て
ヨチヨチ歩きながら、全く僕には無関心に反対側の歩道に上がって、その先にあるマンションの庭先の藪の中に入ってゆきました。
僕は犬や猫に好かれるたちなのだけれど、
スカンク君にあれほど無視されたのは初めてですよ!

もちろん、無視された方がいいのだけれど。。。
きゃはははは。。。
相手にされてオナラをブチかまされたら、たまったものではありませんよ!

でも、どうして朝一番にスカンクなどと出くわしたのか?

あのねぇ、偶然のようで偶然ではないのかもしれないけれど、
昨夜、眠り込む前にベッドで面白いオナラの話を読んだのですよ。
オナラの芸人の話です。
バカバカしい話ですよ!

でも、この人物は実際に存在した歴史上の人物で
おそらく現在ならばギネスブックに載るような人ですよ。
自由自在にオナラをすることができるという人なのです。
知る人ぞ知る!と言われる有名な人で
僕もこれまでに2度、この人物の話を本で読みました。

折から江戸は両国にずらりと並んだ見世物小屋の一つに、花咲男と称し曲屁の芸を見せていた(いや、聞かせていた?)芸人がいた。
すなわちこれ(平賀)源内が書く「今評判のへっぴり男」である。

この男、まずは舞台中央にうつ伏せに横たわり、尻をまくる。
そして芝居の三番叟(さんばそう)の下座(げざ)のヒューポンポンに合わせて一発また一発、つぎにププププと梯子屁、つづいてプインプインと数珠屁、それからこんどはトンチンチャンの三味線に合わせて曲屁を奏で、最後に「淀の水車」と銘打って、プープー放ちながら体をくるりくるりと回転させたそうな。
まこと「屁をひったり嗅いだりするのは人間の営み」と源内が言う如く、なかには屁の名人がいてもおかしくはない。

そんなバカな、と思われるかたも多かろうが、たしかに歴史の記録にも残っている。
「安永三年(1774)四月、両国で花咲男の見世物が出て大評判になった」と。

(注:写真はデンマン・ライブラリーから貼り付けました)


211ページ 『ぶらり日本史散歩』
著者: 半藤一利
2010年4月15日 第一刷発行
発行所: 株式会社文藝春秋

こういう馬鹿げた話なのですよう。
バカバカしいけれど、
小百合さんもこの話を読んで、
子供のことであまり心配するのもバカバカしいと思ってくれたら、書いた甲斐があります。
うへへへへへ屁~♪~。。。

では、今日も一日軽井沢タリアセン夫人になりきって
ルンルン気分でオナラをしてみてくださいね。
じゃね。
バ~♪~イ (ブ~♪~イ)

デンマンさん。。。今日はオナラの話ですか?

そうです。。。いつだったか?小百合さんと電話で話していた時に「屁のつっぱりにもならないわ」と言うのを聞いたことがあるのですよ。 僕は一瞬自分の耳を疑いました。

そのような品の無い事を私が言うはずがないでしょう!

あれっ。。。軽井沢タリアセン夫人として認めたくないのですか?

そのように聞いたように思い込んでしまう事を「空耳(そらみみ)」と言うのですわ。

つまり、それは僕の幻聴だったと小百合さんは主張するのですか?

そうですわ。

でもねぇ、この事については僕はかつて記事に書いたような気がするのですよ。

でも、私は覚えていませんわ。

だから、おそらく子供の口癖が小百合さんに伝わって無意識に口から出たのですよ。

子供の口癖ですか?

そうですよ。。。僕は帰省している時に実家でテレビを見て北京オリンピック柔道で金メダリストをとった石井選手が「屁のつっぱりにもならない」という言葉を流行らせたのを知ったのですよ。

石井 慧(さとし)

1986年12月19日生まれ
身長 181cm
体重 107kg
日本の総合格闘家、元柔道家(五段)、北京オリンピック柔道男子100kg超級の金メダリスト。
ケイダッシュ系列の個人事務所アイダッシュ所属。
オリンピック
金 2008 北京 100kg超級
アジア大会
銀 2006 ドーハ 100kg級

2004年に講道館杯全日本柔道体重別選手権大会100kg級で優勝した。
高校生の優勝は1998年の鈴木桂治、翌99年の高松正裕に次ぐ史上3人目で、翌年には連覇を果たした。

2006年、全日本柔道選手権大会に初出場ながら鈴木桂治を破り、19歳4か月の史上最年少で優勝した(それまでの最年少優勝記録は山下泰裕の19歳10か月)。

2007年全日本では準決勝では井上康生に勝利したが、決勝で鈴木桂治に敗れた。
同年嘉納治五郎杯東京国際柔道大会より100kg超級に転向し、優勝。以後無敗で引退。

2008年2月のオーストリア国際で優勝を果たした。4月29日、全日本選手権決勝で三度鈴木桂治と対戦し、優勢勝ちで2年ぶり2度目の優勝をすると共に、北京オリンピック柔道男子100kg超級日本代表選手に選出された。
決勝戦の対戦姿勢(ポイントリードを守る)には、観客からのブーイングがあったほか、柔道家・世論の一部から批判があり、柔道の国際化とスタイルの変容・日本柔道界のあり方についての議論があった。

2008年8月15日、北京オリンピック柔道男子100kg超級に出場、準決勝までの4試合はすべて一本勝ち、決勝ではアブドゥロ・タングリエフ(ウズベキスタン)と対戦、指導2つの優勢勝ちで金メダルを獲得した。
優勝直後のインタビューで「オリンピックのプレッシャーなんて斉藤先生のプレッシャーに比べたら、屁の突っ張りにもなりません」と発言し、新語・流行語大賞の候補60語にノミネートされた。

2008年12月16日に世界最大の総合格闘技団体UFCへの参戦意志を明言。同年12月27日にアメリカ合衆国で開催されたUFC 92を観戦し、同日深夜にUFCを主催するズッファ社と独占交渉契約を交わした(2009年1月末で独占交渉期限切れとなった)。

2009年9月、国士舘大学を卒業(単位が足らず、同年3月での卒業はできなかった)。

エピソード

非常に努力家であり、オーバーワークによる怪我を恐れてコーチが練習を止めると、泣いて「練習させてくれ」と懇願することもあったという。
自身を「一本をとる技はない」「才能はない」と認めており、その分を人一倍の努力(練習による筋力増強と研究熱心さ)で補っている。
全日本男子監督の斉藤仁も「世界一」と認める練習の虫である。

中学・高校時代の指導員で、のちに清風学園柔道部監督になる魚澄豊治は、石井について「中学入学時の実力は、同期の部員の中でも下から数えたほうが早かった」と語っている。
ちなみに、清風中学校にはスポーツ推薦ではなく、1日平均8時間の猛勉強をこなして、一般入試を受験し、合格している。

中学・高校時代には体育教師をしている父・義彦(柔道六段、日体大柔道部出身)に、毎日弁当(朝練があるので2個)を作ってもらっていた。現在も人間として尊敬している人物は父だと明言している。

母親も体育教師で、父とは体育大学の同級生だったという。母はハンドボールの世界選抜に選ばれた経験があり、妹も水球のGKで全国優勝している選手。スポーツ一家。

好きなスポーツ選手として亀田三兄弟、朝青龍、秋山成勲ら「格闘技界三大ヒール」を挙げており、理由は「強くて、バッシングを受けている部分に共感するから」としている。秋山は清風学園の先輩である。朝青龍には2008年1月の場所中に実際に会いに行き、励ましてもらっている。2008年4月の全日本選手権では朝青龍が観戦に駆けつけた。その後も朝青龍が泥酔暴行事件によって引退が決まった直後に石井が滞在しているハワイのクラブで密会する様子がテレビで報道されるなど親交が深い。亀田興毅とは雑誌での対談もあって親交を深め、その後は亀田兄弟の父親である亀田史郎の指導も受けている。

読書家で、戦国歴史物からイチローやイビチャ・オシムなど他のスポーツ選手についての著書や発言集に至るまで幅広く読み、心構えやトレーニング方法などを柔道に取り入れる。
上杉謙信を尊敬し、一番の愛読書は海音寺潮五郎の「天と地と」。
好きな言葉を聞かれた時にも「天と地と」をあげたことがある。

2008年11月6日、両国国技館にて行われたダライ・ラマ14世の講演に花束贈呈者として呼ばれていたが、質問コーナーで自分の格闘技の進路について「自分で決めるばかりでなく、時には長いものにまかれることも必要なのでしょうか?」と質問をし、「状況をよく見て考え、最終的には自分で決めるものだと私は思います。」とアドバイスを受けた。

2010年1月3日の報道によると石井は2009年12月31日のプロデビュー戦に先立ち、自身のブログにおいて「負けたら自殺」と豪語していた。
しかし、試合では奮戦するも敗退、公言どおり自殺するのではとファンが心配する中、問題となっていたブログが3日までに削除されていたことが判明した。
報道によると試合前にすでに削除されており、視聴者は安堵や落胆で騒然となった。

全日本柔道連盟の規定により、プロ格闘家に転向した選手は、プロ格闘家を引退してから選手は3年、指導者は1年経たなければ日本柔道界に再登録することができないが、アメリカ柔道連盟はプロ格闘家にも柔道の試合への出場を許可しているため、石井は「アメリカの永住権と市民権を取って、2016年のリオデジャネイロオリンピックにアメリカ代表として出場して金メダルを取る」と公言している。

出典:
フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

つまり、子供たちがテレビを見て石井選手が「屁のつっぱりにもならない」という言葉を連発しているのを聞いて小百合さんも口癖になったのですよ。

要するに、私が無意識のうちに会話の中でその言葉を口にするようになったとデンマンさんは言うのですか?

そうですよ。。。それ以外に考えられません。

デンマンさん。。。そのように決め付ける事は失礼ですわ。 だいいち、私は意味も知りませんわ。

まさか。。。?

マジですわ。 辞書を引いたこともありませんわ。

でもねぇ、考えてみたら意味など深く考えずに流行語を無意識に連発することってありますよ。 「屁のつっぱりにもならない」という言葉は直感的に意味が分かりますからね。

あらっ。。。デンマンさんは辞書を引かずに意味が分かっているのですか?

屁の突っ張りにもならない、と言うのだから、屁が出ないように突っ張っても「突っ張り」にもならない。 つまり、「何の役にも立たない」という意味ですよ。

マジで。。。?

もちろんですよ。 信じられないのならば辞書で引くかネットで調べてみてください。

それで何が言いたくてオナラの事など持ち出してきたのですか?

いや。。。特に何かが言いたくてオナラの話を持ち出してきたわけではないのですよう。 成り行きですよ。 たまたま朝起きて図書館に歩いてゆく途中でスカンクに出会った。 幸いにして嗅覚が破壊されるようなスカンクのオナラを嗅ぐ事も無かった。 それで、どうしてスカンクなんかに出くわしたのだろうか? そう考えたら、前の晩に読んだ本の中に屁の話がでていた。 それで面白そうだと思って話題をオナラにしただけですよ。

。。。で、オナラの芸人の話がデンマンさんには面白かったのですか?

いや。。。その話は以前に2,3度読んだことがあったから、とりわけ面白くはなかった。

他に面白いお話が載っていたのですか?

ありましたよ。 どうして屁のことを「オナラ」と言うのか?

どうしてですか?

一般的な説明では「鳴らす」の変化で「お鳴ら」になったと言うのですよ。 でもねぇ、本の中には珍説として次のように書いてあった。

いにしへの 奈良の都の 八重桜

けふ九重に 匂いぬるかな

宮中の隠語で、九重(ここのえ)の奥に匂うお奈良というわけ。 それがオナラの語源だと。。。女御(にょうご)がスカシをやらかした時に「此辺(ここのへ)に匂いぬるかな」なんて言ったらしい。 古い歌を持ち出してきて文学的に説明するあたりがなんとも奥ゆかしくて上品ではありませんか!

つまり、デンマンさんは、この事が言いたかったのですか?

いや。。。他にも面白い話がありました。

尻でひり

口で真似する

鸚鵡(おうむ)の屁

小百合さんにこの川柳の意味が分かりますか?

オウムがオナラをして、そのオナラをオウムが自分で口で真似る、と言う事ですか?

違うのですよ。 それではあまり面白くないのですよ。

実は、かわゆい女の子がオナラをするのですよ。 でも、音のする大きなオナラをすると、やっぱり恥ずかしい。 それで「あらっ。。。まあ、いやだこと。 このオウムったらオナラの口真似がとってもお上手だわ!」と言ってオウムのせいにしてしまうという話ですよ。 うへへ屁へへ。。。どうですか? 面白いでしょう? では、最後に、全く説明が無くても誰でも分かる川柳を2句。

屁か糞か 出すに出されぬ 腹下し

オナラした 蒲団の中から 猫が出た

【卑弥子の独り言】

ですってぇ~。。。
バカばかしいですわ。
あなただって、そう思うでしょう?

でも、オナラと言えば、あたくしも思い出すことがござ~♪~ますわ。

可哀想だよズボンのオナラ

右と左に枝分かれ

うふふふふふ。。。
そうですわよねぇ。
別れ別れになってしまうズボンのオナラは確かに可哀想ですわよね。

だから、今度あなたがオナラする時には
オナラが別れ別れにならなくってもいいようにスカートを穿いてなさってくださいまし。
うふふふふふ。。。

いつまでも下らない事を言っていても仕方ありませんわ。
お腹も空いたことですし、この際、おいしい焼き芋をいただいて
あたくしは十二単の中にしようと思いますわ。

とにかく、また、あさってが面白くなりそうです。
だから、あなたも読みに戻ってきてくださいましね。
じゃあねぇ。

ィ~ハァ~♪~!

メチャ面白い、

ためになる関連記事


■ 『きれいになったと感じさせる

下着・ランジェリーを見つけませんか?』

■ 『ちょっと変わった 新しい古代日本史』

■ 『面白くて楽しいレンゲ物語』

■ 『カナダのバーナビーと軽井沢に

別荘を持つことを夢見る小百合さんの物語』

■ 『今すぐに役立つホットな情報』

■ 『 ○ 笑う者には福が来る ○ 』

『夢とロマンの横浜散歩』

『愛とロマンの小包』

『下つきだねって言われて…』

『銀幕の愛』

『パリの空の下で』

『夢の中華パン』

こんにちは。ジューンです。

さて、英語でオナラのことを何と言うのでしょうか?

fart を使います。

でも、日常会話の中では fart はあまり使われません。

break windを使って婉曲に表現する人が多いです。

面白い表現に cut the cheese があります。

1950年頃使われて流行ったらしいのですわ。

チーズを切った時に出る匂いが

オナラに似ているからですって…

うふふふふふ。。。

では、オナラを使ったゲームを紹介しますね。

Dutch oven と言うのですわ。

ベッドでオナラらをして相手の頭を

布団の中にうずめておくことです。(微笑)

こんな事されたら、たまったものではありませんよね。

どうか、あなたはなさらないでください。

ところで、卑弥子さんが面白い記事をまとめました。

楽しいから、ぜひ読んでみてくださいね。

■ 『笑って幸せな気分になれるサイト』

では、今日も一日楽しく愉快に

ネットサーフィンしましょうね。

じゃあね。

ローズティーとジューンさん

2010年12月5日

 
ローズティーとジューンさん
 
 

 

こんにちは。ジューンです。

バラのハーブティーには、

花びらを使ったローズティー(バラ茶)と

バラの実をつかったローズヒップティーがあります。

一口にバラと言っても、いろいろあります。

ローズレッドはオールドローズの一種で、

香水の原料としてもよく使われます。

ピンクのローズを使ったローズピンクのほか、

紫の花を使ったローズパープルもあります。

ローズバッズは、バラのつぼみを使うものです。

普通の紅茶にバラをブレンドして

入れることもできます。

面倒くさい人はティーパックになっているタイプ

を利用したらよいでしょう。

ティーポットの中でバラの花びらが舞う様子を

楽しむのもいいものです。

ローズバッズなら、普通に紅茶を入れたあと

直接カップに浮かべることもできます。

じっくり待つとバラのエキスが紅茶にうつり、

ほんのりと香りがたちます。

たまには、あなたもバラの香りを楽しんでくださいね。


『ローズティーと生ツ八橋(2010年11月19日)』より

デンマンさん。。。わたしをお呼びですか?

そうですよう。。。首を長くして待っていたのですよう。。。遅かったですねぇ。。。

あのォ~。。。卑弥子さんは、どうなさったのですか? それに、小百合さんは。。。?

あのねぇ~、今日は、どうしてもジューンさんでなければならないのですよう。

わたしでなければならないってぇ、これは『小百合物語』でしょう?

そうですよう。。。小百合さんがヒロインですよう。。。でもねぇ、ジューンさんの名前を書き込んだコメントをもらったのですよう。

コメントの中に、わたしの名前が出てくるのですか?

そうですよう。

もしかして、わたしが書いた上のローズティーについてコメントを書いてくださったのですか?

とにかく、ここに書き出しますから読んでみてください。

Subj: 【FC2 blog】新着コメントのお知らせ
Date: 30/11/2010 3:28:28 AM
Pacific Standard Time
日本時間: 11月30日(火) 午後8時28分
From: blog_info@fc2.com
To: barclay1720@aol.com

名前:ザ・ピーナツ&村石太ちゃんマン
タイトル:ブログで 歴史的事件

********************

ロッキード事件 自殺者 まで いたんですね。
なにかを 守るためなのだろうか
庶民で 子供だった僕には よくわからない事件でした。

ジューンさんきれいですね。
僕も いろんな お茶 お酒も好きです。

八橋は 生もいいですが 焼いたのも好きです。
映画もおもしろいです。
映画同好会(名前検討中 
私は本も好きですね読書同好会(名前検討中
恋愛研究会(名前検討中

********************
URL:
http://jirodesu.blog12.fc2.com/blog-entry-1842.html#comment3409

モバイル用:
http://jirodesu.blog12.fc2.com/?m&m2=res&no=1842

********************

あらっ。。。男性の方ですわね。 “きれいですね”ってぇ、言ってもらえてうれしいですわ。

やっぱり、うれしですか?

それは、そうですわ。。。“ブスですね”と言われるよりも、よっぽどうれしいですわよう。

あれっ。。。ジューンさんもブスだってぇ言われることがあるのですか?

それは、ありますわよう。。。嫌がらせで、わざと聞こえるように言うダサい男の人って居ますわ。 わたし、ちょっと太っていた時があったのですわ。 うふふふふ。。。

この時には、“デブ!。。。ブス!。。。”って言われましたわ。 うふふふふ。。。

ジューンさん。。。ちょっとばかりじゃないですよう! こんなに太っていた時があったのですか!? たまげたなあああァ。

この時はボーイフレンドが他の女性に目が移ってしまい、わたしは振られてしまったのですわ。。。それで、ムカついて、やけ喰いしたのですわよう。 んもお~~。

ジューンさんも振られることがあるのですか?

それは、ありますわよう。。。どのような女性だってぇ、完璧な女性は居ませんから。。。

でも、どうやってやせたのですか?

もちろん、ダイエットしたのですわ。。。15キロやせましたわ。

ほおォ~。。。さすがですねぇ~。。。まるで別人のようにスリムになったではありませんか! ダイエットでやせるのは難しいらしいけれど、よく頑張りましたねぇ~?

リバウンドして、2度失敗しましたわ。

。。。で、3度目の正直で無理に、やせたのですか?

卑弥子さんに相談したらヨガが良いと言うのですわ。

卑弥子さんの言うことは、あまり当てになりませんよう。

   

でも、こうして卑弥子さんはヨガをすることによって、ずいぶんとスマートになったのですわ。

あのねぇ、これは卑弥子さんが太っていたのではなくて、妊娠していたのですよう。

とにかく、ヨガをやるようになってから、卑弥子さんは食欲をコントロールできるようになったと言ってましたわ。

それで、ジューンさんもヨガを始めたのですか?

そうですわ。。。わたしも食欲をコントロールできるようになって、やっとやせましたわ。 うふふふふ。。。

ところで、僕はジューンさんがローズティーの香りを楽しむなんて、まったく知りませんでしたよう。

あらっ。。。わたしってぇ、ローズティーにハマッているのですわ。

まさかァ~。。。

デンマンさんはご存じなかったのですか?

だってぇ、僕はジューンさんがローズティーを飲んでいるのを見たことがないですよう。。。いや、ローズティーどころか、イングリッシュティーを飲んでいるのも見たことがないですよう。

周りの人たちがコーヒーばかり飲むので、皆と一緒には紅茶を飲まないだけですわ。

一人の時には、ジューンさんも紅茶を飲むのですか?

だから、一人の時にはローズティーの香りを楽しむのですわ。

ジューンさんにも、そういう趣味があったのですか?。。。知らなかったなァ~。。。

デンマンさん!。。。わたしがローズティーの香りを楽しむことが可笑しいのですか?

いや。。。別に、可笑しいと言うわけではないけれど。。。意外でした。

わたしがローズティーの香りを楽しむことが、それ程意外なことですか?

あのねぇ~、僕はジューンさんはコーヒー以外は飲まないと思っていたのですよう。

どうして。。。?

ジューンさんと旅した時には、いつもコーヒーだけだったでしょう。。。紅茶を注文したのを見たことがなかったですよう。

そうでしたかしら。。。?

だってぇ、そうでしょう。。。ヴィエンナ(ウィーン)へ行った時にも、ジューンさんは、もっぱらコーヒーだけでしたよう。

ウィンナー・コーヒー(Wiener Kaffee)

これは本場のFranziskaner

ウィンナー・コーヒーは、オーストリア発祥のコーヒーの飲み方のひとつ。
「ウィンナー(ヴィーナー)」とは「ウィーン風の」という意味で、よく誤解されるようなウィンナーソーセージが付いてくるコーヒーのことではない。

日本では濃く入れたコーヒーに、ホイップクリームを浮かべたもの、またはカップに入れたホイップクリームに熱いコーヒーを注いだものをこう呼ぶ。

ウィーンの人々が日常的に多く飲んでいるのは、エスプレッソと温かいミルクを加えた上にミルクの泡を載せた 「メランジェ」 (Melange、フランス語で「混ぜる」の意。カプチーノとほぼ同じもの) であり、ウィンナー・コーヒーという名称のコーヒーは存在しない。

ただし、メランジェのミルクの泡の代わりにホイップクリームを載せた 「フランツィスカーナー」(Franziskaner) と呼ばれるものがそれに近い。

この他、似たものに「アインシュペナー」(Einspänner、一頭だての馬車の意) や 「カフェー・ミット・シュラークオーバース」(Kaffee mit Schlagobers) などがある。

アインシュペナーはコーヒーにほぼ同量の生クリームが乗っていて、カップではなくグラスに注がれている。
カフェー・ミット・シュラークオーバースは、コーヒーカップとは別の器に砂糖をかけたホイップクリーム(シュラークオーバース)が添えられている。

オーストリアは地方によってもコーヒーの呼び名が違い、また、コーヒーや入れるミルクの状態などによっても名前が変化する。
たとえば「フェアレンゲルター」(Verlängerter、「薄めたもの」の意) と呼ばれるミルク入りのコーヒーがある。

さらに温かいミルクを若干多めに入れた「ミルヒカフェー」(Milchkaffee) がある。


出典:
フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

『ウィーンのコーヒー(2007年12月4日)』に掲載

ジューンさんはフランツィスカーナー(Franziskaner)が気に入ってしまったのですよう。

デンマンさんは、よく覚えていますわね。

覚えてますよう。 日本でなら、ウィンナコーヒーを注文すれば、普通、次のようにコーヒーだけが出てきますよ。

でもねぇ、ウィーンでコーヒーを注文すれば、間違いなく上のように銀のお盆の上にコーヒーと液体の入ったグラスと角砂糖が入ったコップが付いてくるのですよ。

そうでしたわ。

しかも、面白い事に、たいていスプーンが上の写真のようにグラスの上に乗って出て来るのですよ。

“所変われば品変わる”ですわね。

それからですよう。 ジューンさんはスプーンを載せて、必ず、お冷(ひや)のコップを用意するようになったのですよう。 そうやって飲むのがヴィエンナコーヒーだと思い込んでしまったのですよう。

デンマンさんは、そのような事まで覚えているのですか?

そうですよう。。。ジューンさんがヴィエンナコーヒーにハマッたのは、その時からですよう。

別に、ハマッたわけではありませんわ。

でも、今まで、マジで、僕はジューンさんがローズティーを飲んでいるのを見たことがないですよう。

わたしだってぇ、デンマンさんがバラの一輪挿しなんてぇ、キザな真似をするのを見たことがありませんわ。 うふふふふふ。。。

Subj:小百合さん、おはよう!

山の家の秋も深まってるでしょうね!?

きゃはははは…

From: denman@coolmail.jp
To: sayuri@hotmail.com
Cc: barclay1720@aol.com
Date:Mon, 15/11/2010 3:06:24 PM
Pacific Standard Time
日本時間:11月16日(火)午前8時6分

 

なぜかローズティーが懐かしく思いだされてきましたよ。
10月25日、月曜日、インターネット・コミックカフェ「自遊空間」で待ち合わせてから「印度市場」で本場のインドカレーを食べました。
小百合さんは甘口カレー。僕は激辛カレー。
食べてから「さきたま古墳公園」へ。
広い駐車場に着くと通りを挟んだ向かいに「田舎っぺうどん」の看板があった。
“思い出を食べる”軽井沢タリアセン夫人。
10月16日、テレビ東京(12チャンネル)の「埼玉・行田」グルメ特集で「田舎っぺうどん」を見たという小百合さん。
「あれがそうだわ!!」と叫びました。
小百合さんが思い出を食べる女であることを改めて感じた瞬間でした。

休息パビリオンで食後のデザート。
小百合さんが Irish cream-flavored coffee beans をわざわざ栃木の田舎から持ってきてコーヒーを入れてくれました。
その時に、「ローズティー」と「生八ツ橋」も持って来てくれたよね。

「生八ツ橋」は菊ちゃんのエピソードを小百合さんが覚えていて、ふと思い付いて持って来てくれたのだろうね。
でも、どうして「ローズティー」?
なぜだろう?

うん、うん、うん。。。思い出しましたよ!
10月15日の金曜日、大長寺の大仏を見ながら、その前の白いテーブルでアイリッシュコーヒーを小百合さんと一緒に飲んだのでした。
その朝、空は曇っていたけれど散歩に出て忍川の堤(つつみ)をそぞろ歩いて戻ってくると前庭にピンクのバラがきれいに咲いているのが目に付いた。
バラの木が3メートルも伸びていて、その先に6つほどピンクの花を咲かせていたのです。

そうだ!小学生の頃、足袋の資産家の大邸宅の庭に見た白いテーブルの上には一輪挿しのバラが飾ってあったに違いない!
なぜかそう思えた。
玄関に埃をかぶって空になっていた花瓶を洗って、孔雀のように葉を広げていた棕櫚の葉を切って挿した。
その真ん中に一輪のバラを差し込んでみたのです。

この花瓶を大長寺の白いテーブルの上に置いて小百合さんと一緒にコーヒーを飲もう!
うしししし。。。

小百合さんが思い出を食べるなら、僕は思い出を飲もうというわけですよ。
きゃはははは。。。

小百合さんが「ローズティー」を持ってきたのは白いテーブルの上のピンクのバラが小百合さんのオツムに印象強く残っていたのではないか!?
そんな風に思えたのでした。

小学生の頃に見た白いテーブルの上に果たしてピンクのバラが飾ってあっただろうか?
はっきりと、あったとは言えないけれど大長寺の白いテーブルの上には一輪のピンクのバラがきれいに咲いていたのでした。
そのバラの花を見ながら小百合さんとコーヒーを飲みつつ、バラの香りとアイリッシュコーヒーの香りをしみじみと味わいながらロマンの香りに浸ったのでした。
きゃはははは。。。

では、小百合さんも山の家でアイリッシュコーヒーを飲みながらロマンの香りを楽しんでね。
じゃあ、バ~♪~イ。


『ローズティーと必死剣鳥刺し』より
(2010年11月21日)

やだなあああァ~。。。僕はキザな真似をして小百合さんの歓心を買おうとして一輪挿しを生(い)けたわけではないのですよう。

でも、わたしは、これまで一度もデンマンさんの 「バラの一輪挿し」 を見たことがありませんわ。

あのねぇ~。。。メールにも書いたとおり、前庭にバラの花が咲いているのを見て、急に思い立ったのですよう。 あらかじめ考えてやったわけではないのです。

それで、わざわざ大長寺の白いテーブルまで花瓶ごと持っていったのですか?

そうですよう。。。小百合さんと一緒に、「バラの一輪挿し」 を眺めながらアイリッシュコーヒーを飲んだら、さぞかし旨いだろうと思ったわけですよう。 うしししし。。。

どうですか、ジューンさん。。。? なんとなくサマになっているでしょう?

分かりましたわ。。。だったら、今度、わたしのために 「バラの一輪挿し」 を生(い)けてくださいな。

そうすると、どうなるのですか?

わたしがデンマンさんのためにローズティーを入れますわ。

どうですか。。。? こうして見ると、なかなかいいものでしょう?

分かりました。。。じゃあ、さっそく 「バラの一輪挿し」 を生けますよう。。。でもねぇ~、考えてみたら、12月のバンクーバーにはバラが咲いてないんだよう。 んもお~~。

【卑弥子の独り言】

ですってぇ~。。。
そうですわよう。
今時分、バンクーバーにバラの花が咲いている訳がないのですわよう。
寒すぎるのでござ~♪~ますわ。

ところで、上の妊娠している写真ですが、
これはデンマンさんがコラージュして作り上げたものですわ。
あたくしは、まだ妊娠したことはござ~♪~ません。
まだ、乙女のままですわ。 うふふふふ。。。

とにかく、次回は、あなたにとっても、もう少し面白くなるはずです。
だから、また明後日、読みに戻ってきてくださいねぇ。
では、またぁ~。。。

 
メチャ面白い、

ためになる関連記事


■ 『きれいになったと感じさせる

下着・ランジェリーを見つけませんか?』

■ 『ちょっと変わった 新しい古代日本史』

■ 『面白くて楽しいレンゲ物語』

■ 『カナダのバーナビーと軽井沢に別荘を持つことを

夢見る小百合さんの物語』

■ 『今すぐに役立つホットな情報』

■ 『 ○ 笑う者には福が来る ○ 』

 『あなたもワクワクする新世代のブログ』

■ 『バンクーバーの寒中水泳』

『お受験と教育ママ(2009年9月8日)』

『四季桜(2009年9月14日)』

『熊校の思い出(2009年9月16日)』

『「田舎教師」と行田(2009年9月18日)』

『小百合さんの存在感(2009年9月20日)』

『大阪の歴史馬鹿(2009年9月22日)』
 
『「蒲団」と「田舎教師」(2009年9月24日)』

『卑弥子さんの存在感(2009年9月26日)』

『ロマンとデジャヴ(2009年9月28日)』

『夫婦風呂(2009年9月30日)』

『露悪趣味(2009年10月2日)』

『カプリ島と香水(2009年10月10日)』

『小百合さんの香水(2009年10月14日)』

こんにちは。ジューンです。

アイリッシュ・コーヒーとは、

ウイスキーをベースとするカクテルです。

コーヒー、砂糖、生クリームの入った

甘めのホットドリンクです。

体が温まるため、主に寒い時期に好まれます。

アイルランドで旅客機の乗客のために

1942年にジョー・シェリダンさんが

創案したカクテルです。

第二次世界大戦前の1930年代に

飛行艇を使った大西洋横断航空路ができました。

当時のプロペラ飛行艇は気密構造ではなく、

暖房があまりよく効かなかったのです。

そのうえ飛べる距離も短く、

経路の途中で燃料補給をしたのです。

そのためアイルランド南西部の港町・フォインズに

寄り道しなければならなかったのでした。

そこで燃料補給の待ち時間を利用して、

飛行中に寒い思いをした乗客に

体を温めて貰おう、という心遣いから、

アイルランド名物のアイリッシュ・ウイスキーを利用した

この飲み物が考案されたそうです。

デンマンさんがメールの中で書いている

Irish cream-flavored coffee beansは

このカクテルとは関係ありません。

アイリッシュクリームの香りがするコーヒー豆

ということですわ。

でも、実際にはクリームの香りというよりも

甘ったるい香りがいっぱいのコーヒー豆です。

でも、ドリップしてコーヒーを入れてみると

甘味は全くありません。

ところで、英語の面白いお話をまとめました。

興味があったら、

次のリンクをクリックして

読んでくださいね。

■ 『あなたのための 楽しい英語』

■ 『心にジ~ンとくる動物感動物語』

とにかく、今日も一日楽しく愉快に

ネットサーフィンしましょう。

じゃあね。